2013年09月08日

5-24 The One In Vegas

5-24 べガスでの話 Part 2

 ☆恋人たちのべガス Part 2☆

(前回の回想)

Rachel: Previously on Friends.
 前回までのフレンズ

Chandler: Hey!
 (電話)ヘイ!

Joey: Don't come out here.
 (電話)ここへ来るなよ。

Monica: You can not tell Chandler, okay? I ran into Richard
 チャンドラーにいは言わないでね、いい? リチャードに会っちゃったの。

Phoebe: Which Richard?
 どのリチャード?

Monica: My ex-boyfriend, Richard.
 元彼のリチャードよ。

Chandler: Oh, this is the worse thing that can happen on an anniversary ever!
 ああ! こんなのアニバーサリーに起きそうなこととして最悪だよな!

Phoebe: Oh, good! All right, so you decided to tell him about the Richard thing. . . Oh no.
 ああ、よかった! それじゃリチャードのこと話すことにしたのね。

Chandler: You can not see him ever again.
 もう彼に会っちゃダメだ!

Monica: You can't tell me what to do.
 私にどうしろなんて言えないわよ。

Chandler: That's funny, because I think I just did.
 そりゃおかしいな。俺いま言ったよな!

Joey: I have found my identical hand twin.
 俺の双子の手を見つけた!

Chandler: What's an identical hand twin?
 双子の手って何だ?

Joey: It's a guy with my identical hands! I'm gonna be a millionaire.
 俺と同じ手を持ったやつがいるんだよ! 俺は百万長者になれるんだ!

Monica: Yay!!
 イエーイ!(カジノではしゃぐモニカを見るチャンドラー)

Rachel: You actually thought I wanted to have sex with you?
 ほんとに私があなたとセックスしたがってると思ったの?

Ross: No.
 いいや。

Ross: You know, last night was embarrassing for you too.
 昨日は君だって恥ずかしかったはずだよ。

Rachel: I just don't embarrass that easily.
 私はそんなに簡単に恥ずかしいなんて思わないもの。

(ここまで前回)

《カジノ:レイチェルとロスが到着》

Ross: I think the check in is that way.
 チェックインはあっちみたいだよ。

Rachel: Ahh.
 ああ。

(男の子がレイチェルを指差して笑う)
Rachel: Hello! . . Ohh, kids love me.
 ハロー! ああ、子供って私が好きなのね。

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: You guys are here! Yay!
 着いたのね! イエーイ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: What? Did you go to a costume party? Let me guess, umm Pancho Villa? And you're Bob Saget.
 何なの? コスチューム・パーティに行ってきたの? 当てるわよ、(レイチェルに)えーと、パンチョ・ビリャ? そしてあなたは(ロスに)ボブ・サゲット。

pancho.jpg(Pancho Villa = メキシコの革命家)
bobsaget.jpg(Bob Saget = ドラマ「フルハウス」に出演の俳優)

Rachel: Pancho Villa?
 パンチョ・ビリャ?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Rachel: What are you talking about, Pheebs? . . I don't… Oh, my God, you drew on me?!
 何を言ってるのよ、フィーブス?私は・・(コンパクトを出して見る)オーマイゴッド!! 私に落書きしたの?!

Ross: Hey, you wet my pants!
 君は僕のズボンを濡らしたじゃないか!

Phoebe: Whoa, what kind of party was this?
 ワオ! どんなパーティよ?

Rachel: Ross, I have been walking around like this since the plane! I can−you have so crossed a line.
 ロス、私、空港からこの顔で歩き回ってきたのね! もう・・あなた完全にこれはやりすぎよ。(立ち去る)

Ross: Rach! Wait! The men's room is that way.
 レイチ! 待って! 男性用トイレはこっちだよ。

(フィービーの遊んでいたスロットマシーンに座った女性が当てる)
Phoebe: Ugh!
 もうっ!

Ross: What?
 なに?

Phoebe: That's like the third time that lady's won on a machine I was playing.
 私が賭けてたスロットであの女の人が勝ったの、もう3回目ぐらいよ。

Ross: Oooohhh, I'll bet she's one of those people.
 ああぁ! もう、あんな人間がいるんだよ。

Phoebe: M-M-Mole people?
 (聞き間違い)も・・もぐら人間?

Ross: What? No-no, a lurker.
 はい? いや、ラーカーだよ。

Phoebe: Oh. What's a lurker?
 ラーカーって何?

Ross: Okay, when you're playing a machine and it hasn't paid out, a lurker waits for you to give up and then…
 スロットがなかなか当たらなくて、プレイしてる人があきらめるのを待ってるんだよ。そして・・

Phoebe: Kills you?
 殺すの?

Ross: No. They swoop in and steal your jackpot.
 違うよ。そこにすわって当てるんだよ。

Phoebe: Oh!
 まぁ!

Ross: Uh-hmm.
 そう。

Phoebe: How do you know about this?
 どうして知ってるの?

Ross: My nana used to do it. That's how she paid for all my dance−karate lessons.
 おばあちゃんがやってたんだ。そのお金で僕のダンス・・カラテ教室代を払ってくれたんだ。

Phoebe: Dance karate?
 ダンスカラテ?

Ross: Yes, it's a deadly but beautiful sport.
 そう。恐ろしくて、でも美しいスポーツなんだ。

(バスルームから戻るレイチェル)
Rachel: It won't come off!
 落ちない!

Ross: What?!
 えっ?

Rachel: It won't come off!
 落ちないのよ!

Ross: Oh, my God! Rach-Rach, are-are-are you sure?
 そんな! レイチ、レイチ、本当?

Rachel: No, actually I took it off then I drew it back on.
 ううん、実はね、取れたんだけど、もう一度描いたの。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey-hey-hey, you made it!
 ヘイヘイ! 来てくれたね!

Ross: Joey!!
 ジョーイ!

Joey: All right! Hey-hey!
 よーし! 来たな。

Rachel: Hi!!
 ハーイ!

Joey: Who's your friend? He's hot!
 (ロスに)この人おまえの友達? ハンサムだね!

Ross: Thanks, man.
 ありがと!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Ross: Hey, listen, I uh, talked to Chandler, sorry about the movie.
 なぁ、チャンドラーから聞いたよ。映画のこと、残念だったな。

Joey: No, don't be sorry. I don't need it anymore. I found my identical hand twin!
 いや、いいんだよ。もう必要ないんだ。俺はふたごの手を見つけたんだよ!

Ross: Your what?
 何だって?

Joey: My identical hand twin! The person whose hands are exactly like mine! This thing is a gold mine!
 俺のふたごの手だよ! 俺とまったく同じ手を持った人だよ! 金のなる木だよ!

Ross: What?! That's not gonna make you any money!
 なに? そんなことでお金なんてもうからないぞ。

Joey: Okay. Well, if that's how you feel about it, fine! None of you get to live with me in my great big hand-shaped mansion! Except you, Pheebs. You can live in the thumb.
 いいよ。そう思うならそれでいいさ! 誰も俺の手の形の邸宅に住まわせないからな! 君は違うよ、フィーブス。君は親指に住んでいいよ。

《カジノのモニカ:荷物を持ったチャンドラーが近づく》

Monica: All right baby, come on! Yes! Yes! I am on fire!
 いいわよ、ベイビー、来なさいっての! やった! やった! 私ったら絶好調!!

Chandler: See you later, Mon.
 じゃあな、モン。

Monica: Wait, Chandler, what are you doing?!
 待って、チャンドラー、何してるの?

Chandler: What does it look like? I'm going home.
 どう見える? 帰るんだよ。

Monica: What? Wait! Why? Chandler! Chandler! Wait! I’m sorry, I was just playing for one second! I was trying to find you to tell you that, look, if you don't want me to see Richard again, I won't! He means nothing to me!
 えっ? 待って! どうして? チャンドラー! チャンドラー” 待って! ごめんなさい。ちょっと遊んだだけなのよ! あなたを探したのよ。ね、もしあなたがイヤなら、もうリチャードに会わないわ。ホントよ! 私にはもう何の意味もないわ!

Chandler: Come on! I was there! I know he's the love of your life.
 何を言うんだ! 俺は見てきたんだぞ! 彼が君のすべてだって知ってるんだ。

Monica: Not any more.
 もう違うわ。

Chandler: Really?!
 本当?

Monica: Really! All right? Let's forget about this going home stuff and celebrate our anniversary. . . Okay, this is empty.
 本当よ! いい? 帰るなんて言わないで、アニバーサリーを祝いましょう。(彼のバッグを持つ)あら、これ空じゃない。

Chandler: Yeah, I wanted to make a dramatic scene, but I hate packing.
 ああ、効果的演出をしたかったけど、荷造りが面倒でさ。

《ブラックジャックのテーブル:女性がディーラーをしている》

Joey: Uhh, hey. Where's the other guy?
 ねぇ、もう1人の男の人は?

The Woman Dealer: Which guy?
 どの人?

Joey: He's kinda tall, dark hair, hand looks exactly like this. . See?
 背が高くて、髪は黒くて、俺とまったく同じ手の人。(手を見せ)ほら。

The Woman Dealer: I don't know about the hands, but the guy that was here before me just went to the restroom.
 手のことは知らないけど、私の前にここにいた人はトイレに行ったわよ。

Joey: Okay! . . How you doing?
 そうか!(立ち去りかけて振り返り)元気?

The Woman Dealer: Very busy.
 すごく忙しい。

Joey: Right! Okay.
 そうか。じゃ。

《ロスとレイチェルがいる部屋》

Ross: Yes, hello. I have a question. Umm, I used your pen to draw on my friend's face. . . . A beard and a mustache. . . Thank you. . No, she didn't think so. . . . I know! It's like . . anyway, umm well, make-up didn't cover it and we've tried everything to get it off and nothing's worked. What-what do we do? . . . Yeah. . Uh-huh. . Yeah. . Oh! Okay. . . Okay, thank you! . . Yeah, it's not coming off.
 はい、どうも。聞きたいことがあるんです。そちらのペンを使って友達の顔に描いたんですよ・・・口ひげと顎ヒゲ。(笑)ありがとう・・いや、彼女はそう思ってないですね・・・でしょう?! もうこれは・・(我に返り)とにかく、メイクをしても隠せないし、いろいろ試したんだけど何をしても消えないんですよ。どうしたらいいでしょう? ・・ええ・・はい・・ええ。。ああ! わかりました・・はい、どうもありがとう! (電話を切り)うん。落ちないって。

Rachel: What?! What else did he say?
 えっ?! その人、他になんて言ってた?

Ross: Umm, he said he thought I was funny. So. . . Okay, look-look umm, let's just go downstairs, we'll have some fun, and you will forget all about it.
 僕のことおもしろいって。それで・・。ね、とにかく下へ行って楽しもうよ。そしてこんなこと忘れるんだよ。

Rachel: Ross, no! There is no way I am leaving this room looking like this!
 ロス、いやよ! こんな顔して部屋を出られるわけがないわ!

Ross: Oh, come on! Rach, it's-it's not that bad.
 そんなことないって! レイチ、そんなひどくないよ。

Rachel: Ross, I am a human doodle!!
 ロス! 私、顔が落書きボードなのよ!

Ross: Look, just because some idiot drew on your face doesn't mean you shouldn't have any fun! Okay? And besides, hey-hey-hey no one is even gonna look at you. Okay? This is Vegas! Hello! There are tons of other freaks here! . . There are tons…of…freaks here. No other. No. Come on! No one will notice, I swear!
 ね、どっかのバカに落書きされたからって、楽しめないわけじゃないよ! ね? それに、誰も君を見たりしないって。ね? ここはべガスなんだ。だろ? おかしな人は他にもいっぱいいるよ! ・・・おかしな人はいっぱいいるよ。「他にも」はなし。なし。ね! 誰も気づかないって。絶対!
(2人で出て行く)

《時間経過:戻ってくる2人》

Ross: Okay, there was some staring and pointing.
 うん。ジロジロ見る人とか指差す人がいたね。

Rachel: Okay, I need a, I need a drink!
 もう、飲み物がほしい!(冷蔵庫を見る)

Ross: Oh, hey you know, they-they really overcharge you for that stuff. . But who cares?! Because it's all on me! . . That is, one big drink!
 あっ、ねえ、それはほら、すごく高いよね。・・だけど構うもんか! 全部僕が払うんだもんね!(レイチェルがたくさんミニボトルを出す)それはすごい量だね。

Rachel: Macadamia nut?
 マカダミアナッツは?

Ross: Umm… Wow! That's-that's some pricey nut!
 ワオ! すごい高いな!

Rachel: Hm-mmm!
 あっそう。(缶を開ける)

Ross: Really like those Macadamia nuts, huh?
 相当マカダミアナッツが好きなんだね?

Rachel: Nope!
 全然!(加えては吹き飛ばす)

《カジノのフィービー》

Phoebe: Get out of here, you lurker! . . Go on! Get!
 あっちへ行ってよ、ラーカー! 行って! 行け!

(チャンドラーとモニカが来る)
Chandler: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: Ohh! You made up!
 ああ! 仲直りしたのね!

Monica: Yeah, I couldn't be mad at him for too long.
 ええ。彼にはいつまでも怒ってられないの。

Chandler: Yeah, she couldn't live without the Chan Love.
 そう。彼女はチャンの愛なしでは生きていけないんだよ。(キス)

Phoebe: Ohh, get a room.
 ああ・・部屋とって。

Monica: We have one.
 あるわよ。

Phoebe: I know. Use it.
 知ってる。使って。

《男性トイレ:ふたご手の人が手を洗っている》

Joey: Oh-oh-oh, yeah! That's right, you take good care of those babies!
 ああ、そうそう! そうだね。その子達はよく手入れしないとね!(ペーパータオルを渡す)

Joey's Hand Twin: Excuse me?
 なんです?

Joey: It's me, Joey!
 俺、ジョーイだよ!

Joey's Hand Twin: Do I know you?
 知ってましたっけ?

Joey: Joey!
 (手を見せ)ジョーイ!

Joey's Hand Twin: Oh-ho, yeah. Yeah, the hand guy.
 ああ、わかった。手の人ね。

Joey: Okay, so what are we going to do about this hand twin thing?!
 それで、このふたごの手で何をする?

Joey's Hand Twin: Nothing.
 何も。

Joey: Look, you and I have been given a gift. Okay? We have to do something with it. Like-like, hand modeling! Huh? Or-or magic! And you know, NASA's gonna wanna talk to us!
 いいかい、この手は授かり物なんだよ。わかる? これで何かしなきゃダメだ。例えば、手のモデルとか! それかマジック! それにNASAだって話を聞きにくるかも!

Joey's Hand Twin: I have to get back to…
 もう行かないと。(出て行こうとする)

Joey: Whoa! Whoa! Whoa! Whoa-whoa! We could have our own show! You know, we could clap our hands together, people will love it! Huh? And-and-and I wrote a song for us! . . This hand is your hand! This hand is my hand! Oh, wait, that's your hand! No, wait, it's my hand!
 おいおいおい! ちょっとちょっと! 俺たち2人でショーができるんだぞ! 2人で手を叩くとか。みんな喜ぶぞ! え? それに、歌も作ったんだ。(歌う)この手は君の手! この手は僕の手! あ、待てよ、それは君の手だった! いや待て、僕の手だ!

(元歌です)

Joey's Hand Twin: That's okay.
 けっこうだよ。(出て行く)

Joey: But you haven't even heard the chorus!
 でもまだコーラスのとこ聞いてないじゃん!!

《ロス達の部屋》

Rachel: Oh, my God, I'm starting to look like my great aunt, Muriel.
 (鏡を見て)まぁ。私、ミュリエルおばさんに似てきた。

Ross: All right. You know what? We don’t have to go downstairs! We can bring Vegas up to us! All right, come on, come on, we'll play some blackjack. Here we go. . 13.
 よし、そうだ。下へ行くことないよ! べガスをこっちへ持ってくればいいんだよ! よし、ほらほら。ブラックジャックをしよう。さぁいくぞ・・・13。

Rachel: Hit me!
 もう一枚。

Ross: Oohh, 23. . . Which is what we play to at this casino! You win 10 dollars!
 ああ、23だ。(負けだが、睨まれて)ってのは僕らのカジノでは勝ちだね! 10ドル勝ち!

Rachel: I bet 20.
 私20ドル賭けたわ。

Ross: Right!
 そうだった!(払う)

《クラップスをするモニカとレイチェル》

Monica: A new pair of shoes for the Chan-Chan man! . . Yes!
 チャンチャンに新しい靴を! (ダイスを転がす)やった!!

Chandler: Yes! I've-I've never seen a roll like this in my life!
 よし! あんなふうにダイスを転がすの生まれて初めて見たよ!

Monica: That's right, baby! Okay, what do I want now?
 そうよ、ベイビー! さぁ、次は何を出したい?

Chandler: Okay, ah umm, ah, a 8. Ah, a 6?
 よし、えーっと・・あー、8。いや、6?

Monica: Pick a number! That is your only job!
 数字決めて! それだけでいいんだから!

Chandler: 8. 8!
 8。8!

Monica: Thank you!
 ありがと!

Chandler: If you get this one, we buy everybody here a steak dinner!
 もしこれを当てたら、みんなにステーキをおごるぞ!

All: Yay!!
 イエーイ!

The Croupier: 8!
 8!

Monica: Yes!
 やった!

All: Yay!!
 イエーイ!

Monica: We're not really gonna buy these people steak dinners are we?
 (チャンドラーに)私たち本当にこの人達にステーキおごらないわよね?

Chandler: Noo!
 もちろん!

Monica: Okay, good! Okay, what do I want now?
 よかった! じゃあ、次は何?

Chandler: Ahh, ooh, try a hard 8.
 ああ・・・うー・・ハード8いってみよう。

Monica: What?
 なに?

Chandler: Two fours.
 4を2つ。

Monica: Okay.
 わかった。

The Croupier: 8!:
 8!

A Drunken Gambler: Don't you let her go! You're a lucky guy!
 (チャンドラーに)彼女を手放すなよ! おまえはついてるな!

Chandler: Thank you, Mister Drunken Gambler! Okay, you get this and uh, we get the biggest suite in the place! . . Wait-wait-wait-wait! We, get the biggest suite in the place.
 ありがとう、酔っぱらいギャンブラーさん! よし、今度勝ったら、ここで一番大きいスイートに泊まろう!(みんな喜ぶ) 待て待て待て! 僕ら(自分たち2人をさして)が、ここで一番大きいスイートに泊まる。

Monica: All right, biggest suite in the place. Come on!
 いいわ。ここで一番大きなスイートね。来い!(ダイスを転がす)

Chandler: Yes!! I love you! I can't even remember what we were fighting about!
 よし! 愛してるよ! 何でケンカしたのかさえ思い出せないよ。

Monica: Oh, that's because I had lunch with Rich−Me neither! Okay, what do I want now?
 ああ、それは私がお昼をリチ・・私も思い出せない! さぁ、次はなに?

Chandler: Another hard 8.
 もう一回ハード8。

Monica: Hard 8?! We should call it easy 8!
 ハード8? イージー8でいいわよ!

Chandler: Okay, okay, I tell you what. You roll another hard eight, and we get married here tonight.
 よし、いいかい。もし君がもう一度ハード8を出したら・・俺たちここで今夜結婚しよう。

Drunken Gambler: Go! Come on! Roll!
 行け! 早く! 転がせ!

All: Roll-roll!!
 転がせ! 転がせ!

Monica: Shut up!! It just got interesting!
 黙って! 今おもしろくなってきたとこよ!

《カジノ・続き》

Monica: What did you just say?
 今なんて言った?

Chandler: You roll another hard eight and we get married here tonight.
 もう一度ハード8を出したら、今夜ここで結婚しよう。

Monica: Are you serious?!
 本気で言ってるの?

Chandler: Yes! I love you! I've never loved anybody as much as I love you.
 ああ! 君を愛してる! こんなに人を愛したことないよ!

Monica: I've never loved anybody as much as I love you.
 私もこんなに人を愛したことないわ。

Chandler: Okay, so if an eight comes up, we take it as a sign and we do it! . . What do you say?
 よし。それじゃ、8が来たら、それをサインとして、結婚しよう! どう?

Monica: Okay!
 いいわ!

Chandler: Okay! Come on! Let's go! All right!
 よし! さぁ! 行くぞ! よーし!

(モニカが転がし、一つ台から落ちる)
Chandler: Okay! That's a four! And where-where's the other one?
 よし! それは4だな。もう一つはどこだ?

Drunken Gambler: It went under the table.
 テーブルの下に落ちたよ。

Monica: Nobody move! Okay, you look that way. I'll look this way!
 誰も動かないで! (チャンドラーに)あなたは、そっちを見て。私はこっちを見る!

Chandler: All right! . . . Here it is! Here it is!
 よし! あったぞ! ここにある!(テーブルの足にひっかかって斜めになっている)

Monica: That could be a four or a five. It's your call.
 それは4とも5とも言えるわね。あなたが決めて。

Chandler: It's a four.
 4だよ。

Monica: I think so too.
 私もそう思うわ。(キス)



《スロットをするフィービー》

Phoebe: Oh, well, lost again. . . That's it! You and me, outside!
 ああ、また負けたわ。(ラーカー婦人が座る)これまでよ! 外へ出なさい!

The Lurker: I don't want to see you lose a chunk of that pretty blond hair!
 そのきれいなブロンドの髪を失うとこ見たくないんだけど!

(軽く叩き合う2人。ガードマンが来るのに気づいて)
Phoebe: Be cool! Okay, lady, your lurking days are over!
 何でもないフリして。(ガードマン通過)いいこと? あなたのラーカー人生はもう終わりよ!

The Lurker: What?!
 なんですって?

Phoebe: Yeah, from now on everyone you lurk, I'm gonna lurk first! You move on to someone else, I'm gonna be one step ahead of you, every single time! And then I'll be on your ass every hour of every day till Monday, because that's when I go home. When do you leave?
 そうよ。これからは、あなたが潜む先々へ私が先回りするわよ! 誰か別の人のところへ行ったら、私が一歩先に行きますからね! あなたのことずっと見はってるわよ。ずっと毎日、月曜日までね! その日に私帰るから。あなたはいつ帰るの?

The Lurker: Also Monday.
 私も月曜日。

Phoebe: What time? Maybe we can share a cab!
 何時? 一緒にタクシー乗れるかも!

《ロス達の部屋:ブラックジャックをする2人》

Rachel: Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me.
 もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。

Ross: We need more cards.
 カードが足りないよ。

Rachel: Yeah, and also we need more umm, drinks. Hold on a second. . Whup, okay. . . Hello! Vegas? Yeah, we would like some more alcohol, and you know what else? We would like some more beers. Hello? Ohh, I forgot to dial!
 そうね、それに飲み物ももっとほしいわね。ちょっと待ってよ・・(ふらつく)うわっ、よし・・(電話を取り)もしもし、ベガス? もっとアルコールが欲しいのよ。それからね、もっとビールが欲しいわ。もしもし? あら! ダイヤルするの忘れてたわ!

(ノックの音)
Ross: That must be our alcohol and beers!
 きっとアルコールとビールだ!(ドアを開ける)

Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross: Ohh, it's Joey! I love Joey!
 ああ、ジョーイだ! ジョーイ大好き!

Rachel: Ohh, I love Joey! Joey lives with a duck!
 ああ、私もジョーイ大好き! ダックと住んでるジョーイ!

Joey: Hi!
 ハーイ!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Joey: Look-look-look, you guys, I need some help! Okay? Someone is going to have to convince my hand twin to cooperate!
 聞いてくれよ、助けがいるんだ! いい? 俺のふたごの手の人に協力してくれるように説得してほしいんだ!

Ross: I'll do it. Hey, whatever you need me to do, I'm your man. . . Whoa-oh-whoa! Are you, are you okay?
 僕がやるよ。ね、君が必要なことなら何でもするよ。僕に任せて(椅子のないところに座り)うわっ! うわ! きみ、大丈夫?

Joey: Yeah! I'm fine! Thanks! . . . Hey, Rach, how you doin'?
 ああ、大丈夫! ありがと!(出て行こうとして立ち止まり)ヘイ、レイチ、元気ぃ?

Rachel: I'm doin' good, baby. How you doin'?
 元気よ、ベイビー。あなたは元気ぃ?

Joey: Ross, don't let her drink anymore!
 ロス、これ以上飲ませるな!

Ross: Ohh, here's that Macadamia nut!
 わーい、マカダミアナッツ見つけた!(口に入れる)

Rachel: Ohhh!!
 おお!

Ross: Nope! Something else.
 違った! 何か別物だ。

Rachel: Oops! All right, so what do you want to do now?
 あらま! さぁ、今度は何をする?

Ross: I wanna get out of the room! You know, I…I really miss downstairs.
 部屋から出たいよ! すっごく下が恋しいよ。

Rachel: Okay, you know what? There's only one way I'm leaving this hotel room.
 そう。じゃあね、一つだけこの部屋から出る方法があるわ。

《カジノを腕を組んで歩くロスとレイチェル》

Ross: Well, hello! I'm Ross!
 (黒い鼻、ネコヒゲを描いて)ハロー! 僕はロスだよー!

Rachel: Good luck to ya!
 頑張ってねっ!

Ross: Excuse me sir, you've got a little something.
 ちょっと失礼、あなた何かついてますよ(大笑)

Rachel: Wow!
 (裸の彫像を見て)ワオ!

Ross: Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

Rachel: Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

Ross and Rachel: (bowing) Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

《スロットマシンのフィービー:諦めたフリをして、ラーカーがコインを入れたところでフィービーがレバーを下ろすと当たる》

Phoebe: I won! I won! I finally won!
 勝ったわ! 当たったわ! ついにやった!

The Lurker: I won! That was my quarter!
 私が当てたのよ! 私のコインだったのに!

Phoebe: Fine! Here! Take a hike, toots!
 わかったわよ! ほら(コインを渡す)もう行って、おねえさん!

(take a hike = 行け。去れ。)

The Lurker: Excuse me, sir! This lady played my quarter, this is my money.
 (ガードマンに)ちょっとすみません! この人が私のコインでプレイをしたのよ。私のお金よ。

The Security Guard: Is that true, miss?
 本当ですか?

Phoebe: Sells drugs to kids.
 (こっそり)子供にドラッグを売ってる。

The Security Guard: What?!
 は?

Phoebe: She sells drugs to kids.
 彼女は子供にドラッグを売ってるのよ。

The Lurker: It was my quarter!
 あれは私のお金よ!

The Security Guard: Was it her quarter?
 彼女のお金だったんですか?

Phoebe: How about we talk about this over dinner?
 それについては、食事をしながら話し合わない?

The Security Guard: Okay, lady, you're out of here.
 もういい、お嬢さん、出て行ってください。(腕をつかむ)

Phoebe: No! No, you can't arrest me! No!! I won't go back! I won't go back to that hell hole!!
 イヤ! いやよ! 私を逮捕なんてさせないわよ! いや! 戻らないから! またあんな地獄へ行くのはいやよ!

The Security Guard: I'm just taking you outside!
 外へ出てもらうだけですよ!

Phoebe: Oh, okay.
 ああ、ならいいわ。

《ギフトショップのモニカとチャンドラー》

Monica: Okay, come on, I can't get married until I get something old, something new, something borrowed, and something blue.
 いい? ね、結婚するには、何か古いもの、新しいもの、借りたもの、それから何か青いものがないと。

Chandler: Okay, all right, all right, all right! Okay! Okay, here's something, here's something blue and new.
 よし、いいぞ、いいぞ、いいぞ! よし!(青いセーターを取る)よし、これで、何か青くて新しいものだ。

Monica: You're so efficient. I love you!
 効率いいわね! 愛してるわ!

Chandler: Let's go!
 行こう!

Monica: No-no-no! We need something old!
 ダメダメ! 何か古いものがいるわ。

Chandler: Ohh, great, I have condom in my wallet I've had since I was twelve.
 ああ、いいね。財布に12歳の時から入ってるコンドームがあるよ。

Monica: That'll work!
 それ使えるわ!

Chandler: I don't think so.
 使えるとは思えないよ。

Monica: Okay, now we just need something borrowed!
 さぁ、次は、何か借りたものよ!

Chandler: Here, just…take this.
 ほら、これを持っていくんだ。(セータをこっそり渡す)

Monica: That's stealing!
 泥棒じゃないの!

Chandler: No, we'll-we'll bring it back! Just put it under your dress.
 違うよ。後で返すんだ。ドレスの下に入れて。

Monica: Ohh.
 (ドレスの下に入れて妊婦みたいになる)ああ!

Chandler: Okay, one thing at a time.
 はい。一度にひとつずつ進もうね。

《ブラックジャックのテーブル:例の人がディーラー》

Joey: Ahhh!
 (座って)ああ!

Joey's Hand Twin: Are you gonna play?
 プレイしますか?

Joey: No-no, I don't really have any money. Not yet, anyway…
 いいや。もうお金がないから。いまはまだ、ないからね。

Joey's Hand Twin: You can't sit here if you're not gonna play.
 プレイしないなら座らないでください。

Joey: Ooh-ho-ho!
 (少しお金を出してプレイしつつ、手を見せて)おーほほぉぉ!

(フィービーがテーブルにつく)
Phoebe: Hello. My name is Regina Falangie. I'm a businesswoman in town on business. Would you like to see my card? Ooh, what did I do with my Filofax? I must've left it in conference room B.
 こんにちは、私はレジーナ・ファランジ。この町で働く女性よ。私の名刺見る? あら、システム手帳がないわ。きっと会議室Bに忘れてきたのね。

Joey's Hand Twin: 14.
 (ジョーイに)14。

Joey: Hit me! . .
 もう1枚。

Phoebe: Oh, my God! May I just say that you two gentlemen have the exact same hands! They're identical! Now, I've never seen anything like that in the business world.
 オーマイゴッド! あなた方お2人、同じ手をお持ちじゃありませんか! 瓜二つだわ。仕事の上でもそんなの見たことありませんわ。

Joey's Hand Twin: Stop it!
 やめてください!

Joey: Uhh, Ms. Falangie, may I ask you a question as an impartial person at-at this table?
 ミス・ファランジ、このテーブルにいる公平な立場として、お答えいただけますか?

Joey's Hand Twin: Please stop it!
 頼むからもうやめて!

Joey: Wouldn't you pay good money to see these identical hands showcased in some type of a uh, entertainment venue?
 エンターテインメントの世界で、こんな瓜二つの手を見るために、大金を支払われます?

Joey's Hand Twin: If you leave now, I will chop off my hand and give it to you!
 すぐどっか行ってくれたら、この手を切り取ってあなたにあげますよ!

(ガードマンが来る)
The Security Guard: Didn't I just throw you out of here?
 (フィービーに)外へ出てってもらいませんでしたか?

Phoebe: No, you threw out Phoebe. I'm Ms. Regina Falangie. Falangie!
 いいえ。あなたが追い出したのはフィービー。私はレジーナ・ファランジ、ファランジ!

The Security Guard: Come on, lady!
 来なさい、お嬢さん!

Joey's Hand Twin: Please, please take him too.
 お願い、頼むからこの人も連れてって。

Joey: Me?! Oh, come on, man! You can't do this! Come on! . . I'm your hand twin!!
 俺?! もう、何だよ! こんなことするなんて! おい!(追い出される)ふたごの手なのに!

《チャペル:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hello! One marriage please!
 こんにちは! 結婚ひとつお願いします!

Monica: Yep, we wanna get married!
 そうよ! 結婚したいの!

The Attendant: Well, there's a service in progress. Have a seat.
 ただいま結婚式が行われてますので。お座りください。

Chandler and Monica: All right.
 わかりました。(座る)

Chandler: Dum! Dum-dum-dum! Dum! Dum! Dum! Dum-dum-dum!
 ダーン、ダダダン、ダンダン、ダン、ダダダンダン!



Monica: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: Oh, that's The Wedding March. Does, does that freak you out?
 結婚行進曲だよ。聞いて怖くなった?

Monica: No, only because that's the graduation song.
 いいえ。だってそれ卒業の時の歌よ。

(本当の結婚行進曲が聞こえてくる)


Chandler: Okay! This is it! We're gonna get married!
 (立ち上がる)よし! いよいよだ! 結婚するぞ!

Monica: Are you sure you wanna do this?
 本当にいいのね?

(その時チャペルのドアが開き、ロスとレイチェルが出てくる)

Ross: Hello, Mrs. Ross!
 ハロー! ミセス・ロス!

Rachel: Hello, Mr. Rachel!
 ハロー! ミスター・レイチェル!

(2人ともモニカ達には目もくれず出て行く)

Rachel: Wait! . . Okay!
 待って・・こっちね。。
(左右に分かれて立ち去る2人。呆然と見送るモニカとチャンドラー)




*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 こういうのを、cliffhangerというのですね。
 「持続的緊張感で終わるエピソード」ですって。
 どうなる、ロスとレイチェル、モニカとチャンドラー?
 宙づりのまま、シーズン6へ持ち越し!
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 02:56| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。