2013年09月04日

5-20 The One With The Ride Along

5-20 同乗する話

 ☆まさかの臨死体験?!☆

《セントラルパーク:ロスがコーヒーを取りに席を立つ》

Monica: Okay, guys, listen, don't forget that tomorrow is the day that Emily gets married again, so whatever we do, just try to really keep Ross's mind off of it.
 ねぇ、みんな聞いて。忘れないで、明日はエミリーがまた結婚するから、とにかくロスの気を紛らわしてあげたいのよね。

Joey: Oh, yeah, good idea.
 ああ、そうだな。よし。

(ロスが戻る)
Chandler: Hey man, what's up?
 やぁ、調子どう?

Ross: Oh, just thinking about Emily getting married tomorrow.
 ああ、エミリーの明日の結婚のこと考えてたんだ。

Joey: Ooh, Ross, look! Look!
 あっ! ロス、見て! 見て!(ロスの後ろを指差す)

Ross: What? Where?
 なに? どこ?

Joey: Right over there! Right there! Look-look-look!
 すぐそこだよ! そこ! 見て見て見て!

Ross: What am I looking at?
 何を見るんだ?

Joey: Somebody help me out here!
 (モニカ達に)誰か助けてくれよ!

(フィービーがギャリーと一緒に来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Gary: Hello!
 どうも!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Gary: How are you?
 元気?

Phoebe: Monica, I'm sorry I didn't come by last night. I was out with Gary. He let me ride around with him in his cop car. We saw and prevented crimes.
 モニカ、昨日行かなくてごめんね。ギャリーと出かけてたの。彼の警察車両に乗せてくれたのよ。犯罪を防いできたわ。

Joey: You got to go on a ride along?!
 車に乗せてもらったの?!

Phoebe: Uh-huh!
 そうよ。

Joey: I want to go on a ride along!
 俺も乗せてもらいたいよ!

Ross: Me too!
 僕も!

Gary: Okay!
 いいよ。

Chandler: Yeah, yeah! Me too!
 ああ、俺も!

Gary: Really?! You?
 本当に? 君が?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Gary: Well, it's kinda dangerous.
 でも危険だよ。

Chandler: Well, I like danger.
 危険好きだよ。

Gary: Okay, you guys free tonight?
 いいよ。みんな今夜あいてる?

Joey and Ross: Yeah!!
 ああ!

Chandler: Tonight? You didn't say it was gonna be at nighttime.
 今夜? 夜に乗せてくれるって言ってなかったよね。

《モニカ達の部屋;レイチェルが戻る》

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey! Oh, I'm so glad you're home, I thought tonight we could finally organize these photos!
 ハーイ! 帰ってきてくれてよかったわ。今夜ようやく、この写真の整理ができると思うの。

Rachel: Ohh, thank God! Finally!
 ああ、よかった! ようやくね!

Monica: Okay, I've broken them down into categories, okay? We have uh, we got holidays, birthdays, candids, you know… And then what I've done is I've cross-referenced them by subject. Right? So if you're looking up, Oh, let's say birthdays and dogs, you get Photo 152. See?
 いい、カテゴリーごとに分けたのよ。いい? ホリデーでしょ、バースデー、スナップ写真でしょ・・それから、いろんな項目から検索できるようにしたの。だから、例えば「バースデー」と「犬」から探すと、写真152番が出てくるの。ね?(写真を見せる)

Rachel: Ohh, it's me and La Poo! Wow! I miss that dog.
 ああ、私とラプーだわ! ああ。懐かしい・・

Monica: You can also find him under umm, dog and dead.
 ラプーのことは、「犬」と「死」からも検索できるわよ。

Rachel: Great! Thanks!
 すごい! ありがと!

Monica: All right, hand me that other box of photos. That's the very last one.
 さぁ、その写真の箱ちょうだい。それで最後なの。

Rachel: Okay. Oops. Sorry! Well, good thing you number all of them, huh?
 わかった。(持ち上げると底が抜けて、全部混ざる)あら。ごめん! 全部ナンバーふってあってよかったわね。

Monica: I hadn't! Photo 152 was a prototype.
 まだなのよ! 152番は見本だったの!

Rachel: Ohhhh. Honey, honey, honey, it's okay, it's okay honey. I'm gonna fix you a drink, huh? Maybe a margarita?
 あああ・・・ねぇねぇ、大丈夫よ、ね。飲み物用意しましょうか。ね? マルガリータはどう?

Ross: Ross has the blender! Ugh, everything's just falling apart!
 ブレンダーはロスのとこなの! ああ、何もかもがバラバラよ!

Rachel: No, honey, it's okay! Listen, I'll got to Ross's and get the blender, you get all the margarita stuff ready.
 そんなことないわよ、大丈夫よ。ね、ロスのところに行ってブレンダー持ってくるわ。あなたはマルガリータの用意をしてて。

Monica: All right, he's keys are in the drawer. You know what? I also need some cash.
 わかったわ。彼の鍵はそこの引き出しよ。それから、私ちょっと現金がほしいな。

Rachel: Okay, you want me to stop at the ATM?
 わかった。じゃあATMに寄ってこようか?

Monica: Nah, while you're at Ross's if you see any lying around…
 ううん。ロスのところでお金がその辺に置いてあったら・・

Rachel: What?!
 えっ?!

Monica: What?! I-I-I don't, I don't do that!
 えっ?! そんなことしないわよ。

《ギャリーの警察車両》

Ross: That was so cool man, the way you leaned on that guy.
 すごくかっこよかったよ。あの男に詰め寄った時の君。

Chandler: It is starting to get dark out there.
 暗くなってきたんですけど。

Ross: He told you everything! I mean you totally cracked him!
 君に何もかも話してたよね! 君が口を割らせたんだよね!

Gary: Yeah, well, being that he was the victim, they're usually pretty talkative.
 ああ、彼は被害者なんだからね、よくしゃべって普通だよ。

Chandler: Okay. But it is officially nighttime.
 オーケー、もう本当に夜になったんですけど。

Ross: Oh, hey, Gary, want me to grab the berry for ya?
 あ、ギャリー、そのベリー僕が持ってようか?

Gary: It's called the cherry.
 これはチェリーって言うんだ。

Ross: It's the−Chandler!!
 だって・・チャンドラー!!(笑うチャンドラー)

(店から戻るジョーイ)
Joey: Okay, I got it! This place makes the best sandwich in the world!
 よし、買ってきたぞ! この店のサンドイッチは世界一なんだ!

Gary: Hey, Joe, does it have meatballs on it?
 なぁ、ジョー。それって、ミートボールが入ってるやつ?

Joey: Oh-ho, yeah!
 ああ、そうだよ!

Gary: Does it have melted cheese and marinara sauce?
 とろけるチーズとマリナラソース?

Joey: Yep!
 そう!

Gary: Yeah, you can't eat that in my car.
 それこの車の中では食べないでくれよ。

Joey: Yeah, okay. . . Even though my tax dollars paid for this car.
 ああ・・わかったよ。この車代、俺の税金使ってると思うけどな。

Chandler: Your tax dollars?
 おまえの税金?

Joey: Yeah, okay.
 ああ、わかったよ。

《時間経過》

Chandler: Wow! That sandwich really does smell good.
 ワオ! そのサンドイッチ本当にいい匂いだな。

Joey: Did I say you could smell it?!
 匂いかいでいいって言ったか?

Chandler: I can't smell your sandwich?
 おまえのサンドイッチの匂いも嗅いじゃいけないのか?

Joey: Half the taste is in the smell! You-you're sucking up all the tastiness!
 おいしさの半分は匂いにあるんだぞ! おまえおいしさを全部吸い取ってるんだぞ!

Chandler: Okay, I'll give them back. . . Look! What is so great about that sandwich?
 そうか、じゃあ返すよ。(鼻息) なぁ、そのサンドイッチのどこがそんなすごいんだよ?

Joey: Okay, imagine the best sex you've ever had.
 いいか、人生最高のセックスを思ってみろ。

Chandler: Okay.
 わかった。

Joey: Are you thinking about Monica?
 モニカのこと考えてる?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Yeah, what's that like?
 それどんな感じ?

《ロスの部屋:入ってきて何かを落としてしまうレイチェル》

Rachel: Ohh, please, don't be from a real dinosaur! Please! Please! Please! Please! Please! Please! Please! Please! . . Made in Mexico! Yes!! Ugh, who would buy this?!
 ああっ! お願い、本物の恐竜じゃないわよね! お願いお願いお願いお願いお願い!お願いお願いお願い! メイド・イン・メキシコ!! よかった! うーっ、誰がこんなもの買うのよ?

(電話がなり留守電になる)
Monica: Rach! It's me! Pick up!
 (電話)レイチ! 私よ! 電話とって!

Rachel: Hey! What's up?!
 ハーイ! どうしたの?

Monica: I need a few more things to make the margaritas. Uhh, I need some salt, some margarita mix, and tequila.
 マルガリータにもう少し足りないものがあったの。お塩と、マルガリータ・ミックスと、テキーラ持ってきて。

Rachel: So all we have is ice?
 じゃうちにあるのは氷だけなんだ。

Monica: See if he has ice.
 氷もあるか見てきて。

Rachel: Okay.
 わかった。(お金を取ったとたんに電話がなり、驚いて取らずにキッチンへ行く)

Emily: Hello, Ross? It's Emily here. I know this is out of the blue but uh, I'm getting married tomorrow. Well, maybe I am. I keep thinking about you and I'm wondering if-if we made a mistake giving up so fast. Are you thinking about me? No, of course you're not, but if you are, call me tonight. Okay, bye.
 (留守電に入れる声)もしもし、ロス? エミリーよ。突然で驚いただろうけど、私、明日結婚するの。そのつもり。ずっとあなたのこと考えてて、もしかしてあんなに簡単に別れたのは間違いだったかと思ってるの。私のこと考える? もちろん考えてないわよね。でも、もしそうなら、今夜電話ちょうだい。それだけ。バーイ。

Rachel: Oh. Oh!
 まぁ・・まぁ!!(テキーラをボトルから飲む)

《ギャリーの車》

Ross: So where are we going next?
 それで今度はどこ行くの?

Gary: This witness won't return my calls so we're gonna see if we can surprise him coming home.
 ある目撃者が電話を折り返してくれないから、彼が帰ってくるところで不意打ちをかけようかと思うんだ。

Chandler: Sur-surprise him? We're not, we're not gonna make anybody mad are we?
 不意打ち? それで、怒らせたりしないよね?

Joey: Come on, man! Listen so uh, are you gonna squeeze the perps shoes a little bit before he lawyers up?
 何言ってるんだよ! (ギャリーに)それで、その犯人が弁護士を呼ぶ前に、ちょっと痛めつけてやるわけ?

(squeeze your shoes .. こちらに、少なくともニューヨークの警察が好んで使う言葉だという記述があります。この言葉にあてはまると思ってらっしゃる筆者はいろいろつらい状況のようです)

Gary: He's a witness, not a perp. And no one talks like that.
 彼は証人で、犯人じゃない。それに誰もそんなふうにしゃべらないし。

Ross: Yeah, no one talks like that!
 そうさ、誰もそんなふうにしゃべらないよ!

Joey: Oh, what? Like you're Mr. Cop?
 え、なんだよ。おまえは警官さんか?

Ross: Hey, I'm more cop than you two!
 君たち2人よりは警官に近いよ。

Chandler: How do you figure that?
 どうしてそうなるんだよ?

Ross: Hello! I'm in the front seat, okay? I'm Gary's partner!
 何いってるんだ! 僕は前の席にいるんだよ。僕はギャリーのパートナーだ!

Chandler: You know, when you say partner it doesn't sound cop. It, it sounds gay.
 おまえがパートナーって言うと、警官じゃなくてゲイみたい。

Ross: Umm, jealous!
 うらやましいんだね!(ライトを落とし、点灯する)

Gary: Hey, do you mind? We're under cover here.
 ちょっと、頼むよ。今は覆面なんだから。

Ross: Yeah, no problem.
 ああ、わかった。(消せない)

Gary: Ross!
 ロス!

Ross: Sorry! Sorry! Oh, there! . . Hey Gary, who am I? Phone home!
 ごめん、ごめん! (シャツの下に入れて)おお! これでいい。ほら、ギャリー、僕誰? 「電話、家!」

(phone home = ETが赤い明かりの中で指を指して"ET, phone, hope"と言うシーンがある)


(時間経過、ロスは後部座席)
Chandler: Look at Officer Ross riding back here with the visitors.
 見ろ、ロス警官がお客さんと並んで後ろにいるよ。

Joey: Yeah, what's up with that, Serpico?
 ああ、どうしたの、セルピコ?

(Serpico = Frank Serpico. N.Y.P.D.に実在した警官。アル・パチーノ主役で映画化もされた)

《ロスの部屋:モニカも来てメッセージを聞いている》

Emily: Are you thinking about me? No, of course you're not, but if you are, call me tonight. Okay, bye.
 (留守電)私のこと考える? もちろん考えてないわよね。でも、もしそうなら、今夜電話ちょうだい。それだけ。バーイ。

Monica: Nooo!
 ウソー!!

Rachel: I know!
 でしょ!

Monica: Well, thank God, you were here! I mean, we have to erase that!
 よかったわね、あなたがここにいて! これ消さないと!

Rachel: What?! We can't do that!
 えっ? そんなことできないわよ!

Monica: We have to! I mean what if Ross's hears that and then calls her back and then they get back together? Is that what you want? Ross back with that controlling, neurotic, crazy Emily? The Emily that wouldn't let him see you?
 消さなきゃ! もしロスがこれを聞いて彼女に電話して、元さやとかになったらどうするの? そうなってほしい? あの支配的で神経質でおかしなエミリーと? あなたと会わせないエミリーなのよ?

Rachel: Noo! Oh, no! No! God no! He should not get back together with her. I know that! You know that! Even Ross knows that! But that still doesn’t give us the right to erase his message!
 ダメよ! それはイヤ、ダメよ! 彼女と戻るなんてダメ。それはわかってるわ。あなたもわかってるわよね。ロスだってわかってるわよ! でも、だからって彼女のメッセージを消していいことにはならないわ。

Monica: I'm his sister, okay? I love him! I don't want to see him get hurt! Come on! Doesn’t that give me the right to control him−help him?
 私は妹なのよ、ね? 兄を愛してるわ! 彼が傷つくのを見たくないのよ! ね! それって彼をコントロール・・助けていいってことになるでしょ?

Rachel: I don't think he's the one who needs help.
 助けが必要なのは彼じゃないという気がする・・。

Monica: No, look, she's obviously unstable, okay? I mean she's thinking about running out on her wedding day. . . Okay, fine! But I mean, look at the position she's putting him in! What's he gonna do? Ross is gonna run over there on the wedding day and break up the marriage?! I mean, who would do that?! . . Okay, fine, all right, but that's you know, it's different! Although it did involve a lot of the same people. . . You know what, this is obviously some kind of twisted joke she's trying to play on him.
 ねぇ、明らかに彼女は気持ちが不安定なのよ、でしょ? 結婚式の日に逃げ出すこと考えてるのよ。(レイチェルに睨まれ)わかったわよ!でも、彼女のせいでロスはどうなる? 彼はどうするの? 結婚式当日に行って結婚をぶちこわすの? だれがそんなことする?(再び睨まれ)わかったわよ、だけどこれは違うことだもの。・・同じ人ばっかり含まれてるけど・・。こんなの彼女がロスにしかけてる何か歪んだジョークみたいなもんよ。

Rachel: Okay, you are crazy! I'm sorry, but she sounded generally upset! I mean, listen!
 あなたおかしいわよ! 悪いけど、彼女は本当に取り乱してるようだったわ。ほら、聞いて!(ボタンを押す)

Answering Machine: Your messages have been erased.
 「メッセージは消去いたしました」

Rachel: Noooooooo!
 ウソーーー!

《ギャリーの車内:証人を待っている》

Chandler: Okay, you know, we-we're safe, right? I mean nothing bad can go down!
 なぁ、俺たち安全なんだよね、ね? 悪いこと起きないよね?

Gary: No. But that reminds me, sign this.
 起きない。でもそれで思い出したよ。(用紙を渡して)これにサインして。

Ross: What is it?
 これ何?

Gary: Oh, it's nothing, it just says that you can't sue the city if you scrap your knee or you know, get your head blown off.
 何でもないよ。ただ、もし膝を擦りむいたとか、頭をぶち抜かれたりしても訴えないっていうだけ。

Chandler: Oh, hurry up. I want to sign that.
 ああっ! 早くくれ。サインしたいよ。

Gary: Okay, here he comes. What is he doing? What the hell is he doing?!
 よし、やつが来たぞ。何をしてるんだ? いったいやつは何をしてるんだ?!

Ross: What? What? What? What is it?
 なに? なに? なに? どうした?

Joey: Is everything okay?
 大丈夫なのか?

Chandler: What's going on?
 どうしたんだ?

Gary: Okay, he sees us. Don't move. Don't look at him.
 やつがこっちを見たぞ。動くな。やつを見るな。

(緊張しているところに破裂音。ジョーイがロスに覆い被さり、ショックを受けているチャンドラー)

Gary: Hey, it's okay. It was just a car backfire. . Hey, look at that! You tried to save your buddy. You see that? You see what he did?
 なぁ、大丈夫だよ。ただのバックファイアだ。ちょっと、見ろよ。君、友達をかばおうとしたんだな。見た? 彼のしたこと見た?

Joey: You okay, man?
 (ロスに)大丈夫か?

Ross: Uh-huh. Thanks, Joey!
 うん。ありがと、ジョーイ!

Chandler: Uh, HELLO!!
 おい!

Joey: Hi.
 やぁ。

《ロスの部屋:帰ろうとするモニカ》

Monica: All right, I guess we should go.
 さぁ、もう行くわよ。

Rachel: No, wait. Wait.
 ダメ、待って待って。

Monica: Oh, yeah, right!
 ああ、そうか。(お金をポケットに入れる)

Rachel: No, Monica! Monica! We have to fix this!
 そうじゃないわよモニカ、モニカ! これ何とかしなきゃ。

Monica: There's nothing we can do. You erased the message!
 できることなんてないじゃない。メッセージ消したんだもの。

Rachel: Yeah, unless we tell him.
 ええ、だけど彼に伝えられるわ。

Monica: Well, if you're gonna be totally rational about this, I can't argue with you! All right? Fine, if you wanna tell him, tell him. I just don't want to be a part of it.
 あなたがどうしても道理を通すっていうなら、もう話すことないわ。いい? いいわよ、伝えたかったら伝えればいいわ。私は関わりたくない。

(電話が鳴る)
Rachel: Oh, maybe that's Emily calling back to leave the exact same message.
 ああっ! もしかしたらエミリーがもう一度かけてきて、まったく同じことを言ってくれるのかも。

Ross: Hey Ross! It's you! I just want you to remember this feeling. You are lucky to be alive! So live everyday to the fullest. Love yourself, okay? Okay. Oh, and also get stamps. Bye!
 やぁ、ロス。君だよ! この気持ちを覚えておいてほしい。生きていて運がよかったよ! だから、毎日を精一杯生きるんだ! 自分を愛して、いいね? いいね。あ、それから切手買う事。バーイ。

Monica: Wow! Play that message for Emily and this whole problem goes away!
 ワオ! あれをエミリーに聞かせれば、この問題は解決ね!

Rachel: Right?
 ホント。

《セントラルパーク:フィービー1人、男性達が来る》

Gary: Hey, anybody want to meet a hero?
 ヘイ! ヒーローに会いたい人!

Phoebe: John Glenn is here?!
 ジョン・グレンが来てるの?

john-glenn-true-american-hero.jpg
John Glenn / A True American Hero というビデオがある)

Gary: No, Joey!
 違う、ジョーイだよ!

Ross: Pheebs, we had the most incredible night! Okay, so, we're in the car…
 フィーブス、ものすごいことが起きたんだよ! いい、僕らは車の中にいて・・

Gary: Wait! Hold on! . . Hi!
 待って、待って! (フィービーのそばへ行きキス)ハーイ。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Gary: Okay, go ahead.
 いいよ、話して。

Ross: Okay, okay, so we're in the car. Right? And bang! A shot was fired. And Joey with no regard for his own safety throws himself on me!
 うん、僕らは車の中にいたんだ、ね? そして、バン!! 拳銃が撃たれた! そしてジョーイは、自分の危険も顧みず、僕の上におおいかぶさってくれたんだ!

Phoebe: My God, Joey!
 まぁ、ジョーイ!

Chandler: It was a car backfire!
 あれは車のバックファイアだったんだ!

Ross: Yeah, but-but he didn't know that!
 ああ、だけど、彼はそれを知らなかった!

Joey: Yeah, I didn't know that.
 ああ。俺は知らなかった。

Ross: And it could've just as easily have been a bullet.
 だけど銃弾かもしれなかったんだよ。

Gary: Hey, Joe, you ever think about joining the force? We could use a guy like you.
 なぁ、ジョー、警察に入ること考えたことないの? 君みたいな人使えるんだけどな。

Chandler: Who jumps at loud noises!
 大きな音にとびあがるやつが!

Ross: Wow! I could've died tonight.
 ワオ! 今日死んでたかもしれないんだ。

Chandler: Yeah! If the car that backfired had run over you! You know what? I'm gonna go home before Ross starts rambling about his newfound respect for life.
 ああ! もし車がバックファイア起こしてからおまえを轢いてたらな! もう帰るよ。ロスが新しく見つけた人生観を語りだす前にな。

Ross: I do have a newfound respect for life.
 僕はまさに新しい人生観を見つけたよ。

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!(出て行く)

Gary: So you wanna get some dinner?
 それじゃ、食事に行く?

Phoebe: Yeah! Sure! Yep! Oh, you know what? If I heard a shot right now, I'd throw my body on you.
 ええ! 行くわ! うん。あ、ねぇ? もし今銃の音を聞いたら、あなたの上に覆い被さるわ。

Gary: Oh, yeah? Well maybe you and I should take a walk through a bad neighborhood.
 そう? じゃあ危険な地域を散歩しようか。

Phoebe: Okay!
 オーケー!

Gary: All right.
 よし。

Phoebe: Bye!
 バーイ!

Ross and Joey: Bye!
 バーイ!

Joey: Cut it out Ross! I hate to have to save your life and kick your ass in the same day!
 (ロスにうっとり見つめられて)やめろ、ロス! 同じ日のうちに命を救ってケツを蹴りたくない!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Dude! How come you took off?
 おい! どうして先に行っちゃうんだよ!

Chandler: Oh, I just went for a walk, around the living room, whatever.
 ああ、歩き回りたかったんだよ・・部屋をね。なんでもいいよ。

Joey: Is something wrong?
 どうかした?

Chandler: No. No I'm just tired. You know, from-from the walk.
 いや、別に。疲れただけだよ。部屋を歩き回って。

Joey: Okay.
 そうか。

Chandler: You dove in front of Ross! Ross!
 おまえはロスに飛びかかっていった。ロスに!

Joey: That's what this is about! Oh, my God, you hate Ross!
 そういうことだったのか! なんてことだ。おまえロスを嫌いなのか!

Chandler: I don't hate Ross!
 ロスを嫌ってなんかいない!

Joey: Of course, you do! I saved him! You're mad at me! It all adds up! You want Ross out of the picture.
 そりゃそうだよな! 俺がやつを救った! おまえは俺に怒ってる! ということは、おまえはロスに消えてほしいんだ。

Chandler: What picture?
 どこからだよ?

Joey: I don't know, but I don't like what I'm hearing!
 わかんないけど、でもこの話は好きじゃない!

Chandler: I'm very glad that you saved Ross from the car backfire, but you know, it could've been a bullet and you you know, you didn't try to save me!
 ロスをバックファイアから救ったことはよかったと思ってるよ。だけど、あれは本当に銃弾かもしれなかったんだ。そしておまえは俺を救おうともしなかった!

Joey: Ohh, you're upset because you think I chose Ross over you! No! I…knew…you could take care of yourself. You know, I mean Ross, he need help. He's not "street" like us!
 ああ! 俺がおまえじゃなくてロスを選んだと思って怒ってるのか! 違うよ! おまえは・・自分のこと自分でできるやつだ。ロスは、助けが必要だ。俺たちほどものをわかってないからな!

(street = 裏も表も街のことを心得ている)

Chandler: When it comes down to it, you would risk your life for Ross before you would for me. That's the bottom line.
 つきつめていうと、おまえは自分の命を俺じゃなくてロスにかけたんだよな。それは変わらない事実だ。

Joey: Well, no, not exactly! All right, look, I, I wasn't trying to save Ross. Okay? My sandwich was next to Ross. All right? I was trying to save my sandwich.
 いや、違う、そうじゃないんだ! いいよ、もう。ロスを助けようとしたんじゃないんだ。サンドイッチがロスの隣にあったんだ。わかる? サンドイッチを救おうとしたんだ。

Chandler: From a bullet!
 銃弾からか!

Joey: I know it doesn't make much sense…
 あんまり筋が通らないことはわかってるけど・・

Chandler: Much sense?!
 あんまり?!

Joey: Look, Chandler, it was instinct! Okay? I just went for it!
 な、チャンドラー、本能だったんだよ。な? そうしちゃったんだよ!

Chandler: So you risked your life, for a sandwich!
 それじゃサンドイッチに命をかけたのか。

Joey: I know it sounds crazy, but Chandler, this is the greatest sandwich in the world!
 おかしいってのはわかってるよ。でも、チャンドラー、これは世界一のサンドイッチなんだよ!

Chandler: So you didn't uh, choose Ross before me.
 それじゃ、俺じゃなくてロスを選んだわけじゃないのか。

Joey: No! I would never do that! You-you're like my brother!
 違うよ! そんなことするもんか! おまえは兄弟みたいなもんなんだ!

Chandler: Really?!
 本当に?

Joey: Yeah! In fact, to prove how much you mean to me. . . Here.
 そうさ! だから、おまえがどれほど大事か見せるよ・・(サンドイッチを差し出す)ほら。

Chandler: Thanks.
 ありがと。(片手でつかむ)

Joey: No, eh, oh-oi, easy, it's not a hot dog!
 おいおい! ちょっと・・ホットドックじゃないんだぞ!

(両手で持って食べるチャンドラー)
Joey: How good is that?
 どんなうまいか?!

Chandler: Oh-oi-ho, yeah!
 ああ、うん!

Joey: See?
  な?

Chandler: Hm-hmm.
 うん。(もう一口食べようとする)

Joey: Oh-whoa-hey, dude, what are you doing?!
 おいおい! こら。何をしてるんだ!

Chandler: I thought you were showing me how much I mean to you.
 俺がおまえにとってどんな大事か見せてくれてるんだろ。

Joey: Yeah. With a bite!. . Jeez!
 そうだよ。一口でな。(取り返し) 頼むよ!

《ロスの部屋:化石レプリカをボンドで直そうとしているレイチェル・ロスが来る》

Rachel: Hey! Hi!
 (壊れたものを投げて隠し)あら、ハーイ!

Ross: Rach, what uh, what are you doing here?
 レイチ、ここでなにしてるの?

Rachel: Hey! You know what? You are in our apartment all the time! Okay? This is, this is just a drop in the bucket, mister!
 なに? あなたはいっつも私たちの部屋にいるのに! でしょ? こんなの、バケツ一杯に比べたらひとしずくじゃございませんこと?!

Ross: You know, it-it doesn't matter. The important thing is that you're here. You're my friend, and you're here. Oh!
 ねぇ、そんなことどうでもいいんだよ。大切なことは、君がここにいてくれたことだ。君は僕の友達、そしてここにいてくれた! ああ!(ハグする)

Rachel: Okay, just a little scared. What's going on Ross?
 オーケー・・ちょっと怖い。どうしたの、ロス?

Ross: The most amazing thing happened tonight. I thought my number was up. I had an actual near death experience!
 今日、この上ない素晴らしいことが起きたんだよ! 僕はもういよいよかと思ったよ。僕は実際、臨死体験をしたんだ!

(one's number is up = 死ぬ・危機にさらされる時期が来る)

Rachel: What?! What? What happened?!
 えっ? なに? 何があったの?

Ross: Okay, okay, we were on the ride along with Gary, right? And somebody took a shot at me!
 いいかい、僕らはギャリーの車に乗せてもらってた、ね? その時誰かが、僕を撃ったんだ!

Rachel: Really?!
 本当?!

Ross: No, a car backfired, but I thought somebody was taking a shot at me. And Rach, I…I survived! And I was filled with this-this great respect for life, you know? I-I want to experience every moment. I want to seize every opportunity. I am seeing everything so-so clearly now.
 いや。車のバックファイアだった。だけど僕は自分が撃たれたかと思ったんだ。そして、レイチ、僕は、生き延びた! そして、ものすごい命の大切さを学んだんだ。すべての瞬間を体験したい。すべてのチャンスをつかみたい。いま、すべてが明らかになったんだ。

Rachel: Because a car backfired?
 車のバックファイアで?

Ross: Okay, why are you here?
 なんでここにいるの?

Rachel: Well, I-I-I don't know how this fits into your whole "seizing" thing but um, Emily called you today.
 あなたのチャンスをつかむってのと関係あるか知らないけど、でも、エミリーが今日電話してきたの。

Ross: You talked to her?
 彼女と話したの?

Rachel: No, she left a message. But it-it kinda got erased. There's just . . Something wrong with your machine.
 いいえ。彼女メッセージ残したの。でも、消えちゃったみたい。あれなんていうか・・何か留守電調子悪いのよ。

Ross: Well, okay, what-what did she say?
 そう。彼女なんていってた?

Rachel: Well, uh something about having second thoughts about the wedding and did you guys make a mistake breaking up and uh, she wants you to call her.
 えーっと、何か結婚のこと迷ってるとか、あなた達が別れたのは間違いだったかとか、それであなたに電話してほしいって。

Ross: Wow!
 ワオ・・。

Rachel: Now, that-that was a good thing that I told you, right?
 言ってよかったのよね、そうでしょ?

Ross: Huh? Yeah! Yes, of course!
 え? ああ、もちろんだよ。

Rachel: Okay. Thank you! Thank you! Because−I'm sorry, all right. I'm gonna tell Monica I was right. Because you know what? She didn't want me−not important. The point is, I was right. Your decision. Okay? I was right. Your decision.
 そう、ありがと! ありがとう! だって・・いえ、いいの。モニカに私が正しかったって言ってくるわ。だってね、彼女は私に・・いえ、大事なことじゃないわ。肝心なのは、私が正しいってこと。あとはあなたが決めること。ね? 私は正しかった。あなたが決める。

Ross: Right. I guess, I guess I should call Emily.
 そう。じゃあ・・エミリーに電話しようかな。

Rachel: Okay, no, that's not the right decision. That's not, that's not right, no Ross-Ross, come on! I mean, that woman made you miserable! Okay, Ross, do you really want to get back into that?
 え、いえ、それは正しい決断じゃないわ。それは、それはダメよ、ロス。ねぇ、ロス。彼女のためにあなたミジメな思いをさせられたのよ! ね、ロス、またそうなりたいの?

Ross: Okay, look, yesterday I would've even considered calling her back, but my ex-wife calls on the same day I have a near death experience. I mean, that-that has got to mean something!
 ね、昨日だったら、電話かけようかなんて考えてみもしなかったよ。でも、元妻が、臨死体験をした日に電話をかけてきた。これって、何か意味があるに違いないよ!

Rachel: Ugh, Ross! That was not a near death experience! That was barely an experience!
 もうっ、ロス! そんなの臨死体験じゃないわよ! そんなの体験とも言えないくらいだわ。

Ross: You weren't there! Okay, maybe this is something that I-I'm supposed to seize, you know?
 そこになかったくせに! もしかしたら、これは、つかむべきことなのかもしれないだろ。

Rachel: Okay, you know what? Maybe, this is not about seizing stuff. Maybe this is about escaping stuff.
 そうだ、ねぇ? もしかしたら、これはつかむことじゃなくて、逃げることなのかも。

Ross: Huh.
 はぁ。

Rachel: I mean, look-look, today you escaped death, you know? And maybe this is a chance for you to escape getting back together with Emily?
 ねえ、今日、あなたは、死をのがれた。ね? もしかしたらこれは、エミリーと戻ることからのがれられるチャンスってことなのかも。

Ross: That does make sense. Because I do wanna seize some opportunity, but I-I really don't wanna see or talk to her.
 それは筋が通るよ。だって、僕はチャンスをつかみたいけど、彼女に会ったり話したりはしたくないんだ。。

Rachel: Well, there you go!
 あら、ほらね!

Ross: Yeah. Maybe today is just, close call day.
 ああ。今日は、間一髪の日だったのかも。

Rachel: Close call day.
 間一髪の日!

Ross: Hey, thanks Rach.
 ヘイ、ありがとう、レイチ(ハグ)

Rachel: Ohh, honey, no problem. Okay.
 あら、いいのよ。うん。

Ross: Oh, wait-wait-wait! The message is blinking. Maybe you didn't erase it.
 あ、待って待って! 留守電が点滅してるよ。消えてないのかも。

Rachel: Oh?
 そう?

Ross: "Hey Ross, it's you!" Oh, yeah, no that's-that's an old message, nobody needs to hear that.
 (ボタンを押す)「やぁ、ロス。君だよ!」(止める)ああ、いやこれは古いメッセージだったよ。誰も聞く必要なかった。

Rachel: No.
 そう。(出て行こうとする)

Ross: Hey, was-was Monica here?
 ねぇ、モニカもここに来た?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Yeah, I want my money back.
 そうか。お金返せって。

Rachel: Yeah, uh you-you probably need that for stamps, right?
 そう。きっと切手買うのに使うのね、でしょ?

《セントラルパーク》

Ross: Hey, Pheebs, has Gary ever been shot at for real?
 ねぇ、フィーブス、ギャリーって実際に撃たれたことあるの?

Phoebe: Yes. Once. Yeah, a little. He kinda did it to himself. It's not really a good story.
 ええ。一回ね。ええ、ちょっと。自分で撃ったみたいな・・あんまりいい話しじゃないのよね。

Ross: I wonder how I would react under fire, you know? And not backfire but-but heavy fire. Like, if I was in a war or something.
 僕って実際の攻撃にあったらどんなふうになるのかな。バックファイアじゃなくて本当の武器のさ。例えば戦争とか。

Monica: Man, I would be great in a war! I mean, I really, I think I would make a fantastic military leader. I mean I know I would make General way before any of you guys.
 ああ、私だったらきっと優秀よ! 軍のすばらしい指導者になれると思うわ。私だったら、あなた達の誰よりも先に元帥になるわよ。

Chandler: Before or after you were shot by your own troops?
 自分の隊員に撃たれる前、後?

Ross: I know where Joey would be. He would be down in the foxhole protecting all of us.
 ジョーイのことならわかるよ。彼だったら戦場の壕の中で僕ら全員を守ってるね。

Chandler: Yes, if the foxhole was lined with sandwiches.
 だね。もし壕の中にサンドイッチで縁取られてたらね。

Joey: Yeah, hero sandwiches.
 ああ、ヒーローサンドイッチでね。

Phoebe: Well, you all know that I'm a pacifist so I'm not interested in war in any way. But you know what? When the revolution comes, I will have to destroy you all. . . Not you, Joey.
 みんな私が平和主義ってことはしてるわよね。だからどんな戦争でも興味はないわ。でもね、もし革命が起きたら、私はあなた達全員をやっつけてるわね。・・あなたは別よ、ジョーイ。(出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ




posted by らんち at 01:23| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。