2013年09月03日

5-19 The One Where Ross Can't Flirt

5-19 ナンパできないロスの話

 ☆ロスのナンパ必勝テク☆

《チャンドラー達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey! Wow! You look nice. What's the occasion?
 おお、ワオ! おしゃれして! 何があるんだ?

Chandler: Monica and I are celebrating our 10-month anniversary. Got reservations at Jean George.
 モニカと俺の10ヶ月記念なんだよ。ジャン・ジョルジュの予約が取れたんだ。

Ross: Wow! How'd you get in there?
 ワオ! よく予約取れたね! どうやって?

Chandler: Made a few calls, pulled some strings, and they agreed to seat us at 11:30 if we both had the chicken and didn't get desert.
 何本か電話をかけて、コネを使って、それで11時半でしかも2人ともチキン料理のデザートなしってことで、同意を得た。

(ノックの音。チャンドラーがあける)
Delivery Girl: Hi, Chandler!
 ハーイ、チャンドラー!

Chandler: Hey, Caitlin! Somebody got a haircut.
 ヘイ、ケイトリン! 髪切ったみたいだね。

Caitlin: Ugh, I hate it! I look like an 8-year-old boy.
 ああっ、最悪なの! 8歳の男の子みたい。

Chandler: Yeah, if that was true, gym class would've been a lot more interesting.
 もし君が8歳の男の子なら、体育の時間はもっと楽しそうだよね。

Caitlin: It's uh, 27 dollars even.
 27ドルちょうどよ。

Chandler: Oh, okay. . Here you go.
 わかった。はい、どうぞ。

Caitlin: Hey, where's the chicken?
 (ダックを見て)あら、チックはどこ行ったの?

Chandler: Oh, he's in the back. The duck pissed him off, said that eggs came first.
 ああ、裏にいるよ。ダックが怒らせたんだ。卵が先だって言ってね。

Caitlin: Thanks. I'll see you later!
 ありがとう。じゃあまたね!

Chandler: Okay, bye!
 ああ、バーイ!(ドアを閉めるとロスに睨まれる)

Ross: What the hell was that?!
 あれはいったい何だ?!

Chandler: What?
 何が?

Ross: The flirting! Aren't you supposed to be going out with, I don't know hmm, let's say my sister?!
 ナンパじゃないか! デートなんじゃないのか、誰とだっけ、そうだよ、僕の妹と!

Chandler: I was not flirting.
 ナンパじゃないよ。

Ross: It was totally flirting. "Somebody got a haircut."
 完全にナンパだったね。「髪切ったみたいだね」とか言っちゃって。

Chandler: Okay, first of all, the impression, uncanny. And second, that was not flirting, that was just casual conversation between two people. That is all.
 まず第一に、俺のマネ、すばらしいね! そして第二に、あれはナンパじゃない。2人の人間の間で交わされた何気ない会話、それだけだ。

Ross: Yeah, right.
 ああ、そうかい。

Chandler: You wanna see flirting? I'll show you flirting.
 俺のナンパを見る? 見せようか。(照れた表情でロスに近づく)

Ross: I'm good.
 (逃げて)けっこう。

《モニカ達の部屋》

Rachel: I am so proud of Joey. I can't believe he's going to be on Law & Order!
 ジョーイよくやったわよね。彼がロー&オーダーに出るなんて信じられないわ!

Phoebe: I know. But don't you think that it should be called Order and Law?
 そうよね。でも、オーダー&ローって言うべきだと思わない?

Rachel: No, because first they arrest the guy and then they try him.
 違うわよ。だって、まず逮捕して、それから裁判だもの。

Phoebe: Don't get me started on that.
 私に向かってそんな話無駄よ。

(ロスとチャンドラーが来る)
Chandler: I was not flirting.
 ナンパなんてしてない。

Ross: And on your anniversary, for shame!
 しかも記念日なのに、なんてやつだ!

Rachel: What's going on?
 どうしたの?

Ross: Chandler was hitting on the hot delivery girl!
 チャンドラーが、配達のかわいい女の子に誘いをかけてるんだ!

Chandler: I was not and Oh, God, shh!
 してないし、頼むよ、シーッ!

Ross: Well, I'm sorry but you were! Okay? And besides if anyone should be hitting on her it's the guy who's single, okay? The guy that who-who-who can do something about it.
 悪いけど、してたね! それに、彼女に誘いをかけるんだったら、ガールフレンドのいない人がかけるべきだよね。それを何とかできるやつがさ。

Phoebe: Sounds like somebody wants to be Mr. Pizza Delivery Girl.
 どなたかさんは、ピザの配達の女の子の彼になりたいみたいね。

Ross: Well…
 まぁ・・

Chandler: Is that what this is about? You like Caitlin?
 そういうことなのか? ケイトリンを好きなのか?

(ロスがレイチェルを見る)
Rachel: Ross! We broke up two years ago. You've been married since then. I think it's okay that we see other people.
 ロス! 私たち別れて2年たつのよ。その間にあなた結婚もしてるのよ。私たち他の人とつきあっていいと思うわよ。

Ross: Well, I was watching her the other day at the pizza place. And she's just so sexy and funny and has the cutest little…
 いや、この前ピザ屋さんで彼女を見てたんだけど、彼女本当にセクシーで、楽しい子で、そしてすごくかわいくて小さな・・

Rachel: Okay, you know what? We don't need her measurements.
 ねぇ、ちょっと? サイズの話はいいからね。

Phoebe: Okay, pepperoni, pepperoni, pepperoni, Ross, I know she's pretty and you love her, but is she stupid?! She forgot my vegetarian!
 オーケー、ペパロニ、ペパロニ、ペパロニ。ロス、彼女が可愛くて好きだっていうのはわかったけど、でも彼女バカ? 私のベジタリアン用忘れてるじゃない!

Ross: This is perfect! She'll have to come back here with your pizza, and when she does, I'll turn on the charm "au" Ross. Oh, I'm so glad you don't eat meat.
 カンペキだよ! 君のピザを持ってもう一度ここへ来るだろう。そうしたら、僕はロスの魅力をスイッチオンだ。ああ、君が肉を食べなくてよかったよ!

(au = --へ、--に。男性名詞に使う)

Phoebe: See? Vegetarianism benefits everyone.
 ほらね? 菜食主義はみんなのためになるのよ。

(祖母を連れてくるジョーイ)
Joey: Hey, everybody, look who's here! You remember my grandmother!
 やぁ、みんな! ほら見て! 俺のおばあちゃん覚えてる?

Rachel: Big night!
 大事な夜だもんね!

Phoebe: This is so cool!
 素敵ねぇ!

Chandler: So, Joey on Law & Order, you must be very proud!
 ジョーイがロー&オーダーに出るなんて、さぞ嬉しいでしょう。

Joey: Chandler, she doesn't understand a word of English.
 チャンドラー、おばあちゃんは英語を知らないよ。

Chandler: I'm sorry, I thought you were Joey's other grandmother. I've done it again.
 すみません、僕はまたジョーイのもう1人のおばあさんかと思ってしまって・・またやっちゃったな。

Joey: Nonnie's my biggest fan. Yeah, she's the only one in the family who's always believed in me.
 おばあちゃんは、俺の一番のファンなんだ。家族でただ1人、俺をいつも信じてくれてるんだよ。

(Nonna = イタリア語で祖母)

Granma: Si. Big star. My big jay Joey star!
 そうよ。ビッグ・スター! 私の太っちょジョーイ、スター!

Joey: Yeah, I weighted, like, 27 pounds when I was born.
 ああ、俺生まれた時12キロあったからな。

(バスルームからモニカが来る)
Monica: Hey! Happy Anniversary!
 ヘイ! ハッピー・アニバーサリー!

Chandler: Happy Anniversary, 10 months!
 ハッピー・アニバーサリー、10ヶ月だね!(キス)

Monica: So umm, when I was in the shower I was thinking about our first night in London…
 シャワー浴びてて、ロンドンでの最初の夜のこと思い出してたのよ。

Chandler: Uhh, Joey's grandmother is right there.
 あ、ジョーイのおばあちゃんがすぐそこにいるよ。

Monica: Is that the one that speaks English or the one that doesn't?
 英語を話せる人、それとも話せない方?

Chandler: The one that doesn't.
 話さない方。

Monica: That was some hot love you gave me! I'm gonna go get ready.
 あの時のあなたってホットだったわ! 用意してくるわね。

Chandler: Hey, why don't you wear those earrings I gave you?
 ねぇ、俺があげたあのイヤリングつけなよ。

Monica: That's a great idea! I was saving them for something special.
 それはいいわね! 特別な時のためにとっておいたのよ!

Chandler: Okay.
 オーケー。

Monica: You've got to go home!
 (フィービーに)家に帰って!

Phoebe: But I like it here!
 でもここが気に入ってるのに!

Monica: You gotta go home and get the earrings that you borrowed from me, okay? Chandler wants me to wear them tonight.
 家に帰って、私が貸したイヤリングを取ってきてほしいの、いい? チャンドラーが今夜つけてほしいっていうの。

Phoebe: Okay, I think that they're in my purse. Why don't you go get dressed and I'll look for them.
 わかったわ。バッグに入ってると思うから、あなた支度してきたら、私探しとくから。

Monica: Great!
 わかった。(寝室へ行く)

Phoebe: Okay!. . Rach, hi, I need those earrings you borrowed.
 オーケー! (レイチェルに)レイチ、ねぇ、あなたに貸したあのイヤリングがいるの。

Rachel: Oh, umm, okay, yeah, I'll be right back.
 ああ、わかったわ。ええ。すぐ持ってくる。(部屋へ行く)

(フィービーがジョーイ祖母にイタリア語で話しかけ、会話が成立)
Joey: Wow, Pheebs, you speak Italian?
 ワオ! フィーブス、イタリア語わかるの?

Phoebe: I guess so.
 そうみたいね。

Rachel: Here you go.
 (フィービーに渡す)はい、どうぞ。

Phoebe: Thank you! Wait, Rach! Where's the other one?
 ありがと! 待って、レイチ! 片方ないわよ。

Rachel: Oh, what, you want both of them?
 あら、なに、両方いるの?

Phoebe: Rachel Karen Green, where's the other earring?!
 レイチェル・カレン・グリーン、もう片方はどこにあるの?!

Rachel: Okay, okay, okay, look, just don't freak out, but I kinda lost it. I know it's in the apartment, but I definitely lost it.
 わかった、わかったわ。ねぇ、落ち着いて聞いてね。失くしたみたいなの。部屋のどこかにあるんだけど、でも間違いなく失くした。

Phoebe: Well, what am I going to tell Monica? She wants to wear them tonight!
 モニカに何て言えばいいの? 彼女が今夜つけるって言ってるのに!

Rachel: Tell her to wear her own earrings.
 自分のをつけろって言えばいいじゃない。

Phoebe: These are her earrings.
 これはモニカのイヤリングよ。

Rachel: No! Nooo! You lent me Monica's earrings?! I'm not allowed to borrow her stuff!
 ええっ! ダメよぉぉ。モニカのイヤリングを貸してくれたの? 私、モニカから借りちゃいけないことになってるのに!

Phoebe: Why not?
 なんで?

Rachel: Because I lose her stuff!
 彼女のもの失くすからよ!

《モニカ達の部屋:ロー&オーダーを見ている》

Joey: Okay, see that blind guy right there? I'm gonna bash his head in later. . . Oh, umm, my big scene is coming up. Big scene coming up.
 ほら、あの目の見えない人いるだろ? 俺はこれからあいつの頭をなぐるんだ。(祖母に何か聞かれ)ああ、俺のシーンはもうすぐだよ。俺のシーンもうすぐ。

Chandler: If you said, "Big lima bean, bubbling up," would she understand the difference?
 もし「俺のジーパンもうダメ」って言ったとしたら、彼女違いわかる?

(訳は「大きなライ豆煮立ってきた」となりましたが、似た発音にしてるようなので、訳も似た発音にしてみました)

Monica: Rach? What are you doing?
 (カウチ下を覗くレイチェルに)レイチ? 何してるの?

Rachel: Oh, I just can't watch. It's too scary!
 見てられないの。怖過ぎて!

Monica: It's a diaper commercial.
 おむつのコマーシャルよ。

Rachel: Oh, yeah, well, you know me, babies, responsibilities, ahhh!!!
 ええ、知ってるでしょ、赤ちゃんとか、責任とか、もう、あーっ!

(ノックの音)
Caitlin: Pizza delivery!
 ピザのお届けでーす!

Ross: I'll get it! I will get that!
 僕が出る! 僕が出る!(走って出る)

Caitlin: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi!
 ハーイ!

Caitlin: One vegetarian pizza. That's $12.15.
 ベジタリアン・ピザ一つですね。12ドル15セントです。

Ross: Oh. Uh, by the way, if it makes you feel any better. I happen to like 8-year-old boys.
 ああ、はい。ところで、これで気分がよくならないかな。僕は8歳の男の子が好きなんだよ。

Caitlin: What?!
 何ですって?

Ross: No.. I mean, oh, no, no. The uh, your hair, before, your hair, you said you thought your looks like an 8-year-old boys, and I'm just saying I like it. The hair.
 いや、つまり、いや違うよ。君の髪が、さっき、君の髪が、君、8歳の男の子みたいに見えると思うって言っただろ、それで僕はただ、好きだと言っただけだよ。髪型がだよ。

Caitlin: Oh. Thanks.
 ああ。ありがと。

Ross: You understand I don't actually like 8-year-old boys.
 僕が実際の8歳の男の子を好きなわけじゃないってわかってくれたよね。

Caitlin: You know, all I'm looking for is the money.
 私はただお金を待ってるの。

Chandler: Here you go. . . Now stop bringing us pizzas, you.
 はい、どうぞ。もうピザ持ってこないようにね。

Caitlin: I'm gonna try.
 そうするわ。(立ち去る)

Chandler: You're welcome.
 (ロスに)どういたしまして。

Ross: You couldn't let me have her, could you?!
 どうしても彼女を譲れないんだな!

Chandler: What?
 は?

Ross: This is a girl that I really like and you had to swoop in there!
 僕が本当に好きな子なのに、おまえは割り込んでこなきゃならなかったのか!

Monica: What's going on?
 どうしたの?

Ross: Chandler was totally flirting with the hot delivery girl!
 チャンドラーがかわいい配達の子と仲良く話してるんだ。

Chandler: Thank you for that! . . I was not flirting.
 ありがとさんだよっ! (モニカに)仲良くなんてしてないから。

Monica: It's okay. I don't care. It's uh, it's fine.
 いいのよ。気にしないわ。平気。

Ross: Really?!
 本当に?

Chandler: Really?!
 ホント?

Monica: It's no big deal, I do it all the time.
 たいしたことないじゃん。私もいつもしてることだし。

Chandler: So umm, you-you flirt with guys all the time?
 それじゃ、いつも男の人と仲良く話してるの?

Monica: Sure! It doesn't mean anything! Just like I know it doesn't mean anything with you!
 そうよ! 別に意味はないわよ。あなたにとっても意味がないのと同じよ。

Chandler: Okay, but there is a big difference. You are a lot hotter than I am.
 そうか、でも、大きな違いがある。君は俺よりうんとホットだ!

Joey: True story!
 (通りすがりに)真実だな!

Monica: Chandler, this actually bothers you?
 チャンドラー、こんなことが気になるの?

Chandler: Yes, it does bother me! And I think it would bother a lot of people. Rachel, when you were going out with Ross, did it bother you when he flirted with other women?
 そうだよ。気になるよ。普通は気になると思うよ。レイチェル、ロスとつきあってた頃、ロスが他の女性と仲良くしてたら気にならなかった?

Rachel: Uhh, no, no, it bothered me when he slept with other women.
 うーん、いいえ。彼が他の女性と寝た時に気になったのよ。

Ross: And thank you for that.
 (チャンドラーに)どうもありがとさんだね。

Rachel: But you know, I never really had anything to worry about. Ross was never very good at the flirting thing.
 でもね、本当にそんなこと心配じゃなかったのよ。ロスは女性に声かけるのうまくないから。

Ross: What? What-what, what are talking about? It worked with you.
 何だって? なな・なにを言ってるの? 君を口説き落としたよ。

Rachel: Oh! You know what? You're right! We meet, you flirted and then bam! Nine years later you had me!
 ああ! そうね? その通りだわ! 出会って、あなたが口説いて、そしてバン! 9年後に獲得ね!

Ross: All right, all right. You-you know what I'm going to do? I am going to order another pizza and when Caitlin gets here, you-you--I will show how well I flirt. Yeah! I will, I will get her phone number! And not the one on the menu!
 いいよ、いいよ。じゃあこうしようか? またピザを頼むよ。そしてケイトリンが来たら、どんなに上手に声をかけるか見せてあげるよ。そうさ! 彼女の電話番号を聞き出すぞ。注文用の番号じゃないやつだ!

Phoebe: I found it!
 (レイチェルに)見つけたわよ!

Rachel: Ohh! Thank God! Where was it?
 ああ! よかった!! どこにあった?

Phoebe: On your dresser.
 あなたのドレッさーの上よ。

Rachel: Okay, that is the one we already have!
 それはもともとあったやつよ!

Joey: Okay, here's my big scene. My big scene's here! Oh, my God.
 これが俺のシーンだ! 俺のシーンだぞ!. . . ああ・・なんてことだ!

Monica: What?
 どうしたの?

Joey: Okay, everybody just keep smiling. It'll kill my grandmother if she finds out.
 みんなニコニコしてて。知ったらおばあちゃんが死んじゃうよ。

Chandler: Well, what is it?
 どうしたんだ?

Joey: Oh, they cut me out of the show.
 出番カットされた。

Rachel: What?!
 えっ?!

Ross: Are you sure?
 本当に?

Phoebe: Maybe your scene's coming up?
 まだ出てくるかもしれないじゃない?

Joey: Not likely. 'Cause you see that body bag right there?
 それはなさそう。ほら、あの死体袋あるだろ?(担ぎだされるのが映っている)

Rachel: Yeah.
 ええ。

Joey: I'm in it.
 俺あの中。

《モニカ達の部屋:続き》

Phoebe: This is terrible. What are you gonna do?
 ひどいわね。どうする?

Joey: I don't know. This little, old lady lives for my career. When they dumped me off of Days of Our Lives, she almost died.
 どうしよう。このおばあちゃんは俺のキャリアだけが生き甲斐なんだ。「愛の病院日誌」から下ろされたとき、死にそうになったんだよ。

Phoebe: That's not good.
 大変じゃない。。

Joey: You're not smiling! Not that face, smile! Everybody smile!
 ニコニコしてないぞ! それはダメ、笑って! みんな笑って!

Rachel: Joey, why don't you just tell her what happened? It's not your fault.
 ジョーイ、本当のことを話したら? あなたのせいじゃないのよ。

Chandler: If we keep talking this way, aren't we gonna freak her out soon?
 こんな顔して話し続けてたら、いずれ怖がらせちゃうんじゃないか?

Joey: Soon, soon, I'm gonna be on soon. There I am!
 (祖母にイタリア語で聞かれ)すぐだよ、すぐ。すぐ出てくるから。ほら、俺だ!

Grandma Tribbiani: No! Sam Waterston!
 違う! サム・ウォーターストン

Joey: No-no-no, that-that's me, that's me.
 違う違う、あれが俺。あれが俺だよ。

Grandma Tribbiani: No, Sam Waterston! Crimes and Misdemeanors, Capricorn One.
 違う! サム・ウォーターストン! 「重罪と軽罪」とか「カプリコン1」とか。

Chandler: Doesn't know, "Hello." But she knows Capricorn One.
 「ハロー」も知らないのに、「カプリコン1」は知ってる。

Monica: Phoebe! I have to have those earrings, we're going to leave as soon as the show is over.
 (フィービーにこっそり)フィービー! イヤリングがいるのよ。この番組が終わったらすぐ出かけるんだから。

Phoebe: But I already gave them back to you!
 でももう私返したわよ。

Monica: No, you didn't.
 あら、まだよ。

Phoebe: All right, I already didn't give them back to you, that's what I said. . . Where is that other earring?
 そうよ。まだ返してないってことよ、そう言ったのよ。(レイチェルのそばへ行き)もう片方のイヤリングは?

Rachel: It's not here, Pheebs, it's not here. Ohh, I went to Joey and Chandler's last night! Okay!
 ここにないのよ、フィーブス、ないの! あっ! 昨日ジョーイとチャンドラーのところへ行ったわ! そうよ!(出て行こうとする)

Phoebe: Make sure you check Chandler's jewelry box.
 チャンドラーの宝石箱も必ず見てね!

Rachel: Wait a minute. Chandler has a jewelry box?
 ちょっと待って。チャンドラーが宝石箱持ってるの?

Phoebe: Okay, we have like ten minutes. Do you want me to get into that now?!
 ね、あと10分くらいしかないのよ。その話、いましたいの?(レイチェル出て行く)

Ross: Hey, Pheebs! How's that uh, vegetarian pizza working out for ya? You and those vegetables have a real thing going on, huh?
 やぁ、フィーブス。ベジタリアン・ピザは君、どうだった? 君のその菜食主義ってのはうまくいってるじゃない、え?

Phoebe: Why are you being weird?
 なんでそう変なの?

Ross: Do you like it?
 気に入った?

Phoebe: No, that would be, "Why are you being cute?"
 いえ。そうだったら「なんでそうキュートなの?」って言うわよ。

Ross: Okay, I'm working on my flirting.
 いや、ナンパみたいなことしてみてた。

Phoebe: Ohh! I did not get that.
 ああ! 気づかなかった。


Chandler: So uh Monica, do you, do you like the Law & Order?
 (モニカに)ねぇモニカ、ロー&オーダー好き?

Monica: Yeah, it's good.
 ええ、いいじゃない。

Chandler: See, I'm finding out all this stuff about you today, like you like the Law & Order and that you flirted with every guy in the tri-state area!
 そうか、今日は君のこといろいろ発見したよ。ロー&オーダーが好きとか、この辺りの州の男すべてと仲良く話すとか。

Monica: Okay, let me get this straight. It's okay for you to flirt, but not for me?
 ねぇ、確認したいんだけど、あなたが仲良くするのはよくて、私はダメなの?

Chandler: Oh, I'm so glad we cleared that up. Look, I'm sorry, some things are different for men and for women.
 ああ、よかった、わかってくれて。悪いけど、男と女とでは違うことがあるんだよ。

Monica: Go on, teach me something about men and women.
 続けて。その男と女の違いっての教えて。

Chandler: Okay, I've already taught you so much already, but whatever. See when you flirt with a guy you think, "I'm just flirting, no big deal." But the guy is thinking, "Finally! Somebody who wants to sleep with me!"
 そうだね、もういろいろ教えてきたけど、まぁいいさ。男と話してるとき、君は「ちょっと話してるだけ、たいしたことじゃない」と思ってるだろ、でも男はこう考えてる。「ついにきたぞ! 俺と寝ようと思う子だ!」

Monica: No way!
 まさか!

Chandler: It's true.
 真実だ。

Monica: Well, that's pathetic!
 そんな哀れな!

Chandler: Again true.
 それでも真実だ。

Monica: And this goes for all guys?
 男はみんなそうなの?

Chandler: All guys that are awake. Then we go to sleep and then all the guys from the other end of the world wake up and behave the exact same way.
 目を覚ましてる男はみんなそうだ。そいつらが眠るだろ、そうすると地球のもう半分の男が目を覚まして、まったく同じことを考える。

Joey: All right, it's another commercial. I still haven't told her!
 (ロスに)なぁ、またコマーシャルだ。まだ彼女に話してないんだ!

Ross: Joey! This is like the last commercial. You've got like ten minutes left!
 ジョーイ! もう最後のコマーシャルだぞ! あと10分くらいしかないぞ!

Joey: I know, I know! What am I gonna do? . . Ooh!
 わかってる、わかってるよ! どうしよう? ・・あっ!

Monica: No! You are not gonna run out and leave her here!
 ダメよ! 彼女置き去りにして逃げるのはダメ!

Joey: Yeah, all right. . . Ooh!
 そうか・・わかったよ・・・・あっ!!(駆け出して行く)

Grandma Tribbiani: Joey!
 ジョーイ!

Chandler: Uh, Joey is gonna be right back. Right back! . .Meanwhile, let's-let's-let's talk about you. . . So, you're old and small.
 ジョーイはすぐ戻ってきますよ。すぐ戻る! その間、あなたの話をしましょうか。・・あなたは、年とってて小さい。

《時間経過:レイチェルが戻る》

Phoebe: Did you find it?
 見つけた?

Rachel: The earring? No. But look, I found my sunglasses under the couch! I've been looking for these since like last summer.
 イヤリング? なかった。でも、カウチの下にサングラスがあったわ! これもう去年の夏から探してたのよね。

Phoebe: Okay, those are my sunglasses, you borrowed them from me.
 それは私のサングラスよ。私が貸したんじゃないの。

Rachel: Okay, calm down, here they are.
 わかったわよ、落ち着いて。はい(返す)

Monica: Phoebe!
 フィービー!(イヤリング催促のジェスチャー)

Phoebe: What do we do?!
 (レイチェルに)どうしよう?

Rachel: I don't know, I don't know!
 わからない、わからないわよー!

Phoebe: All right, well, we're just gonna have to tell Monica, that's all.
 いいわ。モニカに本当のことを言うしかないわね。そういうことよ。

Rachel: Oh, gosh, she's going to kill me.
 ああ! 彼女に殺されるわ。

Phoebe: I suppose I could tell her it's just all my fault.
 じゃあ私のせいということで話してもいいわね。

Rachel: Ohh, that'd be great!
 ああ! 助かるわ!!

Phoebe: Mon, can I talk to you for a sec?
 モン、ちょっといい?

Monica: Yeah, what is it?
 ええ、なに?

Phoebe: Umm, I lost one of your earrings. I'm sorry! I am so, so sorry!
 あー・・あなたのイヤリング、片方なくしちゃったの。ごめんなさい! 本当に本当にごめんなさい!

Monica: Wow! All right, well, I mean, what can you do? If you lost it you lost it.
 まぁ! そうか・・ま、どうしようもないわね。ないものはないんだもの。

Phoebe: I will replace it, I promise. I feel so terrible.
 買って返すわ。必ず。本当に申し訳なくて。

Monica: All right, that's fine. You didn't do it on purpose.
 いいのよ。大丈夫。わざと失くしたわけじゃないもの。

Phoebe: No.
 そうだけど。

Monica: Look at you! Come here! . . . Feel better?
 そんな顔しちゃって! ほら!(ハグ)気分治った?

Phoebe: Yeah! You're the best!
 ええ。あなたって最高ね!

Rachel: Okay, wait a minute. Wait a minute, I-I-I, I can't do this. Listen, honey, this is, it's not Phoebe's fault. She lent me the earrings, and I lost it. I'm so sorry. Honey, I feel terrible too.
 いい?ちょっと待って、ちょっと待って。こんなことできないわ。聞いて、これはフィービーのせいじゃないの。彼女が私に貸してくれて、私が失くしたの。ごめんなさい。私も申し訳ないと思ってる(ハグしようとする)

Monica: That is exactly why I do not lend you stuff!! Okay?! I mean, first it's my jewelry! And if it's not my jewelry, it's-it's my blue sweater! And if it's not my sweater, it's my sunglasses!
 だからあなたには貸さないのよ! でしょ? 最初に私のアクセサリーでしょ! アクセサリーじゃなかったら青いセーターでしょ! セータじゃなかったら、今度はサングラス!

Rachel: Your sunglasses?!
 サングラス?

Monica: Yes!
 そうよ!

Phoebe: Oh, right!
 あ、そうか。(さっきのサングラスを返す)

Caitlin: Pizza!
 (ドアの外から)ピザでーす!

Ross: Oh, mine! Mine! Mine! . . Okay, here goes. Prepare yourselves for some Class A flirting.
 (ドアへ走る)僕のだ! 僕の!僕の!(みんなに)さぁ、行くよ。Aクラスのナンパを見せるから覚悟して。

Chandler: Okay, hold on. . . Okay.
 わかった。待てよ・・・・よし。

Rachel: Honey, you have nothing to prove. And if you really like this girl, I don't flirting is the right thing to…
 ねぇ、別に証明してみせなくてもいいのよ。それにその子が本当に好きなら、ナンパなんてやりかたじゃなくて・・

Ross: You'll see. Okay. . . Oh, what's-what's her name?
 見てて! よし。・・・あっ、名前何だっけ?

All: Caitlin!
 ケイトリン!

Grandma Tribbiani: Caitlin!
 ケイトリン!

Ross: Hey! Oh, we-we can't keep eating like this.
 (ドアを開け)ヘイ! ああ、僕らこんなに食べ続けてちゃいけないよね。

Caitlin: It's uh, $12.50.
 ・・・12ドル50セントよ。

Ross: Okay, so, do you make the pizzas in one of those uh, wood-burning ovens?
 わかった・・・それで・・君のところのピザは・・その・・薪を燃やす釜で焼くの?

Caitlin: No, actually umm, I think that they're gas.
 いいえ。ガスだと思うわ。

Ross: Gas? Wow! Intense.
 ガス? ワオ! 激しいね。

Chandler: If this is the way all the Gellers flirt, we don't have a problem.
 (モニカに)ゲラー家みんなこうだったら、俺たちも問題ないな。

Ross: Hey uh, you know that smell gas has?
 ねぇ、あのガスの匂い知ってる?

Caitlin: Yeah.
 ・・・ええ。

Ross: They put that in.
 あれはつけてるんだ。

Caitlin: What?!
 え?

Ross: The gas is odorless, but they add the smell so you know when there's a leak.
 ガスは無臭なんだ。でも、漏れたらわかるように、匂いをつけてるんだよ。

Caitlin: Well, okay!
 ああ、そう。

Ross: A lot of other gas smells…
 匂いのするガスはたくさんある。

Chandler: Oh, the humanity.
 ああ。人間って。

Ross: Methane smells…
 メタンガスも匂うし・・

Caitlin: You know what umm, actually I, I really, I should go.
 ねえ、私もう行かなくちゃ。

Ross: Oh, but I-I-I haven't paid you yet!
 あっ、でもまだお金払ってないよ。

Caitlin: You know what? That's okay, you guys have ordered so many that this one is on me!
 それだけどね、もういいわ。たくさん注文してくれたから、これは私がサービスしとく。(立ち去る)

Ross: Was I talking to her about gas?
 ・・・僕、彼女にガスの話してた?

Chandler: More so than anything else.
 他の何よりもね。

Phoebe: I-I-I found it interesting.
 私はおもしろいと思ったわ

Rachel: I'm sorry.
 残念だったわ・・

Ross: Oh, no-no, hey, hey, don't worry about it! In nine years, she and I will be right there.
 ああ、いやいや、ほら、心配しないで! 9年後には、彼女と僕はつき合ってるから!

Rachel: Okay, well, I'm gonna clear out some of these boxes.
 それじゃ、私これ片付けてくるわ。(ピザの空き箱を持って外へ)

Phoebe: Ross?
 ロス?

Ross: Yeah?
 なに?

Phoebe: What else do they add smell to?
 他に匂いをつけてるガスってなに?

《ケイトリンに追いつくレイチェル》

Rachel: Hey! Hey! Hi! Hey-hey, I'm Rachel! From upstairs? The ones with all the pizza?
 ねぇねぇ! ハーイ、ねぇ、私レイチェルっていうんだけど。あのビルの。ピザをたくさん頼んだ。

Caitlin: Oh, is there a problem?
 ああ! 何か問題でも?

Rachel: No. No. Every thing's--they're fine. Great pizza. But it's uh, actually umm my friend Ross. He uh, just gets really nervous when he's flirting.
 いえいえ。大丈夫よ。おいしかったわ。でも、あの友達のロスのことだけど。彼はナンパしようとすると、すごく緊張しちゃうのよ。

Caitlin: Oh, my God! That was flirting?!
 オーマイゴッド・・あれがナンパだったの?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Caitlin: Wow!
 ワオ・・

Rachel: I know, I know, but uh just, I'm telling you, once, once you get past that part, that where it-it just feels like you wanna die, he's-he's really a good person.
 そうなの、そうなの。でもね、言っておきたいんだけど、一度あの死にたくなるようなあの部分を通り越せば、彼は本当にいい人なの。

Caitlin: The guy with the gas?!
 あのガスの人が?

Rachel: Yeah. I'm-I'm telling you he's really sweet and he's really funny and he's just ugh, got a good heart. And besides, I you know, I think he really likes you.
 ええ。本当に彼は優しくて楽しくて、素敵な心の人なの。それに、本当にあなたのことを好きなのよ。

Caitlin: Really?!
 本当に?

Rachel: Well, you know, we have 7 people and like 10 pizzas, what do you think?
 だって、人が7人でピザが10個よ。どう思う?

Caitlin: I just, I thought Joey was there.
 ジョーイがいるのかと思ったわ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが戻る》

Rachel: Hey, Ross? Umm, I just ran into Caitlin in the hallway and-and uh, you must be getting better at this flirting stuff than I thought.
 ねぇ、ロス、ケイトリンとバッタリ出会ったんだけど、あなた私が思ってたよりナンパが上手みたいね。

Ross: What do you mean?
 どういうこと?

Rachel: Well, I don't get it, but she wanted me to give you her phone number.
 わからないんだけど、彼女、あなたに電話番号渡してくれって。

Ross: And she just gave you this?
 彼女が電話番号を君に渡したって?

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Ross: Rach, thanks, but I don't need you doing me any favors.
 レイチ、うれしいけど、でもこんなことしてもらうことないよ。

Rachel: I-I-I didn't! I didn't! She thought you were cute.
 してないわ! してないわよ! 彼女があなたをキュートだと思ったってことよ。

Ross: Well, that I can believe.
 それなら信じられるな。

Rachel: Yeah!
 でしょ!

(ジョーイが戻る)
Joey: Hey! Is the show still on?
 ねぇ! まだ番組続いてる?

Chandler: Almost over, man.
 もうすぐ終わるぞ。

Joey: Hey, Nonnie. Oh! Is that the Pope?!
 やぁ、おばあちゃん。あっ!(窓の外を指差す)あれって法王?(急いでビデオをセットする)

Chandler: Why am I looking?
 なんで俺まで見てるんだ?

Joey: Oh, Nonnie, here I am! Look! This is my big scene!
 ああ、おばあちゃん! ほら、俺だよ! 見て! 俺のシーンだ!

(ジョーイ作のビデオスタート)

Joey: All right, back off! I gotta gun! I'm not afraid to use it!
 (ビデオ)よし、下がれ! 拳銃を持ってるんだぞ! 撃てるんだぞ!

Grandma Tribbiani: Oh, Joey!
 ああ、ジョーイ!

Joey: That's right, Nonnie!
 そうだよ、おばあちゃん!

Chandler: You couldn't have at least changed your shirt?
 セーターも着替えなかったのか!

Joey: Now, I wanna a suitcase filled with 100,000 dollars. . . Shoo! Shoo! Shoo! Filled with $100,000 in small bills. And if I don't get it. . . Shoo!! And if I don't get it. . . I'm gonna shoot this duck!
 (ビデオ)いいか! 10万ドル入れたスーツケースを用意しろ! (ダックの声)シッ! シッ! シッ! 小額紙幣で10万ドル詰めろ! そうしなかったら・・(ダックの声)シッ! もし用意しなかったら・・・(ダックを抱き上げ)このアヒルを撃つぞ!

Phoebe: Oh, no!
 あっ、ダメっ!

Joey: I'm coming out!
 (ビデオ)出て行くぞ!(部屋を出てカメラ枠から消える)

Ross: And she's supposed to buy this?!
 (フィービーに)彼女がこれを信じるって?

Grandma Tribbiani: Joey, bravo!
 ジョーイ! ブラボー!!

(ビデオ画像がチャンドラーに変わる)
Chandler: Ground control to Major Tom! Commencing countdown…engines…on!
 (デビッド・ボウイのSpace Oddity を歌うチャンドラー)


Joey: That's uh, scenes from next week's show. Next week's!
 (ビデオをとめて)あれは・・来週の予告だよ。来週の!

Phoebe: I am definitely gonna watch that!
 あれ見なくちゃ!

《時間経過:イヤリングを見せるモニカ》

Monica: What about these? These look the same?
 これはどう? 同じに見える?

Phoebe: Definitely!
 見えるわ!

Monica: Not as each other!
 左右ってことじゃなくてよ!

Phoebe: Oh, then no.
 ああ、じゃあ、ダメ。

Chandler: Hey!
 (モニカに)ヘイ!

Monica: Hi!
 ハーイ。。

Chandler: You ready?
 用意できた?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: You look amazing. I'm the luckiest man in the world.
 素敵だよ。俺は世界一ついてるよ。

Monica: Ohh, you're about to get a little luckier.
 ああ。これからもっとついてくるわよ。

Chandler: Let me see the earrings.
 イヤリング見せて。

Monica: Oh, honey, the earrings…
 あ、ねぇ、イヤリングのことなんだけど・・

Chandler: They look great! Does your boyfriend have the best taste or what?
 きれいだね! 君のボーイフレンドは趣味がいいったらないね!

Monica: My boyfriend really does have good taste!
 私のボーイフレンドは趣味がいいのよ!

Chandler: Thanks for picking out the earrings, man.
 (ロスに)イヤリング選んでくれてありがと!

Ross: Hm-mmm.
 いいよ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:55| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。