2013年09月02日

5-18 The One Where Rachel Smokes

5-18 レイチェルがタバコを吸う話

 ☆目指せ! キャリアウーマン☆

《セントラルパーク:トランプを差し出すジョーイ》

Joey: Okay, pick a card.
 よし、一枚選んで。

Chandler: Okay.
 オーケー。

Joey: All right. Now, memorize it. . You got it?
 よし、じゃあ覚えて。・・覚えた?

Chandler: Oh, yes.
 うん。

Joey: Is that your card?
 (チャンドラーに持たせたまま、デッキの中から一枚取って)これがおまえの選んだカード?

Chandler: . . Yes.
 ・・・・そう。
(喜んだものの、2枚のカードを見て焦るジョーイ)

(ロス・キャロル・ベンが来る)
Carol: Hey, guys!
 ハーイ、みんな!

Ross: Hi!
 ハーイ

Chandler: Hi, there!
 やぁ!

Ben: Hi!!
 ハーイ!!

Carol: Guess what? Ben is gonna be in a TV commercial!
 聞いて! ベンがTVのコマーシャルに出るの!

Phoebe: What are you talking about?!
 それ何の話?

Ross: Well, it's not for sure but umm, we met this guy in the park who thought Ben was really cute. You know, which he is. So umm anyhow, he uh, he gave us his card and told us to bring him down for this commercial he's auditioning.
 まだ確かじゃないんだけど、公園でベンがかわいいっていう人にあってね、その通りなんだけどね。それでとにかく彼が名刺をくれて、コマーシャルのオーディションに来いっていうんだ。

Joey: Whoa! This guy is like the biggest commercial casting director in town! Ben takes one lousy walk in the park and gets an audition!! . . I mean, way to go Ben! Man! I've been in that park a million times and no one offered me an audition.
 (その名刺を見て)ワオ! この人このあたり一番のコマーシャルのキャスティング・ディレクターだよ! ベンがトロトロ公園を歩いただけでオーディションだなんて!(ロスに睨まれ)つまり、やったな、ベン! ああ、俺だってあの公園にいやというほど行ってるのに、オーディションなんて声かからないぞ。

Ross: I know, it's crazy! We were just pushing Ben on the swings…
 ほんとだよ、すごいよね! 僕らただベンをブランコに乗せて押してただけで・・

Joey: I'm always on the swings! What am I doing wrong?!
 俺いつもブランコに乗ってるのに! 俺のどこがいけないんだ?

Chandler: That.
 そこ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが仕事に行くところ》

Rachel: Okay, gotta go! Wish me luck!
 さぁ、行かなくちゃ! 幸運を祈ってね!

Joey: Luck!
 頑張れ!

Chandler: Hey, Rach, now that you're working at Ralph Lauren, can you bring me back some of those polo shirts?
 な、レイチ、ラルフローレンで働くんだったら、あのポロシャツ持ってきてくれる?

Rachel: Uh well, you know what? I don't think if I feel comfortable stealing on my very first day.
 あー、いい? 初日から盗んでくるなんてできないと思うわ。

Chandler: Unwilling to steal from work. . Interesting.
 会社から盗むのが気が進まない・・・興味深いな。

Monica: Besides, if anybody's gonna get free stuff, it's gonna be me.
 それに、タダでもらえるとしたら、まず私よね。

Rachel: Okay, guys, way to wish me luck!
 オーケー、みんな、幸運祈ってくれてる!

All: Good luck! Go get 'em!
 幸運を! 頑張って!

Phoebe: Okay, let's discuss Rachel's birthday. I say we throw a surprise party this weekend.
 さぁ、レイチェルのバースデイをどうするか決めましょ。今週末にサプライズ・パーティはどう?

Joey: Whoa-whoa, but her birthday isn't like for another month.
 おいおい、彼女の誕生日まで、まだ1ヶ月以上あるぞ。

Phoebe: Yeah, but if we throw her a party on her birthday, then it's not a surprise.
 そうよ。でも、誕生日当日にやったら、サプライズにならないじゃん。

Monica: I think it's a great idea. Yeah, we could have a dinner party and just invite her close friends.
 それはいい考えね。そうよ。ディナー・パーティをして、彼女の親しい友達を誘えばいいのよ。

Joey: Ross!! We're having a surprise party for Rachel!!
 (バスルームへ叫ぶ)ロス! レイチェルのサプライズ・パーティを開くぞ!

Ross: Okay!!
 オーケー!

Joey: Done.
 決まり。

Phoebe: Okay, great. So do you want to do it together?
 はい、いいわね。それじゃ、あなたも私と一緒にやる?

Monica: I would love to do it together!
 喜んで一緒にやるわ!

Joey: They're gonna do it together.
 (にやけて)2人でやるんだって。

Chandler: Dude! That's my girlfriend!
 おい! 俺のガールフレンドなんだぞ!

Joey: What, so I gotta shut it down now?
 なんだよ、だからもう禁止なのか?

(ロスがバスルームから来る)
Ross: All right, I gotta take off. I'm picking up Ben then we're off to the big audition.
 よーし、もう行くよ。ベンを迎えに行って、オーディションに行かなきゃ。

Monica: It's gonna be weird to watch some actor pretending to be Ben's dad.
 俳優さんが彼のおとうさんを演じるのを見るなんて変でしょうね。

Ross: Yeah.
 そうだな。

Chandler: Weirder than watching his two moms make out?
 2人のママがキスしてるのを見るよりも?

Joey: Whoa-whoa, dad? There's a dad in the commercial?
 おいおい、おとうさん? コマーシャルにおとうさんも出るのか?

Ross: Yeah, the dad and Ben eat soup and pretend to enjoy it.
 ああ。おとうさんとベンがスープをおいしそうに食べて見せるんだ。

Joey: Whoa, hey, maybe I'll go down there with ya and see if I can get an audition to play the dad. I mean, who better to play Ben's father than his godfather.
 そうか、じゃあ一緒に行って、おとうさん役のオーディションを受けられないか見てみようかな。ゴッドファーザーならベンの父親役にぴったりじゃないか。

Ross: You're not his godfather.
 おまえはゴッドファーザーじゃないぞ。

Joey: What?! Are you kidding?!
 はぁっ?! 冗談だろ?

Ross: Of course I am! Okay, let's go, godfather.
 ・・もちろん冗談だよ! よし、行こう、ゴッドファーザー。

Joey: All right!
 よし!
(ゴッドファーザーは君だとチャンドラーに合図しながら出て行くロス)

《CMのオーディション:ジョーイが来る》

Joey: Hey! I'm in, they're gonna let me audition!
 なぁ! 俺もオーディション受けられることになったぞ!

Ross: Really? That's great!
 本当? それはいいね!

Joey: I know! I know! It turns out that one of the casting ladies has actually seen me in a play. So I steered clear of her…
 だよな! キャスティングの女性の1人が芝居で俺を見たことがあってね。だから彼女は避けたよ。

Carol: Hey, that kid looks familiar.
 (他のオーディションを受ける子を見て)ねぇ、あの子見たことがあるわ。

Joey: Oh, yeah, yeah! He's done tons of commercials. I've seen him in like Sugar Smacks, Playstation, and that one for the phone company. In fact he was so good in that one, he actually convinced me to switch phone companies. Chandler was mad.
 ああ、そうそう! あの子はたくさんコマーシャルに出てるからね。コーンフレークとか、プレイステーションとか、電話会社とかね。実は、あの子のそのコマーシャルがすごくよくて、俺は電話会社を変えちゃったんだよな。チャンドラーの怒ったこと。

tumblr_ma30gdQfOw1qbmureo1_500.jpg(Sugar Smacks)

Ross: Yeah, well, he's not gonna get this one. Ben is way cuter than that kid. I mean look at him, look at you.
 ああ、でも、彼もこれは出られないね。ベンの方がずっとかわいいもんね。ほら、見てよ、見てこの子!

Joey: That's great. Listen, wouldn't it be great though if I got to play Ben's dad?
 いいね。でもさ、俺がベンのおとうさん役立ったらすごいよな?

Ross: Joey, you look nothing like Ben.
 ジョーイ、君はベンとは似ても似つかないよ。

Joey: I look more like him than you do!
 おまえよりはベンに似てるぞ!(キャロルにウィンク)

Carol: You know, I don't really know you well enough for you to do that.
 それにのっかるほどあなたと親しくないし。

《レイチェルの新しい職場》

Kim: So it's down to these two, Nancy, I know you like this one and I think I agree. Rachel, what do you think?
 そうするとこの2つのどちらかね。ナンシー、あなたはこれが気に入ってるのよね。私も同感よ。レイチェル、あなたはどう思う?

Rachel: Well umm, that one is pretty but uh, I just, I just love this fabric. Sorry.
 ええ、それは素敵ですけど、私こちらの素材もすごく好きで・・ごめんなさい。

Kim: Oh, don't be sorry, that's part of your job here to give your opinions and then I take credit for them. . I'm kidding.
 あら、あやまることないのよ。それがあなたの仕事よ。自分の意見を言いなさいね、私はそれを自分の手柄にするから。冗談よ。

Nancy: She is kidding, but don't ever disagree with her again. Okay, now I'm kidding!
 ホント、冗談よ。だけど二度と彼女に逆らわないで。って、これも冗談よ。

Rachel: Oh, what a fun office.
 まぁ、楽しい職場だこと。

Kim: I don't know which one, but I do know I need a cigarette. So what do you say we take a break, we go outside, and we'll figure this out when we come back?.. Rachel? Do you smoke?
 どちらがいいかわからないわ。でも私タバコがほしいのは確かよ。休憩で外へ出て、戻ってきてから考えるっていうのはどうかしら? レイチェル、あなたも吸う?

Rachel: Oh, no, my dad's a doctor and he would always tell me just horror stories. . about ghosts and goblins who totally supported the princess's right to smoke.
 あら、いいえ。父が医者で、いつも恐ろしい話を聞かせられたんですよ・・ゴーストとかゴブリンとか、お姫様のタバコを吸う権利を支持してたって・・。

《セントラルパーク》

Rachel: And then they came back from smoking and they had made all of the decisions without me!
 それで2人がタバコ吸って帰ってきたら、私抜きでもう決めちゃってたのよ!

Monica: That doesn't seem fair.
 それは納得できないわよね。

Rachel: I know! It's like I'm being punished for not having this disgusting, poisoning habit!
 そうなのよ! まるで、あの気持ち悪い毒を吸う習慣がないために罰せられてるみたい。

Chandler: Yeah, it is the best.
 ああ、最高だよ・・。

Rachel: I mean what if this keeps happening? You know, they'll-they'll be outside smoking, making all the decisions and I'll just be up in my office breathing my stupid clean air, you know? And then when the day comes when Kim wants to promote one of us, who do you think she's gonna pick? Me or Smokey Smokerson?
 もしこれからもずっとこうだったらどうなる? 私が1人でオフィスのきれいな空気なんか吸ってる間に、あの2人で外でタバコを吸いながら、全部決めちゃってたら? そしていつか、キムが私たちのどちらかを昇進させようってことになった時、どっちが選ばれると思う? 私か、タバコスパスパ女?

Monica: Rachel, you can go down there, you don't have to smoke. Just say you wanna get some fresh air.
 レイチェル、あなたもそこへ行けばいいじゃない。タバコは吸わなきゃいいのよ。ただ新鮮な空気が吸いたかったって言えばいいのよ。

Rachel: Yeah, I can do that.
 まぁ、それもあるわね。

Chandler: Yeah, or you can do the easy thing and smoke.
 ああ、それか、簡単なのは、吸っちゃうことだな。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey, Rach, you wanna get some coffee?
 ねぇ、レイチ、コーヒー飲みに行かない?

Rachel: I would love to!
 行きたいわ!(出て行く)

Phoebe: Oh, good!
 よかった!

Chandler: Yeah, I wanna go too, babe.
 そうだな、俺も行くよ。(出て行く)

Phoebe: Oh, good. Oh, wait, I change my mind! Okay, let's talk about the party! I have so many ideas!
 よかった。(ドアで立ち止まり)あ、気が変わったわ。(ドアを閉めて部屋に戻る)さぁ、パーティの相談しましょ! いっぱいアイデアがあるのよ!

Monica: Me too!
 私もよ!(バインダーを出してくる)

Phoebe: Oh, look at that.
 あらまぁ、すごいわね。

Monica: All right, that's a little sketch of the cake, see, right. Some sample menus. You know, I thought we'd start out with Tuscan style finger food, okay? And for music, here's an alphabetized list of all my CDs! I've highlighted the ones that would go really good with the food.
 これがケーキのスケッチよ。ほらね。これがメニューのサンプル。トスカーナスタイルのおつまみで始めようかと思うの、ね? 音楽に関しては、私のCDタイトルをアルファベット順に並べたリストを作ったわ。食事にすごく合うのにアンダーラインひいておいたわ。

Phoebe: What happened to the intimate dinner party?
 内輪だけのディナー・パーティはどうなったの?

Monica: You know, we're not doing that. Okay…
 そうはならないわ。それで・・

Phoebe: Looks like you took care of everything. Thanks a lot, co-host.
 あなた1人で全部やるみたいね。ありがとう、共同ホストさん。

Monica: What?! I didn't take care of everything, there's-there's plenty of things for you to do!
 え? 私1人で全部やらないわよ。あなたにやってもらうことはいっぱいあるわ。

Phoebe: Uh-huh, like what?
 あらそう、例えば何?

Monica: Cups.
 カップよ。

Phoebe: Cups? You're giving me cups?
 カップ? 私はカップ担当?

Monica: And ice!
 それと氷!

Phoebe: Cups and ice? Ooh, I get to be in charge of cups and ice? All right. Fine, okay, I will be in charge of cups and ice!
 カップと氷? ああそう、私はカップと氷なのね。いいわ、わかったわよ。カップと氷を担当するわよ!

Monica: Wait a minute, I can get ice at the restaurant…
 ちょっと待って、私レストランで氷を調達できるから・・

Phoebe: I got it! Mine!
 私が担当よ! 私の!

(ロスとジョーイが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ・・

Monica: Hey! How'd the audition go?!
 あら! オーディションはどうだった?

Ross: Not so good.
 よくなかったよ。

Monica: Wait a minute, are you doing Joey's "Audition didn't go so well. . . Yeah, it did?"
 ちょっと待って。ジョーイの「オーディションうまくいかなかった・・やったよ!」っていうのやってるの?

Ross: Yeah, I am! Yeah, Ben got a second audition!
 ・・そうなんだよ!ああ、ベンは二次審査に進んだんだ!

Joey: Yeah, I had to teach Ross my bit because I actually didn't get a callback.
 ああ、俺がロスに教えたんだよ。俺は二次審査に呼ばれなかったからね。

Monica: You got a callback too, didn't you?
 あなたも二次審査に進むのね、そうでしょう?

Joey: Yeah, I did!
 そうなんだよ!!

《会社の喫煙バルコニー》

Kim: Hey, Rachel, what are you doing out here?
 あら、レイチェル、ここで何してるの?

Rachel: Well, you know, it's kinda lonely up there, so I just thought I would come out here and get some fresh air.
 ええ、あちらで寂しいって感じで、ここへ来て新鮮な空気でも吸おうかと思って。

Kim: Nancy and I were talking about the fall collection.
 ナンシーと私、秋のコレクションについて話してたのよ。

Rachel: Oh, great!
 まぁ、素敵!

Kim: So anyway we really… Honey, we're just smoking all over you.
 それでとにかく私たち本当に(レイチェルが咳をする)あら、あなたに煙を吐きかけちゃってるわね。

Nancy: Oh, sorry!
 あら、ごめんなさい。

Rachel: Oh, that's okay.
 あら、いいの。

Kim: No-no-no, we'll move you just stay right there.
 いえいえ、私たち向こうへ行くから、あなたここにいたらいいわ。

Nancy: So anyway I sent the designs over to Ralph and he's very excited about the line.
 それでとりあえずラルフにデザインを送ったら、彼はそのラインをとても気に入ってくれて。

Kim: Oh, that's great! You are the best!
 まぁ、それはすごいじゃない! あなた最高ね!

Rachel: Excuse me, can I bum one of those? . .You know what, actually… .. Okay, okay, okay, what's so funny over here?
 (喫煙中の男性に)すみません、それ1本もらっていいですか? いえ、これで・・(吸いかけをもらい、キム達のところに行く)何がそんなにおかしいんですか?

Nancy: I thought you didn't smoke.
 タバコ吸わないんじゃなかったの。

Rachel: You know, I thought you guys meant marijuana cigarettes, you know? You know what I mean, like Doobies? And I actually, I thought to myself, "Wow, those guys are crazy!" But no, I actually smoke the regular ones all, all the time.
 あなた達、マリファナのこと言ってるのかと思ったんですよ。それで実は、「この人達おかしいわ!」なんて思ってたんですけど、でも私普通のタバコはいつも吸ってるんです。

Kim: We get high.
 私たちハイになってるのよ。

Rachel: Oh, me too.
 あら、私も。

Kim: I'm kidding.
 冗談よ。

Rachel: Oh, me too.
 あら、私も。

《ジョーイとベンの二次審査》

Ross: Oh, God, this is so nerve-racking! How-how do you do this?
 ああ、本当に神経が参っちゃうよ! 君どうやってこれ乗り切ってるんだ?

Joey: Fortunately, I don't get many callbacks so…
 幸い、二次審査なんて受けないから。

Carol: Is it a good sign that they asked us to hang around after the audition?
 オーディションの後待ってろって言われるのはいい感触ってこと?

Joey: Who knows?
 知るわけないよ。

The Casting Director: Okay, we have narrowed it down to Raymond, Ben, Kyle, and Joey. The rest of you, thank you very much.
 はい、レイモンド、ベン、カイルとジョーイに絞りました。ほかの方、ありがとうございました。

Ross: Yes!! I knew it!! . . Bye-bye! So long! Later!
 やった! やっぱりね! (帰っていく人々に)バイバーイ! サヨナラー! またねー!

Joey: Oh, this is great! I might actually get to play Ben's dad!
 やったね! すごいな。ベンのおとうさん役をやれるかも!

Ross: Yeah!
 そうだね!

The Casting Director: Actually, that can't happen. Yeah, because you all have such different looks, we're putting you with Raymond and Kyle with Ben. So it'll be either you two or you two.
 それはあり得ませんよ。みた感じが違いすぎるから、あなたとレイモンド、カイルとベンというふうに組んでいただきます。だから、(それぞれ指差して)あなた方2人、あなた方2人のどちらかね。(出て行く)

Joey: Man, this is gonna be kinda weird.
 うわ・・妙な事になったな。

Ross: Yeah, it is.
 ああ、ほんとだな。

Kyle: Yeah. It's gonna be weird.
 ああ、本当に妙だね。

Ross: No, we're like best friends. That's why it's weird.
 いや、僕ら親友なんだ、だから妙だっていうんだ。

Kyle: Oh, oh, I thought we were just talking.
 ああ、そうか。ただ話してるのかと思った。

《チャンドラー達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!(大きな黒い袋を持っている)

Ross and Chandler: Hi!
 やぁ!

Phoebe: Is it okay if I leave this stuff here 'til Rachel's birthday party?
 これレイチェルのパーティまでここに置いてくれる?

Chandler: Ah, sure. What's in 'em?
 ああ、いいよ。何が入ってる?

Phoebe: Umm, cups.
 カップよ。

Chandler: Oh, good, because uh we got Rachel 800 gallons of water.
 ああ、いいね。レイチェルに水800ガロン(約3,000ℓ)飲ませるんだもんな。

Ross: Seriously that's a lot of cups.
 マジでそれは本当にたくさんだね。

Phoebe: Yeah, well, that's 'cause Monica put me in charge of cups and ice, and Monica is gonna rue the day that she put me in charge of cups and ice.
 ええ、モニカが私をカップと氷担当にしたからよ。モニカは私をカップと氷担当にしたことを悔やむことになるのよ!

Chandler: You know I rued the day once…didn't get a whole lot else done.
 俺も後悔したことあるよ。他は何も手につかなかったよ。

Phoebe: Okay, time to bring up the rest of the cups. . Oh, hi Joey!
 さぁ、残りのカップを持ってこなくちゃ・・(ジョーイとすれ違いに出て行く)あら、ハーイ、ジョーイ!

Joey: Hey, Pheebs! .. Hey!
 やぁ、フィーブス! (ロス達に)ヘイ!

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Ross, good, I'm uh glad you're here. I wanna talk to you about something.
 ロス、君がここにいてよかったよ。話があるんだ。

Ross: What's up?
 どうした?

Joey: Well, I've been thinking about this whole commercial thing, you know me going up against Ben, the two of us competing, and that can't lead to anything good. So, I think I'm just gonna step aside. I'm gonna tell them that I won't audition.
 このコマーシャルのこと考えてみたんだ、俺がベンに対抗するみたいな、2人が戦うような、こんなのよくないだろ。だから、俺は身を引くよ。オーディションはやめるって言うよ。

Ross: Wow, uh, Joey that's-that's great. Thanks, man.
 ワオ・・ジョーイ、すごいな。ありがとう。

Joey: That's it? You're gonna let me do this?! This is my career we're talking about here!
 それだけ?! 俺に身を引かせる気? これは俺のキャリアがかかってるんだぞ!

Ross: Well, you just…
 だって今きみ・・

Joey: I just said that so you wouldn't let Ben do it! Look, Ross, if anyone should step aside it should be Ben!
 そういえばおまえがベンにやめさせるだろうと思ったからだ! いいか、ロス、身を引くべきなのはベンの方だ!

Ross: What?!
 なんだって?

Joey: What? Chandler! Tell him!
 なんだってじゃない! チャンドラー、言ってやってくれ!

Chandler: Well, I mean, let me get the door first. Oh, hi! No one.
 え、ああ、誰か来たみたいだぞ。(ドアを開け)あ、やぁ! 誰でもない人!(出て行く)

Ross: Why should Ben step aside? It was his audition in the first place! You-you just tagged along! You're like the uh, tag-a-long dad.
 なんでベンが身を引くんだ? 最初から彼のオーディションなんだぞ! 君はただ後から乗っかって来たんじゃないか! 君はいわば、後乗りパパじゃないか!

Joey: At least I care about his feelings!
 少なくとも俺は彼の気持ちを考えてる!

Ross: What?!
 は?

Joey: Do you know how hard this is gonna be on him when he doesn’t get it?
 もし受からなかったら、彼にとってどんなにつらいかわかるか?

Ross: And why wouldn't he get it?
 なんで受からないんだ?

Joey: Oh, come on! Have you seen what my kid can do?! Huh?! I mean he dials phones! He-he-he eats tortilla chips! He-he plays soccer with the cartoon tiger!
 何言ってるんだ! 俺の子が何ができるか見ただろう? え? 電話をかけられるんだぞ! トルティーヤ・チップ食べるんだぞ! アニメのトラとサッカーするんだぞ!

Ross: Are you saying your kid eats soup better than my kid?
 君の子は僕の子より上手にスープを食べるっていうのか?

Joey: You just give him a spoon, baby!
 最近スプーンを初めて持たされたばかりの赤ちゃんじゃないか!

Ross: Oh, yeah? I guess we'll just see!
 ああそうかい? どうなるか見てみようじゃないか!

Joey: Yeah! Because this commercial belongs to me and Mitch!
 いいさ! このコマーシャルは俺とミッチのものだからな!

Ross: You're kid's name is Raymond!
 君の子の名前はレイモンドだ!

Joey: Yeah?! So's yours!
 そうかい! おまえの子もだよ!

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Monica: How did work go?
 仕事どうだった?

Rachel: Oh, it was great! It was great! I went down there just like you said, you know? And we talked business. Kim totally took my opinions.
 ああ、うまくいったわ! 最高よ! あなたが言ったように喫煙バルコニーへ言ったのよ。そして仕事の話ができたわ。キムが私の意見を取り入れてくれたの!

Monica: You stink!
 あなた臭い!

Rachel: Thanks!
 ・・ありがと。

Monica: No, I'm-I'm serious!
 いえ、本当よ。

Rachel: Well-well, that's 'cause I went down there and they were all smoking. This is actually the smell of success.
 え、それは・・みんながタバコ吸ってるところに行ったからよ。これは成功の香りよ。

Chandler: Okay, there's something different though. . . Oh, my God! You smoked!
 うん、でも、何か違うぞ。・・なんてことだ! 君吸ったな!

Rachel: I did not!
 吸ってないわよ!

Chandler: Yes, you did! You look happy and sick. You smoked!
 いや、吸った! 幸せに気持ち悪そうだ! 吸ったな!

Rachel: All right, fine! But I had to! I had to do it for my career!
 いいわよ、わかったわ! でもしかたなかったのよ! キャリアのためなのよ!

Chandler: I wish I had to smoke for my career.
 俺もキャリアのために吸わなきゃならないといいなあ。

Monica: That's so gross!
 気持ち悪い!

Rachel: No, it's not that bad, you know? Yeah, my tongue feels a little fuzzy and these fingers sort of smell. I actually feel like I could throw up.
 そんなにひどくないわよ。舌がちょっと変な感じで、指は臭うけど・・吐きそうな気分だけど。

Chandler: Okay, but you gotta push past this, okay? Because it's about to get so good!
 ああ、でも、それを乗り越えていかないと。そうすると、よくなるぞぉ!

Monica: Chandler! I have to tell you, you smell so smokey I have to get up. I'm not kidding.
 チャンドラー!(レイチェルに)本当よ、あなた本当にタバコ臭くて、そばにいられない。ふざけてるんじゃないのよ。(立ち去る)

Chandler: I think you smell great!
 (レイチェルに近寄り)すごくいい匂いだと思うよ!

《喫煙バルコニー》

Kim: So, we're decided. No on plaid, yes on pink?
 これで決まりね。格子じゃなくて、ピンクね?

Nancy: Absolutely!
 その通りです!

Rachel: I am so on board!
 私もまったく賛成!(タバコを消す)

Kim: Rachel, didn't you just light that?
 レイチェル、それ点けたばかりじゃない?

Rachel: Yeah, I did, but you know what? I am really, really trying to cut back, you know? Good luck, Rach.
 ええ、そうなんですけどね、減らそうと一生懸命になってるんです。頑張れ、レイチ。

Nancy: I've actually been thinking about quitting lately.
 私も実はやめようかなと思うんですけど。

Kim: Oh, sure, every Sunday night I'm telling myself I'm quitting but every Monday morning it's like. .
 ええ、そうよね。毎週日曜日の夜には、やめるんだって思ってて、月曜日の朝にはこうよ。(両手でスパスパ)

Nancy: Tell me about it!
 まったくその通り!

Rachel: Well then let's just quit! We'll just quit! Let's all quit!
 それじゃあやめましょうよ! やめましょ。みんなでやめましょう!

Kim: It does sound appealing.
 気が進まないわね。

Nancy: Oh, I never could do it.
 私にはできないわ。

Rachel: Oh, but you could. You can. Absolutely! We can help each other out! We can get--what are those--those patches! We could be like the Patch Sisters!
 あら、できますって。できるわ。絶対よ! 私たちで助け合うのよ! あれ、あの禁煙パッチを買うのよ。3人でパッチ・シスターズよ!

Kim: Oh, you know, we really should quit. Okay, let's quit!
 あら、そうね。本当にやめるべきだし。じゃあやめましょ!

Rachel: Yes! Great! Give me those cigs! Come on! Give it! Out! Done! Quit.
 そうね! いいわ! タバコちょうだい。ほら、ちょうだい! やめよ! 決まり! ヤメ!(タバコとライターを集めて捨てる)

Kim: My late husband gave me that lighter. . I'm not kidding.
 亡くなった夫がくれたライターなのよ。・・・本当よ。

Rachel: Okay then!
 あら、それじゃ・・(ゴミ箱を探す)

《ジョーイ達のオーディション》

Joey: Hmmm, soup! Hmm soup! Hmm, soup!
 んー、スープ! んー、スープ! んー、スープ!

Carol: Joey, Ross is gonna be here any second, would you mind watching Ben for me while I use the ladies' room?
 ジョーイ、ロスはもうすぐ来るんだけど、私がバスルームに行ってる間、ベンを見ててくださる?

Joey: Oh, yeah, no problem.
 ああ、いいよ。

Carol: Thanks.
 ありがと。

Joey: Hi, Ben! So you wanna be an actor, huh? I gotta tell ya, it's no picnic. There's tons of rejection. No stability. I mean, one day you're Dr. Drake Ramoray. The next day you're eating ketchup right out of the bottle.
 やぁ、ベン! 君も俳優になるかい? 行っとくけど、楽じゃないぞ。断られまくりだ。安定しなくてな。ある日はドクター・ドレイク・ラモーレかと思ったら、翌日はケチャップをボトルごとなめてるんだ。

(ロスが来る)
Ross: Joey!
 ジョーイ!(怒った口調)

Joey: Ross!
 ロス!

Ross: Ben! . . I mean, Ben! Ben!
 ベン! (怒った口調を言い直す)あ、いや、ベン!ベン。

The Casting Director: Okay, Raymond, Joey, you're up.
 では、レイモンド、ジョーイ、来てください。

(オーディション室に入る)
Joey: Hi!
 どうも!

The Casting Director: Okay, all right. Let's try one. Whenever you guys are ready.
 はい、いいですね。じゃあいきましょう。準備ができたらどうぞ。

Joey: Uh-oh.
 (スープを見て)おっと・・

The Casting Director: Is there a problem?
 何か問題でも?

Joey: Well, this is noodle soup and uh, I've been working with tomato. But that's okay, no problem. No problem. Hmm, noodle soup.
 いや、これはヌードル・スープで、僕はトマトスープを想定してたので。いや、でも大丈夫、問題ないです。大丈夫。んー、ヌードル・スープ。

The Casting Director: You know, that's-that's fine, but the line is, "Hmm, soup."
 いいんですよ。セリフは、「んー、スープ」ですよ。

Joey: Oh, what did I say?
 あ、僕なんて言いました?

The Casting Director: Hmm, noodle soup.
 んー、ヌードル・スープ。

Joey: How's that different? . . Oh! Yeah!
 どう違います? ・・・あっ。そうか。

The Casting Director: All right, let's try one.
 いいですか、じゃあ行きましょう。

Joey: Hmm, noodle soup.
 んー、ヌードル・スープ。

The Casting Director: Okay. Let's do it again.
 はい、もう一回。

Joey: Okay. Hmm, soup. I mean, noodle soup. I mean soup!
 オーケー。んー、スープ。いや、ヌードル・スープ、いや、スープ!

Raymond: Come on!!!
 しっかりしてよ!

The Casting Director: You know what? We need to move on.
 いいですか、先へ進みますよ。

Joey: No! No! I-I can do it one more time! See? Look! . .Hmm, noodle soup. Damn it!
 いやいや、できますから。もう一回! ほらね、見て! んー、ヌードル・スープ。・・クソっ!(出て行く)

《喫煙バルコニー・キムとナンシーが喫煙中、レイチェルが見つける》

Rachel: Hey! Hey!!
 ちょっとちょっと!

Kim: Uh-oh, busted!
 おっと。見つかった。

Rachel: Come on, you guys! What are doing?! I thought we were the patch sisters!
 なぁに、2人とも! 何してるの? パッチ・シスターズだと思ったのに!

Kim: Yeah. That didn't work out.
 まぁね、それダメだったのよ。

Nancy: Rachel, we tried to quit, but it was too hard!
 レイチェル、やめようとはしたけど、きつすぎるのよ!

Rachel: Well, you know, if you, if you started smoking again you could've at least told me! Come on, give me one of those! What are we talking about?
 でも、もしまた吸うなら、せめて言ってくださいよ! ね、私にも1本ください。何の話をしてたんです?

Kim: No. No! You're doing great! Don’t you give up! That's why we didn't tell you and we're not gonna drag you down with us.
 ダメ、ダメ! あなたはよく頑張ってたもの。あきらめないで! だから私たちあなたに言わなかったのよ。あなたを巻き込まないようにね。

Rachel: Oh, wait, no-no-no! Drag me down. Drag-drag me down.
 あら、待って、ダメダメダメ! 巻き込んで、私も巻き込んで!

Kim: Forget it Rachel! We're both so proud of how well you're doing. I'm not gonna let you blow it. In fact, if I catch you with a cigarette, you're fired. So go on, get out of here! Go on, I don't want you breathing this stuff! Go on!
 ダメよ、レイチェル。あなたがよくやっててうれしいのよ。それをダメにさせたくないわ。だから、もしあなたが吸ってるとこ見つけたらクビよ。だから、ほら、ここから出て! ほら、出て。あなたにこの煙吸わせたくないわ。行って!

Rachel: Okay.
 わかりました・・(離れる)

Kim: So, okay! So you'll come with me on the Paris trip.
 (ナンシーに)それで、ね! あなた、私とパリの出張行きましょうね。

Rachel: Oh, man!
 ああ、もう!!

《モニカ達の部屋:サプライズ・パーティ》

Phoebe: Check it out! Cup hat! Cup banner! Cup chandelier! And the thing that started it all, the cup!
 (チャンドラーに)これ見て! カップの帽子! カップの飾り! カップのシャンデリアよ! そしてパーティが始まったら、カップね!

Chandler: Great job with the cups, Pheebs!
 カップでこれだけよくやったね、フィーブス!

Monica: Why don't you just go out with her!
 (チャンドラーの背後から声をかける)彼女とデートすれば!

Phoebe: And did you notice the ice? . . Look! We have it all! We have crushed! Cubed! And dry! Watch! Ahhh! Mystical!
 それから氷に気づいてくれた? 見て! みんな揃えたのよ! クラッシュアイスでしょ、キューブでしょ、そしてドライアイスよ! 見て!(水をかける)うわぁぁお・・神秘的でしょ!

Chandler: Oh!
 おお!

Monica: Chandler! No one's eating my Tuscan finger food 'cause they're all filling up on Phoebe's snow cones!
 チャンドラー! 誰も私のトスカーナ料理食べないわ。みんなフィービーのスノー・コーンにいっちゃうのよ。

Chandler: There are snow cones! Snow cones! Yuck!
 スノー・コーンがあるの?!(睨まれ)スノー・コーンなんか! うへっ!

Monica: You know…go! Go! Right there!
 いいわよ、行って、行って! あそこにあるから!

Chandler: Thank you! Thank you!
 ありがと、ありがと!(スノー・コーンを取りに行く)

(レイチェルが来る)
Phoebe: Oh, look! Look! Look!
 あっ、見て見て、見て!

All: Surprise!!
 サプラーイズ!!

Rachel: What?! What?! My birthday's not for another month!
 何? なんなの? 私の誕生日までまだ一ヶ月はあるわよ。

Monica: That's the surprise!
 そこがサプライズなのよ!

Rachel: Oh, my God! You guys, this is so great! I mean it's so unexpected! I mean Chandler's birthday is even before mine!
 まぁ驚いた! みんな、すごいわ! 全然知らなかった! だってチャンドラーの誕生日の方が私より先にくるのに!

All: Surprise!
 (チャンドラーに)・・サプラーイズ・・。

Rachel: Wow! This is so great! Look at all these cups! This is so weird.
 ワオ! 素敵ね! あのカップ見て! すごく変なの!

Phoebe: I was in charge of cups.
 私がカップ担当なの。

Rachel: Oh, okay, not so weird.
 ああ、そうなんだ。じゃあ変じゃないわね。

《パーティ内のロスとジョーイ》

Ross: Hey!
 やあ!

Joey: Hey.
 ああ。

Ross: Listen man, uh, I'm sorry the audition didn't go well.
 なぁ、聞いて。オーディション、うまくいかなくて残念だったな。

Joey: Yeah, right!
 ああ、そうだな。

Ross: No, really, I-I am! I feel bad!
 いや、本当に残念に思うよ。悪い気がするし。

Joey: Yeah? Well, look, Ross, you don't have to. Okay? It's not your fault I suck. I mean what kind of an actor can't even say, "Hmm, noodle soup."
 そうか? いや、おまえが悪く思うことないよ。だろ? 俺がヘタなのはおまえのせいじゃない。「んー、ヌードル・スープ」とも言えない俳優ってどんなだよ!

Ross: Yeah, you know what? Maybe-maybe you didn't mess up your audition because you suck, maybe you messed up because you care more about uh, your godson.
 ああ、それだけど、ダメになったのは、おまえがヘタだからじゃなくて、おまえがベンのことを気遣ってくれたからなじゃないのか?

Joey: What you do mean?
 どういうこと?

Ross: I think, subconsciously…
 思うに、深層意識の中で・・

Joey: Wait-whoa-whoa, you lost me.
 待て、おいおい、ついていけないぞ。

Ross: I think, on some level, you sabotaged your own audition so that Ben would get the part.
 思うに、心のどこかで、ベンが受かるようにと思って自分のオーディションをダメにしたんじゃないか。

Joey: Well, you're way sounds a lot better than mine. Yeah. Yeah! It's not that I'm a bad actor…
 その方が俺の考えよりずっといい感じだな。ああ、そうだな。俺がヘタな役者ってわけじゃなくて。。

Ross: No!
 そうだよ!

Joey: No, it's just ah, I care so damn much about little Ben that uh, it was more important to see him succeed.
 そうか。ベンのことをすごく思ってるから、彼がうまくいくことの方が大事ってことなんだな。

Ross: There you go. Thank you!
 そういうことだよ。ありがとう!

Joey: Thank you! So, did he get it?
 ありがと! それで、ベンは受かった?

Ross: No.
 いいや。

Joey: Eh, what are you gonna do?
 ああ、どうする気だ?

《喫煙バルコニー:チャンドラーが覗く》

Chandler: Oh, hi! Excuse me, is uh Rachel Green here? I was supposed to meet her for lunch.
 (キムに)あ、どうも! すみませんが、レイチェル・グリーンはここにいます? ランチに行くのにここで会うことになってるんですが。

Kim: Oh, she doesn't come down here any more. You can find her up on ten.
 ああ、彼女はここにはもう来ないわよ。10階にいるわ。

Chandler: Okay, great.
 そうですか、どうも。

Kim: So we talked about the whole presentation yesterday at lunch and he wondered if one person would be enough to get a take on the trip and I said, "Yeah, absolutely!"
 (ナンシーに)それで、昨日のランチの時に、プレゼンのことを話したのよ。それで彼は、出張で収穫を得るには1人連れていけば十分だろうかっていうから、「ええ、もちろん!」って言ったのよ。

(チャンドラーが後ろからそっと近寄って、キムの持っているタバコを吸う)
Chandler: I'll catch you guys later.
 (気づかれて)また後で。(立ち去る)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:41| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。