2013年09月01日

5-17 The One With Rachel's Inadvertent Kiss

5-17 レイチェルのうっかりキスの話

 ☆レイチェルの勘違いキス!☆

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Good, you guys are all here!
 よかった! みんないたのね。

Ross: Hey! What's up?
 やぁ、何かあった?

Rachel: Well, I have a job interview at Ralph Lauren tomorrow!
 明日、ラルフローレンで面接受けることになったの!

All: Congratulations! Ohh, that's great!
 おめでとう! すごい!

Rachel: I know!
 でしょ!

Joey: Boy, that guy's underwear sucks!
 ああ、あそこの下着は最低だよ!

Rachel: Wh-what?!
 え?

Joey: I got this pair marked "XS." Let me tell ya, there was no room for excess anything in there.
 XSって書いてある下着を買ったんだよ。言っとくけど、エクセス(余分)なとこは全然なかったぞ。

Rachel: Anyway, I'm going to be the coordinator of the woman's collection, I'll work right under the director, it's the perfect, perfect job for me!
 ・・とにかく、女性用コレクションのコーディネーターで、重役のすぐ下のポストなのよ。完璧よ。私にピッタリの仕事なの!

Phoebe: Wow! Well, if you nail the interview, you'll get it!
 ワオ! そのためには面接をうまくやらないとね。

Rachel: Yeah.
 そうよね。

Phoebe: You wanna work on your interview skills?
 面接の受け方練習したい?

Rachel: O-okay!
 あ、うん。

Phoebe: Okay! All right, let's start with the handshake. Hi.
 オーケー! それじゃまず、握手から。ハーイ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。(握手)

Phoebe: Very good handshake, good wrist action.
 握手、上手ね。手首の動きがいいわ。

Monica: Let me try.
 私にもやらせて。

Phoebe: Okay. . . Oh, my God! What did I ever do to you?!
 いいわよ。(握手して)なんてことするの! 私があなたに何かした?!

Monica: Did I squeeze it too hard?
 握り方が強過ぎた?

Phoebe: Let's just say, I'm glad I'm not Chandler.
 とりあえず、私、チャンドラーでなくてよかった。

《モニカ達の部屋:向かいビルのロスに手を振るジョーイ》

Joey: That's right Ross, I can see you in your new apartment! And you can see me! Same as yesterday, same as the day before.
 そうだよな、ロス、新しい部屋にいるおまえが見えるよ。おまえも俺が見えるよな。昨日と同じ、その前の日とも同じだ。

Monica: Is he doing his shark attack bit yet?
 またサメに攻撃されたのやってるの?

Joey: Nope. Op, wait! There he goes.
 いや。あ、待てよ、ああ、やってる。

(窓辺に立って、サメに襲われた人のふりをして見せるロス)
Joey: Very funny, Ross! Very life-like and funny. Okay. . . Oh, no-no-no, I wasn't waving at you, lady. . . Whoa, maybe I was! Hey, Monica, this totally hot girl in Ross's building is flirting with me.
 おもしろいよ、ロス! 本物みたいでおもしろいよ、オーケー・・・(別の窓の女性が手を振っている)あ、違う違う! 君に手を振ってたんじゃないよ。・・いや、そうかも! モニカ、ロスのビルのすっごいホットな女の子が俺に手を振ってるよ!

Monica: Get in there, man! Flirt back, mix it up!
 行っちゃえ! 振り返せ! ふっかけろ!

Joey: Yeah, I-I-I'm down with that. . . Okay, here goes. . How, you, a-doin'? It worked! She's waving me over. . . Okay, I-I-I'll be right over. Let's see, she's on the third floor…
 ああ、それはいらない。よし、いくぞ・・げん・・き・・かい!(ジェスチャー。彼女は手を振っている)通じたぞ! こっちに手を振ってる! よし、そっちへ行くよ! えーっと、彼女は3階で・・

Monica: Wow! She is pretty, huh?
 (見に来て)ワオ! 可愛いじゃない!

Joey: Tell me about it, huh? . . Oh, no-no-no, I'm not with her, she's just Monica! Ewwuck!
 そうなんだよ。(向こうからモニカが見えることに気づき)あ、違う違う、この子は関係ないよ! ただのモニカだ! うへーっ!

《ロスのビル:ホット・ガールを訪ねてきたジョーイ、ノックする》

Ross: Hey, Joey! Great stuff, huh?
 (ドアを開けて)やぁ、ジョーイ! 上手だっただろ?

Joey: This your place?
 ここおまえんち?

Ross: Of course it is. Yeah, come on in. Ooh-ooh, go by the window. You can pretend to be surfing.
 もちろんだよ。入って。そうだ、窓際に行こう。サーフィンのフリができるよ。

Joey: But I counted, you're not supposed to live here! Oh, man!
 数えたのに! おまえがここに住んでるはずじゃないのに! もう!(立ち去る)

《モニカ達の部屋:ジョーイが戻る》

Joey: Ugh!!
 もう!

Monica: What happened?
 どうしたの?

Joey: I ended up at Ross's place. Oh, I must have miscounted or something. Damn! She's not there anymore. Oh, l-l-look, Ross is doing his 'Watching TV' bit.
 ロスの部屋に行っちゃったよ。数え間違えたか何かだ。クソッ、彼女もういないよ。あ、見ろよ、ロスがテレビ見てるフリしてるぞ。

Monica: No, Joey, I think he's just watchin' TV.
 違うわ、ジョーイ。本当にテレビ見てるのよ。
(ロスの部屋では、ロスがスイッチの入ってないテレビに向かってリモコン操作するフリをしている)

《モニカ達の部屋:ギャリーとフィービーが入り口にいる》

Gary's Radio: We've lost visual contact with the suspect.
 容疑者を見失った。

Gary: Okay, now I've really have to go.
 よし、もう本当に行かないと。

Phoebe: But it's just so unfair that our date has to get cut short just 'cause some guy shot at a store clerk.
 だけど不公平だわ。店員さんを撃ったやつのせいで私たちのデートが切り上げられちゃうなんて。

Gary: I know, but it's my job, sweetheart!
 わかるよ。でもこれが仕事なんだよ。

Phoebe: Okay, then maybe I can come too!
 わかったわ。そうしたら、私も一緒に行くわ!

Gary's Radio: Suspect has just emerged naked from the sewer.
 容疑者が下水道から裸で現れた。

Phoebe: All right, you go.
 もういいわ、行って。

Gary: Bye-bye.
 バイバイ。(立ち去る)

Phoebe: 'Kay, bye! . . Oh, God!
 うん、バーイ!・・・ああっ!

Monica: What?
 どうした?

Phoebe: Oh, I just miss him so much!
 ああ、彼がすごく恋しい!

Monica: Wow! For just a week you guys are really close, huh?
 ワオ! まだ一週間だけど、すごいラブラブね。

Phoebe: Yeah, it's weird. I can't help it though he's so sweet, he's like this little puppy dog, you know? But like a really tough one that shots bad guys. Ohh, I just love beginning parts of relationships, you know?! You just like can't keep your hands off each other.
 ええ、変よね。でもたまらないのよ。彼ってすっごい優しくて子犬みたいで。それでいて悪いやつを撃っちゃうタフな人なの。ああ、始まったばかりの頃って素敵よね。お互いに離れ難くて。

Monica: I know it is the best.
 そうよね。最高だわ。

Phoebe: So-so how long did that last for you and Chandler?
 それで、あなたとチャンドラーはどれくらいそれが続いた?

Monica: What? It's still going on.
 え? まだ続いてるわよ。

Phoebe: Come on, seriously! When did it end?
 そうじゃなくて、ほんとの話、いつ終わった?

Monica: I-I am serious, I mean, we're, we're all over each other all the time.
 本当よ。私たちいつもお互いにべったりよ。

Phoebe: Okay, you know where you are, better than I do. I was just curious.
 ああ、そりゃそうよね。本人の方がよくわかってるわよね。ちょっと気になったまでよ。

Monica: What don't you just calm down, Phoebe! All right?! Why don’t you just get all your facts before you run around telling everybody that you're the only hot couple!!
 ちょっと落ち着いてくれる、フィービー! いい? あなた達だけが熱いカップルだとか言いふらす前に、ちゃんと全部の事実を確認してよね。

Phoebe: God, I woke the beast. . I was wrong obviously, I just−I misspoke. It's okay.
 うわ。野獣を起こしちゃったわ。・・私が悪かったわ、私が間違ってたわ。わかった。

Monica: Oh, no, it is okay, I mean as long as you know that Chandler and I are also very hot and fiery, just as hot as you! I mean our flame, whew, it is on fire!
 いいえ、いいのよ。チャンドラーと私が、あなた達と同じくらい、炎のように燃えてるってことわかってくれてたらいいのよ。フーッ! 燃えちゃって!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, Monica, here's your broom back.
 モニカ、ほうき返すよ。

Monica: You are so cute.
 あなたって本当にかわいいわね!(キス)

《モニカ達の部屋:レイチェルが帰ってくる》

Chandler: Oh, hey, how'd the interview go?
 やぁ、面接どうだった?

Rachel: Ugh, horrible! I did the stupidest, most embarrassing thing!
 もうっ! 最悪よ! 私本当にバカでめちゃくちゃ恥ずかしいことしちゃったの!

Joey: Did you tell the guy you wanted to have sex with his wife and then fall right out of your chair?
 彼の奥さんとセックスしたいって言って椅子から転げ落ちた?

Rachel: No!
 違う!

Chandler: So what happened?
 それで、何があった?

Rachel: Ugh, it was horrible! And-and the interview part went so well, you know? I even made him laugh. He said something about a boat and I was like, "Yeah! If you've got enough life jackets!" . . Trust me, it was actually, it was very funny. Anyway, so we were saying good-bye and ugh!
 ああっ! ひどいのよ! 面接はうまくいったのよ。彼を笑わせたくらいなんだから。彼がボートについて何か言って、私が「ええ! もしライフジャケットがたくさんあれば!」なんてね。・・ほんとよ、おもしろかったんだから。とにかく、それじゃこれでってことになって・・もうっ!

Joey: What happened?
 何があった?

Rachel: All right, we were shaking hands and he kinda leaned in toward me… You know maybe he was going to open the door, but I totally misread him and I uhhh…
 私たち握手して、そして彼が私の方に近寄ってきたもんだから・・・多分、彼はドアを開けようとしたんだろうけど、私それを勘違いしちゃって・・(レイチェルが彼の頬にキスをする場面)

Joey: You kissed him?!
 キスした?!

Rachel: Well, I didn't know what else to do!
 それ以外にどうしたらいいかわからなかったのよ!

Chandler: Well, you could've tried, not kissing him.
 キスしないとか?

Rachel: Thanks, Chandler.
 ありがと、チャンドラー。

(バスルームからモニカが来る)
Monica: Hey, Rach, a guy from Ralph Lauren called, you got a second interview!
 あら、レイチ! ラルフローレンの人から電話があって、二次面接ですってよ!

Rachel: I can't believe it! I got a second interview!
 ウソみたい! 二次面接ですって!

Monica: Yes!
 そうよ!

Joey: I bet that kiss isn't looking like such a big mistake now, is it?
 キスしたのもそう悪くはなかったってことじゃないか?

Rachel: What-what, wait a minute, you don't think that's why he wants me back?
 えっ、ちょっと待って。だから二次面接になったと思うの?

Joey: Yeah! . . No?
 ああ! ・・・違う。

Monica: A kiss? What are you talking about?
 キス? 何の話してるの?

Rachel: I accidentally kissed him in the interview, and now he wants me back you know of course, because "Let's bring back the girl who kisses everybody!"
 面接でついキスしちゃったのよ。それで彼がもう一度来て欲しいってことは、「誰にでもキスする子を呼び戻そう」ってことよ。

Chandler: Come on, Rach.
 違うよ、レイチ。

Rachel: Oh, my God! What if he thinks I'm the kind of girl that-that would just sleep with him?
 ああ、どうしよう! もし私が寝ちゃうような子だと思ってたらどうしよう!

Monica: He probably wants you back because you're right for the job.
 あなたがこの仕事に合ってると思うからまた来てほしいってことよ。

Rachel: Maybe. I-I don't know−Oh, God, how could I be so stupid?!
 そうかも。わからない・・ああ、どうしてあんなバカなことしちゃったの?

Joey: Oh, Rachel, look, don't say that, I think you just need a hug from Joey. Come on. Come on. . . She's back! Hot girl's back!
 ああ、レイチェル、そんなこと言うなって。ジョーイのハグが必要だな。ほらほら。(ハグの間に外を見て)彼女が戻った! ホットな子が戻ってきたぞ!

Rachel: Ohh, well, I'm not totally back yet, but thank you.
 まぁ。私はまだ完璧じゃないけど、でも、ありがと。

Joey: No, in Ross's building! She's back! She's back! . . Okay, wait there, I'll be over in a second. . . Got it!
 違う、ロスのビルの子だよ! 彼女が戻った、彼女が現れたぞ! よし、そこで待ってろよ。すぐに行くから・・(数えて)わかった!(飛び出して行く)

Chandler: I gotta check out this hot girl! . . There she is!
 そのホットな子っていうの見なくっちゃ!(窓辺へ行く途中でUターン、モニカのところへ行って)ここにいた!

《ロスのビル・ジョーイがノックするとロスが出る》

Joey: Damn it!! Did you move?!
 なんだよもう! 引っ越した?

Ross: Yes. I lived with you guys for a while and then I found this place. I'm Ross.
 うん。君たちとしばらく一緒にいたけど、この部屋を見つけた。僕はロス。

(隣のドアを叩くジョーイ)
The Old Man: Yes?
 はい?

Joey: Do you happen to have a hot girl in there?
 もしかして、ここにホットな子いる?

The Old Man: No. I'm all alone.
 いいや。私1人だよ。

Joey: Yeah. Sorry about that. . . . Oh, hey, little girl. Uhh, is-is your mommy, or sister, or babysitter by any chance a hot girl?
 そりゃ残念だったね。(また隣のドアを叩くと、女の子が出てくる)ああ、お嬢ちゃん。君のおかあさんとか、おねえさんとか、ベビーシッターさんとか、かわいい子じゃない?

The Little Girl: Daddy!!
 パパー!!

Joey: Later! . . Oh, man! . . . Hot girl! Hot girl!!
 またね!(慌てて逃げ出し、ドアだらけなので絶望的になる)もう! ホットな子! ホットな子!

《レイチェルの面接:待っているレイチェル》

Mr. Zelner: Hi, Rachel!
 やぁ、レイチェル。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Mr. Zelner: Come on in. . . It's really nice to see you again.
 入って。また会えてうれしいですよ。

Rachel: Thank you.
 ありがとうございます。

Mr. Zelner: Oh, Rachel, uhh…
 あ、レイチェル・・あー。(レイチェルの口にインクがついているのをジェスチャーで教えている)

Rachel: What?
 え?

Mr. Zelner: Just ah…
 ただ・・(自分の口を指差す)

Rachel: Excuse me?
 なんでしょうか?

Mr. Zelner: Here, let me…
 ほら、僕が・・(レイチェルに手を伸ばす)

Rachel: Wh-whoa! All right, okay-okay, I see, I see what's going on here! Now listen, look-look, I'm sorry if I gave you the wrong impression, but I am not some hussy who will just sleep around to get ahead! Now even though I , hey-hey-hey, even though I kissed you, that does not give you the right to demand sex from me. I do not want, this job that bad. Good day, sir.
 ちょ、ちょっと! もういい、わかったわ、何がどうなってるかわかったわ! 聞いて、いい? 変な考えを持たせた私が悪かったけど、私は目的のために寝るような尻軽じゃないのよ。たとえ私が(ゼルナーさんが口をはさもうとするが)ちょっとちょっと! たとえ私がキスしたからって、あなたにセックスを強要する権利はないのよ。そこまでこの仕事が欲しいとは思わないわ。ごきげんよう!(出て行く)

《モニカ達の部屋:レイチェルが帰ってくる》

Rachel: Ugh, you are not gonna believe what that sleazeball from Ralph Lauren did to me!
 もうっ!! あなた達、ラルフローレンのあの卑劣な男が私に何をしたか、信じられないわよ!

(ジョーイとモニカとロスがそれぞれに自分のクチビルを指差す)
Rachel: Okay-okay, that-that's amazing. How did you know that?
 あ・あら。それはすごいわね。どうしてわかるの?

Ross: You got ink on your lip.
 クチビルにインクついてる。

Rachel: Oh. . Ohhhhhhhhh….
 あら。・・・あああぁぁ。

《セントラルパーク》

Chandler: So what do you say, maybe sometime I hold your gun?
 (ギャリーに)どう、そのうち、拳銃を持たせてくれない?

Gary: I don't know, man, we're really not supposed to do that.
 それはどうかな。そういうことは許されてないからね。

Chandler: Oh, what can happen? I mean, would you…
 なんで、何が起こり得る? そんなただ・・(コーヒーをこぼす)

Gary: Yeah, I'm gonna say no.
 ああ、答えはノーだね。

Monica: Phoebe, do you want to go see a movie after dinner tonight?
 フィービー、今日の夕食後に映画に行かない?

Phoebe: Oh, we can't, we already have plans.
 ああ、私たちは無理。もう予定があるから。

Monica: What are you doing?
 何をするの?

Phoebe: Well, same thing we did all day, hang out at Gary's apartment. He is so amazing, we never left the bedroom. But have fun at the movie.
 一日中してたのと同じことよ。ギャリーの部屋でね。彼って本当にすごいの。ベッドルームから離れられないわ。でも映画楽しんできて。

Monica: Oh, we're not seeing a movie.
 あら、私たち映画見に行かないわよ。

Phoebe: You're not? Then why did you ask us if we wanted to go?
 違うの? じゃあなんで行かないかって言ったの?

Monica: Oh, umm, that's because I just wanted to know what you guys are doing so you wouldn't walk in on me and Chandler while we were, you know, doing it all night. Will you excuse me for just a second?
 あなた達がどうするか知りたかっただけよ。私とチャンドラーが一晩中してるところに入ってきてもらうと困っちゃうから。ちょっと失礼していい?

Phoebe: Yeah!
 ええ。

Monica: Okay. Chandler? Can I see you for a second?
 じゃ。(ギャリーのそばにいるチャンドラーのところへ行く)チャンドラー、ちょっといい?

Chandler: Uh, yeah.
 ああ。

Monica: Okay. We have got to beat them!
 ねぇ、私たちあの2人を打ち負かさないと!

Chandler: Why?
 なんで?

Monica: Because, Gary and Phoebe think they're a hotter couple than we are!
 だって、ギャリーとフィービーは自分たちの方が熱いカップルだと思ってるのよ!

Chandler: Ohh, so?
 ああ。だから?

Monica: So! So we've got to go upstairs and have a lot of sex to prove them wrong!
 だからって! だから上に行ってたくさんエッチして、やつらが間違ってるってわからせるのよ!

Chandler: Monica, you have got to stop this competitive thing, okay? It's crazy. I mean, just impress Gary and Phoebe, you want me to go upstairs and have sex with you over and over and I'm saying no to this, why? Get your coat.
 モニカ、この競争もうやめろ、な? おかしいよ。ギャリーとフィービーを負かすために上に行ってセックスしまくるなんて、なんで俺はそれに対してノーって行ってるんだろう。コート取るんだ!(2人で出て行く)

《ロスのビルの郵便受:ホットな子とロスが郵便チェック》

Ross: Hey!
 (ホットな子に)やぁ。

(男性が歩いて来て)
The Man: Excuse me. . . You should check this out, tell the other tenants. Apparently he's running around looking for some kind of a hot girl.
 ちょっと失礼。(「この顔を見たら警官を呼べ」というジョーイの似顔絵ポスターを貼る)これ注意してくださいよ。他の人にも伝えて。ホットな子か何だか探してうろついているらしい。

Ross: Who isn't?. . . I don't think we've meet. I-I'm Ross.
 誰でもそうさ。・・初めてお会いしますよね。僕はロスです。

The Hot Girl: I know. You're the guy who wouldn't chip in for the handyman.
 知ってるわ。あなた管理人さんのためにお金出さなかった人でしょ。

Ross: Never mind!
 もういいです。

The Hot Girl: No, I-I actually thought it was unfair the way everyone reacted. I mean you had just moved in.
 いえ、私はみんなの反応がおかしいと思ったの。だってあなた越してきたばかりなのに。

Ross: I had just moved in. Thank you! Listen umm…
 越してきたばかりなんですよ。ありがとう! ねぇ・・

The Hot Girl: Jen.
 ジェンよ。

Ross: Jen, I know this may sound a little… But uh, would you maybe wanna grab a cup of coffee sometime, or…
 ジェン、ちょっとこんなこと言っていいかなと思うけど・・でも、そのうちコーヒーでもどうですか?

Jen: Sure! That would be nice.
 ええ! いいわよ

Ross: Umm?
 んん?

Jen: Oh! My number is on there. Give me a call.
 ああ、番号はこれよ。電話ちょうだい。

Ross: I will give you a call.
 電話しますよ。

Jen: I'll see you later.
 じゃあまた。(立ち去る)

Ross: Okay!
 オーケー!(喜んでカードにキス)

Jen: I forgot my paper.
 新聞忘れたわ。(慌ててカードを口に入れるロス)

《モニカ達の部屋:済んだ後のモニカ達》

Chandler: That was amazing!
 素晴らしかった!

Monica: Phoebe and Gary are so gonna hear about this at dinner.
 フィービーとギャリーに、このことディナーの時に聞かせなくっちゃ。

Chandler: That was amazing.
 素晴らしかった!

Monica: We are the hottest! Huh? No one is hotter than we are! We're the best.
 私たちが一番熱いわよね! 私たちより熱いカップルはいないわ! 私たちは最高よ!

Chandler: No, you're the best.
 いや、君が最高だよ。

Monica: No, you're the best.
 いえ、あなたが最高よ。

Chandler: No, you're the best.
 いや、君が最高だ。

Monica: I am the best.
 私が最高よ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey guys! . . What 'cha been doin'?
 やぁ!(シーツだけのモニカを見て)何してたの?

Monica: Hey, Joey! Isn't that the girl that waved at you the other day?
 ねぇ、ジョーイ! あの子、この前あなたに手を振った子じゃない?

Joey: I don't know. But I can see through your sheet. . Yeah, yeah, that's her. But you know what? Doesn't matter, I'm never gonna get to meet her anyway.
 さぁね。それよりシーツが透けて見えてるよ。・・ああ、あの子だ。でもさ、もういいんだ。あの子には会えないんだよ。

Monica: Why?
 どうして?

Joey: Because it's impossible to find her apartment! She lives in some like of hot girl parallel universe, or something.
 彼女の部屋を見つけるのがもう不可能なんだよ。彼女はホットな子が済むパラレルワールドか何かにいるんだよ。

Monica: What are you talking about? She obviously lives on the second floor, seventh apartment from the left!
 何を言ってるのよ? 彼女は2階の左から7番目の部屋に住んでるのよ。

Joey: No. No. No. She lives on the third floor, eighth apartment from the left.
 違う違う。彼女は3階の左から8番目の部屋に住んでいるんだよ。

Monica: No, those first two windows, that's the lobby. And you know the other one over there, that's the stairway. You've been counting wrong.
 違うわ。あの最初の2つの窓はロビーよ。そしてあっちの窓は階段。数え間違えたのよ。

Joey: I did not know that! Thank you, Monica. I can't believe I almost lost another girl because of counting.
 そうだったのか! ありがとう、モニカ! 数え間違いのせいで女の子のがすなんて、あり得ないよ!(飛び出して行く)

《ジェンの部屋:ロスが迎えに来ている》

Ross: So uhh, you ready?
 用意できた?

Jen: Sure, I'll just get my coat. . . Could you get that?
 ええ。コート取ってくるわ。(ノックの音)出てくださる?

Ross: Sure. . . Joey…
 ああ。(ドアを開けると)ジョーイ!

Joey: Dahhhhh!! No! Noooo!!
 うわっ!! そんな! ウソだー!!(立ち去る)

《レイチェルの3度目の面接》

Rachel: Ah, first, I-I would like to say thank you for agreeing to see me again.
 あー、まず最初に、もう一度会ってくださって、ありがとうございます。

Mr. Zelner: That's quite all right, but I feel obligated to tell you that this meeting is being videotaped.
 いいんですよ。言わせてもらいますが、この面接はビデオ撮影されてますからね。

Rachel: Okay. Umm, well, first I would like to start by apologizing for kissing you and uh, for yelling at you.
 はい。えー、まず、あなたにキスしたことと、それから怒鳴ったことををあやまらせてください。

Mr. Zelner: Fair enough.
 よろしいですね。

Rachel: Now you're probably going to hire one of the people who did not ah, who did, who did not umm, yell at you and storm out, and I think that's a big mistake and here's why. I made a huge fool of myself and I came back, that shows courage. When I thought you wanted sex in exchange for this job, I said no. That shows integrity. And, I was not afraid to stand up for myself and that shows courage. . . Okay umm, now I know I already said courage, but you know you gotta have courage. And umm, and finally when I thought you were making sexual advances in the workplace, I said no and I was not litigious. So there you go, you got, you got courage, you got integrity, you got courage again, and not litigious. Look, Mr…
 多分、えー・・どなったり、怒って出ていったりしない人を採用されるんだと思いますが、それは間違いです。なぜって、私はとんでもない恥をかきましたが戻ってきました。これは勇気のあかしです。あなたが仕事と交換にセックスを要求してると勘違いした時、断りました。それは高潔のあかしです。そして、恐れずもう一度来ました。これは勇気のあかし・・勇気はさっき言いましたけど、でも勇気は大事ですもんね。そして最後に、あなたが立場を利用してセックスしようとしたと思った時断って、そして訴えようともしなかった。それでつまり、勇気、そして高潔、そしてもう一度勇気、それから訴訟好きでもないということです。いいですか、ミスター・・・

Mr. Zelner: Zelner.
 ゼルナー。

Rachel: Zelner! I knew that! Oh, I knew that. I really, really want this job and I think, I think I would be really good at it.
 ゼルナー! 知ってたのに! ああ、知ってたのに! 私本当に本当にこの仕事が欲しいんです。そして、これは私本当にやれると思うんです。

Mr. Zelner: You know what? I may regret this but uh, I'm going to give you a shot.
 いいですか? これを後悔することになるのかもしれないが、あなたを採用したいと思います。

Rachel: Oh! You are?
 まぁ! 本当ですか?

Mr. Zelner: Um-hmm.
 ええ。

Rachel: Really? Oh, thank you! Oh, God. . Oh, would it be completely inappropriate if I gave you a hug?
 ほんとに? ああ、ありがとう! ああ、神様・・ああ・・あなたをハグしたらそれは完全に不適切かしら?

Mr. Zelner: Yes!
 そうです!

Rachel: Okay, well then how about a handshake? . . Oh, God! I'm sorry! Oh, God, I'm sorry! I did not mean to touch that−I mean you there. There. Uhh, okay, so thank-thank you, I'm going to leave now. Thank you very much. Uh-huh, thank you so−Hey! I'll see you Monday!
 わかりました、それじゃ握手は?(握手しようと手を出して彼の股間に手が当たる)大変! ごめんなさい! ああ、もう。ごめんなさい。触るつもりではなかったんです、それに、いえ、あなたに、そこに。ああ! それじゃ、ありがとうございました。もう行きますね。ありがとうございました。ええと・ありがとう本当に。。あっ! 月曜日に!

《レストラン:モニカとフィービーの2カップル》

Phoebe: You tired, Chandler?
 疲れたの、チャンドラー?

Monica: You better believe he's tired, after the day we had! If you know what I mean. You know what I mean?
 そうなのよ、彼疲れてるの。2人で一緒だったからよ。意味わかるかしら。意味わかるわよね?

Chandler: Honey, the tortilla chips know what you mean.
 ねぇ、トルティーヤチップでさえわかったと思うよ。

Gary: So uh Chandler, you like that badge I got you?
 それで、チャンドラー、あげたバッジ気に入った?

Chandler: Oh, yeah, it's so cool. Now I gotta go, Officer Bing has gotta, 10-100. That's pee-pee.
 ああ、かっこいいよ! (上着の裏側につけたバッジを見せる)じゃあちょっと行くよ。ビング警官は10ー100に行きます。・・オシッコ。

Monica: Phoebe, you have a, a twig in your hair.
 フィービー、髪に小枝がついてるわよ。

Phoebe: Ohh, umm, we kinda took a little detour on the way over here.
 あら(笑)私たちここへ来る途中でちょっと寄り道しちゃったのよね。

Gary: Yeah, we took a little stroll in the park and no one was around, so…
 ああ。公園をちょっと散歩して、誰もいなかったからね、それで・・

Monica: You didn't!
 まさか!

Phoebe: We did! We violated Section 12 Paragraph 7 of the criminal code!
 そうなの! 刑法12条7項を犯してしまったわ。

Monica: The park, huh? Public place.
 公園でね。公共の場で。

Gary: Uh-huh.
 そう。

Monica: I hear ya. Excuse me for a second!
 そうなの。ちょっと失礼!(席を外す)

《バスルーム:モニカが来る》

Monica: Hi, Chandler.
 ハーイ、チャンドラー。

Chandler: Monica! This is the Men's room! Isn't it?
 モニカ! ここは男性用だぞ。・・違う?

Monica: Yes, it is. You see, I've always found the men's bathroom very sexual. Haven't you?
 そうよ。 男性用バスルームってセクシーだっていつも思ってたのよね。あなたは?

Chandler: No. And if I did, I don't think we'd be going out. This is getting ridiculous!
 いいや。もしそうだったら出ていかないよ。こんなのバカげてるよ!

Monica: Come on, we can't let them win!
 いいじゃない。彼等には負けないわ。

Chandler: Ugh, we have already proved that we are hot! Okay? So why-why are you getting so obsessed about this thing?!
 俺たちが熱々だっていうのはもう証明しったじゃないか! いいか? なんでそんなことにこだわるんだ?

Monica: Because Phoebe and Gary are in that "can't keep their hands off each other, doing it in the park" phase!
 だってフィービーとギャリーは「片時も離れられずに、公園でもやっちゃった」っていう時期んだもの!

Chandler: So?
 それで?

Monica: I feel really sad that we're not…really there anymore.
 だってすごく悲しいのよ・・・私たちがもうそうじゃなくて・・。

Chandler: Oh, wow! Is that what this all have been about?
 ああ、なに、これはずっとそういうことだったの?

Monica: Wasn't it a lot more exciting when we were you know all over each other all the time?
 片時も離れられないようだったあの時ってすごくワクワクしなかった?

Chandler: Yeah, that was great. That was really great! But to tell you the truth, I'm more excited about where we are right now.
 ああ、あれは最高だったよ。本当に最高だった! でも、本当のところ俺には、今の俺たちの方がもっとワクワクするよ。

Monica: Really?
 本当?

Chandler: Yeah! I've never been in a relationship that's lasted this long before. You know to get past the beginning and still be around each other all the time, I think that's pretty incredible. And the fact that this is happening all with you, yeah, I think that's pretty exciting.
 ああ! こんなに長くつき合ったことはないんだ。最初の頃を過ぎて、それでもまだ互いにそばにいたいと思ってるなんて、これはすごいことだと思うよ。そして、それが君との間で起きてるってこと、それが本当にワクワクすることだよ。

Monica: That's so sweet. I know that I was acting a little crazy but umm, I feel the same way.
 素敵なこと言ってくれるのね。私、ちょっとおかしくなってたけど、でも、私も同じ気持ちよ。

Chandler: Yeah?
 そう?

Monica: Yeah.
 ええ。(ハグ)

Chandler: You know what I just realized? You just freaked out about our relationship.
 ちょっと今気づいたんだけど。君俺たちの関係についてパニクったね?

Monica: I did not.
 違うわよ。

Chandler: Yes, you did! Admit it! You freaked out!
 いやそうだよ! 認めろよ。パニクったな?

Monica: Okay, I freaked out a little.
 そうよ。ちょっとパニクったわよ。

Chandler: A little?! You freaked out big time, okay? And I fixed it! We have switched places! I am the relationship king and you are the crazy, irrational screw up! . . And now we're back.
 ちょっと? ものすごいパニックだったじゃないか! だろ? そして俺がそれをおさめた! 俺たち立場が入れ替わったな! 俺が恋愛関係のキングで、君がおかしくなって、バカげた変なやつになってた! (はしゃいで踊る) これで元に戻ったな。

《モニカ達の部屋から見えるロス、窓辺でパントマイムをしている。キッチンにいるモニカとレイチェル》

Rachel: I cannot believe Ross is buying this!
 ロスったらあれにだまされるなんてウソみたい!

Monica: Thank God! I can't watch him anymore!
 助かったわ! もう見てられないもの!

(チャンドラーが来る)
Chandler: You guys ready for the movies?
 映画に行く準備できた?

Rachel: Yeah! Oh, by the way, thank you for loaning us Pamela and Yasmine.
 ええ! ところで、パメラとヤズミン貸してくれてありがとう。(パメラとヤズミンの看板にレイチェルとモニカの顔を貼り付けたものが窓辺に立っている)
pamelayasmin.jpg

Ross: Man! They cannot get enough!
 (それを本物だと信じて)もう! 満足ってことを知らないんだから!(ロボットのマネをする)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 00:48| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。