2013年08月30日

5-15 The One With The Girl Who Hits Joey

5-15 ジョーイを叩く子の話

 ☆チャンドラーが結婚宣言?!☆

《前回の続き:モニカ達の部屋にかけつけるロス》

Ross: Chandler!!! Chandler!!! Chandler, I saw what you were doing through the window! Chandler, I saw what you were doing to my sister! Now get out here!
 チャンドラー! チャンドラー! チャンドラー、窓からおまえがしてること見たんだぞ! チャンドラー! 妹にしてるのを見たんだぞ! 出てこい!(ドアは開いたがチェーンのため入れない)

Chandler: Wow! Listen, we had a good run. What was it? Four? Five months? I mean, that's more than most people have in a lifetime! So, good-bye, take care, bye-bye then!
 うわ! 楽しかったな。どれだけ? 4? 5ヶ月? たいていの人の一生分だよな! ということで、さよなら、元気でね、それじゃバイバイ!

Monica: What are you doing?!
 何してるの?

Chandler: Oh, I'm going on the lam.
 逃亡する。

Monica: Come on, Chandler, come on. I can handle Ross. . Hold on! Hey, Ross. What's up, bro?
 いいから、チャンドラー、いいから。ロスはなんとかできるわ。(ドアへ行きロスに)待って! (ドアを開け)どうした、にいさん?

Ross: What the hell are doing?!!
 おまえはいったい何をしてるんだ?!(チャンドラーを追いかける)

Rachel: Hey, what's-what's going on?!
 ちょっと、どうしたの?

Chandler: Well, I think, I think Ross knows about me and Monica.
 (モニカの後ろに隠れてレイチェルに)多分、ロスが俺とモニカのことを知ったんだな。

Joey: Dude! He's right there!
 おい! やつがそこにいるんだぞ!

Ross: I thought you were my best friend, this is my sister! My best friend and my sister! I-I cannot believe this!
 僕の親友だと思っていたのに。妹なのに! 僕の親友と妹が! 信じられない!
 
Chandler: Look, we're not just messing around! I love her. Okay, I'm in love with her.
 なぁ、俺たちはただ遊んでるんじゃないんだ! 愛してるんだ。な、彼女を愛してる。

Monica: I'm so sorry that you had to find out this way. I'm sorry, but it's true, I love him too.
 こんなふうに知ることになってもうしわけないわ、ごめんね。でも、そうなの。私も彼を愛してるの。

Ross: My best friend and my sister! I cannot believe this. . . You guys probably wanna get some hugs in too, huh? Big news!
 (嬉しい)僕の親友と妹が! 信じられないよ!(ハグ。レイチェル達に)君たちもハグに加わりたいだろ? すごいニュースだ!

Rachel: Awww, no, it's okay, we've actually known for a while.
 ああ、いいのよ。私たち少し前から知ってたから。

Ross: What? What?! You guys knew? You all knew and you didn't tell me?!!
 (怒り)えっ? なに? 知ってた? 君たちみんな知ってて僕に言わなかったのか?

Rachel: Well, Ross, we were worried about you, okay? We didn't know how you were going to react.
 いえ、ロス、あなたが心配だったのよ、ね? あなたがどう思うかわからなかったから。

Ross: You were worried about me? You didn't know how I was gonna react?
 (うれしい)僕のこと心配してくれたの? 僕がどう思うかわからなかったから?(ハグ)

Joey: Okay, all right, whew! What do you say we all clear out of here and let these two lovebirds get back down to business? . . Hey-hey-hey, I'm just talking here, he's the one doing your sister.
 さぁ、もういいな、フゥ! じゃあここを引き上げて、あの仲良しさん達に続きをさせてあげようよ。(ロスににらまれ)おいおいおい! 俺は言ってるだけだ。妹とやってるのは彼だぞ。

《セントラルパーク》

Ross: Hey, you know what I just realized? If you guys ever have kids…
 ねぇ、今気がついたんだけど、もし君らに子供ができたら・・

Chandler: Whoa-whoa-whoa! We're having kids?!
 おいおい! 子供って?

Joey: I call Godfather!
 俺がゴッドファーザーになる!

Ross: You can't just call Godfather. Don't you think her brother should be Godfather?
 そんなの立候補できないよ。ゴッドファーザーになるなら彼女の兄だと思わないか?

Joey: Sure, if you cared enough to call it first.
 そうだな、もし一番に手をあげたらね。

Monica: Guys, you're a few steps ahead of us.
 みんな、私たちより2,3歩先へ進みすぎよ。

Chandler: Yeah, big zero gravity moon steps.
 そうだよ。無重力空間の月での2,3歩だぞ。

Rachel: Oh! Oh, I just thought of the greatest wedding gift to get you.
 あっ、そうだ! 最高のウェディングギフト思いついた!

Phoebe: Ooh, I'll go in on that with you! I couldn't think of anything.
 ああっ! 私も混ぜて! 何も思いつかないから。

Rachel: Okay.
 いいわよ。

(女性が1人入って来る)
Joey: Oh, hey, Katie! Everyone, this is Katie.
 あっ、やぁ、ケイティ! みんな、こちらケイティ。

Katie: Hi!
 ハーイ!

All: Hi!
 ハーイ。

Joey: So, are you ready to go?
 それじゃもう行ける?

Katie: Yeah, I just gotta run to the bathroom.
 ええ、ちょっとバスルームに行きたいわ。

Joey: Oh, sure, right back there.
 ああ、それならあそこだよ。

Katie: Hey, where are we going to lunch?
 ねぇ、ランチはどこへ行くの?

Joey: I was thinking Chinese food.
 チャイニーズにしようと思ってたんだけど。

Katie: Ohh, I love Chinese! How did you know I love Chinese?!
 まぁ! チャイニーズ大好き! どうして私がチャイニーズ好きって知ってたの?(そう言いながらジョーイをパンチ。バスルームへ行く)

Rachel: She is so cute! You could fit her right in your little pocket!
 かわいい子ね! あなたのポケットに入りそうじゃない。

Joey: I don't know. I mean, I like her a lot, and she's really nice, but…
 どうかな。彼女のことは好きだし、いい子なんだけど・・

Monica: But what?
 けど、なに?

Joey: She keeps punching me.
 叩いてくるんだ。

Monica: In that cute, little, sweet way she just did?
 今の彼女の、あの可愛らしい甘えた感じでやったのが?

Joey: Hey, it's a lot harder than it looks, okay? She-she's hurting me.
 おい、見た目よりうんとキツいんだぞ! あれが痛いんだ。

Monica: I know what you need, you need a bodyguard. Hey, Ross, what is Ben doing after preschool?
 何が必要なのかわかったわ。ボディガードね。ねぇ、ロス、ベンは幼稚園の後なにしてるの?

Chandler: Hey, listen, come on, Joey is having a problem! A little girl is beating him up.
 ねぇ、ちょっと、やめろって。ジョーイは困ってるんだから。ちっちゃな女の子に痛めつけられてるんだ。

Rachel: Aww, Joey, come here. Look, honey, I know this must be really, really difficult for you and I--Oh, I'm sorry. Am I hurting you?
 ああ、ジョーイ、来て。(手を取る)ねぇ、わかるわ。本当に本当に大変よね・・・あ、ごめん、痛かった?

《ロスの部屋:フィービーが来る》

Ross: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey! I brought you some house warming gifts.
 ヘイ! 引っ越しのお祝いを持ってきたのよ。

Ross: Aww.
 わぁ。

Phoebe: Yeah. Salt, so your life always has flavor.
 ええ、お塩ね、これであなたの人生に味付けをしてね。

Ross: Huh.
 ほぉ。

Phoebe: Bread, so you never go hungry.
 パンね。これであなたが飢えることはないわよ。

Ross: Ohh.
 ああ。

Phoebe: And a scented candle for the bathroom, because well, you know.
 そしてバスルーム用にアロマキャンドルね。だってほら、ね。

Ross: Thanks. Thanks. And thanks, I guess.
 ありがと、ありがと、それから、ありがと・・ってとこだね。

Phoebe: Yeah!
 ええ!

(男性が来る)
Guy: Hi!
 やぁ!

Ross: Hi!
 どうも!

Guy: Welcome to the building. I'm uh, Steve Cera, President of the tenants committee.
 このビルへようこそ。 僕はスティーブ・セラ。居住者委員会の会長だよ。

Ross: Oh, hi! Ross Geller. And this is my friend Phoebe.
 ああ、どうも、ロス・ゲラーです。こちらは友達のフィービー。

Steve: Oh, hi, Phoebe.
 ああ、どうも、フィービー。

Phoebe: Mr. President.
 会長閣下。

Steve: I came to talk to you about Howard.
 ハワードの件で来たんですよ。

Ross: Howard?
 ハワード?

Steve: Yeah, he's the handy man. He's gonna be retiring next week and everyone who lives here is kicking in a 100 bucks as a thank you for all the hard work type of thing.
 ああ。彼は管理人でね。来週で引退するんで、ここに住む全員が100ドル出して、慰労会をするんだ。

Ross: Oh, that's nice.
 それはいいね。

Steve: Yeah. So, do you want to give a check? Or…
 ああ。それで君は小切手にする?それとも・・

Ross: Oh. Uhh…
 あ、いや・・

Steve: Oh, look, you don't have to give it to me right now! You can slip it under my door.
 いや、今じゃなくてもいいんだよ。僕のドアの下に入れてくれればいいし。

Ross: No-no, it's not that, it's just… I just moved in.
 いやいや、そうじゃなくて。僕は引っ越してきたばかりで。

Steve: Well, the guy's worked here for 25 years.
 彼はここで25年も働いて来たんだ。

Ross: Yes, but I've lived here for 25 minutes.
 ええ、でも僕はここに住んで25分だ。

Steve: Oh, okay, I get it.
 ああ、そう、そういうことね。

Ross: No, wait, look. Look! I'm sorry, it's just I've never even met Howard. I-I mean I don't know Howard.
 いや、待って、聞いてくださいよ。悪いけど、ただ、僕はハワードに会ったこともないし。ハワードを知りもしないし。

Steve: Howard's the handy man!
 ハワードは管理人!

Ross: Yes, but to me he's just, man.
 ええ、でも僕にとっては、ただの人だ。

Steve: Okay, fine, whatever. Welcome to the building.
 そうかい。わかったよ。いいさ。このビルへようこそ!(立ち去る)

Ross: Can you believe that guy!
 あの人信じられる?

Phoebe: Yeah. I really like his glasses.
 ええ。あのメガネ本当に素敵ね。

《チャンドラー達の部屋》

Ross: So then President Steve told everyone that I was a cheapskate, and now the whole building hates me! A little kid spit on my knee! You know what I'm gonna do? I'm gonna throw a party. That's right. For everyone in the building, and I'm gonna sit them down and explain to them that I am not a bad guy. I am not a cheap guy! I'm just a guy who-who stands up for what he believes in. A man with principles.
 それで会長のスティーブがみんなに僕のことケチだと言いふらしたんだ。それでビルの全員が僕を嫌ってるんだよ! 子供が僕の膝にツバを吐いたんだ! どうすると思う? 僕はパーティを開くんだ。そうさ。ビルの全員を招いて、全員が席に着いたところで、悪い人じゃないってことを説明するんだ。ケチなやつじゃない! ただ、自分の信じることを貫いただけだってことをね。信条を持った人だってことだ!

Chandler: Sounds like a fun party.
 楽しそうなパーティだな。

Rachel: Ross, if you want your neighbors to like you, why don't you just pay the hundred bucks? The party's gonna cost you way more than that.
 ロス、近所の人達に好かれたいなら、100ドル払えばいいじゃないの。パーティなんてそれよりうんと費用がかかるわよ。

Ross: It doesn't matter! It's my principles! We're talking about my principles!
 そんな問題じゃない! 僕の信条の問題だ! 僕の信条について話してるんだ!

Rachel: Okay, I thought it was about your neighbors liking you.
 そう。近所の人達に好かれるかどうかって話かと思ったわ。

Ross: Oh, they'll like me. Once they come to my awesome party! Okay, I gotta run. I gotta go get some name tags.
 ああ、みんな好きになるよ。僕の素晴らしいパーティに来ればね! さぁ、行かなきゃ。ネームタグ買ってくるんだ。(出て行く)

Rachel: And that crazy party animal will be your brother-in-law.
 あのおかしなパーティアニマルがあなたの義理の兄になるのよ。

Chandler: Very, very funny. But don't say things like that in front of Monica. I don't want you putting any ideas in her head.
 それはおもしろいね。でも、そんなことモニカの前で言ってくれるなよ。そういう考えを彼女の頭に入れてほしくないんだ。

Rachel: Umm, Chandler, you do realize that those ideas are probably already in Monica's head.
 チャンドラー、わかってるでしょ、そういう考えはもうモニカの頭にあるってこと。

Chandler: Wh-wh-why?!
 なな・なんで?

Rachel: Well, because she loves you and because you love her.
 だって、彼女はあなたを愛してるんだし、あなたは彼女を愛してるんだし。

Chandler: Yeah, so, what's that supposed to mean?!
 ああ、それがどういうこと?

Rachel: Hey, Chandler, don't freak out! I'm telling you something you already know! Come on, she broke up with Richard because he didn't want to have babies. And she's a woman, and she's almost 30, and you know, it's Monica.
 ちょっと、チャンドラー、パニクらないでよ! もうあなたが知ってることを言ってるだけじゃない! わかってるでしょ。リチャードが子供を欲しくないっていう理由で別れたのよ。女なんだし、もうすぐ30歳よ。それに、モニカなのよ。

Chandler: I don't see it that way. Okay? Because, I see two Monicas, the one that was my friend, who lived across the hall, and wanted to have a lot of babies. And then the new Monica, who I just started to date. Now, who's to say what she wants?! I’m right. I'm right. Am I right?
 俺はそう思ってみてないよ。いい? 俺にとっては2人のモニカがいて、1人は向かいに住んでる友達で、たくさん子供をほしがってる。それから俺がつきあい始めた新しいモニカがいる。このモニカが何を求めてるか誰にもわからないぞ。そうだ。その通り。そうじゃない?

Rachel: No, you're right, you are absolutely right. I mean that makes, that makes everything different.
 そうね、その通りよ。まさしくその通り。それですべてが変わってくるわよね。

Chandler: Okay. It's not different at all, is it?
 そう。全然違わないんだよな?

Rachel: Not unless different means the same.
 違うってのが同じっていう意味だったら別だけどね。

《セントラルパーク》

Katie: You were so funny with that waiter! You're such a nut!
 あなたとあのウェイター、おかしいったらないわ! あなたって最高ね!

Joey: You know, breadstick fangs are always funny.
 (ビクビクして)パンを牙にして見せるのはおもしろいんだよ。

Katie: No, you make them funny. You're the funny one!
 違うわ、あなただからおもしろいのよ。あなたがおもしろい人なの!(連打)

Joey: Uhh, look, Katie, uh listen, we-we need to talk. Okay? Umm, look, I like you. I-I really do, I like you a lot. Okay? But sometimes when you, when you playfully punch me like that it-it feels like someone's hitting me with a very tiny but very real bat.
 なぁ、ケイティ、聞いて、話したいんだけどいい? 君が好きだよ、本当だ。すごく好きだよ、ね? だけど、時々君が冗談で叩いてくると、ちっちゃいけど本物のバットで叩いてるみたいなんだよ。

Katie: Aww, like I could hurt you. Are you making fun of my size?
 まぁ。まるで痛いみたいに。私が小さいことからかってるの?

Joey: No.
 違うよ。

Katie: Don't make fun of me because of my size!
 私の小さいことでからかわないでよ!(連打され椅子から落ちそうになるジョーイ)

《チャンドラー達の部屋:一つの椅子で丸まっているチャンドラーとモニカ》

Monica: Isn't this great?
 これ最高じゃない?

Chandler: Hmm.
 うん。

Monica: Couldn't you just stay like this forever? Chandler. Couldn't you just stay here forever?
 永遠にこのままでいれないかしら? (返事がない)チャンドラー、永遠にこのままでいられないかしら?

Chandler: Yeah, here, somewhere else, you know, where-wherever.
 ああ、ここでもどこかよそでも、ね、どこでもいいさ(立ち上がる)

Monica: Are you okay?
 大丈夫?

Chandler: Yeah, I'm cool. Casual.
 ああ。平気さ。普通。

Monica: What are you doing?
 どういうこと?

Chandler: I'm just hanging out. You know, having fun. You know, with the girl that I'm seeing casually.
 ただブラブラしてるだけだろ。楽しんでるよ。気楽につきあってる彼女とね。

Monica: Man, I knew it! I knew you were going to do this!!
 もう、やっぱり! こうなると思ってたわ!

Chandler: What?!
 なに?

Monica: Get all freaked out because everybody was talking and just joking around about marriage and stuff.
 みんなが結婚とか言ったりふざけたりしてるから、ビビってしまうってことよ。

Chandler: Well, you do want all that stuff, right?
 君はそういうの望んでるんだろ?

Monica: Oh, and you know what I want!
 私が何を望んでるかしってるっていうのね!

Chandler: Yes! You want babies! You have baby fever!
 知ってるさ! きみは赤ちゃんがほしいんだ! 君は赤ちゃんに夢中だ!

Monica: I do not have baby fever!
 赤ちゃんに夢中なんかじゃないわよ!

Chandler: Oh, please, you are obsessed with babies and-and marriage and everything that's related to babies and-and marriage! I've got an idea, why don't we turn down the heat on this pressure cooker?!
 何言ってるんだよ。君は赤ちゃんとか結婚とか、赤ちゃんとか結婚に関係したいろんなことにとらわれてるじゃないか! いい考えがあるよ、そのプレッシャーメーカーの熱を下げてくれないか!

Monica: Have you lost your mind? Chandler, this isn't about me! This is about you and all your weird relationship commitment crap!
 どうかしちゃったの? チャンドラー、これは私の問題じゃないわよ! これはあなたのそのおかしな、恋愛が怖いっていうのが問題なのよ!

Chandler: Nah-uh! I know you! Okay? I know the thoughts that you have in the head--in your head!
 違うね! わかってるんだぞ! いいか? 君がその頭に持ってる考えを知ってるんだ、その頭の中にな!

Monica: You don't know everything. Did you know that I'm going out with Rachel tonight instead of you? Hmm? And did you know that the only baby around here is you?! And did you know that I can't even look at you right now?!
 何もかも知ってなんていないわよ。今夜私はあなたじゃなかうてレイチェルと出かけるって知ってた? え? この問題で赤ん坊はあなただけだってわかってる? 今あなたの顔を見たくもないって知ってた?(出て行く)

Chandler: Well, I did not know that.
 (1人で)それは知りませんでした!

《セントラルパーク》

Chandler: It's gonna be okay, right? I mean, she's not gonna leave me? This is, this is fixable.
 大丈夫だよな? 俺振られたりしないよな? 修復可能だよな。

Ross and Joey: Oh, yeah, yeah, sure. Absolutely.
 ああ、そうだよ。もちろん。大丈夫。

Chandler: By me?
 俺になんとかできる?

Ross: Oh, no!
 無理!

Joey: No-no.
 ムリムリ!

Ross: Well, unless you make some kind of big gesture.
 そうさ、何か相当なことして見せない限りな。

Joey: Yeah, big though.
 ああ、かなりなことだな。

Joey: Uh-oh, shht! The missus.
 あっ、シーッ! 奥さんだぞ。

Monica: Gunther, can I get a coffee . . to go?
 ガンター、コーヒーもらえる(チャンドラーを見て)・・持ち帰りで。

Chandler: Monica.
 (そばへ行き)モニカ。

Monica: I'm still not done not wanting to talk to you.
 まだあなたの顔見たくないの。

Chandler: Just tell me what I need to do to make things right.
 どうしたらいいか、言ってくれ。

Monica: What?!
 え?

Chandler: Well, that's what we do. You know, I-I mess up and then you tell me how to fix it and then I do and then, you know, you think I'm all cute again.
 ほら、いつもそうするだろ。俺がめちゃくちゃにして、君がどうしたらいいか言ってくれて、俺がその通りにして、それでまたキュートな俺になれる。

Monica: Really? I'm really tired of being your relationship tutor. You're gonna have to figure this one for yourself. All right? You know what? If you're too afraid to be in a real relationship, then don't be in one.
 本気? 恋愛に関してあなたに指導するのはもう疲れたわ。自分でなんとかして、いい? 本当の恋愛関係がそんなに怖いなら、やめればいいのよ。(出て行く)

《ロスの部屋:パーティだが1人きり。騒ぎが聞こえるので見るとハワードのパーティ》

Party Guests: Howard! Howard! Howard! Howard! . . Howard! Yay!!
 ハワード! ハワード! ハワード! ハワード! ハワード! イエーイ!

Ross: Phoebe!
 (フィービーを発見)フィービー!

Phoebe: Oh, hi, Ross!
 あら、ハーイ、ロス!

Ross: What are you doing?
 なにしてるんだよ?

Phoebe: Oh, I thought this was your party and it turns out it’s a party for Howard. He's just the sweetest little man!
 あなたのパーティかと思ってたら、ハワードのだったのよ。彼ってすごく優しいいい人よ。

Guest #1: See ya, Phoebe! Oh, and hey, thanks for chipping in!
 じゃあね、フィービー! あ、そうそう、カンパありがとう!

Ross: You chipped in?!
 お金出したの?

Phoebe: Yeah, uh-huh, a 100 dollars.
 ええ、100ドルね。

Ross: Phoebe! I can't believe you gave them money! I thought you agreed it was totally unreasonable that they asked me for that money!
 フィービー! お金出したなんて信じられない! 僕にお金を請求するなんて筋違いだって、同意見だったと思ったのに!

Phoebe: Yeah, but they didn't ask me! You know? This way I'm just you know, the exotic, generous stranger. That's always fun to be.
 ええ、でも私は催促されてないもの! ね? こうして出してあげるのって、魅力的で気前のいいよその人って感じでしょ。楽しいわよ。

Ross: Yeah, but you're making me look bad!
 ああ、だけど僕が悪く見えるだろう!

Phoebe: No, I'm not. No! If anything I'm making you look better! They'll see you talking to me and that's--I'm a hit!
 違うわよ。違う。あなたをよく見せるに決まってるわ。みんな、あなたが私と話してるのを見るでしょう、私は人気者なのよ!

Steve: Oh, hey, Pheebs!
 あ、ヘイ、フィーブス!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Steve: Oh, hey, Ross. Umm, see, I was thinking maybe you two could switch apartments because Phoebe's more our kind of people. Something to think about.
 ああ、どうも、ロス。ね、考えたんだけど、君たちアパートを交換したらどうかな。フィービーの方が僕らと合うからさ。考えてね。(立ち去る)

Phoebe: Yeah, okay, my bad.
 まぁ、そうね。私が悪いわね。

《セントラルパーク:レイチェル1人、ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hi! Wow! You look, you look big.
 ハーイ、ワオ! あなた大きく見えるわね。

Joey: Thanks! I've been working out. Hey, listen, is it obvious that I'm wearing six sweaters?
 ありがと! ねぇ、セーターを6枚着てるのまるわかり?

Rachel: Uhhh, yeah. But it's not obvious why.
 あー、ええ。でも、理由はわかんない。

Joey: Well, look, I’m breaking up with Katie so I had to put on some extra padding. You know? I mean, if she hits me when she's happy, can you imagine how hard she's gonna hit me when I tell her I'm taking away the Joey love?
 実はケイティと別れようと思って、防護用に余分に着たんだ。だって、嬉しいときでも叩いてくるのに、このジョーイの愛を奪われるってわかったらどんなに激しいかわからないだろ。

(ケイティが来る)
Katie: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey! Hey, cute jacket!
 あらどうも! まぁ、かわいいジャケットね。

Katie: Oh, thanks! That's so sweet!
 ありがとう! 優しいのね!(パンチ)

Rachel: Oh! Ow!
 あう! 痛っ!

Katie: Oh, ow! Did Joey tell you to say that? You guys are too much!
 あう! 痛っですって! ジョーイがそう言えって言ったの? あなた達ったら本当にもう!(パンチ)

Rachel: Whoa! You know what? I gotta tell ya I-I-I-I think you are the one who is too much.
 ウワオ! ねぇ? 言わせてもらうけど、本当にもうって感じなのはあなたの方よ!(パンチ)

Katie: Ohh, Joey has the nicest friends!
 もう! ジョーイったら最高の友達を持ってるわね!(パンチ)

Rachel: Ohh, and the nicest girlfriend!
 それに最高のガールフレンドとね!(パンチ)

Katie: You're so sweet!
 本当に優しいのね!(パンチ)

Rachel: Ohh, you're so sweet!
 あなたが優しいのよっ!(すねを蹴る)

Katie: Oww!!!! Joey, she just kicked me.
 痛っ!! ジョーイ、彼女蹴ったわ!

Joey: Huh.
 うん。

Katie: Well? Aren't you gonna do something?
 え? 何かしてくれないの?

Joey: Uhh….
 あー・・。

Katie: You'd better do something, or I'm gonna walk out that door right now! Well? Are you gonna?
 何かしてくれないなら、今すぐこのドアを出て行くわよ! どう? してくれるの?

Joey: Nah.
 いーや。
(怒って出て行き、喜ぶレイチェルとジョーイ)

《ハワードのパーティ:パーティ客と話しているフィービー》

Ross: Phoebe?
 フィービー?(無視される)

Phoebe: That's what I'm saying.
 (パーティ客に)そういうことなのよ。

Ross: Phoebe? Phoebe?
 フィービー? フィービー?

Phoebe: Ooh.
 ああ。

Ross: Look, this is a disaster! Can't I please just go?
 ねえ、もうこれは大惨事だよ! もう行こうよ!

Phoebe: No! No! I'm talking you up to people. Just give it a little time, all right? Relax, get something to eat! Okay?
 ダメよ。みんなにあなたのことよく思えるように話してるとこなの。もう少し待ってよ、ね? リラックスしえ。何か食べたら?

Ross: So uh, what did you tell them about me?
 それで、僕の何をみんなに話してるの?

Phoebe: Oh, I was telling them about you and Emily. You know, try to get some sympathy.
 あなたとエミリーのこと話してたの。みんながあなたに同情してくれるかと思ってね。

Ross: Ohh.
 ああ(ケーキを切る)

Phoebe: But somehow you came off as the bad guy.
 でもなんか、悪い人と思わせちゃったみたい。

Ross: What?!
 えっ?

Phoebe: Yeah, I think I told it wrong. You know, we should talk about that because I don't totally understand what happened there.
 ええ。話し方が悪かったみたい。そのこと今度教えてね。なんか私よくわかってないわ。

Ross: Ohh, this cake is really good!
 ああ、このケーキすごくおいしい!

Phoebe: Oh, okay, see? Things are looking up already!
 ほら、ね? もうよくなってきたじゃない。

Guest #2: Oh, my God! Someone cut Howard's cake! Who would do a thing like that?
 まぁ、なんてこと! 誰かハワードのケーキを切っちゃったわ! 誰がこんなことを!

Steve: 3-B!
 3−B!

All: Oh, yeah, aww!
 ほんとだ! わぁ!

Steve: Okay, you got your free food! You ruined everyone's fun! Don't you think it's time you went home?!
 さぁ、もうタダで食べたんだし、楽しみもぶちこわしにしたんだ! もう帰ってもいい頃じゃないか?

All: Yeah, leave! Yeah, get out! Now!
 そうだ! 帰れ! 出て行け! すぐ!

Steve: Go back to 3-B, 3-B!
 3−Bへ帰れ、3ーB!

Phoebe: All right, everyone calm down! Everyone calm down! I have something that I would like to say! Who here likes Ross? . . Of course you don't like him! He didn't give you any money, he raised his own hand when I asked, "Who here likes Ross," and he's wearing two name tags! I'll be honest with you guys, when I first met Ross I didn't like him at all! But then once I got to know him I saw that he's really sweet and caring and very generous. I mean, all I'm saying is don't judge Ross before you get to know him, all right? I mean, I like all you guys now, but when I first meet you, you know, Kurt, I thought, you know, abrasive drunk, umm Lola, mind numbingly stupid! And okay, you guys, Gold-digger, cradle-robbing perv! So, I think you all know what I mean.
 みんな落ち着いて! みんな落ち着いて! 話したいことがあるのよ。ここでロスを好きな人?(ロス1人手を挙げる) もちろんみんな彼を好きじゃないわよね。お金は出さなかったし、「ロスを好きな人」って聞いたら手を挙げるし、ネームタグは2つつけてるし。正直に言うけど、私も初めてロスに会った時は、全然好きになれなかったわ。でも、よく知ってみると、彼は優しくて気遣いがあって、寛容なのよ。つまり、彼をよく知る前に、嫌ってしまわないでってことなの。いい? だって私いまはあなた達みんな好きだけど、最初会った時は違うわ。カート、あなたはイヤな酔っぱらいだと思ったわ。ローラ、驚くべきバカ! それから、あなた達、お金目当てと若い子好きの変態! ということで、みんな私の言いたいことわかってくれたわよね。

(rob the cradle = かなり年下の相手と性的関係を持つ)

《ロスの部屋》

Phoebe: Obviously I didn't think they were gonna start throwing things. I just thought if I kept insulting them, you would jump in and defend everyone and then you could look like the hero.
 まさかみんなでモノを投げつけてくるとは思わなかったわね。私がみんなにひどいことを言い続けて、あなたが割り込んできてみんなをかばえば、あなたがヒーローになれると思ったのよ。

Ross: Oh, wow, yeah! See, I did not get that.
 ああ、なるほど! それは気づかなかったな。

《モニカ達の部屋:みんないるところにチャンドラーが来る》

Chandler: Where's Monica?! Where is she? I need to talk to her! It's urgent! Is she here?
 モニカはどこ? 彼女は? 彼女に話があるんだ! 大至急! 彼女は?

Monica: I'm Monica.
 私がモニカだけど。

Chandler: I need to talk to you, it's urgent!
 話があるんだ、大至急だ!

Monica: Okay.
 オーケー・・。

Chandler: Okay, I've been doing a lot of thinking about us, you know, a lot of uhh, us thinking. And uh, well, I guess there's only one way to do this.
 たくさん考えたんだけどね、いろいろ、俺たちについて考えた。それで、答えは一つだと思う。

Monica: Wait, what-wh-wh-what are you doing?!
 待って、なな・なにをする気?

Chandler: Monica…
 モニカ・・

Monica: No-no, don't-don't-don't do it!
 ダメ。ダメよ。やめて、そんなことしないで!

Chandler: Will you marry me?
 結婚してくれる?

Ross: Oh-no. No. No.
 オーノー。ダメダメ。

Joey: What a bad idea!
 なんてバカなこと!

Rachel: Ohhhh, I cannot look at it!
 ああ・・見てられない。

Monica: Chandler, why are you doing this?
 チャンドラー、どうしてそんなことしてるの?

Chandler: I don't know. But I know I'm not afraid to do this.
 わからない。でも、怖くないよ。

Monica: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: I'm doing this because I'm sorry?
 こうしてるのは、あやまりたいから?

Monica: Do you umm, you really think the best reason to get married is because you're sorry?
 あなた・・あなた本当にあやまりたいっていうのが結婚する一番の理由だと思うの?

Chandler: No, the best reason to get married is pregnancy. Sorry is pretty much fourth you know, behind being ready and actually wanting to get married. Will you be my wife?
 いや。一番の理由は妊娠だよ。あやまりたいのは間違いなく4番目ってとこかな。結婚する時期っていうのと、実際結婚したいからっていうのの後にくるかな。妻になってくれる?

Monica: Chandler, umm, I want you to take just a minute and I want you to think about how ridiculous this sounds.
 チャンドラー、ちょっと落ち着いて、そして、これがどんなバカげたことか考えてみて。

Chandler: Yeah, I'm kinda wishing everyone wasn't here right now.
 ああ・・みんながここにいなかったらいいのに。

Monica: Honey! Do you know that none of that stuff came from me?! I never said I wanted to have babies and get married right now!
 もう! あの話は私からしたことじゃないってわかってるでしょう? 私は今すぐ赤ちゃんがほしいとか結婚したいなんて一度も言ってないわよ。

Chandler: Yeah, I know, but I was really confused and then I talked to these guys.
 ああ。そうだよね、でもすごく混乱してさ、それであの2人と話して。

Monica: Who? Two divorces and Joey?!
 2人って? バツ2とジョーイ?

Ross: Hey!
 おい!

Joey: She's right, you know.
 彼女の言う通りだよ。

Ross: Yeah, but still, cheap shot!
 ああ、そうだけどさ。ひどいよ!

Monica: You know what? You know when I said that I want you to deal with this relationship stuff all on your own? Well, you're not ready for that.
 ねぇ、あなたにこの恋愛のこと、自分でなんとかしてって言ったわよね? あなたにはまだ早いのよ。

Chandler: I didn't think I was!
 俺もそう思うよ!

Monica: Oh, my God, what would have done if I said yes?
 オーマイゴッド! もし私がイエスって言ってたらどうしてたの?

Chandler: Well, I would've been happy because I would've be able to spend the rest of my life with the woman that I love. Or, you would've seen a Chandler shaped hole in that door.
 そりゃ幸せだよ。だって愛する女性とこの後一緒に過ごせるんだからね。それかまたは、あのドアにチャンドラーの形の穴が開くのを見ることになるな。

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Ross, will you pass me that knife?
 な、ロス、ナイフ取ってくれる?

Ross: No, I will not!
 いいや、イヤだね!

Joey: Oh, it's okay. You don't have to be so mean about it.
 ああ、いいよ。何もそんな意地悪しなくても。

Ross: You're right, I'm sorry. Will you marry me?
 そうだね。ごめんよ。結婚してくれる?

Phoebe: Aw, and I was gonna ask you to marry me because I forgot to say hello to you last week.
 ああ、私もあなたに結婚してって言いたかったのよ。先週あなたにハローって言うの忘れたから。

Rachel: Oh, no, wait, Pheebs, I think for something like that you just ask them to move in with you. But I'm not sure, Chandler?
 あら、待って、フィーブス、それくらいだったら、一緒に住もうっていうだけでいいと思うけど、どうかしら、チャンドラー?

Chandler: Okay, how long is this going to go on.
 わかったよ。これいつまで続くんだ?

Monica: Well, I think the length of teasing is directly related to how insane you were. So, a long time.
 そうね。そのあなたをいじる期間は、どれくらい異常だったかに比例するから・・かなり続くわね。

Ross: This is fun. Hey, Rach, remember that whole "We were on a break thing?" I'm sorry, will you marry me?
 おもしろいな。ねぇ、レイチ、あの「あれは別れた後だ」って件覚えてる? ごめんね、結婚してくれる?(全員に冷たい目で見られ泣きそうな顔)

Chandler: That's not funny.
 笑えない。

Joey: That's not funny at all!
 全然笑えない。(みんな出て行く)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:40| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。