2013年08月29日

5-14 The One Where Everyone Finds Out

5-14 みんなに知られてしまう話

 ☆とうとう熱愛発覚!☆

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Oh, hey, you guys, look! Ugly Naked Guy is putting stuff in boxes!
(窓の外を見て)ねぇ、みんな、見て! 裸のブサイク男が箱に何か詰めてるわよ!(みんな見に行く)

Rachel: I'd say from the looks of it; our naked buddy is moving.
 あの感じからすると、私たちの裸の友達、引っ越すみたいね。

Ross: Ironically, most of the boxes seem to be labeled clothes.
 皮肉なことに、あの箱ほとんど服って書いてあるみたい。

Rachel: Ohh, I'm gonna miss that big old squishy butt.
 あのでかいお尻が見られないと寂しくなるわね。

Chandler: And we're done with the chicken fried rice.
 これでチキンライスもおしまいっと。

Ross: Hey! Hey! If he's moving, maybe I should try to get his place!
 そうだ! 彼が引っ越すなら、僕が彼のところに移れないかな!

All: Good idea! Yes!
 それはいい! そうだ!

Ross: It would be so cool to live across from you guys!
 君らの向かい側に住むなんて最高だよ!

Joey: Hey, yeah! Then we could do that telephone thing! You know, you have a can, we have a can and it's connected by a string!
 そうだ! あの電話のやつやれるじゃないか! ほら、おまえが缶を持って、こっちも缶を持って、ひもで繋ぐんだよ!

Chandler: Or we can do the actual telephone thing.
 それか、普通の電話もできるよな。

《裸男の部屋:レイチェル・フィービー・ロス》

Ross: Oh, my God! I love this apartment! Isn't it perfect?! I can't believe I never realized how great it is!
 うわぁ、すごいな! この部屋最高じゃないか! 完璧だよね? この部屋がこんなにいいって気づかなかったなんてウソみたいだな。

Rachel: Well, that is because your eye immediately goes to the big naked man.
 そりゃ私たちの目は裸のあの人に釘付けだったからよ。

Phoebe: It's amazing! You better hurry up and fill out an application or I'm gonna beat you to it.
 すばらしい部屋ね! 早く申し込まないと、私が先に行っちゃうわよ!

Ross: Ohh.
 ハハ・・(フィービーが競争するフリをするので急いで出て行く)

Rachel: Well, I never thought I'd say this, but I'm gonna go use Ugly Naked Guy's bathroom.
 こんなこと言うとは夢にも思わなかったけど、裸のブサイク男のバスルーム借りてくるわ。

Phoebe: Oh, look! There's Monica and Chandler! Hey! Hey, you guys! Hey! Ohh!! Ohh! Ahh-ahhh!!
 (窓の外を見て)あ、見て! モニカとチャンドラーよ! ヘイ! ヘイ! あなた達! ねぇ!!・・(2人が服を脱ぎだしたので)ああっ!きゃーっ!きゃー! あーっ!

Rachel: What?!
 どうした?

Phoebe: Ahhh!! Chandler and Monica!! Chandler and Monica!!
 キャーっ! チャンドラーとモニカが! チャンドラーとモニカが!

Rachel: Oh, my God!
 まぁなんてこと!

Phoebe: Chandler and Monica!!
 チャンドラーとモニカが!

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: OH!! MY EYES!!! MY EYES!!!!
 目が! 目が!!

Rachel: Phoebe!! Phoebe!! It's okay!! It's okay!!
 フィービー! フィービー! いいのよ! いいの!

Phoebe: No! They are doing it!!!
 よくない! あの2人がやってる!

Rachel: I know!! I know!! I know!!
 知ってる! 知ってる! 知ってるの!

Phoebe: You know?!!!
 知ってたの?

Rachel: Yes, I know! And Joey knows! But Ross doesn't know so you have to stop screaming!!
 そうよ、知ってるの! ジョーイも知ってる! でもロスは知らないから、叫ぶのやめて!

Ross: What's going on?
 (戻ってきて)なにがあったの?

Phoebe and Rachel: Ohhh!!!
 きゃーっ!!

Rachel: HI!! Hi!
 ハーイ! ハーイ!

Ross: What?! What?!
 なに? なに?

Rachel: Nothing! Oh, God, we're just so excited that you want to get this apartment!
 (窓の外を見せないよう気をそらす)なんでもない! ああ、素敵! こんな素敵なとこに住むなんて素敵よね!

Ross: Actually, it looks really good.
 ほんと、すごくいいとこだよね。

Phoebe: Get in here!!!
 ここに来て!(叫ぶ。ロスもわけわからないまま一緒に飛び跳ねて叫ぶ)

《セントラルパーク》

Phoebe: You mean whenever Monica and Chandler where like you know doing laundry or going grocery shopping or−Oh! All that time Monica spent on the phone with sad Linda from camp!
 それじゃモニカとチャンドラーがお洗濯に行ってるとか食事の買い出しに行ってるとか、あ、それとかモニカがかわいそうなリンダって子と電話してるとかいうときも!

Rachel: Uh-huh, doing it. Doing it. Phone doing it.
 そうよ、やってたの。やってたの。電話でもやってたのよ。

Phoebe: Oh! Oh, I can't believe it! I mean, I think it's great! For him. She might be able to do better.
 まぁ! ああ、信じられない! すばらしいことよね! 彼にはね。彼女にはもっといい可能性もあるけど。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys!
 やぁ!

Rachel: Joey! Come here! Come here!
 ジョーイ! 来て! 来て!

Joey: What? What?
 なに、なに?

Rachel: Phoebe just found out about Monica and Chandler.
 フィービーがモニカとチャンドラーのこと知ったのよ。

Joey: You mean how they're friends and nothing more?
 それってあの2人は友達以上の何でもないってこと?

Rachel: No. Joey, she knows! We were at Ugly Naked Guy's apartment and we saw them doing it through the window. Actually, we saw them doing it up against the window.
 いいのよ、ジョーイ。彼女知ってるの! 裸のブサイク男の部屋に行ってて、あの2人がしてるとこ窓から見ちゃったのよ。実際は、あの2人は窓に立ってしてるのを見たの。

Phoebe: Okay, so now they know that you know and they don't know that Rachel knows?
 それじゃ、あの2人は、あなたが知ってることは知ってて、レイチェルが知ってることは知らないの?

Joey: Yes, but you know what? It doesn't matter who knows what. Now, enough of us know that we can just tell them that we know! Then all the lying and the secrets would finally be over!
 ・・そう。でもさ、もう誰が何を知ってるか関係ないだろ。もうこれだけ知ったんだから、やつらに知ってるって話そう! それでようやく、ウソや秘密がなくなる!

Phoebe: Or, we could not tell them we know and have a little fun of our own.
 それか、知ってるってこと黙っておいて、ちょっと楽しむこともできるわよ。

Rachel: Wh-what do you mean?
 それってどういうこと?

Phoebe: Well, you know, every time that they say that like they're doing laundry we'll just give them a bunch of laundry to do.
 そうね、あの2人が洗濯に行くっていうたびに、たくさん洗濯物を渡しちゃうとか。

Rachel: Ohhh, I-I would enjoy that!
 うわぁ、それ楽しそうう!

Joey: No-no-no! No-no, wait, Rach, you know what would even be more fun? Telling them.
 ダメダメ! ダメだよ、レイチ。もっと楽しいのはどう? 話しちゃうんだよ!

Rachel: Ehhh, no, I wanna do Phoebe's thing.
 うーん、フィービーの方をやってみたいわ。

Joey: I can't take any…
 もうこれ以上・・

Phoebe: No! You don't have to do anything! Just don't tell them that we know!
 いいのよ! 何もしなくていいの! ただ私たちが知ってるってこと黙っててね。

Joey: Noo! I can't take any more secrets! I've got your secrets. I've got their secrets. I got secrets of my own, you know!
 イヤだよ! もう秘密はイヤだ! 君らの秘密、あの2人の秘密、俺にだって秘密があるんだぞ。

Rachel: You don't have any secrets!
 あなたに秘密なんてないじゃない。

Joey: Oh, yeah? Well, you don't know about Hugsy, my bedtime penguin pal.
 そう思う? 俺が一緒に寝てるペンギンのハグジーのことは知らないだろ。(しまった・・)

hugsy.jpg

Rachel: So umm, how-how are we gonna mess with them?
 (聞かなかったことにしてフィービーに)それで、あの2人に何をすればいいの?

Phoebe: Well, you could use your position, you know, as the roommate. And then, I would use, you know, the strongest tool at my disposal. My sexuality.
 あなたはあなたの立場を使うのよ。ルームメイトとしてね。私は、私の一番の武器を使うわ。セクシーさをね。

(チャンドラーが来る) 
Chandler: Hello, children!
 やぁ、子供達!

All: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Okay, watch, learn, and don't eat my cookie.
 いい、見てて。学ぶのよ。そして、私のクッキー食べないでね。(チャンドラーのそばへ行く)

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Hey! Ooh, wow, that jacket looks great on you!
 ヘイ! あら、ワオ、そのジャケットよく似合ってるわね。

Chandler: Really?
 そう?

Phoebe: Yeah, the material feels so soft. . Oh! Hello, Mr. Bicep! Have you been working out?
 (腕をなでて)ええ、やわらかな手触りね。あら、まぁ、ミスター・二等筋! 鍛えてるの?

Chandler: Well, I try to you know, squeeze things. . . Are you okay?
 まぁ、ほら、しぼったりしてるね。(嬉しそうに笑うフィービーを見て)大丈夫?

Phoebe: Well, if you really wanna know, I'm−Oh! I can't tell you this.
 ま、本当に知りたいなら私・・あら、これはあなたには言えないわ。

Chandler: Phoebe, it's me. You can tell me anything.
 フィービー、僕らの間だろ、何でも言えよ。

Phoebe: Well, actually you're the one person I can't tell this to. And the one person I want to the most.
 でも、あなたにこそ言えないことなのよね。そしてあなたに一番知ってほしいんだけど。

Chandler: What's going on?
 どういうこと?

Phoebe: I think it's just, you know, that I haven't been with a guy in so long and how sometimes you're looking for something and you just don’t even see that it's right there in front of you sipping coffee−Oh, no, have I said too much? Well, just something to think about. I know I will.
 思うんだけどその・・私長い間誰ともつき合っていないわよね。ずっと探していると、目の前でコーヒーを飲んでいるのに気づきもしないってことがあるものよね。あらいけない。私言い過ぎたかしら? とにかく考えて見ることよね。そうするわ。(色っぽくバッグを取って出て行く)

《チャンドラーの寝室》

Monica: You are so cute! How did you get to be so cute?
 あなたってホントかわいいわね! どうしてそんなにかわいいの?

Chandler: Well, my Grandfather was Swedish and my Grandmother was actually a tiny little bunny.
 そうだな、俺の祖母はスウェーデン人で、祖父はちっちゃなバニーだからな。

Monica: Okay, now you're even cuter!!
 ああ、もっとかわいくなってきたわ!

Chandler: You know that is a popular opinion today, I must say.
 今日はなんだかそういう意見が多いみたいだぞ。

Monica: What?
 え?

Chandler: The weirdest thing happened at the coffee house, I think, I think Phoebe was hitting on me.
 コーヒーハウスで妙なことがあったんだ。フィービーが俺に誘いをかけてきたと思うんだよな。

Monica: What are you talking about?
 何の話してるの?

Chandler: I'm telling you I think Phoebe thinks I'm foxy.
 本当だって、フィービーが俺のことセクシーだと思ってるみたいんだんだよ。

Monica: That's not possible!
 そんなのあり得ないわ!

Chandler: Ow!
 イタッ。

Monica: I'm sorry, it's just, Phoebe just always thought you were, you were charming in a, in a sexless kind of way.
 ごめん、でも、フィービーはあなたのことそういう気持ち抜きでチャーミングだと思ってると思うわ。

Chandler: Oh, you know I-I can't hear that enough.
 ああ、そういうのはいくら聞いても聞き足りないね。

Monica: I'm sorry, I think that you just misunderstood her.
 ごめん、でも、勘違いだと思うわよ。

Chandler: No, I didn't misunderstand, okay? She was all over me! She touched my bicep for crying out loud!
 いや、勘違いなんかじゃないよ。彼女もうすごかったんだから! 俺の二頭筋を触ってきたんだってば!

Monica: This bicep?
 この二頭筋を?

Chandler: Well, it's not flexed right now!
 今はひきしまってなかったんだよ!

《モニカ達の部屋》

Rachel: Hey, Mon, what are you doing now? Wanna come see a movie with us?
 ねぇ、モン、何してるの? 私たちと映画見に行く?

Monica: Uhh, you know actually I was gonna do some laundry.
 うーん、私、お洗濯しないといけないのよね。

Rachel: Oh.
 あら。

Monica: Hey, Chandler, wanna do it with me?
 ねぇ、チャンドラー、あなたも行く?

Chandler: Sure, I'll do it with ya.
 ああ、俺も行くよ。

Monica: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay, great, hold on a second! . . Oh, here you go! You don't mind do you? That would really help me out a lot! Thanks!
 そうか、わかった、ちょっと待って! (部屋から大きな洗濯物袋を持ってくる)ほら、これ! これもやってくれる? 本当にすごい助かっちゃうわ。ありがとう!

Monica: I mean I-I don't I think I have enough quarters.
 それは・それだけのコインを持ってないわ。

Phoebe: I have quarters!
 私持ってるわよ!(大きなコイン袋を見せる)

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey, Ross! Any word on the apartment yet?
 あら、ロス! あの部屋のことで連絡あった?

Ross: Well, I called over there and it turns out Ugly Naked Guy is subletting it himself and he's already had like a hundred applicants.
 いや、電話かけてみたんだけどね、あの裸のブサイク男さんは、自分で又貸しをするそうで、もういっぱい応募者がいるらしいんだ。

Rachel: Oh.
 あら。

Ross: No-no, I got the edge. I know it's not exactly ethical but I sent him a little bribe to tip the scales in my direction. Check it out, you can probably see it from the window.
 いやいや、僕は優位に立ってるんだ。倫理的にどうかとは思うだけど、でも、こっちに有利なように賄賂を送ったんだ。見てみてよ、窓から見えるかもしれない。(みんなで見る)

Monica: Oh, is it that pinball machine with the big bow on it?
 ああ、あのリボンのついたピンボールマシン?

Ross: No.
 いや。

Chandler: That new mountain bike?
 あの新しいマウンテンバイク?

Ross: No.
 いや。

Monica: Well, what did you send?
 じゃあ何を送ったの?

Ross: A basket of mini-muffins.
 バスケット入りのミニマフィン。

Phoebe: But there's a whole table of mini-muffin baskets. Which one did you send?
 でもテーブルの上ミニマフィンでいっぱいよ。あなたのはどれ?

Ross: The small one.
 小さいの。

Rachel: What?! You-you actually thought that basket was gonna get you the apartment?
 えっ?! あなたそんなバスケットだけで部屋がとれると思ったの?

Ross: Yeah! Someone sent us a basket at work once and people went crazy over those little muffins. It was the best day.
 ああ!以前職場でバスケットを送ってきた人がいて、みんなマフィンに夢中だったよ。あれは最高の日だった・・。

Chandler: Your work makes me sad.
 おまえの仕事悲しくさせられるな。

Ross: Oh, man! I want that place so much!! I was so sure that was gonna work! There's twelve bucks I'll never see again!
 ああ、なんだよ! あの部屋本当にほしいのに! あれで絶対うまくいくと思ったのに! あの12ドルはもう帰ってこないなんて!(出て行く)

Rachel: All right, honey, we'd better go if we wanna catch that movie.
 さぁ、ね、もう行かないと、映画最初から見られないわよ。

Monica: Bye!
 バーイ!

All: Bye!
 バーイ!

Phoebe: Bye, Chandler! I miss you already.
 バーイ、チャンドラー! (囁く)一緒じゃなくて寂しいわ。(お尻をつねって出て行く)

Chandler: Okay, did you see that?! With the inappropriate and the pinching!!
 見ただろ? あの不適切なお尻つねり!

Monica: Actually, I did!
 確かに見たわ!

Chandler: Okay, so now do you believe that she's attracted to me?
 これで、彼女が俺に気があるっていうの信じるだろ?

Monica: Ohhh, Oh, my God! Oh, my God! She knows about us!
 あああ! なんてことなの! なんてことなの! 私たちのこと知ってるのよ!

Chandler: Are you serious?
 ほんとに?

Monica: Phoebe knows and she's just trying to freak us out! That's the only explanation for it!
 フィービーは知ってて、私たちを驚かしてるのよ! それしか説明つかないわ!

Chandler: Okay, but what about, you know, my pinchable butt and my bulging biceps−She knows!
 じゃあこのつまめるようなお尻はどうなるんだ? この盛り上がった二頭筋・・・彼女知ってる!

《チャンドラー達の部屋:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Yeah?
 (慌ててハグジーを隠し)なに?

Chandler: Phoebe knows about us!
 フィービーが俺たちのこと知ってる!

Joey: Well, I didn't tell them!
 俺は2人に何も話してないよ。

Monica: Them?! Who's them?
 2人? 2人って誰?

Joey: Uhhh, Phoebe and Joey.
 あー・・フィービーとジョーイ。

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: And Rachel. I would've told you but they made me promise not to tell!
 レイチェルだよ。言おうと思ったんだけど、言わないって約束させられてさ。

Chandler: Oh, man!
 なんてことだ!

Joey: I'm sorry! But hey, it's over now, right? Because you can tell them that you know they know and I can go back to knowing absolutely nothing!
 悪かったよ! だけどさ、もういいよな? あの2人が知ってるってこと知ってるって言えば、もう俺は何も知らないことになる!

Monica: Unless…
 または・・

Joey: No! Not unless! Look, this must end now!
 ダメだよ! 「または」はナシだよ! もう終わりにしろよ!

Monica: Oh, man, they think they are so slick messing with us! But see, they don't know that we know that they know! So…
 なんなの、あの2人はそんなに賢く私たちをだませると思ってるのね! でも、あの子たちが知ってるってことを私たちが知ってるってこと、彼女達知らないと思ってるのよ。

Chandler: Ahh, yes, the messers become the messees!
 ああ! そうだ! だますやつが、だまされるやつになるんだ!

《モニカ達の部屋:窓の外を見ているロス》

Ross: Noooo.
 ダメだ・・・。

Rachel: Oh, Ross, honey, you gotta stop torturing yourself!
 ロスったら、自分で自分を苦しめるのやめなさいよ!

Phoebe: Yeah, why don't you just find another apartment?
 そうよ。他にいいとこ探したら?

Ross: Look, I've already looked at like a thousand apartments this month and none of them even compares to that one!
 もう今月数えきれないほど見てきたけど、あの部屋には比べ物にならないんだよ。

Rachel: You know what you should do?
 どうするべきかわかる?

Ross: Huh?
 なに?

Rachel: You should find out what his hobbies are and then use that to bond with him. Yeah! Like if I wanted something from Joey, I would strike up a conversation about say umm, sandwiches. Or uh, or my underwear.
 彼の趣味とか見つけ出して、彼と親しくなるのよ。そうよ! たとえば、もしジョーイから何か引き出したかったら、私だったら、そうね、サンドイッチ。それか、私の下着とか。

Joey: I'm listening.
 聞いてるよ。

Rachel: See?
 ほらね?

Ross: That is a great idea! And! I know Ugly Naked Guy because we've been watching him for like five years so that gives me back my edge! Oh, let's see now he had the trampoline.
 それは名案だ! そしてもう5年も見てきたんだから、裸のブサイク男のことはわかってる。これでまた優位に立てるぞ! さて、そうだな、彼は、トランポリンを持ってたな。

Phoebe: He broke that.
 それは壊したわよ。

Ross: Well, he had gravity boots.
 それから無重力ブーツも持ってたな。

Rachel: Yeah, he broke those too.
 ええ、それも壊したわね。

Joey: So he likes to break stuff.
 つまり彼は壊すのが好き・・。

Ross: Okay, I've got to go pick up Ben but I-I will figure something out. . . Hey, didn't he used to have a cat?
 よし、ベンを迎えにいかないといけないけど、でも何か見つけ出すぞ・・・そうだ、彼、以前猫を飼ってなかった?

Phoebe: I wouldn't bring that up, it would probably just bum him out.
 それは持ち出さないほうがいいわ。彼をへこますかも。

Joey: Yeah, poor cat, never saw that big butt coming.
 そうだな、哀れな猫、まさかあのお尻が向かってくるとはな。

Ross: Right.
 そうか(出て行く)

(電話が鳴る)
Rachel: Hello! . . Oh, yeah! Hey! Hold on a second she's right here! . . . It's Chandler.
 もしもし! あら、ハーイ! ちょっと待ってね、彼女ここにいるから。(フィービーに)チャンドラーよ。

Phoebe: Oh? . . Hello, you.
 あら?(電話に出て)もしもし、あなた。

Chandler: Hello, Phoebe, I've been thinking about you all day.
 (モニカも聞いている)もしもし、フィービー、一日中君のこと考えてたよ

Phoebe: Eh?
 へ?

Chandler: Well, you know that thing you said before, I'd be lying if I said I wasn't intrigued.
 さっき君が言ってたことだけど、その気にならなかったと言えばウソになるな。

Phoebe: Really?
 ほんとに?

Chandler: Yeah, listen, Joey isn't gonna be here tonight so why don't you come over and I'll let you uh, feel my bicep. Or maybe more.
 ああ。ね、ジョーイは今夜留守にするから、君ここへ来ないか。俺の二頭筋を触れるよ。それか、もっとね。

Phoebe: I'll have to get back to you on that. Okay, bye! . . Oh, my God! He wants me to come over and feel his bicep and more!
 また後で返事するわ、じゃあね、バーイ!(電話を切りレイチェルに)なんてことなの! 彼、来て二頭筋とかそれ以上触ってって言った!

Rachel: Are you kidding?!
 冗談でしょ?

Phoebe: No!
 本当よ!

Rachel: I can not believe he would do that to Mon−Whoa! . . Joey, do they know that we know?
 モニカにそんなことするなんて信じられな・・・ちょっと! ジョーイ、あの2人私たちが知ってること知ってるの?

Joey: No.
 いや。

Rachel: Joey!
 ジョーイ!

Joey: They know you know.
 君らが知ってること知ってる。

Rachel: Ugh, I knew it! Oh, I cannot believe those two!
 ああっ! やっぱり! あの2人信じられない!

Phoebe: God, they thought they can mess with us! They're trying to mess with us?! They don't know that we know they know we know! Joey, you can't say anything!
 まぁ! あの2人、私たちをだませると思ったのね! 私たちをだまそうとしてるのね! 私たちが知ってるってあの2人が知ってること私たちが知ってるって、あの2人は知らないわよね。・・ジョーイ、あなた何もしゃべっちゃダメよ!

Joey: Couldn't even if I wanted to.
 しゃべりたくてもしゃべれるか。

《裸のブサイク男さんを訪ねるロス》

Ross: Good evening, sir. My name is Ross Geller. I'm one of the people who applied for the apartment. And I-I realize that the competition is fierce but−I'm sorry. I, I can't help but notice you're naked and . . I applaud you. Man, I wish I was naked. I mean, this-this looks so great. That is how God intended it.
 こんばんは。僕はロス・ゲラーと言います。この部屋をお借りしたくて申し込んでる1人です。競争が激しいそうですが・・・すみません、どうしてもあなたが裸だということに気づいてしまって。(拍手する)称賛しちゃいます。ああ、僕も裸だったらな。素晴らしいです。これこそが神の望まれたことだ。

《モニカ達の部屋:リビングとキッチンでヒソヒソ》

(キッチン)
Monica: Look at them, they're-they're panicked!
 見てあの子達。パニクってるわよ。

Chandler: Oh, yeah, they're totally gonna back down!
 ああ、そうだな。完全に尻込みしてるぞ!

Monica: Oh, yeah!
 そうよ!

(リビング)
Phoebe: All right. All right! If he wants a date, he's gonna get a date. All right, I'm gonna go in.
 よし、いいわ! 彼がデートするっていうなら、デートさせてあげるわよ! よし、行くわよ。

Rachel: All right. Be sexy.
 わかった。セクシーにね。

Phoebe: Please.
 頼むわよ。(チャンドラーのそばへ行く)

(キッチン。モニカは離れる)
Phoebe: So Chandler, I-I'd love to come by tonight.
 それでチャンドラー、今夜ぜひ行きたいわ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Phoebe: Oh, absolutely. Shall we say, around seven?
 ええ、もちろんよ。7時頃でどうかしら?

Chandler: Yes.
 いいよ。

Phoebe: Good. I'm really looking forward to you and me having sexual intercourse.
 よかった。あなたとセックスするのがすごく楽しみだわ。

Joey: Hey-hey, check it out! Check it out! Ugly Naked Guy has a naked friend!
 おいおい、見ろ、見ろ! 裸のブサイク男のところに裸の友達が来てるぞ!(みんな見に行く)

Rachel: Oh, yeah! Oh, my God! That is our friend! It's Naked Ross!
 まぁ、ほんと! きゃあなに?! あれ私たちの友達じゃないの! 裸のロスだわ!!

All: Yeah, it is! Naked Ross!!
 本当だ、裸のロス!

《モニカ達の部屋》

Rachel: Show time!
 ショータイム!

Phoebe: Okay, Rachel, get me perfume!
 オーケー、レイチェル、香水をかけて。

Rachel: Okay!
 オーケー!

Phoebe: And Joey, get me a bottle of wine and glasses?
 それからジョーイ、ワインとグラスちょうだい。

《チャンドラー達の部屋》

Monica: All right, it'll be great! You just make her think you wanna have sex with her! It'll totally freak her out!
 よし、きっとうまくいくわ! あなたはただ、彼女とセックスしたがってると思わせればいいのよ! 彼女をビビらせるのよ!

Chandler: Okay, listen, how far am I gonna have to go with her?
 わかった、けど、どこまでやらなきゃいけないの?

Monica: Relax, she-she's gonna give in way before you do!
 リラックスして。あなたよりあっちが先に尻込みするから。

Chandler: How do you know?!
 なんでわかる?

Monica: Because you're on my team! And my team always wins!
 だってあなたは私のチームだもの! 私のチームはいつも勝つの!

Chandler: At this?!
 これで?

Monica: Just go get some! Go!
 いいから頑張って!(キス)行って!(バスルームに隠れる)

《チャンドラー達の部屋前》

Rachel: Okay, honey, now I'm gonna try to listen from right here!
 いい、私はここで聞いてるからね。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay? Whoa, wait!
 いい? あ、待って。(フィービーの胸のボタンを一つ外す)

Phoebe: Good idea!
 グッドアイデア!

Rachel: Yeah, Oh, wait!
 いいわね。あ、待って(もっと外そうとする)

Phoebe: Oh, now, don't give away the farm!
 あ、ダメよ。全部明け渡しちゃだめ。

Rachel: Okay.
 わかった。

(フィービーがドアをノック、チャンドラーが応える)
Chandler: Phoebe.
 フィービー。

Phoebe: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Come on in.
 入って。

Phoebe: I was going to. Umm, I brought some wine. Would you like some?
 そのつもりで来たのよ。ワイン持って来たわ。飲む?

Chandler: Sure.
 ああ。

Phoebe: So, here we are. Nervous?
 さあ。いよいよね。不安?

Chandler: Me? No. You?
 俺が? いいや。君は?

Phoebe: No, I want this to happen.
 いいえ。これを望んでいたんだもの。

Chandler: So do I. . . I'm gonna put on some music.
 俺もだ。(2人ワインを一気にゴクゴク飲む)何か音楽かけようか。

Phoebe: Maybe, maybe I'll dance for you.
 それじゃ私あなたの為に踊ろうかしら。

Chandler: You look good.
 素敵だよ。

Phoebe: Thanks! You know, that when you say things like that it makes me wanna rip that sweater vest right off!
 ありがと! そんなこと言ってくれると、あなたのそのベストひきちぎりたくなっちゃうわ。

Chandler: Well, why don't we move this into the bedroom?
 それじゃ、寝室へ行こうか?

Phoebe: Really?
 ほんとに?

Chandler: Oh, do you not want to?
 あ、いやなのかな?

Phoebe: No. No! It's just, you know, first, I wanna take off all my clothes and have you rub lotion on me.
 いえ。違うわ! ただ、服をみんな脱いで、あなたにローションを塗ってもらいたいのよ。

Chandler: Well, that would be nice. I'll go get the lotion.
 それはいいね。ローションを取ってくるよ。

《バスルーム》

Chandler: Listen, this is totally getting out of hand! Okay? She wants me to put lotion on her!
 なぁ、もう手に負えないよ。ローションを塗ってくれって言ってるよ!

Monica: She's bluffing!
 はったりよ!

Chandler: Look, she's not backing down! She went like this!
 いや、彼女引き下がらないんだ! こんなんだぞ!(ダンスを真似る)

《チャンドラー達の部屋前》

Phoebe: He's not backing down. He went to get lotion.
 彼引き下がらないわ。ローションを取りに行ったのよ。

Joey: Oh, man! Aren't you guys done yet?! I wanna sit in my chair!
 なんだよ! まだ終わらないの? 自分の椅子に座りたいよ!

Rachel: Joey, look, just look at it this way, the sooner Phoebe breaks Chandler the sooner this is all over and out in the open.
 ジョーイ、こう考えて。フィービーがチャンドラーを打ち負かすのが早ければ早いほど、この秘密も早くオープンになるのよ。

Joey: Ooh!
 おお!

Rachel: Okay!
 そうよ。

Joey: I like that! Oh, okay! Show him your bra! He's afraid of bras! Can't work 'em!
 それはいいね! よし、ブラを見せろ。やつはブラが怖いんだ。逆らえないぞ。(一瞬でボタンを外す)

Phoebe: Wow, you didn’t rip off any buttons.
 ワオ! ボタンを取らずにできたわね。

Joey: It's not my first time.
 いつものことさ。

《チャンドラー達のバスルーム》

Monica: You go back out there and you seduce her till she cracks!
 あっちへ戻って、彼女が折れるまで、誘うのよ!

Chandler: Okay, give me a second! . . Did you clean up in here?
 わかった。ちょっと待って・・・きみここの掃除した?

Monica: Of course.
 もちろん。

《チャンドラー達の部屋:バスルームから出てきたチャンドラー》

Chandler: Oh, you're-you're going?
 (入り口にいるフィービーに)あ、帰るの?

Phoebe: Umm, not without you, lover. . . So, this is my bra.
 あなたなしで行かないわよ、恋人さん。。これが私のブラよ。

Chandler: It's very, very nice. Well, come here. I'm very happy we're gonna have all the sex.
 すごくすごくいいね。来て。君とセックスできてとてもうれしいよ。

Phoebe: You should be. I'm very bendy. . . I'm gonna kiss you now.
 そうでしょう。私はとても体が柔らかいのよ。キスするわよ。

Chandler: Not if I kiss you first.
 俺から先にするよ。

Phoebe: Ooh.
 (かなり接近し)ああ。

Chandler: Well, I guess there's nothing left for us to do but-but kiss.
 じゃあ残るはもう、キスだね。

Phoebe: Here it comes. Our first kiss.
 ついにね。私たちのファーストキスね。

(まねごとのようなキスをしたがチャンドラーがやめる)
Chandler: Okay! Okay! Okay! You win! You win!! I can't have sex with ya!
 もういい!もういい!もういいよ! 君の勝ち、君の勝ちだ! 君とはセックスできない!

Phoebe: And why not?!
 どうして?

Chandler: Because I'm in love with Monica!!
 俺はモニカを愛してるから!(モニカがバスルームから飛び出してくる)

Phoebe: You're-you're what?!
 あなたが、何ですって?

Chandler: Love her! That's right, I…LOVE…HER!!! I love her!! I love you, Monica.
 愛してる! そうだ。彼女を愛してる。彼女を、愛してるんだ!(モニカとハグ)愛してるよ、モニカ。

Monica: I love you too, Chandler.
 私も愛してるわ、チャンドラー。

Phoebe: I thought you guys were doing it, I didn't know you were in love!
 あなた達してるだけかと思ったわ。愛してたなんて知らなかった!

Joey: Dude!
 おい!

Chandler: And hats off to Phoebe. Quite a competitor. And may I say your breasts are still showing.
 脱帽だよ、フィービー。すごかった。言っとくけど、胸がまだ出てるよ。

Phoebe: God!
 きゃ。

Joey: All right! So that's it! It's over! Everybody knows!
 よーし! これで終わりだな! みんなが知ってる!

Monica: Well, actually, Ross doesn't.
 いえ、実はロスが知らないわ。

Chandler: Yes, and we'd appreciate it if no one told him yet.
 そうだ。みんな黙っててくれたらありがたい。

《新しいロスの部屋》

Ross: A new place for a new Ross. I'm gonna have you and all the guys from work over once it's you know, furnished.
 新しい場所で、新しいロスです。家具を入れたら、職場のみなさんを招待しますよ。

Dr. Ledbetter: I must say it's nice to see you back on your feet.
 君が元通りになってくれて、うれしいよ。

Ross: Well, I am that. And that whole rage thing is definitely behind me.
 ええ、戻りましたよ。もうあの憤怒は過ぎ去りました。

Dr. Ledbetter: I wonder if its time for you to rejoin our team at the museum?
 博物館でチームに戻ってもらう時期かな?

Ross: Oh, Donald, that-that would be great. I am totally ready to come back to work. I−What? . . No! Wh… What are you doing?!! GET OFF MY SISTER!!!!!!!!!!!!!
 ああ、ドナルド、そうなればすごくうれしいです。僕はもう復帰する準備ができていますから・・・(窓の外を見て)なに? ・・ダメだ! 何をしてるんだ!! 妹から離れろーーー!!!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

A0W18BxCAAAleoP.jpg-large.jpg
posted by らんち at 01:07| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。