2013年08月27日

5-12 The One With Chandler's Work Laugh

5-12 チャンドラーの仕事笑いの話

 ☆ゴマすりチャンドラー☆

《モニカ達の部屋》

Rachel: Come on, Joey!!!
 ねぇったら、ジョーイ!

Joey: Rach, I told you everything I knew last night! Look, it's not that big of a deal, so Monica and Chandler are doing it.
 レイチ、知ってることは昨日の夜全部話したよ! 大した事じゃないだろ、モニカとレイチェルがやってるってことだよ。

Rachel: I cannot believe you would say that!
 信じられない、そんなふうに言って!

Joey: Sorry. Monica and Chandler are making love.
 悪いね。モニカとチャンドラーが、愛を交わしている。

Rachel: No! I mean, come on! This is a huge deal! Fine I want−I need more details, who-who initiated the first kiss?
 そうじゃなくて! ねえ! これは大ごとよ! いい、もっといろいろ知りたいわ。最初のキスはどっちから?

Joey: . . I don't know.
 ・・知らない。

Rachel: Is he romantic with her?
 2人はロマンチックな関係?

Joey: . . I don't know.
 ・・知らない。

Rachel: Are they in love?
 愛し合ってるの?

Joey: . . I don't know.
 ・・知らない。

Rachel: You don't know anything.
 何も知らないのね!

Joey: Oh, I know one thing!
 あ、一つ知ってるぞ。

Rachel: What?
 なに?

Joey: They did it right there on the couch.
 そのカウチでやった。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Joey: Hey, Ross!
 ヘイ、ロス!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Ross: Yeah. Hey Gunther, can I have a scone please? Wanna hear some good news? Someone I know is getting married! Yeah! And weddings are happy occasions! Oh, by the by it's my ex-wife, Emily!
 ああ。(カウンターへ行き)ガンター、スコーンもらえる?(みんなに)グッドニュース聞きたい? 僕の知ってる人が結婚するんだって! 結婚って幸せなことだよね! ところでそれって、元妻のエミリーなんだ!

All: What? Oh!
 えっ? わお・。

Chandler: Sorry, man.
 つらいな。

Gunther: Here's your scone.
 スコーンですよ。

Ross: Oh, thanks, Gunther. . . STUPID BRITISH SNACK FOOD!!!!!!!
 あ、ありがとう、ガンター。(スコーンを置いて、叩き潰す)アホイギリスおやつ!!!

Chandler: Did they teach you that in your anger management class?
 アンガーマネジメントのクラスでそう習った?

Phoebe: Hey, you know what might help you deal with it? Think of it this way, you and Emily are in the past and you can't be mad about the past. So are you still mad about the Louisiana Purchase?
 ねぇ、それを乗り切る助けになること教えようか? こう思えばいいのよ、あなたとエミリーのことは過去のことよ。過去に対して怒ることはできないわ。ルイジアナ買収に対して今も怒ってる?

(フランス領土だった地域をアメリカが買い上げたルイジアナ買収

Rachel: Pheebs, I don’t think anybody's mad about that.
 フィーブス、誰もそのこと怒ってないと思うわよ。

Phoebe: Exactly! Because it's in the past!
 その通り! 過去のことだからよ!

Joey: Anybody gonna eat that?
 (スコーンを見て)誰かそれ食べる?

《チャンドラーの勤務先のパーティ》

Monica: Look at us all dressed up for the big office party! By the way, what are we celebrating?
 私たちがドレスアップしちゃって会社のパーティに来るなんて! ところで何のお祝い?

Chandler: Oh, we had a lot of liquor left over from the Christmas party.
 クリスマス・パーティでドリンクがいっぱい余ったんだよ。

Monica: I think this is so cool. I mean, none of our friends are here and we can be a real couple. We don't have to hide.
 すごいわよね。友達は誰もいないから、本当にカップルでいられるわ。隠れなくてもいいのね。

Chandler: I know, I can do this.
 そうなんだよ。こんなこともできる(手を繋ぐ)

Monica: Ooh, and I can do this.
 うーっ! こんなこともできる(頬にキス)

Both: We can't do that.
 (べったりくっつきそうになって)これはダメ。

Doug: Hey, Bing! .. Wo-ho-ho, who's the pretty lady and what the hell is she doing with you?
 ヘイ、ビング! おいおい、何だこの美女は、おまえと一緒にいるなんて、いったい何をしてるんだ?

Chandler: I asked myself that very question, sir. Uh, this is Monica. This is my boss, Doug. Doug, this is Monica.
 私もまさしくその質問を自分にしましたよ。モニカといいます。(モニカに)こちら上司のダグだ。(ダグに)ダグ、こちらモニカです。

Monica: Hi, nice to meet you!
 どうも、お会いできて嬉しいです。

Doug: Hi! And this is my wife, Kara.
 どうも。こちら妻のカーラだ。

Kara: Nice to meet you, Monica. Bing!
 会えて嬉しいわ、モニカ、ビング!

Doug: Say uh, Bing, did you hear about the new law firm we got working for us?
 ところでビング、新しく契約した弁護士事務所のこと聞いたか?

Chandler: No, sir.
 いえ、聞いてないです。

Doug: Yeah, Dewey, Cheatum & Howe.
 デューイ、チーテムとハウだ!(チャンドラーはウソ爆笑する)

DeweyCheatumHowe.jpgDewey, Cheatum & Howe = Do we, cheat them, and how!  やつらをどうやってだまそうか!
 架空の弁護士事務所、会計士事務所のギャグ名)


Doug: Come on, honey, let's go drink our body weight.
 行こう、ハニー、浴びるほど飲むぞ。(2人立ち去る)

Monica: What was that?
 今のはなに?

Chandler: What?
 何が?

Monica: That noise you just made?
 今のあなたの出した声よ。

Chandler: Oh, that was my work laugh.
 ああ、あれは俺の仕事笑いだよ。

Monica: Really? Your work laugh?
 本当? 仕事笑い?

Chandler: Oh, believe me, to survive this party, you're gonna have to come up with one too.
 ああ、ホント、このパーティを乗り切ろうと思ったら、君もこれを身につけないと。

Monica: All right, check me out.
 わかった。見てて。

Chandler: Okay.
 オーケー。

(ダグの背後に近寄るモニカ)
Doug: …says "$30 Father; same as in town."
 「30ドルなら町と同じですよ」ってね。

(モニカは派手にウソ笑いをし、チャンドラーは抑えるように合図)

《セントラルパーク》

Chandler: Hey! Everybody at work loved you last night!
 ねぇ! 昨日会った職場のみんなが君のことすごく気に入ってるよ。

Monica: Really?
 ほんと?

Chandler: And! They like me more just because I was with ya! I think you repaired a lot of the damage from when they met Joey. And Doug wants us to play tennis with them. He's never even talked to me outside of work. Except for that time when we bumped into each other at that strip club. . . Strip church. Anyway, I'm gonna go try and find a racquet.
 それに、君と一緒にいたから、俺まで人気が上がったよ! ジョーイと会った時のダメージを回復したと思うな。ダグが、一緒にテニスしようってさ。これまでは、仕事以外で話しかけてこなかったんだぞ。ストリップ・クラブでバッタリ会った時以外はだけど・・(睨まれ)ストリップ・・チャーチ。とにかく、ラケット探し出さないと。

Monica: Hey, I thought you already had one.
 あら、あなた持ってると思ったけど。

Chandler: Oh, I used to, but then Joey thought it would be fun to go to Central Park and hit rocks at…bigger rocks. . . Hey, Rach, do you have a tennis racquet?
 ああ、前はね。でも、ジョーイがセントラルパークに行って石を打って大きな石にぶつけたらおもしろいだろうって・・・(出て行こうとしてレイチェルに出会う)やぁ、レイチ、テニスラケット持ってない?

Rachel: Oh, you know, I lent it to Joey and I never actually got it back.
 ああ、ジョーイに貸してから戻ってきてないの。

Chandler: Okay, good luck with that.
 そうか、幸運を祈るよ。(出て行く)

Rachel: Hey!
 (モニカに)ヘイ!

Monica: Hi!
 ハーイ!

Rachel: What's up?!
 元気?

Monica: What are you doing here? I thought you had to do inventory all day.
 ここで何してるの? 今日は一日棚卸しじゃなかったの。

Rachel: Well, yeah, I do, but I decided to take a long lunch and spend some time with my friend Monica. You know I-I feel that we don't talk anymore. How are you? What is new with you?
 ええ、そうなの。でも長いランチをとって、友達のモニカと過ごしたいなと思ったのよ。最近話してないじゃない。どうなの? 最近なにかあった?

Monica: Uhh, not much. Uh, work's good.
 あー、別に・・仕事は順調よ。

Rachel: Oh, you know what, we don’t have to talk about work. We can talk about anything!
 あら、仕事のことじゃなくてもいいのよ。何でも話していいんだから!

Monica: Okay. Umm…
 そう、えーっと・・

Rachel: Hey! You know what? Let's talk about relationships!
 そうだ! ねぇ、恋愛関係について話しましょうよ!

Monica: Okay, what's going on with you?
 オーケー、あなた最近どうなの?

Rachel: Nothing! You go!
 何もない! あなたは?

Monica: Well, I-I−there was this guy at the bank that I thought was cute umm, but I don't anymore.
 そうね、銀行にキュートだなって思う子がいたけど、今はそうでもない。

Rachel: Wow, that's uh, juicy. Umm, you know what though Mon, I actually do have a lot of work to do so if-if−are you sure there's just not anything else?
 ワオ。それは色っぽい話ね。あー・・やっぱりモン、私仕事がいっぱいだから・・本当に何も話すことない?

Monica: Yes, I'm sure! Rachel, is there something that you want to talk me about?
 ええ、ないわよ。レイチェル、何か話したいことがあるの?

Rachel: No! . . If there was I wouldn't tell you.
 ないわ! (立ち上がり小声で)あっても話さない。

《チャンドラー達の部屋:ダックと話すフィービー》

Phoebe: Okay, then what happened?. . . Ohh. Uh-huh. Uh-huh. . You'll get your turn!
 (クワッ)オーケー、それからどうなったの?(羽ばたき)あああ! ふんふん、なるほど。(チックが鳴く)あなたは後で!

Ross: Hey, Pheebs, what's going on?
 (バスルームから来て)ヘイ、フィーブス、どうかした?

Phoebe: Nothing. . . This is not over!
 何でもないわよ。(チックに)まだ終わってませんからね!

Ross: No! No! No!
 ウソ、ウソ!

Phoebe: What?!
 なに?

Ross: I was up all night writing this really nasty letter to Emily! It was perfect and now it's all covered in-in… Actually, thanks!
 一晩中かかってエミリーにすごく嫌味な手紙を書いたのに! 完璧だったのに、そこにしちゃって・・・(ダックに)いや、ありがとう!

Joey: All right! Everybody ready to go to the movies?
 (自室から来て)よし! みんな映画に行く準備できたか?

Ross: Uh actually, I think I'm gonna skip it.
 ああ、僕はやめとくよ。

Joey: Really?
 ほんとに?

Ross: Yeah, I'm gonna stay and read my book. I just wanna be alone right now.
 ああ、ここにいて、本でも読むよ。今は1人でいたいんだ。

Joey: Oh. Are you sure you don't want to come? Tom Hanks, Meg Ryan, they get mail and stuff.
 そうか。本当に行かなくていいのか? トム・ハンクスとメグ・ライアンがメールとかするんだぞ。

(You've got mail ですね)

Ross: That's okay, Joe.
 いいよ、ジョー。

Joey: All right, let's go, Pheebs.
 そうか、じゃ行こう、フィーブス。

Ross: Oh, God!
 (忘れて封筒をなめてしまい)うわっ!

《テニスコート》

Doug: Bing!
 ビング!

(チャンドラーが返した次、モニカが激しく打ち返した球がカーラの足に当たる)
Kara: Oww!!
 イタ!

Monica: Game!
 ゲーム!

Doug: Well, I gotta tell ya, Bing; that partner of yours is a real tiger. . Are you all right, sweethart? . . We're, we're just gonna get a little sip of water.
 ビング、言わせてもらうが、君のパートナーは強者だな。(妻に)大丈夫か?・・ちょっと水を飲むよ。(休憩に行く)

Monica: Am I on fire today or what?! Those birds are browned, basted, and ready to be carved!
 私、今日絶好調よね! あの人達黒こげで、ボロ負けで、もうすぐ粉々ね!

Chandler: Okay, easy, Martina. I think we should let them win the next game.
 落ち着け、マルチナ。次は彼等を勝たせてやらないと。

Monica: I'm sorry, I don't understand what you just said.
 ごめん、今言った意味がわからなかった。

Chandler: Let them win one.
 彼等を勝たせるんだよ。

Monica: Are you crazy?! We own those two! I mean look at them, he can't breath and she's popping pills.
 狂っちゃったの? ゲームはこっちのもんじゃないの! 見てごらんなさいよ、彼は息があがってるし、彼女は薬飲んでるわよ。

Chandler: You're not even giving them a chance!
 チャンスもあげないのか!

Monica: They have racquets don't they?!
 あの人達だってラケット持ってるじゃないの!

Doug: Uh Bing, I think we're gonna make this the last game.
 ビング、次で終わりにしよう。

Chandler: Oh, yes, sir! Put me out of my misery. Are you sure you never played pro? . . . Please let them win!
 ええ、了解ですよ! この悲惨な状態から救ってくださいよ。本当にプロとしてプレイしたことない? (モニカに)頼むからあっちを勝たせて!

Monica: I'll take it down to 95% but that's the best I can do.
 95%にセーブするわ。それが精一杯よ。

Chandler: Oopsey, missed it!
 (球を受け損なう)おっと、のがした!

Monica: I got it!
 取るわ!(ダグ達は取れず)

Doug: Nice shot.
 ナイスショット!

Monica: I got it!!
 (次のボールを)取るわよ!

Chandler: Long!
 (モニカの前に出て悪い返球をする)ローング!

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが帰ってくる》

Monica: I can't believe you let them win!
 勝たせるなんて信じられない!

Chandler: Yeah, at least you hid your feelings well about it.
 ああ、少なくとも君は気持ちをじょうずに隠してくれたよね(壊れたラケットを出す)

Monica: I was frustrated.
 いらついたもの!

Chandler: It was my racquet.
 これは俺のラケットだったのに。

Monica: I was frustrated with you!
 あなたにいらついたんだもの!

Chandler: If we hadn't lost the game, they never would've invented us to dinner tomorrow night.
 ゲームに負けなかったら、明日のディナーには招待されなかったよ。

Monica: You know what really bothers me? Is−it's how-how different you act around them! I mean, you know, the throwing the tennis games, the fake laugh, the "See you later, Bing!" "Not if I see you first, Doug!" I gotta tell you, I don't like Work Chandler. Okay? The guy's a suck-up.
 何がイヤって、あの人達のそばにいるとあなたが全然違う人ってことよ! テニスは負けてやるし、ウソ笑いはするし。「またな、ビング!」「会いたくないですけどね、ダグ!」アハハハハー! って。 言わせてもらうけど、仕事のチャンドラーって好きじゃないわ。ごますりよ。

(not if I see you first = "see you later" と言われたが、こっちが先に見つけたら逃げるので、会わないよ。ということ)

Chandler: Okay, you know what, because you said that, I'm not putting out tonight.
 そうか、そういうんだったら、今夜はしてあげないからな!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイと女性3人》

Monica: I'm telling you, something's wrong! My brother does not stay out all night.
 絶対なにかおかしいわよ! 兄が一晩中帰ってこないなんてことないもの。

Joey: Maybe we should check the trash chute.
 ダストシュートを見てみるか。

Rachel: Ross couldn't fit down the trash chute.
 ロスはダストシュートを通れないわよ。

Joey: That's right, he almost could. Which is exactly how I got stuck there.
 その通り、ほとんど無理。だから、俺はつまったんだ。

(ロスが帰る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Rachel: There he is!
 来たわ!

Monica: Oh, my God! .. Where the hell have you been?!!
 オーマイゴッド! いったいどこ行ってたのよ!

Ross: Just, you know out.
 ただ・・外だよ。

Rachel: Ohh, out, oh God, I don't know why we didn't think to check there!
 ああ、外ね! そうか! どうして外を見てみなかったのかしらね!

Phoebe: What were you doing?
 何してたの?

Ross: I uh, went to a bar. And then I just uh, just walked around for a while.
 バーに行ったんだよ。それから・・えー・・ちょっと歩き回ってたんだ。

Rachel: You walked around all night in the city by yourself?
 一晩中1人で歩き回ってたの?

Joey: He hooked up! He hooked up with someone.
 誰かと会ったな! 誰かと出会ったんだ!

Ross: Look, I don't have to answer your questions! Okay? I'm a big boy, I can do whatever I want!
 いい、そんなのに答える必要はないよね! いいかい、僕はオトナなんだから、したいことをしていいんだ!

Joey: He hooked up!! Tell us about her!
 誰かと会ってた! 話せその相手のこと!

(突然ドアが開き、ジャニスが現れる)
Janice: Ross, you left you scarf in. . . Hey, you guys.
 ロス、マフラーを忘れて・・・ハーイ、みんな。(笑)

《チャンドラー達の部屋:呆然となるみんな》

Janice: Uh-oh-okay. Uh-oh-okay. I know what you all are thinking. But Chandler is in Yemen! I'm a young woman! I have needs! I can't wait forever!
 え・・と、ね、あー、ええ、みんなが何を考えてるわかるわ。でも、チャンドラーはイエメンなのよ! 私は若い女性よ!待ってられないわ! 永久に待つことは無理よ!

Rachel: Yeah! No, that's what I was thinking.
 そうよね! その通り。

Janice: So I'm asking you please, just take a moment before you judge me.
 だからお願いよ、私を批判する前に、ちょっと考えてみてね。

Phoebe: Oh, nobody's judging you.
 いいえ、誰もあなたを批判してないわよ(ロスを睨む)

Janice: Oh! Okay! You, Mister Right Place at the Right Time, call me!
 ああ、オーケー! (ロスに)あなた、ちょうどいいところへ、ちょうどいい時にきたあなた、電話ちょうだいね!(去る)

Ross: Okay, look, I know what you guys are going to say…
 聞いて、君たちが言おうとしてることはわかるよ・・

Phoebe: You two will have very hairy children.
 あなた達すごく毛深い子供ができるわよ。

Ross: Okay, I didn't know you would say that.
 そうか、そう来るとは思わなかかったよ。

Rachel: Ross! Janice?!
 ロス! ジャニス?!

Joey: All right, hold on! Hold on. Hold on. This is Ross, okay? He's our friend. He obviously went crazy. He obviously lost his mind.
 よし、ちょっと待て、ちょっと待てちょっと待て。これはロスだ。いいか? 彼は俺たちの友人だ。どうやらおかしくなってしまったようだ。どうやら、自分を見失っている。

Ross: I didn't lose my mind! Okay, Janice and I have a lot in common! We've-we've both been divorced. We-we both have kids.
 見失ってなんかいないよ! いいかい、ジャニスと僕とは共通点がいっぱいあるんだ! 2人とも離婚してるだろ。2人とも子供がいる。

Phoebe: So are you actually gonna see her again?
 それじゃあなた実際、また彼女に会う気なの?

Joey: Phoebe! Don't put ideas in his head!
 フィービー! 変な考えを吹き込むな!

Ross: I am gonna see her again.
 また彼女に会うつもりだよ。

Joey: Damn it Phoebe!!
 ほら、フィービー!!

《モニカ達の部屋:モニカ1人、レイチェルが来る》

Rachel: Okay, I have to tell you something that I have never admitted during our entire friendship! But, when we were in high school I made out with James Farrell even when I knew that you liked him! Wow, that feels so good to get off my chest! Okay, you go!
 これまでずっと認めなかったけど、でも言いたいことがあるわ。高校の時、あなたが好きってこと知ってたけど、ジェイムス・ファレルとキスしたの! ワオ! 胸のつかえがスーッキリしたわ! はい、あなたの番!

Monica: My turn? What-what are you talking about?
 私の番? 何の話?

Rachel: Ugh, Monica, I know about you and Chandler.
 もう、モニカ、私、あなたとチャンドラーのこと知ってるのよ。

Monica: What?!
 なんですって?

Rachel: I overheard you guys on the phone the other day, and you said, "I'll just tell Rachel that I'm doing laundry for a couple of hours." And he said, "Laundry? Is that my new nickname?" And you said, "No! You know what your nickname is, Mr. Big."
 この前、あなた達の電話聞いちゃったのよ。あなたが、「レイチェルには、2時間ぐらいお洗濯に行くって言うわ」って言って、そしたら彼が、「洗濯? それって俺の新しいニックネーム?」って言って、あなたが言ったのよ。「違うわよ、知ってるでしょ、あなたのニックネームはミスター・ビッグ」

Monica: Well. Sounds like you're writing yourself a little play there Rach. Wow! Let me know how that one turns out.
 まぁ、あなたったら、自分でお芝居書いてるみたいね、レイチ。ワオ! どうなるのか教えてね。

Rachel: Well, I wouldn't know because I got so freaked out that I hung up the phone.
 わからないわよ。すごいパニクって電話切っちゃったんだもの。

Monica: Well, if you had kept listening, you-you would have heard me call him Mr. Big……ot.
 もし切らずに聞いてれば、私が何て言ったか聞けたのに。彼のこと、こう言ったのよ、ミスター・ビ・・・ゴット。

(bigot = 政治、人種などに関して偏狭な人)

Rachel: What?!
 え?

Monica: Mr. Bigot. He tells the most racist jokes.
 ミスター・ビゴット。すごい人種差別的なジョークを言ったのよ。

Rachel: All right. So that's it. You're telling me that there is nothing going on between you and Chandler.
 そうなの。そういうこと。あなたとチャンドラーの間には何もないっていうのね。

Monica: Me and Chandler?!
 私とチャンドラーが?(ウソ笑いをする)

《チャンドラー達の部屋:ジョーイとフィービー》

Joey: All right, put your 20 bucks down. First one to find the tasty treat wins. Okay?
 よし、20ドルを置いて。先におやつを見つけた方が勝ちだ、いい?

Phoebe: Uh-hmm.
 うん。

Joey: All right. Let's get the contestants out of their isolation booths. . . And they're off!
 よし。競技者達を隔離ブースから出します。(ダックとチックにかぶせていたカゴをあげる)出ました!(チックの動きを阻止しようとする)

Phoebe: Get your foot off my contestant! Judge!
 私の競技者から足を離して! 審判!!

Joey: Judge rules, no violation.
 審判の判定、違反なし。

Phoebe: Ohhh.
 おー。

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys!
 やぁ。

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Yeah!
 おお。(2人とも振り返らない)

Ross: You know what? It's so weird to say this, but I just had a great date with Janice!
 ねぇ、こんなこというのすごく変だけど、でもジャニスとのデートすごく楽しかったよ。

Joey: What?!
 (2人とも振り返って)えっ?!

Phoebe: Are you serious?!
 本気で言ってる?

Ross: Yeah! I opened up to her about all the terrible stuff that's been happening to me. I mean, I talked for hours. It is amazing to have someone give you such-such focused attention.
 ああ! 彼女に打ち解けて、僕に起きたひどいことをいろいろ話したんだ。何時間も話したよ。あんなに一生懸命聞いてもらえるなんて、すばらしいことだよ。(ジョーイがダック達を見始める)

Phoebe: You don't need Janice for that, you've got us. We…
 そんなのジャニスじゃなくなって、私たちがいるじゃない。私たち・・

Joey: And the duck gets the Nutter Butter!
 ダックがナターバターを見つけた!

images.jpg

Phoebe: No!! Hey-hey, that's not a Nutter Butter, that's just an old Wonton!
 うそっ! ちょっと、それはナターバターじゃないわよ。それ古いワンタンよ!

Joey: Judge rules, Nutter Butter.
 審判の判定、ナターバター!

Phoebe: Ohh, tough call.
 ああ、厳しいわね。

Joey: Yeah.
 ああ。(ロスはあきれて出て行く)

《ダグの家でのディナー後》

Doug: But seriously, I strongly believe that we should all support President Clinton. And her husband, Bill.
 いや本当、みんなクリントン大統領を支持すべきだと思うね。それと夫のビルをね。(笑)

Kara: So how do you kids like your coffee?
 それじゃ、あなた達、コーヒーのお砂糖とかは?

Monica: Oh, none for me. Thanks.
 あ、私は結構です。ありがとう。

Chandler: Just a little bit of sugar.
 少し砂糖をいれます。

Doug: Well, maybe I'll bring it out and have Monica stick her finger in it. That oughta sweeten it up, huh?
 ま、持ってきたコーヒーにモニカが指を入れればいいんじゃないか。それで甘くなるだろ、な?(夫妻はキッチンへ行く)

Monica: How does that laugh not give you a headache?
 あの笑いでよく頭痛くならないわね。

Chandler: Oh, you get used to it.
 ああ、慣れだよ。

Monica: You know, I-I-I don't think that I can. So if you don't mind, maybe this will be it for me on the work things.
 私には無理だわ。もうお仕事関係はこれっきりってことでいいかしら。

Chandler: So I laugh at my boss's jokes, what's the big deal?
 上司の冗談を笑ってるだけじゃないか。それがどうだっていうの?

Monica: I'd rather not hang out with a sniveling work weasel guy when I can be hanging out with my boyfriend who I actually respect.
 ウソ笑いしてるゴマすり男と出かけたりしてないで、尊敬できるボーイフレンドと一緒にいた方がいいもの。

Chandler: Oh.
 あぅ。

(ダグが来る)
Doug: Uh, I gotta apologize for Kara's coffee. You know, I feel sorry for it if it ever got in a fight, it's not strong enough to defend itself. . . Did you hear what I said, Bing?
 カーラのコーヒーのこと謝るよ。もしケンカになっても勝てるほど強くないんで申し訳ないよ。(チャンドラーが笑わないので)今言ったの聞こえなかったか、ビング?

Chandler: What?
 え?

Doug: The joke, Bing. What's the matter with you?
 ジョークだよ、ビング。どうしたんだ?

Chandler: Well, I-I just didn't think it was funny sir.
 いや、おもしろいと思わなかったんですよ。

Doug: Excuse me?
 なんだって?

Chandler: Well, I just…
 僕はただ・・

Monica: Honey, I just don't think that you understood the joke.
 ねぇ、あなたジョークがわからなかったんじゃないの。

Chandler: Really?
 ほんと?

Monica: Yeah! I mean it was really funny, I-I just don't think you got it. You see, Kara's coffee is-is-is weak tasting, okay? But-but what Doug was-was imply that it was weak physically. You get it now, honey?
 そうよ! 本当におもしろかったわよ。あなたわからなかったのね。カーラのコーヒーは風味が弱いってことよ、ね? ダグはそれを肉体的に弱いって言ったのよ。もうわかったんじゃない?

Chandler: I think I do! . Thank you, Monica.
 わかったよ!(笑い)ありがと、モニカ。

Monica: I thought you could use the help.
 説明すればわかると思ったわ。

Chandler: Coffee in a fight!
 コーヒーがケンカだなんて!(2人ともウソ笑い)

《モニカ達の部屋:レイチェル1人、ジョーイが来る》

Joey: Hey, Rach! Hey, you mind if I read my comic books in here?
 やぁ、レイチ! ここで本読んでもいい?

Rachel: Sure! Why?
 ええ! なんで?

Joey: Oh, well, Chandler and Monica are over there and it's kinda hard to concentrate.
 ああ、チャンドラーとモニカがいるんで、集中できないんだよ。

Rachel: What?! She just called and said that she was gonna be working late! She keeps lying to me! That's it! You know what? I'm just gonna go over there and confront them right now!
 えっ? 彼女仕事で遅くなるって電話してきたくせに! ウソをつき続けるつもりね! もういいわ! 今すぐあっちへ言って、立ち向かってやるわ!

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーの部屋から声が聞こえる》

Chandler: All right, so you're telling me that I have to tell racist jokes now?!
 それじゃ、俺は人種差別的なジョークをいわなきゃらなないっていうこと?

Monica: Sorry! I'm just−I'm not very good at this! I'm a terrible liar and I hate having to lie to Rachel!
 ごめん! でもこういうの苦手なのよ。ウソつくのヘタだし、レイチェルにウソつくのイヤなの。

Chandler: But we're not ready to tell yet!
 でも俺たちまだ話せる段階じゃないよ。

Monica: I know! It's just that…ever since high school Rachel was the one person I told everything to. You know? I miss that so much now. She's my best friend.
 わかってる。ただ、高校の時からレイチェルには何でも話してきたのよ。それが恋しいわ。親友なのよ。

(立ち聞きしていたレイチェル、そっとしておこうと決めて立ち去ろうとしてライトを落とす)
Monica: Joey?! Oh, my God, Rachel!
 (寝室から飛び出してきて)ジョーイなの? まぁ、レイチェル!

Rachel: Hey! Hi!
 あら、ハーイ!

Monica: Wh-wh-what are you doing here?
 ななな、何をしてるの、ここで?

Rachel: Well, I was actually−I-I came over here to-to borrow this lamp. To umm, look at my books, you know, see them a little better.
 私実は・・私このライトを借りに来たのよ。ほら、本を見るためにね、ちょっとはよく見えるでしょう。

Monica: Okay, great!
 そうか、いいわね!

Rachel: Yeah!
 ええ!

Monica: Great! Umm, well what-what I was doing in Chandler's room is that umm, I was cleaning it! In fact, he pays me to clean it!
 いいわね! えーっと、私がチャンドラーの部屋で何をしてたかっていうと、私、掃除してたのよ! 実は、彼がお金払ってくれるの!

Rachel: Oh! What a great way to earn some extra pocket money.
 まぁ! いいおこづかい稼ぎになるわね!

Monica: You know, when I said to you earlier that I was at work umm, I'm at my new work.
 さっきあなたに仕事で遅くなるっていったけど、この仕事のことなの!

(字幕では "I'm at my new work." ですが、これって、"I meant my new work." じゃないのかなぁ? 何度も聞いてみたけどわかりませんでした)

Rachel: That's good enough. Right? . . Okay, well umm, I'm gonna go look at my books!
 それはいいわね! ね? それじゃ、もう行って本を見るわね!

Monica: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: I'll get back to my new job.
 じゃあ新しい仕事に戻るわね。

Rachel: 'Kay. . . Congratulations on your new job.
 オーケー・・・(ハグして)新しい仕事おめでとう!(出て行く)

(チャンドラーが来て)
Chandler: Man, she is really gullible.
 なんと。彼女だまされやすいな。

《セントラルパーク:ロスとジャニス》
Gunther: Here you go.
 はいどうぞ。

Ross: Thanks!
 ありがと!

Janice: Actually, I should get going.
 実は私もう行かないと。

Ross: You're sure? Because I can stay out as late as you want. I told you how I'm on sabbatical from work, right?
 本当に? 僕は君の好きなだけいられるんだよ。仕事で休息を取ってるってことは言ったよね?

Janice: Yes! Yes! You did!
 ええ! ええ! 聞いたわ!

Ross: Oh, man!
 ああ、もう!

Janice: What is wrong now?!
 今度はなに?

Ross: This isn't what I ordered! Man! Can anything go right in my life?! First my marriage falls apart and then…
 これ僕の頼んだものじゃないよ! もう! 僕の人生って何もかもがうまくいかないのか?! 結婚はダメになるし、それから・・

Janice: I know! I know! And then you lose your apartment! And then you lose your job! And then your ex-wife gets married so fast! And now the coffee−ahh!! Ross, we need to talk.
 知ってる! 知ってるわ! それからアパートを出なきゃらななくなったのよね! それから仕事を失くした! そして元妻がこんなに早く結婚する! そして今度はコーヒー! もう! ロス、話たいわ。

Ross: Okay. Sometimes I feel…
 わかったよ。時々僕は・・

Janice: No-no-no, don't. I'm going to talk. I believe that the sun has set on our day in the sun.
 いえいえ、やめて。私が話すの。私たちの過ごす日々の太陽は沈んだと思うわ。

Ross: Huh?
 へ?

Janice: You're a very sweet person, Ross, umm, unfortunately I don't think I can take another second of you whining!!
 あなたはとっても優しい人よ、ロス、でも残念だけど、私もうこれ以上、あなたの愚痴を聞くことはできないのよ!

Ross: Let-let me make sure I'm hearing this right, you're ending this with me because I'm too whiney? . . So you're saying, I've become so whiney that I annoy you, Janice.
 ちょっと、確認させて。僕があまりにも愚痴っぽいから、このつきあいを終わらせようとしてるってこと? つまり、僕があまりにも愚痴っぽくて、君にうるさくしてるっていうの、ジャニスを?

Janice: Well, yeah!!
 ええ、そうよ!

Ross: OH…MY…GOD!!
 オーマイゴッド!!

Janice: Are you gonna be okay?
 大丈夫?

Ross: I am now.
 もう大丈夫だよ。

Janice: Okay.
 オーケー・・(立ち上がる。ジョーイが来る)

Joey: Umm, hi.
 あー・・やぁ。

Janice: Oh, hi! Well, I guess that's two out of three, Joey.
 あら、ハーイ! 3人のうち2人ね、ジョーイ!(笑って出て行く)

《チャンドラーの部屋》

Ross: Dude, we got to talk.
 な、話があるんだけど。

Chandler: Okay.
 なに。

Ross: I just wanted to tell you something before you heard it from someone else and I hope this isn't too weird, but uh, I had uh, a thing with Janice. . . What, you're-you're not mad?
 誰か他の人から聞く前に自分で言いたいんだけど、おかしな感じだろうけど・・ジャニスとちょっと、あったんだ。(チャンドラーが笑う)なに、怒らないの?

Chandler: Why would I be mad?
 なんで怒るんだ?

Ross: Well, because you know there are certain rules about this kind of stuff. You don't uh, you don't fool around with your uh, friend's ex-girlfriends or possible girlfriends or girls they're related to.
 こういうことにはルールがあるだろう。友達の元彼女、彼女になりそうだった子、それとか姉妹とかの関係のある子とは、遊ばないっていうルールがさ。

Chandler: I am mad! But you know what I'm gonna do? I'm gonna forgive you! Because that's what friends do! They forgive their friends when they do everything you just said, all on the list there. Well, but I want you to remember that I forgave you.
 怒ってるとも! でも俺がどうするか? 俺はおまえを許す! なぜなら、それが友達だからだ! おまえが今言ったリストのどれをしても、友達なら許す。でも、許したということを覚えておいてほしい。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Chandler: I also want you to remember that I let you live here rent free!
 それと、ここに無料で住まわせてあげてることも覚えておいてほしいな。

Ross: All right.
 わかった。

Chandler: And, I want you to remember that I gave you twenty . . seven dollars. No strings attached. Now, if you can't remember that, I think we should write it down−let's write it down!
 それから、これも覚えておいてほしいな、27・・ドルあげるから。何も下心なし! 覚えていられないといけないから、書いておこうか。メモしておこう!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:03| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。