2013年08月26日

5-11 The One With All The Resolutions

5-11 新年の抱負の話

 ☆新年の誓い☆

《モニカ達の部屋の新年パーティ》

Jay Leno: Is there any entertainment there? What are people doing?
 (TV)そちらでは何か楽しんでる? みんな何をしてるのかな?

Joey: All right! Here we go! 1999! The year of Joey!
 よぉし! 行くぞ! 1999年だ! ジョーイの年だぞ!

Chandler: We're very happy for you.
 よかったな。

Joey: What's the matter?!
 どうしたんだ?

Chandler: We wanted to kiss at midnight, but nobody else is going to so you know…
 真夜中にキスしたいんだよ。でも、誰もキスしないだろ、だから・・

Joey: All right, I'll take care of it.
 わかった。なんとかしてやる。

Monica: Oh, no, wait! Joey!
 いえ、待って、ジョーイ!

Ross: 33! 32! 31!
 33! 32! 31!

Joey: Ross! Ross! Ross, listen! Who are you kissing at midnight, huh? Rachel or Phoebe?
 ロス! ロス! ロス、聞いてくれ! 夜中に誰とキスする? レイチェルかフィービーか?

Ross: What?
 は?

Joey: Well, you gotta kiss someone, you can't kiss your sister.
 誰かとキスしなきゃ。妹とキスはできないだろ。

Ross: Well, who's gonna kiss my sister?
 誰が妹にキスするんだ?

Joey: Chandler.
 チャンドラー。

Ross: Awww, man! Really?
 なんだって! ほんと?

Joey: Dude-dude, who would you rather have kiss your sister, me or Chandler?
 おいおい、俺かチャンドラーのどっちがキスしてほしい?

Ross: That's a good point.
 あ、そうか。

Joey: Yeah.
 だろ。

Ross: Oh, well, since I have that whole history with Rachel, I guess Phoebe.
 レイチェルとは前のことがあるから、フィービーだな。

Joey: Okay, great!
 よし、わかったよ。

Ross: All right.
 そういうことで。

Joey: Pheebs! Pheebs! Ross wants to kiss you at midnight!
 フィーブス! フィーブス! ロスが夜中に君にキスしたいって!

Phoebe: It's so obvious, why doesn't he just ask?
 まぁわかりきったことだわ。言ってくれればいいのに。

Joey: Rach! Rach! Listen, I'm gonna kiss you at midnight.
 レイチ! レイチ! ね、俺、夜中にキスするから。

Rachel: What?!
 え?

Ross: Well, everyone's gotta kiss someone. You can't kiss Ross you got the history.
 みんな誰かにキスするんだ。ロスにはキスできないだろ。

Rachel: So?
 それで?

Joey: So? Who would you rather have kiss you, me or Chandler?
 それで? 俺とチャンドラーとどっちとキスしたい?

Rachel: Oh, good point.
 ああ、そうか。

Joey: Yeah!
 だろ!

All: 3! 2! 1! HAPPY NEW YEAR!!
 3! 2! 1! ハッピー・ニュー・イヤー!

Chandler: Happy New Year!
 (モニカに)ハッピー・ニュー・イヤー!

Monica: Happy New Year.
 ハッピー・ニュー・イヤー!

Ross: Happy New Year, Pheebs!
 ハッピー・ニュー・イヤー、フィーブス!

Phoebe: You too!
 あなたもね!

Rachel: Happy New Year, Joey!
 (ジョーイに)ハッピー・ニュー・イヤー!

Joey: So did that do anything for ya?
 キスよかった?

《モニカ達の部屋:みんな帰った後の6人》

Ross: You know what? I'm gonna go out on a limb and say no divorces in '99!
 いいかい、思い切って言うよ、'99年は離婚しないぞ!

Rachel: But your divorce isn't even final yet.
 でもあなたの離婚まだ成立してないでしょ。

Ross: Just the one divorce in '99! You know what, I am gonna be happy this year. I am gonna make myself happy.
 '99年は1回しか離婚しないぞ! 今年は幸せになるんだ。自分で自分を幸せにしてやるんだ。

Chandler: Do you want us to leave the room, or?
 俺たちに出てってほしいとか?

Ross: Everyday I am gonna do one thing I have never done before. That, my friends, is my New Year's resolution.
 毎日、したことのないことをするぞ。これが、僕の新年の抱負だ。

Phoebe: Ooh! That's a good one! Mine is to pilot a commercial jet.
 ああ! それいいじゃない! 私は商用ジェット機を操縦するわ。

Chandler: That's good one too, Pheebs. Now all you have to do is find a planeload of people who's resolution is to plummet to their deaths.
 それもいいじゃないか、フィーブス。あとは、まっさかさまに落ちて死ぬっていう抱負の人を、飛行機いっぱい見つけてくるだけだな。

Phoebe: Maybe your resolution should be not to make fun of your friends, especially the ones who may soon be flying you to Europe for free on their own plane.
 あなたの新年の抱負は、友達のことからかわないってことがいいんじゃないの。特に、ヨーロッパまでの飛行機にただで乗せてくれる友達のことをね。

Monica: She has a better chance of sprouting wings and flying up your nose than you do of not making fun of us.
 彼女が羽を生やしてあなたの鼻を飛び上がってくる方が、あなたが私たちをからかわないってことよりまだ可能性があるわよね。

(May the Bird of Paradise Fly up Your Noseという歌があります。長くなるので、最後に載せます)

Ross: In fact, I'll bet you 50 bucks that you can't go the whole year without making fun of us. Eh, you know what, better yet? A week.
 ほんと、君が1年間、僕たちをからかわずにいられたら、50ドル払うよ。いや、もっとだな、1週間だ。

Chandler: I'll take that bet, my friend. And you know what, paying me the 50 bucks could be the "new thing you do that day!" . . And it starts right now!
 その賭け乗るよ。50ドル俺に払うってのが、その日におまえがやる新しいことになるよ! (もうからかったので50ドル催促の手を出すロス)今この瞬間から始める!

Joey: All right, my New Year's resolution is to learn how to play the guitar.
 よし、俺の新年の抱負は、ギター演奏を習うことだ。

Ross: Ohh.
 おお!

Phoebe: Really?! How come?
 本当? どうして?

Joey: Well, you know those special skills I have listed on my resume? I would love it would be great if one of those was true.
 ほら、俺の経歴書に載せてる特技の欄あるだろ? あれのうち一つでも本当だったらいいだろうなと思ってさ。

Phoebe: Do you want me to teach you? I'm a great teacher.
 教えてあげましょうか? 私はすごくいい教師よ。

Joey: Really? Who-who have you taught?
 ほんと? 誰に教えた?

Phoebe: Well, I taught me and I love me.
 私に教えて、私は大好きだもの。

Joey: Yeah, that'd be great! Thanks, Pheebs!
 ああ、それいいな! ありがと、フィーブス!

Rachel: Op, look! Blaire forgot her glasses! And she's gonna be really needing these to keep an eye on that boyfriend, who, I hear, needs to keep his stapler in his desk drawer, if you know what I'm talking about.
 あら、見て! ブレアがメガネを忘れてるわ。彼女、ボーイフレンドを見はるのにメガネが要るわよね。聞いた話じゃ、その彼はホチキスを引き出しに入れておかないといけないってことですからね、意味わかるわよね。

Monica: Hey, Rach, maybe your resolution should be to umm, gossip less.
 ねぇ、レイチ、あなたの抱負は、噂話を減らすことにすべきかもね。

Rachel: I don't gossip! . . Well, maybe sometimes I find out things or I hear something and I pass that information on, you know, kind of like a public service. It doesn't mean I'm a gossip. I mean, would you call Ted Koppel a gossip?
 噂話なんてしないわよ!(みんな笑う)そりゃ時々、何かを知ったり聞いたりして、それを人に伝えるかもしれないけど、公共サービスみたいなもんよ。私が噂好きってことじゃないわよ。だって、テッド・コッペルを噂好きとか言う?

Ted Koppel = ジャーナリスト・ニュースキャスター)

Monica: Well, if Ted Koppel talked about his coworkers' botched boob jobs, yeah, I would.
 そうね、もしテッド・コッペルが同僚の豊胸の失敗を話してたら、そう言うわよね。

Rachel: They were like this!
 こんなんなのよ! (左右の人差し指を上下に向ける)

《セントラルパーク:ロスと女性、チャンドラーとジョーイが来る》

Woman: I'll see you tomorrow.
 じゃあまた明日。(出て行く)

Ross: Okay! . . . Hey!
 オーケー! (チャンドラーとジョーイに)ヘイ!

Chandler and Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross: I just asked that girl out.
 今あの子をデートに誘ったんだ。

Chandler: Nice!
 いいじゃん!

Joey: Nice!! Yeah! Is that part of your resolution, your new thing for today?
 いいね! うん! それって、抱負の、今日の新しいこと?

Ross: Yes, it is. See?
 そうだよ。ほら(彼女の番号メモを見せる)

Chandler: Elizabeth Hornswoggle?
 エリザベス・ホーンスワグル?

(Hornswoggle = ばかげたこと、たわごと)

Ross: That's right. Elizabeth Hornswoggle.
 その通り。エリザベス・ホーンスワグル。

Chandler: Horn-swoggle.
 ホーン・・スワグル。

Joey: You okay, Chandler? Something funny about that name?
 大丈夫か、チャンドラー? 何か名前がおかしいとか?

Chandler: No. No, I just think that maybe I-I'd heard it somewhere before.
 いいや。違う。ただ、どこかで聞いたことがあるかと思っただけだ。

Joey: Oh, really! Where? Somewhere funny I'd bet!
 そうなんだ! どこで? 面白いとこなんだろうな!

(フィービーが来る)
Ross: Hi, Pheebs!
 ハーイ、フィーブス!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Oh-oh, guess what? I-I have a date with Elizabeth Hornswoggle.
 聞いて、エリザベス・ホーンスワグルって子とデートなんだ。

Phoebe: Hornswoggle? .. Ooh, this must be killing you.
 ホーンスワグル?(チャンドラーに)わぁ! あなた死にそうでしょ。

Ross: All right, see you later.
 じゃあまたね。

Joey: See ya! All right, Pheebs, I am ready for my first lesson.
 またな! よし、フィーブス、最初のレッスンを受けるよ!

Phoebe: Okay. Oh, no-no-no, you don't touch the guitar! First you learn here, then you learn here.
 オーケー。(ジョーイがギターに手を伸ばす)あ、ダメダメダメ! ギターに触ってはダメよ。まずこれ(手)を習ってから、それからこっち(ギター)よ。

Joey: Umm, okay.
 ああ、わかった。

Phoebe: Okay, lesson one: chords. Now, I don't know the actual names of the chords but umm, I-I-I made up names for the way my hand looks while I'm doing them. So then, this is Bear Claw. Okay, umm, Turkey Leg and Old Lady.
 はい、レッスン1、コード。私実際のコードの名前は知らないんだけど、その時の手の形から名前をつけたの。だからね、まずこれがクマの爪。いい? ターキーの足と、老婆。

Chandler: What an interesting approach to guitar instruction. You know, some might find it amusing, I myself find it regular.
 なんて興味深いギターの教え方なんだ。おもしろいと思う人もいるだろうが、俺には普通だね。

《モニカ達の部屋:レイチェルとフィービーが来る》

Phoebe: Hey, everybody, Rachel was so good today. She didn't gossip at all.
 ハーイ、みんな、レイチェルは今日すごく頑張ったのよ。噂話全然しなかったの。

Rachel: I didn’t! Even when I found out…umm, all right, well let's just say I found out something about someone and let's just say she's gonna keep it.
 しなかったわよ! 知ったことはあるんだけどね・・・ええ、誰かに関する何かを知ったんだけど、それは言わないことにするわ。

Joey: Hey, Pheebs! Check this out.
 やぁ、フィーブス、これ見て!(コードの形をやってみせる)

Phoebe: Ooh, you nailed the Old Lady!
 わぁ! 老婆をモノにしたわね!(言葉の綾に2人笑う)

Joey: Yeah, listen, so, I thought I was getting better, so on my way home today I stopped by this guitar store and…
 ああ、聞いて、ちょっと上達したと思ったから、今日帰る途中でギター屋さんに寄って・・

Phoebe: Did you, did you touch any of the guitars while you were there? Did you?!
 そこでギターに触ったの? ・・・触った?

Joey: ..No.
 ・・・いや。

Phoebe: Give me your hands. . . Strings. Gimme it! . .Pick. Do you want to learn to play guitar?
 手を貸して。(左手の匂いをかぐ)弦だわ。こっちも。(右手の匂い)ピック。ギター習いたいの?

Joey: Yes!
 うん!

Phoebe: Then don't touch one!!
 じゃあ触らないで!

(ロスがベンと一緒に来る)
Ross&Ben: Hi!
 ハーイ!

Monica: Hi, Ben!
 ハーイ、ベン!

Ben: Auntie Monica!!
 モニカおばちゃん!

Chandler: Ross is wearing leather pants! Does nobody else see that Ross is wearing leather pants? . . Someone comment on the pants!
 ロスがレザーパンツをはいてる! みんな、ロスがレザーパンツをはいてるの見てないのか? (沈黙)誰かコメントないのか!

Rachel: I think they're very nice.
 すごくいいと思うわ。

Monica: I really like them a lot.
 私はすっごく好きだわ。

Joey: Yeah!
 ああ!

Chandler: That's not what I had in mind! See, people like Ross don't generally wear these types of pants. You see, they're very tight. Maybe there's something in that area.
 それは俺の考えと違う! ほら、ロスみたいなやつは普通こういうタイプのパンツははかない。な、とってもタイトだ。(腰のあたりを指して)このあたりに何かあるかもしれない。

Monica&Rachel: I think they look really good.
 本当に素敵だと思うわ。

Joey: Where did you get them?
 どこで買ったんだ?

Ross: Oh, see, I-I needed a new thing for today and there's this leather store that always smells so good and I thought to myself, "Wow, I never owned a really good smelling pair of pants before."
 ああ、今日の新しいことが何か必要でね、いつもすごくいい匂いのするレザーの店があってさ、思ったんだよ、「ワオ! 僕は本当にいい匂いのするパンツなんて持ってないよな」ってね。

Chandler: Oh, come on!!
 (誰も何も言わないので)もう、勘弁しろよな!(出て行く)

Ross: Okay, seriously, what do you think?
 もういいよ、本当のところ、どう思う?

Joey: You look like a freak.
 変人っぽい。

Rachel: Awful, absolutely awful.
 ひどい、本当にひどい。

(モニカがベン達の写真を撮る)
Ross: Hey, what are you doing, what are you doing?
 ちょっと、何をしてるんだ、何をしてるんだ?

Monica: It's my New Year's resolution!
 これは私の新年の抱負よ。

Ross: To blind my child?
 僕の子の目を見えなくする気?

Monica: No! To take more pictures of all of us together. I really think it's the best resolution because everyone will enjoy the pictures.
 違うわよ、みんなの写真をもっと撮るってことよ。みんなも写真を楽しめて、最高の抱負だと思うわ。

Joey: Well, everyone will enjoy my music as well.
 俺の音楽もみんな楽しむことになるよ(フィービーも加わってポーズ)

《エリザベスの部屋》

Ross: My God! These pants are burning up!. . . Oh, come on, she wants to snuggle now! What is she trying to kill me? It's like a volcano in here! . . . Are you hot?
 (心の声)ああ! このパンツが燃え上がってる!(エリザベスが寄り添ってくる)勘弁してよ、今くっついてくる? なに、殺す気? こっちはまるで火山なのに。(声に出して)暑くない?

Elizabeth: No.
 いいえ。

Ross: Okay, it must just be me then. . . . That was just the pants on the couch. Umm, hey, do you, do you mind if I use your bathroom?
 そうか、じゃあ僕だけなんだ。(動くと、カウチとの大きな摩擦音がする)今のはただカウチとパンツの音だからね。ねぇ、バスルーム借りてもいいかな?

Elizabeth: No, go ahead.
 いいわよ、どうぞ。

Ross: Thanks.
 ありがと。

(バスルームでレザーパンツを膝まで下ろし、水で濡らして足を冷やす)
Ross: Ahhhhhhhhhhhhhh……….
 はぁぁあああ・・

Elizabeth: Hey, my favorite part is coming up!
 ねぇ、もうすぐ私の好きな場面よ!

Ross: 'Kay! . . . Oh, my God!
 わかった!(パンツをはこうとするが、あがらない)どうしよう!

《モニカ達の部屋:ジョーイのレッスン中》

Phoebe: Tiger! Dragon! Iceberg!! . . Joseph, did you even study at all last night?
 タイガー! ドラゴン! 氷山! ジョセフ、昨日全然練習しなかったの?

Joey: Yes! Yes, I did.
 いや! したよ、した!

Phoebe: Then do Iceberg!
 じゃあ氷山やってみせて!

Joey: G-sharp.
 ・・Gシャープ・・。

Phoebe: G-sharp? Have you been studying the real names of the chords? .. Have you? . . Oh, my God!
 Gシャープ? あなた本当のコード名で勉強してるの? そうなの? ・・なんてことなの!

Joey: What?! I didn't touch a guitar!
 なんだよ? ギターには触ってないぞ!

Phoebe: No, but you're questioning my method!
 そう、でも、私のやり方を疑ってるのね!

Joey: No, I'm not questioning it, Phoebe. I'm saying it's stupid! . . . What?!
 いいや、疑ってるんじゃない、フィービー。バカげてるって言ってるんだ! (モニカが間に立ったので)なんだ?

Monica: Thank you.
 (写真を撮って)ありがと。(立ち去る)

Phoebe: You know, none of my other student thought I was stupid.
 他の生徒は、私がバカなんて思ってないわよ。

Joey: Your other student, was you!
 他の生徒って、君じゃないか!

Phoebe: Yeah, well, you know, maybe you just need to try a little harder!
 そうよ。でもただあなたがもう少し頑張ればいいことじゃないの!

Joey: Look, maybe I need to try a real teacher! Right here! Here! Andy Cooper, he teaches guitar. And look ooh, there's a nice picture of him with a little kid and the kid's got a guitar!!!!!!
 (イエローページを見る)いいか、本当の先生に教えてもらう必要があるのかもな! ほら、ここだ! ここ! アンディ・クーパー、ギターを教えてる。そして、見ろ、彼と子供が映ってるこのいい感じの写真、そして子供はギターを持ってる!!(出て行く)

Phoebe: Fine! You go learn from your qualified instructor! But don't come crying to me when everyone's sick and tired of hearing you play Bad, Bad Leroy Brown!!
 いいわよ! 資格を持った先生に習えばいいでしょ! でも、あなたが弾くBad, Bad Leroy Brownにみんながうんざりした頃に泣きついてこないでね!

(ジム・クロウチの歌)

(レイチェルが歌いながら帰ってくる)
Rachel: "Baddest man in the whole damn town."
 (歌)こんな町の中でも最悪な男♪

Phoebe: Oh, fine! Take his side!
 いいわよ! あいつの味方してなさいよ!(出て行く)

(わけがわからないレイチェルだが、気を取り直して電話を取ると、使用中で、会話が聞こえてくる)

Monica: I can't wait to be with you! I'll sneak over as soon as Ross picks up Ben. I'll just tell Rachel I'm gonna be doing laundry for a couple of hours.
 (電話)早くあなたと2人になりたいわ! ロスがベンを迎えにきたら、すぐそっちへ行くわ。レイチェルには2時間ぐらいお洗濯に行くって言うから。

Chandler: Laundry. Huh. Is that my new nickname?
 (電話)洗濯ね。それって俺の新しいニックネーム?

Monica: Awww, you know what your nickname is, Mr. Big…
 (電話)まあ、あなたのニックネーム知ってるでしょ、ミスター・ビッグ・・

Rachel: Arghh!!
 きゃーっ!(電話を切る)

《チャンドラー達の部屋:電話がなり、ジョーイが出る》

Joey: Hello?
 もしもし?

Ross: Joey, it's Ross! I need some help!
 ジョーイ、ロスだよ! 助けてくれ!

Joey: Uhh, Chandler's not here.
 あー、チャンドラーは今いないよ。

Ross: Well, you can help me!
 君が助けてくれよ!

Joey: Okay.
 わかった。

Ross: Listen, I'm in Elizabeth's bathroom…
 僕は今エリザベスのバスルームにいるんだけど

Joey: Nice!
 いいじゃん!

Ross: No, I-I got really hot in my leather pants so I took them off but they must have shrunk from the-the sweat or something or my legs expanded from the heat. Look, I-I can't get them back on, Joey. I can't!
 違うんだよ。レザーパンツが本当に暑くなってきて、脱いだんだけど、汗か何かで縮んだのか、それとも僕の足が暑さで膨らんだのか知らないけど、とにかくはけないんだよ、ジョーイ、はけないんだ!

Joey: Oh. That is quite a situation. Uh, do you see any like, powder?
 わお。それは大変な状況だな。パウダーか何かないか?

Ross: Powder! Yeah! Yeah, I have powder!
 パウダー! ああ! ああ、パウダーあるよ!

Joey: Good-good, okay, sprinkle some of that on your legs, it'll absorb some of the moisture and then you can get your pants back up.
 よしよし、それを足に振りかけろ。水分を吸い取ってくれて、はけるようになるんじゃないか。

Ross: Yeah, okay, hold on! . . . They're not coming on man.
 わかった、待ってて! (振りかけて引っ張り上げてみたがあがらない)あがらないよ!

Joey: Umm, do you see any−oh, Vaseline?
 あー・・何か・・そうだ、ワセリンは?

Ross: Ohh, I-I see lotion, I have lotion! Will that work?
 ああ! ローションがある、ローションならあるよ! それ効くかな?

Joey: Yeah, sure, spread some of that on there.
 ああ、効くさ。それを塗ってみろ。

Ross: Hold on.
 待って。(ローションを塗ってみるが、あがらない)

Joey: Ross? You okay?
 ロス? 大丈夫か?

Ross: They're still, they're still not coming on ,man. And the lotion and the powder have made a paste!
 まだ上がらないよ! それにローションとパウダーでなんかペースト状になっちゃったよ!

Joey: Really?! Uhh, what color is it?
 ほんと? それって何色?

Ross: What difference does that make?!
 それで何か違いがあるか?

Joey: Well, I'm just−if the paste matches the pants, you can make yourself a pair of paste pants and she won't know the difference!
 いや、ただ・・もしペーストがパンツの色と会ってれば、ペーストパンツができて彼女も気づかないよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Joey, do you have a minute?
 ジョーイ、ちょっといい?

Ross: Dude, what am I gonna…
 なぁ、どうしたら・・

Joey: Uh, Rachel's here, so good luck man, let me know how it works out.
 あ、レイチェルが来たから、あとは頑張ってな。どうなったか教えて。(電話を切る。取り残されるロス)

Rachel: Oh, Joey, I have such a problem!
 ああ、ジョーイ、大変なことになったわ!

Joey: Oh, well, you're timing couldn't be better. I am putting out fires all over the place.
 ああ、絶妙なタイミングだね。あちこちの火を消してるとこだよ。

Rachel: Okay. Okay. Joey, I have got to tell you something!
 オーケー、オーケー、ジョーイ、どうしても話したいことがあるの!

Joey: What-what is it, what is it?
 なに、何?

Rachel: Oh, my God, it's so huge, but you just have to promise me that you cannot tell anyone.
 オーマイゴッド! すごい一大事よ。だけど誰にも言わないって、約束して!

Joey: Oh, no, no-no-no-no! I don't want to know!
 あー、ダメダメダメ! 知りたくない!

Rachel: Yes! Yes! Yes, you do want to know! This is unbelievable!
 いえいえいえ、知りたいことよ! これもう信じられないんだから!

Joey: I don't care, Rach! Look, I am tired of being the guy who knows all the secrets but can't tell anyone!
 知らないよ、レイチ! いい? 秘密を知ってて話しちゃいけないってのはもううんざりなんだよ。

Rachel: What? What secrets? You know secrets? What are they?
 なに? 何の秘密? 何か秘密知ってるの? それなに?

Joey: And you're not supposed to be gossiping!!
 君噂話しないはずじゃないのか!

Rachel: I know, I know! I just can't keep this one in, so I pick up the phone…
 わかってる、わかってるわ! だけどこれは黙ってられない、電話を取ったらね・・(ジョーイが耳に指を入れてワーワー叫びだしたため、あきれて出て行く)

Joey: Ahhh!! … I'm not listening to you!
 わーーー!! 聞いてないぞー!

(チャンドラーが入れ違いに入ってきて、チックを抱き上げジョーイの前に差し出す。気がついたら、すぐ目の前でチックが羽をバタバタさせていて驚愕するジョーイ)

《エリザベスの部屋》

Elizabeth: Ross, umm, you've been in there for a long time. I'm starting to get kinda freaked out.
 (バスルームに声をかける)ロス、あなたずいぶん長い間そこにいるわよ。なんか気味が悪くなってきたわ。

Ross: All right, I'm coming out. Hey, can you turn the lights off.
 わかったよ。出て行くよ。ねぇ、明かりを消してくれないかな。

Elizabeth: No, let's just leave the lights on. . . . Oh, my God!
 いいえ、つけておくわ。(レザーパンツを丸めて手に持ったロスが出てくる)なんてことなの!

Ross: I had a problem.
 困ったことになって。

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Pheebs?
 やぁ、フィーブス?

Phoebe: Oh, I can't talk to you! I don't have a fancy ad in the Yellow Pages!
 あら、あなたとは話せないわ! 私はイエローページに素敵な広告載せてないから!

Joey: Look, Pheebs, I just, I wanna apologize for, for saying your method was stupid and maybe ask you to be my teacher again. And-and I promise, I won't touch a guitar until you say I'm ready. . . . You really think I'm ready?
 フィーブス、君のやり方がバカみたいなんて言ったこと、あやまりたいんだ。そして、また教えてくれないかな。約束するよ、君がいいって言うまで、ギターには触らない。(フィービーがギターを渡す)本当にギターに触っていいと思う?

Phoebe: Uh-huh!
 ええ!

Joey: Wow! Cool! Okay. . . . Was the chord at least right…
 ワオ! すごいな! よし・・(立ち上がって弾き、ギターを落とす)少なくともコードは合ってた・・

Phoebe: No.
 (とても怖い先生ぶり)いいえ。

《モニカ達の部屋:レザーパンツを丸めて持ったまま帰ってきたロス》

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・!

Monica: We heard about your pants, I'm so sorry.
 パンツのこと聞いたわ、大変だったわね。

Ross: This year was supposed to be great! It's only the second day and I'm a loser with stupid leather pants that don't even fit!
 今年は素晴らしい年になるはずだったのに! まだ2日目なのに、僕はもうダメ人間だ。こんな合いもしないバカなレザーパンツで!

All: No. No, you're not a loser.
 そんなことないよ。ダメ人間なんかじゃないわ。

Ross: Look at me!
 僕を見てよ!

Monica: Hey, hey, look. Look Ross, Ben drew a picture of you! Huh? You're-you're a cowboy!
 ねぇ、見て、ほら、ロス。ベンがあなたの絵を描いたのよ! ほらね? あなたカウボーイなのよ。

Ross: Oh, be-because of the leather pants?
 え、このレザーパンツはいたから?

Monica: See? Ben doesn't think you're a loser, he thinks you're a cowboy! I mean, that's something.
 ほらね? ベンはあなたがダメ人間なんて思ってないわ。あなたがカウボーイだと思ってるのよ! 意味のあることじゃない?

Phoebe: Yeah!
 そうよ!

Rachel: That really is something; that's really cool.
 それは意味のあることだわ。すごく素敵なことよ。

Joey: Howdy partner!
 どうだい、パートナー!

Ross: Maybe I should get another pair! Ooh, you know, they-they had some with fringe all down the sides. I'm gonna go kiss Ben goodnight. I can't believe he thinks I'm a cowboy. I would make a good cowboy.
 また他にも買おうかな。ああそうだ、このサイドにフリンジのついたの売ってるよね。ベンにおやすみのキスをしてくるよ。(寝室に向かう)信じられないな、僕をカウボーイと思ってくれるなんて。いいカウボーイになるぞ。

Monica: Okay, now that everything's wrapped up here, I think I'm gonna go do my laundry.
 さて。いろいろ片付いたことだし、お洗濯に行ってくるわ。

Chandler: Oh, yeah, me too. You know, if this shirt is dirty. . . Yep.
 ああ、そうだ、俺も。ほら、このシャツが汚れてたら・・(匂いをかいで)うん。(2人で出て行く)

Phoebe: Okay, I'm gonna go too. I'm gonna go to the airport. I figure if I hang around there long enough, someone's bound to leave one of those planes unattended.
 じゃ私も出かけるわ。空港に行くのよ。ずっとそこにいれば、そのうち、飛行機のそばから誰もいなくなるわよね。

Rachel: Good luck, honey!
 がんばってね!

Phoebe: Bye!
 バーイ!(出て行く)

Rachel: Hey, uh, Joey?
 ねぇ、ジョーイ?

Joey: Umm?
 んん?

Rachel: Remember that big thing I was gonna tell you about?
 私が話したいっていう一大事っての覚えてる?

Joey: Oh, no!
 あっ、ダメ!(耳を塞いで声を出す)

Rachel: I'm not gonna tell you, but if you found out on your own, that would be okay and then we could talk about it. Right?
 (ジョーイの手を外させて)言わないわよ! でも、あなたが自分で見つけたことならいいじゃない。それだったら私たち話してもいいでしょ?

Joey: Well, then it wouldn't be a secret. So yeah, that would be okay. Yeah. Yeah!
 まぁ、それなら秘密じゃないか。ああ、いいよ、うん、いい。

Rachel: Yeah. Well. . . Hey uh, Joe, would mind going over to Chandler's bedroom and get that book back that he borrowed from me?
 でしょ。そうよ・・・ねぇ、ジョー、チャンドラーの部屋に行って、私が彼に貸した本取ってきてくれない?

Joey: Now? You want me to go over there now?
 今? 今行けっていうのか?

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Joey: Do you know something?
 何か知ってるのか?

Rachel: Do you know something?
 何か知ってるの?

Joey: I might know something.
 何か知ってるかもな。

Rachel: I might know something too.
 私も何か知ってるかも。

Joey: What's the thing you know?
 知ってることって何?

Rachel: Oh, no, I can't tell you until you tell me what you know.
 あらダメよ、あなたが知ってることを言ってくれるまで言えないわ。

Joey: I can't tell you what I know.
 俺の知ってることは言えない。

Rachel: Well then I can't tell you what I know.
 じゃあ私も知ってること言えない。

Joey: Okay, fine. . . . . You don't know!
 わかった、いいよ。(沈黙)知ってるもんか!

Rachel: All right, how about I go over there and I will walk into Chandler's bedroom and I will see that thing that I think that I know is actually the thing that I think that I know!
 わかったわよ! じゃあ私が行ってチャンドラーの寝室に入って行って、私が知ってると思ってることが、確かに私が知ってると思ってることか見てくるってのはどう?

Joey: YOU KNOW!!!!
 知ってるのか!

Rachel: AND YOU KNOW!!!
 あなたも知ってるのね!

Joey: Yeah, I know!!!!
 ああ、知ってる!

Rachel: Chandler and Monica?!! Oh, this is unbelievable!! How long have you known?
 チャンドラーとモニカが?! ああ、もう信じられない! いつから知ってるの?

Joey: Too long! Oh, my God, Rach, I've been dying to talk to someone about this for so long! Listen, listen, we can't say anything about this to anybody, they're so weird about that! Listen…
 長過ぎるくらいだよ! オーマイゴッド! レイチ、もうずっと、誰かに話したくてしようがなかったんだ! 聞いてくれよ、誰にも言っちゃいけないんだぞ、あの2人そのことに関して変なんだよ。それで・・(フィービーが入ってきて中断)

Joey and Rachel: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey! It's raining. I don't want to fly in the rain. So…
 ヘイ! 雨が降ってたの。雨の中では飛びたくないから。。

Joey: Oh, I am going to go for a walk in the rain.
 ああ、俺は雨の中歩いてこようっと。

Rachel: Ohhh, yeah, me too.
 ああ、私も行く。

Phoebe: That's weird. . . I bet they're doing it.
 変なの。・・・2人でやってるわね。

《セントラルパーク:みんないる所に、チャンドラーが来る》

Chandler: Oh, good, okay, look. I can't take it anymore. I can't take it anymore. So you win, okay? Here! . . Pheebs? Flying a jet? Better make it a spaceship so that you can get back to your home planet! And Ross, phone call for you today, Tom Jones, he wants his pants back! And Hornswoggle? What are you dating a character from Fraggle Rock?! Ahhhh!!
 ああ、よかった。いいか、もうこれ以上無理。もう無理だから。君の勝ちだ。いい? はい(お金をロスに渡す)フィーブス? ジェット機を飛ばす? 自分の星へ帰る宇宙船を作った方がいいんじゃないのか! ロス、今日電話があったぞ、トム・ジョーンズから、レザーパンツ返してくれって! それに、ホーンスワグルだって? フラグル・ロックのキャラクターとデートしてんのか? (言ってすっきり)あぁぁああああ!!

トム・ジョーンズがタイトなレザーパンツを好むっていう本人の記事があります→こちら

fraggleRock.jpgフラグルロック


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:

My the Bird of Paradise fly up your noseという歌。

 May the bird of paradise fly up your nose
 May an elephant caress you with his toes
 May your wife be plagued with runners in her hose
 May the bird of paradise fly up your nose

 この4行がコーラスとして何度もリピートされるカントリー曲です。

 天国の鳥がおまえさんの鼻を飛び上がってきますように、
 象がおまえさんを鼻でなでなでしますように
 おくさんが、ストッキングの伝線に悩まされますように・・
 ・・って。変わった歌だね。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 このエピソードに出てくるニワトリ、レグホンですよね。
 この前まで、烏骨鶏だったのにな。
 いつの間に変わったのかしら?
 次は気をつけようと思っていて、いつも忘れて番組を楽しんでしまうのでした。
posted by らんち at 00:43| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。