2013年08月25日

5-10 The One With The Inappropriate Sister

5-10 不適切な妹の話

 ☆シスコン男にご用心!☆

《チャンドラー達の部屋:冷蔵庫を片付けるロス、部屋から出てくるジョーイ》

Joey: What are you doing?
 なにしてんの?

Ross: I reorganized the fridge. See, bottom shelf: meats and dairy. Middle shelf: fruits and vegetables. And top shelf: expired products.
 冷蔵庫を整理しているんだ。ほらね、一番下の棚は(空っぽ)肉や牛乳類。真ん中の段は(トマト1個)フルーツと野菜。一番上の棚は(満タン)賞味期限切れのもの。

Joey: Why are you doing this?
 なんでそんなことしてんの?

Ross: Because I am bored...Out of my mind. I’ve already been to the bank, post office, and the dry cleaners.
 だって退屈なんだ。どうかなりそうだよ。もう銀行と郵便局とクリーニング屋さんに行ってきたよ。

Joey: Dude, you just described seven days worth of stuff. You’ve got to spread it out a little, you know. Haven’t you ever been unemployed?
 おい。今言ったのは一週間分のことだぞ。ちょっとそれを広げないと。失業したことないの?

Ross: Hey, I am not unemployed. I’m on sabbatical!
 おい、失業中じゃない。休息中なだけだ!

Joey: Hey, don’t get religious on me, okay? A guy in your position needs to be a little better at relaxing. You know. Why do you think we have the comfortable chairs? Huh...come here…sit down. Ready? Watch.. Ahh!! And then.. Ohh, yeah!! Huh?!
 おい、宗教的なことを言うなよ。おまえみたいな状態のやつは、ちょっとリラックスできるようにならないとな。何のためにこんな居心地のいい椅子があるんだ? ほら、来て、座るんだよ。いいか? ほら。(フットレストをあげる)ああ! そして(背もたれを倒す)おおっ! そうだよ。な?

Ross: So what, we just sit?
 それで? ただ座ってるのか?

Joey: Ohh, no, no. We’re not gonna just sit. . Shhh.
 いや、違う違う。ただ座ってるだけじゃないぞ。(電話の短縮を押す)シーッ。

Chandler: Hello, Chandler Bing.
 (スピーカーホンの声)もしもし、チャンドラー・ビング。

Joey: Hello, Mr. Bing...I love you.
 もしもし、ビングさん、愛してる。

Chandler: Alright, whoever this is, stop calling me! It’s been six months! It’s not funny!
 おい、誰だか知らないが、電話をかけてくるな! もう6ヶ月だぞ! 笑い事じゃない!

Joey: But I love you.
 でも愛してるの。

Chandler: Leave me alone! For the love of God, leave me alone!!!
 放っといてくれ! 愛の神かけて、放っておいてくれ!(電話切る)

Joey: And that’s Wednesday. . Ohh.
 これが水曜日。(椅子に座り背もたれを倒す)おお!

《セントラルパーク:フィービーがベルを持って入ってくる》

Phoebe: Hey, you guys, guess what?
 ハーイ、みんな! 何だと思う?

Chandler: The British are coming?
 イギリス人が来る?

Phoebe: Ohh, you and your ways. Since it’s Christmastime I’m going to be one of those people collection donations.
 ああもうあなたってそうよね。クリスマスの時期だからね、寄付を募る人をやることにしたの。

All: Ohh.
 ああ!

Phoebe: Yeah, I already have my bell and later on I get my bucket.
 そうなの。もうベルはもらったし、後でバケツももらえるのよ。

Chandler: Ohh.
 おお。

Phoebe: Yeah, yeah, I’m going to be out there spreading joy to the people. I mean, last year, I spread a little joy but not really enough. So this year, I’m going to do the whole city.
 そうなの。人々に喜びを伝えるのよ。去年は少し喜びを広げたけど、十分じゃなかったでしょ。だから今年は、町中に広めるの。

Monica: You know, I knew a girl in high school who did that. She was very popular.
 高校のときそういう子がいたわ。すごく人気があったわね。

Joey: So Pheebs, where are you doing all, your bell ringing?
 それでフィーブス、どこでそのベル鳴らすのをやるの?

Phoebe: Ohh, they gave me a great spot. Right by Macys. Yeah, they hardly ever give such a good spot to a rookie, but I’m the only one who can say "Merry Christmas" in 25 languages. . I lied.
 いい場所をもらえたのよ。メイシーズのそばなの。普通新人にそんないい場所を与えないんだけど、でも、メリークリスマスを25ヶ国語で言えるのは私だけなの。・・ウソついたの。

Rachel: Oh, my god. Ok you guys, there’s Danny. Watch. Just watch this. . See?! Still pretending he’s not interested. . . Okay, he’s coming over. Just pretend like we don’t know him. We’ve forgotten who he is.
 わぁ。ねぇ、みんな、ダニーが来たわ。見て。見ててよ。(ダニーはカウンターへ)見た? まだ私に興味がないふりしてる。あ、こっちへ来るわ。彼のこと知らないフリをして。誰か忘れたフリよ。

Danny: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

All: Hey, Danny.
 ハーイ、ダニー。

Rachel: Oh, Danny! Hey!
 あら、ダニー! ハーイ!

Monica: Danny? You know Rachel? She’s nice. She’s not bad to look at, right?
 ダニー? レイチェル知ってるでしょ? 彼女いい子よ。見た目も悪くないわ、でしょう?

Rachel: Thanks, Mon.
 ありがと、モン。

Danny: Well, of course.
 もちろんだよ。

Monica: Do you want to go out on a date with her?
 彼女とデートしたくない?

Rachel: Monica!!!
 モニカ!

Danny: Absolutely! Is Friday okay?
 ぜひ行きたいね! 金曜日はいいかな?

Monica: Friday’s perfect...She can’t wait.
 金曜日でいいわ。彼女待ち遠しいって。

Danny: On the date, I will be able to talk to her directly? See ya, Friday.
 デートでは、彼女に直接話せるんだよね? じゃあ金曜日に(出て行く)

Rachel: Okay. What the hell was that? You know what? Don’t answer me. I have a date with Danny.
 ちょっと。あれは何なの? ね、答えなくていいわ。ダニーとデートよ。

《ジョーイのエージェント、エステルの事務所》

Joey: How could I not get the part? The play was about a 29-year-old Italian actor from Queens.
 なんで俺が役をもらえなかったんだ? クイーンズ生まれの29歳のイタリア人俳優の芝居なのに!

Estelle: Well, Telia Shire suddenly became available.
 タリア・シャイアが突然出られるようになったのよ。

Joey: She’s a woman!
 女性じゃないか!

Estelle: What can I say? She nailed it.
 私に何が言える? 彼女が物にしたのよ。

Joey: Okay, is there anything else?
 そうか。何か他にある?

Estelle: Well, you’re just going to say no again. But gay porn?
 あなたきっとイヤって言うでしょうけど、ゲイのポルノは?

《フィービーの募金活動》

Phoebe: Happy Holidays. Feliz Navidad. Allo, and Merry Christmas. . . Oh, thank you sir. Here's some joy.
 ハッピー・ホリデー! メリークリスマス! (お金を入れる人)ああ、ありがとうございます! あなたに喜びを!

(モニカが来る)
Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: I just wanted to see how it's going.
 どんなかなと思って見に来たわ。

Phoebe: Well, it's going okay.
 うまくやってるわよ。

Monica: Well, good. Here, let me help you out.
 よかった。はい、少し助けるわよ。

Phoebe: Oh, thanks!
 わ、ありがとう!

Monica: Yeah!
 ええ!

Phoebe: Wow! . . . Is that a new Swede jacket? It looks really expensive.
 ワオ!(モニカがお金を入れる)それって新しいスエードジャケット? すごく高そうね。

Monica: Yeah. I guess.
 ええ、まあね。(さらにお金を入れる)

Phoebe: Just get your nails done?
 ネイルしてきたのね?

Monica: Yes, Phoebe, but this is all I have. Okay?
 そうよ、フィービー。でもこれが全部だからね、いい?(財布を空にする)

Phoebe: Okay! Thanks! Happy Holidays, here's your joy.
 オーケー! ありがとう、ハッピーホリデー! 喜びをどうぞ!

(男性が来てお金を入れる)
Phoebe: Thank you! And Happy Holidays. Wait, you can't take the money out.
 ありがとう! ハッピーホリデー! (彼が小銭を取る)待って、お金取らないで。

The Man: I'm making change. I need change for the bus.
 小銭と両替だよ。バスに乗るのにいるんだ。

Phoebe: But, can't you leave the dollar? This money is for the poor.
 でも、お金おいていけるでしょう? これは貧しい人のためなのよ。

The Man: I'm poor! I gotta take the bus!
 俺は貧しいよ! バスに乗らないといけないんだ!

Phoebe: Okay, Seasons Greetings and everything, but still…
 オーケー、季節のご挨拶をお送りするけど、でも・・。

The Man: Bite me, blondie!
 ふざけんな、ブロンド女!(立ち去る)

Phoebe: Oh, I'm going to give him something else besides joy, just…
 もう! 彼には何か喜び以外の物を送るわ!

《チャンドラー達の部屋》

Joey: That part was perfect for me! I can't believe I didn't get it!
 あの役は俺にぴったりだったのに! あれをのがしたなんて信じられないよ。

Ross: I'm sorry, man. Hey, you know what you should do? You should make something happen for yourself. You know, like-like write a play. Write a movie! Huh? I mean, what about those Good Will Hunting guys?
 残念だったな。ね、どうすべきかわかる? 自分から何かするんだよ。例えば芝居を書くとか。映画を書くとか! ね? ほら、あのグッド・ウィル・ハンティングみたいにさ?

グッド・ウィル・ハンティング、主役のマット・ディモンが大学在学中に書いた芝居を、友人のベン・アフレックが映画にしようともちかけ、やがて実現する)

Joey: Come on, Ross be realistic, you know? If I did write something, what are the chances I could get those guys to star in it?. . . Wait a second, I could star in it!
 ロス、現実的になってくれよ。俺が何か書いたとして、あの俳優達に出てもらえるなんてことがあるか? ちょっと待てよ、俺が出ればいいんだ!

Ross: Or that.
 それもありだね!

Joey: I can't write! You know I mean I-I-I'm an actor, I don't have the discipline that takes, you know? I can't do it.
 俺には書けないよ。俺は役者なんだ。そんなのに取り組むなんてことできないよ。俺には無理だ。

Ross: I'll help you. Yeah, I'll make up a schedule and make sure you stick to it. And plus, it'll give me something to do.
 僕が手伝うよ。ああ、スケジュールを作って、君がそれについていけるようにする。僕もそれで何かやることができるしね。

Joey: Really? You'd-you'd do that for me?!
 ほんと? やってくれる?

Ross: Yeah!
 ああ!

Joey: Thanks!
 ありがと!

Ross: All right, we'll start off slow. The only thing you have to do tonight is come up with the name of your main character.
 よし、最初はゆっくりだ。今夜君が考えなきゃいけないのは、主役の名前だ。

Joey: Done!
 できた!

Ross: And it can't be Joey.
 ジョーイじゃだめだぞ。

Joey: It's not.
 違うよ。

Ross: Or Joseph.
 ジョセフもだ。

Joey: Oh.
 あぅ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが外から、モニカは自室から来る》

Monica: Hi, what's up?
 ハーイ、どうかした?

Rachel: I just saw Danny getting on the subway with a girl and he had his arm around her.
 ダニーが地下鉄に乗るとこ見たの。女の子と一緒で、彼、彼女に腕を回してた。

Monica: Oh, honey, I'm sorry.
 まぁ。残念だったわね。

Rachel: Well, you should be, this is all your fault! You meddled in our relationship!!
 あなたがいけないのよ! 私たちの関係に口を挟んできて!

Monica: You had no relationship!!
 関係なんて何もないじゃないの!

Rachel: No, but I was doing my thing and everything was going according to the plan!
 だけど、私には私の計画があって、その計画に沿って進んでいたのよ!

Monica: Oh, God, stop with the plan! So what, so what you saw him with a girl? Who cares?! That doesn't mean anything! Now look, you're going to go out on a date with Danny and you're going to be so charming he's gonna forget all about that stupid subway girl.
 もう! 計画の話はやめてよ! 女の子と一緒だったからって、なに? 構わないでしょ? 何の意味もないわよ。ね、ダニーとデートに行って、あなたがとってもチャーミングにしてたら、彼はそんな地下鉄のバカな女の子のことは忘れるわよ。

Rachel: She was kinda stupid. You're right. All right, I'm just gonna go on the date. I'm gonna go on the date. That is the new plan.
 彼女バカっぽかった。そうよね。わかったわ。私はデートに行く。デートに行くわ。それが新しい計画よ。(部屋へ行く)

Monica: Come on, hurry!
 (自分の部屋へ行き)来て、早く!(チャンドラーがあわてて出て行き、戻ってきてキスをして出て行く)

《チャンドラー達の部屋:書こうとしているジョーイ・遊んでいるチャンドラー》

Joey: Hey, how do you spell suspicious?
 なぁ、疑い深いってどういうスペル?

Chandler: Why?
 なんで?

Joey: Because I think this character is going to be suspicious about stuff.
 このキャラクターはいろいろ疑い深いってことにしようと思うんだ。

(チャンドラーはボールをはじいてボウルに入れている)
Chandler: Yes! Chandler Bing, 7! Chandler Bing, 0.
 よし! チャンドラー・ビング、7! チャンドラー・ビング、0!

Joey: You're driving me crazy with that!
 おまえのそれ、イライラする!

Chandler: Okay, I'll stop.
 わかった。やめるよ。

Joey: Don’t stop! Move the bowl further away! Ross could make that shot!
 やめるな! ボウルをもっと遠くに離せ! ロスだって入れられるぞ。

(チャンドラーはボウルを離し、ボールをはじくが、ボールがどこへ行ったかわからなくなる)
Joey: Well, you suck! But at least you suck at a man's game now.
 ま、ひどいな! でも少なくとも、男のゲームにおいて、ひどい。

Chandler: You wanna play?
 おまえもやる?

Joey: Chandler, I can't be playing games, Ross is gonna be home soon. And I have to write five whole pages if I'm gonna stick to his schedule.
 チャンドラー、遊んでられないんだよ。ロスがもうすぐ帰ってくる。俺はスケジュールに従えば5ページ書かないといけないんだ。

Chandler: Well, so, play for the next 30 minutes and then write until he gets home.
 そえじゃこれから30分遊んで、その後やつが帰るまで書けばいいじゃないか。

Joey: All right! But uh, listen, what do you say we crank it up a notch?
 よし! でもな、ちょっとそれのレベルをあげなるっていうのはどうだ?

Chandler: I'm intrigued.
 乗った。

Joey: All right, all we need is a little lighter fluid.
 よし、いるのは、ライター燃料だ。

Chandler: Okay, but be careful okay, because I wanna get our security deposit back.
 わかった。でも、気をつけろよ。敷金返してもらいたいからな。

Joey: Yeah, I think we said good-bye to that when we invented hammer darts.
 いや、ハンマーダーツを考えだした時に、それはアキラメたと思うぞ。

Chandler: Do you even remember which part of the wall is not Spackle?
 しっくいがなくなってるのがどこの壁だったか覚えてるか?

Joey: Uh yeah, right here.
 ああ、ここだよ(パンチすると壁に穴があく)

《フィービーの募金活動》

Phoebe: Thank you, Happy Holidays.. . Now, that's trash. Young lady, you can't… Hey! Stop that young lady, she donated trash!
 ありがとう、ハッピーホリデー!(女性が何か入れる)それはゴミでしょ、お嬢さん、あなた(行ってしまう)ちょっと! その若い女性止めて! その人ゴミを寄付した!

(男性が火のついたタバコをバケツに捨てる)
Phoebe: Hey!! . . The charity's on fire! Help! . . Oh, good! Thank you, I need that. . . Whoa! What is that?! .. It's nine o'clock in the morning!
 ちょっと!! 募金が火事よ! 助けて!(コップを持った人が通りかかったので、それを取って)あ、よかった! ありがとう、それがいるのよ。(それをバケツに注ぐと燃え上がる)うわっ! 中身は何だったの?(匂いをかいで)今朝の9時よ!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイの作品を読むロス》

Ross: All right. "A room. A man enters, he looks suspicious." That's it? Joey, you're supposed to have five pages done by now! Including an exciting incident! And what is, and what is all this?! "The official rulebook of Fireball."
 よし。「とある部屋・男が入ってくる。彼は疑い深いようだ」これだけ? ジョーイ、もう5ページできてないといけないのに! しかもエキサイティングなできごとが入ってないといけないんだぞ! それにこれはなんだ? 「ファイアボールの公式ルールブック」

Joey: Yeah, that's the uh, game we were playing.
 ああ、それは俺たちが遊んでたゲーム。

Chandler: Oh, yeah, it's great! See, you take a tennis ball, a bowl, and some lighter fluid−Op! Op!
 ああ、すごいよ! ほら、テニスボールと、ボウル、それにライター燃料で、おっと!(消化器を使う)

Ross: This is helping your career?! Huh? I thought you wanted to be an actor not the creator of crazy lawsuit game!
 これが君の仕事に役に立つのか? え? 俳優になりたいのじゃなかったか? こんな裁判沙汰ゲームの作者じゃなくて!

Joey: You're right, you're right, I'll get back to work.
 その通りだ。そうだな。仕事に戻るよ。

Ross: And shame on you! You should know better, Joey needs to work. . . Now come on!
 (チャンドラーに)それにきみもみっともない! もっとわかってるはずなのに、ジョーイは仕事が必要なんだ。(ジョーイに)ほら早く。

Joey: Hey!
 ヘイ!(チャンドラーを誘う)

Ross: No! Ah-ah-ah-ah-ah! You can have this back when the five pages are done! . . . Ahh!
 ダメ! ダメダメ! 5ページできたらこれを返すよ。(ボールを素手で持って)ああっ!

《ダニーの部屋の前》

Danny: I had a really nice time tonight.
 今夜は本当に楽しかったよ。

Rachel: So did I. I'm really glad Monica asked us out.
 私もよ。モニカが誘ってくれてよかったわ。

Danny: I'd love to ask you in, but uh, my sister's visiting and I think she's asleep on the couch.
 (キス)君を部屋に誘いたいんだけど、妹が来ていて、カウチで寝ていると思うんだ。

Rachel: You're sister? You're sister's asleep on the couch?. . Ohhh! I saw her with you on the subway and now she's asleep on the couch!
 あなたの妹さん? あなたの妹さんがカウチで休んで? ああ! 地下鉄でみかけたのはあなたと妹さんで、彼女はいまカウチで寝てるのね!

Danny's Sister: Oh, I thought I heard you.
 (ドアを開けて)ああ、声がしたと思ったわ。

Danny: Oh, hey, great, you're up. Rachel, this is my sister Krista. Krista, this is Rachel.
 ああ、よかった。起きたんだね。レイチェル、こちら僕の妹のクリスタ。クリスタ、こちらレイチェル。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Krista: Nice to meet you. I wish you'd told me we were having company, I'd fix myself up!
 会えてうれしいわ。お客さんがあるって言ってくれてたら、私おしゃれしたのに!

Danny: Like it would help.
 それで変わるとでもいうの。

Krista: You are so bad!
 意地悪ね!

Danny: You are!
 そっちがだろ!(軽い叩き合いが始まる)

Krista: You are!
 そっちよ!

Danny: You are!
 そっちだ!

Krista: You are!
 そっちよ!

Danny: You are!
 そっちだ!

Krista: You are!
 そっちよ!

Danny: You are so dead! I'm gonna get you.
 本当に悪い子だな! 捕まえてやる!(追いかけっこを始め、つかまえてくすぐる)

Rachel: Uh, it was very nice to meet you.
 ・・えーっと・・お会いできてよかった。(気づかれない)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Nobody! Nobody respects the bucket! You wouldn't believe what people put in here! Look! Okay, does this look like a garbage can to you?
 誰もよ! 誰もバケツに敬意を払わないのよ! みんながそこに何を入れるか、信じられないわよ。見て! これがゴミ箱に見える?

Monica: No.
 (バケツを受け取って)いいえ。

Phoebe: Does it look like an ashtray?
 それが灰皿に見える?

Monica: No.
 いいえ。

Phoebe: Does it look like a urinal?
 それがしびんに見える?

Monica: Eww!!
 いやだ!(バケツを下ろす)

Ross: So Pheebs, are you gonna go back out there or what?
 それでフィーブス、また戻っていくの、どうするの?

Phoebe: Well, yeah! But I'm not gonna take anymore crap. Okay? No more Mrs. Nice Bucket!
 ええ! でももうそんなゴミ受け取らないわよ。いい? もう優しいバケツさんじゃないわよ!

Monica: Yeah, good for you. You know you're tough, you lived on the streets.
 そうよ、偉いわ。あなたは強いんだもの。路上生活をしたことがあるんだものね。

Phoebe: Yeah, I'm gonna go back to being Street Phoebe. Yeah! Oh but, you know what? I can't go totally back because Street Phoebe really wouldn't be friends with you guys.
 そうよ。ストリートフィービーであそこに戻ってやるわ。そうよ。でもね、完全にストリートフィービーには戻らないわよ。そうしたらあなた達と友達でいられなくなるからね。(出て行く)


Rachel: Hey!
 (部屋から出てきて)ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hey, umm, can I ask you guys something?
 ねぇ、2人にちょっと聞いていい?

Monica and Ross: Sure.
 なに?

Rachel: Uh, I don't have any brothers so I don't know, but uh, did you guys wrestle?
 私兄弟がいないからわからないんだけど、あなた達、取っ組み合ったりなんかした?

Ross: Oh-oh, yeah.
 ああ、したよ。

Monica: All the time. In fact, I was undefeated.
 いつもよ。事実、私は負け知らずよ。

Ross: Uh, you weighted 200 pounds.
 ああ、君は200ポンド(90.8キロ)あったんだからな。

Monica: Still, I was quick as a cat.
 それでも猫のようにすばしこかったわよ。

Rachel: Well, I met Danny's sister yesterday, and uh that was actually the girl on the subway.
 昨日、ダニーの妹に会ったんだけど、あ、それが地下鉄で見た子だったんだけどね。

Monica: Oh, you're kidding.
 ああ、そうか。

Rachel: Yeah, they were very you know wrestle-y. But, I guess that's normal?
 そう、その2人が、とっても、ほら、取っ組み合う感じだったの。でもそれが普通なのね?

Monica: We don't, we don't wrestle now.
 いや、今はもうやらないわよ。

Ross: Yeah, not since I got too strong for you.
 そうさ。もう君よりうんと強くなったからね。

Monica: Too strong for me?
 私よりうんと強い?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: You wanna go right now? 'Cause I'll take you right now, buddy! You wanna go?
 今やってみる? 今だって勝てるわよ! やる気?

Ross: Oh, fine.
 ああ、いいさ。

Monica: Ready? Wrestle!
 レディ? スタート!

Rachel: Okay, you know what uh, actually, that's great. That helps a lot. Thanks.
 オーケー、ねぇ、ほんと、いいわね。助かったわ。ありがと。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Guys, come on! Let's go! The puck drops in 20 minutes! Come on, Joe!
 なぁ、行こうよ! あと20分でパックが落とされるぞ! なぁ、ジョー!

Ross: Joey's not going.
 ジョーイは行かない。

Joey: I didn't finish my five pages.
 5ページできてない。

Chandler: Well, why can't you do them tomorrow?
 明日やればいいじゃないか。

Ross: Because tomorrow he's redoing yesterday's pages.
 彼は明日は昨日のページをやり直しするんだ。

Joey: Yesterday's pages did not reflect my best work.
 昨日のページは俺の最高のできではなかった。

Chandler: Why don't you cut him a little slack? Okay? Maybe if he relaxes a little bit, he'll get some work done.
 ちょっとゆるめてやれよ。な? 彼もちょっとリラックスすれば、なにか書けるかもしれないじゃないか。

Ross: I think he's been relaxing enough, thanks to you and Fireball.
 あのファイアボールのおかげで、十分リラックスできたと思うよ。

Joey: Dude, if you think Fireball's relaxing, you've obviously have never played.
 おい、あのファイアボールでリラックスできると思ってるなんて、やったことないな。

Chandler: The only reason you're doing this to Joey is because you're bored. Okay, it's not his fault that you're unemployed.
 ジョーイにこんなことしてるのは、ただ退屈だからってだけだ。おまえが失業したのはジョーイのせいじゃないぞ。

Ross: I am not unemployed. I'm on sabbatical!
 失業じゃない。休息中だ!

Joey: Come on, look, guys, don't fight.
 なぁ、2人とも、ケンカするなって。

Ross: And the reason I'm doing this is because I am Joey's friend. And if you were a good friend, you'd be doing the same thing.
 僕がこうしているのは、僕はジョーイの友達だからだ。そして君もいい友達なら、同じことをするはずだよ。

Chandler: Oh, so being a good friend means acting like a total jerk?
 ああ、じゃあいい友達ってことは、本当にイヤなやつってことか?

Ross: If it does? Then you're an amazing friend of mine.
 もしそうなら、君は僕のすばらしい友達だね。
 
Joey: Hey-hey, guys, hey! How about we settle this over a friendly game of Fireball? Huh? I'll go unhook the smoke detectors!
 おいおい、2人とも、なぁ! ファイアボールで仲良く決着をつけないか? え? 煙感知器を止めてくるぞ。

Ross: How about we settle this right now! There! Now, no one's going to the game. Ha-ha-ha!
 これを今すぐ決着つけたらどうだ!(チケットを破る)ほらね。これで、誰もゲームを見に行かない。ハハハ!

Chandler: I paid for those tickets!
 俺、そのチケット代払ったんだぞ!

Ross: No, you didn't. You said you would, but you never did!
 いいや、払ってない。払うって言ったけど、払ってない!

Chandler: Oh, yeah!
 ああそうだ!

《セントラルパーク:ダニー兄妹も同席》

Danny: So we finally get to the top of the mountain and airhead here forgets the camera!
 それでようやく山の頂上に着いたんだけど、このおバカさん(妹)がカメラを忘れたんだよ!

Joey: Oh, you know the same thing happened to me one time.
 ああ、俺も同じことがあったよ。

Chandler: When did that happen to you?!
 いつそんなことがあったんだよ?

Joey: Don't you remember when we were jogging in the park and we saw that really pretty bird and wanted to take a picture−I didn't have my camera!
 覚えてない? 公園をジョギングしてた時に、かわいい鳥を見つけて写真を撮りたかったけど、カメラを持ってなかったじゃないか。

Chandler: Oh, yeah. First of all, chasing the Churro guy isn't jogging.
 ああ、あったな。でもまず第一に、チュロス屋を追いかけるのはジョギングじゃない。

Krista: Oh, this is so good. You have got to try it.
 ああ、これ本当においしいわ。あなたも食べてみて(指でつまんでダニーに食べさせるが、膝に落とす)

Danny: Oh, damn! I got it on my pants.
 あっ、くそ! パンツについたよ。

Krista: Here, I'll get it. . . We'd better take these pants off upstairs or that stain's gonna set.
 ほら、私が取る。(ナプキンをなめて股間を拭く)シミになる前に、上に行ってそれ脱いだ方がいいわ。

Danny: Yep. I'm gonna wear these on our date tonight.
 だな。これを今夜のデートに着ていくんだ。(出て行く)

Rachel: Oh, great!
 ああ、いいわね!

Chandler: Okay, bye! . . . Oh my God!!
 バーイ!(出て行ってから)オーマイゴッド!

Monica: That was unbelievable!
 信じられない!

Rachel: Okay, see? I told you!
 見た? 言ったでしょ?

Joey: Yeah, wow, sorry Rach.
 ああ、ワオ・・かわいそうにな、レイチ。

Chandler: I don't believe they're brother and sister.
 あの2人が兄と妹なんて信じられないな。

Joey: They're brother and sister?!!
 兄と妹だったの?!

《フィービーの募金活動》
(「しびんではない」「メイシーのことは知りません」などの言葉を貼り巡らしている。女性がお金を入れたところ)

Phoebe: Oh, whoa-whoa-whoa! Wait a minute, open up your hand, let me take a look. Quarter. Dime. Lint? Not interested in that. . What's this? A Canadian coin? Get outta here!
 ちょっとちょっと! 待って、手を開いて見せて。25セントと10セント硬貨、糸くず? そんなものいらない。これは何? カナダのコイン? あっちへ行って!

(男性が飲み物を手に近づいてくる)
Phoebe: Whoa-whoa-whoa! No drinks near the bucket! Set it down over there and then you can make a contribution! . . And you can leave the hurt bunny look over there too! . . Hi, Bob! . . . I thought I told you to get outta here!
 ちょっとちょっとちょっと! バケツに飲み物を近づけないで! それをあっちに置いてきて、それから寄付して。それに傷ついたウサギちゃん顔もそっちに置いてくるのよ! (募金責任者が来る)ハーイ、ボブ!(追い払った女性が戻ってくるので)あっちへ行けって言ったでしょ!

Bob: Uh, Phoebe, we've been getting complaints and uh, we're gonna move you to a less high-profile spot.
 フィービー、苦情が来てるのでね、君は別のもっと人の少ないところへ移ってもらうよ。

(high-profile = 注目を集める(仕事など))

Phoebe: What?!
 え?

Bob: Umm, Ginger's gonna take over this corner.
 ジンジャーがここをやるよ。

Phoebe: That chick can't handle my corner.
 あんな女にこの場所が勤まるもんですか。

Bob: Look, either you leave, or we remove you.
 いいかい、君が去るか、僕らが君をどかせるか・・

Phoebe: Fine. . . All right, I'll give you one pointer. Look out for that bitch.
 わかったわよ。(さっきの女性がまた来る)いい、一つ教えてあげる。あのクソ女に気をつけて。

《ダニーの部屋:ノックの音》

Danny: Oh, hey Rach! I thought we said seven?
 あ、やぁ、レイチ! 約束は7時だったよね?

Rachel: Yeah uh, you know what? Let's skip it.
 ええ。でもね、今回はやめにしましょ。

Danny: What?! Why?!
 え? どうして?

Rachel: Umm, you-you and your sister seem to have umm, a very special bond, and…
 えー・・あなたと妹さんはとても特別な絆があるみたいで・・

Danny: Oh, great! That special bond again! Why do women have such a problem with the fact that I'm close with my sister?
 いいね、また特別な絆だよ。女性はみんなどうして僕が妹と仲がいいことを問題にするんだ?

Rachel: Well, okay, look. I don't know, listen, I don't know what's going on here but let's…
 まあ、ね、なんていうか、ね、何がどうなのか知らないけど、でも・・

Danny: Do-do you, do you have brothers?
 君、君には男の兄弟がいる?

Rachel: No, I have two sisters. But one of them has a very masculine energy.
 いいえ。私は2人妹がいるわ。でも1人はとっても男っぽい子よ。

Danny: Are you close with them?
 その子達と親しい?

Rachel: No-no, they're not very nice people.
 いえいえ。そんないい人達じゃないから。

Danny: Okay, listen, I really like you. Okay? I think this can go somewhere. So what if I'm close to my family, are you gonna let that stand in the way of us?
 ねぇ、聞いて。君が好きなんだ。ね? 僕らうまくいくんじゃないかと思ってる。僕が家族と仲良くても、それが僕たち2人のさまたげになってしまう?

Rachel: Well, uh, I-I don't know. See when-when you put it that way you know it does sort of…
 まぁ、どうかしら、そうね。。そういう言い方をされると、なんていうか・・

Krista: Danny! Hurry up! The bath is getting cold!
 (バスルームから)ダニー! 急いで! お風呂が冷めちゃうわ!

Danny: What?
 (レイチェルの衝撃の顔を見て)なに?

Rachel: Yeah, okay, I'll see you later.
 いえ、オーケー、じゃあまたね。(出て行く)

《チャンドラー達の部屋:ロス1人、チャンドラーが来る》

Chandler: Oh hey! There's some kids playing in the street, you wanna go down there and give them a project, ruin their day?
 やぁ! 通りで子供達が遊んでたぞ。言って何か課題を与えて一日を台無しにしてこないのか?

Ross: Hey, if they have a ball maybe you can stick razor blades in it and teach them a new game, Gonna Need Stitches Ball.
 やぁ、もしその子達がボールを持ってたら、カミソリの刃をつけて新しいゲーム「縫い跡作りボール」でも教えてやったらどうだ?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys! I was at the library all morning and I already finished my five pages for today!
 やぁ! 今朝はずっと図書館にいて、今日の5ページを書いてきたぞ!

Ross: Yay!
 イエーイ!

Chandler: Great! Now, we can go to the Ranger game last night!
 いいね! これで昨日のレンジャーのゲームを見に行けるな!

Joey: No, dude, Ross tore up the tickets!
 おい、チケットをロスが破いちゃったじゃないか!

Ross: I guess when you don't have so many distractions, it's easier for you to focus. Huh?
 邪魔が入らないと、集中しやすいようだね、え?

Chandler: Yeah, also when you don't have somebody breathing down your neck all the livelong day!!
 ああ、誰かが一日中くっついて首に息を吹きかけていないと書けるよな!

Joey: Yeah, well, that's fine, but the important thing is that I finished it. And uh, I think it's really good, but you know it'd really help me is if I could hear it. So would you guys read it for me?
 ああ、いいんだよ。でも、大事なのは、終わったってことだよ。よくできたと思うんだ。でも、これを聞きたいからさ、2人で読んでくれないか?

Chandler: All right.
 いいよ。

Ross: All right.
 わかった。

Joey: Okay. "It's a typical New York City apartment. Two guys are hanging out." Ross.
 よし。「よくあるニューヨークのアパート。2人の男がいる」、ロス。

Ross: "Hey, man."
 「やぁ。」

Chandler: "What is up?"
 「どうかした?」

Ross: "About yesterday, I was really wrong. I am sorry."
 「昨日のことだけど、僕が本当に悪かった。ごめんよ。」

Chandler: "No, it was me. I'm sorry. I overreacted."
 「いや、俺の方だ。悪かった。反発しすぎたよ。」

Ross: "Maybe it was both of us, but we had our best friend's inter. . . But we had our best friend's interest at heart."
 「2人ともかもな。でも、僕ら2人とも親友によかれ・・(ジョーイを見る)僕ら2人とも親友によかれと思ってのことだ」

Chandler: "Could I be more sorry."
 「この上もなく申し訳ない」

Ross: "I don't know, I'm one sorry polontologist." All right, Joey, we get it. I'm sorry.
 「なんていうか、僕こそ申し訳ない子生物学者だ。」わかったよ、ジョーイ。わかった。(チャンドラーに)悪かったよ。

Chandler: I'm sorry too.
 俺も悪かった。

Joey: Oh, no! No-no, keep reading! The good part's coming up. Keep going.
 ああ、ダメだよ! ダメダメ。読み続けて。ここからいいとこなんだから。続けて。

Ross: "I am sorry, Chandler."
 「ごめんよ、チャンドラー」

Chandler: "I am sorry, Ross."
 「ごめん、ロス」

Joey: A handsome man enters. "Hey! How's it going guys? I don't know what you two were talking about, but I'd like to say thanks to both of you. You, you wouldn't let me give up on myself, and you, well, you co-created Fireball." The end.
 ハンサムな男がやってくる。「ヘイ! 元気か? 2人が何を話してたのか知らないけど、2人に礼を言いたいんだ。おまえ(ロス)、自分をあきらめさせないでくれたな。そしておまえ(チャンドラー)一緒にファイアボールを作ってくれた」終わり。

Chandler: This took you all day?!
 これに一日かかったのか?

Joey: No-no, this only took five minutes. I spent the rest of the day coming up with new, Ultimate Fireball. Ha-ha!
 いやいや、これは5分くらいでできたよ。あとの一日は新しい、究極のファイアボールを作ってたんだ。ハハハ!(ボーリングのボールとバーナーを持ち出す)

《モニカ達の部屋》

Joey: Okay, it's a typical New York City apartment. Two girls are just hanging out.. . Go.
 いいか、これはよくあるニューヨークのアパート。2人の女の子がそこいいる。ハイ。

Monica: "Hi, how are you doing, Kelly?"
 「ハーイ、元気、ケリー?」

Rachel: "I'm doing just fine! God, Tiffany, you smell so great!"
 「私は元気よ! まぁ、ティファニー、あなたとてもいい香りね!」

Monica: "It's my new perfume. Why don't you come closer where you can really appreciate it?"
 「新しい香水よ。もっと近くに来て、これを味わってみない?」

(先を読み進む2人)
Rachel: Oh, you know Joey, you are sick!
 まぁ、なに、ジョーイ、あなたビョーキね!

Monica: This is disgusting!
 これ最低!

Rachel: I'm not reading this!
 こんなの読まないわよ。(2人とも立ち去る)

Joey: What?! Wait-wait-wait! The handsome man was about to enter!!
 何だよ! 待って待って! これからハンサムな男が入ってくるとこなのに!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:41| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。