2013年08月24日

5-9 The One With Ross's Sandwich

5-9 ロスのサンドイッチの話

 ☆モニカはエッチ中毒?!☆

《モニカ達の部屋・フィービーがカウチに座っている》

Phoebe: What am I sitting on?
 私、何の上に座ってんの?(お尻の下を探る)

Chandler: Top of the world? Dock of the bay? . . I'm out.
 トップ・オブ・ザ・ワールド? ドック・オブ・ザ・ベイ? ・・・ネタが尽きた。

Top of the world = カーペンターズの曲
 Dock of the bay = オーティス・レディングの曲)





Phoebe: Ew-eww!! Undies!
 (拾って投げる)やだ! 下着!(ギョッとするモニカとチャンドラー)

Rachel: All right! Who's are they? Who's are they?
 (スティックで拾い上げ)ちょっと! これ誰の? 誰のなの?

Ross: Well, they're not mine!
 僕のじゃないね。

Chandler: Well, they're Joey's! They gotta be Joey's!
 それはジョーイのだ! ジョーイのに違いない!

Joey: Yeah, they're mine.
 ・・ああ。俺のだよ。

Chandler: See? They're Joey's! J-J-J-J-J-Joey's!
 ほらな? それはジョジョジョ・ジョーイのだ!

Ross: Why are they here?
 なんでここにあるんだ?

Joey: I don't know uhh… Well, I'm Joey. Yeah, I'm disgusting, I take my underwear off in other people's homes.
 それは・・・。俺はジョーイだ。ああ、俺は最低なやつなんだよ。人の家で下着を脱いだりするんだ。

Rachel: Well, get 'em out of here! What's wrong with you?
 持ってってちょうだいよ! どうかしてるの?

Chandler: Yeah!
 そうだよ!

Monica: Yeah!
 そうよ!

Rachel: Take 'em! . . Joey, you can touch them! They're your underwear.
 持ってって! ジョーイ、触れるでしょ! 自分の下着なんだから!

Joey: Chandler? A word.
 (イヤイヤつまんでから)チャンドラー? ちょっと。(出て行く。チャンドラーが後に続く)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: That's it! I'm tired of covering for you two! This has got to stop! . . Ahh! And tighty-whiteys! What are you, 8?
 もういい! お前達をかばうのにはもううんざりだ! もうやめてくれ! (手に持った下着を見て)ああっ! それにブリーフ?! なんだおまえ、8歳か?

tighty-whitey = brief ロッカールームで、履いているのをみつかれば、まず、食い込み状態にされるいたずら、wedgiesの標的にされるとのこと)

Monica: Thank you Joey, so much!
 ジョーイ、本っ当にありがとう!

Joey: Oh hey, no, you're not welcome. Okay, look, I hate this! You guys keep embarrassing me! Yesterday, Rachel found your razor in our bathroom and I didn't know what to say, so I said it was mine and-and that I was playing a woman in a play. And one thing led to another and..
 おい、ありがとうじゃないよ! いいか、もうこんなことはイヤなんだよ! 俺に恥をかかせてばかりじゃないか! 昨日はレイチェルがバスルームでカミソリを見つけて、何て言ったらいいかわからなかったから、俺のだって、俺が芝居で女性役をやってるってことにしたんだぞ。そこからずるずるといつの間にか・・(足を見せると剃られてツルツル)

Monica: Wow! And around the ankles, you know that is a tough spot.
 ワオ! くるぶし周りも! そこは難しいのよね!

Joey: Yeah, it was! All right, listen, I can't…
 ああ、そうだよ! いいか、俺は・・

Chandler: All this lying has been hard on us too.
 俺たちだってウソをつくのはつらいんだよ。

Joey: Oh-oh, yeah-yeah, I bet all the sex makes it easier!
 ああ、そうだろう。でも、セックスでまぎれてるだろう!

Chandler: Well, yeah, actually.
 ああ、それはそうだな実際。

Monica: We'll try to be more careful, okay? It's just that, we don't want everyone to know because this is going really well, and maybe the reason it's going really well is because it's a secret.
 もっと気をつけるわ、ね? うまくいってるから、誰にも知られたくないの。そのすごくうまくいってる理由は、秘密だからだと思うの。

Chandler: I know it sounds really weird, but we're just so bad at relationships.
 変に聞こえるのはわかってるけど、でもこういう交際が苦手なんだよ。

Monica: We are! Help us!
 そうなの! 助けて!

Chandler: Help!
 助けて!

Joey: All right! But, you do it with me once.
 わかったよ! でも(モニカに)俺と1回しよう。

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Didn't think so.
 ダメだと思った(立ち去る)

《セントラルパーク:フィービーが本を読みながら来る》

All: Hey, Phoebe! Hi, Pheebs!
 ヘイ、フィービー! ハーイ、フィーブス!

Rachel: What are you reading?
 何読んでるの?

Phoebe: Umm, Wuthering Heights. I'm taking a literature class at the New School and I have to finish it for the first session tomorrow.
 嵐が丘よ。大学の講座で文学のクラスを取ってて、明日の第一回目の講義までに読み終えないといけないのよ。

Chandler: I didn't know you were taking a class. That is so cool.
 講義を受けてるなんて知らなかったよ。いいね。

Phoebe: Yeah! Well, I really liked that Lamaze class I took! You know and this time I thought I'd go for something, you know a little more intellectual, with a less painful final exam.
 ええ! ラマーズクラスがとっても好きだったの。それで、今度は何か知的なもので、最終試験が痛くないクラスを取ろうと思ったのよ。

Rachel: Honey, that sounds like fun.
 まぁ、楽しそうじゃない。

Phoebe: Yeah! Ooh, you should come with me! Oh, yeah, then I'd have someone to sit with!
 ええ! あ、あなたも一緒に来たらいいじゃない! そうよ、そうしたら私も一緒に座る人ができるわ!

Rachel: Okay.
 いいわよ!

Phoebe: Yeah! Okay−ooh, but are you going to have time to read it?
 ワーイ! あ、でも、読む時間ある?

Rachel: Oh, I read that in high school.
 ああ、高校で読んだわ。

Phoebe: This is going to be so much fun! Okay-shhh, I have to finish.
 すごく楽しくなりそう!! それじゃ、シーッ! 読み終えるんだから。

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ・・

Joey: What's wrong, buddy?
 どうしたんだ?

Ross: Someone at work ate my sandwich!
 誰かが僕のサンドイッチを食べちゃったんだ!

Chandler: Well, what did the police say?
 それで、警察は何て?

Ross: My Thanksgiving leftover sandwich. I can't believe someone just ate it!
 僕のサンクスギビングの残りのサンドイッチ! 食べちゃうなんて信じられないよ!

Chandler: Ross, it's just a sandwich!
 ロス、たかがサンドイッチだ!

Ross: Just a sandwich? Look, I am 30 years old, okay? I'm about to be divorced twice and I just got evicted! That sandwich was the only good thing going on in my life! Someone ate the only good thing going on in my life!
 たかがサンドイッチ? いいか、僕は30歳なんだぞ。もうすぐ2回目の離婚をするところだ。そして、部屋を退去させられた! あのサンドイッチは僕の人生でただ一つのいいことだったんだ! 誰かが僕の人生のたった一つのいいことを食べた!

Monica: Okay, look, I-I have enough stuff for one more sandwich, I mean I was going to eat it myself, but ..
 わかった。ねぇ、あと1個サンドイッチ作るぐらい残ってるから、自分で食べるつもりだったけど、ね・・

Ross: That-that would be incredible. Thank you so much. I-I still can't believe someone ate it!! I mean, look, I left a note and everything.
 それはめちゃくちゃうれしいよ。ホントありがとう。でもまだ信じられないよ! ほら、見て! こうしてちゃんとメモもつけておいたんだ。

Chandler: Knock-knock. Who's there? Ross Geller's lunch. Ross Geller's lunch, who? Ross Geller's lunch, please don't take me. Okay?
 (読む)コンコン。誰? ロス・ゲラーのランチだよ。ロス・ゲラーのランチって誰? ロス・ゲラーのランチだよ、お願い取らないでね、いい?

Joey: I'm surprised you didn't go home wearing your lunch.
 よくランチを着て帰ってこなかったな。

Phoebe: Okay, look you wanna hold onto your food? You gotta scare people off. I learned that living on the street.
 いいわ、自分の食べ物を守りたいのね? 人をこわがらせないとダメよ。路上生活で学んだことよ。

Ross: Really?! So what would you say, Pheebs? Stuff like uh, "Keep your mitts off my grub?"
 そうなの? じゃあ何ていう、フィーブス? 例えば「僕の食べ物に手を出すな」みたいな?

Chandler: Say Ross, when you picture Phoebe living on the street, is she surrounded by the entire cast of Annie?
 ロス、路上生活をしてるフィービーって、おまえの頭の中では、アニーのキャストに囲まれてるのか?

Phoebe: Okay, this will keep them away from your stuff.
 (メモを書く)よし、これでみんなあなたの物に手を出さないわ。

All: Whoa! Ohh!!
 (それを読んで)うわっ!

Monica: Phoebe, you are a bad ass!
 フィービー、あなたって悪いやつね!

Phoebe: Someday I'll tell you about the time I stabbed the cop.
 いつか、警官を刺したときのこと話してあげるわよ。

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Well, he stabbed me first!!
 あっちが先に刺してきたのよ!

《フィービーのクラス:レイチェルが遅れてくる》

The Teacher: Bronte sisters were really remarkable women for their time. They lived in a patriarchal society.
 ブロンテ姉妹はこの時代においてはとても際立った女性であったと言えます。彼女達は父長制度の中で育ちました。

Rachel: Sorry I'm late, but I left late.
 遅れてごめんね、でかけたのが遅いんだけどね。

Phoebe: Okay.
 ええ。

Rachel: So Pheebs, what is the book about?
 フィーブス、これってどういう本?

Phoebe: I thought you said you read it in high school.
 高校で読んだって言ってたと思ったけど。

Rachel: Well, yeah, but then I remembered I started it and there was this pep rally and I was, I was on top of the pyramid but anyway−umm, what is this book about?
 ええ、でも読み始めた頃激励会があってね、私はピラミッドの頂点にいたのよね、それでとにかく、この本ってどういう話?

(pep rally = チアリーダーが盛り上げる激励会)

Phoebe: Okay, umm, it's this tragic love story between Cathy and Heathcliff. And umm, it takes place on like these really creepy moors in England. Which I think represents the wildness of Heathcliff's character. I totally get symbolism.
 わかったわ、これは、キャシーとヒースクリフの悲劇の恋の物語よ。イギリス北部のすごく不気味な原野が舞台なの。私、これはヒースクリフの荒れた心を象徴してると思うのね。私この象徴主義ってのが完全にわかっちゃった。

The Teacher: How would you characterize the theme of this book, uh let's see here, Rachel Green?
 この本のテーマをどう特徴づけられるかな、えーっと・・レイチェル・グリーン。

Rachel: Umm, well, I would have to say that it's a, it's tragic love story.
 あー・・そうですね、悲劇の恋の物語ですね。

The Teacher: Well, that's sort of a given, but yes. Anyone else?
 あぁ、それは当然そうだね、はい。他の人は?

Rachel: Oh-oh-oh, symbolism! And uh, the-the uh, wildness of the moors, which I think is-is mirrored in the wildness of Heathcliff's character.
 あっ、象徴主義です! この荒れた原野ですけど、私が思うに、ヒースクリフの荒れた心を映し出しているわけです。

The Teacher: Excellent! What Rachel has shrewdly observed here.
 すばらしいね! レイチェルは鋭く観察してるね。

Phoebe: You completely stole my answer!
 あなた私の答えをそのまま盗んだだけじゃない!

Rachel: Well, honey, that was pretty obvious.
 あらだって、明白じゃないの。

Phoebe: How would you know?! You didn't even read it!
 あなたになんでわかるのよ? 読んでもいないのに!

The Teacher: What do you think? You in the blue shirt.
 君はどう思うかな? その青いシャツのきみ。

Phoebe: I think that uh, yours is a question with many answers.
 それはいろんな答えが考えられる質問だと思います。

The Teacher: Would you care to venture one?
 一つ言ってみないかね?

Phoebe: Would you care to venture one?
 一つ言ってみないかね?
 
The Teacher: Are you just repeating what I'm saying?
 君は私の言ってることをただ繰り返しているのか?

Phoebe: Are you just repeating what I'm saying?
 君は私の言ってることをただ繰り返しているのか?

The Teacher: All right, let's move on.
 いい、先へ進もう。

Phoebe: Okay, then.
 ええ、それじゃ。

《セントラルパーク:フィービーとレイチェルが来る》

Phoebe: Why didn't you just say that you didn't read the book?!
 どうして、ただ本を読んでなかったって言わなかったの?!

Rachel: Be-because I didn't want him to think I was stupid! I mean, that was really embarrassing what happened to you!
 だって、バカだと思われたくなかったんだもの! あなたに起きたことめちゃくちゃかっこ悪いもの。

(ロスが来る)
Ross: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: Yeah?
 はい?

Ross: Phoebe! You're note, amazing! Not only did no one touch my sandwich, but people at work are actually afraid of me. Yeah, a guy called me mental! Mental Geller, yeah, I always wanted a cool nickname like that.
 フィービー! 君のメモ、素晴らしいよ! 誰も僕のサンドイッチに手を出さなかっただけじゃなくて、職場のみんなが僕を恐れてるんだよ。ああ! ある人なんて、僕のことブチ切れって言ったんだ! ブチ切れゲラーだよ。そういうかっこいいニックネームがほしかったんだよね。

Monica: Yeah, the best you got in high school was Wet Pants Geller.
 そうよね、高校でできた最高のニックネームがおもらし・ゲラーだもんね。

Ross: That was the water fountain! Okay?! Anyway, people are writing reports for me, uh pushing back deadlines to fit my schedule, I'm telling you, you get tough with people you can get anything you want. . . Hey, Tribbiani, give me that coffee! Now!
 あれは噴水の水だ、わかったか?! とにかく、みんなが代わりにレポートを書いてくれたり、僕のスケジュールに会わせて締め切りを変更してくれたりね。とにかく、強く出れば、なんでも手に入るんだよ。(ジョーイが通りかかる)おい、トリビアーニ、そのコーヒーを寄こせ! すぐだ!

(ジョーイが軽く押すとカウチの後ろに倒れるロス)

《部屋の前:ジョーイが女性と帰ってくる》

Cynthia: This was really fun! I've been wondering if you were going to ask me out.
 本当に楽しかったわ! あなたが誘ってくれるかなぁってずっと思ってたのよ。

Joey: So you uh, still wondering?
 それじゃ、今も待ってるの?

Cynthia: No, we just went out.
 いいえ。一緒に出かけたじゃない。

Joey: You're smart. I like that.
 君はかしこいね。そこがいいね。(ドアはロックされていたので鍵を使って開ける)

(部屋の中ではチャンドラーとモニカがキャンドル・カメラを用意していたが、鍵の音で慌ててチャンドラーの部屋に駆け込む。そこへジョーイ達が来る)

Cynthia: Oh, candles! What is that? A blanket? A video camera? Oh, my God!
 まぁ、キャンドル! それはなに? ブランケット? ビデオカメラ? なんてことなの!

Joey: Oh, no-no-no-no, wait-wait-wait!!
 いや、違う違う違う! 待って待って!

Cynthia: I can't believe you thought that you were going to video tape us having sex on the first date!
 信じられない! 初めてのデートでセックスするところをビデオに取ろうと思ってたのね!(出て行く)

(レイチェルが通りかかる)
Joey: Hiya.
 やぁ・・。

Rachel: Joey, is what she just said umm−Oh, my God. You were actually gonna…
 ジョーイ、今あの子が言ってたのって・・まぁ、なにこれ! あなた本当に・・

(チャンドラーが部屋から出てくる)
Chandler: What is going on here?
 何があった?

Rachel: And with Chandler in the next room. What are you, what are you sick?
 チャンドラーが隣にいるのに。あなたなに、あなたビョーキ?

Joey: I'm Joey. I mean, I'm disgusting. I make low-budget adult films.
 俺はジョーイだ。俺は最低なやつなんだよ。低予算のアダルト映画を作るんだ。

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが帰った後》

Joey: You guys promised you'd be more careful! I mean, come on! The good Joey name is being dragged through the mud here!
 きみらもっと気をつけるって約束したじゃないか! 頼むよ! いいジョーイの名前がもう泥まみれだ!

Monica: We're so sorry.
 本当にごめんなさい。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Well, I'm telling everyone about you! That's the only way to explain the underwear and the video camera that doesn't make me look like a pig!
 もうみんなにきみらのこと言うからな! 下着のことやビデオカメラみたいな、俺がブタ野郎に見えることの説明っていったらそれしかないだろ!

Chandler: No-no, wait! There's got to be a better explanation. You can tell them you had to make an adult film for your adult film class.
 いや、待ってくれ! 何かいい言い訳があるはずだ。アダルト映画のクラスのために作らなきゃならなかったって言えばいい!

Joey: Yeah, I like that. But no-no, how does that explain why Rachel found my underwear at your place?
 ああ、それはいいね。でもダメだよ。それでレイチェルが俺の下着をあの部屋で見つけたことはどう説明するんだよ。

Chandler: Oh−I don't know.
 ああ・・わからない。

Joey: Well, get ready to come out of the non-gay closet!
 ゲイじゃないってことを告白する準備をするんだな!

Monica: Okay, just wait, please. I promise we'll come up with something. Just give us a little more time.
 ね、ちょっと待って、お願い。何か考えるから。もう少し時間をちょうだい。

Joey: All right. Hey, but it better make me look really, really good. . Oh, and another thing, the video camera? Nice!!
 わかったよ。だけど、本当にすごく俺がよく見えるように考えてくれよ。・・あ、それから、ビデオ・カメラ? いいじゃん!

《ロスの職場:上司が来る》

Dr. Leedbetter: Umm, Ross. May I have a word with you?
 ロス、ちょっと話したいんだがいいかね?

Ross: Yeah, of course, Donald.
 ええ、もちろんですよ、ドナルド。

Dr. Leedbetter: We've been getting reports of some very angry behavior on your part.
 君が大変怒った態度でいるという報告を受けているんだけどね。

Ross: What?!
 え?

Dr. Leedbetter: Threatening letters, refusal to meet deadlines, apparently people now call you mental.
 脅迫文書や、締め切りの拒否とかで、もうみなが君をブチ切れと読んでいるとか。

Ross: Yeah.
 そうなんですよ。

Dr. Leedbetter: We want you to speak to a psychiatrist.
 精神科医と話してもらいたいんだがね。

Ross: Oh, no, you-you don't understand. Ugh, this is so silly. Umm, this is all just because of a sandwich.
 ああ、いえいえ、ご存じないんですね。これはバカげたことなんですよ。サンドイッチのせいなんです。

Dr. Leedbetter: A sandwich?
 サンドイッチ?

Ross: Yeah. You see my-my sister makes these amazing turkey sandwiches. Her secret is, she puts a, an extra slice of gravy soaked bread in the middle; I call it the Moist Maker. Anyway, I-I put my sandwich in the fridge over here…
 ええ。僕の妹が、素晴らしいターキーサンドイッチを作るんですよ。秘密は、真ん中に入れるソースがしみ込んだパンなんですけど、僕はそれをモイスト・メーカーと名づけたんです。とにかく、僕はそのサンドイッチをここの冷蔵庫に入れたんですけど・・

Dr. Leedbetter: Oh, you know what?
 ああ、ちょっといいかい?

Ross: What?
 え?

Dr. Leedbetter: I-I'm sorry. I, I-I-I believe I ate that.
 悪いね。私がそれを食べたと思うね。

Ross: You ate my sandwich?
 僕のサンドイッチを食べた?

Dr. Leedbetter: It was a simple mistake. It could happen to anyone.
 単純な間違いだよ。誰にでもある間違いだ。

Ross: Oh, really? Did you confuse it with your own turkey sandwich with a Moist Maker?
 へ、そうですか? あなたのモイスト・メーカー入りターキーサンドイッチと間違えたんですか?

Dr. Leedbetter: No.
 いいや。

Ross: Do you perhaps remember seeing a note on top of it?
 その上にメモがあったの記憶にありません?

Dr. Leedbetter: There may have been a-a joke or a limerick of some kind.
 ジョークかそんな類いの詩か何かあったかもしれないな。

Ross: That said it was my sandwich?!
 それは僕のサンドイッチだと書いてありましたよね?

Dr. Leedbetter: Now-now calm down. Come look in my office, some of it may still be in the trash.
 いやちょっと落ち着きたまえ。僕のオフィスに行って見てみよう。まだゴミ箱にあるかもしれない。

Ross: What?
 なんですって?

Dr. Leedbetter: Well, it was quite large. I-I-I-I-I had to throw most of it away.
 いや、あれはとても大きかったから。ほとんど捨てるしかなかったんだよ。

Ross: You-you-you-you threw my sandwich away!
 あなた、あなた、あなたは、僕のサンドイッチを捨てた!

(外の景色の中に響きわたる)
Ross: MY SANDWICH?!!!
 僕のサンドイッチを!

(公園の鳩も驚く)
Ross: MY SANDWICH!!!!!!
 僕のサンドイッチ!!!

《フィービーのクラス》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Rachel: So umm, what's this book about?
 それで、この本はどういう内容?

Phoebe: You didn't read this one either?!
 これも読んでこなかったの?

Rachel: Well, I was gonna, but I accidentally read something else.
 まぁ、読もうとしたんだけどね、でもつい他のもの読んじゃって。

Phoebe: What?
 何を?

Rachel: Vogue! Hey, so tell me about this Jane Eyre woman.
 ヴォーグ! ね、ジェーン・エアって人のこと教えて。

Phoebe: No! You should've read it yourself!
 イヤよ! 自分で読むべきでしょ!

Rachel: Come on, Phoebe! Don’t be such a goodie-goodie!
 何よ、フィービー! そんないい子ぶらなくてもいいじゃん!

Phoebe: Fine! Okay, all right, so Jane Eyre, first of all, you'd think she's a woman, but she's not. She's a cyborg.
 わかったわよ! いいわ、ジェーン・エアって、まず第一に、女性だと思うでしょうけど、違うの。サイボーグなのよ。

Rachel: A cyborg?! Isn't that like a robot?!
 サイボーグ?! それってロボットみたいな?

Phoebe: Yeah, this book was light years ahead of its time.
 そうよ。この本は、ずっと遠い未来のことを書いたものなの。

The Teacher: Sorry I'm late. Let's get started. So, what did everybody think about Jane Eyre?
 遅れてすまなかったね。始めようか。みんな、ジェーン・エアについてはどう思ったかな?

Phoebe: Umm, Rachel and I were just discussing it and she had some very interesting insights.
 レイチェルと私とでそれを話し合ってたんですけど、彼女がとての興味深い洞察を得たんです。

The Teacher: Well, go ahead Rachel.
 そうか、話してくれ、レイチェル。

Rachel: Uh, thank you, Phoebe. Umm, well, what struck me most when reading Jane Eyre was uh, how the book was so ahead of its time.
 ありがとう、フィービー。ジェーン・エアを読んで一番私の胸を打ったのは、これがいかに進んだ本であるかということです。

The Teacher: If you're talking about feminism, I think you're right.
 フェミニズムについてのことなら、その通りだね。

Rachel: Yeah, well, feminism, yes, but also the robots.
 ええ、フェミニズム、そうですね。でも、ロボットについてもです。

《セントラルパーク:チャンドラーの隣にモニカが来る》

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey. Okay, so umm, since that video camera thing didn't work out uh, I thought that I would give you just a little preview.
 ヘイ。あのね、ビデオカメラのことがうまくいかなかったから、あなたにちょっと予告編をあげようかと思って(写真を渡す)

Chandler: You're naked in this picture!
 この写真の君、裸じゃないか!

Monica: I know.
 そうなの!

(ロスが綿あめを食べながら来る)
Chandler: Ross?
 (写真を隠して)ロス?

Ross: Hey, Chandler. Monica!
 (今気づいたみたいに)ヘイ、チャンドラー。・・モニカ!

Monica: Ross, are you okay?
 ロス、大丈夫か?

Ross: I'm fine! I saw a psychiatrist at work today.
 大ジョブ! 今日職場で精神科医に会ったの。

Monica: Why?!
 なんで?

Ross: On account of my rage.
 僕の激怒のせいで。

Chandler: Which I may say, right now, is out of control.
 こう言えばいいのかな、今現在、コントロールできてないと。

Ross: He gave me a pill for it.
 彼がその薬をくれたんだ。

Monica: A pill?
 薬?

Ross: Uh-huh. Well, when the psychiatrist told me that I had to take a leave of absence because I yelled at my boss I started to get worked up again. So he offered me a tranquilizer. And I thought was a good idea so, I took it.
 そう。僕が上司に怒鳴ったせいで、仕事を少し休むようにって精神科医に言われて、また興奮しちゃってね。それで、精神安定剤を勧められたんだ。それはいい考えだなと思ったから、飲んだんだよ。

Monica: Wait a minute, they're making you take time off work?
 ちょっと待って、仕事を休めって言われたの?

Chandler: And you're okay with that?
 それでいいのか?

Ross: I don't know. It's going to be weird not having a job for a while, but I, I definitely don't care about my sandwich.
 わかんない。しばらく仕事がないなんて変だろうけど、でも、もうサンドイッチのことはどうでもいいね。

《モニカ達の部屋:フィービーとレイチェルが来る》

Rachel: Ugh, that was so embarrassing! I can't believe you let me go on and on like that!
 あーっ! もう本当に恥ずかしかったわ! あなた私に、あんなふうに延々としゃべらせて。信じられない!

Phoebe: I'm sorry. It was just so funny when you started comparing Jane Eyre to Robocop.
 ごめんなさい。あなたがジェーン・エアとロボコップを比較し始めたときは本当におもしろかったわ。

Rachel: That was not funny!
 おもしろくないわよ!

Phoebe: Well, I snapped! Okay? You weren't taking the class seriously.
 だって、私切れちゃったのよ! わかる? あなたクラスを真剣にとってないんだもの。

Rachel: Phoebe, come on! What is the big deal? I thought this was going to be something we could do together! You know, I thought it would be fun!
 フィービー、何よ! そんなたいしたことじゃないでしょ? 何か一緒にできると思ったのに。楽しいかと思ったのよ。

Phoebe: Well, yeah! Fun is good, but you know, I also wanted to learn. You know, people are always talking about what they learned in high school and I never went to high school.
 ええそうね。楽しいのはいいわ。でも、私は学びたかったのよ。みんないつも、高校で何を習ったとか話してるでしょ。私は高校へ行ってないもの。

Rachel: Ohh. Oh, so you really wanted to learn. Yeah, you know, Pheebs, I just wanted to have fun. Ohh, you know who you should go with?
 まあ。それじゃあなた本当に学びたかったのね。そうか。フィーブス、私はただ楽しみたかったのよね。あ、そうだ、誰と行くといいかわかる?

《フィービーのクラス:モニカが来ている》

Monica: I know! I know! I know!
 わかります! わかります! わかります!

The Teacher: Monica, you asked the question.
 モニカ、君がした質問だ。(うんざりするフィービー)

《チャンドラー達の部屋:フライドチキンを手に帰ってきたジョーイ》

(部屋に入り雑誌を手に取ると、中から写真が落ち、見るとモニカの裸なので驚くジョーイ。それを背後から見つけるレイチェル)
Rachel: Oh, my God! That's Monica!!
 なんてことなの! モニカじゃないの!

Joey: Oh, no-no-no! No-no-no-no-no-no-no!
 あ、いやいやいや! 違う違う違う違う!

Rachel: You get away from me!! You sick, sick, sick, sicko!!
 そばに来ないで! このビョーキのビョーキのビョーキやろう!

(ロスやその他みんながモニカ達の部屋から出てくる)
Ross: What's going on?
 どうしたんだ?

Rachel: Joey has got a secret peephole!
 ジョーイが秘密の覗き穴を作ったのよ!

Chandler: Oh, no! No! No! No!
 ああ、ウソだ! ダメダメダメ!

Rachel: Yes! He has a naked picture of Monica! He takes naked pictures of us! And then he eats chicken and looks at them!
 そうよ! 彼はモニカの裸の写真を持ってるのよ! 彼、私たちの裸の写真を撮ってるのよ! そしてチキンを食べて、そして見ているのよ!

Rachel: Look!
 見て!(写真を見せる)

Ross: Dude! That's my sister!
 ちょっと! 妹なんだから!

Monica: Give me that!
 ちょうだい!

Phoebe: All right, wait! Just wait. Everybody just calm down. Okay? Let's give our friend Joey a chance to explain why he's such a big pervert!
 いい、待って! ちょっと待って。みんな落ち着いて、いい? 私たちの友達なんだから、ジョーイに説明するチャンスをあげましょうよ。どうしてこんなひどい変態なのか!

Joey: No! I am not a pervert! Okay? It's just… I just… Kinda…
 違うよ! 俺は変態なんかじゃない! いいか、俺はただ・・ただ・・

Chandler: All right, look! Look. I think I can explain this.
 よし、聞いてくれ! 俺が説明できると思う。

Joey: Thank you!
 ありがとう!

Chandler: Joey's a sex addict.
 ジョーイはセックス中毒なんだ。

Joey: What?!! No, I'm not!!
 なに? いや、違う!

Monica: It's okay! It's good! It's good. It's a disease!
 いいのよ! それでいいのよ! 病気なんだから!

Joey: No! No! I am not a sex addict!
 いや! 違う! 俺はセックス中毒じゃない!

Monica: Yes, you are! That's the only way to explain all this stuff!
 いいえ、そうよ! それしかいろんなこと説明できないでしょ!

Joey: No, it isn't! No, it's not. Because you can also explain it with the truth!
 いや、そうじゃない! 違う。真実がそれを説明できるからだ。

Rachel: Well, what is the truth?
 じゃあ何が真実なの?

Ross: Yeah, what's going on?
 そうだよ、どうなってるんだ?

Phoebe: What's going on?
 どうなってるの?

Joey: I slept with Monica.
 ・・・モニカと寝たんだ。

Chandler: Well, let's….let's see what everybody thinks of that?
 それは・・みんながどう思うかな?

Monica: Oh, no!
 ああ、もう!

Ross: You slept with my sister?
 君が僕の妹と寝た?

Joey: Uh yes, but it was, we just did it once uh, in London.
 ああ、だけど、一回だけだ。ロンドンでね。

Ross: This is not good for my rage.
 これは僕の激怒によくない。

Rachel: Monica, is this true?
 モニカ、本当なの?

Joey: Of course it's true! How else would you explain all the weird stuff that's been going on?
 もちろん本当だとも! それしか最近の変なできごとの説明がつかないだろ?

Monica: Yes, it's true.
 ええ、その通りよ。

Rachel: Okay, but if it only happened that one time, how come we found your underwear in our apartment the other day?
 でも、それが一回だけのことなら、どうしてこの前、あなたの下着が私たちの部屋にあったの?

Joey: Ahh−oy! That was the underwear I was wearing that night in London. Right Monica?
 ああ、そう! あれはロンドンでのその夜に俺が着てたやつなんだ。な、モニカ?

Monica: I guess I wanted to keep it as a souvenir.
 私はそれを記念に欲しかったのね。

Ross: My God, Monica!!
 なんてことを、モニカ!

Chandler: Are you sure, Joe? Are you sure you're not just a sex addict?
 本当にそうなのか、ジョー? 君がセックス中毒じゃないのか?

Joey: No! If anyone's a sex addict here, it's Monica! Yeah. Yeah. She has been trying to get me back in the sack ever since London!
 違う! 誰かがセックス中毒だっていうなら、それはモニカだ! そうさ。ロンドン以来、彼女は俺とまたセックスしようとしてきたんだ。

Phoebe: So that's why she gave you a naked picture of herself.
 それで彼女があなたに裸の写真をあげたのね。

Joey: That makes sense!
 それで筋が通る!

Rachel: And the video camera?
 じゃあビデオカメラは?

Joey: Uhh, Monica?
 あー・・モニカ?

Monica: I guess I set up the video camera to try and entice Joey.
 私はビデオでジョーイを誘惑しようとしたのね。

Joey: But sadly I could not be enticed.
 悲しいかな、俺は誘惑されなかった。

Ross: Unbelievable! I mean you really kept Joey's underwear?! Why? Why would you do that?!
 信じられない! 本当にジョーイの下着を持ってたのか? なんで? なんでそんなこと?

Monica: I'm Monica. I'm disgusting. I stalk guys and keep their underpants.
 ・・私はモニカよ。私は最低なやつなの。男についてまわって、下着をとっとくのよ。

Joey: Well, I think we've all learned something about who's disgusting and who's not. Eh? All right, now, I'm going to get back to my bucket. I'm only eating the skin, so the chicken's up for grabs.
 さぁ、これでみんな、誰が最低で誰が最低じゃないか、知ったわけだ。な? よし、じゃあこのバケットに戻らせてもらうぞ。俺は鶏皮しか食べないから、誰かチキン食べる?

《フィービーのクラス》

Phoebe: I really thought you making a good point. I mean you know, until you got cut off.
 本当にあなたはいいとこついてたと思うわ。まぁ、彼女に遮られるまではね。

A Female Student: Yeah, what's up with that girl Monica?
 そうなのよ。あのモニカって子なんなの?

Phoebe: I don't know. I didn't come with her.
 知らないわ。彼女と一緒に来てないもの。

Monica: All right, everybody! Everybody, guess what? I just convinced Paul to give us a test next week!
 みんな! みんな、聞いて! ポールを説得して、来週テストにしてもらったわ!

All: A test?!!
 テスト?!

Monica: Come on! Tests make us all better learners! Oh, yeah! We should have essay questions!!
 いいじゃない! テストのおかげでみんなよく勉強するのよ! あ、そうだ! みんな作文提出よ!





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 12:57| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。