2013年08月22日

5-7 The One Where Ross Moves In

5-7 ロスが引っ越してくる話

 ☆レイチェルは恋の法則ガール☆

《セントラルパーク:ジョーイがナショナル・ジオグラフィックを見ている》

Chandler: Are you looking at naked tribe's women?
 裸族の女性を見てるのか?

Joey: No, look.
 違うよ、見て。

Chandler: That's a pig.
 ブタじゃないか。

Joey: I know, I know, but look at the knobs on it.
 そうだよ。でも見てこのおっぱい。(笑)

(ロスがひどい髪型で現れる)
Chandler: Hey!
 ヘイ!

Ross: Emily's cousin kicked me out!
 エミリーのいとこに追い出された!

Chandler: What?!
 なんだって?

Joey: Why?
 なんで?

Ross: Well, when you're subletting an apartment from your wife's cousin and then you get a divorce, sometimes the cousin suddenly wants his apartment back.
 妻のいとこから部屋をまた借りしていて、離婚すると、いとこはいきなり部屋を返せっていってくるんだね。

Chandler: How can he do that? Didn't you sign a lease?
 なんでそんなことができる? 賃貸契約は?

Ross: Who needs a lease when it's family!
 家族に賃貸契約なんていらないだろ!

Joey: Hey, you can stay with us! We'll take care of ya!
 俺たちのところにくればいい! 面倒みるぞ!

Chandler: Oh, yeah! Absolutely! Anything you need man! But you have to promise me you'll let us know the second you are feeling better so that we can make fun of your hair!
 ああ、もちろんだ! なんでも言ってくれ! でも、気分がよくなったらすぐ言ってくれ、そうしたらその髪型を笑ってやるから!

Joey: Yeah.
 そうそう。

Ross: You got it.
 わかったよ。

Joey: Okay.
 よし。

Ross: Thanks you, guys, I really appreciate this. All right, I'm gonna get packing again. Man, I've been moving around so much I'm beginning to feel like a nomad. . . What?
 ありがとう、本当に助かるよ。じゃあ荷造りに戻るよ。なんか引っ越しばかりしていて、nomad(放浪者)になった気分になってきたよ。(ジョーイが笑うので)なに?

Chandler: He thought you said gonad.
 おまえがgonad(睾丸)って言ったと思ったんだよ。

《モニカのレストラン:衛生検査官が来ている》

Health Inspector: Wow, Monica, if every restaurant is as clean as yours, I'd have a tough time making a living.
 すごいですね、モニカ、もしすべてのレストランがこんなにきれいだったら、私は生活に困ってしまいますよ。

Monica: Oh, Larry.
 あら、ラリーったら。

Phoebe: Umm, do health inspectors work on commission?
 衛生検査官の仕事って歩合で成り立ってるなの?

Larry: No, bribes.
 いいえ。賄賂です。

Phoebe: It's okay to laugh, right?
 (笑ってから)笑うとこよね?

Larry: Yeah, I was just kidding.
 ええ、冗談ですから。

Phoebe: Okay.
 オーケー。(笑)

Larry: I'll check the kitchen floors.
 キッチンの床をチェックします。

Monica: Okay, knock yourself out, Larry.
 わかったわ、頑張って、ラリー。

Phoebe: Yum-my!
 う・ま・そう!

Monica: Larry?
 ラリーが?

Phoebe: Oh, yeah! I'd let him check out my kitchen floors.
 ええ! うちの台所の床をチェックさせたいわ。

Larry: A 98. I deducted 2 points because you are not wearing your chef's hat, and that is a Section 5 violation.
 (戻ってきて)A98点ですね。シェフ帽をかぶってないので2点ひきました。5項に反しますからね。

Monica: Look, Larry, honey, umm, I wrote the book on Section 5 and I know that you don't have to wear your hat unless you're in the kitchen.
 あら、ラリー、ねぇ、私がその5項を書いたんだから知ってるわ。キッチンにいないときはシェフ帽をかぶっていなくてもいいのよ。

Larry: And where is your hat?
 それであなたの帽子はどこに?

Monica: It's in the kitchen, I'll go get it.
 キッチンよ。取ってくるわ。(キッチンへのドアを開ける)

Larry: Ahh, that's the 2 points.
 おっと、それで2点。

Phoebe: Hey, you should really read that book you wrote. Wow! You saw the hat in the kitchen and knew that she'd have to go in there hatless to get it. You can have your own health inspector detective show!
 (モニカに)自分の書いた本を読むことね。(ラリーに)ワオ! あなたキッチンに帽子があるのを見て、モニカが帽子なしで取りにいくってわかったのね。あなた衛生検査官物語に出るべきね!

Larry: Oh, I don't know about that.
 ああ、それはどうかな・・

Phoebe: Yeah, but then I can be your sidekick, Voonda.
 そうよ。私はジョシュのブンダよ。

Larry: Maybe uh, Voonda could give me her number and I can ask her to dinner sometime.
 ブンダが電話番号を教えてくれたら、いつか食事に招待したいな。

Phoebe: Okay, she would love that! You know, since you know all the clean places to eat.
 いいわよ。彼女喜ぶわ! あなたはきれいなお店を知ってるものね。

Larry: I'll call ya.
 電話するよ。

Phoebe: Okay. . . . He's so funny!
 わかった。(出口を間違えるラリーを見て)おもしろい人!

《セントラルパーク:ガンターがコーヒーを出している》

Monica: Thanks.
 ありがと。

Rachel: Thank you. Mon?
 ありがとう。(モニカに)モン?

Monica: Hmm?
 ん?

Rachel: How's Ross doing? You know since all the Emily stuff.
 ロスはどう? エミリーのことがあってから。

Monica: He's not great umm, but he's dealing with it. Oh, wait a minute, you're not gonna try…
 調子いいわけじゃないけど、なんとかやってるわ。ちょっと待って、あなたまさか・・

Rachel: Oh, honey, please, no, I can't get started with all that Ross stuff again. I mean, he's gonna screwed up for a long time. And besides you know, I don't, I don't go for guys right after they get divorced.
 あら、やめてよ、違うわ。またロスとあれこれ始めるなんて出来ないわよ。彼はしばらくへこんでるでしょう。それに私、離婚したばっかりの男性をねらったりしないわよ。

Monica: Right, you only go for them 5 minutes before they get married.
 そうよね。結婚する5分前をねらうだけよね。

(ダニーが来る)
Danny: Two pounds of Mocha Java, please.
 (ガンターに)モカ・ジャバを2ポンドください。

Monica: Danny. Are you guys ever gonna go out again?
 ダニーだわ。あなた達またデートするの?

Rachel: I don't know! He hasn't called me since that one time when we went out. I see him in the hallway, we flirt, I'm all ha-ha-ha-ha, and nothing.
 知らないわ。1回出かけて以来電話ないし。廊下で会ってぺちゃくちゃして、アハハハーって感じ、それだけ。

Danny: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hi, Danny! Wow! Thirsty, huh?
 あら、ダニー。(飲み物をたくさん持ってるので)ワオ! のど乾いた?

Danny: Uh, actually, actually, I'm having a party at my place on Saturday, it's sort of a house warming kind of thing.
 ああ、実は、土曜日にうちでパーティするんだ。引っ越し祝いみたいな。

Monica: Ohh, fun!
 まあ、楽しそうね。

Rachel: Ohh, great!
 ま、いいわね。

Danny: Yeah, I'm really looking forward to it.
 ああ。楽しみにしてるんだよ。

Rachel: Yeah.
 そう。

Danny: Okay, see ya.
 それじゃまた。(出て行く)

Monica: Well, I guess we won't be warming his house.
 あら。私たちは彼の引っ越しを祝わないみたいね。

Rachel: Okay. All right, I see what he's doing! He's not asking me out, because he wants me to ask him out.
 そうよ。わかったわ、彼がしてること。私を誘ってこないのは、私に誘ってほしいからよ。

Monica: And you're not gonna do that.
 あなたは誘わないわよね。

Rachel: That's right! 'Cause that would give him the control! So now he's all ooh, coming up with this whole I've got a party thing, you know, trying to get me to hint around for an invitation. Blew up in his face, didn't it?
 その通り! だって誘っちゃえばあっちのもんだもんね。それで彼はパーティがあるとかいって来て、誘ってほしがるようにしてきたのよ。台無しにしてやったわよね。

Monica: So-so there is no party.
 それじゃ、パーティはないんだ。

Rachel: No, there's a party. There's a party. But the power, that is still up for grabs. You follow me?
 いいえ、パーティはあるわよ。パーティはある。でも、主導権はまだ決まってないわ。わかる?

Monica: I think so. So, he-he's not inviting you to his party because he likes you.
 たぶんね。それじゃ、彼があなたをパーティに誘わないのは、あなたを好きだからなのね。

Rachel: Exactly.
 その通り。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーとジョーイが部屋に入る》

Joey: Ross?
 ロス?

(バスルームから出てくる)
Ross: Hey, roomies!
 やぁ、同居人さん達!

Chandler: Love what you've done with the place.
 部屋がいっぱいになっていいね。

Ross: Oh, yeah. I know, I know, it's a lot of boxes, but again I really appreciate you guys letting me stay here.
 ああ、そうなんだよ。箱がいっぱいで。でも、本当にここにいさせてくれて助かったよ。

Joey: Not a problem. And listen, hey! Since you're gonna be here for a while, why don't−I was thinking we uh, put your name on the answering machine.
 いいんだよ。あ、そうだ、ここにしばらくいるなら、どうかな、留守電に名前を入れようかって思うんだけど。

Chandler: Oh, yeah!
 ああ、そうだな。

Ross: Oh, I uh, hope you don't mind, I kind of already jazzed it up a little. Check it out. "We will, we will, call you back!"
 ああ、気に入るといいんだけど、僕、もうちょっとジャズっぽくしてみたんだよ。聞いてみて。(スイッチを入れると"We Will Rock You"がかかりそれに会わせたロスの声)"We will, we will, call you back!"

Joey: Hey, all right!
 おお、いいじゃん!

Ross: Pretty cool, huh?
 かっこいいだろ?(バスルームへ行く)

Joey: You're fake laughing too, right?
 おまえも作り笑いだよな?

Chandler: Oh, the tears are real.
 ああ、涙はホンモノ。

《レストラン:フィービーとラリー》

Larry: You look beautiful this evening.
 今夜の君はきれいだよ。

Phoebe: Show me the badge again. . . Shiny.
 もう一度バッジ見せて。(ラリーがバッジを見せる)光ってる。

Larry: Oh, will you mind if I wash up? Because I came straight from work and who knows where these babies have been.
 あ、手を洗いに行っていいかな? 仕事からまっすぐここへ来たからね、この子達(手を見せる)がどこさわったかわからないだろ。

Phoebe: You are just nonstop!
 あなたってほんとおもしろいわね!(1人になって、塩を食事にかけた後、肩越しに後ろに振る)

(ラリーが立ち去り、戻ってくる)
Larry: We're outta here!
 ここを出よう。

Phoebe: Why?!
 どうして?

Larry: Just walking past the kitchen I saw 10 violations! I'm shutting this place down!
 キッチンを通り過ぎただけで違反を10件も見つけた! 営業停止にする!

Phoebe: You have the power to do that?
 そんな力があるの?

Larry: This does.
 これにはある(バッジを見せる)

Phoebe: Shut it down.
 停止して。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーが部屋に入るとジョーイが段ボールの向こうから顔を出す》

Joey: Hey.
 ヘイ!

Chandler: What are you doing?
 何してるんだ?

Joey: Nothing.
 何も。

Chandler: You built a fort, didn't you?
 要塞を作ったんだな?

Joey: Kind of.
 まぁね。

Chandler: Oh, my God, the air purifier! Ross's air purifier! All I heard through 4 years of college was…nnn
 うわ! 空気清浄機だ! ロスの空気清浄機! 大学の4年間ずっと聞いてた、この音(んーという声)

Joey: Dude, you should've gone out once a while.
 おい、たまには外へ出りゃいいのに。

Chandler: I hate this thing!
 これ嫌いなんだよ!

Joey: Come on, Chandler, Ross is our friend. He needs us right now, so why don't you be a grown up and come and watch some TV in the fort!
 そう言うなってチャンドラー。ロスは友達だろ。今俺たちが必要なんだから。オトナになれ。そしてここへ来て要塞でテレビ見ようぜ!

《モニカ達の部屋:ダニーが来たところ》

Rachel: Oh, hi, Danny.
 あら、ハーイ、ダニー。

Danny: Hey guys, I just uh, wanted to invite you to the party tomorrow night.
 やぁ。その、君たちを明日のパーティに招待したいと思って。

Monica: Oh, thanks! We'll try to stop by.
 あら、ありがとう! 行くようにするわ。

Rachel: Uh, actually, I think I'm gonna be busy.
 あー、実は私忙しいのよね。

Monica: You are?
 そう?

Rachel: Yeah! Remember I got that uh, gala.
 そうよ。ほら、私、競技会があるでしょ。

Danny: Yeah, what's the gala for?
 そう、何の競技会?

Rachel: It's a uh, regatta gala.
 ヨットレースよ。

Danny: Really! You-you sail?
 そうなんだ! 君がヨットを?

Rachel: No-no, but I support it.
 いえいえ。応援するの。

Danny: Okay, hope I see you tomorrow night.
 そうか。(モニカに)明日の夜来て!

Monica: Okay.
 わかったわ。

Danny: Take care.
 気をつけて。(立ち去る)

Rachel: Okay. Walked right into that one, didn't he?
 よし。まんまとはまってきたわよね?

Monica: What one? You wanted him to invite you to the party and he did it!
 何に? 彼に招待してもらいたくて、そして彼は招待してきたじゃない!

Rachel: Yeah, but he waited until the last minute! So if I said yes, he would know I had nothing better to do than wait around for an invitation to his stupid party. I said, "No!" Which puts me right back in the driver seat.
 ええ、でも最後の最後まで待ったのよね! そこでもし私が行くって言ったら、彼のパーティなんかに招待されるのを待つしかすることなかったと思われちゃうわ。私はノーって言った。これで私は運転席に戻ったわよね。

Monica: Great. So the ball is in his court?
 よかったわね。それじゃボールは彼の側にあるわけ?

Rachel: Ball? There is no ball.
 ボール? ボールなんてないわよ。

《チャンドラー達の部屋:ロスがパソコンで何かしている》

Ross: Joey, please!
 (ジョーイが物音をたてるので)ジョーイ、頼むよ!

Joey: Sorry.. . . . Ahhhhhhhhhh…
 ごめん。(ワニのおもちゃで遊びだす)ああああ!

(ロスが振り返り、「抑えろ」というサインを見せる・・チャンドラーが来る)

Chandler: Hello, children!
 やぁ、子供たち!

Joey: Hey! Wanna play some foosball? Please?
 おお! フーズボールする? 頼むよ!

Chandler: Okay.
 わかった。(いつもの場所にない)

Joey: No-no, no! We moved the table into my room, yeah! 'Cause of all the boxes. Come on!
 いやいや、テーブルは俺の部屋に運んだから。ほら、たくさん箱があるだろ。来いって!

(ジョーイの部屋に行く)
Joey: All right, I have one question. What is the deal with this?
 なぁ、聞きたいんだけど。これってどうしろって言うんだよ?(ロスの「抑えろ」ジェスチャーを真似るが、両手同じ動き)

Chandler: Bye-bye little puppet Joey hand?
 バイバイちっちゃなパペットするジョーイの手?

Joey: No, the quiet down thing!
 違うよ、静かにしろってやつ!

Chandler: You mean this.
 これのことか!(ロスのジェスチャー)

Joey: Um-hmm! Look, I-I-I don't know how much more of this I can take! Did you know he taped over my Baywatch tape with some show about bugs! My God! What if that had been porn?
 うん! なぁ、もう耐えられそうにないよ! オレのベイウォッチのテープに虫の番組を録画しちゃったの知ってる? もう! もしポルノだったらどうする?

Chandler: All right, look, you know, this maybe tough but come on, this is Ross! I survived college with him!
 そうか。なぁ、これはきついかもしれないが、でもロスのことなんだから! 大学は彼となんとかしのいできたんだからな。

Joey: All right, I guess I can hold out a little longer. Let's have a game.
 わかったよ。もう少しやってみるよ。ゲームしようか。

Chandler: Okay. . . No-no-no-no!
 わかった。(ゲーム)ダメダメダメ!!

Joey: YES!!
 やった!

(ロスが来る)
Ross: Uh fellas..
 あー、君たち・・(抑えろジェスチャーをしてから出て行く)

Chandler: Okay, so he's out of here.
 よし、出てってもらおう。

Joey: Um-hmm.
 おお。

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: You guys got anything to eat? I just went down to Jono's for some chicken and it was closed!
 何か食べるものある? ジョノの店にチキンを食べに行ったら、閉まってたんだよ。

Phoebe: Oh, I took Larry there to eat but it was all violated. So we shut it down!
 ああ、食事にラリーを連れていったら、違反だらけで、営業停止にしたのよ。

Joey: Pheebs, if this guy keeps closing down all of our favorite places, where are we gonna eat?!
 フィーブス、そいつが俺たちの好きなとこ全部営業停止にしちゃって、どこで食べたらいいんだよ?

Monica: I don't know, clean places?
 どこかしらね。きれいなとこ?

Joey: Umm, yum!
 ああ、うまそうだね!

(ノックの音)
Monica: It's Danny.
 (覗いてみて)ダニーよ。

Rachel: Don't let him in! I'm supposed to be at a regatta gala.
 入れちゃダメよ! 私はレガッタ競技会に行ってることになってるんだから。

Monica: We'll be right there! Can't you just say it starts later?
 (ダニーに)すぐ行くわ!. . もっと後であるって言えば?

Rachel: What? What kind of a regatta gala starts at night?!
 え? 夜始まるなんて、どんなレガッタ競技会よ?

Monica: The fake kind!
 ウソ競技会よ!(ドアを開け、レイチェルは隠れる)

Danny: Hey, I need a ladle. You got a ladle?
 やぁ、オタマがいるんだ。オタマある?

Monica: We have a ladle.
 オタマあるわよ。(渡す)

Danny: Thanks, see you at the party.
 ありがとう。じゃあまたパーティで。(立ち去る)

Monica: Okay, great!
 わかった。楽しみにしてるわ!

Phoebe: Hey, guys, you know what Larry would say? He would say, "See you ladle."
 ねぇ、ラリーだったらなんて言うと思う? 彼ならこうよ、「じゃあタマね!」

《セントラルパーク:新聞を見てるチャンドラー》

Chandler: Well, I-I-I'm done with this. You want anything, Ross? Sports? International? Apartment listings?
 あー、これはもう読んだ。何か読む、ロス? スポーツ? 国際欄? アパート欄?

Ross: I'll take sports.
 スポーツ見るよ。

Joey: Mine!
 俺の!

Ross: All right. Uhh, international.
 いいよ、じゃあ国際欄。

Joey: Oh, that's mine too! . . I'm Italian!
 それも俺の! イタリア人だもん!

Ross: Well, I guess I can check out those apartment listings, even though there's never anything in here.
 そう、じゃあ、アパート欄を見てみようかな。何もないってわかってるけどね。

Chandler: Not even on page 7?
 7ページにも?

Ross: Oh, yeah! You're−hey, you're right! Here's an affordable place, two bedroom, close to work, ooh, it's available in five weeks!
 ああ、あるね! ああ、本当だ! いいところがあるよ。寝室2つ、職場に近いし、5週間後に入居可能だ。

Chandler: What about that circled one?
 その丸で囲ってあるところは?

Ross: Oh, I-I don't know, it's kind of expensive for a studio.
 ああ、どうかなぁ。ワンルームにしては高いよね。

Joey: But it's available now! Isn't it?
 でもすぐ入れるよ! ・・じゃない?

Chandler: Yes, it is.
 ああ、そうだな。

Joey: Hey, let's go look at it!
 じゃあ行って見てみよう!

Ross: Okay, let's go.
 そうか、行こう。

Joey: Okay!
 よし!

Chandler: There we go!
 行こう!

Ross: Oh-oh-ooh, hey guys, I was wondering if you would uh, maybe chip in on some new air filters for the air purifier? I mean after all, we are all using it.
 あ、そうそう、君たち、空気清浄機のエアフィルター代を少し出してくれるかな? だって結局みんなが使うものだからね。

Chandler: Let's go quicker.
 早く行こう!

Joey: Yeah!
 ああ!

《問題のワンルーム》

Ross: Oh, my God!
 すごいな、この部屋!

Chandler: Yeah, look at this kitchen, slash, bathroom. Well that's great! You know, so you can cook while in the tub.
 ああ、見ろよ、キッチン兼バスルームだ。いいね! 入浴中に料理ができる。

Joey: Somebody was using his head. Hey, let's check out the rest of the place.
 頭使ってるな。他の部屋も見てみようよ。

Ross: I think this is it. I don't know, maybe we should keep looking.
 これだけだよ。どうかなぁ、もっと探してみるべきかな。

Joey: But hey, Ross, this place is available now!
 でもロス、この部屋ならすぐ入れるぞ!

Chandler: Yeah, you don't want to be stuck with us for the next five weeks.
 そうだよ。この先まだ5週間も俺たちのとこから出られないのイヤだろう。

Joey: Yeah.
 そうだよ。

Ross: So, you-you think I should go ahead and take this place?
 (ジョーイに)それじゃ、ここに住めばいいと思う?

Joey: It's perfect!
 完璧じゃん!

Ross: How about you?
 (チャンドラーに)君は?

Chandler: It's a kitchen, slash, bathroom.
 キッチン兼バスルームだぞ。

Ross: All right, I see what you guys are saying. I'll uh, I'll go downstairs and fill out an application.
 わかったよ。言いたいことはわかった。下へ行って申し込み用紙書いてくるよ。(出て行く)

Chandler: We are bad people.
 俺たち悪人だ。

Joey: He knew we were trying to get rid of him. He knew! You think we could get a bathtub in our kitchen?
 あいつ、俺たちが追い出そうとしてるって気がついてる。気がついたよ! ・・・うちのキッチンにも浴槽置けるかな?

《セントラルパーク:フィービー1人。ラリーが来る》

Larry: Hey, ready for dinner?
 やぁ、食事行ける?

Phoebe: Ooh, absolutely!
 ええ、もちろん!

Larry: Great! How about you wanted to go to the Italian place down on Bleaker Street, right?
 よかった! ブリーカー通りのイタリアンの店はどう?

Phoebe: Ooh, I love that place! . . So, no.
 ああ、あそこ大好き! ・・・行かない。

Larry: How about Mama Lizetti's?
 それじゃママ・リゼッティは?

Phoebe: Enh. Sure!
 うへ。行く!

Larry: I wonder how long that milk has been sitting out.
 この牛乳はいつからここに置きっ放しになってるんだろう。

Phoebe: Oh, no-no, this place is totally healthy! That−this milk is mine. I bought this today, 'cause I was thirsty for milk, you know. . Okay, let's go!
 いえいえ、ここは完璧に衛生的よ。この牛乳は・私のなの。今日買ったのよ。牛乳を飲みたかったから・・(飲む)さ、行こう!


(ガンターがゴミ袋を持って通過する)
Larry: Hey, buddy! Are you familiar with Section 11-B of the Health Code that requires all refuse material be taken out the back exit?
 ちょっと、きみ! 衛生規則の11-B項ですべての廃棄物は裏口から出すようにと定められているのを知らないのか?

Gunther: But then I'd have to go all the way around the dry cleaner place.
 でもそうすると、ドライ・クリーングのところを回って行かなきゃならないんですよ。

Larry: Oh, so you're saying you'd choose convenience over health?!
 ああ、そうするときみは、衛生的であることより便利なことを選ぶのかね?!

Phoebe: Okay, stop! Larry, okay, can't you just be Larry and not Larry the health inspector guy? You know, I mean it was really exciting at first but now it's like, okay, so where are we gonna eat ever?
 ちょっと、やめて! ラリー、ねぇ、衛生検査官のラリーじゃなくて、ただのラリーになることできない? 最初は楽しかったけど、でももう今では、どこで食べろっていうの?って感じ。

Larry: Well, I suppose I could give him a warning.
 ま、今回は警告にとどめておこうか。

Phoebe: Thank you. Okay, go! Go! Go! Now, if, after dinner, you still really need to bust someone, I know a hot dog vendor who picks his nose.
 ありがと。(ガンターに)ほら、行って。行って行って! (ラリーに)食事が済んでもまだ誰かを捕まえたかったら、鼻をほじるホットドッグ屋さん知ってるから。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Maybe, maybe we did a good thing, helping Ross get back on his feet!
 もしかしたら、あれでよかったのかも。ロスが独り立ちするのを助けたってことで。

Chandler: Yes, that was a nice place!
 ああ・・あそこはいいとこだったよな。

Joey: Yeah!
 そうさ!

Chandler: Not a lot of closet space, but he can just hang his stuff out the window in a bag!
 物を置く場所は多くないけどな。でも、袋に入れて窓の外にぶら下げればいいもんな。

Joey: Yeah!
 そうさ!

Chandler: What are we gonna do?
 どうしよう?

Joey: I don't know. Maybe pizza?
 そうだな・・ピザにする?

Chandler: About Ross!
 ロスのことだよ!

Joey: Oh! Oh! . . . Hello! . . Oh, yeah! . . . It's the apartment manager. Ross put us down as references. . . Ross is the greatest guy you'll ever meet! Yeah, he's very reliable.
 ああ!(電話が鳴る)もしもし。ああ、はい! (チャンドラーに)アパートの管理人だ。ロスが俺たちを紹介先欄に書いたんだな。(電話で)ロスほどいいやつはいませんよ! ええ、彼はとても頼りになります。

Chandler: Of course he has this big huge dog! That uh, barks into the night. . . Well, who doesn't love dogs? . . Ah, he's a tap dancer! . . Yes, some would say that is a lost art. . . He's a pimp! . . There you go! Yes, he's a pimp. He's a big, tap dancing pimp! . . . Hello?
 (電話を取って)もちろん彼は大きなデカ犬を飼ってますよ! 夜中まで吠えてる・・・まぁ、誰でも犬は好きですよね・・あー、彼はタップダンスをするんですよ! ・・ええ、貴重な芸術ですよね・・・やつはぽん引きなんですよ! ・・そうそう! そう、彼はぽん引きです。タップダンスをするぽん引きなんですよ・・・もしもし?(切れている)

(なぜそんなことを言ったか考えているジョーイ・・・わかった。)
Chandler: Ohhhhh!
 ああああ!

《ダニーの部屋近く:パーティに行こうとするモニカとレイチェル》

Rachel: Shoot, shoot, this is never gonna work! He's right there!
 ダメダメ! これじゃダメよ。彼がすぐそこにいる!

Monica: Just go over and say hi.
 行って挨拶するだけじゃん。

Rachel: No, I have to go downstairs and come back up as if I'm coming home from the regatta gala. Okay? So just go distract him. But don't be sexy.
 ダメよ。下へ降りて行って上がって来て、今レガッタ競技会から帰ったみたいにしないと。でしょ? 行って気をそらしてて。でもセクシーにしちゃだめよ。

Monica: Hey, Danny!
 ハーイ、ダニー!

Danny: Hey! What's going on?
 やぁ! 元気?

Monica: Oh, it's a great party! Great food. You know, most parties it's all chips and salsa, chips and salsa. . . So umm, what's this?
 まぁ、いいパーティね! 食べ物もいいわね。チップスとサルサソースばっかりのパーティが多いでしょう。・・(レイチェルがなかなか下へ降りられず)・・それで、これはなに?(お皿を指差す)

Danny: Salad.
 サラダ。

Monica: Ooooh! . . And-and-and what-what's this?
 ああ! じゃあこれは?

Danny: Bread. Aren't you a chef?
 パン。シェフじゃないの?

Monica: Oh.
 あら!(レイチェルを見る)

Danny: Hey! Rachel!
 やぁ、レイチェル!

Rachel: Hey! Oh, right, tonight was your party.
 ハーイ! ああ、そうだったわね、今夜がパーティね。

Danny: Oh, wow, you look great! Glad you could make it.
 ワオ! きみ素敵だね! 来てくれて嬉しいよ。

Rachel: Oh, well, you know, the gala had to end sometime.
 ああ、まぁね、ほら、競技会もいつかは終わるわよ。

Danny: Don't go anywhere, I'll be right back.
 どこへも行かないで。すぐ戻るから。

Rachel: Yeah, sure. All right, whose court is the ball in now?
 ええ、いいわ。(モニカに)ほらね、ボールは今どっちのコートにあるかってことよ。

Monica: I thought there wasn't a ball?
 ボールはないんじゃなかったかしら。

Rachel: Come on! He's glad that I came, he doesn't want me to go anywhere, balls flying all over the place!
 何いってるのよ! 私が来て喜んでて、そしてどこへも行かないでほしいって言ってるのよ。ボールが飛びまくってるじゃん!

Danny: Rachel, this is my friend Tom. . This is the girl I told you about.
 (友人を連れてきて)レイチェル、こちら僕の友達のトム。(トムに)この人が話してた人だよ。

Rachel: Oh, come on! You telling people about me?
 あらやだ! 私のこと人に話してたの?

Danny: You two could really hit it off! I'm gonna go mingle.
 君たちふたり仲良くなれると思うよ! じゃあ僕はあっちで話してるから。(立ち去る)

Tom: So you work at Bloomingdale's, huh? My mom calls it Bloomies.
 ブルーミングデールズで働いてるんだって? 僕のママはブルーミーって言うんだよ。

Rachel: Yeah, okay, at ease solider!
 ああ、わかったわよ、休め兵士!

Tom: I'm sorry?
 は?

Rachel: No, it's all right, you can just drop the act, Tommy. I know what's going on here. You're Danny's wingman, right? You guys are best buds. Frat bros!
 いえ、いいのよ。もうそんなフリしなくていいのよ、トミー。何が起きてるのかわかってるんだから。あなたはダニーが女の子ゲットするのを助けてるのよね。親友なのね。お堅い友人ね!

(frat = 米俗お堅い男子学生:bro = 兄弟・(よびかける)きみ)

Tom: I'm gonna go talk to a friend.
 ・・友達と話してくるよ。

Rachel: Yeah, yeah, you go talk to your friend. You tell him, "Nice try." . . Man! He just keeps lobbing them up and I just keep knocking them right out of the park!
 そうよ、そうして。友達と話してきたらいいわ。彼に「うまい手だ」って言ってきて。(トム立ち去る)まったく! 彼ったらとにかくロブしまくりね。私が全部公園の外まで飛ばしてやったわ!

(lob = ロブ・テニスなど高くゆるい球を打つ)

Monica: I think I need a drink.
 飲みたい。

Rachel: Yeah!
 そうね!

《チャンドラー達の部屋:ヘルメットをかぶったジョーイが座った椅子を回転させているチャンドラー》

Chandler: 98. 99. 100. Okay, go!
 98、99、100。よし、行け!

Joey: Dude, I'm telling ya! I'm fine!
 だから、言ってるだろ! 大丈夫だって!(立ち上がって顔から倒れる)

Chandler: Here we go! Here we go!
 (フラフラのジョーイを支えて)ほらほら、よーし!

(ロスが来る)
Joey&Chandler: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey. So I uh, I didn't get that apartment. Some problem with my application.
 やぁ。アパート入居できなかったよ。僕に問題があったんだ。

Joey: You're kidding!
 ウソだろ!

Chandler: You're kidding, no!
 ウソだろう、そんな。

Ross: Yeah. But, the good news is that Phoebe said that I could stay at her place for a while. So…
 ああ。でも幸いフィービーがしばらく泊めてくれるっていうから。

Joey: But you can't stay with Phoebe, Ross! We're-we're roomies!
 フィービーのところになんて泊まることないよ、ロス! 俺たち同居人じゃん!

Ross: Look, you guys don't need me here taking up your space.
 なぁ、君たちはここでこんなに場所取ってる僕は必要ないだろ。

Joey: Well, we got plenty of space! There-there's still some over there .. by-by that speaker. Please, just stay!
 場所ならいっぱいあるよ! まだそこにあるだろ…その、そののそばにさ。頼むよ、いてくれよ!

Chandler: Yeah!
 そうだよ!

Ross: Are you guys sure about this?
 ほんとにいいのか?

Joey: Definitely!
 もちろん!

Chandler: Yes! Ross, you have to stay!
 いいよ! ロス、ここにいろって!

Ross: All right.
 わかったよ。

Joey: All right!
 よし。

Chandler: All right, buddy!
 いいぞ、相棒!

Ross: So I'm a pimp, huh? It's okay! Look, I know that sometimes I can be a pain in the ass, but you just have to talk to me. Tell me if something is bothering you. Okay? And for my part I will do everything I can to keep my annoying habits, you know, just ..
 それで、僕はぽん引きだって? いいんだよ。僕だって、自分にいやなところがあるのもわかってるよ。でも、ただ言ってくれたらいいよ。何か気にさわるなら言ってくれ、ね? 僕としては、自分のいやな癖は抑えるようにするから、ね、(と気にさわる「抑えろ」ジェスチャーをする)

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーが帰ると、段ボールの向こうからカウボーイハットをかぶったジョーイが顔を見せる》

Chandler: Well, I see you've had a very productive day. Don't you think the cowboy hat is a little much?
 生産的な日を過ごしたようだな。カウボーイハットはちょっとやり過ぎとは思わないか?

(インディアンの羽飾りをつけたロスが顔を出す)
Ross: Come on, it's fun!
 来いよ! 楽しいぞ!

Chandler: All right! Isn't this a woman's hat?
 よーし!(潜り込んで、ボンネット帽子をつけて立ち上がる)これって女物の帽子じゃないか?

Joey: Dude, stop talking crazy and make us some tea!
 こら、バカなこと言ってないで、お茶でも入れろ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 13:33| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。