2013年08月21日

5-6 The One With The Yeti

5-6 イエティの話

 ☆雪男に胸キュン!☆

《チャンドラー達の部屋:モニカとチャンドラー。ジョーイが帰ってくる》

Joey: Hey! Hey! Hey! Hey!! None of that, not while you're living under my roof!
 (キスを見て)おいおいおいおい! それはナシだ! ここに住んでいる間はダメだ!

Monica: What?!
 え?

Joey: Look, just because I know about you two, doesn't mean I like looking at it.
 いいか、君らのことを知ってるからって、それを見たいってわけじゃない。

Chandler: Aren't you supposed to be at an audition for another hour?
 おまえあと1時間はオーディションじゃなかったか?

Joey: Well, I'm sorry if I'm not a middle-aged black woman! And I'm also sorry if sometimes I go to the wrong audition! Okay, look, if I have to pretend I don't know about you two, then you two are gonna have to pretend there's nothing to know about.
 悪かったよ、俺は中年黒人女性じゃなくて! もひとつ、悪かったよ、オーディション間違えて行って。いいか、俺がおまえら2人のこと知らないフリをしなきゃならないのなら、おまえ達も知られて困ることはないフリをしろ。

Chandler&Monica: Okay. Sorry.
 わかった。ごめん。(ジョーイが部屋に行くとキスし始める)

Joey: I can hear that!
 (部屋から)聞こえるぞ!

Monica: Rachel's at work.
 (チャンドラーに)レイチェルは仕事でいない。(2人出て行く)

Joey: I can still hear you!
 (部屋から)まだ聞こえるぞ!

《セントラルパーク:箱を持ったフィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hello!
 やあ!

Monica: Hey, what's that?
 あら、それなに?

Phoebe: Yeah, my mom sent me a family heirloom that once belonged to my grandmother. Can you believe it?! A year ago I didn't even have a family, and now I have heirlooms for crying out loud. . . Eeeee!. . . Ohh!! God!
 私の祖母のものだったっていう家宝をママが送ってくれたの。信じられる? 1年前は家族もいなかったのに、今では家宝まで送ってもらっちゃうなんて、たまげちゃうわよ。(ブーツからナイフを出して箱を開ける)えーい! きゃあ!(毛皮のコートだったので、驚いて投げる)

(crying out loud = 驚きや苛立ちを表す。単に強調するだけの訳になり得る)

Joey: Argh-argh!! Ooh, soft. Is this mink?
 (飛んで来て驚き)ああーっ! ・・・おおお。柔らかいな。これミンク?

Phoebe: Yeah! Why would my mother send me a fur? Doesn't she know me but at all? Plus, I have a perfectly fine coat that no innocent animal suffered to make!
 そうよ! なんで私の母親が毛皮なんて送ってくるの? 私のこと全然知らないの? それに私、罪のない動物を犠牲にしてない、ちゃんとしたいいコート持ってるわよ!

Chandler: Yeah, just some 9-year-old Filipino kids who worked their fingers bloody for 12 cents an hour. . . That didn't happen, I made that up!
 ああ、時給12セントで指から血を流して働いている9歳のフィリピンの子供達だけだな。(驚愕のフィービーを見て)なんてことはない、作り話だ!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Gunther: Oh, Ross? Ross! You can't put up flyers in here.
 あ、ロス? ロス! ここでこんなチラシ貼らないでください。

Ross: How come? Everybody else does.
 どうして? みんな貼ってるじゃないか。

Gunther: You can't.
 君はダメ。

Monica: What is that?
 それなに?(チラシを受け取る)

Ross: Oh, umm, I'm just getting rid of a couple of things.
 ああ。ちょっと、2つぐら物を手放すことにしたんだ。

Monica: This is all of your things.
 これ持ち物全部じゃないの。

Ross: Yes, yes, it is! No, but it's good it's−Emily thinks we should get all new stuff. Stuff that's just ours, together. You know, brand new.
 そう! そうなんだ。でも、いいことだよ。エミリーは、新しい物を買うっていうんだ。僕らだけの物を一緒にね。ほら、新品をさ。

Monica: So basically, this is a getting-rid-of-everything-Rachel-ever-used sale.
 つまり、レイチェルが一度でも使ったものは全部処分するっていうセールね。

Ross: Touched. Used. Sat on. Sleep on.
 触ったもの。使ったもの。座ったもの。寝たもの。

Gunther: I'll take it all.
 僕が全部もらう。

Joey: Hey, Ross, you're okay with that?
 なぁ、ロス、それでいいのか?

Ross: Look, if I can just do what Emily wants and get her to New York, I'm sure everything will be fine.
 エミリーの望むようにして、エミリーがニューヨークに来さえしたら、すべてうまくいくんだよ。

Chandler: Okay, but don't you think this is a little extreme?
 そうか、でも、ちょっと行き過ぎだとは思わないか?

Ross: After what I did? Can you blame her?
 僕のしたことを考えたら、彼女を責められるか?

Phoebe: Oh, my God! You got off easy! When my friend Silvie's husband said someone else's name in bed, she cursed him and turned his thingy green.
 とんでもないわ! あなたはまだいいわよ! 私の友達のシルヴィーのだんなさんがベッドでほかの人の名前を言ったとき、彼女呪いをかけて、彼のモノを緑にしちゃったのよ。

(ロスは突然バスルームへ行く)
Joey: What is he doing? What, Emily, thinks Ross's furniture has got Rachel cooties?
 あいつ何してるんだ? なんだよ、エミリーはロスの家具がレイチェルにシラミつけたとでも思ってんのか?

Monica: Now calm down, Joey.
 落ち着いて、ジョーイ。

Joey: No! Everything's getting all messed up, you know? Emily won't let Ross see Rachel, we're not gonna stop seeing Rachel, hence Ross stops seeing us!
 いやだよ! 何もかもかめちゃめちゃだよ。エミリーはロスをレイチェルに会わせない、俺たちはレイチェルとはつきあいを続ける、それゆえにロスは俺たちとつき合うのをやめる!

Phoebe: Oh, I hate this. Everything's changing.
 ああ、こんなのイヤ。何もかも変わっちゃうわ。

Chandler: Yeah, I know, we're losing Ross, Joey said "hence."
 ああ、ほんと。ロスを失うしジョーイは「それゆえに」なんて言うし。

Monica: Look, I'm not happy about this either, but you know if-if Ross says he's happy then we're just gonna have to keep our feelings about Emily to ourselves. Are you cool with that?
 ね、私だって満足してるわけじゃないわ。でも、ロスがそれでいいっていうなら、私たちはそのエミリーに対する気持ちはしまっておかないと。そういうことで大丈夫?

Joey: No! But you know, I'm an actor, I'll act cool.
 ダメだよ! でも、俺は俳優だからな、大丈夫に演じるよ。

《地下の倉庫へ来たモニカとレイチェル》

Rachel: Ohh, whoa God! Storage rooms give me the creeps! Monica, come on. Please, hurry up honey! Please?
 ああ、うわっ! もう! 倉庫って気味が悪いわ! モニカ、ねぇ、お願い早くしましょうよ、ねえ。

Monica: Rachel, if you want the little round waffles, you gotta have to wait until I find the little waffle iron.
 レイチェル、小さな丸いワッフルが欲しいなら、小さな丸いワッフルを私が見つけるまで待つしかないわね。

Rachel: I want the little round waffles.
 小さな丸いワッフル欲しい。

Monica: All right. . Op, here it is! Right underneath the can of-of bug bomb. I wonder if the best place to put something that cooks food is underneath the can of poison?
 そうね・・・あっ、あった! 殺虫剤の真下だわ。調理器具を毒の缶の下に置くってどうなのかしらね?

(明かりが消えてまっ暗になる)
Rachel: Okay, you know what? I'll-I'll have toast!
 もういい、ねぇ、トーストにする!

(暗闇の中で小型つるはしを持った男の姿が浮かび上がる)
Rachel: Arghhhh!!!!!!
 キャー!

Monica: Oh, my God! Fog him! Fog him!
 オーマイゴッド!! 殺虫剤かけて! かけて!(レイチェルが殺虫剤をかけて2人逃げる)

《セントラルパーク》

Phoebe: I don't know what I'm gonna do about this coat.
 このコートどうしたらいいかわからないわ。

Joey: I'll take it!
 俺がもらう!

Phoebe: That might work!
 それいいかもね!

Joey: Ooh-ooh-ooh, yeah! Eh? All right, what do you think?
 おおお! いいね! (肩にはおる)え? いいじゃないか、どう?

Chandler: You're on in 5 Ms. Minnelli.
 5時の出演ですよ、ミズ・ミネリ。

Ross: No-no-no, it's just a bit sudden. . . No, it's great. Okay? I'm totally on board. I love you too, all righty. Bye.
 (電話中)いやいやいや、ただ急だったから・・いや、いいと思うよ。ね、僕は大賛成だ。僕も愛してる、わかった。じゃあ(電話切る)

Joey: What's the matter, Ross?
 どうしたんだ、ロス?

Ross: Nothing. Oh, actually, great news! I just got off the phone with Emily and it looks like I'm moving to a new apartment. Woo-hoo!
 なんでもない。いや、実は、すごいニュースなんだ! エミリーと電話してたんだけど、僕新しいアパートに引っ越すみたい。わーい!

Phoebe: Why?
 なんで?

Ross: Well, her thought is, and I agree, fresh new furniture, why not a fresh new apartment? Her cousin has this great place to sublet, it's got a view of the river on one side and Columbia on the other.
 彼女の考えでは、僕も賛成なんだけどね、新しい家具だったら、アパートも新しくていいんじゃないかって。彼女のいとこが素晴らしいところを又貸ししてくれるんだって。片方からは川が見えて、もう一方はコロンビアが見えるんだ。

Joey: That's way uptown! That's like three trains away! Which is great! I love to ride that rail!
 遠い住宅地じゃないか! 3駅離れてる!(フィービーにつねられる)ってことはいいじゃないか! 電車乗るの大好きだよ。

Chandler: So you're really okay with this?
 本当にそれでいいのか?

Ross: Yes! Yes! I mean it's-it's kinda far from work, but uh, you know, I'll get so much done on the commute. I've been given the gift of time!
 うん、いい! 職場には遠くなるけど、でも、通勤中にいろいろできるだろう。時間をプレゼントされるってわけだ!

Chandler: Now that's so funny, because last Christmas I got the gift of space. We should get them together and make a continuum.
 おもしろいな。俺はこの前のクリスマスに空間をもらったんだ。ふたつまとめて、時空連帯を作ろう。

(ロスは出て行く)
Joey: Now he's moving? Man, what is Emily doing to him? . . Ow!! He's not even here!!!
 今度は引っ越し? エミリーっていったい彼に何をしてるんだ?(フィービーにつねられる)痛っ! やつここにいないじゃないか!

(モニカとレイチェルが走ってくる)
Rachel: You guys! You guys!
 ねえ! みんな!

Monica: We were, we were just in the storage area and we saw this really creepy man!
 私たち、今倉庫に行ってたんだけど、本当に不気味な男を見たの!

Rachel: It was like this crazy-eyed, hairy beast man! He was like a, like a Big Foot or a yeti or something!
 狂ったような目で、毛むくじゃらの獣男よ! ビッグフットかイエティか何かみたいだった!

Monica: And he came at us with an axe, so Rachel had to use a bug bomb on him!
 それにオノを持ってたわ。それでレイチェルが殺虫剤をかけてきたの。

Rachel: Yeah, I-I-I just pulled the tab and I just fogged his yeti ass!
 そうよ。タブをひっぱって、イエティのお尻にかけてやったわ!

Joey: Uhh, like dark hair, bushy beard?
 暗めの髪で、もじゃもじゃヒゲ?

Rachel: Yeah!
 そう!

Joey: Yeah, you fogged Danny.
 ああ、ダニーにかけたんだ。

Rachel: Please! We did not fog Danny! Who's Danny?
 何よ! ダニーになんてかけてないわよ! ダニーって誰?

Joey: Dan just moved in downstairs. Yeah, he just got back from like this four-month trek in the Andes. Nice fella.
 下の階に越してきたんだ。アンデスで4ヶ月トレッキングしてたって。いいやつだよ。

Monica: Oh, he's nice. He's nice! You know, you always stick up for the people we fog!
 あら、いいやつですって。いいやつ! いつも私たちが殺虫剤かけたやつの味方につくのね!

《ダニーの部屋を2人で訪れ、ノックする》

Danny: Yeah?
 はい?

Rachel: Hi! You might not remember us, but we are the girls that fogged you.
 ハーイ! 私たちのこと覚えてないでしょうけど、あなたに殺虫剤をかけたの私たちなの。

Monica: We're-we're really sorry we fogged you.
 殺虫剤なんてかけて本当にごめんなさい。

Rachel: Yeah.
 ほんと。

Danny: Okay.
 オーケー。

(ドアを閉められ、もう一度ノックするレイチェル)
Rachel: Hi! Just so you know, we-we didn't mean to fog you, we actually thought you were like a yeti or something.
 ハーイ、言っておきますけど、わざとやったんじゃないのよ。あなたがイエティかなにかかと思ったの。

Danny: Okay.
 オーケー。

(ドアを閉められ、またノックするレイチェル)
Danny: Yes?
 なんでしょうか?

Rachel: Hi! Sorry to bother you, but I don't think we can accept your acceptance of our apology, it just doesn't really seem like you mean it.
 どうも! うるさくして悪いけど、でも、謝ってるのを受け入れてもらった感じがしないのよね。本気っぽくないもの。

Monica: Yeah.
 そうよ。

Danny: O-kay!
 オーーケーイ!(ドアを閉める)

Monica: Wow! That guy is so rude!
 ワオ! なんて失礼な人!

Rachel: Really! What is with that guy? I mean you'd forgive me if I fogged you.
 本当よね! なんなのあの人? あなたなら、私が殺虫剤かけたって許してくれるわよね。

Monica: Well, you did a little bit.
 いや、実際かかったけどね。

Rachel: Oh, my God, honey, I'm so sorry!
 まぁ! ほんとにごめんね!

Monica: I totally forgive you!
 完璧に許しちゃう!

Rachel: Really?
 ほんと?

Monica: Yes!
 ええ!(ハグ)

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: So listen, you know my friend Chris who owns the crematorium?
 ねぇ、私の友達の火葬場を持ってるクリス知ってるわよね?

Monica: Crematorium Chris? Sure!
 火葬場クリス? ええ!

Phoebe: He says, that he would cremate my fur coat for free if I umm, you know, bring in the next person I know who dies.
 この毛皮のコートを無料で火葬してくれるんですって。もし私が誰か死んだ人を紹介したらね。

(レイチェルがバスルームから来る)
Rachel: Oh, my God! Oh, my God, look at these pelts!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! 見てこの毛!

Monica: Don't get too attached, she's having it cremated.
 気に入っても無駄よ。彼女火葬するんですって。

Rachel: What? Uhh, Phoebe, honey. Honey, I know you're quirky and I get a big kick out of it. We all do, actually. But if you destroy a coat like this, I mean that is like a crime against nature! Not nature, fashion!
 なんですって? フィービー、ねぇ、あなたが風変わりなのはわかってるし、私そこ大好きよ。事実、みんな大好きよ。でも、こんなコートを焼いちゃうなんて、そんなの、自然に対する犯罪よ! 自然じゃない、ファッション!

Phoebe: This is fashion?! Okay, so to you, death is fashion?! That's really funny. Here's Phoebe umm, sporting uh, you know, cutting edge hairy carcass from you know, the steal traps of wintry Russia. I mean, you really think this looks good? 'Cause I do.
 これがファッション? そうなんだ、死がファッションだっていうの? おかしいわね。(肩にはおる)ほら、フィービーが着こなす、最先端の、寒いロシアの罠にかかった毛むくじゃらの死体。それが本当にいいと思うの? (鏡に映った自分を見て)思うわ!

《ロスの部屋で引っ越しを手伝うみんな:ロスは電話中》

Ross: I know. I miss you too. I can't wait to see you. I love you. Bye. (Hangs up.)
 そうだね。僕も寂しいよ。早く会いたい。愛してるよ、バーイ。(電話切る)

Chandler: Okay, what is in here? Rocks?
 (箱を動かせず)これ何が入ってるんだ? 石か?

Ross: No-no, this is my collection of fossil samples.
 違うよ。それは僕の化石サンプルのコレクションだ。

Chandler: So, rocks.
 つまり石だ。

(チャンドラーは小さい箱を持って出て行き、ジョーイが来る)
Ross: I'm really gonna miss this apartment. You know, Ben-Ben took his first steps right over there.
 この部屋を出るなんて寂しくなるよ。ほら、そこでベンが初めて歩いたんだ。

Joey: Hey, remember when I ran into this thing and it kinda knocked me out a little?
 な、覚えてる? 俺がここにぶつかって、ノックアウトされた感じだっただろ?

Ross: I loved this place! To tell you the truth, I wish I didn't have to move.
 ここ大好きだったよ。正直言って、引っ越ししたくないよ。

Joey: Uhh, are you saying that you're not entirely happy about this?
 あー・・・じゃあこのことで完全に満足してはいない?

Ross: Well, I mean if uh, if Emily gave me a choice…
 まぁ、もしエミリーが選択肢を与えてくれたらね・・

Joey: You do have a choice!! Ross, why are you listening to her?! Are you, are you crazy?!
 おまえには選択肢があるよ! ロス、なんで彼女のいうこと聞くんだ? どうかしちゃったのか?

Ross: Why?
 なんで?

Joey: It's not right what Emily wants you to do! She is totally--Owww!! Stop pinching me! Look, now you guys said I only had to keep my mouth shut as long as Ross was happy, right? Well, he just told me that he's not entirely happy.
 エミリーがおまえにしてほしいっていってるの間違ってるよ! 彼女まったく・・(みんなが戻ってきて、フィービーにつねられる)痛っ! つねるのやめろよ! (みんなに)なぁ、ロスがそれでいいなら黙っていろって言っただろ? ロスがたった今、完全に満足なわけじゃないって言ったんだ。

Ross: What's going on?
 どうなってるんだ?

Joey: We all hate Emily!
 俺たちエミリーが嫌いなんだよ!

Phoebe: No!!
 違うわよ!

Monica: No, Ross, we do not hate Emily. We-we just, we just think that you're having to sacrifice a whole lot to make her happy.
 違うわ、ロス、私たちエミリーを嫌ってはいないわ。ただ、彼女を満足させるために、犠牲になりすぎてるんじゃないかって思うの。

Joey: Yeah!
 そうだよ!

Chandler: We just think that maybe she's being a little unreasonable.
 俺たちはただ、彼女がちょっとワガママじゃないかって思うんだよ。

Joey: Yes! Yes! Unreasonable!
 そう! そう! ワガママ!

Ross: Unreasonable? How about we have this conversation when one of you guys gets married! You have no idea what it takes to make a marriage work! It's about compromise! Do you always like it? No! Do you do it? Yes! Because it's not all laughing, happy, candy in the sky, drinking coffee at Central Perk all the time! It's real life, okay? It's what grown-ups do!
 ワガママ? 君たちの誰かが結婚してたとして、この会話をどう思う? 君らは結婚生活をうまくやってくってことを全然わかってないよ! 妥協なんだよ! それを気に入ってるか? いいや! そうするのか? する! もう笑ってばかりの幸せなおとぎ話みたいな、いつもセントラルパークでコーヒー飲んでるのとはわけが違うんだよ! これが生活だよ、わかる? これが大人のすることなんだよ!(出て行く)

Phoebe: I think he's right. You guys hang out at the coffeehouse way too much.
 彼の言う通りだと思うな。あなた達コーヒーハウスに行き過ぎよ。

《セントラルパーク》

Monica: God, I feel so guilty about Ross.
 ああ、ロスに悪いわ。。

Phoebe: Oh, I know.
 そうよね。

Joey: I kinda feel like it's my fault.
 俺の責任みたいな気がするよ。

Chandler: Kind of? If you just kept this to yourself none of this would've happened.
 みたいな? おまえさえ黙ってたら、こうはならなかったんだぞ。

Joey: Well, I'm keeping so many things to myself these days, something was bound to slip out!
 ああ、このところいろんなこと心にしまってるもんでな! 口をすべらせることもあるよな!

Chandler: Well, I think it's very brave what you said.
 ま、勇気を出してよく言ったと思うよ。

Phoebe: I can't sit here anymore. I have to walk places.
 もうここに座ってられないわ。歩き回ってくる。(毛皮コートを着る)

Chandler: Pheebs, what are you doing with the coat? How about the whole animal rights thing?
 フィーブス、そのコートで何してるんだ? 動物の権利とかはどうなった?

Phoebe: Well, I've been reading up and for your information, minks are not very nice. Okay, I admit it! I love this coat! Okay, I−it's the best thing I've ever had wrapped around me, including Phil Huntley! . . Remember Phil Huntley? He was fine!
 あのね、いろいろ調べてみたら、教えてあげるけどね、ミンクはそんな優しくないのよ。・・わかったわよ! 認めるわよ! このコートが好きなの! いい? 私を包んでくれたものの中で最高なのよ。フィル・ハントレーを入れてもね! (モニカに)フィル・ハントレー覚えてる? 彼よかったわよね!

《モニカ達のビルの郵便受・髪を切ったダニーに会うレイチェル》

Rachel: Hi!
 (ダニーとは気づかず)ハーイ。

Danny: So you like the short hair better.
 ショートヘアの方が好きなんだ。

Rachel: What? Yeti? Danny?
 え? ・・・イエティ? !ダニー?

Danny: I had to cut my hair to get rid of the uh, fogger smell.
 ほら、あの殺虫剤の匂いを取るために髪を切らなきゃならなかったんでね。

Rachel: Oh. Listen, I'm so sorry. I would, I would've never fogged you if you know if you hadn't looked so…. You know.
 ああ、本当にごめんなさいね。普通だったら絶対にあんなことしないんだけど、ほら、もしあなたがその・・ほら。

Danny: Absolutely. Some people are just into appearances.
 わかってるよ。外見しか見ない人もいる。

Rachel: What?
 えっ?!

Danny: It's cool. Cool.
 いいんだよ。いいんだ。

Rachel: What? Hey! No-no-no! That is not cool! You don't even know me!
 なんですって? ちょっと! いえいえ、よくないわよ! 私のこと知りもしないで!

Danny: Come on, you got the shopping bags and the Saks catalog.
 何言ってるんだよ。そんなに買い物して、サックスのカタログ持って。

(saks = サックス・フィフス・アベニュー)

Rachel: So from that you think you've got me all figured out? Well, you don't! You know I-I could have toys for underprivileged kids in here!
 それだけで私の全部がわかったっていうの? 違うわよ! この中に恵まれない子供達のおもちゃを持ってるかもしれないじゃないの!

Danny: Do you?
 持ってる?

Rachel: Well, you know, if-if kids like to play with Capri pants.
 もし子供達がカプリパンツで遊ぶっていうならね。

Danny: Okay.
 オーケー。(立ち去る)

Rachel: And stop saying that! I hate that!
 それ言うのやめてよね! 大嫌い!

Danny: Okay!
 オーケー!

(部屋まで追いかけてドアを叩く)
Rachel: Fine! I judged you. I made a snap judgement. But you did it too! And you are worse because you are sticking to your stupid snap judgement! You can't even open up your mind for a second to see if you might be wrong! What does that say about you?
 わかったわよ! 決めつけたわよ! 見かけで判断したわよ。でもあなたもそうじゃないの! あなたの方がたちが悪いわ、だってあなたその見かけの判断にこだわってるもの! ちょっとでも心を開いて間違ってないか見ようともしてない! それはどうなのよ?!

Danny: The pizza-place across the street any good?
 通りの向こうのピザ屋さんおいしい?

Rachel: What?!
 は?

Danny: I'm hungry. Wanna get some pizza? You can keep yelling if there's more.
 おなかすいたんだ。ピザ食べる? そこで怒鳴り続けたらいい。

Rachel: Okay. Okay.
 オーケー・・・オーケー。

Danny: Stop saying that. I hate that.
 それ言うのやめろ。嫌いなんだ。

《空になったロスの部屋》

Chandler: Uh, Ross?
 あー・・ロス?

Phoebe: Are you still mad at us?
 まだ怒ってる?

Ross: Yep.
 ああ。

Phoebe: Oh, good! Because we have an "I'm sorry" song.
 よかった! 「ごめんなさい」の歌を作ってきたの。

Ross: You know what? I'm really not in the mood.
 いいかい、そういう気分じゃないんだ。

Joey: Look, Ross, I feel really bad. I mean, you're going through all this stuff and I just acted like a jerk.
 なぁ、ロス、本当に悪かったよ。こんな大変な時に、俺の態度は悪かったよ。

Chandler: Yeah, we are so sorry.
 ああ、本当に悪かった。

Phoebe: You're kinda stepping on the song.
 (チャンドラーに)私の歌を台無しにしてるって感じなんですけど。

Joey: Look, we were way out of line, we totally support you.
 なぁ、言いすぎたよ。おまえのことちゃんとサポートするよ。

Monica: Whatever you decide, whatever you do.
 あなたの決めた通りに、あなたのする通りに。

Phoebe: Okay, now you're just taking lines right out of the song!
 ちょっと、それ、私の歌そのものなんですけど!

Ross: Look, this is hard enough, okay? I really need you guys right now.
 ねぇ、もう十分つらいんだ。今僕には、本当に君たちが必要なんだ。

Phoebe: Yes! Exactly! And that's why…
 そうよ! その通り! だからこそ・・(歌おうとするが)

Monica: Why don't you come over tonight? And I'll make you favorite dinner.
 今夜うちに来ない? あなたの好きなもの作るわ。

Ross: Okay. Thanks, you guys. Pheebs, are you wearing fur?
 わかった。ありがとう、みんな。・・・フィーブス、毛皮のコート着てる?

Phoebe: Okay, let's get some perspective people. It's not like I'm wearing a seeing-eye dog coat!
 ちょっと、視点を変えましょうよ。私盲導犬コートを着てるわけじゃないんだから!

《モニカ達の部屋》

Joey: Hey, you know Ross, I think I kinda understand why I kinda lost it today.
 なぁ、ロス、俺がきれちゃった理由がわかるような気がするんだ。

Ross: You do, huh?
 そうなんだ。

Joey: Yeah, you see umm, well, I'm an actor. Right? So I gotta keep my emotions right at the surface you know? I gotta lot of balls in the air. You know what I mean? It's tough! Guys like me, you know, you wander around, you're alone…
 ああ。ほら、俺って、俳優だろ? それで感情を表面ギリギリに保ってるんだよ。いろいろ対処することがあってさ。意味わかる? 大変なんだよ! 俺みたいな男はさ、さまよい歩いて、1人で・・

Ross: What are you talking about?
 何の話してるんだ?

Joey: I'm not sure.
 ・・なんだろう。。

(レイチェルが帰る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: Hey, look at you! Where have you been?
 まぁ、あなたったら! どこ行ってたの?

Rachel: Oh, I went to have pizza. With Danny.
 ピザ食べてきたの。ダニーとね。

Monica: How did that happen?
 どうしてそうなるの?

Rachel: That yeti is one smooth talker.
 あのイエティったらおしゃべりだったわ。

Monica: I hope you're not full, 'cause dinner's almost ready.
 そうおなかいっぱいじゃないといいけど。もうすぐ食事できるわよ。

Rachel: Yeah, you know I think I'm probably just gonna hang out in my room.
 ええ・・私1人で部屋にいるわ。

All: Oh, no! No! Why?
 そんな! ダメ! なんで?!

Rachel: Come on, you guys! Listen, if Emily knew I was here having dinner with you she would flip out and you know it. It's okay, I really… I don't mind.
 だってみんな! ね、私がここでみんなと食事したなんてこと、もしエミリーが知ったらどうかなっちゃうわよ。わかってるでしょ。いいのよ、私大丈夫だから。

Ross: Wait! Wait! Wait! You know what? Just stay. Please. It would really mean a lot for me if you stay.
 待って待って待って! ね、いてよ。頼むよ。いてくれたら本当にうれしいよ。

Rachel: Ross, I…
 ロス、私・・

Joey: RACHEL PLEASE!!! JUST HAVE DINNER WITH US!!!
 レイチェル、頼むから!! 一緒にご飯食べようよ!!

Rachel: Okay. Okay. Joey, it's okay. Settle down.
 わかった、わかったから、ジョーイ、落ち着いて。

Joey: All right, I'm sorry. I'm sorry. You see, Rach, I'm an actor…
 わかったよ。ごめん、ごめんよ。ほら、レイチ、俺俳優だから・・

《時間経過:窓の外を見るロス》

Ross: Hey! Hey, look! Ugly Naked Guy's back!
 ねぇねぇ! 見て! 裸のブサイク男がいるぞ!

(全員見に行く)
Rachel: I haven't seen him in so long!
 久しぶりに姿を見るわね!

Phoebe: Oh, God, I really missed that fat bastard!
 ああ、ほんとあの太ったあいつ見たかったわ!

Monica: Wow, this is so weird. I just realized this may be the last time we all hang out together.
 ワオ・・変な感じね。考えてみたら、みんな揃うの、これが最後かもしれないのね。

Joey: It's almost as if he knew.
 まるで彼は知っていたみたいだ・・・

(電話が鳴る)
Monica: I'll get it. . . Hello. . Hi, Emily! . . . Yeah, uh you-you tracked him down. Hold on one second.
 出るわ。(電話)もしもし。ハーイ、エミリー! ・・ええ。そうよ、彼ここにいるわ。ちょっと待ってね。(ロスに代わる)

Ross: Hey! . . Yeah-yeah, we're just having dinner. . . Uh, yeah, sure, hold on. She wants to say hi. . . Hold on.
 (電話)やぁ! ああ、そうなんだ。みんなで食事したとこ。・・ああ、いいよ、待って。(みんなに)彼女が挨拶したいって。(エミリーに)待って。(スピーカーホンにする)

Phoebe&Chandler: Hi, Emily!
 ハイ、エミリー!

Monica&Joey: Hi!
 ハーイ!

Emily: Hello, everyone. So who am I saying hello to?
 どうも、みなさん。私誰に挨拶してるのかしら?

Joey: Well uh, I don't know about who's here, but I can tell you for damn sure who's not here and that's Rachel!!
 ああ、ここに誰がいるか知らないけど、でもいないってことはわかるよ、レイチェルがさ。

Emily: Well, I should hope not. Ross knows better than that by now.
 まぁね、そう願うわ。ロスもいい加減わかってもいい頃よ。

Ross: You know what? Uh, Rachel is here.
 ねぇ? レイチェルはここにいるよ。

Emily: She's there?!
 彼女がそこにいるの?!

Chandler: Oh, yeah, there-there she is!
 あ、ほんとだ、彼女がいる!

Ross: Yeah, yeah, she's here.
 ああ、そうだ。彼女はいるよ。

Emily: Ross, take me off speakerphone.
 ロス、直接話したいわ。

Ross: Hi.
 (受話器を持って)ハイ。

Emily: How could you do this to me?! I thought I'd made my feelings about Rachel perfectly clear!
 どうして私にこんなことができるの?! 私のレイチェルに対する気持ちは完全にわかってもらったと思ったんだけど!

Ross: Look Emily, I'm just having dinner with my friends, okay?
 (バルコニーに出る)聞いて、エミリー、ただ友人達と食事してただけだよ、いい?

Emily: You obviously can't keep away from her.
 あなたって彼女から離れていられないようね。

Ross: Emily, that's ridiculous. Look, I'm-I'm moving for you, I'm cutting friends out of my life for you. Please, just get on the plane and come to New York. Okay, you'll see you're the only person I want to be with.
 エミリー、バカなことを。ね、君のために引っ越すんだ。君のために友達を切り離そうとしてる。頼むよ、飛行機に乗ってニューヨークへ来てくれないか。ね、君だけが僕が一緒にいたい人だって、わかるから。

Emily: I'll feel better when I'm there, and I can know where you are all the time.
 もし私がそこにいて、あなたがどこにいるのか、いつもわかっていれば、ちょっとはマシなんでしょうけど。

Ross: Well, you can't know where I am all the time. Look, this marriage is never gonna work if you don't trust me.
 いつもいつも僕がどこにいるかを知ることなんてできないよ。ね、君が僕を信じてくれないなら、この結婚はうまくいきっこないよ。

Emily: You're right.
 その通りね。

Ross: So, can you trust me?
 それじゃ、僕を信じてくれる?

Emily: ..No.
 ・・・いいえ。

《部屋の中》

Joey: I think it's going okay. Looks like he's smiling.
 うまくいってるんじゃないかな。彼笑ってるみたいだ。

Monica: How can you tell? You can only see the back of his head!
 どうしてわかるの? 彼の頭の後ろしか見えないじゃないの。

Joey: You can totally tell! Here, look, watch me. . Smile! Frown. Smile! Frown. Smile!
 はっきりわかるじゃないか! ほら、俺を見て。(モニカ達に背を向けて立ち、表情を変える)笑顔! しかめ面。笑顔! しかめ面。笑顔!

(外のロスがその顔を見てあきれてから戻ってくる)
Ross: Well, I guess that's it.
 なんか・・これまでだな。

All: Why, what happened? What happened?
 なに、何があった? どうした?

Ross: My marriage is over.
 結婚は終わった。

All: What?!
 えっ?!

Monica: Oh, sweetie. Oh, look at you. You're shivering.
 まぁ、にいさん。もう、見て、震えてるわ。

Phoebe: Here.
 ほら(コートをロスの肩にかける)

Rachel: Ross, honey, is there anything we can do?
 ロス、ねぇ、何かしてあげられることある?

Ross: Yeah. You can help me get my furniture back from Gunther.
 ああ・・ガンターから家具を取り戻して。。

《通りのニューススタンド:毛皮を来たフィービーがリスを気にする》

Phoebe: Okay, stop tormenting me! This is mink! Okay, they're mean! And they hate squirrels! And you know, okay, most of these probably wanted to be coats! All right, fine, now I get it. Here. You take it. . . Are you happy now? I'm cold!
 (リスに)ちょっと、苦しめるのやめて! これはミンクよ! 意地悪なの! そしてリスのこと嫌いなのよ! それに、ほとんどみんな、コートになりたがってるの! ・・いいわよ、わかったわよ! はい、あげる(スタンドの主にコートを渡す)(リスに)これで満足? 寒いわよ!!


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
 毛皮反対。少し寒くなるとお店に並びますが、
 かつてその下に存在していた、暖かい生き物のことを忘れないで。
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


☆Phil Huntleyについて調べてもわかりませんでした。
 出てきたのは、フレンズクイズ。おもしろかった。↓


Certificate: Test results

Shockingly Hard Friends Quiz


1001You know it quite well, still not perfect!

You have correctly answered 16 of 20 questions.

On average, 3426 of users who took the quiz gave 11.78 right answers.
 

Take this quiz: Shockingly Hard Friends Quiz



posted by らんち at 23:59| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。