2013年08月20日

5-5 The One With All the Kips

5-5 キップになるのは?の話

 ☆お忍びでラブラブ旅行☆

《チャンドラーの部屋、朝3時:モニカが来る》

Monica: Hi!
 ハァイ!

Chandler: Hi!
 ハイ!(キス)

(ジョーイが起きてくる)
Joey: Monica? What time is it?
 モニカ? いま何時?

Chandler: Uh, 9.
 9時。

Joey: But it's dark out.
 でも外暗いよ。

Monica: Well, that's because you always sleep to noon, silly! This is what 9 looks like.
 いつもお昼まで寝てるからよ、バカね! 9時ってこんなふうよ。

Joey: I guess I'll get washed up then. Watch that sunrise.
 じゃあ顔洗うか。日の出を見るよ。(バスルームへ行く)

Monica: I'm really getting tired of sneaking around.
 コソコソするのもうイヤだわ。

Chandler: I know, me too. Hey! You know what if we went away for a whole weekend? You know we'd have no interruptions and we could be naked the entire time.
 そうだよな。俺もだよ。週末どこかへ行くってのはどう? 何も邪魔されずに、ずーっと裸でいるんだ。

Monica: All weekend? That's a whole lot of naked.
 週末ずっと? 裸がいっぱいね!

Chandler: Yeah, I can say that I have a conference and you can say you have a chef thing.
 ああ。俺は会議があるって言えばいいし、君はシェフの何かがあるって言えばいい。

Monica: Ohh, I've always wanted to go to this culinary fair that they have in Jersey!
 ああ、私いつもジャージーである料理フェアに行きたいと思ってたのよね!

Chandler: Okay, you know your not though. Let's go.
 いいね、でも行くんじゃないからね。(ベッドルームへ)行こう。

Monica: Wait! What about Joey?
 待って! ジョーイは?(チャンドラーが見に行くと歯ブラシをくわえたまま寝ているので放置)

《モニカ達の部屋、朝:モニカが部屋から出てくる》

Monica: Hey, guess what I'm doing this weekend! I'm going to this culinary fair in New Jersey.
 ねぇ、今度の週末、何があると思う? ニュージャージーの料理フェアに行くの!

Phoebe: How weird, Chandler just told us he's got a conference there!
 変なの。チャンドラーもそこで会議があるんだってよ。

Monica: Oh, now that-that-that's funny, it seems like Chandler's conference could've been in Connecticut or Vermont.
 あらそれはおもしろいわね。チャンドラーの会議って、コネティカットやバーモントでありそうな感じよね。

Chandler: I'm not in charge of where the conference is held. Do you want people to think it's a fake conference? It's a real conference.
 俺が会議の場所を決めるんじゃないからね。会議をでっちあげたと思う? 本当に会議あるんだからね。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Joey&Monica: Hey.
 ヘイ。

Ross: Is Rachel here? I gotta talk to her.
 レイチェルは? 彼女に話したいんだ。

Monica: No, she's out shopping.
 いないわ。買い物に行ってる。

Ross: Damn!
 なんだ!

Chandler: What's going on?
 どうしたんだ?

Ross: I told Emily to come. And I just need to, you know, talk to Rachel about it.
 エミリーに来てくれって言ったんだ。だから、レイチェルにその話をしないと。

Phoebe: Wait a minute! So when Emily comes you're just, you're not gonna see Rachel anymore?
 ちょっと待って! それじゃエミリーが来たら、あなたもうレイチェルに会わないの?

Ross: Well, look, I'm just trying to focus on the "I get to see my wife," part, all right? And not the part that makes me do this.
 僕はとにかく「妻に会う」って部分を今は優先してるんだよ、いい? こうしなきゃならなくなる部分じゃなくてさ。(胃腸薬を飲む)

Monica: Wow, so you guys are, you're never gonna be in the same room together? How is that even gonna work?
 ええ、じゃああなた達、もう同じ部屋で一緒にいることもできなくなるの? どうしたらそんなことできる?

Ross: I have no idea. I mean… But-but I assure you I will figure it out.
 わからないよ。・・でも、なんとかするよ。

Joey: Doesn’t seem like it's gonna work.
 できるとは思えないよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, guys!
 ハーイ、みんな!

Joey: Hi!
 やぁ。

Chandler: Uh, hey!
 ヘイ。

Rachel: What's going on?
 なにしてるの・

Chandler: We're flipping Monica's mattress.
 モニカのマットレスを引っくり返すとこなんだ。

Joey: So I'm thinking, basically we pick it up and then we flip it.
 だからさ、まず持ち上げて、それから引っくり返せばいいと思うんだ。

Phoebe: Yeah, that's better than my way.
 そうね、その方が私のよりよさそうね。(4人モニカの部屋に向かう)

Rachel: Oh, okay, hey guys, would you flip mine too?
 あ、そうなんだ。ねぇ、私のも引っくり返してくれる?

Chandler: Oh, man!
 ああもう!

Rachel: Oh, look! A letter from my mom.
 あら、見て! ママから手紙だわ。

Ross: So, Rach, you know, you know how Emily's coming right?
 レイチ、エミリーが来るっていうの知ってるよね?

Rachel: Oh, yeah! I know.
 ああ、ええ! 聞いたわ。

《モニカの寝室:チャンドラーはドアに耳をつけている》

Phoebe: Can you hear anything?
 何か聞こえる?

Chandler: Oh, yes, somebody just said, "Can you hear anything?"
 ああ、誰かがいま「何か聞こえる?」って言った。

(ジョーイはモニカのベッドに座って下を覗き込んでいる)
Monica: Hey, Joey's ass! What are you doing?
 ちょっと、ジョーイのお尻! 何してるの?

Joey: Well, remember when they got in that big fight and broke up and we were all stuck in here all night with no food or anything? Well, when Ross said Rachel at the wedding, I figured it was gonna happen again, so I hid this in here.
 (箱を出してくる)前に2人が大げんかして別れたとき、俺たち、食べ物もなにもなしでここから出られなかっただろ? ロスが結婚式でレイチェルって言ったときに、また起きるかもと思って、ここに隠しておいたんだ。

Monica: Ooh, candy bars, crossword puzzles…
 まぁ・・キャンディーバーに、クロスワードパズルに・・

Phoebe: Ooh, Mad Libs! Mine!
 あっ、マッド・リブス! いただき!

(Mad Libs -- 単語の穴埋め。正解はない。指定のカテゴリーから適当な言葉を入れて、つないだおもしろさを楽しむ)

Chandler: Condoms?
 コンドーム?

Joey: You don't know how long we're gonna be in here! We may have to repopulate the Earth.
 ここにいつまでいなきゃならないか、わからないんだぞ。地球の人口を増やさないといけないかもしれないじゃないか。

Chandler: And condoms are the way to do that?
 それにコンドームを使うのか?

《レイチェルとロス》

Ross: Anyway it-it kinda-it all boils down to this, the last time I talked to Emily…
 つきつめていうと・・最後にエミリーと話したとき・・

Rachel: Oh, my God! My dog died!
 (母からの手紙を読んで)なんてことなの! 私の犬が死んだですって!

Ross: What?!
 え?

Rachel: Oh, my God, LaPoo, our dog!
 ああ、神様。ラプー、うちの犬が!

Ross: LaPoo's still alive?!
 ラプーがまだ生きてたの?

Rachel: Oh, God, it says he was hit by an ice cream truck and dragged for nine---teen blocks. Oh. Oh, my God.
 ああ、神様。彼アイスクリームのトラックに轢かれて、引きずられたんですって、10・・(次のページへ進み)9ブロックも! ああ・・ああ、なんてこと。。(4人が部屋から出てくる)

Monica: Sweetie, we heard you crying. Please don't cry.
 まぁ、泣いてるのが聞こえたわ。泣かないで。

Rachel: It's LaPoo.
 ラプーが。

Phoebe: I know it's LaPoo right now, but it'll get better.
 今はラプーだけど、これからマシになるわよ。

《ニュージャージーのホテル》

Chandler: I can't believe it! We're here!
 信じられないな! 来たんだな!

Monica: Ooh, chocolates on the pillows! I love that!
 ああ、枕の上にチョコレート! これ大好き!

Chandler: Oh, you should live with Joey, Rolos everywhere.
 ジョーイと住むといいぞ。ロロだらけだ。

rolos.jpg

Monica: Come here. . Okay, be right back.
 来て。(キス)すぐ戻るわ。(バスルームへ行く)

Chandler: Oh, yes! Monica, get in here! There's a high-speed car chase on!
 (TVをつける)やった! モニカ、来いよ! ハイスピード・カー・チェイスやってるぞ!

Monica: We're switching rooms.
 (コップを見せて)部屋を変えてもらうわ。

Chandler: Oh, dear God, they gave us glasses!
 ああ、神様。部屋にコップがありました!

Monica: No, they gave us glasses with lipstick on them! I mean, if they didn't change the glasses, who knows what else they didn't change. . Come on, sweetie, I just want this weekend to be perfect, I mean we can change rooms, can't we?
 ただのコップじゃない、口紅がついたコップよ! コップを交換してないってことは、他に何を交換してないかわからないのよ。ねぇお願い、完璧な週末にしたいの。部屋を変えてもいいでしょう?

Chandler: Okay, but let's do it now though, because Chopper 5 just lost it's feed!
 わかったよ。でも早くしないと、ヘリ5号は燃料切れだ!

《セントラルパーク》

Ross: Hey, so uh, you know how there's something I wanted to talk to you about?
 ね、ほら、君に話があるって言ってただろ?

Rachel: Oh, yeah!
 あ、そうだったわね!

Ross: Well, you know how I'm trying to work things out with Emily. Well, there's this one thing… Okay, here goes. I made a promise that--Oh, hey!
 ほら、僕、エミリーとなんとかうまくやっていこうとしてるだろう。それでひとつあって・・よし、言うよ。約束したんだ・・わっ、ちょっと!

Rachel: What?
 なに?

Ross: You're nose is bleeding!
 鼻血が出てるよ!

Rachel: Oh, God. No! Oh, not again! This-this happened when my grandfather died. It's ugh! Sorry. . . Oh, okay, so I'm sorry, what-what were you-what did you want to tell me?
 ああ、もう。。やだ。またなのね! 祖父が亡くなった時にもこうなったの。ああ! ごめんね・・(背もたれに頭を乗せる)ああ、いいわよ、ごめんね。話したいことって何だった?

Ross: Umm…
 あの・・

Rachel: Sorry. Sorry.
 ごめん。ごめんね。

Ross: Okay, I uh, I can't see you anymore.
 うん。。僕はもう、君の顔を見ることもできないんだ。

Rachel: Yeah, I know. It's ridiculous! I can't see you either.
 ええ、そうよね。バカみたいよね。私もあなたが見えないわ。

《ニュージャージーのホテル:部屋を変えた後》

Hotel Clerk: I think you'll find this room more to your liking.
 この部屋ならお好みにもっと合うと思いますよ。

Chandler: Okay, great.
 よし、いいね。(テレビを見る)

Hotel Clerk: They say he's only got half a tank left.
 ガソリンは半分しか残ってないらしいですよ。

Chandler: Half a tank? We still got a lot of high-speed chasing to do!
 半分? じゃあまだたくさんハイスピード・チェイスができるな!

Monica: We're switching rooms again.
 また部屋変わるわよ。

Chandler: What? Why?
 え? なんで?

Monica: This is a garden view room, and we paid for an ocean view room.
 この部屋ガーデン・ビューよ。私たち、オーシャン・ビューの代金を払ってるわ。

Hotel Clerk: Our last ocean view room was unacceptable to you.
 オーシャン・ビューはすべてあなたのお気に召さなかったのです。

Monica: Excuse me, umm, can I talk to you over here for just a second?
 ねぇ、いい? ちょっとこっちで話せる?

Chandler: Uh-huh.
 ああ。(テレビに釘づけ)

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Yeah.
 なに。

Monica: Look, these clowns are trying to take us for a ride and I'm not gonna let 'em! And we're not a couple of suckers!
 この人たち、私たちを丸め込もうとしてるけど、そうはいかないわよ! 私たち、だまされカップルじゃないわ!

Chandler: I hear ya, Mugsy! But look, all these rooms are fine, okay? Can you just pick one so I can watch---have a perfect, magical weekend together with you.
 わかったよ、マグジー! でもほら、この部屋みんな、大丈夫だよ。な? もうどれかに決めてくれ。そうしたらテレビを・・・・完璧で夢のような週末を一緒に過ごせるだろう。

Rocky and Mugsy = ワーナーブラザーズのアニメ)

《ニュージャージーのホテル:また部屋を変えた後》

Monica: Okay, this one I like!
 オーケー。この部屋は気に入ったわ!

Chandler: Nothing! Nothing! It's over! Damn it! This is regularly scheduled programming!
 (テレビはER放送)やってない! 終わってしまった! くそっ! いつもの番組だ。

Monica: Can we turn the TV off? Okay? Do we really want to spend the entire weekend like this?
 テレビ消してくれない? 週末ずっとこんなふうに過ごしたいの?

Chandler: Oh, I'm sorry, am I getting in the way of all the room switching fun?
 ああ、悪かったね。部屋交換のお楽しみの邪魔したかな?

Monica: Hey, don't blame me for wigging tonight!
 ちょっと、今夜めちゃくちゃになったのを私のせいにしないで!

Chandler: Oh, who should I blame? The nice bell man who had to drag out luggage to 10 different rooms?
 そうか、じゃ誰を責めればいいんだ? 10回も荷物を運んでくれた親切なベルマンか?

Monica: I don't know, how about the idiot who thought he could drive from Albany to Canada on a half a tank of gas!
 知らないわよ。アルバニーからカナダまでガソリン半分で行けると思ったどっかのバカはどう?

Chandler: Do not speak ill of the dead.
 死者を悪く言うな。

Monica: We're supposed to be spending a romantic weekend together. What is the matter with you?
 私たち、一緒にロマンティックな週末を過ごすはずだったのに。あなたどうしちゃったのよ?

Chandler: I just want to watch a little television. What is the big deal? Jeez, relax, Mom.
 ちょっとテレビを見たかっただけじゃないか。おおごとじゃないだろう? 頼むよ、落ち着けって、ママ。

Monica: What did you say?
 今何て言った?

Chandler: I said, "Geez, relax Mon."
 俺が言ったのは・・「頼むよ、落ち着けって、モン」

《モニカ達の部屋:レイチェル1人・ロスが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey. Rachel, I-I-I've been wanting to tell you something for a while now and I really, I just have to get it out.
 やぁレイチェル。ずっと君に話したいと思ってることがあるんだけど、もう話さないと。

Rachel: Okay, all right. What's up?
 うん、わかった。なに?

Ross: Okay, you know how you told me I should do whatever it takes to fix my marriage?
 うん。君、僕の結婚をなんとか修正するために何でもやるべきちて言ってくれたよね?

Rachel: Yeah, I told you to give Emily whatever she wants.
 ええ、エミリーがしてほしがってることは何でもしてやるようにって。

Ross: And while that was good advice, you should know that what-what she wants…
 あれはいいアドバイスだったんだけど、君も知るべきなんだよね、彼女の要望は・・

Rachel: Yeah?
 そうなの?

Ross: …is for me not to see you anymore.
 もう君に会うなってことなんだ。

Rachel: That's crazy! You can't do that! What are you going to tell her? . . . Oh, my God. Oh, you already agreed to this, haven't you?
 そんなバカな! そんなことできるもんですか! それにあなた何て答えるの? ・・・ああ、なんてことなの・・もうあなたそれを了承したのね?

Ross: It's awful I know, I mean, I feel terrible but I have to do this if I want my marriage to work. And I do, I have to make this marriage work. I have to. But the good thing is we can still see each other until she gets here.
 こんなのひどいよ。そうだよ。本当に最悪の気分だよ。でもこの結婚を続けようと思ったらそうしないといけないんだ。どうしても続けていきたい。どうしても。。でも幸い、彼女が来るまでは僕らまだ会えるんだ。

Rachel: Oh! Lucky me! Oh, my God! That is good news, Ross! I think that's the best news I've heard since LaPoo died!
 まぁ! 私ったらラッキー! ああ、すごいわ、いいニュースよね、ロス! ラプーが死んで以来最高のニュースだわ!

Ross: You have no idea what a nightmare this has been. This is so hard.
 これがどんなひどい悪夢か君にはわからないよ。本当につらいんだ。

Rachel: Oh, yeah, really? Is it Ross? Yeah? Okay, well let me make this a just a little easier for you.
 あら、そう、ほんと? そうなの、ロス? そう? じゃあ、少し楽にしてあげるわよ。

Ross: What are you doing?
 何をするの?

Rachel: Storming out!
 出て行く!

Ross: Rachel, this is your apartment.
 レイチェル、ここは君の部屋なのに。

Rachel: Yeah, well that's how mad I am!!
 そうよ! それくらい怒ってるってことよ!

《チャンドラー達の部屋:帰ってきたチャンドラーが座るとチョコがお尻の下に》

Chandler: Damn Rolos!
 (取り出して)くそロロ!

Joey: Hey, you're back!
 やぁ、帰ってきたな!

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: How was your conference?
 会議はどうだった?

Chandler: It was terrible. I fought with .. my colleagues you know, the entire time. Are you kidding with this?
 最悪だったよ。ずっとケンカになってな・・同僚と。(またロロを発見し)これ勘弁しろよな。

Joey: Oh, so your weekend was a total bust?
 じゃあ週末はいいことなしだったのか?

Chandler: Uh, no, I got to see Donald Trump waiting for an elevator.
 ああ、そうでもない。エレベーターを待ってるドナルド・トランプを見たんだ。

(モニカが来る)
Monica: Hi!
 ハイ!

Joey: Hey, you're back too!
 やぁ、君も帰ってきたのか。

Monica: Yeah. Umm, Chandler, can I talk to you outside for a second?
 ええ。チャンドラー、ちょっと外で話せる?

Joey: Hey, how was your chef thing?
 な、シェフの何とかってやつどうだった?

Monica: Oh, it was awful. I guess some people just don't appreciate really good food.
 ああ、ひどかったわ。本当においしい食べ物をわからない人もいるのよね。

Chandler: Well, maybe it was the kind of food that tasted good at first but then made everybody vomit and have diarrhea.
 最初はおいしいと思っても、後で吐いたり下痢したりってことになるような料理なんじゃないのか。

Monica: Chandler!
 チャンドラー!(外へ促す)

Chandler: Monica.
 モニカ。(ついていく)

Monica: Okay, I'd like to know how much the room was because I'd like to pay my half.
(廊下で)ホテル代いくらだったか教えて。半分払いたいから。

Chandler: Okay, fine, $300.
 わかった、いいよ。300ドル。

Monica: 300 dollars?!
 300ドル?!

Chandler: Yeah, just think of it as $25 per room!
 ああ。一部屋25ドルって思ったらどうだ!

Monica: Urghh!!
 うーっ!

Joey: What are you guys woofing about?
(部屋から顔を出して)うーっとかって何言ってんの?
 
Monica: Chandler stole a twenty from my purse!
 チャンドラーが私の財布から20ドル盗んだ!

Joey: Nooooo!!! You know what? Now that I think about it, I constantly find myself without twenties and you always have lots!
 ウソーー!! なあ、考えてみたら、俺はいつも20ドル足りない感じで、おまえはいつもたくさん持ってるよな!

《セントラルパーク:鎮痛剤を飲むロス》

Ross: You should've seen the look on her face. I don't want Rachel to hate me! I don't know what to do.
 君らにも彼女の顔を見せたかったよ。レイチェルに嫌われたくないよ! どうしたらいいんだ。

Joey: You want my advice?
 俺のアドバイス聞く?

Ross: Yes! Please!
 ああ! 頼むよ!

Joey: You're not gonna like it.
 きっと気に入らないぞ。

Ross: That's okay.
 いいよ。

Joey: You got married too fast.
 結婚が早過ぎたんだよ。

Ross: That's not advice!
 それアドバイスじゃないよ!

Joey: I told ya.
 言っただろ。

Ross: I'm going to the bathroom.
 バスルーム言ってくる(立ち去る)

Joey: Man, if anyone asked me to give up any of you, I don't think I can do it.
 ああ、君らのうちの誰かともう会うなって言われたって、俺できないよ。

Chandler and Phoebe: Yeah, me either.
 そうそう。同感。

Monica: Maybe I could do it.
 私できるかも。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hi, Rach.
 やぁ、レイチ。

Chandler&Phoebe&Monica: Hi!
 ハイ。

Rachel: Look, I know you guys heard about the whole thing with me and Ross but you know, I've been obsessing about it all day and I'd just love not to talk about it. All right?
 ねぇ、みんな私とロスのこと知ってるでしょ、でも、私ずっとそのことにとらわれちゃってるのよ。だから、今はそのこと話したくないの。いい?

Joey: I-I-I don't know if this falls under this category, but uh, Ross is right back there.
 これ言うとそれに当てはまるのか知らないけど、でも、ロスはすぐそこにいるよ。(背後を指す)

Rachel: That's not Ross.
 あれロスじゃないわよ。

Phoebe: Oh, no! Not that guy! He does look like him though.
 いえ、違うの、あの人じゃなくて。でもあの人似てるわね。

Chandler: Okay, Ross is in the bathroom.
 ロスはバスルームにいるってことだよ。

Rachel: Oh, my God, its happening. It's already started. I'm Kip.
 ああ! こうなるのよね。もう始まってるわ。私はキップよ。

Joey: Hey, you're not Kip!
 おい、君はキップなんかじゃないよ!

Rachel: Do you even know who Kip is?
 キップが誰か知ってるの?

Joey: Who cares? You're Rachel! Who's Kip?
 知るもんか! 君はレイチェルだ!(チャンドラーに)キップって誰?

Chandler: Kip, my old roommate, you know, we all used to hang out together.
 キップは俺の前のルームメイトで、以前はいつも一緒にいたんだ。

Joey: Oh, that poor bastard.
 ああ、あの哀れなやつか。

Rachel: See? Yeah, you told me the story. He and Monica dated. When they broke up they couldn't even be in the same room together and you all promised that you would stay his friend and what happened? He got phased out!
 でしょ? その話してたわよね。その人とモニカがつきあってた。2人が別れた後、同じ部屋にいるのも我慢できず、みんな友達でいるって約束したけど、どうなった? 彼とは結局つきあいがなくなっちゃったのよ!

Monica: You're not gonna be phased out!
 あなたはそんなふうにならないわよ!

Rachel: Well, of course I am! It's not gonna happen to Ross! He's your brother. (To Chandler) He's your old college roommate. Ugh, it was just a matter of time before someone had to leave the group. I just always assumed Phoebe would be the one to go.
 もちろんそうなるわよ。ロスがそうなるわけないもん。彼はあなたの兄でしょ、(チャンドラーに)あなたの大学の時のルームメイトでしょ。遅かれ早かれいずれは誰かがグループから離れるのよね。ただ私それはフィービーかと思ってたわ。

Phoebe: Ehh!!
 ええっ?!

Rachel: Honey, come on! You live far away! You're not related. You lift right out.
 だってそうでしょ! あなた離れて住んでるし! 誰とも関係がないもの。離れちゃうわよ。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, Mr. Bing. That uh, hotel you stayed at called. Said someone left an eyelash curler in your room.
 ヘイ、ミスター・ビング! おまえが泊まったホテルから電話があったぞ。誰かさんが部屋に睫毛カーラーを忘れてったって。

Chandler: Yes, that was mine.
 (ひきつる)ああ。それは俺のだ。

Joey: 'Cause I figured you'd hooked up with some girl and she'd left it there.
 誰か女の子見つけて、その子が忘れたのかと思ったけどな。

Chandler: Yes, that would have made more sense.
 そうだ。その方が筋が通る。

Joey: You know, I-I don't even feel like I know you anymore, man! All right. Look, I'm just gonna ask you this one time. And whatever you say, I'll believe ya. . . Were you, or were you not on a gay cruise?!
 なぁ、おまえがわからなくなったよ。いいか、一回だけ聞くからな。どういう返事でも、信じるから。・・・おまえは、ゲイグループの旅に行ったのかどうなんだ?

《セントラルパーク:レイチェルを避けるフィービー》

Rachel: Phoebe? I'm sorry about the whole lifting out thing. You gotta come with me!
 フィービー? (さらに避けられる)離れていくなんて言ってごめん。(避けられるので隣に座る)私の一緒に来て!

Phoebe: Come where?
 どこへ?

Rachel: Wherever I go. Come on, you and me, we'll start a new group, we're the best ones.
 とにかく私と一緒によ。ね、あなたと私とで新しいグループを作るのよ。私たちってこの中でも最高よ。

Phoebe: Okay, but try and get Joey too.
 わかった。でもジョーイも引き入れましょ。

(ロスが来る)
Ross: Pheebs, you mind if I speak to Rachel alone for a sec?
 フィーブス、いいかな、レイチェルと2人でちょっと話したいんだ。

Phoebe: Oh, sure! Bye, Ross! . . Forever.
 ええ、いいわよ! バーイ、ロス! (出て行きながら囁く)永遠に!

Ross: Hi.
 やぁ・・

Rachel: Hi. What are you doing here? Isn't this against the rules?
 ハイ。ここで何してるの? ルールに反するんじゃないの?

Ross: I talked to Monica. Look, I'm the one who made the choice. I'm the one who's making things change, so I should be the one to you know, step back.
 モニカから聞いたよ。こんなことを決めたのは僕だ。変えてしまうのは僕なんだ。だから、僕が引き下がるよ。

Rachel: Oh, Ross…
 そんな、ロス。

Ross: No, no, it's okay. Really. They're plenty of people who just see their sisters at Thanksgiving and just see their college roommates at reunions and just see Joey at Burger King. So is, is that better?
 いやいや、いいんだ。本当に。世の中にはサンクスギビングの時しか妹に会わない人はいっぱいいる。同窓会の時にしか大学のルームメイトに会わないとかね。そしてジョーイにはバーガー・キングで会うよ。これで、気分は少しはよくなる?

Rachel: No, it's not better. I still don't get to see you.
 いいえ。よくないわ。私があなたに会えないじゃない。

Ross: Well, what-what would you do? Rach, if you were me, what-what would you do?
 じゃあ、君ならどうする? レイチ、もし僕の立場だったら、どうする?

Rachel: Well, for starters I would've said the right name at my wedding!
 そうね、まず最初に結婚式でちゃんと名前を言うわよ!

Ross: I can't believe this is happening.
 信じられないよ、こんなことになるなんて。

Rachel: I know.
 わかるわ。

Ross: I am so sorry.
 本当に申し訳ないよ。

Rachel: I know that too.
 それもわかってるわ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, Rach? Sorry to interrupt but umm, Phoebe wanted me to talk to you about a trip or something.
 やぁ、レイチ、ごめん邪魔して。でもフィービーが旅行か何かについて君と話せっていうから。

《モニカ達の部屋:モニカ1人・チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hi.
 ハーイ。

Chandler: I just came over to drop off…nothing. So that weekend kinda sucked, huh?
 ちょっと持ってきたんだ。何もないけど。週末は最悪だったな。

Monica: Yeah, it did.
 ええ、そうね。

Chandler: So, I guess this is over.
 それじゃ、これでおしまいだな。

Monica: What?
 え?

Chandler: Well, you know, you and me, it had to end sometime.
 ほら、君と俺、いつかは終わるだろ。

Monica: Why, exactly?
 どうして?

Chandler: Because of the weekend, we had a fight.
 あの週末のことで。ケンカしたから。

Monica: Chandler, that's crazy! If you give up every time you'd have a fight with someone you'd never be with anyone longer than−Oh!
 チャンドラー、そんなのおかしいわよ! 誰かとケンカするたびに別れてたら、誰とも長いつきあいなんて・・・ああ!

Chandler: So, this isn't over?
 それじゃ、終わりじゃない?

Monica: You are so cute! No. No, it was a fight. You deal with it and move on! It's nothing to freak out about.
 あなたって本当にかわいいわね! あれはタダのけんかよ。それをなんとかして先へ進むんじゃないの! 怖がることじゃないわ。

Chandler: Really? Okay. Great!
 ほんと? そうか、よかった!

Monica: Ohh, welcome to an adult relationship!
 もう。大人の交際にようこそ!

Chandler: We're in a relationship?
 俺たち交際してるの?

Monica: I'm afraid so.
 残念ながらそうよ。

Chandler: Okay.
 オーケー。

《モニカ達の部屋:フィービーが来る⇒ロス以外の皆がいる》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Oh, hey, Monica, I heard you saw Donald Trump at your convention.
 ねぇ、モニカ、あなた集会でドナルド・トランプを見たんだって?

Monica: Yeah, I saw him waiting for an elevator.
 ええ、彼がエレベーター待ってるとこ見たのよ。(首を傾げるジョーイ)

Monica: Hey, Rach, can I borrow your eyelash curler, I think I lost mine.
 ねぇ、レイチ、あなたのビューラー貸してくれる? 私の失くしちゃったみたい。

Rachel: Yeah, it's in the bathroom.
 ええ、バスルームにあるわよ。

Joey: Oh! Ohh! Oh!!
 ああっ! ああっ! ああーっ!

Chandler: Joey, can I talk to you for a second?
 ジョーイ、ちょっと話せるか?(ジョーイをモニカの部屋に引っ張っていく)

Joey: Oohh!! Ohh! Oh-oh-oh! Oh-oh!!
 (2人を交互に指差し)ああ! ああ! あ、あぁああ! ああ!(モニカもついていく)

《3人でモニカの寝室》

Joey: Ohhhhhhhhhhh!!!!!!!
 おおおおーーー!!!

Chandler: Yes. Yes.
 そう、そうだよ。

Joey: You?! And-and you?!
 おまえと?(モニカに)そして君と?

Monica: Yes, but you cannot tell anyone! No one knows!
 そうよ。でも、誰にも言わないで! 誰も知らないことなの!

Joey: How?! When?!
 どうして?! いつ?!

Chandler: It happened in London.
 ロンドンで始まったんだ。

Joey: IN LONDON!!!
 ロンドンで!!

Chandler: The reason we didn't tell anyone was because we didn't want to make a big deal out of it.
 誰にも話してないのは、おおごとにされたくないからなんだよ。

Joey: But it is a big deal!! I have to tell someone!
 でもおおごとだよ!! 誰かに言わなきゃ!

Chandler: No-no-no-no-no! You can't!
 ダメダメダメダメダメ! やめてくれって!

Monica: Please? Please?! We just don't want to deal with telling everyone, okay? Just promise you won't tell.
 お願い、お願いよ。みんなに話すのはまだいやなの。いい? お願い言わないって約束して。

Joey: All right! Man, this is unbelievable! I mean, it's great, but…
 わかったよ! ああ、でも信じられないよ! これって、最高だよ・・

Monica: I know, it's great!
 そうなの。最高なの。(2人はキス)

Joey: Aww, I don't want to see that!
 ああ、そんなの見たくないよー。

《リビングのフィービーとレイチェル》

Phoebe: We're so stupid! Do you know what's going on in there? They're trying to take Joey!
 私たちったらバカね! 今あそこで何やってるかわかる? ジョーイを仲間にしようとしてるのよ!

《モニカ達の部屋:時間経過・ロス以外の全員でMad Libsをしている》

Phoebe: The most popular Phoebe in tennis is called the overhand Phoebe. And if you win, you must slap your opponent on the Phoebe and say, "Hi, Phoebe!"
 (Mad Libs読み上げ)テニスで一番人気のフィービーはオーバーハンドフィービーです。そしてもし勝てば、相手のフィービーを叩いて、「ハーイ、フィービー!」って言わないといけません。

Monica: Oh, that's cute! We really all enjoyed it. But you know, it doesn't count.
 まぁ、かわいいわね! すごく楽しかったわ。でも、得点はないわよ。

Phoebe: Count for what?
 何の点?

Monica: Count in our heads as good Mad Libs.
 Mad Libs としていいかどうかの点よ。

Joey: I guess I'm done.
 (立ち上がる)もうやめだな。

Chandler: Fun's over!
 (立ち上がる)もう楽しくない。

Monica: Wait-wait, guys! If-if we follow the rules, it's still fun and it means something!
 待って待って、みんな! ルールに従ってもそれでも楽しいわよ、それに意味があるのよ!

Rachel: Uh-huh!
 ハイハイ。(出て行く)

Joey: I think I'm gonna take-off.
 もう行こう。(全員出て行く)

Monica: Guys, rules are good! Rules help control the fun! Ohhh!
 ねえったら! ルールっていいものよ! ルールが楽しさをコントロールするのよ! (もういない)もうっ!


。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。
 Mad Libs のルール
 フィービーが自分の名前を当てはめた空欄は、通常、「動物の名前」とか
 「名詞」とか「色」とかのカテゴリー指定があります。
 それを無視して楽しむフィービー、ルールにこだわるモニカでした。
。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 13:35| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。