2013年08月19日

5-4 The One Where Phoebe Hates PBS

5-4 PBSを嫌うフィービーの話

 ☆ロスが選ぶのはどっち?☆

《モニカ達の部屋:郵便物を持ってモニカの部屋をノックするレイチェル》

Monica: Come in. I've been waiting for you.
 (セクシー)入って。待ってたのよ。

Rachel: Hi! I just wanna. . . Ahhh!!! Oh, my God! Oh, my God!
 (部屋に入る)ハーイ、私ちょっと・・キャーッ!!(飛び出してくる)オーマイゴッド! オーマイゴッド!!

Monica: Okay, I'm sorry! I'm sorry! I-I-I was um, I was taking a nap.
 (追いかけて出てくる)ごめん、ごめんなさい! 私、私・・お昼寝してたの!

Rachel: Since when do take naps in that position. Oh, God, Monica, tell me you were waiting for a guy! Please tell me you were waiting for a guy!
 いつからあんなかっこうでお昼寝するようになったのよ! ああ、モニカ、誰か待ってたって言って。お願い、誰か男の人待ってたんだって言って!

Monica: Yes. Yes, I was. A guy. From work. I'm seeing a guy from work! Ha!
 そう、そうよ! 男の人待ってたの! 職場の人! 職場の人とつきあってるのよ! それよ!

Rachel: That cute waiter guy from your restaurant, the one that looks like a non-threatening Ray Liotta?
 あなたのレストランのあのキュートなウェイター? あの怖くないレイ・リオッタ?

RayLiotta.jpg(Ray Liotta)

Monica: Uh-huh, that one!
 そう、それよ!

Rachel: You know what, just give me a second and I'll be out of your hair. I'm just gonna grab a jacket. When I get back, I want every little detail. . . Maybe that's him.
 ちょっと待ってね、邪魔はしないわ。ジャケットを取って・・帰ってきたら、詳しく全部聞かせてね(ノックの音)彼かもね。

Monica: Okay, umm, okay, umm… It's just Joey and Ross.
 オーケー・・えー、そうね、えー・・(レイチェルがドアを開ける)なんだジョーイとロスね。

Rachel: Why aren't you guys at the movie?
 映画にいってたんじゃないの?

Joey: Well, we were! But Ross was talking so loud on his phone they threw us out!
 行ってたよ! でもロスが電話で大声で話すもんだから追い出されたんだよ。

Ross: I had to talk loud because the movie was loud!
 大声出さなきゃならなかったんだよ、映画がうるさいから!

Joey: He's talking to London!
 (モニカ達に)ロンドンと話し中なんだ。

Monica: My God! Did he get in touch with Emily?
 まあ! エミリーと連絡ついたの?

Joey: Well no, not yet. He's calling everyone on her side of the family hoping that someone will help him get in touch with her.
 いや、まだだよ。彼女と連絡つけてもらえないか、彼女の親戚みんなに電話かけてるんだよ。

Ross: I don't care if I said some other girl's name, you prissy, old twit!
 (電話で)僕が他の女の子の名前を言ったことなんてどうでもいいよ、このこうるさい間抜け!

Joey: Ross! Way to suck up to the family.
 ロス! それで家族の機嫌とれるな!

(チャンドラーがシャンパンを持って上機嫌で入ってくる)
Chandler: Ha-ha-ha- ! Eh. I'm so glad you guys are all here! My office finally got wrinkle free fax paper!
 ハハハー!(みんなに気づいて)みんないてくれてよかったよ! オフィスについに防シワ加工のファックス紙が入ったんだ!

《モニカ達の部屋:タキシード姿のジョーイがくる》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Oh, no-no-no-no-no-no, vomit tux! No-no, vomit tux!
 うわ、イヤイヤイヤ、吐いたタキシードだ! 寄るな、吐いたタキシード!

Joey: Don't worry, I had it dry-cleaned.
 心配するな。クリーニング済みだ。

Monica: Vomit tux? Who vomited on−you know what, what you up to, Joe?
 吐いたタキシード? 誰が吐いた・・・いえ、何があるの、ジョー?

Joey: Well, I'm doing this telethon thing on TV and my agent got me a job as co-host!
 TVのチャリティー番組があるんだよ。うちのエージェントが、共同司会者の仕事見つけてくれたんだ!

(telethon = televisionとmarathonの合成語。通常、長時間で、慈善募金や選挙番組)

Monica: Oh, that's great!
 まぁ、すごいじゃない!

Joey: A little good deed for PBS plus some TV exposure. Now that's the kind of math Joey likes to do!
 PBSでちょっといいことする、プラス、テレビに出られる。これってジョーイが好きな足し算だよ。

Phoebe: Oh, PBS!
 ああ、PBSなんか!

Monica: What's wrong with PBS?
 PBSの何がいけないの?

Phoebe: Oh, what's right with them?
 あら、PBSの何がいいの?

Joey: Why don’t you like PBS, Pheebs?
 なんでPBSが好きじゃないんだ、フィーブス?

Phoebe: Okay, 'cause right after my mom killed herself, I was just in this really bad place, you know, personally. So, I just thought that it'd make me feel better if I wrote to Sesame Street, 'cause they were so nice when I was a little kid! No one ever wrote back.
 ママが自殺した直後、私とっても落込んでたのね、ほら、個人的にね。それで、セサミストリートに手紙を書いたら気分が直るかと思ったの。子供の頃、あの番組のみんなはとっても優しかったからね。でも誰も返事をくれなかったわ。

Chandler: Well, you know, a lot of those Muppets don't have thumbs.
 そりゃな、たいていのマペットには親指がないだろ。

Phoebe: All I got was a lousy key chain! And by that time I was living in a box. I didn't have keys!
 送って来たのは安っぽいキーホルダーだけよ! あの時私の住まいは箱だったの。鍵なんてなかったのよ!

Joey: I'm sorry, Pheebs, I just, you know, I just wanted to do a good deed. Like-like you did with the babies.
 悪いな、フィーブス、俺はただ、ちょっといいことをしたいんだよ。君が赤ちゃんを産んであげたみたいにね。

Phoebe: This isn't a good deed, you just wanted to get on TV! This is totally selfish.
 こんなのいいことじゃないわよ。あなたただテレビに出たいだけじゃん! そんなの利己的よ。

Joey: Whoa! Whoa! Whoa! What about you, having those babies for your brother? Talk about selfish!
 おいおいおい! 自分はなんだよ、弟のために子供を産んであげて! それこそ利己的だろ!

Phoebe: What-what are you talking about?!
 何を言ってるのよ?!

Joey: Well, yeah, it was a really nice thing and all, but it made you feel really good, right?
 ああ、そりゃ確かにすごくいいことだよ、だけど、そうすることでいい気分になったじゃないか、だろ?

Phoebe: Yeah, so?
 そうよ、それで?

Joey: It made you feel good, so that makes it selfish. Look, there's no unselfish good deeds, sorry.
 それでいい気分になったってことは、利己的ってことだよ。いいか、まったくの利他的ないいことなんてないんだよ。

Phoebe: Yes, there are! There are totally good deeds that are selfless.
 あるわよ! 利他的ないいこともあります!

Joey: Well, may I ask for one example?
 そう、じゃあ何か例をあげてくれる?

Phoebe: Yeah, it's… You know there's. . . No, you may not!
 いいわよ。例えば・・ほら、例えば・・・。いいえ、あげてやらない!

Joey: That's because all people are selfish.
 それは人々はみんな利己的だからだよ。

Phoebe: Are you calling me selfish?!
 あなた私が利己的だっていうの?

Joey: Are you calling you people? Yeah, well sorry to burst that bubble, Pheebs, but selfless good deeds don't exist. Okay? And you know the deal on Santa Clause, right?
 君は自分が人々だっていうのか? 夢をぶちこわしてわるいけど、フィーブス、完全に利他主義なよい行いなんてないんだよ。それに、サンタクロースのことだって知ってるだろ?

Phoebe: I'm gonna find a selfless good dead. I'm gonna beat you, you evil genius.
 私、利己的じゃないいい行いを見つけるわよ。打ち負かしてやるわよ、この悪の天才!

(ロスの電話が鳴る)
Ross: Hello.
 もしもし。

Emily: Hello, Ross?
 もしもし、ロス?

Ross: Emily? Emily! Oh, my God! Oh, my God, it's Emily! It's Emily everyone! Shush-shush-shhst! . . . Hi!
 エミリー? エミリー! ああ、エミリーだ!(みんなに)エミリーからだよ、みんな!シーッ!シーッ!! (エミリーに)ハーイ!

Emily: Ross, I'm only ringing to say stop harassing my relatives. Good-bye!
 ロス、私の親戚たちにうるさく電話するのはやめてっていうために電話しただけよ。さよなら!

Ross: No, wait! Look, wait! Okay, you can hang up, but I'm gonna keep calling! I'm gonna, I'm gonna call everyone in England if that's what it takes to get you to talk to me!
 いや、待って! 待って! もし切ったら、また電話かけるよ! 僕は・・僕はイギリス中のみんなにかけるよ。君が僕と話してくれるためならそうする!

Emily: Really? About what?
 そう? 何の話?

Ross: Look, you're my wife. We're-we're married. You know? I-I love you. I-I really miss you.
 いいかい、君は僕の妻だ。僕らは結婚したんだ。だろう? 愛してるんだ。本当に会いたいよ。

Emily: I miss you too. Well, at least I think I do.
 私も会いたいわ。少なくともそうだと思うわ。

Ross: She's talking.
 (小声でみんなに)彼女話してる。

All: Yay!
 (小声で)イエーイ!

Phoebe: Hey, Joey, when you said the deal with Santa Clause, you meant?
 ねぇ、ジョーイ、さっきサンタクロースのことって言ってたけど、あれって?

Joey: That he doesn't exist.
 いないってことだよ。

Phoebe: Right.
 そっか。(ショックを受けてる)

《セントラルパーク》

Rachel: So Chandler, have you heard about Monica's secret boyfriend?
 チャンドラー、モニカの秘密のボーイフレンドのこと聞いた?

Chandler: Uhh, yeah. She uh, she uh, she might've mentioned him.
 ああ。彼女・・彼女そんなこと言ってたかな。

Rachel: So Mon, when are we gonna meet this new secret waiter man?
 それで、モン、私たち、いつその秘密のウェイターさんに会えるの?

Monica: Ohh, he's really shy. I-I don’t think he's up to meeting everyone yet.
 ああ・・彼って本当にシャイだから。みんなに会うのはまだ無理だと思うわ。

Chandler: Yeah, I don't think he's up to meeting everyone yet.
 ああ、彼はまだみんなに会えないと思うね。

Rachel: I don’t care! I wanna meet this guy who's the best sex she ever had!
 かまうもんですか! 今までで最高のセックスだっていうその相手に会いたいわよ!

Chandler: Really?! That's what you heard? You said that?
 ほんとに?! そう言ってた? (モニカに)そう言ったの?

Monica: I might've said that. Why is that funny?
 そう言ったかも。(チャンドラーが笑う)なにがおかしいのよ?

Chandler: Because I'm very happy for him! And you, you lucky dog!
 だってそいつ、よかったなと思ってさ! それにきみ! このしあわせものが!

(ロスが来る)
Ross: Hi!
 ハイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Well, Emily's willing to work on the relationship.
 エミリーがやり直すことを考えてくれるって。

Chandler: Yes!
 やったね!

Monica: That's great!
 よかったじゃん!

Ross: In London!
 ロンドンでね!

Monica: What?!
 は?

Ross: She wants me to move to London.
 ロンドンに住めって言うんだ。

Monica: But you live here! . . . You know that.
 でもあなたここに住んでるじゃないの! ・・・知ってるわよね。

Rachel: What-what-what are you gonna do?
 それで、どうするの?

Ross: I bet if I talk to Carol and Susan I could convince them to move to London with Ben.
 きっと、キャロルとスーザンと話してみれば、ベンを連れてロンドンへ引っ越してくれるように説得できると思うんだよね。

Monica: Yeah, I'm sure your ex-wife will be more than happy to move to another country so you can patch things up with your new wife.
 そうよね。新しい妻とうまくやるために、元妻が喜んでよその国へ引っ越してくれるわよね。

Ross: It could happen.
 くれるかもよ。

《Unitel Video, Studio 55》

Joey: How you doing? Welcome. Good to see ya!
 (他の電話を取る人々に)元気? よくきてくれたね。会えてうれしいよ。

Stage Director: This will be your phone.
 これがあなたの電話よ。

Joey: That's great. But uh, I'm not really expecting a lot of calls.
 それはいいね、でも、電話はそんなにかかってこないと思うけど。

Stage Director: No, you answer it and take pledges.
 いえ、あなたはその電話をとって募金を受けるのよ。

Joey: But I'm the host!
 でも僕は司会者だよ。

Stage Director: No, Gary Collins is the host. You'll be answering the phone.
 いいえ、ゲリー・コリンズが司会者よ。あなたは電話に出るの。

Joey: You don't seem to understand. See, I was Dr. Drake Ramoray.
 わかってないようだね。僕は、ドクター・ドレイク・ラモーレだよ。

Stage Director: Well, here's your phone, doctor.
 そう、これがあなたの電話よ、ドクター。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: I cannot believe I can't find a selfless good deed! You know that old guy that lives next to me? Well, I snuck over there and-and raked up all the leaves on his front stoop. But he caught me and force-fed me cider and cookies. Then I felt wonderful. That old jackass!
 利他的ないいことっていうのが見つからないなんて信じられない! うちの隣におじさんいるじゃん? こっそりあそこの家の前の落ち葉を集めたのよ。そうしたら彼につかまって、サイダーとクッキーを無理矢理食べさせられたわ。いい気分だった。あのクソおやじめ!

Rachel: Maybe Joey's right. Maybe all good deeds are selfish.
 ジョーイの言う通りかもね。いいことするのって全部自分のためかも。

Phoebe: I will find a selfless good deed! 'Cause I just gave birth to three children and I will not let them be raised in a world where Joey is right!
 自分のためじゃないいいことを見つけるわよ! 3人の子供を産んだばかりなのよ。ジョーイが正しい世界であの子達を育てるなんていやだわ!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, Monica? Can I ask you a cooking question?
 なぁ、モニカ? 料理のこと聞いていい?

Monica: Sure.
 いいわよ。

Chandler: If you're cooking on the stove, does that mean that your new secret boyfriend is better in bed than Richard?
 レンジで料理する場合だけど、それって、君の今度の秘密のボーイフレンドとのセックスがリチャードよりいいってこと?

Rachel: Chandler! Is he?
 チャンドラー! (モニカに)そう?

Monica: Well, you know I-I-I think I'm going to respect the privacy of my new secret boyfriend.
 私、今度の秘密のボーイフレンドのプライバシーを守りたいと思うんですけど。

Chandler: Why?! I mean if this guy was me and it was me who had learned that it was me who was the best you'd ever had, I'd be going like this.
 なんで?! もしそれが俺なら、そしてもし今までで最高のセックスだってことをを知ったのが俺なら、こんな感じになるね。(テーブルに乗ってダンス)

《ロスの部屋:エミリーと電話中》

Ross: All right, Emily, as much as I love you, I'm sorry, I can't move to London without Ben.
 エミリー、君のこと本当に愛してるけど、ベンをおいてロンドンへは行けないよ。

Emily: I understand that would be difficult.
 それが難しいのはわかるわ。

Ross: Yeah, would you please consider moving here? I mean you were gonna move here anyway, why can't you just do that?
 そうなんだ。君がこっちへ来ることを考えてくれないか? 最初はこっちへ来るはずだったんだ、そうしてくれないか?

Emily: I don't know, it's just…
 どうしようかしら・・私・・

Ross: Oh-oh-okay, but-but I know, that even though I've been a-a complete idiot up 'til now, I mean, I mean you-you-you have to come here. You have to, so we can work this out together.
 ね、ね、わかってるよ、僕はこれまで完全にバカだったよ。でも君はこっちへ来てくれなきゃ。来てくれて、そして2人でうまくやっていこうよ。

Emily: All right.
 わかったわ。

Ross: All right? Did you just say all right?
 わかった? 今わかったって言った?

Emily: I did. Now I'm the idiot.
 言ったわ。私もバカね。

Ross: Oh, Emily, that is, that is so great. It's gonna be so great! We're gonna be like-like-like two idiots in love!
 ああ、エミリー、すばらしいよ。きっと最高だよ! 僕ら、恋する2人のバカになるんだよ!

Emily: Ross, there's one thing that really scares me still.
 ロス、まだ一つ恐れていることがあるの。

Ross: Yes, tell me.
 なに、言って。

Emily: Well, you have to understand how humiliating it was for me up on that altar in front of my entire family, all my friends.
 家族全員や友達の前で、あんなことがあって、どんなに恥ずかしかったか、わかってほしいの。

Ross: I know. I am, I am so sorry.
 わかるよ。本当にごめん。

Emily: And then, after deciding to forgive you, seeing you at the airport catching our plane with her.
 そして、あなたを許すと決めた後で、空港で私たちのハネムーンに彼女と行くところを見たのよ。

Ross: Again, very sorry.
 もう一度、本当にごめん。

Emily: I mean, I can't-I can't be in the same room as her! It drives me mad just thinking of you being in the same room as her!
 彼女と同じ部屋にいるのも我慢できないわ。あなたが彼女と同じ部屋にいるかと思うだけで、どうかなりそうよ!

Ross: Emily, there is nothing between Rachel and me. Okay? I love you.
 エミリー、レイチェルと僕の間には何もないんだよ。わかる? 愛してるんだ。

Emily: All right. I'll come to New York and we'll try and make this work.
 わかったわ。じゃあニューヨークへ行って、あなたとやり直してみる。

Ross: Oh, that is so great! That's…
 ああ、うれしいよ! もう・・

Emily: As long as you don't see Rachel anymore.
 あなたがもうレイチェルと会わないっていうなら。

《モニカ達の部屋》

Ross: So I asked Emily if she would come to New York, and she said yes.
 それで、エミリーにニューヨークに来てくれって頼んだら、彼女イエスって言ったんだ。

Chandler: Yes!
 やった!

Phoebe: Ooh-ohh!
 わあ!

Monica: Great!
 よかった!

Ross: No-no-no! Only if I promise never to see Rachel again.
 いやいやいや! もし僕がレイチェルと会わないって約束したらだ。

Phoebe: Why?
 なんで?

Monica: What?! You can't−what did you tell her?
 何ですって? そんな・・なんて答えたの?

Ross: I told her I'd have to think about it. I mean, how the hell am I supposed to make this kind of a decision? . . . I'm actually asking you!
 考えてみるって言ったよ。こんなこと、いったいどうやって決めたらいいんだ? ・・・君たちに聞いてるんだけど!

Chandler: Well, you can't just not see Rachel anymore, she's one of your best friends.
 レイチェルともう会わないなんてできっこないよ。彼女はおまえの親友だぞ。

Monica: Yeah! But, he can't not exactly see Emily, I mean that's his wife.
 そうよ! でも、エミリーには会わないと。彼女が妻なんだもの。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

Chandler: That's true!
 その通りだ!

Phoebe: Yeah, but you've known Rachel since High School and you cannot just cut her out of your life.
 でもレイチェルのことは高校の時から知ってるのよ。彼女を人生から切り捨てるなんてできないわよ。

Chandler: That's true!
 その通りだ!

Monica: No, you cannot.
 そうよ、無理だわ。

Ross: Thanks for the help, problem solved.
 ありがとう、助かったよ。問題解決だ。

(電話が鳴る)
Monica: Hello.
 もしもし。

Joey: Hey, Mon!
 やぁ、モン!

Monica: Oh, hey Joey! We've been watching all day, when are you gonna be on TV?
 あら、ジョーイ! ずっとテレビ見てるわよ。あなたいつ出てくるの?

Joey: See, there was kind of a mix up in my agent's office, but I'm still on TV and that's good exposure.
 それが、エージェントのオフィスで行き違いがあってさ。でも、テレビには出てるからいい露出になってるだろ。

Monica: You're not on TV.
 テレビに出てないわよ。

Joey: Oh, uh, okay, how, how about now?
 そうか。わかった、じゃ、これでどう?(隣の女性の前で手を振る)

Chandler: Hey, there he is! There he is!
 ああ、やつがいる、やつがいるぞ!

Joey: Hello, New York!
 ハロー! ニューヨーク!

《チャンドラー達の部屋:Emeril Liveを見ているダックとチック》

Emeril: Now maybe you just like wanna put the whole duck in there! Who cares, you know? Now I got the legs…
 (TV)さて、ここでアヒルをまるごと入れたいところだ! かまうもんか! さぁ、ここに足が・・

(チャンドラーが入ってきて大慌てでテレビを切る)
Chandler: How many times have I told you guys, you never watch the cooking channel!
 (ダック達に)何回言ったらわかるんだ、料理番組は絶対見るなって!

(モニカが来る)
Monica: Hi, Chandler.
 ハイ、チャンドラー。

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Uh, listen, I need that broiling pan that Joey borrowed the other day.
 ねぇ、この前ジョーイに貸した網焼き皿がいるんだけど。

Chandler: Oh, that was yours? Uh, yeah, we used it when the duck was throwing up caterpillars.
 あ、あれ君のだった? あー・・あれはダックが毛虫を吐いた時に使ったんだ。

Monica: William Sonoma, fall catalog, Page 27.
 ウィリアム・ソノマ、カタログ秋号、27ページ。

Chandler: Expect it in 4 to 6 weeks. Umm, hey, Joey's gonna be at the telethon for the rest of the day. We have the whole place to ourselves.
 4−6週間でお届けいたします。あ、なぁ、ジョーイはテレソンでずっといないんだ。この部屋は俺たちで使えるよ。

Monica: Yeah, so?
 ええ、それで?

Chandler: Well, I just, thought maybe you'd wanna book some time with the best you'd ever had.
 いや、もしかして、過去最高の男との時間をとりたいかなと思って。

Monica: You know what, champ? I think I'll pass.
 ねぇ、チャンプ? けっこうよ。

Chandler: Why?
 なんで?

Monica: Why?
 なんで?(チャンドラーのダンスをまねて見せる)

Chandler: What's your point?
 何が言いたい?

《PBSスタジオ:電話に答えるジョーイ》

Joey: PBS Telethon.
 PBSテレソン。

Phoebe: Hey, Joey, I just wanted to let you know that I found a selfless good deed. I just went down to the park and I let a bee sting me.
 ねぇ、ジョーイ! 自分都合じゃないいいことってのを見つけたわよ。セントラルパークに行ってハチに刺されてきたの。

Joey: What?! What good is that gonna do anybody?
 は? それが誰にとっていいことなんだよ?

Phoebe: Well, it helps the bee look tough in front of his bee friends. The bee is happy and I am definitely not.
 これで、そのハチがほかのハチ仲間に強いと思われるでしょ。ハチはハッピーだけど、私はハッピーじゃないわ。

Joey: Now, you know the bee probably died after he stung you.
 な、ハチは君を刺した後、きっと死んだよ。

Phoebe: . . Aw, damn it!
 ・・・あぁっ! もうっ!(電話を切る)

Stage Director: Back on in 30 seconds, people!
 あと30秒で本番ですよ、みなさん!

(ジョーイは他の男性のところへ行く)
Joey: Hey, excuse me, would you mind switching with me?
 ちょっと失礼、僕と席変わってもらえません?

PBS Volunteer: Hey, no way, I'm in the shot, man.
 いやだよ。僕映ってるんだから。

Joey: Come on, man! You've been here all day!
 いいじゃないか! 君ずっとこの席なんだから!

PBS Volunteer: Yeah, I-I'm taking pledges here, eh?
 ちょっと、僕この募金受け付けてるんだけど。

Stage Director: We're on in 3, 2..
 本番3、2・・

Gary Collins: Welcome back to our fall telethon. Now if you've been enjoying the performance of Cirque Du Soleil, and you'd like to see more of the same kind of programming, it's very simple. All you have to do is call in your pledge and at that time tell the operator, one of our volunteers, what type of programming you'd like to…
 秋のテレソンへようこそ。さて、シルク・ド・ソレイユのパフォーマンスをお楽しみでいらっしゃる方には、(後ろではジョーイが男性と席の奪い合い)ほかにもそういったプログラムをご案内しております。簡単ですよ、(ジョーイが倒される)寄付のお電話をいただいた時、私どものボランティアのオペレーターにお好みのプログラムをお伝えいただくだけです・・(ジョーイが男性を引き摺り下ろす)

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Okay, that's it. I cannot make this decision! It is too difficult, so I'm just gonna leave it entirely to the gods of fate.
 もうダメだ。僕にはこんなこと決められない! 難しすぎる。だから、もう神の意志に委ねることにする。(マジックエイトボールを振る)

Monica: A Magic Eight ball?! You can't be serious, you can't make this decision with a toy!
 マジックエイトボール? ウソでしょう? そんなことおもちゃで決める気?

Phoebe: Ooh, it's not a toy.
 いいえ! おもちゃじゃないわよ。

Ross: Well, I don't know what else to do. I mean, I either keep my wife and lose one of my-my best friends or I keep my friend and get divorced the second time before I'm 30! So-so if anyone has-has a better suggestion, let's hear it! 'Cause I-I got nothing! Don't be shy, any suggestion will do. . . Okay then. Here we go. Magic 8 Ball, should I never see Rachel again? . . . "Ask again later." Later is not good enough. . . "Ask again later." What the hell! This is broken! It-it is broken!
 他にどうしたらいいかわからないんだ。妻をとれば親友を失う、親友を取れば30歳になる前に2度目の離婚だ! だから、もし誰か、何か提案があるなら聞くよ。僕には何もないんだ! 遠慮しないで何でもいいから言ってくれ・・・(沈黙) それじゃいいよ。いくぞ。マジックエイトボール、僕はもうレイチェルに会うべきじゃないのか?・・「後でまた聞いて。」 後でじゃダメなんだよ!・・・(もう一度振って読む)「後でまた聞いて。」 なんだこれ!! これ壊れてる! 壊れてる!!

Monica: All right, let me see. . . Will Chandler have sex tonight? . . "Don't count on it." Seems like it works to me.
 ちょっと見せて。・・・チャンドラーは今夜セックスする?・・「当てにするな。」ちゃんとできるみたいよ。

《PBSスタジオ》

Joey: PBS Telethon.
 PBSテレソン。

Phoebe: Hi, Joey.
 (モニカの部屋から)ハーイ、ジョーイ。

Joey: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Phoebe: I would like to make a pledge. I would like to donate $200.
 私も寄付するわ。200ドルよ。

Joey: $200? Are you sure, Pheebs? I mean, after what Sesame Street did to ya?
 200ドル? 本気、フィーブス? セサミストリートの件はいいの?

Phoebe: Oh, I'm still mad at them but I also know that they bring happiness to lots of kids who's moms didn't kill themselves. So by supporting them, I'm doing a good thing, but I'm not happy about it. So there! A selfless good deed.
 ああ、そのことはまだ怒ってるわよ。でも、母親に自殺されてないたくさんの子供達には幸せを運んでるでしょ。だから、そこをサポートすることによって、私はいいことをするわけで、でも私はそれを喜んではいないわ。ほらね! 利己的じゃないいい行いよ。

Joey: And you don't feel a little good about donating the money?
 お金を寄付することでちょっといい気分なんじゃない?

Phoebe: No, it sucks. I was saving up to buy a hamster.
 いいえ。最悪よ。ハムスターを買うために貯めてたのに。

Joey: A hamster? What, those things are like 10 bucks.
 ハムスター? そんなの10ドルくらいで買えるじゃないか。

Phoebe: Yeah, not the one I had my eye on.
 私が目をつけるようなのは違うのよ。

Gary Collins: It looks like we have surpassed last year's pledge total! Thank you, viewers! The pledge that did it was taken by one of our volunteers. . . Oh, boy! And may I say one of our sharpest dressed volunteers, Mr. Joseph Tribbiani!
 (TV)どうやら、昨年の寄付額を超えたようです! 視聴者のみなさんありがとうございます! 超えた寄付を受け付けたのは、私どもボランティア・・(ジョーイに近づく)これはこれは! 一番決まってるボランティア、ジョセフ・トリビアーニ!

Phoebe: Oh, look-look, Joey's on TV! Isn't that great? My pledge got Joey on TV! Oh, that makes me feel so−Oh, no!
 あっ、見て見て! ジョーイがテレビに出てるわよ。すごくない? 私の寄付でジョーイがテレビに映ったのね! ああ、いい気分・・・あっダメ!

《モニカ達の部屋:掃除を終えたモニカ1人・チャンドラーが来る》

Chandler: Look, maybe I got carried away before. But there's something you gotta know. If I'm the best, it's only because you've made me the best.
 なぁ、あの時はちょっと行き過ぎたかもしれない。でも、知ってほしいことがある。もし俺が最高だったとしたら、それは、相手が君だからだ。

Monica: Keep talking.
 ・・続けて。

Chandler: I mean I was nothing before you. Call the other girls and ask. Which wouldn't take long. But when I'm with you, and we're together, oh, my God.
 これまでは俺はダメだった。これまでの女の子に聞いてみて、すぐ済むから。でも君と一緒にいると、俺たち2人は、オーマイゴッド!!

Monica: Really?
 ホント?

Chandler: Oh, my God! Now, I understand if you never want to sleep with me again. But that would be wrong. We're too good! We owe it, to sex!
 オーマイゴッド!! 君はもう二度と俺と寝たくないのかもしれないが、でも、それは間違ってる。俺たちはよすぎる! それはセックスに対して悪い!

Monica: Well, if we owe it? . . Oh, my… When is Joey gonna be home?
 そう、悪い?(チャンドラーに抱き上げられる)あぁもう・・ジョーイはいつ帰ってくるの?

Chandler: Well, I was kinda hoping we could do this without him. . . Oh, no-no-no, leave the gloves on.
 俺は彼抜きでいきたいと思ってるんだけどね。(モニカが手袋を外す)あ、いやいやいや、手袋はつけたままで。

Monica: But, I just cleaned the bathroom.
 でもバスルームの掃除をしたのよ。

Chandler: Yeah, why don't we lose the gloves.
 ああ、それじゃ脱いでおこうか。

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: All right, let's show them how it's done.
 (抱っこのまま部屋へ向かい)よし、どんなんか見せてやろう。

Monica: Okay. . . Ow!
 オーケー。(ドアに頭をぶつける)イタっ!

Chandler: You know that wasn't part of it?
 今のは別だからな?

Monica: I know.
 わかってる。

《ロスの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi! You ready? We're gonna be late!
 ハーイ! 準備できてる? 遅れちゃうわよ。

Ross: For what?
 何に?

Rachel: For Stella! Remember? She's getting her groove back in like 20 minutes.
 ステラよ! 思い出した? あと20分くらいで、彼女、自分を取り戻し始めるわよ。

(「ステラが恋に落ちて」の原題 How Stella got her groove back)

Ross: Yeah, I uh, totally forgot about that. You mind if I take a rain check? I'm waiting for a call from Emily.
 ああ、すっかり忘れていたよ。今度にしてもいいかな? エミリーからの電話を待ってるんだ。

Rachel: Sure. I guess. Hey, I hear you don't have to go to London. Yay!
 いいわよ、それでも。ねぇ、ロンドン行かなくてもいいんだってね。イエーイ!

Ross: It's not that easy, there's still a lot of relationship stuff.
 そう簡単じゃないんだ。まだ問題があるんだ。

Rachel: Like what?
 どんな?

Ross: Just stuff. You know kinda what Emily wants.
 ある問題だ。エミリーの希望なんだ。

Rachel: Well, why don't you talk to me about it, maybe I can help.
 じゃあ話してみて。助けられるかも。

Ross: No. No. You-you can't help. I mean, I kinda have to do this without your help.
 いやいや。君には助けられないよ。君の助けなしにやらないといけないことなんだ。

Rachel: Well, I-I know you can do that too. I'm just, I'm just saying if you need somebody to talk to… Hi!
 そう、あなたにできると思うけど、でもただ話したかったら、ね!

Ross: Thanks.
 ありがとう。

Rachel: Ross? Look, whatever this relationship stuff is that Emily wants, just give it to her. Come on, the bottom line here is that you love her. So just fix whatever she wants fixed. Just do it. I mean, you're gonna have to try. You'll just hate yourself if you don't. Oh, come on, answer it! It's driving me crazy!
 ロス、ねぇ、何かしらないけど、エミリーの希望ならかなえてあげなさいよ。要は、あなた彼女を愛してるんでしょ。彼女がしてほしいことがあるならしてあげて。そうするのよ。(電話が鳴る)あなたそれやってみなきゃ。そうでないと自分を許せないわよ。ほら、もう出て! イライラしちゃうわ。

Ross: Hello. . . Hi, sweetie. . . Good. Look umm, yes, I've been thinking about that thing that you wanted me to do and, I can do it. . . So will you come to New York?
 もしもし、やぁ・・いいよ。ね、君の言ったことを考えてみたよ。それで・・そうするよ。・・・ニューヨークに来てくれる?(レイチェルにうなづいて見せ、ハグ)

《セントラルパーク:倉庫から別々に何気ないフリで出てくるチャンドラーとモニカ》

Monica: Never done that before.
 これは初めてだな。

Chandler: Nope.
 ホント。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 15:14| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。