2013年08月18日

5-3 The One With The Triplets (Hundredth)

5-3 三つ子の話(第100話)

 ☆フィービー、ついに出産!☆

《病院についたフィービー達》

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Nurse: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Hi, yeah, hi! I'm umm, Phoebe Buffay, and I have babies coming out of me.
 どうも。私はフィービー・ブフェ、赤ちゃん達が出てきそうなの。

Nurse: Okay. Have you started having contractions?
 オーケー・・。陣痛は始まってますか?

Phoebe: Not yet. Umm, I heard they really hurt, do they hurt?
 まだよ。すごく痛いって聞いたけど、本当に痛い?

Nurse: Well…
 まぁ・・

Phoebe: Oh, my God!
 ああどうしよう!

Ross: It's all right.
 大丈夫だよ。

Nurse: Now, which of you is the father?
 (つきそっているジョーイとロスに)どなたがおとうさま?
 
Phoebe: Oh, no, none of them are the father. The father is my brother.
 あ、違うの、2人とも父親じゃないのよ。父親は私の弟なの。

Nurse: Okay…
 オー・・ケー・・

Rachel: I am so gonna miss watching you freak people out like that!
 あなたがああして人を驚かすのが見れなくなっちゃうのね!!

Joey: Okay, uh Pheebs, quick. Look! This is for the babies to look at someday, so is-is there anything you want to say? You know, before it all starts?
 フィーブス、ちょっと、見て! (ビデオカメラを構え)これはいつか赤ちゃんが見るためだよ。なんか言いたいことない? ほら、始まる前にさ。

Phoebe: Oh, okay. Hi, kids! Um, it's me, Aunt Phoebe. Can't wait to see you. Please don't hurt me!
 ああ、そうね。ハーイ、みんな! 私よ、フィービーおばさん。早く会いたいわ。痛くしないでね!

(モニカとチャンドラーが来る)
Ross: Hey, what took you guys so long? Your cab left when ours did!
 なんでそんなに遅いんだ? 僕らと一緒にタクシー出たのに。

Monica: Well, we-we had to go back because I forget my jacket.
 えー・・私たち、戻らなきゃならなかったの、私がジャケット忘れちゃって。

Chandler: That's right.
 その通り。

Rachel: You're not wearing a jacket.
 ジャケット着てないじゃん。

Monica: Oh, man! I did it again!
 ああ、もうっ! またやっちゃった!

Phoebe: Okay, so umm, somebody has to call Frank and Alice. And then my mom might. . . Joey, what are you doing?!
 ね、誰かフランクとアリスに電話してほしいの。それから私もママも・・(ジョーイがスカートの下にカメラを入れている)ジョーイ、何してるの?!

Joey: I gotta get the "before" shot!
 「ビフォー」の写真撮っとかなきゃ!

《分娩室:ロスとレイチェルがくる》

Rachel: Hi, Pheebs? Okay, so just spoke to the nurse and the reason that your doctor is late is because uh, she's not coming.
 ねぇ、フィーブス、看護師さんに聞いたんだけど、あなたの先生が遅れてるのは、こないからだって。

Phoebe: What?!
 えっ?!

Ross: Apparently she fell in the shower and hit her head.
 彼女シャワーの時に転んで、頭を打ったらしいよ。

Phoebe: Oh, my God, she's so stupid!
 なんてことなの! 本当にバカね!

Ross: Look, Pheebs, Pheebs, it's gonna be okay.
 フィーブス、フィーブス、大丈夫だよ。

Phoebe: That's easy for you to say, I don't see three kids coming out your vagina!
 あなたが言うのは簡単よ、あなたがあそこから3人の子を生み出すんじゃないもんね!

Rachel: Honey, listen, you know what? The nurse said the doctor is wonderful.
 ねぇ、看護師さんがいってたけど、代わりの先生優秀だそうよ。

Ross: Yeah, he's head of the department.
 そうだよ、部長だって。

Phoebe: All right−Ooh! Oh, dear God, save me!
 わかったわよ・・ああっ! 神様、助けて!

Monica: What?
 どうした?

Phoebe: I'm having my first contraction!
 陣痛よ。

Chandler: Oh.
 おお。

Phoebe: Ooh, it's not bad.
 ああ、そんな痛くないわ。

Chandler: Okay.
 よかった。

Joey: Oh! And so the miracle of life begins, and I!!
 おお、こうして誕生の奇跡が始まる・・・ああっ!!

Chandler: Hey! You okay?
 おい、大丈夫か?

Joey: Ooh, something hurts!
 うう、何か痛い!

Phoebe: Ooh, it's sympathy pains. Ohh, that's so sweet!
 まぁ、共感痛ね。ああ、優しいのね。

Joey: Are they? I didn't know I cared that much.
 そうなの? 俺、そんなに気にかけてたのか。

(ドクター・ハラドきたる)
Ross: Hello.
 どうも。

Dr. Harad: Hi! Phoebe, I'm Dr. Harad, I'm going to be delivering your babies. I want you to know, you're gonna be in good hands. I've been doing this for a long time. I'll be back in a minute to do your internal, in the meantime, just relax because everything here looks great. And also, I love Fonzie.
 どうも、フィービー、私はドクター・ハラドだよ。君の分娩を助けるからね。とても優秀なんだ、ずっとやってきたからね。すぐ戻ってきてチェックするからね、リラックスして。何もかも順調のようだよ。それから、私はフォンジーを愛してる。(出て行く)

(Fonzie = ハッピーデイズのキャラクター)

Chandler: Did he just say, he loves Fonzie?
 今、彼、フォンジーを愛してるって言った?

Monica: That's what it sounded like.
 そう聞こえたわね。

Chandler: All right…
 そうか。

(フランクがくる)
Frank: Hey!
 ヘイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Frank: Hey! Am I late? Am I late? Nobody came out yet, right?
 俺遅かった? 遅かった? まだ産まれてないよね?

Phoebe: No-no-no! We haven't started yet. Where's Alice?
 いえ、まだよ! まだ始まってもいないの。アリスは?

Frank: Uh, Delaware. She's on her way though, so until she gets here, I'm gonna be your coach. But don't worry, she told me all about the LaMazda stuff.
 デラウェアなんだ。こっちに向かってるけど、でも来るまでは俺がついてるから。心配しないで、彼女からラマツダについては聞いてるから。

Chandler: Yeah, that's when if you get the babies out by the end of the month, they give you 2% financing.
 ああ、もし月末に赤ちゃんを産んだら、2%資金調達してくれるやつだよね。

Frank: Yeah.
 ああ。

《待合室》

Rachel: Monica? You gonna be very proud of me. I just got us dates with two unbelievably cute nurses.
 モニカ? 私ってすごいでしょ。すっごいキュートな看護師さん2人とデートの話つけてきたわよ。

Joey: Oh, my!
 おお、いいね!

Rachel: They're male nurses.
 男の看護師よ。
 
Joey: Not in my head.
 俺の頭の中では違うね。

Rachel: Anyway, they want to take us out Saturday night! What do you say?
 とにかく、土曜日の夜にデートしようって! どう?

Monica: Umm. Umm. Umm. I don't think so.
 うーん・・えー。。気が進まない。

Rachel: What? What are you talking about?! You-you're the one who's been telling me to get over Ross and move on. I'm moving on, and you're moving on with me. Come on, give me one good reason why you don't wanna go.
 え? 何を言ってるの? あなたがロスのことを乗り越えて先に進めって言ったんじゃない。先に進んでるのよ、だから、あなたも一緒に進んでよ。ねぇったら。行きたくないもっともな理由を言ってみてよ。

Monica: Umm, why don't you give me something that would be a good reason and-and then I'll tell you if it's true.
 うーん・・あなたがもっともな理由をあげてみてよ。そしたら私がそれであってるかどうか言うから。

Rachel: What?
 は?

Monica: Harder than it sounds. Isn't it?
 意外と難しいでしょ。

Rachel: Okay, you're coming with me, and I also told them that if we're still here when they get off that we'll go down to the cafeteria and have some Jello with them.
 とにかく一緒に行くのよ。それに、もしあの人達の仕事が終わったときにまだ私たちがここにいたら、下のカフェテリアに行って甘いもの食べましょうって話してあるんだから。

(Jello はゼリーだと思いますが、次のジョーイのセリフのため「甘いもの」にしました)

Joey: Yep! There's always room for Jello…
 そう! (セクシーっぽく)甘いものは別腹。

Rachel: Joey, how do you make that dirty?
 ジョーイ、どうしたら、そんなのいやらしく言えるのよ?

Joey: Oh, it's easy. Yeah, I-I can do it with anything. Watch uh, Grandma's chicken salad…
 簡単だよ。なんでもできるぞ。ほら、(セクシーっぽく)おばあちゃんのチキンサラダ。

《分娩室》

Joey: Ross! Get a shot of this. . . Hey, babies! These are the headlines on the day you were born! Okay, now girl baby turn away, and boy babies… Check it out, huh?! This is what naked women looked like the month you were born. All right, now let's dive right into the good stuff.
 ロス! これ撮ってくれ。(ロスにカメラを渡し、当日の新聞USA Todayを構える) やぁ、赤ちゃんたち! 君たちの生まれた日の新聞だよ! よし、じゃあ女の子はあっちを向いて。男の子達、これ見て!(Playboyを見せる)君たちが生まれた月の裸の女性だよ。よし、いいのを見せよう!(雑誌の中を写す)

Phoebe: Oh, okay, I'm having another one! This one doesn't hurt either−Ooh, yes it does! Ow! Ow! Ow! Ow! Ooh! . . . Oh, I was kinda hoping that was it.
 あっ、また来たわ! これもそんなに痛くない・・・うーっ! いや、痛い! 痛い痛い痛いっ! うう。・・・(ブランケットの下を覗いて)ああ、今のがそうだったらよかったのに。

Ross: Hey, where are Monica and Rachel anyway?
 ねぇ、モニカとレイチェルは?

Joey: Oh, a couple of nurses asked them out. Maybe they're with them.
 ああ、看護師2人に誘われたんだよ。そいつらと一緒じゃないかな。

Chandler: Really? Male nurses?
 ほんと? 男の看護師?

Joey: Yeah, I was bummed too.
 そうだよ、俺もがっかりしたよ。

Chandler: So they're going on dates? When?
 それじゃデートに行くのか。いつ?

Joey: I think Saturday−
 土曜日だと思う・・(痛みにうめく)

Frank: What's with him?
 彼どうしたの?

Phoebe: Umm, sympathy pains. I thought it was really sweet at first, but now I think he's just trying to steal my thunder.
 共感痛よ。最初は優しいんだと思ったけど、でもやっぱり、自分が主役になるつもりなんだわ。

(ドクターがくる)
Dr. Harad: Okay!
 さて!

Phoebe: Hey.
 どうも。

Dr. Harad: Let's see what we got here. Ohh, you know, Fonzie dated triplets.
 さぁ、どうなっているかな。。ああ、そうそう、フォンジーは三つ子とデートしたんだよ。

Chandler: This-this Fonzie person you keep referring to, is that uh, is that another doctor?
 この・・おっしゃってるフォンジーって人ですけど、この人もドクターですか?

Dr. Harad: Oh, no-no-no. Fonzie is the nickname of Arthur Fonzerelli. "The Fonz."
 いやいやいや。フォンジーはアーサー・フォンジレラのニックネームだよ。フォンズだよ。

Chandler: All right.
 ・・オーケー・・。(ドクター出て行く)

Frank: It's not that weird, is it?
 そんなに変じゃないよな?

Phoebe: It's very weird! I don't want some guy down there telling me, I'm, you know, dilated-a-mundo!
 めっちゃ変よ! あんなやつにおなかの下で、世界が広がったぞとか言われたくないわよ。

(mundo = スペイン語で「世界」)

Ross: To be fair, he doesn’t seem to be impersonating Fonzie…
 公正に見て、彼はフォンジーをまねしている訳ではなく・・

Phoebe: What are you doing?!! Why are you defending him?! Just get me another doctor! One who is not crazy and who is not Fonzie!
 何言ってるのよ?! なんで彼をかばってるの?! いいからほかのドクター探してきてよ! 頭おかしくなくて、フォンジーじゃないやつ!

Ross: Again, it's not that he…
 もう一度言うけど彼は・・(フィービーに叱られ出て行く)

《待合室:モニカを探すチャンドラー》

Chandler: Oh-hey-hey-hey! There you are!
 あっ、いたいた! ここにいたね!

Monica: Umm, listen there's something I think you should know.
 あ、知っておいてもらった方がいいかと思うんだけど・・

Chandler: Oh, is this about you-you dating the nurse? Yeah, Joey already told me, and I am so-so fine. I mean, you and I we're just, you know, we're nothing, we're goofing around.
 ああ、看護師とデートだろ? ジョーイから聞いたよ。俺はいいよ。だってほら、俺たちはさ、何でもないだろ。俺たちはただ遊んでるだけなんだから。

Monica: Umm, actually I was about to tell you that I was, I was going to get out of it, but hey, if we're just goofing around then uh, maybe I will go out with him.
 私、実はそれやめるって言うつもりだったんだけど、そう・・私たちが遊んでるだけなんだったら、私あの人とデートに行こうかな。

Chandler: Fine! Maybe I will too!
 いいさ! 俺も行こうかな!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, you guys! Look what I found in the giiiiiiift shop. . . Get up! Get up! Get up!
 おお! 見てくれ、これギフトショップで見つけてきたぁあああ!(痛みでうめき、車いすの男性に)立って! 立って! 立って!(拒否される)

《分娩室:ロスが別のドクターを連れてくる》

Ross: Okay, Phoebe, this Dr. Oberman. He has no strong feelings about Fonzie or any of the "Happy Days" gang.
 フィービー、ドクター・オーバーマンだよ。彼はフォンジーとかハッピーデイズのキャラクターに執着してないからね。

Phoebe: Hi! And you're going into what grade?
 ハーイ! 今度何年生?

Dr. Oberman: Umm, I'm actually a first year resident, but I get that a lot, you see, I-I graduated early…
 あ、僕は研修医1年目ですが、よく言われるんですよ。僕は早期卒業したので・・
tjthyn.jpg(T.J.サイン氏・・ BONESなどに出演してますね)

Phoebe: Uh-huh, me too. Ross, maybe I should've specified that I'd be needing a grown up doctor.
 はいはい、私もよ。ロス、具体的に言うべきだったかしら、私、大人のドクターがいいの。

Dr. Oberman: Oh, no, really. I'm fully qualified to…
 あ、いえ、本当に僕はちゃんと資格も・・

Phoebe: Shh! "Doogie!" Shh! Doesn't anybody understand that I'm gonna be having babies soon? Huh? Go! Go, little boy, go!
 シーッ! ドギー! シーッ! もうすぐ赤ちゃんが生まれるって誰かちゃんとわかってくれないの? え? 行ってよ。行け、少年! 行け!(若いドクター出て行く)

(Doogie = 天才少年ドギー・ハウザー、10歳の医学博士)

Frank: Oh, cool! You made him cry!
 あはは! すげー! 彼を泣かしたよ!

《ジョーイの病室》

Joey's Doctor: Mr. Tribbiani, I'm afraid you've got kidney stones.
 トリビアーニさん、残念ながら、これは腎臓結石ですね。

Joey: Umm, well, what else could it be?
 ああ・・それ以外の可能性は?

Joey's Doctor: It's kidney stones.
 腎臓結石ですね。

Joey: Or?
 それか?

Joey's Doctor: Kidney stones!
 腎臓結石!

《分娩室:ドクター・ハラドが来ている》

Dr. Harad: All right, you're getting there. Oh, and you know, these babies are very, very lucky.
 よし、うまくいってますよ。あ、それから、この子達はとってもラッキーですよ。

Phoebe: They are? Why?
 そう? どうして?

Dr. Harad: They have the honor of being born on The Fonz's half-birthday.
 光栄にも、フォンズのハーフバースデイに生まれてくるからね。

(half birthday とは、誕生日の6ヶ月後のこと。かつては、ハーフバースデイを祝う習慣があった。ハッピーデイズ内で、Fonzie の誕生日に関するエピソードは1月や2月。フィービーの出産エピソートは10月8日放送。なぜ half birthday と言ったか不明ですが、そんなに深刻に考えることもないかな)

Phoebe: Happy birthday!
 ・・・・ハッピーバースデイ!

Dr. Harad: Just-just to clarify, I'm not Fonzie.
 あ、ひとつはっきりさせておくが、私はフォンジーじゃないからね。(出て行く)

Rachel: Honey, you know I just gotta tell you, I think this is such a terrific thing you're having these babies for Frank and Alice.
 ねぇ、これだけは言いたいけど、本当にあなたフランクとアリスのためにこの赤ちゃん達を産んであげるって、すばらしいことね。

Phoebe: I know, it is.
 そうね。

Rachel: Yeah!
 そうよ。

Phoebe: Can I tell you a little secret?
 ちょっとした秘密聞く?

Rachel: Yeah!
 ええ!

Phoebe: I want to keep one.
 1人もらいたいの。

Rachel: Ohh, I'm gonna be on the news!
 ああ・・。ニュースになっちゃうわ!

《分娩室・続き》

Rachel: Okay, Phoebe, honey, you gotta be kidding. I mean, you know you can't keep one of these babies!
 フィービー、冗談でしょ。赤ちゃん1人もらうなんてことできないって、わかってるでしょ?

Phoebe: Why not?! Maybe I can, you don't know!
 なんでダメ? できるかもよ。わからないじゃん!

Rachel: Yes! Yes! Yes, I do! I do know! Frank and Alice are gonna want to keep all of their children!
 いえいえ、わかってるわよ! フランクとアリスは子供全員を育てたいわよ!

Phoebe: Maybe not! You know? Seriously, three babies are a handful. Maybe they're you know, looking for a chance to unload one of them. Listen, I-I hate to miss an opportunity just because I didn't ask! You know?
 違うかもしれないじゃん! でしょ? 実際、3人は大変よ。もしかしたら、あの子たちだって、1人減らせるチャンスを探してるかもよ。聞きもせず機会をのがすなんていやなのよ。ね?

Rachel: Phoebe, no! This is, this is insane.
 フィービー、ダメよ。そんなのどうかしてるわ。

Phoebe: Oh, just ask him!
 いいから聞いてみてよ!

Rachel: What? Me?!
 えっ? 私?

Phoebe: I can't ask him! Do you have any idea how inappropriate that would be?! All I'm saying is just talk to Frank. Okay? Just, you know, feel him out!
 私が聞くなんてできないでしょ! そんなの非常識ってわかるでしょ? ただフランクに聞いてみてくれるだけでいいのよ。ね? ちょっと探ってみてよ!

Rachel: No! Forget it! I am not gonna ask Frank to give you one of his kids!!
 ダメよ! 無理! あなたに子供を1人譲れなんてフランクに言えないわよ!

Phoebe: You're right. . . . Tell him it's for you.
 そうか・・・(しばし沈黙)自分がほしいって言えばいい!

《ジョーイの病室》

Monica: Feeling a little better, sweetie?
 少しはよくなった?

Joey: Well, maybe a little. I wish you hadn't seen me throw up.
 まぁちょっとは。俺の吐くとこ見られたくなかったよ。

Monica: Me too.
 私も見たくなかった。

Ross: Hey! I just heard. What's up?
 ねぇ! 今聞いたよ。どうしたの?

Joey's Doctor: Kidney stones! Now, ordinarily Mr. Tribbiani, we try to break up the stones up with shock waves, but they're too close to the bladder now. Which means we can either wait for you to pass them or else go up the urethra…
 腎臓結石♪! さて、トリビアーニさん、普通は衝撃波で石を砕くんですが、もう膀胱近くまできてるんですよ。つまり、自然に出るのを待つか、または尿道をさかのぼって・・

Joey: Whoa-whoa! No-no-no-no-no, nothing is going up! Okay? Up, up is not an option−what's a urethra? . . Are you crazy?!
 おいおい! ダメダメダメ! 何もさかのぼらない! いいか? さかのぼるっていうのはナシだ。尿道ってなに?(モニカが囁いて教える)頭おかしいんじゃないのか?!

《分娩室》

Phoebe: So did you ask him?
 それで、聞いた?

Rachel: No, I haven't had a chance to be alone with him yet.
 いいえ。彼と2人になるチャンスがないの。

Phoebe: Well, I'm kinda on a clock here.
 時間が迫ってるんだけど。

Dr. Harad: Oh, Fonzie.
 (1人笑って)ああ、フォンジー。。

Rachel: You know who I always liked? Mork.
 (ドクターに)私がずっと好きなの誰だと思う? モークよ。(これを聞いてドクターが固まる)

(Mork = ハッピーデイズに登場、Orkから来た人(ロビン・ウィリアムズ))



Phoebe: Undo it. Undo it. Undo it.
 (レイチェルに囁く)取り消して。取り消して。取り消して。

Dr. Harad: Fonzie met Mork. Mork froze Fonzie.
 フォンジーはモークに会った。モークはフォンジーを凍り付かせた。

Rachel: Yeah, but umm… Yes, but, Fonzie was already cool, so he wasn't hurt, right?
 (驚いている)・・そうね、でも・・・そう、でもフォンジーはもともとクールなのよ。だから、なんともないわよ、でしょ?

Dr. Harad: Yeah, that's right.
 ・・・ああ、その通りだ。

(モニカとチャンドラーが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Monica: How are you doing?
 どう?

Phoebe: Okay, doctor says any minute now.
 大丈夫。ドクターは、もうすぐだって。

Frank: Hey, you know, Alice is gonna be here so soon, you couldn't just like do me a favor and like, like hold them in?
 なぁ、アリスはもうすぐ来るから、頼むよ、もうちょっとの間、持っててくんない?

Phoebe: Sorry, Frank, I'm kinda in the middle of the last favor you asked me to do.
 悪いけど、フランク、私あなたの最後のお願いかなえてる最中よ。

(看護師が来る)
Male Nurse: Hey! Rachel.
 ヘイ! レイチェル。

Rachel: Hi! Monica, this is Dan, one of the guys that we're gonna be going out with on Saturday. Uh Dan, Monica.
 ハーイ! モニカ、この方がダン。土曜日にご一緒する人よ。(合図でこの人があなたのだと伝える)・・ダン、モニカよ。

Dan: Nice to meet you.
 どうも初めまして。

Monica: Hello, Dan! I'm really looking forward to Saturday night! Really, really!
 こんにちは、ダン! 土曜日の夜が待ち遠しいわ。ほんとにほんとに!!

Chandler: So Dan, nurse, not a doctor huh? Kinda girlie, isn't it?
 ダン、看護師なんだ、ドクターじゃなくて。女の子みたいじゃない?

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Dan: Nah that's okay. I'm just doing this to put myself through medical school.
 いや、いいんだよ。医科大学に行くために働いてるんだ。

Chandler: Oh.
 あぁ。。

Dan: And it didn't feel so girlie during the Gulf War.
 それに、湾岸戦争に行ったときは女の子みたいには感じなかったな。

Chandler: Sure. . . And listen, thanks for doing that for us, by the way.
 そうか・・・俺たちにかわっていってくれてありがとう。

Monica: So, why wait till Saturday, are you free tomorrow?
 土曜日まで待つことないじゃない? 明日はどう?

Dan: Sure! I'll get somebody to cover my shift.
 いいよ! 明日のシフト代わってもらうよ。

Monica: Oh, great!
 ああ、よかった!

Chandler: Hey, how about it? You, me, Saturday night?
 (女性看護師に)ねぇ、どう? 君と僕で、土曜日の夜?

Delivery Room Nurse: No.
 ノー。

Chandler: All right. Very good.
 だよね。うん。

Phoebe: Oo, this is a big one. Eww! Arghhhh!!
 ああ、これは大きいわ。ううーっ!! あああああっ!!

《ジョーイの病室》

Joey: Ohh, get these things out of me!
 ああっ!! これを外に出してくれ!!

Ross: Breathe! Breathe! Breathe throw the pain.
 深呼吸! 深呼吸! 深呼吸して痛みをやりすごすんだ!

Joey: I want the drugs Ross, I want the drugs!
 薬が欲しい! ロス、薬!!

Ross: I do too! I do too!
 僕もだよ! 僕も!

Joey: Argh! Argh!
 あーっ! あーっ!

Ross: Argh! Argh!
 あーっ! あーっ!

《待合室:フランクが電話中・レイチェルが来る》

Frank: Yeah, I love you. Okay, bye! . . Hi!
 わかった、愛してるよ・・うん、バーイ。(電話終え、レイチェルに)ハーイ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Frank: That was Alice's mom. She said she left five hours ago. She should be here by now.
 アリスのおかあさんだよ。彼女5時間前に出たって。もうすぐ来るよ。

Rachel: Oh, honey, don’t worry. She's gonna make it on time.
 あら、心配しないで。きっと間に合うわよ。

Frank: Yeah.
 ああ。。

Rachel: Yeah. So Frank, three babies. Whew, that just seems like a lot, huh?
 ね、フランク、3人の赤ちゃんよね。フーッ! 大勢よね!

Frank: Not to me.
 そんなことないよ。

Rachel: Yeah, fair enough.
 そう。結構ね。(立ち去る)

《分娩室》

Dr. Harad: Okay, you're at ten centimeters. Time to start having some babies. All right, I want only the father in here please.
 よし、10センチ開いてるね。赤ちゃんが産まれてくるぞ。よし、じゃあここはおとうさん以外出ていってください。

Chandler&Rachel&Monica: We love you. Good luck.
 愛してるわよ。頑張って。

Monica: Bye, Dan!
 バーイ、ダン!

Dan: Uh, bye Monica.
 あ、バーイ、モニカ。

Chandler: Bye, momi-moo.
 バーイ、モモモーン!(みな出て行く)

Dr. Harad: All right, I need a clamp, a sterile towel, and channel 31.
 よし、鉗子と消毒タオルをくれ。それからチャンネル31。

Phoebe: What is that?. . . Oh, my God!
 それなに?(ハッピーデイズのテーマ曲がかかる)オーマイゴッド・・

Dr. Harad: Oh, no-no-no, it's a good one! Fonzie plays the bongos. All right, are you ready? It's time to try pushing.
 いやいやいや、これはいいよ! フォンジーがボンゴを叩いてるんだ。よし、いいかい? いきむ時がきたよ。

《ジョーイの病室》

Joey's Doctor: Are you ready? It's time to try peeing. . . Wait-wait-wait-wait-wait! It's almost time to try peeing.
 いいかい? オシッコするときがきたよ。・・・待って待って待って! もうすぐオシッコする時間だよ。

《分娩室》

Dr. Harad: Okay, now push! That's it, push! Just concentrate on pushing! Yeah, here we go!
 よし、さぁ、いきんで! そうだ、いきんで! 息むことに集中して! そう、いいぞ!

Dan: I see the head.
 頭が見えます。

Frank: Yes, it has a head!
 よし! 頭があるぞ!

Dr. Harad: All right. Keep pushing! Come on!
 いいぞ。いきみ続けて! がんばって!

Frank: I can't believe there's somebody coming out of you right now. There's somebody coming out of you! Is it? Is it? It's my son.
 信じられない・・君のから誰かが出てくるよ・・誰かが君から出てくるよ! ああ、俺の息子だ!

Dr. Harad: All right. Here's your first baby.
 よーし。最初の子だよ。

《待合室:フランクが走ってくる》

Frank: YES!!!!! Yes!! We got a baby boy!!
 やった! やったぞ! 男の赤ちゃんだ!

Chandler: Yes!
 よし!

Frank: Frank Jr. Jr.!!
 フランク・ジュニア・ジュニアだ!

Rachel: Oh, how does he look? How does he look?
 ああ・・どんな感じ? どんな感じ?

Frank: So gross!
 すっごい気味悪い!

《分娩室》

Dr. Harad: Okay. You ready to push again?
 よし、もう一度いきめるかね?

Phoebe: I already had a baby. Leave me alone.
 もう1人産んだわよ。放っといて。

Frank: Okay, okay, come on, you can do it. You can do it!
 よしよし、ほら、できるよ。できるよ!(フィービーと一緒にうなる)

《待合室:再びフランクが来る》

Frank: Yeah!! Little Leslie is here! We got another one! Oh, my God, I can't believe I have two-two children. How scary is that?
 いえーい! ちっちゃなレスリーがきたぞ! もう1人産まれた! オーマイゴッド! 信じられない。2人の子持ちだ。どんだけ怖い?(分娩室へ戻る)

《分娩室》

Frank: Come on, little Chandler, it's time to be born. Come on, little Chandler! Come on!
 おいで、ちっちゃなチャンドラー、産まれる時がきたよ。おいで、ちっちゃいチャンドラー、おいで!

Dr. Harad: All right, he's coming. He's coming!
 よし、来たぞ。来たぞ!(抱き上げてみせる)

Frank: Hey, where's his thing?
 ねぇ、彼のはどこ?

《待合室:フランク3度目に走ってくる》

Frank: Chandler's a girl!
 チャンドラーは女の子だ!

Chandler: Oh, God, kindergarten flashback.
 うわっ! 幼稚園の記憶が!

Frank: They must've read the sonogram wrong. 'Cause they, 'cause they thought it was a boy, but Chandler's a girl! Chandler's a girl!
 超音波のとき見間違えたらしいよ。男の子だと思ったらしいけど、でも、チャンドラーは女の子だ! チャンドラーは女の子!

Chandler: Okay, keep saying it!
 ああ、言い続けて!

(アリスがエレベーターから来る)
Alice: Am I too late?!
 私遅かった?

Frank: No-no ah, everything's okay. Everybody's healthy there's 30 fingers and 30 toes.
 いやいや、大丈夫だよ。みんな元気で、ちゃんと30本の指で、足の指も30本だ。

Alice: We have our babies?
 私たちの赤ちゃんなのね?

Frank: Yeah.
 ああ。

Alice: Oh, we have our babies.
 ああ、私たちの赤ちゃんなのね。(激しいキスになだれこみ、レイチェル、モニカ、チャンドラーは逃げ出す)

《ジョーイの病室》

Joey: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・・

Ross: You did it, man.
 やったな。

Joey's Doctor: Would you like to see them?
 これ見たい?(小さなボトルを渡す)

Joey: They're so small!
 すごい小さいんだな!(愛しそうに石を見るジョーイとロス)

《院内廊下・モニカとダン》

Dan: So, I'll call you tomorrow.
 それじゃ、明日電話するよ。

Monica: Great!
 わかった!

(ダンが立ち去り、チャンドラーが来る)
Chandler: So, are you really gonna go out with that nurse man?
 それじゃ本当に看護師の男とデートするの?

Monica: Well, you and I are just goofing around, I thought, why not goof around with him.
 だって、あなたと私はただ遊んでるだけでしょ、じゃ彼とも遊ぶわ。

Chandler: You know, I don't know if you've ever looked up the term goofing around in the dictionary… Well, I have, and the technical definition is, two friends who care a lot about each other and have amazing sex and just wanna spend more time together. But if you have this new fangled dictionary that gets you mad at me, then we have to, you know, get you my original dictionary. I am so bad at this.
 ね、君が遊んでるっていうのを辞書で見たことがあるかどうか知らないけど、僕はあるんだ。その意味を正確にいうと、お互いに思い合ってる2人の友人が、素晴らしいセックスをして、もっと一緒にいたいと思ってるってことなんだ。もし君がこの新しい変わった辞書を見たことがなくて、俺に怒ってるんだったら、その辞書を贈るよ。・・俺ってこういうの本当にヘタだな。

Monica: I think you're better than you think you are.
 思ってるほど悪くないわよ。

Chandler: Really? Okay, so…
 そう? そうか、それで・・

Monica: Know when to stop.
 終わり時をわきまえないと。

Chandler: You know, I sensed that I should stop. So we're okay?
 もうやめるべきかなって思ったんだよね。それじゃ、俺たち、大丈夫?

Monica: Yeah. All right, I'm gonna go tell Dan that it's not gonna happen. . . Don't do the dance.
 ええ。。じゃ、ダンにデートはなしって言ってくるわ。(歩きかけて振り向かず)踊るな。

Chandler: Right!
 そっか!

《分娩室:みんな赤ちゃんを抱いている》

Monica: I think you're my favorite.
 この子私のお気に入りよ。

Phoebe: Which one do you have?
 どの子を抱いてるの?

Monica: I don't care.
 どの子でもいいわ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi. Hey, hi! So uh, Frank and Alice wanted me to tell you that they're still outside making phone calls.
 ハーイ、ね、フランクとアリスは、外で電話してるからって。

Phoebe: But umm, I mean, did you talk to them about, you know…
 それで・・聞いてみた・ あのこと・・。

Rachel: Yeah, umm. No, honey.
 ええ。ダメだったわ。

Phoebe: Oh, okay. It was a long shot. Hey, you guys, can I just like have a second alone with the babies?
 ああ、そう。ダメもとだもんね。ねぇ、みんな。ちょっと赤ちゃん達と私だけにしてくれる?

All: Yeah, sure yeah. Yeah.
 ああ、わかった。ええ。

Phoebe: So, here you are. It seems like yesterday I was talking to you in that little petri dish. Everyone said labor was the hardest thing I'd ever have to do, but they were wrong this is. Oh, I had the most fun with you guys. I wish I could take you home and see you everyday. Okay, I'll settle for being your favorite Aunt. I know Alice's sister has a pool, but you lived in me. Okay, so we're cool. Yeah, we're gonna be great. Little high-fives! Ahh! Ahh! Ahh! . . Well, if you're gonna cry.
 さぁ、やっと会えたわね。ちっちゃなペトリ皿にいるあなた達に話しかけたのが昨日のことみたい。出産ほどつらいことはないってみんな言うけど、違うわね、これだわ。ああ、あなた達といて最高に楽しかったわ。あなた達を連れて帰って毎日会えたらいいけど。いいわ、あなた達の好きなおばさんになることにする。アリスのねえさんがプールを持ってるそうだけど、あなた達は私の中に住んでたんだからね。オーケー、うまくやろうよね。そうよ。楽しくやれるわ。ちっちゃいハイファイブよ。あー、あー、あー! ・・・あなたが泣いちゃうと・・(泣き出す)

《分娩室:時間経過》

Monica: Phoebe, we are so proud of you! You're amazing!
 フィービー、あなたが誇らしいわ! 本当にすごいわよ!

Phoebe: I know.
 そうよね。

Rachel: So does it really hurt as bad as they say?
 みんなが言うくらい本当に痛かった?
 
Phoebe: Yeah. You won't be able to take it.
 ええ。あなたには耐えられないわね。

Chandler: So uh, now that little Chandler turned out to be a girl, what are they gonna name her?
 ところで、おちびのチャンドラーは女の子だったけど、どういう名前にするの?

Phoebe: They're gonna call her Chandler.
 チャンドラーにするそうよ。

Chandler: Kind of a masculine name, don't you think?
 男っぽい名前じゃないか、そう思わない?

Phoebe: Works on you.
 あなたに合ってるわよ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 ついに100話きました。・・
 ・・・まだ半分もきてないのね。
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
posted by らんち at 00:24| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。