2013年08月17日

5-2 The One With All The Kissing

5-2 キスがいっぱいの話

 ☆モニカとチャンドラーのひみつ☆

《チャンドラー達のバスルーム:モニカとチャンドラー》

Monica: You look cute in bubbles.
 泡の中でかわいく見えるわよ。

Chandler: Ehh, you're just liquored up.
 酔っ払ってるな。

(ジョーイがノック)
Joey: Hey, it's me! I'm comin' in!
 おい、俺だ! 入るぞ。(モニカはあわててお湯に潜る。入ってきて、バブルバスやキャンドルに驚くジョーイ。)

Chandler: I've had a very long, hard day.
 きつかったんだ、今日。

Joey: Ahh, I'm gonna go get some chicken. Want some?
 チキン買ってくるけど、いる?

Chandler: Ahh, no thanks. No chicken, bye-bye, then.
 いやいいよ。チキンいらない、バイバイ。

Joey: Okay. . . You sure? Some extra crispy? Dirty rice? Beans?
 わかった。・・ほんとにいい? クリスピーだよ? ダーティライスは? マメは?

dirty rice = チキン肝などが入った、色がdirty なrice)

Chandler: For the last time no! Get out! Get out, Joey!
 いらないったらいらない! 出てけ! 出てってくれ、ジョーイ!

Joey: All right!
 わかったよ。(出て行く)

Chandler: Are you okay? I'm so sorry, he wouldn't leave. He kept asking me about chicken.
 大丈夫? ごめんよ、やつが出てかなくて。チキンのことしつこく聞いてきてさ。

Monica: Chicken? I could eat some chicken.
 チキン? ちょっと食べたいかな。

Chandler: Hey, Joe!
 おい、ジョー!

Chandler: Yeah, can I get a 3-piece, some cole slaw, some beans, and a Coke--Diet Coke.
 そうだな、チキン3ピースと、コールスロー、マメと、コーラ。ヒエっ! ダイエットコーラ!

《モニカ達の部屋;フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハイ!

Chandler: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Joey: Mornin' Pheebs!
 おはよ、フィーブス!

Phoebe: I have to tell you this story. Okay, I was coming over here and this driver…
 聞いてこの話。ここに来るとき、ドライバーが・・

Joey: Was his name Angus?
 そいつの名前アンガス?(モニカとチャンドラーが笑う)

Phoebe: What?
 え?

Joey: Oh, he was this cab driver we had in London.
 ロンドンのタクシーのドライブでさ。

Phoebe: Oh. Ha-ha-ha. All right, anyway…
 ああ、ハハハ・・。それでとにかく・・

Monica: Wait, what that place, that pub he took us to?
 待って、あそこ何だっけ、彼が連れてってくれたパブ?

Chandler: Uh, The Wheat Sheaf.
 ウィート・シーフ!

Joey: Yeah-yeah-yeah, and they had that beer! That uh…
 そうそうそう、あのビール! あれは・・

Monica: Boddington's!
 ボディントン!
boddingtons.jpg

All: Boddington's! Woo hoo!
 ボディントン! イエーイ!(みんなでハイファイブ)

Chandler: Ooh! Pheebs, was gonna tell a story.
 あっ、フィーブスがなんか聞かせてくれるんだよ。

Phoebe: Yeah, so, he had a really funny hat−I don't want to talk about it.
 そう、それで、その人が本当に面白い帽子を・・・話したくない。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 ハイ!

Joey: Hey, Ross, Boddington's!
 おい、ロス、ボディントン!

Ross: Yeah!
 イエーイ!(ハイファイブ)

Joey: Oh, man! That was good beer. You know, I'd walk back to London for another frosty one of those bad boys.
 あれはいいビールだったな。あの冷たいやつをもう一杯やるためならロンドンまで歩くよ。

Ross: You know, I think they have those at that British pub near the trade center.
 トレードセンターのそばのブリティッシュ・パブにあるよ。

Joey: Later!
 またな!(出て行く)

Ross: Isn't Rachel supposed to be back by now?
 レイチェルはもう戻ってきてもいいんじゃない?

Monica: Yeah, but her plane got delayed in Athens. But actually, she should be here by now.
 ええ、でもアテネの彼女のフライトが遅れたのよ。でも、もう来てもいい頃よ。

Ross: Oh, so-so you talked to her. Did she, did she sound mad?
 あ、それで、彼女と話したんだよね。彼女怒ってなかった?

Monica: No, but she likes me. You abandoned her on a plane to Greece.
 いいえ。でも彼女は私のことは好きだもの。ギリシャ行きの飛行機に置き去りにしたのは私じゃない。

Ross: Okay, I did not abandon Rachel! Okay? Emily showed up at the airport! I had to go after her! I mean, I-I did what I had to do! She's my wife! Rachel is my wife! You know−Emily! Emily, is my wife! Man, what is that?
 僕はレイチェルを置き去りにしたんじゃない、いいか? 空港にエミリーが来たんだ! 彼女を追わなきゃならないだろ! しなきゃならないことをしたんだ! 彼女は僕の妻なんだから! レイチェルは僕の妻だ! ・・エミリー! エミリーが僕の妻だ。・・なんなんだ、これは?

Phoebe: So you still hadn't heard from Emily?
 それで、まだエミリーから連絡ないの?

Ross: No, not since I lost her at the airport.
 ない。空港で見失ったままだ。

Chandler: I can't believe she can out run you, man!
 追いつけなかったなんて信じられないよ!

Ross: HEY, SHE'S FAST!! OKAY?!! Oh! You-you think you can be beat me? Let's go! Outside!!
 おい! 彼女は足が速いんだ、わかる?! 僕に勝てると思うんだな? やろうじゃないか! 外へ出ろ!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

All: Hey!
 やぁ!

Ross: Rach, Rach, I am so sorry. I am so-so sorry.
 レイチ、レイチ、本当にごめん。本当に本当にごめんよ。

Rachel: Oh, Ross, come on! You just did what you had to do.
 あら、ロス! あなたはただしなきゃならないことをしただけじゃん。

Ross: That's it? You're not mad? I mean, it must've been terrible.
 それだけ? 怒ってないの? こんなこと、最悪だったろうに。

Rachel: Terrible? Hell, I was in Greece! That was a nice hotel! Nice beach, met the nice people. Not too shabby for Rachel.
 最悪? 私はギリシャに行ってたのよ! 素敵なホテルだったわ! ビーチも素敵、いい人達に会った。レイチェルにとっては悪くなかったわ。

Ross: So, what? That's it?
 それでなに、それだけ?

Rachel: Well, yeah! We're cool. Totally cool.
 ええ、そうよ。私たち大丈夫よ。全然平気。

Ross: Oh, thanks. Oh, you're the best.
 ああ、ありがとう。君は最高だな。

Rachel: Oh no, you're the best.
 あら、あなたこそ最高よ。

Ross: Oh, I gotta go to the flower store! Check it out, no one will tell me where Emily is, so I'm gonna send 72 long-stem, red roses to her parent's house. One for each day that I've known and loved her. That ought to get her talking to me again.
 あっ、花屋に行かなきゃ。聞いてよ、誰もエミリーの居場所を言ってくれないから、両親の家に、72本のバラを送るんだ。彼女を知って愛した日数だよ。これで彼女も僕と話す気になってくれるよ。

Chandler: Oh, Ross, when you make out card, be sure to make it out to, EM-I-LY.
 あ、ロス、カードを書くときには、間違いなく宛名をエミリーにしろよ。(ロスは黙って拳同士を叩き、立ち去る)

Monica: Rach, that's great! It's so good that you had a good time in Greece!
 レイチ、よかったわね! ギリシャで楽しめたならよかったわ。

Rachel: What?! I didn't have a good time in Greece! Ross abandoned me! Okay, I couldn't get a plane out, so I had to stay in their honeymoon suite. People coming up to me all the time going, "Oh, Mrs. Geller, why are you crying?" I mean, it was so humiliating. I felt like such an idiot! I mean, it's all my fault! And you know why, because I make very bad decisions.
 なんですって? ギリシャで楽しんだりなんてしてないわよ! ロスに置き去りにされたのよ! 飛行機を降りることもできないし、2人のハネムーン・スイートに閉じこもってたのよ。みんなしょっちゅうやってきて、「あら、ミセス・ゲラー、どうして泣いてるの?」って。あんな恥ずかしいことなかったわ。本当にバカみたい! 全部私が悪いのよ。どうしてかっていうと、私が間違った決断をしたからよ。

Chandler: Oh, that's not true.
 そんなことないよ。

Rachel: Yes it is! It is true! I went, I went after Ross in stupid London.
 いいえ、そうよ。その通りなの。バカロンドンへロスをおっかけて行っちゃって。

Phoebe: London is stupid! Stupid!
 ロンドンはバカよ、バカ!

Rachel: Phoebe, you were right. I should've never gone to London, and from now on you make all of my decisions for me.
 フィービー、あなたは正しかったわ。ロンドンへ行くべきじゃなかった。これからは、あなたが私代わりに決めて。

Phoebe: Oh… No, I did that for someone once and I'm not comfortable having that kind of power and control over someone's life.
 あら、ダメ。それやったことあるけど、人の人生をコントロールする力みたいな感じいやだもの。

Monica: I'll do it!
 私がやる!

Rachel: That's fine. So Monica, you are now in charge of my love life.
 いいわよ。それじゃモニカ、あなたは私の恋愛に関して責任者よ。

Chandler: Okay, I gotta go to work. . . And uh, Rachel, glad to have you back. . . Pheebs! Always a pleasure.
 よし、仕事に行ってくるよ。(キス。まずいと気づき)そしてレイチェル、帰ってきてうれしいよ。(キス)フィーブス!(キス)いつでも喜んで。(出て行く)

《セントラルパーク:モニカがロンドンの写真を見せている》

Monica: Oh, Rachel, sweetie, look, here's a really cute picture of Joey and you at the reception.
 レイチェル、ほら見て。ジョーイとあなたの披露宴でのすごくキュートな写真よ。

Rachel: Ohh, he's married! Ross is married. I can't−I still can't believe it.
 ああ、彼結婚したのね! ロスは結婚したのよ。(写真を見ながら)いまでも信じられないわ。

Monica: Honey, sweetie, by the edges.
 ねぇ、お願い、端を持って。

Rachel: I mean, you know I'm just gonna have to accept it. .
 私これを受け入れないといけないのよね・・・

Monica: Ohh.
 (思い切り表面に触っているので)ああ。。

Rachel: …I mean it's my fault.
 私が悪いのよね。

Monica: Sweetie! Edges! Fingers! Smudgy! Pictures!
 ねぇ! 端を持って! 指紋! 汚れる! 写真!

Rachel: Oh, my God!
 ああ、もうっ!!(写真の表面をなめて返す)

Monica: Okay. That's okay. I-I know that you're very upset right now. I know, I know that wasn't about me.
 ええ、いいのよ。。あなたは今とっても動揺してるのよね。わかってるわ。私のせいじゃないわよね。

Joey: I bet it was about her a little.
 (チャンドラーに)少しは彼女のせいだよな。

Monica: If you would stop thinking about Ross for one minute you would notice that there are great guys everywhere! I mean, look! Look, Gunther! I mean, he's nice, he's cute.
 1分だけでもロスのこと忘れてみれば、周りに素敵な男性はいっぱいいるって気づくわよ。ね、ほら、ガンターを見て! 彼もいいわよ。キュートだわ。(ガンター期待する)

Rachel: Yeah, I guess Gunther is kinda…
 ええ。ガンターもちょっと・・

Monica: Oh, what about that guy over there? Remember? That is the guy you flirted with at the counter that time.
 あ、あそこのあの人はどう? 覚えてる? あの時、カウンターであなたと話してた人よ。

Rachel: Oh, I don't know. I don't know.
 うーん、どうかな。どうだろう・・・

Monica: You're going to talk to him! You know what? We made a deal, I make your decisions and I say you're going to talk to him.
 彼と話してくるのよ! どうしてかわかる? 私たち決めたわよね。あなたのために私が決めるの。そしてあなたは彼と話してくるのよ。

Rachel: All right, you're the boss. I guess I gotta do what you tell me.
 わかったわ。あなたがボスよ。あなたの言う通りにしなきゃね。

Joey: Say that to him and you're golden.
 その通りにあいつに言えばもう簡単に落とせる。

(レイチェルは男性のところへ行き、フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Monica: We got out pictures back from London. Here's all of us at the Tower of London.
 ロンドンの写真ができてきたのよ。これが、ロンドン塔の前の私たちみんな。

Phoebe: Oh! Here we all are! Yeah, there's Ross and Joey and you and me.
 あら! ほんと私たちみんなね! そうよ、ロスがいて、ジョーイがいて、そしてあなたがいて、(マーカーで書く)そして私。

Chandler: All right, you know what, we've been talking about London too much, haven't we?
 なぁ、俺たちロンドンについて話過ぎたよな?

Phoebe: No. I'm sorry. It's just 'cause I couldn't be there. 'Cause all I ever get to do now is pregnant stuff, it just bums me out.
 いえ、ごめんね。私が行けなかったからよ。私がしなきゃならないことっていったら今は全部妊娠のことだもの、いやになるわよ。

(bum one out = 悩ませる)

All: Sorry.
 ごめん。

(レイチェルが戻る)
Monica: What happened?
 どうなった?

Rachel: Well, you know, a little of this, a little of that. Got myself a date tomorrow night.
 まぁね。あれやこれやで、明日の夜デートよ。

Monica: See, didn't I tell you?! You're getting over Ross already!
 ほらね、言ったでしょう? これでもうロスを乗り越え初めてるのよ!

Rachel: Well…
 まぁね・・

Gunther: ("We reserve the right to refuse service to anyone")Get out!
 (その男性に、「我々はサービスを断る権利を保有する」と書いた看板を見せて)出てって!

《モニカ達の部屋:チャンドラーが入ってきてモニカとキス》

Monica: What took you so long?
 どうしてこんなに遅くなったの?

Chandler: I got caught up and work, but I'm quitting tomorrow.
 仕事で抜けられなかったんだ。でも明日辞めてくるよ。

Monica: Oh.
 ああ(キスしていると、レイチェルとフィービーが入ってくる)

Chandler: So, thanks for having me over! . . Rach. . . Pheebs.
 それじゃ、お招きありがとう! レイチ(キス)フィーブス(キス)(ジョーイが驚いて見ている)

Joey: See ya!! What the hell was that?!
 またな! (女性達に)いったいあれはなんだ?!

Monica: Probably some you know, European good-bye thing he picked up in London.
 多分ほら、ヨーロッパ的なさよなら的なことをロンドンで見て来たんじゃない。

Rachel: That's not European!
 あんなのヨーロッパ的じゃないわよ!

Phoebe: Well, it felt French.
 あれはフレンチね。

《モニカ達の部屋の前・レイチェルがデートから帰ってくる》

Rachel: Oh, God, I really had a good time!
 ああ、本当に楽しかったわ!

Dave: Yeah, me too. So, I guess this is it.
 ああ、僕もだよ。・・それじゃあ・ってことで。

Rachel: Yeah. Umm, unless you wanna come inside?
 そうね。それか中に入る?

Dave: Yeah!
 ああ!

Rachel: Okay. Oh, uh, wait a minute, you know what? I uh, I can't decide this. Umm, okay, just hold on a second.
 わかった。あ、ちょっと待ってくれる? 私には決められないの。ちょっと待ってて。

Dave: Okay, yeah!
 わかったよ。

(部屋に入るとロス1人)
Rachel: Umm, hi!
 あら、ハーイ。

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Is Monica around? I-I have to ask her something.
 モニカはいる? 彼女に聞きたいことがあるんだけど。

Ross: Doing her laundry.
 洗濯にいってるよ。

Rachel: What's that?
 それなに?

Ross: It came in the mail today, it's uh, 72 long-stemmed red roses, one for each day that I've known and loved Emily, cut up into mulch.
 今日届いたんだ。これは、1本1本がエミリーを知って愛した日を象徴する72本のバラが、切り刻まれて帰ってきた。

(mulch = ワラや落ち葉など根覆いをするもの)

Rachel: Oh, honey that's awful.
 まぁ、それはひどいわね。

Ross: Oh, it's not so bad. Monica's gonna make potpourri! I think I'm gonna go wander out in the rain for a while.
 いやそう悪くないよ。モニカが、これでポプリを作るって! 僕は雨の中をぶらついてくるよ。

Rachel: But, it's not raining.
 でも雨降ってないわよ。

Ross: I can't catch a break!
 僕はほんとに運が悪いんだ!

(not catch a break = have no luck)

Rachel: You know what Ross? You're not going anywhere. You're gonna sit right here. I'm gonna make you a cup of tea and we're gonna talk this thing whole out. All right? Okay. . . Hey, Dave!
 いい、ロス? どこへも行かなくていいのよ。ここに座って。お茶入れるわ。そして話し合いましょう、ね? そうよ・・・(出て行って、デイブに)ハイ、デイブ!

Dave: Yeah?
 うん?

Rachel: Umm, listen, I'm gonna need to take a rain check, my roommate is just really sick. Okay? Bye! . . . Honey, listen, I know, I know things seem so bad right now.
 聞いて、また今度にしてくれるかな。ルームメイトがひどい病気なの、いい? じゃあね! (部屋に戻ってロスに)ねぇ、聞いて。今はうまくいかないけどね・・

(モニカが顔をのぞかせ)
Monica: Rach? Can I talk to you for just a minute? I-I dropped some socks.
 レイチ? ちょっと話せる? ・・・ソックス落としたのよ。

Rachel: Yeah.
 わかった。(廊下に出る)

Monica: What is the matter with you?! Do you want to fall into the trap? Do you want to fall into the trap?!
 あなたどうしちゃったのよ? ひどい目にあいたいの? ひどい目にあいにいきたいの?

Rachel: You did not drop any socks!
 ソックス落としてないじゃないの!

Monica: I just ran into Dave and he told me that you blew him off! I mean, you listen to me! Now, I'm calling the shots! I say you leave Ross alone and go get Dave! What the hell were you trying to do?
 デイブに出会って彼から、あなたが振ったって聞いたわよ! 私のいうこと聞きなさいよ! 命令よ! ロスのことは放っておいて、デイブをおいかけなさい! いったい何をしようっていうのよ?

(call the shots = 采配を振るう・命令する)

Rachel: Well, ultimately, I was trying you know, I-I wanted…tell him you know, that I'm still in love with him.
 まぁ・・最終的には・・私がしたいのは・・私は彼に・・まだ愛してるって言いたいのよ。

Monica: What?!! You cannot tell him that!!
 何ですって? それは言っちゃダメでしょう!

Rachel: Why? Why not?! People love to hear that!
 どうして? どうしてダメ? 誰でもそれ聞くのは嬉しいわよ!

Monica: I make the decisions, and I say no.
 決めるのは私よ。そして私はダメと言うわ。

Rachel: Well, you know what? No, you do not make my decisions because you know what, you're fired.
 ねぇいい? ダメよ、私の代わりに決めることはできないわ。だってあなたはクビよ。

Monica: You can't fire me. I make your decisions and I say, "I'm not fired!" Ha!
 私をクビにできないわよ! あなたのことは私が決めるの。それで言うわよ、「私はクビにならない」ほら!

Rachel: Well…
 うー(言葉につまり、洗濯物を投げて気をそらした隙に部屋に入って鍵をかける)

Monica: Rachel!! Come on! Let me in!
 レイチェル! ちょっと! 入れてよ!

Joey: Havin' some trouble?
 (自分の部屋から顔を出して)何かお困り?

Monica: Rachel locked the door.
 レイチェルが鍵をかっちゃったの。

Joey: I'll kick that door in if you give me a little sugar.
 砂糖をくれたらドアけやぶってやるよ。

Monica: Rachel! Let me in! Rachel!
 レイチェル! 入れて! レイチェル!

《モニカ達の部屋:ロスがドアを開ける》

Monica: Thank you. Rachel, can I talk to you outside for a sec?
 ありがと。レイチェル、廊下でちょっと話せない?

Rachel: No.
 イヤ。

Monica: I really need to talk to you.
 どうしても話す必要があるのよ。

Rachel: Well, then talk!
 じゃあ、話せば。

Monica: Okay, I will. Remember that thing that we just discussed that you wanted to do?
 いいわ。あなたがしたいことについて話し合ったの覚えてる?

Rachel: Yes!
 ええ!

Ross: What thing?
 それなに?

Monica: Well, Rachel wants to take swing dance lessons. Which I think is a really stupid idea! It's dangerous, she's never gonna get what she wants, and who knows who she might end up hurting.
 レイチェルがスイングダンスを習いたいって。私はそんなのバカな考えだと思うのよ。危険だもの、望んでる通りにはならないし、怪我をするはめにならないとも限らないわ。

(swing dance = スイングジャズに合わせて踊る)

Ross: Monica's right, swing dancing can be tricky. I'm gonna use the phone. I gotta cancel those five giant teddy bears I sent to Emily. My God, think of the massacre.
 モニカの言う通りだよ。スイングダンスは危ないよ。電話使うよ。テディベア5つエミリーに送るっていうのキャンセルしないと。大変だよ。大虐殺だ。

Rachel: I'm gonna do it.
 私はするわ。

Monica: All right, Rachel, I know-I know you think I'm crazy, please, before you tell him you love him, just-just try to find one person who thinks this is a good idea. Because I bet you, you can't.
 ねぇ、レイチェル。私がおかしいって思ってるのはわかってるわ。でもお願いだから、彼に愛してるって言う前に、だれか1人でも、いい考えだっていう人を見つけてきて。きっとできないから。

Rachel: But I…
 でも私・・

Monica: Please!
 お願いよ!

Rachel: All right, fine.
 わかったよ。

(ドアに打ち当たる音)
Monica: Joey, I'm in!
 ジョーイ! 私は中よ!

Joey: All right. Good deal.
 わかったよ。よかったな。

《セントラルパーク:フィービーが来る》

All: Pheebs! Hey Pheebs!
 フィーブス! ハーイ、フィーブス!

Joey: Uh, okay, Pheebs?
 いい、フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Joey: Umm, you know how the other day you were talking about how you didn't get to go to London and how you were kinda feeling left out?
 この前さ、ロンドンに行けなくて取り残された感じみたいなこと言ってたじゃん?

Phoebe: Yeah?
 ええ。

Joey: All right, well, we felt really bad about that so we decided we should all take a little trip together!
 それでさ、俺たち本当に悪かったと思って、みんなでちょっとした旅行に行こうって決めたんだ!

Phoebe: Ohh, that's so nice! How great! Well, where? Where's the trip?!
 わぁ! いいじゃん! すごい素敵! どこ? どこに行くの?

Monica: Well, we thought we would all go to a picnic, in Central Park!
 私たちね、みんなでピクニックに行けたらいいなと思ったの、セントラルパークに!

Phoebe: Central… Park!
 セントラル・・パーク?!

Joey: Yeah, all of us! All day!
 ああ、みんなで、一日じゅうだ!

Phoebe: That sucks! That's not a trip! I just came from the park! What are we gonna high five about at the stupid Central Park? "Well, it's right by my house, all right!"
 最悪! そんなの旅行じゃないじゃん! いま公園から来たのよ! セントラルパークなんかでハイファイブするわけ? 「家のすぐそばじゃん!」って?

Chandler: Well, I'm gonna go home and bask in the triumph of my Central Park idea.
 俺は帰って1人でセントラルパークってアイデアを出した勝利の感慨にふけるよ。

Rachel: Hey-whoa-whoa-whoa!! Ho-ho-hold on a sec there, Mr. Kissy! You know, I've been meaning to talk to you about this whole, little, new European thing you got going on, and I just need to tell you that it makes me very uncomfortable and I just−you know−stop it!
 ちょっとちょっとちょっと! ちょっと待って、このキス魔! このなんか最近のヨーロッパ的みたいなやつのことで言いたいと思ってたんだけど、あれすごくいやなのよね。とにかく、やめて!

Chandler: I was just trying to bring a little culture to the group.
 ただちょっとみんなに新しい文化を運んでこようとしただけさ。

Phoebe: That's fine, just don't bring it in my mouth.
 それはいいわよ、でもそれを私の口に持ってこないで。

Monica: Makes me wanna puke!
 吐きたくなるわ!

《セントラルパーク》

Ross: Hey, everybody, Pheebs is here!
 みんな、フィービーが来たよ!

Joey: Phoebe!
 フィービー!

Chandler: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Rachel: Phoebe, woo!
 フィービー、ワオ!

Phoebe: Okay, woo! Hi.
 オーケー、ワオ! ハーイ。

Chandler: Okay, Pheebs, we decided the picnic idea was a little… You know, it didn't have any… It-it, well it blew. So, we thought, that this afternoon that we would all go away for the whole weekend to, Atlantic City!
 なぁフィーブス、あのピクニックのアイデアはちょっと・・ほら、あれは何も・・とにかくダメだった。それで、今日の午後から、今週末ずっとアトランティック・シティに行こう!

Phoebe: Ooh, Atlantic City! Oh, that's a great plan! Who's plan was that?
 ワーイ、アトランティック・シティ! それいいじゃん! 誰のプラン?

Joey: Mine!
 俺の!

Ross: Wait! It was my plan.
 待てよ! 僕のプランだよ。

Joey: No, I said we needed a new plan.
 違うよ。俺が、新しいプランが必要だって言ったんだ。

Ross: And, I came up with Atlantic City.
 それで僕が、アトランティック・シティを提案したんだ。

Joey: Which, is the new plan!
 それが新しいプランだろ!

Monica: Okay, well, why don't we all meet upstairs in an hour?
 とにかく、1時間後に上で会いましょう?

Phoebe: Okay! Ooh-ahh, I'm gonna go pack. I'm gonna go pack my ass off!
 オーケー! やったー! 荷物まとめてこなくちゃ。とことん荷物まとめちゃうわよ!

Monica: Come on, Rach, let's go.
 レイチ、行きましょ。

Rachel: Yeah, you know what? I'm-I'm gonna meet you upstairs in a minute.
 ええ・・ねぇ、少し後で上に行くわ。

Monica: No! Rachel, you didn't find anyone so you can't tell him.
 ダメよ! レイチェル、賛成してくれる人みつけてないんだから、言っちゃダメよ。

Rachel: Well, you know what, that doesn't matter.
 でも、もういいのよ。

Monica: Okay, Rachel, do you have any idea how painful it is to tell someone that you love them and not have them say it back?
 ねぇ、レイチェル、愛してるっていって、同じ言葉が返ってこないのがどんなにつらいかわかってるの?

Rachel: Yeah, I don't care.
 ええ、構わないわ。

Monica: Okay. I can't watch.
 わかった。見てられないわ。(出ていき、ロスとレイチェルだけになる)

Rachel: What you reading?
 何読んでるの?

Ross: The paper.
 新聞だよ。

Rachel: Yeah, what's it about?
 ええ、何について?

Ross: Events from around the globe.
 世界じゅうの出来事。

Rachel: Okay. Uh, Ross, you know what, there's something that I have to talk to you about and everybody's saying that I shouldn't tell you, but I think they're wrong. I mean, and you know how people can be wrong.
 ねぇ、ロス、私あなたに話したいことがあるんだけど、みんなは言うべきじゃないっていうの。でも、みんなが間違ってると思う。人だって間違うことあるでしょう。

Ross: Sure. Once, at work I-I thought carbon dating was fossilized…
 そうだよ。僕も一度仕事で、放射線炭素年代測定法は化石化した・・

Rachel: Okay, Ross, I'm really trying to tell you something here.
 ねぇ、ロス、私真剣に話そうとしてるの。

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Ross: Go ahead.
 どうぞ。

Rachel: Umm, okay, I think I'm-I'm just gonna-just gonna say it. Just gonna say it. Uhh, I'm still in love with you, Ross.
 オーケー・・これから・・これから言うわよ。言うわよ。えー・・私まだあなたを愛してるの、ロス。

Ross: Wow. Umm… Huh… I'm-I'm not sure what to do with that right now.
 ワオ・・・ああー・・今はどうしたらいいかわからないな・・・

(レイチェルが激しく笑い出す)
Ross: What? What? Was that a joke? 'Cause it's mean.
 なに? なに? 冗談だったの? だったらひどいな。

Rachel: I'm so dead serious. I'm totally serious.
 すっごい真剣よ。まったくの真剣。

Ross: Why are you laughing?
 なんで笑ってるの?

Rachel: Because, because, I just heard it. I heard it, and it's ridiculous! I mean, you're married. You're-you're married and it's just ridiculous, and it's like, it's like when said it, I sort of like, I floated up out of my body, you know? And, and-and then I heard myself say it and then the floating Rachel was like, "You are such an idiot!"
 だって、だって今聞こえて。自分で聞いて、バカみたいで! あなた結婚してるのよね。あなた結婚してるのに、バカみたい。なんか自分がそう言ったとき、私は体から浮き上がって、そして自分がそういうのを聞いて、浮いてるレイチェルが「あなたって本当にバカね!」みたいな。

Ross: Well, I am married. Even though I haven't spoken to my wife since the wedding.
 ああ、僕は結婚してるよ。結婚式以来妻と話してないけどね。

Rachel: I'm sorry, that's not funny.
 (かなり笑ってから)ごめん。笑うことじゃないわね。

Ross: Actually, it kind of is. My wife won't return my calls. I don't know where my wife is. "Hey Ross, where's the Mrs.?" Don't know!
 いや、そんな感じだよ。僕の妻は電話折り返してくれない。妻がどこにいるかわからない。「ヘイ、ロス! 奥さんはどこ?」知らない!

Rachel: Oh God, ohh, okay, you know what, do you think ah, do you think that you could just forget that I told you this?
 ああ、おかしい・・ああ・・・。ねぇ、どうかな、今言ったこと忘れてくれる?

Ross: Well, I kinda have to. I mean, because the thing is…
 ま、そうしないと。だってほら僕は・・

Rachel: The thing is you know, that you're married to Emily.
 そう、あなたは、エミリーと結婚してるんだものね。

Ross: That is what the thing is.
 そう。そうなんだ。

Rachel: Oh, God. . Ross, things aren't gonna be weird between us, right? I mean was that just the stupidest thing, me telling you that?
 ああ、ロス、私たちの間おかしくならないわよね? 私があなたに言ったことってバカげてただけ?

Ross: No. No. No, I'm-I'm glad you did. Look, if nothing else, it's-it's always great when someone tells you they love you.
 いやいや、嬉しかったよ。どんなときでも、誰かが愛してるって言ってくれるのはとにかく嬉しいものだよ。

(if nothing else = ほかのことはともかく、最優先で)

Rachel: That's what I said! Thank you for being so nice.
 私もそう言ったのよ! 優しくしてくれてありがとう。

Ross: No thank you for… Thank you.
 こちらこそだよ。ありがとう。

《モニカ達の部屋:旅行に出かけるところ》

Ross: Okay, let's go!
 さぁ、行こう!

Chandler: Atlantic City!
 アトランティック・シティだ!

Phoebe: Atlantic City, baby! Let's roll some bones! Hey Joey, high-five for rolling bones!
 アトランティック・シティだぜ、ベイビー! カジノでサイコロ振るわよ! ジョーイ! サイコロにハイファイブ!

Joey: Uh, Pheebs, you're leaking?
 あー。フィーブス、漏れてる!

Monica: Oh, my God! You're water broke!
 オーマイゴッド! 破水したのよ!

The Guys: Ohh!
 ああ!

Phoebe: All right. Well, don't worry, I call shotgun!
 大丈夫よ、心配しないで。私助手席に座るから!

All: Whoa-whoa-whoa-whoa! Wait-wait!
 ちょっとちょっとちょっと! 待って!

Chandler: Pheebs! We have to take you to the hospital now!
 フィーブス! 病院行かなきゃ!

Ross: Pheebs, Pheebs, the babies are coming now.
 フィーブス、フィーブス、赤ちゃんが産まれてくるんだよ。

Rachel: Honey! High-five, the babies are coming!
 フィーブス! 出産にハイファイブ!

Phoebe: Wait, wait, remember when my water broke?
 待って待って、私の破水覚えてる?(みんなでハイファイブ)

《モニカ達の部屋の前》

Monica: I can't believe Phoebe's gonna have her babies!
 フィービーに赤ちゃんが生まれるなんて信じられない。

Chandler: I know, it's beautiful. Amazing. . . . You know what else I can't believe? I had to kiss Phoebe and Rachel every time I left a room, I mean it's too bad they didn't see us having sex.
 だよな。感動的だ・・うそみたいだ。。(キス)他にも信じられないことがあるよ。部屋から出るたびにフィービーとレイチェルにキスしてきたけど、セックスしてるとこ見られてなくて残念だよ。

Monica: Do you know anything about women?
 ・・あなた女性のことわかってる?

Chandler: No.
 ・・いや。

Monica: That's all right.
 ま、いいか。

Chandler: Okay.
 オーケー。(キス)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 01:08| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。