2013年08月16日

5-1 The One After Ross Says Rachel

5-1 ロスがレイチェルと言った後の話

 ☆ロスの結婚式、その後・・☆

《ロスとエミリーの結婚式》

Minister: Friends. Family. We are gathered to celebrate here today the joyous union of Ross and Emily. . . . Now Ross, repeat after me. I, Ross...
 友人たち、家族たち、私たちは、ロスとエミリーが結ばれるこの喜びのときを祝福するために集いました。・・・。ではロス、私の後に続けて。私、ロスは・・

Ross: I, Ross...
 私、ロスは・・

Minister: Take thee, Emily...
 汝、エミリーを

Ross: Take thee, Rachel…. . Emily. Emily.
 汝、レイチェルを・・ エミリー、エミリー。

Minister: ...Shall I go on?
 (エミリーに)続けます?

Rachel: He said Rachel, right? Do you think I should go up there?
 (近くの女性に)レイチェルって言ったわよね? 私あそこへ行くべきかな?

Emily: Yes, yes, do go on.
 ええ、ええ、続けて。

Minister: I think we’d better start again. Ross, repeat after me. I, Ross…
 最初からやり直しましょう。ロス、私に続けて。私、ロスは・・

Ross: I, Ross…
 私、ロスは・・

Minister: Take thee, EMILY…
 汝、エミリーを

Ross: Take thee, Emily. . .Like there’d be anybody else.
 汝、エミリーを。ほかにいるわけじゃなし。

Minister: As my lawfully wedded wife, in sickness and in health, till death parts us.
 法により結ばれた妻として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。

Ross: As my lawfully wedded wife, in sickness and in health, until death parts us. Really, I do. Emily.
 法により結ばれた妻として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。ほんと、誓います。(指差して)エミリー。

Minister: May I have the rings? Emily, place this ring on Ross’ finger as a symbol of your bond everlasting. Ross, place this ring in Emily’s hand as a symbol of the love that encircles you forever.
 指輪をもらえるかな? エミリー、この指輪をロスの指に、永久に続く絆のあかしとして、つけてください。・・ロス、このリングをエミリーの指に、あなた達を永遠に包むしるしとして、つけてください。

Ross: Happy to.
 喜んで。

Minister: Ross and Emily have made their declarations and it gives me great pleasure to declare them husband and wife.
 ロスとエミリーは結婚の誓いをいたました。ここに、夫と妻であることを宣言します。

Ross: Yay!
 イエーイ。

Minister: You may kiss the bride.
 花嫁にキスを。

Mrs. Geller: This is worse than when he married the lesbian.
 (ゲラー父に)レズビアンとの結婚よりひどいわ。

(退場する2人)
Emily: Just keep smiling.
 にっこししてて。

Ross: Okay.
 オーケー。

Joey: Well, that went well. Yeah.
 ま、うまくいったな。ああ。

Chandler: It could’ve been worse, he could’ve shot her.
 まぁマシだよな。彼女を撃ったりするよりはな。

《退場後のロスとエミリー》

Ross: That uh, that was pretty funny, wasn’t it?
 あれは・あれはおかしかったよね。(エミリーにおなかを殴られる)

《披露宴:バスルームからエミリーとロスの声が聞こえる》

Emily: You’ve spoiled everything! It’s like a nightmare! My friends and family are out there! How can I face them?! How can you do this to me?!
 あなたのおかげでめちゃめちゃよ! まるで悪夢だわ! 友達も家族もみんないるのよ! 会わせる顔がないわよ! よくもこんなことしてくれたわね!

Joey: Hey, no matter what happens with Ross and Emily, we still get cake, right?
 なぁ、ロスとエミリーがどうなっても、俺たちケーキ食べれるよな?

Ross: That-that-that’s all right, no honey, you take your time, sweetie. I’ll be right out here. She’s just fixing her makeup.
 (バスルームから出て来て)いいよ、ああ、いいよ、ゆっくりね。ここにいるからね。(ジョーイやモニカに)彼女お化粧直してるんだ。

Emily: I hate you!!
 (中から)大嫌いよ!

Ross: And, I love you!!
 愛してるよ!

Mr. Geller: Boy, bad time to say the wrong name, huh, Ross?
 これはまた、とんでもないときに名前を間違えたもんだな、ロス?

Ross: That’s true, thanks dad. . . People should be dancing! Huh? Hey, this is a party! Come on! Joey, dance!!
 おっしゃる通り、ありがとう、とうさん。(みんなに)みんな踊らないと! ね! パーティなんだから! ほら! ジョーイ、踊って!(ジョーイは小さく踊ったが、無理)

(ミセス・ウォルサムの電話がなる)
Mrs. Waltham: Yes, Waltham Interiors.
 はい、ウォルサム・インテリア。

Phoebe: Uh, hello, this is Ross Geller’s personal physician, Dr. Filangie.
 あー、もしもし。こちら、ロス・ゲラーの主治医の、ドクター・フィランジですが。

Mrs. Waltham: Who?
 誰?

Phoebe: Yeah, I’ve discovered that Ross forgot to take his brain medicine. Now without it, uh, in the brain of Ross, uh women’s names are interchangeable, through-through no fault of his own.
 ロスが頭の薬を飲み忘れていることが発覚しまして。これがないと、彼の頭の中で、女性の名前が入れ替わってしまうんですよ、彼は悪くないのです。

Mrs. Waltham: Oh, my God, Phoebe.
 あら、まぁ、フィービー。

Phoebe: No, not Phoebe, Dr. Filangie. Oh, no! You have it too! . . . Hello?
 いえ、フィービーじゃないですよ。ドクター・フィランジ。おや、あなたも同じ病気ですね!(切られる)もしもし?

《ビュッフェ》

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey.
 ハイ。

Chandler: Oh, wow, I hope you don’t take this the wrong way but, I know we had plans to meet up tonight and, ugh, I’m just kinda worried about what it might do to our friendship.
 あー・・これ、悪い意味じゃなんだけど、今夜会うって言ってたよね、ただ、僕らの友情のことが心配なんだ。

Monica: I know. How could we have let this happen?
 そうよね。どうしてこんなことしちゃったのかしら。

Chandler: Seven times!
 7回も!

Monica: Ugh! Well, you know, we were away…
 ああ。でもね、私たち家を離れてるから・・。

Chandler: In a foreign, romantic country…
 ロマンチックなよその国でな。

Monica: I blame London.
 ロンドンのせいよ。

Chandler: Bad London!
 悪いロンドン!

Monica: So look umm, while we’re still in London, I mean, we can keep doing it, right?
 まだロンドンにいる間は、続けてもいいのよ、ね?

Chandler: Well, I don’t see that we have a choice. But, when we’re back home, we don’t do it.
 そう、ほかに手はないよな。でも家に帰ったら、もうしないんだ。

Monica: Only here.
 ここにいるときだけね。

Chandler: You know, I saw a wine cellar downstairs…
 な、下でワインセラーを見たんだけど・・。

Monica: I’ll meet you there in two minutes.
 2分後に会いましょ。

Chandler: Okay!
 オーケー!(立ち去る)

(レイチェルが近寄ってきてモニカを引き止める)
Rachel: Mon, honey, I gotta ask you something.
 モン、ねぇ、聞きたいんだけど。

Monica: Now?
 いま?

Rachel: Ross said my name up there, I mean, come on, I just can’t pretend that didn’t happen, can I?
 ロスは私の名前を言ったのよね、そうでしょ、なかったことにはできないわ。でしょ?

Monica: Oh, I-I don’t know.
 あぁ・・それはどうかな。

Rachel: Monica, what should I do?
 モニカ、私どうしたらいい?

Monica: Just uh, do the right thing.
 ただ・・・正しいことをしなさいよ。

Rachel: What?
 何を?

Monica: Toe the line. Thread the needle. Think outside the box!
 常識的に考えて。がんばるのよ。なんとかして。

(toe the line = 規制を守る
 thread the needle = 困難なことをやり遂げる
 think outside the box = 創意工夫する)


Rachel: Whoa, wait, listen, I think I’m just gonna talk to Ross about what he think it meant.
 え、ちょっと待ってよ。私、このことどう思ってるのか、ロスと話そうと思うの。

Monica: Wait. Rachel, no, he’s married. Married! If you don’t realize that, I can’t help you.
 待って、レイチェル、だめよ、彼結婚したのよ。結婚したの! それがわからないっていうなら、助けられないわ。

Rachel: Okay, you’re right. You’re right. You can’t help me.
 わかった。そうね、あなたの言う通りだわ。助けにならない。

《ゲラー夫妻》

Mrs. Geller: Jack, is it all our fault? Were we bad parents?
 ジャック、私たちのせいなの? 私たち悪い親だったのかしら?

Mr. Waltham: Yes.
 (通り過ぎながら)そうだ。

Mr. Geller: Oh, yeah, who serves steak when there’s no place to sit, I mean how are you supposed to eat this?
 ああそうかい、座るところもないのにステーキを出すってどういうことだ、どうやって食べろっていうんだ?

Joey: Hey, what’s up?
 やぁ、どうかした?(手にステーキをつかんで食べている)

《ビュッフェにいるチャンドラーに声をかけるモニカ》

Monica: Where were you? We were supposed to meet in the wine cellar?
 どこに行ってたの? ワインセラーで会うはずじゃなかった?

Chandler: Forget it, that’s off.
 忘れろ、だめだ。

Monica: Why?!
 どうして?

Mr. Waltham: The next tour of the wine cellar will plan in two minutes…
 ワインセラーへの次のツアーは2分後にしますよ・・

(ジョーイが近づいてくる)
Monica: Joey, what are you doing? You promised Phoebe you wouldn’t eat meat until she has the babies!
 ジョーイ、何してるの? フィービーが出産するまでお肉食べないって約束したじゃないの!

Joey: Well, I figured we’re in another country, so it doesn’t count.
 だってよその国に来てるんだから、今はいいんだよ。

Monica: That’s true.
 それはその通りね。

Chandler: The man’s got a point.
 いいとこついてる。

《ロスとレイチェル》

Rachel: Oh, hi!
 あら、ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ。

Rachel: Hi. Sorry, things aren’t working out so well.
 うまくいかなくて残念だったわね。

Ross: Oh, no! It could be better, but it’s gonna be okay, right?
 そんな! そりゃうまくいってはないけど、大丈夫さ、だろ?

Rachel: Oh, yeah! Of course! I mean, she’s gonna get over this, you know? I mean, so you said my name! You know you just said it ‘cause you saw me there. If you’d have seen a circus freak, you would’ve said, "I take thee circus freak." You know, it didn’t mean anything, it’s just a mistake. It didn’t mean anything. Right?
 そうよ。もちろん! 彼女これを乗り越えてくれるわよね? あなたが私の名前を行ったからって! あそこで私を見たから言っただけよね。もしピエロを見てたら、私は汝、ピエロを・・って言ってたわよね。何の意味もないわよね。ただのいい間違いよね。何の意味もない。でしょ?

Ross: No! No! Of course it didn’t mean anything! I mean, uh well, I can understand why Emily would think it meant something, you know, because-because it was you…
 そうそう、もちろん、意味なんかないよ。そりゃエミリーが意味があると思ったのも無理はないけどね、君の名前だったからね。

Rachel: Right…
 そうね。

Ross: But it absolutely didn’t. It didn’t!! It didn’t!!
 でも絶対に意味はない。(バスルームに向かって)意味なし意味なし!!

Joey: Ross, hey, the band’s ready outside for your first dance with Emily, so…
 ロス、バンドの人達、君たち2人の初めてのダンスの用意ができたって。

Ross: Oh! Oh-oh, the band’s ready! Well, I-I-we gotta do what the band says−I don’t care about the stupid band!!
 ああ、そうか、バンドが準備できたか! そりゃバンドのいうとおりにしなきゃな。・・・知るかバンドなんか!

Joey: You spit on me man!
 ツバが飛んだぞ!

Ross: I’m sorry.
 ごめん。

Joey: Emily is kinda taking a long time, huh?
 エミリーなかなか出てこないな。

Rachel: You know when I locked myself in the bathroom at my wedding, it was because I was trying to pop the window out of the frame.
 私も自分の結婚式の時にバスルームに閉じこもったのよ。あのときは、窓枠を外してたからなのよね。

Ross: Oh, right!
 ああ、そうか。

Rachel: Get the hell out of there, you know?
 ここから逃げだせってね。(笑ってから可能性に気づく)

Ross: Emily? Emily? I’m coming in.
 (ドアを叩いて)エミリー! エミリー! ・・入るよ。(いなくなっていた)

Rachel: Well, look at that, same thing.
 見て、同じだわ。

《ホテルのモニカの部屋に向かうモニカとチャンドラー》

Chandler: Listen, in the middle of everything if I scream the word, "Yippee!" just ignore me.
 な、最中にワーイとか叫んでも気にしないでくれよ。

Monica: Oh, my God, Rachel!
 (部屋のドアを開けるとレイチェルがいる)まぁ、レイチェル!

Chandler: Oh, hello, Rachel.
 やあ、レイチェル。

Rachel: Ross said my name. Okay? My name. Ross said my name up there that obviously means that he still loves me! Okay, don’t believe me, I know I’m right. . . Do you guys want to go downstairs and get a drink?
 ロスは私の名前を言ったわ、でしょ。私の名前。ロスがあの場で私の名前を言ったってことは、彼はまだ私を愛してるってことよ! 信じなくてもいいわ。間違いないもの。下へ行って何か飲まない?

Chandler: Yes, we do. But, we have to change first.
 ああ、いいね。でもその前に着替えたいんだ。

Monica: Yes, I want to change. And why-why don’t you go down and get us a table?
 そう、私も着替えたいわ。だから、下へ行って席とっといてくれる?

Chandler: Yeah, we’ll be down in like five minutes.
 そうだな。5分ぐらいで降りていくから。

Monica: Fifteen minutes.
 15分よ。

Rachel: Okay. . . .Hello? Oh, Pheebs! It’s Phoebe!
 わかった。(電話が鳴る)もしもし? あら、フィーブス! ・・フィービーよ。

Chandler: Oh, yay…
 ああ、わーい。。

Monica: Great…
 よかった・・

Rachel: Hi!
 ハイ!

Phoebe: Hi, so what happened?
 ハイ! それでどうなった?

Rachel: Well, Ross said my name.
 ロスが私の名前を言ったのよ。

Phoebe: Yeah, I know, but I don’t think that means anything.
 ええ、知ってるけど、何の意味もないと思うわ。

Rachel: Okay, Pheebs, you know what, let’s look at this objectively all right? Ninth grade, right? The obsession starts. All right? The summer after ninth grade he sees me in a two-piece for the first time, his obsession begins to grow. So then…
 いいこと、フィービー、客観的に見ていきましょうよ、ね? 9年生の時よ、好意を持ち始めた。でしょ? その後の夏に、初めて私の水着姿を見て好意が育っていったのよ。それから・・

Chandler: Hey, listen, why don’t we go change in my room?
 (モニカに)なあ、俺の部屋で着替えたら?

Monica: But my clothes are−ohh!
 でもそこに私の服は・・ああ!

《ホテル・チャンドラーの部屋》

Chandler: Wow, you look…
 ワオ・・君、すごく・・

Monica: No time for that!
 その時間はないわ。

(ジョーイが入ろうとするがドアが少ししか開かない)
Joey: Hey, dude, let me in. I got a girl out here!
 おい、入れてくれ。女の子連れてきてるんだ。

Chandler: Well, I’ve got a girl in here.
 俺も女の子連れてきてる。

Joey: No, you don’t, I just saw you go in there with Monica!
 いや。違うだろ、モニカと一緒にそこに入るの見たぞ。

Chandler: Well, we’re-we’re hanging out in here!
 俺たちここでのんびりするんだよ!

Joey: Which one of us is gonna be having sex in there, me or you?
 どっちがセックスする、俺かおまえか?

Chandler: Well, I suppose I’d have to say you!! But, what if we’re watching a movie in here?
 おまえっていうしかないんだろうな!! でも、俺たち映画見たいんだよ。

Monica: Which we are, and-and we already paid for it. It’s My Giant!
 もうお金払ったのよ。マイ・ジャイアントよ!

Joey: My Giant? I love that movie!
 マイ・ジャイアント?! その映画大好きだよ!

《ホテル・ロスとエミリーのスイート》

Monica: You really think this is okay?
 本当にいいと思う?

Chandler: Well, Ross and Emily aren’t gonna use it.
 ロスとエミリーは使わないだろ。

Monica: Oh, it’s so beautiful. Ohh! You know, I-I don’t know if I feel right about this.
 ああ、本当にきれいね・・ああ! でもこんなことしていいのかしら。

Chandler: Oh, Mon-Mon-Mon-Mon-look, this is the honeymoon suite. The room expects sex. The room would be disappointed if it didn’t get sex. All of the other honeymoon suites would think it was a loser.
 いや、モン、モン、モン! ここはハネムーン・スイートなんだ。セックスを期待してる。セックスがなかったらガッカリするんだ。ほかのスイート達に、負け犬と思われるんだぞ。

Monica: Okay!
 オーケー!

Chandler: Okay!
 オーケー!

(2人がベッドカバーを持ち上げたとたんにロスがくる)
Ross: Emily?!
 エミリー?

Chandler: Nope, not under here!
 いや、ここにはいない!

Monica: You didn’t find her?
 まだ見つからないの?

Ross: No, I’ve looked everywhere!
 ああ。。もうどこもかも全部見たのに。

Chandler: Well, you couldn’t have looked everywhere or else you would’ve found her!
 彼女を見つけてないんだから、全部見たとはいえないんじゃないか。

Monica: Yeah, I think you should keep looking!
 そうよ、ずっと探すべきだわ!

Chandler: Yeah, for about 30 minutes.
 そうだよ、30分くらい。

Monica: Or 45.
 45分。

Chandler: Wow, in 45 minutes you can find her twice.
 ワオ。45分あれば、2回見つけられるな。

Ross: No! For all I know, she’s trying to find me but couldn’t because I kept moving around. No, from now on, I’m staying in one place. Right here.
 だめだよ。彼女は僕を探しているんだけど、僕が動き回ってるから見つけられないんだ。だから、いまからはとどまって動かない。ここにいるよ。

Monica: Well, it’s getting late.
 じゃ、遅くなったから。

Chandler: Yeah, we’re gonna go.
 そうだな、行こうか。

Ross: Actually, do you guys mind staying here for a while?
 君たち、ちょっと一緒にいてくれないかな?

Monica: Ugh, you know, umm we gotta get up early and catch that plane for New York.
 あー、でも明日早く起きてニューヨーク行きの飛行機つかまえないといけないから。。

Chandler: Yeah, it’s a very large plane.
 ああ。すごいでかい飛行機だから。

Ross: That’s cool.
 じゃあいいよ。

Chandler: But, we’ll stay here with you.
 でも、おまえと一緒にいるよ。(2人ロスを挟んで座る)

Ross: Thanks guys! . . I really appreciate this, you know, but you don’t have to rub my butt.
 ありがとう! 本当にうれしいけど、でも僕のお尻なでなくてもいいよ。

《翌朝:同じ状態・・ロスは2人の膝で眠っている》

Chandler: We have to leave for New York in an hour.
 あと1時間でニューヨークに向けて出発しないといけない。

Monica: I know, I’ve been looking at those doors, they look pretty sound proof, don’t you think?
 そうよ。ずっとあのドア見てるんだけど、あれって防音効果高いわよね、思わない?

Chandler: We can’t do that. That’s insane. I mean ‘A’ he could wake up and ‘B’ you know, let’s go for it.
 それはできないだろ。どうかしてるよ。まず A、彼が起きるかもしれない。B、やってみようか。

(ノックの音)
Ross: Em-Emily? Em-Emily? Emily!
 エ・エミリー? エ・エミリー? エミリー? (ドアを開ける)

Mr. Waltham: No.
 違う。

Mrs. Waltham: You can forget about Emily, she’s not with us.
 エミリーのこと忘れていいわよ、彼女は一緒じゃないわ。

Mr. Waltham: We’ve come for her things.
 彼女の持ち物を取りにきた。

Ross: Wait, well where is she?
 待ってください、彼女はどこなんですか?

Mr. Waltham: She’s in hiding. She’s utterly humiliated. She doesn’t want to see you ever again.
 身を潜めている。とことん恥をかかされたからな。君には二度と会いたくないそうだ。

Mrs. Waltham: We’re very sad that it didn’t work out between you and Emily, monkey. But, I think you’re absolutely delicious.
 あなたとエミリーがうまくいかなくて、すごく悲しいわ、モンキー。でも、あなたってすっごいおいしそう。

Mr. Waltham: Excuse me, I’m standing right here!
 ちょっと、私がここにいるんだけどね!

Mrs. Waltham: Oh, yes, there you are.
 あら、ほんと。そこにいたのね。

Rachel: Hey-hey, you guys oh, hurry up, get some. There’s a whole cart outside…
 (ホテルの石けんをいっぱい持ち)ねぇねぇ! みんな急いで! 取ってきて。カートにいっぱい・・

Mr. Waltham: Goodbye, Geller.
 じゃあな、ゲラー。

Ross: Now, hold on! Hold on! Look, look, your daughter and I are supposed to leave tonight for our honeymoon, now-now you-you tell her that I’m gonna be at that airport and I hope that she’ll be there too! Oh, yeah, I said Rachel’s name, but it didn’t mean anything, Okay? She’s-she’s just a friend and that’s all! That’s all! Now just tell Emily that I love her and that I can’t imagine spending my life with anyone else. Please, promise me that you’ll tell her that.
 待って! 待って! 娘さんと僕は今夜ハネムーンに行くことになってるんです。僕は空港に行ってます。彼女にも来てほしいんです。ええ、確かに僕はレイチェルの名前を言ったけど、あれは何の意味もありません。ね? 彼女はただの友達、それだけです。それだけなんです! エミリーに、愛してるって、彼女以外の人とやってく気なんかないって伝えてください。お願いだ、そう伝えるって約束してください。

Mr. Waltham: All right, I’ll tell her. Come on, bugger face!
 わかった、伝えるよ。(妻に)来るんだ、ほら!

Mrs. Waltham: Call me.
 (ロスのお尻にさわって)電話ちょうだい。

Mr. Waltham: You spend half your life in the bathroom, why don’t you ever go out the bloody window!
 おまえ一日の半分はバスルームにいるのに、なんであの窓から出ていかないんだよ!

《ニューヨーク行き機内》

Monica: You know, maybe it’s best that we never got to do it again.
 ねぇ、一度きりにしてよかったのかもしれないわね。

Chandler: Yeah, it kinda makes that-that one night special. . . You know, technically we still are over international waters.
 ああ、一晩限りの特別なことって感じで・・・でも、厳密にいって俺たちまだ国外にいるよね。

Monica: I’m gonna go to the bathroom, maybe I’ll see you there in a bit?
 バスルームに行くから、そこでちょっと会う?

Chandler: ‘Kay!
 よし!

(モニカが立ち去ると、すぐジョーイが来る)
Joey: Can I ask you something?
 聞いていいか?

Chandler: Uhh, no.
 んー、ダメだ。

Joey: Felicity and I, we’re watching My Giant, and I was thinking, "I’m never gonna be as good an actor as that giant." Do you think I’m just wasting my life with this acting thing?
 フェリシティと俺と、2人でマイ・ジャイアントを見て思ったんだ。「あのジャイアントほどいい役者になんてなれないんじゃないか」って。俺ってこの芝居やってて、人生無駄にしてると思う?

Chandler: No.
 ・・いや。

Joey: I mean, the giant is like five years younger than me, you know, you think I’ll ever get there?
 ジャイアントは俺より5歳若いだろ。俺、あそこにたどりつけるかな?

Chandler: Yes.
 ・・うん。

Joey: Thanks, man.
 ありがと!

Chandler: Okay, man.
 いいよ。(立ち上がろうとする)

Joey: But what about how much taller he is than me?
 でも、彼って俺よりあんなに背が高いだろ?

(My Giant に登場する人は、身長231センチ)

(そのまま時間が経つ)
Joey: I mean, there’s no way I can make myself taller now, you know? And who knows what science will come up with in the future, but Chandler, what if I die an unsuccessful, regular sized man?
 今より背が高くなるわけないだろ? 将来、科学でなにか発明があるかもしれないけど、でも、チャンドラー、もし、成功しないまま普通のサイズの男として終わったら?

(モニカが戻ってくる)
Joey: Hey, Monica, wow, you’ve been in the bathroom for like a half-hour.
 ああ、モニカ、30分ぐらいバスルームに行ってたな。

Monica: I know!
 そうね!

Joey: Had the beef-tips, huh?
 ビーフチップ食べたな?

《モニカ達の部屋:フィービー1人・モニカとチャンドラー達が帰ってくる》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hi!
 やぁ!

Phoebe: You ate meat! . . You had sex!
 お肉食べたわね! セックスしたでしょ!

Chandler: No we didn’t!
 してないよ。

Phoebe: I know you didn’t, I was talking about Monica.
 あなたはしてないわよ。私はモニカのこと言ったの。

Monica: Phoebe, I did not have sex.
 フィービー、私セックスしてないわよ。

Phoebe: This pregnancy is throwing me all off.
 妊娠してダメになった。

Joey: All right, I’m gonna go say hi the chick and the duck.
 さて、俺は行ってチックとダックに声かけてくるよ。

Phoebe: Oh, me too!
 あ、私も!

Joey: Why would you need to say hi to them, you’ve been feeding them for four days?
 なんであいつらに挨拶するんだ、君この4日間餌やってただろ?

Phoebe: Oh, right, maybe I’ll just go home.
 ああ、そうか。じゃあ家に帰ろっと。(フィービーとジョーイは立ち去る)

Monica: Well, we certainly are alone.
 2人きりになったわね。

Chandler: Yes! Good thing we have that, ‘Not New York’ rule.
 そうだな。「ニューヨークではなし」って決めててよかったな。

Monica: Right. Umm, listen since we’re-we-re on that subject, umm, I just wanted to tell you that uh, well, I-I was going through a really hard time in London, what with my brother getting married and that guy thinking I was Ross’ mother…
 そうね。その話が出たから言うけど、私ロンドンではつらかったでしょ、兄が結婚して、そしてロスの母親と思われて・・

Chandler: Right.
 だな。

Monica: Well, an-anyway, I just−that night meant a lot to me, I guess I’m just trying to say thanks.
 とにかく、あの夜は私には嬉しかったわ、だから、ありがとうって言いたいかなって。

Chandler: Oh. You know, that night meant a lot to me too, and it wasn’t because I was in a bad place or anything, it just meant a lot to me ‘cause, you’re really hot! Is that okay?
 ああ、あの夜は俺にとってもすごく嬉しいことだったよ。俺はつらかったとか何もないけど、それでも、だって君はとってもセクシーだからね。ってことでいい?

Monica: That’s okay.
 いいわよ。

Chandler: And I’m cute too.
 そして俺もキュートってことで。

Monica: And you’re cute too.
 そうね、あたたもキュートってことで。

Chandler: Thank you! All right, I gotta go unpack.
 ありがと!(ハグ)それじゃ、荷物片付けてくるよ。

Monica: Okay.
 わかった。

Chandler: Bye.
 じゃ。

(1人になってなんとなく逡巡するモニカ。チャンドラーが戻ってくる)
Chandler: I’m still on London time, does that count?
 まだ俺はロンドン時間なんだけど、それってあり?

Monica: Oh, that counts!
 ええ、ありよ!

Chandler: Oh, good!
 ああ、よかった!(キス)

《ロンドンの空港:ロスがレイチェルを見かける》

Ross: Rach! Rach!
 レイチ! レイチ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: What are you, what are you doing here?
 なにしてるの、ここで?

Rachel: Well, I-I-I’ve been on standby for a flight home for hours.
 何時間も帰る飛行機待ちよ。

Ross: Oh.
 ああ。

Rachel: Ohh, so no sign of Emily, huh?
 あら、エミリーは来ないのね?

Ross: Not yet.
 まだだ。

Rachel: So umm, what time are you supposed to leave?
 出発はいつなの?

Gate Agent: (On the P.A.) This is the last call for Flight 1066 to Athens. The last call.
 アテネ行き1066便、最終コールでございます。最終コールです。

Ross: Pretty soon I guess.
 すぐみたいだね。

Rachel: Yeah. I’m sorry.
 そうね、残念だったわね。

Ross: I just, I don’t understand, I mean, how-how can she do this? You know, what, am I, am I like a complete idiot for thinking that she’d actually show up?
 わからないよ。どうしてこんなことができる? 彼女が来ると思ってたなんて、僕って、完全にバカなのかな?

Rachel: No, you’re not an idiot, Ross. You’re a guy very much in love.
 いいえ、バカなんかじゃないわ、ロス。あなたはただ愛してるだけよ。

Ross: Same difference.
 同じだよ。

Gate Agent: (On the P.A.) All ticketed passengers for Flight 1066 to Athens should now be on board.
 1066便にお乗りのお客様は、ただちに搭乗願います。

Ross: I get it! Well, that’s that.
 わかったよ! ・・そういうことなんだな。

Rachel: No, you know what? I think you should go.
 ねぇ、あなた行くべきよ。

Ross: What?
 え?

Rachel: Yeah, I do. I think you should go, by yourself, get some distance, clear your head, I think it’d be really good.
 そうよ。行くべきだわ。1人で行って、距離をおいて、頭をすっきりさせるのよ。それがいいと思うわ。

Ross: Oh, I don’t, I don’t, I don’t know…
 ああそれは・・それはどうかな。

Rachel: Oh, come on, Ross! I think it would be really good for you!
 ほんとだってば、ロス! きっとあなたのためにとってもいいと思うわ。

Ross: I could. Yeah, I can do that.
 そうだな。そうしてもいいよね。

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Ross: I can’t, I can’t even believe her! No, you know what, I am, I am gonna go!
 彼女のこと信じられないよ! そうだよな、行くよ。

Rachel: Good!
 よかった!

Ross: I know, why not?
 そうだよ。

Rachel: Right!
 そうね!

Ross: Right?
 いいよね?

Rachel: Right!
 いいわよ!

Ross: You know−thanks!
 ありがと!(ハグ)

Rachel: Okay, I’ll see you back at home, if I ever get a flight out of here.
 じゃ、家で会いましょうね。私の便があればの話だけどね。

Ross: Yeah, well…nah.
 ああそうだ・・いや・・。

Rachel: What? Wait, what?
 なに? 待って、なに?

Ross: Why don’t you come? I mean, I-I have two tickets, why not?
 君も来たら? だってチケットは2枚あるんだし。

Rachel: Well-well, I don’t know, Ross−really?
 そ・・それはどうかな、ロス・・ 本気?

Ross: Yeah, yeah, it’ll be great! You can, you can lay on the beach and I can cry over my failed marriage. See-see, how I make jokes?
 ああ、きっと楽しいよ! 君はビーチに寝そべって、僕は結婚がダメになったって泣くんだ。ほらね、僕ジョークも言える。

Rachel: Uh-huh.
 そうね。

Ross: No, really, I mean, I mean, God, I could use a friend.
 ほんと、友達がいれば助かるよ。

Rachel: Oh, wow, uh okay, uh maybe. Umm, yes, I can do that!
 ああ。ええ、そうね・・いいかも・・わかった。そうするわ!

Ross: Okay!
 よし!

Rachel: Okay!
 オーケー!

Ross: Cool!
 いいね!

Rachel: All right!
 いいね!

Ross: Come on! Here.
 行こう!(スタッフにチケットを渡し)はい。

Rachel: Okay, we’re going to Greece. Yeah.
 ギリシャに行くのね、うん。

Ross: Ah! Ah! I forgot my jacket!
 あっ、ジャケットを忘れたよ。

Rachel: Oh, wait-wait-wait…
 あ、待って待って・・

Ross: You tell them to wait!
 待ってって言っといて。

Rachel: Okay. Wait! Wait!
 わかった。待って待って!

(ロスはジャケットを取って、そこにいるエミリーに気づく)
Ross: Emily. . . Oh, no-no-no! Oh, no! No! No! Emily!
 エミリー・・。 あ、いやいやいや、違うよ! 違う、違うよ、エミリー!(走っておいかける)

《1066便機内》

Rachel: Ahh, yes, I will have a glass of the Merlot and uh, he will have a white wine spritzer. Woo! Hey, look at that, the airport’s moving. Hey, are we moving?! Are we moving? Why are we moving? Hey, yeah, does the captain know that we’re moving? Oh, my gosh.
 ええ、私はメルローをグラスに。彼は白ワインのスプリッツァーを。(CA立ち去る)ウーッ! あら、見て、空港が動いてる・・・あら、私たち動いてる? 動いてるの? どうして飛行機動いてるの? ねぇ、機長は動いてるって知ってるの? ああ、どうしよう!

(Merlot = ボルドー発祥の、代表的な赤ワインぶどう品種
 spritzer = 冷白ワインをソーダ水で割ったカクテル)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:32| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。