2013年08月15日

4-24 The One With Ross’s Wedding Part II

4-24 ロスの結婚式の話 Part 2

 ☆ロスの結婚式 ー Part 2

Joey: Previously on Friends..
 (声のみ)前回までのフレンズは・・

(モニカ達の部屋:イギリス出発前)
Ross: I can’t believe you’re not gonna be there!
 君が来てくれないなんて信じられないよ。

Rachel: I know.
 そうなの。

Ross: Why-why can’t you take a couple of days off?
 どうして2日くらい休みが取れないの?

Rachel: Because, I can’t! Ross.
 できないのよ、ロス。

Ross: This is my wedding.
 僕の結婚式なんだよ。

(会場を見に来たロスとエミリー・モニカ)
Monica: So I can’t wait to see it you guys are getting married.
 早くあなた達の式場を見たいわ。

Ross: Emily’s parents got married here.
 エミリーの両親がここで結婚式をあげたんだよ。

Emily: It's the most beautiful place you’ll ever see. It’s right over… . . Oh, my God!
 見たこともないようなきれいなところよ。すぐそこ・・・まぁ、なんてことなの!

Ross: The only thing I understand is postponing it is not an option.
 僕にわかってるのは、延期なんて選択肢はないってことだけだ。

Emily: I tell you, this wedding is not gonna happen.
 言っとくけど、もう結婚式はないわよ。

Ross: If you don’t love this, then we’ll do it in any other place at any other time. Really, it’s fine.
 もしこれが気に入らないなら、ほかのどこでも、いつでもいいんだよ、本当だ。いいんだよ。

Emily: It’s perfect.
 完璧よ。

(モニカ達の部屋のレイチェルとフィービー)
Rachel: I'm going to London.
 ロンドンに行くわ。

Phoebe: What?!
 何ですって?

Rachel: It's not over until someone says, "I do."
 「誓います」って言うまでは終わりじゃないわ。

Phoebe: I do! I do! I do! Rachel, no!
 誓います! 誓います! 誓います! レイチェル! ダメよ!

《ウォルサム邸》

Housekeeper: The Waltham Residence.
 ウォルサム宅でございます。

Phoebe: Hi, is this Emily’s Parents’ house?
 どうも。そちら、エミリーのご両親の家?

Housekeeper: This is the housekeeper speaking. And by the way, young lady, that is not how one addresses a person on the telephone. First one identifies oneself and then asks for the person with whom one wishes to speak.
 手伝いのものでございますけれども、いいですか、お嬢さん、それは電話で人をたずねる方法として正しくありませんよ。まず、名乗って、それから、話したい相手を頼むのです。

Phoebe:This is Phoebe Buffay. I was wondering, please, if-if it’s not too much trouble, please, umm, might I speak to Miss Emily Waltham, please?
 こちらフィービー・フッフェでございます。どうでしょうか、お願いしますが、もしよろしければお願いなんですが、エミリー・ウォルサムさんとお話できるかしら、お願いします。

Housekeeper: Miss Waltham is at the rehearsal dinner. And it’s not polite to make fun of people. Goodbye.
 ミス・ウォルサムはリハーサル・ディナーに出ております。そして、人をバカにするのは礼儀に反しますよ、さよなら。

Phoebe: No no no, I’ll be nice, I swear!!! Could you just give me the number for where they are?
 ダメダメだめ! ちゃんとするから! ほんと!みんながいるところの電話番号教えてもらえない?

Housekeeper: I’m afraid, I’m not at liberty to divulge that information.
 残念ですが、そのようなことをお知らせするわけにはまいりません。

Phoebe: Ok, somebody is on their way to ruin wedding, okay? And I have to warn somebody, alright. So if you don’t give me that number then I’m going to come over there and I'm gonna kick your snooty ass all the way to New Gloukenshire. . . Hello? Hello? Oh, she knew I could kick her ass.
 ある人がそっちへ向かっているのよ、結婚式を台無しにされちゃうわ。誰かにそれを忠告しないといけないの。だから、もしその電話番号を教えてくれないなら、私が直接そっちへ行って、あなたのその気取ったお尻、グロッケンシャイアまで蹴飛ばすわよ・・・もしもし? もしもし? ああっ、あいつ私に蹴られるってわかったわね。

(Gloukenshire = 適当にありそうな地名を言ったと思われます)

《リハーサル・ディナー会場》

Monica: Hey.
 ハーイ!

Ross: Hi. Mom. Dad.
 やぁ、かあさん。とうさん。

Mrs. Geller: Sweetheart. Oh, sorry, we're late, my fault. I insisted on riding the tube.
 ロス、ごめんね、遅れて。私のせいなのよ。あれに乗りたいって言いはったもんだから。

Mr. Geller: Judy, the kids..
 ジュディ、子供の前だぞ。

Mrs. Geller: Jack, that’s what they call the subway.
 ジャック、あれって地下鉄のことよ。

Mr. Geller: Ohh, I thought that you....
 ああそうか。私はてっきり・・

Ross and Monica: Dad, dad. We got it!! We Got It!!!
 とうさん! とうさん! わかった! わかったから!!

Emily: Ohh, here comes my dad and stepmom. Mister and Misses Geller, this is Steven and Andrea Waltham.
 あ、私の父と継母が来たわ。おとうさん、おかあさん、こちらスティーブンとアンドレア・ウォルサムです。

Mr. Waltham: Hello. Hello. How do you do? How do you do? Very nice to meet you. Darling it’s the Gellers. . . Darling, it’s the Gellers. . . She’s very self-involved. I should never have married her.
 どうも、どうも。初めまして。初めまして・・お会いできてうれしいですよ。(妻に)ねぇ、ゲラーさんだよ。きみ、ゲラーさんだよ。・・(みんなに)自分のことしか頭になくてね。結婚するんじゃなかったよ。

Mrs. Waltham: Sorry, what?
 え、なに?

Mr. Waltham: It’s the Gellers, darling.
 ゲラーさんだよ、きみ。

Mrs. Waltham: Where?
 どこに?

Mr. Waltham: Well, that’s one and that’s another one.
 あれと、もう1人あっち。

Mrs. Waltham: Lovely to meet you.
 お会いできてうれしいわ。

Mr. Waltham: Terribly nice of you to offer to pay for half the wedding.
 結婚式費用を半分もっていただけるなんて、本当にありがたいよ。

Mr. Geller: Oh, forget it. The hell with tradition, we’re happy to do it.
 なんでもないですよ、伝統がなんだ、喜んで払いますよ。

(hell with it = forget about it
 イギリスの伝統では花嫁の父が費用を払う)


Mrs. Geller: We know how expensive weddings can be. Besides this may be the only wedding we get to throw.
 結婚式ってお金がかかりますものね。それに、うちでは結婚式はこれきりかもしれませんしね。

Monica: Ha ha, a joke that’s funny in all countries.
 ハハ・・どこの国でも笑えるジョークよね。

《チャンドラーとジョーイ》

Waiter: Sir?
 いかがですか?

Joey: What’s in it?
 それなに入ってんの?

Waiter: Goat cheese, watercress, and pancetta.
 ヤギのチーズ、クレソン、パンチェッタでございます。

Joey: That’s not food...No... Everything's different here...I want to go home. I...I miss my family. I miss the coffee house. I can’t even remember what Phoebe looks like.
 そんなの食べ物じゃない。いやだ・・(チャンドラーに)ここは何もかも違う。もう帰りたい。家族が恋しいよ。コーヒーハウスが恋しい。フィービーの顔が思い出せないよ。

Chandler: Joey, it’s been three days, okay? You're just a little homesick, Okay. Would you just try to relax. Just, just enjoy yourself.
 ジョーイ、たった3日だぞ。ちょっとホームシックになってるだけだ。いいな。ちょっとリラックスしろ。ただ楽しめ。

Joey: You're different here too. You're mean in England.
 おまえもここでは違う。おまえイギリスでは意地悪だ。

《ゲラー家のテーブル》

Mr. Geller: What the hell!!!
 なんだこりゃ?!

Ross: what’s up, Dad?
 どうした、とうさん?

Monica: What's the matter?
 どうかしたの?

Mr. Geller: This bill for my half of the wedding. It’s insane.
 結婚式費用のうちの分だよ。こんなの、どうかしてる。

Mrs. Geller: How can it be so much? The receptions at their house.
 どうしたらそんな額になるの? 披露宴はあちらのお宅でするのに。

Mr. Geller: Flowers, liquor, re-carpet first floor? New guest bath, landscaping. I’m paying to remodel this guys house. I’m gonna give that son on a bitch, a piece of my mind.
 花代、酒代に、2階のカーペット張り替え? 来客用浴室、庭の整備。あいつの家の改築費用を支払わされるのか。あのやろう、一言言わせてもらうぞ。

(give one a piece of my mind = 正直な気持ちを言う)

Ross: Dad, dad, please. Look I don’t want anything to upset Emily tonight. Alright, she's had a hard enough couple of days as it is. Now here, here, let me go talk to him, okay?
 とうさん、とうさん、頼むよ。今夜エミリーを困らせたくないんだ。いい? この2日間大変だったんだから。ほら、僕が話してくるから、ね?

Mr. Geller: And you tell him no one takes advantage of the Gellers.
 誰にもゲラーにつけこませたりしないと言うんだぞ。

Mrs. Geller: Ooh, Jack.... Sometimes I forget how powerful you can be.
 ああ、ジャック! あなたってすごく頼もしいのよね。(キス)

Monica: And I’m going to go get drunk.
 私は酔っ払ってこよっと。

《ニューヨークの空港》

Rachel: Ooh, ooh, ooh,ooh,ooh. Hi.
 あっ、あっ、あっ。ハーイ。

Ticket Agent: Hello.
 ハッロー♪

Rachel: Hello. Umm, when is your next flight to London?
 ハッロー♪ ロンドンへの次のフライトはいつ?

Ticket Agent: There’s one leaving in thirty minutes.
 30分後に出発するのがございます。

Rachel: Ohh, good.
 ああ、よかった。

Ticket Agent: And I do have one seat left.
 1席残っておりますよ。

Rachel: Ohh, thank you, thank you, thank you.
 ああ、ありがとう、ありがとう、ありがとう。

Ticket Agent: The last minute fare on this ticket is twenty seven hundred dollars.
 直前のご購入は2,700ドルでございます。

Rachel: Ohh, I just don’t think I have enough left on my credit card.
 ああ・・クレジットカードの限度が大丈夫かしら。

Ticket Agent: Well, you can split it with another credit card.
 カードを何枚かに分けてもいいですよ。

Rachel: Ohh, okay, how about five. Ohh, thank you.
 ああ、そうね、じゃあ5枚でどうかしら。ああ、ありがと。

Ticket Agent: I’m just going to need to see your passport.
 それでは、パスポートを拝見いたしますが。

Rachel: Okay, you know what? I don’t have it, but I can tell you exactly where it is on my night stand, and...okay. But you know what? I have my drivers license and I have a twenty.
 ・・ねぇ、今持ってないけど、でもナイトスタンドの上のどこにあるかはっきり言えるわ。いい? 免許証ならあるし、それから、20ドルあるわよ。(すべて突き返される)

《リハーサルディナー会場》

Ross: Look, face it, my father is not going to pay for the build-in barbecue and believe me, you can kiss you gazebo goodbye. Now I might be able to get you the new lawn.
 いいですか、あきらめてください。父はビルトイン・バーベキューの分なんて払いませんからね。それに、あずまやにはお別れいってくださいね。新しい芝代ぐらいは払えるかもしれませんけどね。

Mr. Waltham: Ahh, then you have to give us the lawn ornaments.
 だったら庭のオーナメントも払ってもらいたいね。

lawnornament.jpg(lawn ornament = 庭用の飾りのものいろいろ)

Ross: I go back there with lawn ornaments, he’s gonna laugh in my face.
 そんなもの払うって言って戻ったら、僕が父に笑われますよ。

Mrs. Waltham: Will you say something, Steven?!
 なんとか言いなさいよ、スティーブン!!

Mr. Waltham: Don’t take that tone with me. . . All-all right, you can.
 私にそんな口の聞き方をするな。(睨まれ)・・・いや、どうぞ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが駆け込んでくる》

Rachel: Hi, Pheebs.
 ハイ、フィーブス。

Phoebe: Oh, thank god. Oh, you changed your mind. Oh, look I know you probably want to be alone, and you don’t want to talk about it, that’s fine. I just want you to know, I think you are doing the right thing and...
 ああ、よかった! 考え直してくれたのね。ね、1人になりたいかもね。話したくないならいいのよ。ただ言っておくけど、戻ってきたのはいいことよ。

Rachel: Bye, Pheebs.
 バイ、フィーブス(駆け出して行く)

Phoebe: Wait!! Where are you going?! What are you doing?! No!! Wait!! God!! Why am I always pregnant when she does that?!
 待って! どこ行くのよ?! なにしてんの?! だめよ、待って! ・・ああ! 彼女があんなことするとき、なんで私いつも妊娠してるの?

《リハーサルディナー会場:チャンドラーのスピーチ》

Chandler: I’d like to toast, Ross and Emily. Of course, my big toast will be tomorrow at the wedding, so this is kind of my little toast or Melba toast, if you will. . . Okay. I've known Ross for a long time. In fact, I knew him when he was going out with his first girlfriend. And I thought things were going to work out for him..Until the day he over-inflated her. . . Ohh, Dear God..
 ロスとエミリーにトースト(乾杯)をさせてください。もちろん、明日の結婚式が本番のトーストになるので、今日は小さいトーストというか、メルバトーストというか・・(誰も笑わない)・・ロスとは長い知りあいです。実際、僕は、彼の初めてのガールフレンドも知ってます。うまくいくかと思ってました。彼女のおなかが大きくなってしまうまでのことですけど・・(気まずい)・・ああ。どうしよう。(会場内で電話が鳴る)
スクリーンショット 2013-08-11 20.55.27.pngメルバトースト


Mrs. Waltham: Hello, Waltham Interiors.
 もしもし、ウォルサム・インテリアです。

Phoebe: Oh, hi, Mrs. Waltham. I need to speak with ether one of the best men, or Ross’ sister Monica.
 あ、どうも、ミセス・ウォルサム。私、付添人か、ロスの妹のモニカと話したいんです。

Mrs. Waltham: Who is this?
 誰なの?

Phoebe: Oh, I’m Phoebe Buffay. I’m one of Ross’s best friends.
 あ、私はフィービー・ブフェ、ロスの親友です。

Mrs. Waltham: Well, if you’re on e of Ross’s best friends, why aren’t you here?
 ロスの親友だっていうなら、なぜここに来てないの?

Phoebe: Yeah, um, I can’t fly. I’m having my brother’s babies.
 ええ、飛行機に乗れないんです。弟の子供を妊娠中なものだから。

Mrs. Waltham: Oh, am I on the radio?
 まぁ。これラジオ?

Phoebe: No..umm, can I talk to one of them? It’s very very important.
 いいえ。誰かと話せませんか? とっても大事なことなんです。

Mrs. Waltham: No, I’m bored of you now. I’m going to cut you off.
 いいえ。つまんないから、もう切るわ。

Phoebe: Oh!
 まあ!

Chandler: I’m sure we’re all very excited that Ross and Emily are getting married at Montgomery Hall. I mean to think, my friend getting married in Monty Hall. . . Oh, come on!! Monty Hall!! Lets make a Deal!! Come on, you people!! All right, forget it!! Congratulations, Ross and Emily.
 ロスとエミリーがモンゴメリーホールで結婚式だなんて、すごくうれしいですよね。友達が、モンティ・ホールで結婚だなんて・・(沈黙)・・なに、頼むよ! モンティ・ホール! レッツ・メイク・ア・ディール! どうなの、みんな! いいよ、もういい! ロスとエミリー、おめでとうございます。
makeadeal.jpg
レッツ・メイク・ア・ディールというゲームショーが、モンティ・ホールで行われていた)

Joey: Hey, best man number two, Joey Tribbiani. Now I’m not good with the jokes like Chandler here. But ahh, I just want to say congratulation to the happy couple. I first met Ross in this coffee house back home...Home...New York City...Where everybody knows my name. Well, anyway, I love you guys. But not as much as I love America. . . Can we please, go home now?
 どうも、2人目の付添人、ジョーイ・トリビアーニです。チャンドラーみたいにジョークはうまくないですけど、ただ、この幸せなカップルにおめでとうと言わせてください。ロスと初めて会ったのは、故郷のコーヒーハウスでした・・・故郷・・ニューヨーク・シティ・・みんなが僕の名前を知っている・・・いや、とにかく、みんな愛してるよ。・・でもアメリカほどじゃない・・(チャンドラーに)もう帰ろうよ、お願い。

Felicity: Are you going home? I was hoping to get to know you better.
 もう帰るの? あなたのこともっと知りたいと思ってたのに。

Joey: I’m not going anywhere, sweetheart.
 どこへも行かないよ、素敵なきみ。

《時間経過:モニカとチャンドラー》

Monica: I was laughing.
 私は笑ったわよ。

Chandler: Out loud?
 声に出して?

Monica: Well, I didn’t want everyone to think I was stupid.
 ま、バカだと思われたくはなかったのよ。

Chandler: So how are you doing?
 ・・それで、調子どう?

Monica: My mother’s driving me crazy, but Ross is getting married. I’m happy. I’m not going to let anything spoil that.
 母の言うことにはどうかなりそうだけど、でも、ロスが結婚するんだもの。嬉しいわ。この幸せは何にも壊されないわ。

Drunk Man: I just want to say that Ross is a wonderful young man.
 (モニカに話しかけてくる)ロスは素晴らしい若者ですな。

Monica: Well, thanks, we like him.
 ええ、ありがとう。私たちも好きなんですよ。

Drunk Man: My god!! You must have been a teenage when you had him.
 なんてことだ! 君が彼を産んだ頃はティーンエイジャーだったんだろうね。

《両家の親達》

Mr. Geller: There’s no way in hell, I’m paying for it.
 私がこんなの払うわけがない。

Ross: Look, we're down to just one point. Could we please, maybe just settle it after the wedding?
 問題をひとつに絞りましょう。お願いです、これは結婚式の後で話し合いませんか?

Mr. Geller: All-right fine, but I just want to say, I’m not paying for your wine cellar. You thieving, would-be-speaking-German-if-it weren’t-for-us, cheap little man.
 いいさ、わかった。でも、これだけは言っとくぞ。ワインセラーになんか払わんからな! この盗人の、本当はドイツ人じゃないのかーのケチな小男め!

《モニカとチャンドラー》

Chandler: The guy was hammered, okay? There’s no way, you look like Ross’ mother.
 あいつは酔っ払ってるんだ、な? 君がロスのおかあさんに見えるわけないだろう。

Monica: Then why would he say it?
 じゃあなんで彼はそう言ったのよ?

Chandler: Because he’s crazy. Okay? He came up to me earlier and thanked me for my very moving performance in Titanic.
 頭がいかれてるからだよ。ね? さっき俺に近寄ってきて、タイタニックでの感動的な演技に感謝するって言われたんだからな。

(タイタニックの映画は複数ありますが、このエピソードが放送されたのは1998年5月、レオナルド・ディカプリオ版タイタニックは1997年12月公開なので、このおじさんはチャンドラーをディカプリオと言ったということでしょうか。^^)

Monica: Oh, my mother’s right. I’ll never get married.
 ああ。母の言う通りよ。私は絶対結婚できないんだわ。

Chandler: You know what? That is....Who wouldn’t want you?
 そんなの・・・誰だって君とつきあいたいさ。

Monica: Ohh, Please! I’m a single mom, with a thirty year old son!!
 もう何いってるのよ! 私は30歳の息子がいるシングル・マザーなのよ!

《ホテルのチャンドラーの部屋:ロスが飛び込んでくる》

Ross: I’m getting married today!! Whoo-hoo!!
 今日結婚するぞ! わーい!

Chandler: Morning, Ross.
 おはよ、ロス。

Ross: I’m getting married, today!!
 今日、結婚するんだ!

Chandler: Yeah, you are!!
 そうだな!

Ross: Ahh, whoo-hoo!!
 やー! わーい!(出ていく)

Monica: Do you think he knew I was here?
 (ふとんから顔を出して)気づかれたかな?

《ホテル・チャンドラーの部屋:続き》

Chandler: Well, I’ve-I’ve never done that with you before.
 君とは初めてだったな。

Monica: Nope.
 そうね。

Chandler: So, ahh, how are ya? How ya...How ya... You okay?
 それで・・調子どう? その・えー。元気?

Monica: Yep, yep...You?
 うん。うん。 あなたは?

Chandler: Oh, yes...Yes..Uh-huh, You?. . . We did you.
 ああ、うん。いい。きみは?・・それはもう済んだな。

Monica: Well...I’d better get going.
 それじゃ・・もう行くわね。

Chandler: Oh, okay, absolutely.
 ああ、そうだな。

Monica: Could you not look?
 見ないでくれる?

Chandler: I don’t want to look.
 見たくないさ!

《ロンドン行き機内:レイチェルの隣はヒュー・ローリー

Rachel: Oh.
 ああ・・(膝をリズミカルに叩き続ける)

Passenger: Ahh, ahh, excuse me.
 あの・ちょっと失礼。

Rachel: Yeah?
 はい?

Passenger: If you’re planning on doing that throughout the entire flight. Please tell me now. So that I could that a sedative...or maybe slip you one.
 それをフライト中ずっとやるつもりならそう言ってくださいます? そうしたら鎮静剤飲みますから。それか、あなたにこっそり飲ませるか。

Rachel: It’s just, I’m ahh, I’m kind of excited. I’m, ahh, going to London to ahh, tell this guy that I love him...
 私その、私もうワクワクしちゃって。私、ロンドン行くんですよ。行って、ある人に愛してるって言ううの・・(彼はヘッドホンを見せつけてから、それをつける)

《ホテルの部屋:電話が鳴っているところへジョーイが来る》

Joey: Hello?
 もしもし?

Phoebe: Hey, were the hell have you been?!
 ちょっと、いったい、どこ行ってたのよ?

Joey: Hey. I spent the night out. I met this cute bridesmaid. She is so...
 やぁ! 外泊したんだよ。花嫁の付き添いの子がすっごいかわいい子でさ。彼女ってすごく・

Phoebe: I don’t want to hear about her!!
 そんな子の話聞きたくないわよ!

Joey: Ahh, Pheebs, you know you’re still my number one girl.
 ああ、フィーブス、君が俺のナンバーワンってわかってるだろ。

Phoebe: No! No, we have an emergency. Okay? Rachel’s coming to London.
 違うのよ、そうじゃなくて、緊急事態なの。いい? レイチェルがロンドンに向かってるの。

Joey: Oh, great!!!
 わお、いいじゃん!

Phoebe: No it’s not great. No, she’s coming to tell Ross that she loves him.
 よくないのよ! 彼女、ロスに愛してるって言いに行ったの。

Joey: But, he loves Emily.
 でもやつはエミリーを愛してるんだぞ。

Phoebe: I know that!!! You have to stop her!! She’s going to ruin the wedding!!
 わかってるわよ! 彼女を止めなきゃだめよ! 結婚式がめちゃめちゃになっちゃうわ。

Joey: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay, so I’m done my part, okay? It’s your responsibility now. The burden is off me, right?
 それじゃ、私の義務は果たしたわよ。いいわね? あとはあなたの責任よ。私の重荷は下ろしたわよね?

Joey: Right!
 そだね。

Phoebe: So tell me about this girl.
 それじゃ、その女の子のこと聞かせて。

《ホテルの部屋:チャンドラーがバスルームから出てきたところ》

Joey: Hey. Have you seen Monica?
 な、モニカに会わなかった?

Chandler: I’m not seeing Monica.
 モニカとつきあってなんかないぞ。

Joey: What?
 は?

Chandler: What?
 え?

Joey: Look, we’ve got to find her. Phoebe just called!! Rachel’s coming to tell Ross she loves him!!
 なぁ、彼女を探さないといけないんだ。フィービーから電話があったんだよ。レイチェルがロスに愛してるって言いにくるんだってさ!

Chandler: Oh, my god!
 大変じゃないか!

Joey: I know! That’s why we got to find Monica!! You know where she is?
 そうなんだよ! だからモニカを探してるんだ! どこにいるか知らない?

Chandler: No!! Okay!! What’s with the third degree?! Why don’t you just shine a light in my eyes?!
 知らないったら! いいか! なんだ、拷問か? 目をライトで照らすってか!

(third degree = 取り調べ的拷問)

《ロンドン行き機内:レイチェルが事情を話している》

Rachel: ...And so then I realized. All this stuff I had been doing, proposing to Joshua, lying to Ross about why I couldn’t come to the wedding, was all just a way of...
 それで気がついたの。私がしてきたいろんなこと、ジョシュアにプロポーズするとか、結婚式に来られないことでロスにウソついたりとか、それはみんな私の・・

Passenger: Oh, oh oh!! I’m sorry, can I interrupt? You know, I just want to say..that you are a horrible, horrible person.
 もう、もう、もう!! 悪いけどちょっといい? ちょっと言いたいんだけど、君って、本当にひどいひどい人間だな。

Rachel: Pardon me?
 なんですって?

Passenger: You say you love this man, yet you’re about to ruin the happiest day of his life. I’m afraid I have to agree with you friend Pheebs.. This is a terrible, terrible plan.
 君はその人を愛してるというが、でも君はその人の人生最高の日をぶちこわそうとしてる。悪いけど、そのフィーブスって人に賛成だね。君のしようとしてるのは、最悪なことだよ。

Rachel: But he has to know how I feel!
 だけど彼だって私の気持ちを知らないと!

Passenger: But why? He loves this...this Emily person. No good can come of this.
 なんで? 彼はそのエミリーって人を愛してるんだろう。言ってもいいことは何もないよ。

Rachel: I-I think your wrong.
 あなたは間違ってるわ。

Passenger: Oh-no. . . And by the way, it seems to be perfectly clear that you were on a break.
 いいえ。 ・・・ところで、あれはあきらかに、別れた後のことだね。

《チャペル:モニカと、母達》

Mrs. Geller: Oh, my God! It’s like a fairyland.
 まぁ、素敵! おとぎの国みたいね。

Mrs. Waltham: I know, it’s horrible, isn’t it?
 そうね、ひどいわよね。

Monica: Well, I love it. I only hope my wedding looks this good.
 すばらしいわね。私の結婚式もこんなに素敵だったらいいな。

Mrs. Geller: I just hope...
 私はただ・・

Monica: You can let some of them go by!
 それはやりすごしてくれたらいいわよ!

(ジョーイが来る)
Joey: Pisst, Monica. Alright, we really need to start looking out for Rachel. I’ll cover the front door. You watch that big hole at the back of the building and I got Chandler covering Ross.
 な、モニカ。いいか、もうそろそろレイチェルに気をつけないといけないぞ。俺は表の入り口を見張る。君はこのビルの裏の大きな穴に気をつけててくれ。チャンドラーはロスをカバーする。

Monica: Why would I care where Chandler is? You know uhh...You know, sometimes I don’t even like Chandler.
 チャンドラーがどこにいるか、なんで私が気にするの? 私・・彼のことなんて好きじゃないことだってあるわ。

Joey: Okay.
 ・・・オーケー。

《ロスとチャンドラー》

Ross: I do. I do. I do.
 ・・誓います・・誓います・・誓います。

Chandler: Oh, yeah, you're right. It’s the second one.
 ああそうだな、おまえの言う通りだ。2番目だな。

Ross: Right?
 だろ?

《入り口を見はっているジョーイ:フェリシティが来る》

Felicity: Hello, Joey.
 ハロー、ジョーイ。

Joey: Hey, Felicity.
 やぁ、フェリシティ。

Felicity: Umm, I thought about you all day.
 あなたのこと一日中思ってたわ。

Joey: Yeah?
 そう?

Felicity: Um-hum. Talk New York to me again.
 ええ。またニューヨークなまりして。

Joey: Forget about it. How you doin?
 なに言ってるんだよ。元気?(キス)

《チャペル:両家のケンカ》

Mrs. Geller: There’s nothing to discuss. We’re not paying for your wine cellar.
 話すことなどないわ。ワインセラー代など払いませんからね。

Mr. Waltham: You-you have to meet me in the middle here.
 真ん中で板挟みになっている私のことも考えろ。

Mr. Geller: Hey, you keep pushing me on this, my foot's going to meet the middle of your ass.
 おい、これ以上しつこく言うなら、この足がおまえのケツの真ん中に飛ぶぞ。

Ross: Dad!!
 とうさん!

Emily: What-what’s going on?!
 なに、どうなってるの?

Ross: Nothing, nothing. Everything's under control.
 なんでもない、なんでもないよ。みんなうまくいってる。

Mr. Waltham: You want a piece of me, sir? Is that what you're saying? You want a piece of me?
 ケンカ売ってるんですか? そういうこと? ケンカ売ってる?

Ross: Okay! Okay! That’s it!! Parents!! Parents!! Back away!! All right, this is our wedding day! From now on everyone gets along, and if I hear one more word. NO GRANDCHILDREN! That’s right!!
 オーケー、オーケー、ここまで! みんな、みんな、下がって! いい? 今日は結婚式なんだ。ここから先はみんなうまくやって。もしこれ以上何か言ったら、孫は見られないからね! そう!

Mr. Geller: Okay, okay.
 わかった、わかった。

Mr. Waltham: Sorry, old boy, sorry. Sorry. Sorry. . . I could kill you with my thumb, you know.
 悪かった、ね、悪かった、悪かった、悪かったよ。(立ち去りながら)親指1本で殺してやれるぞ。

Emily: What was all that about?
 なんだったの?

Ross: It was...This disagreement over. . . My god. You...you look beautiful.
 あれは・・意見の相違が・・・うわぁ・・きれいだよ。

Emily: Oh. . . Oh! You were not meant to see me before the wedding. It’s bad luck.
 あら。。あっ! あなた結婚式前に私を見ちゃだめなのよ。縁起が悪いわ。

Ross: You know what, I think we’ve had all the bad luck we’re gonna have.
 もう悪いことは全部起きたと思うよ。

(ジョーイがキスをしている横のドアからレイチェルが勢いよく入ってきたが、チャペルでキスをしているロスとエミリーを見て立ち止まる。エミリーが立ち去り、ロスがレイチェルに気づく)

Ross: My God. Rachel! You're here. I can’t believe it. What happen? Why are you here?
 ああ・・レイチェル! 来てくれたんだね。信じられないよ。どうしたの? どうしてここに?

Rachel: Well, I just came. . . I just needed to tell you. . . Congratulations.
 私・・私、ただ、どうしても言いたくて・・・おめでとう。

《結婚式:音楽は"Tired old souls" 。ミセス・ウォルサムの電話が鳴る》

Mrs. Waltham: Hello, Waltham Interiors.
 もしもし、ウォルサム・インテリア。

Phoebe: Mrs. Waltham. Hi. It’s Phoebe again. Can I please, please, please talk to one of the best men? This is going to be the last time I promise.
 ミセス・ウォルサム、どうも、またフィービーです。お願い、お願い、お願いだから、付添人と話させていただけません? これが最後ですから、約束します。

Mrs. Waltham: Joey, there’s a girl on the phone for you.
 ジョーイ、あなたにって女の子よ。(ジョーイと並んで歩き出す)

Joey: Oh, great!! Hello.
 おお! やった! もしもし。

Phoebe: Joey? It's Phoebe. Did you stop Rachel?
 ジョーイ? フィービーよ。レイチェルをとめられた?

Joey: No, but it’s okay. She just came in and gave him a hug, that's it.
 いや、でも大丈夫だったよ。彼女来て、ただハグしただけだったよ。

Phoebe: So nothing got ruined?
 それじゃ何もだめになってないのね?

Joey: No.
 うん。

Phoebe: Oh, that’s so great! Oh. So what’s going on now?
 まぁ! よかった! それで今は何が起きてるの?

Joey: Ah, I’m-I’m walking down the aisle...Still walking. . .And now I’m at the front with Ross. It’s Phoebe. . . He looks pretty mad. Uh...I’d better go.
 えー・・今、祭壇に向かって歩いてる。まだ歩いてる・・今ロスの前にきた。(ロスに)フィービーだよ。(電話)すごく怒ってるよ。切らなきゃ。

Phoebe: No!! wait, wait, wait!! Oh, please, hold it up so I can listen.
 だめ! 待って待って待って! お願い、そのまま持ってて、そうしたら聞いてられるわ。(ジョーイは電話をロスの後ろに掲げて持つ)

《通路を歩いてくるモニカとチャンドラー》

Chandler: What we did last night was....
 昨日俺たちがしたことって・・

Monica: Stupid.
 バカだったわ。

Chandler: Totally crazy stupid.
 まったくバカげてるよ。

Monica: What were we thinking?
 何考えてたのかしらね?

Chandler: I’m coming over tonight though, right?
 でも今夜行くけど、ね?

Monica: Oh, yeah. Definitely.
 ええ、もちろん。

《Bride Begins が流れ、エミリーが父と歩いてきてロスの隣に立つ》

Minister: Friends. Family. We are gathered to celebrate here today the joyous union of Ross and Emily. May the happiness we share with them today be with them always. Now Emily, repeat after me. I, Emily...
 友人たち、家族たちよ。私たちは、ロスとエミリーが結ばれる喜びの日に集いました。私たちが本日分かち合う幸せが、いつも2人とともにありますように。さぁ、エミリー、私の後に続けて。私、エミリーは・・

Emily: I, Emily...
 私、エミリーは、

Minster: Take thee Ross...
 汝、ロスを

Emily: Take thee Ross...
 汝、ロスを

Minster: As my lawfully wedded husband, in sickness and in health, till death parts us.
 法により結ばれた夫として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。

Emily: As my lawfully wedded husband, in sickness and in health, until death parts us.
 法により結ばれた夫として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。

Minster: Now Ross, repeat after me. I, Ross...
 ではロス、私に続けて。私、ロスは

Ross: I, Ross...
 私、ロスは

Minister: Take thee, Emily...
 汝、エミリーを

Ross: Take thee, Rachel... Emily. Emily.
 汝、レイチェルを・・・エミリー。エミリー。

Minister: Uhh...Shall I go on?
 (エミリーに)あー・・・続けます?


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
ヒュー・ローリーが拳を口にあてるのは、どういう意味か
調べたところ、爆発する感情を抑えるしぐさのようでした。
叫びたいのを我慢して代わりに拳を噛んだ・・みたいな。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
 ついにここまで来ました。。
 ここまで来られるとは思ってなかったんですが、
 やめられないとまらない感じでもあります。
 シーズン5は好きなエピソードが多いので楽しみです♪
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
posted by らんち at 02:42| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。