2013年08月14日

4-23 The One With Ross’s Wedding Part I

4-23 ロスの結婚式の話 Part 1

 ☆ロスの結婚式 ー Part 1☆

《チャンドラー達の部屋:モニカが飛び込んでくる》

Monica: Guys, hurry up! The flight leaves in four hours! It could take time to get a taxi! There could be traffic! The plane could leave early! When we get to London, there could be a line at customs! Come on!!
 急いで! あと4時間で私たちの便が出るのよ! タクシーがすぐつかまらないかもしれないでしょ! 渋滞するかもしれないでしょ! 飛行機が早く出るかもしれないでしょ! ロンドンに着いたら税関で並ぶことになるかもしれないでしょ! 早く!(出て行く)

Chandler: Six-hour trip to London. That’s a lot of Monica.
 ロンドンまで6時間の旅。モニカがいっぱい。

《モニカ達の部屋》

Monica: Passport, check! Camera, check! Traveller’s checks, check!
 パスポート、チェック! カメラ、チェック! トラベラーズチェック、チェック!

Rachel: Who are you saying "check" to?
 「チェック」って誰に言ってんの?

Monica: Myself. You know for remembering to pack a thing. You do a good thing, you get a check! . . . My mom does it, I never realized it was weird.
 自分によ。荷物を忘れないようにね。ちゃんとやったら、チェック! ・・・かあさんがやってたわ。変だって気づかなかった。

Phoebe: Yeah, my mom used to put her head in the oven. Actually, she only did it the one time. But it's pretty weird.
 私のママはオーブンに頭入れてたわよ。実際は一回だけだけどね。あれもすごい変よ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey! Are you ready yet?
 用意できた?

Monica: Yep! You got the tickets?
 ええ! チケット持った?

Ross: Oh! Got ‘em right here, check!
 ああ! (胸を叩いて)ここに入れたよ、チェック!

《チャンドラー達の部屋》

Joey: It’s all London, baby! Here we go.
 ロンドンだぜ、ベイビー! 行くぞ!

Chandler: You got your passport?
 パスポートあるか?

Joey: Yeah, in my third drawer on my dresser. You don’t want to lose that. . . . Ohh!!
 ああ。俺のタンスの3番目の引き出しだよ。失くしたくないからな。 ・・・あっ!

Chandler: There it is.
 気づいたか。

《モニカ達の部屋》

Monica: Okay, if you need the vacuum, it’s in my closet on the left-hand side. Ah, the garbage bags are next to the refrigerator…
 掃除機が必要になったら、私のクローゼットの左側にあるからね。それから、ゴミ袋は冷蔵庫の隣の・・

Phoebe: Okay, okay, but Rachel’s gonna be here too, can’t I just ask her this stuff?
 わかったけど、レイチェルもここにいるんだから、彼女に聞けばいいんじゃないの?

Monica: Yeah, okay, give that a try!
 そうね、試してみて!

(チャンドラーとジョーイが来る)
Chandler: All right! Let’s do it!
 よし、行こうぜ!

Joey: Woo-hoo!!
 ウーフー!

Ross: Yeah, cheerio!
 イエーイ! じゃあな!

Joey: London, baby!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

Chandler: Okay, ‘cause that’s not gonna get annoying.
 いいよな、それうるさくないよな。

Joey: London, baby!!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

Chandler: Hey, you know what? I was wrong.
 なぁ、俺が間違ってたよ。

Ross: Well, we’re all here! I guess we should get going!
 よし、みんな揃ったな。出かけよう!

Phoebe: Ohhh, I wanna come over there and give you a hug and wish you luck on your wedding, but I don’t−can’t get up.
 ああ! そっちへ行ってハグして、結婚式楽しんでとか言いたいけど、動けないわ。

Ross: Oh, I’ll-I’ll come hug you.
 ああ、僕が行ってハグするよ。

Phoebe: Great! Yeah, could you bring me the newspaper?
 よかった! じゃあ新聞持ってきてくれる?

Ross: Yeah.
 ああ。(新聞を渡してハグ)

Phoebe: Oh, have a great wedding!
 ああ、いい結婚式をね!

Ross: Thanks.
 ありがと。

Phoebe: Hey, Chandler I wanna hug you too!
 ねぇ、チャンドラー、あなたもハグしたいわ。

Chandler: Hey!
 ああ!

Phoebe: Oh, great! You might as well bring me my book, it’s on the counter in your apartment.
 よかった! ついでに私の本持ってきてくれる? あなたの部屋のカウンターにあるから。

Chandler: Oh.
 ああ。(出て行く)

(レイチェルが部屋から出てくる)
Ross: So, we’re off.
 それじゃ、僕ら行くよ。

Rachel: Have fun!
 楽しんでね!

Ross: Thanks! . . I can’t believe you’re not gonna be there!
 ありがと。(ハグ)君が来てくれないなんて信じられないよ。

Rachel: I know.
 ええ。

Ross: So-so come! Why don’t you come?
 それじゃ、来なよ! 来てよ!

Rachel: What?!
 え?

Ross: To London! Come to London. Please? It’d mean so much to me.
 ロンドンだよ! ロンドンへ来てよ、頼むよ。僕にとって大事なことなんだよ。

Rachel: Yeah, well, I gotta work, I’m sorry.
 ええ。仕事があるのよ、ごめんね。

Ross: Why-why can’t you take a couple of days off?
 2日ぐらい休みを取ればいいじゃないか。

Rachel: Because, I can’t! Ross, I told you, no. I can’t.
 できないのよ、ロス。言ったでしょう、できないの。

Ross: This is my wedding.
 僕の結婚式なんだよ。

Monica: All right, you know what? Now we really are late! Let’s go! Let’s go! Let’s go!!
 さぁ、遅れてるわよ! 行くわよ! 行くわよ! 行くわよ!

Ross: Fine. You’ll-you’ll watch it on video when we get back.
 わかったよ。じゃあ帰ってきたらビデオを見たらいいよ。(立ち去る)

Chandler: Here you go Phoebe! Here you go Phobo! Phewbedo! Phaybobo.
 (本を持って戻ってくる)ほら、フィービー、ほら、フィーボー、フィービボー! フェイボボー!

Phoebe: You.
 (ハグを待っているチャンドラーの頭をなでて)こいつったら!

Ross: All right, let’s go! Bye, Pheebs!
 さぁ、行くよ! バーイ、フィーブス!

Joey: Bye, Pheebs!
 バイ、フィーブス!

Joey: London baby!!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

(レイチェルが見送りドアを閉める)
Phoebe: Oh, do you need a hug? You don’t have to bring me anything!
 ああ・・ハグしてほしい? 何も持ってこなくてもいいわよ。

《ロンドン・マリオットの前:ビデオを撮るジョーイ》

Joey: Chandler, do something! Come on! Do something!
 チャンドラー、何かして。 ほら! 何かして!

Chandler: I am, I’m ignoring you.
 してるよ。おまえを無視してる。

Joey: Okay, here! I wanna be the on camera guy. All right, first stop, Westminster Abbey.
 よし、ほら!(ビデオカメラを渡す)撮ってくれ。よし、まず最初はウェストミンスター寺院だ。(ポップアップ地図を広げる)

Chandler: Oh, what the hell is that?
 わ。なんだそりゃ?

Joey: It’s London, baby! All right, the hotel’s here. . . Wait. No, we wanna go… No. I know. . . I’m gonna have to go into the map.
 ロンドンだぜ、ベイビー! よし、ホテルがここだろ・・いや、待てよ・・ダメ。そうだ。地図に入ろ。(地図を地面に置いて上に立つ)

Chandler: Okay, if you see a little version of me in there? Kill it!
 よし、そこに小さなバージョンの俺がいるだろ? 殺してくれ!

Joey: I got it! Here we go.
 わかった! いくぞ。(地図を広げたまま歩き出す)

Chandler: Okay. Listen-listen, we’re not gonna have to walk this way the entire time, are we?
 おい、ちょっとまてよ、ずっとそんなふうに歩かなくてもいいだろ?

Joey: Shhh! . . Man, you made me lose it!
 シーっ! ・・ほら、またわからなくなったじゃないか!

《通り:エミリーが結婚式直前の混乱を告げている》

Emily: And that was all before 10 o’clock. The caterer rang and said it was going to be Chicken Kiev instead of Chicken Tarragon. And then the florist phoned to say there aren’t any tulips. Oh, and the cellist has carpel tunnel syndrome. We’re not gonna be…
 それが10時前のことよ。ケイタリング屋さんから電話があって、タラゴンチキンじゃなくて、チキンキエフにするって言ってきたの。それからお花屋さんからの電話では、チューリップがないって。そしてチェリストが、手根管症候群になったって。私たちもう・・

(Chicken Kiev = ウクライナ起源のチキンカツ風料理
 Chicken Tarragon = タラゴン(エストラゴン・キク科植物)ソースのチキン料理)

Ross: Whoa-whoa-whoa! Emily, honey, okay?
 おいおい! エミリー、(タイムアウトのジェスチャー)いい?

Emily: Well, up yours too!
 なによ、そっちこそ、くそったれ!

Ross: What?! No! No! That’s-that’s time-out!
 は? 違うよ、これはタイムアウトってことだよ。

Emily: Sorry.
 ごめん。

Ross: Sweetie, you gotta relax. Everything’s gonna be great, okay? Come on. Come on.
 ね、リラックスして。何もかもうまくいくよ、ね? ほら。

Monica: Chicken Kiev?
 チキン・キエフ?

Ross: Um-hmm! Doesn’t that sound delicious at the last minute?
 ああ。それも土壇場でおいしくなさそうになってきた?

Monica: Yeah, you know, but something like salmon which would be so much more elegant than the chicken. And, you wouldn’t have to worry about the salmonella. . So, I can’t wait to see it you guys are getting married.
 そうね。サーモンとか、チキンより優雅な感じの方がよくないからしら。それに、サルモネラの心配しなくてもいいし。・・あなた達が結婚式をあげるところ早くみたいわ。

Ross: Yeah. Yeah. Yes, this place is beautiful. Emily’s parents got married here.
 そうそう、そこはすごくきれいなとこなんだ。エミリーの両親がそこで結婚したんだよ。

Emily: I still can’t believe they’re tearing it down. It's the most beautiful place you’ll ever see. It’s right over… Oh, my God!
 まだ信じられないわ、取り壊してしまうなんて。見たこともないくらいきれいなところよ。すぐそこ・・・(もう取り壊しが始まっていた)なんてことなの!

Monica: It’s nice.
 素敵ね。

Emily: Oh. Oh.
 ああ、ああ!

《チャペルの中》

Emily: Oh. Oh, my God. How can this be happening? What are we going to do?
 ああ、なんてことなんでしょ。どうしてこうなるの? どうなってるの?

Ross: It’s all right! Everything’s gonna be all right.
 大丈夫だよ、何もかもうまくいくって。

Emily: How’s it gonna be all right?!
 どうやってうまくいくのよ?

Ross: Uh-huh, I see that.
 ああ、そうだね。

Monica: Okay, I talked to the guy with the shovel and I found out what happened.
 シャベル持った人と話して、どうなったか聞いてきたわ。

Ross: What? What?
 なに、何だって?

Monica: They torn it down a few days early.
 取り壊しが数日早まったんですって。

《ウェストミンスター寺院》

Joey: All right! Westminster Abbey! Hands down, best Abbey I’ve ever seen. Hey! Okay. What do you think of the Abbey, Chandler?
 いいぞ! ウェストミンスター寺院だ! 参りました。これまでで一番の寺院だね。ヘイ! (カメラを構え)この寺院についてどう思う、チャンドラー?

Chandler: I think it’s great. It’s great. You know, they’re thinking of changing the name of this place.
 すばらしいと思うよ。な、みんな、ここの名前を変えようと思ってるんじゃないかな。

Joey: Really? To what?
 ほんと? 何に?

Chandler: To "Put the Camera Away!!!"
 「カメラどけろ!」に。

Joey: Man, you are Westminster Crabby.
 もう。おまえってばウェストミンスター不機嫌じいさんだな。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Oh. Oh.
 (起き上がろうとしている)あっと。

Rachel: Oh, honey! Don’t get up! What do you need?
 あら! 起き上がらないで! 何がほしいの?

Phoebe: Oh, no. Oh, nothing.
 ああ、いえ、いいのよ。

Rachel: Come on! I am here to take care of you! What do you need? Anything.
 なにいってるの。あなたの世話をするためにいるんだから! 何がほしいの? なんでもいって。

Phoebe: Okay, I have a wedgie.
 わかった。下着が食い込んでる。

Rachel: Okay, that is all you.
 そう。ご自分で。

Phoebe: So-so, what do you want for lunch?
 それで? お昼はどうする?

Rachel: Oh, I don’t know. I guess we have to eat.
 ああ、どうしようかな。食べなきゃだめよね。

Phoebe: Yeah, I do. What’s the matter?
 ええ、私は食べる。どうしたの。

Rachel: I’m just bummed about the way I left things with Ross. I shouldn’t have lied to him about having to work. He seemed so mad at me.
 ロスとのやりとりでへこんだわ。仕事に行かなきゃってウソをつくんじゃなかったわ。怒ってたみたい。

Phoebe: Don’t be so hard on yourself. If someone I was still in love with was getting married…
 気にすることないわよ。まだ愛してる人がもし結婚するってことになったら・・

Rachel: Still in love with?!
 まだ愛してる?!

Phoebe: Yeah!
 ええ。

Rachel: I’m not in love with Ross!
 私ロスを愛してなんかないわよ!

Phoebe: Oh. No. No. Good! Yeah, me neither.
 あら、そうか。よかった。そう、私もよ。

Rachel: Phoebe, I’m not going to Ross’s wedding because he is my ex-boyfriend and that would be really uncomfortable. Not because I’m still in love with him! I mean, hey, you know, I like Ross as much as the next guy, you know? Clearly I have feelings for him, but feelings don’t mean love! I mean, I still have loving feelings for Ross. Yeah! But, I have, I have continuing feelings of love, but that doesn’t mean that-that I’m still in love with him. You know? I-I have sexual feelings for him, but I do love him−Ohh! Oh, my God! Oh, my−why didn’t you tell me?!!
 フィービー、ロスの結婚式に行かないのは、元恋人の結婚式に出席なんて気まずいからよ。まだ彼を愛してるからじゃないわ! そりゃ私ロスのこと人に負けないくらい好きよ。明らかに私彼に気があるわよね、でも、気があるって愛してるってことにならないわよ! まだロスを愛しい気持ちはあるけどね、そうよ。でも、恋愛感情は続いてるけど、それはまだ愛してるってことにならないでしょ、ね? 彼に対してセクシーな気持ちってのもあるけど、でも、私は彼のこと愛していて・・・えっ! なんてことなの! まぁ・・なんで言ってくれなかったのよ!

(as much as the next guy = ほかの人にまけないくらい)

Phoebe: We thought you knew!
 みんな知ってると思ってたわよ!

Rachel: We?!
 みんな?

Phoebe: Yeah, we all know! We talk about it all the time!
 ええ。みんな知ってるわよ! みんないつもそのこと話してるわ。

Rachel: You all know? Does Ross know?
 みんな知ってるの? ロスも知ってる?

Phoebe: Oh ,no, Ross doesn’t know anything.
 いいえ、ロスは何にも知らないわ。

Rachel: Oh, I can not believe you didn’t tell me!
 ああ、言ってくれないなんて信じられない。

Phoebe: Because we thought you knew!! It’s so obvious! God, that would be like telling Monica, "Hey, you like things clean."
 だって知ってると思ったわよ! 丸わかりだもの! そんなのモニカに「ねぇあなたってキレイ好きね」って言うようなもんよ。

《ロンドンの公園:おみやげの屋台》

Joey: Hey!
 やぁ!

The Vendor: So, what are you guys in the market for? We’ve got uh, scarves, tulip post cards...
 何をお探しですか? スカーフ、チューリップのポストカードとかありますよ。

Joey: Check this out? Huh? Yeah. That’s the stuff. What do you think?
 これ見てよ。どう?(イギリス国旗のついた大きな帽子を見せる)ああ、これだね。どう思う?

Chandler: Well, I’m not gonna have to buy that, "I’m with stupid" T-shirt anymore.
 それなら、俺は「バカ同行」っていうTシャツ買わなくてもいいな。

Joey: Well, I like it. Here you go.
 気に入ったよ。はい。(お金を払う)

Chandler: All right, look, you’re not really gonna buy that, are you? Don’t you think you’ve embarrassed me enough for one day?
 おい、いいか、それ本当に買わないよな? もう今日一日分俺に恥ずかしい思いさせたと思わないか?

Joey: Oh, I embarrass you?
 あ? 俺が恥ずかしい思いさせた?

Chandler: How can I answer that when I’m pretending I don’t know you?
 どうやって答えるんだ、俺は今他人のフリしてるのに?

The Vendor: He’s just jealous. You’ll fit right in. All Londoners wear them!
 彼はうらやましいんだよ。よく合ってるよ。ロンドンッ子はみんなそれをかぶってる!

Chandler: Oh, really? Then how come no one here anywhere is wearing one?
 ああ、ほんと? じゃあなんでこのあたりで誰もかぶってる人がいないんだ?

The Vendor: They’re all tourists.
 みんな観光客だからだよ。

Chandler: All right, look, if you insist on wearing that, in public, you know, you’re gonna spend the rest of the afternoon all by yourself.
 いいか、もしそれをどうしても人前でかぶるっていうなら、この後は自分1人でいってくれ。

Joey: Oh yeah?. . If you’re gonna make me choose between you and the hat, I choose the hat.
 ああそうか(帽子をかぶる)おまえかこの帽子かどっちか選べっていうなら、俺は帽子を選ぶよ。

The Vendor: Good choice.
 いい選択だ。

Joey: Thanks.
 ありがと。

Chandler: Okay, look, all right, that’s it, okay? I’m out of here. I am not going to be embarrassed anymore!
 そうか、わかった。そうなんだな。俺はもう行く。これ以上恥かかされてたまるか!(つまづいて売っている花に突っ込む)

《ホテル、ロスの部屋:エミリーが来る》

Emily: Hello?
 ハロー?

Ross: Hey! I just spoke to your dad, and you know what? He seems to think we’ll be able to find a new place for the wedding.
 やぁ! 今君のおとうさんと話したんだよ。それでさ、結婚式のできる場所を他に見つけられるって考えてるみたいだったよ。

Emily: We don’t have to.
 そんなことしなくてもいいのよ。

Ross: Whoa-whoa-what? You found a place?
 え、なに? 見つけたの?

Emily: No. But, Monica and I were talking, and-and I was so upset about the hall being knocked down, and she suggested that we just put the wedding off for a bit.
 いえ。モニカと話したんだけど、取り壊しで動揺してたけど、でも彼女が、結婚式をちょっと延期したらどうかって。

Ross: She said what?
 彼女が何て言ったって?

Emily: She said, "If I’m not gonna be happy getting married somewhere that we find in a day, well then we should just postpone it."
 もし、あと一日で探した場所で結婚式をあげるってことで満足できないようだったら、延期するべきだって。

Ross: Postpone it? Emily, do you think Monica realizes how much our parents spent on this wedding? Do you my sister’s teeny-tiny little brain comprehends that people took time out of their lives to fly thousands of miles to be here, huh? This isn’t right.
 延期する? エミリー、この結婚式にうちの両親がどれだけ費用をかけたか、モニカにわかってると思う? みんなが忙しい中、時間をさいて何千キロも飛んできたってこと、あの妹の小さな小さな脳みそで理解できてると思う? (話しながら履いたズボンが後ろ前)これは間違ってる!

Emily: I realize that people are going to be disappointed. But, I’m sure they’ll come back when we can do it right.
 みんながっかりするってことはわかるわ。でも、ちゃんとやるときみんなまた来てくれると思うわ。

Ross: I can’t ask people to do that. Would you ask people to do that?
 僕はそんなことみんなに頼めない。君はそんなこと頼めるの?(ズボンを持った手を差し出す)

Emily: Don’t you point your pants at me! . We have no choice! Anywhere that’s half-decent would’ve be booked months ago, Ross, don’t you understand? This is our wedding I’m talking about.
 ズボンで私を指差さないで! 選択の余地はないわ! ちょっとでもましなところは、もうとっくに予約されてるもの。ロス、わからないの? 私たちの結婚式の話をしてるのよ。

Ross: The only thing I understand is postponing it is not an option. This is when we’re getting married.
 僕にわかってる唯一のことは、延期は選択肢にないってことだ。予定通り結婚式をあげるんだ。

Emily: So what are you saying? It’s now or never?
 それじゃなに? 今か、なしかってこと?

Ross: No. I’m saying it’s now.
 いいや。今って言ってるんだ。

Emily: Or?
 それか?

Ross: There’s no ‘or’ in mine. What is wrong with these pants?!!
 僕には、「それか」はない! (また後ろ前)このズボンどうなってるんだ!

Emily: It’s not the pants. It’s you that is backwards. And if, and if you don’t understand how important this is to me, well then, perhaps we shouldn’t get married at all!
 ズボンじゃないわよ。後ろ向きなのはあなただわ。これがどんなに大事なことか、あなたにわからないっていうなら、それじゃ、結婚なんてやめた方がいいわよね!(出て行く)

Ross: No, wait! Emily! No, wait, stop! Emily, please−
 いや、待って! エミリー! 待って、待ってエミリー、ちょっと・・(ファスナーがひっかかって痛みにうめいて崩れ落ちる)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hi.
 ええ。

Phoebe: So, did shopping make you feel any better about Ross?
 ショッピングで少しは気が晴れた?

Rachel: Manhattan does not have enough stores.
 マンハッタンのお店が足りない。

Phoebe: Well, I think I can help you get over him.
 彼のこと乗り越えるの手伝うわ。

Rachel: You can?
 ほんと?

Phoebe: Yeah. I just need you to bring me some photos of Ross.
 ええ。ロスの写真を持ってきてほしいの。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: And a small piece of chocolate.
 それと、チョコレートと。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: And a glass of tepid water.
 それからコップに冷たくないお水ね。

Rachel: Ooh, is this one of those things where you throw it in a bag with some graveyard dirt and hang it from a north-facing tree?
 ああ、これって、お墓の土と一緒に袋に入れて、北向きの木に吊るすあれ?

Phoebe: Uh, only if you have the hiccups too. Yeah, the pictures are for you, the chocolate and water is for me. I just didn’t feel like getting up. Okay, I’m gonna show you a picture of Ross. Okay? And you’re going to remember all of the bad things about him. All right? Really focus on his flaws.
 うーん、もしシャックリも出てるならね。その写真はあなたのためだけど、チョコレートと水は私用よ。立ちたくなかったから。さぁ、ロスの写真を見せるわね。いい? あなたは、彼の悪いところ全部思い出してね、わかった? 欠点に注目するのよ。

Rachel: I can do that. I certainly did it when we were going out.
 できるわ。つきあってたころ、それきっちりやってたから。

Phoebe: Okay. Umm, before we get started, I just wanna say for the record that I love Ross, I think he’s such a great guy. Here. . . Okay, now, close your eyes. And imagine that you’re with Ross. Okay? And imagine that you’re kissing him. And you’re running your hands all over his body. And then you run your hands through his hair, but oh! Gross! It’s some kind of grease, it’s−uck! Hah?
 オーケー。始める前に言っとくけど、私はロスが大好きよ、あの人はすばらしい人だと思うわ。はい。(写真を渡す)いい? じゃあ、目を閉じて。ロスと一緒だと思ってみてね。いい? キスしてるところを思い描いて。そしてあなたは手を彼の体じゅうにすべらせて・・それから、手が彼の髪をなでて・・でも、うわっ! 気持ち悪い! 何このアブラ! やだ! ・・どう?

Rachel: I don’t know, his uh, his hair never bothered me that much. And you know, it was always more crunchy than it was greasy.
 どうかなぁ。彼の髪がそんなにいやだったことないのよ。それにね、あの髪はアブラっぽいというより、パリパリしてるの。

Phoebe: Okay, this will be harder than I thought. Umm, let’s try some uh, aversion therapy.
 ああ、思ったより難しいわね。じゃあ、嫌悪療法をやってみましょ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay?
 いい?

Rachel: All right.
 いいわ。

Phoebe: So uh, now look at the picture…
 それじゃ、この写真を見て・・

Rachel: Okay.
 オーケー・・

Phoebe: All right, and umm…
 いいわね。それで・・(写真を取ると同時に頭を叩く)

Rachel: Ow!
 イタっ!

Phoebe: Okay, how do you feel now?
 オーケー、今はどう感じる?

Rachel: Well, I like you less!
 あなたを嫌いになりかけてる!

《チャンドラー達のホテルの部屋:ジョーイが帰ってくる》

Joey: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Hey.
 ヘイ・・(ジョーイの帽子を見る)

Joey: Oh. Sorry!
 おぉ。(帽子を取って)悪かったね。

Chandler: No-no-no, you know what? I really shouldn’t have said that you were embarrassing me, I mean that really wasn’t cool. And if it makes you feel any better, I’ve had a really lousy day.
 いやいやいや、な、あんな、恥をかかされたなんて、言うべきじゃなかったよ。あれはよくなかった。これで気分が軽くなるか知らないが、あの後本当につまらなかったよ。

Joey: Me too.
 俺も。

Chandler: Yeah?
 そう?

Joey: Noo!! I’ve had the best day ever! Dude, check this out!
 いいや!! 最高の日だったよ! なぁ、これ見て!(ビデオを見せる)

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Sh-shh-shh!
 シーッ!(モニカも見るように手招き)

(ビデオ画面)
Joey: Okay, so say hi to my friend and tell him that you like the hat.
 (ビデオ)よし、それじゃ僕の友達に挨拶して、この帽子好きって言って。

Fergie: Okay, so umm, what’s your friend’s name?
 (ビデオ)オーケー。それじゃ・・その人の名前はなに?

Joey: Oh, Chandler.
 (ビデオ)チャンドラー。

Fergie: Hi, Chandler!
 (ビデオ)ハーイ、チャンドラー!

Chandler: That’s… That’s was…
 これって、これって・・

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Joey: That’s Fergie, baby!!
 セーラ妃だよ、ベイビー!

Fergie: Joey says you don’t really like his hat, but I think it’s kinda dashing.
 (ビデオ)彼の帽子が好きじゃないってジョーイから聞いたけど、これってけっこうおしゃれだと思うわ。

Chandler: How did you? How? How?
 どうやって? どう? どう?

Joey: Well, I was trying to figure out how to get to Buckingham Palace, right? So, I’m in my map and-and…(Ross enters) Hey!
 バッキンガム宮殿へはどう行くのか調べてたんだよ。それで、地図の中に入って・・(ロスがくる)ヘイ!

Monica: Hey!
 あら!
 
Ross: Hi. I understand you had a little talk with Emily.
 やぁ。君、エミリーと話したということだけど。

Monica: Yes, I did! And you are welcome!
 そうよ。お礼はいいのよ!

Ross: Am I?! And was it your idea to postpone the wedding?!
 そうかい?! そして、結婚式を延期するってのはおまえの考えなのか?!

Monica: Umm…
 うん。

Chandler: I’m gonna go to the bathroom.
 バスルームに行ってるから。

Joey: Wait up!
 待って!(2人ともバスルームへ走る)

Ross: Hey-hey, since you’re the ‘fix-it’ lady, here’s a pickle, what do you do when the bride says she doesn’t want to have the wedding at all?
 解決ねえさんだってことなら、この問題はどうする? 花嫁が、結婚式したくないって言ったら?

Monica: She said that?!
 彼女そう言ったの?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: Why?!
 なんで?!

Ross: I don’t know, I told her it was stupid to put off the wedding just because the hall was gone and she, like, flipped out.
 知らないよ。式場がなくなったからって結婚式を延期するなんてバカげてるって言ったら、キレちゃったって感じなんだよ。

Monica: Oh, my God. You’re even dumber than I am!
 なんてことなの。あなたって私よりバカね!

Ross: Excuse me?
 なんだって?

Monica: Ross, how long have you been planning this wedding?
 ロス、この結婚式のプランを練った期間はどれくらい?

Ross: I don’t know. A month?
 どうかな。1ヶ月?

Monica: Emily has probably been planning it since she was five! Ever since the first time she took a pillowcase and hung it off the back of her head. That’s what we did! We dreamed about the perfect wedding, and the perfect place, with the perfect four-tiered wedding cake, with the little people on top. But the most important part is that we had the perfect guy who understood just how important all that other stuff was.
 エミリーはきっと、5歳の時から考えてるわよ! 初めて枕カバーを外して頭の後ろにかけた時からね。私たちはそうなのよ! 完璧な結婚式を夢見るのよ。完璧な場所、小さな人が乗った4段重ねの完璧なケーキ。(泣き出したのでバスルームからティッシュが飛んでくる。それを受け取ってモニカに渡すロス)だけど一番大事なのは、こういうことがどんなに大事かってことをわかってくれる完璧な男の人がいるってことなのよ。

Ross: I had no idea. And that-that pillowcase thing, I thought you guys were just doing The Flying Nun.
 知らなかったよ。それにあの枕カバーかぶるやつ、あれは「フライング・ナン」ごっこかと思ってたよ。

(Flying Nun = 1970年まで放送していたシットコム。白いキャップをかぶった尼僧が空を飛ぶ)


Monica: Sometimes we were.
 そういうときもある。

Ross: Come on. You gotta help me figure out what to do. Okay?
 きて。どうしたらいいか、一緒に考えてくれ、いい?

Monica: All right.
 わかった。

Ross: Come on.
 行こう。(2人出て行く)

Chandler: That was pretty intense, huh?
 今のはかなり真剣だったな。

Joey: Yeah. Hey, I hope Ross didn’t think that we just went in there because we were uncomfortable being out here!
 ああ。・・ここにいたら気まずいからあっちへ行ってたってことが、ロスに気づかれてないといいけどな。

Chandler: I hope he did!
 気づいててほしいね!

《モニカ達の部屋:電話に出るフィービー》

Phoebe: Hello.
 もしもし。

Joey: Hey, Pheebs! It’s Joey!
 やぁ、フィーブス! ジョーイだ!

Phoebe: Hey, Joey! Hey! Ooh! Ooh! I just saw someone that looks just like you on the subway. And I was gonna go over and say ‘hi!’ but then I figured, he doesn’t care if he looks like you.
 まぁ、ジョーイ! わぁ! 地下鉄であなたに似た人を見たばかりよ。声かけようかと思ったんだけど、考えてみたら、その人にしてみたら、あなたに似てたからって何って感じよね。

Joey: That just cost me four bucks. But uh listen, I just called to see how the chick and the duck are doing.
 今ので4ドルかかった。ねぇ、チックとダックがどうしてるかなと思ってかけたんだ。

Phoebe: Ohh, they’re having a great time with their Aunt Phoebe! Aunt Rachel hasn’t been helpful at all. So, do you miss me?
 ああ、あの子達なら、フィービーおばさんと楽しくやってるわよ! レイチェルおばさんは助けになってないけどね。ね、私が恋しい?

Joey: Kinda, but I’ve just been having way too much fun.
 まぁね、でもここで楽しんでるから。

Phoebe: So you’re not homesick yet?
 それじゃまだホームシックにならない?

Joey: No, I don’t think so.
 いや、なってないよ。

Phoebe: All right, the seven of us miss you.
 そう。私たち7人はあなたが恋しいわ。

Joey: Who’s seven?
 7人って誰?

Phoebe: You know, me, Rachel, the birds, the babies…
 私でしょ、レイチェルと、鳥達、赤ちゃん達・・

Joey: Ahh, the babies miss me?
 ああ・・赤ちゃん達も俺を恋しがってる?

(モニカ達の部屋にノックの音)
Phoebe: Ooh, the pizza guy’s here!
 あ、ピザが来た!

Joey: What? You ordered pizza without me?!
 えっ? 俺抜きでピザ頼んだの?!

Phoebe: Yeah. But you know we were thinking about you, you know, we ordered the Joey Special.
 ええ。でも、あなたのこと思ってたから、ジョーイ・スペシャルを頼んだのよ。

Joey: Two pizzas?!
 じゃあピザ2つ?!

Phoebe: Yep! Okay, gotta go, talk to you later.
 そう! それじゃ切るわね、またね。

Joey: Wait, well, where did you get it from?!
 待って待って! どこで頼んだ?(もう切れている)

(ジョーイはテレビをつけ、シットコム、Cheersの再放送を見てホームシックになる)

《取り壊し中のチャペル》

Emily: Monica, why have you brought me here of all places?!
 モニカ、なんのために私をここにつれてきたの?

Monica: You’ll see.
 見ればわかるわ。

Emily: I tell you, this wedding is not gonna happen.
 言っとくけど、もう結婚式はなしよ。

(ロスが電源を入れると、あちこちにライトが灯る)
Emily: Oh God.
 まぁ・・・。

Ross: Okay? But-but imagine a lot more lights, okay? And-and you know fewer bricks, and-and-and flowers, and candles…
 どう? でももっとたくさんのライトがあると思って、いい? それから、レンガはもっとなくなって、それから、花と、そしてキャンドルと・・

Monica: And the musicians, look, they can go over here, okay? And the chairs can face this way, and. . . You go.
 それにミュージシャンよ、彼等は、ここになるの、ね? そして椅子はこっちがわを向いて・・(ロスに)どうぞ。

Ross: But-but, if you don’t love this, then we’ll do it in any other place at any other time. Really, it’s fine, whatever you want.
 でも、もしこれが気に入らないなら、ほかのどこでも、いつでもいいんだよ。本当だ、いいんだ、君のしたい通りにしよう。

Emily: It’s perfect.
 完璧だわ。

Ross: And, I don’t know, if it starts to rain…
 それから、そうだな、もし雨が降ってきたら・・

Emily: Well, then we’ll get wet.
 みんなで濡れたらいいわ。(キス)

Monica: Oh. And I don’t even have a date.
 ああ・・。私にはデートの相手さえいないのよね。

《モニカ達の部屋:レイチェルが自室から声をかける》

Rachel: Pheebs?
 フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Rachel: Do you remember where the duck food is?
 ダックのご飯どこにあるか覚えてる?

Phoebe: Yeah, it’s in the guys’ apartment under the sink. Why?
 ええ。あの子たちの部屋のシンクの下でしょ、どうして?

Rachel: Because I’m going to London.
 (荷物を手に)ロンドンに行くから。

Phoebe: What?! What do you mean you’re going to London?
 えっ?! どういうこと、ロンドンに行くって?

Rachel: Yeah, I have to tell Ross that I love him. Now honey, you take care, you don’t have those babies until I get back.
 ロスに、愛してるって言わなきゃ。気をつけてね、私が帰ってくるまで赤ちゃん産まないで待っててね。

Phoebe: Rachel, you can’t go! Ross loves Emily!
 レイチェル、行っちゃダメよ! ロスはエミリーを愛してるのよ!

Rachel: Yeah, I know, I know, I know he does. But I have to tell him how I feel! He deserves to have all the information and then he can make an informed decision.
 ええ、わかってる、わかってるわ。でも、私がどう思ってるか言わなきゃ! 彼は全部知って、それから決断をする権利があるわ。

Phoebe: That’s not why you’re going! You’re going because you hope he’s gonna say, "Yeah, I love you too, Rach. Forget that British chippy."
 そうじゃないでしょ! あなたはただ、「ああ、僕も愛してるよ、レイチ、イギリス女のことなんかどうでもいい」って言ってくれるの期待してるでしょう!

Rachel: Ohh−Do you think he will?!
 ああ、彼そう言うかな?

Phoebe: No! Because he’s in love with the British chippy! Look, Rachel, if you go, you’re just gonna mess with his head and ruin his wedding! You know, it’s too late! You missed you’re chance! I’m sorry, I know this must be really hard, it’s over.
 言わない! だって彼はあのイギリス女と愛し合ってるのよ! ねぇ、レイチェル、行ったって、ただ彼を混乱させて、結婚式を台無しにするだけよ! ね、遅かったのよ。チャンスをのがしたの。かわいそうだけど、つらいだろうけど、もう終わったのよ。

Rachel: You know what? No. It’s not over until someone says, "I do."
 ・・・いいえ。「誓います」って言うまでは終わりじゃないわ。(出て行く)

Phoebe: I do! I do! I do! . . I do! . . Oh, like I can really chase you. I’m carrying a litter.
 誓います! 誓います! 誓います!(追いかける) 誓います! 追いかけられるわけないじゃん。おなかに赤ちゃんたち抱えてるのに。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 16:29| Comment(2) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しみに拝見しています。
一つだけ気の付いたことをお伝えします。

10-16がありません。
Posted by io at 2017年09月29日 23:15
ご指摘ありがとうございます。
10-16 はありますが、「このブログについて」ページからの
リンクが間違っておりました。
直しました。

対応が大変遅れてすみませんでした(--;)
Posted by らんち at 2018年02月02日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。