2013年08月13日

4-22 The One With The Worst Best Man Ever

4-22 最悪な付添人の話

 ☆消えた指輪の行方☆

《セントラルパーク:フィービーがバスルームから戻ってくる》

Phoebe: That’s like the tenth time I’ve peed since I’ve been here!
 ここに来てからトイレに行くの10回目って感じ!

Monica: That’s also the tenth time you've told us.
 あなたがそう言うのも10回目ね。

Phoebe: Yeah, oh, I’m sorry, it must be really hard to hear! I tell you, it’s a lot easier having three babies play "Bring in 'Da Noise, Bring in 'Da Funk" on your bladder! I’m so sick of being pregnant! The only happiness I get is from a cup of coffee, which of course is decaf, ‘cause−Oh! I’m pregnant!
 あら、悪かったわね、本当に聞くの大変でしょうね! 3人の赤ん坊に膀胱の上でタップダンスされる方がよっぽど簡単よね! 妊娠にはもううんざり! 唯一の幸せはこのコーヒーなのに、それももちろんデカフェなのよね。妊娠中だから!

("Bring in 'Da Noise, Bring in 'Da Funk" = ブロードウェイミュージカル)

Ross: Pheebs, you want a cookie?
 フィーブス、クッキー食べる?

Phoebe: Thank you so much.
 (泣)ありがとう!

Rachel: So uh, Pheebs, honey, how are those mood swings coming?
 ね、フィーブス、妊娠中は気分が不安定っていうけどどう?

Phoebe: I haven’t really had any yet.
 それまだ経験してないのよね。

《チャンドラー達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, guys!
 やぁ、きみたち!

Chandler&Joey: Hey.
 ヘイ!

Ross: All right, here’s the ring.
 さ、リングだ。

Chandler: Yes! Yes! A thousand times, yes!
 わかった! わかった! 1000回、わかった!

Ross: So uh, any ideas for the bachelor party yet?
 バチェラーパーティの案はなにかある?

Joey: Whoa-whoa-whoa! Before you start handing out wedding rings and planning bachelor parties, don’t you have to decide who your best man is gonna be?
 おいおいおい! 結婚指輪渡したりバチェラーパーティの計画の話の前に、誰が付添人になるか決めなっきゃだめだろ?

Chandler: Oh, it’s awkward. It’s awkward. It’s awkward.
 あ、これはまずい、これはまずい、これはまずい。

Ross: I sort of already asked Chandler.
 もうチャンドラーに頼んだっていうか。

Joey: What?! He got to do it at your first wedding!
 え? 最初の結婚式でもやったじゃないか!

Ross: Joey, I figured you’d understand. I mean, I-I’ve known him a lot longer.
 ジョーイ、わかってくれるかと思ってたよ。彼の方がつきあいがうんと長いんだ。

Joey: Come on, Ross! Look, I-I don’t have any brothers. I’ll never get to be a best man!
 なんだよ、ロス! 俺には兄弟がいないんだ。それじゃ俺、絶対付添人になれないじゃないか。

Chandler: You can be the best man when I get married.
 俺が結婚する時付添人やれるだろ。

Joey: …. I’ll never get to be a best man!
 ・・。絶対付添人になれないじゃないか!

Ross: Wait-wait, so, you get to be my best man twice, and I don't get to be yours at all?
 待て待て。それじゃ、君は2回も僕の付添人をやったのに、僕は君の付添人になれないのか?

Chandler: Oh, no, you−yeah, of course you get to be my best man.
 いやそれは・・ああ、もちろん、君が俺の付添人だよ。

Joey: What about me?! You-you just said I could!
 俺はどうなんだ? たった今俺にするって言ったじゃないか!

Chandler: I’m not even getting married! Okay, this is a question for science fiction writers!
 どうせ俺は結婚しないんだろうが! これはSF作家に聞いてるようなもんだ。

Joey: I can’t believe you’re not picking me.
 俺にしてくれないなんて信じられない。

Ross: Hey, how can it not be me?!
 おい、どうして僕じゃないんだ?

Chandler: I’m not even… I’m not even…
 俺は第一・・・俺は第一・・。

Ross: All right, you know what, that’s it. From now on, Joey, I want you to be my best man.
 わかったよ。もういい。これからは、ジョーイ、君が僕の付添人だ。

Joey: Yes! . . Shame about you, though.
 よし! (チャンドラーに)残念だったな。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Stop it!
 (赤ちゃんに)やめて!

Monica: What?
 どうした?

Phoebe: One of the babies is kicking.
 赤ちゃんの1人が蹴ったの。

Monica: I thought that was a good thing.
 それっていいことじゃないの。

Phoebe: It’s not kicking me, it’s kicking one of the other babies. Oh! Don’t make me come in there!
 私を蹴ってるんじゃなくて、他の赤ちゃんを蹴ってるの。もう!(服の中を覗いて)そっちへ行くわよ!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Do you guys have, like, a big bowl I can borrow?
 なんか、大きいボール借りられるのある?

Monica: Yeah, there’s one right under the cabinet.
 ええ、そのキャビネットの下にあるわよ。

Joey: Thanks.
 ありがと。

Monica: Why do you need it?
 何に使うの?

Joey: Oh, we’re having a big party tomorrow night. Later!
 ああ、明日の夜パーティがあるんだ。じゃあな!

Rachel: Whoa! Hey-hey! Are you planning on inviting us?
 ちょっと、ねぇ! 私たちも誘ってくれるの?

Joey: No, later.
 いいや。じゃあ。

Phoebe: Hey!! Get your ass back here, Tribbianni!!
 ちょっと! そのケツここへ戻せ、トリビアーニ!

Rachel: Hormones!
 (ジョーイに)ホルモーン!

Monica: What Phoebe meant to say was umm, how come you’re having a party and we’re not invited?
 フィービーが言いたいのは、どうしてパーティをやるのに私たちを招待しないかってことよ。

Joey: Oh, it’s Ross’ bachelor party.
 ああ、ロスのバチェラーパーティなんだ。

Monica: So?
 それで?

Joey: Are you bachelors?
 君ら独身男?

Monica: No!
 いいえ。

Joey: Are you strippers?
 君らストリッパー?

Rachel: No!
 いいえ。

Joey: Then you’re not invited.
 じゃあ招待しない。

Rachel: All right, fine! You’re not invited to the party we’re gonna have either.
 いいわよ。じゃあ私たちが開くパーティにも招待しないわよ。

Joey: Oh-whoa, what party?
 うわお!なんのパーティ?

Rachel: Well umm…
 それは・・

Monica: The baby shower for Phoebe!
 フィービーのためのベビーシャワーよ!

Joey: Baby shower. Wow! That so doesn't sound like something I want to do! Later!
 ベビーシャワー。ワオ! そりゃ俺が行きたい感じ全然しないな! じゃ!

Phoebe: I can’t believe I’m gonna have a party! This is so great! A party! Yay!! . . . I don’t know why.
 パーティなんてウソみたい! すごいわ!(興奮) パーティ!!(大興奮)イエーイ! (泣き出す)自分でも謎。

《セントラルパーク》

Joey: This is what I’ve got going for the party so far, liquor wise. Get a lot of liquor.
 今のところ、パーティについて決めたことのは酒のことだ。たくさん用意する。

Ross: Great. Great.
 いいね、いいね。

Joey: Okay, now uh, in terms of the invite list, obviously I’ve got you, me, and Chandler and I’m gonna invite Gunther because, we’ve been talking about this pretty loud.
 よし、じゃあ、招待リストに関してだけど、もちろん君、俺、そしてチャンドラーと、ガンター。これだけ大声で話してるからね。

Gunther: I’ll be there.
 行く。

Joey: All right−oh! Listen, I know this is your party, but I’d really like to limit the number of museum geeks that are gonna be there.
 よし、あ、それから、君のパーティだってことはわかってるけど、でも、博物館のオタク達を呼ぶ人数は絞りたいんだ。

Ross: Yeah. Tell you what, let’s not invite any of the anthropologists, okay, just the dinosaur dudes!
 ああ、それじゃ、人類学者は呼ばないでおこう。恐竜関連の連中だけだ!

Joey: Okay! We’ll need a six-pack of Zima.
 よし。それじゃ、Zimaを6パック。

(Zima = 炭酸アルコール飲料だが、アルコールを含んでいない、または、飲酒検査にひっかからないなどの噂があった)

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, guys, what are you doing?
 よぉ、何してるんだ?

Ross: Oh, just planning my bachelor party with my best man.
 ああ、僕の付添人と、バチェラーパーティの計画を立ててるだけだよ。

Chandler: Yeah, well, good luck trying to top the last one.
 ああ。前回のを超えるもになるといいね!

Ross: Yeah, see, I don’t think it’s gonna that difficult considering this one won’t be taking place in the basement of a Pizza Hut.
 ああ、それは難しくないと思うよ。今回のは、ピザハットの地下ではやらないからね。

Chandler: Oh, I’m Ross. I’m Ross. I’m too good for the Hut; I’m too good for the Hut.
 おお、僕はロス、僕はロス。ピザハットなんかじゃ合わないね、ピザハットなんかじゃ合わないね。

Ross: Look, I gotta go pick up Ben. Everything so far sounds great, Joey. Just remember to keep it on the mellow side, okay? Just a couple of guys hanging out playing poker, no-no strippers or anything, okay?
 ベンを迎えに行かないと。いまのところ順調だよ、ジョーイ。穏やかな感じに頼むよ、ね? 2人の男がポーカーでもする感じだ。ストリッパーはなしで、いいね?

Joey: You got it.
 了解!

Ross: Okay, see you later.
 よし、じゃあまた。(出て行く)

Chandler: See ya. Have fun planning your mellow bachelor party.
 じゃあな。(ジョーイに)穏やかなバチェラーパーティの計画楽しめよ。

Joey: Well, there’s gonna be strippers there. He didn’t say anything about no strippers.
 ストリッパーは呼ぶぞ。やつはストリッパーなしとは言ってないからな。

Chandler: He just said, "No strippers."
 たった今、ストリッパーなしって言ったじゃないか。

Joey: Oh, I chose not to hear that.
 ああ、それは聞かなかった。

《モニカ達の部屋:ショッピングしてきたモニカ》

Monica: Look what I got! Look what I got! Look what I got! Can you believe they make these for little people?
 買ったの見て!買ったの見て!買ったの見て!(レザージャケットとカウボーイ風)こんなの小さい子用に作るなんてウソみたいね。

Rachel: Little village people.
 小さなビレッジピープルね。

Monica: Okay, look at this one. This is my favorite.
 ほら、これ見て! これが私のお気に入りなの(ピンクと白のドレス)

Rachel: Oh, that is so sweet!
 まぁ、なんてかわいらしいの!

Monica: I know! Phoebe is gonna love dressing them in these!
 でしょ! フィービーはこれを着せるの喜ぶわよ!

Rachel: Huh. Except, Phoebe’s not gonna be the one that gets to dress them.
 はぁ。でも、これを着せるのは、フィービーじゃないのよね。

Monica: Because she’s not gonna get to keep the babies.
 彼女は子供を育てないものね。

Rachel: Oh, my God! We are throwing the most depressing baby shower ever!
 ああ、なんてこと! こんな気の滅入るベビーシャワーするの初めてよ!

Monica: Wait a minute! Unless, we give her all gifts she can use after she’s done being pregnant. Like-like umm, regular coffee, Tequila.
 ちょっと待って! みんな出産後に使えるものをあげればいいじゃない! 普通のコーヒーとかテキーラとか!

Rachel: Oh, and somebody can get those leather pants she’s always wanted!
 ああ、それに誰か、彼女がほしがってたレザーパンツをあげたらいいわね!

Monica: Oh, she’s gonna love that!
 ああ、彼女きっと喜ぶわ!

《モニカ達の部屋:フィービーのベビーシャワー》

Phoebe: What the hell is this?! What, did you actually thought it would make me feel better to give me stuff that I can’t use for another two months?! This sucks! Oh!! All right, what’s my next present?!
 いったいこれ何なのよ! あと2ヶ月も使えないようなものくれて、私が気分よくなるとでも思ったの? 最低! ああ! もういい、次のプレゼントは?!

All: I don’t have anything.
 なにも持ってきてないわ(みんな後ろにプレゼントを隠す)

《チャンドラー達の部屋:バチェラーパーティ終わり》

Ross: Hey, listen, man, about the stripper…
 なぁ、ジョーイ、ストリッパーのことだけど・・

Joey: Yeah?
 うん?

Ross: Good call!
 よくやった!

Chandler: Okay, a little announcement, a little announcement. I’ve decided that my best man is, my best friend Gunther!
 よし、ちょっとお知らせ、ちょっとお知らせ。俺の付添人は、親友のガンターに決めた!

Gunther: What’s my last name?
 僕の名字は?

Chandler: Central Perk?
 ・・・セントラルパーク?

Gunther: Thanks for not marrying Rachel.
 (ロスに)レイチェルと結婚しないでくれてありがと(出て行く)

Joey: Oh-whoa-wait, Gunther. Don’t-don’t forget your shirt.
 おいおい、待って、ガンター。シャツを忘れるな。(シャツを受け取りガンターは帰る)

Ross: Hey-hey, what are those?
 おい、それはなに?

Joey: Oh, little party favors, check it out! ("Ross Geller, Bachelor Bash 1998")
 ああ、パーティのおみやげだよ、見て!(ロス・ゲラー バチェラーパーティ 1998と書かれたTシャツ)

Ross: Wow! Yeah!
 ワオ! いいね!

Joey: Oh-oh!("Best Man Joey Tribbianni")
 おっ!おっ!(背中側を見せる。(付添人ジョーイ・トリビアーニ、という文字とジョーイの写真)

Chandler: Okay, okay, a little announcement, I just want everyone to know that the position of my best man is still open! And uh, so is the position of the bride.
 よしよし、ちょっとお知らせ。みんなにお知らせしたいんだけど、付添人のポストは空いてるからね! それと(ストリッパーに)花嫁のポストもね。

The Stripper: Great!
 けっこうね!

Ross: Smooth man. Yeah, you got some chili on your neck. Well, I just want to say, thanks everyone, this-this was great. And hey! See you guys Monday morning. Thanks, Joey.
 うまいね! 首にチリソースがついてるぞ。じゃ、みんな、ありがとう! 楽しかったよ。それからみんな!(博物館の人へ) また月曜の朝会おう! ありがと、ジョーイ。

Joey: Oh, hey, don’t forget your shirt.
 あ、おい、シャツを忘れるなよ!

Ross: Oh, thanks!
 ああ、ありがと!(受け取り、すぐ箱に戻して立ち去る)

Joey: Okay, hey, museum geeks, party’s over. Okay. Wave bye-bye to the nice lady. There you go. Back to your parent’s basement. All right. . . . Come on, boys, come on out! Here you go. All right.
 よし、それじゃ博物館のオタクさんたち、パーティはおしまいだ。ね。素敵な女性に手を振って。ハイハイ。実家の地下室へ戻ってってね。よし・・(部屋の鍵をあけ、ダックとチックを出してやる)ほら、おいで、おいで。ほらほら、よし。

The Stripper: Ohhh, look at the little birdies! Are those yours?
 まぁ、この鳥さんたち! あなたの?

Joey: Yeah!
 ああ!

The Stripper: Wow, I didn’t know they let you keep chickens and ducks as pets.
 ワオ。ニワトリやアヒルがペットになるとは知らなかったわ。

Joey: Oh, yeah-yeah. And I got the duck totally trained. Watch this. Stare at the wall. . . Hardly move. . . Be white.
 ああ。このアヒルはちゃんと訓練してあるんだ。見てて。(ダックに)壁を見つめろ。・・ほとんど動くな。・・白になれ。

The Stripper: You are really good at that. So uh, I had fun tonight, you throw one hell of a party.
 本当にじょうずなのね。・・それじゃ、今夜は楽しかったわ。素敵なパーティだったわね。

Joey: Oh, thanks. Thanks. It was great meeting you. And listen, if any of my friends gets married, or have a birthday, or a Tuesday…
 ああ、ありがと。会えてよかったよ。また友達が結婚するとか、誕生日だとか、それか火曜日だとか・・

The Stripper: Yeah, that would be great. So I guess umm, good night.
 ええ、うれしいわ。それじゃ・・おやすみ。

Joey: Oh, unless you uh, you wanna hang around.
 あ、それか、よかったらゆっくりしていけば。

The Stripper: Yeah?
 そう?

Joey: Yeah. I’ll let you play with my duck.
 ああ。ダックと遊べるよ。

《ジョーイの寝室。目を覚ますと1人》

Joey: Hey. . . stripper!
 ヘイ!・・(名前知らない)ストリッパー!・・(見ると指輪がない)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: The stripper stole the ring!! The stripper stole the ring!! Chandler! Chandler, get up! Get up! The stripper stole the ring!
 (チャンドラーの部屋のドアを叩き)ストリッパーに指輪盗まれた!ストリッパーに指輪盗まれた! チャンドラー! チャンドラー! 起きろ! 起きろ! ストリッパーが指輪盗んでった!

Chandler: What?
 なに?

Joey: The ring is gone!
 指輪がない!

Chandler: Ugh. Just a sec, give me a minute to wake up for this−Ah-ha-ha!! You lost the ring! You’re the worst best man ever!
 うー。ちょっと待て。目を覚ますから・・アハハ! 指輪なくしやがって! 史上最低の付添人だな!

Joey: Dude, this isn’t funny! What am I gonna do?! I go to sleep last night, everything’s cool! I wake up this morning, the stripper’s gone and the ring is gone!
 おい、笑い事じゃない! どうしよう?! 昨日寝ようとしてたときには何ともなかったんだ! 今朝起きたら、ストリッパーはいなくなって、指輪もない!

Chandler: You slept with the stripper?
 ストリッパーと寝たのか?

Joey: Of course!!
 もちろんだ!

《セントラルパーク:モニカとレイチェル話し中・フィービーが来る》

Phoebe: Hi, guys.
 ハーイ。

Rachel&Monica: Hi! Phoebe.
 あら、フィービー、ハイ。

Phoebe: I-I wanted to apologize if I, you know, seemed a tad edgy yesterday at my shower. It’s just the hormones, you know.
 昨日のシャワーの時、ちょっとピリピリしてるように見えたなら、あやまりたいと思ってたの。ホルモンのせいなのよ。

Rachel: No, we…
 いえ、私たち・・

Monica: Hormones.
 ホルモンよね。

Rachel: …hormones, yeah.
 ホルモンよね、そうね。

Phoebe: Anyway, I just wanted to say thank you, it was just, it was so sweet.
 とにかく、ありがとうって言いたかったの。本当にうれしかったわ。(モニカ達はびびっている)

Monica: Wow, you seem to be doing so much better. That’s great. how are things going?
 ワオ・・だいぶ気分がいいようね。よかったわ。調子はどう?

Phoebe: Good. You know−no-no, okay, it’s-it feels like everything’s been about me lately, so what’s happening with you?
 いいわ。ね、なんか、最近私のことばっかりみたいよね。それより、あなた達はどう?

Rachel: Oh, well, actually we were just talking about me not going to Ross’s wedding.
 ああ・・。私たち、ロスの結婚式に私が行かないことについて話してたの。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Rachel: It just might be too hard, given the history and all that…
 つらすぎるかなって。これまでのこととかいろいろ考えて・・

Phoebe: Wow! This reminds me of the time when I was umm, living on the street and this guy offered to buy me food if I slept with him.
 ワオ。それを聞いて思い出したわ。路上生活してた頃、ある男が、もし寝たら食べ物を買ってくれるって言ったの。

Rachel: Well, how is this like that?
 えー・・それのどこが似てるの?

Phoebe: Well, let’s see, it’s not really, like that. Because, you see, that was an actual problem. And yours is just like, you know, a bunch of you know high school crap that nobody really gives you know…
 そうね、似てないわね。ほんと、そんなふうじゃない。だって、ね、あれは実際に問題だったもの。そしてあなたのは、ただの高校生のたわ言よね。誰も気にしないわ。

Rachel: I’m-I’m sorry, I guess I just thought that…
 ご・ごめんね。ただちょっと私・・

Phoebe: All right, here come the water works.
 はいはい、また泣きだした。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Ugh! I don’t know what I’m gonna do! I called the company that sent and they don’t care! Then I called 911 and they yelled at me. If this isn’t an emergency, then what is?
 ああ・・どうしたらいいんだ? 彼女の会社にも電話をしたけど、気にもかけないんだ! 911にかけたら怒鳴られた。これが緊急事態じゃなくていったい何なんだ?

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys!
 やぁ!

Chandler&Joey: Hey!
 ヘイ。

Ross: I just wanted to thank you again for last night, what a great party! And the guys from work had a blast. You know, one of them had never been to a bachelor party before. And-and another one had never been to a party before, so…
 昨日の夜のこともう一度お礼が言いたくてさ。楽しいパーティだったよ! それに職場のやつらもすごく楽しんでた。あのうちの1人はバチェラーパーティに出たことがなくてさ。そしてもう1人は、パーティに出たことがないってさ。

Joey: So uh, hey, that uh, that wedding ring, huh? Man, that’s nice!
 それで・・ああ、あの結婚指輪だけど。あれ、いいな!

Ross: Yeah, right?
 ああ、だろ?

Joey: I was uh, I was thinking I might pick one of those babies up for myself. Where might one get one of those?
 思ったんだけどあんなの俺も欲しいなって。どこへ行けば手に入る?

Ross: That ring? When my grandmother first came to this country, that ring and the clothes on her back were all she had with her.
 あの指輪? 僕の祖母が初めてこの国に来たとき、背中にしょってた荷物は、あの指輪と洋服だけだったんだ。

Chandler: So you might say that the ring is irreplaceable.
 そうすると、代わりのものなんてないって言えるわけだな。

Ross: Oh, absolutely! It has been in my family for generations, and every bride who has worn it has lived a long and happy life.
 ああ、その通りだよ! 代々うけつがれてきて、あの指輪を身につけた花嫁は、幸せに長生きしたってことなんだ。

Chandler: So you might say, it’s a magic ring.
 そうすると、魔法の指輪って言えるわけだな。

Joey: Yeah, the stripper stole it.
 ・・ああ。・・ストリッパーが盗んだよ。

Ross: My-my ring? My-my wedding ring? The-the stripper stole my wedding ring?! H-how?! How could this all happen?!
 ぼ・僕の指輪を? 僕の結婚指輪を? ストリッパーが僕の指輪を盗んだ? どうして? どうしてそんなことが起きるんだ?

Chandler: Well, I think it all started when you said, "Hey Joey, why don’t you be my best man."
 そうだな、おまえが「ジョーイ、君が僕の付添人になってくれ」って言ったところから始まったんだと思うな。

Ross: All right-all right, fine! I-I’m gonna call the cops!
 わかった、わかった、いいよ! 警察に電話する。

Joey: Dude, I screwed up, you don’t have to turn me in!
 おい、俺がドジだったけど、警察に突き出すことはないだろう!

Ross: Not on you! On the stripper!
 おまえじゃない! ストリッパーだ!

Joey: Oh, yeah, I already did that! They said they’re gonna look into it right after they solved all the murders.
 ああ、それならもうかけたよ。すぐに調べてくれるって。殺人事件全部解決したら・・。

Ross: Okay, well, we’ll call the company that sent her!
 そうか、じゃあ、彼女の会社に電話しよう!

Joey: I did that too! They wouldn’t give me her real name or her number. They said, "If I bothered them again they’d call the police." I said, "If you talk to the police, you tell them I’m missing a ring!"
 それもかけた! 彼女の本名や電話番号は言わないっていうんだ。そして「またうるさくいってきたら、警察に電話する」って言うから、「警察と話すんなら、指輪待ってるって伝えてくれ!」って言ったんだ。

Ross: So what, Joey? Wh-wh-what? What are you telling me? That there’s nothing we can do? How could this happen?!
 それじゃなに、ジョーイ、え? どういうこと? 何もできることがないっていうのか? どうしてこうなるんだ?!

Joey: Look, Ross, I am so-so sorry. I-I-I…
 ロス、本当に本当に悪かったよ。俺・・

Chandler: Well, what if we just ah, called her, used a fake name, and had her come to my office?
 そうだな、また電話して、ウソの名前使って、彼女をうちの会社に来させたら?

Joey: Oh, that sounds like fun, but we’ve got a ring to find!!
 そりゃ楽しそうだな、でも、指輪を見つけなきゃ!

《モニカ達の部屋》

Monica: Here’s your tea Phoebe.
 フィービー、紅茶よ。

Phoebe: It’s so good. . Oh, thanks.
 すごくおいしい。。ありがとう。

Rachel: Good.
 よかった。

Monica: I’m so glad you liked it.
 気に入ってくれてよかったわ。

Phoebe: Oh!
 あぁ!

Monica: What?!
 なに?

Rachel: What?! She made the tea!
 なに? 紅茶を作ったのは彼女よ!

Phoebe: Oh! No, I-I think I just had a contraction.
 あっ、違うの。陣痛がきたと思う。

Rachel: You what?
 なんですって?

Monica: Oh, my God!
 まぁ、大変だわ!

Phoebe: Yeah, I thought I had one a couple of minutes ago, and now I know that was definitely one.
 数分前にもそうかと思ったんだけど、今回は間違いないわ。

Monica: Wait, you can’t have the baby here! I mean I haven’t sterilized it since the guys moved out!
 待って、ここで赤ちゃん産んじゃダメよ! あの人達が出てってからまだ消毒してないんだから!

Rachel: Okay. It’s okay. We’re gonna be okay. You know what? It’s okay. I’m gonna, I’m gonna, I’m gonna boil some water and just rip up some sheets!
 大丈夫、大丈夫よ。ね、大丈夫よ。私・・私は・・お湯を沸かすわ。それから、シーツを裂けばいいのよ!

Phoebe: No. It’s all right. It’s probably false labour. They said that, that can happen near the end, just somebody get the book.
 いえ、大丈夫よ。きっと偽陣痛だわ。妊娠の終わり頃にそういうのがあるんだって。誰か本取って。

Monica: Rachel, get the book! The book!
 レイチェル、本取って! 本!

Rachel: Okay! . . . Okay! Here!
 わかった! (取ってくる)はい!

Monica: The Bible?!
 聖書?!

Rachel: I don’t know!
 わかんない!!

《チャンドラーのオフィス》

Joey: All right, okay, this is great, uh, Chandler, you get behind the desk. And-and when she comes in hopefully, she won’t recognize you because. . Well, why would she? Uh, okay, and then you buzz Ross and I. . . You be Mr. Gonzalez, and I’ll be uh, Mr. Wong.
 よし、これでいいぞ・・えー、チャンドラー、おまえは机の向こうに行ってろ。それから、彼女が来た時、きっとおまえに気づかない。どうしてかっていうと・・・どうしてだ? あー・・よし、そしておまえがロスと俺をブザーで呼ぶ・・(ロスに)おまえはゴンザレス、俺は・・ウォン。

Ross: Diverse.
 多様性だね。

(ノックの音)
The Stripper: Anybody call for security?
 誰かセキュリティ呼んだぁ?

Chandler: You be cool.
 (ロスに)冷静にな。(ドアを開け、みな彼女に背を向ける)

The Stripper: Okay, which one of you guys is Gunther Central Perk? Hey, Joey?
 どの人がガンター・セントラルパーク? ・・あら、ジョーイ!

Ross: Where’s my ring? My dead grandmother’s wedding ring? Where is it? Where is it?
 僕の指輪はどこだ? 僕の死んだおばあちゃんの結婚指輪だよ! どこなんだ? どこだ?

Chandler: Way to be cool, man.
 落ち着けったら。

The Stripper: What’s he talking about?
 何の話してるの?

Joey: There was a ring, in a box, on my nightstand. After you left, it was gone!
 指輪があったんだ。俺のナイトスタンドの上に、箱に入ってな。君が帰ったあと、なくなってたんだ!

The Stripper: Wait, you guys think I stole some ring?
 待ってよ、私が盗んだっていうの?

The Guys: Yeah!
 ああ!

Ross: We know you took so just-just save yourself the time and confess!
 君が盗ったことはわかってるんだ。さっさと告白しろ!

The Stripper: Okay, who are you? The Hardy boys? Look, I don’t need to steal some stupid ring, all right? I make $1,600 a week doing what I do. Any of you guys make that?
 まぁ、なにさまなの? ハーディ・ボーイズ? いい? そんな指輪なんか盗む必要ないもん。私、この仕事で週に1,600ドル稼いでるのよ。あなた達それだけ稼げる?

(Hardy Boys = 小説を元にしたTVシリーズ。かっこいい兄弟が探偵として活躍する)

Chandler: Marry me.
 結婚して。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: I don’t get it! It was in my room all night! If she didn’t take it, and I didn’t take it; and you didn’t take it, then who did? . . . Shh! We’re trying to think!
 わからないよ! 一晩中俺の部屋にあったんだ! 彼女が盗ってなくて、俺も盗ってなくて、おまえ(チャンドラー)も盗ってなくて、だったら誰なんだ?(ダックが「クワッ」)シーっ! 考えてるとこんだんだ。(ロスとチャンドラーはハッとしている。やや遅れてジョーイも気づきダックを指差しうろたえる)

《モニカ達の部屋》

Rachel: I still don’t get how you know when it’s false labour.
 あれが偽陣痛だなんて、あなたよくわかったわね。

Phoebe: Well, do you see any babies?
 だって赤ちゃん生まれてないでしょ?

Monica: How do you feel?
 気分はどう?

Phoebe: Okay, I guess. I mean… I don’t know. It’s just, I guess I know it’s going to be over soon, so...
 オーケーって感じ。・・なんていうか、もうすぐ終わるってわかってるから、だから・・。

Rachel: But isn’t that a good thing? I mean, you said you were sick of this.
 でも、それっていいことなんじゃないの? もううんざりって言ってたじゃない。

Phoebe: I know. It’s just, you know, usually when you’re, when you’re done with the pregnant thing, you know, then you get to do the mom thing. I’m gonna be you know, sitting around in my leather pants, drinking Tequila.
 そうだけど。普通は、妊娠が終わったら、今度はママをやるわけじゃない? 私はただレザーパンツを履いてテキーラを飲むだけなのよね。

Monica: Some moms do that.
 そういうママもいるわよ。

Phoebe: Okay, that’s even sadder. Look, I know, I know what I got myself into, you know. It’s just that now that they’re in me it’s like, it’s like I know them, you know. It’s not gonna be easy when these little babies have to go away.
 それよけい悲しい。わかってるの。自分で決めたことだってわかってるのよ。ただ、この子達私の中にいて、知ってるって感じで。この子達が行っちゃうなんて、私には簡単じゃないわ・・。

Monica: I know, sweetie. But it’s not like you’re not gonna have anything. You’re gonna have nieces and nephews, and some ways that’s even better.
 わかるわ。でも、何も残らないわけじゃないわよ。姪や甥ができるんだもの。その方がいいことも多いわ。

Phoebe: Yeah, okay.
 まぁそうね。

Rachel: No, really. Really, Pheebs, you’re not gonna be the one worrying about saving for college, or yelling at them when they’re bad, you know. Or deciding to put them on Ritalin when they just won’t calm down. You know?
 いえ本当よ、フィーブス。大学に行く費用を貯金する心配したり、悪いことしたからって怒鳴ったりしなくていいのよ。それとか、子供達が静まらないからって薬飲ませるのかとか決めなくてもいいのよ。ね?

(Ritalin = 鬱病や子供の過敏症対処に使う薬)

Monica: You’re gonna be the one they’re gonna come to when they wanna run away from home, and the one they talk to about sex.
 あなたは、この子達が家から逃げ出したいときに行くところになるのよ。そして、セックスについて話せる相手になるのよ。

Rachel: And you just get to be cool Aunt Phoebe!
 そしてあなたはクールなフィービーおばさんになるのよ!

Phoebe: Cool Aunt Phoebe. I am pretty cool!
 クールなフィービーおばさん・・。私とってもクールよ!

Monica: Oh.
 そうよ。

Rachel: And you know what else? Oh, my God, are they gonna love you.
 それにまだあるわよ。ああ、もう、この子達、本当にあなたを大好きになるわ。

Phoebe: They are gonna love me.
 この子達私を大好きになるわ。

Rachel: Oh!
 そうよ!

Phoebe: Thanks, you guys! Again.
 ありがとう、あなた達。今回も。

Monica: Oh, sweetie!
 ああ、フィービー!(ハグ)

Phoebe: You’re the best. Thanks. Oh!
 あなた達って最高ね! ありがと・・・あう!

Monica and Rachel: What?!
 なに?

Phoebe: Just kidding. Ahh!
 冗談よ。・・あっ!

Rachel: What?!
 なに?

Monica: Oh, my God!
 大変!!

Phoebe: Got you again. You're so easy!
 またひっかかった。単純ね!

《獣医の待合室》

Joey: If anything should happen to him…
 もしやつに何かあったら・・

Ross: Joey! The vet said it’s a simple procedure.
 ジョーイ! 獣医さんは簡単な手術だって言ってたじゃないか。

Joey: So! Things can go wrong! You don’t know! What if he doesn’t make it?!
 それが? うまくいかないことだってある! わからないじゃないか! もしうまくいかなかったら・・?!

Chandler: He will, Joe.
 大丈夫だよ、ジョー。

Joey: Yeah, but what if he doesn’t? He’s such a good duck.
 もしそうじゃなかったら? やつは本当にいいアヒルなのに。

(With that we go into a little flashback about the guys’ memories of the duck. The first one is Joey playing with him in the bathtub and drying him off. Then it’s Chandler sitting on his couch after they moved into the girls apartment, and Chandler reading to him in bed, and him watching Baywatch when all they had was the canoe and the duck was in a bucket of water. Then we see Ross eating some cereal and the duck watching him. He takes a lamp and moves the duck off of the table. Then it’s Chandler shooing them out of the bathroom in the girls’ apartment, Joey revealing their disco cubby hole in the entertainment-center, then Chandler playing Hide-and-Go-Seek with them, and it’s concluded with various scenes with the duck flapping it’s wings. And the guys staring into the distance in remembrance of the duck.)
(ダックの思い出:ジョーイがお風呂で泳がせている。チャンドラーが20号室へ移った後一緒にカウチに座っている。ベッドで本を読んであげている。カヌーの中で、犬に乗せたTVでベイウォッチを見ているそばでダックがバケツの水につかっている。それからロスがシリアルを食べているのを、ダックがテーブルで見ていて、ロスはランプでダックをそっと遠ざける。チャンドラーが20号室のバスルームへついてきたダック達を追い立てている。あのAVユニットの中にいるダック達。チャンドラーがダック達とかくれんぼをしている。そんな思い出にふける3人)

Joey: I’m so worried about him, you know?
 めっちゃ心配だよ!

The Doctor: Somebody lose a ring?
 指輪をなくした人?

Ross: Oh, my God! Thank you! Thank you so much!
 ああ助かった! ありがとう、本当にありがとう!

Joey: H-h-h-how’s the duck?
 アヒルはどうですか?

The Doctor: He’s doing just fine, he’s resting now, but you can see him in a little bit.
 大丈夫ですよ。今は休んでいますが、もう少ししたら会えますからね。

Joey: Ohh, great! Oh, hey, listen, Ross, thanks for being so cool about this.
 ああ、よかった! ・・あ、なぁ、ロス、冷静でいてくれてありがとう。

Ross: No, that’s all right.
 いや、いいんだよ。

Joey: No, it’s not. I mean, you-you made me your best man and I totally let you down!
 いや、よくないよ。付添人にしてくれたのに、がっかりさせちゃって!

Chandler: Hey, come on, it’s not your fault.
 いや、なに言ってるんだ、おまえのせいじゃない。

Joey: Yeah, it is! You wouldn’t have lost the ring, right? You know what? Ross, you were right from the start. He should be your best man.
 いや、そうだよ。おまえだったらなくさないよ、だろ? なぁ、ロス、おまえは最初から正しかったよ。彼がおまえの付添人になるべきだ。

Chandler: No, you should.
 いや、おまえだよ。

Joey: Don’t argue with me…
 そんなこと言うな。

Ross: Hey! Hey! Hey! I get to choose my best man. I want both you guys.
 おいおいおい! 付添人を選ぶのは僕だ。・・君たち2人ともやってくれ。

Chandler&Joey: Really?
 ほんと?

Ross: Hey, both you guys should be up there with me. I mean, you two are-are my… I mean, I’m lucky to have just one good…
 だって、君たち2人ともそこにいてほしいよ。だって、君たち2人は僕の・・ほら、いい友達1人だってラッキーなのに・・・

Chandler: Thanks, man.
 ありがと。

Joey: I gotta go check something over here.
 俺なんかここの見とく。(泣)

Chandler: What a baby.
 まるで子供だな(泣)

Ross: Total wuss!
 泣き虫だな(泣)

《水浴びするダック》

 おしまい。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 16:30| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。