2013年08月12日

4-21 The One With The Invitation

4-21 招待状の話

 ☆ふたりの思い出、ロスとレイチェル☆

《セントラルパーク:チャンドラーとジョーイ》

Chandler: You know what? It seems like all of the sudden so much has happened.
 なぁ、なんか急にいろんなことが起きたよな。

Joey: I know. Ross is getting married.
 そうだよ。ロスは結婚するし。

Chandler: Phoebe is making people.
 フィービーは人をつくってるし。

Joey: Everybody’s doing stuff!
 みんな何かしてる!

Chandler: And we just sit here. I mean if I die the only way people would even know I was here, would be by the ass print on this chair! Look, we have to do something. Okay? Something huge!
 そして俺たちはここに座ってるだけだ。もし俺が死んだら、おれがいたってこと、この椅子に残ったお尻の跡でしかわからない。なぁ、俺たちも何かしなきゃ。なにかでっかいこと!

Joey: We could climb Mt. Everest!
 エベレストに登るとか!

Chandler: No-no, not something stupid, something huge.
 いやいや、バカなことじゃなくて、でっかいことだよ。

Joey: No-no-no-no-no, I saw an ad for this video, people climb that thing everyday! We could totally do that!
 いやいやいや、ビデオのコマーシャルみたんだけど、毎日みんなが登ってるんだぞ。俺たちだってできる!

Chandler: Why not?! I mean it’s just, it’s just climbing! It’s just, it’s just steep!
 そうだよな! 登るだけじゃないか! ただ急なだけだ!

Joey: Yeah!
 そうさ!

Chandler: We’re going to Everest! Okay? It would be nice to leave an ass print on Everest!
 エベレストに行くぞ! な? エベレストにお尻の跡残してくるのも、きっといいぞ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: What-what’s up?
 なんかあった?

Joey: We’re gonna climb Mt. Everest!
 エベレストに登るぞ!

Chandler: Yeah, baby!
 そうさ、ベイビー!

Phoebe: Really?! I looked into that. Yeah, but, I mean it costs like $60,000 and you know you could die. And, you would die!
 本当に? 私調べたことあるのよ。でもあれ60,000ドルくらいかかるし、それに、死ぬかもしれないのよ。きっと死ぬわよ。

Chandler: Yeah, well…
 そうか・・。

Joey: We could get that Everest video though.
 でもエベレストのビデオなら手に入るぞ!

Chandler: Yeah, we could do that without, you know, risking our lives at all!
 そうだ、それはできるぞ、命をかけずにできるしな。

Joey: And while we’re down at the video store, you know what else we could rent? Die Hard! . . Oh, you know what? I just remembered, that Everest thing is only available through mail order.
 それに、レンタル店に行ったついでに、他にも借りられるだろ? ダイハードだ! ・・・あ、今思い出した。エベレストのやつって通販だった。

Chandler: Oh, well…
 そうか。

Phoebe: So you guys’ll stay here and hang out with me?
 それじゃあなた達、ここにいて私と遊んどく?

Chandler&Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: But I’ll tell you something. One of these days we’re gonna get off of our buts and rent Die Hard again!
 でも、言っとくぞ。そのうちいつか、このケツあげて、またダイハード借りてくるぞ!

Joey: Yeah, we are!
 そうだ!

《ロスの部屋》

Emily: So what did you decide? Does your Uncle Nathan get an invite or not?
 それで、何を決めた? ネイサンおじさんは招待するの?

Ross: Ohh, God, nobody likes him, and he’s so cheap, he’d never fly to London in a million years. Yeah, invite him. Hey, did I do these neat enough? (Hands her some envelopes.)
 ああ、あの人嫌われてるんだよな。それにすごいケチで、絶対ロンドンまでなんて行かないよ。あ、そうか、招待しよう。ね、これうまくできたかな?(宛名を書いた封筒を見せる)

Emily: Yeah, they’re fine.
 ええ、いいわね。

Ross: Yeah?
 そう?

Emily: If anyone asks, we’ll just say Ben addressed them. . . Oh! So you invited Rachel then?
 もし聞かれたら、ベンが書いたって言えばいいわ。あら、レイチェルも招待するのね?

Ross: Sure. Why not?
 ああ。もちろん。

Emily: Really?
 本当に?

Ross: Yeah.
 ああ。

Emily: I don’t think I’d be comfortable having any of my old lovers there.
 私だったら、昔の恋人がいたら居心地よくないけど。

Ross: Wait-wait-wait, do you, do you think, maybe we shouldn’t invite her?
 待って待って待って。招待しない方がいいと思う?

Emily: Oh, no-no, Ross, you know, I absolutely adore Rachel. It’s just that, well it might be a awkward for you. But it’s absolutely your decision. . . More tea?
 いえいえ、ロス、私レイチェルのことは大好きよ。ただ、あなたが気まずいかもと思っただけよ。でもあなたが決めることだわ。・・・紅茶飲む?

Ross: Yeah, sure.
 ああ。

Emily: Earl Grey?
 アールグレイにする?

Ross: Huh? Yeah, fine, invite whoever you want.
 え? ああ、誰でも招待したらいいよ。

《ロスの思い出:1-1セントラルパーク》

Ross: I don't want to be single, okay? I just... I just- I just wanna be married again!
 独身でいたくないんだよ。ただ僕は・・また結婚したいんだよ!

(ウェディングドレス姿のレイチェルが入ってくる)
Chandler: And I just want a million dollars!
 そして俺は100万ドル欲しい!

Monica: Rachel?!
 レイチェル?

Rachel: Oh, God! Monica, hi! Thank God!
 ああ、モニカ! ああ、助かった!

Monica: Okay, everybody, this is Rachel, another Lincoln High survivor. This is everybody, this is Chandler, and Phoebe, and Joey, and- you remember my brother Ross?
 みんな、レイチェルよ。リンカーン・ハイの同窓生。(レイチェルに)友達よ。こちらチャンドラー、フィービー、それからジョーイ。それと、兄のロスは覚えてるわよね?

Rachel: Sure!
 もちろん!

Ross: Hi.
 やぁ。(手を差し出したが傘が開いてしまう)

《モニカ達の部屋》

Ross: You know you probably didn't know this, but back in high school, I had a, um, major crush on you.
 君は知らなかっただろうけど、高校の頃、僕は君に片思いしてたんだ。

Rachel: I knew.
 知ってた。

Ross: You did! Oh.... I always figured you just thought I was Monica's geeky older brother.
 そうか! モニカのオタク兄さんって思ってるかと思ってたよ。

Rachel: I did.
 思ってた。

Ross: Oh. Listen, do you think- and try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here−but do you think it would be okay if I asked you out? Sometime? Maybe?
 ああ。ねぇ、僕のすごい繊細なことは気にかけないで答えてほしいんだけど、でも、君を誘ってもいいかな? そのうち? もしかして?

Rachel: Yeah, maybe...
 ええ、いいかも。

Ross: Okay... okay, maybe I will...
 そうか、オーケー。もしかしたらそうするよ。

《1-7停電の夜のモニカ達の部屋》

Ross: See, I see.... big passion in your future.
 今後激しい情熱が待っている気がするよ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Ross: I do.
 うん。

Rachel: Oh, Ross, you're so great.
 ああロス、あなたって本当いい人ね。(友達っぽく頭をいじって立ち去る)

Joey: It's never gonna happen.
 絶対まとまらない。

《その後、バルコニー》

Ross: Hey, I have a question. Well, actually, it's not so much a question as.. more of a general wondering... ment.
 いい、聞きたいんだけど。いや、質問というより・・素朴な疑問というか。

Rachel: Okay.
 なぁに?

Ross: Okay. Umm, for a while now, I've been wanting to, um....
 これまで、僕は言いたいと思ってきたんだけど・・

Rachel: Ohhh!!!!
 ああ! (ロスの後ろを見ている)

Ross: Yes, yes, that's right...
 そう、そう、そうなんだよ・・

Rachel: Oh, look at the little cat!
 ああ、見て、あの仔猫!

Ross: What? . . Ow!
 え?(猫が肩に飛び降りる)うわ!
(室内ではTop of the World を歌っていて外の騒ぎに気づかない)

《1-5コインランドリーにて》

Rachel: All right, listen, missy. If you want this cart, you're gonna have to take me with it!
 いいこと、あなたね、もしこのカートが欲しいんだったら、私ごと持ってって!

(奪い合っていた女性あきらめて立ち去る)
Rachel: Yes! Did you see that?
 やったわ! 今の見てた?

Ross: You were incredible! Brand new woman, ladies and gentlemen.
 素晴らしかったよ! 新しい女性の誕生です、みなさん!

Rachel: I could not have done this without you.
 あなたがいなかったらできなかったわ。(キス)

Ross: Ok, um, uh, more clothes in the dryer? . . I'm fine, I'm fine.
 オーケー、あー・・ドライヤーにもっと入ってるかな? (ドライヤーのドアに顔をぶつけて転ぶ)大丈夫、大丈夫。

《2-7:セントラルパーク》

Ross: You had no right to tell me you ever had feelings for me.
 君が僕を思ってるなんて、そんなこと言う権利はないんだ。

Rachel: What?
 何ですって?

Ross: I was doing great with Julie before I found out about you.
 君の気持ちを聞くまでは、ジュリーと楽しくやってたんだ。

Rachel: Hey, I was doing great before I found out about you. You think it's easy for me to see you with Julie?
 ちょっと。私だって、あなたの気持ちを知るまでは楽しくやってたわよ。あなたとジュリーの二人を見ても平気だったと思うの?

Ross: The point is I... I don't need this right now, okay? It, it's too late, I'm with somebody else, I'm happy. This ship has sailed.
 言いたいのは・・・こんな話今は困るってことだよ。いいかい、遅かったんだよ。もう他の人がいる。幸せなんだ。もう船は出航したんだ。

Rachel: Alright, fine, you go ahead and you do that, alright, Ross.
 いいわよ。わかったわ。そうしてたらいいわよ。わかったわ、ロス。

Ross: Fine.
 いいさ!

Rachel: I don't need your stupid ship.
 あなたのバカな船なんて知るもんですか!

Ross: Good.
 いいよ!

Rachel: Good.
 いいわよ。
(入り口の鍵をかけ、落ち着こうとするレイチェル。ロスが戻ってきたのに気づき、ドアを開け、キス)

《3-15モニカ達の部屋:2人のケンカ》

Rachel: Ross, do you realize this is the first time in my life I’m doing something I actually care about? This is the first time in my life I’m doing something that I’m actually good at. I mean. if you don’t get that...
 ロス、これは私が初めて気に入ってやってることだって、わかってる? 私の人生で初めて、自分が得意だと思えることをやってるのよ。それをわかってくれないのなら・・

Ross: No, hey, I get that, okay, I get that big time. And I’m happy for you, but I’m tired of having a relationship with your answering machine! Okay, I don’t know what to do anymore.
 いや、わかってるよ。よくわかってる。よかったと思うよ。だけど、君の留守電とのつきあいにはもううんざりだよ。もうどうしていいかわからないよ。

Rachel: Well, neither do I!
 私もわからないわよ!

Ross: Is this about Mark?
 マークのせいか?

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: Okay, it’s not, it’s not.
 ああ、違うんだ、違うんだね。

Rachel: Oh, my God. I cannot keep having this same fight over and over again, Ross, no, you’re, you’re, you’re making this too hard.
 オーマイゴッド。。もうこんなケンカばかり繰り返してられないわ。ロス、あなた、あなたはもう・・どんどん難しくしてるのよ。

Ross: Oh, I’m making this too hard. Okay, what do you want me to do.
 ああ、僕が難しくしてるのか。わかったよ、どうしてほしいんだ?

Rachel: I don’t know, I don’t know. Look, maybe we should take a break.
 わからない、わからないわよ。ねぇ、私たち、離れるべきかも。

Ross: Okay, okay, fine, you’re right. Let’s ah, let’s take a break, let’s cool off, okay? Let’s get some frozen yogurt, or something..
 わかった、わかったよ。いいよ。その通りだ。ちょっと離れて、頭を冷やそう、いいね? フローズン・ヨーグルトか何か買ってきて・・(出て行こうとする)

Rachel: No. . . A break from us.
 違うわ。別れるって意味よ。(ロスは黙って出て行く)

《3-16ロスの部屋:ケンカの翌朝》

Chloe: Do I know why we’re rushing?
 どうして急いでるの?

Ross: Yeah, you know the girlfriend I told you about last night? Well it turns out she ah, she wants to get back together with me. Oh, I found it!!
 昨日話した僕のガールフレンドいるだろ? 彼女が、結局やりなおしたいっていうんだ。あっ!あった!

Chloe: That’s so great for you guys!
 すごい、よかったじゃん!

Ross: Yeah!
 ああ。

Chloe: Good luck, with your girlfriend.
 がんばって、彼女と!

Ross: Oh, thank you. Hey, hey. Rachel!!!!
 ああ、ありがと。さぁさぁ・・(ドアを開けるとレイチェル)レイチェル!!

Rachel: Hi. Ohhh, you got my message.
 ハーイ。ああ、メッセージ聞いてくれたのね。

Ross: Yeah, oh hey, you are right on time.
 ああ、きみ、時間ぴったりだね。

Rachel: So what do you say? Can I be your girlfriend again?
 それで、どう? 私またあなたのガールフレンドでいい?

Ross: Yes, you can, very much. . . Ahhhh!!
 ああ、もちろんもちろん。(玄関ドアの後ろから親指をあげてみせるクロエを見て)ああ!

《その後のモニカ達の部屋;2人のケンカ》

Rachel: You know what, I want you to leave! Get outta here!
 ねぇ、帰ってちょうだい。出てって!

Ross: No!!
 イヤだよ!

Rachel: Just get out! Now!!
 出てって! 今すぐ!

Ross: No!! No!! I wanna stay. I wanna talk about this.
 イヤだ。イヤだ! ここにいる。話し合いたい。

Rachel: Okay! All right! How was she?
 そう! いいわよ! 彼女どうだった?

《モニカのベッドルーム》

Chandler: Uh-oh.
 おっと。

《ロスとレイチェル》

Ross: What?
 なに?

Rachel: Was she good?
 彼女よかった?

《モニカのベッドルーム》

Joey: Don’t answer that.
 そんなの答えるな。

《ロスとレイチェル》

Rachel: Come on, Ross! You said you wanted to talk about it, let’s talk about it!! How was she?
 言いなさいよ、ロス! 話したいって言ったでしょ、話しましょうよ! 彼女どうだったのよ?!

Ross: She was...
 彼女は・・

《モニカのベッドルーム》

Joey: Awful! Horrible!
 ひどい! 最悪!

Chandler: She was not good. Not good.
 よくなかった。よくなかった。

Joey: She was nothing compared to you.
 君と比べたら何でもない。

《ロスとレイチェル》

Ross: She, she was different.
 彼女は君とは違う。

《モニカのベッドルーム》

Joey: Ewwwww!
 うーっ!

Chandler: Uh-oh.
 あう!

《ロスとレイチェル》

Rachel: Good different?
 違ってよかった?

Ross: Nobody likes change.
 誰も変化は好きじゃない。

Rachel: Just stop!!
 やめてよ!(新聞でロスを叩くレイチェル)

《4-1レイチェルのベッドルーム》

Rachel: ...the way you owned up to everything, it just showed me how much you’ve grown, you know? I mean, my Mom never thought this would work out. She was all, “Once a cheater, always a cheater.” Ooh, I just wish we hadn’t lost those four months, but if time was what you needed just to gain a little perspective...
すべてを引き受けたあなた、あなたがどれだけ成長したかってことが、それでわかったわ。私のママは絶対うまくいくと思わなかったのよ。「一度浮気したやつは一生する」ってね。ああ。この4ヶ月がなかったらって思うわ。でも、あなたが成長するのに必要な期間だったのね。

Ross: WE WERE ON A BREAK!!!!!!!
 あれは別れた後のことだ!!!

(現在:レイチェルへの招待状を手にポストの前に立つロス)

《4-16ニセパーティ終わり頃のロスとレイチェル》

Rachel: You seem to really like her.
 あなた本当に彼女を好きみたいじゃない。

Ross: Yeah, I really do. Yeah, but what am I gonna do? I mean we-we both agreed that it was gonna be a two-week thing, you know. No commitment.
 ああ、本当に好きだよ。ああ。何ができる? 2週間のことって同意の上だ。それ以上なし。

Rachel: Ross, that girl just spent the entire evening talking to your friends, asking to hear stories about you, looking through Monica’s photo albums, I mean you don’t do that if you’re just in it for two weeks.
 ロス、彼女は今夜ずっとあなたの友達と過ごして、あなたのことを聞いて、モニカのアルバムを見てるのよ。ただの2週間のつきあいならそんなことしないわ。

Ross: You think?
 そう思う?

Rachel: Yeah, you've got like 14 hours until she has to be at the airport. And you’re sitting here in the hallway with a 28-year-old cheerleader with a fat lip.
 思うわよ。彼女が空港に行くまで14時間しかないんでしょ。それなのに、クチビルの腫れた28歳のチアリーダーとこんなとこに座ってるの。

Ross: Hey, you’re right.
 ああ、そうだな。

Rachel: Yeah.
 そうよ。
(現在:結局レイチェルへの招待状を投函するロス)

《モニカ達の部屋:ジョーイ・モニカ・フィービーが招待状を開く》

Monica: Ohh, this is so amazing! I can’t believe my brother’s getting married! And in London! It’s so romantic!
 ああ、夢みたいね! 自分の兄が結婚するなんてウソみたい! しかもロンドンでよ! ロマンティックね!

Joey: Hey, pretty smart! Tissue paper! You’re at the wedding, you have to cry, "Handkerchief?" "No-no, I got my invitation."
 やぁ、これいいな! ティッシュだ! 結婚式で泣きそうになった時、「ハンカチいる?」「いやいや、招待状がある」

Phoebe: Oooh, look! Isn’t this adorable, Ross let Ben address mine!
 わぁ、見て! かわいいじゃない! ロスったら、ベンに私の住所書かせたのね!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hello!
 ハロー!

Joey&Monica: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey! Hey, did you get your invitation to Ross’s wedding?
 ねぇ、ロスの結婚式の招待状受け取った?

Chandler: No.
 いいや。

Joey: Don’t worry, man, I get to bring a guest. We’ll show him.
 心配するな。1人連れていけるから、やつに見せつけてやれ。

Phoebe: I’m so jealous you’re all going! I can’t believe I never knew that you can’t fly in your third trimester!
 みんな行けてうらやましい! 妊娠のこの時期いけないなんて、全然知らなかった!

Chandler: I didn’t know that.
 俺も知らなかったよ。

Monica: I never knew that either.
 私も知らなかったわ。

Joey: I knew that! . . . I sooo didn’t know that, but you should see your faces.
 俺は知ってたぞ! ・・・知るわけないじゃん。でも今のみんなの顔見せたかったよ(笑)

Rachel: Hey, guys! What’s up?
 あらみんな! なんかあった?

Joey: Heyyy.
 やぁあ。(みんな招待状を隠す)

Monica: We’re hanging out.
 おしゃべりしてたの。

Rachel: What’s this? Is this Ross’s wedding invitation?
 (自分宛の郵便物を見る)これなに? ロスの結婚式の招待状ね?

Chandler: See, maybe that’s the one we should’ve actually hidden.
 ほら、隠すならあれ隠すべきだったよ。

Rachel: Oh, no! No, you guys! Come on, you don’t have to do that! I’m happy for him! I am! I really−I’m-I’m happ−I’ll work on it.
 あら、やめてよ、みんな! そんなことしなくていいのよ! よかったと思ってるのよ。本当よ! 本当によかったと・・努力するわ。

Monica: I’m sorry, honey.
 ごめんね。

Rachel: Yeah.
 ええ。

Monica: Rach, you’re gonna come though, aren’t you?
 レイチ、あなたも行くわよね?

Rachel: Oh, honey, I don’t know. I…
 ああ、モニカ、どうかしら。

Chandler: This isn’t one of those uh, you know "If she doesn’t come, we-we don’t, we don’t come?" Right? Because I already bought my ticket…
 ああいうことじゃないよね、「もしあなたが行かないなら私たちも行かない」なんて、ね? だって俺もうチケット買っちゃって・・

Monica: You know what would be real weird? Is if you weren’t there. Just say you’ll think about it, okay?
 すごく変だっていうのわかる? あなたがもし行かなかったら変よ。とにかく考えてみてね。いい?

Rachel: No, I’ll think about it. Yeah.
 ええ、考えてみるわ。

《1-24モニカ達の部屋:レイチェルの誕生日》

Rachel: Who's this from?
 これは誰から?

Chandler: Oh, that's Ross's.
 ああ、それはロス。

Rachel: Oh... Oh my God. He remembered.
 ああ・・(開けて)まぁなんてこと・・覚えててくれたのね。

Phoebe: Remembered what?
 何を?

Rachel: It was like months ago. We were walking by this antique store, and I saw this pin in the window, and I told him it was just like one my grandmother had when I was a little girl. Oh! I can't believe he remembered!
 もう何ヶ月も前よ。私たちアンティークストアを通りかかって、このブローチを見つけたの。これって私が小さい頃、おばあさまの持ってたのに似てるって行ったのよ。ああ。彼覚えてくれたなんて!

Phoebe: This must have cost him a fortune.
 これ高かったでしょうね。

Monica: I can't believe he did this.
 こんなことするなんて信じられない。

Chandler: Come on, Ross? Remember back in college, when he fell in love with Carol and bought her that ridiculously expensive crystal duck?
 だってロスだよ? 大学の頃を考えてみろよ。キャロルに夢中になって、バカ高いクリスタルのアヒルをプレゼントしたぞ。

Rachel: What did you just say?
 今なんて言った?

Chandler: F-hah.... flennin....
 ふぇ・・ふれ・・

Rachel: Oh.... my God.
 ああ・・なんてこと・・。

《2-1空港でロスとジュリーを見たレイチェル》
Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・。

《2-1モニカ達の部屋・ジュリー登場》

Julie: Well, Ross and I were in grad school together.
 ロスと私は大学院で一緒だったの。

Ross: But we haven't seen each other since then. Well I land in China, guess who's in charge of the dig.
 それ以来会ってないんだよ。それが、僕が中国に着いたら、誰が発掘の現地担当だったと思う?

Rachel: Julie! Julie, isn't that great? I mean, isn't that just kick-you-in-the-crotch, spit-on-your-neck fantastic?
 ジュリー! ジュリー、すごいことじゃない? もう、股間を蹴られて首筋につば吐かれたようなスバラシさだわ。

《2-1モニカ達の部屋:ジュリーと電話中のロス》

Ross: Oh, that is so sweet.No, no, ok. No, you hang up. Ok, ok, one, two, three… Well you didn't hang up either.
 君ったら本当に優しいんだから。いやいや、君から切って・・・わかったよ、1、2、3・・・ 君も切ってないじゃないか。

Rachel: She didn't hang up either!
 (声を揃えて)彼女も切ってない。

Ross: Ok, no, no, you hang up. You, you, y...
 いやいや、君が切って、君が、君が・・(レイチェルが電話を切る)

《2-7:デート中にロスに電話をかけるレイチェル》

Rachel: (on phone) Ross, hi, it's Rachel. I'm just calling to say that um, everything's fine and I'm really happy for you and your cat. . . So obviously I am over you. I am over you. And that, my friend, is what they call closure.
 (電話で)ロス、ハーイ、レイチェルよ。何もかも順調だって言おうと思って電話かけたの。それに、あなたと、それからネコのことも、よかったわね。わかると思うけど、私、あなたのこと忘れたから。あなたのことなんて忘れた。これが、けじめっていうのよ(電話を切り、アイスバケツに投げ捨てる)

《2-7:翌朝・留守電を聞くロス》

Ross: Rach, I got a message from you.
 レイチ、君からのメッセージが入ってるよ。

Rachel: Oh my God. Oh my God Ross, no, hang up the phone, give me the phone Ross, give me the phone, give me the phone, give me the. . .
 ああ大変、ああ大変、ロス、電話切って、電話ちょうだい、ロス! 電話ちょうだい、電話ちょうだい!(ロスの背中におんぶしてしまい、電話を取る)

Ross: You're over me?
 君、僕を忘れた?

Rachel: Oh, God.
 ああ・・もう・・。

Ross: Wha... you're uh, you're, you're over me?
 な・・君・・君が僕を忘れる?

Rachel: Ohh, ohh.
 ああ・・ああ・・。

Ross: When, when were you... under me?
 いつ・・いつまで覚えてた?

Rachel: Basically, lately, I've uh, I've uh, sort of had feelings for you.
 実は最近、私は、その、あなたのこと思ってたっていうか。

Ross: OK, I need to lie down.
 そうか、横になりたい。

《2-8チャンドラー達の部屋》

Joey: He broke up with Julie. Well, go hug her, for god's sakes.
 (レイチェルに)やつはジュリーと別れたんだ。(ロスに)ほら、行ってハグしろよ、もう!

Rachel: Really?
 本当?

Ross: Really. It's always been you, Rach.
 本当だよ。君しかいないよ、レイチ。

Rachel: Oh, god.
 ああ。

Chandler and Joey: Ohhh.
 おお!

《2-15プラネタリウムのロスとレイチェル》

Ross: Listen, I'm sorry I had to work tonight.
 今夜は仕事になっちゃって本当にごめんね。

Rachel: Oh, it's OK. You were worth the wait. And I don't just mean tonight.
 いいのよ。あなたは、待つ甲斐のある人よ。今夜だけじゃなくて(キス)

Rachel: Ah, oh God. Oh, honey, oh, that's OK.
 あら! まぁ、いいのよ、気にしないで。

Ross: What. Oh, no, you just rolled over the juice box.
 え? いや、違うよ、君、ジュースの上に乗っちゃったんだよ。

《3-16:セントラルパーク》

Ross: Gunther! Gunther, please tell me you didn’t say anything to Rachel about me and the girl from the copy place.
 ガンター! ガンター! 頼むよ、君レイチェルにコピー店の子と僕のこと話してないよね?

Gunther: I’m sorry. Was I not supposed to?
 悪かったね。話しちゃいけなかった?
(がっくりして振り向くと窓際の席にレイチェル)

《3-25ビーチハウスでのロスとレイチェル》

Ross: Hey! You’re the one who ended it, remember?
 君が終わらせたことじゃないか、覚えてるよね?

Rachel: Yeah, because I was mad at you, not because I stopped loving you!
 そうよ。でもそれはあなたに怒ったからで、愛するのをやめたからじゃないわ!

Ross: You still love me?
 僕をまだ愛してる?

Rachel: No.
 いいえ。

Ross: What does this mean? What do you, I mean do you wanna, get back together?
 それどういう意味? 君、それって、戻りたいと思ってる?

Rachel: No! Maybe! I don't, I don’t know.
 いいえ! そうかお! わからない・・。

Ross: What?!
 なに?

Rachel: I just, I feel..
 私ただ・・(キス)

《4-1ロスとレイチェルのケンカ》

Rachel: Y'know I can’t believe I even thought about getting back together with you! We are so over!!
 あなたとよりを戻そうなんて考えた自分が信じられないわ。完全におしまいよ!

Ross: FINE BY ME!!
 結構だね!

Rachel: And hey! Just so you know, it’s not that common! It doesn’t happen to every guy! And it is a big deal!!
 それからちょっと、言っとくけど! あれはよくあることなんかじゃないわよ! 誰にでも起きることじゃない! 一大事よ!!

Chandler: I KNEW IT!!!!
 やっぱり!!

(現在:セントラルパークにて、招待状を前に悩むレイチェル)

《2-14モニカ達の部屋:プロムのビデオを見ている》

Mrs. Geller: Rachel's coming up. Doesn't she look pretty, Jack...
 (ビデオ)レイチェルが来るわよ。かわいいじゃない、ジャック。

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・。

Monica: You know what this is? This is us getting ready for the prom.
 これ何かわかる? 私たちがプロムに出かけるところよ。

Rachel: Oh.
 わぁ。

Ross: You know what, you guys, we don't have to watch this.
 ねぇ、こんなの見ることないよ。

All: Oh, yeah, we do. Come on.
 いや、見る、見る! いいじゃない!

Mrs. Geller: Get a shot of Monica.
 (ビデオ)モニカを撮って。

Mr. Geller: Wait, how do you zoom out? There she is!
 (ビデオ)待てよ・・ズームアウトはどうやるんだ? ほーら、いたぞ!

Monica: Shut up, the camera adds ten pounds.
 うるさい。カメラでは10パウンド太って見えるのよ。

Chandler: Ahh, so how many cameras are actually on you?
 ああ、それで、何台のカメラで撮ってんの?

Monica: Oh, dad, turn it off.
 (ビデオ)パパったら、切ってよ。

Mr. Geller: It is off. Right, Ross?
 (ビデオ)切ってあるよ、そうだよな、ロス?(ロスが映される)

Joey: Looking good Mr. Cotter.
 ハンサムじゃん、ミスター・コッター!

Rachel: I can't go to my own prom without a date, I can't, it's too late.
 (ビデオ)相手もいなくてプロムにいけないわ、もうダメよ。もう遅いわ。

Monica: If you're not going then I don't want to go either.
 (ビデオ)あなたが行かないなら、私も行きたくないわ。

Mrs. Geller: I have a wonderful idea. You should take Rachel to the prom.
 (ビデオ)いい考えがあるわ。あなたがレイチェルをプロムに連れていくのよ。

Ross: You know what? I think we've seen enough, let's turn it off.
 ねぇ、もう十分見ただろう、切ろうよ。

All: No, no, no.
 ダメダメダメ。

Ross: OK, fine, well I'm not gonna watch, alright.
 いいよ、わかったよ。僕は見ないからね。

Mr. Geller: Come on kid, let's go.
 (ビデオ)(ロスに)さぁ、行くぞ。

Mrs. Geller: Are you handsome.
 (ビデオ)あなた素敵よ。

Mr. Geller: Let's show them.
 (ビデオ)彼女達に見せてやろう。

Ross: Okay, dad.
 (ビデオ)いいよ、とうさん。

Mr. Geller: Rachel, ready or not, here comes your knight in shining−Oh no.
 (ビデオ)レイチェル、準備がいいかどうかわからんが、君の輝くナイトがここに・・・え、そんな・・。(プロム相手が来て、4人で出て行くところ)

Rachel, Monica, Roy, and Chip: Bye.
 (ビデオ)バーイ!

Mrs. Geller: Oh, dear. Jack, how do I turn this off?
 (ビデオ)まぁ・・。ジャック、カメラどうやって切るの?

Monica: I can't believe you did that.
 (ロスに)あんなことしたなんて知らなかった。

Ross: Yeah, well.
 ああ、まぁね。
(レイチェルがそばに行ってキス)

Phoebe: See, he's her lobster.
 ほらね、彼は彼女のロブスターなのよ。

《現在:セントラルパーク・行くかどうか決めたレイチェル》

Monica: No. You’re really not going?
 (書き込んだのを見て)うそ。。本当に行かないの?

Rachel: Yeah. It’s just gonna be too hard. You know? I mean, it’s Ross. How can I watch him get married? You know, it’s just, it’s for the best, you know, it is, it’s… You know, plus, somebody’s got to stay here with Phoebe! You know, she’s gonna be pretty big by then, and she needs someone to help her tie her shoes; drive her to the hospital in case she goes into labour.
 ええ。ただつらいだけよ。でしょう? ロスなのよ。どうしてロスが結婚するところを見てられる? これでいいのよ。これで・・。それに、誰か残ってフィービーのそばにいてあげないと。その頃にはだいぶ大きくなってるでしょう。助けが必要だわ。靴のヒモを結ぶとか、もし陣痛が来たら病院へ連れていくとか。

Monica: You don’t have a car. And your license expired.
 あなた車ないじゃない。免許も更新してないでしょ。

Rachel: I know. Yeah, see, there’s so much to do and I have so little time to do it in.
 そうよ。ね、短い間にやることがいっぱいあるわ。。(泣く)

《セントラルパーク:ロンドンに関する本を読んでいる》

Chandler: All right, check it out. Check this out. It says here that there’s a place you can go to rent videos of all the museums! "It’s almost as good as being there."
 ほら、これ、これ見ろよ。いろんな美術館とかのビデオが借りられるところがあるんだって。「まるでそこにいるみたい」だってさ。

Joey: It’s better! You can’t go to a museum in your underwear!
 それはいいじゃん! 美術館に下着で行けないもんな!

Chandler: Well, you could, but... probably just the one time.
 いや、行けるよ。多分、一度だけな。

Joey: I bet we could get videos of all the sites, get a VCR in our hotel room... we'd never even have to go outside!
 いろんなとこ全部のビデオを借りてきて、ホテルでデッキ借りたら、外に出なくても済むな!

Chandler: If we do that, we gotta rent Die Hard.
 もしそうするなら、ダイハードも借りなきゃな。

Joey: Oh-ho! I bet the British version is gooooood!
 おお!! イギリス版はすっごいだろうな!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:17| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。