2013年08月11日

4-20 The One With All the Wedding Dresses

4-20 ウェディング・ドレス!の話

 ☆マイ・ウェディング・ドレス☆

《ジョーイの寝室:大イビキでチャンドラーが来る》

Chandler: Are you kidding me?! Joey. Joey! Joey! Joey! Joey! Joey! Joey! Joey! Joey! Joey!!
 冗談だろ?! ジョーイ。ジョーイ!ジョーイ。ジョーイ!ジョーイ!ジョーイ!ジョーイ!ジョーイ!ジョーイ!ジョーイ!

Joey: Joey. Joey. Joey. Joey! Joey!!
 (寝言)ジョーイ。ジョーイ。ジョーイ。ジョーイ!ジョーイ!!(嬉しそう)

(静かになったので出ていきかけたが、またイビキが始まったので、音を立ててドアを閉めると、ジョーイが目を覚ます)
Chandler: Oh. Oh, did-did-did I wake you?
 あっ、起こしちゃった?

《セントラルパーク:カウンターのチャンドラー》

Chandler: Gunther, can I get another cup of coffee, please? . . So uh, what do you do when you’re not working here?
 ガンター、コーヒーもう一杯もらえるかな? ・・・それで・・ここで仕事のない日は何してんの?

Gunther: You don’t need to fill these silences.
 沈黙のままでいいんだよ。

Chandler: Okay, thanks.
 そう、ありがと。(モニカ・ジョーイ・フィービーのところへ戻る)

Monica: Chandler, that’s, like, your fourth cup of coffee!
 チャンドラー、そのコーヒー、4杯目じゃないの?

Chandler: Well, I am drinking lots of cups of coffee because I’m exhausted! Because Joey started snoring!
 疲れきってるから、たくさんコーヒーを飲みたいんんだよ。ジョーイのイビキのせいでね!

Monica: He’s in a different room! He’s really that loud?
 違う部屋にいるのに! そんなに大きなイビキなの?

Joey: Oh, you should hear me.
 きみも聞いてみろよ。

Chandler: It’s not something to be proud of, okay? You have to go to a sleep clinic!
 自慢になることじゃないんだぞ。睡眠クリニックへ行かなきゃダメだ!

Joey: Look, I told ya, I’m not going to any clinic! I don’t have a problem, you’re the one with the problem! You should go to a "Quit being a baby and leave me alone" clinic!
 言っただろ、医者なんか行かない! 何も問題ないんだ。問題があるのはおまえだろう。おまえが「子供みたいなこと言ってないで俺のことは放っとけ」クリニックへ行け。

Chandler: They don’t have those.
 そんな医者あるか。

Joey: Yeah, they do! Quit being a baby and leave me alone! There, you’ve just had your first class!
 あるさ! 子供みたいなこと言ってないで俺のことはほっとけ! ほら、これが第一回講義だ。

Monica: You know I used to go out with this guy that was a really light sleeper, and whenever I started to snore, he would just roll me over…
 眠りの浅い人と付き合ったことがあるんだけど、私がイビキをかくと、彼は私に寝返りを打たせて・・

Joey: Ohhh, yeah!
 おお! いいねぇ!

Monica: He would just roll me over and I would stop snoring.
 寝返りさせると、イビキがとまるってことよ。

Chandler: Next time you snore, I’m rolling you over!
 今度おまえがイビキをかいたら、おまえを引っくり返す!

Joey: I gotta do what I gotta do, you gotta do what you gotta do, you just do it.
 俺は俺のしなきゃならないことをする。おまえはおまえのしなきゃならないことをする。しろ。

(ロスが来る)
Ross: Hey guys!
 やぁ、みんな!

Chandler: Hey, all right!
 おお!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

(ジョーイが結婚行進曲の鼻歌)
Phoebe: Oh, the Olympics.
 ああ、オリンピックね。

Monica: Have you guys picked a date yet?
 日取りは決まった?

Ross: Oh, no, not yet.
 いや、まだだよ。

Phoebe: I still cannot believe you’re engaged! . . Just ‘cause its happening so fast. Not ‘cause you’re such a loser.
 あなたが婚約なんて、まだ信じられないわ! ・・・急な話だからよ、あなたがダメなやつだからじゃないわよ。

Ross: Thanks. Uh, has anyone seen Rach?
 ありがと。誰か、レイチみなかった?

Monica: She’s upstairs not doing the dishes! And I tell ya something! I’m not doing them this time! I don’t care if those dishes sit in the sink until they’re all covered with−I’ll do them when I get home!
 上で、食器洗ってないわよ。言っとくけどね、今回はやらないわよ! 構うもんですか、食器がシンクにたまってそれで・・・。帰ったら洗うわ!

Ross: Yeah−oh! Hey, listen umm, Emily found this wedding dress in London…
 ああ、そうだ。聞いてくれ、エミリーが、ロンドンでウェディングドレスを見つけたんだけど・・

Phoebe: Already?!
 もう?!

Ross: Yeah, but it didn’t fit. Well, luckily there’s a store here that has one left in her size, but I’m the groom, I’m not supposed to see the dress…
 ああ。でも、合わなかったんだ。それが運良く、こっちの店に彼女のサイズがあったんだよ。でも、僕は花婿だから、ドレスを見ちゃいけないだろ。

Monica: I’ll pick it up for you!
 私がとってきてあげる!

Ross: Thank you.
 ありがと。

Monica: Okay.
 いいのよ。

Chandler: Oh, she’s got you running errands, you know, picking up wedding dresses… Wah-pah!
 ああ、おまえ、彼女の使いっ走りだな。ウェディングドレスを取ってくるなんて・・・(手を振って)ワッパー!!

Ross: What’s wah-pah?
 ワッパーって何だ?

Chandler: You know, whipped! Wah-pah!
 ほら、ムチだよ。ワッパー!

Joey: That’s not whipped! Whipped is wh-tcssh!
 そんなのムチじゃないよ。ムチは、ピシッ!だろうが!

Chandler: That’s what I did. Wah-pah!
 そうやったじゃないか。ワッパー!

Joey: You can’t do anything!
 おまえ何にもできないな!

《モニカ達の部屋:雑誌を読んでいたが、物音を聞いて洗い始めるレイチェル》

Rachel: Hey, Mon, I was just doing these dishes.
 ハーイ、モン! お皿洗ってたところよ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Oh! It’s you. Hi.
 あら、あなたなの。ハーイ。

Ross: Hey, do uh, do you have a minute?
 ああ、今時間いい?

Rachel: Yeah, yeah, I was just about to take a break anyway, so…
 ええ、いいわよ。ちょうど休憩するところだったし。

Ross: So listen uh, I know you and I haven’t really had a chance to talk since uh, Emily and I decided to get married. And uh, I was just wondering how you were.
 そう。聞いて、話す機会がなかっただろ、その、エミリーと僕が結婚するって決めてから。
それで、君が元気かなと思って。

Rachel: Oh.
 あぁ。

Ross: I mean, if you were getting married I’d feel, kinda….. you know?
 いや、もし君が結婚するってことになったら、僕はきっと・・・ね?

Rachel: Yeah. Yeah. Well, it definitely took me by surprise, but, you know, I’m okay.
 ええ、そうね。それは確かに驚いたけど、でもね、大丈夫。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: All right, I just wanted to check.
 そうか。ちょっと確かめたかったから。

Rachel: Oh, that’s sweet.
 そう、優しいのね。

Ross: You’re great. And I-I know someday this will happen for you too. You just hang in there.
 (ハグして)君は素敵だよ。いつか必ず君も出会えるよ。今はただ、あきらめないで。

Rachel: "Hang in there?"
 「あきらめないで」?

Ross: Oh, no, I didn’t mean, uh…
 あ、いえ、僕が言いたいのは・・

Rachel: I mean maybe you didn’t hear about a serious relationship called "me and Joshua?"
 私とジョシュアが真剣な付き合いをしてるってこと、知らないのね。

Ross: Oh, I thought you guys had just been on like four dates, I didn’t realize that had become anything, yet.
 ああ、君たちはまだ4回デートしただけかと思ってたから、そういうことになってるとは気づかなかったよ。

Rachel: Oh, no-no-no, no-no-no, it has become, it has−yeah. Oh no, those were four great dates.
 あら、いえいえいえ、そうなのよ。そうなの。その4回のデートだって素晴らしかったのよ。

Ross: Oh. Yeah?
 そうなの?

Rachel: Yeah. Oh, yeah. And I mean, the connection, I mean, you know, emotionally, mentally, you know, physically…
 そうよ。そして、ほら、絆があるもの。ね、気持ち的に、精神的に、そしてほら、肉体的にも・・。

Ross: Wow, that’s-that’s-that’s incredible.
 ああ、そうか、それは素晴らしいね。

Rachel: I know, isn’t it? It’s like I’m right there with Joshua. You are right there with Emily. And it’s you know, it’s kinda like…. it’s a tie! Well, I gotta get, I gotta get back to the dishes.
 そうでしょ? もう、私はそこにジョシュアといて、あなたはそこにエミリーといて、ほら、もうまるで、タイって感じ! あ、私お皿洗いすませないと。

Ross: I gotta get to work.
 僕も仕事に戻るよ。

Rachel: Oh, yeah?
 そう。

Ross: Hey, you know, you know what would make me really happy?
 ねぇ、もしこれができたらうれしいんだけど・・。

Rachel: Oh, yeah, no, what’s that?
 ああ、なに?

Ross: If like the four of us could all you know, hang out together. In fact Emily’s coming into town this weekend, why don’t you say we all have dinner? Say, Sunday night?
 僕ら4人で、ね、一緒に出かけられたらって。エミリーは今度の週末にこっちへ来るから、みんなで食事なんてどう? 日曜日の夜とか?

Rachel: That would be great!
 それはいいわね!

Ross: Yeah? All right, it’s a date.
 そう? じゃあ、決まりだね。(出て行く)

Rachel: Hang in there. You hang in there.
 あきらめないでって・・そっちがあきらめないでよ。

Ross: Did you say something?
 (戻って来て)何か言った?

Rachel: No, just singing.
 いえ、歌ってただけ。

《ブライダル・ショップ:モニカとフィービー》

Monica: Oh, my God! Oh! Look at this one! It’s so beautiful!
 うわぁ!! あっ! 見てこれ! すごくきれいねぇ!

Phoebe: Yeah, but you know, about half of these are gonna end up getting divorced.
 ええ。でも、この半分は離婚で終わるのよね。

The Saleslady: May I help you, ladies?
 いらっしゃいませ、何か?

Monica: Oh, yes, umm, I’m here to pick up a dress that you have on hold.
 あ、ええ。おとりおきのドレスを取りにきたんです。

The Saleslady: Yes, what’s the name, please?
 はい。お名前をお願いします。

Monica: Emily Waltham.
 エミリー・ウォルサム。

The Saleslady: Yes! I have it right here. . . Would you like to try it on, Ms. Waltham?
 はい。こちらにございますよ。ご試着なさいますか、ミス・ウォルサム?

Monica: Okay.
 ・・ええ。

《時間経過:ウェディングドレスを着たモニカ》

Phoebe: You’re the most beautiful bride I’ve ever seen.
 こんなきれいな花嫁見たことないわよ。

Monica: I am, aren’t I?
 そうよね?

The Saleslady: Ms. Waltham?
 ミス・ウォルサム?

Monica: Yes?
 はい?

The Saleslady: We’re closing.
 閉店でございますので。

Monica: All right.
 わかったわよ。

The Saleslady: And could I get my ring back?
 それから、私の指輪を返していただけます?

《ジョーイの寝室:イビキ中》

Chandler: All right, buddy, time to roll over. No! No! No, no-n-n-n-no!! You are going to a clinic! You’re going to a clinic, and a pajama store!
 よし! いいか、引っくり返すぞ。うわ! ヤダヤダ!(目を覆って)勘弁してくれ! クリニックへ行くんだ! クリニックと、パジャマ屋へ行け!

《モニカ達の部屋:食器洗い中のモニカ》

Monica: Does she use the cups? Yes! I believe she does. Does she use the plates? Yes! I believe she does.
 彼女はカップ使うの? ええ! 使ってるわよね。彼女はお皿使うの? ええ! 使うわよね。(ふとウェディングドレスを見る)

《時間経過:ウェディングドレス姿で食器洗い中のモニカ》

Monica: Oh. Thank you. Ohhh, thank you very much. Oh, thank you for coming. . . Uh, just a second!
 まぁ、ありがとう。まぁ、本当にありがとう。ああ、こちらこそ来てくださってありがとう。(ノックの音)ちょっと待って!

Phoebe: No-no, let me in!
 ダメダメ! 入れて!

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Yeah!
 そう!

Monica: Can you just hold on for one minute?
 ちょっと待っててくれる?

Phoebe: No, you have to let me in right now!!
 ダメよ。今すぐ入れて!

Monica: Are you alone?
 1人?

Phoebe: Yes!
 そうよ!

Monica: All right.
 わかったわ。(ドアを開けるとウェディング姿のフィービーが飛び込んでくる)


《チャンドラー達の部屋》

Joey: This sucks! I didn’t know I had to stay up all night before I go to this stupid sleep clinic! I’m so tired!
 最低だよ! 睡眠クリニックに行く前、一晩中起きてなきゃいけないなんて知らなかったよ! もう疲れた!

Chandler: It’s 6:00.
 いま6時だぞ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey, I hear that you and Joshua are going out to dinner with Ross and Emily. And I think that’s, I think that’s really cool.
 おお、君とジョシュアがロスとエミリーとの食事に行くんだって? きみすごいよな。

Joey: Yeah, Rach, I think you’re handling that really well.
 ああ、レイチ、よく対処してるよ。

Rachel: Handling it? What do you mean, handling it? There’s nothing to handle. Maybe I would have a problem with this if it wasn’t for me and Joshua. You know, they’re not gonna get married anyway!
 対処してる? どういうこと、対処してるって。別に対処することないわよ。ジョシュアとのことがなかったら、いやだったかもしれないけどね。それにね、あの人たち、どうせ結婚しないわよ。

Chandler: What?
 え?

Rachel: Come on! They rushed into this thing so fast, it’s ridiculous! I mean, they’re gonna be engaged for like what? A year? And somewhere along the way, one of them is gonna realize what they’ve done and they’re call the whole thing off. I’m telling you, you’re gonna be dancing at my wedding before you’re dancing at theirs.
 そうよ! こんなにあせっちゃって、バカげてるわ。婚約期間はどれくらい? 一年? その間に、どっちかが、何をしちゃったかに気がついて、取りやめにするわよ。ほんと、あなた達、彼のより先に私の結婚式でダンス踊ることになるわよ。

Chandler: Yeah, well, I don’t dance at weddings.
 いや、俺は結婚式でダンスしないから。

Rachel: Why not?
 なんで?

Chandler: Because weddings are a great place to meet women, and when I dance, I look like this…
 結婚式は女性と出会う最高の場所だよ。それで俺のダンスはこうだ。(踊り始める・・・ロスが入ってくる)

Ross: Hey, man.
 やぁ。

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Ross: So, what are you guys doing four weeks from today?
 君たち、今日から4週間後、何してる?

Chandler&Rachel: Nothing.
 何も。

Joey: I am… free!
 (ノートを確認しながら)俺は・・・空いてる!

Ross: Great! Because Emily and I are getting married in a month!
 よかった! エミリーと僕は一ヶ月後に結婚するんだ!

Joey and Chandler: What?!
 えっ?!

Ross: Yep!
 そう!

Rachel: In a month?
 一ヶ月後?

Ross: Yeah!
 そう!

Rachel: You mean, you mean 30 days?
 それって、30日ってこと?

Ross: Yeah.
 そう!

Rachel: From now?
 今日から?

Ross: Yeah.
 そう!

Rachel: That’s great.
 それはすごいわね。

Ross: Yeah! Yeah, Emily always wanted to get married in this beautiful place that her parents got married, but it’s going to be torn down. So… I mean, I-I know it’s crazy, but everything up till now has been so crazy, and I don’t know, this just feels right. You know?
 ああ、そうなんだ。エミリーは両親と同じところで結婚式を挙げたいって、ずっと思ってきたんだけど、その教会が取り壊されることになったんだ。それで・・いや、おかしいとかってわかってるけど、でも、ここまでもすごい勢いで来てるし、ま、なんていうか、これでいいって気がするんだよ。

Joey: Hey! That’s the day after I stop menstruating! . . . This isn’t mine.
 あっ! それ俺の生理が終わった直後だよ! ・・・これ俺のじゃない。

《セントラルパーク:レイチェル1人・ジョシュアが来る》

Joshua: Hey, Rachel.
 やぁ、レイチェル。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joshua: What’s up? Your voice sounded all squeaky on the phone.
 どうした? 電話の時の君の声、なんかきぃきぃしてたけど。

Rachel: Ohh, nothing, I just wanted to see you. See you and hug you. (Hugs him) See you.
 ああ、何でもないの。ただ会いたかっただけよ。会って、ハグして!(ハグ)会って。

Joshua: Great!
 いいね!

Rachel: Yeah! Sit!
 ええ! 座って!

Joshua: You okay?
 大丈夫?

Rachel: I’m more than okay, I am really, really happy! Wanna know why?
 大丈夫以上よ! 私ほんとうに、本当に幸せ! どうして知りたい?

Joshua: Do I?
 知りたいかな?

Rachel: ‘Cause I am really happy about us. I think we are, I think we are so on the right track! You know? I mean, I think we are working, I think we are clicking. You know?
 私たちのことでとっても幸せなのよ。私たち、まさにうまくいってるわよね! でしょ? ピッタリきてるわよ、ね?

Joshua: Yeah, sure-sure, yeah, we’re-we’re-we’re-we’re-we’re clicking.
 ああ、そう、そうだね、ああ、僕ら・・僕らピッタリだ。

Rachel: Yeah-yeah, you know if-if there was just like one little area where I−that I think we need−we would need to work on; I-I would think it was we’re just not crazy enough!
 そうそう。それでね、まだちょっと、取りかかるべきことがあるとしたら、えっとね、もっと夢中になりすぎって感じでもいいと思うのよね。

Joshua: I-I gotta say, I-I-I-I’m not too sure I agree with that.
 そ・それはちょっと、賛成できるかどうかな。

Rachel: Well, yeah, right, you know what? Yeah, you’re right, I mean, we no, we have our fun. Yeah! But if ……I mean, I mean like crazy! You know? Okay, all right. This is gonna, this is gonna sound you know, a little umm, hasty, but uh, just go with it. Umm. Ugh. What if we got married?
 ああ、そうね、そう。その通りね、そうよ、私たちはとっても楽しい。そうよ! でももし、もうおっかしくなっちゃう感じ? ね? そうよ、わかった。これはちょっと、慌て過ぎって感じがするかもしれないけど、でも、いっちゃいましょ。ね、もし私たち結婚しちゃったら?

Joshua: What?!
 は?

Rachel: Oh, I know, I know, it’s-it’s so, it’s so totally like, "Whoa! Can we do this?" You know? I mean, but it just feels right! Don’t you think? It does! I mean, it just feels right, don’t you think?
 ええ、わかってる、わかってるわ。そりゃもう本当、「なに?!そんなことできる?」って感じよね? でも、それでいいんだって感じるの! そうじゃない? そうよ! それがいいって感じるの、違う?

Joshua: Wow! Uhh, Rachel, you’re a real special lady. But my divorce isn’t final yet. And, and, and we’ve been on four dates, so I’m thinking "No, but thanks."
 ワオ・・レイチェル、君は本当に特別な女性だ。でも、まだ僕の離婚も成立してないんだ。それに、まだ僕ら4回デートしただけだよ。だから、僕の答えは「いいや、でもありがと」

Gunther: YOU IDIOT!!!!!
 この愚か者!!

《睡眠クリニック》

Sleep Clinic Worker: Your name, please?
 お名前お願いします。

Joey: Joey Tribbianni.
 ジョーイ・トリビアーニ。

Sleep Clinic Worker: Um-hmm, and did you stay up all night in preparation for your sleep study? Uh, sir?
 はい。今日の検査のために一晩中起きてらっしゃいましたか?(ジョーイは寝ている)すみません?

Chandler: Yes, he did.
 ああ、起きてたよ。

Sleep Clinic Worker: All right, we’ll call you in a few minutes.
 わかりました。もうすぐお呼びします。(立ち去る)

Chandler: Hey, check out that girl! She is really hot!
 おい、あの子見ろよ! すごいホットだぞ!

Joey: Yeah, she is. Wow! . . How you doin’? . . . What?!
 ああ、そうだな・・ワオ!・・・(眠る)元気?(チャンドラーに起こされ)何だよ?!

Chandler: You’re coming on to the entire room! . . . I’m Chandler.
 おまえ今、この部屋の全員ナンパしたぞ。(女性のところに行き)僕はチャンドラー。

Woman: I’m Marjorie.
 私はマージョリー。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Marjorie: Hi.
 ハーイ。

Chandler: You mind if I…
 座っても?

Marjorie: No, please.
 どうぞ。

Chandler: So uh, what are you in for?
 それで・・どうしてここに?

Marjorie: I talk in my sleep.
 寝ながらしゃべっちゃうの。

Chandler: What a coincidence, I listen in my sleep.
 偶然だな。僕は寝ながら聞くんだ。

Joey: So why don’t you give me your number?
 (寝言)電話番号教えて?

《モニカ達の部屋:モニカがブーケを投げるところ》

Monica: Are you ready?
 いい?

Phoebe: Yeah.
 うん。

Monica: Okay.
 よし。(ブーケを投げる)

Phoebe: I got it! Mine!
 取ったわ! 私のよ!
 
Monica: Congratulations!
 おめでとう!

Phoebe: Thank you!
 ありがとう!

Monica: Okay! My turn! My turn!
 はい! じゃあ私の番よ、私の番!

Phoebe: Okay! . . Okay, ready?
 わかった。・・いい?

Monica: Yeah.
 うん。

Phoebe: Okay.
 よし。(投げるがカウチに着地)

Monica: That was a terrible throw!!
 あんなとこに投げるなんて!

Phoebe: I’m not gonna throw it right to you! That’s not real!
 あなたに向かって投げないわよ! それじゃ真実味がないじゃん!

Monica: Look at me! My big concern is what’s real?! . . . Oh, my God. We’re really sad, aren’t we?
 私を見なさいよ! 真実味を追求してる? ・・・ オーマイゴッド・・これって悲しいわよね。

Phoebe: Yeah, I think we are.
 ええ、そうね。

Monica: This isn’t even my dress.
 これ、私のドレスでさえ ないのよね。

Phoebe: Well, at least you didn’t rent yours from a store called, "It’s Not Too Late."
 「まだ遅くない」ってお店で借りてきたドレスよりはマシよ。

Monica: I’m changing out of this.
 着替えるわ。

Phoebe: Me too.
 私も。

Monica: In, like, a half-hour?
 あと30分くらいしたら。

Phoebe: Me too.
 私も。

Monica: Okay, throw it straight this time.
 じゃあ今度はまっすぐ投げて。

Phoebe: Okay.
 わかった。(まっすぐ後ろに投げる)

Monica: I’m getting married next!!
 (キャッチして)次は私が結婚よ!

Phoebe: Yay!
 イエーイ!

《セントラルパーク》

Phoebe: I hate my regular clothes now! You know? I look down and-and I know that this isn’t gonna be the most special day of my life.
 もう普通の服が嫌いになっちゃったわ! 見下ろすと、これが一生で一番の特別な日じゃないんだってわかっちゃう。

Monica: Yeah. I mean it was kinda fun for a while, but didn’t you start feeling kind of silly?
 そうね。ちょっとの間は楽しかったけど、でも、バカみたいって思えてきたわよね?

Phoebe: I guess. . . . Oh, my God!
 そんな感じ。(モニカが足を組むと、ウェディング用ガーターベルトが見え)まぁ! なにそれ?!

Monica: Oh, God.
 あ、しまった。

Phoebe: Oh, you’re such a cheater!
 まぁ! 卑怯者!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hello! Little ones.
 やぁ、チビちゃん達。

Monica&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: So, is Joey gonna stop snoring?
 それで、ジョーイのイビキは治りそう?

Chandler: Yep! And! A beautiful woman agreed to go out with me. Joey wanted to ask her out, but, you know, she picked me.
 ああ! それに! 美人と今度デートできることになった。ジョーイも誘いたかったんだが、彼女は俺を選んだんだ。

Phoebe: Oh, how’d that happen?
 まぁ、どうしてそうなったの?

Chandler: Because I’m cooler.
 俺の方がかっこいいから。

Monica: No, seriously.
 いえ、マジで。

Chandler: Well, she’s, she’s the kinda girl−Joey was unconscious.
 彼女はそういう子なんだよ・・・ジョーイに意識がなかったんだよ。

(マウスガードをつけたジョーイが来る)
Joey: Hey, you guys! What’s happening?
 やぁみんな! 調子どう?

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: What is that?
 それなに?

Joey: Oh, they gave it to me at the sleep clinic, and it’s gonna help me not to snore.
 あ、これ睡眠クリニックでもらったんだ。イビキをかかないようにするんだって。

Monica: Well, are you asleep right now, Joe? ‘Cause I don’t think you have to wear it unless you are!
 ジョー、いま眠ってるの? そうでなかったら、それつけることないのよ。

Joey: I know I don’t have to! It tastes good.
 必要ないのはわかってるよ! でも、いい味なんだ。

Chandler: Plus, you look cool.
 それに、かっこいいよな。

《モニカ達の部屋:レイチェルが自室から出てくる》

Rachel: Well, I just called Joshua…
 今ジョシュアに電話したわ。

Phoebe: Oh, how did it go?
 どうだった?

Rachel: Well, I did my best to convince him that I’m not some crazy girl who is dying to get married−I’m just going through a hard time.
 できる限り説明したわ。私は必死で結婚したがってる頭のおかしな女じゃないって・・ただ、いまつらい時なんだって。

Phoebe: What did he say?
 彼は何て言ってた?

Rachel: Well uh, his answering machine was very understanding. . I feel blue.
 ま・・彼の留守電はよく理解してくれたわ。・・・気が滅入る。

Monica: Ohh, sweetie! . . Hey, I bet you anything that he’s gonna call you again.
 ああ、レイチェル・・ねぇ、きっと彼はまた電話かけてくるわよ。

Rachel: Yeah, maybe, but I don’t think I even care. I don’t think he’s the one I’m sad about. I know that I said that I am totally okay with Ross getting married. But as it turns out, I don’t think I’m handling it all that well.
 ええ、そうかも。でも、もういいのよ。私そのことが悲しいんじゃないのよ。確かに、ロスが結婚しても全然平気って言ったけど、でも、そんなうまく対処できてなかった。

Phoebe: Yeah, maybe.
 ああ、そうかも。

Rachel: And I am just trying to figure out why.
 それで、どうしてなのか、考えてたの。

Phoebe: Any luck?
 何かわかった?

Rachel: Well, yeah, you know how Ross and I have always been on-again, off-again, on-again, off-again? I guess I just figured that somewhere down the road, we would be on again. Again.
 そうね・・ロスと私って、くっついたり離れたり、くっついたり離れたりしてきたでしょ? きっと私、いつかまた、くっつくと思ってたのよね。また。

Monica: You know what? I think we all did.
 ねぇ? 私たちみんなそう思ってたわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ヘイ!(慌ててウェディングドレスを奥へ投げる)

Ross: So, I got us some reservations for Sunday night, okay? How about, Ernie’s at 9 o’clock?
 日曜の夜の予約入れたよ、いい? アーニーズで9時はどう?

Rachel: Yeah, well, you uh, better make it for three.
 そうね、それ、3にした方がいいわよ。

Ross: Oh, see I-I don’t know if we’re gonna be hungry at three.
 あぁ・・でも、3時じゃおなかすかないんじゃないかな。

Rachel: Three people. Joshua’s not gonna be there.
 3人ってことよ。ジョシュアは来ないわ。

Ross: What happened?
 どうかしたの?

Rachel: Uh, well, I think, I think he broke up with me.
 まぁね、多分、彼にふられたと思うわ。

Ross: No. Why?
 そんな。どうして?

Rachel: Well, apparently, he scares easy.
 ま、どうやら、彼は簡単にビビっちゃう人だったみたい。

Ross: Oh, Rachel, I’m-I’m sorry.
 ああ、レイチェル、かわいそうに。

Rachel: It’s okay. Sometimes, things don’t work out the way you’d thought they would.
 いいのよ。ものごとって、思った通りにいかないこともあるわ。

Ross: Come here.
 おいで。(ハグ)

Rachel: Oh, hey, don’t you have to go pick up Emily?
 あ、ねぇ、エミリーを迎えに行くんじゃないの?

Ross: Yeah.
 そうだ。

Rachel: Yeah.
 ね。

Ross: You okay?
 大丈夫?

Rachel: Yeah! I got my girls.
 ええ、彼女たちがいるし。

Ross: Okay.
 わかった。(出て行く)

Rachel: Ugh.
 ああっ!(座ってフィービーの膝に頭を乗せる)

Phoebe: Hey, you know what might cheer you up?
 ねぇ、もしかしたらこれで元気が出るかもよ?

Rachel: What?
 なに?

《時間経過:3人ともウェディングドレスを着ている》

Rachel: You know, I gotta tell ya, this really does put me in a better mood.
 ねぇ、認めるわ、これは気分が本当によくなるわね。

Monica: Oh, I wish there was a job where I could wear this all the time. . . Maybe someday, there will be.
 これをいつも着てられる仕事があればいいのにね・・・いつかそんな仕事ができるかも。

(ノックの音)
Monica: Oh, God! That's Chandler. He’s gonna come by to borrow some candles for his big date!
 大変! チャンドラーよ! 大事なデートのためにキャンドルを借りにくるはずなのよ!

Rachel: Oh, okay!
 ああ、わかったわ。

Monica: No-no, Rachel, don’t get it! He'll see us!
 ダメダメ、レイチェル、出ちゃだめよ。見られちゃうわ!

Phoebe: No, yeah! The groom cannot see the bride!
 そうよ! 花婿は花嫁を見ちゃだめなのよ。

Rachel: I’m not gonna marry Chandler!
 私チャンドラーと結婚するわけじゃないわよ!

Phoebe: Not after this!
 これを見たら話は別よ!

Rachel: Okay, you guys, just relax. . . . I do!
 いいから、落ち着いて。(ドアをあけ)誓います!(ノックしたのはジョシュアだった)

Joshua: I gotta go.
 行くよ。(立ち去る)

Rachel: Oh, wait, Joshua! . . . Yeah, well, that ought to do it.
 あっ!待って、ジョシュア! ・・・ま、そりゃ逃げるわよね。

《チャンドラーの寝室:マージョリーの寝言が始まる》

Marjorie: Food's here. Fair enough. Fifteen-minute warning.
 食べ物はここよ・・・けっこうね・・・あと15分よ・・・(急に悲鳴を上げ、すぐ静まる)

(マウスガードをつけたジョーイが来る)
Joey: Dude! I am trying to sleep!
 おい! こっちは寝ようとしてるとこなんだぞ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 00:46| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。