2013年08月10日

4-19 The One With All The Haste

4-19 急ぎすぎの話

 ☆ロスのプロポーズ☆

《19号室の寝室:歌で起こされるレイチェル》

The Singing Man: Morning’s here! Sunshine is here! The sky is clear, the morning’s here! The morning’s here!
 (歌)朝が来た! 太陽は輝く! 空は晴れ渡り、朝が来た! 朝が来た!

Rachel: HEY!! Do you have to do that? It’s Saturday!
 ちょっと! それ歌わなきゃだめなの? 土曜日よ!

The Singing Man: Oh, come on! Morning’s here! . . Morning’s here! The morning is here! Sunshine is here!
 だって! 朝なんだよ! (歌)朝が来た! 朝が来た! 太陽は輝く!

(リビング:モニカとジョーイ朝食中。レイチェルが来る)
Rachel: I hate this apartment! I hate the color of these walls! I hate the fact that this place still smells like bird! I hate that singing guy!
 こんな部屋嫌い! この壁の色も嫌い! このうちはまだ鳥の匂いがすることもイヤ! あの歌う男も嫌い!

Joey: Are you kidding? I love that guy! (Starts singing) Morning’s here! Morning is here−
 冗談だろ? あいつ大好きだよ! (歌いだす)朝が来た! 朝が来た!

Rachel: Stop it! I will kill you. I hate the fact that my room is so small.
 やめて! 殺すわよ! 私の部屋があんなに小さいのもイヤ!

Monica: Hey, I have all the space I need. Just do what I did.
 あら、私は足りてるわよ。私のしたようにしなさいよ。

Rachel: Monica, you don’t even have a bed, you sleep in a ball on the floor!
 モニカ、ベッドもないじゃないの。床で丸くなって寝てるじゃないの!

Monica: You know what? I am really tired of your bellyaching! Okay, I-I worked really hard at making this a nice place for us to live!
 ねぇ、もうあなたの愚痴はたくさんよ! いい? 私、ここを居心地よくするために本当に一生懸命がんばったのに!

Rachel: I know. I’m so sorry. I’m sorry.
 そうよね。ほんとごめん。ごめんなさい。

Monica: Okay.
 いいのよ。

Joey: See, this is a great apartment.
 ほらな、ここはいい部屋だよ。

Monica: Shut up! This place is a hole!
 黙れ! こんなむさ苦しい部屋・・!

《ロスの部屋》

Emily: Oh, blimey, I still can’t believe you’ve got an earring!
 ああ、驚きよね。あなたがピアスなんていまだに信じられないわ。

Ross: Huh? I know, I know. Who am I? David Bowie?
 だよね、ほんと。僕って誰? デビッド・ボウイ?(頭を振って見せる)

Emily: He does that?!
 彼そんなふうにする?

Ross: Uh, I don’t know, whatever.
 いや知らない。なんでもいいよ。

Emily: I think it makes you look really dangerous.
 それであなたが危険な男に見えると思うわ。

Ross: Oh, I know. You know what, I never would’ve gotten this if it weren’t for you. No, really, when I’m with you I’m-I’m like this whole other guy, I love that guy! I mean, I love you too, a lot, but that guy! I-I love that guy!
 ああ、そうさ! ね、君のためでなかったら、絶対こんなことしなかったよ。ほんと、君と一緒にいると、僕は全然違うやつになれるんだ。そいつが大好きだよ! 君もすごく愛してるけど、でも、その男も愛してるよ!

Emily: I love both of you!
 私はどっちのあなたも愛してるわ。

Ross: Yeah?
 そう?(キス)

Emily: I wish I didn’t have to go.
 ずっとここにいられたらいいのに。

Ross: Then don’t. Stay here. Just don’t go so soon to London, just one more day.
 じゃあ帰らないで。ずっとここにいて。そんなすぐロンドンへ行かないで。あと1日。

Emily: Ohh, Ross, please!
 ああ、ロス。お願いよ!

Ross: One more day, seriously.
 あと1日だけ、本当に。

Emily: Don’t do this to me, again. You’d know I’d stay here in a minute, but I’ve really missed so much work, they’ll fire me.
 またそんなこと言わないで。ここにいたいのはわかってるでしょう。でもいっぱい仕事を休んじゃったのよ、クビになっちゃうわ。

Ross: So, then you can stay as long as you want.
 そうなれば、いたいだけここにいられるじゃないか。

Emily: I wish I could.
 そうできたらいいけど。

Ross: Oh, no. Don’t, don’t, don’t start packing. Come on!
 ダメだよ、ダメ。荷造りなんかやめようよ。ほら!(彼女がバッグにつめた物を放り出す)

Emily: I don’t think you understand packing. Look, I just don’t want to leave it to the last minute. Last time I left in such a rush, I left my knickers here.
 荷造りってものをわかってないようね。ねぇ、私だって、ギリギリまでここにいたいわ。でも、前回ここを慌てて出ていって、下着を忘れてっちゃったのよ。

Ross: Yeah, I know, I uh, I tried them on.
 ああ、知ってるよ。履いてみたから。

Emily: You didn’t!
 うそ!

Ross: No. No, I didn’t. I didn’t want to be that guy.
 うそ。履いてないよ。そういうやつになりたくなかったから。

《20号室》

Phoebe: Hello!
 ハロー!(サンタの赤いズボンをはいている)

Chandler: Ho! Ho! Ho!
 ホー!ホー!ホー!

Phoebe: Excuse me?
 なに?

Chandler: Your pants!
 君のそのズボン!

Phoebe: Oh, yeah! You like ‘em? I just, I went to a used clothes store and got a bunch of maternity stuff. These are so comfortable!
 ああ、これ! 気に入った? 古着屋さんへ行ってマタニティドレスをいろいろ買ってきたの。これ、すっごい楽よ!

Joey: Uhh, Pheebs, those are uh, those are Santa pants.
 あー・・・フィーブス、それは、サンタのズボンだよ。

Phoebe: What?
 え?

Chandler: Santa pants. Santa Claus’s pants.
 サンタのズボン。サンタクロースのズボン。

Phoebe: Nuh-uh! They’re maternity pants. They even came with a list of baby names. See, these names are good, and these names are bad. . . Oh.
 違うわよ! マタニティパンツよ。赤ちゃんの名前のリストまで入ってたもの。ほら、こっちはいい名前で、こっちは悪い・・・あ。

(レイチェルとモニカが来る)
Rachel&Monica: Hey!
 ハーイ!

Rachel: So−Hey, Pheebs! So, how are the elves?
 まぁ、フィーブス! 妖精さんたちは元気?

Phoebe: I don’t know! How are the-the-the-the, you know−You’re clothes aren’t funny.
 知らないわよ! そっちこそ・・その、その・・・。あなたの服おかしくない!

Monica: Hey, guys, what-what should I wear to a Knicks game?
 (チャンドラーとジョーイに)ねぇ、ニックスの試合を見に行くときは何着てったらいいかな?

Chandler: Uhh, a T-shirt that says, "I don’t belong here."
 そうだな、「場違い」って書いたTシャツ。

Joey: You have Knicks tickets?
 ニックスのチケット持ってるの?

Rachel: Yeah, my mom got my dad’s season tickets in the divorce, so she just gave them to me.
 ええ。ママが離婚するときパパのシーズン・チケットを受け取ったんだけど、それを私にくれたの。

Monica: Yeah, apparently, they’re pretty good seats.
 そう。いい席らしいわよ。

Rachel: Yeah.
 そうなの。

Joey: Oh, my God! Those are almost right on the floor!
 すごい! 最前列だよ!

Rachel: Do you guys want these?
 これほしい?

Joey: Yeah!
 ああ!

Chandler: Yeah, we do!
 ほしいよ!

Rachel: Ohh, well, you got them.
 あげるわよ。

Both: All right!
 やった!

Rachel: Just give us our apartment back!
 この部屋返してくれたらね!

Phoebe: Oh! I didn’t see that coming!
 ああ! そう来るとは思わなかったわね。

Chandler: Are you serious?
 マジで?

Rachel: Come on! We know what these are worth.
 何いってるの! このチケットの価値はわかってるのよ。

Monica: Yeah, what, do you think we’re stupid?
 そうよ。バカだとでも思ってたの?

Joey: You’re not stupid. You’re meaner than I thought.
 バカじゃないよ。思ってたより意地悪だよ。

Monica: What do you say?
 どう?

Chandler: Forget it! Okay, I’m not giving up my bachelor pad for some basketball seats!
 冗談じゃない! 俺はバスケットのチケットのために、この独身貴族の城をあきらめないぞ。

Rachel: You’re bachelor pad?!
 独身貴族の城?

Monica: Have you even had a girl up here?
 ここに女の子連れてきたことあるの?

Chandler: No. But uh, Joey has, and I usually talk to them in the morning time.
 いいや・・でも、ジョーイはある。その子達と朝話してる。

Joey: Yeah, you do!
 そうだ、その通り!

《セントラルパーク:チケットが欲しくてチャンドラーを説得するジョーイ》

Joey: Come on!
 なぁ!

Chandler: Yes, Gunther, can I get two cups of chino, please?
 ガンター、チーノふたつくれるかな?

Gunther: Good one.
 ハイハイ。

Joey: Come on, season tickets! Season tickets! You know what that means?
 なぁ、シーズンチケットだぞ! シーズンチケット! 意味わかってるのか?

Chandler: Forget it! Okay, I’m not giving up the apartment.
 忘れろ! いいか、あの部屋はあきらめない。

Joey: Oh, come−look, when I was a kid my dad’s company gave season tickets to the number one salesman every year, all right? My dad never won! Of course, he wasn’t in the sales division, but still, I never ever, ever forgot that!
 なんだよ。なぁ、俺が子供の頃、おやじの会社では、一番のセールスマンにシーズンチケットを渡してたんだ。でも、うちのおやじは一度ももらってこなかった! まぁ、セールスマンじゃないんだけど、でも、忘れられないことなんだよ!

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys!
 やあ、きみたち!

Joey: Hey!
 (ピアスに気づき)おい! 

Chandler: Oh, my God!
 なんてこった!

Joey: We don’t make enough fun of you already?
 俺たちまだからかい足りないっての?

Ross: Oh, yeah. Emily convinced me to do it.
 ああ、これね。エミリーに説得されたんだ。

Chandler: You do know that Wham broke up?
 ワムはもう解散したいって、知ってるよな?

Ross: I like it, and Emily likes it, and that’s what counts. So uh, how are you guys doing?
 僕は気に入ってるよ。エミリーも気に入ってるし、それが大事だ。それで、元気か?

Joey: Oh-no, don’t try and talk all normal with that thing in your ear.
 おいおい、そんなもんつけてて、普通の話しようったって無理だよ。

Chandler: Where is Emily?
 エミリーは?

Ross: She’s saying good-bye to her uncle.
 おじさんにお別れ言ってるよ。

Chandler: Man, didn’t she, like, just get here?
 彼女、こっちに来たばっかりじゃないか?

Ross: Yeah!! Yeah!
 そう、そうなんだよ!!

Chandler: Easy, tiger.
 落ち着いてくれ。

Ross: I just, I hate this so much! I mean, every time I go pick her up at the airport, it’s-it’s so great. But at the same time I’m thinking, "Well, I’m gonna be right back there in a couple of days, dropping her off."
 ただ、ほんとにイヤなんだよ。空港へ迎えに行くときはいつも最高の気分なんだ。でも、思うんだよ、「数日後にはまたここに彼女を送りにこなきゃならない」ってね。

Chandler: So what are you gonna do?
 それでどうするんだ?

Ross: Nothing! There’s nothing to do! I mean, she lives there, I live here. I mean, she-she’d have to uh, move here. She should move here!
 どうもしないよ! 何もできないよ! 彼女は向こうに住んでて、僕はこっちだ。彼女がこっちに住めばいいのに。・・彼女がこっちにくればいいんだ!

Joey: What?
 なに?

Ross: I could ask her to live with me!
 一緒に暮らそうって言えばいいんだ!

Chandler: Are you serious?
 本気?

Ross: Why not! I mean, why not?!
 そうだよ! なぜいけない?

Chandler: Because you’ve only known her for six weeks! Okay, I’ve got a carton of milk in my fridge I’ve had a longer relationship with!
 まだ知り合って6週間しかなってないからだよ! いいか、うちの冷蔵庫にある牛乳と俺の方が長い付き合いだぞ!

Ross: Look, guys, when I’m with her it’s like she brings out this great side out of me. I mean, I love her, you know?
 なぁ君たち、彼女といると、彼女が僕のいいところを引き出してくれるって感じなんだ。彼女を愛してるんだよ。

Chandler: And I love the milk! But, I’m not gonna some British girl to move in with me! . . Joey, you say things now.
 俺も牛乳を愛してるけど、イギリスの女の子に一緒に暮らそうとは言わないぞ! ・・・・。ジョーイ、今度はおまえから言え。

Joey: Look, Ross, he’s right. Emily’s great, she’s great! But this way too soon, you’re only gonna scare her!
 いいか、ロス、やつの言う通りだ。エミリーはいい人だよ、最高だ! でも、これは早すぎるよ。彼女をビビらせるだけだぞ。

Ross: I don’t want to do that.
 それはしたくない。

Joey: No! You don’t want to wreck it. You don’t want to go to fast!
 だろ! ぶちこわしたくないだろ。早過ぎちゃダメなんだよ。

Ross: Yeah, no, you’re right, I know, you’re right, I’m not, I’m not gonna do it. All right, thanks, guys.
 ああ、そうだ、その通りだな。わかったよ、そうだ。やめておくよ。ありがとな。(出て行く)

Chandler: Okay, no problem, just remember to wake us up before you go-go.
 いや、いいんだよ。行く前に「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」歌ってくれ。

(Wake us up before you go-go = ワムの歌。邦題は上記の通りです。)

《20号室:フィービーが何か編もうと試みているが》

Phoebe: That’s too hard. Too hard!
 (投げ出して)難し過ぎる。難しすぎる!!

(モニカとレイチェルが来る)
Monica: All right, boys, last chance for the tickets!
 いい、あなたたち。チケットを手に入れる最後のチャンスよ。

Rachel: Or I’ll give them to my new boyfriend, Joshua.
 そう、新しいボーイフレンドのジョシュアにあげちゃうわよ。

Chandler: No, thank you.
 結構です。

Joey: Wait-wait-wait-wait! Come on! Come on, let’s trade! The timing’s perfect, I just clogged the toilet!
 待て待て待て待て! なぁ、頼むよ。交換しようよ! 最高のタイミングなんだよ、たった今トイレ詰まらせちゃったんだ。

Chandler: Look, I want those basketball seats as much as you do! Okay, but we can’t live in the small apartment after we’ve lived here! Didn’t you ever read Flowers for Algernon?
 な、俺だって、おまえと同じくらいあのチケットは欲しいよ。でも、ここに住んだ後で、またあの狭い部屋に住めるかっていうんだ。「アルジャーノンに花束を」読んだことないのか?

Joey: Yes! Didn’t you ever read Sports Illustrated?! No! I didn’t read yours! But come on, we can go to the game tonight!
 あるよ! おまえは[スポーツ・イラストレイテッド]読んだことないのか? いや、おまえの言ったのは読んだことないよ。だけど、なぁ、今夜見に行けるんだぞ!

(Sports Illustrated = アメリカの最も一般的なスポーツ雑誌)

Chandler: Look, the only way I will even consider this is if they offer a lot more than just season seats.
 いいか、あっちの条件がシーズンチケットだけじゃ、こんなの考えられないよ。

Joey: It’s the Knicks!
 ニックスなんだぞ!

Chandler: Screw the Knicks!
 ニックスがなんだ!

Joey: Whoa!
 おい!

Chandler: I didn’t mean that. I just meant that the apartment is worth so much more.
 今のは本気じゃないよ。ただ、この部屋はもっともっと価値があるって言いたいんだ。

Joey: Huh.
 ふん。

Chandler: And the Knicks rule all.
 ニックスは最高だ。

Joey: Yeah, the Knicks rule all!
 そうさ、ニックスは最高だよ!!

Phoebe: Hey, so? Are you gonna do it?
 ねぇ、それで? 交換するの?

Chandler: No. No. We’re not gonna do that, you know why? Because its not an even trade.
 いや。交換はしない。なんでかわかるか? 公平な交換じゃないからだ。

Rachel: All right, okay, look, what if you could keep the apartment and get the tickets?
 わかったわよ、それじゃいい? もし、部屋もチケットも手に入れられるって言ったら?

Joey: Done!
 決まり!

Rachel: Let me finish.
 まだ終わってない。

Joey: Oh.
 ああ。

Rachel: I’m talking about a bet. Winner takes all.
 賭けるのよ。勝ったら全部手に入れる。

Joey: Ooh, we could end up with nothing.
 ああ・・もしかしたら全部失うな。

Phoebe: Or you could end up with everything.
 もしかしたら全部手に入れる。

Joey: Ooh, I like that.
 ああ、それはいいな。

Monica: So what do you say?
 どうする?

Chandler: No!
 イヤだ。

Monica: Just do it!!
 やれっての!

Chandler: Op, op, I’m convinced!
 おお、説得が効いたね!

Joey: Come on, man! You know I’d do it for you! Because, you’re my best friend.
 なぁ、いいじゃないか! 俺ならおまえのためにやるぞ! 親友だからな!

Chandler: All right, but you can’t use that again for a whole year. I’m in.
 わかったよ。でも、その手は今後1年間使えないからな。やるよ。

Joey: All right!
 よっし!

Phoebe: Ooh, this is so exciting! Ooh, God, what are you going to bet?
 わぁ、これは楽しみね! ああ、何をして賭けるの?

Rachel: Oh, okay, well, I think we should let Phoebe decide, because she’s the only who’s impartial, and she’s so pretty.
 ああ、そうね、フィービーが決めるべきね。だってただ1人公平になれる立場だし、それにすごく可愛いし。

Phoebe: Okay. Umm, ooh, ooh−oh, I have a game!
 わかった・そうね・・・あっ、あっ、ゲーム考えたわ!

Joey&Chandler: Okay!
 よし!

Phoebe: This is great!
 これはいいわよ!

Joey: What’s the game?! What’s the game?!
 ゲームってなに? ゲームってなに?

Phoebe: Oh, well, it doesn’t have a name. No, okay, Phoebe Ball! No, it doesn’t have a name. Okay, Monica, what is your favorite thing about trees?
 ええ、名前はないのよ。あ、いえ、フィービー・ボールよ! いや、やっぱり名前はなしね。行くわよ、モニカ、木に関することで、あなたの好きなことは何?

Monica: They’re green?
 緑ってこと?

Phoebe: Good! Good! Five points! All right, Joey, same question.
 いい! いいわ! 5点よ! じゃあ、ジョーイ、同じ質問よ。

Joey: Uhh, they’re tall.
 あー・・・高いってこと。

Phoebe: Ooh, three points. Both fine answers, but we were looking for leafy, leafy.
 ああ、3点ね。両方いい答えだったけど、葉っぱに関してなのよ、葉っぱ。

Monica: That’s not even a game!
 こんなのゲームにならない!

Rachel: What? Shut up! We’re winning!
 なに言ってんの? 黙って! 勝ってるのよ!

Monica: You wanna finish this right now? All right, we get a deck of cards, high card wins. What do you say?
 すぐ終わらせたいわよね? それじゃ、トランプで、ハイかローで決めるの。ハイが勝ちよ。どう?

Chandler: Fine, let’s do it.
 よし。そうしよう。

Joey: Okay.
 よし。

Phoebe: Oh, I have cards! Yeah! Here! Oh, no, these are the trick deck. Okay. Here, yes. Okay.
 あ、私トランプ持ってるわよ。そう! ほら!・・あ、違った。これは手品のカードだ。オーケー、これよ。ほら。

Chandler: Okay, you guys uh, you guys pick first
 よし、君たちから引いて。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: Okay. (She picks a card.) Four.
 オーケー(1枚引いて)・・4。

Chandler: That’s a low one!
 それはローだな!

Joey: Yes! . . . Okay. (Joey picks a card.) Phoebe, you look, I can’t do it.
 よし! いくぞ・・(1枚引く) フィービー、見てくれ。俺見れないよ。

Phoebe: What make you think I can?!
 どうして私なら見れるって思うわけ?(見ない)

Joey: Okay. Okay. . . Ace!
 わかった、わかったよ。・・エースだ!

(4人ともが大喜びして跳ねる)
Chandler: Why are you screaming and hugging?
 なんで君たち2人叫んでハグしてるんだ?

Monica: Because we won our apartment back!
 だって私達勝って部屋を取り戻したもの!

Joey: What? Ace is high! Jack, queen, king, ace!
 なに? エースはハイだぞ! ジャック、クイーン、キング、エースの順だ!

Monica: No! Ace is low! Ace, two, three, four!
 違うわよ。エースはローよ! エース、2、3、4よ!

(みんなでフィービーを見る)
Phoebe: I don’t know. Ooh! Ooh! Look it! . . . Ah-ha!
 知らないわ。あっ、ほらほら、これ見て! (手品カードを見せる)ほーら。

Rachel: All right, cut, let’s pick again, pick again.
 いいわ、もう。切って、もう一度引きましょう、もう一度。

Joey: Okay.
 よし。

Rachel: Come on, apartment! Come on, apartment! . . Oh! I know queen is high!
 来い、この 部屋! 来い、この部屋! (1枚引く)わっ! クイーンはハイよね!

Joey: Uh-huh, not as high as…. . It worked! King!
 いや、これほどハイではない・・・(1枚引く)やったぞ! キングだ!

Chandler: Yeah, baby!
 やったぞ!

Monica: But, we pick again! We pick again!
 でも、もう一度引きましょうよ、もう一度よ!

Joey: Why?!
 なんで?

Monica: I don’t know!
 わかんない!

Chandler: Tickets, please! . . That’s court side, baby!
 チケットいただきます! コートサイドだぞ、ベイビー!

Joey: Seriously, good game though. Good game. . . What are they so mad about? They get the apartment back!
 マジな話、いいゲームだったよ、いいゲームだった・・(レイチェル達に冷たくされ、チャンドラーに)なんであんなに怒ってるんだ? 部屋を取り戻せたのに!

Chandler: No, they didn’t!
 いいや、取り戻してない!(2人でて行く)

《ロスの部屋:エミリーは荷造り・ロスが帰る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Emily: I packed while you were gone. I left some knickers under your pillow.
 あなたが行ってる間に荷物詰めたわ。私の下着、枕の下に置いておいたわよ。

Ross: Move in with me.
 一緒に暮らそう。

Emily: What?!
 なんですって?

Ross: Don’t be scared, I-I know it sounds crazy and people will say it’s too soon, but just-just think, think how great it will be.
 怖がらないで。どうかしてるってわかってるし、みんなは早すぎるって言うだろう。でも、考えてみて、どんなにすばらしいか。

Emily: Ohh, I don't know. Oh, leaving London. . My whole family lives there.
 ああ・・それはどうかしら。ロンドンを離れるなんて・・・私の家族みんなあそこにいるんだし。

Ross: I know.
 わかるよ。

Emily: My job.
 仕事も。

Ross: Well, so, you’ll get a job here! I mean, I’m always hearing about them foreigners coming in here and stealing American jobs; that could be you!
 ここで仕事を見つければいい! 外国から来た人がアメリカの仕事を奪ってるってしょっちゅう聞くよ。君もそうすればいい!

Emily: Yeah, but it-it-it’s my whole life−you come to England.
 ええ、でも、私の生活全部よ・・あなたがイギリスにくれば?

Ross: No, I can’t. I would, I really would, but my son is here; I can’t leave him. Isn’t. . . You don’t think there’s any way?
 いや、それはできないよ。そうできたらいいけど、でも息子がいるんだ。彼を置いていけない。ね、考えられないかな?

Emily: Oh, I don’t think so. I mean it would be different if it was way into the future and we were getting married or something.
 それはできないわ。もしかして、将来のことがあって、結婚するとかいうのなら違うでしょうけど。

Ross: What?
 え?

Emily: Oh no, no, right. I shouldn’t have said "married." Please don’t go freaky on me. I didn’t mean it. Well, I didn’t say it. I take it back!
 あ、いえいえ、いえ、言うべきじゃなかったわ、結婚なんて。お願い、びっくりしないで。そういうつもりじゃないの。言わなかった。取り消すわ。

Ross: No, no, don’t. Why don’t we?
 いやいや、取り消さないで。いいじゃないか?

Emily: Why don’t we what?
 なにがいいの?

Ross: Get married.
 結婚するんだよ。

Emily: You are mad!
 どうかしてるわ!

Ross: No! No! I’m not! It’s-it’s-it’s perfect! I mean, it’s better than you just-just moving here, ‘cause it’s us together forever, and that’s-that’s what I want.
 いやいや、そんなことないって! 完璧だよ! ただ同居するっていうよりいいじゃないか、だって、この先ずっと一緒ってことだ。そして僕はそうしたいんだから。

Emily: We’ve only known each other for six weeks!
 私達、知り合ってまだたったの6週間よ。

Ross: Yeah, I know, so what? I mean, who’s-who’s to say? Does that mean we can’t do it? Look, I was with Carol for four years before we got married and I wound up divorced from a pregnant lesbian. I mean, this, this makes sense for us. Come on! I mean, on our first date we ended up spending the whole weekend in Vermont! I mean, last night I got my ear pierced! Me! This feels right. Doesn’t it?
 ああ、そうだよ、でもそれがなに? 誰が言うんだ? だからって、まだできないってことにはならないだろ? ね、キャロルとは結婚するまで4年あったけど、結局、妊娠したレズビアンと離婚する羽目になった。ねぇ、これは僕らにとって納得できることだよ。そうだろ! 僕ら初めてのデートで週末をバーモントで過ごしたんだ! 昨日なんか、ピアスをつけた! この僕がだよ! これで間違いないよ。そうだろ?

Emily: My parents are going to be really mad.
 ・・両親がすごく怒るわ。

Ross: Is that−are you saying yes? Is that yes?
 それって・・イエスってこと? イエス?

Emily: Yes. . . . Yes!
 イエス! (キス)イエス!!

Ross: Yes! We’re getting married?!
 やった! 結婚するんだ!

Emily: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Ross: Yes!
 そうだ!

Emily: We’re getting married!
 私達結婚するのね!

Ross: Come here, come here. . . Ow! Emily, will you marry me?
 来て、来て。(ピアスを外す)痛っ! エミリー、結婚してくれる?

Emily: Yes. . . Ohh, it’s a bit small.
 ええ。(ピアスを指にはめようとするロス)・・ああ、ちょっと小さいわ。

Ross: Damn! I thought that was gonna be romantic as hell!
 ああ! めちゃくちゃロマンチックだと思ったのに!

Emily: It was.
 ロマンチックだわ。(キス)

《部屋の前:チャンドラーとジョーイがゲームから戻る》

Chandler: Those were like the best seats ever.
 本当に最高の席だったな。

Joey: Oh, yeah. Hey! Should we give these shirts to the girls? You know, kinda like a peace offering.
 ああ、ほんと。なぁ、このシャツ彼女たちにあげないか? ほら、仲直りのしるしみたいな感じで。

Chandler: Oh, yeah, that’s very nice. Plus, you know, they were free and they’re too small.
 ああ、そうだな。それはいい。それにほら、フリーサイズで小さ過ぎるしな。

(19号室をノックしてすぐ入ると、部屋が交換以前の姿に戻っている。うろたるチャンドラー。ジョーイは慣れた様子でビールを冷蔵庫から出しリクライナーに向かう)

Chandler: Oh. Oh, God!
 ああ、ああ、なんてことだ!

Joey: Hey, want a beer? . . WHOA!!!!
 おい、ビール飲む?(突然気づいて)うわーっ!!

Chandler: I KNOW!!!
 そうだろ!!

(20号室のドアを叩くチャンドラー)
Chandler: Open up! Open up! Open up!
 開けろ! 開けろ! 開けろ!

(チェーンをつけたままドアをあけて話す女性達)
Monica: We’ll discuss it, in the morning!
 明日の朝、話し合いましょう。(閉める)

Chandler: What the hell is going on?!
 いったいどうなってるんだ!!

Rachel: We took our apartment back!!
 私達の部屋を取り戻したのよ!(閉める)

Phoebe: I had nothing to do with it. . . Okay, it was my idea, but I don’t feel good about it.
 私は一切関係ないから。(閉める)(再び開ける)いえ、私のアイデアだったんだけど、よかったと思ってないから。

(フィービーが閉めようとするのを防いで)
Chandler: We are switching back, right now!
 部屋を元通りにするぞ、今すぐ!

Monica: No, we’re not! We’re not leaving!
 いいえ。しません。ここを離れないわ!

Chandler: Well, you’re gonna have to leave sometime, because you both have jobs, and as soon as you do, we’re switching it back! There’s nothing you can do to stop us! Right, Joe?
 いや、いずれは部屋を離れるさ。2人とも仕事があるんだからな! そうしたら、俺たちで元通りにしてやる! 止められないぞ! な、ジョー?

Joey: I don’t know.
 どうかな。

Chandler: What?
 なに?

Joey: I don’t want to move again!
 また引っ越すのイヤだよ!

Chandler: I don’t care! This is our apartment! And they stole−you stole it−our apartment, and we won that apartment fair and square, twice! And I am getting it back right now. I’m getting it back right now!
 知るか! 俺たちの部屋だ! やつら盗んだんだ・・おまえたち盗んだんだ! 俺たちの部屋を! 俺たちはこの部屋を公正に勝ち取ったんだぞ、2回も! すぐに取り戻す! 今すぐ取り返すぞ!

(チェーンを外してドアが開く)
Rachel: All right. We figured you might respond this way, so we have a backup offer.
 わかったわよ。そういうふうに言ってくるかと思ってたわ。だから、次善策がある。

Chandler: Oh, no-no-no, no more offers. You can’t offer anything to us!
 いやいやいや、もう策はいい。何も提案できないぞ!

Rachel: Let us keep the apartment and…
 私達にこの部屋を譲り渡してくれたら・・

Monica: As a thank you, Rachel and I will kiss for one minute.
 お礼として、レイチェルと私が1分間キスする。

《19号室:戻ってくるチャンドラーとジョーイ》

Chandler: Totally worth it!
 十分その価値はある!

Joey: That was one good minute!
 いい1分間だった!

Chandler: Good night.
 おやすみ。

Joey: Good night.
 おやすみ。

《20号室》

Monica: Men are such idiots.
 男って本当にバカね。

Rachel: Yeah! Can you believe that something that stupid actually got us our apartment back?
 ほんと! あんなバカなことで部屋が取り戻せちゃうなんて、信じられる?

Phoebe: That’s so funny to think if you’d just done that right after the last contest, no one would have had to move at all.
 考えるとおかしいわ。初めの賭けのすぐ後にそれをやってれば、最初から引っ越さなくても済んだのよね。

Monica: Yeah, let-let-let’s pretend that’s not true.
 そ・・そんなことないってことにしましょう。

Rachel: Yeah.
 そうね。

Phoebe: Okay, scarf’s done.
 よし、マフラーができた。(ヒモ的なものを首に巻く)

(ロスがエミリーと来る、ジョーイとチャンドラーも続く)
Ross: Come on! Come on. Come on.
 来て! 来て、来て。

Chandler: Okay!
 よし。

Phoebe: Hey!
 あら!

Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: What-what’s going on?
 なに、どうしたの?

Joey: Ross has some big thing to tell everyone.
 ロスがなにかみんなに大事な話があるって。

Ross: Uhh, okay, it’s uh, Emily and I, we decided to uh, to get married.
 えーと、よし・・エミリーと僕は、結婚することにした。

Phoebe: What? Oh, are you pregnant too?!
 え? あ、あなたも妊娠したの?

Emily: Umm, no.
 いいえ。

Monica: When, when did−how, how did you…
 いつ・・いつ・・どうして・・あなた達・・

Ross: We, we just decided to uh, to go for it.
 僕ら、たった今決めたんだ。そうするって。

Emily: I mean, we know it’s a bit hasty but, uh, it just feels so right, so…
 ちょっと急だってことはわかってるけど、それがいいって感じるの。それで・・

(自室にいたレイチェルがゆっくり出てくる)
Ross: Umm, uh, I was just telling the guys…
 (レイチェルに気づき)あ、今みんなに話してたんだけど・・

Rachel: Yeah, I-I heard. . . I think it’s great! . . . Ohh, I’m so happy for you!
 ええ、聞いたわ。(みんな緊張)すごいじゃない!(ロスとハグ)本当によかったわね!

Chandler: Well, yeah! Congratulations!
 いや、ほんと! おめでとう!!

Joey: Yeah! Yeah!
 ああ、おめでとう!

Monica: I can’t believe you’re getting married!
 (ロスに)結婚するなんて、ウソみたい!

Ross: Yeah.
 ああ(ハグ)

Joey: Monica and Rachel made out.
 (ロスに近寄り)モニカとレイチェルがキスしたぞ。

《ジョーイの部屋:歌で起きる》

The Singing Man: Morning’s here! The morning’s here!
 朝が来た! 朝が来た!

Both: Sunshine is here! The sky is clear, the morning’s here!
 (ジョーイも一緒に歌う)太陽は輝く! 空は晴れ渡り、朝が来た!

The Singing Man: Hey! You’re back!
 ヘイ! 帰ってきたね!

Joey: Hey! . . Get into gear!
 ヘイ!! (歌)行動開始だ!

The Singing Man: Breakfast is near!
 (歌)もうすぐ朝食!

Both: The dark of night has disappeared!!
 (歌)夜の闇は消え失せた!!

The Singing Man: I’ll see you tomorrow morning!
 また明日の朝会おう!

Joey: Okay!
 オッケー♪



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:16| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。