2013年08月09日

4-18 The One With Rachel’s New Dress

4-18 レイチェルの新しいドレスの話

 ☆レイチェルのセクシー・ドレス☆

《セントラルパーク:フィービーが太鼓を持って現れる》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey! Wow, it is true what they say, pregnant bellies look like a drum.
 やぁ! 妊婦のおなかは太鼓みたいっていうのは本当だな。

Phoebe: Ha-ha. No, it’s just I’m so pregnant that I−my guitar doesn’t fit anymore. So I thought till I’m not, I’m just gonna play all my songs on this drum. It sounds really cool! Listen. Listen. . . Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you?
 ハハ。おなかが大きくなってきてギターが持てなくなってきたの。だから、生むまでこのドラムで歌おうかなと思って。とってもいい感じなのよ! 聞いて聞いて。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの?

Joey: Wow, Pheebs! That sounds great!
 おお、フィーブス、すごくいいじゃん!

Phoebe: I know! I know, and I’ve only been playing for, like, an hour!
 でしょ、でしょ! 1時間くらい練習しただけなのよ。

(アリスが来る)
Alice: Phoebe! Phoebe! Hi! Hi!
 フィービー、フィービー! ハーイ!

Phoebe: Hey! What are you doing here?
 あら、どうしたの?

Alice: Umm, actually, I came down to ask you a big favor.
 実はね、大事なお願いがあってきたの。

Phoebe: Oh, don’t tell me you want to keep more of your stuff in my uterus.
 まさか、私の子宮にもっとつめてくれって言うんじゃないわよね。

Alice: No. No. No. Okay, now, see, I wanna name the girl baby Leslie, and Frank wants to name one of the boy babies Frank Jr. Jr.
 いえいえ。あのね、私、女の子にはレスリーって名前をつけようと思うの。それでフランクは、男の子のうちの1人はフランク・ジュニア・ジュニアにするって。

Chandler: Wouldn’t that be Frank the III?
 フランク3世じゃなくて?

Alice: Don’t get me started. . . Anyway, umm, since there are three babies and umm, we both got to put our names in, we would be truly honored if you named the other boy baby.
 口出ししないで。・・とにかく、赤ちゃんは3人いて、私たち2人とも名前を決めたから、あと1人、あなたに名前つけてもらえたら本当にうれしいと思うの。

Phoebe: Wow! That’s so nice! Oh! Oh! Cougar.
 ワオ! すごい素敵! あ、そうだ! クーガー!

Alice: You think about it.
 よく考えてね。(出て行く)

《ロスの部屋:ロスとエミリー》

Emily: I left a bra drying on the shower rod, you don’t think your son will think it’s yours and be horribly traumatized?
 シャワーのところにブラを干したけど、あなたの息子さん、それをあなたのだと思ってひどいトラウマにならないわよね?

Ross: Hey, if mommy can have a wife, daddy can have a bra.
 ママが妻を持てるなら、パパがブラを持ってもいいだろ。

Emily: Oh, it’s time to go.
 あ、もう行かなきゃ。

Ross: Oh, no-no-no, see, that-that clock’s a little fast, uh, we still have 17 minutes. Huh, what can we do in 17 minutes. . twice?
 いやいや、ほら、時計はちょっと進んでるんだ。だから、まだ17分あるよ。17分で何ができるかな、2回?

Emily: Well that’s ambitious.
 あら、野心家さんね。

(キスをしていると、ノックの音)
Ross: Hey, uh, you can ignore that.
 ああ、あれは無視していいよ。

Emily: That’s Carol with your son!
 あれはキャロルと息子さんでしょ!

Ross: Uhh, believe me when he’s older, he’ll understand.
 彼が大人になれば理解するよ。間違いない。

Carol: Ross!
 (ノックして)ロス!

Ross: I’ll be right there. . . Hello! . . Hello! . . Hey. Emily, this is Carol and Susan.
 すぐ行くよ。(ドアをあけベンに)やぁ! (キャロルに)ハーイ! (スーザンに)どうも。エミリーこちらキャロルとスーザン。

Susan: Hey, it’s so nice to finally meet you!
 どうも、ようやく会えてうれしいわ!

Emily: Me too!
 私もよ。

Carol: Ohh, you know, Susan’s gonna be shooting a commercial in London next week.
 ああ、そうだ、スーザンは来週ロンドンでコマーシャル撮影があるのよ。

Susan: Oh yeah, I’m so excited, I’ve never been there.
 ええ、そうなの。すごく楽しみ。初めて行くのよ。

Emily: Oh, well, I’ll show you around.
 あら、じゃあいろいろ案内するわ。

Susan: That would be great! Also, uh, I was hoping to catch a show so if you can make any suggestions…
 それはうれしいわ! それと私、何かショーを見たいんだけど、何かお勧めがあるかしら。

Emily: Oh, there’s tons of terrific stuff−I’ll go with you!
 あら、素敵なのがいっぱいあるわよ。一緒に行くわ!

Susan: Ahh!
 わぁ!

Ross: Look at you two, bonding, making us late for the airport so…
 なに、君たち2人、仲良くなって。空港に遅れちゃうよ。

Emily: Are you all right?
 どうかした?

Susan: Oh, he’s fine. He’s fine. It’s just that us getting along is difficult for him, because he doesn’t like me.
 あら、彼は大丈夫、大丈夫よ。彼、私たちが仲良くなるのはイヤなのよ。私のこと好きじゃないから。

Ross: Oh, come on! That’s-that’s… true.
 何を言ってるんだよ!そんなの・・そんなの・・本当だ。

《20号室》

Phoebe: Hi!
 ハァイ!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey! Do we have a baby name yet?
 や! 赤ちゃんの名前決めた?

Phoebe: Ugh! No! This is so hard! I went through this whole book and found nothing! I want a name that’s really, like, you know, strong and confident, you know? Like-like Exxon.
 うーっ! まだ。本当に難しいわ! この本を全部見たけど、見つからないの! 本当に、強くて自信にあふれた名前にしたいのよ、わかる? たとえば、エクソン! みたいな。

Chandler: Well, it certainly worked for that Valdez kid.
 そりゃバルデスの子供達にはいいだろうな。

(エクソンモービルはエネルギー企業で、石油を扱う。バルデスはアラスカの港で、ここから石油が世界中に輸出されている)

Joey: Ooh-ooh, Pheebs, you want a strong name? How about, The Hulk?
 そうだ、フィービス、強い名前がいいんだな? だったら「ザ・ハルク」は?

Phoebe: No, I’m-I’m not sure about Hulk, but I like the idea of a name starting with "The."
 そうね、ハルクはどうかと思うけど、でも「ザ」で始まるっていうのはいいわね。

Joey: Oh, want a good name, go with Joey. Joey’s your pal. Joey’s your buddy. "Where is everybody?" "Well, they’re hanging out with Joey."
 いい名前がほしいなら、ジョーイにしろよ。ジョーイは君の友達。ジョーイは君の相棒。「みんなはどこ?」「みんなジョーイと遊んでいるよ」

Chandler: Hey, you know what, if you’re gonna do that, if you’re gonna name him Joey, you should name him Chandler. Oh, come on! Chandler’s funny, sophisticated, and he’s very lovable, once you get to know him.
 おい、なに、そういうこと、もしジョーイって名前にするっていうなら、それよりチャンドラーにしようよ。なに、いいじゃないか! チャンドラーは楽しくて、洗練されてて、それに、愛すべき人物だぞ。よく知り合えばね。

Joey: Oh well, hey, Joey’s lovable too! But the thing about Joey is, if you need him, he’ll be there.
 おい、ジョーイだって愛すべきやつだぞ! でもジョーイのいいところは、必要なときに、そこにいてくれることだ。

Chandler: Well, Chandler will be there for you too. I mean, he might be a little late, but-but, he’ll be there. And he’ll bring you some cold soda, if what you need him for is that you’re really hot.
 いや、チャンドラーだっていてくれるぞ。ま、遅れるかもしれないけどな。でもいてくれる。それに、冷たいソーダとか持ってきてくれる・・すっごいセクシーな気分の時にね。

Joey: What do you say? What do you say?
 どう思う? どう思う?

Phoebe: Well, I, I like the idea of naming him after someone I love, and Joey and Chandler are great names. . . But, all right, I don’t−maybe I’ll just name him The Hulk.
 そうね。好きな誰かの名前をつけるっていうのはいいアイデアね。それにジョーイもチャンドラーもすごいいい名前よ。(2人に見つめられ)でも、そうね。やっぱり、「ザ・ハルク」にしようっと。

Joey: I knew I shouldn’t have mentioned it! That’s what I wanted to name my kid!
 やっぱり言うんじゃなかったよ。俺の子供につけたかったのに!

《19号室:ジョシュアとのデートの準備中》

Rachel: Hey, Mon, if you were hoping to sleep with Joshua the first time tonight, which one of these would you want to be wearing.
 ねぇ、モン、ジョシュアと初めて寝ようってとき、このどっちを着たい?(ネグリジェ2着見せる)

Monica: You know what? It really creeps me out choosing other people’s sex clothes.
 ねぇ、人のセックスの時の服を選ぶなんて、すっごい変な感じでやだ。

Rachel: Sorry. I’m so exited! I’ve been waiting for this for months! I got my hair colored! I got new sheets! I’m making him a very fancy meal.
 ごめん。すごいうれしいのよ。これを何ヶ月も待ってたんだもの! 髪も染めた! シーツも新しくした! 豪華な食事も作る!

Monica: Um-hmm.
 そうね。

Rachel: What am I making him by the way?
 ところで私は何を作るの?

Monica: Well, you’re making him a frisee salad with goat cheese and pine nuts, wild rice, roasted asparagus, and salmon en croute.
 ヤギのチーズとフリゼのサラダ、松の実とマコモと焼きアスパラガス、それにサーモンのパイ包みよ。

Rachel: I thought I was making him filet mignon?
 フィレ・ミニヨンを作るんじゃなかったの?

Monica: Yeah, you were, but you decided to make salmon because you had some left over at the restaurant. And then you realized if you (Rachel) bitched about it, then you (herself) would stop cooking, and you (Rachel) would have to make your famous baked potato and Diet Coke.
 そうね。だけど、レストランで余ったからサーモンにしたの。そしてあなた(レイチェルを指す)がそれに文句があるなら、あなた(自分を指す)は作るのをやめて、あなた(レイチェル)ご自慢のベイクド・ポテトとダイエット・コーラにするのね。

Rachel: Wow, I really get crabby when I cook.
 まぁ。私って料理する時、本当に気難しくなるのね。

《20号室:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey&Chandler: Hey!
 おお!

Ross: So uh, Emily called last night…
 エミリーが昨日の夜電話してきて・・

Chandler: And now you’re giving me the message?
 そして今ごろ伝言くれるのか?

Ross: Turns out that Emily is just crazy about Susan. Yeah, they’re going to the theatre together! They’re going to dinner! They’re going horseback riding!
 エミリーはスーザンに夢中なんだ。劇場へ一緒に行った! ディナーも一緒に行った! 乗馬も一緒に行くんだ!

Phoebe: God, Susan is so fun!
 ああ、スーザンって本当楽しい人よね。

Ross: Look, this is just a little too familiar, okay? For like, for like six months before Carol and I spilt up, all I heard was: "My friend Susan is so smart. My friend Susan is so funny. My friend Susan is so great."
 な、これってすごくおなじみじゃないか? キャロルと僕が別れるまでの6ヶ月間ぐらい、いつも聞いてたよ。「私の友達のスーザンはすごく頭がいいのよ。私の友達のスーザンはすごくおもしろいの。私の友達のスーザンは素敵なの」!!

Chandler: You actually think that something could happen between Emily and Susan?
 おまえ本当にエミリーとスーザンの間になにか起きると思ってんのか?

Ross: Hey, they’re going to the gym together! Two women! Stretching! You know they-they take a steam together! Things get a little playful. Didn’t you see Personal Best?
 だって彼女たちは一緒にジムに行くんだぞ! 2人の女性が! ストレッチするんだ! 一緒にサウナにだて入るんだ! ちょっとお遊び気分になって。マイ・ライバル見てないのか?

Joey: No, but I’m gonna!
 いや。でも絶対見る!

Chandler: Hi! Hi! You’re crazy! Okay? This is Emily. Emily is straight.
 おい! おい! おまえどうかしてるぞ! いいか? これはエミリーの話だ。エミリーはストレートだ。

Ross: How do you know? I mean we thought Carol was straight before I married her!
 どうしてわかる? 結婚する前はキャロルだってストレートだと思ってた!

Phoebe: Yeah, I definitely, I don’t like the name Ross.
 そうね・・絶対、私ロスって名前はいやだな。

Ross: What a weird way to kick me when I’m down.
 へこんでる時に、変なやり方で蹴ってくれるね。

Phoebe: No! No! I-I meant for the baby!
 いえ、違うの! 赤ちゃんの名前ってことよ。

Ross: Oh. What’s wrong with Ross?
 ああ。・・・ロスのどこがいけない?

Phoebe: Well, it’s just you know, something like this would never happen to The Hulk, you know…
 だってほら、こんな感じのことは、ハルクには絶対起きないでしょう。

Ross: Actually that-that’s not true, in The Incredible Hulk uh, No. 72, Dr. Bruce Banner found. . . You know, ugh, never mind, my girlfriend’s a lesbian.
 いや、実はそうじゃないよ。超人ハルクの72回で、ドクター・ブルース・バナーが・・(みんなに変な目で見られてやめる)・・もういいよ。忘れて。どうせ僕のガールフレンドはレズビアンだよ。(出て行く)

Phoebe: So, I decided I’m definitely going to go with either Joey or Chandler.
 それじゃ私、ジョーイかチャンドラーのどちらかにすることに決めたわ。

Joey: Oh! Oh-oh, you gotta pick Joey! I mean, name one famous person named Chandler.
 あ、じゃあ、ジョーイにしようよ! だってさ、誰かチャンドラーって名前の有名人あげてみてよ。

Chandler: Raymond Chandler.
 レイモンド・チャンドラー。

Joey: Someone you didn’t make up!
 でっちあげじゃなくてだよ!

Chandler: There are no famous Joey’s. Except for, huh, Joey Buttafucco.
 ジョーイの有名人だっていないじゃないか。ハハ・・ジョーイ・バタフッコ以外にはな。

(ジョーイ・バタフッコという人は、未成年の女性と浮気をし、それが、その女性に妻を殺されるという事件に発展して有名になった)

Joey: Yeah, that guy really hurt us.
 ああ、あいつは本当にジョーイの名を傷つけてくれたよ。

Phoebe: Well, how about a compromise then, okay? What if it’s like you know, Chan-no-ey?
 それじゃ、たして2で割るみたいな感じは? たとえば、チャノーイみたいな?

Chandler: Okay, look, Joey? Come on, think about it. First of all, he’ll never be President. There’s never gonna be a President Joey.
 いいか、どう、「ジョーイ」? 頼むよ、考えてみろよ。まず第一に、そんな大統領はいない。絶対、ジョーイ大統領なんていない。

Joey: All right, look, man, I didn’t want to bring this up, but Chandler is the stupidest name I ever heard in my life! It’s not even a name. It’s barely even a word. Okay? It’s kinda like chandelier, but it’s not! All right? It’s a stupid, stupid non-name!
 そうか、よし、これは言わなかったけどな、チャンドラーなんてバカな名前今まで聞いたことないぞ。言葉としてどうなんだよ。いいか? シャンデリアに似ていて、でも違う! いいか? バカげた、名前と言えない名前だ!

Chandler: Wow, you’re, you’re right. I have a horrible, horrible name.
 ワオ・・おまえの言う通りだな。ひどいひどい名前なんだ。

Joey: I’m sorry, man, I didn’t−I’m-I’m sorry. I’m sorry.
 ごめん。なぁ、ごめん、ごめんよ。

Chandler: Okay.
 ああ。

Joey: So I guess it’s Joey then!
 それじゃジョーイに決まりだな!

《19号室:レイチェルとジョシュア》

Joshua: This is so nice. Thank you for doing this.
 (料理を見て)これはすごいね。こんなにしてくれてありがとう。

Rachel: Oh, please! Cooking soothes me. . . Ahh. So, dig in!
 あら、これくらい! お料理で気持ちが休まるの。(キス)さ、食べて!

Joshua: Great! Oh, it all looks so good!
 いいね! ああ、みんなおいしそうだな!

Rachel: Hmmm!
 (食べて)んーーっ!

Joshua: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Rachel: Oh, I know, my God. This is so−this rice is so−I am so good.
 ええ、そうね、ほんと。これはすごく・・とっても・・私すごい上手。

Joshua: Behind you?
 君の後ろ・・。

Rachel: Oh, yeah, I’m sorry. They used to live here; sometimes they migrate back over.
 (ダックとチックがいた)ああ、ええ、ごめんなさい。この子たち以前ここに住んでたの。時々こっちに渡ってきちゃうのね。

Joshua: Is there ah, is there some way they could not be here. It’s just ah, farm birds really kinda freak me out!
 なにか・・なんとか、どっか行ってもらえないかな。ちょっと・・そういう鳥は本当に僕ダメなんだ。

Rachel: Yeah, sure, okay. Okay. There you go!
 あら、そう、わかったわ。・・(鳥達に)ほら、行きなさい。(廊下まで連れ出して、20号室をノックして部屋へ戻る)

(20号室にいたジョーイがノックに応じて出てくる)
Joey: Hey, how did you do that?! Come on in.
 (ダック達に驚いて)ヘイ! どうやってノックしたんだ?! 入って。

Rachel: All gone! So, farm birds, huh?
 行ったわよ! ああいう鳥がダメなのね?

Joshua: Yeah, it’s-it’s my only weird thing, I swear. And I-I-I would’ve told you about it, but I didn’t know they would be here.
 ああ。僕の唯一変なとこだ、ほんと。言っておけばよかったけど、まさかここにいると思わなかったから。

Rachel: Oh.
 そう。

Joshua: So, all right.
 ああ、うん。

Rachel: Okay. So, can I serve you a little of. . . What? What? What?
 さて。それじゃ、少し・・(ジョシュアが落ち着かない)なに、なに、何なの?

Joshua: Nothing. I uh, it’s just that I know that they’re still out there.
 なんでもないけど・・まだあそこにいると思うと・・。

Rachel: But, they’re across the hall! I mean that’s two doors away, it would take them a long time to peck their way back over here.
 でも、廊下の向こう側よ。ドア2枚隔ててるわ。戻ってこようとしても、大変な道のりよ。

Joshua: Okay, that’s-that’s not funny. Uhh.
 ああ、それ笑えない。

Rachel: Okay, you know, would you feel better if we went someplace else? I mean, we could pack all this stuff up and, you know, go to your apartment.
 わかったわ。じゃあ、どこか他へ行けば気分直るかしら? 食べ物をつめて、あなたの部屋へ行くとかはどうかしら。

Joshua: Oh, they’re working on this week, it’s a total mess. But uh, I’m staying at my parents’ house, we could go there.
 ああ、僕の部屋は改装中でいまめちゃめちゃなんだ。でも、両親のところにいるから、そこへ行こうか。

Rachel: Your parents’?
 ご両親のところ?

Joshua: Yeah, they’re out of town.
 ああ。両親は旅行中なんだ。

Rachel: Ohh.
 ああ。

Joshua: Yeah-yeah, it’s this huge place, and-and it’s got this gorgeous view of the park, and very, very romantic. What do you say?
 うん。すごく広いし、公園の眺めが素晴らしいんだよ。ロマンティックで。どう?

Rachel: Yeah, that works.
 ええ、いいわね。(キスしかけると、ダックの声が聞こえる)

Joshua: They-they-they can smell fear.
 あの・・あの子たち、僕の恐怖をかぎつけてる。

《ロスの部屋:キャロルがベンを迎えに来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Carol: Hey! How’s Ben?
 ヘイ! ベンは元気にしてる?

Ross: Well, I asked him if he wanted to eat, he said, "No." I asked him if he wanted to sleep, he said, "No." I asked him what he wanted to do, he said, "No." So, he’s sweeping.
 ああ。食べるか聞いたら「イヤ」って言うし、眠いか聞いたら「イヤ」って言うし、それで何をしたいか聞いたら「イヤ」って言ってね。それで掃除してるよ。

Carol: Hey, Ben! Hey!
 あら、ベン! ハーイ!

Ross: So umm, any word from Susan?
 それで・・スーザンから連絡あった?

Carol: Ooh, yeah! She said she’s having sooo much fun with Emily.
 ええ、あったわ! 彼女、エミリーとすっごく楽しんでるって。

Ross: Uh-huh. Uh-huh. By the by, did it uh, did it ever occur to you that, I don’t know, maybe they might be having a little too much fun?
 ああ、ああそうね。ところで、こういう考え浮かばないか? なんていうか、何か、彼女達、ちょっと楽しみ過ぎじゃないか?

Carol: What’s too much fun?
 楽しみ過ぎって?

Ross: You know, the kind of fun, you and Susan had when we were married.
 ほら。あの楽しみ方だよ。僕らがまだ結婚してた頃、君とスーザンが楽しんでた・・

Carol: Oh, my God, you are so paranoid!
 まぁ、なんてこと言うの。もう・・とらわれてるわね!

Ross: Am I?!
 そうかな?

Carol: Yes!
 そうよ!

Ross: Am I?!
 そうかな?!

Carol: I can’t speak for Emily, but Susan is in a loving, committed relationship.
 エミリーのことは知らないけど、スーザンは私ととっても愛し合った関係にあるのよ。

Ross: Uh-huh, Carol, so were we. All right, just-just imagine for a moment that Susan meets someone and-and they really hit it off. Say-say they’re coming back from the theatre, and they stop at a pub for a couple of drinks, they’re laughing, you know. Someone innocently touches someone else… There’s electricity, it’s new. It’s exciting. Are you telling me there isn’t even the slightest possibility of something happening?
 ああ、でも僕らのときもそうだった。ね、ちょっとだけ、スーザンが誰かと出会って、すごく気が合ったって考えてみて。そして、劇場からの帰りに、ちょっと飲み物を飲もうとパブに寄って、笑って、ね。どっちかが無邪気に触ったとして。こう電気が走る。これは新しい。これは刺激的だ。それでも、きみ、全然まったく可能性がないって言える?

Carol: Maybe.
 あるかもね。

Ross: OH MY GOD!! I didn’t really believe it until you just said it!!
 オーマイゴッド!!! 君が言うまで本当にはそう思ってなかったのに!!

《ジョシュアの両親の家》

Joshua: Even though none of the other kids believed me, I swear to God, that duck pushed me!
 ほかの子達は信じなかったけど、でも神に誓うよ、あのアヒルは僕を押したんだ!

Rachel: Wow! This place is fabulous!
 ワオ! ここ素晴らしいわね!

Joshua: Yeah, yeah, let me show you around. This is the uh, downstairs living room.
 ああ。案内するよ。ここが、階下のリビングルーム。

Rachel: Whoa-whoa, there’s two living rooms? God, growing up here, this place must’ve been a real babe magnet.
 まぁ・・リビングが2つあるの? まぁ、ここで育ったら、この部屋は女の子を引きつけるわね。

Joshua: Yeah, well, it would’ve been, but uh, my parents just moved here.
 ああ。そうかもね。でも、ここは最近両親が引っ越してきたんだ。

Rachel: Ohh, you should know, this place is a real babe magnet. Wanna make out?
 そう。本当よ、ここは女の子を引きつけるわ。キスする?(キス)

Joshua: Hey, here’s an idea. Why don’t uh, I put the food in the fridge and we can eat it later?
 ね、考えたんだけど、食事は冷蔵庫に入れて、後で食べようか?

Rachel: That sounds like a plan. Is there a place I can go freshen up?
 それはいいわね。ちょっと手を洗いたいんだけど?

Joshua: Oh yeah, yeah uh, it’s down the hall and uh, second door to your left.
 ああ、うん。廊下を行って、左側の2番目のドアだよ。

Rachel: Ah.
 ああ。

(レイチェルが出ていくと、両親が帰ってくる)
Mrs. Burgen: Oh, hi, darling!
 あら、ハーイ、ジョシュア!

Joshua: Mom, Dad, what are you guys doing here?
 かあさん、とうさん、なにしてるの?

Mrs. Burgen: Oh, We cut the trip short.
 ええ、途中で切り上げたのよ。

Mr. Burgen: France sucks!
 フランスは最悪だ!

Joshua: Umm, this may be a little weird, but I got a date here.
 ああ・・ちょっと変な感じだけど、ガールフレンドを連れてきてるんだ。

Mrs. Burgen: Oh, say no more!
 ああ、それ以上言うな。

Mr. Burgen: We’ll just grab some food and take it with us right upstairs, and we’ll be right out of you hair.
 何か食べ物を持ったらすぐ上に行って、邪魔しないよ。

Joshua: Oh, that-that would be great. So you didn’t even get to Italy?
 ああ、それはいいね。それじゃイタリアにも行かなかったの?

Mr. Burgen: Yep, sucks!
 ああ、最低だ!(全員出て行く)

(レイチェルがネグリジェ姿で戻り、ポーズを取っていると、ジョシュアが来る)
Rachel: Hi, you!
 ハーイ、あなた!

Joshua: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・

Rachel: I know. I can do more than cook.
 そうよ。料理だけじゃないのよ。

(両親が来る)
Mr. Burgen: I like her. She seems smart.
 彼女いいね。賢そうだ。

Joshua: Uhh, Rachel, my parents…
 レイチェル、両親だ。

Rachel: Ohh! It’s so nice to meet you. Hello.
 ああ! お会いできてうれしいです。どうも。

Mr. Burgen: Hi.
 どうも。

Rachel: Hello.
 こんにちは。

Mrs. Burgen: Hello. Well, Joshua, that $500 was for groceries.
 こんにちは。ジョシュア、あの500ドルは食べ物のためだったのよ。

Rachel: What? This-this? No, oh no, no-no-no, this is not−that’s-that’s not what it is. See, see, okay, I work in fashion. And-and, this is a real dress actually. It’s-it’s, they’re-they’re wearing it in Milan. So part of my job is to wear the clothes, and then I see how people respond, and then I report back to my superiors at Bloomingdale’s, so… And obviously in uh, in-in this case, I am going to report back, "USA not ready."
 え? これですか? いえいえ、違います、違うんですよ。ほら、えっと、私はファッション業界で働いていまして、それで、これは本当にドレスなんですよ。ミラノでみんな着ていて・・それで私の仕事の一部として、こうして着て、人々の反応を見て、それをブルーミングデールズの上司に報告するんです。ですから・・この場合、「アメリカにはまだ早い」と報告します。

Mrs. Burgen: Maybe in L.A?
 ロサンゼルスならいいかもね?

Rachel: Yes!
 そう!

Joshua: There you go.
 その通りだ!

Mr. Burgen: So, have you kids eaten yet?
 それで、君たち食事は済んだ?

Rachel: Well, we were going to do that after−I mean umm, next.
 いえ、それは後にしようって・・いえ、次に。

Mr. Burgen: Well, we’re starving, why don’t we all go get something to eat?
 いや、僕たちはおなかがペコペコなんだ。君たちも一緒にどう?

Rachel: Oh, yeah, well… Yeah, no use wasting this baby, just lying around the house.
 ああ、それは、ええ、そうですね、このドレスでただ家にゴロゴロっていうのもですよね。

Mr. Burgen: So… We go eat.
 それじゃ、行って食事しようか。

Rachel: Yes.
 ええ。

Mr. Burgen: You’ll wear that. We’ll be eating, and of course, you’ll be wearing that.
 それを着て行くんだよ。みんなで食事に、君はそれを着ていくんだ。

《20号室》

Joey: Dude, I am sorry about what I said!
 おい、俺の言ったことは悪かったよ!

Chandler: No, no, you’re right, it is a ridiculous name!
 いやいや、おまえの言う通りだよ。こんなのバカな名前だ!

Joey: It’s not that bad.
 そんなに悪くはないよ。

Chandler: Yes it is! From now on, I have no first name.
 いいや、よくない。これからは、ファーストネームなしだ。

Joey: So, you’re just Bing?
 それじゃ、ただ、ビング?

Chandler: I have no name.
 ・・・名前なしだ。

Phoebe: So what are we supposed to call you?
 それじゃ私たち、あなたを何で呼ぶの?

Chandler: Okay uh, for now, temporarily, you can call me, Clint.
 そうだな、とりあえず今は、クリントって呼んで。

Joey: No way are you cool enough to pull off "Clint."
 おまえクリントって名前にするほどかっこよくないって。

Chandler: Okay, so what name am I cool enough to pull off?
 よし。じゃあどんな名前くらいかっこいいっていうんだ?

Phoebe: Umm, Gene.
 うーん、ジーン。

Chandler: It’s Clint. It’s Clint!
 クリントだ! クリント!(自室へ向かう)

Joey: See you later, Gene.
 じゃあまたね、ジーン。

Phoebe: Bye, Gene.
 じゃあな、ジーン。

Chandler: It’s Clint! Clint!
 クリントだ! クリント!

Joey: What’s up with Gene?
 ジーンどうしたんだ?

《セントラルパーク:ジョシュアとの事件を話すレイチェル》

Monica: So, you wore your nightie to dinner?
 それじゃネグリジェでディナーに行ったの?

Rachel: Oh, yeah. And uh, the best part though, when the uh, waiter spilled water down my back, I jumped up, and my boob popped out.
 ええ、そうよ。もっとすごいことに、ウェイターが私の背中に水をこぼした時に私飛び上がっちゃって、おっぱいがポロンって出ちゃったのよ。

Phoebe: Oh, my God!
 まぁなんてことなの!

Monica: Oh, no!
 あらまぁ!

Rachel: No, it’s all right. I got nice boobs.
 いえ、いいのよ。私のいいおっぱいだから。

(ロスが裏から来る)
Ross: So, I just picked up a message from Emily. She and Susan are going to a poetry reading together.
 エミリーの留守電聞いたんだけど、彼女とスーザンは、詩の朗読会に行くんだって。

Rachel: So?
 それで?

Ross: So! Poetry? Susan’s gay! They’re being gay together!
 それで? 詩だよ? スーザンはレズビアンだ! 2人でレズビアンだ!

Monica: Emily’s straight.
 エミリーはストレートじゃん。

Ross: Oh, wake up!
 目を覚ませよ!

Phoebe: Wow, Carol really messed you up!
 ワオ。キャロルは本当にあなたをめちゃめちゃにしちゃったのね。

Ross: Excuse me?
 なんだって?

Phoebe: Yeah, she turned you into this-this-this untrusting, crazy, jealous, sycophant. . . All right, so I don’t know what "sycophant" means, but the rest is right.
 そうよ。彼女のせいで、あなたはこの人を信用できない、おかしくなっちゃった、嫉妬深い阿諛になっちゃったのよ。・・・(みんなが首を傾げるので)わかったわよ、阿諛って何か知らないけど、それ以外は間違いないわよ。

(sycophant = おべっか使い。・・・この場合ふさわしい言葉ではない。・・悩ましたが、おべっか使い類語の知られていない言葉、「阿諛」を当ててみました)

Ross: Look, I don’t know what you’re talking about, I am not a crazy, jealous person.
 何の話かわからないね。僕はおかしな嫉妬深いやつじゃない。

Rachel: Huh.
 ふん。

Ross: What?
 なに?

Rachel: She’s totally right! When we were together, you got all freaked out about Mark and there was nothing going on.
 彼女の言う通りよ! 私達がつきあってた頃、あなたマークのことで、何もないっていうのに、完全におかしくなっちゃってたじゃないの。

Monica: This totally makes sense!
 これって完全に納得よ!

Ross: It does not!
 違うよ!

Monica: Oh, sure it does! In high school, you weren’t jealous at all even though all your girlfriends were cheating on you!
 いえ、間違いないわ! 高校のとき、あなたのガールフレンドはみんな浮気してたのに、全然嫉妬深くなんてなかったじゃない!

Phoebe: All right, all right, so up until ‘92-93 he was very trusting, then ’94 hit, Carol left him and bam! Paranoid city!
 いい、92,3年までは、彼も人を信じる人だったのね。それが、94年になると、キャロルが行ってしまって、ドカン! 疑いの町よ!

Rachel: Absolutely! Absolutely!
 その通り! その通りよ!

Monica: This is so much fun!
 めちゃめちゃ楽しいわ!

Ross: This is not fun!
 楽しくない!

Monica: Look, all we’re trying to say is, don’t let what happened with Carol ruin what you got with Emily.
 ねぇ、私達が言いたいのは、キャロルとの間に起きたことのせいで、エミリーとのことをぶちこわしにしちゃだめってことよ。

Phoebe: The ’92 Ross wouldn’t.
 92年のロスならしないよ。

Ross: Well, I still think I was right about that whole Mark thing.
 でもとにかくマークのことは僕は間違ってなかったと思うよ。

Rachel: What−yeah−what, you know what? I hope Emily is a lesbian.
 なによ・・・いいわよ、エミリーがレズビアンだったらいいのに!

《20号室》

Phoebe: Drum roll.
 (ドラムを演奏(?)して)ドラムロールよ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Okay. Okay. All right. Help! Am I a Mark, or a John?
 よし、いいか。助けてくれ! 俺はマークか、それともジョン?

Joey: Nah, you’re not tall enough to be a Mark, but you might make a good Barney.
 いや。おまえはマークっていうほど背が高くない。でも、バーニーだと合うかもな。

Chandler: All right, look, am I serious, okay? Tomorrow at 3:30 I am going down to the courthouse.
 いいか、本気なんだぞ。明日の3時半に裁判所へ行くんだ。

Phoebe: You’re actually going through with this?
 本当にそんなことする気?

Chandler: Hey, look, this name has been holding me back my entire life. Okay, it’s probably why kids picked on me in school, and why I never do well with women… So, as of 4 o’clock tomorrow, I’m either gonna be Mark Johnson or John Markson.
 いいか、この名前にはこれまでずっと足を引っ張られてきたんだ。そうだ、もしかしたら学校でみんながいじめたのも、女性とうまくいかないのも、そのせいかもしれない。だから、明日の4時以降は、俺は、マーク・ジョンソンか、ジョン・マークソンかどっちかだ。

Phoebe: You got problems because of you! Not your name! This has got to stop! Chandler is a great name! In fact−yes, (To Joey) I’m, I’m sorry. I know you really wanted me to name the baby Joey, but eh, so, I’m-I’m, I’m gonna, I’m gonna name the baby Chandler.
 あなたの問題はあなたの名前じゃなくてあなたのせいよ! こんなことやめなきゃダメよ! チャンドラーって素敵な名前よ。事実・・・そうよ、(ジョーイに)ごめんね、赤ちゃんの名前ジョーイってつけてほしいのはわかってるけど、でも・・私、赤ちゃんの名前、チャンドラーにするわ。

Chandler: Really?!
 ほんと?!

Phoebe: Yeah, but you have to keep the name too!
 ええ。でもあなたもその名前のままでいなきゃだめよ!

Chandler: Okay. Thanks.
 わかった。ありがと。

Phoebe: Okay!
 オーケー!

Chandler: You wanna hug it out?
 ハグする?

Phoebe: Yeah!
 ええ!(ハグ)

Phoebe: Yay!
 イエーイ!

Chandler: Yay!
 イエーイ!

Phoebe: Yay−oh−yay! Okay, I gotta go tell Frank and Alice! Right now!
 わーい、そうね。それじゃ、フランクとアリスに言ってくるわ。今すぐ!

Chandler: Okay!
 よし!

Chandler: Bye, Pheebs!
 バーイ、フィーブス!

Phoebe: Okay, bye!
 うん、バイ!(出て行く)

Chandler: Ha! Ha! Ha!
 ハハハ!!

Joey: Oh!
 あっ!!

《空港:エミリー達を迎えにきたロスとキャロル・・2人とも女性に見とれている》

Ross: Nice luggage.
 いいカバンだ。

Carol: I was gonna say…
 私もそう言おうと思ってたのよ。

(スーザンとエミリーが来る)
Susan: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Emily: Hey! I missed you.
 ああ! 恋しかったのよ!

Ross: Oh, I missed you too.
 ああ、僕もだよ。

Susan: Thanks for everything, I had such a great time.
 (エミリーに)いろいろありがとう。本当に楽しかったわ。

Emily: Oh, so did I.
 あら、私もよ。(ハグし、頬に軽いキス)

Ross: No tongue.
 (キャロルに)舌は使ってない。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:34| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。