2013年08月08日

4-17 The One With The Free Porn

4-17 無料でポルノの話

 ☆ロス、イギリスへ行く☆

《20号室:トリガーさんの声が聞こえる》

Mr. Treeger: Ohhh, man!!
 なんてこった!

Joey: What is that?
 あの声なんだ?

Chandler: Treeger’s snaking the shower drain.
 トリガーがシャワーの排水口を掃除してるんだ。

Mr. Treeger: What in the name of hell?
 いったいこりゃなんだ?!

Joey: Maybe he found your flip-flop.
 おまえのサンダル見つけたのかもな。(チャンネルを変える)

Chandler: Hey!
 おい!(TVはポルノチャンネルになる)

Joey: Whoa! Is this porn? What did I do? I must’ve hit something on the remote.
 うわ! これポルノ? 俺なにした? リモコンのなにか押したんだな。

Chandler: Do we pay for this?
 これ払ってる?

Joey: No, we didn’t even pay our cable bill−maybe this is how they punish us.
 いいや。俺たちケーブル料金さえ払ってないんだ。その罰かな。

Chandler: Maybe we shouldn’t pay our phone bill−free phone sex.
 じゃあ電話代も払うのやめるか。ただでテレフォンセックスだ。

Joey: Maybe we shouldn’t pay our gas bill?
 それじゃガス代もとめる? ・・・。

(トリガーさんがバスルームから出てくる)
Mr. Treeger: Whoa, hey, that lady’s all kinds of naked.
 わお! これはまた、いろんな裸の女がいっぱいだな。

Chandler: Yeah, Joey just pressed something on the remote and it just, came on!
 ああ。ジョーイが、リモコンの何かを押したら出てきたんだ!

Mr. Treeger: Yeah, it happened to me once. I was just flipping through the channels and bam! It was like finding money.
 ああ、俺も一度そういうのあったよ。ただチャンネル変えてたらバーン! お金見つけたみたいな感じだった。

Chandler: Like finding money with naked people on it!
 裸の人達がのってるお金見つけたって感じだな!

Mr. Treeger: Then I made the mistake of turning off the TV, I never got it back again. And I’m sad.
 それから、ついテレビのスイッチ切ってしまって、もう二度と戻ってこなかったよ。悲しいよ。(出て行く)

Joey: Why would he turn off the TV?
 なんでテレビ切る?

《20号室:モニカとレイチェルが来ている》

Rachel: All right, you know what? Come on, do we really have to watch this while we eat?
 ちょっと、いい? ねぇ、食事中にそんなの見てなきゃいけないの?(TVを切ろうとする)

Joey and Chandler: Oh, no-no-no-no!
 だめだめだめだめ!

Chandler: We don’t know what could make this go away.
 何をしたら消えてしまうかわからないんだからな。

Joey: Yeah, so no one touches the remote. And no one touches the TV!
 そうだよ。誰もリモコンに触るな。テレビにも触るな!

Chandler: And no one touches the air around the TV!
 そしてこのテレビの周りの雰囲気を壊すな。

Joey: Imagine a protective porn bubble, if you will, okay?
 なんなら、ここにポルノシールドがあると思ってくれ、いい?

Monica: Well, at least, I’m going to mute it.
 せめて音を消して(そうする)

Joey and Chandler: Oh,0 no-no-no!
 ダメダメダメ!

Chandler: We still have porn.
 ・・ポルノ見えるぞ。

Joey: Yeah.
 ああ。

(フィービーがマッサージテーブルを持ってくる
Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Monica: Hi!
 ハイ!

Rachel: Honey, what are you doing? That’s too heavy.
 まぁ、何をしてるの? それは重いわよ。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: Give it here. . Oh, God.
 ちょうだい。重いわ。(受け取ってすぐモニカに渡す)

Monica: Okay.
 オーケー。。

Phoebe: Ohh, I’m getting too pregnant for this, lugging around a stupid massage table. You know, I have to find a job where I carrying a smaller table.
 ああ、マッサージテーブルを持って歩くには妊娠しすぎだわ。もっと小さなテーブルですむ仕事みつけなきゃ。

Chandler: Or a job where you don’t have to carry a table.
 それか、テーブル運ばなくていい仕事か。

Phoebe: You mean, like a doctor?
 つまり医者みたいに?

Joey: Pheebs! You’re blocking the porn! Look out!
 フィーブス! ポルノが見えないよ、ほら!

Phoebe: Ohh! . . Oh, my. Oh, that reminds me, I have to see my OB-GYN today.
 あら! (TVを見て)あらまぁ。これ見て思い出したわ。今日産婦人科行かなきゃ。

《19号室:モニカ1人・ロスが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Monica: Hi.
 ハイ!

Ross: So uh, Emily just went to the airport.
 エミリーは空港へ行ったよ。

Monica: Oh. Why didn’t you take her?
 あら。どうして一緒に行かなかったの?

Ross: Eh, her uncle had already planned on doing it. And you know, we-we said our good-byes this morning, so…
 いや、彼女のおじさんがそのつもりでいたからね。今朝サヨナラしたんだ。

Monica: You must feel horrible. Hey! The guys have free porn!
 つらいでしょうね。そうだ! あの人達のところでタダでポルノ見られるわよ。

Ross: . .Nah.
 ・・・いいや。

Monica: Hey, cheer up! You’re gonna see her again, right?
 ねぇ、元気だして! また会えるじゃない、ね?

Ross: Well I, that’s the thing, I don’t know! I mean, whenever I brought it up with her she said, "This is so fantastic! Why do we have to talk about the future? Let’s just enjoy…"
 それなんだよ。わからないんだ。そういうことを話すといつも彼女、(イギリスアクセントで)「今すごく楽しいじゃない! どうして将来のことなんて話す必要がある? 楽しみましょうよ・・」

Monica: No, don’t-don’t do the accent. You’ve got to see her again.
 やめて、そのアクセント。彼女にもう一度会うべきよ。

Ross: Why do you care so much?
 なんでそう気にするんだ?

Monica: Because! You could get to live out my fantasy!
 だって! 私の夢を実現してくれるかもしれないじゃん!

Ross: You had fantasies about Emily?
 なんかエミリーのことで夢があったの?

Monica: No! You know, the fantasy! Meet someone from a strange land, fall in madly love, and spend the rest of your lives together.
 違うわよ! 夢よ! よその国の誰かと出会って、夢中になって、生涯一緒に暮らすのよ。

Ross: Is that why in junior high you were the only one that hung out with that Ukrainian kid?
 だから中学のときウクライナから来た子とおまえだけ一緒にいたのか?

Monica: Yeah that, plus his mom used to put sour cream on everything!
 そう、それと、彼のおかあさんのサワークリームがおいしくて。

Ross: Ahh.
 ああ。

Monica: Do you love her?
 彼女を愛してるの?

Ross: We said it was only going to be two weeks, you know?
 2週間だけのことと決めてたことなんだよ。

Monica: You love her!
 愛してるのね!

Ross: What is love, really?
 愛って実際、何なんだよ?

Monica: Ohhh, I knew you loved her! Then you need to go to the airport and tell her. You’re probably just gonna catch her just as she’s about to go to the gate. You’re gonna call out her name and say, "I love you!" She’s gonna say, "I love you, too!" Then you guys are going to have the most amazing kiss. Everyone at the gate will applaud.
 ああ、やっぱり愛してるのね! じゃあ空港へ行って彼女に言うのよ。彼女がゲートに入るちょうどその時につかまえられるかもよ。それで彼女の名前を叫んでいうのよ、「愛してる!」すると彼女も言うのよ、「私も愛してる!」 そして2人は、夢のようなキスをするの。ゲートの周りにいた人達から拍手が起きるのよ。

Ross: I am a good kisser.
 僕はキスがうまいから・・。

Monica: Then you two can, can sneak into the cockpit, and things will start to heat up, and then a stewardess comes in…. . . I’ve been watching too much porn.
 それから2人は、コックピットに忍び込んで、そしてだんだん燃え上がってきて、そこにスチュワーデスが入ってきて・・・・ポルノ見過ぎだわ。

《産婦人科:フィービー超音波検査中》

Rachel: Is that the heartbeat?
 これが心臓の音?

The Doctor: That’s it.
 その通り。

Phoebe: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!

Rachel: Oh, wow! This is so cool.
 まぁ! すごいわね!

The Doctor: Have we talked about the possibility of multiple births?
 赤ちゃんが複数って可能性について聞いた?

Phoebe: Why don’t we just take care of this one. And should I get pregnant again, I’ll hold onto your card, okay?
 いまはこの子に集中してくれないかしら。また妊娠したら、あなたに頼むから、いい?

The Doctor: No, I’m getting three separate heartbeats.
 そうじゃなくて、3つの心音が聞こえるってことなの。

Phoebe: Three? You guys were worried I wouldn’t even have one!
 3つ? 妊娠するかどうかもわからないって言ってたのに!

The Doctor: Doctors are wrong all the time.
 ドクター達が間違うなんてしょっちゅうですよ。

Phoebe: Well, yeah.
 そうね。

Rachel: Well, so, are-are you sure that there are three?!
 ねぇ、本当に3つ子なの?

The Doctor: Definitely.
 間違いないです。

Phoebe: Oh, my God! Oh, my God! Oh, my God!! So I-I mean so in a few months I’m going to have three full grown babies just walking around inside me?! Oh! Oh! And it’s gonna be one of those log rides where they just come shooting out!
 なんてことなの、なんてことなの、なんてことなの!! あと数ヶ月したら、育ちきった赤ちゃんが私の中で歩き回るの?! ああ!! じゃあ、あのログコースターみたいに飛び出してくるの?

The Doctor: Actually, giving birth to three babies is not that different from giving birth to one.
 実のところ、3つ子の出産も1人とそんなに違いませんよ。

Phoebe: What do you know?!
 あなたに何がわかるのよ?!

《セントラルパーク:フランクとアリスを待つフィービー》

Alice: Oh-oh, Phoebe!
 あっ、フィービー!!

Phoebe: Ooh! Hi!
 ああ、ハーイ!

Alice: Hi! So, how did it go at the doctors?
 ハァイ!(おなかをハグ)それで、お医者さんはどうだった?

Phoebe: Oh, well, okay, hey, you know how, when you’re umm, you’re walking down the street and you see three people in a row. And you say, "Oh, that’s nice."
 ああ、それなんだけどね、えっと、どうかしら、通りを歩いていて、3人並んでいるのを見たらどうかしら。こう言うのかな、「あら、いい感じ」

Frank: Yes.
 ・・・うん!

Phoebe: Okay, yeah, well, good news! You’re gonna have three babies.
 そう、ええ、いいニュースよ! 3つ子が生まれてくるの!

Alice: Three babies?
 赤ちゃん3人?

Frank: I finally got my band!
 バンド結成だ!

Alice: We’re gonna have a big family, I’ve always wanted a big family!
 大家族になるわね! 私大家族が欲しかったのよ!

Phoebe: Oh, God, I’m so glad you guys are happy, I was so afraid you were going to be all freaked.
 ああ、よかった。喜んでくれて嬉しいわ。あなた達がビビっちゃったらどうしようかと思ってたのよ。

Frank: Why would we be freaked?
 どうしてビビるの?

Phoebe: No, because, you know, maybe it’s harder to raise them, and the added expense, and…
 え、だってほら、育てるのが大変になるかもしれないし、費用もかかるし、それに・・

Frank: Oh.
 あ。

Alice: Right.
 そうか。

Phoebe: No, back to happy. Back to happy!
 あら、喜んで。さっきに戻って!

Alice: No-no-no, no, it’s going to be fine. Because umm, because I teach Home Ec, and uh, I can have 30 kids making baby clothes all year long. You know, it’ll-it’ll be like my very own little sweatshop.
 いえいえいえ、大丈夫よ。だって・・だって、私家庭科の教師だからね、生徒達に年中赤ちゃんの服を作らせることができるし。まるで低賃金の工場みたいにね。

Frank: Yeah, I’ve been thinking ever since you said we were having triplets, the best thing for me to do is to drop out of college and get a job.
 ああ。俺、三つ子が生まれるって聞いてから、ずっと考えてきたんだけど、一番いいのは、俺が大学をやめて仕事につくことだと思う。

Alice: No, Frank.
 ダメよ、フランク。

Phoebe: No, you can’t quit college! No! You’re in college? Really?
 だめよ、大学を辞めちゃだめよ! ダメ! 大学行ってるの? ほんと?

Frank: Yeah, refrigerator college.
 ああ。冷蔵庫大学。

Alice: Yeah.
 そう。

Frank: Yeah, you know when we found out we were going to have a baby, you know I figured, you know, like I should have like a career, you know, and I love refrigerators!
 そうなんだ。子供ができるってわかってさ、ほら、きちんとした仕事につかなきゃと思ってさ、それにさ、俺冷蔵庫が大好きなんだよ!

Phoebe: You can’t give up on your dream.
 夢を捨てちゃダメよ。

Frank: No, it’s okay. We’re-we’re gonna have three kids! And that’s-that’s a different kind of dream. Three kids and no money.
 いや、いいんだ。三つ子ができるんだぜ! それはまた別の夢だから。三つ子がいてお金はなし!

《空港:エミリー1人・ロスが来る》

Ticket Agent: This is the boarding call for Flight 009.
 009便の最終コールでございます。

Ross: Emily!
 エミリー!!

Emily: Oh, my God! What are you doing here?
 オーマイゴッド! 何をしてるの?

Ross: I just, I had to see you one more time before you took off.
 君が行ってしまう前に、もう一度会いたくて。

Emily: You are so sweet.
 まぁ。ロス。(キス)

Ross: That’s, that’s, that’s a big candy bar. . . I had the most amazing time with you.
 それは大きなキャンディーだね。君と2人でいたこと、こんな楽しいことなかったよ。

Emily: Me too.
 私もよ。

Ticket Agent: This is the final boarding call for Flight 009.
 009便、最終コールでございます。

Emily: Well, that’ me. . . Here, have this. I’m only allowed one piece of carry-on anyway.
 行かないと。(キス)これあげる(キャンディーバーを渡す)手荷物は一つしかダメだし。

Ross: Wait uh, listen. I-I, I have to tell you something. Umm, I’ve been thinking, I’m just gonna come out and say it. Okay? I-I-I ah, I-I think I love you.
 待って。聞いて。言いたいことがあるんだ。考えてたんだけど、それを言わなきゃと思って来たんだ。いい? 僕は君を愛してると思う。

Emily: Oh. . . Thank you.
 まぁ・・(ハグ)ありがとう(立ち去る)

Ross: It’s no problem.
 (1人で)いいんだよ。

《20号室》

Rachel: What’s that song? It has been in my head all day long.
 (変な歌を歌う)これ何の歌? 一日中頭から離れないわ。

Chandler: It’s the theme from Good Will Humping.
 グッド・ウィル・ハンピングのテーマソングだ。

Rachel: You know who doesn’t even like dirty movies? My new boyfriend Joshua.
 ポルノなんて嫌いな人もいるのよ。私のボーイフレンドのジョシュア。

Joey: Yeah, right.
 ああそう。

Rachel: No, he told me. He prefers to leave certain things to the imagination.
 本当よ。言ってたわ。ある程度は想像のままにしておいたほうがいいって。

Chandler: Oh-oh, yeah, and did he also say that ah, some of the dialogue was corny and that he actually found it was funny and not sexy?
 ああ、それから、こうも言ってなかった? セリフとかあまりにも陳腐で、おかしくって、セクシーとも感じられないって。

Rachel: Yes!
 そうよ!

Joey: Yeah, he likes porn.
 ああ、ポルノ好きだね。

(レイチェルが出て行く)
Monica: Where you going?
 どこ行くのよ?

Rachel: I’m gonna find out if he really thinks supermodels are too skinny. . . Hey, Pheebs!
 スーパーモデルがやせ過ぎだって言ってたけど本当かどうか、確かめてくる。(フィービーが来る)あら、フィーブス!

Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey!
 よぉ!

Monica: How did it go with Frank and Alice?
 フランクとアリスはどうだった?

Phoebe: Well, Frank has to quit college because his super fertile sister is having three babies! I need to make a lot of money really fast, and I had an idea that I want to talk to you about, ‘cause you work for a big company. Okay, insider trading. What information is there that you can give me.
 フランクはこの妊娠しやすい姉が三つ子を生むせいで大学を辞めるって! すぐにたくさんお金作らないといけないわ。それで考えたんだけど、あなたに(チャンドラーを指し)話があるの。大会社に勤めてるでしょ。ね、インサイダー・トレーディング。これについて何か情報くれないかしら。

Chandler: They don’t really talk to us about that kind of stuff. I can get you some free White-Out though.
 そういう話は俺たち聞かされてないよ。修正液ならタダであげるよ。

(ロスが来る)
Monica: Ohh! Did you do what I said? Did-did-did you tell her?
 あっ! 言った通りにした? 彼女に言ったの?

Ross: I did.
 言ったよ。

Monica: And well, what did she say?
 それで、彼女なんて言った?

Ross: Thank you.
 ありがとう。

Monica: Oh, you’re totally welcome! What’d she say?
 あら、いいのよ! 彼女なんて?

Ross: She said, "Thank you." I said, "I love you." And she said, "Thank you."
 彼女が、「ありがとう」って。僕が「愛してる」って言って、彼女は「ありがとう」って。

Chandler: Whoa-whoa, wait. Did you say, you love her?
 おいおいちょっと待て。おまえ、愛してるって言ったのか?

Joey: What were you trying to get her to do?!
 おまえ彼女に何をさせたいんだ?

Ross: What do I do now?
 どうしたらいいんだ?

Joey: You play hard to get.
 手の届かないやつって感じで行け。

Ross: She already lives in London.
 彼女はロンドンに住んでるんだぞ。

Joey: Then you go to Tokyo.
 じゃあおまえは東京へ行け。

Chandler: All right, look, forget it, forget it. You told her you love her, it’s over.
 よし、いいか、もう忘れろ。愛してるって言ったんだろ、もう終わりにしろ。

Monica: It is not over! You’re over!
 まだ終わってないわよ! 終わったのはあなたよ!

Chandler: What?
 え?

Monica: You know!
 わかるでしょ!

Chandler: Okay. . . Good one.
 オーケー・・・いいね。

Monica: It is not over because she is going to call you and tell you she loves you. And the reason why she couldn’t, is because her feelings were so strong, it scared her. Now you go home and wait for her call, she could be calling you from the plane! Come on, now go! Go!
 (ロスに)終わってないわよ。きっと彼女が電話をかけてきて、愛してるって言うわよ。さっきはどうして言わなかったかっていうと、自分の気持ちが強過ぎて怖かったのよ。さぁ、家に帰って彼女の電話を待つのよ。飛行機からだってかけられるんだから! さぁ、行って!

Ross: Okay! Okay! But if she doesn’t call, it is definitely over! No, wait. Wait. Unless, eventually, I call her, you know just to see what’s going on, and, and she says she’ll call me back, but then she doesn’t. Then it’s over.
 わかったわかった! でも、彼女から電話がかかってこなかったら、その時こそ終わりだからな! いや、待て。最終的には僕からかける、ほら、どうなってるのか確かめるためにさ、それで、彼女がまた電話くれるって言って、その後、かかってこなかったら、その時は終わりだ。

Joey: Way to be strong, man!
 強気で行けよ!
(ロスが行ってから負け犬サイン(親指と人差し指でLをつくって額につける)をする)

《19号室:チャンドラーとジョーイが来る》

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hi! Listen, can we watch cartoons on your television? We need a porn break. We spent the last two hours watching "In & Out & In, Again."
 ああ。なぁ、こっちでマンガ見ていい? ちょっとポルノから離れたい。この2時間、イン&アウト&インを見てたんだ。

Rachel: Well, so, why don’t you just turn it off?
 それじゃどうしてスイッチ切らないの?

Chandler: Because then we would be the guys who turned off free porn.
 タダのポルノを切ってしまうようなやつらになりたくないからな。

(フィービーがケースを持ってやってくる)
Phoebe: Ooh, good, you’re here!
 ああ、よかった。ここにいたのね。

Monica: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Well, what-what you got there?
 何を持ってるの?

Phoebe: Oh, this? Well, I’m glad you asked. . . Now, don’t you hate it when you have to cut a tin can with an ordinary steak knife? . . Ahh! Now, I know what you’re thinking…
 ああ、これ? よく聞いてくれました。(開けて空き缶とナイフを取り出す)空き缶を普通のナイフで切るのっていやでしょう?(切ってみせる)ほら! 何考えてるかわかるわよ・・

Chandler: Pregnant Woman Slays Four?
 妊婦が連続殺人?

Monica: Phoebe, they didn’t make you pay for those knives, did they?
 フィービー、あなたこのお金払わされたんじゃないでしょうね?

Phoebe: No!
 いいえ!

Monica: Are you sure?
 本当?

Phoebe: No!
 いいえ!

Rachel: Honey, you’re not gonna make enough money to help Frank and Alice just by selling knives.
 ねぇ、ナイフを売ってフランクとアリスを助けるほどのお金はかせげないわよ。

Phoebe: No-no, I know that, but I just need to make enough money for the second part of my plan.
 いえいえ、それはわかってるわよ。次の計画の準備のお金をためるのよ。

Chandler: What’s the second part of your plan?
 次の計画って?

Phoebe: My Saturn dealership.
 サターンのディーラーよ。

《ロスの部屋:ロスがうたた寝・電話が鳴る》

Ross: Hello?
 もしもし?

Emily: Ross.
 ロス。

Ross: Emily, hi! Uh, how-how was your flight?
 エミリー、ハーイ。飛行機はどうだった?

Emily: It was dreadful. I felt terrible about how I acted when you said those wonderful things.
 最悪だったわ。あなたが素敵なこと言ってくれたのに、私あんな態度とってしまって。

Ross: No, no, that-that, that’s all right. Umm, I’m just glad you called.
 いやいや、いいんだよ。電話くれてうれしいよ。

Emily: Ross umm, there’s something that I’ve got to tell you, there’s-there’s someone else.
 ロス、あなたに言わなきゃならないことがあるの。私には彼がいるの。

Ross: Does that mean the same thing in England as it does in America?
 それってイギリスでも、アメリカと同じ意味?

《20号室:みんなに話しているロス》

Ross: She doesn’t know which one of us she wants, me or this Colin guy.
 彼女もどっちか決められないんだ。僕か。そのコリンってやつか。

Monica: This isn’t how it’s supposed to go, there can’t be another guy.
 こんなはずじゃなかったのに。他の男がいるなんて。

Ross: Well…
 ああ・・。

Monica: Of course there’s another guy!! This is even more perfect! Now you have to prove your love!
 もちろん他に男がいるのよ! これでもっと完璧になるじゃないの! あなたは愛を証明してみせるのよ!

Ross: I’m not proving anything. Okay, I’m done listening to you. If I hadn’t let you talk me into going to the airport in the first place, I never would’ve put my fist through the wall!
 何も証明なんかしないよ。もうおまえのいうことは聞いた。最初からおまえにそそのかされて空港へ行ってなかったら、こぶしで壁に穴あけることもなかったんだ。

Chandler: You put your fist through the wall?
 おまえ、こぶしで壁に穴あけたのか?

Ross: No, I missed and hit the door. But, it opened really hard!
 いや。かすめてドアを打っちゃった。でも、すっごい勢いで開いたんだぞ。

Monica: You have to go to London!
 ロンドンへ行くのよ!

Ross: What?
 は?

Monica: Yeah, you have to go fight for her!
 そうよ。彼女を奪いに行くのよ!

Joey: Oh yeah, sure, that makes sense. Yeah. ‘Cause you already told her you love her and she didn’t say it back, then she called you and told you that there’s another guy, so yeah, go to London that’ll scare her!
 そうだな、もっともな話だ。もう愛してるって言ったんだからな。それで彼女は私もって言わず、電話してきてほかに男がいるって言った。だからロンドンへ行く。そりゃ彼女ビビるな!

Monica: When Rachel was with Paulo, what did you do?
 (ロスに)レイチェルがパウロとつきあってた時、何をした?

Ross: I made fun of his accent.
 やつのアクセントを笑った。

Monica: You sat back and let him have her, you didn’t fight at all. Am I right? Do you want the same thing to happen with Emily?
 あなた何もせず彼女を盗られたのよ。全然闘わなかったわ。でしょ? エミリーとも同じことになってもいいの?

Ross: No.
 いや。

Monica: All right then, go fight for her! Go to London! I mean, that could be you and Emily! That, but-but nicer. Just, go to London!
 じゃあ、彼女を勝ち取るのよ! ロンドンへ行くの! あれはあなたとエミリーかもよ!(ポルノを指差す)あれよりいい感じ。とにかくロンドンへ行くのよ!

Ross: Really?
 マジ?

Monica: Come on! Surprise her! Show up at her doorstep! Don’t let her go without a fight!
 そうよ! 驚かすのよ! 彼女の玄関に現れるのよ! 闘わずに失っちゃだめよ!

Ross: All right. All right. I’m gonna do it!
 よし、わかった。そうするよ!

Monica: All right.
 よし!

Ross: I’m gonna, I’m gonna go to London and I’m going to fight for her.
 ロンドンへ行って、彼女を勝ち取る!

Monica: Okay, good luck!
 よし、がんばって!

Joey: Ross! Ross! If you’re going to the airport, could you pick me up another one of those Toblerone bars?
 ロス! ロス! 空港へ行くなら、あのキャンディバー買ってきてくれる?

《19号室:レイチェルとフィービーが来る》

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Ooh-Ooh! I did it! I did it! I figured out a way to make money! I’m gonna open up my own massage place and Frank’s gonna help me! And! We can work it around his schedule so he doesn’t have to quit school!
 ねぇ、やったわ、やったわ! お金を作る手段を見つけたの! 私のマッサージ屋さんを開くの。そしてフランクが手伝うの! そしてね! 彼のスケジュールに合わせて仕事をするのよ、そうすれば彼も大学やめないですむでしょ!

Monica: That’s sounds great, but how are you going to afford it?
 それはいいわね。でも、どうやってそんなの始めるの?

Rachel: Well, we were walking down the street and we saw that van that you guys used for catering and we realized…
 それがね、通りを歩いていて、あなた達がケイタリングに使ったバンを見かけて、それで気づいた・・

Phoebe: I’m telling it! I’m telling it!
 私が話す、私が話す!!

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay. You know how people need transportation, but they also need massages to help them relax so I just figured we could combine the two, okay, I give the massages and Frank drives! I can fix up the van, bolt the table in the back, and you know what I’ve got?
 オーケー。人は交通手段が必要でしょ、そしてリラックスするためにマッサージも必要よね。それで、その2つをまとめるのよ。わかる? 私がマッサージをしてフランクが運転するのよ! バンを手直しして、テーブルをボルトで止めるのよ。それで何ができるか?!

Chandler: A place where no one will ever get out alive?
 誰も生きて出て来られない場所?

Phoebe: No! Think about it, it’s a taxi that people take when they need to relax, it’s…
 違う! 考えてみて。タクシーで、リラックスできるところで、だから・・

Rachel: Relaxi-Taxi!
 リラクシー・タクシー!

Phoebe: The name was my favorite part!
 それが一番いいとこなのに!!

Rachel: Well, well I came up with it!
 だって、私が考えたのよ。

Phoebe: YOU DID NOT!!!! Oh! No! You came up with Relaxi Cab! That’s not good.
 あなたじゃないわよ!! 違うじゃないの。あなたの考えついたのはリラクシー・キャブでしょ。よくないわ。

Rachel: Well, I…
 そりゃ私・・

(電話が鳴る)
Monica: Hello.
 もしもし。

Ross: Hey.
 やぁ。

Monica: Oh, my God! Ross, are you in England? Was Emily surprised?
 まぁ! ロス! いまイギリス? エミリー驚いてた?

Ross: No, because she hasn’t come home yet. And she hasn’t been home all night! She’s obviously staying with that other guy, and I’m the stupid moron who spent the whole night outside her apartment!
 いや。彼女家に帰ってないんだ。一晩中帰ってこないんだ。きっとその他の男のところにいるんだ。そして僕はバカなやつで彼女の部屋の外で一晩過ごすんだ!

Monica: All right. When is, when is the next flight out?
 わかったわ。次の便はいつ?

Ross: About four hours.
 4時間後。

Monica: Okay, just stay there a couple more hours and if she doesn’t show up by then, then just come on home.
 そう。じゃあ2時間ぐらいそこにいて、そして彼女がこなかったら、帰ってきて。

Phoebe: Hey, tell him about Relaxi-Taxi, and-and ask him if he thinks that’s better than Relaxi Cab.
 ねぇ、彼にリラクシー・タクシーのこと話して。そして、リラクシー・キャブよりいいって思うか聞いて。

Rachel: Okay, it’s not Relaxi-Cab. It’s Relaxi-cab, like taxicab.
 いい、発音が違うのよ。リラクシー・キャブよ、タクシーキャブみたいに。

Phoebe: Oh, that is better.
 ああ、その方がいいわね。

《20号室:ノックの音・チャンドラーが開けるとエミリーがいる》

Chandler: Are we in London?
 ここロンドン?

Monica: What are you doing here? You can’t be here!
 ここで何をしてるの? そんなはずないわ!

Emily: I’ve uh, I’ve come to talk to Ross. . . . What?
 私・・ロスに話があって。(エミリーのバッグのキャンディバーを凝視するジョーイ)なに?

Joey: Nothing. No, nothing.
 ・・・なんでもない。いや、なんでもないよ・・。

Emily: I was going to call him, but…
 彼に電話しようとしたんだけど・・

Monica: Oh, you came to tell him you love him! I knew it! I was right! . . I’m right, right?
 ああ! あなたロスに愛してるって言いに来たのね! やっぱり! (チャンドラーに)私の言った通りよ!(エミリーに)私の言った通りよね?

Emily: I’d really rather talk to him.
 本人に話したいわ。

Monica: Oh.
 あ。

Emily: I uh, I’ve been to his apartment and he wasn’t there, and uh. I need to talk to him, so do you have any idea where he is?
 彼の部屋に行ってみたんだけど、留守だったの。話したいんだけど、どこにいるか知らない?

《ロンドンのロス:エミリーの部屋の電話が鳴り、彼女の声が聞こえる》

Emily: Ross, are you there? Ross, I don’t know if you can hear this but… I’m gonna talk anyway. I’m in the States with you sister and your friends and it’s all over with Colin. I came here to tell you that, and to tell you−Yes, Joey you can have all the chocolate you want, just take it! Uh, I came here to tell you that I love you.
 ロス、そこにいるの? ロス、あなたにこれが聞こえるかどうかわからないけど、とにかく話すわ。私今アメリカにきていて、あなたの妹さんと友達と一緒よ。コリンとは終わったわ。それを言うために来たの。それから・・ええ、ジョーイ、欲しいならそのチョコレート全部持ってっていいわよ。持ってって。・・あなたに、愛してるって言うためにきたの。

Ross: I love you too! I’m, I’m gonna call you right now from the phone booth! . . You can’t hear me.
 僕も愛してるよ! すぐに公衆電話からかけるよ。・・君には聞こえないね。(立ち去る)

Emily: I wish I could know if you’d heard any of that. I suppose I’ve either just told you I love you or given my neighbors a good laugh. Mrs. Newman if you’re listening, bugger off this in none of your business. I suppose there’s not much chance you did heard that, and there’s the call waiting so, I should go. Oh, well. . . Hello.
 あなたにこれが聞こえたかどうかわかるといいんだけど。あなたに愛してるって言ったか、それか近所の笑い者になったかどっちかね。ミセス・ニューマン、もし聞いてるなら、関係ないから引っ込んでて。あなたが聞いてる確率は低いし・・他に電話が入ったから、切るわね。じゃあ・・(次の電話に出る)もしもし。

Ross: Hi.
 やぁ。

Emily: Ross, I love you!
 ロス! 愛してるわ!

Ross: Ohh! Thank you.
 ああ! ありがとう。

《20号室:ジョーイはポルノ視聴中・チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 よぉ。

Joey: Hey.
 ああ。

Chandler: I was just at the bank, and there was this really hot teller, and she didn’t ask me to go do it with her in the vault.
 銀行へ行ってきたんだ。すごいホットな受付の子がいたんだけど、金庫へ行ってやろうって誘ってこなかった!

Joey: Same kind of thing happened to me! Woman pizza delivery guy come over, gives me the pizza, takes the money, and leaves!
 俺にも同じようなことがあったぞ! ピザの配達の女の子がピザ持って来て、お金受け取って、そして帰った!

Chandler: What, no, "Nice apartment, I bet the bedrooms are huge?"
 なに、「素敵な部屋ね、ベッドルームは広いんでしょうね?」はなかったのか?!

Joey: No! Nothing!
 ない! 何もなしだ!

Chandler: You know what, we have to turn off the porn.
 なぁ。俺たちポルノもう切らなきゃいけないのかもな。

Joey: I think you’re right.
 おまえの言う通りかもな。

Chandler: All right, ready?
 (リモコンを持ち)よし・・いいか?

Joey: One.
 ワン

Chandler: Two.
 ツー

Both: Three.
 スリー!(TVを切り静かになる)

Joey: That’s kinda nice.
 いい感じだな。

Chandler: Yeah, that’s kinda a relief.
 ああ。なんかほっとするな。

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: You wanna see if we still have it?
 ・・・まだ見えるか確かめる?

Joey: Yeah.
 ああ!(スイッチを入れるとまたポルノ)

Chandler: FREE PORN!!!
 タダのポルノ!!

Joey: Yeah!!
 やった!

Chandler: We have free porn here!!!
 ポルノがタダで見られる!!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:13| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。