2013年08月07日

4-16 The One With The Fake Party

4-16 ニセパーティの話

 ☆レイチェルのラブ・アタック☆

《20号室:フィービーがイライラしている》

Monica: What is it, hon?
 どうしたの?

Phoebe: I-I can’t find anything that I want to eat! Everything I eat makes me nauseous! I’m telling you, being pregnant is no piece of cake−ooh! Cake! . . . No.
 食べたいものが見つからないのよ! 何を食べても吐き気がする! 言っとくけど、妊娠って甘くないわよ。あっ! 甘いもの! ・・・いらない。

Monica: Aww, honey, I’m sorry.
 まぁ、かわいそうに。

Phoebe: God! Ooh! What is that smell? It’s coming from the bathroom. Ooh!
 ああもう! この匂いなに? バスルームからよ。ああ!

Chandler: Wow! Pregnancy does give you some weird cravings.
 ワオ! 妊娠で変なものが欲しくなるんだな。

《バスルーム:ノックするフィービー》

Joey: Yeah?
 なに?

Phoebe: It’s me. It’s Phoebe. Listen, there’s something in here I want to eat, what-what smells so good?
 私よ、フィービー。聞いて、ここに何か私の食べたい物があるの。このいい匂いはなに?

Joey: Is it the shampoo? It’s guava.
 シャンプーかな? グァバだよ。

Phoebe: No!
 違うわ。

Joey: Oh! Wait-wait! Is it my bologna sandwich?
 あ、待って待って! このボローニャサンドイッチ?

Phoebe: Yes. Yes. Yes. I can’t believe it! The baby wants bologna! Maybe he wants me to eat meat? I can’t eat meat!
 そうそう、それだわ。信じられない! 赤ちゃんがボローニャを欲しがってる! お肉を食べてほしいの? 私お肉は食べられないわ!

Joey: Oh, wait-wait! Maybe it’s the pickle?!
 あ、待って待って! このピクルスかも?

《セントラルパーク:レイチェルが何か書いて捨てる》

Chandler: What are you writing?
 何書いてるの?

Rachel: Well, Joshua’s coming in tomorrow and since I don’t have the guts to ask him out, I’m going to sell him a coat and put this note in the pocket.
 ジョシュアが明日くるんだけど、誘う勇気がないから、手紙を書いて、明日買ってもらうコートのポケットに入れるの。

Chandler: Oh yeah? "Joshua, give me a call sometime, guys like you .. never go out of style"−what did you throw away?
 そうなんだ。(読む)「ジョシュア、そのうち電話ください、あなたみたいな人はおしゃれでないと」・・どんなの捨てたんだ?

(ロスとエミリーが来る)
Chandler: Hi, guys!
 やぁ、君たち!

All: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, what have you guys been up to?
 やぁ、何してたの?

Ross: Oh, we went to see a collection of Victorian doorknobs at the Cooper-Hewitt museum.
 クーパーヒューイット国立デザイン博物館へ、ビクトリア時代のドアノブのコレクションを見に行ってきたんだ。

Chandler: Without me?!
 俺抜きで?

Emily: My uncle dragged us there. But, actually it turned out to be really interesting.
 叔父に引っ張られていったのよ。でも、いってみたら、とても興味深かったわ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Emily: They were so ornate and beautiful, I mean look at that!
 本当に装飾されててきれいなの。ほら、これ見て!

Monica: I don’t know how museums work in England but, here, you’re not supposed to take stuff.
 イギリスではどうか知らないけど、こっちでは、そういうのとってきちゃダメなのよ。

Emily: I uh, I got it from the gift shop. They have really lax security there. . . It’s a joke.
 あら、これはギフトショップのものよ。本当にセキュリティが緩いのね。・・冗談よ。

Ross: Bye.
 バイ(キス)

Emily: Right, I’ve got to be off, I’ll see ya. Bye-bye then.
 それじゃ、行くわね、またね。バイバイ。(出て行く)

Joey: Wow! You guys seem to be having a good time.
 ワオ! おまえ達楽しそうだな。

Ross: Oh, yeah, she’s-she’s amazing. And-and she’s so much fun. And! You know what? When I’m with her, I’m fun! I even signed up for helicopter classes. . . She’s leaving in two days, I don’t have to do it.
 ああ、彼女はすばらしいよ。本当に楽しいんだ。それに! 彼女と一緒にいると、僕が楽しいんだ! ヘリコプター教習にも申し込んだよ。・・あと2日で彼女帰るから、本当にやらなくてもいい。

Monica: In two days, you must be bummed.
 2日で? がっかりね。

Ross: Yeah, she’s got to go back to London. But you know what? I’ve been prepared for this from the start. We both knew we had two weeks together, and that’s it. You know.
 ああ。彼女はロンドンへ帰るんだ。でもさ、最初からそのつもりだったんだ。2週間のつきあいだってからわかってることだんだ。

Joey: Hey, that’s what all my relationships are like.
 俺のつきあいはみんなそんな感じだぞ。

Chandler: Yes, but in Ross’s case, they both know in two weeks that’s it.
 ああ、だけど、ロスの場合は、2週間だって2人ともわかってる。

(フィービーが来る)
Ross: Pheebs!
 フィーブス!

All: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hello! Hello!
 ハロー! ハロー!

Phoebe: Yes! I know! I know! Yeah! So the baby is totally craving meat. This afternoon I tried tricking it, I made it a soy-burger to make it think it was getting meat, you know? And I got nauseous.
 ええ、そうよ! そうなのよ! 赤ちゃんはお肉が欲しいのよ。今日のお昼、だませるかと思って、大豆バーガーを作ったの。お肉を食べたと思わせるためにね。それでも気持ち悪くなっちゃった。

Chandler: Maybe that’s because soy-burgers suck!
 大豆バーガーはまずいからかもよ。

Phoebe: Being pregnant is hard on your tummy.
 妊娠してるのっておなかが大変よ。

Joey: Hey, but at least you got that cool, pregnant lady glow.
 でも少なくとも、君はかっこよくて、妊娠した女性の輝きがあるよ。

Phoebe: That’s sweat. You throw up all morning, you’ll have that glow too.
 それは汗よ。朝ずっと吐いてたら、あなただって汗で光るわよ。

《レイチェルのオフィス:コートに手紙を入れたレイチェル》

Joshua: Okay!
 (試着室から出てきて)よし!

Rachel: Oh, here’s that trench-coat that you wanted.
 こちらが、ご希望のトレンチコート。

Joshua: Oh, great! Wow! Yeah, it’s comfortable.
 あ、いいね! ワオ! これは楽だな。

Rachel: Yeah?
 でしょう?

Joshua: Man, I could really flash somebody in this thing.
 ああ、これ来て誰かにチラ見せできるな。(ポケットに手を入れる)

Rachel: Oh, no-no, no-no, they don’t want you to put your hands in the pockets until you are out of the store.
 あ、ダメダメ、お店から出るまでは、ポケットに手を入れないでほしいの。

Joshua: Why not?!
 どうして?

Rachel: Well, that’s because we get a lot of…
 それはですね、たくさんその・・(汚いものが入れられるジェスチャー)

Joshua: You know, they ruin it for everybody.
 そりゃ誰にとっても迷惑だ。

Rachel: I know!
 そうなの!

Joshua: You know, I wore that cashmere sweater on a date last night.
 あのカシミアセーターを昨日の夜デートに着ていったんだよ。

Rachel: Oh?
 あら?

Joshua: Yeah, it was my first date since the uh, since the divorce.
 そう。離婚して初めてのデートだったんだ。

Rachel: Well, congratulations, so do you love her?
 まぁ、おめでとうございます、彼女愛してるの?

Joshua: No, no, no, she’s nice but, you know, it just it made me realize that I’m just not ready to be dating, you know?
 いやいやいや、彼女はいい人だったけど、デートしてみて、まだつき合うのは僕には早いってわかったよ。

Rachel: Huh. Well, uh, that’s uh, that’s interesting.
 そう。そうなの。それは・・興味深いわね。(入れた手紙を出す)

Joshua: Hey-whoa-hey, what was that?
 え、え、それなに?

Rachel: Oh, it’s just an anti-theft device.
 あ、これは盗難防止よ。

Joshua: Then uh, what’s-what’s this?
 (袖についた盗難防止具を見せ)じゃあこれはなに?

Rachel: You need that, you need that too ‘cause obviously, a thief could just tear this up.
 それも必要なの、ほら、泥棒がこれ破ってしまうから。

《20号室:ドアでメモを書いていたロスにぶつかるレイチェル》

Rachel: Oops, sorry. We have to have a party tonight! Actually, we have to have one in five minutes, so everybody cancel your plans.
 あら、失礼。今夜パーティよ。あと5分でパーティしなきゃいけないの。だからみんな予定はキャンセルしてね。

Chandler: What are you talking about?
 なんの話?

Joey: Yeah, what’ going on?
 そうだよ。どうなってんの?

Rachel: We have to have a surprise Bon Voyage party for Emily. But it’s actually for Joshua. Look, he said he’s not ready to date, so I had to invite him to a party if I wanted to see him outside of work, and now I have created the perfect opportunity to seduce him!
 エミリーを見送るサプライズパーティをするの。でも本当はジョシュアのためなの。だってね、まだデートする気はないらしいから、パーティに招待したの。仕事以外の場所で会えば、彼を誘惑する完璧なチャンスよ。

Ross: Well, as much as I’d like to meet Josh and warn him, Emily and I aren’t going to be here. All right? I mean, she’s going to come by first to say good-bye, and then I’ve got a whole special evening planned. So, sorry, no party.
 いや、ジョシュに会って忠告したいところだけど、エミリーと僕はここにはいないよ。いいかい? ちょっとサヨナラするためにここへは来るけど、でも特別なプランがたててあるんだ。悪いけど、パーティはなしだ。

Joey: Awwww!
 ええー!

(エミリーが来る)
Emily: Hello?
 ハロー?

Rachel: Surprise!!!
 サプラーイズ!!

Chandler and Joey: Surprise!!
 サプラーイズ・・!

Emily: No one’s ever thrown me a surprise party before!
 サプライズパーティなんて開いてもらったの初めてよ!

Rachel: Well, it was all Ross’s idea.
 ロスのアイデアよ。

Emily: You’re so sweet! And I’m so surprised!
 本当に優しいのね! 本当に驚いたわ!

Ross: You really didn’t know?
 本当に知らなかった?

《20号室:時間経過・キッチンのレイチェルとチャンドラー》

Chandler: Why are you over here if Joshua is all the way over there?
 ジョシュアがあっちにいるのに、なんでここにいるの?

Rachel: Uhh, because I’m trying to play hard to get. Oh, quick, he’s looking over here, say something funny.
 簡単には落ちないって見せてるのよ。あ、早く! こっち見たから何かおもしろいこと言って。

Chandler: Like what?
 たとえば?(レイチェルが笑う)

Joey: What-what-what is so funny?
 なになに、何がそんなにおかしいの?

Chandler: I said, "Like what?"
 俺は「たとえば?」って言ったんだ。

Joey: Now that’s a thinker.
 それは難しいな。

Rachel: Okay, you know what, you know what? This playing hard to get thing is not working. Umm, hand-hand me those cherries. Okay. Okay. . . Hi!
 ねぇ、ダメだわ、簡単に落ちない作戦は効いてない。ね、そのチェリー取って。オーケー・・・(ジョシュアに)ハーイ!

Joshua: Hi!
 ハーイ!

Rachel: Care for a cherry?
 チェリーいかが?

Joshua: Oh, no thanks.
 いや、いいよ。

Rachel: No? You know, I can tie one of these into a knot using just my tongue.
 そう? ね、私舌をつかってこれを結べるのよ。(やろうとして喉につかえる)

Joshua: You okay? . . You all right?
 大丈夫? 大丈夫?(レイチェルは咳き込みながら立ち去る)

Ross: So we should probably get going soon.
 (エミリーに)もうすぐ行かないといけないよ。

Emily: Oh, but the party’s only just getting started!
 あら、でもパーティ始まったばかりじゃないの!

Ross: Yeah, but we-we have to be at the Four Seasons for drinks in 15 minutes and then you know, then The Plaza for dinner.
 ああ、でもあと15分でフォー・シーズンズでの飲み物を終えて、それから、プラザでディナーの予定だから。

Emily: So why did you plan a party at the same time?
 それじゃどうして同時にパーティも準備したの?

Ross: No-no-no, no, umm, actually American surprise parties are-are-are very short. It’s usually, "Surprise!" And then, "Oh, my God, I’m so surprised−good-bye!"
 あ、いやいやいや、実は、アメリカのサプライズ・パーティはすごく短いんだよ。普通、「サプラーイズ!」そして「わぁ本当に驚いた、じゃあね!」って。

Emily: But Ross, I’m such having a great time! Your sister has just been telling me that you used to dress up like little, old ladies and hold make-believe tea parties.
 でもロス、本当に楽しいのよ。あなたの妹さんから、あなたがおばあさんのドレスを着てティー・パーティごっこしてたって話を聞いてるとこなのよ。

Ross: Monica said that, did she?
 モニカがそう言ったんだ、そうか。

《キッチン:サンドイッチを作るジョーイとフィービー》

Phoebe: Ooh, yeah. Then what are you going to put on top of that?
 ああいいわね。それから何を乗せるの?

Joey: A little salami.
 サラミを少し。

Phoebe: Ooh yeah! Then umm, what goes on top of the salami?
 ああ、いいわね! それから、サラミの上にはなに?

Joey: Pastrami.
 パストラミ。

Phoebe: Oooh, yeah. You’re a genius.
 ああ、素敵。あなた天才ね。

(黒いドレスに着替えたレイチェルが来る)
Rachel: Oh, somebody give me a hand with this zipper?
 誰かファスナー手伝って。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: Up!
 ・・・あげるのよ!

Monica: You changed?
 着替えたの?

Rachel: Yeah, I did. I needed my lucky dress.
 そう。私のラッキードレスよ。

Monica: And lucky means, more cleavage?
 ラッキーってのは、もっと谷間出すってこと?

Chandler: Does for me.
 俺に効果あり。

Rachel: Ohh, God! Look at him, he’s so cute. I wanna go over there, grab him, and kiss him! How can I kiss him and not letting him know that I like him?
 ああ、彼見て! 本当にキュートね。あそこへ言って、彼をつかまえてキスしたい! 好きってこと知られずにキスできないかしら?

Joey: Oh! I know how you can get him. Take off your bra.
 あ、わかった。ブラを取れ!

Rachel: What?
 え?

Joey: There was a scene in Footloose...
 フットルースでそういう場面が・・

Chandler: Flashdance.
 フラッシュダンスだ。

Joey: Yeah-yeah, yeah, with that-that uh, plumber girl…
 あ、そうそう。そこで、配管工の女の子が・・

Chandler: She was a welder.
 溶接工だ。

Joey: What? Were you, like, in the movie, or… Anyway, she takes off her bra under her shirt and pulls it out the sleeve. Very sexy, and classy.
 なに? その映画に出てたのかよ! とにかく、その子がシャツの下からブラを外して、袖から出すんだよ。すごくセクシーで、感じがいいんだ。

Monica: Or if you want to kiss him, umm, you could use mistletoe.
 それか、キスしたいなら、ヤドリギを使うとか。

Rachel: It’s not Christmas!
 クリスマスじゃないわ!

Monica: Or Spin the Bottle?
 それじゃスピン・ザ・ボトルは?

Rachel: He’s not 11!
 彼11歳じゃないのよ!

Emily: Thank you so much for this. It was really so thoughtful of you.
 本当にパーティありがとう。本当に優しいのね。

Rachel: What? You’re leaving?!
 え? あなた達行くの?

Ross: Yes, we have something we have to get to.
 そう。行くところがあるからね。

Joshua: Uhh, yeah, I think I’m going to take-off too.
 あ、僕ももう行くよ。

Rachel: No! You guys can’t leave yet! You have to stay, we-we got the whole big thing planned!
 ダメよ! まだ行っちゃダメよ! まだいてよ! まだ大事な計画があるのに!

Ross: What big thing?
 何が大事な計画だよ?

《時間経過:スピン・ザ・ボトルの説明をするレイチェル》

Rachel: So, Spin the Bottle works like this: I spin the bottle, it lands on Gunther, so I would have to kiss Gunther. . All right. Who wants to go first?
 スピン・ザ・ボトルはこうよ、ボトルを回すでしょ、それがガンターに向いたので私はガンターにキスしなきゃいけないの。・・(しないで終了)ということ。最初に誰がやる?

Emily: I’ll go.
 私がやるわ。

All: Yay!
 わーい!

(エミリーが回したボトルはジョーイを向く)
Joey: Welcome to America.
 アメリカへようこそ(キス)

(ジョーイが回すとボトルはエミリーに向く)
Monica: Two in a row! You’ve got to use your tongues now!
 2回連続よ! 今度は舌も使わなきゃ。

Rachel: Yay! Emily!
 イエーイ! エミリー!

(エミリーが回したボトルは再びジョーイを向く)
Chandler: What are the odds? What are the odds?
 どんな確率? これどんな確率だよ。

Ross: Okay, that-that’s enough! You know, let’s, let’s let someone else play.
 (キスを阻止して)オーケー、もういいよ! ね、誰か他の人にプレイしてもらおう。

Joey: If you didn’t want to play, why did you come to the party?
 プレイしたくないなら、なんでパーティに来たんだ?

Rachel: Okay, my turn!!
 オーケー、私がやるわよ!(ボトルがジョシュアに向き、キスしようと近寄るが)

Phoebe: Oh, my God!! The baby just kicked!
 オーマイゴッド!! 赤ちゃんが蹴ったわ!

All: Ohh!
 おお!!

Rachel: It’s okay! It’s okay! It kicked once, it’ll kick again!
 いいのよ、いいのよ! 一回蹴ったら、また蹴るわ!

All: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!(みんな立ち上がり、キスし損ねるレイチェル)

Rachel: All right, well, everybody just remember where they were sitting. . . . . It was a bug.
 ちょっと、みんな、どこに座ってたか忘れないでね。(ジョシュアの足にキスをしたが気づかれ、手で払って)虫よ。

《時間経過:サンドイッチを作るチャンドラーとフィービー》

Phoebe: You know, it doesn’t matter how much I’m craving it. You know why I’m never gonna eat meat? Because it’s murder, cold blooded murder.
 どんなにほしくなったって関係ないわよ。私がお肉を食べない理由を知ってるでしょ? 殺してるからよ。冷酷に殺してるから。

Chandler: Okay. . . . There’s a Phoebe on my sandwich!
 そうか。(サンドイッチをくわえると、逆からフィービーがくらいつく)俺のサンドイッチにフィービーが!(立ち去る)

Joey: Phoebe, what-what are you doing?!
 フィービー、何してんだ?

Phoebe: I can’t help it. I need the meat. The baby needs the meat.
 もうダメなのよ。お肉が必要なんだわ。赤ちゃんがお肉を必要としてるの。

Joey: All right. Look, you know how-you know how when you’re dating someone and you don’t want to cheat on them, unless it’s with someone really hot?
 そうか。いいか、誰かとつきあってて、裏切りたくないよな、でも本当にホットな誰かがいたら別だ。

Phoebe: Yeah, totally!
 そうよ、その通り!

Joey: All right. Okay. Well, this is the same kind of deal. If you’re going to do something wrong, do it right!
 そうだ。いいか、これも同じだ。何かやっちゃうときは(冷凍庫からお肉を出して)正しくやっちゃえ。

《時間経過:ステーキを食べ終わるフィービー》

Joey: Feel better now?
 気分よくなった?

Phoebe: Yeah, but at what cost? Six more months, three meals a day, I’m gonna eat like, you know, millions of cows.
 ええ。でも、どれだけの犠牲を払う? 6ヶ月間、一日3食、私たくさんの牛を食べるんだわ。

Joey: Hey, what if I said, I could even things out for ya, meat-wise.
 なぁ、じゃあもし、俺がその分をカバーするって言ったら? 肉をさ。

Phoebe: What?
 え?

Joey: Well, I eat a lot of meat, right?
 俺たくさん肉を食べるだろ?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Joey: Well, suppose until the baby’s born I laid off it. No extra animals would die, you-you’d just be eating my animals.
 赤ちゃんが生まれるまで、俺がやめるよ。余分に殺さないだろ。ただ、俺の分を食べるってことだ。

Phoebe: Joey, I can’t believe you would do that for me.
 ジョーイ。私のためにそんなことしてくれるなんて信じられない!

Joey: Absolutely! I could be a vegetarian. There’s no meat in beer, right?
 するとも! ベジタリアンにだってなれるさ。ビールに肉入ってないよね?

《ロスとエミリー》

Ross: Okay, we could still make dinner if we skipped the appetizers. And asked for our check right away.
 食前酒をはぶけばディナーはまだ間に合うよ。そしてすぐ支払いだ。

(チアリーダーコスチュームに着替えたレイチェル登場)
Emily: But, we can’t go now. It looks like Rachel’s gonna put on a skit.
 でもまだ行けないわよ。レイチェルがなにか見せてくれるみたいよ。

Monica: Oh, my God! Have you lost your mind?
 オーマイゴッド! あなたどうかしちゃったの?

Rachel: No-no-no-no! I am finally thinking clearly. My lucky dress wasn’t working out to well for me, but for four years, this baby never missed.
 いえいえいえいえ! ようやくはっきり考えられるようになったのよ。ラッキー・ドレスはうまくいかなかったけど、これだけは4年間必ず効いたのよ。

Monica: Rachel-Rachel-Rachel I-I cannot, I can’t let. . . actually I kinda want to see what happens.
 レイチェル、レイチェル、レイチェル! 私こんなこと・・こんなこと・・いや、どうなるかちょっと見たいかも。

Joshua: Hey!
 ヘイ!・・

Rachel: Hi!
 ハイ!

Joshua: Nice uh, costume.
 すてきな・・コスチュームだね。

Rachel: Ohh, yeah, well I wanted to give Emily a big American good-bye cheer. So okay! . . Ready! Okay! Give me an ‘E!’
 ええまぁ、エミリーにアメリカ式のサヨナラチアーをして見せたくて。それじゃ、行くわよ! いい?!
いくわよ! E!

All: E!
 E!

Rachel: Give me an ‘M!’
 M!

All: M!
 M!

Rachel: Give me an ‘I!’
 I!

All: I!
 I!

Rachel: Give me an ‘L!’
 L!

All: L!
 L!

Rachel: Give me a ‘Y!’
 Y!

All: Y!
 Y!

Rachel: What do you get? Emily!! . . Emil−Whoa!! . . . Okay! So that’s me as a cheerleader! Ta-dum!
 つないで? エミリー! (側転)エミリー! きゃー! (転んだ音)オーケー! チアリーダーでした、ジャジャーン!

Joey and Monica: Are you all right?
 大丈夫?

Rachel: I’m fine! I’m fine! I’m just losing a tooth, it’s no big deal. I have a dentist! You know. I’m gonna go put some ice on it. Excuse me. . . What do I do now? What do I do now?
 大丈夫、大丈夫よ。歯がなくなっただけ、たいしたことじゃないわ。歯医者がいるもん。氷で冷やせばいいのよ。失礼・・(モニカに)どうしよう? どうしよう?

Monica: I think you’re done.
 もう終わったと思う。

Joey: Okay, time to take off the bra.
 今度こそブラを外せ。

Joshua: Umm, that was really great, but I-I gotta take-off actually.
 ね、今のはすごかったよ。でも本当に帰らないと。

Joey: Take the bra off.
 ブラを取れ・・

Rachel: All right, come on, let’s go get your coat.
 わかったわ、来て。コートを取ってきましょう。

Joshua: Okay.
 わかった。

《ガンターとエミリー》

Gunther: Rachel is my girlfriend.
 レイチェルは僕のガールフレンドなんだ。

《元レイチェルのベッドルーム》

Joshua: So, this was uh, really fun.
 いや、ほんと、楽しかったよ。

Rachel: Oh, yeah! Real fun. You know, this bra… Really, bothers me. You know, this used to be my bedroom. Yeah. A lot of memories in here, a lot of memories. If these walls could talk, you know what they’d say? Wanna hear some memories?
 そうね! ほんと楽しかった。・・・ねぇ、このブラが・・本当に邪魔なのよね。・・この部屋は以前は私のベッドルームだったの。いろいろ思い出があるわ。たくさんね。この壁がもし話せるなら、何ていうかしら? 思い出話聞く?(ブラを外せず苦闘)

Joshua: Need uh, need a little hand there.
 なにか・・何か手を貸す?

Rachel: Oh, no-no-no! No, I got this all under control.
 いえいえいえ! 大丈夫よ。

Joshua: You really don’t seem like you do. That’s…
 そうは見えないけどな。その・・

Rachel: Ughhhh!! Forget it! This is, this is not how this is supposed to happen.
 (外せず)ああっ! もういい! ・・・こうなるはずじゃなかったのよ。

Joshua: Well, what was supposed to happen?
 じゃあどうなるはずだった?

Rachel: Can you not look at me when I say this? . . . I thought that if I could get you here, I could seduce you.
 言うからこっち見ないでくれる? あなたをここへ呼べば、誘惑できると思ったのよ。

Joshua: Huh. Oh! Uhh, I-I don’t wear suits to work, and I bought six of them from you.
 あーっ! (隣に座り)えー・・僕は、仕事でスーツを着ないんだよ。それなのに君から6着も買った。

Rachel: Well, I’m sorry, I thought you needed them!
 まぁ、ごめんなさいね。いるかと思ったもんだから。

Joshua: No, no-no, no-no, my point is that I kept coming back because, I wanted to see you.
 いやいや、そうじゃなくて、何度も行ったのは、君に会いたかったからだって言いたいんだ。

Rachel: Why?!
 どうして?

Joshua: Because I-I like you.
 君が好きだから。

Rachel: You like me?
 私を好き?

Joshua: Yeah! I mean you’re-you’re beautiful and smart and sophisticated−a lot of this isn’t based on tonight.
 ああ。だって君はきれいだし、賢いし、洗練されてて・・今夜のことを元にして言ってるんじゃないけど。

Rachel: Yeah, but-but-but you liked me! Oh, my God, I can’t believe this, all this time, I liked you and you liked me!
 ええ、でも私を好きだったの! ああ! 信じられない。これまでずっと、私はあなたを好きで、あなたも私を好きだった!

Joshua: But…
 でも・・

Rachel: Oh, no-no-no don’t say but! No-no, but’s never good! Let’s just leave it at, I like you and you like me.
 あっ、ダメダメ、でもって言わないで! ダメよ。でもはよくないのよ! そのままにしておきましょうよ。私はあなたを好きであなたも私を好き。

Joshua: Okay uh, however…
 オーケー、しかしながら・・

Rachel: Oh, you know, that’s a fancy but.
 あら、それはおしゃれな「でも」だわ。

Joshua: My marriage like just ended, and I’m really not ready to get into anything yet.
 結婚が終わってしまったばかりで、本当にまだ他につき合う心の準備ができてないんだ。

Rachel: But….
 でも・・

Joshua: I’m sorry, I, I just need a little time.
 ごめんよ。もう少し時間が必要なんだよ。

Rachel: Okay.
 わかったわ。

《廊下:ロスがいるところへレイチェルが来る》

Rachel: Oh, here you are. I was looking for you before. Joshua’s gone so you and Emily are free to go.
 ああ、ここにいたのね。さっき探たのよ。ジョシュアはもう行っちゃったから、あなたとエミリーももう行けるわよ。

Ross: It’s okay. She’s still in there enjoying her fake party and uh, it’s too late to do any of the things I had planned, so…
 もういいんだ。彼女はまだ中でニセパーティを楽しんでるし、僕の計画にはもうどれも間に合わない。

Rachel: Oh, Ross, I’m sorry. I completely ruined your evening.
 ああ、ロス、ごめんなさい。あなたの夜をめちゃくちゃにしちゃったわね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: Well, if it makes you feel any better, I made a fool of myself.
 これで気分直るかしら、私バカみたいだったわよね。

Ross: Helps a little.
 ちょっと直った。

Rachel: Is there room on that step for a pathetic loser?
 みじめな負け犬用の場所はある?

Ross: Yeah, have a seat.
 ああ、座って。

Rachel: I’m so sorry.
 ごめんね。

Ross: That’s okay, I mean it was just two-week thing anyway, I just didn’t want it to end this way, you know?
 いいんだよ。最初から2週間のことだったんだ。ただ、こんなふうに終わりたくはなかったんだ。

Rachel: Well, maybe you didn’t want it to end?
 あなた終わりたくないんじゃないの?

Ross: What do you mean?
 どういうこと?

Rachel: You seem to really like her.
 あなた本当に彼女を好きみたいじゃない。

Ross: Yeah, I really do. Yeah, but what am I gonna do? I mean we-we both agreed that it was gonna be a two-week thing, you know. No commitment.
 ああ、本当に好きだよ。ああ。何ができる? 2週間のことって同意の上だ。それ以上なし。

Rachel: Ross, that girl just spent the entire evening talking to your friends, asking to hear stories about you, looking through Monica’s photo albums, I mean you don’t do that if you’re just in it for two weeks.
 ロス、彼女は今夜ずっとあなたの友達と過ごして、あなたのことを聞いて、モニカのアルバムを見てるのよ。ただの2週間のつきあいならそんなことしないわ。

Ross: You think?
 そう思う?

Rachel: Yeah, you've got like 14 hours until she has to be at the airport. And you’re sitting here in the hallway with a 28-year-old cheerleader with a fat lip.
 思うわよ。彼女が空港に行くまで14時間しかないんでしょ。それなのに、クチビルの腫れた28歳のチアリーダーとこんなとこに座ってるの。

Ross: Hey, you’re right.
 ああ、そうだな。

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Ross: Thanks. . . What photo album was it?
 ありがと。(部屋へ行きかけて立ち止まり)なんのアルバム?

Rachel: I don’t know, it was you and a bunch of albino kids.
 知らないけど、あなたと、アルビノの子達がいた。

Ross: Oh, my God! Those weren’t albino kids, that was computer camp! Rach!
 オーマイゴッド! あれはアルビノの子達じゃないよ。あれはコンピュータ・キャンプだよ、レイチ!(部屋へ行く)

(チャンドラーが来る)
Rachel: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Rachel: You’re a pathetic loser, right?
 あなたってミジメな負け犬?

Chandler: Oh-ho, yeah!
 ああ、そう!

Rachel: Sit!
 座って。(チャンドラーが隣に座る)

Joshua: Hi.
 (戻ってきて)ハイ!

Rachel: Oh, my gosh, Joshua!
 まぁ! ジョシュア!

Joshua: All those things I said about not being ready…
 さっき言った、準備ができてないってことだけど・・

Rachel: They’re not true?
 ウソなの?

Joshua: No, they’re-they’re all true.
 いや、あれは本当だ。

Rachel: Oh.
 あら。

Joshua: But…
 でも・・

Rachel: Oh! Oh, I love that but. . . . You wanna go inside and get some coffee?
 ああ、そのでもは好きだわ!(キスしかけて、見つめているチャンドラーに気づき) 中に入ってコーヒーでも飲む?

Joshua: Yeah.
 ああ。

Rachel: Okay. . . Every time.
 オーケー。(ジョシュアは19号室へ)(チャンドラーに)負け知らず。

《20号室:サンドイッチを作るフィービーとジョーイ》

Joey: Oooh, what you got there?
 うー! 何を乗せた?

Phoebe: Pastrami.
 パストラミ。

Joey: Oh-ho-ho, yeah! Hey! You know what goes good with that?
 おぅおぅ! よしよし! それに何が合うか知ってる?

Phoebe: Hm-mm, corn beef.
 うん。コーンビーフ。

Joey: Ooh, I was gonna say bologna, but that’s much better. How about a little of that smoked turkey?
 ああ、ボローニャって言うつもりだったけど、そっちの方がずっといいな。そのスモークターキーをちょっと乗せたら?

Phoebe: Okay.
 オーケー。

Joey: Oh, mama! Uh when-when is the baby due?
 ああ、いいね! ああ・・いつ生まれるの?

Phoebe: Six months.
 6ヶ月後。

Joey: Oh.. Now if a cow should die of natural causes, I can have one of those, right?
 ああ・・。もし牛が自然に死んだら、だったら俺も食べていいよね?

Phoebe: Not if I get there first.
 私が食べてからね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 10:43| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。