2013年08月06日

4-15 The One With All The Rugby

4-15 ラグビーの話

 ☆チャンドラー、イエメンに行く!!☆

《ネイルサロン》

Chandler: You know, I can't believe I'm getting my nails done! And you said it was gonna be fun. Which it kinda is. Also, you said there would be other guys here. There are no other guys here!
 マニキュアしてもらうなんて信じられない! 楽しいって言ったじゃないか。ちょっと楽しいけど。それに他にも男がいるって言ったよな。誰もいないじゃないか!

Rachel: Chandler, there’s a guy right over there.
 ほらそこに男の人いるじゃない。

Chandler: That’s a mailman! That’s our mailman! . . Hi. How are ya?
 あれは郵便屋さんだ! うちに来る郵便屋さんだ!(手を振り)ハーイ、元気?

Rachel: Chandler, don’t worry! This doesn’t make you any less of a guy! . . That does! What am I sitting on? . . I hate to think what this woman was scratching when this broke off.
 チャンドラー、心配しないで。こんなことしたからって男らしくなくなるわけじゃないわよ。(チャンドラーが爪に息を吹きかける)それはダメよ! 何が下にあるのかしら?(ネイルを見つける)これが剥がれたとき、どこを掻いてたのか考えたくないわね。

Chandler: Hey, you know who used to have nails like that?
 なぁ、そんな爪してた人いたよね?

Rachel: Hmm.
 んん。

Janice: Oh…my…God!!
 オーマイゴッド!

《19号室》

Monica: Joey, let me ask you a question. It's been driving me crazy. What does this light switch do?
 ジョーイ、聞きたいことがあるの。これでどうかなりそうよ。このスイッチ何に使うの?

Joey: Ohh, Nothing.
 ああ、何も。

Monica: Didn’t it drive you crazy to have a switch and not know what it did?
 何になるかわからないスイッチがあるんなんて、平気でいられるの?

Joey: I know what it did! Nothing.
 何になるかわかってるよ! 何もならない。

Monica: They wouldn’t have put it there if it didn’t do something! How can you not care?
 何もならないなら、最初からつけないわよ。どうして気にならないの?

Joey: Like this.
 こんな感じ。(肩をすくめる)

Rachel: Well, here’s another question for ya. Do you know what that little silver knob on the toilet does?
 私も質問があるのよ。トイレにある銀色のノブ何にするか知ってる?

Joey: Sure! It flushes it.
 もちろん! 水を流すためだ。

Rachel: Okay, good. Now that since you know, when you come over would you mind actually using it?
 よかった。じゃあ、知ってるなら、今度から、来たとき使ってくれる?

(チャンドラーとジャニスが来る)
Chandler: Hello!
 ハロー!

Joey: Hey! Ah!!
 やぁ!(ジャニスに気づいて)ああっ!

Rachel: Guess who we ran into today?!
 今日誰に出会ったと思う?

Monica: Janice?!
 ジャニス?!

Chandler: Isn’t this amazing?
 すごいだろう?

Monica: How have you been?
 元気だった?

Janice: Oh well, I’m divorced.
 まぁね、離婚したわ。

Phoebe: Ohhh, wow.
 あら、まぁ。

Janice: Yeah, I’m riding the alimony pony.
 ええ。慰謝料で暮らしてるわ!

Joey: And there it is.
 そしてここに登場。

Janice: I just came up to say, "Hi!" Hi! . . And you, sweetie, I’ll see you tonight.
 「ハーイ」って言いに来たのよ、ハーイ! (チャンドラーに)そしてあなたも。また今夜ね。

Chandler: Okay. Bye.
 オーケー。バーイ。

Janice: Bye.
 バーイ。

Chandler: Bye.
 バーイ。

Janice: Bye.
 バーイ。

Chandler: Bye.
 バーイ。

Janice: Bye.
 バーイ。

Chandler: B-bye!
 バーイ。

Janice: Bye-bye.
 バイバイ。

Chandler: Bye. . . I can’t stand the woman!
 バイ。(ドアを閉めてから)あの女耐えられない。

Phoebe: What?! I thought you were crazy about her!
 え? あなた彼女に夢中だったじゃないの!

Chandler: Yeah, I know. But you know all of those little annoying things she did before we fell in love? You know, like her voice, her laugh, her personality−Well, they’re all back! And she’s picked up, like, nine new ones!
 ああ。だけどな、以前好きになる前にいやだったことがいろいろあるだろ? あの声とか、笑い方とか、性格とか。あれが帰ってきた! 新しいのが9つ増えた!

Joey: So what are you doing bringing her here?! There’s people here!
 それじゃここに連れてきて何してんだよ?! ここには人がいるんだぞ!

Chandler: Don’t worry about it. I’m taking care of it tonight.
 心配するな。今夜なんとかするから。(冷蔵庫を開ける)

Rachel: You are not. You have never been able to break up with her.
 しないわよ。あなた絶対彼女と別れられないんだから。

Chandler: I don’t have to break up with her this time. We’re not involved! I’m going to do a pre-emptive strike! I’m gonna end it with her before it starts. My ass is like frozen!
 今回は、別れるまでもない。まだ関わってない! 先手必勝でいく! 始まる前に終わらせるんだ。(ずっと開けた冷蔵庫の前に立っていたので)ケツが凍った!

Joey: Yeah, try sticking it in the freezer for 20 minutes. I’m telling ya!
 フリーザーに20分突っ込んでみろ。・・ホントだぞ!

《通り》

Emily: I can’t believe you really walk alone here at night! I mean, you hear such stories about New York.
 こんなところを夜1人で歩くなんて信じられない! ニューヨークについてはいろいろ聞くじゃない。

Ross: No, it’s really not that bad. I mean, I for one, feel perfectly safe.
 いや、そんなひどくないよ。僕に関していえば、全然安全だと思うね。

(2人の男がかけつけてエミリーをかつぎあげる)
Ross: Help! Help!! Help! Help!!
 助けて! 助けて! 助けて! 助けて!

Emily: No, no, no, Ross! Ross, these are friends of mine from home. Liam, Devon, this is Ross.
 いえいえ、ロス! ロス、この人達は昔の友達よ。リアム、デボン。こちらロスよ。

Devon: Hey, mate.
 やぁ、どうも。

Liam: How are you, man?
 元気かい?

Ross: Oh, hey, that was a good one, huh? "Help! Help!"
 ああ、今のよかっただろ? 助けて! 助けて! って。

Emily: So how are you? I’ve been meaning to ring you ever since I arrived but umm, well, I’ve been rather busy.
 元気? こっちに着いて以来、電話しようと思ってたんだけど、ま、忙しかったから。

Devon: Do you realize that we have not seen each other since the night of that U2 concert?
 会うのって、U2のコンサートの夜以来じゃないか?

Emily: Oh, my God. I think you’re right.
 ああ、そうね! その通りだわ。

Liam: Well, actually the last time you and I saw each other was the next morning.
 (エミリーの肩に手を回し)いや、実はあの時は君と翌朝まで一緒だったよね。

Emily: Oh, Liam.
 おお、リアム。(ロスがエミリーを取り戻す)

Ross: Oh, Liam. So uh, what, were you guys playing soccer or something−or should I call it football?
 おお、リアム。それで、君たちはサッカーかなにかしてるのかな、それとも、フットボールって言うのかな?

Devon: We were playing rugby.
 俺たちラグビーしてたんだよ。

Liam: In fact we’re playing a game at the park tomorrow. You’re welcome to play too if you want.
 実は、明日も公園で試合があるんだ。もしよかったら歓迎するよ。

Emily: Ross play rugby? I don’t think so.
 ロスがラグビーを? それはないわね(笑)

Ross: What’s ah, what’s so funny about that?
 なに、何がそんなおかしい?

Emily: Well, I mean, you’re American to start with. You don’t even have rugby here.
 だって、ほら、第一あなたアメリカ人だし。ここにはラグビーないでしょ。

Ross: Well, we didn’t have freedom here until 1776, either so…
 自由だって1776年まではなかったんだからね。

Devon: So good then! We’ll see you at Riverside Park at 2:00! Cheers!
 それじゃやろうよ! リバーサイドパークに2時だ! 乾杯!

Liam: Cheers!
 乾杯!

Ross: Cheers!
 乾杯!

《セントラルパーク》

Janice: Oh, boy, I just love to sing!
 ああ、私本当に歌うの大好き!

Chandler: Yes, I-I know that you do, but I think one of the reasons people were complaining though, was that they paid to hear the actor sing Old Man River.
 ああ、わかったよ。でもみんなが苦情を言った理由もわかるよ。みんな俳優が歌うのを聞くためにお金払ったんだからね。

Janice: Oh, look at us! Who would’ve thought that Cupid had a station at 14th Street Nails.
 ああ、見てよ私たち! 14番街のネイルサロンにキューピッドがいるって誰が思う?

Chandler: Okay, we have to talk. I’m just getting out of a very serious relationship…
 オーケー、話したいんだ。俺は真剣な交際が終わったばかりなんだ。

Janice: I know! And I’m just getting out of a marriage, I mean talk about meant to be!
 そうよね! そして私も結婚が終わったばかりよ。これこそ運命よね!

Chandler: Right! I just think that this is happening too soon.
 そうか! ただ、これは早すぎると思うんだ。

Janice: Oh, too soon, too schmoon. Face it honey, I am not letting you get away this time.
 あら、何が早すぎるよ。覚悟しなさい、今回は離さないわよ。

Chandler: I hear ya. But! Unfortunately, my company is transferring me overseas!
 ああそう。でも! 残念ながら、俺は海外へ転勤させられるんだ!

Janice: Oh, no! Where to? To Paris?
 あらやだ! どこへ? パリ?

Chandler: No! No! Not, Paris.
 いや、違う。パリじゃない。

Janice:To London? No-no, Rome? Vienna? Ooh-ooh, Barcelona?
 ロンドン? いえ、ローマ? ウイーン? あっ! バルセロナ?

Chandler: Okay, could you just stop talking for a second? . . Yemen. That’s right! Yes! I’m being transferred to Yemen!
 ちょっと、少し黙っててくれないか? ・・・イエメン! そう、そうだ! 俺はイエメンに転勤なんだ。

Janice: When?
 いつ?

Chandler: I don’t know exactly.
 いつかはっきり知らない。

Janice: Well, I will just have to soak up every once of Chandler Bing until that moment comes.
 じゃあ私、最後の瞬間まで、チャンドラー・ビングの最後の一滴まで味わうわ。

Chandler: But I do know it’s some time tomorrow.
 でも明日だってことは知ってる。

《19号室:モニカとフィービー》

Monica: Done?
 できた?

Phoebe: Yep!
 うん!

(レイチェルとジョーイが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey! What’s up?
 やぁ、何してんの?

Monica: This switch thing has been driving me crazy. So I turned it off and checked every outlet. Now, four of them don’t work. Which means, one of them has to be controlled by the switch. So, I plugged in things in all four of the outlets that make noise, so that way, when I turn it on I just follow the noise and find out which one it is.
 このスイッチのことでどうかなりそうなの。だから、スイッチを切って全部のソケットを確認したのよ。4つは動かなかった。つまり、そのうちの一つはあのスイッチでコントロールされてるってことよ。それで、その4つのソケットにつないで、音で確かめるの。スイッチを入れて音を追えば、どれがその一つかわかるわ。

Joey: Bet I stopped listening before you did.
 (レイチェルに)聞くのやめたの俺の方が早かったぞ。

Rachel: You know, you-you also could’ve used uh, lamps and then followed the light.
 ねぇ、ランプをつけて明かりで見ることもできるわよね。

Monica: Yeah, well, I’m using noise. Okay. All right! So, is everybody ready? Here we go. . . I hear something! I hear something! Where is it?
 そうね、私は音でいくの。いい? じゃ、みんな用意はいい? いくわよ。・・何か聞こえる! 何か聞こえるわよ! どこ?

Rachel: It’s coming from Joey!
 ジョーイよ!

Phoebe: Oh, my God, that’s so freaky! Turn him off!!
 オーマイゴッド! 気味が悪いわ、スイッチ切って!

《20号室:テレビでラグビーを見ている》

Phoebe: Ooh, hey, could we put on the news? I think it might be raining.
 ねぇ、ニュースにしてくれない? 雨が降るかも。

Ross: Oh, just hold on a second. I’m watching this rugby thing on ESPN. I don’t know what the big deal is. I’m man enough to play this sport.
 ちょっと待って。ESPNでラグビーを見てるんだ。これでなんで騒ぐのかわからないよ。僕だって男だ、こんなスポーツぐらいできるぞ。

Joey: Dude, you’re not even man enough to order the channel that carries the sport.
 おい、男だったら、このスポーツチャンネルぐらい契約してるぞ。

(チャンドラーとジャニスが来る)
Janice: Hey there, Ross!
 ハーイ、ロス!

Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Janice.
 (ロスに囁く)ジャニスよ。

Chandler: You know, you really didn’t have to help me pack.
 なぁ、本当に荷造り手伝ってくれなくていいんだよ。

Janice: Ohh, well, when you said all you were going to be doing between now and the time you leave is packing, you didn’t really leave me much choice. Did you?
 まぁ、出かけるまでずっと荷造りするんだって言うんだもの、私手伝う以外ないじゃない、でしょ?

Chandler: Well, I-I thought I did but, I guess I did not!
 それ以外もあると思ったんだけどな。

Joey: Hey, what’s going on?
 おい、どうなってるんだ?

Chandler: Oh, I’m packing. You know I’m-I’m packing ‘cause I’m moving to Yemen tomorrow.
 ああ、荷造りだよ。ほら、明日イエメンに引っ越しだから荷造りだよ。

Joey: Thanks for telling me!
 教えてくれてありがと!

(ジャニスはベッドルームへ)
Chandler: I’m going to pretend I’m moving to Yemen, it’s the only way I can get rid of her.
 イエメンに引っ越すフリだよ! 彼女と別れるにはこれしかないんだ。

Joey: Ohhhh, good one! And Yemen that actually sounds like a real country.
 ああ、いい手だな。それにイエメンって本当にそういう国があるみたいじゃないか。

Janice: Chandler! Come on, I’m gonna show how to roll up your underwear and stuff it in your shoes. It’s a real space saver.
 チャンドラー! 来て! 下着を丸めて靴につめるの教えるから。本当にスペースができるわよ。

Phoebe: Yeah, I know, I do that ‘cause it makes me look taller.
 知ってるわ、私もそれやるのよ。背が高く見えるわよね。

Janice: Okay, Chandler, come on!
 ほら、チャンドラー、来て!

Chandler: Okay. Joey, trade lives with me!
 わかった。・・ジョーイ、人生交換して。

Joey: Nope. . . Man, look at this! Ross, I can’t believe you said you’d play rugby. I mean look how brutal this is!
 いや。・・(ロスに)おい、これ見ろよ、ロス! ラグビーするなんて信じられないよ。ほら、ほんと過酷だぞ!

Ross: Hey, I can handle it! All right?
 おい、なんとかできるよ。ね?

Rachel: Please, Ross, you-you got hurt playing badminton with my dad.
 何いってるのよ、ロス、あなたパパとのバドミントンで怪我したくせに。

Ross: That’s ‘cause-‘cause you’re mom’s dog kept-kept looking at me.
 あれは、君のおかあさんの犬が、僕を見つめてたからだよ。

Joey: Okay, Ross, look-look-look-look, look right here. That’s called a scrum, okay? It’s kinda like a huddle.
 おい、ロス、見て見て、これ。スクラムっていうんだぞ。ハドルみたいなもんだ。

Ross: And is a hum, kinda like a scruddle?
 簡単だよ。それじゃスクラドルかな?

Joey: Ross! They’re gonna kill you!
 ロス! 殺されるぞ!

Phoebe: Well, why are you doing this anyway?
 ねぇ、とにかく何でそんなことやるの?

Ross: You should’ve seen the guy that she used to go out with. I mean, he’s like Joe Rugby.
 彼女が前につきあった男を見せたかったよ。まるで、名字がラグビーさんだ。

(Joe Rugby = "Joe"は一般的な男という意味で使われることがある)

Phoebe: You’re kidding! And he plays rugby?! That’s so funny. . . Oh! I see how you did that. All right.
 冗談でしょ! その名前でそのうえラグビーやるの? おもしろいわね。・・ああ、今わかったわ。

Ross: Anyway, she thought the very idea of me playing rugby with him was like hilarious. So I’m gonna show her how tough I really am!
 とにかく、僕が彼とラグビーをやるって考えること自体が、たまらなくおかしいらしいんだ。それで、僕がいかにタフかってところを見せてやるんだ。

Rachel: I’m sorry. I’m sorry. You’re right, you are a tough guy. You’re the toughest paleontologist I know.
 (笑ってロスに睨まれ)ごめん、ごめん。そうよね、あなたはタフガイよ。私の知る限り一番タフな古生物学者よね。

Joey: All right, come on, look, Ross can take care of himself! It’s not like he’s…Chandler!
 いいか、ロスだって自分のことぐらいちゃんとできるさ。チャンドラーじゃないんだから。

Chandler: Thanks!
 (自室から)ありがとさん!

Ross: Look, don’t worry about me. Okay? I’ll just stay real energetic and stay away from the ball. I’ll uh, I’ll be that guy right out of the circle.
 心配することないって。ね? 動き回って、ボールに近づかないようにするよ。ほら、この輪の外にいるこの人みたいにさ。(テレビの1人を指差したが、その人はアタックされ倒れる)

All: Oh!
 うわっ!

Rachel: Oh, well maybe there was a dog looking at him.
 もしかして、犬が彼を見てたのかもね。

《公園:フィービーとジョーイも応援にきている》

Joey: Ross-Ross-Ross-Ross! Stay away from that guy, and that guy. And that one. . . Dude! They’re all huge!
 ロス、ロス、ロス、ロス! あいつには近づくなよ、それとあいつ。それからあいつも・・おい、みんなでっかいな!

Ross: They don’t look any bigger than me!
 僕より大きいようには見えないよ!

Joey: Well, maybe that’s because you’re closer to you. So you look bigger to you from where you are.
 そりゃおまえが自分に近いところにいるからだよ。そこから見たら自分も大きく見えるんだよ。

Emily: I’m just going to say hi to the lads. All right?
 ちょっとみんなに挨拶してくるわね、いい?

Ross: All right.
 わかった。

Emily: Okay.
 じゃ。

Phoebe: Hi. . . Whoa! . . I kinda liked it.
 (プレイヤーの1人に)ハーイ。(彼には前歯がない)ワオ! (ジョーイに)ちょっといいかも。

(ホイッスルが鳴り、メンバーが集まる)
Ross: Okay, I know what I have to do. I’ve got to go Red Ross. You know, Red Ross?
 よし、どうするかわかったよ。レッド・ロスで行く。(ジョーイ達は意味がわからず)ほら、レッド・ロスだよ。

Joey: Totally don’t know what you’re talking about.
 何いってんのか全然わかんない。

Ross: Come on! The time we were all waiting in line for Dances With Wolves and that one guy cut in line in front of us and I just lost it?! Screamed at him! Turned all red! Red Ross!!
 なに言ってんだ! 「ダンス・ウィズ・ウルブス」見るために並んでた時、男が割り込んできて、僕が切れただろ? そいつに怒鳴ったじゃないか。真っ赤になって! レッド・ロスだよ!

Joey: No.
 わかんない。

Ross: You’ll see.
 見てろ。

《エミリー、リアムとデボン》

Emily: Liam, do me a favor. Tell the lads to go easy on Ross, it’s his first time.
 リアム、お願いよ。みんなに、ロスには手加減するように言って。彼初めてなんだから。

Liam: You don’t say!
 だろうね!

Emily: Good luck, babe.
 がんばってね。

Liam: Ross! Ross! Come on! Get in here! Ross! Come on! . . . Ross, come on! Get in the bloody scrum! Ross, get in!
 (スクラムを組んで)ロス! ロス! 来いよ! ここに入れ! ロス! 来い!(ロスが入る隙がない)ロス、来いったら! スクラムに加われ! ロス、入れ!


Ross: JOEY!!!!!!
 (スクラムの中心に頭からはまって逆立ち)ジョーイ!!!

《19号室:レイチェルが帰る》

Rachel: You are not gonna believe it! Joshua came into work today, and guess what happened?
 あなた、これ、信じられないわよ! ジョシュアが今日オフィスに来たのね、それで、何があったと思う?

Monica: He asked you out?!
 デートに誘われた?

Rachel: No. But I was showing him some cufflinks and I felt his pulse.
 いいえ。でも、彼にカフスボタンを見せていて、脈に触れたわ!

Monica: Saucy!
 やったわね!

Rachel: What are these?
 (テーブルの上を見て)これなに?

Monica: Electrical plans for the building.
 このビルの配線図よ。

Rachel: Okay, okay, okay, should I be scared?
 ちょっとちょっとちょっと、これ怖くない?

Monica: I know that switch's gotta do something, okay? So-so I went down to city hall and got these. All I had to do was pay $25 and wait in line for three hours.
 あのスイッチが何かしてるってのはわかってるのよ、ね? それで、市役所に行ってこれもらってきたの。25ドル払って3時間並んで待っただけよ。

Rachel: Wow! If only more people knew.
 ワオ! みんな知ってたらそうするわよね。

《空港》

Chandler: You know, you really didn’t have to take me to the airport.
 ねぇ、空港まで送ってくれなくてもよかったんだよ、本当に。

Janice: Oh, please. Every moment is precious. You know? Besides, somebody had to ride in that other taxi with the rest of your luggage, and your friends don’t really seem to care too much that you’re leaving.
 そんなこと言わないで。貴重な時間なのよ、ね。それに、誰かがあの荷物と一緒にタクシーに乗らなきゃいけなかったじゃない。あなたの友達って、あなたが出発することあまり気にかけてないのね。

Chandler: Well, we’re really not that close. . . Okay, so I guess this is uh, good-bye then.
 ま、俺たちそんな親しくないから。よし、じゃあ、これで。さよなら。

Janice: On no! No! It’s not good-bye, I’m not leaving until you get on that plane.
 あら、いえいえ、まだサヨナラじゃないわよ。あなたが飛行機に乗るまで帰らないわよ。

Chandler: Okay. Well, I guess it’s just, wait here then. . . . Hi. I need one fake ticket to Yemen.
 そうか、それじゃ、ここで待って(ここで待てという看板を渡す)(カウンターの人に)どうも。イエメン行きのニセチケットがいるんだ。

Ticket Counter Attendant: One ticket to Yemen?
 イエメン行き一枚ですね?

Chandler: Oh, no-no-no, no. No, no, no, I just, I just need a pretend ticket.
 いやいやいや、違うんだ。なんちゃってチケットがいるんだ。

Ticket Counter Attendant: I’m sorry sir, I don’t understand.
 失礼ですが、どういうことでしょう。

Chandler: What would you give to a kid if he wanted a ticket to play with?
 もし、チケットで遊びたいって子供が欲しがったら何を渡すの?

Ticket Counter Attendant: Are you traveling with a child?
 お子様とご旅行ですか?

Chandler: ..No. All right, you know what, she’s gonna think that I’m handing you a credit card, but what I’m really gonna do is hand you a library card.
 ・・・いや。いいですか、彼女は、僕があなたにクレジットカードを渡すと思う、でも実際に僕が渡すのは、図書カードなんだ。

Ticket Counter Attendant: Ah, sir. A ticket to Yemen is $2,100, and we don’t take library cards.
 えー、イエメン行きのチケットは2,100ドルで、図書カードは受け付けません。

Janice: What’s the matter? Is something wrong? Do you have to stay?
 どうしたの? なにか問題? 行けなくなったの?

Chandler: American Express?
 アメリカン・エクスプレスで。

《公園》

Emily: I can’t believe they’re doing that to him! I told them to go easy on him!
 あの人達、こんなことするなんて信じられないわ! 手加減してあげてって言ったのに!

Phoebe: No offense but sometimes it’s hard to understand you, you know, with the accent, so…
 悪気はないけど、でも、時々あなたの言うのってわかりにくいのよね。ほら、アクセントがあるでしょ・・。

(ホイッスルが鳴る)
Emily: That’s just halftime, there’s more of this.
 ハーフタイムよ。まだ続きがあるわ。

Ross: Did you see me? I was pretty good, huh? That is one fun game!
 僕のこと見てた? すごくよかっただろ? これは楽しいよ!

Emily: Right.
 そう。

Ross: Hey, could you do me a favor? Could you just grab me a bottle of water?
 ね、頼んでいいかな? ペットボトルの水を持ってきてくれないか?

Emily: Okay.
 わかった。

Ross: Thanks. . . I-I think I’m dying. I really do.
 ありがと。(ジョーイにもたれかかる)僕、死ぬと思う。ほんと。

Phoebe: Oh, poor baby.
 まぁ、かわいそうに。

Ross: Tell my son that I love him. . . Excellent! Well, okay, I gotta have some more fun!
 息子に、愛してるって伝えて。(エミリーが戻る)よかった! よし、もっと楽しんでくるぞ!

Emily: Ross, they are killing you out there!
 ロス、みんなに殺されるわ!

Ross: That’s not true!
 そんなことないよ!

Phoebe: She’s right! You have to stop!
 彼女の言う通りよ! もうやめなきゃ!

Ross: What? No! No, I’m not stopping. I’m Red Ross!
 え? いやいや、やめないよ。僕はレッド・ロスだ!

Joey: Dude, if you go back out there, you’re gonna be Dead Ross!
 おい、おまえあそこへ戻ったら、デッド・ロスになるぞ!

Ross: I don’t care! I am not quitting! I'm gonna finish this game!
 構うもんか! やめないぞ! このゲームを終わらせてやる!

Emily: All right, all right, if you insist on doing this, at least let me help you.
 わかった、わかったわ。どうしてもやるっていうなら、せめて助けさせて。

Ross: No, God, no! That is no place for a woman. Those guys will grab anything.
 とんでもない、ダメだよ。女性が参加できるものじゃないよ。あいつら、なんでもつかみかかるんだ。

Emily: No. That’s not what I’m saying. I just may know a few things that might help you inflict some pain.
 いえ、そういうことじゃないの。私、あの人達を痛めつける方法がわかるかも。

Ross: I like that.
 それいいね。

Emily: Yeah? Listen closely, Devon has got a weak ankle.
 でしょう? よく聞いてね。デボンは足首が弱いの。

Ross: Huh?
 そう?

Emily: One swift kick and he’ll back off.
 ちょっと蹴ったら彼引っ込むわ。

Ross: All right, bad ankle, got it!
 よし、足首が悪い、わかった。

Emily: And that big bloke with the beard, he has got a trick hip. Yeah. And uh, and David over there, I heard he doesn’t wear a cup.
 それから、あのヒゲの大男、お尻に問題ありよ。そう。それから、あそこのデビッドだけど、彼はサポーターをつけてないらしいわ。

Ross: Yeah? I can use that, trick hip, no cup, okay! Okay!
 そう? それは使えるな。お尻に問題、サポーターなし、よし、よし!

Emily: And uh, Liam, Liam’s got bad knees. You hit him right and he’ll go down like a lamp.
 それからリアムだけど、リアムは膝が悪いの。直撃すれば、へたれるわよ。

Ross: But-but, Liam’s on my team.
 でも、リアムは同じチームだよ。

Emily: I don’t care! You just get him!
 構うもんですか! やっつけちゃえ!

Ross: I’m gonna go get him! Okay, I am going back in!
 やっつけちゃうぞ! よし、行ってくる!

Joey: The Red Ross! Okay.
 おお、レッド・ロスだ! よし!

《19号室:レイチェルが戻る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hi!
 ハイ!

Rachel: What-what are-what are these?
 (絵がいっぱい貼ってあるので)な・・なにこれ?

Monica: Oh, just some pictures I made and hung up. I thought they’d brighten up the place. They do, don’t you think?
 ああ、それは私が描いて貼ったのよ。ここが明るくなると思って。そう思わない?

(レイチェルが剥がし、下にあった穴が露見)
Monica: No-no-no, no!
 ダメダメダメ! ダメよ!

(レイチェルはどんどん剥がし、下に穴のないのを発見)
Monica: I know that there’s no hole there, I just really liked that picture.
 そこには穴がないけど、でもその絵がすごく気に入ったから。

Rachel: Oh, my God! Look at this!
 (また剥がして)なんてことなの、見てこれ!

Monica: Okay, but there is a wire back there! I mean that switch is connected to something!
 だけど、そこにはワイヤがあったのよ! あのスイッチはどこかにつながってるのよ!

Rachel: I don’t care! The wires have come loose in your head!
 知るもんですか! あなたの頭のワイヤがゆるんでるわよ!

Monica: I just thought that if I could follow the wire I could find out what it did.
 だってワイヤを追っていけば、何をしてるかわかると思ったのよ。

Rachel: And did you?!
 わかったの?

Monica: No. It disappears back there behind that baseboard. For a minute there, I thought it went downstairs.
 いいえ。壁の下の幅木の後ろで見えなくなったの。もしかしたら、下に行ってるかと思っちゃった。

(レイチェルが床の紙を剥がすとそこにも穴があり愕然とする)
Monica: But it didn’t. Say hello to Mrs. Catrokis.
 でも違った。ミセス・カトロカスさんに挨拶して。

Rachel: Oh, my God.
 なんてことなの!

Mrs. Catrokis: Hello, darling.
 こんにちは!

Rachel: Hello, Mrs. Catrokis.
 こんにちは、ミセス・カトロカス!

《セントラルパーク:ゲームから戻った4人》

Phoebe: Are you sure you don’t want to go see a doctor?
 本当にお医者さんいかなくて大丈夫なの?

Ross: Oh, no! That-that’ll just bring me down! This was great! I mean I-I-I was great! This is a great day! You know what? I’m buying everyone coffee. All right? If someone would just grab my wallet. It’s in my pocket.
 いやいや! そんなことしたら気分が台無しになるよ! 気持ちよかった! 僕すごかったよな! いい日だよ! みんなにコーヒーごちそうするよ。ね、誰か財布とってくれないかな、ポケットに入ってるから。

Joey: Yeah, sure.
 ああ、わかった。

Ross: No, not you.
 いや、おまえじゃないよ。

Joey: Uhh, look, your eye’s still popping out a little. I’m gonna go get some ice.
 なぁ、まだ目が腫れてるな。氷をもらってくるよ。

Phoebe: Ooh, ice! I am so in the mood for ice!
 ああ、氷ね! 私も氷が欲しい気分なのよね!

Emily: You were amazing out there.
 あなたすばらしかったわ。

Ross: Oh, I kind of was, wasn’t I?
 ああ、そんな感じだったよね?

Emily: Oh, my God!
 もうすごい!

Ross: I made a man twice my size cry. I mean, I haven’t done that since I was four and I washed my dad’s Porsche with rocks.
 僕の2倍の男を泣かせたよ。あんなこと、4歳の時にとうさんのポルシェを石で洗って以来だよ。

Emily: You really enjoyed yourself, didn’t you?
 あなた本当に楽しかったのね?

Ross: Please! Are you kidding? I-I hurt three huge men, I gave a guy a bloody nose−I mean I-I’m not proud of it, but I really am. And it’s all because of you, wonderful, amazing you.
 何いってるの、もちろんだよ! でっかい男を3人も怪我させたし、鼻血出させたし、いや、自慢じゃないけど、でも自慢だよ。それもみんな君のおかげだ。すばらしくすてきな君の。

Emily: I think you’ve got concussion.
 頭を打ったのね。

Ross: No, no, I’m serious. Thank you.
 いやいや、マジで。ありがとう。

Emily: You’re welcome. . . I’m sorry. Did I hurt you?
 どういたしまして(ハグするとロスがうめく)ごめんなさい。痛かった?

Ross: It’s worth the pain. . . You know what, you know what? It’s not.
 でも甲斐があるよ。(再びハグ)ちょっと、ちょっといい? やっぱり無理。

[Ticket Counter Attendant: This is the final boarding call for Flight 664 to Yemen.
 イエメン行き664便、最終コールです。

Chandler: Well, I guess I gotta go.
 じゃ、行かないきゃね。

Janice: Oh, my Bing-a-ling. I’ll wait for you. Do you even know how long you’re going to be gone?
 ああ、私のビングちゃん。待ってるわ。いつ帰って来られるか、わかってるの?

Chandler: Well, just until we find an energy source to replace fuel.
 そう、代替燃料資源が見つかるまでだよ。

Janice: Oh. Well, I’ll whrigt you everyday. . . 15 Yemen Road, Yemen.
 ああ、それじゃあ、毎日手紙書くわね。イエメン、イエメン通り15ね?

Chandler: Okay, good-bye. Good-bye.
 そう、じゃあ、サヨナラ、さよなら。(搭乗デッキに向かうフリで戻る)

Janice: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: No!
 違います!

Janice: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Janice! There you are! There you are! I had to have one last kiss, and also-also you said that you were going to leave right after I got on the plane!
 ジャニス! ここにいたんだね! ここだったんだ! 最後にもう一度キスと、それから、俺が飛行機に乗ったらすぐ帰るって言ったじゃないか!

Janice: No! No! I wanna see you take-off.
 いいえ、いいえ! あなたが飛び立つところを見たいわ!

Chandler: Well, I then guess I’m going to Yemen! I’m going to Yemen! . . . When we get to Yemen, can I stay with you?
 そうか、それじゃ、俺はイエメンに行くんだな! イエメンに行く!・・(同じ便に乗る女性に)イエメンに着いたら泊めてくれる?

《19号室》

Monica: All right. The super couldn’t figure out what it did. A $200 an hour electrician couldn’t figure out what it did. I’ve had seven pretty serious shocks. I officially give up.
 もういい。管理人さんもわからなかった。1時間200ドル払って見てもらった電気技師も何に使うかわからなかった。私は何回かひどく感電した。もう諦めるわ。

Rachel: Thank God.
 助かった!

Monica: I guess Joey was right, it does nothing.
 ジョーイの言った通りね。これは何もならないのよ。

《20号室:フィービーの瞬きと同時にテレビがついたり消えたりするのをジョーイが驚いて見ている》

Phoebe: See? I’m doing it. I am totally doing it. . . . I lost it.
 ほらね? 私の力よ。完全に私の力だわ。(TVついたままになる)失ったわ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 13:02| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。