2013年08月05日

4-14 The One With Joey’s Dirty Day

4-14 汚れまくりのジョーイの話

 ☆ジョーイとチャールストン・ヘストン

《20号室:ジョーイが釣の準備をしている》※ややこしいので、部屋の号数で表示します。20号室は広い方。

Phoebe: So now, what is this now?
 それじゃ、これは何?

Joey: Googlie Worm.
 ぎょろ目いもむし。

Phoebe: And this?
 これは?

Joey: Glow Pop Jiggly Jam.
 光ってポンポンおっぱいジャム

Phoebe: Hey, it's so funny.
 あぁ、おもしろい!

Monica: Hey umm, what’s this?
 ねぇ、これは何?

Joey: Ohh, a hunk of sandwich from last year.
 ああ、それは去年のサンドイッチのかけらだ。

Ross: Ohh, Geller’s got one hooked! Ohh! Looks like a big one! Yeah, ohh! Ohh! It’s the classic struggle between man and,... Someone knocked over a lamp.
 (1人釣りごっこ)おお! ゲラーに引きがきました! おお、でかい模様! よし、おっ!おっ! 昔からの苦闘、人と・・・(ライトを倒す)誰かがスタンドを引っくり返しました。

Joey: That’s all right. Hey you guys, you know what’s going to be great about the fishing trip this year? When my dad gets me out in the middle of the lake and gives me that, "Joey, what are you doing with your life?" stuff. I can say, "Well, I’m doing a movie with Charlton Heston, dad. What are you doing with your life?"
 (釣り竿を拾いながら)いいよ。なぁ、今回の釣旅行ですごいこと何かわかる? 親父と湖の真ん中あたりまで出てって、おやじが聞くだろ、「ジョーイ、最近はどうだ?」みたいな。そうしたら俺は「ああ、チャールストン・ヘストンと映画やってるよ、おやじはどう?」って言うんだ。

All: Great!
 いいじゃん!

(チャンドラーがベッドルームから出てくる)
Chandler: You don’t have to stop having fun just because I’m here. Kathy didn’t cheat on all of you. . . Well, except you.
 俺が来たからって急に静まらなくてもいいよ。キャシーは君たちみんなを裏切ったわけじゃない。・・(ジョーイを見て)おまえは違うけど。(ハグした後バスルームへ)

Monica: Hey, Joey, I don’t think that you should leave Chandler alone. I mean, it’s only been two days since he broke up with Kathy. Maybe you can go fishing next week?
 ねぇ、ジョーイ。チャンドラー1人にしておいちゃいけないんじゃないの。キャシーと別れてまだ2日だもの。釣りは来週にしたら?

Joey: Look, there’s nothing I can do for him right now, he’s still in his sweat pants, that’s still Phase One. You know? I’ll be back for Phase Two, I would never miss Phase Two.
 な、今は何もしてやれることがないんだよ。やつはまだスウェットはいてる、ってことは、まだ第1段階だ。第2段階には戻ってくるよ。第3段階は絶対逃さない。

Monica: What’s Phase Two?
 第2段階ってなに?

Joey: Getting drunk and going to a strip club.
 酔っぱらってストリップクラブに行くんだ。

Rachel: How does going to a strip club make him better?
 ストリップクラブに行くことでなんでよくなるのよ?

Ross: There are naked ladies there.
 裸の女性がいるだろ。

Joey: And it helps him get to Phase Three, picturing yourself with other women.
 そうすると第3段階にいきやすくなる。他の女性と一緒にいる想像をし始めるんだ。

Ross: There are naked ladies there too.
 そこにも裸の女性がいる。

Joey: Yeah.
 そう。

Chandler: Would you give me one minute, please?
 (バスルームのドアを開けて、ついてきたチックとダックを外へ出すチャンドラー)頼むからちょっと1人にして!

《レイチェルのオフィス》

Joshua: So, these will match the jacket you picked out for me last week?
 (パンツ試着中)これは先週選んでくれたジャケットに合う?

Rachel: Um-hmm. There we go. There it is.
 ええ。(後ろからジョシュアを眺め)ほらこの通り。ああ、これよ。

Joshua: Oh! You know what I need?
 あ! それから、あれがいるんだ!

Rachel: Yeah!
 え?

Joshua: Gloves. Brown, leather dress gloves.
 手袋。茶色のレザーで、おしゃれなのを。

Rachel: Oh, okay. Uhh, well let’s see. . . You’re about−well uh, this one is large. And this one..
 ああ、わかったわ。えっと・・(手をつかんで見る)これは・・ラージサイズ。そしてこっち・・(もう一方の手をつかむ)

Joshua: Also large?
 そっちもラージ?

Rachel: Yeah! Okay, two larges coming right up!
 そうね! じゃあラージをすぐ用意するわ!

Joshua: Okay.
 オーケー。(試着室へ戻る)

(ウォルサムさんが来る)
Mr. Waltham: Rachel! Could I have a moment?
 レイチェル! ちょっといいかね?

Rachel: Yes.
 はい。

Mr. Waltham: I was wondering, my niece, you see, is in town from London−well, Shropshire really, but you know. She’s about your age, I'd say. Anyway I have tickets for the opera, Die Fledermaus, and I was wondering if you’d like to keep her company this evening?
 どうかな、私の姪がね、ロンドンからこっちに来ているんだが、いや本当はシュロップシャーだがまぁいい。彼女はだいたい君ぐらいの年かな。とにかく、オペラのチケットがあるんだ。『こうもり』なんだがね、どうかな、今夜、君一緒に行ってくれないかね?

Rachel: Sure. You got it. Great!
 いいですよ。わかりました。いいですね!

Mr. Waltham: Oh, good.
 ああ、よかった。

Rachel: Count me in. Me. Fledermaus, great. I really..
 行きますから、私が。『こうもり』ですね、いいですね。私はこちらが・・(ジョシュアが戻る)

Mr. Waltham: Ohh! Yes, of course, thank you, thank you, thank you so very much.
 あっ、そうだね、もちろん。ありがとう、ありがとう、本当にありがとう。

Joshua: So…
 それで・・(手袋を期待)

Rachel: So?
 それで?(手袋のことを完全に忘れてジョシュアの手を握る)

Joshua: Gloves?
 手袋?

Rachel: Ohh! Right! Right, sorry, I’ll be right back!
 あっ! そう! そうね、ごめんなさい。すぐ戻るわ。

Joshua: Uhh, actually you know what? I got to take off.
 あ、いや、いいよ。もう行かないと。

Rachel: Oh.
 あら。

Joshua: But, I was curious. Do you have any plans for tonight?
 ただ、どうかな、今夜なにか予定ある?

Rachel: No! Nothing!
 いいえ! 何も!

Joshua: I invested in this nightclub and it’s opening tonight. Would you like to come?
 僕あるナイトクラブに出資してるんだけど、そこが今夜オープンなんだ。来ない?

Rachel: Yeah! That would be great!
 ええ! それは楽しそうね!

Joshua: You’re into hardcore S&M right?
 君、ハードコア・SMいけるんだよね?

Rachel: Well, I-I guess−I…
 あ・・あの・・それは・・

Joshua: Kidding! I’m gonna get there early, but I’m gonna put you on the V.I.P list, okay? Look for me.
 冗談だよ! 僕は早く行ってるけど、VIPリストに君の名前入れておくから、ね? 僕を探して。

Rachel: Yeah, great, you betcha!
 わかったわ、任せて!

Joshua: I'll see you tonight.
 じゃあ今夜会おう。

Rachel: Okay.
 オーケー!

Joshua: Okay.
 オーケー。

(ウォルサムさんが来る)
Mr. Waltham: I almost forget the tickets, didn’t I?
 チケットを忘れるとこだったね?

Rachel: What?
 え?

Mr. Waltham: For you and Emily, tonight, Die Fledermaus.
 君と、エミリーの、今夜の『こうもり』だよ。

Rachel: Oh. Oh, right.
 あ、ああ、そうですね。

Mr. Waltham: I think you’ll like it. It has two out of the three tenors.
 きっと気に入ると思うよ。3大テノールのうち2人が出てるんだ。

Rachel: Oh, yay!
 ああ、わーい!

《20号室》

Chandler: You know, I can’t believe Kathy did this to me. I really, thought that she was the one. I tell you what. From now on I’m not getting out of this chair, ever! Okay? From now on, this chair is the one! You wanna what else is the one? My sweat pants!
 キャシーがこんなことするなんて信じられないよ。本当に彼女こそと思ったんだ。いいか、これからは、この椅子から二度と離れないぞ。二度と! わかる? これからは、この椅子こそが、俺のパートナーだ! もうひとつのパートナーわかる? このスウェットパンツだ!

Ross: Come on, man! Just-just take the sweats off. Okay? Just take ‘em off and we’ll have some fun.
 そんなこと言うなって! とにかくそれを脱げよ。ね? それを脱いで、楽しもうよ!

(ジョーイが帰ってくる)
Joey: Hey-hey!
 ヘイヘイ!!

Ross: Hi!
 やぁ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Catch any big fish?
 大物釣れた?

Joey: Oh, my God, you guys have no idea.
 それはもう! みんな想像もつかないぞ。

All: Oh! God! Wow!
 うわっ! 何これ!

Monica: You stink!
 あなた臭い!

Ross: Are you kidding?!
 かんべんしろよ!

Joey: Yeah, three days on the lake without a shower. Plus! I fell in that big tub of worms at the bait stand! Hey, how’s he doing?
 ああ、3日間シャワーなしで湖にいたんだ。おまけに、釣り餌屋で餌のおけにはまっちゃってさ。なぁ、やつはどう?

Ross: He hasn’t gotten out of that chair in two days.
 この2日間あの椅子から離れないんだ。

Joey: Hey, buddy! How’s it going?
 (チャンドラーの横に座り)やぁ、元気か?
(チャンドラーは匂いで逃げて行く)

Joey: Hey, see that? He just needed his pal to come home. All right, uh, I got to memorize my lines. . . Me and Charlton Heston, bright and early tomorrow, baby!
 あれ見た? やつに必要なのは連れが帰ってくることだったんだ。さぁ、セリフ覚えないと。俺とチャールストン・ヘストンとで、明日は早いぜ、ベイビー!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey, Monica!
 あら、モニカ!

Monica: Uh-oh, what’s the matter?
 なに、どうかした?

Rachel: Ohh, it’s Joshua invited me to this fancy club opening tonight. But, I already told Mr. Waltham that I would take his niece to this dumb old opera. So… What are you gonna do?
 ああ・・ジョシュアがクラブのオープンに呼んでくれたのよ。でも私ウォルサムさんに、彼の姪をオペラなんかに連れてくって言っちゃったのよ。だから・・どうしよう?

Monica: I don’t know, sweetie.
 わからないわ。

Rachel: No! Help me!
 ダメよ! 助けて!

Monica: I can’t. I have to work.
 できないわ、仕事だもの。

Rachel: Phoebe?
 フィービーは?

Phoebe: I would, but I get my morning sickness in the evening.
 残念だけど、夕方つわりになるの。

Rachel: Ugh!
 ああ!

Phoebe: Unless, she wants to spend the night holding my hair back for me.
 彼女が一晩中私の髪を持っててくれるっていうなら別だけどね。

Rachel: Oh, gosh. You guys, come on, this is−I have to meet Joshua! This is my one chance for him to see the fun Rachel. You know the "Wouldn’t it be great if she was my wife" Rachel. Ohh, all right! Are Joey and Chandler back?
 ああ! ねぇ、頼むわよ・・ジョシュアに会わなくちゃ! 彼が楽しいレイチェルに会うチャンスなのよ。彼が「もし彼女が妻だったら素敵だろうな」って思うレイチェルよ。ああ! ジョーイとチャンドラーはいる?

Monica: No, Chandler’s still in Phase One, and Joey’s that thing you smell.
 ダメよ。チャンドラーはまだ第1段階だし、ジョーイはこのひどい匂いよ。

Rachel: Oh! ... Hi!
 ああ! (ロスに気づき)ハーイ!!

Ross: Hi!
 ハイ!

Rachel: So….
 ねぇ・・。

Ross: …..No.
 イヤ。

Rachel: Ohhhh, come on!!!
 ねぇぇ、お願い!

(ノックの音)
Monica: I think she’s here.
 彼女が来たみたいよ。

Rachel: No! Wait! Wait-wait! Ross, please!
 ダメだわ。待って待って待って! ロス、お願いよ!

Ross: You want me to take some girl I’ve never met to the opera so you can go to a club and flirt with some guy, hmm. That is a toughie.
 君がクラブに行って誰かと遊びたいために、僕に、会ったこともない女の子をオペラに連れていけって? うーん、これは難しい問題だ。

Monica: Ohh, she’s looking down the hall. Oh! She looked right at me! Oh , wait, you can’t see people through that little hole, can you? . . Hello!
 (覗き穴から見ている)あ、彼女廊下でうつむいてる。あっ!私を見たわ! いえ、あの小さな穴から見えないわよね?・・・ハロー!

Woman: Hello!
 ハロー!

Rachel: I’ll be right there! .. Okay, Ross, please, come on! I thought we had moved on! I thought we’ve gotten to a place where we could be happy for each other! I mean was that just me?
 すぐ行くわ! (ロスに)ねぇ、ロス、お願いよ。私たち前に進んだでしょう! お互いの幸せを喜べるところにきてるじゃない? それは私だけ?

Ross: All right, I’ll do it.
 わかったよ。行くよ。

Rachel: Oh, thank you! Thank you, thank you, thank you! . . . Emily?
 ああ、ありがとう! ありがとう、ありがとう、ありがとう!! (モニカがドアを開け)エミリー?

Emily: Yes.
 ええ。

Rachel: I’m Rachel Green.
 レイチェル・グリーンよ。

Emily: Thank goodness.
 ああ助かったわ。

Rachel: There’s been a teeny-teeny change in plans. It turns out that I’m not free tonight. So…
 ちょっとささやかな変更があって、今夜私あいてないのよ。

Emily: Really?! Well, that’s just lovely, isn’t it? I must’ve missed your call, even though I didn’t leave the flat all day.
 あらそうなの?! まぁそれは素敵じゃないの? 私、あなたの電話を取り損なったのね、一日中部屋を出なかったのにね。

Rachel: Oh well, no I…
 あ、その・・

Emily: Oh, no-no-no, that’s not rude! It’s perfectly in keeping with a trip that I’ve already been run down by one of your wiener carts, and been strip-searched at John F. Kennedy Airport. Apparently to you people, I look like someone who’s got a balloon full of cocaine stuffed up their bum.
 いえいえいえ、失礼じゃないわよ! この旅行はすでに完全にその調子よ。おたくたちの屋台のカートに轢かれて、ジョン・F・ケネディ空港では服を脱がされて調べられたし。どうやらあなた方から見ると、私はコカインの入った風船をお尻につめてる人に見えるらしいわね!

Monica: I-I-I think you look great.
 わ・・私はあなた素敵だと思うわ。。

Emily: Good night, it was very nice to meet you all.
 失礼するわ。お会いできてよかった!(立ち去る)

(みな呆然)
Rachel: I’ll get her.
 ・・追いかけるわね。

Ross: Please, hurry.
 頼むよ、早く。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Don’t you just love the way they talk?!
 あのしゃべり方、本当にいいわよね?!

《20号室》

Phoebe: Ohh!
 あっ!

Monica: What?
 何?

Phoebe: It kicked! I think the baby kicked!
 蹴ったわ! 赤ちゃんが蹴った気がする!

Monica: Oh, my, God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: Oh, no, wait, oh no, the elastic on my underwear busted.
 あ、待って、違った。下着のゴムが切れた。

(ジョーイがベッドルームから走ってくる)
Joey: Oh, my God! I overslept! I was supposed to be on the set a half an hour ago! I gotta get out of here!
 大変だ! 寝過ごしたよ! セットに30分前に行ってなきゃいけないのに! 早く行かなきゃ!

Monica: Oh wait, Joey, you can’t go like that! You stink!
 待って、ジョーイ、そのままじゃダメよ! 臭いわよ!

Joey: Look, I know I fell asleep before I could take a shower. And now I don’t have time! They’re just ten blocks away, if I run, I can make it.
 シャワー浴びる前に寝ちゃったんだよ。もう時間がない! 10ブロック先だから、走っていけばなんとかなる。

Monica: Yeah. Run ten blocks, that’ll help the smell.
 そうね、10ブロック走って行けば匂いもなんとかなるわね。

(ジョーイがでかけレイチェルとすれ違う)
Rachel: Hey−whoa, slow down. No, keep moving. Wow!
 うわっ、ゆっくり。(匂い)いえ、早く行って。・・ワオ!

Monica: So? How did it go with Joshua last night?
 それで? 昨日はジョシュアとどうだった?

Rachel: Well, I didn’t see Joshua, but I did punch a girl in the face.
 それが、ジョシュアと会えなかったの。そして女の子の顔を殴っちゃった。

Monica: What?
 なんですって?

Phoebe: Why?
 どうして?

Rachel: The whole night was horrible, it was pouring down rain, and when I got there, there was no Rachel Green on the list, but there was a Rachel Greep.
 もう最悪の夜だったわ。ひどい雨だったし、着いたらリストにレイチェル・グリーンがなくて、レイチェル・グリープってのがあったの。

Phoebe: Ohh! So, did you get to meet her?
 まぁ! それでその人に会えたの?

Rachel: No, there is no Rachel Greep, but then this other girl overheard us and she was all, "I’m Rachel Greep! I’m Rachel Greep!" and he let her right in.
 違うわよ。レイチェル・グリープなんていないの。でも、ほかの女の子が私たちの話すのを聞いて、「私がレイチェル・グリープ、私がレイチェル・グリープよ!」って言って、入れてもらっちゃったの。

Monica: So you hit her in the face?
 それでその子の顔を殴ったの?

Rachel: No, she was already in, but then this big bitch behind me tried to steal my umbrella, so I clocked her. Ohhh! I can’t believe this, all I wanted was a few hours outside of work to see Joshua, so he can go ahead and start falling in love with me.
 ううン。その子はすぐ入っちゃったんだけど、後ろにいたでっかい女が私のカサを盗ろうとしたから、ぶん殴ったの。あああ! 信じられない。仕事以外で数時間一緒にいたいだけなおに。そうすれば、彼は遠慮なく私と恋に落ちるのに!

Phoebe: Aww, Pheebs.
 ああ、フィーブス・・。

Rachel: Honey, that’s you’re name.
 あら、それあなたの名前じゃないの。

Phoebe: That’s short for Phoebe?! I thought that was just what we called each other!
 これフィービーの短縮だったの? 互いに呼ぶ名前かと思った。

(チャンドラーがベッドルームから出てくる)
Monica: Hey! You’re wearing pants!
 あら! パンツはいたわね!

Chandler: That’s right! Where are the guys? I’m ready to get drunk and see some strippers.
 その通り! やつらはどこ? 酔っぱらってストリッパーを見に行くぞ!

Monica: It’s 9:30 in the morning.
 朝の9時半よ。

Chandler: They got a breakfast buffet.
 朝食ブッフェがあるよ。

(電話が鳴る)
Monica: Hello. Oh, hey, Ross!
 もしもし。あら、ロス!

Chandler: Ooh, let me talk to him!
 ああ、話させてくれ!

Monica: Oh-oh, my God!
 ええ、ほんと!

Chandler: Well, can I just…
 な、ちょっと・・

Monica: Shh!! Wait, what?
 (チャンドラーに)シーっ! (電話)待って、何?

Chandler: She’s shushing me! It’s my phone and she’s shushing...
 彼女がシーッて。俺の電話なのに、彼女シーって・・

Phoebe: Shhh!! Please! What’s he saying?
 シーっ! 頼むわよ。(モニカに)彼なんて?

Monica: He’s with Emily at a Bed and Breakfast in Vermont!
 エミリーと一緒にバーモントで民宿に泊まってるのよ!

Phoebe: What? Oh, my God!
 えっ! オーマイゴッド!

Rachel: What? Who the hell is Emily . . . noooo!
 なに? エミリーっていったい・・(思い出す)うそーーー!!

《20号室:続き》

Rachel: They’re in Vermont!! How did this happen?!
 バーモントにいるですって! どうしてそうなるのよ!(チャンドラーが叩かれる)

Chandler: Ow!
 イタっ!

Rachel: How−how did end up in Vermont with that awful witch?!
 どうしてあんな女と一緒にバーモントにいることになるのよ?!(また叩く)

Chandler: Maybe she doesn’t hit him all the time.
 彼女は叩きまくらないからじゃないか?

《電話の向こうのロス》

Ross: When we first met her, she was soaking, her feet were wet! Who wouldn’t be miserable? I’m telling you when I got her into a dry pair of shoes, she was a totally different person.
 初めて会った時は、彼女びしょ濡れで足も濡れてただろ! そんなじゃ誰でもミジメになるよ。乾いた靴に履き替えたら、彼女は全然別人だったんだよ。

(エミリーが来る)
Emily: Ross! Come quickly! There’s a deer just outside eating fruit from the orchard!
 ロス! 早く来て! 表にシカがいて、果樹園のフルーツを食べてる!

Ross: I’ve gotta go, there’s a deer just outside eating fruit from the orchard!
 行かなきゃ。表にシカがいて、果樹園のフルーツを食べてるんだ!

《20号室》

Monica: He had to go, there’s a deer just outside eating fruit from the orchard.
 彼行かなきゃって。表にシカがいて、果樹園のフツーツ食べてるんですって。

Rachel: I don’t get this! She was horrible!
 わからないわ! 彼女ひどかったじゃないの!(また叩く)

Chandler: Okay, I’m going to go stand over there.
 よし、俺はこっちに立ってる。(移動)

Monica: Why do you care so much anyway?
 なんでもいいけど、どうしてそう気になるのよ?

Rachel: I don’t care. You know what? I’m just upset that I’m getting nowhere with Joshua that−you know what still, you do not meet someone and go flitting off to Vermont!
 気にしてないわよ。私はただ、ジョシュアとなんともならないからイライラしてるのよ。それにしても、人にあってすぐバーモントになんて行かないわよ!

Monica: Well, when you first met Barry, you flitted off to Vail.
 あら、あなたバリーに初めて会ったとき、ヴェイルにすぐ行ったじゃない。

Rachel: Oh, you know, would you just for once, not remember every little thing!!
 もう! たまには、いちいち覚えてるのやめたら?!(出ていく)

Chandler: So you know, uh, when’s he getting back?
 それで、やつはいつ帰ってくるの?

Monica: A couple of days.
 2日後よ。

Chandler: You know, I knew something like this was going to happen.
 こういうこともあると思ったよ。(パンツを脱ぐと下にスウェット)

Monica: What are you doing?! Chandler! You can’t just go back a phase!
 なにしてるのよ、チャンドラー! 段階戻っちゃダメでしょう!

Chandler: Yes, you can. You’re thinking about time, you can’t go back in time.
 いいんだよ。君が言うのは時間だよ。時間は遡れないからな。

Phoebe: Well, look, why don’t you just, why don’t you do your Phase Two strip club thing with us.
 ねぇ、それじゃあさ、その第2段階のストリップクラブっていうの私たちとやりましょうよ。

Monica: Yeah, come on, we can be guys!
 そうよ。私たちだって男になれるわ。

Chandler: No, you can’t.
 それは無理だね。

Phoebe: Come on! Let us be guys! Maybe we want to be guys!
 いいじゃん! 男にしてよ! 男やってみたいわ!

Chandler: You don’t want to be guys, you’d be all hairy and wouldn’t live as long.
 男にはならない方がいいよ。君たち毛深くなって、寿命も短くなるぞ。

Phoebe: You know, you just stop being such a wuss and get those off and you come with us and watch naked girls dance around!!
 もうウジウジいってないで、それを脱いで私たちと一緒に裸の女の子たちが踊り回るのを見に行くの!!

Chandler: Okay.
 わかったよ(泣き出す)

Phoebe: I’m sorry.
 ごめん。(ハグ)

シルバーカップスタジオ》
shilvercup.jpg

Joey: Hey! Joey Tribbianni! I’m here! I’m here!
 どうも! ジョーイ・トリビアーニです! 来ました! 来ました!

The A.D: Calm down, we got time, we’re running a little late.
 落ち着いて。まだ時間はあるよ。ちょっと遅れてるんだ。

(チャールストン・ヘストン登場)
Joey: Look at that. Charlton Heston eating a licorice whip!
 見て。チャールストン・ヘストンがリコリス食べてる。

The A.D: Yeah, he loves them. I’ve never seen him with…
 ああ、彼あれが大好きなんだ。いつも彼は・・(ジョーイの匂いに気づく)

Joey: Whoa! Yeah, what the hell is that? What smells so bad?
 うわ! なんだ、これは? 何がこんなに臭いんだ?

The A.D: You.
 きみだよ。

Joey: I could see why you think that, but ah, actually, you know who I think it is?
 そう思うのもわかるけど、本当はさ、誰かわかる?

The A.D: You?
 きみ?

Joey: No-no, it’s uh, it’s Heston.
 いや違う。ヘストンだよ。

The A.D: What?
 は?

Joey: Yeah, the man reeks! Smells like he went on a three day fishing trip and then ate some licorice.
 そう、あの人がにおってるんだよ! 3日間釣り旅行に行ってリコリス食べたような匂いだ。

The A.D: There’s no way he smells, he’s the only one around here with a shower in his dressing room.
 彼が臭いなんてあり得ないよ。彼の楽屋だけシャワーがあるっていうのにさ。

Joey: Really, a shower huh? And uh, which-which room might that be?
 ほんと、シャワー? それって、どの部屋かな?

The A.D: The one with "Heston" on it.
 「ヘストン」って書いてある部屋だよ。

Joey: Interesting.
 興味深い・・。

《ストリップクラブ》

Monica: Okay, I’ve got some ones, you wanna put them in her panties?
 さぁ、1ドル札あるわよ。あの子のパンティに入れる?

Chandler: No, thanks, Mom!
 結構です、ママ!

(フィービーの隣に座った男性客がタバコに火をつける)
Phoebe: Oh, no umm, hi, that-that. You have to put that out because I’m pregnant.
 あ、ダメ。どうも、それ。それ消して、私妊娠中なの。

The Cigarette Guy: Well, maybe you and your baby should go to another strip club.
 おまえとおまえの赤ん坊がどっか他のストリップクラブへ行けばいい。

Phoebe: Ha-ha, it’s not my baby, ha-ha-ha!
 ハハ! 私の赤ちゃんじゃないんだよ、ハハハ!(男は立ち去る)

Monica: Very good, so good.
 (ダンサーに)すごくよかったわ!とっても!

Phoebe: I really, really enjoyed it. Very exotic.
 本当に本当に楽しかった。すごくエキゾチックで。

Rachel: Well, I just checked our messages and Joshua didn’t call. You’d think he’d be worried about me not showing up at his club. Ugh, you know what makes it so much worse? Ross is all happy in Vermont!
 留守電チェックしたけど、ジョシュアから電話がないわ。私がクラブに行かなかったのを心配していてもよさそうなものなのに。ああ! もっと悪いことに、ロスはバーモントで楽しんでるのよね。

Phoebe: Come on! Look where you are!!
 なに言ってるの、あなたこんなところにいるのに!

Monica: When you get a sec, another round of daiquiris.
 ね、この次ダイキリお願い。

Phoebe: Remember, a virgin for me please.
 私にノンアルコールお願い。

(virgin drink=Non alcoholic beverage)

Monica: Oh! And don’t let me leave without getting the name of that carpet guy.
 あ、それから、カーペット掃除の人の名前忘れずに教えてね。

Chandler: Ahh, come on! You know what? I think I’m just gonna go home and call Kathy.
 ああ、もう何だよ! なぁ、もう帰ってキャシーに電話するよ。

Phoebe: Well, if you think it will help.
 ま、それがいいっていうなら。

Chandler: No! That was a test! You know, in a couple of hours I’m gonna get really drunk and wanna call Kathy and you guys are gonna have to stop me! And then after that, I’m gonna get so drunk, I’m gonna wanna call Janice
 ダメだよ! 今のはテストだったんだぞ! あと2時間くらいしたら俺は本当に酔っ払って、キャシーに電話したがるから、君たちはとめなきゃダメなんだ! その後は、もっと酔っ払って、ジャニスに電話するって言いだすんだ。

Phoebe: You should! How is she?
 してみたら! 彼女元気?

Chandler: Ohhh!!
 もう!!

Monica: I think somebody needs another lap dance.
 どなたかさんは、またラップダンスが必要よ。
 
《シルバーカップ:シャワーを浴びているジョーイ》

Charlton Heston: Hello! Who’s in there?
 ちょっと! 誰だ?(シャワーカーテンを開ける)

Joey: How you doing?
 調子どう?

Charlton Heston: Who in the hell are you?
 君はいったい誰だね?

Joey: I guess you wouldn’t believe me if I said I was Kurt Douglas, huh?
 カーク・ダグラスって言っても信じませんよね?

Charlton Heston: Put some pants on, kid, so I can kick your butt.
 パンツをはきたまえ。ケツを蹴ってやるから。

Joey: No-no-no, no, no, wait. You don't understand. I’m an actor. Joey Tribbianni. I’m doing a scene with you today, and well, I stink.
 いやいやいや、待ってください。ご存じないでしょうが、僕は俳優なんです。ジョーイ・トリビアーニ。今日あなたと出演するんです。それで、僕、臭くて。

Charlton Heston: You’re in this picture?
 この映画に出るのか?

Joey: Yeah-yeah, I’m one of the cops that won’t work with you because you a lose cannon. Anyway, look, I’m really sorry, but just I stink!
 ええ、そうです。あなたと一緒に仕事しない警官の1人なんです。あなたが無鉄砲なんで・・。とにかく、申し訳ないですが、とにかく僕、臭くて。

Charlton Heston: Joey, right?
 ジョーイだな?

Joey: Yeah.
 はい。(バスタオルを渡され出てくる)

Charlton Heston: Every actor at one time or another−opp! Every actor thinks he stinks. Even Lawrence Olivier sometimes thought he stank. Bob Redford won’t even watch himself.
 俳優は誰でも一度は、おっと!(ジョーイが隣に座ろうとしたので阻止する)どんな俳優でも自分の芝居を臭いと思うもんだ。あのローレンス・オリヴィエでさえ、臭いと思ったことがある。ロバート・レッドフォードなどは自分を見もしない。

Joey: Oh no-no-no, you don’t understand…
 あ、いえいえいえ、そうじゃなくて・・。

Charlton Heston: Listen to me!
 話を聞け!

Joey: Oh yeah, yeah.
 あ、はい、はい。

Charlton Heston: I don’t know one actor worth his salt who one time in his career didn’t say, "God, I stink!" Hell, I just did a scene out there, first take, I stunk the place up. But, the important thing you must remember, no matter how badly you think you might stink, you must never, ever bust into my dressing room and use my shower! Do you understand me?!
 「神様、俺は臭い!」と言ったこともないやつは俳優としてふさわしいとは思わんね。さっきも、ファーストテイクでは私も臭かった。だが、大事なことがある、覚えておけよ。どんなに自分が臭いと思っても、絶対絶対私の楽屋に入ってシャワーを使うな! わかったな?

Joey: Yes sir! Yes sir, I’m-I’m very sorry..
 わかりました! はい。本当にすみません・・(出て行こうとする)

Charlton Heston: Wait a minute! Take your pants.
 待て! パンツもっていけよ。

Joey: Yeah. Oh, yeah.
 ああ、はい、どうも。

《20号室》
Monica: So, we did okay at the strip club, right?
 私たちストリップクラブでも大丈夫だったでしょ?

Chandler: Oh, yeah, that was great. Thanks to you, the hottest cocktail waitress there is quitting to teach the third grade!
 ああ、よかったよ。君のおかげで、あそこで一番ホットなカクテル・ウェイトレスが辞めて3年生教えるってさ!

Rachel: I can’t believe it! He still hasn’t called.
 信じられない! まだ彼から電話ないわ。

Phoebe: Who, Josh?
 ジョシュから?

Rachel: It’s Joshua.
 ジョシュアよ。

Monica: What, he doesn’t like "Josh"?
 なに、彼は「ジョシュ」って好きじゃないの?

Rachel: No, I don’t.
 私が好きじゃないの。

Chandler: All right, I’m gonna put my sweats back on.
 よし。もうスウェットを履くぞ。

Phoebe: Oh no! Wait! Wait! Okay, you know what, you were right, you were right. We really weren’t great at being guys. But you know why? Because we’re girls.
 あら、ダメよ。待って待って。ね、あなたの言う通りだったわ。私たちは男としてはダメだった。どうしてかわかる? 私たちは女だからよ。

Chandler: Yeah?
 それで?

Phoebe: Okay, do you know what girls are really good at?
 で、女の子が得意なことは何かわかる?

Chandler: Stripping!
 ストリップ!

Phoebe: No, listening! Sit! You know, maybe it would just really, really help if you would just talk.
 違うわ! 聞くことよ! 座って。話せばすごく助けになるかもよ。

Rachel: Yeah, come on! What’s going in on in there?
 そうよ、ほら! (彼の胸を叩く)ここで何が起きているの?

Monica: Yeah. And you know, if you wanna cry, that’s okay too.
 そうよ。それに、泣きたいなら、それもいいのよ。

Chandler: Okay, look, I’m gonna have to ask you all to leave.
 なぁ、もう君たち帰ってくれた方がいいかも。

Monica: Come on! Chandler!
 そんなことないわよ、チャンドラー!

Chandler: Look, forget it. We tried, but Phase Three is a lost cause, Okay? Those strippers were insanely hot, and I couldn’t picture myself with any of them.
 なぁ、もういいよ。やってみたけど、第3段階はもう無理だ、な? あのストリッパー達めちゃくちゃセクシーだったけど、彼女達といる自分を考えられなかったんだ。

(lost cause = 失敗に終わった)

(チャンドラーは座り込み、女性だけで話し始める)
Monica: They really were pretty, weren’t they?
 彼女達本当にかわいかったわよね?

Phoebe: Yeah, I really liked that fighter pilot one.
 ええ、私はあの戦闘機のが気に入ったわ。

Monica: Oh, Candy! She was so spunky!
 ああ、キャンディね! 彼女本当に魅力的だったわ!

Phoebe: Yeah.
 でしょ。

Monica: You know, I think if I were going to be with a woman. . It’d be with someone like Michelle, she was so oh, she was so petite.
 ねぇ、もし女性とつき合うとしたら・・(チャンドラーが興味をひかれる)ミシェルみたいな子ね。彼女って・・彼女ってほんとちっちゃくて。

Rachel: See, I don’t know, for me, it would have to Chantal.
 そう、私はどうかな。私だったら、シャンタルね。

Monica: Oh, Chantal!
 ああ、シャンタル!

Rachel: Oh, my goodness, she had the smoothest skin! I mean, when I stuck that dollar bill in her G-string and grazed her thigh…
 もうほんと! 彼女本当になめらかな肌なのよ! 1ドル札を彼女のTバッグに入れてあの太ももを手がかすめて・・

Chandler: Phase Three! I just achieved Phase Three!
 第3段階! 第3段階に達したぞ!

Monica: Really?!
 ほんと?

Chandler: I am totally picturing you with all those women!
 君らとあの女達を想像できる!

Monica: That’s-that’s not Phase Three.
 それ第3段階じゃないじゃん。

Chandler: Well, I’m there too!
 俺もそこにいるんだ!

Rachel: Well, are we all together? Like in a group?
 あら、私たちみんな一緒にいるの? 群れてる感じ?

Chandler: Stop it! You’re killing me! I think I just moved on to Phase Four!
 やめて! 死にそう! 今、第4段階に移った気がする!

Phoebe: Oh! What is that? What is that?
 あら、なに? それなに?

Chandler: Where I don’t want to have a relationship ever! I just want to have sex with strippers and my friends!!
 つきあいたいなんて思わない世界だ! とにかくストリッパーや友達とセックスするんだ!

《セントラルパーク》

Chandler: Come on, let me see that smile.
 なぁ、頼むよ、笑って。

Joey: I don’t wanna.
 笑いたくない。

Chandler: Please?
 頼むよ。

Joey: I wanted to go to the strip club!
 俺だってストリップクラブ行きたかった!

Chandler: I know, but you’re gonna have plenty of chances, okay? There are, like, thousands of women out there just waiting to screw me over.
 わかってるよ。だけどまたいっぱいチャンスはあるから、な? 何千もの女の子が俺をめちゃくちゃにしようと待ち構えてる。

Joey: Yeah, all right.
 ああ、わかったよ。

(ロスが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey−ooh so, how was Vermont?
 ねぇ、バーモントどうだった?

Ross: Emily is…incredible. I mean there-there are no words to describe her. Whole weekend was like a dream. . . Oh! And you! Rach!
 エミリーは・・もう最高だよ。彼女を言い表す言葉がないよ。週末ずっと夢みたいだった。(レイチェルに)そしてきみ! レイチ!

Rachel: Oh, hey!
 あら、ハイ!

Ross: Hey! You were so right!
 いやぁ、本当に君の言う通りだったよ。

Rachel: What?
 何が?

Ross: What you said about us being in a place where we could finally be happy for each other.
 僕らがお互いの幸せを喜べるところに達するって言ってただろ。

Rachel: Oh, hmm.
 ああ、うん。

Ross: I mean, I, I-I admit I-I wasn’t quite there. You know, I mean the thought of you and that-that Josh guy…
 認めるけど、僕はそうなれてなかった。ほら、君があのジョシュって人と・・

Rachel: Joshua.
 ジョシュア。

Ross: Joshua…guy at that club, dancing, having a good time, the thought of it kinda…you know.
 ジョシュアって人とクラブで、踊って、楽しんで・・って、そう思うと、ほら。

Rachel: Yeah, I…
 ええ。。

Ross: But now! But now! I’m totally there! I’m finally where you are!
 でも今は違う! 今は違うんだ。僕はもうそうなれた。ようやく僕もその心境だよ!

Rachel: Oh, thank goodness!
 まぁ、よかったわ!

Ross: Yeah, and thank you for Emily.
 ああ、エミリーに会わせてくれてありがとう。

Rachel: Oh, no problem. I’m so glad I could help. Happy for you.
 あらいいのよ。あなたのためになれてうれしいわ。よかったわね!

Ross: Happy for you.
 君もよかったね。

Rachel: No, happy for you!
 いいえ、あなたこそ、よかったわね!!

《20号室:チャンドラーと女性3人とストリッパー達》

Chandler: All right ladies, here’s what we’re gonna do. You are gonna take off my clothes. You two, go get the oils. And you just constantly scream at the top of your voice, "Chandler’s the king! Chandler’s the king!"
 いいか、君たち。予定はこうだ。君は俺の服を脱がせる。君たち2人はオイルを塗る。そして君は声をあげて叫び続ける「チャンドラーはキング! チャンドラーはキング!」

Phoebe: I-I wanna be with her, I like her.
 私この人がいいわ。彼女好き。

Chandler: Oh, that’s fine! Go with your instincts, go with your instincts.
 ああ、いいよ! 本能のままに、本能のままに!

Monica: Wait, now, what am I doing again?
 待って、私は何をするんだっけ?

Chandler: Come on! Would you please pay attention, I could wake up at any moment!
 しっかり! ちゃんと聞いててよ、いつ起きちゃうかわからないんだから!

The Cigarette Guy: Hi, I’m Joshua, I’m here to pick up Rachel.
 やぁ、ジョシュアだけど、レイチェルを迎えにきた。

Rachel: No-no-no, that’ not Joshua.
 いやいやいや、それはジョシュアじゃない。

Chandler: What do you want from me, I’ve never met the guy. So anyway, Rachel, I’m sorry you can’t stay, but the rest of us have a lot of work to do. . . What are you doing? . . All right, listen, I got to wake up!
 俺に期待するな、会ったことないんだから。とにかくレイチェル、君は行かないと。残った俺たちにはやることがたくさんあるぞ。(チャンドラーの背中をなで始めた男に)なにしてるんだ?・・よし、もう起きるぞ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 13:01| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。