2013年08月04日

4-13 The One With Rachel’s Crush

4-13 レイチェルの片思いの話

 ☆レイチェルの恋愛白書☆

《劇場:キャシーの芝居を見に来たチャンドラーとロス》

Chandler: Okay, she is the star of the play. And she is my girlfriend! I get to have sex with the star of the play!
 彼女はこの芝居のスターだ。そして彼女は俺のガールフレンド! 俺はこの芝居のスターとセックスする!

Ross: People can hear you.
 人に聞かれるぞ。

Chandler: I know!!
 知ってる!

(芝居が始まる)
Chandler: Wow! She looks great. Doesn’t she?
 ワオ! 彼女きれいだな?

Ross: Yeah.
 ああ。

Kathy's Co-Star: Hi!
 (声のみ)ハーイ。

Kathy: Hi!
 (声)ハーイ。

Ross: That is one good looking man!
 これはまたハンサムな男だな!

Chandler: Is it just me, or can you actually see his abs through his overcoat?!
 俺だけか、それともおまえも、あのオーバーコートから腹筋が見える?

Kathy's Co-Star: So, you’ve been doing this long?
 (声)この仕事は長いの?

Kathy: No, you’re my first. Put the money on the table.
 (舞台の声)いいえ。あなたが初めて。お金はテーブルに置いてちょうだい。

Kathy's Co-Star: Oh, yeah! Ooh, that’s nice.
 (声)おお、いい! おお、これはいいぞ。

Ross: Dude!
 おいおい!

Kathy's Co-Star: Is that an expensive blouse?
 (声)これは高価なブラウス?

Kathy: If you want it to be.
 (声)好きにして。

Ross: Here’s your girlfriend’s button.
 (飛んできたボタンを拾う)おまえのガールフレンドのボタンだぞ。

《チャンドラー達の部屋:モニカとフィービー》(部屋は交換してますが、今まで通りの表記にしています)

Phoebe: Oh, hey, Mon, do you still have your old blouses and dresses from high school?
 あそうだ、モン、あなた高校の時のブラウスとかドレス持ってる?

Monica: Yeah, I think I have some around here somewhere. Why?
 ええ。どこかその辺にあると思うけど。どうして?

Phoebe: Well, it’s just that maternity clothes are so expensive.
 マタニティドレスってすごく高いから。

(レイチェルが来る)
Monica: Hey, Rach! I made a pile of your stuff over on this side of the room. If you could just…(Rachel grunts and throws her purse at it)…throw your purses at it.
 ねぇ、レイチ! あなたのものまとめて部屋のこっち側に置いたわよ。できたらあなた(レイチェルはバッグを投げる)・・そこへバッグを投げたら・・。

Rachel: Bloomingdale’s eliminated my department.
 ブルーミングデールズが私の部署を廃止したの。

Monica: Oh, my God, are you out of a job?
 何ですって! 仕事なくなったの?

Rachel: No, but they stuck me in personal shopping. Which is just a huge step down!
 そうじゃないけど、個人向けの営業になっちゃったの。すごい降格よ!

Phoebe: Personal shopping? What is that? Like where you walk around with snooty rich people and tell them what to buy?
 個人向けの営業? それ何? 気取ったお金持ち達と歩き回ってこれを買えとか言うの?

Rachel: Uh-huh.
 そう。

Phoebe: That sounds great!
 楽しそう!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Monica: Umm, excuse me, we switched apartments. You can’t eat our food anymore, that-that gravy train had ended.
 ちょっと、部屋を交換したのよ。もう私たちの食べ物食べちゃだめよ。もう棚からぼた餅はないわよ。

(gravy train = 楽にもうかること、うまい汁が吸える仕事)

Joey: There’s gravy?
 ぼた餅があるの?

Monica: If you have the big apartment you have to deal with people coming over all the time. That fridge has got to be stocked, okay? That’s your apartment now.
 大きい部屋に住むなら、いつも人が来るのに対応しなきゃだめよ。冷蔵庫はいつも何か入れておくのよ、いい? あなた達の部屋なんだからね。

(ジョーイはカウンターに上りキャビネットの上を見る)
Monica: What are you doing?
 なにしてるの?

Joey: I think I left a donut up here.
 ここにドーナツを置いたはずなんだけど・・。

《セントラルパーク:ロスとチャンドラーが来る》
Ross: Hey!
 ヘイ!

Phoebe&Joey: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Ooh! How was Kathy’s play?
 あ、キャシーの舞台どうだった?

Ross: Well, Kathy gets half-naked and simulates sex with a real good looking guy.
 キャシーが半分脱いですごいいい男とセックスしてたんだ。

Chandler: Yeah, it’s like someone literally wrote down my worst nightmare and then charged me $32 to see it!
 そ。誰か俺の最悪の悪夢を書いて、それに32ドル払わされたって感じだ!

Phoebe: That’s a good idea for a business!
 それはいい商売ね!

Chandler: I’m totally screwed. Okay, they are gonna be hot and heavy on stage every night, and then they’re gonna go to their cast parties and he’s gonna try to undermine me. You know, it’ll be like, "So where’s your boyfriend, what’s-his-name, Chester?" And she’ll go, "No-no-no, it’s Chandler." And he’ll go, "Whatever. Ha-ha-ha-ha!"
 もうダメだ。毎晩ステージで熱く燃えてるわけだ。そして俳優達のパーティで、やつは俺をコケにするんだ。こんな感じ。「それで? 君のボーイフレンドはどこ? なんていうんだっけ、チェスター?」それで彼女が「いえいえ、チャンドラーよ」するとやつが、「なんでもいいさ、ハハハ!」

Joey: That-that is a good trick.
 あれはいい手だ。

Chandler: All right, look, look, what am I gonna do?
 なぁ、どうしたらいいんだ?

Joey: Chandler, look, they’re actors. They’re there to do a job, just ‘cause they work together, doesn’t mean they’re gonna get together. I mean, just ‘cause it happened with Susan Sarandon and Tim Robbins, it doesn’t mean it’s gonna happen with them.
 チャンドラー、いいか、俳優なんだ。仕事してるだけだよ。一緒に働いてるからって、つき合うわけじゃない。ほら、スーザン・サランドンとティム・ロビンスがそうだったからって、彼女たちもそうなるわけじゃない。

suzan_tim.jpg

Ross: Oh-oh, Alec Baldwin and Kim Basinger.
 あっ、アレック・ボールドウィンと、キム・ベイシンガー!

kim_alec.jpg

Joey: Tom Cruise and Nicole Kidman.
 トム・クルーズとニコール・キッドマン。

nichol_tom.jpg

Ross: Yeah.
 ああ。

Phoebe: Hey, Mel Gibson and Clint Eastwood.
 あっ、メル・ギブソンとクリント・イーストウッド!

mel.jpgclint.jpg

Ross: They’re not a couple.
 その人達カップルじゃないよ。

Phoebe: Oh-okay, I get the game now.
 ああ、何言ってんのか今わかった。

Joey: Okay, look, look, let me ask you a question, when they were doing it on stage, was it like really hot?
 なぁ、聞くけど、舞台で2人がしてたとき、本当に燃えてる感じだった?

Ross: Oh, yeah!
 ああ、ほんと!

Joey: Well, okay, so then you’re fine. The rule is when two actors are actually doing it off-stage all the sexual tension between them is gone. Okay? So as long as it’s hot onstage you got nothing to worry about. It’s when the heat goes away, that’s when you’re in trouble.
 ああ、それじゃおまえ大丈夫だ。基本的に、2人が実際にやってる時は、舞台では燃えないもんだ。わかる? だから、舞台上でホットな場合は、心配することない。それが熱くなくなってきたら、そん時はおまえ困ったことになる。

Chandler: Really?
 ほんと?

Joey: Look, you guys have been to every play I’ve ever been in, have I ever had chemistry on stage?
 ほら、君たち俺の舞台全部見ただろ? 舞台の上でホンモノっぽかったことあるか?

Ross: No.
 いや。

Joey: Noooo!!
 そうとも!!

《モニカ達の部屋》

Chandler: So uh, man, are you gonna go to the play with me tonight?
 おまえ、今夜も一緒に芝居見に行く?

Ross: You know what? I don’t know how comfortable I am going to see how hot the sex is between some guy and your girlfriend.
 なぁ、あの男と君のガールフレンドのセックスが熱いかどうか見に行くなんて、僕としては居心地悪いんじゃないかな?

Chandler: Yeah, I know but…
 ああ、でもさ・・

Ross: Oh no-no-no, I’m there.
 いやいやいや、行くから。

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, Mon! Want some pancakes?
 モン! パンケーキ食べる?

Monica: You made pancakes?
 パンケーキ作ったの?

Joey: Yep! Grab a plate.
 そ! 皿取って。

Monica: Okay.
 オーケー。

Joey: No-no, stay right there. . . Getting closer.
 いや、そこにいていいから。(フライパンからパンケーキを飛ばすが、モニカを通過して床に落ちる)ちょっとは近くなった。

Chandler: Okay, okay, but don’t worry, because we also have cereals, muffins, waffles, and, jams, jellies, and marmalades. Which I’m fairly certain are the same thing.
 いやいや、心配しなくていいよ。シリアル、マフィンにワッフルもあるし、それからジャムもゼリーもマーマレードもある。みんな同じだと思うけど。

Joey: Listen, also we’re uh, we’re watching the game here Saturday night, if people want to come over.
 それから、みんな来るなら、土曜の夜は試合を見るからな。

Ross: Oh, yeah!
 おお、よし!

Monica: Oh, I was thinking about having people over for the game.
 あ、私もみんな試合見にこないかなと思ってたのよ。

Joey: Oh yeah, who’s playing?
 ああ、そうか、誰の試合?

Monica: The players.
 選手達。

Ross: Somebody seems to be missing being the hostess.
 誰かさんは、ホステス役ができなくて寂しいみたいだな。

Monica: Please, it’s a relief is what it is, is what it is.
 冗談でしょ。せいせいしたいって感じな感じよ。

Joey: All right, Pheebs, stick out your plate!
 よし、フィーブス、皿を用意しろ!

Phoebe: Oh.
 うん。(飛んできたパンケーキを手でキャッチして皿に乗せる)

《レイチェルの新オフィス》

Rachel: Monica, I’m quitting! I just helped an 81 year old woman put on a thong and she didn’t even buy it! . . I’m telling you I’m quitting! That’s it! I’m talking to my boss right now! . . Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Okay bye, call me when you get this message. . . Oh! Mr. Waltham, I really need to talk to you.
 モニカ、私もう辞める! 今81歳の女性がTバックをつけるの手伝って、しかも彼女それを買わなかったのよ! 絶対に辞めるわ! 決めた! 今すぐ上司に話すわ! そうする! 辞める!辞める!辞める!辞める! じゃあね、これ聞いたら電話ちょうだい。(電話を切る。上司ウォルサム氏が来る)あ、ウォルサムさん、お話があるんです。

Mr. Waltham: In a moment, please, I’m in the middle of a task. And you have a customer.
 待ってくれるかね、いま忙しいんでね。それと、お客様だよ。

(ジョシュア(Tate Donovan)が来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joshua: Hi, I’m Joshua.
 ハーイ、僕はジョシュア。

Rachel: Hi, I’m Rachel Green. What can I do for you, Joshua?
 どうも、私はレイチェル・グリーンです。何をお求めでしょうか、ジョシュア?

Joshua: Well, I need a whole new wardrobe. My wife, well, my ex-wife…
 いや、新しく一式欲しいんだ。妻が・・いや、元妻が・・

Rachel: Oh, I’m so sorry.
 あら、残念でしたわね。

Joshua: Anyway, she burned all of my clothes. I got away with two things. This suit and what turned out to be a skirt.
 とにかく彼女が僕の衣類を全部焼いてしまったんだ。2つだけ持って逃げ出したけど、それがこのスーツと、よく見たらスカートだった。

Rachel: Well, at least that’s a great suit.
 まぁ、でもそのスーツは素敵よ。

Joshua: Yeah, but it wasn’t much fun dropping it off at the dry cleaners in the skirt. So I need everything down to underwear, so if you’re willing, I’m all yours.
 ああ、でもスカートをはいてこのスーツをクリーニングに出すのは楽しくないよ。それで、下着まですべて必要なんだ。手伝ってくれるなら、僕を君にお任せするよ。

Rachel: Okay.
 オーケー!

(ウォルサムさんが来る)
Mr. Waltham: Rachel, you needed to speak to me?
 レイチェル、話があったんだったね?

Rachel: No-no, that wasn’t me! . . Well, we should get started. Let me show you my underwear. The selection of underwear we carry.
 いえいえ、それは私じゃありません。(ジョシュアに)さぁ、始めましょうか。私の下着をお見せします。いえ、うちがそろえてる下着です。

(彼が出て行く時お尻に見とれるレイチェル)
Rachel: Oh-oh, sorry, it’s this way, it’s this way.
 あ、ごめんなさい、こっちです、こっち。

Joshua: It’s this way? Sorry.
 こっち? ごめん。

《劇場:芝居後》

Chandler: I’m right! Right? There was like no chemistry between them. Before they had heat, and now there’s no heat! Now you know what this means, Joey told us what this means!
 そうだよな? だろ? 全然しらけきってた。前は熱があったのに、今回は全然なかった! どういうことかわかるよな? どういうことか、ジョーイが言ってた!

Ross: All right, let’s not jump to any conclusions. All right? There was some sexual chemistry between them.
 いいか、結論を急ぐな。いいな? 少しは熱がこもってたよ。

Chandler: Come on, it was like cousins having sex up there!
 おい、あのセックスは、まるでいとこ同士みたいだったぞ!

Ross: Here she comes. Don’t say a word, okay? Just be cool, don’t be…you know, you.
 ほら、彼女来たよ。何も言うなよ、いいな? 落ち着いて。なるなよ・・ありのままに。

Kathy: Hey, you guys!
 ハーイ、あなた達!

Ross: Hey!
 やぁ!

Kathy: Hi! Thank you so much for coming again. Did you like it tonight?
 ハーイ!(チャンドラーにキス)また来てくれて本当にありがとう。今夜よかった?

Ross: Oh, absolutely!
 ああ、もちろん!

Kathy: Wasn’t Nick funny when he couldn’t get his match lit?
 ニックがマッチの火をつけられなかったのおもしろくなかった?

Kathy: It’s a good play, isn’t it?
 いい芝居よね?

Chandler: Oh, I loved the play. Yeah, you were great, and Nick, ditto. Clearly, you’re having sex with him.
 ああ、芝居すごく気に入ったよ。ああ、君はすばらしかったし、ニックも同様。明らかに、君は彼とセックスしてるな。

Ross: Okay, I…
 え、僕は・・(立ち去る)

Kathy: Clearly, I’m having sex with him?
 明らかに、私が彼とセックスしてる?

Chandler: Oh, come on, it was so obvious! There was no chemistry between you two!
 なんだよ、まるわかりじゃないか! 君たち2人まったくそれらしくなかった!

Kathy: Okay, so let me just get this straight. You’re accusing me of cheating on you, and insulting my performance?
 まぁ。つまりこういうこと? あなた、私が浮気してると責めて、そして私の演技を侮辱するのね?

Chandler: You know, I could see how this could happen, you know, you’re up there every night, you’re naked, touching, kissing.
 だってそうなるのが目に見えてるだろ。ほら、毎晩あそこへ行って、君は裸で、触って、キスしてるんだ。

Kathy: Acting! Chandler, this is my job! I’m-I’m playing a part in a play! How can you not trust me?!
 演技よ! チャンドラー、これが私の仕事よ! 私は芝居の中で役を演じてるのよ! どうして私を信じられないの?!

Chandler: Well, you can understand, given how we started.
 そりゃわかるだろ、どうやって僕らがつき合い始めたか考えれば。

Kathy: Oh, wow. I can’t believe you’re throwing that in my face.
 まぁ・・それを私にぶつけてくるなんて信じられない。

Chandler: Well, that is what happened, and I don’t even see you denying this!
 でもそうだった。そして君は否定しないんだな!

Kathy: I’ll tell you what, Chandler, why don’t you call me when you grow up!
 いいこと、チャンドラー、少し成長したら電話かけてきて!

Chandler: Yeah, well, don’t expect that to happen anytime soon!
 ああ、そんなのすぐには起きないぞ!

《モニカ達の部屋》

Rachel: I have the best job in the entire world! The most adorable guy came over today, and I got to dress him up all day!
 私の仕事って世界一よ! 今日めちゃくちゃ可愛い人が来て、私一日中彼の着せ替えしてたわ!

Phoebe: Rachel has a new doll.
 レイチェルが新しいお人形見つけた♪

Rachel: Oh, I wish he was a doll, then I could get a Rachel doll and bump them together and make kissing noises. Oh! And he has the most beautiful name, I never realized it, Joshua! Josh-u-a! Joshua! Josh.
 ああ、彼が人形だったらな。そうしたらレイチェル人形も作って、それをぶつけてキスの音させるわ。ああ! 彼、すごくいい名前なの。今まで気がつかなかったわ。ジョシュア! ジョシュ・ウア! ジョシュア! ジョシュ!

Ross: Uh, hello!
 あーもしもし?

Rachel: Hi-e!!
 ハーイ♪

Phoebe: Ooh, what do I smell?
 あぅ? 何の匂い?

Joey: I don’t know, it smells good.
 何だろう、いい匂いだな。

(ドアを開けると、向かいの部屋でモニカがクッキーを持ってミニ扇風機で匂いを送っている)
Monica: Fresh cookies! Hot from the oven!
 焼きたてクッキーよ! オーブンから出したて熱々!

Phoebe: Ooh!
 おおお!

Monica: Please, have some!
 どうぞ、食べて!

Ross: Oh, yum!
 おお、うまいぞ!

Monica: Yeah, I’ve just been fiddling around in here making delicious treats for everyone.
 まぁ、ここで遊んでておいしいおやつをみんなに作ったのよ。

Joey: Wow! The new Playboy!
 ワオ! 新しいプレイボーイだ!

Monica: Yeah, it’s just something I picked up.
 ええ、ちょっと買ってきたのよね。

Ross: Cookies and porn, you’re the best mom ever!!
 クッキーとポルノ、おまえ史上最高のママだな。

(レイチェルがいきなり笑い出す)
Phoebe: What? What?
 なに、なに?

Rachel: Well, it was just something Josh said about v-necks, but you had to be there.
 ジョシュがVネックのこと言ったことなんだけど、その場にいないと。

Ross: Yeah, how does Jason look in a v-neck?
 そう、ジェイソンはVネック着てどうだった?

Rachel: It’s Joshua.
 ジョシュアよ。

Ross: Oh, whatever.
 ああ、なんでもいいさ。(先日話したgood trickなのでジョーイにthums up)

(ロス達が出て行く)
Monica: Wait! Wait! This isn’t take-out!
 待って!待って! テイクアウトじゃないのよ!

Phoebe: Well, I hate to eat and run, but…
 (立ち上がる)私も食い逃げはいやだけど・・

Monica: No, wait, please don’t go! I’ve got porn for you too!
 ダメよ、待って。行かないで! あなた達にもポルノ用意したのよ!

Phoebe: Yeah, I don’t need it.
 うーん、いらないわ。

Monica: People are supposed to wanna hang out here!
 みんなここにいたがらなきゃ!

Rachel: Why? Honey, what is the big deal?
 どうして? ねぇ、どうしたっていうのよ?

Monica: I’m the hostess! Not those guys! I’m always the hostess! I mean, even when I was little, I mean, the girls brought their dollies to my tea party, I served the best air.
 私がホステスなのよ! 彼等じゃないわ! いつでも私がホステスなの! 子供の時だって、みんながお人形を持って私のティーパーティに来てたのよ。私が一番お迎え上手なの。

Phoebe: Why did you make like a whole big thing out of everyone has to hang out in the big apartment?
 みんなが大きい方の部屋に集まることがなんでそんなおおごとになるの?

Monica: ‘Cause they took our apartment, I wanted to punish them. But I’m-I’m done now. They’ve suffered enough.
 だってあの2人は私の部屋を取ったんだもん。罰してやりたかったの。でも、もう済んだのよ、十分苦しんだわ。

Phoebe: If you wanted to punish them, you should’ve just made them hang out here!
 罰したかったら、ここで遊ばせればいいのよ。

Rachel: Yeah, that’s true.
 その通りね。

Monica: All right then, when I finish with this place, it’s gonna be ten times better than that place!
 いいわ、私がこの部屋をなんとかしたら、あっちの部屋より10倍よくなるわよ!

Phoebe: Oh, are we gonna trash their place?
 あら、あっちの部屋捨てちゃうの?

(チャンドラーが帰ってきてつまづく)
Chandler: Steps! . . Slut! . . You will all be very happy to hear that Kathy is sleeping with that guy!
 段差! (部屋に入ってくる)あばずれ! みんな嬉しいだろ、キャシーはあの男と寝てる。

All: What?!
 なんだって?

Ross: So you were right?
 じゃあおまえの思った通りだったのか?

Chandler: I confronted her, and she didn’t deny it! . . . I don’t live here!
 彼女に聞いてみたら、否定しなかった!(見回して)これ俺の部屋じゃない!

Ross: Chandler!
 チャンドラー!

Rachel: Chandler, what did she say?
 チャンドラー、彼女なんて言ってた?

Phoebe: Wait a minute.
 ちょっと待ってよ。

Joey: Come here.
 おい。

Monica: Are you sure?
 間違いないの?

Chandler: Well, I may be drunk, but I know what she said! Then I went over to Beefsteak Chewley’s…
 酔っぱらってはいても、でも彼女が言ったことはわかってる! それで俺はビーフステーキ・チューリーズに行って・・

Rachel: Beefsteak Charlie’s?
 ビーフステーキ・チャーリーズ?

charlieis.jpgBeefsteak Charlie’s

Chandler: Yes! See, you and I have always been like...
 それだ! ほらな、君と俺はいつもこう(通じ合ってるというジェスチャー)

《廊下・モニカがポリッシャーを引きずってくる》

Rachel: Whoops. . Oh, hey, do you need help with that?
 おっと! それ手伝ってほしい?

Monica: Nah, I got it.
 いえ、いいのよ。

Rachel: Ooh, I just feel bad, I never vacuum.
 ああ、悪いわね、掃除機もかけたことなくて。

《モニカ達の部屋》
Rachel: Hi!
 ハーイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Rachel: So I was with Joshua for an hour today, and he has not asked me out. It’s just so frustrating!
 ジョシュアと1時間一緒にいたのに、彼誘ってこなかったわ。もうじれったい!

Phoebe: Why don’t you ask him out?
 あなたから誘えば?

Joey: Oh, yeah, totally! That’s such a turn-on!
 ああ、そうだよ! 男はその気になるぞ!

Rachel: Really? It doesn’t seem desperate?
 そう? なんか必死っぽくない?

Joey: Oh-ooh, that’s the turn-on.
 ああ、その気にさせられる。

Phoebe: He just got a divorce, right?
 離婚したばっかりでしょ?

Rachel: Hmm-mmm.
 うん。

Phoebe: So he’s probably really nervous around women, you know? Maybe, you just have to make the first move.
 だから彼はきっと女性に関して不安なのよ、ね? だからあなたから誘わないと。

Rachel: Yeah but, I’ve never asked a guy out before.
 ええ、でも、私、誘ったことないんだもん。

Phoebe: You’ve never asked a guy out?!!
 男を誘ったことないの?

Rachel: No. Have you?
 ええ。あるの?

Phoebe: Thousands of times!! That doesn’t make me sound too good, does it?
 数えきれないくらいよ! ・・これって、そんなよく聞こえないわよね。

Rachel: I don’t even know how I would go about it.
 どうやって誘ったらいいかもわからないわ。

Joey: Oh-oh-oh-oh, how I do it is, I look a woman up and down and say, "Hey, how you doing?"
 ああ、俺がやるのは、女性を上から下まで見て言うんだ。「元気かい?」

Phoebe: Oh, please!
 もう、やめてよ!

Joey: Hey, how you doing?
 ヘイ、元気かい?

Rachel: You know what? I’m gonna do that, I’m gonna call him up, and I’m gonna ask him out. I can do that. Ask him out. . How you doing? . . Hi! Joshua? It’s Rachel Green from Bloomingdale’s. . . . Yeah, umm, I was just wondering if you umm, if you umm, left your wallet at the store today? Well, we found a wallet, and we−. . . The license? Well, that is a good idea! Uh, well, let’s see here this says this license belongs to a uh, uh, belongs to a mister uh, Pheebs, and umm, yeah, okay. So sorry to bother you at home. I’ll see you tomorrow. Bye. … You’ve done that a thousand times?
 じゃあ、私やってみるわ。彼に電話して、誘ってみるわ。できるわよ。彼を誘う・・元気かい? (電話で)ハーイ、ジョシュア? ブルーミングデールズのレイチェル・グリーンよ。・・ええ、ちょっと聞きたいなって思ったんだけど・・その・・えー・・お店に財布を忘れていかなかった? 財布を見つけたんだけど・・ 免許証? それはいいアイデアね! えーっと・・この免許証の持ち主は・・えーと・・ミスター・・フィーブス! ああ、そうね。ごめんなさいね、家に電話なんてして。また明日。バーイ。(電話を切り、フィービーに)こんなこと数えきれないくらいしたの?

Phoebe: I’ve never done that.
 そんなことしたことない。

Rachel: Ohh, God, I just got so nervous that he would say no.
 ああ、もう・・だって断られたらと思ったら怖くて。

Joey: Well, you gotta give him something that he can’t say no to. Like uh, Knicks tickets! Invite the guy to a Knicks game, you’re guaranteed he’ll say yes!
 ノーとは言えない何かをあげるんだよ。ニックスのチケットみたいな! ニックスのゲームに誘うんだよ。そうすれば絶対オーケーだ。

Rachel: Really?! You think that will work?
 ほんと? うまくいくかな?

Joey: Absolutely! And if it doesn’t, can I get the extra ticket?
 間違いない! もしうまくいかなかったら、そのチケットくれる?

(廊下から何か音が聞こえてくる)
Joey: What the heck is that?
 何だ、いったい?(ドアを開けてみると、モニカを上に乗せたポリッシャーがぐるぐる回転していた)

《モニカ達の部屋》

Chandler: Did she call?
 彼女から電話あった?

Phoebe: No, sorry.
 いいえ、残念ね。

Chandler: All right, maybe I should call her.
 そうか、俺から電話しようか。

Joey: No! Forget her, man! You don’t need her, you don’t need that!
 ダメだよ。もう忘れろ! 彼女なんてもういい、そんな目にあうことないよ!

Ross: He’s right, what she did was unforgivable.
 そうだよ。彼女のしたことは許されないことだ。
 
Chandler: Well, yeah, but you know, what-what if I was wrong?
 いや、でも、もしかして、俺が間違っていたら?

Ross: How might you be wrong?
 どうしておまえが間違ってるんだよ?

Chandler: Well you know, what if she didn’t actually sleep with the guy?
 だってほら、もし彼女が実際やつと寝てなかったら?

Joey: Dude, tell me she actually told you this.
 おい、彼女が寝たってはっきり言ったんだよな?

Chandler: She did not have to tell me, I saw the play, and there was no heat. Back me up here, Ross!
 言う間でもなかったよ、芝居を見たんだ。熱意がなかった。味方してくれよ、ロス。

Ross: That’s all you’re basing this on?
 それだけの根拠?

Chandler: That’s not backing me up! Look, you said with the off-stage and the heat, and the onstage and the . . .
 それ味方してない! おまえ言ったじゃないか、実際どうだったら熱がどうで、舞台上では・・

Joey: Whoa-whoa, that-that was just a theory! There’s a lot of theories that didn’t pan out. The lone gunman. Communism. Geometry.
 おいおい、そんなのただの理屈だろ! 通らない理屈なんていっぱいあるぞ。一匹狼のガンマン、共産主義、幾何学。

Chandler: Oh, my God!!
 なんてこった!!

《レイチェルのオフィス:誘う練習をするレイチェル》

Rachel: Would you like to go to a basketball game with me? . . . You know, its funny, basketball, because I happen to have tickets to… Umm, who likes the Knicks−
 私とバスケット見に行かない? ・・・おかしな話なんだけど、バスケットボールなのよね、それがチケットがたまたま・・。 ニックス好きな人!

(ジョシュアが着替えて出てくる)
Joshua: What do you think?
 どう思う?

Rachel: Oh! Well, as a single woman, who is available, I think you look great!
 まぁ! 独身女性として、フリーの身として言いますが、すごく素敵よ!

Joshua: Huh. Yeah?
 うん。そう?

Rachel: Yep. Oh, yeah, look you great. . . Oh yeah. Yeah, this looks great. . . . Umm, so you like it?
 ええ。もう本当に素敵ですって。(腕を組んで見るレイチェル)ええ、ほんと。素敵。・・気に入っていただけました?

Joshua: I do. I do. I love it. In fact, I think I’m gonna wear it home.
 うん、うん。気に入ったよ。これを着て帰ろうと思うよ。

Rachel: Great.
 よかった!

Joshua: All right, thank you so much for all your help.
 さ、いろいろ本当にありがとう。

Rachel: Sure.
 いいえ。

Joshua: Well, I guess this is uh, I guess this is it.
 それじゃ、これで終わりだな。

Rachel: Yeah-eah-ha!
 ええ、ハハ!

Joshua: Thanks. Maybe I’ll see in the spring, with the uh, you know, for the uh, bathing suits.
 ありがとう。春にまた来るかも。ほら、水着のためにね。

Rachel: Oh, well, you don’t want to do that now?!
 あら、今選んではどうです?

Joshua: Ah, that’s okay. Anyway, hopefully, I’ll see you around sometime.
 いや、いいよ。とにかく、また会えるといいね。(出て行く)

Rachel: Basketball!
 バスケットボール!!

Joshua: Sorry?
 今なんて?

Rachel: I uh, I have two tickets to the Knicks game tonight if you’re interested. Just as a thank you for this week.
 今夜のニックスのチケットが2枚あるんですけど、もしよければ。今週のお礼としてですね。

Joshua: Wow! That would be great.
 ワオ! それはうれしいな!

Rachel: Really?
 本当?

Joshua: Yeah, that would be fantastic! My-my nephew is crazy about the Knicks! This is fantastic, thank you so much, Rachel.
 ああ。すばらしいよ! 僕の甥がニックスに夢中なんだよ。これはうれしいな。本当にありがとう、レイチェル!(出て行く)

(ウォルサムさんが来る)
Mr. Waltham: Good morning.
 おはよう。

Joshua: Hi!
 ハーイ!

《キャシーの部屋:チャンドラーが来る》
Kathy: Hey.
 ヘイ・・。

Chandler: Hey. I just, I just wanted to come over to-to say that I’m sorry. You know? I know I acted like the biggest idiot in the world, and I can completely understand why you were so upset.
 やぁ。ちょっと、悪かったって言いたくてきたんだ。あんなことして、世界一バカだったよ。君が怒るのも無理ない。

Kathy: Oh, wow. I really wish you’d called me.
 まぁ・・本当に電話してきてほしかったわ。

Chandler: Yeah, I know, I-I wish I had too, but you know, I think this is a good thing. You know? ‘Cause we’ve had our first fight, and now we can move on. You know, I know for me−. . . Nick’s pants?
 ああ、そうだ。俺もそう思うよ。でもさ、これはいいことなんじゃないかな。ほら、大げんかして、そして前に進むんだよ。ね、俺は・・・(脱いだパンツに気づき)ニックのパンツ?

Kathy: Yeah.
 ええ。

Chandler: Yeah. Well, I think our second fight is going to be a big one!
 そうか。じゃ、2度目のケンカは大きなものになるな!

《モニカ達の部屋:レイチェルに誘い方を教えるジョーイ》

Joey: Okay, for next time, what do you say?
 いいか、今度は、なんて言うんだ?

Rachel: I have an extra ticket. An extra ticket. Not, two tickets, I have an extra ticket.
 余分にチケットがある。一枚余分に。2枚あるじゃなくて、一枚余分に持ってる。

Ross: So the first time you ask a guy out, he-he turns you down?
 それじゃ、初めて男を誘って、断られたの?

Rachel: He didn’t turn me down! He’s at the game isn’t he? I got the date, I’m just not on it!
 断ってなんかいないわよ! だって彼はゲームに言ってるでしょ?! デートはオーケーだったけど、私がそこにいないだけよ!

Monica: Okay, it’s ready. Come on.
 はい、準備できたわよ。来て。

Joey: What’s ready?
 何の準備?

Monica: Just come.
 いいから来て。

(みんなでチャンドラー達の部屋へ行く)
Ross: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Rachel: Wow! Monica!
 ワオ! モニカ!

Phoebe: Great!
 すごい!

Ross: This is beautiful!
 みごとだな!

Phoebe: Oh, did you−what did you−did you work for two days straight?
 まぁ、これあなたが・・何をあなた・・これ2日間通しでやったの?

Monica: Pretty much. So, what do you, what do you think of the floor?
 その通り。(ジョーイに)この床どう思う?

Joey: I don’t know, it looks the same.
 どうって。同じじゃないか。

Monica: You used to have carpet.
 前はカーペットが敷いてあったのよ。

Joey: Oh, yeah!
 ああ、そうだ!

Monica: So I made snacks. Please, just hang out okay? I’m just gonna rest my eyes just a little bit.
 おやつも作ったわ。ね、ここで遊んでて、ね? ちょっと目を休めるから。

Ross: Look, Mon, do you want us to uh, come back later?
 なぁ、モン、あとでまた来ようか?

Monica: Oh, no-no-no, stay, stay, stay, just keep talking. I’m always the hostess.
 いえいえ、いいの。そこにいて。いて。話してて。いつも私がホステスなの。(眠る)

(チャンドラーが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Joey: How’d it go?
 どうだった?

Chandler: Well, she wasn’t sleeping with him.
 彼女あいつと寝てなかった。

Phoebe: Oh, good!
 よかったじゃない!

Chandler: She is now.
 今は寝てる。

Ross: What are you saying?
 何言ってるんだ?

Chandler: I’m saying that she… is a devil woman! You know, I mean you think you know a person and then they turn around and sleep with Nick! Nick, with his rock hard pecs, and his giant man-nipples! I hate him, I hate her! I don’t hate her, I love her. This is all my fault really.
 俺が言ってるのは・・彼女は・・悪魔だ! わかってるつもりでも、目をそらしたらニックと寝てるんだ! あの、岩みたいな胸筋と、でっかい男乳首のやつ! 大嫌いだ! 彼女も嫌いだ! 嫌いじゃない。愛してる。これは全部俺のせいだ。

Phoebe: How? How is your fault?
 どうして? どうしてあなたのせいなの?

Chandler: Because, I-I should’ve called! You know, if I had just called her after our big, stupid fight, she never would’ve gone out with Nick, and they would’ve ended up in bed together. I threw her at his man nipples!
 電話をかけるべきだった! あのバカげたケンカの後に電話をかけてれば、彼女はニックと出かけてなかったし、ベッドに入ることもなかった。俺は彼女をあの男乳首に放り込んだんだ。

Rachel: Honey, this is not your fault, just because you guys had a fight, it does not justify her sleeping with someone.
 ねぇ、あなたのせいじゃないわよ。あなた達がケンカしたからって、彼女ほかの人と寝ていいってことにならないわ。

Ross: Well, if-if she thought they were on a break…
 そりゃ・・もしかして彼女は別れた後と思ったとしたら・・・(みんなが睨む)

《レイチェルのオフィス》

Mr. Waltham: Rachel, one of your customers seems to have left his billfold. A Joshua Burgen.
 レイチェル、君のお客さんが財布を忘れていったようだよ。ジョシュア・バーゲンって人。

Rachel: Really?
 本当ですか?

Mr. Waltham: Will you call him?
 電話をしてくれるかね?(渡して立ち去る)

Rachel: Yes! I will! Absolutely! . . . Hello, Rachel. Hi, Joshua. I left my wallet here on purpose. Really? Yes, I just wanted to see you again. Oh, I’m glad. Rachel, I’d like to say something to you. Yes? How you doing?
 ええ、もちろんです! (彼のカードと自分のカードを向かい合わせに持って)こんにちは、レイチェル。ハーイ、ジョシュア。僕、財布をわざと置いていったんだ。本当? ああ、もう一度会いたかったから。まぁ、うれしいわ。レイチェル、言いたいことがあるんだ。何? 元気かい?



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 12:58| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。