2013年08月02日

4-11 The One With Phoebe’s Uterus

4-11 フィービーの子宮の話

 ☆フィービー、ママになるの?☆

《セントラルパーク:フィービー、フランクとアリス》

Phoebe: Oh, my God! I can’t believe my little brother is married!
 オーマイゴッド! 私の弟が結婚したなんて信じられない!

Frank: Oh, I know!!
 だよな!

Phoebe: You guys, why didn’t you tell me you were eloping?
 あなた達、駆け落ちするってどうして言わなかったの?

Frank: ‘Cause it just sorta happened, you know, we were at the courthouse, we were having lunch…
 だって急に決めたんだ。裁判所にいてさ、ランチ食べてて・・

Phoebe: Wait, wait, why were you at the courthouse?
 待って待って。どうして裁判所にいたの?

Frank: We were having lunch. Yeah, and then all of the sudden we were like, "Hey! You know, we’re here, having lunch let’s get married!
 ランチ食べてた。それで、突然俺たち、「なぁ、ここにいてランチしてるんだし、結婚しよう!」ってなって。

Phoebe: Wow, a year and a half ago I didn’t even know I had a brother, and now I have a sister too. . . Okay. Okay. Stop it, don’t. So, I gotta get you a gift now. Is there anything you need?
 ワオ。1年半前は弟がいることも知らなかったのに、今では妹まで! (3人でハグするが気がつくと2人は激しいキス)オーケー、オーケー。。やめて、やめて! ・・それじゃ、何か贈りたいわ。何か要るものある?

Frank: Uhh, yeah.
 ああ、うん。

Alice: We’ve been trying to get pregnant, pretty much ever since we got engaged, we thought we’d get a jump on things, you know, no one’s getting any younger.
 私たち、子供を作ろうとしてきたの。婚約してからずっとね。ほら、すぐとりかからないと、ね、誰も若返るわけじゃなし。

Frank: See, the thing is umm, we’re not able to you know, uh, conceive.
 それがさ、妊娠しなくて。

Alice: And we’ve tried everything, we’ve seen a bunch of doctors.
 いろんなことやってみたのよ。いろいろお医者さんにも行ってみたの。

Frank: Yeah, and they say that our only chance to have a baby is that if they take my sperm, her egg and put it together in a dish and then put it into another girl. So we were wondering if you could be the girl that we could put it into.
 ああ。それで、子供を持つには、俺の精子と彼女の卵を皿で一緒にして、他の子のおなかに入れるしかないっていうんだ。それで、ねえさんがそれを入れる女の子になってくれないかなって思って。

Phoebe: That’s a really nice gift. I was thinking of like a gravy boat.
 それは本当に素敵なプレゼントね・・・私グレービーボートとかを考えてたんだけど・・。

《モニカ達の部屋:ロスとジョーイが来る》

Joey: Hey! You guys! Check it out, check it out! Guess which job I just got.
 よぉ、みんな! これ見て、これ見て!(ブルーのブレザーを着ている)何の仕事に就いたでしょうか!

Chandler: I don’t know, but Donald Trump wants his blue blazer black.
 何だろうな。でもドナルド・トランプが彼のブルーブレザーをブラックにしてほしいってよ。

Ross: What?
 は?

Chandler: Blue blazer back. He-he wants it back.
 ブルーブレザーをバックしてって。彼が、返してくれって。

Rachel: But you-you said black. Why would he want his blue blazer black?
 でもあなた、ブラックって言ったじゃない。どうして彼がブルーブレザーをブラックにしてほしいのよ?

Chandler: Well, you-you know what I meant.
 いや、意味わかるだろ。

Monica: No, you messed it up. You’re stupid.
 違う。あなた間違えちゃったのね。おバカ!

Chandler: So what job did you get, Joe?
 それで、何の仕事見つけたんだ、ジョー?

Joey: Oh, ah, tour guide at the museum. Yeah, Ross got it for me.
 博物館のツアー・ガイドだよ。ロスが紹介してくれたんだ。

Rachel: Well, how can you be a tour guide, don’t you have to be a dinosaur expert or something?
 どうしてツアー・ガイドになれるの? 恐竜のエキスパートか何かでないといけないんじゃないの?

Joey: No, not really. They give you all the information, it’s uh, it’s like memorizing a script. "And on your left, you have Tyrannosaurus Rex, a carnivore from the Jurassic period.
 いや、そんなことないよ。いろいろ教えてくれるからさ。台本を覚えるのと同じだよ。「そして左をご覧いただきますと、ティラノサウルス・レックス、ジュラ紀の肉食恐竜でございます」

Chandler, Monica, and Rachel: Hey!! That’s great!
 わぁ! やるじゃん! すごい!

Ross: Yeah, actually, Joey, it’s the Cretaceous period.
 ああ、本当のとこ、ジョーイ、それは白亜紀だ。

Joey: Yeah but, I can pronounce Jurassic.
 そうだけど、ジュラ紀って言えるからさ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!!
 ヘイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Guess what. Frank Jr., and Alice got married!
 聞いて! フランク・ジュニアとアリスが結婚したの!

All: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!

Phoebe: And! And, they’re gonna have a baby! And! And, they want me to grow it for them in my uterus.
 そして、そして! 子供を持つのよ! そしてそして! 私の子宮で子供を育ててほしいんですって!

Ross: My God!
 なんだって!

Monica: Are you serious?
 本当に?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Joey: You’re really thinking about having sex with your brother?!
 本当に弟とセックスすること考えてるのか?

Phoebe: Ewww! And "Oh, no!" It’s−they just want me to be the surrogate. It’s her-it’s her egg and her sperm, and I’m-I’m just the oven, it’s totally their bun.
 いやだ! 違うわよ! 私に代理になってほしいってことなのよ。彼女の卵と彼の精子、そして私はただのオーブンで、完全にあの子達のパンよ。

Joey: Huh.
 はぁ。

Monica: What did you tell them?
 それで何て答えたの?

Phoebe: Well, they said that I had to think about it first, but what is there to think about? I’m gonna be giving them the greatest gift you can possibly give.
 まず考えてみてって言われたんだけど、でも、何を考えることがある? 私にできる最高のプレゼントをするわけよ。

Chandler: You’re gonna be carrying their baby and give them a Sony Play Station?
 君、彼等の子供を育ててその上プレイステーションもあげるの?

Rachel: Honey, this really is an incredible thing to do for them, but there are things to think about.
 ねぇ、それは彼等にとって本当に素晴らしいことだと思うけど、考えなきゃならないことがあるわよ。

Monica: Yeah, like you’re gonna be pregnant. I mean pregnant.
 そうよ。あなた妊娠することになるのよ。実際、妊娠よ。

Phoebe: I know!
 わかってるわ。

Ross: Pheebs, you’re talking about putting your body through an awful lot. I mean, morning sickness, uh, labour, and it’s all for somebody else!
 フィーブス、すごくいろんなことを体験することになるわけだよ。つわりとか、出産とか、しかもそれが全部、自分以外の人のためなんだ。

Phoebe: Yeah, what’s your point?
 そうだけど、何が言いたいの?

Ross: Well, the stuff I just mentioned.
 いや・・今言ったことを言いたいんだよ。

Rachel: Wow! I don’t know if I could ever do that. I always figured the first time I had a baby, it'd be with somebody I love and that baby would be, you know, a keeper.
 ワオ・・私そんなことできるかな。初めての子供を持つ時は、愛する誰かとの子で、それでその子は、ね、ずっと一緒にいるのよ。

Phoebe: You know, you guys were a lot more supportive when I wanted to make denim furniture.
 ねぇ、あなた達、私がデニムの家具を作る時はもっと応援してくれたじゃない。

Joey: No, Pheebs, listen, if you decide to do this, we’ll be supportive like crazy.
 いや、フィーブス、聞けよ、もし君がもう決めるっていうなら、俺たちはめちゃくちゃ応援するよ。

All: Yeah.
 そうそう。

Monica: We just want you to think it through.
 ただ、よく考えてほしいのよ。

Rachel: Yeah, honey, maybe you can talk to somebody who’s had a baby. Like your mom?
 そうよ。ね、誰か子供を産んだことのある人に相談してみたら、例えばおかあさんとか?

Phoebe: My mom never gave birth. Oh! But my birth mom did.
 私のママは出産してないもの。ああ、そうだ、産みの親はしてるわね。

《セントラルパーク:チャンドラーとキャシーがキス》

Kathy: Umm, I love this tushy! Can I take it to work with me?
 このお尻大好き! 仕事に持っていっていい?

Chandler: Oh, yeah, sure, it’s not mine anyway. It came with the pants.
 ああ、いいよ。どうせ俺のものじゃないし。パンツについてきたんだ。

Kathy: Oh!
 もう! (キス、出て行く)

Monica: I am so jealous.
 うらやましい!

Rachel: You guys are really right there, aren’t you?
 あなた達、ちょうどいいとこにいるわよね?

Chandler: Yes. Right where?
 ああ。・・・いいとこってどこ?

Monica: In the beginning where, you know, it’s all sex and talking and sex and talking and…
 最初のうちの、ほら、セックスして、おしゃべりして、セックスしておしゃべりして・・

Chandler: Yeah, you-you gotta love the talking.
 ああ。おしゃべりだけ好きでないとな。

Monica: And the sex?
 セックスは?

Chandler: All right, we haven’t had sex yet. Okay, what’s the big deal? You know? This is special, and I want our love to grow until we move on to the next level.
 ああ、俺たちまだセックスしてないんだ。なんだ、大した事じゃないだろ? な? これは特別な関係なんだ。次の段階に進む前に、愛を育みたいんだ。

Rachel: Oh, Chandler that is so nice.
 まぁ、チャンドラー、すごく素敵ね。

Ross: That is really nice…lying! No way is that the reason!
 それはすごく素敵な・・ウソだね! そんなの理由じゃないね!

Rachel: Why? Just because you’re not mature enough to understand something like that?!
 どうして? あなたが子供でそんなこと理解できないから?

Chandler: No, he’s right, I’m totally lying.
 いや、やつの言う通り。まったくのウソだよ。

Monica: Then what is it?
 じゃあほんとはなに?

Chandler: Well, Kathy’s last boyfriend was Joey.
 キャシーの前のボーイフレンドはジョーイだぞ。

Ross: And you’re afraid you won’t be able to…fill his shoes.
 それでおまえは彼の穴埋めができないんじゃないかと恐れているんだな。

Chandler: No, I’m afraid I won’t be able to make love as well as him.
 いや、俺はやつほど上手に愛せないんじゃないかと恐れているんだ。

Ross: Yeah, I was going for the metaphor.
 ああ。僕はたとえ話で行こうとしてた。

Chandler: Yes, and I was saying the actual words.
 ああ。そして俺はそのままの言葉で言ってみた。

Monica: So big deal, so Joey’s had a lot of girlfriends, it doesn’t mean he’s great in bed.
 大した事じゃないじゃん。ジョーイはたくさんガールフレンドがいるけど、だからって彼が上手とは限らないわ。

Chandler: We share a wall! So either he’s great in bed, or she just likes to agree with him a lot.
 壁一枚だ! 彼がうまいか、彼女がものすごく彼に賛成したがるのか、どっちかだ。

Monica: Sweetie, with you it’s gonna be different. The sex is gonna be great, ‘cause you guys are in love.
 ねぇ、あなたとの場合は違うわよ。きっとうまくいくわ。だって愛し合ってるんだもの。

Chandler: Yeah?
 そう?

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Ross: Just go for it, Chandler.
 いってみろ、チャンドラー。

Monica: Yeah, you should.
 そうよ。そうするべきよ。

Rachel: Yeah, you should, really.
 そうよ。本当にそう。

Monica: Go on.
 行け。

Chandler: All right, all right, I’ll go sleep with my girlfriend. But I’m just doing it for you guys.
 わかった。わかったよ。ガールフレンドと寝るよ。でも、君たちのためにやるんだぞ。

《博物館:ジョーイ仕事中》

Joey: Okay, now the Mastodon is from the semi-late Jurassic period.
 オーケー、次のマストドンは、ジュラ紀後期のものだ。

Smart Kid: Isn’t the Mastodon from the Pliocene Epoch?
 マストドンは鮮新世じゃない?

Joey: Shhh! This is a museum, no talking. Right down here, we have a large foot. . . Uhh, and over here we have Ross Geller. Everyone wave ‘Hi’ to Ross. Ross is one of our most important scientists, look at him, hard at work. . . Okay, moving right along. Come on.
 シー! 博物館だからね、おしゃべり禁止。こちらにあるのが・・大きな足。そして、ここには、ロス・ゲラーです! みんなロスに手を振って、「ハーイ」。ロスは偉大な科学者の1人ですよ。ほら見て、一生懸命働いていますね。(ロスはペンを耳から入れて口から出す芸を見せる)さ、次へ進みますよ、はい来て。。

《ママフィービーの家:ノックの音》

Phoebe Sr: It’s open! Come in!
 開いてるわよ。入って!

Phoebe: Hi!
 ハーイ。

Phoebe Sr: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: I’m sorry, I’m late.
 遅くなってごめんなさい。

Phoebe Sr: Oh, that’s okay, it gave me time to finish glazing my nipples.
 あら、いいのよ。おかげで乳首にうわぐすりを塗る時間ができたわ。

Phoebe: Wow! You really go all out when you’re expecting company.
 ワオ! お客さんが来ると思うと本当に一生懸命なのね。

(go all out = 全力を尽くす)

Phoebe Sr: No, I was working on my pottery.
 いえ、ポッタリー(陶器作り)のことよ。

Phoebe: Oh! Ooh! Oh, I didn’t know that you did…pot.
 ああ! わぁ! そんなことしてるって知らなかったわ。ポットね。

Phoebe Sr: Well, yeah. Mostly nudes. It combines my two passions; pottery and erotica.
 まぁね。だいたいはヌードね。私の2つの情熱を一つにしたものね、ポッタリーとエロティカ。

Phoebe: Ooh, erottery!
 ああ! エロテリーね!

Phoebe Sr: Hey! Okay! Well, thanks for coming out to see me. I just-I just thought it would be a very good idea to talk about this baby stuff in person, you know.
 わぁ! そうね! とにかく会いに来てくれてありがとう。赤ちゃんのことは、直接会って話すのがいいと思ってたの。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Phoebe Sr: I really don’t think it’s a very good idea, Phoebe.
 それは本当にいい考えだとは思えないの、フィービー。

Phoebe: Why not?
 どうして?

Phoebe Sr: Well, because you’d be giving up a baby, and I-I really don’t−I don’t know if there’s anything I can say that could make you understand the pain of giving up a baby. So, umm...
 その赤ちゃんを手放すことになるでしょう。それで、私は本当に・・あなたに赤ちゃんを手放す痛みをわかってもらうために、何か私に言えることがあるかどうかわからないけど・・それで・・(子犬を箱から出す)

Phoebe: Oh, no! No-no! I understand the pain! Don’t-don’t hurt the puppy.
 いや、ダメよ! やめて、やめて! 痛みはわかるから、子犬を傷つけないで!

Phoebe Sr: No-no-no, the-the puppy’s yours.
 違う違う、違うわよ。子犬はあなたのものよ。

Phoebe: Oh, I get a puppy!!
 まぁ! 私犬もらえるの!

Phoebe Sr: Well, yeah! I mean yeah, but only for three days.
 ええまぁね、でも、3日間だけね。

Phoebe: Why?
 どうして?

Phoebe Sr: You know, I realize I don’t have any right to start get all parenty on you and everything now. But umm… Phoebe, would you please look at me and not the puppy, it’s very important.
 あなたに、親らしいこととか言う権利なんてないなと思って。でも・・(フィービーは子犬に夢中)フィービー、子犬じゃなくて私を見てくれる? とても大切なことなの。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Phoebe Sr: I mean, I know what I’m talking about. I gave up two babies, and I only wish I had someone there that had given up babies, that could tell me how terrible it is to give up babies. I just think that, it would be something you will regret every single day for the rest of your life. So, however hard it is for you to give up this puppy, it would be like a million times harder to give up a child. . . I really shouldn’t have given you the puppy first.
 どんなことかわかるの。私は2人の子を手放したけど、誰かあの時、子供を手放すことがどんなにつらいことか教えてくれる人がいたらと思うのよ。それは、その後一生、毎日悔やむことになると思うの。だから、この子犬を手放すことがどんなに難しくても、子供を手放すより百万倍つらいと思うのね・・・(フィービーは子犬に夢中)先に子犬を渡すべきじゃなかったわね。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

《博物館のカフェテリア:人がジョーイの隣に座ろうとする》

Joey: Uhh, do you mind sitting there. I’m-I’m saving this for my friend Ross.
 あ、そこやめてくれるかな。友達のロスにとってあるんだ。

Tour Guide: You mean Dr. Geller?
 それって、ドクター・ゲラーのこと?

Joey: Doctor? Wow! I didn’t know he had a nickname.
 ドクター? ワオ! あいつにニックネームがあったなんて知らなかったよ。

Tour Guide: Oh, he won’t sit here. Only the people in the white coats sit over there, and only the people in the blue blazers sit here.
 彼はここには座らないわよ。白衣を着た人だけがあそこに座るの。そしてここはブルーブレザーを着た人だけ。

Joey: Well, how-how come?
 え、どうして?

Tour Guide: That’s just the way it is.
 そういうものなの。

Joey: That’s crazy.
 そんなの変だよ。

Tour Guide: Maybe it’s crazy in a perfect world, a world without lab coats and blazers, but you not in a perfect world, you in a museum now. See that scientist in the glasses. He and I used to play together all the time in grade school, but now…(Turns around) Peter! Hey, Peter! It’s me Rhonda! From P.S.129! I shared my pudding with you, man! I gave you my Snack Pack! (to Joey) See, he pretend he don’t even here me!
 理想の世界では変だというでしょうね。そこには白衣もブレザーもないでしょうよ。でも、あなたは理想の世界にいるんじゃないの。あなたは博物館にいるの。ほら、あのメガネをかけた科学者見て。彼と私は小学校ではいつも一緒に遊んでいたわ。でも今は・・・(その科学者に)ピーター! ちょっと、ピーター! 私よ! ロンダ! パトリシア・ラーキン・スクールよ! あなたにプリンを分けてあげたわよね! 私のお菓子もあげたわよ! (ジョーイに)ほらね、聞こえないふりしてるのよ!

(P.S.129 = public school..調べたところ上記の名前が出てきました)

Joey: I-I think everybody’s pretending they don’t hear you. Anyway, look, I don’t know about you and your jackets and your separate tables, but Ross is one of my best friends, and if I save him a seat, I’m telling you, he will sit in it! . . .Ross! Ross! Over here, man! I saved you seat.
 あれは誰でも聞こえないフリをすると思うよ。とにかく、君たちのそのジャケットとかテーブルを分けるとかいうことは知らないけど、ロスは俺の親友なんだ。俺が席を確保していたら、間違いなく、彼はそこに座るよ! (ロスが来る)ロス! ロス! こっち! 席取っといたよ。

Ross: That’s okay, I’m cool over here. I’ll catch up with you later, Joey.
 いや、いいんだ。ここでいいよ。後でね、ジョーイ。

(他の女性が来て隣に座ろうとする)
Tour Guide: Op, this is saved. Gift shop.
 おっと。そこは取ってあるの。(ジョーイに理由を説明)ギフトショップの子よ。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, uh, I’m really, really sorry about what happened in the cafeteria today.
 やぁ、今日カフェテリアでのこと、本当に本当にごめんよ。

Joey: It’s no big deal, you know. You do what you gotta do. Right?
 いや大したことじゃないよ。しかたがなかったんだろ?

Ross: But hey, it’s not just me, I mean, the scientists and the tour guides never sit together.
 だけどな、これは僕だけじゃない。科学者とツアー・ガイドは絶対一緒に座らないんだ。

Joey: Whatever.
 あっそう。

Ross: It’s like that everywhere, Joey! Okay, Mon, back me up here. Where you work the uh, waiters eat with the waiters, right? And the chefs eat with the other chefs, right?
 どこでもそうなんだよ、ジョーイ! そうだ、モニカ、おまえもそうだって言ってくれよ。勤め先では、ウェイターはウェイターと食べるだろ? シェフは他のシェフと食べるよな?

Monica: I eat by myself in the alley because everybody hates me.
 私はみんなに嫌われてるから、1人で通路で食べるの。

Joey: Look, Ross, really it’s-it’s no big deal. You know you wear a white coat, I wear a blue blazer, if that means we can’t be friends at work, then so be it. You know, hey I understand. You know? Hey, when I’m in a play and you’re in the audience, I don’t talk to you, right? So it’s, you know, it’s uh, it’s cool. I’ll see you tomorrow.
 ロス、本当に大したことじゃないったら。おまえは白衣を着ていて、俺はブルーレザーだ。それだと職場では友達じゃないっていうなら、それでいいさ。理解するよ。な? 俺が芝居していて君たちが見に来てるとき、話しかけないだろ? だから、別にいいんだよ。じゃあまた明日。(出て行く)

Rachel: Yeah, when we’re in the audience he doesn’t talk to us, but he does wave.
 私たちが見に行ったとき、彼は話しかけはしないけど、でも手を振ってくれるわよね。

《モニカ達の部屋:翌朝・チャンドラーが来る》

Chandler: Hi.
 やぁ。

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Why is Phoebe singing to Karl Malden?
 フィービーなんでカール・マルデンに歌ってるんだ?

Phoebe: Ooh, you know what? I think it’s time for puppy to go out again. Come on, let’s go to the balcony.
 あ、ねぇ、この子また外に出る時間みたいよ。さ、バルコニー行きましょ。

Monica: What?!
 何ですって?

Phoebe: Umm, the street. Come on, let’s go to the street. Ooh, listen, don’t go onto the balcony until after I get back.
 あ、外に。さぁ、お外行きましょ。あ、聞いて、私が戻ってくるまでバルコニーには行かないでね。(出ていく)

Monica: So, did you do it?
 それで、したの?

Chandler: Yes, yes, we had the sex.
 ああ、したよ。セックスしたよ。

Monica: Uh-oh, it was bad?
 あらら。よくなかったの?

Chandler: It was fine, you know? But she didn’t agree with me as strongly as she agreed with Joey. She was more like, "I see you point, I’m all right with it."
 オーケーだったよ。でもジョーイの時みたいに一生懸命賛成してはいなかったよ。それよりこんな感じ。「ああ、わかった。それでもいいけどぉ」

Monica: Well, it was the first time. You know, there’s not always a lot of agreement the first time.
 それは初めてだからよ。ね、始めからたくさん賛成してもらえないものよ。

Rachel: Yeah, not girls anyway, guys agree like that.
 そうね、女の子はそうよ、男はこんな感じで(指を鳴らして)すぐ賛成するけどね。

Chandler: Look, you have to help me! Okay? I mean, I know what to do with a woman, you know, I know where everything goes, it’s always nice. But I need to know what makes it go from nice to, "My God! Somebody’s killing her in there!"
 なぁ、助けてくれよ! 女性にどうしたらいいかはわかってるよ、どこをどうしたらいいかわかってる。それはいつもいいんだ。でも、いいんじゃなくて、「神様、あそこで彼女誰かに殺される!」ってくらいにするにはどうしたらいいか知りたいよ。

Monica: All right, I’m gonna show you something a lot of guys don’t know. Rach, give me that pad, please? . . All right. Now…
 いいわ、じゃあ男達が知らないこと教えてあげる。レイチ、そこのメモ取ってくれる? よし、それじゃ・・

Chandler: Look, you don’t have to draw an actual wo−whoa! She’s hot!
 な、何も実際書いてくれなくても・・うわっ! ホットな子だな!

Monica: Now everybody knows the basic erogenous zones. . . You got one, two three, four, five, six, and seven!
 さ、誰でも基本的な性感帯は知ってるわよね。1、2、3、4、5、6、7!

Chandler: There are seven?!
 7つもあるの?

Rachel: Let me see that. . . Oh, yeah.
 見せて・・・ああ、そうね!

Chandler: That’s one?
 これが1?

Monica: It’s kind of an important one!
 そこは大事なとこよ!

Chandler: Oh, you know-you know what, I was looking at it upside down.
 あ、いや、俺逆さまに見てたよ。

Rachel: Well, you know, sometimes that helps.
 時々それもいいわよ。

Monica: Okay, now, most guys will hit 1, 2, 3 and then go to 7 and set up camp.
 いい? たいていの男は、1、2、3ときて、そして7にキャンプを張るわよね。

Chandler: That ’s bad?
 それがダメなのか?

Rachel: Well, if you go to Disneyland, you don’t spend the whole day on the Matterhorn.
 ディズニーランドに行っても、一日中マッターホルンで過ごさないでしょ。

Chandler: You might if it were anything like 7!
 それが7みたいなところだったらそうするかもよ!

Monica: All right, the important thing is to take your time, you want to hit ‘em all, and you mix ‘em up. You gotta keep them on their toes.
 いい、大事なのは、時間をかけて、全部を当たることよ。そして順番を入れ替える。ずっと頭からつま先までこっち向かせておかなきゃだめよ。

(keep them on their toes = to force someone to continue giving all their attention and energy to what they are doing)

Rachel: Oo, toes!! Well, for some people.
 おお、つま先! (注目され)ま、そういう人もいるわよ。

Monica: All right. Umm, you could start out with a little 1, a 2, a 1-2-3, a 3, a 5, a 4, a 3-2, 2, a 2-4-6, 2-4-6, 4, 2, 2, 4-7, 5-7, 6-7, 7, …7..…7…7-7-7-7-7-7…(mouths 7)!
 いい? まず最初に少し1, そして 2, それから 1-2-3, 3, 5, 4, 3-2, 2, 2-4-6, 2-4-6, 4, 2, 2, 4-7, 5-7, 6-7, 7, …7..…7…7-7-7-7-7-7…(声に出さず 7)!

《博物館カフェテリア:ジョーイ食事中。ロスが来る》

Older Scientist: Dr. Geller, there’s a seat over here.
 ドクター・ゲラー、ここに席ありますよ。

Ross: Thank you, Dr. Phillips, but I’m having my lunch at this table, here in the middle. I’m having lunch right here, with my good friend Joey, if he’ll sit with me.
 ありがとう、ドクター・フィリップス。でも、私はこの、真ん中のテーブルで食事をとります。私は、よき友人ジョーイと、ここでランチをとります。もし彼がきてくれるなら。

Joey: I will sit with you, Dr. Geller.
 一緒に座りますよ、ドクター・ゲラー。

Ross: You know, we work in a museum of natural history, and yet there is something unnatural about the way we eat lunch. Now, I look around this cafeteria, and you know what I see, I see-I see division. Division, between people in white coats and people in blue blazers, and I ask myself, "My God why?!" Now, I say we shed these-these coats that separate us, and we get to know the people underneath. . . I’m Ross! I’m divorced, and I have a kid!
 僕たちはここ自然史博物館で働いていますが、でも食事をする時は、自然じゃないことが行われている。このカフェテリアを見回してみると、そこにあるのは、境界線です。白衣を着た人とブルーブレザーを着た人の境界線。そして僕は問いかけてみる。「神様、どうして?」・・いま僕は、この僕たちを分け隔てている白衣を脱ぎ捨てます。そしてその下にいる人というものを知らなきゃいけないのです!(白衣を脱ぎ捨てる)僕はロス! 離婚していて、子供が1人いる!

Joey: I’m Joey! I’m an actor! I don’t know squat about dinosaurs!
 (ブレザーを脱ぎ捨て)俺はジョーイ! 俳優だ! 恐竜のことなんて何も知らない!

(squat = [米俗]ゼロ・無)

Another Tour Guide: I’m Ted, and I just moved here a month ago, and New York really scares me.
 僕はテッド、1ヶ月前に引っ越してきたばかりで、ニューヨークにビビってる!

Ross: All right, there you go!
 よし、その調子!

Joey: Yeah, you hang in there, Teddy!
 ああ、頑張れ、テディ!

Older Scientist: I’m Andrew, and I didn’t pay for this pear.
 私はアンドリュー、このナシの代金払ってない。

Ross: Okay, good-good for you.
 そうか、ま、よかったね!

Tour Guide: I’m Rhonda, and these aren’t real!
 私はロンダ! (胸を指して)これは本物じゃない!

Ross: Wow, Rhonda.
 ワオ。ロンダ。

Another Scientist: I’m Scott.
 僕はスコット。

Ross: Yeah, okay, Scott!
 ああ、オーケー、スコット!

Another Scientist: And I need to flip the light switch on and off 17 times before I leave a room or my family will die.
 僕が部屋を出る時は、ライトのスイッチを17回つけたり消したりしなきゃならない。さもないと家族が死ぬんだ。

《セントラルパーク:フィービーが子犬を抱いている》

Phoebe: My mom’s gonna be here any minute. I can’t do this, I can’t give him up. Yes−no, I can. I don’t want to. But I can. No.
 もうすぐママが来るの。できないわ。この子と別れられない。いえ、ダメ。できるわよ。でもイヤだわ。でもできる。ダメ。

Rachel: Oo, I can’t watch this, it’s like Sophie’s Choice.
 ああ、見てられないわ。まるで「ソフィーの選択」ね。

Monica: You know, I never saw that.
 私それ見たことないのよね。

Rachel: Oh, it was only okay.
 ああ、たいしたことないわよ。

Phoebe: Oh, I can’t do this. My mom was right. If I can’t-if I can’t give him up, then there’s no way I can give up a little baby. Oh, God, Frank and Alice are gonna be so crushed. What-what else, what else can I give ‘em−a kidney!
 ああ、できないわ。ママの言う通りね。この子を手放せないなら、赤ちゃんなんて手放せるわけがない。ああ! フランクとアリスはショックよね。何か、何か他にあげるものないかしら。腎臓?!

(フランクとアリスが来る)
Frank&Alice: Hi!
 ハーイ!

Alice: Uhh, we were just in the neighborhood, so…
 たまたま近くまできたもんだから・・

Frank: Yeah, so we just thought we’d stop by and let you know there’s still no pressure.
 ああ。だからちょっと寄って、何もプレッシャー感じることないって言いにきたんだ。

Alice: None. But if there was something you wanted to tell us, we’re just gonna be right over there having coffee.
 そうよ。でも、何か話があるなら、私たちそこで(カウンターを指し)コーヒー飲んでるから。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

Frank: Oh, who’s this little guy?!
 わぁ! この小さな子は誰?(子犬を抱く)

Phoebe: Oh! Ooh! Umm!
 ああ、うん。

Frank: Oh, he’s so cute, he reminds me of my old dog, Tumor.
 ああ、めちゃくちゃかわいいな。俺の昔の犬のチューモア(腫瘍)を思い出すよ。

Alice: You are so precious, I could just take you home.
 本当にかわいいわね。家に連れて帰りたいくらいよ。

Phoebe: Hey, why don’t you?
 あら、そうしたら?

Frank: Are you serious?
 本気?

Phoebe: Uh-huh, yeah!
 うん、いいわよ!

Frank: Oh, thanks.
 わぁ、ありがとう!

Monica: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: No, I’m really okay with this. You know why? ‘Cause look at them, look how happy they are. And I made that, so you know… I know it’s gonna be like a million times harder to give up a baby but, oh, my God, it’s gonna feel like a million times better, right? I wanna do this. . . I wanna carry your baby.
 いえ、私本当に大丈夫なのよ。どうしてかわかる? 見てあの幸せそうな顔。私がそうしたのよ。だから・・赤ちゃんを手放すのは百万倍もつらいってわかってるけど、ああ、だけど、百万倍うれしく感じるわよね? そうしてあげたいわ。(フランクとアリスに)あなた達の赤ちゃん引き受けるわ。

Alice: Oh! Oh! Oh! Thank you so much! You don’t know what this means to us! Oh!
 まぁ! まぁ! ああ! 本当にありがとう! 私たちそれがどんなに嬉しいか! ああ!

Frank: Oh, my God, I think I’m gonna cry!
 ああ、もう! ああ泣きそう!

Monica: It’s gonna be so great.
 きっと何もかもうまくいくわ。

(ママフィービーが来る)
Phoebe Sr: Hi! What’s going on?
 ハーイ! 何かあったの?

Phoebe: Oh, I gave them the puppy and it made them so happy that I decided I’m gonna carry their baby.
 あ、私この子たちに子犬をあげて、あんまり幸せそうだから、赤ちゃんを産んであげることにしたの。

Phoebe Sr: Oh, Phoebe…
 まぁ、フィービー・・

Phoebe: No-no-no, I know, but you and I are different people though, and this is a totally different situation, and I know that I am not gonna regret this.
 いえいえいえ、そうよね、でも、あなたと私は違うし、状況も全然違うわ。それに、後悔しないってわかるの。

Phoebe Sr: Oh, I understand all that, but it’s just−that was my puppy.
 いえ、それはわかるわ。でも、あの子は私の子犬なのよ。

Phoebe: Oh!
 あら!

《モニカ達の部屋》

Monica: Would you ever be a surrogate for anyone?
 誰かのために代理母になれる?

Rachel: It depends on who asked.
 誰のためかによるわ。

Monica: What if I asked?
 もし私が頼んだら?

Rachel: Oh, Mon, sure!
 まぁ、モン! もちろんよ!

Monica: Really?
 ほんと?

Rachel: Yes. . . . You’re not asking, are you?
 うん。・・・頼まないわよね?

Monica: No.
 うん。

Rachel: Yes! Totally!
 絶対引き受けるわ!

(キャシーが部屋着で駆け込んでくる)
Kathy: Oh! Thank you! Thank you! Thank you! Yes! Thank you!
 ああ! ありがとう! ありがとう! ありがとう! ありがとう! そうよ! ありがとう!(戻って行く)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:13| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。