2013年07月31日

4-9 The One Where They’re Gonna PARTY!

4-9 パーティに行く!の話

 ☆モニカは夢の料理長!?☆

《セントラルパーク前:モニカとフィービーがバンを披露》

Phoebe: Okay!
 オーケー!

Monica: Come on, no peeking!
 来て、見ちゃだめよ!(目を閉じさせた全員を誘導)

Chandler: Our eyes are closed and we’re about to cross the street. Very good.
 俺たち目を閉じて道路を渡ろうとしている。すごくいい感じ。

Phoebe: Okay, open up!
 いいわよ、目を開けて!(女性が描かれたバン)

Ross: What did you want to show us? Because all I can see is this bitching van!
 何を見せたいっていうんだ? かっこいいバンが見えるだけなんだけど!

Phoebe: Yeah, it’s for our catering business!
 そうよ。私たちのケイタリングの仕事で使うの!

Joey: I think I know that girl.
 あの子知ってる気がする。

Monica: All right, umm, we’re not gonna really keep it this way though.
 このまま使うわけじゃないんだけどね。

Rachel: No?
 そうなの?

Phoebe: No, we’re gonna paint over the sword, and replace it with a baguette.
 ええ。剣を塗りつぶして、フランスパンに描き換えるの。

Rachel: Oh!
 ああ!

Phoebe: And also, we don’t know what to do with this.
 それと、これをどうしたらいいかわからないんだけどね。(スイッチを入れると乳首が点滅)

Joey: Oh, yeah, I definitely know her.
 ああ、やっぱり絶対彼女知ってる。

《モニカ達の部屋》

Monica: Remember that guy from cooking school I told you about that put cilantro with everything?
 料理学校で会った、何にでもコリアンダー入れる人の話したの覚えてる?

Phoebe: Oh sure, Cilantro Larry.
 ええ、もちろん。コリアンダー・ラリーね。

Monica: Well, I’m gonna fill in for him as food critic for the Chelsea Reporter.
 彼の代わりにチェルシー・リポーターで料理批評をすることになったの。

Ross: Wow, Monica! What an amazing opportunity to influence… dozens of people.
 ワオ、モニカ! すごいチャンスだな。影響を与えるのは少人数だけど。

Phoebe: How could you say yes, what about our catering business?
 そんなの承諾したなんて! ケイタリングはどうなるのよ!

Monica: Oh no-no-no, it’s only one night a week, and plus I get to take all of you out for a lot of free dinners.
 あ、いいのいいの、一週間に一晩だけの仕事よ。それに、みんなにたくさん無料の料理持ってくるわ。

All: Yay!!
 イエーイ!

Phoebe: Oh, in that case−Yay! . . . That was me hopping onboard.
 ああ、そういうことなら、イエーイ! 今のは賛成のホッピング。

Monica: Oh.
 ああ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, you guys! Hey, Ross, quick question for ya. Are you ready to party?
 よぉ、みんな! おい、ロス、おまえに簡単な質問! パーティの準備はいいか?

Ross: I don’t know. I could maybe go out for a couple of beers, but there’s this thing about bumblebees on The Discovery Channel.
 それはどうかな。ビールの1、2杯なら飲みにいってもいいけど、ディスカバリー・チャンネルでマルハナバチに関する番組を見たいんだ。

Chandler: No-no, I don’t think you heard me. Are you ready to party?!
 いやいや、おまえ俺の言うの聞いてなかったな。パーティの準備はいいか?

Ross: Nooo!! Gandalf?! Gandalf is coming to town?
 うそだろ! ガンダルフ? ガンダルフが来るのか?

Chandler: Kathy’s with her parents, I have nothing to do, so tomorrow we are partying with Gandalf, dude!
 キャシーは両親と過ごすことになってて、何もすることがないんだ。それで明日はガンダルフとパーティだぜ、相棒!

Ross: Dude, we are so gonna party!
 相棒、そりゃどうしたってパーティだな!

Phoebe: Wow! Okay, dude alert! And who is this guy?
 ワオ! 相棒注意報ね! それ誰?

Ross: Mike "Gandalf" Ganderson, only like the funnest guy in the world.
 マイク・ガンダルフ・ガンダーソンだ。世界一楽しい男だよ。

Chandler: I’m gonna call and get off work tomorrow!
 電話して明日休みにするぞ!

Ross: I’m gonna call after you!
 おまえの次に電話するぞ!

Chandler: This is gonna be so cool, dude. We never party anymore!
 これはすごいことになるぞ、相棒! もうパーティなんてしないもんな!

Chandler and Ross: Woooo!!!
 ウーー!!

Monica: All right, were you guys smoking something in the back of our van?
 ねぇ、あなた達、バンの後ろで何か吸ったりしたの?

Joey: Really. What do you mean we never have fun anymore? You have fun with me, remember that time we saw those strippers and you paid me 50 bucks to eat that book?
 本当だよ。何がもう楽しくないんだよ? 俺と楽しんでるじゃないか、覚えてるだろ? 一緒にストリッパー見て、おまえ達50ドル払ってあの本食べたじゃないか。

Ross: Joey, you are gonna love this guy. Gandalf is like the party wizard!
 ジョーイ、おまえもあいつを好きになるって! ガンダルフはパーティの魔法使いなんだよ!

Joey: Well, why do you call him Gandalf?
 なんでガンダルフって呼ぶんだ?

Ross: Gandalf the wizard. Hello! Didn’t you read Lord of the Rings in high school?
 魔法使いのガンダルフだよ。もしもし? 高校でロード・オブ・ザ・リング読まなかったのか?

(ロード・オブ・ザ・リングに登場する魔法使いガンダルフは、ホビット達が見た事もないような花火などで、パーティを盛り上げた)

Joey: No, I had sex in high school.
 いや。高校ではセックスしてた。

《レイチェルのオフィス》

Rachel: Oh, uh, Joanna, I was wondering if I could ask you something. There’s an opening for an assistant buyer in Junior Miss…
 すみません、ジョアンナ、ちょっとお聞きしていいでしょうか。ジュニアの女性部門でアシスタント・バイヤーの空きがあるってことで・・

Joanna: Okay, but that would actually be a big step down for me.
 ええ、だけどそれじゃ私には随分な降格になっちゃうわ。

Rachel: Well, actually, I meant for me. The hiring committee is meeting people all day and…
 実は私にってことなんですけど。人事の人達は一日中面接をして・・

Joanna: Oh. Well, I wish I could say no, but you can’t stay my assistant forever. Neither can you Sophie, but for different reasons.
 そうね。ダメと言えたらと思うけど、あなたも一生私のアシスタントってわけにはいかないわよね。ソフィー、あなたもよ。別の理由だけどね。

Rachel: God, I am so glad you don’t have a problem with this, because if you did, I wouldn’t even consider applying.
 よかった! このことを反対されなくてうれしいです。もし問題があるようでしたら私応募することもできないですから。

Joanna: Really? Well, in that case…
 そう? そういうことなら・・

Rachel: And that’s I’m so glad… there’s no problem.
 ですからとっても嬉しいです、問題がなくて。

Joanna: It’s fine, actually I’m on the hiring committee, so there’ll be at least one friendly face.
 いいわよ。実は私もその人事に関わってるの。だから少なくとも1人は知った顔がいるってことね。

Rachel: Oh! That’s great!
 まぁ、それはうれしいわ!

Joanna: You know, Junior Miss is where I started. Oh, I had to sleep with the ugliest guy to get that job.
 私もジュニア女性部門から始めたのよね。ああ、あの仕事に就くために最悪な男と寝なきゃならなかったわ。

Rachel: Really?!
 本当ですか?

Joanna: No-ho-ho! . . . Yeah. . . I mean, no-no-no-no-no, don’t you worry, I’m sure with your qualifications you won’t need to sleep with some guy to get that job. Although, I might need some convincing.
 ウソよ。ウソウソ! ・・・ええ。・・実は・・。ウソウソウソ。心配しないで。あなたの経験なら誰かと寝なくてもその仕事につけるわ。・・でも私を説得させるものがほしいわね・・。

Rachel: Well, I, umm…
 ええ。その私・・

Joanna: Kidding! God, I feel wild today!
 冗談よ! ああ、私今日はすごくワイルドな気分!

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Oh, man! I am so excited−I may vomit!
 ああ、もう! 本当に嬉しいよ! 吐きそう!

Joey: Will you calm down, he’s just a human guy.
 落ち着けよ。そいつだってただの人間だろ。

Chandler: Look, you don’t understand. Gandalf is amazing. You know, you’re never know what’s gonna end up happening. You go out for a couple of beers and end up on a fishing boat to Nova Scotia!
 おまえわかってないんだよ。ガンダルフはあり得ないくらいなんだよ。何がどうなるか絶対わからないんだ。ビールを飲んでたと思ったら、ノバスコシアで魚釣りボートに乗ってるんだ!

Joey: Really?!
 ほんと?

Chandler: Oh yeah, it’s beautiful country up there.
 ああ。あそこは美しい国だよ・・。

(ロスが来る)
Ross: Hey! Okay! I got my passport, fresh socks, and a snake bite kit!
 やぁ! ほら、パスポート、新しいソックス、それからヘビに噛まれた時グッズもゲットしてきたぞ!

snakeBiteKit.jpg(Snake bite kit >Amazon.comで買えます)

Chandler: It’s not gonna be exactly like last time.
 前の時とそっくり同じことが起きるわけじゃないぞ。

Joey: All right, I’ll see you, guys.
 じゃあまた後でな。

Chandler and Ross: Whoa-whoa-whoa!
 おいおいおい!!

Joey: I have an audition, but I’ll definitely hook up with you later. Where are you gonna be around noon?
 オーディションがあるんだよ。でも絶対後で行くから。昼頃はどこにいる?

Ross: Somewhere maybe along the equator?
 赤道沿いのどこかかもね?

Joey: Okay.
 わかったよ。

(電話)
Chandler: Hello. It’s Gandalf!!! . . So, are you in town? . . . Oh, well, maybe next time then.
 もしもし。(ロスに)ガンダルフだ!(電話)それで、今こっち? ・・ああ。じゃあまた今度。(電話切る)

Ross: What happened?
 どうしたんだ?

Chandler: He’s not gonna make it, he’s stuck in Chicago.
 来られないってさ。シカゴを出られないって。

Ross: Ohh, man! Chicago is so lucky!
 ああ、なんだよ! シカゴはラッキーだな!

Chandler: Stupid, useless Canadian money!
 バカみたいな、役立たずのカナダドル!

《ブルーミングデールズの面接》

Mr. Posner: You have a very impressive resume, Ms. Green. I especially like what I see here about implementing a new filing system.
 この経歴は感心するね、グリーンさん。特にこの新しいファイリング・システムを作り上げたところなどね。

Rachel: Thank you.
 ありがとうございます。

Joanna: Filing system? Oh-oh! You mean those little colored labels you put on all the folders? It certainly did brighten up the inside of the filing cabinets.
 ファイリング・システム? ああ、あのフォルダーにつけたカラーラベルのことね? 確かにあれでファイリングキャビネットの中が明るくなりましたわ。

Rachel: Well, they uh, they-they do more than that.
 あ・・それ以上のものがありました。

Mrs. Lynch: I notice that you’ve been trusted with a lot of rather important responsibilities.
 重要な責任を負って信用を得たようですね。

Rachel: Yes, Joanna really has been an incredible mentor to me.
 ええ、ジョアンナは素晴らしい上司ですから。

Joanna: Oh. And Rachel has been really incredible in getting my morning bagel for me. It’s amazing how she gets it right almost every time!
 ああ、レイチェルは毎朝ベーグルを買ってきてくれて素晴らしいですよ。毎回間違いなく買ってくるんですから驚異ですわ。

Rachel: I-I-I.. of course, I have more responsibilities than that.
 もちろん、それより重要なことを任せられてきました。

Joanna: Oh yes, well, there’s the coffee too. Rachel can carry two things at once!
 ああ、そうそう。コーヒーもありますわね。レイチェルは一度に2つ物を運べるんですよ!

Mr. Posner: Yes, that’s very good. Now a uh, big part of this job is cultivating personal relationships, especially with designers.
 そう、それはよかったわね。さて、この仕事で大事なのは、人間関係を築くことです。特にデザイナーとですが。

Rachel: Yes, I realize that…
 はい、私の考えでは・・

Joanna: And Rachel shouldn’t have any problem with that. The only problem might be getting a little too friendly, if you know what I mean.
 レイチェルはその点問題はありませんね。もし問題があるとしたら、親しくなりすぎるということかしら。意味わかりますよね。

Rachel: I love working with designers!
 デザイナーと働くのはとても好きです!

Joanna: With them, under them, what’s the difference? Eh, Rach?
 デザイナーと一緒にか、下でか、どう違うのかしら、ね、レイチ?

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey! My first review is out!
 ね! 私の初めてのレビューが発行されたわよ!

Phoebe: Ohh! Oh, the Chelsea Reporter. Ah, these used to keep me so warm.
 わぁ! ・・ああ、チェルシー・レポーターね。これで随分暖まったものよ。

Monica: All right, look I'm on the back page.
 いい、見て、私のは後ろに載ってるの。

Phoebe: Oh, okay! "Would I go back to Allesandro’s? Sure, but I’d have to order two meals, one for me and one for the guy pointing the gun to my head." Wow! You really laid into this place.
 わかった! 「アレッサンドロにまた行きたいか? そうね。でもその時は2人分頼まないと。私用と、私の頭に銃を突きつけてる人とね」ワオ! かなりな非難ね。

Monica: Hey, they don’t pay me a penny a word to make friends.
 そりゃね、私は仲良くするためにお金もらってるわけじゃないからね。

Phoebe: Ooh, I gotta go. I found a guy that who could fix up the van for catering.
 あ、もう行かないと。ケイタリングのバンを直してくれる人を見つけたの。

Monica: Oh! Do you want me to go with you?
 ああ、私も一緒に行った方がいい?

Phoebe: No-no, it’s okay. But are we sure we don’t want the waterbed?
 いえいえ、いいのよ。でもウォーターベッドは欲しくないってことで間違いないのね?

Monica: Haven’t we made this decision?
 それは決めたでしょう?

Phoebe: Yeah, all right.
 ええ、そうね。

Monica: Bye!
 バーイ!

Phoebe: Bye!
 バーイ!

(インターホンが鳴る)
Monica: Who is it?
 どなた?

Allesandro: It’s Allesandro, from Allesandro’s.
 アレッサンドロのアレッサンドロだ。

Monica: Oh, my God.
 まぁ、大変!

Allesandro: I want to talk to you about your review.
 君のレビューのことで話したい。

Monica: Oh, my God, oh, my God. . . Call me on the phone!
 まぁ大変、まぁ大変! (インターコムで)電話にしてください!

Allesandro: What? So you could hang up on me?
 なに? 電話だったら切れるからか?

Monica: Look, I’m never gonna let you up, so you may as well just go away.
 聞いて。絶対にここへは入らせないから、もう帰って。

Allesandro: Just give me a chance to…
 とにかく一度・・

Phoebe: Hey, do you need to get in? Here you go.
 (インターコム)あら、入りたいの? どうぞ。

Monica: No! Phoebe!
 ダメよ、フィービー!

Phoebe: Hey, Monica!
 (インターコム)あら、モニカ!

《モニカ達の部屋:時間経過》

Allesandro: I want a retraction! Our food is not inedible swill!
 撤回してもらいたい! うちの料理は食べられないクズじゃない!

Monica: I couldn’t eat it! I had five friends who couldn’t eat it, and one of them eats books.
 食べられなかったわ! 5人の友達が食べられなかったし、1人は本を食べたわ。

Allesandro: Well, our service is not "grossly incompetent."
 うちのサービスは「ひどい無能」なものじゃない!

Monica: The waiter carried the breadsticks in his pants!
 ウェイターはスティックパンをパンツに入れて運んでたわ!

Allesandro: Well, you said that we accept the Discover Card, which we do not!
 うちはディスカバーカードを受け付けるって書いてあったが、受け付けない!

ディスカバーカード = クレジットカード)

Monica: All right, that I’ll retract. But I stand by my review, I know food and that wasn’t it. You’re marinara sauce tasted like tomato juice! You should serve it with vodka and a piece of celery.
 あらそう、それじゃそれは撤回するわ。でも私のレビューは変わらない。私は料理をわたってる。あれは料理じゃない。おたくのマリナラソースはトマトジュースみたいだったわ! あれはウォッカとセロリを添えて出せばいいわよ。

Allesandro: Hey! I’m proud of that sauce, it’s delicious.
 おい! あのソースは自慢なんだ。おいしいじゃないか!

Monica: Oh, my God! You own an Italian restaurant and you think that tastes good?! Where are you even from?
 まぁなんてことなの! イタリアンレストランのオーナーでありながら、あれをおいしいって? どこの出身なの?

Allesandro: Lebanon.
 レバノン。

Monica: Hand me those tomatoes, I’m gonna show you what it should taste like! Come on, hand me them.
 そこのトマト取って。どんな味になるべきなのか見せてあげる。ほら、それ取って。

Allesandro: How long is this gonna take? ‘Cause I got another critic to go yell at.
 どれくらいかかる? 他にも批評家を怒鳴りにいかないといけないんだ。

《レイチェルのオフィス》

Rachel: Umm, Joanna? I wanna talk about that interview.
 ジョアンナ? 面接のことで話したいんですけど。

Joanna: I thought it went very well.
 あれはすごくうまくいったわね。

Rachel: No! It didn’t! That’s what I want to talk to you about. Now, just to brief you. . . I may cry, but they are not tears of sadness or of anger, but just of me having this discussion with you.
 いいえ。違いました! それについて話したいんです。簡単に言うと・・泣いたとしても、それは悲しくて泣くんじゃなくて、あなたとこんな話をしてるからです。

Joanna: Rachel, please, don’t make a scene.
 レイチェル、頼むわよ、大げさにして見せないで。

Rachel: There’s nobody here!
 誰もいないじゃないですか!

Joanna: Sophie, get in here! You see! Now you’re making Sophie uncomfortable!
 ソフィー、ここ来て! ほらね! あなたのせいでソフィーが気まずいでしょ。

Sophie: She’s not making me uncomfortable.
 彼女のせいで気まずくなんてありません。

Joanna: Congratulations! You now just crossed the line into completely useless. Get out.
 おめでとう! これでもう完璧に役立たず決定ね。出てって。

Rachel: Do you want me to quit?
 私を辞めさせたいんですか?

Joanna: What?! What would make you think that?
 何ですって? なんでそんなこと思うの?

Rachel: Well, all of those things that you said in the interview, I mean, if you believe any of them, I must not be a very good assistant. You know what? I am just going to pack up my desk, and I will be gone by the end of the day! Well, I guess there’s no use to me sticking around till the end of the day!
 面接の時におっしゃったことです! あの通りに考えてらっしゃるだったら、私はいいアシスタントではないですよね。もういいです、私の机まとめて、今日一日勤めたら帰ります! (ペンとマフィンだけだった)一日ここにいなくてもいいみたい!

Joanna: Wait-wait-wait-wait! You can put your sad little muffin back in it’s drawer. If you must know the truth, I didn’t want to lose a perfectly good assistant.
 待って待って待って待って! その哀れなマフィンを引き出しに入れて。実を言うと、私、完璧なアシスタントを失いたくないのよ。

Rachel: What?
 え?

Joanna: That’s why I said all those things about your flirting and your drinking…
 だからあんな、親しくし過ぎとかお酒のこととか言ったのよ。

Rachel: My drinking?
 お酒のこと?

Joanna: Oh, I must’ve said that after you left.
 あら、あれはあなたが出てった後に言ったみたいね。

Rachel: Said what? Exactly.
 何を言ったんです?

Joanna: That you enjoyed the occasional drink…ing binge.
 時々酒盛りをして大騒ぎ・・って。

Rachel: Oh, my God!! Ohh, that is it! I’m leaving! You are just a horrible person!
 まぁ、なんですかそれ! ああ、もういい! もう帰ります! あなたは本当にひどい人だわ!

Joanna: Wait-wait-wait-wait-wait-wait-wait-wait!! If you’re gonna get all sensitive about it! I don’t wanna lose you. What if I, create a position for you? I’ll make you an assistant buyer in this department.
 待って待って待って待って待って待って! このことで気分を害するとかいうのなら! あなたを失いたくないのよ。じゃあ、あなたのために役職を作るって言ったら? うちの部署のアシスタント・バイヤーにするわ!

Rachel: Say more things like that.
 そんな感じのこともっと言って。

Joanna: You can have your own office, and a raise! Effective tomorrow.
 自分のオフィスを持っていいわ。それから、昇給も! 明日からよ。

Rachel: I’d need an expense account.
 経費を認めていただきたいです。

Joanna: Done!
 いいわ!

Rachel: And an assistant.
 アシスタントも。

Joanna: Sophie, get in here!
 ソフィー、来て!

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Hey! What are you guys doing here? I thought you’d be out partying with Gandoldorf.
 よぉ! ここで何してるんだ? ガンドルドーフと遊んでるんじゃなかったのか。

Ross: It’s Gandalf, and he’s not coming.
 ガンダルフだよ。彼来ないんだ。

Joey: So you’ve been sitting around here all morning?
 それで午前中ずっとここに座ってたのか?

Ross: No! I balanced my checkbook.
 いいや。小切手帳の清算をしたよ。

Chandler: Yeah, and I gave first names to all of the foosball players.
 そうさ。俺はフーズボールのプレイヤー全員に名字をつけた。

Ross: I can’t believe he didn’t come!
 来ないなんて信じられないよ!

Joey: So what if he didn’t come! We can still go out and party ourselves!
 来なかったからって何だよ! それでも出かけて俺たちだけでばか騒ぎできるじゃないか!

Chandler: Oh, no, you know, with Gandalf, we’d be out all night!
 いやいや、ガンダルフと一緒だと、一晩中なんだ!

Ross: Yeah! We’d meet, we’d meet total strangers, and hang out with them!
 そうだよ! 全然知らない人と会って、一緒に遊ぶんだ!

Joey: Well, we could do that!
 俺たちだってできるさ!

Ross: There’s other stuff too.
 他にもあるんだ。

Joey: We’ll do it all, and better! Look, after tonight, Gandalf will wanna party with us, dude! Come on!
 俺たちでできるよ、もっといいことがな! いいか、これからは、ガンダルフの方が俺たちと遊びたがるんだぜ、相棒! 行こう!

Ross: Yeah!
 そうだな!

Joey: Yeah!
 そうさ!

Ross: Yeah!!
 そうだ!

Joey: Yeah!!
 そうだ!

Ross: It’s not like we don’t know how to party!!
 俺たちはどうやって遊んだらいいかわからないわけじゃない!

Joey: Yeah! All right? Let’s go!
 そうさ。いいか、行くぞ!

Chandler: And may-maybe we could end up on a boat again?
 そして俺たちだって、ボートに乗れるかもな?

Joey and Ross: Yeah!!!
 そうさ!

Chandler: All right!!
 よし!

Ross: Hey-hey-hey, when uh, when were we on a boat?
 おいおい、いつ僕たちボートに乗った?

Chandler: Remember that really cold morning, you woke up and those dogs were licking your face?
 すごく寒い朝、目が覚めたら犬がおまえの顔なめてたっての覚えてるだろ?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Well, those were seals, man.
 あれはアザラシだったんだよ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey, Mon, little question for ya! How do you think this suit will look on an assistant buyer?
 ヘイ、モン! ちょっと質問よ! このスーツ、アシスタント・バイヤーが着たらどうかな?

Monica: Okay, the owner of Allesandro’s came over to yell at me, but instead I made him some sauce, and he offered me the job as head chef!!
 ね、アレッサンドロのオーナーが、怒鳴り込んできたんだけど、結局私は彼にソースを作ってみせて、それで彼が、ヘッドシェフとして雇うって!

Rachel: Oh, my God!! You just ruined the thing I was practicing the whole way home, but I’m so happy!
 まぁすごい!! ここに着くまで練習してきたこと全部台無しにしてくれたけど、でもよかったじゃないの!

Monica: Can you believe it? I finally get to run my own kitchen!
 信じられる? ついに自分でキッチンを切り盛りできるのよ!

Rachel: Oh, you’ve waited so long.
 ああ、ずっとこれを待っていたのよね!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, Pheebs, quick question for ya.
 ねぇ、フィーブス、簡単な質問よ。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: How do you think this suit would look on an assistant buyer at Bloomingdale's?
 このスーツ、ブルーミングデールズのアシスタント・バイヤーに似合うかな?

Phoebe: I don’t know, it would totally depend on her coloring and… You got the job!!
 どうかな。それはその人の肌や髪とかの色にもよるし・・昇進したのね!

Rachel: Yes!!!
 そうよ!

Monica: You got the job?! Why didn’t you tell me?
 昇進したの?! なんで言わないのよ!

Rachel: Oh, it’s gonna be so great! I’m gonna get to help decide what we sell. I’m gonna have an office with walls and everything. I’m gonna have walls!
 もう、これはすごいわよ! 何を売るか決めることに関わるのよ。壁やなんかのあるオフィスを持てるのよ! 壁を持てるのよ!

Phoebe: Okay, is this the day of good news or what? I got us a job! The wedding reception.
 これはいいニュースの日でなくて何? 私も仕事見つけてきたわよ! 披露宴よ!

Monica: Oh! Umm, Phoebe, I kinda need to talk to you about that. Umm, well, I think it might be time for me to take a step back from catering.
 あ。フィービー、ちょっとそれで話があるの。その・・ケイタリングから退く時かなと思ったりするんだけど・・。

Phoebe: But we’ve only had one job.
 でもまだ一回仕事しただけよ。

Monica: I know, but now we have this second one and it just feels like it’s snowballing, you know?
 そうよね。でも、この2つ目を引き受けたら、雪だるま式になっていきそうじゃない?

Phoebe: Yeah! What are you saying?
 何を言いたいの?

Monica: I got offered the head chef job at Allesandro’s.
 私、アレッサンドロのヘッドシェフをしないかって言われたの。

Phoebe: What?
 なんですって?

Monica: It’s okay, ‘cause you know, think about it, you don’t really need me for the business.
 大丈夫よ、だって、考えてみて、私がいなくても仕事はできるわ。

Phoebe: You’re the cook! Without you, it’s just me driving up to people’s houses with empty trays and asking for money!
 あなたが料理するのよ! あなたがいなかったら、私ただ空のお皿持って家を回ってお金もらう人じゃないの!

Monica: All right. But umm, I-I-I’ll pay you back all the money you invested, and you can keep the van.
 そうか。でも、あなたが投資した分は返すわ。それから、バンは使っていい。

Phoebe: For what? I can’t believe this! I gotta get out of here.
 何に? 信じられない! 出て行くわ。

Monica: Phoebe, wait a minute!
 フィービー、待って!(追いかけて出ていく)

Rachel: I’m an assistant buyer!!
 アシスタント・バイヤーになる!

《セントラルパーク》

Joey: All right, so we’ll get a little coffee, and get energized, and we’ll head back out.
 よし、それじゃここでコーヒー飲んで、エネルギー補給して、そしたらまた行くぞ。

Chandler: Yeah, all right.
 ああ、わかった。

Ross: Okay.
 よし。

Joey: So, we’re having fun, right?
 楽しいよな?

Chandler and Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: We don’t need that wizard guy. We hit a couple of clubs, talked to some strangers, and uh, after this, we’ll head down to the docks and see about that boat thing.
 そんな魔法使いのやつなんていらないよ。クラブ2軒行って、知らない人達としゃべって、それから、この後は港へ行ってボート見てみようじゃないか。

Ross: I’m kinda beat.
 僕疲れたって感じ。

Chandler: Actually, me too.
 実は俺も。

Joey: Are you serious?!
 マジで?

Chandler and Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Thank God! I’m exhausted!
 助かった! 俺もうクタクタ!

Gunther: So you guys want coffees?
 コーヒーにします?

Joey: Yeah, but uh, I don’t want to be up too late, so uh, I’ll have a decaf.
 ああ。でも、あまり遅くまで起きていたくないから、デカフェで。

Ross: Yeah, me too.
 ああ、僕も。

Chandler: Actually, can I get some hot water with a little lemon? I think I strained my voice screaming in there. Does it have to be so loud?
 いや、俺はあったかいレモン水もらえる? あそこで叫んでのど痛めたみたい。あんなにうるさくなきゃいけないのかな?

Joey: I can’t hear a word you’re saying, my ears are ringing so bad.
 おまえの言ったこと、ひとつも聞こえなかったよ。耳がジンジンしてる。

Ross: I’m just glad I brought that extra pair of socks, you know? I used them as mittens, I didn’t want to touch a thing in that last place. . . . How sad are we?
 あのソックス持ってってよかったよ。あれをミトンにしたんだ。最後に行ったところでは何も触りたくなかったからな。・・・・・僕たちなんて悲しいやつら?

Joey: Yeah, I know.
 ああ、そうだな。

Chandler: You know what? We’re not sad, we’re not sad, we’re just not 21 anymore. You know? I’m 29 years old, damn it! And I want to sit in a comfortable chair, and watch television and go to sleep at a reasonable hour!
 なぁ? 俺たち悲しくなんかないだろ。悲しいじゃなくて、ただもう21歳じゃないんだよ。だろ? 俺はもう29歳なんだよ、ああ! 居心地のいい椅子に座って、テレビ見て、ふさわしい時間に寝たいよ!

Joey and Ross: Yeah!
 そうだよ!

Joey: Yeah! And I like to hang out in a quiet place where I can talk to my friends.
 そうさ! それに、友達と話せる静かなところに出かけていきたいよ!

Chandler and Ross: Yeah!
 そうさ!

Ross: And so what if I like to go home, throw on some Kenny G, and take a bath!
 家に帰ってケニー・Gの音楽かけてお風呂に入りたいっていったらどうだっていうんだ!(2人の注目を浴びる)

kenny.jpgケニー・G

Joey: We’re 29, we’re not women.
 俺たち、29歳だけど、女じゃない。

《セントラルパーク:フィービー1人・モニカが来る》

Monica: Oh, there you are. Hey, I’m glad you decided to hear me out.
 あ、いたわね。ね、話を聞いてくれてうれしいわ。

Phoebe: Okay, I’m hearing.
 オーケー。聞いてるわ。

Monica: I’ve been doing a lot of thinking. A lot! And umm, well, I came up with a whole bunch of businesses you can do with your van. Okay umm, you could be flower delivery person.
 いろいろ考えたのよ。ほんとにいろいろ。それで、あのバンでできる仕事をいろいろ考えついたの。いい? お花の配達屋さんになれるわ。

Phoebe: What?!
 え?

Monica: Or! A bakery delivery person.
 それか、パンの配達屋さん。

Phoebe: I wa-I wa-I wa…
 私・・私・・

Monica: Pizza?!
 ピザ?

Phoebe: Monica!
 モニカ!

Monica: All right, I’ve got a whole bunch of uh-uh, stuff in this area, but umm, I’m getting the feeling that you don’t want to deliver.
 わかった。このあたりでいろいろ考えたんだけど、でもなんか配達はしたくないみたいね。

Phoebe: No.
 そう。

Monica: Okay. I’m guessing that if you don’t want to deliver, you probably don’t want to pick stuff up either.
 わかった。配達したくないってことは、集めて歩きたくもないわけよね。

Phoebe: No.
 そうね。

Monica: You know what? Let’s do the catering business.
 それじゃね、ケイタリングしましょう。

Phoebe: Really?! Are you sure?
 ほんと? 本当に?

Monica: Yeah, you know, I made a commitment to you. You know what, it’d be, it’d be fun.
 ええ。私約束したんだし。ね、きっと楽しいわ。

Phoebe: Oh! It will be fun! Oh! Yay! Oh! Okay, ooh, let’s plan the wedding reception. . . . Wow! You really wanted me to do something with this van. . . You know what? I want you to take the chef job.
 ああ! 楽しいわよ! わぁ、イエーイ! ああ、よかった! じゃあ披露宴のプラン立てましょ。(メモを手に取るが、ページをめくってもめくってもモニカのアイデアが書いてある)ワオ! あなた本当に私にあのバンで何かしてほしかったのね。・・・ねぇ、あなたその仕事しなさいよ。

Monica: Really?!
 本当?

Phoebe: Yeah. That’s what you really want. Yeah, I don’t want to be the reason you’re unhappy, that would just make me unhappy, and I really don’t want to be the reason I’m unhappy.
 ええ。あなたが本当にしたいことはそれよね。あなたの不幸の原因になりたくない。それじゃ私が不幸になる。私は私の不幸の原因になりたくない。

Monica: Thank you.
 ありがとう。

Phoebe: Besides, it might be kinda fun to form the new A-Team.
 それに、新しくAチームを作るのも楽しいかもね。

(Aチーム ・・特攻野郎Aチーム)

《レイチェルのオフィス翌朝・ミセス・リンチがジョアンナのオフィスから出てくる》

Rachel: Oh, hi Mrs. Lynch! Is Joanna in already?
 あら、どうも、ミセス・リンチ。ジョアンナはもう来てますか?

Mrs. Lynch: Oh, my goodness! You haven’t heard!
 ああ、あなたはまだ聞いてないのね!

Rachel: Heard what?
 何をですか?

Mrs. Lynch: Joanna passed away last night.
 ジョアンナは昨日の夜亡くなったのよ。

Rachel: Oh, my God! How?!
 まぁ、なんてこと! どうして?

Mrs. Lynch: Well, she was leaving work and she was hit by a cab.
 仕事の帰りにタクシーに轢かれたのよ。

Rachel: Oh, my God! Oh, I cannot believe it!
 まぁ、なんですって! ああ、信じられないわ。

Mrs. Lynch: I know!
 そうよね!

Rachel: Oh, God. Oh, God. . . Oh, God.
 ああ、まぁ。。(自分の立場を思い出し)ああ、まぁ。

Mrs. Lynch: I didn’t realize that she was so close.
 そんなに親しいなんて気づかなかったわ。

Rachel: Yes, so close. Mrs. Lynch, I know that this is an emotional and difficult time, for all of us. But by any chance did Joanna send any paperwork your way before… it happened.
 ええ。かなり近かった・・ミセス・リンチ、今は気持ち的に大変難しい時期とはわかっています、私たち全員にとってですね、でも、もしかして、ジョアンナはなにか書類をそちらへ送ってませんでしたか? その、そうなる前に。

Mrs. Lynch: No. Nothing. Imagine, if she had just stepped off that curb a few seconds later.
 いえ。何も。考えてみて。もし彼女が道路へ足を踏み出すのが、あと数秒遅かったら・・。

Rachel: Yes-yes, just a few seconds and she’d still be with us−nothing about an assistant buyer?
 そう、そうですね。ほんの数秒で、彼女は私たちと一緒に・・アシスタント・バイヤーについて何か?

Mrs. Lynch: No, I’m sorry. I have to go.
 いいえ、悪いわね。(泣く)もう行かなきゃ。

Sophie: Good morning!
 おはようございます!(嬉しそう)

Rachel: Oh, Sophie, I guess you didn’t hear about Joanna…
 ああ、ソフィー、あなたジョアンナのことまだ聞いてないのね。

Sophie: I sure did!
 聞きましたとも!

《アレッサンドロ》

Allesandro: I’m so excited about having Monica come onboard with us. Although I do feel bad about having fired chef Emilio, it is like losing a member of the family. Of course, that literally is the case for several of you. Tony, Carlos, Marie, please, tell your father how much we’re going to miss him. Now, I know that Monica has a lot of great ideas for this place. Well, you all read the review. So without much further ado, I present to you our new head chef.
 モニカを我々のところに迎えることができて、大変嬉しく思っている。エミリオをクビにしたことは悪かったと思うが。彼はほとんど家族の一員だった。もちろん、君たちの中には実際家族の人もいる。トニー、カルロス、マリー、おとうさんに、寂しく思っていると伝えてくれ、頼むよ。さて、モニカはここに関してたくさん素晴らしいアイデアを持っている。ま、君たち全員レビューは読んだよね。じゃ、もうこれ以上引き延ばすこともないな、新しいヘッドシェフを紹介するよ!

Monica: Umm, I just wanna say. . that with a pinch of excitement, a dash of hard work, a dollop of cooperation, we can have the recipe... Are you going to kill me?
 えー、申し上げたいのは・・ひとつまみの刺激と、ちょっとの頑張りと、少しの協力で、私たちはレシピを・・・(みんなの目を見て)私を殺す気?



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 03:40| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。