2013年07月29日

4-7 The One Where Chandler Crosses a Line

4-7 チャンドラーが行き過ぎた話

 ☆From ジョーイ To チャンドラー☆

《モニカ達の部屋:2人の他フィービーとロスも来ている》

(バスローブ姿のチャンドラーが来る)
Chandler: I just walked in the bathroom and saw Kathy naked! It was like torture!
 いまバスルームに入ってってキャシーの裸を見ちゃった! まるで拷問だよ!

Ross: You know if we ever go to war and you’re captured, you’re in for a big surprise.
 もし戦争に行って捕虜になったら、本当に驚くことになるぞ。

Chandler: It just keeps getting worse and worse! You know? I mean it’s bad enough that I’m in love with my roommates girlfriend−which by the way, I think she knows. Because every time we’re in the room together there’s this weird like energy between us. And call me crazy, but I think she likes me too. And now I have seen her naked. I mean at least when I’ve seen her with clothes on, I could imagine her body was like covered in boils or something. But there are no boils, she’s smooth! Smooth!
 どんどんひどくなってるんだ。ルームメイトのガールフレンドに恋してるってだけでも悪いのに、ところで、彼女気づいてるみたいなんだ。2人になるといつも、なんか変なエネルギーみたいなのが感じられるんだ。頭がおかしいと言えばいいさ、でも彼女も俺を好きだと思う。そして今彼女の裸を見ちゃった。服を着てる時は、彼女の体がおできだらけだとか想像することもできたのに。だけど、おできなんかなあった。スムースだった! スムース!!(立ち去る)

Phoebe: Wow! Could everyone totally see up his robe?
 ワオ! ・・ローブの下丸見えじゃなかった?

All: Yeah! Oh, my God!
 見えた! オーマイゴッド!

《セントラルパーク:ケイシーとジョーイ》

Casey: Here you go.
 はいこれ(電話番号)。

Joey: Great! All right, so I’ll call you later.
 よかった! よし、じゃあ電話するよ。

Casey: Great!
 いいわ!

Chandler: Hey, hey, hey! Who was that?
 おいおいおい! あれは誰?

Joey: That would be Casey. We’re going out tonight.
 あれはケイシーだな。今夜デートだ。

Chandler: Going out, huh? Wow! Wow! So things didn’t work out with Kathy, huh? Bummer.
 デートだ? ワオ! それじゃキャシーとはうまくいかなかったんだな? 残念だったな。

Joey: No, things are fine with Kathy. I’m having a late dinner with her tonight, right after my early dinner with Casey.
 いいや、キャシーとうまくいってるよ。キャシーとは今夜、遅い食事をとるんだ。ケイシーと早い食事をとったあとにね。

Chandler: What?
 なんだって?

Joey: Yeah-yeah. And the craziest thing is that I just ate a whole pizza by myself!
 ああ。しかも驚いたことにだよ、俺いま1人でピザ食べたんだよね!

Chandler: Wait! You’re going out with Kathy!
 待てよ。キャシーとデートなのか!

Joey: Yeah. Why are you getting so upset?
 ああ。なんでそんなうろたえてるんだよ。

Chandler: Well, I’m upset−for you. I mean, having sex with an endless line of beautiful women must be very unfulfilling for you.
 それは・・おまえのためだよ。次から次へと美しい女性とセックスしながら、それでも満たされないおまえのためだよ。

Joey: What is the big deal? It’s not like we’re exclusive.
 何でもないことだろう? 他にはつきあわないとか約束したわけじゃなし。

Chandler: Look, Joey, Kathy is clearly not fulfilling your emotional needs. But Casey, I mean granted I only saw the back of her head, but I got this sense that she’s-she’s smart, and funny, and gets you.
 いいか、ジョーイ、キャシーは明らかにおまえの心を満たしていないようだ。でもケイシーは違う。なるほど彼女の頭を後ろから見ただけだが、それでも、彼女は賢くて、楽しくて、しかもおまえ好みだとわかる。

Joey: You got all that from the back of her head?
 後頭部だけでそれっだけわかるの?

Chandler: All right, look, I think it’s time for you to settle down. You know? Make a choice, pick a lane.
 いいか、おまえも落ち着いていい頃だ。だろ? 選べ、レインを決めるんだ。

Joey: Who’s Elaine?
 エレインって誰?

《モニカ達の部屋》

Phoebe: "Little, tiny Tarzan, swinging on a nose hair. Swinging with the greatest of ease…" Darn it! Now, I don’t know how to get to the next verse.
 (歌)小さな小さなターザン♪ 鼻の毛で揺れている♪とっても気楽に揺れている♪・・・もう! この次への流れが決まらない。

Ross: Oh, you could just go uh, "greatest of ease… BAH-bah-bha-bhannn." Then go right into it.
 そこはこうだよ、「とっても気楽に・・・バラッババッバナナ・・」そして次へ移行していく。

Phoebe: Yeah, ooh, I like that! Yeah. Wait! How do you know about ‘bah-bah-bha-bhan?’
 そうね。ああ、いいわそれ! うん・・待って。どうしてその「バラッババッバナナ」っての知ってるの?

Ross: Well umm, you know, I used to play.
 それはほら、昔は演奏したからさ。

Phoebe: Oh yeah, that’s right, the keyboards, huh?
 ああ、そうだったわね。キーボードよね?

Ross: Yeah, just a little in high school, but then I really got into it in college. I mean that’s-that’s when I really found my sound.
 そう。高校時代にちょっとね。それから大学ではのめり込んでね。その時、僕のサウンドを見つけたんだ。

Monica: Oh God! Orange juice just came out of my nose, but it was totally worth it. Oh my God, I completely forgot about your sound.
 ああもう! オレンジジュースが鼻から出たわよ! でもその甲斐はあったわね。ああ、ほんと、完全にあなたの「サウンド」のこと忘れてたわ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: He used to lock himself in the basement for hours. No one was ever allowed to hear, "The Sound."
 彼その頃地下室に閉じこもってたのよ。誰も彼の「サウンド」を聞くことは許されなかったの。

Phoebe: I wanna hear "The Sound."
 その「サウンド」聞いてみたいわ。

Ross: Really? No. I mean, nah, I haven’t played in so long, and-and, well it’s-it’s really personal stuff, you know?
 ほんとに? いや。だけどもう長い間弾いてないし、それにこれは本当に個人的なものだしさ。

Phoebe: Come on, play that funky music white boy.
 いいじゃない。そのファインキーな音楽聞かせてよ、ホワイトボーイ!

Monica: Yeah!
 そうよ。

Ross: No, you guys, I mean my keyboards are all the way up in−No, yeah, okay.
 いや、でもね。キーボートはここにないし・・そうか、わかったよ。(出て行く)

《モニカ達の部屋:時間経過》

Ross: Okay, guys.
 いいかい、みんな。

Chandler: All right! Bring it on, you…
 いいよ。やってくれ!

Ross: Here we go. . . You know, I’ve-I’ve never played my stuff for anyone before, so it’s important that-that you understand it’s about communicating very private emotions. . . You know, umm, you should-you should think of umm, my work as wordless sound poems. That’s what I’m…
 じゃあいくよ・・ね、僕は今まで人前で弾いたことがないんだ。これはとても個人的な感情を伝えるものわかってくれることが大事なんだよ。・・・僕のサウンドのことは、言葉のない音の詩として考えてほしいんだよ。それが僕の・・

Chandler: Oh, my God! Play!
 オーマイゴッド! 早く!

(演奏開始。ビートサウンドに乗せて、犬、牛の声、レーザービーム、咳、削岩機、ドアベル、サイレン、レーザーガン、割れる音、クラッシュ音)
Monica: Boy, that was-that was, umm… terrific.
 なんとま。これは・これは・・すごいわ!

Chandler: Really, bitchin’!
 ほんと、すごくいい!

Phoebe: Wow, it was so−wow!
 ワオ・・これはもう・・・ワオ!

Ross: Really?! I mean, really?!!
 ほんと? その・・ほんと?

Rachel: Yeah, I mean, you should play in public!
 もう・・人々に聞かせるべきよ。

Ross: Wow! Thanks, you guys. That’s uh−oh, I wanna, I wanna play you another piece! Umm! Uh-oh! I left my uh, helicopter sounds on another disk. I’ll be right back! Okay? This is so nice, I mean, I am so…
 ワオ。ありがと、みんな。それはもう・・。じゃあ他のも聞いてほしいな。あ、だけどヘリコプターの音は別のディスクに入ってるんだよな。すぐ戻ってくるよ。いい?(出て行こうとする)これは本当にうれしいよ・・これ、僕は・・(出て行く)

Monica: Oh, God bless, my dad sound proofing the basement!
 ああ、神様に感謝だわ。とうさんが地下室を防音にしてくれて!

Rachel: Oh, I can’t believe I ever let him touch me with those fingers.
 ああ、あの指で触られていたなんて信じられない。

Phoebe: What are you guys talking about, I loved it! It was so moving. Oh, plus it’s just, it’s so different from the stuff you usually hear.
 あなた達何を言ってるの? すごくよかったわ! 感動的だったわ。それに、よく聞くのとは全然違ってた。

Chandler: You mean like, music?
 それって、音楽ってこと?

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーがベイウォッチを見ている》

Chandler: Yeah, I know what you’re thinking! Yes, yes, your breasts are just as firm and juicy.
 (ダックに)ああ、何考えてるかわかるよ。そうそう、おまえの胸もあれくらいしっかりしていて素敵だよ。

Chandler: Come in!
 (ノックの音)入って!(キャシーが来る)

Kathy: Hey! Oh, God, is that Baywatch?
 ハーイ! まぁ、それベイウォッチ?

Chandler: Uh yes, but uh, I just watch it for the articles.
 ああ、そう。だけど、ただ論文のために見てただけ。

Kathy: So is Joey around?
 ジョーイはいない?

Chandler: No-no, he’s not back yet, but he’ll be here any minute. So uh, come on in. Have a seat. Bow or stern?
 いや、やつはまだ戻ってないよ。だけどすぐ戻ってくると思うよ。だからどうぞ。座って。船尾か後ろ?

Kathy: I don’t really have a preference. You?
 どちらでもいいんだけど、あなたは?

Chandler: I like it in the stern. …Of the boat. . . . Hello.
 後ろが好きだな。船のね。(電話が鳴る)もしもし。

Joey: Hey, it’s me. Listen, Casey and I were on our way back and had a little car trouble.
 やぁ、俺だ。聞いてくれ、ケイシーと俺は戻るとこなんだけど、車のトラブルがあってさ。

Chandler: What happened?
 どうしたんだ?

Joey: We broke down on the Parkway, so I have to walk back and get some transmission fluid. And hey, listen, could you please tell Kathy that I’ll be there as soon as I can.
 パークウェイで止まっちゃったんだ。歩いて戻ってトランスミッション液を買ってこなきゃ。だからさ、できるだけ早く戻るってキャシーに伝えてくれるかな?

Chandler: Why can’t you tell her?
 自分で伝えたら?

Joey: ‘Cause I only have one quarter, and I think my time is about to−
 コインがもうないんだよ。だから時間が(突然黙る)

Chandler: Joey! Joey!!
 ジョーイ! ジョーイ!

Joey: Yeah?
 なに?

Chandler: I thought your time ran out.
 もう時間切れかと思ったよ。

Joey: Me too, but I guess I do have a couple of more−(his time runs out for real)
 俺も。でもまだ少し話す時間があったみた・・(今度は切れる)

Chandler: Uhh, that was Joey. He’s running a little late, he says he’s sorry.
 ジョーイだったよ。遅くなるらしい。ごめんって。

Kathy: Oh.
 ああ。

Chandler: So I guess it’s just uh, you and me then.
 ってことで、君と僕だけだな。

Kathy: Oh, okay.
 ああ、そうね。

Chandler: Yeah, I think it is!
 ああ、そういうことみたい。

Kathy: So what did you do today?
 今日は何をしたの?

Chandler: Oh, I had an appointment to get my haircut…
 ああ、今日は髪を切りにいくことになってたんだけど

Kathy: Oh, it looks great!
 ああ、すごくいいわよ。

Chandler: …and then it got canceled.
 でもキャンセルになった。

Kathy: Well, I could cut it.
 あら。私カットできるわよ。

Chandler: Really?! You do that?
 ほんと? できる?

Kathy: Yeah, I do. Of course, I learned at my aunt’s dog grooming shop, but hey, what do you say?
 ええ。できるわ。でも、叔母のところで犬のグルーミングを習ったんだけどね。でも、どう?

Chandler: Dog grooming huh? Okay, just don’t make my tail too poofy.
 犬のグルーミングね。よし、とにかくシッポがかわい過ぎないようにして。

《チャンドラー達の部屋:キャシーが髪をカットしている》

Kathy: You have really great hair.
 とてもいい髪をしてるわね。

Chandler: Well, thanks. I grow it myself. . . You know who also has great hair is Joey!
 そう、ありがと。僕が育てたんだ。そうだ、ジョーイもいい髪をしてるんだよな。

Kathy: Yes! Yeah! Joey has great hair! Umm, I’m basically done here. Just let me get this off your neck.
 そう、そうよ! ジョーイはいい髪をしてるわ! だいたい終わったわよ。首に落ちたのを払わなきゃ。(首に息を吹きかけた後、前に回って両手で顔を挟むようにして見ている)

Chandler: What-what are you doing?
 何をしてるの?

Kathy: Checking to see if it’s even.
 左右合ってるか見てるの。

Chandler: ‘Kay.
 そう。

Kathy: Looks good.
 いいようよ。

(2人キスしそうになるが電話が鳴る)
Chandler: Oh, the phone! The phone’s making sounds! . . Hello!
 おお! 電話だ! 電話が音を出してるんだ!(電話に出て)もしもし!

Joey: Hey, dude, it’s me.
 よぉ! 俺だよ。

Chandler: Hey, it’s Joey!
 おお、ジョーイだ!

Joey: Listen uh, I’m really sorry, it looks like I’m gonna be stuck here for a while. I got the transmission fluid, but when I went to put it in the car, the transmission wasn’t there!
 聞いてくれ、本当に悪いんだけど、もう少しかかりそうなんだ。トランスミッション液は買ってきたんだけど、入れようとしたら、トランスミッションが無いんだ!

Chandler: What?
 え?

Joey: Yeah, it must’ve fallen out a few blocks back. I just figured we hit a dog.
 ああ。数ブロック先で落としてきたらしい。犬をひいたかな。

Chandler: Okay.
 そうか。

Joey: Listen uh, could you put Kathy on, I wanna apologize to her.
 な、キャシーと代わってくれる、あやまりたいから。

Chandler: Oh yeah, man. . . Joey.
 ああ、わかったよ。(キャシーに電話を渡して)ジョーイだ。

Kathy: Hey. . . Oh no, it’s fine, don’t worry about it. . . Yeah-no, stop apologizing, it’s okay. . . Yeah! I’ll talk to you tomorrow. . . . I should uh, probably go.
 もしもし・・いえ、いいのよ。大丈夫、心配しないで。・・ええ、もう謝らなくていいのよ。大丈夫・・ええ! また明日ね。(電話を切る)じゃあもう行かないと。

Chandler: Yeah. Yes! Yeah.
 ああ、そうだな。そう。

(キャシーは出ていくがすぐノックの音がする)
Kathy: I forgot my purse.
 バッグを忘れたわ。

Chandler: Oh.
 ああ。(キス)

Kathy: No, I really did forget my purse.
 いえ、本当にバッグ忘れたのよ。(キス)

《チャンドラー達の部屋:キスをやめたチャンドラー》

Chandler: No-no-no-no, this is bad! It’s bad! This is bad!
 ダメだダメだダメだ! これはダメだよ。ダメだ。これは悪いことだ!

Kathy: Horrible!
 ひどいわ!

Chandler: Wait, the kiss or the situation?
 待って、キスが、それとも状況が?

Kathy: No-no-no, the kiss was good.
 いえいえいえ、キスはよかった。

Chandler: Okay!
 よし。

Kathy: No, but that’s bad!
 いえ、でもいけないわ!

Chandler: Ooh! Yes! Okay! Here’s what we do, we-we forget it happened.
 ああ、そうだ! よし、こうしよう、今あったことは忘れるんだ。

Kathy: What?!
 え?

Chandler: Okay, we-we swallow our feelings. Even if it means we’re unhappy forever. Sound good?
 そうだ。俺たちの気持ちは飲み込むんだ。それで一生不幸だとしても。どう?

Kathy: Can you really do that?
 本当にそんなことできるの?

Chandler: I have to. He’s my best friend, and you’re seeing him.
 そうしないと。彼は親友で、君は彼とつきあってるんだ。

Kathy: Oh, Chandler, I like Joey a lot, but with you…
 ああ、チャンドラー、私はジョーイがとても好きだけど、あなたといると・・

Chandler: Oh-no-no-no! Don’t! Don’t! See, see? You’re getting me confused, I’m starting to yearn.
 ダメダメ! やめて、やめてくれ! な、ほら、混乱するよ。恋しくなっちゃう。

Kathy: I’m sorry. If you wanna pretend that nothing happened, I can try.
 ごめんなさい。あなたが何もなかったフリをするっていうなら、私もそうしてみるわ。

Chandler: I-I think we have to.
 そうしなきゃならないと思う。

Kathy: Okay. Bye.
 わかった。バイ。

Chandler: Bye. Are you still out there?
 バーイ(キャシーが出て行った後で)まだそこにいる?

Kathy: No.
 (外から聞こえる声)いいえ。(チャンドラーがドアをあけ、キス再び)

《セントラルパーク》

Ross: Electrifying. . . Infinite time…
 (機械的に変えた声)感動・・無限の時・・

Monica: You know, there’s a Starbucks about three blocks down.
 3ブロック行ったところにスターバックスがあるわよ。

Phoebe: It’s so inspired! Look at him! Look at him go!
 すごい刺激的じゃないの! 見てよ、彼! 彼突き抜けてるわ!

Ross: Thank you, very much!
 (演奏終わり)どうもありがとう!

Monica: Hey, aren’t you up next?
 ね、次出るんでしょう?

Phoebe: Oh no, I’m not playing tonight.
 いいえ! 今夜は出ないわ。

Rachel: Why not?
 どうして?

Phoebe: I can’t follow Ross! It’d be like those poor bicycle riding chimps that followed The Beetles. No.
 ロスの後になんてできないわ! ビートルズの後に哀れなチンパンジーが自転車に乗って回るようなもんんよ。

Monica: Phoebe, Ross sucks!
 フィービー。ロスは最低よ!

Rachel: Phoebe, the place has emptied because of him.
 フィービー、お店空っぽなのは彼のせいよ。

Phoebe: Oh, my God, he’s not even appreciated in his own time. I would give anything to not be appreciated in my own time!
 まぁ、生存中に価値を理解されないのね! 生存中に理解されないためなら何だってするわ!

Monica: Okay. Phoebe, you suck too.
 そうか。フィービー、あなたも最低よ。

Rachel: Yeah, Phoebe, you’re… awful!
 そうよ、フィービー、あなたって、ひどいわ。

Phoebe: You guys! You suck too!
 あなた達ったら! あなた達も最低よ!

《チャンドラー達の部屋:チェーンのため入れないジョーイ》

Joey: Oh, man! I can’t believe I locked myself out again!
 ああ、もう! また自分を閉め出しちゃったよ!(ノック)

Chandler: Hang on buddy!
 待ってくれ!(カヌーしかなかった部屋に家具が入っている)

Joey: Oh, my God! What happened here? Did you do all this?
 オーマイゴッド! どうなってるんだこれは? おまえがやったのか?

Chandler: I sure did.
 その通り!

Joey: Why?
 なんで?

Chandler: Well, I just thought it’d make me feel good to do something nice for my friend.
 友達にいいことをしたら気分いいだろうなって思ってさ。

Joey: You’re amazing.
 おまえって最高だな。

Chandler: Oh, no-no-no. This is amazing.
 いやいや、最高なのはこれだよ(リモコンで扉が開きテレビが出てくる)

Joey: A TV as if it appears from nowhere! That’s the dream! Man, how did you afford this stuff?
 いきなり現れるテレビ! これが夢じゃん! おい、こんな金あったのか?

Chandler: Well, you know, I’m 29. I mean, who needs a savings account.
 いや、俺も29だからな。貯金なんているもんか。

Joey: Oh, you are the best friends anyone has ever had.
 おまえほどいい友達はいないよ。

Chandler: Oh, I don’t know.
 ああ、それはどうかな。

Joey: Oh-no-no-no, you are! You do this, you give me the great advice, and hey, listen, I was thinking about what you said yesterday about focusing on one woman, I’m gonna do that.
 いやいやいや、そうだよ! こんなことしてくれるし、いいアドバイスもくれる。だからさ、昨日おまえがいったこと考えたよ。1人にしぼれって話。そうするよ。

Chandler: You mean with Casey.
 ケイシーにするってことか。

Joey: No-no-no, I think I’m gonna see how things go with Kathy. She’s pretty cool.
 いやいや、キャシーとどうなるかやっていたい。彼女素敵だからな。

Chandler: Or Casey.
 ケイシーは?

Joey: No-no, Kathy.
 いやいや、キャシーだ。

Chandler: Could be Casey.
 ケイシーでもいいんじゃ。

Joey: No. No, Kathy.
 いや、ダメ、キャシーだ。

Chandler: Consider Casey.
 ケイシーを考えてみろ。

Joey: You know what I think? I think somebody’s got a little crush on Casey. How about I fix you two up? What do you think?
 わかったぞ? 誰かさんはケイシーに気があるな。おまえ達2人セッティングしようか。どうだ?

Chandler: That all the pieces of my life are falling right into place!
 それで俺のすべてのピースがちゃんとはまるよ。

《セントラルパーク:ロスの演奏が終わる》

Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey! You were really great! You were really, really great!
 ハイ! あなた本当に素晴らしいわね! 本当にほんとうによかったわ!

Ross: Oh, thanks, thanks. So Monica tells me that you don’t want to play anymore because me and, you know, my talent. Is that true?
 ああ、ありがとう、ありがとう。モニカから聞いたんだけど、僕の、僕の才能のせいで、もう演奏しないんだって? 本当なの?

Phoebe: Well, kind of. Yeah. Yeah.
 まぁ、そんなところね。ええ。

Ross: Pheebs…
 フィーブス。

Phoebe: Yeah. You know I was trying to be really, you know, okay and upbeat about it, I just feel so dwarfed by your musical gift. I…
 ええ、気にしないで陽気にいこうと思ったんだけど、あなたの音楽的才能を見てしぼんでしまったわ。

Ross: See but, Pheebs, that is the exact opposite intent of my music. You know my music is meant to inspire, and if it bothers you this much, then I… I won’t play anymore.
 でもフィーブス、それは僕の目指すことの真逆だよ。僕の音楽は、人にいい刺激を与えることなのに、そんなに気になるなら、もう演奏をやめるよ。

Phoebe: Oh no. No-no-no, don’t do that! How could I live with myself if I knew I was depriving the world of your music.
 あら、ダメよ。ダメダメ。そんなことしちゃダメ! あなたの音楽を世界から奪って生きていけないわ。

Ross: Yeah, okay.
 ああ、そうか。

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Ross: Hey, Chandler! Saw the new furniture. Very nice.
 やぁ、チャンドラー! 家具見たよ。すごくいいね!

Monica: Yeah! Joey has the best boyfriend ever!
 本当よ! ジョーイは本当にいい親友を持ったわね!

Chandler: I kissed Kathy.
 キャシーにキスした。

Ross: What?
 えっ?

Monica: Are you serious?
 本当なの?

Phoebe: Does Joey know?
 ジョーイは知ってるの?

Chandler: No. Is there anyway, anyway you think he’ll understand this?
 いや。どうにか、なんとか、彼がわかってくれることってあるだろうか?

Monica: You obviously haven’t screwed over a lot of your friends. Which we all appreciate.
 友達を裏切ったことはあまりなさそうね。とてもありがたいと思うわ。

Ross: No, the sad thing is, if you had told him how you felt before you kissed her, knowing Joey, he probably just would’ve just stepped aside.
 悲しいことだけど、もしキスする前におまえから彼に打ち明けていたら、ジョーイのことだから、きっと身を引いてくれたよ。

Chandler: Oh, don’t say that! Don’t say that. That’s not true. Is it?
 ああ、そんなこと言うなよ! やめてくれよ! そんなことないよな、そうなの?

Phoebe: I think maybe, yeah.
 きっとそうだと思う。

Monica: He loves you.
 彼あなたを愛してるもの。

Chandler: Then why didn’t you tell me to do that?!!
 じゃあどうしてそれ言ってくれなかったんだよ?!

Ross: Well, I said something to Phoebe.
 僕はフィービーに話したよな。

Phoebe: Yeah! No, that’s right. And I thought it was a really good idea.
 そうよ。その通り。本当にいい考えだと思ったわ。

Rachel: I know, I remember that!
 そうね、私も覚えてるわ。

Monica: I remember you did.
 確かにそう言ってたわ。

Chandler: God!! What am I gonna do?!
 なんてことだ! . . . どうしたらいい?

Rachel: Well, Chandler, you’re gonna have to tell him.
 チャンドラー、彼に話さないと。

Chandler: Why?! Why do I have to tell him?!
 どうして?! どうして話さなきゃいけない?

Rachel: Because you do.
 だってそうだもの。

Chandler: Yeah, I know.
 ああ、そうだな。

Ross: Hey, would it be okay if I wrote a song about this.
 な、これを歌にしてもいいかな?

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey! Sambuca Margarita?
 おお、サンブッカ・マルガリータ飲む?

Chandler: Is that a real thing?
 そんなんあるか?

Joey: Well, we only had sambuca, so it is now.
 うちにはサンブッカしかなかったから、いま作った。

(sambuca はリキュール。マルガリータはテキーラをベースとするカクテルなので、サンブッカ・マルガリータはあり得ない。ジョーイが適当に言っている)

Chandler: Listen ah, Joe, I need to, I need to talk to you about something.
 聞いてくれ、ジョー。ちょっと・・ちょっと話があるんだ。

Joey: What’s up?
 どうした?

Chandler: It’s-it’s about Kathy. Umm, uh, I like her. I like her a lot, actually.
 キャシーのことなんだ。あー・・彼女が好きなんだ。実は・・彼女のこと、すごく好きなんだ。

Joey: You do?
 そうなのか?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Well, you’re timing couldn’t be better. She’s not my girlfriend anymore.
 タイミング的に最高だな。彼女はもう俺のガールフレンドじゃない。

Chandler: What?
 何だって?

Joey: Yeah, she broke up with me.
 そう。フラれたんだよ。

Chandler: Oh uh, when?
 え、いつ?

Joey: Just now, after acting class. At first I thought she was doing some kind of scene, that’s why I let people watch.
 たった今だよ。演技クラスの後で。何かのシーンを演じてるのかと思って、みんなに見せちゃったよ。

Chandler: Oh man, I am so sorry. Are, are you okay?
 そうだったのか。残念だったな。大丈夫か?

Joey: Well, I’ve been better. But, I’m all right. So you like her, huh?
 ああ、まぁ最高じゃないけど。でも大丈夫さ。おまえ好きなんだな。

Chandler: Yes, but I don’t have to.
 ああ。でも俺は別にいいんだ。

Joey: No-no-no, no it’s uh, it’s okay.
 いやいや。いいんだ。

Chandler: Yeah?
 そうか?

Joey: Yeah. You know why? ‘Cause you came to me first.
 ああ。どうしてかわかるか? まず俺に話してくれたからさ。

Chandler: Well, I thought that would be the best thing to do.
 ああ、そうするのが一番だと思ったからさ。

Joey: But hey, listen just so you know, you might have your work cut out for you. ‘Cause when I talked to her, I kinda got the feeling that she’s into some other guy. So…
 だけどな、言っとくけど、キビシいかもしれないぞ。話した感じからすると、彼女だれか好きなやつがいるみたいだからな。

(have one's work cut out = 難しい仕事をかかえている)

Chandler: See uh, that’s-that’s actually what I wanted to talk to you about. I think I know who the other guy is.
 な、それが実は、話したかったことなんだ。そいつ知ってると思う。

Joey: Who?
 誰だ?

Chandler: It’s me. I’m the other guy.
 俺だよ。俺がそいつだ。

Joey: What?
 なに?

Chandler: Yeah, I mean when you were late last night, Kathy and I got to talking, and one thing let to another and…
 ああ、実は昨日の夜おまえが遅かった時に、キャシーと俺話していて、いつのまにか、つい・・

Joey: And what?! Did you sleep with her?!
 ついなんだ?! 彼女と寝たのか?

Chandler: No! No! No! I just kissed her.
 いや、いや、違う! キスしたんだ。

Joey: What?!! That’s even worse!!
 なに?! もっとひどいじゃないか!

Chandler: How is that worse?!
 どうしてもっとひどい?

Joey: I don’t know! But it’s the same!
 知るか! でもそうだよ!

Chandler: Look, I’m sorry! But there’s nothing I can do, I think I’m in love with her!
 聞いてくれ、すまなかった! でもどうしようもなかったんだ。彼女を愛してるんだ。

Joey: Who cares?! You went behind my back?! I would never do that to you!
 知るかよ! おまえ俺を裏切ったのか?! 俺は絶対そんなことしないぞ!

Chandler: You’re right, I have no excuses! I was totally over the line.
 その通りだ。いい訳もないよ。本当に一線を越えてしまったと思う。

Joey: Over the line?! You-you’re-you’re so far past the line, that you-you can’t even see the line! The line is a dot to you!
 一線?! ずーっとずーっと通り過ぎてるよ! もう線なんかじゃなくて、点になってるだろうが!

Chandler: Yes. Yes! Right! And I feel horrible. You have to believe me!
 そう、そうだよ! その通りだ。本当にひどいことをしたと思ってる。信じてくれ!

Joey: Is that why you bought all this stuff?! . . Well, you know what? I will not watch your TV, I will not listen to your stereo, and there’s a cinnamon raisin loaf in the new bread maker that I’m not gonna eat! You know why?!
 これ全部買ったのはそのせいだったのか?! そうか。じゃあもうおまえのテレビなんか見ない。おまえのステレオなんか聞かない。ホームベーカリーの中にあるシナモンレーズンパンも食べない。なんでかわかるか?!

Chandler: Probably because…
 それはたぶん・・

Joey: Because it’s all tainted with your betrayal. From now on this apartment is empty for me! And I’m not happy about you either. . . Oh, and just so you know, I made that bread for you.
 全部おまえの裏切りが染み付いてるからだ! 今から俺にとってこの部屋は空っぽだ! それからおまえのこともよかったなんて言わない。(ホームベーカリー出来上がり合図音)あ、言っとくけどな、そのパンはおまえのために焼いたんだからな!

《セントラルパーク:ロス演奏中》

Phoebe: Oh, my God, he’s lost it. He’s totally lost it.
 なんてこと・・ロスの才能が・・彼の才能が消えてるわ。

Monica: What?
 (耳栓を取って)なに?

Rachel: Phoebe, his music could not get any worse. There are rats in the basement that are hanging themselves.
 フィービー、彼の音楽ってあれ以上悪くなり得ないわよ。地下のネズミも首を吊るわ。

Ross: Thank you, thanks. . . Yeah, I lost it. You know, I’m not gonna play anymore. (to Phoebe) Would you, can you finish my set?
 (演奏終わり)ありがとう、ありがとう。(カウチに座り)ああ、ダメになったよ。もう演奏はやめるよ。(フィービーに)君、終わらせてくれるかな?

Phoebe: After that? Yeah! No, I mean if I can help.
 あの後で? ええ! いえ、あなたのためなら。(演奏に行く)

Ross: Yeah, like I could lose it.
 ああ、ダメになったなんちゃって。

Rachel: What?
 なに?

Ross: I played bad on purpose, guys.
 わざとひどく演奏したんだよ。

Monica: Okay, so you were trying to play bad this whole time.
 そうなんだ。じゃあ最初からずっとわざとひどく演奏してたの?

Ross: Yeah−no, just that last song.
 ああ・・いや、今のだけだよ。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆
 いや、本当に最後のは適当に弾いた感じでしたよね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 16:23| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。