2013年07月28日

4-6 The One With The Dirty Girl

4-6 ダーティ・ガールの話

 ☆恋人はダーティ・ガール☆

《セントラルパーク前》

Cheryl: So, thank you for the delicious dinner.
 それじゃ。おいしい食事をありがとう。

Ross: You're welcome for a delicious dinner.
 おいしい食事、どういたしまして。

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey, what are you guys looking at?
 ねぇ、あなた達、なに見てるの?

Chandler: Ross and the most beautiful girl in the world.
 ロスと、世界一の美女だよ!

Phoebe: Yeah, come to papa.
 ほんとだ。こっちおいで!

(ロスが来る。みんなの驚きの表情を見て)
Ross: I know!
 だろ!

Monica: Probably the only time I'll ever say this, but did you see the ass on her?
 こんなこと言うの一生に一度だと思うけど、あのお尻みた?

Chandler: Where did you, when did you, how did you... (Joey hits the back of Chandler's head) How did you get a girl like that?
 どこでおまえ、いつおまえ、どうやっておまえ・・(ジョーイに頭を叩かれ)どうやってあんな子ゲットしたんだ?

Rachel: Yeah, so what is she, like a... like a spokesmodel, or an aerobics instructor, what?
 なぁに、あの子って、モデルとか、エアロビのインストラクターとか?

Ross: Actually she's a paleontology doctoral candidate, specializing in the Cenozoic era.
 実は彼女、古生物学の中でも新生代専門の博士号候補生なんだ。

Chandler: Okay, but that's, like, the easiest era.
 それって、一番簡単な時代だよな。

Ross: I've seen her at work, but I always figured, ah-huh? But, uh, I made her dinner. We had a great time. And we're going out again tomorrow.
 仕事で会ってはいたけどね、それがどうしたって感じ? とにかく、彼女に夕食を作ったんだ。楽しかったよ。明日もデートなんだ。

Rachel: Maybe she and her friends are just having a contest to see who can bring home the biggest geek.
 誰の連れてくるオタクが一番すごいかっていうコンテストを友達とやってるのかもね。

Ross: Fine by me. Hope she wins.
 結構だね。彼女が勝つといいなっ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hi. You guys have any wrapping paper?
 君たち、ラッピングペーパーもってない?

Phoebe: Oo! Is it for my birthday present?
 あっ! それ私のバースデイ用?

Chandler: Pheebs, it was your birthday, like, months ago.
 フィーブス、君の誕生日って、何ヶ月も前のことだろ。

Phoebe: Yeah, but remember you said you ordered something special, and it just hasn't come yet?
 ええ。でも、あなた私のために何か特注で頼んでくれたって、それがまだ来ないって言ってなかった?

Chandler: Well, I have a call in about that.
 ああ、そのはずだよ。

Phoebe: 'Kay.
 ワカッタ。

Chandler: Actually, it's for Kathy's birthday. It's an early edition of her favorite book.
 キャシーのバースデイプレゼントなんだ。彼女の好きな本の初版本なんだ。

Rachel: Oh, The Velveteen Rabbit! Oh, my God, when the boy's love makes the rabbit real!
 わぁ! ビロードうさぎね! ああ、少年の愛がうさぎを本物に変えるときったらもう!!

velveteen.jpgThe Velveteen Rabbit

Chandler: Okay, but don't touch it, because you fingers have destructive oils.
 そう、でも触らないで。その指の皮脂でダメになる。

Rachel: Huh. Well, then you'd better keep it away from Ross's hair. So this is pretty rare. How did you get that?
 そう。じゃ、ロスの髪からも遠ざけておいた方がいいわよ。それにしてもこれは珍しいものよね。どうやって手に入れたの?

Chandler: Oh, it wasn't a big deal. I just went to a couple of bookstores, talked to a couple of dealers... called a couple of the author's grandchildren.
 いや、大したことじゃないよ。2軒くらい書店に行って、2回くらいディーラーに掛け合って、2回くらい著者の孫に電話したけど。

Rachel: Oh, honey, that's so sweet.
 まぁ、優しいのね。

Phoebe: Yeah, and what a great way to say, "I secretly love you, roommate's girlfriend!"
 そうね。「密かに愛してる、ルームメイトの恋人よ」って言っちゃうには最高の手ね。

Chandler: It doesn't say that. Does it?
 そうはならないよ。(ロスに)なる?

Ross: How do you think it's gonna look when you get her something incredibly meaningful and expensive and her boyfriend Joey gives her an orange?
 こんなに心のこもった高価なものをおまえが彼女に贈って、彼女のボーイフレンドがオレンジ一個だったら、どうなると思う?

Chandler: Okay, all right, I'll just uh, make sure that uh, Joey gets her something really great.
 そうか、よし、じゃあ俺はとにかく・・ジョーイがすごくいいものを贈るようにさせるよ。

Phoebe: It's gotta be better than that book. Oo! Like a crossbow!
 その本よりよくないといけないのよ。そう! クロスボウぐらいに!

(モニカが電話しながら自室から出てくる)
Monica: Yeah, once again, I am sorry. Thank you. Bye. . . . I just had to turn down a job catering a funeral for sixty people.
 ええ、本当にごめんなさい。ありがとう。バーイ。(みんなに)いま、60人のお葬式のケイタリングを断っちゃったわ。

Rachel: Oh, my God! What happened?
 まぁ! 何があったの?!

Monica: Sixty guests.
 お葬式に来る人が60人。

Ross: So, uh, why did you have to turn it down?
 どうして断ったの?

Monica: Because I don't have the money or the equipment to handle something that big on such short notice. I mean there's no way.
  だって、そんな大勢の分、こんな急に用意できるだけのお金も備品も持ってないんだもの。どうしようもないわ。

Phoebe: Wow, what is with all the negativity? You sound like Monican't , not Monican. . Monica. Look, you know, you have been playing around with this catering thing for over three years. Do you want to be a caterer or not?
 まぁ。なんなのそのネガティブ思考? それじゃまるでモニキャンじゃなくてモニキャントじゃないの。・・・モニカか。いい、このケイタリングってことをやろうとして3年になるじゃない。ケイタリングやりたいの、やりたくないの?

Monica: I don't know.
 わからない。

Phoebe: There you go, that's the spirit! Okay! Now, if you need money, I will lend you money, but just get moving!
 ほら、その意気よ! いいわ! お金が要るなら貸してあげるから、とにかく行動あるのみよ!

Monica: Really? Cause I'd need like $500 for all the food and the supplies and stuff.
 本当に? だって食材とか備品とか考えたら、500ドルは要るわよ。

Phoebe: Okay! It's worth it, if it will get you moving. You haven't worked in months.
 いいわよ! あなたがそれでできるっていうなら、その価値があるわ。もう何ヶ月も働いてないじゃない。

Monica: Well, you're not working either.
 あなたも働いてないじゃん。

Phoebe: Yes, but I'm doing this.
 そうよ。でも今これをしてるわ。

Monica: Yeah, that'd be great! Thank you!
 そうね。うれしいわ。ありがとう!

(ジョーイとキャシーが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Everyone: Hey.
 ヘイ!

Kathy: Can I borrow the keys to your apartment?
 あなたの部屋の鍵貸してくれない?

Joey: Why? . . . You can pee here!
 なんで?(キャシーが耳元で話す)ここでオシッコしたらいいよ!

Kathy: Ahahaha... haha.. yes I can, of course. Excuse me.
 アハハ・・そうね。もちろんね。じゃ失礼。

Chandler: It's okay, the duck's using our bathroom anyway. . . . Hey Joe! What are you getting Kathy for her birthday?
 いいさ、どうせダックがバスルーム使ってるよ。(キャシーはバスルームへ)おい、ジョー! キャシーのバースデイに何を用意してる?

Joey: We've only been going out for a couple of weeks, do you think I gotta get her something?
 まだ2週間デートしてるだけなのに、何かプレゼントしなきゃダメ?

Everyone: Yeah!
 もちろん!

Rachel: Yes, you have to get her something, and it should be something really nice.
 そうよ。何かあげなきゃ。なにか、すごくいいものあげなきゃ。

Joey: Oh, I know...
 あ、わかった!

Rachel: And not one of your coupons for an hour of "Joey Love."
 「ジョーイの愛」1時間クーポンはダメよ。

《モニカ達の部屋:時間経過》

Phoebe: Ooo, a crossword! Can I help?
 あっ! クロスワードね! 私もやっていい?

Rachel: No! I'm sorry, honey, it's just that last week I got all but three answers and I really want to finish a whole one without any help.
 ダメ! ごめんね。先週3つしかわからなかったのよ。本当に助けなしで最後までやってみたいの。

Phoebe: Fine. But you can't help me develop my new universal language.
 いいわよ。でもユニバーサル言語を作るの手伝わせてあげないからね。

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, how'd it go?
 あら、どうだった?

Monica: Oh, my God, it was the best funeral ever! I mean, everyone loved the food, and guess what? I even got another funeral for tomorrow−the dead-guy-from-today's best friend. I mean, it is like I am the official caterer for that accident!
 もう本当に、すばらしいお葬式になったわ! みんな食事を気に入ってくれて、それに聞いて! ほかのお葬式も引き受けることになったの。今日の人の親友のお葬式よ。その事故の公式ケイタリング屋さんみたいな感じ!

Phoebe: Mon! I'm so happy for you!
 モン! よかったわね!

Monica: Thanks. Like, check out my new catering stuff. Look at this! I'm an omelet station! Omelet? Made to order!
 ありがと。ほら、見て、この新しいケイタリング用具。これ見てよ! オムレツステーションよ。オムレツ? 注文通りに作ります!

Phoebe: I'll have one, please. Plus my money.
 ひとつお願い。それとお金も。

Monica: Oh. Well, I didn't realize that you needed it back right away. I mean, you told me to go and be a caterer. So I went. I be'd. I mean, I... I used it to buy all this stuff. But look−I've got another job tomorrow, so I'll pay you back with the money I make from that.
 あら。そんなにすぐ返さなきゃいけないと思ってなかったわ。ケイタリングしてこいって言うから、言って、してきたわ。それで、用品とか買うのに使ったの。でも聞いて。明日もう一件あるから、そのお金で返せるわ。

Phoebe: Oh. Okay. Oo, sorry I acted like a bank.
 ああ、そういうことね。ごめんね、銀行みたいになっちゃって。

Monica: Okay.
 いいのよ。

《シェリルの部屋前:ロスとシェリル、キス》

Ross: Huh...
 はぁ。。

Cheryl: Um, would you like to come in?
 部屋に来る?

Ross: Did Homo erectus hunt with wooden tools?
 ホモ・エレクトスは木の道具でハンティングをしたか?

(Is the Pope Catholic? のように、Yesに決まってると言う返答の古生物学者らしい変形版)

Cheryl: According to recent findings!
 最近の発見によるとね!

《シェリルの部屋:ものすごく汚い部屋》
Cheryl: Here Mitzi! Here Mitzi!
 (食べ物を投げながら)おいで、ミッツィ! おいで、ミッツィ!

Ross: Mitzi is.....
 ミッツィというのは・・

Cheryl: My hamster. I hope she's okay. I haven't seen her in a while. Have a seat.
 ハムスターよ。元気だといいんだけど。しばらく姿を見かけないの。座って。

Ross: ("Where?") Uh... Oh hey, do you, uh...do you have any, um, Cinnamon Fruit Toasties?
 (声に出さず「どこに?」)あー・・ねぇ、シナモン・フルーツ・トースティある?

toasties.jpg(Toasties シリアル的な。)

Cheryl: What?
 なに?

Ross: Well, I do! Why don't we go back to my place, light a couple of candles, break open a box of Cinnamon Fruit Toasties, uh...
 うちにあるんだ! 僕の部屋へ行かない? キャンドルを灯して、シナモン・フルーツ・トースティの新しい箱を開けて・・

Cheryl: I'd rather not.
 やめておきたい感じ。

Ross: Oh, yeah, why not?
 そう? どうして?

Cheryl: Okay, um, don't take this the wrong way, but your place kinda has a weird smell.
 言うけど、悪くとらないでね。あなたの部屋って何か変な匂いがするから。

《モニカのケイタリング先》

Monica: Oh, is everything in the car?
 もう全部車に運んだ?

Phoebe: Yes. Did you settle the bill?
 ええ。料金もらった?

Monica: No. I hate this part.
 いえ。これがイヤなとこなのよね。

Phoebe: Oh, look what we almost left.
 あっ、もうちょっとで忘れるとこだったわ。(コーヒーメーカーを持ち上げる)

Monica: No, that's not mine.
 いえ、それ私のじゃない。

Phoebe: Oh, all right. Oh! Look what we almost took!
 わかった。ああ、もうちょっとで盗みとこだったわ!

(リビングルームへ行くモニカ)
Monica: Excuse me, Mrs. Burkart? Well, we're all cleaned up in the kitchen.
 すみません、バーカートさん? キッチンの片付け終わりました。

Mrs. Burkart: Oh, good. Thank you.
 ああ、よかった。ありがとう。

Monica: Um, and, well there's the.. the the small matter of...
 あの・・それから・・ちょっとしたことですが・・

Mrs. Burkart: Dear?
 なに?

Monica: Just the matter of ...payment?
 その、お支払いですが・・

Mrs. Burkart: Jack used to handle the finances!
 ジャックがお金のことは何もかもやってくれてたのよ!(泣く)

《モニカ達の部屋》

Rachel: You know what we should all do? Go see a musical.
 私たちって、アレするべきよね。ミュージカルを見に行くのよ!

Chandler: Sure...
 そう・・(?)

Rachel: And you know which one we should see? The 1996 Tony award winner. Do you happen to know the name of that one?
 何を見たらいいかっていうと、1996年のトニー賞受賞作よ。あなた名前わかる?

Chandler: I don't know... um, Grease?
 どうかな・・・グリース?

Rachel: No....
 違う・・

Chandler: Rent?
 レント?

Rachel: Yes! Rent!
 そうよ! レント!

Chandler: Okay, so when do you want to go?
 そうか、じゃあいつ見に行く?

Rachel: What? Oh, I'm sorry, I can't, I'm busy.
 え? あ、ごめん。忙しくて時間ないのよ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey. Man, it is so hard to shop for girls.
 やぁ、もう。女の子のための買い物って難しすぎるよ。

Chandler: Yes, it is, at Office Max.
 そりゃそうさ、オフィス用品店ではな!

Rachel: What did you get her?
 彼女に何買って来たの?

Chandler: A pen.
 ペン!

Joey: It's two gifts in one. It's a pen that's also a clock! Huh?
 一つで2つの贈り物だぞ。ペンであり、時計でもある! な?

Chandler: Huh-huh! You can't give her that.
 そうか! これをプレゼントってわけにいかないぞ。

Joey: Why not?
 なんで?

Chandler: Because she's not eleven! And it's not the seventh night of Hanukkah!
 彼女は11歳じゃないからだ! ハヌカーの7晩目でもない!

ハヌカーの7晩目の贈り物は普通小さなもの)

Rachel: Okay, honey, what he means by that, is ...while this is a very nice gift, maybe it's just not something a boyfriend gives?
 ね、彼が言いたいのは・・これは素敵な贈り物だけど、ボーイフレンドが贈るものじゃないって感じ?

Joey: Sure it is! She needs a pen for work, she's writing, she turns it over.... "Whoa! It's time for my date with Joey!"
 いや、これでいいんだよ! 彼女仕事でペンを使うだろ、書いていて、ひっくり返して、「ワオ! ジョーイとデートの時間よ!」ってなるんだ。

Chandler: All right, look, look. What... what did you get for Angela Del Veccio for her birthday?
 いいか、聞けよ。・・おまえ、アンジェラ・デルベキオの誕生日には何を贈ったんだ?

Joey: She didn't have a birthday while we were going out.
 俺たちがつきあってた間には彼女の誕生日来なかったよ。

Chandler: For three years?
 3年も?

Joey: Look, it's too late, and I got an audition. I can't shop anymore! I...
 もう・・もう遅いし、オーディションもあるんだ。もう買い物は無理だよー。

Chandler: All right. I will go out and I will try to find something for her, okay?
 わかったよ。俺が行って何か探してくるよ。いいな?

Joey: Thanks, man. And oh, while you're at it, could you get her a card?
 ありがとう。あっ、それから、カードも買ってきてくれないか?

Chandler: Would you like me to write her a little poem as well?
 おまえ俺に彼女への詩も書いてほしいっていうのか?

Joey: Or... just get a card that has a poem already in it.
 それか、もともと書いてあるカードを買えばいい。

《モニカのケータリング先》

Phoebe: But Mon, you have to get our money!
 でもモン、お金もらってこないと!

Monica: Oh, Phoebe, she couldn't stop crying! With those thick glasses, her tears looked giant.
 ああ、フィービー、だって彼女泣き止まないのよ。あの分厚いメガネだと、涙がでっかく見えるの。

Phoebe: I know, it's tough. You know what the first thing I did after my mother's funeral was?
 わかるわ。大変よ。でも、ママが亡くなった後、私が最初にしたことわかる?

Monica: What?
 なに?

Phoebe: Pay the caterer! Look, I've had a lot of jobs, okay, and there are some people who just always try to get out of paying. It's either, you know, "that massage wasn't long enough, or, "I don't recognize any of those songs," or, you know, "these sombreros aren't big enough. Bad little white girl!"
 ケイタリング屋さんの支払い! いろいろ仕事をしてきたけど、いつも、お金を払わずに済まそうってするやつらがいるもんよ。「マッサージ時間が短い」とか「知らない歌ばっかりだった」とか「ソンブレロが大きくない、この悪いちっぽけな白人少女め!」とか。

Monica: Okay. So what do you.... you think she's faking?
 そうすると、彼女はそんなフリをしてるっていうの?

Phoebe: Well, it seems like there weren't any tears till you showed her the bill.
 そうね、あなたが請求書を見せるまでは泣いてなかったわね。

Monica: Phoebe, she sounded pretty upset to me.
 フィービー、彼女本当に動転してるようだったわ。

(リビングではバーカート夫人は歌っている)
Mrs. Burkart: You're a grand old flag, you're a high-flying flag, and forever in peace may you wave....
 (歌)偉大なる古き旗よ、高くひるがえる旗、永久の平和の中にたなびけ

(You're grand old flag)

Phoebe: She seems fine now.
 今は元気に見えるわね。

Mrs. Burkart: ...emblem of the land I love....
 (歌)愛の国のしるし・・

《チャンドラー達の部屋:ロスがネクタイを締めている》

Joey: So, you just left? Her place was really that bad?
 それで帰ってきたのか? 彼女んちそんなにひどかったの?

Ross: You know how you throw your jacket on a chair at the end of the day?
 一日の終わりにジャケットを椅子へ投げるだろ?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Well, like that, only instead of a chair, it's a pile of garbage. And instead of a jacket, it's a pile of garbage. And instead of the end of the day, it's the end of time, and garbage is all that has survived! Here.
 その通りさ。ただ、椅子じゃなくて、ゴミの山なんだ。ジャケットじゃなくて、ゴミの山。一日の終わりじゃなくて、この世の終わりだ。ゴミだけが生き残るんだ!(ネクタイの輪っかを首から外して渡す)ほら。

Joey: Wow. Thanks. So, uh, what happened?
 ワオ。(それを首に通して)ありがと。それで、どうなったんだ?

Ross: What do you mean? Nothing happened! I had to get out of there.
 どうなるもなにも! なにもないよ! とにかく逃げ出したよ。

Joey: All right, so... next time, you take her to your place.
 それじゃ、次はおまえの部屋に連れて行けばいいじゃん。

Ross: No, I tried that. She says it has a weird smell.
 ダメなんだよ。誘ったけど、変な匂いがするって言うんだ。

Joey: What kind of smell?
 どんな匂いだ?

Ross: I don't know. Soap?
 知らないよ。石けん?

Joey: All right, listen, Ross... you like this girl, right?
 よし、聞けよロス、その子が好きなんだろ?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: You wanna see her again, right?
 また会いたいんだな?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: So you're gonna have to do it in the mess!
 じゃあそのゴミのなかでやれ!

Ross: Yeah, okay, you're right.
 ああ、そうだな。その通りだ。

Joey: Yeah.
 そうさ。

Ross: I mean, uh, who... who cares about a little sloppiness?
 そうだよな。だらしないくらいが何だ?

Joey: Yeah!
 そうさ!

Ross: It's, uh... it's endearing, really.
 それくらい・・かわいいもんさ、ほんと。

Joey: All right! Now you go get that beautiful pig! Oink!
 よし! じゃあその美人ブタをゲットしてこい! ブー!

《モニカ達の部屋》

Chandler: Okay, all right. I just spent the entire afternoon looking for a present for Kathy that would be better than the rabbit.
 もういい。午後ずっと、あのうさぎよりいいプレゼントを探してきた。

Rachel: Any luck?
 なにかあった?

Chandler: Oh, yeah. Yeah, I found this great place called "Invisible things for Kathy." Can you give me a hand with all this stuff?
 ああ、あったさ。「キャシーに贈る見えないプレゼント」っていうのを見つけたよ。これ運ぶから手伝って。

Rachel: All right, look. Why don't you just return the book, let Joey give her the clock pen, and you give her something worse than that. Like... a regular pen.
 いいわ、ねぇ、本はもう返したら? そしてジョーイはあのクロック・ペンを贈って、あなたはもっとよくないものを贈るのよ。たとえば、普通のペンとか。

Chandler: She's really going to love this, you know? The bottom line is I want her to have it, even if I don't get to be the one who gives it to her.
 でも彼女これを絶対気に入るんだよ。とにかくこれを彼女にあげたいんだ。俺からだと知らなくてもいい。

Rachel: Aw, honey, that's so sweet.
 まぁ・・本当に優しいのね。

Chandler: Yeah? You don't think it's just pathetic?
 そう? ミジメだと思わない?

Rachel: Oh! Pathetic!
 それよ! ミジメ!(クロスワードを埋める)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey! I'm meeting Kathy in ten minutes! I've been looking all over for you!
 おい! あと10分でキャシーに会うんだ、おまえ、あちこち探したぞ。

Chandler: Where?
 どこを?

Joey: Our place, the hall! I...
 俺たちの部屋と、廊下だよ!

Chandler: I got something for her. . . It's a book!
 彼女へのプレゼントだ(受け取って振っているジョーイ)本だよ!

Joey: A book? Is it like a book that's also a safe?
 本? 本でしかも貯金箱?

Chandler: No, it's a book that's just a book, okay? It's an early edition of the Velveteen Rabbit. It was her favorite book as a kid. So, uh, just... let me know if she likes it, okay?
 いや、ただの本だ。いいか、これはビロードうさぎの初版本なんだ。彼女が子供の頃好きだった本なんだ。だから、とにかく・・彼女が気に入ったかどうか教えてくれ。

Joey: You got it. Thanks man. Thanks for doing this, I owe you one. . . Oh, hey! There wasn't any change from that twenty, was there?
 わかった。ありがと。こんなことしてくれてありがとうな。一つ借りだ。あ、そうだ! 20ドルのおつりはなかった?

Chandler: No, it came out to an even twenty.
 いいや。20ドルちょうどだ。

Joey: Wow. That's almost as much as a new book.
 ワオ。新しい本みたいだな。

《モニカのケイタリング先》

Mrs. Burkart: Jeepers, creepers, where'd you get those peepers? Jeepers, creepers, where'd you get those eyes?
 おやおや、これはこれは! どこでそんな素敵な目を手に入れた? おやおや、これはこれは! どこでそんな素敵な目を手に入れた?

(Jeepers Creepers)

(キッチンのモニカとフィービー)
Phoebe: You didn't get the money, did you?
 まだお金もらってないのね?

Monica: Maybe I can try at intermission? Phoebe, come on... you know what? Let's just go!
 歌の合間に行ってみようかな? フィービー、ねぇ、もう行っちゃおうか。

Phoebe: No! Hey, we're not leaving until we get paid! I don't know who she thinks she is! Enough is enough! Hey, widow?
 ダメよ! ちょっと、お金もらうまでは帰らないわよ。彼女何様のつもり? もうたくさんよ!(リビングへ行く)ねぇ、未亡人さん?

Mrs. Burkart: Come on along and listen to...
 一緒に来て聞こう・・

Phoebe: Okay, Widow!
 ちょっと、未亡人さん!

Mrs. Burkart: ...the lullabye of...
 子守唄を・・

Phoebe: Excuse me. Excuse me! . . Thanks. Um, clearly this is a very, very hard time for you. Um, but, um, we provided a service, and we deserve to be paid because you ate that service, and, um, we are not leaving here until we're paid every penny. 'Cause you know what, lady? We're part time caterers, and we have no place else to go.
 ちょっと、すみませんけど!!(歌をやめる)ありがと。これは確かにあなたには大変な時でしょうけど、でも、私たちは料理を提供したんだから、払ってもらっていいと思うのね、あなた達食べたんだから。お金払ってもらうまでは、帰れないわ。どうしてかわかる? 私たちはこれで得たお金で食べてるの。他に請求する先はないの。

Mrs. Burkart: All right. I'll get my bag.
 わかりましたよ。バッグ取ってくるわ。

Phoebe: Good.
 よかった。

Monica: I'm gonna leave some cards here. Please think of us for you next event.
 カードを置いていきますね。何かあったら思い出してください。

《シェリルの部屋前》

Cheryl: So you want to come inside?
 部屋に来る?

Ross: Yes. Yes, I do.
 はい。はい、そうします。

Cheryl: I'll be right back. Make yourself comfortable. . . Guess who?
 (部屋に入って)すぐ戻るわ。くつろいでて。(後ろから忍び寄って)誰だ?

Ross: Department of Sanitation?
 保健衛生局?

Cheryl: It's me!
 私よ!

Ross: Oh! . . Ah. . . Aw!
 おお!(キス)ああ。。(キス)あう!!(茶色い物が手につく)

Cheryl: What?
 なに?

Ross: Ah, Cheryl!
 ああ、シェリル!

Cheryl: Oh, Ross!
 おお、ロス!
(何かがお菓子の袋の中で動くのでパニクってトイレブラシで叩きまくるロス)

Cheryl: Wait! No! No! It's my hamster! It's Mitzi!
 待って! ダメ! やめて! 私のハムスターよ! ミッツィよ!

Ross: Oh, my god! I'm so sorry, Cheryl. I must have freaked out.
 おー、なんてことだ・・ごめんよ、シェリル。僕パニクってしまって。

Cheryl: Oh, thank god, it's not Mitzi. It's just a rat.
 ああ、よかった。ミッツィじゃなかったわ。ただのネズミよ。

《セントラルパーク:クロスワードするレイチェル》

Rachel: I did it! Oh! I finished it! I did it all by myself! And there's nobody to hug!
 できたわ! ああ、ついいやった! 全部自分で解いたわ! ハグする相手がいない!

(奥にいたガンターがハグしようと走ってくる)
Gunther: Move!
 どいて!(そして転ぶ)

(モニカとフィービーが来る)
Rachel: Hey! Hey, you guys, I finished the crossword all by myself! Hug me!
 ねぇねぇ、聞いて! クロスワード全部自分で解いたわ! ハグして!

Phoebe: Uh... yay!
 ああ、イエーイ!

Rachel: Thanks!
 ありがと。

Monica: Oh, that's great! Congratulations!
 ああ、すごいじゃない。おめでとう。

Rachel: Thank you! Hey, how'd the catering go?
 ありがとう! ねぇ、ケイタリングどうだった?

Monica: Oh, it was great! The widow wouldn't pay, so Phoebe yelled at her till she did.
 ああ、よかったわ。未亡人さんが払ってくれないから、フィービーが叫んで払わせたの。

Phoebe: Yeah. I'm a hard ass.
 ええ。私は手強いわよ。

Monica: And I'm a wuss. And we should be partners.
 私は弱虫ね。私たちパートナーになるべきね。

Phoebe: Yeah. Hard Ass and Wuss. We could fight crime!
 そうよ。手強いやつと弱虫ね。犯罪撲滅よ!

Monica: Wait a minute, Phoebe! We should be partners. We should be catering partners. I mean, think about it! You're not working right now, and we have such a great time together!
 待って、フィービー! パートナーでやればいいのよ。ケイタリング・パートナーよ。考えてみて! 今あなた働いてないし、それに一緒で楽しかったわ!

Phoebe: Okay!
 いいわよ!

Monica: I can cook and you can take care of the money.
 私が料理して、あなたがお金の管理よ。

Phoebe: Yeah. Oh! It'll be like I have a wife in the fifties!
 そうね、なんか50年代の奥さんもらったみたい!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey, how'd it go? How'd she like the gift?
 おお、どうだった? 彼女プレゼント気に入った?

Joey: Oh, man, she loved it! She's over there showing Monica and Rachel right now.
 ああ、彼女すごい気に入ってたよ! 今、あっちでモニカとレイチェルに見せてるよ。

Chandler: Oh yeah? That's great!
 そうか? よかった!

Joey: Hey, listen, I gotta tell ya, I feel kinda bad taking credit for this, because man, am I gonna get a lot of credit for this!
 なぁ、聞いてくれよ。なんかこれを俺がしたことにして悪いみたいだよ。だって俺がこのお礼をしてもらうんだからな!

Chandler: Aahhuuhhh....
 あああぅあぅ。。

(キャシーが来る)
Kathy: Hey.
 ヘイ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey! Happy birthday.
 ああ、誕生日おめでとう。

Kathy: Thank you!
 ありがと!

Joey: You know, Chandler got you a gift, too.
 な、チャンドラーからもプレゼントがあるんだよ。

Chandler: No he didn't.
 いや、それはない。

Joey: Yeah, he did, look... look, it's right there on the counter! Ha-ho-ho!
 ああ、あるんだよ。ね。ほら、このカウンターにある! ほらね!

Chandler: Happy birthday! I'm sorry.
 ハッピーバースデー・・ごめんね。

Kathy: You really didn't have to. . . Wow.
 こんなことしてくれなくても・・ワオ。

Chandler: See, you think it's just a pen, but then you turn it over and it's also a clock.
 ほら、ただのペンだと思うだろ、でも引っくり返してみると、時計もある。

Kathy: Yeah. No, this is great. Thank you, Chandler.
 まぁ、いいわね。ありがとう、チャンドラー。

Chandler: Oh, yeah... yeah.
 ああ、うん・・うん。

Joey: Ah. Hm. Wanna go to bed?
 ああ。(キャシーに)ベッドに行く?

Kathy: I'll be in in a minute.
 すぐ行くわ。

Joey: Oh, uh... don't forget your coupon.
 あ、クーポン忘れないで。

Chandler: Goodnight.
 おやすみ。

Kathy: Um, thank you for the gift.
 あ、プレゼントありがとう。

Chandler: Oh, uh, yeah... I just knew that sometimes when you're writing, you... you don't always know the exact time.
 ああ、いや、書いてるとき、ほら、時間がわかるだろ。

Kathy: No, I... I didn't mean the pen. Thank you for the book.
 いえ、ペンのことじゃなくて。本をありがとう。

Chandler: Uh, the book?
 え、本?

Kathy: The Velveteen Rabbit. I kinda have the feeling you had something to do with it.
 ビロードうさぎ。あなたがしてくれたことだって思うんだけど。

Chandler: What do you mean?
 どういうこと?

Kathy: Well, uh, when Joey gave it to me, he said, "This is 'cause I know you like Rabbits, and I know you like cheese." Thanks. I love it. And I know how hard it must have been for you to find.
 ええ、ジョーイがくれた時、こう言ったの。「君がうさぎ好きだし、それにチーズが好きだから」って。ありがとう。すごくうれしいわ。これを見つけるの大変だったでしょう。

Chandler: Uhl..ell. By the way, in case you missed that, that sound was, "Oh, well."
 あん、うにゃ。今のわからなかったかな、今のは、「ああ、いや」って言ったんだ。

Kathy: You must really like... Joey... to go to all that trouble for him.
 あなたよほどジョーイが好きなのね。彼のためにこんな大変なことして。

Chandler: Oh, yeah, he's my... he's my best friend.
 ああ、そうだな。彼は・・・彼は僕の親友だからな。

Kathy: Well....
 それじゃ・・

Chandler: Goodnight.
 おやすみ。

Joey: Hey, that coupon expires, you know.
 ね、クーポンが期限切れになるよ。

《シェリルの部屋前》

Monica: Hi. Uh, you... you don't know me, I'm Monica Geller... Ross's sister.
 どうも。私をご存知ないわよね。私はモニカ・ゲラー。ロスの妹よ。

Cheryl: Oh, yeah. Oh, you know, that's too bad that didn't work out.
 ああ、そうなの。ああ、私たちうまく行かなくて残念だったわ。

Monica: Yeah. Anyway, he told me about your apartment. And, um, I couldn't sleep, thinking about it. So, uh, would it be okay if I cleaned it?
 ええ。とにかく、彼からあなたの部屋のこと聞いたの。それを思うと眠れなくて。それで、掃除してもいいかな?

(シェリルはドアを閉める)
Monica: No?
 ダメ?(周りを見てからドア枠を磨くモニカ)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 20:19| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。