2013年07月27日

4-5 The One With Joey's New Girlfriend

4-5 ジョーイの新しいガールフレンド

 ☆間違いだらけの恋人選び☆

《セントラルパーク》

Ross: Hello! What's this? Oh right, its that girl's phone number. Yeah-yeah, there it is, just a phone number a really hot girl gave me. It's no big deal, I mean it is her home phone number, but... Whoa! . . . Whoa-whoops, I almost lost this baby! Yeah, the lovely Amanda gives me her number and I-I go and drop it.
 おや? これは何だろう? ああそうか、これは女の子の電話番号だな。ああそうそう、本当にホットな女の子が僕にくれた電話番号だな。大した事じゃないさ、彼女の家の電話番号だけどね。でも。おっと!(レイチェルの前に落として)おっとぉ! もう少しで失くしてしまうところだったよ! ああ、可愛いアマンダがくれた番号を落としてしまって・・(フィービーがくしゃみをしそうになり、レイチェルはロスからメモを奪ってフィービーに渡す)

Phoebe: Thank you.
 ありがと。

《セントラルパーク:翌日》

Gunther: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah?
 なに?

Gunther: When's your birthday?
 誕生日はいつ?

Rachel: May fifth, why?
 5月5日だけどどうして?

Gunther: Oh, I'm just making a list of people's birthdays.
 いや、ただみんなの誕生日リストを作ってるんだ。

Ross: Oh, mine's December...
 ああ、僕は12月の・・

Gunther: Yeah, whatever.
 ああ、どうでもいいよ。(立ち去る)

Chandler: Oh, she's pretty. Pretty ah, pretty girl, the pretty--she's pretty.
 あぁ、あの子可愛い。可愛いよ。可愛い子だ。可愛い。彼女可愛い。

Monica: Just go up to her and ask her out. . . Oh, what's the worst thing that could happen?
 行って誘ってきなさいよ。なによ、最悪どうなるっていうの?

Chandler: I could die.
 死ぬかも。

Ross: Yeah, it's-it's tough being single. That's why I'm so glad I found Amanda.
 そうだよ。1人でいるのはつらいよ。僕はアマンダがいてよかったよ。

Rachel: Ross, you guys went out once. You took your kids to Chuck E. Cheese, and you didn't even kiss her.
 ロス、あなた達一回デートしただけじゃないの。 子供達をChuck E. Cheeseに連れてっただけでしょ、キスもしてないくせに。

parallax-iphone-link.jpgChuck E. Cheese = お子様向けレストラン)

Chandler: I tell people secrets. It makes them like me.
 (ロスに睨まれ)俺は人に秘密を話す。それで好かれてる。

(フィービーが来る)
Phoebe: Oh.
 ああ。

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Phoebe! You're sick, you shouldn't play. You should just go home, get in bed, and stay there.
 フィービー! あなた病気なんだから、演奏してる場合じゃないわよ。帰って寝てないと!

Phoebe: But I'm unemployed, my music is all I really have now. Well, music, and making my own shoes. Pretty, huh?
 でも失業中なのよ。私にいまや音楽しかないの。音楽と、それから自作の靴ね。(靴を見せて)かわいいでしょ?

Chandler: All right, I'm gonna do it! I'm gonna get shot down. Any advice?
 よし。行くぞ。当たってくだけろだ。アドバイスは?

Monica: Just be yourself. But, not too much.
 自分らしく。でも過ぎないで。

Chandler: Wish me luck.
 幸運を祈ってくれ。

Ross: Good luck!
 幸運を!!

Chandler: Wish it! . . . Hi. Hi, I-I was just sitting over there, and uhh, Chandler. My name is Chandler. Did I say that?
 黙って祈れっ!(女性に)ハーイ。ハーイ、僕はあっちに座ってたんだけど、えーと、チャンドラー。僕の名前はチャンドラーって、言ったっけ?

Kathy: No, you didn't. Hi, I'm Kathy.
 いえ、言ってないわ。どうも。私はキャシーよ。

Chandler: Uh Kathy, with K or a C?
 キャシーってK? それともC?

Kathy: With a K.
 Kよ。

Chandler: Oh-oh-hey!
 おお!

Kathy: Wow! You are really good at this.
 まぁ。あなたこういうこと本当に上手なのね。

Chandler: Hey, come on, give me a break, I'm out on a limb here.
 なに、勘弁してくれよ。いま崖っぷちなんだから。

Kathy: I'm sorry, you're right, I apologize, but I should tell you that I'm waiting for a date. Oh, and there he is now.
 ごめんなさい、その通りね。あやまるわ。でも、言っておかなきゃね、私デートの待ち合わせなの。あ、彼が来たわ。(ジョーイが来る)

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey! Hey, hey-hey, hey.
 ヘイ! ヘイヘイヘイ・・・

Joey: Hey, I see you guys already met, huh?
 ヘイ。もう会ったんだな?

Chandler: Yes-yes, I was just trying to figure out a way to uh, demonstrate how I could get my exceptionally large feet into my even bigger mouth.
 そう。俺は今、並外れて大きな足をそれよりさらに大きな口に入れるのをどうやって見せようか考えてたとこだ。

Joey: Didn't I tell ya? Always showing off.
 (キャシーに)言っただろ? いつも自慢してるんだよ。

Phoebe: Before I start, I just wanna say that umm, I have a cold, so if I sneeze in the middle of song, it's not on purpose. Oh, except the last verse of Pepper People. (Starts to sing) Smelly cat, smelly cat. What are they feeding you? . . . This chick sounds good. (Singing) Smelly cat, smelly--. . Hey Gunther, be a good little boy and bring me a whiskey.
 始める前にお伝えしますが、カゼをひいてるので、歌の途中でクシャミをするかもしれないけど、それは不可抗力です。あ、でもペッパー・ピープルの最後のは別ね。(歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの?(歌をとめて)この声いいじゃん!(歌)スメリーキャット、スメリー・・(ガンターに)ねぇ、ガンター、いい子ちゃんだからウィスキーもって来て。

《チャンドラー達の部屋、夜中:チャンドラーが出てくる》

Chandler: Hi!
 ハイ!

Kathy: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Jeez, at 2:30 in the morning, I didn't expect to have to fight over the remote.
 夜中の2時半だよ。まさかこの時間にチャンネル争いをするとは思わなかったよ。

Kathy: I'm sorry, it's just this Ernie Kovacs thing on in a few minutes I wanted to watch.
 ごめんね。私の好きなアーニー・コバックスがもうすぐ始まるの。



Chandler: Oh, my God! That's why I got up too!
 本当? 僕もそのために起きたんだ!

Kathy: You're kidding! Oh, I love him.
 冗談でしょ! ああ、ほんと彼大好き。

Chandler: Hey, listen, I'm sorry about this afternoon, you know, if I would've known you guys were... I never would've...
 ねぇ、聞いて、今日の昼間の事、悪かったね。君たちが一緒ってわかってたら、あんなこと・・

Kathy: Oh, please!
 あら、やめてよ。

Chandler: So ah, Joey tells me you two met in acting class.
 それで、ジョーイから、君たち演技のクラスで会ったって聞いたけど。

Kathy: Yeah, they teamed us up as partners. Joey picked three scenes for us to do; all of them had us making out.
 そうなの。チームになったのよ。ジョーイは私たちのために3つのシーンを選んだんだけど、全部いちゃつくものなの。

Chandler: That's a good thing actually, because ah, he used to have me rehearse with him.
 それは本当よかったよ。だってあいつ俺と練習していたからね。

Kathy: Oh-oh-oh-oh!
 あっ、これこれ!

Chandler: Is it on?
 始まった?

Kathy: No, but this wonder broom is amazing!
 いえ、でもこのワンダー・ブルームってすごいの!

Chandler: Hey!
 ヘイ!(ワンダー・ブルームを持ってくる)

Kathy: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Chandler: Oh! It's on! It's on!
 あ、始まった、始まった!

(カヌーに座ってチックを抱き上げるチャンドラー)
Chandler: Here we go, little fella.
 ほらおいで、チビちゃん。

Kathy: What about the duck?
 アヒルはいいの?

Chandler: The duck can swim.
 アヒルは泳げるだろ。

Kathy: Of course.
 その通りね。

《セントラルパーク》

Phoebe: My sticky shoes, my sticky-sticky shoes, why do you stick on me, baby! Thanks for the lights, honey.
 (歌)私のベタベタ靴、私のベタベタベタベタ靴〜・どうしてベタベタしてくるの、ベイビー!! (終わり)ありがとうね。

All: Way to go, Phoebe!
 いいぞ、フィービー!

Monica: That cold makes you sound so great.
 そのカゼですごくいい声ね。

Phoebe: It's fun, God I love how sexy I am.
 楽しいわ。ああ、このセクシーな声大好き。

Joey: Oh, Kath, we should get going. We're going to buy hamsters.
 あ、キャス、もう行かないと。ハムスター買ってこなくちゃ。

All: Ooh, that's great, I love those little guys.
 まぁ、いいね! あの小さいの大好き。

Kathy: No, no, it's not like that. I, I work for a medical researcher.
 いえいえ、そういうことじゃないの。私メディカル・リサーチで働いてるの。

Rachel: Well, have fun!
 ああ・・・ま、楽しんで!

Kathy: Okay.
 オーケー。

Phoebe: Well, I think it's nice that the medical community is finally trying to help sick hamsters.
 医療関係者がついに病気のハムスターを助けるようになったなんて、よかったわ。

Monica: You know what, I like Kathy.
 ねぇ、キャシーって好きだわ。

Chandler: Oh yeah, me too, she's so cool and pretty.
 ああ、ホント。俺もだよ。彼女クールでかわいくて。

Rachel: Yeah, she's...
 そうね、彼女・・

Chandler: She's smart and funny, you know? We were up all last night talking, she said the funniest thing about--what?
 賢くておもしろくてさ。昨日の夜起きて話してたんだけど、彼女最高に面白いこと言って・・・何だよ?

Rachel: You love her.
 彼女を愛してるのね。

Chandler: No, I don't.
 違うよ。

Phoebe: Yes, you do. Chandler loves Kathy.
 いえ、そうよ。チャンドラーがキャシーを愛してる。

Ross: Come on, Pheebs, just lay off him.
 やめろって、フィーブス。そっとしといてやれよ。

Chandler: Thank you, Ross.
 ありがと、ロス。

Ross: Yeah, he's a little sensitive right now, because he's so in love.
 ああ。彼はいまちょっと過敏になってるんだ。恋してるからね!

Chandler: All right.
 ああそうかよ。

All: Ohh!
 ああ!

Chandler: All right.
 もういいよ。

Monica: Ooh, umm, oh Kathy! Kathy, I love you! Oh!
 (自分をハグして背中を見せ)ああ、キャシー、キャシー! 愛してるよ。ああ!(ガンターに見られていた)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: So, I need to write some depressing stuff to go along with my new bluesy voice, but nothing that sad has ever really happened to me.
 このブルースっぽい声に合う暗い曲を作りたいんだけど、悲しい歌が出てこないのよ。

Monica: Oh umm, how about your mom dying, or having to live on the streets when you were 14?
 あなたのおかあさんが死んだ話とか、14歳でストリート暮らしだったことは?

Phoebe: Uh-huh. Oh, yeah, I could write about the time my hair did that "Woo-hoo" thing.
 そうね・・あ、そうだ、ヘアスタイルがウーフー!ってなっちゃった時のことが書けるわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Monica&Phoebe: Hey.
 ヘイ!

Ross: So I'm going over to Amanda's tonight!
 それで、今夜僕はアマンダのところへ行くんだよ!

Monica: Rachel's not here.
 レイチェルはいないわよ。

Ross: Oh.
 ああ。

Monica: How's it going with her?
 彼女とうまくいってるの?

Ross: Great, actually. I'm thinking tonight, maybe the night. Yeah, I mean, the kids are gonna play together and then when they're asleep, I'm thinking Amanda and I break open a bottle of wine, and do a little "playing" ourselves.
 うまくいってるよ、ほんと。今夜、そうなるかなと思ってるんだ。子供達は一緒に遊んで、そのうち寝るだろ。そうしたらアマンダと僕はワインを開けて、大人の遊びをするんだ。

(レイチェルが男子と一緒に来る)
Rachel: Hi, guys! This is Josh. Josh, these are my friends, and that's Ross.
 ハーイ、みんな! こちらジョシュ。ジョシュ、友達よ、それと、ロス。

Monica: Hi, Josh.
 ハーイ、ジョシュ。

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Josh: Dudes.
 どうもっす。

Monica: So, did you play in college?
 大学でフットボールしてたの?

Josh: Oh, I still do. Next year, I hope to make varsity though.
 ああ、今もしてるっす。来年は代表チームに入れるといいけど。

Rachel: Ross, didn't you ah, play soccer in High School? Oh no wait, that's right. You just organized their game schedules on your Commodore 64.
 ロス、高校でフットボールしてなかったっけ? あ、違ったわね、そうそう、あなたただパソコンで彼らのスケジュール管理してただけよね。

Josh: Well, it's getting late, I've got to get to the game, so I'm gonna... head.
 遅くなってきたから、もう試合に行かないと。じゃ、行くぜ。

Rachel: Okay. I'll miss you.
 じゃ。(キス)寂しいわ。

Josh: Dope!
 やったね!

Phoebe: Wow, cute one!
 ワオ。かわいいじゃん。

Monica: Very cute!
 ほんとかわいい。

Rachel: I know, isn't he great? It's so nice to finally be in a fun relationship, you know? There's nothing boring about him, and ah, I bet he's never set foot in a museum.
 ほんと。彼いいでしょ? ついに楽しい関係を持てて本当嬉しいわ。彼に退屈なとこなんてないもの。博物館になんて行かないしね。

Ross: Well, maybe he'll get to go soon, like on a class trip or something.
 いや、すぐ行くかもしれないよ。クラスで見学とかね。

Rachel: You know what else is really great about him, oh, what is the word for the adult that doesn't have dinosaur toys in their bedroom?
 それ以外に彼のいいところってね、なんていうんだっけ、ベッドルームに恐竜のおもちゃ持ってない大人って。

Ross: Oh!
 もう!(握りこぶしをぶつける)

Rachel: What was that?
 それなによ?

Ross: Monica knows.
 モニカが知ってる。

Monica: It's this dumb thing that Ross made up because he was trying to fool our parents. It's a way of giving the finger, without actually having to give it. I remember I cried the night you made it up. It was the first time that I realized that I was cooler than my big brother.
 バカな話よ。両親をだますためにロスが作ったの。指を立てる代わりにやってるの。初めてそれを知った時は泣いたわ。初めて、兄より自分の方がまともって知ったわ。

Ross: Well, I'm gonna go get ready. . . for my date tonight, so ah, I'll just "head."
 じゃあ用意しなくちゃ。(ジェスチャーをする)今日のデートのためにね。じゃ、行くぜ!

Phoebe: Yeah, I should go to, because I'm playing in one hour. Hey, , you guys should come hear me, ooh hear me. Ooh, My sticky shoes--eww! Eww! I lost my sexy phlegm!
 私も行かなきゃ。あと1時間で演奏よ。ねぇ、(咳払い)あなた達も来て聞いてよ。あっ!聞いて。あー。(歌)私のベタベタ靴・・いや、やだ! セクシーな痰が消えちゃったわ!

《アマンダの部屋》

Amanda: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi!
 ハイ!

Amanda: Hi, Ben!
 ハーイ、ベン!

Ross: Wow! You-you look great!
 ワオ! 君すごくキレイだよ。

Amanda: Thanks!
 ありがと!

Ross: Okay! Hey, Tommy.
 やぁ、トミー!

Amanda: I am so glad that you could come over tonight.
 今夜来てくれて本当に嬉しいわ。

Ross: Oh, no-no-no, it's my pleasure.
 いやいや、僕のほうこそ。。

Amanda: Okay, well, my cell phone number is right here on the counter, please help yourself to anything in the fridge.
 それじゃ、私の携帯番号はカウンターの上ね。冷蔵庫のものは何でもどうぞ。

Ross: What?
 え?

Amanda: I appreciate this so much, I've been trying to go out with this guy for like a month.
 本当にありがたく思ってるの。もうずっと、彼とデートしたかったから。

Ross: I-I-I...
 僕・・僕は・・

Amanda: Oh, I don't mean to be a square, but I'd really appreciate it if you wait and drink your wine after the kids are asleep? Oh uh, thanks for this, I hope I can do the same for you sometime.
 カタいこと言いたくはないけど、でも、ワインを飲むのは、子供達が眠ってからにしていただけるとほんとに嬉しいわ。ああ、本当にありがとう、いつかお返ししたいと思ってるわ。(出て行く)

Ross: Who wants to make some long distance calls?
 誰か長距離電話かけたい人?!

《通り・チャンドラーが通りの向こうにキャシーを見つけ追いかける》

Chandler: Kathy! Kathy! Hi!! Kathy! Kathy! Kathy! . . . Fetch! Fetch it! . . . Kathy! Kathy! Kathy! . . . Kathy! . . . Kathy.
 キャシー! キャシー!(ランニング中で気づかない。チャンドラーはいろんな困難に出会いマスタードをシャツにつけて走る)キャシー!(散歩中の犬のリードにからまり新聞を投げるチャンドラー)取ってこい、取ってこい!(ほどけて走り出す)キャシー、キャシー!キャシー!(ゴミに突っ込む。車の上を走って通りを横入り)キャシー!(前に飛び出し息も絶え絶え)キャシー。。

Kathy: Hey, Chandler! What are you doing here?
 あら、チャンドラー、何してるの?

Chandler: Oh, I just wanted to say, "Hey!"
 いや、ただ挨拶したくて。

Kathy: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Okay.
 オーケー・・。

《モニカ達の部屋》

Monica: Oh, come on! You're making it sound worse than it was.
 もう、いいじゃない! そんなにひどくないでしょ。

Ross: Her date tipped me ten dollars.
 デート相手が僕にチップを10ドルくれたんだぞ。

(フィービーが濡れた髪でキッチンの窓から顔を出す)
Ross: Pheebs, what are you doing?
 フィーブス、何をしてるんだ??

Phoebe: Okay, I wanna be sexy again so I'm trying to catch a cold. It should be easy, supposedly they're pretty common.
 もう一度セクシーになりたいから、カゼひこうとしてるの。ありふれてるもの、簡単でしょ。

Monica: Phoebe, you'll catch pneumonia.
 フィービー、肺炎になるわよ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Okay. You were right. I'm in love with Joey's girlfriend.
 ねぇ、君たちの言う通りだ。俺はジョーイのガールフレンドに恋をしている。

Phoebe: What?!
 え?

Ross: Are you serious?
 本当に?

Phoebe: Well, how-how-how is that possible? You barely know her!
 でも、どうしてそんなことになる? ほとんど知らないでしょ。

Chandler: I don't know. I can't just, I can't get her out of my head. You know? I mean, I'm a very bad person. I'm a very, very bad person. I'm a horrible person. . . . "No, you're not Chandler! We still love you Chandler!"
 なんだろう。とにかく彼女のことしか考えられない。俺はすごく悪いやつだ。俺は本当に本当に悪いやつだ。ひどいやつだ。(反応がないので)「そんなことない、チャンドラー! それでも愛してる、チャンドラー!」

Monica: Oh, gosh, Phoebe, I think I caught your cold.
 (クシャミ)まぁ大変、フィービー、私あなたのカゼもらっちゃったみたい。

Phoebe: You mean you stole it! . . . Don't cover your mouth when you do that!
 盗ったのね!(またクシャミするモニカ)口に手を当てないで!

(ジョーイとキャシーが来る)
Joey: Hey.
 やぁ!

Kathy: We were just talking about you.
 (チャンドラーに)今あなたのこと話してたのよ。

Chandler: Really?!
 ほんと?

Joey: Yeah-yeah, I told her about the time you got drunk and fell asleep with your head in the toilet.
 ああ。おまえが酔っぱらって便器に頭突っ込んで寝てた時のこと話してたんだ。

Chandler: Right in there!
 まさにその中!

《チャンドラー達の部屋:ダック達と隠れんぼするチャンドラー》

Chandler: 99...100! Ready or not, here I come! All right, let's go over the concept one more time.
 99...100! 用意できてなくても行くぞ! (目を開けると目の前にいるダックとチック)いいか、もう一度ルールを説明するぞ。

(ジョーイがくる)
Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 よぉ!

Joey: Hey guys. (to Chandler) Listen uh, you wanna get some dinner with me and Kathy tonight?
 (チック達に)よぉ、おまえたち(チャンドラーに)なぁ、俺とキャシーと一緒に食事にいかないか?

Chandler: Ohh, umm, you know what, I already ate.
 ああ、俺はもう食べたよ。

Joey: It's 4:30.
 4時半だぞ。

Chandler: You know I had a big meal on Monday, you know. So that's just gonna get me straight through the week.
 月曜日に食べ過ぎたからな。一週間もちそうなくらい。

Joey: Okay, I see what's going on here.
 よし、どういうことかわかったぞ。

Chandler: You-you do?
 わかった?

Joey: Yeah! You don't like Kathy.
 ああ。キャシーが好きじゃないんだな。

Chandler: You got me.
 当たり。

Joey: Yeah, you've been avoiding her ever since we started going out. Look, I made an effort to like Janice, now I think it's your turn to make an effort to like Kathy by coming out to dinner with us. Right?
 ああ。俺がデートし始めてからずっと避けてるもんな。いいか、ジャニスの時俺は努力した。今度はおまえがキャシーを好きになる努力をして、一緒に食事に行くべきだよ、そうだろ?

Chandler: Yeah. Right.
 ああ、そうだな。

Joey: Good, and hey! My treat. But that's only because you're not eating anything, right?
 よし、俺のおごりだ。でも、食べないっていうからだぞ、な?

Chandler: Right.
 わかった。

《モニカ達の部屋:レイチェルがジョシュと戻ってきてキス》

Monica: Ross isn't here.
 ロスはいないわよ。

Rachel: Oh. . . Stop it!
 あら。(ジョシュにさらにくっつかれて)やめなさい。

Josh: So I'll see you at the party? Beer's fear man, 24/7!!
 じゃあパーティでね! ビール飲みまくりだぜ!!

Rachel: Yeah! I am so gonna marry that guy. . . Ohhh!
 いえーい! (ジョシュ帰る)あの子と結婚しなくちゃ!(財布を見て)あああ!!

Monica: What?
 どうした?

Rachel: I think he's stealing from me.
 彼に盗まれた気がする。

Monica: Why?
 どうして?

Rachel: Because he's stealing from me!
 だって彼が盗んでるもの!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hi! It's me. And soup. Hey, I just saw Josh, he looks so yummy in your leather jacket.
 ハーイ、スープもってきたわよ。(レイチェルに)ジョシュ見たけど、あなたのレザージェケットが似合ってたわ。

Rachel: Ughh!
 もう!(追いかけて出て行く)

Phoebe: Here, now I don't eat chicken, so it's just noodle soup. And there's no chicken in the broth either, so it's really just... noodle water.
 (モニカにスープを)はい。チキンは食べないから、ただのヌードル・スープよ。スープにチキンは入ってないから、ただのヌードル水よ。

Monica: Thank you so much, Phoebe.
 本当にありがとう、フィービー。

Phoebe: Sure.
 いいのよ。(ティシュを拾ってるが時々ポケットに入れている)

Monica: What are you doing with those?!
 それどうする気なのよ?!

Phoebe: But, I need your germs! I want my cold back! I miss my sexy voice.
 だってカゼの菌がいるもの! カゼ取り戻したいもん! 私のセクシー・ボイス!!

Monica: Sorry, Phoebe.
 残念ね、フィービー。

Phoebe: It's okay. How's the soup?
 いいの。スープどう?

Monica: Umm. . . . Ohhhh!! Gross!!
 うん。(フィービーがモニカの飲んだカップをなめる)きゃぁ!気持ち悪い!


《クラブ:ジョーイ、キャシーとチャンドラー》

Kathy: Oh, God, guys, check it out, you can see that girl's underwear!
 わぁ、見て、あの女の子見てよ。下着が見えるわよ。

Joey: Is she great or what?
 彼女って最高だろ?

Kathy: So? Huh? What do you think?
 (チャンドラーに)どう? どう思う?

Chandler: Oh, she's-she's not really my type.
 ああ、俺のタイプじゃないよ。

Kathy: Not your type?! She's gorgeous!
 タイプじゃないって?! 彼女すごいじゃない!

Chandler: You know what I think it is? It's the fishnet stockings. You know? Whenever I see a girl in fishnet stockings it reminds me of my father in fishnet stockings.
 何がどうって、あの網タイツだよ。あの網タイツを見ると、おやじの網タイツを思い出すんだよ。

Kathy: Okay. Understanding a little more why you're single. Oh! You know, I have a friend you would like, she's really pretty. And then we could double date!
 そう。あなたが独り身な理由がちょっとわかったわね。そうだ、私の友達好きになるかもよ、すごく可愛いの。ダブルデートが出来るわ。

Chandler: Uhh, no-no thanks.
 ああ、いや、いいよ。

Kathy: Okay, I've got some ugly friends, and they're all available too.
 じゃあブサイクちゃんもいるわよ。紹介できるわ。

Chandler: Listen, I-I'm gonna grab a beer.
 ビールとってくるよ。

Joey: I'll be right back. (to Chandler) What was that?
 (キャシーに)すぐ戻るよ。(チャンドラーを追って)あれは何だ?

Chandler: What?
 なに?

Joey: Kathy was being really nice and you just walked away. I thought we had a deal.
 キャシーが親切にしているのに行ってしまって。約束したじゃないか。

Chandler: Hey, look, what do you want from me?
 なんだよ、どうして欲しいんだよ?

Joey: I want you to like her! But if that's too damned difficult for you, then the least you can do is pretend.
 彼女を好きになってくれよ。それがそんなに難しいっていうんなら、せめて好きなフリをしろよ。

Chandler: I am pretending.
 フリをしてるよ。

Joey: Well then, do it better!
 じゃあもっと上手にやれよ!

Chandler: Okay, what do you say I go over there and say how much I like her? No-no, it'll be good, I can tell her much I've been thinking about her. That I haven't stopped thinking about her since the moment I met her. That I'm so fantastically, over-the-top, wanna-slit-my-own-throat in love with her, that for every minute of every hour of every day I can't believe my own damn bad luck that you met her first!!
 そうか。じゃあ、あそこに行って彼女をどんなに好きか言ったらどうする? いやいや、大丈夫さ、どんなに彼女のこと考えてるか言えるさ。初めて見た時から、彼女のことしか考えられないって言える。夢見たいに、頂点に達してる、彼女への愛で死にたいくらいだ。毎分毎時間毎日、おまえより先に彼女に会えなかった自分をのろうよ!

Joey: Well, that was pretty good. But you might wanna tone it down a little.
 今のはすごくよかったけど、もうちょっと抑えろよ。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey! So, uhh, Amanda just-just dropped me off. Yeah, that's one of the things I love about her, she's...uh, she's old enough to drive. So, I guess you're not going to mom and dad's tonight?
 やぁ! アマンダに送ってもらったんだ。彼女のいいところだよね。運転できる大人だからね。(モニカに)おまえは今夜かあさんたちのところに行かないんだな?

Monica: No, sorry.
 ええ、ごめん。

Rachel: Well, where's Amanda?
 アマンダはどこなの?

Monica: Hey, Rach, could you get me some cough drops?
 ねぇ、レイチ、咳止めドロップ取ってくれる?

Rachel: I mean you know, I'm thinking. You could bring her, and you guys could go up to your old room, and not make out.
 だって、思うんだけど、彼女を連れていけばいいじゃないの。あなたの昔の部屋に連れてって、何もできないでしょうけどね。

Monica: Ross, cough drops, please?
 ロス、咳止めとって、お願い。

Ross: At least I know she's not going out with me to get into R rated movies.
 少なくとも彼女と一緒に成人映画を見ることはできるよ。

Rachel: Why don't you just marry her? Oh no, wait a minute you can't, I'm sorry I forgot, she's not a lesbian.
 結婚したらいいじゃないの? あ、ダメよね。ごめんね、忘れてたわ。彼女レズビアンじゃないもんね。

Ross: You see, Amanda and I have a very special...
 いいかい、アマンダと僕はとても特別な・

Monica: You have nothing! You're not even going out! You're her baby sitter! You have a 12-year-old girl's job!
 何もないじゃん! デートさえしてないじゃん! 彼女のベビーシッターじゃないの! あなた12歳の女の子と同じ仕事してるんじゃん!

Rachel: Oh, that is so sad.
 まぁ、悲しいこと!

Monica: And what are you laughing at, Miss My-keg-sucking-boyfriend-is-stealing-from-me!
 何笑ってるのよ。ビール樽から飲んでるボーイフレンドに盗まれてるくせに!

keg.jpg(keg = 58.6738827 リットル)

Rachel: Hey, so he stole a couple bucks from me! Big deal! At least he bought me something with it!
 なによ。2ドルくらい盗んだからって! なんでもないわよ! 彼はそれでこれ買ってくれたわ!(指輪を見せる)

Monica: That's mine!! Now, would you both please start acting like adults? And get me my cough drops!
 それ私のよ! もう、2人とも大人になってくれない? 咳止め取ってったら。

Ross: Fine.
 わかった。

Rachel: Sorry.
 ごめん。

Ross: Here. . . At least I made ten bucks in my relationship.
 ほら(ドロップを渡す。レイチェルに)少なくとも僕は10ドル稼いだね。

Rachel: You know...
 もう・・(ロスの握りこぶしをぶつけるジェスチャー)
(対抗してロスは肘をぶつけるジェスチャー)

《セントラルパーク》

Phoebe: Parading goats are parading. Parading down the street. Parading goats are parading, leaving little treats. . . Does it even work without my sexy voice?
 (歌)ヤギの行列のパレード、通りをパレードしていくよ。ヤギの行列のパレード、おみやげ残していくよ。(ガンターに)セクシーボイスじゃなくても大丈夫?

Gunther: I like it.
 いいと思うよ。(クシャミ)

Phoebe: Gunther, kiss me.
 ガンター、キスして。

Gunther: What?
 えっ?(フィービーがキスする)

《チャンドラー達の部屋:ジョーイの部屋からキャシーとの笑い声が聞こえるので、TVのボリュームをあげるチャンドラー》

Joey: Hey! Now, we're not actually gonna be sleeping in her, but do you mind?
 (靴下片方だけの姿で)おい、こっちは寝ようとしてるとこなんだよ。いいか?

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Can I sleep on your couch?
 カウチで寝ていい?

《セントラルパーク》

Phoebe: And I'm still waiting for my papier-mache man. Thank you, my babies.
 (歌)そして私は今も張り子の彼を待ってるの。(終わり)ありがとう、ベイビー!

papierMache.jpg(papier-mache)

Gunther: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah.
 なに?

Gunther: I don't know if you heard about what happened between me and Phoebe the other day.
 聞いたかどうか知らないけど、僕とフィービーの間に起きたこと・・

Rachel: No!
 いいえ。

Gunther: Well, we kissed. I didn't initiate the kiss, but I also didn't stop it, and I've been feeling guilty.
 キスしたんだ。僕からしたんじゃないけど、でも止めなかったから、罪悪感感じてしまって。

Rachel: Okay.
 そう。

Gunther: So umm, are we cool?
 僕ら大丈夫?

Rachel: Okay.
 ええ。

Gunther: I knew you'd understand.
 わかってくれると思ったよ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 12:37| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。