2013年07月25日

4-3 The One With The Cuffs

4-3 手錠だった話

 ☆チャンドラー監禁☆

《チャンドラー達の部屋:チャンドラー1人カヌーに座っている》

Joey: Hey!! We are so in luck! Treeger said we could have all this cool stuff from the basement. Wait right there.
 おい! 俺たちついてるぞ! トリガーが、地下からこんないいもの持ってっていいって! そこで待ってろよ。(ガーデンテーブル)

Chandler: Oh no-no-no, I’m, I’m paddling away!
 いやいや、俺は漕いでいくから!

Joey: Huh?!
 ほらっ!(ガーデンチェアを持ってくる)

Chandler: Wow! Really?! We get all this rusty crap for free?!
 ワオ! ほんとに? こんな錆びたボロがただでいいって?

Joey: Uh-huh. This and a bunch of bubble wrap. And, some of it is not even popped!
 そう。それにプチプチも。破れてないのもあるんだぞ(嬉しそう)

(ガーデンチェアに座るとチックとダックが現れる)
Chandler: Could we be more white trash?
 この上なく貧しいな。

(white trash)

《モニカ達の部屋》

Monica: How desperate am I?
 どれだけ必死かってことよね?

Rachel: Oh! Good thing Chandler’s not here, he always wins at this game.
 ああ! チャンドラーがいなくてよかった! 彼なら返事して勝ってたわ。

Monica: I just told my Mom I’d cater a party for her.
 いまかあさんに、パーティのケータリングするって言ったの。

Phoebe: How come?
 どうして?

Monica: Because I need the money, and I thought that it’d be a great way to get rid of that last little smidgen of self-respect.
 お金がもらえるからよ。その上、これで自尊心の最後のかけらも捨て去ることができたわ。

Ross: Come on, I think this is a good thing. I don’t think Mom would’ve hired you if she didn’t think you were good at what you do.
 いいじゃないか。いいことだよ。かあさんも、おまえの腕を買わなきゃ雇わないって。

Monica: You don’t have to stick up for her. She can’t here you.
 こんなとこでかあさんの味方したって聞こえてないわよ。

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey! Umm, do you guys have any juice?
 ねぇ、ジュースある?

Joey: Just pickle.
 ピクルスしかない。

Chandler: Hey uh, Rach, funny story. I ah, bumped into Joanna on the street yesterday.
 レイチ、おかしな話なんだけどな、昨日、ジョアンナにばったり会ったんだ。

Rachel: My boss, Joanna? Wow, that must’ve been awkward.
 私の上司のジョアンナ? まぁ。気まずかったでしょ。

Chandler: Well, no, actually she uh, asked me if I wanted to get a drink.
 いや、そんなことない。実は彼女に飲まないかって誘われたよ。

Rachel: You didn’t say ‘Yes’ to that, did you?
 まさか「イエス」とは言ってないわよね?

Chandler: No. No!
 まさか!

(ジョアンナがバスルームから出てくる)
Joanna: Hello, Rachel.
 あら、レイチェル。(チャンドラーの部屋へ)

Chandler: Well, not at first.
 最初はね。

Rachel: What is she doing here? I don’t understand! Last time you went out with her you said she was a ‘big, dull dud.’
 彼女ここで何しげるのよ?! どういうこと? 前にデートした時は、とんでもない退屈なやつって言ってたじゃないの!

Chandler: Well, I think I judged her too quickly. This time we were able to take the relationship to the next level.
 ま、あの時は判断が早過ぎたね。今回俺たちの関係は次のレベルに進んだということだ。

Rachel: Well, last time I almost got fired. You must end it, you must end it now!
 ね、私前回、もうちょっとでクビになるとこだったのよ。終わらせてよね、すぐ終わらせて!

Chandler: Oh, come on! It’s not like this is an everyday occurrence for me! I mean, usually I’m pretty much just in there by myself.
 なんだよ、いいじゃないか。俺にとって毎日起きることじゃないんだぞ。いつもは絶対あの部屋で1人なんだからな。

Rachel: Chandler!! Promise me, you will end it.
 チャンドラー! 終わらせるって約束して!

Chandler: Okay, I promise, I’ll end it.
 わかった。約束するよ。終わらせるよ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Chandler: I hope you know what I’m giving up for you, because she’s not just the boss in your office, if you know what I mean.
 これが俺にとってどういうことか、わかってくれてるよね。彼女は君のボスっていうだけじゃないんだ、意味わかるかな。

Joey: Yeah-eh-eah! . . Oh-oh, sorry, I knew what he meant.
 だな、ハハハ!(レイチェルに睨まれ)あ、ごめん。意味わかるからさ。

《モニカの実家》

Mrs. Geller: How’s the hired help?
 私の雇った子たちはどう?

Monica: Doing great. Quiches are coming along.
 順調よ。キッシュがもうすぐできるわ。

Mrs. Geller: What’s this? Blue nail polish?
 なにこれ? 青い爪?

Monica: Yeah, I thought it was cute.
 ええ。キュートでしょ。

Mrs. Geller: Ahh, It’s what your Grandmother’s hands looked like when we found her.
 ああ、おばあちゃんを発見した時、こんな手してたわよ。

Monica: Let me ask you a question.
 聞きたいんだけど。

Mrs. Geller: Hmm.
 ん?

Monica: Why did you hire me?
 どうして私を雇ったの?

Mrs. Geller: Oh, well, Richard raved about the food at his party, of course you were sleeping with him. Then I heard the food at that lesbian wedding was very nice. I assume you weren’t sleeping with anyone there. So at least that would be something.
 そうね、リチャードはベタ褒めしてたけど、もちろんあなた達は一緒に寝てたものね。それからレズビアン・ウェディングでもよくできてたって聞いたの。そのカップルとは寝てないでしょうからね。だから、ある程度はいいんだってことでしょ。(立ち去る)
 
Monica: Oh, my God! Did you hear that? She hired me because she thinks I’m good.
 わぁ、ちょっと! 聞いた? 私がうまいと思って雇ってくれたのよ!

Phoebe: Okay, I didn’t hear that.
 そう。そう聞こえなかった。

Monica: Oh, yeah, she didn’t hire me out of pity, it wasn’t so she could pick on me in front of her friends, she actually thinks I’m good.
 そうよ。哀れみから雇ったんじゃないわ。友達の前で意地悪言うために雇ったんでもないわ。私の料理がいいと思って雇ったのよ。

Phoebe: Wow! And hey, it’s cool if you’re a lesbian!
 ワオ。それにね、あなたがレズビアンでも平気だしね。

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ1人》

The Salesman: Good afternoon, are you the decision maker of the house?
 こんにちは! この家の決定権をお持ちですか?

Joey: Uhhhh.
 うーん・・

The Salesman: Do you ah, currently own a set of encyclopedias?
 エンサイクロペディアのセットはお持ちですか?

Joey: No! No. But ah, try the classifieds, people sell everything in there.
 いやいや! でも、新聞見るとみんなが売ってるよ。

The Salesman: Actually, I’m not buying. I’m selling. Let me ask you one question. Do your friends ever have a conversation and you just nod along even though you’re not really sure what they’re talking about?
 いや、私は買うんじゃなく、売ってるんですよ。お聞きしたいのですが、あなたは、友達の会話にうなづいてはいても、意味がわからなかったなんてこと、ありませんか?

《モニカ達の部屋での出来事フラッシュバック》

Ross: …I’m telling you it’s totally unconstitutional.
 こんなのは絶対に違憲だよ。

Monica, Chandler, Phoebe, and Rachel: Oh yeah, I totally agree.
 ほんと、そう。まったく賛成。(ジョーイはただ頷いている)

《セントラルパークでの出来事フラッシュバック》
Monica: …I think he deserves a Nobel Prize.
 これはノーベル賞ものだと思うわ。(ジョーイは頷く)

All: Nooo!!
 とんでもない!(慌てて頷くのをやめるジョーイ)

《モニカ達の部屋での出来事フラッシュバック》

Chandler: It was like the Algonquin kids' table.
 アルゴンキンのテーブルみたいだったな。(わからないジョーイ)

アルゴンキンの丸テーブル= アルゴンキンホテルに集まったコラムニスト・俳優・ライターなどの集まり。)

《現在》

The Salesman: Excuse me, I’m sorry, you haven’t said anything for about two and a half minutes, are you at all interested?
 すみません、失礼。この2分半ほど何もおっしゃらないんですが、興味あります?

Joey: Yeah-well-yeah! Yeah-oh-yeah. Come on in.
 ああ、うん、ああ、そう、うん。入って。

《ゲラーさんち》

Phoebe: That’s weird.
 それ変よ。

Monica: What?
 何が?

Phoebe: Your nails.
 あなたの爪。

Monica: Oh, I know, I never wear fake ones. I just did it so my Mom wouldn’t give me grief about biting them.
 ええ、そうなの。普段つけ爪はしないんだけどね。こうしておけば、爪を噛むってママに言われないと思って。

Phoebe: Oh, no, I meant that it’s weird that you only have nine now.
 そうじゃなくて、その爪9つしかないわよ。

Monica: Oh, my God. Wait a minute, I had them when I put. . . Oh, my God! It’s in the quiche! Oh, my God!
 まぁ大変! ちょっと待って。最後に見たのは・・まぁ大変だわ! キッシュの中よ! ああ、どうしよう!

Phoebe: Okay, don’t panic. I’m gonna go to the store, I’m gonna get you another set of nails, no one’s gonna know, and you’re gonna look great. (She runs over to get her coat.) Oh! Oh, it’s ‘cause they’re gonna eat−that’s the problem.
 わかった、落ち着いて。お店に行って同じのを買ってくるわ。誰も気づかないわよ。きっとばっちりよ。(出ていきかけて)あ、みんなが食べちゃうってことか。それが問題ね。

(ゲラーママが来る)
Mrs. Geller: Honey, don’t bite your nails.
 爪かまないの。

Monica: Okay, please don’t freak out. Umm, but ah, there’s a blue fingernail in one of the quiche cups, and there’s no way to know which one.
 ねぇ、パニクらないで聞いてね。青い爪がキッシュに入っちゃったの。でもどれかわからない。

Phoebe: And whoever finds it wins the prize!
 それが入ってた人は賞品がもらえるのよ!

Mrs. Geller: I’m not freaking out.
 パニックになんてならないわ。

Monica: Why are you laughing?
 どうして笑ってるの?

Mrs. Geller: It’s nothing, it’s just that now your father owes me five dollars.
 何でもないわ。ただ、あなたのおとうさんに5ドル勝ったってこと。

Monica: What? You bet I’d lose a nail?
 え? 私が爪を失くす方に賭けたの?

Mrs. Geller: Oh, no, don’t be silly. I just bet I’d need these. (Opens the freezer to reveal…)
 違うわ、バカ言わないで。これが必要になる方に賭けたのよ(冷凍室を開けて見せる)

Monica: Frozen lasagnas?
 冷凍ラザニア?

Mrs. Geller: Um-hmm.
 そう。

Monica: You bet that I’d screw up?! So all that stuff about hiring me because I was good was…
 私が失敗する方に賭けたの? 私の腕を認めて雇ってくれたっていうのは・・

Mrs. Geller: No-no-no, that was all true. This was just in case you pulled a Monica.
 いえいえ、それは本当よ。これはあなたがまたモニカっちゃった場合のためよ。

Monica: You promised Dr. Weinberg you’d never use that phrase.
 ドクター・ウェインバーグ先生に、その言葉は使わないって約束したはずよ。

Mrs. Geller: Oh, honey, come on, have a sense of humor, you’ve never been able to laugh at yourself.
 まぁあなたったら、いいじゃないの。冗談のセンスないのね。自分のこと笑えないなんて。

Monica: That’s right. My mom doesn’t have any faith in me! Oh, that’s hilarious! Ha-ha-ha-ha-ha.
 その通りね。私のママは私を全然信じてないのよ。これは愉快、ハハハハ!

Phoebe: I don’t get it.
 わかんない。

Mrs. Geller: No, I have faith…
 いえ、私は信じて・・

Monica: No! You have lasagnas!
 いいえ! ラザニア用意してた!(出て行く)

(オーブンが出来上がった音を立てる)
Phoebe: Op, the ruined quiches are ready.
 あっ! ダメになったキッシュができた!

《ジョアンナのオフィス》

Chandler: It just doesn’t feel like we’re breaking up.
 (キス)別れたような感じじゃないんだけど。

Joanna: No, we are. I’m sad.
 いいえ。お別れよ。悲しいわ。

Chandler: Okay.
 オーケー。(キス)

(電話が鳴る)
Joanna: Yes. . . Uh, can’t you wait until tomorrow? . . All right. . . Unbelievable!!
 (電話)もしもし・・・それは明日では遅いのですか? ・・わかりました(電話を切る)信じられない!

Chandler: Thanks.
 ありがと。

Joanna: No, no, that was my boss. I have to go.
 いえいえ、今のは上司だったの。行かなきゃ。

Chandler: Okay.
 わかった。(ボタンをとめはじめる)

Joanna: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: I’m getting dressed.
 服を着るんだ。

Joanna: Why?
 どうして?

Chandler: When I walk outside naked people throw garbage at me.
 裸で出歩いたら、人にゴミを投げられるよ。

Joanna: Wait. I wanna show you something.
 待って。見せたいものがあるの。

Chandler: What is it?
 なに?

Joanna: Just a little gag gift somebody gave me. . . Put your hands together.
 冗談でくれた人がいるのよ。(手錠を持ってくる)両手を出して。

Chandler: Ah-ha, you’re not the boss of me. . . Yeah, you are! . . .Ooh, saucy.
 ハハ。君は俺のボスじゃないんだぞ。(キスされ)ああ、君がボスだ。(手を出し椅子に止められる)おお、やるね。

Joanna: I’ll be back in ten minutes.
 10分で戻るわ。(出て行こうとする)

Chandler: You are, you’re gonna leave me like this?
 このままにして置いてくつもり?

Joanna: Knowing you’re here, waiting for me I think it’s kinda exciting.
 あなたがそうして待ってると思うと、ワクワクするじゃない。

Chandler: Okay. But if you don’t come back soon, there’s pretty much nothing I can do about it!
 わかったよ。でも、すぐに帰ってきてくれないと、俺にはなんともできなんだからね!(彼女は出て行く)

《レイチェル達のオフィス》

Joanna: Oh.
 (鍵をかっている)あら。

Sophie: Hi! I brought you back a macaroon!
 どうも! マカロンを買ってきましたよ!

Joanna: Oh, great! I’ll keep it in my butt with your nose.
 いいわね! あなたの鼻と一緒にお尻に入れておくわ。(出て行く)

Rachel: That’s weird, she locked the door.
 変ね。ドアに鍵をかっていったわ。

Sophie: You know why? She’s got the Christmas bonus list in there. I saw her working on it this morning.
 どうしてかわかる? クリスマスボーナスのリストがあるからよ。今朝記入してるの見たの。

Rachel: Okay, swear you won’t tell, but when Mark left he gave me a key to Joanna’s office. You wanna see the list?
 黙ってるって約束してね、マークが辞める時、ジョアンナのオフィスの鍵を置いていったのよ。リスト見る?

Sophie: Yeah!
 ええ!
(鍵をあけ、チャンドラーを見て固まる2人)

Chandler: Hi! How are you?
 ハーイ! 元気?
(無言で立ち去る2人)

《ジョアンナのオフィス:電話が鳴り、鼻でボタンを押す》

Chandler: Hello, Joanna……’s office.
 もしもし、ジョアンナ・・・(名字がわからない)のオフィスです。

Joanna: I’m really sorry but I may be a little while longer.
 本当に悪いけど、まだしばらくかかりそうなの。

Chandler: How little?!
 しばらくって?

Joanna: A couple of hours, I feel awful.
 2時間くらい。本当に申し訳ないわ。

Chandler: Look, this isn’t funny! You get back here right now!
 ちょっと、もうおかしくないよ! すぐ帰ってきてくれ!

Joanna: I can’t!!
 できないの!

Chandler: Why not?!
 どうして?!

Joanna: I’m in my boss’s car!
 いま上司の車の中なのよ。

Chandler: What?!
 なんだって?!

Joanna: Uh-oh, tunnel.
 あっ、トンネル!(電話切断)

《レイチェル達のオフォス:電話が鳴る》

Rachel: What?!
 なによ?!

Chandler: Rachel, could I see you for a moment?
 (上司みたいな声で)レイチェル、ちょっと来てくれるかな?

(レイチェルはジョアンナのオフィスに入る)

Chandler: Okay, here’s the situation. The keys to the cuffs are on the back of the door. Could you be a doll and grab them and scoot on over and unlock me? And on a totally separate subject, that is a lovely pantsuit.
 いいか、こういうことだ。手錠の鍵はそのドアについてる。いい子だから、それを取って、こっちへ来て、鍵外してくれる? ・・それから、話は全然変わるけど、それ素敵なパンツスーツだね!

Rachel: You promised you would break up with her!
 別れるって約束したじゃないの!

Chandler: I did break up with her! She just took it really, really well!
 別れたんだよ! でも彼女がそれをとってもよく受け止めるんだよ!

Rachel: And the fact that you were jeopardizing my career never entered your mind?!
 私のクビがかかってるってこと、思い出さないの?

Chandler: It did enter my mind! But then something happened that made it, shoot right out.
 考えてるさ! でもそれを消し飛ばす何かが起きるんだよ!

Rachel: You know what Chandler, you got yourself into those cuffs, you get yourself out of them.
 ねぇチャンドラー、自分でその手錠することになったんだから、外すのも自分でやって。

Chandler: No-no-no-no-no-no-no!! I can’t get myself right out of them! You must have me confused with the Amazing Chandler!! Come on, you have to unlock me, she could be gone for hours, and I’m cold, and. . .
 いやいやいやいやいや! こんなの自分で外せないよ! アメージング・チャンドラーと間違えてない? 頼むよ。外してくれよ。彼女は何時間も帰ってこないし、俺は寒いし・・(そばの人形のスカートを覗き込む)

Rachel: Oh, Chandler!! All right, this is it! You never see Joanna again!
 もう、チャンドラー! いいわ、これきりよ!(キーを持つ)二度とジョアンナに会わないでね!

Chandler: Never!
 二度と!

Rachel: You never come into this office again!
 このオフィスにも二度と入らないでね!

Chandler: Fine!
 わかった!

Rachel: You give me back my Walkman!
 私のウォークマン返して!

Chandler: I never borrowed your Walkman.
 君のウォークマンなんて借りてないよ。

Rachel: Well, then I lost it. You buy me one!
 それじゃ、失くしちゃったから、買って。

Chandler: You got it! Here we go! Come on! This is great! . . . Ahhh!
 わかった! 買うよ! ほら! いいぞ! (外してもらう) ああ!(手首をさする)

Rachel: Does it hurt?
 痛いの?

Chandler: No, I just always see guys doing this when they get handcuffs taken off them. . . Hello sweet pants!
 いや。でも手錠を外されたやつってみんなこうしてるだろ。(ズボンを取りに行って)ハロー、俺のパンツ!

Rachel: Wait a minute! What are you gonna tell Joanna?
 ちょっと待って! ジョアンナに何ていうの?

Chandler: About what?
 何を?

Rachel: When she sees that you’re gone, she’s gonna know that I let you out, and that I was in here, and I’m gonna get fired!
 あなたがいなくなってたら、私があなたを出してあげたことがわかっちゃうわ。私がここに入ったことがわかっちゃって、そしたらクビよ!

Chandler: I’ll make something up! I’m good at lying, I actually did borrow your Walkman!
 何か適当に言い繕っておくよ。ウソは得意だ。実はウォークマンも借りてた!

Rachel: No, there’s nothing to make up, she’s gonna know that I have a key to her office, I’ve got to get you locked up back the way you were!
 いいえ。ウソは無理だわ。私がここの鍵を持ってることもばれてしまう。あなたに手錠をかけて元通りにしなくちゃ。

Chandler: Oh-ho-ho, I don’t think so!
 いやいやいや、それには反対!

(2人は引っ張り合い、とっさにファイル・キャビネットに手錠でつなぐレイチェル)

Chandler: Well, this is much better.
 これはだいぶマシだな。

《チャンドラー達の部屋》

The Salesman: So, here’s somebody interesting, Joey. What do you know about Van Gogh?
 さて、興味深い人がいるよ、ジョーイ。ヴァン・ゴッホについて何を知ってる?

Joey: He cut off his ear.
 耳を切った。

The Salesman: And?
 それから?

Joey: I’m out.
 アウト。

The Salesman: He painted that.
 これを描いた(本の中の絵を見せる)

Joey: Wow! That’s pretty nice. I thought he cut off his ear ‘cause he sucked. What else you got in there?
 ワオ! それはすごいな。絵がヘタだから耳を切ったのかと思ったよ。それ以外に何が載ってる?

The Salesman: Let’s see, ahhh… Where does the Pope live?
 そうだな・・えーっと・・法王が住んでるのは?

Joey: In the woods. No wait-wait, that’s the joke answer.
 森の中! 待て待て。今のは冗談だよ。

(wood -- "Does the Pope shit in the woods?" という言葉から。
 元々は、「Yesに決まってるだろ」的な返事↓
 ☆Is the Pope Catholic? 法王ってカソリック?
 ☆Does a bear shit in the woods? クマは森でうんちする?
 これがひとつになったらしい)
(ただ「当たり前じゃん」で済まさないのが英会話なんだね。)


The Salesman: Actually its, Vatican City. Now ahh, what do you know about vulcanized rubber?
 正解は、バチカン市です。次は・・硫化ゴムについて何をご存知です?

Joey: Spock’s birth control.
 スポックの避妊具。

The Salesman: You need these books.
 あなたにはこれが必要だ。

《元モニカの部屋(今はジム)モニカはトレッドミルに横になっている》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: This used to be your room? Wow! You must’ve been in really good shape as a kid.
 これがあなたの部屋だったの? ワオ! あなたはスマートな子供だったでしょうね。

Monica: Ohh, I’m such an idiot. I can’t believe I actually thought she could change.
 ああ、私は本当にバカだったわ。かあさんが変わるかと思ってたなんて信じられない。

Phoebe: Well, who cares what your mom thinks? So you pulled a Monica.
 あなたのママがどう思うかなんて関係ないでしょ? あなたはモニカればいいのよ。

Monica: Oh, good, I’m glad that’s catching on.
 ああ、あなたもその言葉を覚えたのね。

Phoebe: No but, why does that have to be a bad thing. Just change what it means. You know? Go down there and prove your mother wrong. Finish the job you were hired to do, and we’ll call that pulling a Monica.
 いえ、でも、悪い意味だとは限らないでしょ。意味を変えちゃえばいいじゃん。ね? 行って、あなたのママが間違ってるって証明したらいいのよ。雇われた仕事をやり切って、それをモニカるって言えばいいんだわ。

Monica: What?
 え?

Phoebe: Okay, umm, if a kid gets straight A’s, his parents would say, "Yeah, he pulled a Monica." Y'know? Or a fireman saves a baby, and they go, "Yeah I know, he pulled a Monica." Or someone hits a home run and the announcer says, "Yeah, that one’s outta here." Though some things don’t change.
 もし子供がオールAをもらったら、両親は「やったね、彼はモニカったよ」って言うのよ。消防士が赤ちゃんを助けたら、みんなが「そうさ、やつはモニカったね」って。それか、ホームランを打つとアナウンサーが、「ああ、ボールは場外へ飛びましたね」って。ま、変えられないものもあるからね。

Monica: All right, I’ll go down there. But, I’m not gonna serve the lasagna. I’m gonna serve something I make.
 わかった。行ってくる。でも、ラザニアは出さないわよ。何か作って出すわ。

(モニカは出て行き、フィービーは運動器具で遊ぶ)
Phoebe: Wow! My breasts are really strong.
 ワオ! 私の胸ってホント強いのね!

《ジョアンナのオフィス》

Rachel: Chandler! Chandler, please, I have to get you locked up back the way you were. I am so gonna lose my job, she’s very private about her office. Now I know why.
 チャンドラー! チャンドラー、お願いよ。あなたを元通りに手錠しておかなきゃ。失業しちゃうわ。彼女このオフィスについて秘密主義なのよ。どうしてか今わかったわ。

Chandler: Hey, look, you’re in trouble either way! Okay? If she comes back and sees me locked to this instead of the chair, she’s gonna know you were in here. So you might as well just let me go.
 なぁ、どっちにしても君はもう困ったことになるよ。だろ? 彼女が戻ってきて俺が椅子じゃなくてここにつながれてるのを見たら、君がここに入ったことがバレるんだ。だったらもう行かせてくれよー。

Rachel: What if I clean your bathroom for a month?
 あなたのバスルームを一ヶ月掃除したら?

Chandler: It still wouldn’t be clean. All I want is my freedom.
 キレイになんかならないよ。俺が欲しいのは自由だ!

Rachel: Foot rubs for a month!
 一ヶ月足をマッサージする!

Chandler: Freedom!
 自由だ!

Rachel: I’ll take all of your photos and put them into photo albums!
 あなたの写真全部整理してアルバムに入れる!

Chandler: Freedom! I want my freedom! Why won’t you hear me?! (Opens the door) Sophie, help me! Help me!!
 自由だ! 自由が欲しい! なんで聞いてくれないんだ? (ドアを開け)ソフィー! 助けて、助けて!

Rachel: Sophie sit!! . . No! God, would you just calm down!
 ソフィー、座ってて! ああ! ちょっと落ち着いてよ!

Chandler: I’m gonna say this for the last time. Would you please just…
 もう一度だけ言う。頼むから俺を・・(手を動かしたらキャビネットが動いて頭にぶつかる)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Wow! There’s a lot I didn’t know about vomit. . . In a minute.
 ワオ! 吐く(vomit)ってことでも知らないことがいっぱいだな! (ダックが鳴きながらでてくる)ちょっと待て(ダックはバスルームへ戻る)

The Salesman: So, what do you say, Joey? You get the whole set of encyclopedias for twelve hundred dollars, which works out to just 50 bucks a book!
 それで、どうします、ジョーイ? エンサイクロペディア全セットで1,200ドルですよ。一冊たったの50ドル。

Joey: Twelve hundred dollars? You think I have $1200? I’m home in the middle of the day, and I got patio furniture in my living room. I guess there’s a few things you don’t get from book learning.
 1,200ドル? 俺が1,200ドル持ってると思う? 日の日中に家にいて、リビングにはガーデン家具しかなくて。これは習ってわかることじゃないみたいだね。

The Salesman: Well ah, what can you swing?
 ああ・・それじゃ分割では?

Joey: How about zero down and zero a month for a long, long time?
 頭金ゼロドルで、月にゼロドル長い長い間ね。

The Salesman: You don’t have, anything?
 まったく何もなし?

Joey: You wanna see what I got? (He gets up to empty out his pockets) Okay. I’ve got a baby Tootsie Roll, a movie stub, keys, a Kleenex, a rock, and an army man. Hey!
 俺が何もってるか見たい? (ポケットの中の物を出し始める)いい? Tootsie Rollだろ、映画の半券、鍵、ティシュ、石、それからアーミーのフィギュア。わーい。

tootsie-roll.jpgtootsie rolls.jpg

The Salesman: Okay, I get the picture. Uh, thanks, for your time.
 そうですか。わかりました。じゃあ、どうも、ありがとう。(出て行こうとする)

Joey: And a 50. Huh, these must be Chandler’s pants.
 それと50ドル。ああ、これはチャンドラーのパンツだな。

The Salesman: For 50 bucks, you can get one book! What will it be? A? B? C?
 50ドルあれば、一冊買えますよ! どれにします? A? B? C?

Joey: Oh, I think I’m gonna stick with the V, I wanna see how this bad boy turns out.
 ああ、Vにするよ。さっきの続きを見たいからね。

《ジョアンナのオフィス》

Rachel: I ah, will buy and wrap all of your Christmas gifts.
 えー・・クリスマスの贈り物の包みを全部用意する。

Chandler: No!
 ダメ!

Rachel: I ah… Oh! I’ll squeeze you fresh orange juice every morning!
 えーっと・・そうだ、毎朝新鮮なオレンジジュースをしぼってあげる!

Chandler: With extra pulp?
 粒つぶたくさんで?

Rachel: Yeah!!
 ええ!!

Chandler: No!
 イヤ!

Rachel: D’oh!! I’ve got it!
 ああ!! ・・・わかった!

Chandler: You don’t have it.
 わかるもんか。

Rachel: I have so got it. There’s gonna be rumors about this, there’s no way to stop it. Sophie knows, Monica and Phoebe know.
 絶対わかった。このことでは、噂になるわ。もう止められない。ソフィーが知ってる、モニカとフィービーも知ってる。

Chandler: How do Monica and Phoebe know?
 どうしてモニカとフィービーが知ってるんだ?

Rachel: Oh, I called them. And when they ask me what I saw, I can be very generous or very stingy.
 そりゃ私が電話したからよ。それで彼女達が私に何を見たか聞かれた時、私はとっても気前よくもなれば・・とっても、しみったれにもなる!

Chandler: Go on.
 続けよ。

Rachel: I can make you a legend. I can make you this generation’s Milton Berle.
 あなたを伝説の人にだってできるわ。今の世のミルトン・バールにでも!

Chandler: And Milton Berle has a…
 ミルトン・バールといえば・・

Rachel: Ohh, not compared to you.
 いえいえ、あなたに比べたら!(チャンドラー同意)

ミルトン・バールは、大きいことで知られていた
 wikipedia 内、Uncle Miltie offstage欄に記載あり)


《ゲラーさんちのキッチン》

Monica: Well?
 どう?

Phoebe: They’re not even touching the lasagna!
 みんなラザニアには触りもしないわよ!

Monica: Really?!
 ほんと?!

Phoebe: Oh, they love your casserole.
 もう、みんなあなたのキャセロールを気に入ってるわ。

Monica: Yes!!
 やった!

Phoebe: It’s hard to believe that just a little while ago this was nothing but ingredients.
 信じ難いわよね。ちょっと前まではただの材料だったのにね。

Mrs. Geller: Well, everyone seems to like your dish.
 みんなあなたの料理が気に入ったみたいね。

Monica: And you?
 ママは?

Mrs. Geller: I thought it was… quite tasty.
 私は・・とてもおいしいと思ったわ。

Monica: So if everyone liked it, and you liked it, that would make this a success. Which would make you…
 それじゃ、みんなが気に入って、ママも気に入ったなら、成功したってことよね。ってことはママは・・

Mrs. Geller: A bitch?
 イヤな女?

Monica: Well, I was going for wrong, but we can use your word.
 間違ってたって言うつもりだったけど、それでもいいわよ。

Mrs. Geller: Yes, well, I was wrong, and I have to say you really impressed me today.
 そうね、私が間違ってたわ。今日のあなたの料理には本当に感心したって言わなきゃね。

Monica: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Umm, you might even say that she pulled a Monica. . . She doesn’t know we switched it.
 それって、モニカった!って言ってもいいわね。(変な目で見られ)彼女意味を変えたこと知らないのね。

Mrs. Geller: And the next time you cater for me, there will be nothing but ice in the freezer.
 今度あなたに頼むときは、冷凍庫はアイスだけにしておくわ。

Monica: That really means a lot. Oh, Mom, don’t bite your nails.
 それは私にとってすごいおとよ。ああ、ママ、爪噛まないの。

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Chandler: Hello.
 やぁ。

Joey, Rachel, and Ross: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hello, Chandler.
 (セクシーな感じで)ハロー、チャンドラー

Chandler: I love you.
 (レイチェルに)愛してる。

Joey: Wh-what’s going on?
 どうしたんだ?

Phoebe: Oh.
 ああ。(内緒話でレイチェルから聞いたことを教える)

Joey: No, he doesn’t!
 そんなのウソだよ。(笑)

Chandler: Two hours, that lasted!
 2時間もったな。

Rachel: So did you break up with Joanna?
 ジョアンナと別れた?

Chandler: I think so.
 そう思うよ。

Joey: Well, it’s good thing you got out when you did, before she blew up like that Vesuvius.
 それはよかったんじゃないか。彼女がベスビオ火山みたいに吹き出す前でさ。

Ross: The volcano?
 火山?

Joey: Yeah. And speaking of volcanoes, man, are they a violent igneous rock formation.
 ああ。火山といえば、火成岩の成り立ちは激しいものがあるよな。

Rachel: What?!
 は?

Joey: Oh yeah, lava spewing, hot ash, of course some are dormant.
 ああ、噴き出す溶岩だろ、熱い灰、もちろん中には休眠中のものもあるけど。

Monica: Why are you talking about volcanoes all of the sudden?
 どうして突然、火山の話になるの?

Joey: Well, we can talk about something else. What do you want to talk about? Vivisection? The vas deference? The Vietnam War?
 いや、何かほかの話でもいいよ。何を話したい? 生体解剖? 精管? ベトナム戦争?
 
Monica: Oh! Did anybody see that documentary on the Korean War?
 あ! 韓国の戦争のドキュメンタリー見た?

All: Oh, yeah. Yeah.
 ああ、見た見た。

Phoebe: Oh, God, Korea is such a beautiful country.
 ああ、韓国って本当に美しい国よね。

Ross: With such a sad history.
 悲しい歴史があるね。

Chandler: Could there be more Kims?
 キムさんだらけだ!
(ジョーイ以外全員笑っている)

《レイチェル達のオフィス》

Joanna: Who’s out there?
 (オフィスからの声)誰なの?

Rachel: It’s me! Good morning!
 私です。おはようございます!

Joanna: Rachel, could you come in here for a moment, please?
 レイチェル、お願い、ちょっと来てくれる?

Rachel: Yeah, sure. Umm, they didn’t have poppy seed bagels, so I… (Enters Joanna’s office and sees her handcuffed to her chair wearing nothing but a slip) Oh, my word!
 はい、すぐ。ポピーシードのベーグルがなかったので・・(ドアを開けると、ジョアンナが手錠で椅子につながれている)まぁ、なんてこと!!

Joanna: I seem to have had a slight office mishap. Could you please get the key off the back of the door for me?
 ちょっとした事件があったのよね。ドアに鍵があるから、取ってくれる?

Rachel: Oh, yeah! Yeah!
 ええ、はい、はい!(オロオロしながら解錠する)

Joanna: You tell your friend Chandler that we’re definitely broken up this time.
 お友達のチャンドラーに、今度こそ絶対別れるって伝えてよね。

Rachel: Okay.
 わかりました。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 11:46| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。