2013年07月24日

4-2 The One With The Cat

4-2 猫がきた話

 ☆迷い猫に母の魂?!☆

《チャンドラー達の部屋:AVユニットでチャンドラーの袖が裂ける》

Chandler: Wow! That ripped! That ripped real nice!
 うわ! 裂けた! スッキリと裂けた!

Joey: How many times do I have to tell you! You turn and slide! You know, turn and slide.
 何回言ったらわかるんだ。ターンしてスライド! わかるか。ターン&スライド!

Chandler: You don’t turn and slide。You throw it out! I’m tired of having to get a tetanus shot every time I get dressed!
 ターン&スライドじゃない、放り出せ! 服着るたびに破傷風注射するのはもういやだ。

Joey: Look, we’re not throwing it out! I built this thing with my own hands!
 いいか、放り出したりなんかしないぞ! これは俺がこの手で作ったものなんだ!

Chandler: All right, how about we, how about we sell it?
 わかった。じゃあ、売るならどうだ?

Joey: All right. But, you’re gonna have to tell them.
 わかったよ。でも、こいつらに説明しろよ。

Chandler: Do you mind if we stick you in different cabinet? (to Joey) They seem all right with it!
 他のキャビネットに押し込んでもいい? (ジョーイ)かまわないみたいだぞ! 

《モニカ達の部屋:留守電チェックするモニカ》

Chip: Hey, Monica, it’s Chip.
 (留守電)やぁ、モニカ。チップだ。

Monica: Yes!!
 やった!

Ross: Who’s Chip?
 チップって誰?

Monica: Shhh!
 シーッ!

Chip: Good running into you at the bank today, so ah, here’s my number, 555-9323. Give me a call. Later.
 (留守電)今日は銀行でバッタリ会えてよかったよ。番号は555-9323、電話くれよ。じゃまた。

Monica: Chip, is Chip Matthews.
 チップって、あのチップ・マシューズよ。

Ross: The guy who took Rachel to the prom? Why is he calling you?
 レイチェルをプロムに連れてったやつ? なんでそいつがおまえに電話かけてくるんだ?

Monica: ‘Cause I ran into him at the bank. He is still so cute.
 銀行でばったり会ったからよ。今も彼、超キュート!

Ross: Monica, you’re so lucky! He’s like the most popular guy in school!!
 モニカ! 超ラッキー! 彼って学校で一番人気のあるやつじゃないか!

Monica: I know!! . . Chip? Hi! It’s Monica. . . ‘Kay. . . ‘Kay. . . Okay. . . Okay, good-bye. (hangs up) Oh, my God, we just had the best conversation!! (goes into her room as Rachel enters)
 そうよ!(電話をかけて)チップ? ハーイ、モニカよ。・・うん・・うん・・わかった・・わかった、バーイ!(電話を切る)オーマイゴッド! 最高の会話だったわ!(自室へ行く)

(レイチェルが帰る)
Ross: I was just leaving.
 僕はもう帰るところだ。

Rachel: Good! ‘Cause I’ve got a product report to read, it’s like eight pages, I hope I don’t fall asleep.
 よかった! 私は製品レポートを読まなくちゃならないの。8ページあるから、眠らないといいけど。

Ross: Why? Did you write it?
 どうして? 君が書いたの?

Rachel: Wow! Look at that, Chip Matthews called. I wonder what he wants?
 (メモを見て)ワオ! これ見て。チップ・マシューズから電話だって。何の用かしら?

Ross: Well, actually...
 実は・・

Rachel: I bet he sensed that I was ready to have sex with another guy.
 私が誰とでもセックスできるってことを感じ取ったのかしらね。

Ross: Well, umm, why don’t you give him a call?
 じゃ・・電話してみたら?

Rachel: Okay. Are you sure you wanna hear this?
 いいわ。本当にこれ聞きたいの?

Ross: Oh, I’m sure.
 ああ、もちろん!

Rachel: Chip! Hi, it’s Rachel. . . Rachel Green. Yeah, umm, you left me a message. . . Yes you did, my roommate wrote it down. . . Monica Geller? . . . Ohh.
 (電話で)チップ、ハーイ。レイチェルよ・・レイチェル・グリーンよ。メッセージくれたでしょ? ・・くれたわよ。私のルームメイトがメモ残してるもの・・・モニカ・ゲラーだけど? ・・・あら。

Ross: Oh, that’s right! He called to ask out Monica! That’s gotta be embarrassing!
 ああ! そうか! 彼はモニカを誘う電話をくれたんだ! これは恥ずかしいな!

《セントラルパーク》

Phoebe: ...DUMB, DRUNKEN, BITCH!!! . . Thank you, thanks.
 (歌)バカな酔っぱらいのクソ女!!(終わり)ありがとう。ありがと!

Ross: Hey, here’s a question; where did you guys get the "finest oak east of the Mississippi"?
 質問だけど、どこで「ミシシッピ以西最高のオーク材」を手に入れたんだ?

Chandler: Uh-huh, first you tell us where you got the prettiest lace in all the land.
 ふむ。その前におまえが一番かわいいレースをどこで手に入れたか教えてくれ。

Ross: I’m reading your ad.
 おまえの広告を読んでるんだぞ。

Joey: Looks good, uh?
 いいだろ?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: "Stunning entertainment center. Fine. . . Fine Italian craftsmanship."
 「素晴らしいAVユニット。上質・・・上質なイタリアの職人技」

Phoebe: Oh, my God, you guys are selling the entertainment center?
 あら! あなた達あのAVユニット売っちゃうの?

Rachel: Why? I love that thing.
 どうして? 私あれ好きなのに。

Chandler: You want it?
 欲しい?

Phoebe and Rachel: Oh no.
 いえいえ!

Chandler: Ahh, Gepetto, 5,000 dollars? Are you insane?
 あー・・ゼペットじいさん、5,000ドル? 頭おかしくないか?

Joey: Hey, the ad alone cost 300 bucks!
 だってその広告だけで300ドルなんだぞ!

Chandler: All right look, I’m changing it to 50 dollars or your best offer.
 いいか、50ドルか言い値に変えておくぞ。

Joey: What kind of profit is that?! And you call yourself an accountant?
 それじゃ利益はどうなるんだ? そんなんで会計士と名乗ってるのか?

Chandler: No.
 いいや。

Joey: Oh. What do you do?
 あぅ。何やってんの?

Chandler: I can’t believe you don’t know what I do for a living!
 俺の仕事知らないなんて信じられない!

Phoebe: Yeah, I actually don’t know...
 そうね。私も知らないな。

Rachel: Something to do with numbers?
 何か数字に関わることよね?

(猫が入ってきてフィービーのギターケースの匂いをかぐ)
Phoebe: Oh,my God! No! Shoo! Kitty! No! No-no-no! Shoo! Come on, you! . . Come on. Crazy. . . Oh, my God.
 あら、何なの? ダメよ。シーッ! 猫ちゃん、ダメよ、ダメダメ!ほら! (抱き上げて)ちょっと、このおかしな・・(顔を覗き込み)オーマイゴッド!!

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Nothing. Nothing.
 何でもない、何でもないの。

Joey: What? What’s wrong?
 なに? どうしたんだ?

Phoebe: I just, I just have this really strong feeling that this cat is my mother.
 この猫は私のママよ。はっきりわかるわ。

Rachel: You mean the mom you met in Montauk. She was a cat?!
 それってモントークで会ったママのこと? 彼女猫だったの?

Phoebe: No, no-no, she was a human lady. This is the spirit of my mom, Lily, the one who killed herself.
 いえいえ、違うわよ。彼女は人間だったわよ。これはママの魂よ。自殺したママ、リリーよ。

Ross: Are you sure she’s in the cat, or have you been taking your grandma’s glaucoma medicine again?
 彼女の魂が猫に入ってる? 間違いない? おばあちゃんの緑内障の薬飲んでない?

Phoebe: No Dr. Skeptismo! I’m sure. First of all, okay, there’s the feeling. Okay, and for another, how about the fact that she went into my guitar case which is lined with orange felt. My mother’s favorite fish is Orange Roughy... Cats like fish! . . . Hi, Mommy. . . Oh, I haven’t seen this smile in 17 years!
 いいえ、懐疑論博士! 間違いないわ。まず第一に、そう感じるもの。それに、この子がギターケースに入ったっていう事実よ。内側はオレンジのフェルトが貼ってある。母の好きな魚はオレンジ・ラフィー。猫は魚が好き! ハーイ、ママ! ああ、この笑顔を見るのは17年ぶりよ!

Orange_roughy.jpg(オレンジ・ラフィー)

Joey: Dude, Phoebe’s mom has got a huge pair of...
 (チャンドラーに)おい、フィービーのママ、股間に大きな・・

Chandler: Let it go!!
 言うな!

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Umm, when were you gonna tell me that you’re going out with Chip Matthews?
 ねぇ、チップ・マシューズとデートするってこと、いつ話してくれるつもり?

Monica: Now? Is it okay if I go out with Chip Matthews?
 いま? チップ・マシューズとデートしてもいい?

Rachel: No! It’s not okay! I can’t believe you would want to after what he did to me!
 いいえ! よくないわよ! 私にあんなことした彼とデートするなんて信じられないわ。

Monica: What, that little thing at the prom?
 なに、あのプロムでのささいなこと?

Rachel: Monica! I couldn’t find him for two hours! He was having sex with Amy Welch!
 モニカ! 彼は2時間もいなくなったのよ! エイミー・ウェルチとセックスしてたのよ!

Monica: Come on, that was back in high school! How could that still bother you?
 そんなの高校の時のことじゃないの! そんなことがまだ気になるの?

Rachel: I mean why, of all people would you want to go out with Chip?!
 ただ、どうしてよりによってチップとデートしたいかっていうのよ。

Monica: Look, you and I went to different high schools...
 ねぇ、あなたと私は違う高校に行ったのよ。

Rachel: Okay, that doesn’t help me, because we went to the same high school.
 それ通じないわよ。私たち同じ高校に行ったじゃないの。

Monica: You went to one where you were popular, and you got to ride off Chip’s motorcycle, and wear his letterman jacket. I went to one where I wore a band uniform they had to have specially made.
 あなたが行ったのは、自分が人気者で、チップのバイクに乗って彼のスタジャンを着てた、そういう高校よ。私が行ったのは、特製のバンドユニフォームを着なきゃならなかった高校よ。

letterjacketcol.jpg(letterman jacket)

Rachel: They had to have that specially made?!
 あれ特注だったの?

Monica: It was a project for one of the Home Ec classes.
 家庭科の課題だったの。

Rachel: Oh, my God, they told us that was for the mascot!
 まぁ・・あれはマスコット衣装だって聞いてたわ!

Monica: Back then, I thought that I would never, ever get the chance to go out with a Chip Matthews, and now he’s-he’s called me up and asked me out. And the fat girl inside of me really wants to go. I owe her this. I never let her eat.
 あの頃、チップ・マシューズとデートするなんて絶対絶対あり得ないだろうと思ってたわ。それがいま、彼が電話をくれてデートに誘ってきたのよ。私の中のあの少女が行きたがってるの。私はその子に借りがあるのよ。食べさせてないもの。

Rachel: Oh, you go out with him.
 ああ。彼とデートしてきて。

Monica: Oh, really?!
 ほんと?

Rachel: Yeah. Just, if it’s possible, could you leave him somewhere and go have sex with another guy?
 ええ。でも、できたら、どこかに彼をほったらかしにして、ほかの人とセックスしてきてね。

Monica: I’ll try.
 やってみる。

《モニカ達の部屋:翌日》

Ross: So you guys having any luck getting rid of the entertainment center?
 AVユニットは売れそう?

Joey: Well, there were a couple of calls last night, but ah, I don’t think any of them are gonna work out.
 昨日の夜2件電話があったけど、うまくいかない気がするな。

Chandler: Yes, Joey has a very careful screening process. Apparently, not everyone is qualified to own wood and nails.
 そう。ジョーイは慎重な審査をしてるからな。木と釘を持つ権利はみんなにはないようだ。

Phoebe: Stop it! Stop it! She keeps squirming, trying to get away! Just like when she was alive.
 やめなさいって! やめて! 彼女もがくのよね。逃げようとするの。生きてた時と同じよ。

Ross: So Pheebs, how long is your mom gonna be with us?
 フィーブス、いつまで彼女ここにいるの?

Phoebe: Well, I’m not sure. I mean, I guess until she you know, gets used to the fact that there’s you know, a new mom. You know, I think she’s worried that she’s gonna, she’s gonna be replaced. . . Well, that’s not gonna happen, is it? No. Okay, I have to return a call in the other room.
 わからないわ。多分、新しいママがいることに慣れるまでじゃないかしら。彼女、忘れられることを心配してるのよね。(猫に)そんなことありましぇんよねっ? うん。・・さぁ、私あっちの部屋から電話してくるわ。

Monica: Why can’t you use the phone in here?
 どうしてここの電話使えないの?

Phoebe: Well, I’m returning a call from a certain mom at the B-E-A-C-H. I just spelled the wrong word.
 だって私、B-E-A-C-Hのママに電話するんだもの・・伏せていう言葉間違えた。(モニカの寝室へ行く)

Ross: So, guys, am I crazy, or does Phoebe’s mom remind anyone else of a cat?
 みんな、僕がおかしいのか、それともフィービーのママは猫か、どっち?

Monica: Ross, don’t start.
 ロス、やめて。

Ross: Come on, you can’t tell me you actually believe that there’s a woman inside that cat!
 何だよ、まさかあの猫の中に女性がいるなんて信じてないくせに。

Rachel: I believe it.
 信じてるわ。

Ross: No, you don’t.
 信じてないよ。

Rachel: Yes, I do.
 信じてる。

Ross: No, you do−you know what, you’re not gonna suck me into this.
 いや、信じて・・いや、いいよ。そんなのに巻き込まれないよ。

Rachel: Oh, sure I am, because you always have to be right.
 いいえ、巻き込まれるわよ。だってあなたはいつでも正しくなきゃいけないんだものね。

Ross: I do not always have to be−okay, okay.
 僕はいつも・・いや、いい。(出て行く)

Rachel: Jurassic Park could happen.
 ジュラシック・パークもあり得る。(ロスは立ち止まったが立ち去る)

《チャンドラー達の部屋:AVユニットを見にきた2人がいる》

Tony: Wow! That’s ah, that’s pretty nice!
 ワオ。これはいいね。

Joey: Pretty nice?
 「いいね」?

Chandler: You’ll have to pardon my roommate, he wanted to marry this.
 うちのルームメイト勘弁してくれ。彼はこれと結婚したがってるんだ。

Tony: We don’t have 50 bucks, but would you be willing to trade for it? We’ve got a canoe.
 50ドルないから、交換でどうかな? カヌーがあるんだけど。

(ジョーイは何か言おうと立ち上がるが、チャンドラーは振り向きもせず、手で彼を抑え座らせる)
Chandler: You know, I, I really don’t think we need a canoe.
 うちは、まったくカヌーは必要としていない。

Tony: You gotta take the canoe!
 カヌーを受け取ってくれ!

Chandler: All right, just, just take the entertainment center, and then when you get home, throw the canoe away!
 いいか、ただこのAVユニットを持ってって、それから家に帰ったらカヌーを放り出せ!

Peter: We’re not throwing it away! I built that canoe! (starts to leave as Tony chases after him)
 放り出したりなんかしないぞ! 僕が作ったんだ!(飛び出して行く)

Joey: Good for you!!
 よく言った!

《セントラルパーク》

Rachel: You guys, you’re never gonna believe what I just found tacked up on a telephone pole! Look kinda familiar?
 見て、信じられないわよ。電柱に貼ってあったの。見覚えあるでしょ?

Ross: Apparently Phoebe’s mother also goes by the name Julio.
 フィービーのおかあさんはフリオって名前もあるらしいね。

Rachel: You guys, there’s a little girl in Soho looking for this cat. I mean, you know what that means?!
 ねぇ、ソーホーの小さな女の子が猫を探してるのよ。どういうことかわかる?

(Soho = マンハッタン南部の町)

Joey: Yeah! 200 dollar reward, split five ways!!
 ああ! 200ドルの賞金を5人で分けられる!

Rachel: Do we have to tell her?
 彼女に言わなきゃダメ?

Ross: Yes, we have to tell her!
 ああ、言わなきゃダメだよ。

Monica: Oh, but it’s made her so happy.
 ああ、だけど彼女幸せそうなのに。

Ross: Little girl misses her cat. . . Crazy lady thinks her mother is in a cat. . . Okay, you know what? I have to go have dinner with my son. Can I trust that when you see Phoebe, you will tell her?
 猫を探してる少女(片手をあげる)猫の中に母親がいると思ってるおかしな女性(もう片手)。ね、いいかい、僕は息子と食事の約束があるから行くけど、フィービーに会ったら話してくれるよね?

All: Yeah.
 うん。

Ross: Thank you.
 どうも。(出て行く)

Rachel: I hate when Ross is right!
 ロスが正しい時ってむかつく。

Monica: He is right, isn’t he?
 彼のいう通りよね?

Chandler: You know what? I think this might be one of the times he’s wrong.
 なぁ? 今回は彼が間違ってるんじゃないか?

All: You think?
 そう思う?

Chandler: Oh, no, he’s right.
 いやいや。彼の言う通りだよ。

《セントラルパーク:フィービーがフリオを連れて来る》

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Monica: Hi!
 ハーイ!

All: Hey!
 やぁ!

Joey: Uh, Pheebs, about your mom...
 フィーブス、君のママのことだけど・・

Phoebe: Yeah?
 なに?

Joey: . . How’s that going?
 調子どう?

Phoebe: So great. Oh, we took a nap together today. My mom fell asleep on my tummy and purred.
 最高よ。今日、一緒にお昼寝したの。ママは私のおなかの上で眠って、喉を鳴らしてたわ!

Joey: That’s so sweet. . . I’m gonna get some coffee.
 それはいいね! ・・・・コーヒーもらってこよ。(席を立つ)

Monica: Huh? What’d you say, Joe? I’ll be right there.
 (席をずれてフィービーに話そうとするが)えっ? 何て言った、ジョーイ? すぐ行くわ(立ち去る)


Rachel: Pheebs...
 フィーブス・・

Phoebe: I just feel so, uhh.....
 もう私本当に・・

Rachel: All right!!
 わかった!

Chandler: I’m coming already!!
 俺も行くよ!(みんな立ち去る)

《モニカ達の部屋:ノックの音》

Monica: Not yet! Not yet! Not yet! Not yet! Not yet! Not yet! Not yet! Not yet!
 (バスルームから自室へ駆け込む)まだまだまだまだまだまだまだ!

Rachel: Hello, Chip.
 (ドアを開け)こんにちは、チップ。

Chip: Hey, Rach! How you doing?
 やぁ、レイチ! 元気?

Rachel: I’m great! I’m great. I’ve got a great job at Bloomingdale’s, have wonderful friends, and even though I’m not seeing anyone right now, I’ve never felt better about myself.
 元気、元気よ! ブルーミングデールズでいい仕事についてるし、いい友達もいるし、今は誰ともつきあってないけど、こんなにいい気分でいたことないくらいよ。

Chip: So ah, Monica ready yet?
 それで、モニカはまだ?

Rachel: She’ll be out in a second. So, Chip, how’s umm, Amy Welch?
 すぐ来るわ。それで、チップ、エイミー・ウェルチは元気かしら?

Chip: Amy Welch? Wow! I haven’t seen her since... So, Monica about ready?
 エイミー・ウェルチ? ワオ! 彼女と前に会ったのは・・・。 モニカはまだかな?

《チャンドラー達の部屋:ジョーイがAVユニットを見せている》

Joey: This is the unit for you, my friend. Sturdy construction, tons of storage compartments, some big enough to fit a grown man.
 君にぴったりだよ。がっしりした造りだし、収納スペースはたっぷり。中には大の大人が入れるスペースもあるくらいだ。

Guy: What?!
 なんだって?

Joey: Oh, yeah! I got in there myself once. My roommate bet me five bucks that I couldn’t, and then he stuck a board through the handles that locked me in. Yeah. It was funny till I started feeling like I was in a coffin.
 本当さ。俺が入ったこともある。ルームメイトが、入れないって5ドルかけて、俺が入ったらボードを刺して閉じ込めたのさ。おもしろかったよ、棺桶の中みたいって思うまではな。

Guy: No, you, you can’t fit in that thing. That’s not deep enough.
 いや、そこには入れないよ。奥行きが足りない。

Joey: Oh yeah? . . If I can’t, I’ll knock five bucks off the price off the unit.
 そうかい? もし入れなかったら5ドルおまけするよ。

Guy: All right, you have yourself a deal.
 よし、乗った。

Joey: Okay. . . See?! I told ya! . . Sometimes I come in here just to get away from it! Hey, a nickel!!
 よし。(中に入って扉を閉める)ほら、言っただろ!(男はホッケースティックを刺してジョーイを閉じ込め、部屋のものを持ち去る)時々ここに閉じこもってみるんだ。あっ、コイン見っけ!

《通り:モニカとチップ》

Chip: Here we are.
 俺のバイクだ。

Monica: Oh, my God! You still have the Chipper!
 まぁ! まだチッパーを持ってたのね!

Chip: The what?
 何を?

Monica: That’s what we used to call your ah, your motorcycle in high school. You know, a motorcycle is a Chopper, and you’re Chip. Never mind.
 高校の時、私たちの間では、あなたのバイクをそう呼んでたの。あなたのバイクはチョッパーでしょ、あなたはチプだから・・。忘れて。

Chip: No, I think it’s cute.
 いや。かわいいと思うよ。(キス)

Monica: Wow! A lipper from Chipper.
 ワオ! チッパーとチュ!

Chip: So you still in touch with anyone from high school?
 高校の誰かと連絡とったりしてる?

Monica: Umm. Well, there’s Rachel, and umm, and that’s it. How bout you?
 えーと、レイチェルでしょ、それから・・それだけね。あなたは?

Chip: Oh yeah, I still hang with Simens and Zana, you know. I see Spindler a lot. Levine, Kelly, and I run into Goldie from time to time. Stick, Brown, Sulkov, McGuire, J.T., Breadsley.
 ああ、シモンズとザナとつきあいがあるよ。それからスピンドラーにもよく会うし、レビーン、ケリー、それからたまにゴールディにも会うな。スティック、ブラウン、サルコブ、マクガイア、J.T.、ブレッドズリー。

Monica: Is that all?
 それで全部?

Chip: Ehh, you know after high school, you just kinda lose touch. Oh yeah! I ran into Richard Dorfman.
 ああ、高校を出てから遠ざかるもんだろ。ああ、そういえば、リチャード・ドーフマンに出くわしたな。

Monica: Oh, how is he?
 あら、彼元気?

Chip: Not so good, Me and Simens gave him a wedgie.
 そうでもないな。俺とシモンズとでパンツ引っ張り上げてやった。

Monica: Isn’t he an architect now?
 彼って今建築家じゃないの?

Chip: Yeah, they still wear underwear.
 ああ。やつらはパンツ履いてるよ。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーが帰ると、部屋が空っぽ》

Chandler: Oh, my God!!!
 オーマイゴッド!!!

Joey: What?!!
 なんだ?!

Chandler: Are you all right?!
 おまえ大丈夫か?

Joey: Yeah...
 ああ。

Chandler: What happened?!!
 (出してやって)何があったんだ?

Joey: Awww, man! He promised he wouldn’t take the chairs!!
 なんだよ! 椅子は持っていかないって約束したくせに!

Chandler: What the hell happened?!! How were you locked in?!! And where the hell is all of our stuff?!!
 いったい何があったんだ?! なんで閉じ込められた?! それにみんなどこいってしまったんだ?

Joey: Well, this guy came by to look at the unit and-and he said he didn’t think big enough to fit a grown man!
 ユニットを見にきたやつが、これは大人が入れるほど大きくないって言ったんだよ!

Chandler: So you got in voluntarily?!
 それで自分から入ったのか?!

Joey: I was trying to make a sale!! Oh, man, if I ever run into that guy again, you know what I’m gonna do?
 売ろうと思ったんだよ! もう、今度あいつに会ったらどうしてくれるかわかるか?

Chandler: Bend over?!!!
 お尻差し出すのか?!

《レストラン:モニカとチップ》

Chip: ...and then Zana just let one rip!!
 それからザナが引き裂いちゃってさ!(大笑い)

Monica: Look, not that I enjoy talking about people who I went to high school with, ‘cause I do. But maybe we could talk about something else? Like you, I don’t even know where you work?
 ね、高校の時のみんなの話を楽しんでないっていうわけじゃないけど、楽しんでるんだけど、でも、ほかの話もしない? たとえば、あなたのこと。どこで働いてるの?

Chip: You know where I work!
 どこで働いてるか知ってるじゃないか!

Monica: I do?
 そう?

Chip: The movie theatre, you used to come in all the time.
 映画館だよ。君らいつも来てたじゃないか。

Monica: You still work at the multiplex?
 マルチプレックスでまだ働いてるの?

Chip: Oh, like I’d give up that job! Free popcorn and candy, anytime I want. I can get you free posters for your room.
 あんないい仕事やめるわけないじゃん! ポップコーンとキャンディーは食べ放題だぜ。部屋に飾るポスターもらってきてやろうか。

Monica: Thanks, I’m set. Do you still live with your parents?
 ありがと。間に合ってる。今もご両親と住んでるの?

Chip: Oh yeah, but I can stay out as late as I want.
 ああ、そうだよ。でも、門限はないぜ。

《チャンドラー達の部屋》

Rachel: Wow! They really got you guys. Your TV, the chairs.
 ワオ! 本当に持ってっちゃったのね。テレビも、椅子も。

Phoebe: Yeah, your microwave. The stereo.
 そうね。電子レンジも、ステレオも。

Joey: Aww, man, he took the five of spades!! Oh, no-no-no, here it is!
 なんだよ! スペードの5持っていきやがった! あ、いやいや、あった!

Monica: Oh, my God! What happened?
 まぁ、なんてことなの! 何があったの?

Chandler: Oh, umm, Joey was born, and then 28 years later, I was robbed!!
 ジョーイが生まれた。28年後、俺は強奪された!

Rachel: So, how was your date?
 (モニカに)デートはどうだった?

Monica: Well, you know how I always wanted to go out with Chip Matthews in high school?
 私、高校の時チップ・マシューズとすごくデートしたかったじゃない?

Rachel: Um-hmm.
 ええ。

Monica: Well, tonight, I actually went out with Chip Matthews in high school.
 で、今夜、私は高校生のチップ・マシューズとデートしたわ。

Rachel: Oh, honey, I’m sorry.
 あらまぁ。かわいそうに。

Monica: No, it’s okay, not only did I get to go out with Chip Matthews, I got to dump Chip Matthews.
 いえ、いいの。チップ・マシューズとデートしただけじゃなくて、チップ・マシューズをフってやったわ!

Rachel: Oh! That’s so great!
 まぁ! それはすごいわね!

Monica: I know!
 でしょ!

(ロスが来る)
Ross: Hey! So ah, what did the insurance company say?
 やぁ! それで、保険会社の人は何ていってた?

Chandler: Oh, they said uh, “You don’t have insurance here, so stop calling us.”
 ああ、こう言ってた。「うちの保険に加入してないんだから、電話かけてこないでください」。

Ross: You didn’t tell her?! . Okay, fine! Pheebs?
 (フィービーの猫を見て)彼女に話してないのか?! もういい! ・・・フィーブス?

Phoebe: Yeah? Hi!
 なに? あ、ハーイ!

Ross: Hi! Listen, this cat belongs to a little girl. There are flyers all over the place.
 やぁ! ねぇ、聞いて。この猫は、小さな女の子の猫なんだ。ポスターがあちこちに貼ってある。

Rachel: Sorry, sweetie.
 そうなのよ。ね。(ポスターを見せる)

Monica: Hey, we can take her back with you if you want.
 ねぇ、なんだったら、一緒に猫を連れていきましょうよ。

Phoebe: Oh. Um-hmm. But you know, she choose to find me. I mean, I have to respect her decision. Right?
 ああ、うん。でもさ、彼女は私を選択したのよね。彼女の意思を尊重しなきゃ、でしょ?

Chandler, Monica, Joey, and Rachel: That’s a good call. Right.
 それはもっとも、ほんと。

Ross: No! No! Look−Hey, enough is enough! Look, I am sorry that you feel guilty or whatever about spending time with your new mom, but this is not your old mom. This is a cat! Okay, Julio the cat! Not mom! Cat!
 ダメダメ! いいか、ね、いい加減にしないと! いい? 新しいママと過ごして、罪悪感を感じてるか知らないけど、気の毒だとは思うけど、この子は君の前のママじゃない。これは猫だ! いい? フリオっていう猫! ママじゃない! 猫!

Phoebe: Ross, how many parents have you lost?
 ロス、親をなくしたことは?

Ross: None.
 ない。

Phoebe: Okay, then you don’t know what it feels like when one of them comes back. Do you? I believe this is my mother. Even if I’m wrong, who cares? Just be a friend. Okay? Be supportive.
 そえじゃ、親が戻ってきた時の気持ちはわからないわよね。でしょ? この子は私の母だと思うの。間違っていても、それが何よ? 友達じゃないの? 支えてくれてもいいじゃない。

Ross: I’m sorry.
 ごめんよ。

Phoebe: Okay.
 ワカッタ。

Ross: I don’t know what to say.
 何ていっていいかわからないよ。

Rachel: You could.... say you’re sorry to her mom.
 おかあさんにあやまるとか。

Phoebe: I think she would like that.
 彼女喜ぶと思うわ。

Ross: Come here, here, come here, come here. . Mrs. Buffay. Sorry, about what I said, umm, it was, it was insensitive of me to say that you were just a cat. When clearly you are also the reincarnated spirit of my friend’s mother.
 おいで。ここにおいで、おいで・・ミセス・ブフェ。あんなことを言ってごめんよ。君がただの猫なんて言って、無神経でした。明らかに、あなたは僕の友達のおかあさんの生まれ変わりの魂なのに。

Phoebe: Thank you. We both forgive you.
 ありがとう。私たち、許すわ。

Rachel: So honey, what are you gonna do about the little girl?
 それじゃ、その女の子のこと、どうする?

Phoebe: Yeah, okay, listen, umm, Mom, I hope you know you still mean a lot to me. And you’re welcome to come back anytime.
 ええ、そうね。聞いて、ママ。あなたは私にとって大切だってこと、わかってくれるわよね。いつでも遠慮なく帰ってきてね。

Chandler: Pheebs, if she could come back as a couch, we’d really appreciate it.
 フィーブス、もし彼女がカウチに生まれ変わってきてくれたら、ほんっとありがたいんだけど。

Phoebe: Come on, Mom, I’ll take you home.
 さぁ、ママ、家に送っていくわ。

Rachel: I’ll go with you.
 私も行くわ。

Monica: Me too.
 私も。(3人出て行く)

Ross: Oh! You know, I’ve got an extra futon.
 そうだ! 僕、余分にふとん持ってるよ。

Joey: Dude, you don’t have to brag! We got nothing here!!
 おい、自慢することないだろ! こっちは何もないのに!

[Joey and Chandler have trading the entertainment center for the canoe. Joey is sitting in the bow, staring off into space as to envision his future full of possibilities. Chandler is sitting at the stern, staring into space and is looking at an uncertain future.]
(ジョーイとチャンドラーはAVユニットとカヌーを交換した。ジョーイは船首に座り、可能性に満ちた未来を思い描きながら空を見る。チャンドラーは、船尾に座り、不確かな未来を思い空を見つめる)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 14:10| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。