2013年07月23日

4-1 The One With The Jellyfish

4-1 クラゲ痛かったの話

 ☆渚でロスとレイチェル・・その後☆

《前回を振り返るジョーイ》

Joey: Okay, so we went to the beach, because Phoebe found out about this lady who knew her mom and dad, and I don’t really know what happened with that.
 俺たちはビーチに行ったんだ。フィービーがおかあさんとおとうさんについて知ってる女性を見つけたからなんだけど、それがどうなったかは、よっく知らないな。

(前回のフィービー達)
Phoebe Sr.: I’m your mother.
 私があなたのおかあさんなの。

Phoebe: Ehh?
 へ?

(前回のモニカとチャンドラー)
Joey: Oh, and then Monica joked that she wouldn’t go out with a guy like Chandler...
 あ、それからモニカがチャンドラーみたいな男とはデートしないって言って・・

Chandler: Hi there.
 (気取った声でモニカに)やぁ、きみ。

Joey: ...and he couldn’t let it go, and... I don’t really know what happened with that either.
 それをチャンドラーは気にして・・それがどうなったかもよく知らないな。

(ロスとレイチェルのシーン)
Joey: Oh-oh! And then Ross’s new girlfriend, Bonnie, shows up and Rachel convinced her to shave her head. And then Ross and Rachel kiss, and now Ross has to choose between Rachel and the bald girl and I don’t know what happened there either... You know what, hold on. Let me go get Chandler.
 そうそう、それからロスの新しいガールフレンドのボニーが現れて、レイチェルは彼女に頭を剃らせたんだよね。それからロスがレイチェルとキスをして、ロスはレイチェルと坊主頭の子のどっちか選ばなくちゃならなくて・・それからどうなったのかってこともよく知らないな・・そうだ、ちょっと待って。チャンドラーを呼んでくるよ。

《レイチェルの部屋に入ったロス》

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel and Bonnie: Hi!
 ハーイ!

Bonnie: Rachel was just helping me out. My head got all sunburned.
 レイチェルが助けてくれたの。頭が日焼けしちゃって。

Ross: Awww.
 ああ。

Bonnie: Thanks a million.
 たっくさんありがとう!

Rachel: Oh, you’re welcome a million.
 あら、たっくさんどういたしまして。

Bonnie: Okay, I’ll be in our room.
 それじゃ、部屋にいるわね。(出て行く)

Ross: Yeah.
 うん。(レイチェルとキス)

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド!

Ross: I know. . . Okay, I gotta go.
 ああ! (キス)よし、行くよ。

Rachel: Whoa! What?! Why?!
 えっ?! なに? どうして?

Ross: Well, I gotta go break up with Bonnie.
 だって、ボニーと別れなくちゃ。

Rachel: Here?! Now?!
 ここで? いま?

Ross: Well, yeah. I can’t-I can’t stay here all night, and if I go in there she’s-she’s gonna wanna... do stuff.
 ああ。ここに一晩中いられないだろ。向こうへ行けば、彼女が・・・したがる。

Rachel: Well, can’t you tell her that you are not in the mood?
 それは、その気になれないって言えないの?

Ross: No, she likes that. Yeah. Faking sleep doesn’t work either, I can’t tell you how many mornings I woke up with her...
 ダメ。彼女それが好きなんだ。うん。寝たフリも効かない。数えきれないよ、朝目が覚めると彼女が・・

Rachel: Whoa-ho.
 ちょっとちょっと。

Ross: Whoa-oh, okay! Yeah, why am I telling you that?
 おお、そうか。僕何でこんなことしゃべってるんだ?

Rachel: I don’t know.
 知らない。

Ross: It wasn’t every morning.
 毎朝のことじゃなくて・・

Rachel: Oh, making it worse!
 悪化するわよ。

Ross: Okay.
 わかった(出て行く)

《フィービー・アボットの家》

Phoebe Sr.: So I guess you’d like to know how it all happened.
 どうしてこんなことになったか、あなたは知りたいわよね。

Phoebe: I mean, well, I think I can figure it out. I guess you know I was born, and everyone started lying their asses off!
 そんなの想像つくわ。私が生まれたってなったら、みんな揃って大ウソつき始めたのよね!

(ass off = 強調。(例)LMAO--Laughing my ass off = 大爆笑)

Phoebe Sr.: Noo! No! It wasn’t like that I... Remember how I told you how Lily, Frank, and I we were, we were close. Well, we were, we were very close.
 違うわ。そうじゃないのよ。リリーとフランクと私がすごく仲がよかったって言ったでしょう? 本当に仲がよかったのよ。

Phoebe: How close?
 どういうふうに?

Phoebe Sr.: Well, the-the three of us we were, kind of umm, a couple.
 ええ、3人でカップルみたいな感じだったの。

Phoebe: I don’t even know how that would work!
 そんなの考えられない!

Phoebe Sr.: Well, we were...
 ええ、私たちは・・

Phoebe: I’m not asking!
 聞いてない!

Phoebe Sr.: Well, anyhow, somehow I got pregnant, and, and I was scared. I was stupid and selfish, and I was 18 years old. I mean, you remember what it’s like to be eighteen years old, don't you?
 とにかく、私は妊娠して、それで、私怖かったのよ。そしてバカだったし、自分勝手で・・私18歳だったのよ。18歳ってどんなものか、覚えてるでしょう?

Phoebe: Yeah. Let’s see, my Mom had killed herself, and my Dad had run off, and I was living in a Gremlin with a guy named Cindy who talked to his hand.
 そうね、ママは自殺して、パパはどっか行っちゃって、私は自分の手に話しかけるシンディって男の人とグレムリンに住んでたわね。

Phoebe Sr.: Well, I’m so sorry. I thought I was leaving you with the best parents in the world, I didn’t even hear about your Mom and Dad till a couple of years ago. And by then you were already grown up. I don’t know, you’re here, and I would, I would really, I would like to get to know you.
 ごめんなさい。私は、世界一の両親の元にあなた達を置いてきたつもりだった。2年ほど前まで、ママとパパのこと知らなかったのよ。その頃にはあなたはもう大人になってて。でもあなたが来てくれて、私、本当にあなたのこと知りたいの。

Phoebe: Yeah, well, everybody does! I’m a really cool person. And you know, you had 29 years to find that out, but you didn’t even try! You know what, you walked out on me, and I’m just, I’m gonna do the same thing to you.
 そんなの、みんなそうよ! 私はクールな人だもの。29年もあったのにそれも知らなくて、知ろうともしなかったのよね! あなたは私を置き去りにしたんだもの、私も同じ事をあなたにするわ。

Phoebe Sr.: Wait!
 待って!

Phoebe: I don’t ever want to see you again! . . . Umm, where’s my purse?
 あなたの顔も二度と見たくないわ!(出て行くが、手で目を覆って戻ってくる)私のバッグは?

《ビーチハウス》

Monica: Shoot! We’re out of soda.
 やだ! ソーダがなくなっちゃったわ。

Chandler: Oh, I’ll go out and get you some.
 それじゃ、行って買ってこようか。

Monica: Really?!
 ほんと?

Chandler: Nope! Because I’m not your boyfriend. . . . Hey, Pheebs, how did it go?
 いや! だって君のボーイフレンドじゃないもん。(フィービーが帰ってくる)やぁ、フィーブス、どうだった?

Phoebe: Well, umm, my Mom’s friend, Phoebe, is actually my birth Mom.
 ええ。ママの友達のフィービーは、実は私の産みの親だった。

Chandler: I found a dried up seashores.
 (ショック)ひからびたタツノオトシゴ見つけた。

Monica: Sweety, what are you talking about?
 ねぇ、どういうことなの?

Phoebe: Oh, my new Mom, who-who’s a big, fat abandoner!
 私の新しいママよ。とんでもない人、捨ててったのよ!(2階へ行く)

Joey: Whoa, wait, Pheebs, wait a second! Don’t you wanna stay here and talk about it?
 おい、待って、フィーブス、待てよ! ここで話さないか?

Phoebe: No. I’m just, I wanna, I need to be alone. . . Monica!
 いいえ。私今は・・1人でいたいの。(立ち去りかけたが)モニカ!

Monica: Oh.
 ああ。(一緒に行く)

《レイチェルの部屋:ロスが来る》

Ross: It’s over.
 終わったよ。

Rachel: Oh, was it awful?
 ひどかった?

Ross: Well, it was long. I didn’t even realize how late it was, until I noticed the 5 o’clock shadow on her head. . Anyway, she didn’t want to stay. I called a cab. She just left.
 長かったよ。彼女の頭が夕方のひげ剃り跡みたいになってきて、時間がたったことに気づいたよ。(2人笑ったが抑える)とにかく、ここにいたくないっていうから、タクシーを呼んで、彼女帰ったよ。(キス)

Rachel: I wrote you a letter.
 手紙を書いたの。

Ross: Ohh! Thank you! I like mail.
 ああ! ありがとう。手紙は好きだよ。

Rachel: It’s just some things I’ve been thinking about. You know, things about us, and before we can even think about the two of us getting back together, I just need to know how you feel about this stuff.
 (ロスのキスを避けて手紙を渡し)考えてたことなの。私たちのこと。元に戻るってことを考える前に、あなたが、このことについてどう考えているか、知りたいの。

Ross: Okay. . . It’s 5:30 in the morning. So, I’d better get cracking on this baby.
 わかった。(キスしようとするが避けられ、今読むのか?と。)朝の5時半だよ。・・・それじゃこのコに早くとりかかった方がいいね。

Rachel: Well, I’ll be waiting for you, just come up when you’re done.
 待ってるわ。終わったら戻ってきて。

Ross: Okay, I’ll be up in, , , 18 pages. Front and back. Very exciting.
 わかった。僕はこの18ページに取りかかるよ・・表裏ね。楽しみだなぁ。

《ビーチハウス:眠ってしまったロスが気がつく》

Ross: Oh. Oh-oh.
 あっ・・・(時計を見る)おっと。(手紙を読む)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! What happened to you? Why didn’t you come up?
 あら! どうしたの? どうして上がってこないの?

Ross: Done!
 終わった!

Rachel: You just finished?
 今終わったの?

Ross: Well, I wanted to be thorough. I mean this-this is clearly very, very important to you, to us! And so I wanted to read every word carefully, twice!
 いや、しっかり読みたかったんだよ。これは明らかに、君にとってとても大切なことだからね、僕らにとってね! だから一言一言注意深く読んだんだ。2回!

Rachel: So . . does it?
 それじゃ・・・できる?

Ross: I’m sorry.
 なに?

Rachel: Does it?
 できるの?

Ross: Does it? Does it? Yeah, I wanted to give that whole ‘Does it?’ part just another glance.
 できるか? できるか。ああ。そのいいかってところに、もう一度目を向けたいと思うんだよね。

Rachel: What are you talking about, Ross. You just said that you read it twice! Look, you know what? It either does or doesn’t, and if you have to even think about it...
 何を言っているの、ロス。あなた2度読んだって行ったばかりじゃないの! ねぇ、いい? できるかどうかってことを、もし考えなきゃならないっていうんなら・・

Ross: No, no, Rach. I don’t, I don’t, I don’t have to think about it. I don't. In fact, I’ve decided, I have decided that, that it.......does.
 いやいや、レイチ。そんなことない考える間でもないよ。そんなことない。実際、決めたんだよ。決めたよ・・・できるって。

(感極まった様子でハグするレイチェル)
Rachel: Are you sure?
 本当?

Ross: Oh, sure! I’m sure.
 本当だとも! ホント。

Rachel: I know.
 そうなのね。

《ビーチ。日光浴をするチャンドラーとモニカ》

Chandler: All right, there’s a nuclear holocaust, I’m the last man on Earth. Would you go out with me?
 そうだ、核爆発があって、俺が地球に生き残った最後の男だ。デートする?

Monica: Ennnh.
 なーっ。

Chandler: I’ve got canned goods.
 缶詰持ってるんだぞ。

Joey: Hey, you guys! Take a look at this! Check this baby out, dug me a hole!
 (肩まで穴の中)おい、おまえたち! これ見てくれ! これを見てよ、穴掘ったぜ!

Chandler: Excellent hole, Joe.
 すばらしい穴だな、ジョー。

(波が来て穴が埋まりそうになる)
Joey: Oh no! No!! My hole!!
 オーノー! ダメ! 俺の穴が!

Monica: Ow!! Ow!!!
 痛いっ! 痛い!!

Joey: What?! What?!! What is it?!
 なに? なんだ、どうしたんだ?!

Monica: Jellyfish sting! Oh, it hurts! It hurts!! It hurts!!
 クラゲに刺された! 痛い! 痛い! 痛いっ!!!

Chandler: Well, can we help?! You want us to take you back to the house?!
 どうしてほしい? 家まで連れて帰ろうか?

Monica: It’s like two miles!
 2マイルもあるわ!

Joey: Yeah, and I’m a little tired from digging the hole.
 ああ。俺、穴掘って疲れたしな。

Monica: Oh, damn the jellyfish. Damn all the jellyfish!
 ああ、クソクラゲめ! クソクラゲ達め!!

Chandler: We’ve got to do something!
 何とかしないと!

Joey: Well, there’s really only one thing you can do.
 できることは一つだけだぞ。

Monica: What?! What is it?!
 なに? なんなの?

Joey: You’re gonna have to pee on it.
 オシッコかけるんだよ。

Monica: What?!! Gross!!
 何ですって? 気持ち悪い!

Joey: Don’t blame me, I saw it on The Discovery Channel.
 俺に言うなよ。ディスカバリー・チャンネルでやってたんだ。

Chandler: You know what, he’s right. There’s something like uh, ammonia in that, that kills the pain.
 そうだ、その通りだよ。なにかアンモニアが痛みを取るらしい。

Monica: Well, forget it! It doesn’t hurt that bad!!!!
 冗談じゃないわ。そこまで痛・・・い!!

Joey: If you want some privacy you can use my hole.
 プライバシーが欲しかったら、穴使っていいよ。

《ビーチハウス:帰り支度のフィービー》

Phoebe: Well, I’m ready to get the hell out of here! . . . Oh. Are you? Are you?!! . . . Ohh! That’s so great!! Ooh, not for Bonnie. But for you, yay! Oh.
 さぁ、こんなとことっとと出て行くわよ!(ロスとレイチェルが仲良く座っているのを見て)あっ、あなたたち? そうなの?(頷く2人)まぁ! よかったわね! ああ、ボニーにはよくなかったけど、でも、あなた達にはよかったわね、イエーイ!

(モニカ達がうなだれて戻る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: How was the beach?
 ビーチどうだった?

Monica: Nothing, I don’t know.
 なんでもない。知らない。

Ross: What happened?
 どうしたんだ?

Monica: Nothing. I’m gonna take a shower.
 なんでもない。シャワー浴びてくる。

Chandler: Me too!!
 俺も!

Joey: Me too.
 俺も・・・。

Phoebe: Okay, I’m gonna put this in the car.
 (スーツケースを持ち)さぁ、これを車に積んでくるわ。

Rachel: Ooh, I have to go pack. And it really does?
 ああ、私も荷物まとめなきゃ。本当にいいのね?

Ross: It does. It really and truly does.
 いいよ。まさに、本当に、いいよ。

(レイチェルが立ち去り、慌てて手紙を読むロス)
Ross: It so does not!!!
 全然よくない!!

《セントラルパーク:手紙の話をするロス》

Ross: She wants me to take responsibility for everything that went wrong in our relationship. I mean, she goes on for five pages about, about how I was unfaithful to her! . . WE WERE ON A BREAK!!!!!
 僕らの関係がうまくいかなかった全責任を負ってほしいってことなんだ。僕がどんなに不誠実だったかを、5ページも書いてるんだ。あれは別れた後のことだ!!!

Chandler: Oh, my God! If you say that one more time, I’m gonna break up with you!
 勘弁してくれ! もう一度それを言ったら、俺がおまえと別れる。

Ross: Fine! Fine! But this break-up was not all my fault, and she, she says here, “If you accept full responsibility...” . . Full responsibility! “...I can begin to trust you again. Does that seem like something you can do. . . Does it?!!”
 わかった、わかったよ! だけど、別れたのは、全部が僕の責任じゃない。でも彼女はこうだ。「もしあなたが、すべての責任を負うなら」(ジョーイに)すべての責任だって! 「あなたをまた信じ初めてもいいと思う。責任を負うことできそう?」

Joey: No?
 「ノー」?

Chandler: Look, Ross, you have what you want, you’re back with Rachel. If you bring this up now you’re gonna wreck the best thing that even happened to you.
 いいか、ロス、おまえは欲しいものを手に入れたんだ。レイチェルと一緒になれた。これをまた持ち出したら、その最高のことをぶちこわすことになるんだぞ。

Ross: Yeah, I know. I know, you’re right. Yeah, I guess I’ll let it go. But you-you understand how-how hard it is to forget about this.
 ああ。わかってるよ。そうだよ。君の言う通りだ。ああ。忘れた方がいいんだな。だけど、これを忘れれるってどんなに大変かわかってくれるよね。

Joey: Sure, it’s hard to forget! But that doesn’t mean you have to talk about it! A lot of things happened on that trip that we should never, ever talk about.
 わかるよ。忘れるのは大変だよ。だけど、それって話さなきゃならないってわけじゃないだろ! あのビーチではいろんなことが起きたんだ。絶対に話したくないようなことが!

Ross: What the hell happened on that beach?!
 あのビーチで何があったんだ?

Joey: It’s between us and the sea, Ross!
 それは俺たちと海の間のことだ、ロス!

《アースラを訪ねるフィービー》

Phoebe: Hi, Ursula.
 ハーイ、アースラ。

Ursula: Hey!
 あら!

Phoebe: Okay, well umm, I know that we haven’t talked in a long time, but umm okay, our Mom is not our birth Mom. This other lady is our birth Mom.
 ね、私たち、長い間口もきいてないけど、でもね。私たちのママって、産みの親じゃなかったの。他に産みの親がいたのよ。

Ursula: Right, okay, the one that lives in Montauk, umm-hmm.
 ああ、そうね。モントークに住んでる人でしょ。

Phoebe: You know her?!
 彼女知ってるの?!

Ursula: No, I umm, I read about her in Mom’s suicide note.
 いいえ。ママの遺書で読んだの。

Phoebe: There-there was a suicide note?! Do you still have it?
 遺書なんてあったの?! まだ持ってる?

Ursula: Hang on.
 ちょっと待って。(部屋に戻る)

Phoebe: I can’t believe you didn’t tell me there was a suicide note!
 遺書があったのに私に言わなかったなんて信じられない!

Ursula: Yeah. So how have you been doing?
 ええ。元気にしてた?

Phoebe: I, umm, shut up!
 えっと・・知らないわよ!

(アースラが戻りメモを渡す)
Phoebe: “Good-bye Phoebe and Ursula. I’ll miss you. P.S. Your Mom lives in Montauk.” You just wrote this!
 「さよなら、フィービー、アースラ。恋しいわ。追伸。あなた達のママはモントークに住んでる」あなた今これ書いたじゃないの。

Ursula: Well, it’s pretty much the gist. Well, except for the poem. You read the poem, right?
 だけど、だいたいこういうことよ。詩は別だけどね。詩は読んだわよね?

Phoebe: No!!
 いいえ!

Ursula: All right, hang on!
 わかったわよ。ちょっと待って!(また部屋へ消える)

《モニカ達の部屋》

Monica: Pass the cheese, please. . . My God, you can’t even look at me! Can you?
 チーズとってくれる。(ジョーイが目をそらしたまま渡す)まぁ・・顔も見られないっていうの?

Joey: Nope.
 ああ。

(フィービーが来る)
Chandler: Hey! Phoebe! We can talk to Phoebe!!
 やぁ! フィービー! フィービーと話せるぞ!

Phoebe: No. I’m too depressed to talk.
 いいえ。落ち込んで話せる気分じゃないわ。

Chandler: I’ll give you a thousand dollars to talk to us.
 話してくれたら1,000ドル払う!

(ロスとレイチェルが来る)
Ross: Hey, you guys! What do you, what do you think about making that beach trip an annual thing?
 ねぇ、みんな、ビーチに毎年行くことにしたらどうかな?

Chandler, Monica, and Joey: NO!!!
 いや!!

Rachel: All right, that’s it, you guys! What happened out there?
 もう。ねぇ、あなたたち! いったい何があったの?

Monica: What? We took a walk, nothing happened. I can back with nothing all over me.
 何って? 散歩してきただけよ。何もないわ。何もかからず帰ってきたわよ。

Ross and Rachel: Come on!
 ねぇったら!

Ross: What happened? Joey?
 何があったんだ、ジョーイ?

Joey: All right.
 わかった。

Monica: No! Joey, we swore we’d never tell!
 ダメよ、ジョーイ! 絶対話さないって誓ったじゃない!

Chandler: They’ll never understand!
 みんなにわかりっこないんだよ!

Joey: Well, we have to say something! We have to get it out! It’s eating me alive!! Monica got stung by a jellyfish.
 だけど、何か言わなきゃならないだろ! もうここから抜け出したいよ! このことに蝕まれている! モニカが、クラゲに刺されたんだ。

Monica: All right!! All right. I got stung. Stung bad. I couldn’t stand. I couldn’t walk.
 わかった! わかったわよ。私が刺されたの。ひどかったの。立てなかった。歩けなかった。

Chandler: We were two miles from the house. Scared and alone. We didn’t think we could make it.
 家まで2マイルあった。恐怖と孤独。帰れるとは思えなかった。

Monica: I was in too much pain.
 痛みがひどすぎた。

Joey: And I was tired from digging the huge hole!
 俺は穴を掘って疲れきっていた。

Chandler: And then Joey remembered something.
 そしてジョーイが何か思い出した。

Joey: I’d seen this thing on The Discovery Channel...
 ディスカバリー・チャンネルで見たことだ。

Ross: Wait a minute! I saw that! On The Discovery Channel, yeah! About jellyfish and how if you... Ewwww!! You peed on yourself?!
 ちょっと待て! 僕も見たぞ! ディスカバリー・チャンネルで、そうだ! クラゲが刺したらどうするか・・・! ゲーっ! おまえ自分にオシッコかけたのか?!

Phoebe and Rachel: Ewwww!!
 うえー!

Monica: You can’t say that!! You-you don’t know!! I mean, I thought I was gonna pass out from the pain! Anyway I tried, but I couldn’t...bend that way. So...
 あなたそんなこと言えないわよ! 知らないくせに! 痛みで気を失うかと思ったわ。とにかく、試したけど、そんなふうに曲げられず・・・それで・・・(ジョーイを見る)

Phoebe, Ross, and Rachel: Ewwww!!
 (ジョーイを見て)げーっ!

Joey: That’s right! I stepped up! She’s my friend and she needed help! And if I had to, I’d pee on anyone of you! Only, uhh, I couldn’t. I got the stage fright. I wanted to help, but there was too much pressure. So-so I uh, I turned to Chandler.
 そうさ! 俺は助けようとした。彼女は友達で、助けた必要だったんだ! 必要なら、君たちの誰にでもオシッコかけるさ! ただ、できなかった。あがってしまったんだ。助けたかったけど、プレッシャーがきつ過ぎた。それで、チャンドラーに頼んだ。

Chandler: Joey kept screaming at me, “Do it now! Do it!! Do it! Do it now!!” Sometimes late at night I can still here the screaming.
 ジョーイは俺に叫び続けたんだ。「出せ! 出せ! 出せ! 今すぐ出せ!」 今でも深夜にあの声が聞こえるんだ。

Joey: That’s ‘cause sometimes I just do it through my wall to freak you out.
 それは俺が時々、驚かそうと思って壁越しに聞かせてるんだよ。

《セントラルパーク》

Phoebe: “...fuchsia and mauve. Those are the 66 colors of my bedroom.” Thank you, thank you. Oh, I invite all of you to count the colors in your bedroom. . . Except for you. You go away.
 (歌)・・フーシャとモーブ。これが私のベッドルームにある66色よ。(歌終わり)ありがと、ありがとう。よかったらみんなのベッドルームの色も数えさせてね。(フィービー・アボットに向かって)あなたは別。あっち行って。

Phoebe Sr.: I’ll go in a second, I just wanted to tell you that there hasn’t been a day where I didn’t regret giving you up.
 すぐ行くわ。ただ、あなた達を捨ててしまったことを後悔しなかった日はないって言いたかったの。

Phoebe: Okay, bye.
 そう。バーイ。

Phoebe Sr.: No, I’m not done. I-I-I just want you to know that I, the reason I didn’t look you up was, well I was afraid that you’d react, just well like, the way you’re reacting right now, and can’t we just, you know, start from here, please?
 いえ、まだよ。あなたを探さなかった理由だけど、今あなたがしてるような、そういう反応が怖かったの。ここから始められないかしら、お願い?

Phoebe: No.
 いや。

Phoebe Sr.: Okay..
 わかったわ。

Phoebe: Sorry.
 悪いけど。

Phoebe Sr.: But just one last thing. You know, you came looking for family. I’m family, I’m it. Now, now I’m done.
 でも一つだけ言わせて。あなたは家族を捜して来たのよね。私がその家族よ。私がそれなの。言いたいのはそれだけよ。

Phoebe: But, it’s not like we’re losing anything. You know?
 でも、私何も失うわけじゃないもの。でしょ?

Phoebe Sr.: Yeah, I guess you’re right.
 ええ、そうね。その通りね。

Phoebe: It’s not like we know each other or anything. Or that have anything in common.
 お互いを知ってるわけでもないし、何も共通点はないし。

Phoebe Sr.: Well, I don’t know. I mean it’s not like we don’t have anything in common. I mean, I like uh, pizza.
 それはわからないわよ。何も共通点がないってことじゃないわよ。たとえば・・私はピザが好きよ。

Phoebe: I like pizza!
 私もピザ好きよ!

Phoebe Sr.: You do?! Wait, I like umm, the Beetles.
 そう? 待って。私は・・・ビートルズが好き。

Phoebe: Oh, my God, so do I!
 オーマイゴッド! 私もよ!

Phoebe Sr.: I knew it, wow!!
 やっぱりね。ワオ。

Phoebe: Wait-wait-wait, wait! Puppies. Cute or ugly?
 待って待って待って。子犬は? かわいい?醜い?

Phoebe Sr.: Oh, so cute.
 ああ、すっごいかわいい。

Phoebe: Uh-huh, well!
 ああ、そうね!

Phoebe Sr.: You see?
 ほらね?

Phoebe: But umm, still I’m mad at you.
 でも、やっぱりまだ私は怒ってるわ。

Phoebe Sr.: I know. I’m mad at me too.
 わかるわ。私も自分に腹が立つ。

Phoebe: Well umm, do you wanna get something to eat? I’m kinda hungry.
 ええと・・何か食べる? おなかすいた感じ。

Phoebe Sr.: Hey! Me too!
 まぁ! 私もよ!

Phoebe: All right, stop it. Now you’re just doing it to freak me out.
 もう、やめてよ。怖がらせてるでしょ。

《レイチェルの部屋》

Rachel: Oh, I missed you.
 ああ、寂しかったわ。

Ross: I missed you too.
 僕も寂しかったよ。

Rachel: Ooh, I was so nervous about that letter. But the way you owned up to everything, it just showed me how much you’ve grown. You know?
 ああ、あの手紙のことは本当に不安だったわ。でも、すべてを引き受けたあなた、あなたがどれだけ成長したかってことが、それでわかったわ。

Ross: I suppose.
 そういうことだね。

Rachel: You have! Ross, you have. You should give yourself credit. I mean, my Mom never thought this would work out. She was all, “Once a cheater, always a cheater.”
 そうよ! ロス、そうよ。あなた自分を認めていいわよ。私のママは絶対うまくいくと思わなかったのよ。「一度浮気したやつは一生する」ってね。

Ross: Umm-hmm.
 ふーん。

Rachel: Ooh, I just wish we hadn’t lost those four months, but if time was what you needed just to gain a little perspective...
 ああ。この4ヶ月がなかったらって思うわ。でも、あなたが成長するのに必要な期間だったのね。

(キッチンにいるモニカに聞こえてくるロスの叫び声)
Ross: WE WERE ON A BREAK!!!!!!!
 あれは別れた後のことだ!!!

Chandler: Coffee house?
 (ジョーイと一緒に駆け込んで来て)コーヒーハウス行く?

Monica: You bet.
 そうね!

《レイチェルの部屋:2人が服を着ている》

Ross: And for the record, it took two people to break up this relationship!!
 言っておくけど、別れることになったのは2人ともが原因なんだからね!

Rachel: Yeah! You and that girl from that copy place, which yesterday you took full responsibility for!!
 そうね! あなたとコピー店の女の子よ! あなた昨日全部の責任を負うって言ったわよね!

Ross: I didn’t know what I was taking full responsibility for! Okay?! I didn’t finish the whole letter!
 僕は何の責任を取らされているかわかってなかったんだ! いいか?! あの手紙読み終わってなかったんだ!

Rachel: What?!!
 なんですって?

Ross: I fell asleep!
 寝てしまったんだよ!

Rachel: You fell asleep?!
 寝てしまったですって?!

Ross: It was 5:30 in the morning, and you had rambled on for 18 pages. Front and back!! Oh-oh-oh, and by the way, Y-O-U-apostrophe-R-E means ‘you are,’ Y-O-U-R means ‘your!’
 朝の5時半だったんだ、君は18ページもたらたら書いて、表と裏にね!(部屋を出る)あ、そうそう、you アポストロフィー re は「君は」で、 your が「君の」だからね!

Rachel: You know, I can’t believe I even thought about getting back together with you! We are so over!!
 あなたとよりを戻そうなんて考えた自分が信じられないわ。完全におしまいよ!

Ross: FINE BY ME!!
 結構だね!

Rachel: Oh, oh, and hey-hey-hey, those little spelling tips will come in handy when you’re at home on Saturday nights playing Scrabble with Monica!!
 そんなスペルの知識はこれから、土曜日の夜にモニカとスクラブルでもする時に活用してちょうだい!

Monica: Hey!!
 ちょっと!

Rachel: Sorry!! . . I just feel bad about all that sleep you’re gonna miss wishing you were with me!
 (モニカに)ごめん! (ロスに)私を思って眠れなくなるわね、お気の毒!

Ross: Oh, no-no-no don’t you worry about me falling asleep. I still have your letter!!!
 いやいやいや、大丈夫だよ、眠れるから。君の手紙まだ持ってるからね!!

Rachel: And hey! Just so you know, it’s not that common! It doesn’t happen to every guy! And it is a big deal!!
 それからちょっと、言っとくけど! あれはよくあることなんかじゃないわよ! 誰にでも起きることじゃない! 一大事よ!!

Chandler: I KNEW IT!!!!
 やっぱり!!

《モニカ達の部屋:キッチンでカードするモニカとチャンドラー》

Monica: Gin.
 ジン!

Chandler: We were playing Gin? You know if we were a couple, we could play this game naked.
 俺たちジンしてたっけ? 俺たちがカップルだったら、裸でゲームできるよね。

Monica: Would you stop!
 もうやめてったら。

Chandler: Okay. All right.
 わかった、わかったよ。

Monica: Okay, all right, I think you’re great, I think you’re sweet, and you’re smart, and I love you. But you will always be the guy who peed on me.
 いいわ。あなたは素敵な人だと思うわ。あなたは優しいし、賢いし、愛してるわ。でも、あなたは私にオシッコかけた人なのよ。




英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
posted by らんち at 19:11| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。