2013年07月22日

3-25 The One At The Beach

3-25 ビーチでのできごとの話

 ☆渚でロスとレイチェル..☆

《セントラルパーク》

Chandler: So ah, your first sexual experience was with a woman?!
 それじゃ、最初の性体験は女性と?

Bonnie: All right, I was 15, it was my best friend, Ruth, and we got drunk on that hard cider, and then suddenly, I don’t know, we were, we were making out.
 そうね、15歳の時よ。相手は親友のルースで、私たちハードサイダーを飲み過ぎて、いきなり、なんだか知らないけど、キスしてたのよ。

(アメリカでは発泡リンゴジュースをサイダーといい、アルコール分0.15%を超えるサイダーはハードサイダーという)

Chandler: Tell it again. . . Seriously.
 もう一回聞かせて。・・・・マジで。

《カウンターのモニカとレイチェル》

Rachel: I mean, is that woman capable of talking about anything else but sex?
 あの人セックスの話以外できないのかしら?

Joey: Yeah, sure. Well you know, earlier she was talking about geography.
 ああ、そうだね。でもさっきは地理の話してたよ。

Monica: Joey, she was listing the countries she’s done it in.
 ジョーイ、あれは、セックスした場所をリストアップしてたんじゃないの。

Joey: I think we all learned something.
 学ぶところはあったぞ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, you guys! Look what I found! Look at this! That’s my Mom’s writing! Look.
 ねぇ、みんな! これ見つけたの、見て! 私のママが書いたのよ! 見て!

Chandler: Me and Frank and Phoebe, Graduation 1965.
 (読む)「私とフランクとフィービー、卒業式:1965」

Phoebe: Do you know what that means?
 その意味わかる?

Joey: That you’re actually 50?
 君が実は50歳ってこと?

Phoebe: No-no, that’s not, that’s not me Phoebe, that’s her pal Phoebe. According to her high school yearbook, they were like B.F.F. Best Friends Forever.
 違うの、そうじゃなくて、それはこのフィービーじゃなくて、彼女の友達のフィービーなの。卒業アルバムによると、3人はB.F.F. だったみたい。・・・「Best Friends Forever」よ。

All: Oh!
 あぁあ!

Rachel: That is so cool.
 素敵ねぇ。

Phoebe: I know! So this woman probably could like have all kinds of stories about my parents, and she might even know like where my Dad is. So I looked her up, and she lives out by the beach. So maybe this weekend we could go to the beach?
 でしょ! だからこの女性はきっと、私の両親のいろんなことを知ってるわよね、それにもしかしたらパパがどこにいるか知ってるかもしれないわ。彼女ビーチに住んでるの。この週末みんなで行けないかしら?

All: Yeah! Yeah, we can!
 ああ、いいね、行ける!

Bonnie: Shoot! I can’t go, I have to work!
 残念! 行けないわ。仕事なのよ。

Ross: That’s too bad.
 残念だな。

Rachel: Ohh, big, fat bummer.
 ああ、ほんとガッカリ!

Phoebe: So great! Okay! Tomorrow we’re gonna drive out to Montauk.
 よかった! よし、それじゃ明日はみんなでモントークへドライブね!

Joey: Hey, Bonnie had sex there!
 ヘイ、ボニーはそこでセックスしたぞ!

《セントラルパーク前:モニカとチャンドラーがみんなと待ち合わせ》

Monica: Would you look at them. I'm ever gonna find a boyfriend again, die an old maid.
 (通りすがりのカップル)見てあの人達。もう二度とボーイフレンド見つけられないわ。独身のままで死ぬのよ。

Chandler: You’re not gonna die an old maid, maybe an old spinster cook.
 独身のままで死ぬなんてことないよ。独身コックさんとしてだよ。

(maid=処女という意味もあるが、spinster(独身女性)と同義語でもある)

Monica: Thanks!
 ありがと!

Chandler: Hey now besides, if worst comes to worst, I’ll be your boyfriend.
 なぁ、それにさ、最悪の場合、俺がボーイフレンドになるよ。

Monica: Yeah, right.
 (笑)ええそうね。

Chandler: Why is that so funny?
 なんでそんなにおかしい?

Monica: You made a joke, right? So I laughed.
 冗談でしょ? だから笑ったの。

Chandler: Ha-ha-ha. A little to hard. What am I not ah, boyfriend material?
 ハハハ。笑い過ぎだよ。なんだよ。俺ってボーイフレンドにはなれないやつ?

Monica: No. You’re Chandler. You know, Chandler!
 違うけど、あなたはチャンドラーだもの。でしょ、チャンドラーよ!(叩く)

Chandler: Okay, so we’ve established my name, and hit me. But theoretically you know, I mean say we weren’t friends, say it’s a blind date. I show up at your door, and I’m like “Hey, nice to meet, ya. Hey, oh-hey.”
 そうか。俺の名前がはっきりして、そして叩いたな。でも、理論的に言ってだよ、もし友達じゃなかったとして、ブラインド・デートだったとして、君の家に現れてだよ、そしてこんなふうに、「ヘイ、初めまして、ヘイ、ヘイ!」って・・

Monica: Well, I’d probably be scared of a guy using a fake voice.
 そのウソ声で怖くなるわね、きっと。

Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Oh, hey! Oh good, you brought food!
 あら! よかった! 食べ物持ってきてくれたのね!

Joey: No, it’s just my luggage.
 いや、ただの荷物だよ。

(フィービーが運転してくる)
Chandler, Monica, and Joey: Hey!!
 ヘイ!

Joey: Woo-hoo! All right! Yeah!
 やったね! よーし!

Phoebe: Oh, I am having the best karma this week. First, I find this woman who knew my parents, and then my client with the fuzzy back gives me his beach house.
 今週はベストな運気だわ。まず両親を知ってる人を見つけた。そして今度は。背中の毛深いお客さんがビーチハウスを貸してくれた。

Ross: Yeah? What about ah, that bike messenger you hit?
 そう? じゃあ君に轢かれたバイクメッセンジャーはどうなの?

Phoebe: Oh, I wasn’t talking about his karma.
 あら、私あの人のこと話してないわ。

(レイチェルがくる)
Rachel: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey-hey, check out the hat!
 おぅおぅ、彼女の帽子を見てよ!

Chandler: What a minute, I know that hat! I was taken aboard that hat! They did experiments on me! I can’t have children!!
 待って! あれ知ってるぞ! 俺はあの帽子に乗せられたんだ! そして実験をされたんだ。もう子供が持てない!

Monica: Seriously, where did you get the hat?
 それよりマジで、その帽子どうしたの?

Rachel: Ross gave it to me.
 ロスがくれたの。

Ross: Yeah, I think she looks good.
 そう。彼女素敵だよ。

Rachel: Oh, thank you.
 ありがと。

Chandler: Buy it for you, or win it for you?
 買ったの、それとも何かで当たったの?

Rachel: Well excuse me, my fashion-impaired friends, I am here to tell you that hats are back.
 悪いけど、ファッションに鈍いご友人がた、帽子の流行は帰ってきてるのよ。

Phoebe: And this time, they’ve ganged up to form one giant, super hat.
 そして今回は、どっと集まって巨大なスーパーハットになったのね。

《ビーチハウス(土砂降り》

Ross: Go, go, go!
 早く早く早く!

Rachel: Oh yeah, now everybody wants to be under the hat!
 まぁ、ここにきてみんなこの帽子の下に入りたがるのね!

(家に入ると、家中の床が砂)
Phoebe: Oy!!
 あらまぁ!

Monica: What’s with all this sand?
 この砂なんなの?

Phoebe: Oh, yeah, Bob said there might be flood damage.
 ボブが、洪水のダメージ受けてるかもって言ってたわ。

Ross: Yeah, either that, or he has a really big cat.
 それか、大きな猫を飼ってるかだな。

《もう1人のフィービーの家》

Phoebe Sr: Well, yes, it’s kind’ve an unusual house. It has umm, three beautiful bedrooms and ah, no baths. But you know, the ocean is right there.
 ええ、ちょっと変わった家なんですよ。きれいなベッドルームは3つありますが、お風呂がないんです。でも、海は目の前ですよ。

Phoebe: Knock, knock, knock.
 コン、コン、コン。

Phoebe Sr: Ah, oh, hang on a second. . . Come in, come in. . . All right, so think about it, and call me back.
 あ、ちょっと待ってくださいね。(フィービーに)入って、入って。(電話)はい、それでは、考えてみていただいて、またお電話ください。(電話切る)

Phoebe: Are you ah, Phoebe Abbott?
 フィービー・アボットさん?

Phoebe Sr: Ahh, yes.
 ええ、そうよ。

Phoebe: Surprise, Phoebe Abbott! I’m your best friend's daughter!
 ビックリでしょ、フィービー・アボット! 私はあなたの親友の娘よ!

Phoebe Sr: You’re Irwin’s daughter?!
 アーウィンの娘さん?

Phoebe: No, I-I mean your-your old best friend, here. Lily, from high school. Remember?
 いえ、あなたの古い親友のことよ。ほら(写真を渡す)リリー、高校の時の。覚えてる?

Phoebe Sr: Oh gosh, Lily, yes. Of course I remember Lily. I... Then you must be?
 あらまぁ・・リリー、ええ、もちろん覚えてるわ。それじゃあなたは・・?

Phoebe: Phoebe. . . Phoebe. Phoebe, yeah. She named me after you I guess.
 (自分を指差し)フィービー。(相手を指差し)フィービー。フィービー、イエーイ。きっとあなたから名前をつけたのね。

Phoebe Sr: Uh-huh. Wow! Well, look! There’s Frank.
 そうね。ワオ! そうね・・見て、フランクよ。(写真を指差す)

Phoebe: Yes!! Yes! Yes! Yes!! That’s my Dad, that’s Frank! Yeah! I’m sorry I’m getting all flingy.
 そう! そう、そう、そうよ! それが私のパパ、フランク! そうよ! ごめんなさい。私、大騒ぎね。

Phoebe Sr: Take it easy--if you want, there’s cookies on the counter, or, or--sangria! I can make sangria!
 落ち着いて・・もしよかったら、カウンターにクッキーがあるわ。あ、それかサングリア! (立ち上がり)サングリア作りましょうか!

Phoebe: No-no, sorry. Cookies are good, thanks.
 いえいえ、いいの。クッキーでいいわ。ありがとう。

Phoebe Sr: Oh.
 あら。

Phoebe: Well, so, umm, anyway umm, I’ve been, I’ve been looking for my father, and umm, have you heard from him, or seen him?
 それじゃ・・とにかく、私ずっと父さんを捜してたの。なにか聞いたりしてない? 父さんに会ったりとかは?

Phoebe Sr: Oh, no, I-I’m sorry, I guess I lost track of everybody after high school.
 いえいえ、ごめんなさい、もう高校の人達とは交流がないのよ。

Phoebe: Oh, okay. Well, so tell me everything about my parents. Everything.
 ああ、そうなんだ。それじゃ、私の両親のこと全部話して。なにもかも!

Phoebe Sr: Oh, well. You know we were always together, in fact the other kids had a nickname for the three of us.
 そうね。私たち、いつも一緒だったの。実際、3人にあだなまであったわ。

Phoebe: Oh, what? What was it?
 そう、何? 何ていうの?

Phoebe Sr: The three losers. Oh, poor Lily. Oh, you know, I heard about what happened, that must have been just terrible for you, losing your mother that way.
 3ダメ人間よ。ああ、かわいそうなリリー。何があったか聞いたわ。(フィービーは冷蔵庫に貼ってあった写真に気を取られて、ポケットに入れる)あなたにはつらかったでしょうね。おかあさんをあんなふうに失って。

Phoebe: Yeah, no, it was great.
 ええ、いえ、すばらしかったわ。

《ビーチハウス:みんな退屈》

Joey: Hey, you know what a really good rainy day game is?
 な、雨の日にすごくいいゲーム知ってる?

Monica: What?!
 なに?

Joey: I mean naked game. Strip poker, we should totally play strip poker.
 裸ゲームだよ。ストリップ・ポーカーだ。絶対これするべきだよ。

All: No, no!
 ダメ、ダメ!

Monica: Are you crazy?!
 どうかしてるんじゃない?

Joey: Come on! When you go away, you-you have to play, it’s like a law!
 いいじゃん! どっかへでかけたら、ストリップ・ポーカーしなきゃ! 法律みたいなもんだ!

Rachel: All done!
 (モニカのネイルが)できた!

Monica: Aww, thank you.
 わぁ、サンキュー!

Rachel: Okay, who’s next?!
 さぁ、次は誰?(ロスと目が合う)

Ross: No! . . No way!
 いやだよ! (目で訴えるレイチェル)絶対ダメ!

Rachel: Come on, please?! I’m bored! You let me do it once before.
 いいじゃない、お願い! 退屈なんだもの! 一度させてくれたじゃない。

Ross: Yeah, well, if ah, if that’s the rule this weekend... No!
 まぁ、もしそれがこの週末のルールだっていうなら・・(レイチェルが来る)ダメ!

Rachel: Yes!
 いい!

Ross: Get away! Stay away!
 来るな! 近寄るな!

Rachel: Take it like a man, Ross!
 男らしくあきらめろ、ロス!

Ross: No! . . No!
 ダメ! (逃げて、追いかけられる)ダメだって!

Rachel: Oh, come on!
 もう、いいじゃん!(2人走り回る)

Chandler: Big bullies!!
 でっかいいじめっ子だ!

Ross: Ow! Ow! Oh, no-no-no!
 アウ! ダメ! ダメダメダメ!(カウチで取っ組み合う2人)

(フィービーが帰ってくる)
Phoebe: Oh, hey!
 ハーイ、みんな!

Chandler&Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Oh, so, how are we doing?
 みんなどうしてた?

Chandler: Bored and bored!
 退屈で退屈で!

Joey: Hey, you know what naked card game is never boring?
 なぁ、裸のカードゲームは絶対退屈じゃないって知ってる?

All: No!!
 ダメ!

Monica: So what’s Phoebe like?
 フィービーってどんな人?

Phoebe: I’m kind, caring, and sweet. What’s Monica like?
 私は優しくて、思いやりがあっていい人よ。モニカは?

Monica: Ah no, the other Phoebe, the one you went to go see.
 いえ、違うの、もう1人のフィービーのことよ。あなたが会いに行った人。

Phoebe: Oh, I think she knows where my Dad is.
 ああ、彼女、私の父さんのこと知ってると思うわ。

Joey: What?
 え?

Rachel: Really?!
 本当?

Monica: Oh well, where is he?!
 それじゃ、彼はどこなの?

Phoebe: She was acting, she was pretending like she hasn’t heard from him on years, but I found this picture on her fridge, and look! Isn’t this what he would look like now?
 彼女は知らないフリをしてるの。何年も音沙汰がないみたいに。でも、この写真が冷蔵庫に貼ってあったの。見て! 彼って今ならこんな感じだと思わない?

Monica: Totally familiar.
 ほんと、そんな感じ。

Rachel: Oh, yeah.
 ええそうね。

The Guys: Yeah!
 ああ!

Monica: Well, why would she lie to you?
 でもどうしてあなたにウソをつくの?

Phoebe: I don’t know, but we’re having dinner tomorrow night, so I figured, she’s gonna tell me then. You know maybe she just wanted to give him time to, buy me presents, I don’t know! So, you’re all bored?
 わからないけど、明日ディナーを一緒にすることになってるの。だから、その時に言ってくれるんじゃないかな。彼女は、とうさんに時間をあげたかったんじゃないかな。ほら、私にプレゼントを買うとか、わかんないけど! それで、みんな退屈してたの?

All: Oh!!
 ああ!

Chandler: Yes!
 そうだよ!

Phoebe: All right, I’m gonna close my eyes and point to someone, and you, whoever I point has to come up with something fun for us to do, and we have to do it.
 わかった。じゃあ、目を閉じて誰か指差すから、指差された人は、何か楽しいことを提案するのね。で、私たちはそれをやらなきゃダメなの。

Joey: Okay, all right.
 よし、わかった。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

Joey: Fan out! Fan out!
 広がって、広がって!

(真ん中に鳴って目を閉じる)
Phoebe: Okay. . . Ooh, you know we could just do this.
 オーケー(回転し始める)ああ、これやっててもいいわね。(止まるとチャンドラーを指している)

Chandler: Okay, umm, we all have to play strip poker.
 よし。えっと、みんなでストリップ・ポーカーをする。

Joey: OH, YES!!!!!
 やった!!!

《時間経過》

Monica: Strip Happy Days Game?
 ストリップ・ハッピー・デイズ・ゲーム?

Joey: Yeah, well, I couldn’t find any cards, so it was either this or Strip Bag Of Old Knitting Stuff.
 トランプとかは見つからなかったんだよ。これじゃなかったら、編み物道具で遊ぶしかないけど。

Ross: Okay, "Fonzie gives you two thumbs up, collect two cool points." Yeah.
 よし。「フォンジーから、OKサイン2つ。クールポイント2点ゲット」よーし。

Phoebe: Monica, if you get five cool points, you get to make somebody take off one item of clothing. It hasn’t happened yet, but we’re all very excited.
 モニカ、もしクールポイントが5点たまったら、誰かの服を脱がせられるのよ。まだたまってないけど、ワクワクよね。

Ross: Okay, come on! Daddy needs a new pair of electromagnetic microscopes for the Prehistoric Forensics Department! . . Okay. "Take Pinky Tuscadero up to Inspiration Point, collect three cool points"!! Yeah! Which gives me five, and let’s see who is gonna lose their clothes. Ummmm, I think I pick our strip poker sponsor Mr. Joey Tribbianni.
 よーし、こい!(さいころに息を吹きかけ)先史科学捜査部のための電子顕微鏡が2つ必要なんだ! (みんなに変な目で見られ、黙ってさいころを転がし進める)よし、「ピンキー・タスカデロをインスピレーション・ポイントへ連れていく。クールポイント3点ゲット!」よし!これで5ポイントたまったぞ。じゃあ誰が最初に服を脱ぐのかな? うーん、そうだ。ストリップ・ポーカー提案者の、ミスター・ジョーイ・トリビアーニ!!

The Girls: Woo-hooooo!!!!
 ウーフーーー!!

Joey: All right, relax. It’s just a shoe.
 いいよ、落ち着けって。靴だけだぞ。

All: Wooooo!!!!
 ウーーー!!

《時間経過》

Rachel: Okay. "Your band is playing at Arnold’s. Collect three cool points." Which means, I have five, and that means I get Joey’s boxers!
 オーケー。「アーノルドでバンド演奏することになりました。クールポイント3点ゲット」ということで5点になったから、つまりジョーイのボクサーいただき!

Joey: Fine. Gang up on me! I got you all, right where I want you.
 いいよ。みんなでよってたかって! でもみんな俺のやりたかったことやってるもんね。

Phoebe: Come on, take them off!!
 ほら、早く脱いで!

Joey: Actually, you know, it’s kinda cold, so how about I keep my boxers on, and give you all a peek at the good stuff?
 でもさ、寒いんだよね。ボクサーはつけたままで、みんなが覗いていいモノ見るってことでどう?

Rachel: All right, I’m gonna make more margaritas!
 さて! 私はもっとマルガリータ作るわよ(残りをロスのグラスに注ぐ)

Ross: Whoa, hey! What are doing? Trying to get me drunk?
 おいおい、何をするんだ? 僕をよわせる気?

Rachel: I’m just making margaritas.
 マルガリータを作るだけよ。

Ross: Okay.
 オーケー。

Monica: I think I’ll help her out. . . What is going on here?
 手伝うわ。(席を立ってレイチェルのそばで)どうなってるのよ?

Rachel: What?!
 何が?

Monica: You painting his toenails?
 彼の足の爪を塗るって?

Rachel: Oh, come on!
 なんでもないわよ!

Monica: Chasing him all around the room?
 部屋を追いかけ回して?

Rachel: Monica, please!
 モニカ、勘弁して!

Monica: He’s totally flirting with you too.
 彼も完全にノッてたじゃないの。

Rachel: He is, isn’t he? I don’t know, I don’t know, I mean, maybe it’s just being here at the beach together or, I don’t know. But it’s like something...
 そうだったわよね? わかんない、わかんないけど! でも、こんなビーチに来てるせいかしら、何かこう・・(ボニーが来てさえぎられる)

Bonnie: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey! Hi, Bonnie!
 やぁ! ボニー!

Bonnie: Hi! My boss let me off early, so I took the train.
 ハーイ! 上司が早く帰らせてくれたの。それで電車で来たのよ。

Ross: Oh.
 ああ。

Bonnie: What are you guys doing?!
 みんあで何してるの?

Joey: We’re playing Strip Happy Days Game!
 ストリップ・ハッピー・デイズ・ゲームしてるんだ!

Bonnie: Cool! I’ll catch up!
 いいわね! 私も混ぜて!(セーターを脱ぐ)

《翌朝》

Chandler: So, you still don’t think I’m boyfriend material?
 まだ俺のことボーイフレンド対象外だと思ってる?

Monica: Huh?
 え?

Chandler: I saw you checking me out during the game last night.
 昨日ゲームの時俺をチェックしてるの見てたけど。

Monica: You didn’t even take off your pants.
 パンツさえ脱いでないじゃないの。

Chandler: Yeah, well, lucky for you.
 ああ。君は運がよかったね。

Monica: What?
 は?

Chandler: I don’t know.
 自分でも謎。

(2階から降りてきて)
Rachel: Well! Is everybody else having just the best time?!
 はい! みんなは楽しんでるの?

Phoebe: Shhh! Shhhh! Joey’s asleep.
 シーッ、シーーッ! ジョーイが寝てるのよ。

(ジョーイが寝ていて、首下は砂に覆われているが、砂は人魚の形で、胸もある)
Phoebe: After he passed out, we put the sand around him to keep him warm.
 眠ってしまったから、寒くないように砂で覆ってあげたのよ。

Rachel: Well, I assume the ah, happy couple isn’t up yet. Did you guys hear them last night?
 あのハッピー・カップルはまだ寝てるんでしょうね。昨日あの人達の声聞いた?

Chandler: Oh, yeah, I don’t know what they were doing, but at one point sea turtles actually came up to the house.
 ああ。何をしてたのか知らないけど、でも一度ウミガメがここまで来たぞ。

(ロスとボニーが降りてくる)
Ross: Good morning.
 おはよ。

All: Hey.
 ヘイ!

Bonnie: Hey! How did everybody sleep?
 ヘイ! みんなよく眠れた?

Rachel: Oh, great.
 ええ、ほんと。

Monica: Like a log.
 ぐっすり。

Ross and Bonnie: Us too.
 同感。

Rachel: I’m going for a walk.
 散歩に行くわ。

Ross: Good morning. Nice breasts by the way.
 (目を覚ましたジョーイに)おはよ。いい胸だね。(胸を見て喜ぶジョーイ)

《ポーチ:レイチェル読書中:ボニーがくる》

Bonnie: Hey, what happened to you?
 ヘイ! どうしたの?

Rachel: Oh, ah nothing. I just felt like hanging out here and reading.
 いえ、何でもないのよ。ただここでのんびり本を読んでいたいなって。

Bonnie: Oh, the water was so great! We jumped off this pier and my suit came off.
 海はすごくいい感じよ! 突堤から飛び込んで水着が外れちゃったわ。

Rachel: Oh, sorry I missed that.
 あら、見られなくて残念だったわ。

Bonnie: Yeah, Joey and Chandler sure are funny.
 ええ、ジョーイとチャンドラーは本当におもしろいわね。

Rachel: Oh-ha-ha!
 ええ、ハハハ。

Bonnie: I think I brought back half of the beach in my hair. It was so much easier when I used to shave my head.
 髪に山ほど砂が入ってしまったわ。髪を剃ってた時は本当に簡単だったけど。

Rachel: You know, I gotta tell ya, I just loved your look when you were bald.
 ねぇ、言わせてもらうけど、あなたがスキンヘッドにしてた時、本当に素敵だったわよ。

Bonnie: Really?!
 ほんと?

Rachel: Oh!
 そうよ!

Bonnie: Because I think about shaving it all off again sometime.
 私も、またそのうち、剃ろうかなって思ってるの。

Rachel: Really?!
 そうなの?

Bonnie: Yeah!
 ええ!

Rachel: I mean you definitely should do that.
 そうするべきだと思うわ!

Bonnie: You know what, I should do it.
 そうよね、そうするべきよね。

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Bonnie: Yeah, thank you Rachel, you are so cool.
 そうだわ。ありがとう、レイチェル、あなたってクールね!

Rachel: Awww, stop. Come on. Now go shave that head!
 あら、やめてよ。ほら、剃ってきたら!

Bonnie: All right.
 そうね。

《ビーチハウス内:時間経過。ご機嫌斜めのフィービー》

Joey: What’s the matter, Pheebs?
 どうしたんだ、フィーブス?

Phoebe: She cancelled! My namesake cancelled on me!
 キャンセルされた! 私の名前の元の人にキャンセルされた!

Joey: What?!
 なんだって?

Phoebe: Yeah, she claimed she had to go out of town suddenly. She’s avoiding me, she doesn’t want to tell me where my father is. She knows, and she won’t tell me.
 そうなの。突然、町へ行かなきゃならなくなったっていうの。私を避けてるのよ。私の父さんがどこにいるのか言いたくないんだわ。知ってて言わないのよ。

Rachel: Aww Pheebs, that sucks!
 まぁ、フィーブス、それはひどいわ!

Phoebe: Yeah, well, don’t “Aww Pheebs, that sucks!” me yet.
 そう、そうよ。「まぁ、フィーブス、それはひどいわ」はまだ早いわよ。(出て行く)

Chandler: Where are you going?
 どこ行くんだ?

Phoebe: Well, she’s out of town. So, there’s gotta be something in her house that tells me where my father is.
 外出してるわけでしょ。家の中に、父さんがどこにいるのかわかる何かがあるに違いないわ。

Ross: Uh, Pheebs, some people call that breaking and entering.
 フィーブス、それを人は不法侵入と言うよね。

Phoebe: Well, are any of those people here?!
 そう言う人がここにいるの?

All: Oh, no!! No, no!
 いえいえ、いない、いない!

Phoebe: Okay, look I-I-I do something nice, okay? I’ll-I’ll fill her ice trays.
 いいわよ。私、何かいいことをしてくるわよ、いいでしょ? 製氷皿に水入れてくるわ。

(スキンヘッドボニーが来る)
Bonnie: Hey, everybody!
 ハーイ、みんな!

All: Wow!!
 ワオ!

Ross: Wh-haa-haa! Look what you did!
 うわ、わっ! 見て、きみったら!

Bonnie: You wanna touch it?
 触りたい?

Ross: No, but it, but it’s great.
 いや。でも、素敵だよ。

Bonnie: Come on, touch it!
 いいから、触って!

Ross: Okay. . . You can feel all the bones in your skull.
 わかった・・(触る)頭の骨を全部触れるよ。

《ポーチ》

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: I was having a little chat with ah, Bonnie, and ah, guess what? She happened to bring up you know, who was behind the um, whole head shaving idea, and now, who was it? Oh, that’s right, that’s right, it was you!
 ボニーとちょっとおしゃべりしたんだけどね、何があったと思う? たまたま彼女が言ったことなんだけど、頭を剃る件で背後に誰かいたみたいなんだよね。誰だったっけ? そうそう、そうだ、君だって!

Rachel: That was her idea, I just gave her a nudge.
 彼女のアイデアよ。私はちょっと背中を押しただけ。

Ross: She said you gave her the razor!
 カミソリを渡したそうじゃないか!

(ボニーが来る)
Bonnie: Hey.
 ヘイ!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Bonnie: So, anyone up for a midnight dip in the ocean?
 夜中の海に入りに行かない?

Ross: Ahh, no, I’m good.
 ああ、いや、僕はいいよ。

Bonnie: Okay, I’ll see you in a bit.
 わかった。それじゃ後でね。

Ross: Okay, have fun! Wooo!!
 わかった。楽しんでね! ウー!

Rachel: Come on, see, she doesn’t look that bad.
 ほら、見てよ。そんな悪くないじゃないの。

Ross: You can see the moonlight bouncing off her head! What the hell were you thinking?!!
 月の光が頭で跳ね返ってるんだぞ! 何考えてるんだ?

Rachel: I don’t know.
 わかんない。

Ross: You don’t know?! Rach, you balded my girlfriend!
 わからない? レイチ、君は僕のガールフレンドを坊主頭にしたんだぞ!

Rachel: All right! Ross, do you think it’s easy for me to see you with somebody else?
 わかったわよ! ロス、あなたが他の人と一緒にいるところを見ても私が平気だと思うの?

Ross: You know, hey! You’re the one who ended it, remember?
 だって君! 君が終わりにしたことじゃないか?

Rachel: Yeah, because I was mad at you, not because I stopped loving you!
 そうよ。でもそれはあなたに怒ったからで、愛するのをやめたからじゃないわ!

Ross: You still love me?
 僕をまだ愛してる?

Rachel: No.
 いいえ。

Ross: You still love me.
 まだ僕を愛してるんだ。

Rachel: Oh, y-yeah, so, you-you love me!
 え・・ええ、それが? あなただって私を愛してるじゃない!

Ross: No, nnnnn. What does this mean? What do you, I mean, do you wanna, get back together?
 いいや。うーーん・・それどういう意味? 君、それって、戻りたいと思ってる?

Rachel: No! Maybe! I, I don’t know. Ross, I still can’t forgive you for what you did, I can’t, I just, but sometimes when I’m with you I just, I feel so...
 いいえ! そうかも! わからない。ロス、まだ私、あなたのしたことを許せないのよ。無理。でも、ただ、あなたといると、ただ私・・

Ross: What?!
 なに?

Rachel: I just, I feel, I just...
 私が感じるのは・・ただ・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: I feel...
 私・・(2人キス)

(チャンドラーとジョーイが話しながら来る)
Chandler: No!! I don’t care! I’m not, I’m not gonna playing one-on-one strip poker with you for practice!
 イヤだ! 知るか! ストリップ・ポーカーの練習に一対一でおまえとプレイしたりしないぞ!

Joey: But I made cards!!
 でもカード作ったのに!

Rachel: Well! Good night. I’m going upstairs.
 それじゃ、おやすみ。2階に行くわ。

Joey and Chandler: Good night.
 おやすみ。

Joey: Wanna play strip poker for practice?
 (ロスに)ストリップ・ポーカーの練習する?

《フィービー・アボットの家》

(窓から侵入していて、お尻がひっかかって焦るフィービー)
Phoebe: Ow! My ass. Okay. Okay. Oh, shhh!
 あっ、お尻が! よし。。よし。あっ、シーっ!

(ウィンドーチャイムが鳴ったりして、あせりながら冷蔵庫にたどりつくが、フィービー・アボットがハンガーを手にやってくる)

Phoebe: No! No!! It’s me! It’s me! I-I didn’t want to make any noise!
 やめて! 私、私よ! 物音たてたくはなかったのよ!

Phoebe Sr: Then don't break in!!
 じゃあ忍び込まないで!

Phoebe: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Phoebe Sr: What are you doing here?!
 何してるの?

Phoebe: I-I, came to fill your ice cube trays.
 あなたの製氷皿に水を入れに・・

Phoebe Sr: What?!
 は?

Phoebe: Umm, okay, okay, look. I took this picture from your fridge. Okay, because I know that this is my father. Yeah, this is Frank Buffay and you are standing right there next to him. Now, look, I deserve to know where I came from. All right? So if you can help me find my father then you should! Otherwise, you’re just mean! So, just tell me the truth!
 いいわ、わかった。見て、この写真を冷蔵庫から持ってったの。だってこの人私の父親だってわかってるもん。そうよ、これはフランク・ブフェで、あなたはその隣に立ってるじゃない。ねぇ、私には、自分がどういう人間なのか知る権利があるわ。でしょ? 私の父を探すの手伝ってくれないっていうのか知らないけど、手伝ってくれるべきよ。そうでなかったら、意地悪よ! だから本当のこと教えて!

Phoebe Sr: All right. The man in the picture is Chuck Mangione.
 わかったわ。その写真の人はチャック・マンジョーネよ。

Phoebe: My father is Chuck Mangione?
 私の父親はチャック・マンジョーネ?

Phoebe Sr: No, no, that’s just Chuck Mangione. I sold him a house last year. And I’m very sorry, but I really don’t know where your father is, and that’s the truth.
 いえいえ、それはただのチャック・マンジョーネ。去年彼に家を売ったのよ。ごめんなさい。本当にあなたのお父さんの居場所は知らないの。それは本当よ。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Phoebe Sr: But umm, you’re right. I think that a person should know where they come from. Which is why I ah. . . ah. . . Okay. I’m your mother.
 でも、あなたの言う通りね。あなたは自分のこと、知る権利があるわ。だから私・・・。いいわ、私があなたの母なの。

Phoebe: Heh?
 へ?

Phoebe Sr: You know, I wanted to tell you yesterday, but I just, you know, felt all floopy, and...
 昨日言いたかったのよ。でも、私・・ほら・・わけわかんなくて・・

《ポーチ:時間経過》

Joey: I’m telling you, you guys are totally getting back together!
 だから、おまえ達は絶対元に戻るべきだって!

Ross: That’s not true! Her, she doesn’t even know what she wants! Rachel’s still mad about the whole thing.
 そんなことないよ! 彼女自身がどうしたいかわからないっていうんだ! レイチェルはまだあのことを怒ってるんだ。

Chandler: Okay, then you gotta back away, all right? You don’t need that kind of hurt. Take it from a guy who’s never had a long term relationship......
 だったら、ここは引き下がるべきだよ、な? またあんなふうに傷つくことないよ。俺の意見を聞け。これまでに一度も長いつきあいさえしたことのない俺の・・。

Ross: I know, but ahhhhhh!! I really wanna go up there and finish that kiss!
 わかってるよ、だけど、ああ!! 上がっていって今のキスの続きがしたい!

(ボニーがくる)
Bonnie: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Ahhhh!
 ああ!

Bonnie: You guys, the water’s great. You should really go in.
 みんな、海は最高だったわよ。みんなも行くといいのに。

Chandler: Oh, ahh, no thanks, I just had an M&M.
 ああ、いいよ。M&Mを食べたとこだから。

Bonnie: Okay, well, good night.
 わかった、じゃ、おやすみ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Bonnie: Don’t be too long.
 (ロスにキスして)早くきてね。

Ross: Okey-dokey!
 了解だよ!

Chandler: There is not one hair on that head.
 頭に毛1本もないな。

Ross: Hey, it’ll grow back, right? And she-she’s really fun, and she’s cool, and-and I’m finally moving on. You know? I mean getting over Rachel was so, , , you know? You know, and I’m finally feeling sane again. And now if I go up there, and-and I kiss her, and, God I wanna kiss her, and-and-and it doesn’t work out, right? Do I really wanna put myself through that again?
 また毛は生えてくるよ。そうだろ? それに彼女は本当に楽しいし、クールだし、それに、僕はようやく前に進んだんだよ。だろ? レイチェルのこと乗り越えるのは、本当に・・うーーっ・・・。それでようやくまともになってきたんだ。それでまた彼女のところへ行って、キスして・・ああ、本当に彼女にキスしたいよ! それでもうまくいかなかったら? 本当にまたあんなことをやりたいか?

Joey: So let me get this straight. If you go with Bonnie tonight, you’re doing the smart, healthy thing and moving on.
 じゃあまとめさせてくれ。もし今夜ボニーのところへ行けば、おまえは賢く、健康的に、前に進めるっていうわけだ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Right? And you go with Rachel, Bonnie’s free tonight?
 だろ? それでもしレイチェルのもとへ行ったとしたら、ボニーは今夜あいてるんだよな?

《ロス達とレイチェルの部屋の間・どっちへ入るか迷うロス》

Ross: Hi.
 (一方のドアをあけて)ハーイ。

《ビーチハウス:ノックの音にモニカが応える》

Chandler: Hi there.
 (変な声で)やぁ、きみ。

Monica: That’s that weird voice again.
 また変な声してるじゃん。

Chandler: Okay! Okay! Let me try it again, you’re gonna wanna date this next guy, I swear!
 わかった、わかったよ! もう一度やらせて。この次はデートしたくなるからホント!

(モニカがドアをしめ、ノックの音でもう一度開けると、チャンドラーは膝立ち)
Chandler: Hi! I’m Dorf! Your date for the evening. . . Oh, come on! Dorf on dating, that’s good stuff!!
 ハーイ、僕はドーフ! 今夜のデート相手だよ! (モニカは立ち去る)なんだよ、ほら、ドーフがデートだよ。おもしろいのに!

dorf.jpgTim Conway



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 18:36| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。