2013年07月21日

3-24 The One With The Ultimate Fighting Champion

3-24 ウルティメット・ファイティング・チャンピオンの話

 ☆格闘技は男の美学?!☆

《セントラルパーク》

Chandler: Do you think that there’s a town in Missouri or some place called Sample? And ah, as you’re driving into town there’s-there’s like a sign, and it says “You’re in Sample.”
 ミズーリかどっかに、サンプルって地名があったりしたらどう? それで車でその町に入るときの看板はこうだ。「You're in Sample」("urine sample"に聞こえる)

(urine sample = 尿サンプル)
Newport.jpg(You're in.. という看板は見つかりませんでしたが、映画か何かで見たことがあるような気がします)

(モニカが来る)
Monica: Hey.
 ハーイ。

All: Hey!
 やぁ!

Rachel: How’d it go with Pete?!
 ピートとどうだった?

Joey: Tell us!
 話して!

Monica: You’re not gonna believe this. Okay, so I go over there..
 信じられない話よ。向こうへ行ったら・・

《相席希望の男性:ロビン・ウィリアムズビリー・クリスタル

Billy Crystal: I’m sorry. Ex-excuse us. I’m sorry, it’s a little crowded. Do you mind if we...  
 すみません、失礼します。すみませんけど席がいっぱいなので、もしよかったら・・

Robin Williams: Yeah, could you scooch?
 ええ、席をあけてもらえます?

Billy: Yeah, move over just a little bit.
 そう、ちょっとあけていただけますか。

(みんなつめて座り席をあける)
Robin: Keep on scooching.
 つめてつめて。

Monica: So guys, listen, I go over there, and umm...
 それでね、聞いて、向こうへ行ったら・・

Robin: Why? Why?! What’s wrong with me?!
 どうして? どうしてなんだ? 何がいけないんだ?

Billy: What’s the matter?
 どうしたんだ?

Robin: I have a feeling… I, my wife is sleeping with her gynecologist.
 妻が、産婦人科医と寝ているような気がするんだ。

(みんなモニカの話よりこっちに興味がひかれる)
Billy: How do you know?
 どうしてわかるんだ?

Robin: Well, you know, he’s got access.
 だってきみ、彼は接触しやすいだろ。

Billy: I know.
 そうか。

Robin: You know, it’s that feeling you get, you know?
 わかる、あの感じ、わかるだろ?

Billy: Like when you go bowling and you know you’re in somebody else’s shoes?
 ボーリングに行って誰か人の靴を履いてしまった感じ?

Robin: That’s the one.
 それだよ。

Phoebe: All right, so, so you went to Pete’s...
 それで、ピートのところへ行って?

Ross: What happened?
 どうなった?

Monica: I...
 私が・・

Robin: Why is this happening to me?! I don’t know, maybe it’s my wound.
 どうしてこんなことが起きるんだ? もしかしたら、傷のせいかな。

Monica: Forget it.
 (気になって話せない)もういいわ。

Billy: So it’s-it’s not heeled yet?
 それじゃ、まだ治らないのか?

Robin: No-no, it’s oozing, oozing. . . Could you pass me the cream? Is there any−Oh, there’s the cream.
 いやいや。もうジクジクしてジクジクしちやって。(レイチェルに)クリーム取ってくれる? クリームは・・ああ、あった。

Billy: Thomas, this is gonna be hard, but I wanted it to come from me, and nobody else.
 トーマス、これはつらい話だが、でも、他の誰かじゃなく、僕から聞いてほしい。

Robin: What is it, Tim?
 何なんだ、ティム?

Billy: It’s me, I’ve been sleeping with your wife.
 僕なんだ。僕が君の奥さんと寝ているんだ。

Joey: So you’re the gynecologist?
 じゃあ君が産婦人科医?

Billy: Hey, I’m trying to have a private conversation! Is that okay?!
 ちょっと、プライベートな話をしているんだけど。いい?

Robin: Ooh. . Can I have a napkin, please? Could you please hand me a napkin? Would you--Give me this thing, all right!! Enough! . . . And you are no longer my friend! We are finished! Nada!! No more! You are a bastard for doing this!! Get away from me!!
 (泣き出す)ああ・・(レイチェルに)ナプキン取ってくれる? 頼むからナプキンくれる? もう、それをくれっ!! もうたくさんだっ! おまえはもう友達じゃない! もうおしまいだ! ダメ! もうダメ! こんなことしてくれてくそったれめ! 近寄るな!(出て行く)

Billy: Thomas, come back here!
 トーマス、戻ってきてくれ!(出て行く)

(みんな呆然としている)
Phoebe: So Monica, what were you gonna tell us?
 それでモニカ、話なんだった?

Monica: I have no idea.
 ・・何だったっけ。

《セントラルパーク;続き》
Rachel: So, come on, what was the big news Pete wanted to tell you, Mon?! Or should I say Mrs. Monica Becker?
 それで、ピートが話したかったビッグ・ニュースって何だったの、モン? それともこうかな? ミセス・モニカ・ベッカー?

Phoebe: No-no-no oh, keep your name, don’t take his name.
 ダメダメダメ! あなたの名前を残して。彼の名前になっちゃダメよ。

Monica: He didn’t ask me to marry him.
 結婚の申し込みじゃなかったの。

All: Ohh.
 ああ。

Phoebe: Well then definitely don’t take his name.
 じゃあ絶対彼の名前になっちゃダメ。

Monica: He wanted to tell me he’s going to compete in some ultimate fighting competition thingy.
 彼の話っていうのは、なにかウルティメット・ファイティングとかいう格闘技に出たいってことだったの。

The Guys: Pete?!
 ピートが?!

Rachel: Why?! What is it?
 どうして? それなに?

Monica: I don’t know exactly. It’s-it’s sorta like wrestling.
 よくわからないの。レスリングみたいなものらしいわ。

Phoebe: Oh?!
 ん?

Monica: Yeah, but without the costumes.
 でもコスチュームなしね。

Phoebe: Oh.
 ああ(がっかり)

Joey: And it’s not fake, it’s totally brutal.
 それってウソじゃないんだぞ。本当に残酷なんだ。

Chandler: Yeah, it’s two guys in a ring, and the rules are: “There are no rules.”
 そうだよ。2人がリングにあがるだろ、そこにあるルールは「ルールなし」だ!

Monica: You can like, bite, and pull people’s hair and stuff?
 それじゃ噛んだり、髪を引っ張ったりとかしていいってこと?

Ross: Yeah, anything goes, except eye-gouging and fish-hooking.
 そうだよ。目突きと釣り針以外は何でもありだ。

Monica: What’s fish hooking?
 釣り針って?

Ross: Huh, what’s fish hooking... Thanks man, that would have been really hard to describe. What is that taste?
 「釣り針って?」って・・(ジョーイが指をロスの口に入れて横に引っ張る)ありがと、ジョーイ、難しい説明せずにすんだよ。・・・なに、この味?

Joey: What? My hands are totally clean, I just gave the duck a bath.
 なんだよ。俺の手はきれいだぞ。ダックをお風呂にいれたところだもん。

《チャンドラーの会社:ミーティング》

Doug: So thanks for the warm welcome. It’s good to have you guys on my team, and I come to play. I hope you do too. Now, let’s go out there and get them! Huh? And remember, there is no ‘I’ in team.
 あたたかい歓迎をありがとう。君たちとチームで仕事ができてうれしいよ。みんなも同感だといいんだが。それじゃ、仕事にとりかかろうか! それから、いいか、チームに個人はないからな。

Chandler: Yes, but there’s two in martini, so everybody back to my office.
 その通り。でもマティーニにオリーブは2つ。それじゃみんな僕のオフィスに来て。

(two in martini ってなんでしょう。調べたところ、オリーブ2つ主義の人も3つ主義の人もいましたが、地域によるものもあるようす。愛と平和を象徴するとか思う人もある様子)

Doug: You! Chuckles! What’s your name?
 きみ! おふざけ君! 名前は?

Chandler: Oh it’s Bing, sir. I’m sorry , I was just ah...
 あ、ビングです。失礼しました。ただちょっと・・

Doug: No-no, I heard what you said, funny. I like funny. This team is about hard work, but it’s also about having fun. Good to have you aboard, Bing!
 いやいや、聞こえたよ。おもしろいね。おもしろいのはいいね。一生懸命働き、しかも楽しくいこう。チームにきてくれてよかったよ、ビング!(チャンドラーのお尻を叩く)

《モニカの部屋:ロスが電話で予約を取っている》

Ross: That’s right, Ryder. Wynona Ryder for six. . . Thank you. . . Yeah, we have the reservations.
 (電話で)そう、ライダー。ウィノナ・ライダーで6人。・・ありがとう(電話を切って)よし、予約取れたよ。

Rachel: Yes!!
 やった!

Chandler: All right buddy, way to go!
 いいぞ、よくやった!(ロスのお尻を叩く)

Ross: Dude, what are you doing?
 おい、何するんだ?

Chandler: Thank you! Today, my boss kept slapping my butt and he was acting like it was no big deal.
 そうだろ! 今日、上司が何かと俺のお尻を叩いて、それがなんでもないことのようなんだよ。

Phoebe: Yeesh, what’d you do about it?
 いやだ!それであなたどうしたの?

Chandler: Well, I didn’t do anything. I didn’t want to be the guy who has a problem with his boss slapping his bottom.
 何もしてないよ。上司がお尻を叩くからって気にするやつになりたくないんだ。

Monica: I gotta tell ya, I think it’s okay to be that guy.
 言っとくけど、そういうやつになってもいいと思うわよ。

Joey: Yeah, maybe it’s like you know, that jock thing. You know how football players pat each other after touchdowns.
 もしかして、体育系のことじゃないか。フットボールの選手がタッチダウンの後に互いをたたきあうだろ。(ロスのお尻を叩く)

Rachel: You know, I don’t understand guys, I mean I-I would never congratulate Monica on a great stew by you know, grabbing her boob.
 私にはわからないわ。たとえモニカがすばらしいシチューを作って褒めたくても、モニカのおっぱいつかんだりしないわ。

Chandler: Yeah, I know, for a really great stew you just you know, stick your head in between them.
 そうだな。本当に素晴らしいシチューだった場合は、頭をおっぱいの間に突っ込むよな。

Monica: Okay, can we please go eat?
 さぁ、食事に行きましょ。

Joey: Yeah. What are we getting?
 ああ。何を食べる?

Monica: Anything but stew.
 シチュー以外なら何でも。

Ross: All right so, Chandler, from now on, don’t give your boss a chance to get you. You know, just ah, don’t turn your back to him.
 チャンドラー、これからは、上司にチャンスを与えるな。背中を向けないことだよ。

Joey: Yeah, or you can teach him a lesson. You know? What you could do is you could rub something that smells really bad on your butt, all right? Then, when he goes to smack ya, his hand will smell. Now what could you rub on your butt that would smell bad?
 ああ。それか、身をもって学ばせるんだよ。どうするかっていうと、なにかひどい匂いのものをお尻に塗るんだよ。それで彼が叩くと、彼の手が臭くなる。問題は、臭い匂いの何をお尻に塗るかだな。

Chandler: What if Joey was president?
 もしジョーイが大統領になったらどうなるだろう?

(フィービーとレイチェルが残る)
Phoebe: Umm, hey Rach, can I ask you something?
 ねぇ、レイチ、ちょっと聞きたいんだけど。

Rachel: Yeah.
 なに?

Phoebe: Okay, you can totally say no, but umm, would it be okay with you if I set Ross up on a date?
 気にせず断っていいからね。ロスに女の子紹介してもいい?

Rachel: Oh, ah with who?
 あら。誰を?

Phoebe: Umm, my friend, Bonnie. She just always thought Ross was really cute, and now that you two aren’t together, she asked if I could set it up, but if you’re not cool with it...
 私の友達のボニー。彼女いつもロスをキュートだなって言ってたんだけど、もうつきあってないってことで、紹介してくれないかっていうの。でもあなたがイヤなら・・

Rachel: Oh-oh-oh, which one is Bonnie again?
 ボニーってどんな子だったっけ?

Phoebe: You remember her from my birthday party two years ago. She’s yeah, like, average height, medium build, bald...
 2年前の私の誕生日に来た子よ。彼女は・・普通の身長で、普通の体型で、坊主頭で・・。

Rachel: Oh! That’s fine.
 ああ! いいわよ。

Phoebe: Great! Okay, good for you!
 よかった! よく言ったじゃん!(レイチェルのお尻を叩く)

《ピートのジム》

Hoshi: You are iron. You are steel! Let me ask you something, how come when I call your computer support line, I have to wait an hour and a half?
 おまえは鉄だ! おまえは鋼鉄だ! 聞きたいんだけど、君のところのコンピュータ・サポート・ラインの電話、どうして1時間半も待たされるんだ?

Pete: I told you, we’re adding new operators all the time. Could we concentrate on my training?
 言ってるだろ。新しいオペレーターを次々に増やしてるんだよ。トレーニングに集中してくれないか?

Hoshi: It’s just hard when I know I have e-mail I can’t get!
 来てるとわかってるメールが受け取れないって大変なんだよ!

(モニカが来る)
Monica: Hi!
 ハーイ!

Pete: Monica! Hi, honey.
 モニカ! やぁ。

Hoshi: All right, on the table. On the table.
 よし、テーブルに乗って。テーブルに。

Monica: Hey, umm, so listen umm, my friends were telling me a little about this ah, ultimate fighting thing and it, well it sounds really dangerous. I-I don’t want you to get hurt, ‘cause I kinda like you.
 ねぇ、聞いて。友達が、そのウルティメット・ファイティングについて言ってたんだけど、すごく危険そうじゃない。あなたに怪我してほしくないわ。あなたが好きって感じだから。。

Pete: Oh, believe me, I don’t want to get hurt either. I’m being smart about this. See these guys? They’re the best trainers in the world. And Hoshi here used to be a paid assassin. . . A house painter! He used to be a house painter.
 ああ、大丈夫、僕だって怪我はしたくないよ。その点は賢くやってるんだ。この人達を見て。世界一のトレーナー達なんだ。そしてこのホーチーは元殺し屋だった。(ホーチーが中国語で怒る)塗装業! 以前は塗装業だったんだ。

Monica: Promise me you’ll be careful.
 約束して。気をつけるって。

Pete: I promise.
 約束するよ。

Monica: Hey, are we still on for tonight?
 今夜のデートはありよね?

Pete: Yeah.
 ああ。

Monica: Okay, good, ‘cause umm, well maybe we could have a little workout of our own...
 よかった。私たちの運動をしたいから。

Hoshi: No! No boom-boom before big fight!
 ダメ! 試合の前はブンブン禁止!

Monica: How ‘bout just a boom?
 じゃあ「ブン」だけなら?

《セントラルパーク:フィービーとボニー:レイチェルが来る》

Rachel: Well, that was depressing, I think I just bought a soft pretzel from one of the kids from Fame. Ready to go to the movies?
 ねぇ、気の滅入る話よ。プレッツェル買ったんだけど、屋台の子はフェームに出てた子だわ。もう映画行ける?

フェーム = スターを夢見る若者の映画)

Phoebe: Um-hmm. Oh wait! This is Bonnie.
 ええ。あっ、待って。この子がボニーよ。

Bonnie: Hi!
 ハーイ!

Rachel: This is Bonnie? . . This is Bonnie? . . You’re Bonnie?
 この子がボニー? この子がボニー? あなたがボニー?

Bonnie: I can show you an ID if you want?
 もしご希望ならID見せましょうか?

Rachel: Oh no, I’m sorry, you look a lot different from the last time I saw you.
 いえ、いいの。ごめんなさい。前に会った時と全然違うから。

Bonnie: Oh yeah, well I just started wearing bras again.
 ああ、私ブラをつけ始めたからね。

Rachel: Oh, that must be it.
 ああ、そのせいね。

Phoebe: Well, I hope you have fun tonight.
 (ボニーに)じゃ、今夜、楽しんでね。(2人出ていく)

Bonnie: Thanks! You too.
 ありがと! あなたもね!

《セントラルパーク前》

Rachel: You said she was bald.
 彼女坊主頭って言ったじゃないの!

Phoebe: Yeah, she was bald, she’s not now.
 ええ。彼女は坊主頭だったけど、今は違うわね。

Rachel: How could you not tell me that she has hair?
 彼女今は毛があるってどうして言ってくれなかったの?

Phoebe: I don’t know, I hardly ever say that about people.
 どうしてって・・私人のことほとんど言わないもの。

Rachel: Ohh, well, this is just perfect!
 ああ、もう完璧じゃないの!

Phoebe: Well, I’m sorry, I thought you said it was okay.
 ごめんね。いいって言ったと思ったんだけど。

Rachel: Yeah, I said what was okay when I thought she was some weird bald chick. I mean, you know, that girl has hair got all over head!
 そりゃ、坊主頭の変な子だと思うからオーケーって言ったのよ。頭じゅうに毛があるじゃないの!

Phoebe: Well, maybe it won’t work out. Maybe Ross won’t like her personality.
 でもまぁ、うまくいかないかもよ。ロスは彼女の性格を好きにならないかも。

Rachel: Why, does she have a bad personality?
 そう、彼女性格悪いの?

Phoebe: Oh no, Bonnie’s the best!
 いえいえ、ボニーは最高よ!

《チャンドラーの会社》

Doug: Bing! Read your CompuTech proposal, a real home run. . . Ooh. Barely got you that time, get over here! Come on. . . Oh yeah! Good one. That was a good one. Keep at it, team.
 ビング! 君のコンプ・テックの提案書を読んだぞ。あれはいい。(お尻を叩こうとするが逃げられる)おっ、かすったぞ。ここへ来い! よーし!(お尻を叩く) よし、いいぞ。この調子でいってくれ、チームの諸君。(立ち去る)

Chandler: What is with him?
 (同僚に)彼どうなってる?

Phil: With him? You’re is favorite. You’re his guy!
 どうって? 彼は君が好きなんだよ。君はお気に入りだよ!

Stevens: We never get smacked.
 僕らは叩かれたことがない。

Chandler: Well, that’s not true. He smacked you once.
 それは違うだろ。一度君を叩いてた。

Phil: Not on purpose, he ricocheted off you and got me.
 わざとじゃない。君を叩いて跳ね返っただけだ。

Stevens: I’m telling you, I need some smacks. I got a kid starting Dartmouth in the fall.
 ほんと、僕も叩かれたいよ。子供がダートマスに行くんだ。

Doug: Dartmouth? Who went to Dartmouth? Dartmouth sucks. You go to Dartmouth, Bing?
 (再び登場)ダートマス? 誰がダートマスへ行くんだ? ダートマスはつまらん。おまえダートマス行くか、ビング?

Chandler: No, sir.
 いいえ。

Doug: There you go.
 ほらな!(お尻を叩く)

《ウルティメット・ファイティング会場》

Ross: Hey!
 ヘイ!(ポップコーンとドリンクの大きなカップを持っている)

Monica: God, Ross, what is that?
 まぁ、ロス、それなに?

Ross: Yeah, it’s the Ultimate Fighting Combo. Yeah, I saved thirty cents, plus I get to keep the cup. Yay!!
 ウルティメット・ファイティング・コンボだよ。セットで30セント安くなって、カップはもらえる。イエーイ!

Announcer: From New York City, New York! Appearing in his Ultimate Fighting Championship debut! He’s known for his confrontational business style. Ladies and Gentlemen, introducing Pete Becker!!
 ニューヨーク州、ニューヨーク・シティから、ウルティメット・ファイティング・チャンピオンシップにデビュー! 立ち向かっていくビジネススタイルで知られています、みなさん、紹介しましょう、ピート・ベッカー!!!

(ピート入場)

Monica: I love you, Pete!!!
 愛してるわ、ピート!

Announcer: And his opponent, from Huntington Beach, California! He’s a 300 pound street fighter, Tank Abbott!!!!
 対するは、カルフォルニア州ハンティントンビーチから! 300パウンドのストリートファイター、タンク・アボット!!!

Monica: Pete! Pete!! That guy’s pretty huge!
 ピート! ピート!! 相手は大男じゃないの!

Pete: Don’t worry, Hoshi taught me how to use an opponent’s strength and weight against him.
 心配しないで。ホーチーは相手の強さと体重を利用する方法を教えてくれた。

Ross: Well, then that guy is in serious, serious trouble. All right! You go get him! Let’s go!
 そういうことなら、あの男は重大な重大な問題に直面することになるぞ。よし、やっつけろ! 行こう!

Referee: Here we go, gentlemen, here we go! . . Are you ready? . . . Are you ready? . . . Let’s get it on!!
 さぁ行くぞ、ジェントルマン、行くぞ! (タンク・アボットに)用意はいいか?(ピートに)用意はいい? では試合開始!!

(ピートはあっさりかつぎ上げられ、リングフェンスに押しつけられる)
Pete: Uh-oh.
 おっと!

《試合会場。破れたピートに歩み寄るモニカ》

Monica: Hey! It’s me. Monica! Can I just tell you how proud I am of you.
 ヘイ! 私よ。モ・ニ・カ! 言わせて、あなたを誇りに思うわ。

Pete: It would be nice after hearing 20,000 people chant “You suck!”
 2万人もの人に「へたれ」って叫ばれた後でそう聞くとうれしいね。

Monica: I mean, I-I thought you were nuts at first, but you-you did it. And now you can just look back at this thing with no regrets.
 最初はどうかしてると思ったけど、でもやり遂げたわね。これで後悔なく振り返ることができるわ。

Pete: What, look back?
 振り返る?

Monica: Well, you’re not gonna get going, are you?
 まだ続ける気ではないわよね?

Pete: Well, let me ask you a question. Am I the Ultimate Fighting Champion?
 じゃあちょっと聞くけど、僕はウルティメット・ファイティング・チャンピオン?

Monica: Well, no. But...
 いえ、違うけど・・

Pete: Well, I’m not gonna stop until I’m the Ultimate Fighting Champion.
 僕はウルティメット・ファイティング・チャンピオンになるまではやめない。

Monica: That guy stood on your neck until you passed out!
 あの男は、あなたが気を失うまであなたの首の上に立ってたのよ!

Pete: Let me tell you a story. When I set out to create Moss 865, do you think it just happened overnight? No. There was Moss 1, that burnt down my Dad’s garage, there was Moss 2 that would only schedule appointments in January, and 862 others that I learned from, just like I learned from this fight, never to let a guy stand on my neck.
 聞いてくれ。Moss 865を作ろうとしたとき、一晩でできたか? 違う。Moss 1は父のガレージを燃やしてしまった。Moss 2は1月の予定を入れられただけ。そしてほかの862 の失敗から、この試合と同じく、首根っこをつかまれて自由を奪われてはいけないと学んだんだ。

Monica: You didn’t know that already?
 それ知らなかったの?

Pete: Look, I’m gonna get better. Okay? I promise you.
 ね、もっと強くなるから。いい? 約束する。

Monica: Okay, just get a lot better. Fast.
 わかった。うんと強くなって。早くね。

Pete: Oh, one other thing. Hoshi thinks that you being ringside may have affected my concentration.
 それからもう一つ。ホーチーは、君がリングサイドにいて僕の集中の妨げになっているそうだ。

Monica: Yeah. That was the problem.
 ええ。それ問題だったわよね。

《モニカ達の部屋のバルコニー》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey! How long until Pete’s fight?
 やぁ。ピートの試合もうすぐ?

Monica: Oh, about five minutes. Right now they’re interviewing his opponent. Apparently he trains by going to Iran and pulling the arms off thieves.
 あと5分くらいかしら。いまは相手のインタビューよ。イランに行って泥棒の腕を引き抜くための練習をしてるんですって。

Ross: Hot dog?
 ホットドッグは?

Monica: Four, please. I’m really nervous. Thank you.
 4つちょうだい。ほんとに不安なの。ありがと。

Phoebe: So Ross, how umm, how did it go with Bonnie?
 それで、ロス、ボニーとどうだった?

Ross: Oh! I gotta tell you, I-I wasn’t expecting to like her at all, I mean, I actually wasn’t expecting to like anyone right now, but she’s really terrific.
 ああ、そうそう、彼女を好きになるとは思ってなかったんだけど、実際、今は誰も好きにならないと思ってたんだけど、でも彼女最高だね。

Phoebe: Ohh, that’s too bad!
 あらー。残念だわ。

Ross: No, I-I’m saying I liked her.
 いや、彼女が気に入ったって言ってるんだよ。

Phoebe: Yeah, you know what, there are other fish in the sea.
 ええ。世の中には女はいっぱいいるわ。

Ross: Pheebs, I think she’s great. Okay? We’re going out again.
 フィーブス、彼女は素敵だと思うよ。いい? またデートするんだ。

Phoebe: Okay, I hear you! Are you capable of talking about any thing else?
 わかった、聞いてるわよ。ほかのことも話せないわけ?

Chandler: Hey! Which one’s my turkey burger?
 やぁ! 俺のターキー・バーガーはどれ?

Ross: Ahh, the one next to my foot. Sorry.
 ああ、僕の足下のやつ。(無い)ごめん。

Joey: Hey, the fight’s starting!
 (室内から)試合が始まるぞ!

Ross: Okay, we’ll be right in. . . So ah, did your boss try to slap you again today?
 わかった。今行くよ。(チャンドラーに)それで、上司は今日もまたお尻叩いてきた?

Chandler: Nine times! Okay, I had to put on lotion! But, it’s gonna be okay, because as of tomorrow I’m conducting an experiment, and if all goes as planned, my butt will be smack free.
 9回も! もうローション塗らないといけないよ。でも、これからは大丈夫。明日ある実験をしてみるよ。それが計画通りにいけば、もう叩かれないはずだ。

Joey: Fight’s over!
 (室内から)試合終了!

《チャンドラーの会社》

Chandler: Excuse me, Doug? . . . Hey there, sports fan!!
 失礼します、ダグ?(気づかれない)ヘイ! スポーツファン!!

Doug: Bing! You got those numbers for me?
 ビング! 計算書は出してくれたかね?

Chandler: No, I ah, I didn’t do them.
 いえ。やりませんでした。

Doug: Oh, you forgot?
 え、忘れたのかね?

Chandler: No, no I just ah, didn’t do them. Instead, I ah, hung out with some friends and had a couple of beers so I certainly don’t deserve any praise, verbal or otherwise.
 いえ。ただやらなかったんです。友人と遊んで、ビールを飲んでました。だからお褒めいただくことはないです。言葉でも・・それ以外でも・・。

Doug: Well, I got tanked myself last night. Pretty dicey drive home, Tappan Zee Bridge never looked smaller. . . That’s okay, you’re still my number one guy! (slaps him on the butt) Bing!
 そうか、私も昨日はしこたま飲んだよ。運転して帰るのは危なかったよ。タッパン・ジー・ブリッジがあんあに小さく見えたことはないね。いいさ。君はそれでも私のNo.1だ、(お尻を叩く)ビング!

tappanzee.jpgタッパン・ジー・ブリッジ

Chandler: Doug!!
 ダグ!

Doug: Hmm.
 んん?

Chandler: I’m a little bit uncomfortable with the that way you express yourself.
 私はあなたのその表現にちょっと困っておりまして。

Doug: Oh, is it the swearing? I mean, is it the constant swearing? Because I gotta tell you, if it is, you can just... kiss my ass!
 ああ、ののしることかね? いつもののしることだろ? だったら言うけどな、俺のケツにキスしやがれ!(笑)

Chandler: No, no. It-it’s not about the swearing, it’s more about ah, the way, that you ah, occasionally, concentrate, your enthusiasm on my buttocks.
 いえいえ、ののしることじゃないんです。その、時々ですね、あなたの熱意を注がれることがですよ、私のお尻に、

Doug: Oh?
 ああ?

Chandler: Oh, and don’t get me wrong, I appreciate the sentiment. It’s just that I, I have a rather, sensitive posterior, and ah, besides, it’s making all the other guys jealous.
 いや、誤解しないでください、お気持ちはありがたいんです。でも、どちらかというと、後ろの方が敏感でして、それに、ほかの連中がおもしろくないようですし。

Doug: Well, say no more. You know, it takes guts to bring this up. Bing! You’re okay.
 そうか。もう言うな。言うのは大変だったろ。ビング! 大丈夫だ!

Chandler: Okay.
 はい。(出て行こうとする)

Doug: Ha! Ahhhhhhh!
 ハッ!!(叩くふり)あああ!(笑う)

Chandler: Ahhhhh!
 あああ!(出て行く)

《セントラルパークの前》

Phoebe: Okay. Would you rather live in the shirt pocket of a sweaty giant, or inside his shower drain?
 汗っかきのジャイアントのシャツのポケットか、彼のシャワーの排水口の中かどっちに住む?

Rachel: Oh, my God! Phoebe, look, it’s Ross and that girl.
 (セントラルパーク内を見て)オーマイゴッド! フィービー、見て! ロスと彼女よ。

Phoebe: No! No! Look at that! It’s a line of ants! They’re working as a team!
 ダメダメ! こっち見て! アリの列よ! チームワークよ!

Rachel: Phoebe!
 フィービー!(店内を見る)

Phoebe: Right, oh yeah. Wow, oh, it looks like Ross is breaking up with her. Uff, I hope he lets her down easy. Let’s go.
 そうね。ああほんと。ワオ。ロスは彼女と別れようとしてるみたいね。ああ、優しくやってくれるといいけど。いきましょ。

Rachel: Come on, Phoebe, look at that! They are not breaking up, look at them. Okay, that’s, you know what that is? That is a, that is a second date, that’s what that is! Look at that, she just put her hand on his thigh...
 なによ。フィービー、見てったら。別れようとなんてしてないわ。ねぇ、あれわかる? あれは2度目のデートよ。そうだわ。ねぇ見て。彼女彼のふとももに手を置いたわ。

Phoebe: Oh, no! That really is nothing, she is very sexually aggressive.
 あら、あんなの何でもないわよ。彼女はセックスには本当に積極的なのよ。

Rachel: Ohh! Phoebe, this is all your fault! Now he loves her, he’s gonna marry her, and this is all your fault.
 ああっ!! フィービー、あなたのせいよ! 彼は彼女を好きになって、結婚して、そうしたらあなたのせいよ!

Phoebe: You said it was okay!
 いいって言ったじゃない!

Rachel: You said she was bald!!
 坊主頭って言ったじゃない!

Phoebe: Was!! was, was, was, was, was!!
 だった! だった、だった、だった、だった、だった!

Rachel: Phoebe, we can’t, we just can’t just let it happen! Okay, we have to do something! We have to break them up! Okay? Just go in there and like, shave her head! You owe me one bald girl!!
 フィービー、だめよ、そうはさせないわ。いい? 何かしなくちゃ。別れさせるのよ! いい? 入っていって・・・彼女の頭を剃るのよ! あなた私に坊主頭の責任があるわよ!

Phoebe: Okay, first of all, breathe. Second of all, I don’t get it. Aren’t you the one that decided that you didn’t want to be with Ross?
 いい? まず第一に、深呼吸して。第二に、わからないわ。ロスとつきあうのをやめたのはあなたじゃない?

Rachel: Yes.
 そうよ。

Phoebe: Well, isn’t he your friend? Don’t you want him to be happy?
 じゃあ彼はあなたの友達じゃないの? 幸せになってほしくないの?

Rachel: Yes.
 なってほしい。

Phoebe: So?
 それで?

Rachel: I just you know, I didn’t expect him to be this happy so soon. Ufff. Ooo-ooh!
 ただ・・こんなのは予期してなかったわ。こんなに幸せに、こんなにすぐなるなんて。(歩道に座る)

Phoebe: . . . . Oh, no.
 (並んで座る)あ、いけない!

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Oh, we killed them all.
 まぁ、みんな殺しちゃったわ。

Rachel: Oh!
 まぁ!(2人立ち上がってお尻を振り払う)

《ピートのジム:ピートは体じゅうギプス》

Pete: It’s okay, it’s not as bad as it looks, it’s a precaution. Ah, I’m not supposed to move my spine.
 大丈夫だよ。見た目ほど悪くないんだ。念のためでね。背骨を動かしてはいけないんだ。

Monica: Please tell me you’re stopping now.
 お願い、もうやめるって言って。

Pete: I’m fine! I’d fight tonight, if they’d let me. See, this circle I’m marking off here? This is my Zone of Terror.
 大丈夫だよ! 今日だって、許してくれれば出場したかった。(体を回す)ほら、この輪があるだろ、これが僕の恐怖ゾーンだ。

Monica: You are insane! You-you gotta give this up!
 あなたどうかしてる。もうこれはやめないと!
 
Pete: I can’t until I’m the ultimate fighter. I will do it. I’m telling you, the day will come when children will argue over who will win a fight, me or Superman. Now, I’m not saying I could beat Superman, but you know, kids are stupid.
 ウルティメット・ファイターになるまではやめない。続けるよ。子供達が、僕がスーパーマンかどっちが強いか言い争う日がいつか来る。いや、僕がスーパーマンに勝つとは言わないが、ほら、子供ってバカだから。

Monica: Sit down. All right? Please, just listen to me. You are terrible at this! Okay? You are the worst ultimate fighter ever! Ever!!
 座って。いい? お願いだから聞いて。あなたはこの格闘技ぜんぜんダメよ。いい? あなたはウルティメット・ファイターとして最低よ。最低!

Pete: You know I have a torn rotator cuff, a hairline fracture in my right forearm, and a severely bruised Adam’s Apple, but that really hurt.
 回旋腱板ってやつが裂けてて、右の二の腕にヒビが入っていて、のど仏はひどいアザだが、でも今のはきつかった。

Monica: Well then, you know what? I care about you too much to watch you hurt yourself like this. So if you have to do this, then you’re gonna have to do it without me.
 それじゃ・・ねぇ聞いて。あなたが好きだもの、こんなふうに痛めつけてるあなたを見てられない。もしこれを続けるというなら、私なしでやっていって。

Pete: Well, if you’re asking me to quit, then you’re asking me to be someone I’m not. I’ve got to do this.
 僕にこれをやめろというなら、別の人になれというのと同じなんだ。これはやめられない。

Monica: Then I’ve gotta go. Bye.
 じゃあもう行くわ。さよなら。(キスをして出て行く)

Pete: Monica?
 モニカ?

Monica: Yes?
 なに?

Pete: Could you leave a note? ‘Cause I’m on a lot of pain killers now, and I don’t know if I’ll remember this tomorrow.
 メモ残しておいてくれる? 痛み止めをいっぱい飲んでいるから、明日このことを覚えてるかわからないよ。

《チャンドラーの会社:ミーティング》

Doug: So, in conclusion, the lines all go up, so I’m happy. Great job team! Tomorrow at 8:30. . . Phil! Nice job. . . Stevens! Way to go! . . . Goldberg, you maniac! I love ya! . . Bing! Good job, couldn’t have done it without you.
 というわけで、結果として、(グラフの)ラインは上向き、私は幸せと。よくやったぞ、みんな! 明日も8時半だ。(みんな部屋を出る)フィル! よくやったな!(お尻を叩く)スティーブンス! この調子だぞ!(お尻を叩く)ゴールドバーグ、このマニアックめ、愛してるぞ! (お尻を叩く)ビング、よくやったな! 君なしではできなかったことだ。(握手)

Chandler: Thank you, sir.
 ありがとうございます。

Stevens: Oh, excuse me. I forgot my briefcase, you know, by accident.
 (戻ってきて)失礼します。ブリーフケースを忘れたもので。ついうっかり。

Doug: Of course, you did. Forgot something else too, you bastard! . . . Well, what about you? You’re not feeling left out or anything are you?
 もちろんうっかりだな! ほかにも忘れてるんじゃないか?この野郎!(お尻を叩く)(チャンドラーに)さて、おまえはどうだ? 何か取り残された感じか?

Chandler: No. No, not at all, that’s-that’s ridiculous.
 いえいえ。そんなことありません。そんなバカな。

Doug: Everybody else got one, and you want one too. Don’t you?
 みんなやられてるんだ、おまえもやってほしいんだろ、な?

Chandler: Ye-ye-yeah, yes, I do!
 え、ええ、はいそうです!

Doug: Now get on out of here, you! (smacks him on the butt)
 さぁ、これでどうだ、ほら!(お尻を叩く)

《モニカ達の部屋:みんあピートの試合を見ている》

TV Announcer: Pete Becker is circling the ring now. It looks like, he’s just trying to feel him out. Oh, Bruiser is just...
 ピート・ベッカーはリングを回っております。次の手を探っているようです。おおっ! ブルーザーが・・

Chandler: Run! Run you crazy, rich freak!
 逃げろ! 逃げろ! このおかしな金持ち野郎!

Rachel: Oh, I can’t watch this.
 ああ、もう見てられない。

Joey: Check it out, he’s winning! Pete’s winning!
 見て見て! 彼が勝つぞ、ピートが勝つ!

Monica: Really?!
 ほんと?

Joey: No-o-o!!
 うそだよ!

TV Announcer: Uh-oh, Bruiser has Becker on the canvas and is going for his favorite area.
 おっと! ブルーザーはベッカーをマットに沈め、お気に入りの場所を攻めております。

All: Oh! Oh!
 うわっ! うわっ!!

Phoebe: Wait, if that’s his favorite area, why is he being so mean to it?
 待って、お気に入りなら、どうして意地悪するの?

Ross: Well, this is ironic. Of your last two boyfriends, Richard didn’t want to have kids, and from the looks of it, now Pete can’t.
 これは皮肉だね。君の最近のボーイフレンドのうちリチャードは子供がほしくなくて、そして今見た感じだと、ピートは子供持てそうにないよ。

All: Ohh!!
 (テレビを指差して)うわーっ!!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 19:21| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。