2013年07月20日

3-23 The One With Ross's Thing

3-23 ロスのアレの話

 ☆フィービーはどっちも好き!☆

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Hey, wouldn't be cool if our duck and chick had a little baby? We could call it Chuck.
 ダックとチックに子供ができたらいいよな。チャックって名前にするんだ。

Chandler: Or... Dick.
 それか、ディック。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ・・

Chandler and Joey: Hey.
 おお。

Ross: Listen, I-I need a favor. Umm, I was in the shower, and as I was cleansing myself, I ah, I-I, well, I felt something.
 聞いてくれ。頼みがあるんだ。シャワーを浴びて、体を洗っていたら・・何か感じたんだ。

Chandler: Was it like a sneeze only better?
 くしゃみみたいでそれよりいいやつ?

Ross: No, no, I mean, like, a thing on my body.
 違う違う。体に何かあるんだ。

Joey: What was it?
 何だ、それ?

Ross: Well, I don't know, it's-it's kinda in a place that's not... It's not visually accessible to me. And I was hoping maybe you guys could-could help me out.
 それがわからないんだ。その場所が・・僕には見えないところなんだ。それで、君たち助けてくれないかなと思って。(パンツをおろし始める)

Chandler and Joey: Whoa!!!
 うわっ!

Chandler: No!!
 やめろ!

Ross: Come on, you guys. It's no big deal!
 頼むよ君たち。大した事ないだろ。

Chandler: Whoa-hey-ah!! . . . Huh.
 わーっ! (見て)ハァ。(結局2人で覗き込む)

Ross: What is it? Is it a mole?
 なんなんだ? ほくろ?

Joey: No, it's too wrinkly to be a mole.
 ほくろにしてはシワがある。

Ross: Well, eww. What? Is it a pimple?
 え、じゃあ何? 吹き出物?

Chandler: No, it's... fancier than a pimple. Look Ross, why don't you just go see a…
 いや。吹き出物より変わってる。なぁ、ロス、見てもらった方が・・

(レイチェルが入ってくる)
Rachel: Hey guys! What's...
 ねぇ、あなた達! なに・・(絶句)

Chandler: Okay, well, it's definite, two more weeks of winter.
 そうだな。間違いなくあと2週間で冬だな。

Ross: Ahhh.
 ああ。

Joey: Yeah, right.
 そうだな。
(レイチェルは後ずさりして出て行く)

《セントラルパーク:フィービーがデート相手を連れてくる》

Phoebe: Okay, and then this is the coffee house. This is where I play my music.
 ここがコーヒーハウスで、私はそこで演奏するのよ。

Vince: Good deal.
 そりゃいいね。

Phoebe: Yeah, and these are my friends. People, this is Vince, Vince, the people.
 ええ。そしてこちらが私の友達。みんな、こちらヴィンス。ヴィンス、こちらみんな。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Vince: Hey!
 どうも!

Phoebe: Vince is a fireman.
 ヴィンスは消防士なの。

Rachel: Wow! Have you ever rescued anyone from a burning building before?
 ワオ! 燃えるビルから人を救ったことあるの?

Vince: 98 hot saves, highest in the force.
 98人。署で一番なんだ。

Chandler: Well, you know, if Joey and I played with matches we could get you up to an even hundred.
 それじゃ、ジョーイと俺が火遊びしたら、100人ちょうどにしてあげられるね。

Vince: Fire safety is not a joke, son.
 火元保全は笑い事じゃないよ、きみ。

Chandler: You're right, I know.
 その通りです、ハイ。

Vince: Look, I gotta go. I'm on call tonight. See you Saturday.
 (フィービーに)ね、もう行かなくちゃ。今夜は出勤なんだ。(キス)土曜日にね(去る)

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Wow, he's cute, Pheebs! But I thought you just started dating that Kindergarten teacher.
 ワオ。キュートね、フィーブス! でもあなた幼稚園の先生とデートしてたんじゃなかった?

Phoebe: Oh, Jason? Yeah, uh-huh, we're seeing each other tonight.
 ああ、ジェイソン? ええ、彼とは今夜会うわよ。

Rachel: What-Pheebs?! Two dates in one day? That's so unlike you.
 なに、フィーブス?! 一日に2人とデート? あなたらしくないわね。

Phoebe: I know, I know! I'm like playing the field. You know? Like, juggling two guys, I'm sowing my wild oats. You know? This kind of like, you know, oat-sowing, field-playing juggler.
 そうなのよ! なんか遊んでるって感じ? 男2人を手玉に取ってって感じ? 遊びまくってるのよ。ね? はめを外して遊んでる手玉取りみたいな。

Joey: So Pheebs, do they know about each other?
 それでフィーブス、彼等はそのこと知ってるの?

Phoebe: Does a dog's lips move when he reads? . . . Okay, no they don't.
 犬が何か読む時クチビル動く? (みんなわけわからない顔なので) いいえ、知らないわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey guys!
 やぁ、みんな!

Joey: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

(ロス、ジョーイとチャンドラーはカウンターへ)
Joey: Well?!
 それで?

Chandler: Okay, how'd it go at the doctor's?
 医者行ってどうだった?

Ross: Well, he said there's definitely nothing to worry about, it's totally benign.
 それが、ぜんぜん心配することはないっていうんだ。良性のものだって。

Joey: What is it?!
 何なんだ?

Ross: He couldn't even tell me! He said it was just some sort of skin abnormality. And the worst thing is he said, he said, without being able to identify it, he was reluctant to remove it.
 彼にもわからないんだ! 皮膚の異常だって言うんだ。最悪なのは、何かわからない以上、切り取るのはいやだと言うんだ。

Chandler: You know what? You should go to my guy. Because when I went in there with my third nipple, he just lopped it right off. You know? So I guess I'm lucky. I mean not as lucky as people who were born with two nipples.
 それじゃあさ、俺が行ったとこへ行けよ。俺の3つ目の乳首の時、あっさり切り取ってくれたからな。運がよかったよ。ま、もともと乳首が2つの人ほどじゃないけどな。

Ross: At least they knew what yours was. You know? Yours had a name.
 少なくともおまえの場合は何かわかってるよな。名前がある。

Joey: Oh! Maybe they'll name yours after you! You know, they'll call it, The Ross. And then people would be like, "Awww, he's got a Ross."
 そうだ。おまえの名前をつけられるかもしれないぞ。な、ロスって名前になるんだ。それでみんな、こんな感じだ。「ああ、やつにはロスができちゃったんだって」

Ross: Yeah, that'd be cool!
 ああ・・それはいいね。

(カウチの方ではモニカが店の奥から戻ってくる)
Monica: Pete's breaking up with me.
 ピートが私と別れる気よ。

All: What?!
 えっ?!

Monica: I just checked my messages, and he said that when he gets back from Atlanta, we need to talk.
 留守電チェックしたの。そうしたら彼が、アトランタから帰ったら話があるって。

Rachel: And?
 それで?

Monica: Well that's it. People never say `We need to talk' unless it's something bad.
 それだけよ。「話がある」なんて悪い話しかありえないわ。

Joey: Whoa, that doesn't necessarily mean that he's breaking up with you.
 いや、そんなの、別れるって話とは限らないよ。

Monica: Really?!
 そうなの?

Joey: Yeah, maybe he just cheated on you.
 ああ。もしかしたら、浮気してたって話かも。

《通り:フィービーがジェイソンとデート》

Jason: ...and I know I'll never get rich doing it, but I gotta tell you, it's pretty cool knowing that you're making a difference in a kid's life.
 この仕事で金持ちにはなれないってわかってるけど、でも子供達の人生に影響を与えているって、すごいことだよ。

Phoebe: That is so great! Oh, I... Oh, my God!
 本当にすごいわよね!ああ、私・・(車が燃え始めたのを目撃)あら大変!

Jason: Whoa!
 うわっ!

Phoebe: Oh, my God!!!
 オーマイゴッド!!

Jason: Ahh-ahh, we'd better call the fire department!
 ああっ! 消防署に電話しないと!

Phoebe: No! No!
 だめ、だめよ!

Jason: No, no?
 だめ? だめ??

Phoebe: Well, we don't need a fireman, we need, like, a good mechanic. . . Oh, my God, here they come! Well, we gotta get out of here!
 消防士は必要ないわよ・・必要なのは・・メカニックよ・・(サイレンの音)オーマイゴッド! もう来るわ! もう行きましょ!!

Jason: W-w-w-wait! Why?!
 まま・・待って、どうして?

Phoebe: Well look, if I wanted to see a fireman, I would date one. Okay?
 いい? 私が消防士に会いたいときはデートする時よ、いい?(走り去る)

《ロス、病院》

Ross: That's all it is, a third nipple. You know? Just your run-of-the-mill third nipple. You know? You can take it off. Just slice that baby right off!
 それだけのことです、3つ目の乳首。ありきたりの3つ目の乳首ですよ。ね? 取ってしまってください。さらっと取っちゃってください!

(run-of-the-mill = 普通の,(月)並みの,平凡な)

Dr. Rhodes: Take your shirt off, and let's see what we're dealing with here. . . . What are you doing?
 じゃあシャツを脱いで。それを見せていただきましょう。(ロスがパンツをおろすので)何をしてるんだ?

Ross: Just showing you my run-of-the-mill-slice-it-right-off third nipple.
 切り取られるありきたりの3つ目の乳首を見せるだけですよ。

Dr. Rhodes: Well, that's not a third nipple.
 いやそれは、3つ目の乳首じゃないな。

Ross: No?
 違う?

Dr. Rhodes: First of all, it's on your ass.
 まず第一に、それは君のお尻にある。

Ross: Well then, what is it?!
 それじゃ、何なんです?

Dr. Rhodes: Wait a minute, hold it. Johnson! Will you come in here a moment?
 待ってくれ。そのまま。(隣室に声をかける)ジョンソン! ちょっと来てくれないか?

Dr. Johnson: I'm with Hamilton!
 ハミルトンと一緒ですが。

Dr. Rhodes: He's good with weird things, bring him in too.
 彼は変なものに詳しいから、彼も連れてきて!

《セントラルパーク》

Monica: I gotta go water Pete's plants. You know what? If he's gonna break up with me, maybe I won't water his plants.
 ピートの鉢植えに水をあげに行かなくちゃ。・・ねぇ? 彼が私と別れるっていうんなら、水をあげに行くのやめようかな。

Chandler: Well, if he's gonna break up with you, maybe Joey and I should water his plants. If you know what I mean.
 そうだな。もし別れるっていうんだったら、ジョーイと俺が行って水やってこようか。意味わかるだろ?

Joey: Or, we could go over there and pee on them.
 それか、俺たちが行って、オシッコかけてくるとか。

Phoebe: I can't take it! You know? I'm just, always afraid one of them is gonna catch me with the other one. It's making me crazy.
 もうこれ以上無理よ! わかる? どっちかに見つかるんじゃないかって 怖くてしようがないのよ。もうどうかなりそう。

Rachel: Well, honey, then why don't you break up with one of them?
 それじゃあ、どちらかと別れたら?

Phoebe: Uh.
 うん。

Joey: Whoa-whoa-whoa. What ah, what happened to playing the field?
 おいおいおい。遊びまくる話はどうなったんだ?

Phoebe: Well, it just, it doesn't feel like playing anymore, it feels like work. It's like I'm working in the field.
 それがもう、遊んでるって感じじゃなくなっちゃったのよ。仕事みたい。はめを外して仕事してるみたい。

Rachel: So, Pheebs, pick one of them.
 それじゃフィーブス、どっちか選ぶのね。

Monica: Yeah. Which one do you like more?
 そうよ。どっちの方が好き?

Phoebe: Well, Vince is great, you know `cause, he's like a guy, guy. You know? He's so burly, he's so very burly.
 そうね。ヴィンスは素敵よ。彼は、男って感じ。わかる? 彼ってすごくたくましいの。彼・・とってもたくましいのよ・・

Joey: Okay, good, so there you go. Go with Vince.
 うん、いいね。じゃあそれでいいじゃん。ヴィンスでいけ。

Phoebe: Yeah, but Jason's really sensitive.
 そうね。でもジェイソンはすごく繊細なの。

Chandler: Well, sensitive is important, pick him.
 繊細なのは大事だぞ。彼にしろ。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

Joey: Oh, sure, go with the sissy.
 そうか。じゃあ女々しい方でいけ。

Phoebe: Jason is not a sissy.
 ジェイソンは女々しくないわよ。

Joey: Oh, no-no-no-no, I meant Chandler.
 いや違う違う。チャンドラーのことだよ。

《病院のロス:大勢がロスを見に来ている》

Ross: You know, I have dinner plans!!
 あのですね、ディナーの予定があるんですけど!

Dr. Rhodes: Thank you so much for coming on such a short notice. Ladies and gentlemen, I've-I've been practicing medicine for twenty-three years, and I'm stumped.
 いきなり集まってもらって、ありがとう、みなさん。23年この分野でやってきましたが、これには参りました。(うつぶせになっているロスのブランケットを外す)

All: Whoa.
 (覗き込んで)うわぁ・・。

《ピートの部屋》

Monica: Okay, this is the den. All right, check this out. Lights! (the lights turn on automatically, but are very bright) Whoa! All right. Less lights! Bad lights! Lights go away! (they dim) Oh, see? You just need to find the right command.
 ここが彼の部屋よ。これ見て。ライト!(照明がつくがまぶしい)ワオ! レス・ライト! バッド・ライト! ライト行っちゃえ! (少し暗くなる)ほら見た? 適切なコマンドがわかればいいのよ。

Ross: Yes, and the dimmer switch.
 そうだね、(実はロスが照明を落とした)それと、このコンとロールスイッチとね。

Joey: Whoa! For a rich guy he's got, that's a pretty small TV.
 ウワ、 金持ちにしては、小さなテレビだな。

Monica: No-no-no, that's a video-phone. But hey guys, you're not supposed to be here, so please, do not touch anything.
 違うのよ。それはビデオフォンよ。でもみんな、ここに来てちゃダメなんだから、何も触らないでね。

Chandler: IKEA! This is comfortable.
 (カウチに座って)IKEA! 気持ちいいね。

(レイチェルとフィービーが別の部屋から来る)
Rachel: This place is amazing.
 ここって驚きよね。

Phoebe: God, that is the nicest kitchen.
 もう! 最高のキッチンね。

Monica: I know.
 そうなの。

Phoebe: No! But it's the nicest kitchen, the refrigerator told me to have a great day.
 そうじゃなくて! 最高に優しいキッチンよ。冷蔵庫がいい一日をって言ってくれたわ。

Joey: Look at this! A millionaire's checkbook.
 これ見ろよ! 億万長者の小切手帳だ。

Monica: Joey, put that down! (the phone rings) Oh, my God! It's Pete. Okay, get out!! How the hell do you answer a video-phone!
 ジョーイ。それ元に戻して。(電話が鳴る)あら大変。ピートよ。みんな出てって! どうやったら・・ビデオフォンに出るのかしら。(モニターつく)

Pete: Monica?
 モニカ?(みんな隠れる)

Monica: I guess that's how.
 あれでいいのね。

Pete: Hey, Monica, how's it going.
 やぁ、モニカ。元気?

Monica: Oh, it’s good! It's umm, it’s good, just here watering the plants.
 ええ、元気よ。元気。鉢植えに水あげに来たのよ。

Pete: Well, don't forget that ficus over there by Rachel.
 そう、レイチェルのそばにあるイチジクも忘れないで。

Rachel: Ahh... Chandler's on the couch!!
 ああ・・(立ち上がって)チャンドラーもカウチにいるわ!

Pete: I see him, you guys are just the worst hiders ever.
 見えるよ。君たち隠れるのこの上なくヘタだな。

All: Hey, Pete.
 やぁ、ピート。

Joey: Hi, how you doing?
 どうも。元気?

Monica: Ahh, Pete, the other day when you said you needed to talk, umm, just so I know, is it good news or bad news.
 ねぇピート。この前話があるって言ってたわね。聞いておきたいんだけど、いい話、悪い話?

Pete: Oh, it's good news. No, it's definitely good news. Hold on a second, I have another call. Hey, how's it going?
 ああ、いい話だよ。間違いなくいい話だ。ちょっと待って。他に電話が入った。やぁ、元気?

Monica: Oh, no-no-no, it's still me.
 あら、ダメよ。まだ私よ。

Pete: Ah, no it's not. I've got picture-in-picture here. . . Yeah. . . Yeah, okay. I'm gonna have to call you back later. . . Monica? You. I'm gonna have to call you back.
 あ、いや違うんだ。こっちでは2画面になってるんだ。(他の相手に)ああ。・・・そう、じゃあまたかけ直すよ。・・モニカ? 君にかけ直すよ。

Monica: Oh, oh, okay umm, so I'll see you soon.
 あっ、わかったわ。それじゃまたね。

Pete: Okay, I love you.
 わかった。愛してるよ。

Monica: I love you.
 愛してるわ。

All: I love you. We love you, too.
 愛してる! 僕らも愛してる!!

Monica: Okay. Well, it's good news. It's good news.
 よし。いい話なのね。いい話なんだわ。

Chandler: So, what do you thing the good news is?
 それじゃあ、いい話って何だろう?

Joey: Wow! Look at this! He wrote a check for 50,000 dollars to "Hugo Lindgrens Ring Design. Oh, sorry, what do you think the good news is?
 (小切手帳を見て)ワオ! 彼「ヒューゴ・リングレン・リング・デザイン」ってとこに50,000ドルの小切手切ってるよ。(みんな驚いている)・・・あ、ごめん。いい話ってなんだと思う?


Monica: Oh, my.
 まぁ・・・。

Rachel: Monica's gonna marry a millionaire!!!
 モニカが億万長者と結婚するっ!!

Ross: Hey, you gotta get Mom on the phone. Call Mom! Call Mom!
 かあさんに電話で知らせなくちゃ。かあさんに電話! かあさんに電話!

(ピートのかあさんに電話つながる)
Pete's Mom: Hello.
 もしもし。

Monica: And that's Pete's Mom.
 ピートのおかあさんよ!(全員が隠れる)

《モニカの家》

Rachel: Mon, you definitely have to make it a theme wedding, and the theme could be, “Look How Much Money We’ve Got!” You know, I mean you could put, you could put money in the invitations! You could have like little money place settings. And ah, you could start with a money salad! I mean it’ll be dry, but people will like it.
 モン、絶対テーマ・ウェディングにするべきよ。テーマは「見て!こんなにお金持ち!」ね? 招待状にお金入れるのよ! テーブルの飾りもお金にするの。お金サラダで始めるのよ。乾燥してるけど、みんな気に入るわよ!

Monica: Would you stop? We’ve only been going out a couple of weeks, I mean we don’t even know if he’s gonna propose.
 もうやめて。まだつきあって2週間よ。まだ彼がプロポーズするのかもわからないのよ。

Chandler: Yes, but this is Pete. Okay? He’s not like other people, on your first date he took you to Rome. For most guys that’s like a third or fourth date kinda thing.
 そうだけど、相手はピートだぞ。普通の人とは違う。初めてのデートでローマへ行った人だろ。普通の男にとって、そんなの3回目か4回目のデートだ。

Monica: Well, if that’s what it is, then it’s-it’s crazy.
 もしそうだとしたら、そんなのどうかしてるわよ。

Ross: Monica’s right. We’re talking about getting married here. Okay? She-she can’t just rush into this.
 モニカのいう通りだよ。結婚するって話だぞ。そんな急いでできることじゃない。

Rachel: Oh, what do you know! You married a lesbian!
 もう。あなたに何がわかるの。レズビアンと結婚した人が!

Phoebe: All right. I gotta go. I have to break up with Vince.
 さあ、もう行くわ。ヴィンスと別れなきゃ。

Chandler: Oh, so you’re going with the teacher, huh?
 ああ、じゃあ先生に決めたんだな?

Phoebe: Yeah, I like Vince a lot, you know? But, it’s just Jason’s so sensitive, you know? And in the long run, I think sensitive it’s just better than having just like a really, really, really nice body . . . Jason! Definitely Jason! Okay, wish me luck!
 ええ。ヴィンスは好きだけどね。ジェイソンはとっても繊細なのよ。長い目で見たら、繊細であるってことは、本当に本当に本当にいい体ってことよりいいのよね(ボーッと思い浮かべる)ジェイソン! ジェイソンに決まりよ! 幸運を祈ってね。

All: Good luck!
 グッドラック!

Rachel: Oh, my God!!! . . . Sorry, I was just imagining what it’d be like to catch the money bouquet.
 (突然手を挙げて叫ぶ)オーマイゴッド!!! ごめん。お金ブーケをつけとる想像しちゃった。

《消防署》

Phoebe: Excuse me. Umm, is Vince here?
 すみません、ヴィンスはいますか?

Fireman: Oh sure. Vince?!
 ああいるよ。ヴィンス!

Vince: Yo!!
 おお!(ポールを滑り降りてくる)

Phoebe: Wow! I didn’t know you guys actually used those.
 ワオ! ああいうのを使ってるとは知らなかったわ。

Vince: So, what’s up?
 何かあった?

Phoebe: Umm, wow. This-this isn’t gonna be easy. Umm, I don’t think we should see each other anymore.
 うーん・・ああ。これは簡単なことじゃないわ。。えっと・私たちもうつきあわない方がいいと思うの。

Vince: Uh-huh. G-good deal.
 ああそう・・それはいいね。

Phoebe: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Vince: No, no it’s okay. It’s just that ah, I thought we had something pretty special here. And you know I felt like you were someone I could finally open up to. There’s so much in me I haven't share with you yet.
 いや、いいんだ。ただ僕ら2人には特別なものがあると思ってた。君には、心を開くことができると思ってたんだ。君と分かち合ってないことがまだいろいろあって・・

Phoebe: Oh, my God, I didn’t…
 オーマイゴッド・・私は・・

Vince: I’m sorry, I can’t talk. I’m gonna go write in my journal.
 (泣き出す)ごめん。話せないよ。日記に書いてくる。(立ち去る)

Phoebe: Wait-wait-wait! Wait!!
 (追いかけ)待って待って待って! 待って!

《セントラルパーク》

Phoebe: I’m telling you, if you want to take care of that thing, you should go to my herbal guy.
 だから、それをなんとかしたいなら、私の知ってる薬草の専門の人のところへ行くべきよ。

Ross: Thank you, but I want to remove it Pheebs. I don’t want to make it savory.
 ありがと。でも、僕はこれを取ってほしいんだよ、フィーブス。これをデザートにしてもらいたくない。

(savory = オードブルやデザートに出す辛口料理)

Monica: You know, when girls sleep with guys with weird things on their body, they tell their friends about it.
 ねぇ。女の子は、寝た男性に何か変な物があったってわかると、それ友達にしゃべるわよ。

Ross: Give me this.
 それちょうだい(フィービーからカードを取って立ち去る)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi! Okay, don’t be mad at me, but I couldn’t resist.
 ハーイ! 怒らないでね。でも買わずにいられなかったわ。

Monica: Brides magazines?
 結婚情報誌?

Rachel: Yes, and I know that you’d say no if he asked you, but I’m sorry; how great would you look walking down the aisle in this Donna Karan.
 そうよ。彼に申し込まれても断るってわかってるけど、でもごめんね。ほら、このダナ・キャランを着て結婚式ってどんなに素晴らしいか・・

Phoebe: Oh, you so would! Oh, you should get that anyway. . . Well, for clubbing.
 わぁ、いいでしょうね! ああ、とにかくもう買っちゃえば。(2人に見られて)だって、ほら、クラブに行けばいいじゃん。

Monica: It is so weird. I know what I said, but uh, this morning, I was lying in bed I was imagining what it would be like to say yes. I know it’s a little sudden, and it’s a little rushed, and it’s totally not like me to do something like this, but it doesn’t mean I can’t. Right? I mean, I’m crazy about Pete, and I know that we want the same things, and when I thought about saying yes, it made me really happy.
 すごく変な感じよ。確かにそう言ったけど、でも今朝ベッドに横になってて、イエスって言うことを想像しちゃったわ。急だってわかってるし、突然のことで全然私らしくないえkど、でも、ダメってことじゃないわよね、でしょ? だって私ピートが大好きだし、同じ物を求めてるわけよね。イエスって返事をするって考えてみたら、とても幸せだった。

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・。

Monica: I know. . . I need more pie.
 そうなの・・・もっとパイ食べよ。

Phoebe: Hey, Mon, if you do get married, can I bring two guests?
 ねぇ、モン。もし結婚するとしたら、私2人ゲスト連れてっていい?

Rachel: You didn’t break up with that fireman?
 消防士さんと別れなかったの?

Phoebe: No, that was my way of telling you. Well, it turns out he’s incredibly sensitive, he keeps a journal and he paints. He even showed me charcoal drawings that he drew of me.
 そうなの。これが私の報告方法よ。だって彼すごく繊細な人だったの。日記をつけてるし、絵も描くのよ。木炭画で私を描いたのを見せてくれたの!

Rachel: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Yeah. Well, he’d prefer water colors, but you know, he has easy access to a lot of charcoal.
 そうなの。彼は水彩画の方が好きなんだけど、でもほら、彼、木炭が手に入りはすいでしょ。

Monica: So then, you're gonna dump Jason?
 それじゃ、ジェイソンと別れるのね?

Phoebe: Well, yeah, because I have to break up with someone, and…. Okay, so Jason is sensitive, but now, so’s Vince. Plus, Vince has the body, you know? So… It’s really just about the math.
 ええ、そうね。だって誰かとは別れなきゃだものね。そう。ジェイソンは繊細(指を1本立てる)、でもヴィンスもそう(もう一方の手の指を1本立てる)。そしてヴィンスはいい体。ね? (指をもう2本立てる)だから、これはもう算数の問題ね。

《ジェイソンの部屋・ノックするフィービー》

Phoebe: Jason?
 ジェイソン?

Jason: Yeah, come on in.
 ああ、入って。

(上半身裸のジェイソン。逞しいのでぼっとなるフィービー)
Jason: So Phoebe, you ah, sounded kinda serious on the phone, is ah, is anything wrong?
 それで、フィービー。電話の時なにか深刻そうだったけど、何か問題があった?

Phoebe: Nah-ha!
 いいえ!

《薬草の人のところ》

Guru Saj: You must be Ross.
 あなたがロスですね。

Ross: Hi.
 やぁ。

Guru Saj: I am Guru Saj.
 私は導師・サージです。

Ross: Listen, I got to tell you, I’ve never been to a guru before, so...
 あのですね、言っておきますけど、こういうところ初めてなんです。

Guru Saj: Well, relax. If it makes you feel better, I’ve attended some of the finest medical schools in Central America. Well then, let’s take a look at this skin abnormality of yours. Come on, have a seat. (looks at it) Eh, huh. As I suspected, it’s a kundus!
 いや落ち着いて。これを言うと気が楽になるかもしれないが、私は中央アメリカで一番の医学学校に行ったんですからね。それでは、あなたの皮膚に起きた異常というのを見てみましょう。さぁ、座って。(見る)おお。思った通り。これは、クンダスですね。

Ross: What’s a kundus?
 クンダスってなんです?

Guru Saj: I don’t know, what’s a kundus with you? . . . Please, lie down! I’ve got a salve that ought to shrink that right up.
 さぁね。あなたにとってクンダスは何ですか?(冷めた目のロス)さぁ。横になって! この軟膏ですぐ小さくなりますよ。

Ross: I guess it’s worth a try.
 試してみる価値はあるでしょ。

Guru Saj: Oh sure, we should see results−Whoa!! Clearly not the way to go!!
 ああ、そうですよ。結果を見れば・・・ウワオ! これは見るからによくない!

Ross: What?! What?!
 なに? なんです?

Guru Saj: We appear to have angered it.
 どうやら、私たちは怒らせてしまったようだ。

Ross: We?! We angered it?!
 私たち? 私たちが怒らせた?

Guru Saj: Oh, I think I see the problem. And I’m afraid we’re gonna have to use a much stronger tool. . . Love.
 ああ。問題がわかったと思いますよ。残念ながら、もっと強いツールが必要です。・・・愛です。

Ross: Oh, God!
 ああもう!!

Guru Saj: Ross, there is absolutely no way this is going to come off unless you start to…
 (患部の上の方で手をぐるぐる動かす)ロス、これは絶対取れてきませんよ、もしあなたが・・

Ross: Ow!!
 痛いっ!!

Guru Saj: Oops.
 おっと!

Ross: What was, what was that?
 何? 何ですか?

Guru Saj: Well, it’s gone.
 いや、取れましたね。

Ross: What?! How’s that?
 えっ? どうやって?

Guru Saj: It got caught on my watch.
 時計に引っかかったんですね。

Ross: Hey!
 ヘイ!(喜ぶ)

《ピートの部屋:デートから戻った2人》

Pete: Lights. . . Uh, romantic lights.
 ライト。・・・ロマンティック・ライト。

Monica: Ooh, nice.
 ああ、素敵ね。

Pete: So ah, there was this thing I wanted to talk to you about.
 それで、君に話したいっていってたことだけど。

Monica: Oh, right! I completely forgot about that.
 ああ、そうね。そのことすっかり忘れてたわ。

Pete: Well, I’ve been doing a lot of thinking, and I look at my life…
 いろいろ考えてきたんだけど、僕の人生を見て・・

Monica: Yeah?
 ええ。

Pete: And I feel like I’ve conquered the business world, and I feel like I’ve conquered the intellectual world, and now I have the most beautiful woman in the world.
 ビジネス界で成功を収めたと思う。そして、知性の分野でも成功してきた。そして今では、世界一美しい女性も手に入れた。

Monica: Wow.
 ワオ・・。

Pete: There’s one thing missing.
 一つ足りないものがある。

Monica: What’s that?
 それはなに?

Pete: It’s time for me to conquer the physical world.
 肉体的世界を征服するんだ。

Monica: Okay.
 そうなの。

Pete: Monica, I want to become the Ultimate Fighting Champion.
 モニカ、ウルティメット・ファイティング・チャンピオンになりたいんだ。

Monica: You wanna what?!
 何になりたいですって?

Pete: I want to become the Ultimate Fighting Champion! It’s the most intense physical competition in the world, it’s banned in 49 states!
 ウルティメット・ファイティング・チャンピオンになりたいんだ! 格闘界でももっとも激しいもので、49州で禁止されている。

Monica: What are you talking about?
 なんの話なの?

Pete: Okay, my trainer, Hoshi, is teaching me a combination of Jeet Kune Do and Brazilian street fighting, I’ve even had my own octagon training ring designed.
 僕のトレーナーのホーチーは、ジークンドーとブラジルのストリートファイトのコンビネーションを教えてくれている。八角形のトレーニングリングも注文で作ったんだ。

Monica: And I suppose you used a ring designer for that.
 それをリング・デザイナーに作らせたんでしょうね。

Pete: Yeah. Monica, I want you there in the front row when I win. I want you close enough to smell the blood. What do you think?
 そう。モニカ、僕が勝つところを、一番前で見ていてほしい。血の匂いがわかるほど近くにいてほしいんだ。どう?

Monica: My parents will be so happy.
 ・・・両親が喜ぶわ。

《セントラルパーク:フィービー歌っている。ヴィンスがいる》

Phoebe: “Crazy underwear, creeping up my butt. Crazy underwear, always in a rut. Crazy underwear…” . . . Oh No! What is he doing here? All right, just keep playing, just keep playing. You’ll get through this; you’ll be fine. . . . . Okay, thank you. And, as always no one talk to me after the show.
 (歌)おかしな下着、お尻をあがってくる。おかしな下着、いつもはまってる。おかしな下着・・(ジェイソンが入ってきたのを見る・・心の声)まぁ大変! 彼何をしてるの? いいわ。歌い続けるのよ。とにかく歌うの。なんとかなるわ。大丈夫よ・・(歌おうとするが言葉にならない)はい。ありがとう。いつものように、ショーの後は話しかけないでね。

Jason: Hey. I was…
 (歩み寄り)やぁ、僕・・

Phoebe: Hey!
 あらっ!

Jason: .. passing by and I saw that you were playing tonight, it’s kinda cool seeing you up there.
 通りかかって、君が演奏してるのを見たんだよ。君が歌ってるのを見るなんて素敵だよ。(キス)

Vince: Whoa! Hey-hey! What’s going on here? Who is this guy?
 うわっ! おいおい! 何してるんだ? この人だれ?

Phoebe: I don’t know, he just started kissing me. Get him! Get him, Vince!
 知らないわ。この人キスしてきたのよ。つかまえて、つかまえて、ヴィンス!

Vince: What?!
 え?

Jason: What?!
 なに?

Phoebe: Yeah, okay, I’ve been dating both of you, and it’s been really horrible. ‘Cause you know it’s been a lot of fun, for me. Umm, but I like you both, and I, and I didn’t know how to chose, so... I’m sorry, I’m just, I’m terrible, I’m a terrible person. I’m terrible.
 ええ、そう。私あなた達2人とデートしてたの。ほんとにひどいわよね。だって、私は楽しかったもの。でも、2人とも好きで、決められなかったの。ごめんなさい。私ってひどいわね。私はひどい人間よね。私ひどい。

Vince: Phoebe, Phoebe relax, it’s okay. I mean, we never said this was exclusive.
 フィービー、フィービー、落ち着いて。いいんだよ。だって、まだそんな約束をしたわけじゃないし。

Jason: Yeah, and neither did we. Give yourself a break.
 そうだよ。僕らとしてもそうだ。そんなに責めないで。

Phoebe: Really?!
 ほんと?

Jason: Yeah. I mean you know, we haven’t been going out that long. Come on, we haven’t even slept together yet. Huh.
 ああ。だって、そんな長いつきあいでもないし。ね。まだ寝てもいないんだよ。

Vince: You haven’t?
 まだなの?

Jason: You have?
 寝たの?

Phoebe: Okay, this is none of my business.
 あら、それは私関係ないわ。(離れる)

Jason: I-I can’t believe this! You-you’ve slept with him?!
 信じられないよ! 彼と寝たの?

Phoebe: Well, I made you a candle light dinner in the park.
 でも私あなたとは公園でキャンドルライトのディナーをしたわ。

Jason: You know Phoebe, I’m gonna make this real easy for you.
 フィービー、これは、僕が簡単にしてあげるよ。(出て行く)

Phoebe: Well, that could’ve been really awkward.
 (ヴィンスに)まぁこれは、気まずいわよね。

Vince: You made him a candle light dinner in the park?
 彼と公園でキャンドルライトのディナー?

Phoebe: Yeah, but I-I-I-I can do that for you, I’m gonna do that for you.
 ええ。でも、あなたともそうするわ。あなたのためにしましょう。

Vince: Uh yeah, I can’t believe I ever went out with somebody who would actually have an open flame in the middle of a wooded area.
 ああ。もう信じられないよ。木のあるところで火を使うような人と僕はデートしてたなんて。(出て行く)

《薬草の導師のところ》

Chandler: Everything’s gonna be all right. Okay, Dick?
 (アヒルをなだめる)なにもかもうまくいくからね、いい? ディック?

Guru Saj: Hello, I am Guru Saj. . . Whoa!! . . That’s supposed to be a duck right? ‘Cause otherwise, this is way out of my league.
 こんにちは、私は導師サージ・・うわっ! あれはアヒルですよね? そうでなかったら、とうてい手に負えませんから。

Joey: Yeah, yeah. He’s got a, he’s got a really bad cough, and our vet, he can’t do anything about it. Is there something you can do?
 そうですよ。この子ひどい咳をするんですよ。うちの獣医は、何もできないっていうんです。何かできることあります?

Guru Saj: Hmm, let me see. Let me see. Do you think you could get him to eat a bat?
 そうね・・どうかな。どうかな。。この子にコウモリを食べさせることできます?

(ダックは羽をバタつかせる)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 15:33| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。