2013年07月19日

3-22 The One With The Screamer

3-22怒鳴るヒトの話

 ☆レイチェルの勘違い!☆

《モニカ達の部屋》

Rachel: Oh, Phoebe, are you still on hold? I was supposed to call my Dad back like two hours ago.
 あら、フィービー、まだ保留中なの? 私もう2時間前にとうさんに電話するはずだったのに。

Phoebe: Oh, yeah, he clicked on, he said call him as soon as you get a chance, he’s at Flimbees.
 ああ、電話あったわよ。できるだけ早く電話くれって。フリンビーズにいるって。

Rachel: What’s Flimbees?
 フリンビーズって何?

Phoebe: Oh, yeah, that’s the word I use when I can’t remember the real thing.
 ああ、それよ。私がどうしても正確な名前を覚えられないとこなの。

Rachel: Okay. Hang up! That’s it! Come on!
 もういい。電話切って。もうダメよ。

Phoebe: No! Rachel, that’s what they want me to do. My warranty expires tomorrow, if I don’t get through, they’re not gonna fix my crappy, broken phone for free! We cannot let them win! It’s us versus them!
 ダメよ、レイチェル。それが向こうの手なんだから。私の保証は明日で切れてしまうの。ここを通過しないと、私のお粗末な壊れた電話を無料で直してもらえないのよ! やつらの思い通りにさせないわ! 私たちとやつらの戦いよ!

Chandler: Yes!!
 そうだ!

(ジョーイがくる)
Joey: Hey.
 やぁ。

All: Hey.
 ヘイ。

Joey: Uh, listen I gotta double check for tickets tonight. Who-who got what?
 聞いて。今夜のチケット枚数の再確認だけど。誰が何枚?

Chandler, Phoebe, and Rachel: I have one.
 一枚。

Monica: I need two. I’m bringing Pete. My boyfriend. I have a boyfriend now!
 私は2枚。ピートと行くから。私のボーイフレンド。いま私にはボーイフレンドがいるのよ♪

Joey: Two it is. Ross, how about you?
 2枚ね。ロスは?

Ross: Uh, yeah, I ah, I also need two.
 ああ・・僕も2枚。

Monica: Really? Who’s number two?
 ほんと? No.2は誰?

Chandler: Who’s number two? One of the more difficult games sewer workers play.
 「誰がNo.2?」下水業者の難しいゲームのひとつだな。

Ross: Uh, no, it’s-it’s just this person.
 ああ、ただの知りあい。

Phoebe: Like a date type person?
 デートな感じ?

Ross: Yeah, kind of. It’s this woman from work. I hope that won’t be too weird. Will it, Rach?
 まぁ、そんな感じ。職場の女性だ。問題ないよね。ね、レイチ?

Rachel: No. No, not at all, not at all. I actually was gonna bring someone myself, so…
 いえいえ、全然、大丈夫よ。私も一緒に行く人がいるの。

Joey: But you said one ticket.
 でもチケット1枚って言ったよね。

Rachel: I meant, me plus one!
 私プラス1枚って言ったのよ。

Joey: Okay. Did you guys mean you plus one?
 わかったよ。(フィービーとチャンドラーに)君たちもプラス1枚って意味?(ノーという身振り)

Ross: All right, I’ll see you tonight.
 それじゃ、また今夜ね。

Joey: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay, bye-bye!
 オーケー、バイバイ!

Chandler: Bye!
 バーイ!

Monica: Bye-bye!
 バイバイ!(ロスは出て行く)

Rachel: Okay, I need a date!
 さぁ、デート相手探さないと!

Joey: Oh, hey, you guys are finally gonna get to meet Kate!
 そうだ、みんなついにケイトに会ってもらえるよ!

All: Oh!
 ああ!

Joey: And I borrowed some of your cologne. I hope she likes it.
 それから、おまえのコロン借りたぞ。彼女が気に入るといいんだけど。

Monica: Joey, what are you doing?! It’s never gonna happen, she’s seeing somebody.
 ジョーイ、どういう気? 何も起きないでしょ。彼女には他の人がいるんだもの。

Chandler: Yeah, and I don’t have any cologne.
 そうだよ。それに俺コロンなんて持ってないぞ。

Joey: The green bottle next to the shaving cream.
 シェービング・クリームの隣の緑のボトルだけど?

Chandler: Oh! Worm medicine for the duck.
 ああ! あれはダックの虫下しだぞ。

《モニカ達の部屋:劇場に行く準備中》

Monica: Here you go. You can wear this.
 (セーターを渡し)はい、どうぞ。これ着ていいわよ。

Phoebe: Thanks!
 ありがと!

Monica: Uh-huh.
 いいよ。

Phoebe: Okay. Ooh, I’m setting the phone down. . . But I’m still here! Just don’t go anywhere I’m still here. . . Don’t-don’t switch or anything, ‘cause I’m, I’m right here. Just one sec. One sec! One second!! Wait! One second! Just…
 (電話に)さぁ、電話をちょっと置くわよ。でもここにいるわよ! どこへも行かないで、ここにいるわよ。(セーターを着ようとする)切ったりなんかしないでよ。私ここにいるんだから。(頭を袖に通そうとしている)ちょっと待って! ちょっとだけ! ちょっと待ってよ! ちょっと待って!!

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: What?! Monica, I’m scared!!
 なに?! モニカ! 怖いよ!

Monica: All right. Honey, that’s-that’s a sleeve. Okay?
 はいはい、ねぇ、それは袖よ。いい?

Phoebe: Yeah.
 ああ。

Monica: And we also have speaker phone.
 それに、スピーカーフォンにすればいいのよ。

Hold Voice: Please, stay on the line. Your call is important to us.
 (電話の声)このままお待ちください。お客様の電話は私たちにとって大切です。

Monica: Okay, wait, you gotta hang up ‘cause we’re gonna be late.
 ねぇ、いい? 切らなきゃだめよ。遅れちゃうわ。

Hold Voice: Thank you for your patience, you’re the next caller.
 お待ちいただきありがとうございます。この次おつなぎいたします。

Phoebe: Yes!! Yes!! I’m the next caller! You were gonna have me hang up.
 やったわ! やったわ! 次よ! あなた切らせようとしたわね。

(チックとダックを抱いてチャンドラーが来る)
Chandler: Hey! Can you take a duck and a chick to the theatre?
 なぁ、シアターにダックとチック連れて行ける?

Monica: Of course not.
 とんでもない。

Phoebe: No.
 ダメ。

Chandler: Okay. I just wanted them to hear it from somebody else.
 よし。他の誰かから聞かせてもらいたかったんだ。

《ジョーイの劇場・レイチェルとトミー、ロスとケイリン》

Ross: Hey, hey, Rach!
 やぁ、レイチ!

Rachel: Oh, hi!
 あら、ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: How are you?
 元気?

Ross: Good.
 ああ。

Rachel: Hey.
 どうも。

Ross: So it looks like we’re the first ones here.
 僕らが最初に着いたみたいだね。

Rachel: Yeah, looks that way. First ones here! Wooo!!
 ええ、そうみたいね。最初に到着! イエーイ!

Ross: Yay!!
 イエーイ!

Rachel: Oh! Tommy, this is Ross. Ross, Tommy.
 ああ、トミー、こちらロス。ロス、こちらトミー。

Tommy: Hey.
 やぁ。

Ross: Hey. Oh, I’m sorry, this is Cailin.
 やぁ。あっ、失礼、こちらケイリン。

(全員一斉に握手しようとして混乱。ようやくみな握手)
Ross: And! Break!!
 はーい! おしまい!

Rachel: Okay, uhh, I think I’m going to run to the ladies room.
 はぁ。私はトイレに行ってくるわ。

Tommy: Okay.
 わかった。

Cailin: I’ll join you.
 私も行くわ。

Tommy: I’ll get our seats.
 席に行ってるよ。

Ross: So uh, well, this-this is uh, this is awkward.
 これは・・これはちょっと気まずいね。

Tommy: Yeah?
 そう?

Ross: Well, you know, ‘cause Rachel and I used to go out.
 いや、ほら、レイチェルと僕は以前つきあっていたから。

Tommy: Oh, I didn’t, I didn’t know that.
 ああ、それは知らなかった。

Ross: Oh! Well, then this is awkward. So what do you uh…
 ああ! それじゃ今気まずいな。それで君は・・

Tommy: I think we’re here.
 僕らここだと思うな。

Ross: Oh! Yeah.
 ああ、そうか。

Tommy: Yeah.
 そうだ。

Ross: Okay. Uh, huh. Excuse me, I’m sorry, I-I think you may be in our seats.
 そうか・・えっと失礼、すみませんが、ここは僕たちの席だと思うんですが。

Man: Umm, no, I don’t think so.
 うーん、いや、違うよ。

Tommy: Can-can we take a look at your ticket?
 チケット見せてもらえます?

Man: Sure.
 いいよ。

Ross: Yep! Yeah, see this says D-13, and uh…
 ああ、そうだ。ほら。D-13だから・・

Man: Oh, well, I thought that ah…
 あっそうですか、私が思ったのは・・

Tommy: Oh, you thought, huh? Yeah, well that didn’t really work out too well for you did it you idiot!! What are you?! A moron!! Huh?! It says D-13! Okay?! Look you’re surrounded by even numbers!! Did that give you some clue?!
 思っただって? ええ?! 思ったって役に立たなかったな、このアホが! なにものなんだ? バカか?! えっ?! D-13と書いてあるだろうが! どうだ?! 周りの番号を見たらどうだ! それでもわからんか!

Man: Uh, the usher told us to come…
 ああ・・案内人がここへ・・

Tommy: Oh! Oh! The usher must be right! What, with all that training they go through! Get out!! Here! . . . Hey, man, you want the aisle?
 そうか! 案内人は正しいに違いないか! やつらがトレーニング受けてるってか! どけ! (チケットを返し)ほらっ!(ロスに)通路側がいい?

Ross: No, I’m good.
 いや、いいです。

《上演後のパーティ》

Chandler: There he is!
 (ジョーイを見て)やぁ、来たぞ!

Monica: There’s our star!
 私たちのスターよ!

Joey: So, so, what did you think?
 それで、どうだった?

Chandler: Almost as good as that play with the two naked girls on the see-saw.
 2人の裸の女の子がシーソーしてた芝居ぐらいよかったぞ。

Joey: I wasn’t in that.
 俺あれには出てない。

Chandler: I know.
 知ってる。

Joey: Oh-oh, hey-hey, Kate! Listen I want you to meet everybody. Everybody, this is Kate.
 あっ、ねぇ、ケイト! みんなに会ってほしいんだ。みんな、こちらがケイト!

Monica: Hi!
 ハーイ。

The Director: Excuse me. Excuse me. Sweetheart! . . Come!
 (割り込み)失礼!失礼!(ケイトに)愛しいきみ!(キス)来て!(立ち去る)

Chandler: So that’s the girl you like.
 彼女がおまえの好きな子だな。

Joey: Yeah.
 ああ・・。

Ross: I’m telling you, this guy Rachel is with is crazy! Okay? He viscously screamed at total strangers! I think he’s bad news!
 本当なんだ。レイチェルが一緒に来てる男は狂ってる! いいか? 彼は見ず知らずの人に恐ろしい勢いで怒鳴ってたんだ。彼はよくない!

Chandler: Wait a minute, wait a minute, you don’t like the guy Rachel’s dating? Well, that’s odd.
 ちょっと待て、ちょっと待て。レイチェルのデート相手が気に入らないって? それは変だな。

《ジョーイとレイチェル、トミー》

Joey: Oh, hey, Lauren. Uh, you guys, this is, this is Kate’s understudy, Lauren.
 あ、やぁ、ローレン。(レイチェル達に)君たち、こちらケイトの代役のローレン。

Rachel: Oh, hi!
 ああ、ハーイ!

Lauren: Hey.
 どうも。

Rachel: Hey. Gosh, you look so familiar.
 どうも。あら、なんか見覚えがあるわ。

Lauren: Oh, yeah! I ran into you in the hallway in your building. It was right after I slept with Joey. He dumped me the next day.
 ええ、そうなの! あなたの建物でお会いしましたわ。ジョーイと寝た直後だったの。翌日振られたのよ。

《モニカ、ピートとケイリン》

Cailin: So. How’d you guys meet?
 それで、どうやって知り合ったの?

Pete: Well ah, the short version is, I ah pursued her for a couple of months, then I gave her a check for 20,000 dollars, and she was mine.
 そうだな、短く言うと、2ヶ月ほど彼女を追っかけて、2万ドルの小切手をあげたら、今や僕のもの。

Monica: Yeah, and in the long version, I dump him for telling people the short version.
 ええ。長く言うと、短いバージョンをみんなに言うから振っちゃうのよ。

《ジョーイ、エステル、モニカ達》

Estelle: Joey, sweetheart, you were fabulous!
 ジョーイったら、あなた最高だったわよ!

Joey: Hey, you guys, this is my agent, Estelle.
 ねぇ、君たち、この人が僕のエージェントのエステル。

Estelle: How do you do. Ooh, you two girls were outstanding! . . Did they have representation?
 初めまして! ああ、あなた達2人、すばらしかったわよ! (ジョーイに)彼女達エージェントいるの?

Joey: No, they-they weren’t in the play.
 いや、彼女達は芝居に出てないよ。

Rachel: We’re not actors.
 私たちは俳優じゃないんですよ。

Estelle: Ooh, what a shame! Because with her face and her chest I could really put something together.
 あらもったいない! 彼女(モニカ)の顔と彼女(レイチェル)の胸があればすばらしいものができあがるのに!

Chandler: Could I borrow it?
 それ借りていい?

《ロスとケイリン》

Cailin: Hi! Remember me?
 ねぇ、私を覚えてる?

Ross: Hi! Yeah! Tommy’s in line for the bathroom and someone just cut in front of him, I think he’s gonna snap.
 やぁ! うん。トミーはバスルームで並んでいて、今誰かが割り込んだから、きっと彼キレるよ。

Cailin: Ross, I’m gonna go.
 ロス、私帰るわ。

Ross: Go? Why?
 帰る? どうして?

Cailin: I don’t know. Could be because I don’t feel like standing around all night waiting for some guy who may or may not scream.
 どうしてかしらね。一晩中どなたかが怒鳴るかどうかを見てる気にはなれないからかしら。

Ross: But-but Cailin, he definitely will scream.
 でも、ケイリン、彼は絶対怒鳴るよ。

Cailin: Good bye, Ross.
 バイバイ、ロス。

Ross: Uh, oh-ho bye.
 ああ、うん、バーイ。

The Director: (entering carrying a newspaper) Here we go, people! (starts reading the review) Boxing Day! The Lucille Lortel Theatre, blah-la-la-la… Ah-ha! Joey Tribbiani, gives an uneven performance, but Mr. Tribbiani is not the worst thing in this production.
 (新聞を持ってきて)さぁきたぞ、みんな! (新聞を読む)ボクシング・デイ! ルシル・ローテル・シアター、なんたらかんたら・・おお! ジョーイ・トリビアーニ、ムラのある演技、だが、この芝居においてトリビアーニ氏はまだ最悪ではない。

Joey: Yes!!! Ha-ha-ha!
 やった! ハハハ!!

The Director: Kate Miller’s awkward and mannered portrayal is laughable. Badda-badda-badda. Ah-ha! Here it is! The direction by Marshal Townend is… . . . . Thank you, boys and girls, you’ve ruined my life. Please, stuff your talentless faces with my Mother’s crab cakes! (starts to leave) Excuse me!!
 ケイト・ミラーのぎこちなく真実みのない芝居はお笑いぐさである。なんたらかんたら・・・あった! ここだ! マーシャル・タウネンによる監督は・・・(黙って読み新聞を投げ捨てる)ありがとう、少年少女よ。僕の人生を台無しにしてくれて! その才能のない顔をうちの母のかにコロッケでいっぱいにしてくれたまえ! 失敬!!(出て行く)

Joey: Anyone mind if I save this?
 (新聞を持ち上げ)これもらっていい?

《モニカ達の部屋》

Monica&Rachel: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Oh, is the play over?
 あら、もう芝居終わったの?

Monica: Yeah. Where were you?
 ええ。どこにいってたの?

Hold Voice: Thank you for your patience, you’re the next caller.
 お待ちいただきありがとうございます。次におつなぎします。

Monica: You were the next caller five hours ago. You must be going crazy.
 あなた5時間前につないでもらえるはずだったじゃないの。頭どうかならない?

Phoebe: Nah. I kept myself busy.
 いいえ。用事みつけてたから(あやとりをしている)

(モニカとレイチェルがそれぞれの部屋に行き、不思議な顔で出てくる)
Phoebe: Oh, okay, yeah. I put your stuff in her room, and her stuff in your room.
 ああ、そうなの。あなたのものを彼女の部屋に、彼女のものをあなたの部屋に移した。

《劇場:ジョーイとケイト》

Joey: Hey! You okay?
 やぁ、大丈夫?

Kate: Fabulous.
 ご機嫌よ。

Joey: Listen, drama critics, they’re nothing but people who couldn’t make it as actors. You know what you should do?
 ねぇ、ドラマ批評家なんて、俳優になれなかった人達だよ。きみ、どうするべきかわかる?

Kate: Become a drama critic!
 ドラマ批評家になる!

The Director: I am hurt! A plague on both your houses!
 僕は傷ついた! 君たち2人の家に疫病を!(立ち去る)

Kate: By the way, he dumped me tonight after he read my review.
 ところで、彼、あのレビューを読んだ後、私を振ったの。

Joey: Oh, classy.
 ああ、さすがだね。

Kate: Yep! I sure know how to pick them, huh? You know I gave up a part on a soap for this!
 そうよ。私見る目があるわよね、ね? 私他の仕事を断ってここに来たのよ。

Joey: Wow! Yeah, I ah, I gave up a job too.
 ワオ。そうか。僕も仕事をやめてこっちにきた。

Kate: Really. What?
 そうなの。何だった?

Joey: Uh, de-clawing cats. Hey, tell you what. Let me walk you home. We’ll stop by every news stand and burn every copy of their Times and the Post.
 猫の爪切り。ねぇ、どう? 家まで送るよ。全部のニューススタンドでタイムズとポストを燃やしてしまおう。

Kate: Why the Post?
 どうしてポスト誌?

Joey: Oh, you didn’t see the Post?
 あ、ポストは見なかった?

Kate: No. You?
 いいえ。あなたは?

Joey: No. Why?
 いや。なんで?

《ケイトの家》

Kate: So you really think those newspapers are just jealous of me?
 それじゃ本当にあの新聞記事は私に嫉妬してのことだと思うの?

Joey: Oh, absolutely! You’re talented and you’re good looking.
 間違いないよ! 君は才能があるし、美人だ。

Kate: Oh, you’re sweet and cute.
 ああ、あなたは優しくてキュートね。

Joey: I know! That’s why they trashed me!. . . Whoa. Wait a minute, wait a minute.
 そうさ! だからボロクソに書かれたんだ! (ケイトがキス)ウワオ。。ちょっと待って、ちょっと待って。

Kate: What?
 なに?

Joey: I don’t get you. I mean, first, you hate me. Then you sleep with me. Then you want nothing to do with me, now you want me again.
 わからないよ。だって、君最初は僕を嫌って、それから寝た。その後つき合う気もなくて、それで今度はこうくる?

Kate: What? So you never went out with an actress before?
 なに? 女優とつき合ったことないの?

Joey: Kate, do you even like me?
 ケイト、第一、僕を好き?

Kate: Of course I do.
 もちろんよ。

Joey: Well so, how come you blew me off? You know? How come you were with him?
 それじゃ、なんで僕に冷たくした? どうして?彼とつきあってたんだ?

Kate: I don’t know! I just, just do this! I always have to pick the like the smartest guy, or-or the most talented guy… Why can’t I just pick someone like you?
 わからない! 私、そうしちゃうのよ! 私いつも一番頭の切れる人とか、一番才能のある人を選ぶの・・どうしてあなたのような人にしないのかしら。

Joey: Thanks.
 ・・・ありがと。

Kate: You know what I mean. I mean, like, the sweetest guy. Joey, you’re just so, you’re so, so…
 言ってる意味わかるでしょ。優しい人ってことよ。ジョーイ、あなたはほんとに、あなたはほんとに・・・(眠りに落ちる)

Joey: Okay. Okay, okay, hey. There we go, let’s get your feet up there. (Looks at her) Good night, Kate. Sweet dreams. (Picks up a garbage can) I’m gonna put this can right here in case you have to hurl.
 よしよし・・さぁ・・(寝かせる)ほら、足をあげて。。おやすみ、ケイト。いい夢見て。(ゴミ箱を置く)吐くといけないから目の前に置いとくよ。

《モニカ達の部屋》

Hold Voice: Please stay on the line. You’re call is very important to us.
 このままお待ちください。お客様のお電話は私どもにとって大切です。

Monica: Pheebs, you’ve been up for 24 hours! Go to sleep, honey. This isn’t healthy.
 フィーブス、あなたもう24時間も起きてるのよ! 寝なさいったら。健康に悪いわ。

Phoebe: No, no, I’m fine, and you know why? ‘Cause of all the riboflavin.
 いえいえ。大丈夫。どうしてかわかる? このリボフラビンのおかげよ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey! Didn’t you have that outfit on last night?
 あら! あなた昨日と同じかっこうじゃない?

Joey: Yeah! I stayed at Kate’s, but ah, nothing happened. Hey, Pheebs, where were you?
 そう! ケイトのところに泊まったんだ。でも何もなかった。やぁ、フィーブス。どこにいたの?

Phoebe: I’m so, so, so sorry, Joey. I definitely am gonna see you’re play. I swear you’re play is very important to us, thank you for your patience. You’re play is the next play I’m gonna see.
 本当に本当にごめんね、ジョーイ。私あなたの芝居必ず見るわ。あなたの芝居は私にとって大切です。お待ちくださってありがとうございます。あなたの芝居は次に見ます。

Monica: Anyway, how did it go with Kate?
 それより、ケイトとどうだったの?

Joey: Oh, it was great! Yeah, I walked her home, and it was amazing how much we connected, you know? Then ah, then she passed out. But then she woke up. Yeah? And we stayed up all night talking, and now we’re like totally crazy about each other!
 ああ、すばらしかったよ! 家まで送って、俺たちすごくうちとけたんだよ。それから・・それから彼女眠っちゃったんだ。でも、目を覚まして、それから一晩中話して、今ではもうお互いに夢中だよ。

Monica: Joey, you had "the night!"
 ジョーイ、あなた「2人の夜」を経験したのね!

Joey: What?
 え?

Monica: When two people finally realize their feelings for each other, and they talk for hours, and they learn all about the other person!
 2人がついに互いの気持ちに気づく夜よ。何時間も話して、お互いのことを知るの!

Joey: You think?
 そうかな?

Monica: Did you, like, learn about her family?
 たとえば、彼女の家族のこと聞いた?

Joey: Two brothers, one died!
 2人兄弟がいて、1人は死んでる!

Monica: Yes!!
 それよ!

Joey: Yeah?!
 そう?

Monica: Oh!
 ああ!(ハグ)

《セントラルパーク》

Gunther: This is from the woman at the bar.
 (チャンドラーにカップを持ってきて)これあちらの女性から。

Chandler: Oh!
 おお!(振り返る。ガンターは去ったがすぐ戻ってくる)

Gunther: Sorry. She thought you were somebody else.
 失礼。人間違いだったらしい。

Rachel: What time is it?
 いま何時?

Monica&Ross: One.
 1時。

Chandler: 7:15. Watch doesn’t work.
 7時15分。時計がとまってる。

Rachel: Tommy’s supposed to be here soon, we’re going to lunch.
 トミーがもうすぐ来るわ。ランチに行くの。

Ross: Look. Look, I wasn’t going to say anything to you, but... All right, I don’t think you should be seeing Tommy anymore.
 聞いて。言わないつもりだったんだけど、でも・・トミーとはもう合わない方がいいと思うよ。

Rachel: You don’t?!
 そう?

Ross: No! The guy is mean. I mean, really mean. I think you should stay away from him.
 ダメだ。あいつは意地が悪い。本当にいやなやつだ。あいつには近づかない方がいいと思うよ。

Rachel: Umm, or, maybe, I should stay away from all men.
 うーん、それか、すべての男性に近づかない方がいいのよね。

Ross: No, it’s not just ‘cause I’m jealous. I mean I’m not, I’m not, I’m not jealous, okay? It’s… Look, the guy, he screamed, he actually screamed at this couple sitting in our seats.
 違う、僕はヤキモチで言ってるんじゃないんだ。ヤキモチじゃない。本当だよ。やつは叫んだんだ。僕たちの席に座ってた人たちに向かって怒鳴ったんだよ。

Chandler: Yeah, and at the end of the play, he, he got up you know, and he just started like, banging his hands together!
 なるほど。そして上演後には、彼、立ち上がって、こんなふうに(拍手して)手を叩いていたぞ!

Ross: Okay, fine, fine. You don’t want to believe me? No, that’s fine.
 いいよ、いいよ。わかった。信じないんだね。いいよもう。(出て行く)

Monica: We’re kidding!
 冗談よ!

Chandler: Ross, don’t. Ross!
 ロス、行くなって、ロス!

Monica; Ross!
 ロス!

《セントラルパーク前》

Ross: No one believe me, I’m Mr. Funny to you. Mr. Funny…
 誰も信じないんだ。僕のこと笑うだけで。笑って・・(トミーとぶつかりそうになる)

Tommy: Whoa!!
 うお!!

Ross: Whoa, sorry Tommy.
 わっ! 失礼、トミー。

Tommy: What’s in the cup, Ross?
 カップの中身は何だ、ロス?

Ross: Umm…
 えー・・・。

Tommy: What is in the cup?!
 カップの中身は何だ?

Ross: Okay, it’s coffee.
 ええ、コーヒーです。

Tommy: Ice coffee? Tell me it’s ice coffee!
 アイスコーヒー? アイスコーヒーだと言ってくれ!

Ross: It’s hot…
 ホット・・。

Tommy: Hot coffee!!! You idiot!! You were gonna spill hot coffee all over me, huh?!! What are you just some big, dumb, stupid, doofy idiot, with a doofy idiot hairdo, huh?! Huh?!
 ホットコーヒー!! このバカ! ホットコーヒーを俺にぶっかけるところだったじゃないか、え?! なんだおまえ、この大バカの間抜けのアホのぼけナスめ! 間抜けな頭しやがって、え?! え?!

(ロスは店内のみんなに知らせようと窓を叩くが誰も気づかない)

Rachel: What’s your favorite thing about summertime?
 夏の好きなことってなに?

Monica: Umm, going to the beach. When it stays light real late.
 そうね、日没が遅い日に行くビーチね。

Rachel: Yeah…
 そうね・・。

Tommy: Hey!
 やぁ!

Rachel: Tommy! Say, what’s your favorite thing about summer?
 トミー! ねぇ、夏の好きなところってなに?

Tommy: Ooh, I don’t know. Probably the smell of freshly cut grass.
 そうだな、刈り取ったばかりの草の匂いとか。

Chandler: Oh, that’s a good one.
 ああ、それはいいね。

(あきれて見ているロス)

《劇場:遅刻したジョーイ》

Joey: Sorry! Sorry, I’m late, sorry, I’m late! My duck and my chick and a fight, it was ugly.
 ごめんごめん、遅れてごめん。遅くなった! ダックとチックがケンカして、ひどかったよ。

Stage Manager: Look, we held the curtain for you buddy. Come on, let’s go! Let’s go!
 カーテンをしめて待ってたんだぞ。さぁ、行って行って!

(舞台ではローレンが待っている。ノック)
Lauren: Vic! Where have you been, baby?!
 ビク! どこ行ってたのよ?!

Joey: Where’s Kate?
 (ハグして囁く)ケイトは?

Lauren: She got a job in L.A.
 (囁く)ロサンゼルスで仕事ですって。

Joey: What?!
 え?

Lauren: I’ve been waiting up all night for you. Where have you been? Where have you been? Vic?!
 一晩中待ってたのよ。どこへ行ってたのよ。(応えないジョーイ)どこへ行ってたの、ビク?

Joey: Oh, ahh, go to the window. I’m wanna run down to the truck and show you something.
 ああ・・窓のところへ行って。トラックに行くよ。見せたいものがある。

Lauren: What do you got down there, Vic? What do you got under that tarp?
 そこに何があるというの、ビク? タープの下に何があるの?

Joey: When is she leaving?
 (窓の外側に現れ囁く)いつ発つんだ?

Lauren: Tonight. What are you doing?
 (囁く)今夜よ。何してるのよ?

Joey: I’m coming up!
 いま行く!

《モニカ達の部屋》

Tommy: Hey, mind if I use the phone?
 ちょっといいかな、電話借りても?

Phoebe: Oh, I…
 (まだ保留待ち中)ああ、私が・・

Chandler: Why don’t you use ours across the hall, ‘cause she…has…problems.
 向かい側の俺たちの電話使えばいいよ。彼女は・・問題が・・あるから。。

Ross: Oh-ho, whoa! Sorry, Tommy. I almost spilled this hot coffee on you.
 (コーヒーを持っていたが、トミーとぶつかりそうになる)おっと! ワオ、失礼、トミー。熱いコーヒーを君にかけてしまうところだったよ。

Tommy: Yeah, but you didn’t.
 ああ、でもそうならなかった。

Ross: No, but it’s-it’s-it’s hot!
 ああ、でも・・これは熱い!(トミーは出て行く)

Rachel: Ross, would you just stop it! It’s getting really old.
 ロス、いいかげんにして。もういいわよ。

Ross: I can’t believe no one believes me!
 誰も信じてくれないなんて信じられない!

Phoebe: I do, I believe you.
 私は信じるわよ。

Ross: You do, Pheebs?
 ほんと、フィーブス?

Phoebe: Yeah. But I also believed her when she said I was next.
 ええ。でも私、次につないでくれるって言う(電話を指差し)彼女も信じてるけど。

《チャンドラー達の部屋》

Tommy: Ooh, hey! Hey, there little fella. Mr. Fuzzy-Man, how are you doing? Aww. . . Eww! Oh! Eww! Gross! Idiot!! Stupid little, fuzzy, yellow creature!! Oh look at me, I’m so cute, I’m a little chick who’s disgusting! God, you’re so stupid, how are you not yet extinct!! . . . Quack-quack, quack-quack!! What are you quacking about?! Dumb Donald Dodo!!
 (ヒヨコに気づき)おお、やぁ、ちびすけ。(手に乗せる)ふわふわ君、元気かい? ああ・・(ヒヨコがフンをする)うげっ! わっ! 汚ねっ! アホ! このバカなチビのふわふわ黄色い生き物め! こっち見て、ほんとにかわいいでしょ、小さなチック、気持ち悪い! ああ、本当にアホめが! なんで絶滅しないんだ! (アヒルも現れる)クワッ、クワッ、クワッ、クワッ! 何がクワッ!だっ! バカドナルドめ!

(気づけば全員が立って見ていた)
Chandler: Step away from the duck.
 ダックから離れろ。

Tommy: Ooh, sorry little Mr. Chic-A-Dee, sorry you went doody in my hand! . . Well, I guess we’re not going out anymore. Man!!!
 ああ、これは失礼したね、このヒヨコちゃん! 俺の手にクソしてくれて! (出て行こうとしてレイチェルに)ま、これでデートはなしだよね。クソっ!!!(立ち去る)

《劇場の舞台裏》

Kate: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Kate!
 ケイト!

Kate: I’m so glad I caught you. I couldn’t find you before.
 会えてよかったわ。さっきはあなたに会えなくて。

Joey: What’s going on? What’s all this about L.A.?
 どうしたんだ? ロサンゼルスってなに?

Kate: They still want me for General Hospital.
 『ジぇネラル・ホスピタル』に出られることになったの。

Joey: But, but what about us?
 でも、でも・・俺たちのことは?

Kate: Last night was wonderful. But I can’t stay here just for you.
 昨日は最高だったわ。でも、私そのためだけにここにとどまれないわ。

Joey: Well, so, stay for the museums!
 それじゃ・・博物館のためにとどまればいい!

Kate: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Stage Manager: Joey, onstage!
 ジョーイ! 出番だ!

Joey: Can you at least stay to the end of the play? I mean, I’ll go to the airport with you, I wanna say good bye.
 せめて、芝居の最後までいてくれないか? 空港まで送っていくよ。お別れを言いたい。

Lauren: Where are you, Vic?
 どこなの、ビク?

Kate: Flight’s in an hour. I gotta go.
 1時間で出発なの。もう行かなきゃ。

Lauren: Vic! Vic! Vic!!!
 ビク! ビク! ビク!!!

Joey: In a minute!!
 (舞台に向かって)今行く!

《舞台》

Lauren: So this is it? Victor?
 これでお別れなの、ビクター?

Joey: Yeah, I guess it is. . . . Listen, I ah, I gotta say good bye, and-and I gotta say it quick ‘cause this is killing me. One thing you gotta know, is that I will never forget you. But, you’ve got things you have to do now, and so do I. And so… I’m gonna get on this spaceship, and I’m gonna go to Blaargon-7 in search of alternative fuels. But when I return, 200 years from now, you’ll be long gone. But I won’t have aged at all. . . So you tell your great-great-granddaughter to look me up. Because Adrienne, baby, I’m gonna want to meet her.
 ああ。そのようだ。(ローレンをケイトと重なるように同じ方角に立たせて)聞いて。お別れを言わなきゃならないが、つらいから手短にするよ。君を決して忘れないこと、わかってほしい。君には君の、僕には僕のやらなきゃならないことがある。そして・・僕はこの宇宙船に乗って(スモークがたかれライトのついたハシゴが降りてくる)ブラーゴン7星へ代替燃料を探しに行くんだ。僕が戻るのは200年後、君はもういなくなっている。でも僕は年を取らないままなんだ。(ハシゴに乗る)だから、君の曾々孫に、僕を探すよう言ってくれ。エイドリアン、彼女に会いたいからね。(ハシゴは上昇する。手を振るジョーイとケイト)

Lauren: So long, Vic!
 さよなら、ビク!

《モニカ達の部屋》

Monica: Phoebe, it’s been two days.
 フィービー、もう2日よ。

Phoebe: Yeah, I know. Oh, good thing it’s one of those 801 numbers. Right?
 ええ。わかってるわ。でも801番号でよかったわよね。

Ross: Phoebe, 800 is toll free, 801 is Utah.
 フィービー、フリーダイヤルは800だ。801はユタの市外番号だよ。

Phoebe: No, no, no, oh no-no-no, it’s has to be 800. ‘Cause all those big companies have 800 numbers, every. . . Yeah, every big Utah-based company has one.
 いえいえいえ、違うわよ。800 よね。大きな会社はどこもみんな800番号を持ってるわよね。(説明書を見る)・・・そうね。ユタにある大きな会社ね。

Rachel: Phoebe!!
 フィービー!

Phoebe: Sorry, I’m so sorry, I will pay you back.
 ごめん。ごめんなさい。お金払うわ。

Chandler: And yet, she’s still not hanging up the phone.
 それでもまだ電話を切らないのか。

All: Hang it up! Hang up the phone!!
 切って! 電話切るのよ!

Phoebe: Fine! Fine! . . . Oh-oh!
 わかった、わかったわよ!(受話器を下ろすと、壊れる)あっらー!

Monica: What?
 なに?

Phoebe: Well, I think I broke it. But that’s all right. Here’s the number you can call.
 うん。私壊しちゃったみたい。でも大丈夫よ。この番号にかければ・・。

Monica: Oh.
 ああ。。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
今回のゲスト☆ベン・スティラーさん、
2004年に「ポリーmy love」でジェニファー・アニストンと共演。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 17:18| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。