2013年07月17日

3-20 The One With The Dollhouse

3-20 ドールハウスの話

 ☆ハートブレイク☆

《モニカ達の部屋》

Chandler: Wait a minute, wait. You’re telling me this actress person is the only woman you ever wanted who didn’t want you back?!
 ちょっと待て。おまえの気持ちに応えてくれなかったのって、その女優が初めてだっていうのか?

Joey: Yeah! Oh, my God! Is this what it’s like to be you?
 そうだよ! あっ、そうか! おまえでいるって、こういうことか?!

Monica: Wow, you’re really crazy about her, huh?
 まぁ。あなた本当に彼女に夢中なのね。

Joey: Oh, you have no idea. And-and when we’re on stage I get to-to kiss her and-and touch her, but then she goes home with the director, and it’s like somebody’s ripping out my heart!
 そうだよ。想像もつかないだろ。ステージに立っているときは、彼女にキスできるし、触れることもできるのに、ステージを降りたら彼女は監督と一緒に帰っていくんだ。もう、ハートをちぎられるようだよ。

Phoebe: Oh, it’s so great to see you feeling like this!
 ああ・・あなたがそんなふうに感じるのを見るなんて、すっごい素敵!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 ヘイ!

Ross: Monica, uh Dad called this morning and ah, Aunt Silvia passed away.
 モニカ、今朝、とうさんから電話があって、シルビアおばさんが亡くなったそうだ。

Monica: Yes!! Yes! Yeah, yeah, yeah!
 よし! よし! やった、やった、やった!!

Ross: We were all pretty shaken up about it.
 僕らみんな、大変ショックを受けている。

Phoebe: Wait, am I missing something though? ‘Cause I thought death was supposed to be sad, in a way.
 待って、何かおかしくない? だって人の死って悲しいはずじゃなかった? ある意味だけど。

Ross: Well ah, Aunt Silvia was, well, not a nice person.
 ま、シルビアおばさんは、優しい人ではなかったんだ。

Monica: Oh, she was a cruel, cranky, old bitch! . . And I’m sorry she died. Did Dad say I get the dollhouse?
 もう彼女ったら、残酷で気難しくて、いやな女だったの! 亡くなったことは残念だわ。私、ドールハウスもらえたのかしら?

Ross: You get the dollhouse.
 ドールハウスもらえたよ。

Monica: I get the dollhouse!
 ドールハウスもらえた!

Phoebe: Wow, a house for dolls, that is so cool! When I was kid, I had a barrel.
 ワオ! 人形の家なんて素敵ね! 私は子供の頃、タルを持ってたわ。

Joey: Uh, Pheebs, you had a barrel for a dollhouse?
 フィーブス、タルをドールハウスにしてたの?

Phoebe: No, just a barrel.
 いいえ。ただタルを持ってた。

Monica: You know what, you can play with my dollhouse.
 ねぇ、あなたも私のドールハウスで遊べるわよ。

Phoebe: Really?! Really?!
 ほんと? ほんと?

Monica: Any time you want. You know, when I was younger, all I wanted to do was to play with this dollhouse, but no!! It was to be looked at, but never played with.
 いつでもいいわよ。私が子供の頃、あのドールハウスで遊びたかったけど、でもダメ! 見る物で、遊ぶものじゃないって。

Chandler: My Grandmother used to say that exact same thing to me.
 俺の祖母も同じ事を俺に言ってたよ。

《レイチェルのオフィス:チャンドラーとレイチェル》

Rachel: Hey, Sophie!
 ハーイ、ソフィー。

Sophie: Hey, Rach!
 ハーイ、レイチ。

Chandler: Hey.
 どうも。

Sophie: Hey.
 どうも。

Rachel: Thanks for lunch, Chandler. You know, you didn’t have to walk me all the way back up here.
 お昼ありがとう、チャンドラー。ここまで送ってくれなくてもよかったのに。

Chandler: Oh, that’s-that’s okay, no problem.
 ああ、いいんだよ。全然いい。

Rachel: Honey um, honey, you do realize that we don’t keep the women’s lingerie here in the office?
 ねぇ、わかるでしょ、オフィスには女性下着は置いてないわよ。

Chandler: Yes, I realize that.
 ああ、気がついてるよ。

Rachel: Summer catalogue!
 夏のカタログよ!(手渡す)

Chandler: That’s the stuff!
 これだよ!

(レイチェルの上司ジョアンナが来る)
Joanna: Rachel, I need the Versace invoice. . . Hello! You don’t work for me.
 レイチェル、ベルサーチの送り状がいるんだけど・・あら、あなたここで働いてないわよね。

Rachel: Joanna, this is my friend Chandler Bing. . . Joanna.
 ジョアンナ、こちら私の友人のチャンドラー・ビングです。(チャンドラーに)ジョアンナよ。

Joanna: Bing! That’s a great name.
 ビング! いい名前ね。

Chandler: Thanks, it’s ah, Gaelic, for ‘Thy turkey’s done.’ So ah, I’m gonna go, nice, nice meeting you.
 ありがとう、ゲール語で、「なんじの七面鳥が焼けた」という意味です。それじゃ、帰ります。どうも、会えてよかった。

Joanna: You too.
 こちらこそ。

Rachel: Bye, Chandler.
 バーイ、チャンドラー。(チャンドラー出て行く)

Joanna: So ah, what’s wrong with him?
 彼、なにかあるの?

Rachel: Oh, nothing, he’s just goofy like that, I actually, hardly notice it anymore.
 いえ、何でもないです。ただいつも変なこと言って。もう私なんて気づかないくらいです。

Joanna: Oh no, no-no-no, I mean, is he married, or involved with anyone?
 あら、いえいえ、違うの。彼、結婚してたり、誰かつきあってる人がいる?

Rachel: No!! No! He’s not married, or involved, with anyone!
 いえいえ! 結婚もしてないしつきあってもいません、誰とも!

Joanna: Oh, Rachel, actually, you know what, forget it.
 あら、レイチェル・・そうね、いいわ、忘れて。

Rachel: Well, I’ll ask him for you, if you want me to?
 もしよかったら、彼に聞いてみますけど?

Joanna: Would you? Or, is it just to sad and desperate, and you know, something that Sophie would do?
 そうしてくれる? でも、こんなの哀れで必死っぽくって、ソフィーみたいじゃないかしら。

Sophie: Uh, uh, uh, I am here.
 あの、私ここにいますけど。

Joanna: I know that.
 知ってるわ。

《モニカ達の部屋:ドールハウスを見せている》

Monica: Look at it! Ohhh! Wallpaper’s a little faded, that’s okay. Carpet’s a little loose. Hardwood floors!!
 見てこれ! ああ!! 壁紙はちょっと色あせてるけど、いいわ。カーペットがちょっと緩んでるわね。フローリングの床!

(荷物を持ってやってくる)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hello.
 ハロー。

Phoebe: Oh! Ooh! Oh, Monica! It’s so beautiful.
 わっ! わぁ! モニカ、すっごいきれいね。

Monica: I know!!!
 そうなの!

Phoebe: So, I’m here, ready to play.
 これで遊びに来たわよ。

Monica: Okay.
 オーケー。

Phoebe: I brought a bunch of stuff for the house, so check it out. Ha-ha.
 この家用にいろいろ持ってきたわよ。見て。ほーら。(陶器の大きな犬を置く)

Monica: What’s this?
 これなに?

Phoebe: That’s a dog, every house should have a dog.
 犬よ。一家に一頭は犬がいないとね。

Monica: Not one that can pee on the roof.
 そんな屋根にオシッコできるような犬じゃなくて。

Phoebe: Well, maybe it’s so big because the house was built on radioactive waste.
 放射能廃棄物の上に建てた家だから大きくなっちゃったのかもよ。

Chandler: And is this in case the house sneezes?
 (ティシュを持って)それでこれは家のくしゃみ用?

Phoebe: No, no, that’s the ghost for the attic.
 いえ違うわ。それは屋根裏のゴーストよ。

Monica: I don’t want a ghost.
 ゴーストなんていらないわ。

Phoebe: Well, nobody wants a ghost. But you’ve got one, because the house is sitting on an ancient Indian burial ground.
 誰でもそうよ。でもいるのよ。古代のインディアンの埋葬跡に建てられた家だからね。

Ross: Wait a minute, the house was built on radioactive waste, and an ancient Indian burial ground? That would never happen.
 ちょっと待てよ。放射能廃棄物の上でなおかつ古代インディアンの埋葬跡って、それはありえないよ。

Phoebe: Okay, obviously you don’t know much about the U.S. government.
 あら、あなたはアメリカ政府のことをあまり知らないようね。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ!

All: Hello.
 ハロー。

Rachel: I need to talk to you!
 あなたに話があるの。

Ross: Sure, what’s up?
 ああ、なんだい?

Rachel: Oh, sorry. I meant Chandler.
 あ、ごめん、チャンドラーに言ったの。

Ross: I know. Well, if something comes up...
 わかってるよ。もし何かあれば・・(離れる)

Chandler: Oh, I'm glad you guys are past that little awkward phase.
 よかったね、君たち気まずい時期を通過してくれてうれしいよ。

Rachel: Okay, my boss, Joanna, when you left, she started asking questions about you...
 私の上司のジョアンナが、あなたが帰った後、あなたのこと聞いてきたのよ。

Chandler: Oh-ho, liked what she saw, huh? Dug my action, did she? Checkin’ out the Chan-Chan man!
 なるほど。見たものを気に入っちゃったね? 俺のしたことがよかったんだね? チャンチャンのことチェックしたいって?

Rachel: That was surreal. Okay, what do think? Are you interested at all?
 現実とは思えない。ね、どう思う? 興味ある?

Chandler: Yeah, she seemed cool, attractive. I’ll do it.
 ああ、彼女、落ち着いた感じで、魅力的だよね。よし、会ってみる。

Rachel: Oh, thank you, Chandler. This is so great, she’s gonna love me.
 わぁ、ありがとう、チャンドラー。これはいいわ。彼女私を好きになるわ。

Phoebe: Okay, dinosaur attack!! Quick, everybody into the house!! Ahh-ahh! Ruff! Ruff-ruff-ruff!
 よーし、恐竜来襲よ。早く、みんな家に逃げろ! わーー! ラフラフラフ!!

Monica: Okay, Phoebe, you know what? That-that’s it, that’s it, all right? No dinosaurs, no ghosts, no giant dogs, okay? They’re not the right size, they’re not Victorian, and they just don’t go.
 ねぇ、フィービー、ちょっといい? もういい。もういいわ。恐竜なし、ゴーストもなし、巨大な犬もなしよ、いい? サイズ的に合ってないし、ビクトリア調でもないわ。とにかく合わないもの。

Phoebe: Okay, fine. Come dinosaur, we’re not welcome in the house of no imagination.
 わかった、いいわ。おいで恐竜ちゃん、想像力のない家に歓迎されなかったわ。

Ross: Uh, Pheebs, while we’re hovering around the subject, I just have to say dinosaurs, they-they don’t go, ruff!
 ねぇフィーブス、その話をしてる間に言うけど、恐竜は、ラフラフなんて言わない。

Phoebe: The little ones do.
 チビちゃんは言うんです。

《劇場》

Joey: Hey, Kate!
 やぁ、ケイト。

Kate: Morning.
 おはよ。

Joey: Listen, I ah, went to that restaurant that you were talking about last week...
 ねぇ、先週話したレストランへ行ってみたんだけど・・

The Director: Hey, lovely! Come, talk to me a minute!
 (ケイトに)やぁ! 素敵だね。ちょっと来て、話そう。

Joey: And I ate the food, I had the fish, it was good, yeah. It was good, yeah...
 (1人で)食事したよ。魚食べて、おしかったよ。ああ、よかったよ・・

Lauren: Hi, oh, I’m Lauren, Kate’s understudy.
 ハーイ、私はローレンです。ケイトの代役です。

Joey: Oh, hey! Joey Tribbiani.
 ああ、やぁ! ジョーイ・トリビアーニだ。

Lauren: I know! I’m a big fan of yours.
 知ってます! 私あなたのすごいファンなんです。

Joey: What?!
 えっ?!

Lauren: I used to umm, schedule my classes so I could watch Dr. Drake Ramoray on Days of Our Lives.
 愛の病院日誌のドクター・ラモーレを見られるようにスケジュールを組んでいたんですよ。

Joey: Get out of here, really?!
 ウソだろ、本当に?

Lauren: Absolutely!
 もちろんです!

Joey: Yeah?
 そうなんだ。

Lauren: Oh, but then, they went and dropped you down that elevator shaft.
 ああ、だけどそれからエレベーターシャフトに落ちるなんて・・

Joey: They gave me the shaft all right.
 とんだエレベーターにはめられたよ。

(give someone the shaft = だます、ひどく扱う)

Lauren: Oh, you’re so funny. Listen, umm, what are you doing after rehearsal? Do you want to get a drink, or something?
 (笑)まぁ、あなたったらおもしろいわ。ねぇ、リハーサル後はどうするの? 飲みに行くとかしない?

Joey: Well Ahh, yeah! Yeah, sure, a drink sounds great.
 そうだな・・・(ケイトと監督がキスをしているのを見て)ああ、そうだな。飲みに行こうか。

Lauren: Cool! I-I’ll see you then.
 よかった! じゃあその時に。

Joey: All right.
 わかった。

The Director: All right, it’s time to act, my talking props.
 よし、じゃあ行こうか。話す小道具達!

《モニカ達の家:フィービーが自作ドールハウスを持ってくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

All: Hey!
 やぁ。

Phoebe: Look everybody, look at my new dollhouse!!
 みんな見て! 私の新しいドールハウスよ!

Rachel: Wow!!
 ワオ!

Phoebe: Look, look!
 見て見て!(壁が外れて家の中が見える)

Ross: Hey, what’s this?!
 ねぇ、これは何?

Phoebe: Oh, okay, it’s the slide instead of stairs. Watch this.
 あ、それはね、階段の代わりのすべり台よ。見て。(人形をすべらせる)

Monica: It’s very interesting, Phoebe.
 それは興味深いわね、フィービー。

Rachel: What’s this?
 これは何?

Phoebe: The Licorice Room, you can eat all the furniture. And, when guests come over, they can stay on the tootsie roll-away bed.
 甘いもの部屋よ。全部食べられる家具なの。それから、お客さんが来たら、キャンディーの移動ベッドでお休みよ。

Ross: This is the coolest house ever!!
 こんなかっこいい家みたことないよ!

Phoebe: Hey, does anybody want to join me in the aroma room?
 ねぇ、だれかアロマ・ルームで一緒しない?(香を焚く)

Rachel: All right!
 いいわね!

Ross: I would!
 僕も!

Monica: Hey, guys, guys, did you see my new, china cabinet?!
 ねぇ、みんな、みんな! 私の新しい陶器キャビネット見た?

Ross and Rachel: Uh-huh.
 うん。

Phoebe: Watch, watch.
 見て見て。(家の周りライト点灯)

Ross and Rachel: Ooohhhh!!
 おおおおお!!

Phoebe: And, and!
 それからそれから!(家からシャボン玉が吹き出す)

Ross and Rachel: Ahhhh!!
 わぁーーーー!!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, my Father’s house does that!
 ああ、うちの親父の家もそうなるぞ。

Rachel: O-o-o-okay, how did it go? Tell me everything.
 そそ、それで? どうだった? 全部話して!

Chandler: Well, the movie was great, dinner was great, and there’s nothing like a cool, crisp New York evening.
 映画はよかったよ。ディナーも最高だった。それに気持ちいいニューヨークの夜ね。

Rachel: Hmm.
 うんうん。

Chandler: Of course, I didn’t get to enjoy any of that, because Joanna’s such a big, dull dud!
 もちろん、俺は全然楽しめなかったけどね。ジョアンナは、つまらない退屈女だ!

《レイチェルのオフィス》

Joanna: Chandler is fantastic!!
 チャンドラーはすばらしいわ!

Rachel: What?!
 え?

Joanna: Oh, God, we just clicked! You know how people just click? Like he came by to pick me up, and I opened the door, and it was just like, click! Did he tell you?
 ああ、もう私たち、カチッと鳴るのが聞こえたわ。わかる? ひらめきよ。彼が迎えに来てくれて、ドアを開けたとき、カチッて! 彼言ってなかった?

Rachel: Oh, I....
 ああ、あの・・

Joanna: Oh, and he’s got such a good heart! Doesn’t he have a good heart?
 ああ、そして彼は本当にいい人なのよね! 彼いい人よね?

Rachel: Oh, I know...
 え、それは私も・・

Joanna: Oh, I know and he’s so sweet! Listen, he said he was going to call, so put him straight through.
 ああ、彼は本当に優しいのよ! 聞いて、彼、電話するって言ってたの。だからすぐつないでね。

Sophie: Isn’t this great?!
 すばらしいですよね!

Joanna: Don’t spoil it.
 ぶちこわさないで。

《劇場》

Joey: Come on, baby, don’t go. Please? What do you say?
 ねぇ、きみ、行かないで、頼むよ。行かないでくれ。

(電話の音)
The Director: Hello. Oh! It’s you. Just ah, just one-one sec. . . I am going to take this call. When I continue, I hope that there will appear on stage this magical thing that in the theatre we call, committing to the moment!
 もしもし。ああ、君か! ちょっと・・ちょっと待って。(ジョーイ達に)この電話出ないといけないから、続きをやるときは、舞台上で一瞬にかけるマジカルな芝居を頼むよ!(出て行く)

Joey: That guy’s like a cartoon. What do you see in him anyway?
 マンガみたいなやつだな。彼のどこがいいんだ?

Kate: He happens to be brilliant. Which is more than I can say for that sweater you’re dating.
 彼は有能よ。あなたがデートしてるセーターの子よりもね。

Joey: Hey, I’m not interested in her sweater! It’s what’s underneath her sweater that counts. And besides, since ah, since when do you care who I’m going out with?
 なに、俺は彼女のセーターに興味があるんじゃないぞ。セーターの下にあるものが大事なんだ。それに、いつから俺がデートしてる相手を気にするようになったんだ?

Kate: I don’t care. Why, do you want me to care?
 気になんてしてないわよ。気にしてほしいの?

Joey: Do you want me to want you to care?
 気にしてほしいと思ってほしい?

Kate: Do you?
 あなたは?

Joey: What?
 ・・は?

The Director: Okay, I’m afraid to say this, but let’s pick it up where we left off.
 (戻って来て)よし、言いたくないが、さっきの続きからやろう。

Joey: Come on baby, don’t go. Please? What do you say?
 ねぇ、きみ、行かないで、頼むよ。行かないでくれ。

Kate: I’ve got no reason to stay.
 残る理由なんてないわ。(ジョーイがキスする)

The Director: Stop!! Stop it! You must stop! You are bad actors! This is a terrible play! I’ll see you in the morning.
 ヤメやめ!! やめろ! ヘタな芝居だな! ひどい芝居だ! また明日!(出て行く)

Kate: I can’t believe we go on in a week.
 あと一週間で上演なのに。。

Joey: Hey, it’s gonna be all right.
 ね、きっと大丈夫さ。

Lauren: Hey! So since we’re getting off early, do you want to go and paint mugs?
 ねぇ、早く終わったから、ペイントマグに行かない?

Joey: What?
 なんだっけ?

Lauren: You know! At the place I told you about last night?
 ほら! 昨日の夜話したでしょう。

Joey: Oh, yeah, with the mug painting. Yeah. I was so listening to that. But ah, you know what, I think I kinda need to work on my stuff tonight.
 ああ、マグにペイントね。ああ、ちゃんと聞いてたよ。でもね、今夜はちょっと芝居のことでここに残るよ。

Lauren: Oh, okay.
 ああ、わかったわ。

Joey: Okay.
 じゃあ。

Lauren: I’ll see you tomorrow.
 明日ね。(キス)

Joey: Okay.
 ああ。

Lauren: Good night.
 おやすみ(出て行く)

Joey: Ah, are you okay?
 (ケイトに)大丈夫?

Kate: Yeah, I guess. Look, what are we gonna do about this scene, huh?
 ええ、まぁね。ねぇ、このシーン、どうする?

Joey: I don’t know.
 わからないよ。

Kate: Well, maybe if it had more heat.
 もしかしたら、もっと情熱的な感じかも。

Joey: How do you mean?
 どういうこと?

Kate: Well, Adrian’s looking for a reason to stay, right? Victor can’t just kiss her, he’s gotta, gotta really give her a reason, you know?
 エイドリアンは残る理由がほしいわけでしょ? ビクターはただキスするだけじゃなくて、もっと、こう・・理由をあげないといけないのよ、わかる?

Joey: Maybe he could slip her the tongue.
 舌を入れるとか?

Kate: Or maybe, maybe he could grab her, and, and, and, and lift her up.
 それとか、彼女をつかんで、そして・・そして、抱き上げてしまうとか。

Joey: Yeah, yeah, and then Adrian, she maybe she could wrap her legs around his waist.
 そうだ、そうだ。そして、エイドリアンは、彼の腰に足を巻き付けるとか。

Kate: And then she could rip off his shirt and kiss his chest, and, and his stomach!
 それから彼のシャツを引き裂いて、胸やおなかにキスをするのよ!

Joey: And then, then he could use his teeth, his teeth to undo her dress, and, and, and bite her!
 それから、やつは歯を使って・・彼女を脱がせて、それからかみつく!

Kate: And then right, right when the scene ends, he could take her with this raw, animal....
 そして、そして・・このシーンが終わったら、彼は彼女のこと、荒々しく獣のように・・

《ベッドルーム》

Joey: Something like that?
 こんな感じ?

Kate: Yeah, that’s pretty much what I had in mind.
 ええ、思い描いてた通りよ。

Joey: Yeah.
 ああ。

《モニカ達の部屋:ロスとモニカ朝食》

(ジョーイが幸せそうに入ってきて、モニカを後ろからハグ)
Ross: Hi.
 やぁ。

Joey: Hey.
 やぁ。(ロスも後ろからハグ)

Ross: It’s a little early to be drinking.
 お酒を飲むには早いよ。

Joey: No-no, things ah, finally happened with Kate.
 いやいや。ついに、ケイトとの間で起きることが起きたよ。

Ross: Ohhhhh!
 おお!

Monica: You’re kidding?! That’s great!
 本当に? すごいじゃない!

Joey: Oh, it was so amazing. After the love making...
 ああ、すごかったよ。愛をかわした後で・・

Monica: Oh my.
 あらあら。

Joey: Yep. I just, I just watched her sleep for like hours, just breathing in and breathing out. And then I knew she was dreaming ‘cause, ‘cause her eyes keep going like this.
 そう、俺はただ、彼女が眠るのを何時間も見てた。息を吐いて、息を吸うところをね。彼女が夢を見てるのもわかった。彼女の目がこんなふうだったからね。(細かくまぶたを震わせる)

(チャンドラーとレイチェルが来る)
Chandler: I’m telling you, Joanna’s got it all wrong. Okay? All I said was, ‘This was fun. Let’s do it again sometime. I’ll give you a call.’
 だから言ってるだろ、ジョアンナの勘違いだよ。いい? 俺はこう言っただけだ。「楽しかった、また会おう、電話するよ。」

Rachel: Oh, gee. I wonder why she thinks you’re going to call her?
 あらら、じゃあどうして彼女は、あなたから電話がかかってくると思ってるのかしら?

Chandler: That’s what you say at the end of a date.
 デートの終わりにはそう言うのが普通だろ。

Rachel: You can’t just say, ‘Nice to meet you, good night?’
 「会えてよかった、おやすみ」とだけ言えないの?

Chandler: To her face? Look, it’s the end of the date, I’m standing there, I know all she’s waiting for is for me to say ‘I’ll call her’ and it’s just you know, comes out. I can’t help it, it’s a compulsion.
 あの顔に向かって? デートの終わりに、俺がこう立っている、彼女が待っているのは、俺が「電話するよ」だとわかっている。そうしたら、ほら、出てきちゃうじゃないか。とめられるもんじゃないよ。抑えられない衝動だ。

Monica: Come on, Rach, when a guy says he’s going to call, it doesn’t mean he’s going to call. Hasn’t it ever happened to you?
 そうよ、レイチ。男が電話するよって言ったって、必ずかけてくるってことじゃないわ。そういうことなかったの?

Rachel: Well, they always called.
 みんなかけてきたわ。

Monica: Hmm, bite me.
 そう。くたばれ。

《レイチェルのオフィス》

Joanna: Did he call?
 彼から電話あった?

Rachel: No. Sorry.
 いえ、すみません。

Joanna: Why?! Why?! He said he’d call. Why hasn’t he called?
 どうして? どうして? 彼かけてくるって言ったのよ。どうしてかけてこないの?

Sophie: Maybe he’s intimated by really smart, strong, successful women.
 もしかしたら、とても賢くて強くて成功した女性ってことで怖じ気づいてるのかも。

Joanna: Sophie, would you please climb out of my butt. Why hasn’t he called, Rachel? Why?
 ソフィ、ご機嫌取りいいかげんにしてくれる? どうしてかけてこないの、レイチェル、どうして?

Rachel: Okay, okay. Umm, well ah, maybe he, maybe he feels awkward because you are my boss.
 そうですね、えー、もしかしたら、私の上司ってことで気まずいとか。

Joanna: Awkward? Why should he feel awkward?
 気まずい? どうして気まずいと思うの?

Rachel: Well...
 それは・・

Joanna: The only person that should feel awkward is you, and you didn’t tell him not to call me, did you?
 気まずいと思うといったらあなたよね、あなた、彼に電話かけるなって言ってないわよね。

Rachel: No. I...
 いえ、私は・・

Joanna: Because if you feel uncomfortable with your friend dating someone you work for, there are always ways to fix...that.
 もし、友達が上司のデート相手で居心地悪いっていうなら、それは何とかする方法が・・

《セントラルパーク:チャンドラー1人、レイチェルが来る》

Rachel: Call her! Call her now!
 (チャンドラーの手から雑誌をひったくる)電話して! 彼女に電話して、今すぐ! 

Chandler: Multiple, so many paper cuts.
 紙で無数に手切った。

Rachel: Why hasn’t he called Rachel? Why? Why? I don’t understand. Why? He said he’ll call. Why? Why? Chandler, I’m telling you she has flipped out, she’s gone crazy!
 どうして電話かけてこないの、レイチェル? どうして? どうして? わからないわ、どうして? 彼電話するって言ったのよ、どうして? どうして? チャンドラー、言ってるでしょ、彼女おかしくなっちゃったわ、もうどうかしちゃってるのよ!

Chandler: Oh, well, give me the phone then.
 ああ、そうかい、電話をよこしたまえ。

Rachel: Come on, this isn’t funny. She thinks it’s my fault that you haven’t called her. You have to call her!
 おねがいよ、笑い事じゃないわ。彼女あなたが電話しないのは私のせいだと思ってるのよ。彼女に電話して!

Chandler: Look, you can’t call somebody after this long just to say, ‘In case you didn’t notice, I don’t like you!’
 なぁ、こんなに時間をあけて電話できないよ。「気がついていないといけないから言うけど、君を好きじゃないよ」

Rachel: Well, then you’re going to have to take her out again.
 じゃあ、もう一度デートして。

Chandler: No!! She’s really dull! And she gets this gross mascara goop thing in the corner of her eye!
 いやだよ! 彼女本当に退屈なんだ! それに彼女、マスカラのダマが目の隅についてるんだよ。

Rachel: I don’t care! I don’t care! You are going to have to take her out again and end it, and end it in way that she knows it’s actually ended. And, I don’t care how hard it is for you, do not tell her that you will call her again!
 知らないわよ! 知るもんですか! あなたは絶対にもう一度彼女とデートして、終わらせるの。彼女にはっきり、おしまいだってわかるように終わらせるの。あなたにとって難しいことか知らないけど、また電話するって言っちゃダメよ。

Chandler: All right! Fine! But it’s just a lunch date, no more than an hour! And from now on I get my own dates, I don’t want you setting me up with anybody ever again!
 いいよ、わかったよ! でも、ランチデートだぞ。1時間以上はなし! そして今後は自分でデート相手見つける。もう二度と君の紹介はいらないからな!

Rachel: That’s fine!
 けっこうよ!

Chandler: That’s just a lot of big talk, you know.
 ちょっと大口たたいてみただけだよ。

Rachel: I know.
 わかってる。

《モニカ達の部屋:誰もいない・ロスが来る》

Ross: Mon?
 モン?!

Monica: I’m in the shower!
 シャワー中よ!

(ロスは異臭に気づき、見るとフィービーのドールハウスから煙)
Ross: Oh, fire! There, there’s a fire! Fire!!
 わっ! 火事だ! か、火事だ! 火事!

(吹き消そうとして無理、コップの水で消そうとして無理、手にもってバスルームへ飛び込む。モニカの悲鳴)

《劇場》

Joey: Hey.
 やぁ。

Kate: Hi.
 ハーイ。

Joey: So I ah, talked to Lauren, kinda told her how things were with us. Did you ah, did you talk to Marshall?
 ローレンと話したよ。俺たち2人のこと話したんだ。君・・君はマーシャルに話した?

Kate: About what?
 何を?

Joey: You know, about what happened with us.
 俺たちに起きたことだよ。

Kate: No. And there’s really no reason he should find out, so ah let’s not make a big deal about it, okay?
 いいえ。特に彼に知らせる理由もないわ。だから、大ごとにしないでね、いい?

Joey: What are you talking about? It was a big deal. I mean, come on, you can’t tell me last night didn’t mean something to you. I was there, you’re not that good an actress.
 何を言ってるんだ? あれは大ごとだよ。ほら、君だって、あれが何の意味もないことだったとは言えないぞ。俺にはわかる。君はそこまでうまい女優じゃないぞ。

Kate: Look umm, I, I was, I was just caught up in the moment. That’s all it was. Joey, I’m sorry you feel bad, but haven’t you ever sleep with a women where it meant more to her than it did to you?
 ねぇ、あれはその場限りのことだったわ。それだけのことよ。ジョーイ、気分を悪くさせたなら申し訳ないけど、でも、あなただって、あなたが思うより相手の女性にとって意味が深いなんてことあったでしょ?

Joey: No.
 いや・・。

Lauren: Hi, Kate!
 ハーイ、ケイト!

Kate: Hi, Lauren.
 ハイ、ローレン。

Joey: Hi, Lauren.
 やぁ、ローレン・

Lauren: Hi, pig!
 ハーイ、最低男!

《モニカ達の部屋》

Ross: Sorry I ah, I scared you in there.
 びっくりさせて、ごめんよ。

Monica: Oh, that’s okay. By the way, I was just checking the shower massager.
 ああ、いいのよ。ところで、私ただシャワーマッサージャーをチェックしてただけだから。

Ross: Yeah.
 ああ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: I tried to reach you at work. There’s....been a fire.
 勤め先に電話したのよ! ・・火事があって・・

Phoebe: What?! Oh, my... Oh, my God!! What happened?!
 なんですって? まぁ・・まぁ・・・何があったの?!

Ross: Well, we believe it originated here. . .In the Aroma Room.
 きっとここが出火元だと思う。(ポインターで指す)アロマルームだ。

Phoebe: All right. Did everyone get out okay?
 そうなのね。みんなは大丈夫だった?

Monica: Well, the giraffe’s okay. And so is the pirate.
 まぁ、キリン達は大丈夫だった。海賊も。

Phoebe: Oh. What is this?
 ああ。。(ティシュでカバーしてあるものを指して)これは何?

Ross: No, Phoebe, don’t look! You don’t want to see what’s under there!!
 ダメだ、フィービー、見ないで! そこにあるものは見ない方がいい!

Phoebe: Oh, the Foster puppets!
 まぁ! フォスター・パペット達!

《レイチェルのオフィス:チャンドラーとジョアンナがランチデートから戻ってくる》

Chandler: It’s not a big deal. It’s, just it’s right here, and it’s all the time.
 大したことじゃないんだ。そこにある。(目の隅を指差す)いつもある。

Joanna: Well, thanks again for lunch.
 とにかく、ランチありがとう。

Chandler: Yes, this was pleasant.
 ああ、楽しかったよ。

Joanna: It was, wasn’t it?
 ええ、本当にね。

Chandler: The food there was, was great.
 あそこの食事はおいしかった。

Joanna: Wasn’t it?
 本当にね。

Chandler: So take care.
 それじゃ、気をつけて。

Joanna: You too.
 あなたも。

Chandler: Well, this was great. I’ll give you a call. We should do it again sometime.
 いや、楽しかった。また電話するよ。また会おう。

Joanna: Great! I’m looking forward to it. Rachel, any messages?
 素敵! 待ってるわ。レイチェル、何かメッセージは?

Rachel: Sophie’s desk.
 ソフィーの机の上に。

(レイチェルはチャンドラーを追いかけ外で話す)
Rachel: Chandler!! Are you gonna call her!
 チャンドラー! また電話する気?

Chandler: No!
 しない!

Rachel: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: I’m sorry. Okay? I’m weak, and pathetic, and sorry.
 ごめんよ。ね、俺は弱い、俺は哀れなやつだよ、ごめんね。

Rachel: Okay, you are going to tell her and you’re going to tell her now.
 いいこと、彼女に言いなさい、今すぐ言いなさい。

Chandler: Ahhhh−I’m not gonna call you.
 (オフィスに顔を出しながら)おおお俺はもう電話しない。

Joanna: What?
 え?

Chandler: I’m sorry. I’m-I’m-I’m sorry that I said I was going to when I’m not. Look, this has nothing to do with you, you know? And this isn’t Rachel’s fault. It’s me. I have serious, serious problems when it comes to women. I have issues with commitment, intimacy, mascara goop. And I’m really sorry, it’s just that this is not, this isn’t going to work out.
 ごめんよ。電話しないのにするって言って悪かった。これは君の問題じゃないんだ。レイチェルのせいでもない。これは僕の問題なんだ。僕は女性に関しては、ひどく重大な問題を抱えている。真剣な付き合いとか、深いつきあいとか、マスカラのダマとか・・。本当にごめん。とにかくこれはうまくいかない。

Joanna: Well, this isn’t how I was hoping this would end, but I guess I have to appreciate your honesty.
 ま、こうなるとは望んでいなかったけど、でも、正直に言ってくれてありがたいと思うべきね。

Chandler: Yeah, okay.
 ああ、まぁ。

Joanna: So...
 それじゃ・・

Chandler: Well, this is great! I’ll give you a call! We should do it again sometime!
 いや、これはよかったよ! また電話するよ! また会おう!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ電話中》

Joey: Well, so anyway Beth, what I’m saying is I should’ve considered your feelings before I went home with you that night. I’ve ah, I’ve recently learned what’s it like to be on your side of it, and I’m sorry. So, do you think you can forgive me? . . . Great. Thanks. Okay, bye. . . . Hello, Jennifer? . . . Oh hi, Mrs. Laurio, is Jennifer there? . . Oh, she’s not home, huh? . . . Well, actually I kinda need to talk to you too.
 それで、とにかくね、ベス、俺が言いたいのは、一緒に家に帰る前に、君の気持ちを考えるべきだったと思ってるってことだ。君の立場に立ったらどんなかってことを、最近学んだんだ。申し訳ない。それで、許してくれるかな? ・・よかった。ありがとう。じゃあ。(電話を切り、リストからひとつ消して、また電話をかける)もしもし、ジェニファー? あっ、どうも、ロウリオ夫人。ジェニファーはいますか? ああ、出かけてるんですね・・いや、実はロウリオさんにも話したいことがあるんです。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:50| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。