2013年07月15日

3-18 The One With The Hypnosis Tape

3-18 催眠テープの話

 ☆愛さえあれば年の差なんて!☆

《セントラルパーク:ジョーイが1人で笑い出す》

Monica: What’s so funny?
 何がそんなにおかしいの?

Joey: Oh, nothing, no. It’s an acting exercise, I’m practicing my fake laugh.
 いや、なんでもないよ。演技の練習で笑ってるんだ。

Monica: Oh.
 ああ。(ニセ笑いをしてみる)

Joey: What? What’s so funny?
 なに? 何がそんなにおかしいの?

(タバコをくわえたチャンドラーが来る)
Gunther: Oh, no-no, no-no-no, there’s none of that in here.
 あっ、ダメダメダメ、ダメですよ。ここではダメです。

Chandler: Oh, come on, man! At least let me finish this last one.
 もう、なんだよ! この一本だけ吸わせてくれよ。

Gunther: Okay, but only if you give me a drag.
 わかりました。それをちょっと吸わせてくれたらいいですよ。

Chandler: Okay.
 よし。

Gunther: Oh, dark mother, once again I suckle at your smokey teat.
 (チャンドラーのタバコを深々と吸って)おお、闇の母よ。またそなたの煙る乳首を吸ってしまった!

Chandler: No-no, why don’t you hold on to that one.
 (返すガンターに)いや、もういいよ。それにしがみついてて。

(カウチ横に座ってタバコをくわえるとレイチェルが取る。またくわえるとレイチェルが取る)
Chandler: Okay, that’s like the least fun game ever.
 これはまた最低な楽しさのげーむだな。

Rachel: Well, I’m really sick of your smoking, so I brought something that is going to help you quit.
 あなたのタバコにはもううんざりなの。だから、いいものを持ってきたのよ。これでやめられるわ。

Chandler: Oh. Nope, that patch is no good.
 ああ。(受け取ったカセットをニコチンパッチのように腕に貼り付けると落ちる)ダメだ。このパッチは効かないよ。(ジョーイとモニカがニセ笑いを披露する)

Rachel: Come on, it’s a hypnosis tape. This woman at work used it for two weeks straight and she hasn’t smoked since.
 やめて、これは催眠テープなのよ。会社の女性がこれを2週間聞いて、それ以来吸ってないのよ。

Ross: Pffhah.
 ふん!

Rachel: What’s your problem?
 なにか問題?

Ross: Nothing, it’s just that hypnosis is beyond crap.
 別に。ただ、催眠なんて嘘っぱちだね。

Rachel: Ross, I watched you get hypnotized in Atlantic City.
 ロス、アトランティックシティに行った時、あなた催眠にかかったじゃないの。

Ross: Hey, that guy did not hypnotize me! Okay?
 いや、あいつの催眠になんてかかってない!

Rachel: Oh right, ‘cause you always pull your pants down at the count of three and play "Wipe Out" on your butt cheeks.
 ああ、そうよね。あなたは、3つ数えるといつもパンツを下ろして、お尻で「ワイプ・アウト」を演奏するもんね。

(Wipe Out はベンジャーズの演奏で知られる曲↓こちら)


Phoebe: All right, you know, forget hypnosis. The way to quit smoking is you have to dance naked in a field of heather, and then bath in the sweat of six healthy young men.
 いいこと。催眠なんて忘れて。タバコをやめたいなら、ヘザー畑で裸で踊って、6人の健康な若い男の汗のお風呂に入るのよ。

Chandler: Or what my Father called "Thursday Night."
 それを俺の父は「サーズデイ・ナイト」と呼ぶね。

《セントラルパーク:ロスがレイチェルにカップを渡す》

Ross: Here you go.
 はいどうぞ。

Rachel: Oh, you know what, I didn’t want cinnamon on this.
 あっ、ねぇ、私これにシナモンは入れたくないの。

Ross: Sorry.
 失敬。(手で上の方をすくい取るロス)

(フランクが来る)
Frank: Hi!
 やぁ!!

Phoebe: Oh, my God!!
 あらまぁ!!

Frank: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Frank! Hi!
 フランク、ハーイ!

Frank: How are you?
 元気?

Phoebe: What are you doing here?
 どうしたの?

Frank: Oh, you know, I would’ve called but I lost your phone number and then ah, my Mom locked me out of the house so I couldn’t find it. And then, I tried to find a pay phone, and ah, the receiver was cut off. So...
 ああ、電話しようかと思ったんだけど、電話番号なくしちゃってさ。おふくろには家から閉め出されて探し出せなかったんだよ。それで公衆電話を探したんだけど、受話器がもげててさ。

Phoebe: What happened?
 何があったの?

Frank: Ah, oh, the ah, vandalism.
 あー・・公共物破壊行為。

Phoebe: But, also, what happened between you and your Mom?
 だけど、あなたとおかあさん、何があったの?

Frank: Well, we got into a fight ‘cause she said I was too immature to get married.
 ああ、ケンカしたんだ。俺が結婚するには早すぎるって言うからさ。

Phoebe: You're getting married?!
 結婚するの?!

Frank: Oh, yeah!
 ああ、そうなんだ!

All: Wow!
 ワオ!

Phoebe: My little brother’s getting married!!
 私の弟が結婚する!!

Frank: Oh, I knew you’d be so cool about this. All right, ah, hey, do you want to meet her?
 ああ、やっぱり君ならそう言ってくれると思ったよ。よし、ねぇ、彼女に会いたい?

Phoebe: Do I?
 私が会いたいかって?

Frank: Do you?
 会いたい?

Phoebe: Yeah, I do, yeah.
 ええ、会いたいわ。

Frank: Okay, cool, all right, she just ah, parking the truck. I’m gonna, I’m gonna get my ah, my fiancee, man!
 よかった。よし、わかった。彼女今トラックを駐車してるとこだから。もうすぐ、俺の婚約者がくるぜ!

Chandler: You know, I would’ve bet good money that he’d be the first one of us to get married.
 な、彼が最初に結婚するにたくさんお金賭ける。

Phoebe: Yeah, isn’t it fantastic?
 ねぇ、すばらしくない?

Monica: Yeah, ah, but Pheebs, don’t you think he’s a little young to get married?
 そうね。でもフィーブス、彼結婚するには若すぎると思わない?

Phoebe: What, he’s 18.
 なに? 彼は18よ。

Ross: Exactly, it’ll be illegal for him to drink at his own bachelor party.
 そうだよ。バチェラーパーティでお酒を飲んだら違法なんだぞ。

Joey: Yeah, or-or to get a hooker.
 そうだな。それとか、売春婦を買ってもな。

Chandler: Always illegal, Joe.
 いくつでも違法だ、ジョー。

Frank: Hey! Hey! This is my fiancee, Mrs. Knight.
 ねぇねぇ!! 俺のフィアンセ、ミセス・ナイト!(彼女にフィービーを教える)

Alice: You know, it’s funny, um, Frank told me so much about you, but you're not how I pictured you at all.
 (フィービーに挨拶)まぁ、おかしいわね、フランクからあなたのことはいっぱい聞いてるけど、あなたは想像とは全然違うわ。

Phoebe: Yeah, I’m a big surprise.
 ええ。私は意外性の人なのよ。

Monica: So, how did you guys meet?
 それで、あなた達どこで知り合ったの?

Frank: Well um, I was in Mrs. Knight’s, I mean Alice, sorry, Alice, I always do that. I was in her Home Ec class.
 俺はミセス・ナイトの・・いや、アリス、ごめん、アリス。いつも間違っちゃうんだ。彼女の家庭科のクラスで会ったんだ。

Alice: And he was my best student.
 彼は一番の生徒だったの。

Frank: Yeah, she was my best teacher.
 ああ。彼女は僕の一番の先生だったよ。

Alice: Ohhh.
 おお・・(2人抱き合い激しいキスへなだれ込む)

Chandler: If that doesn’t keep kids in school, what will?
 それで生徒がちゃんと出席しないなら、他に手はない。

Ross: And so now you guys are gonna be married?
 それで、君たちは結婚するんだって?

Alice: Yeah. You know, we talked about just living together, but um, we want to have kids right away.
 ええ。最初は一緒に住むことを話し合ったんだけど、でもね、すぐ子供が欲しいと思って!

(みんなショック)
Rachel: Oh, my God!! Great!
 オーマイゴッド!! 素敵ね。

Phoebe: Wow, kids. Frank, are you sure you’re ready for that?
 ワオ。子供ね・・フランク、あなた本当にいいの?

Frank: How hard can it be? You know, I mean, you know, babies, you know, who doesn’t want babies right? And besides you know, I never had a Dad around, and ah, now-now I always will, ‘cause you know, it’ll be me. Right?
 何も難しいことはないだろ? だってほら、赤ちゃんだよ。誰だって赤ちゃん欲しいだろ? 俺は父親がそばにいなかったからさ。そうなれば、いつもそばにいるようになるよ、だって俺が父親だもんね?

Alice: You know, I mean, really we do realize that there’s an age difference between us.
 そりゃね、年の差があるってことは本当にわかってるんだけどね。

Phoebe: Oh good! Okay. ‘Cause you were acting like you didn’t.
 ああ、よかった! そうなのね。だってあなたわかってないみたいに見えたから。

Alice: Oh no, but when it comes to love, what does age matter?
 あら、いいえ。でも、愛ってことになったら、年なんて関係ないわよね?(2人ふざけてうなった後また激しいキスになだれ込む)

《チャンドラの寝室:催眠テープの流れる中寝ているチャンドラー》

Hypnosis Tape: You are falling fast asleep. Deeper. Deeper. Deeper. You are now completely asleep. You don’t need to smoke. Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke. A strong, confident woman.
 あなたは深い眠りに落ちます。深く、深く、もっと深く。あなたはもう完全に眠りの中です。あなたにタバコは必要ありません。タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。強く、自信にあふれた女性・・

《Moondance:レイチェルがランチに来ている》

Monica: And you know what? I just realized, in the last year I’ve only gone out with two guys, Richard and Julio. You gotta help me out here, you gotta set me up, you gotta get me back in the game.
 それでね、私気がついたんだけど、この1年、私、リチャードとフリオの2人しかつきあってないのね。助けてよ、誰かと引き合わせて。私を復活させてよ。

Rachel: Well, that shouldn’t be a problem. I mean I work in fashion and all I meet are eligible straight men.
 そうね、簡単よね。私はファッション業界で働いてるんだから、会う人みんな、年頃のストレートの男よね。

Monica: Pete, can I get you something else?
 (別の客に)ピート、他に何かいります?

Pete: Yeah, a slice of cheesecake and-and a date if you’re giving them out.
 そうだな。チーズケーキと、それから、もしよければ1回デート。

Monica: Haven’t we covered that topic?
 もうその話は済んだじゃない?

Pete: Hmm, come on, you just said to her that you….
 なんだよ、君たった今彼女に・・

Monica: Aww, the only reason you want to go out with me because my blond wig, and the big boobs, and the fact that I serve you food.
 あなたが私とデートしたいって思うのは、このブロンドのかつらと、このでかいおっぱいと、それからあなたに食べ物を提供してるからよ。

Pete: Well, if that were true, I’d be dating my Aunt Ruth. And the two times we went out were just plain awkward. . . Come on, you think she should go out with me, don’t you?
 もしそれが本当なら、僕はルースおばさんとデートしてるさ。2回デートしたけど、ただひたすら気まずかった。(レイチェルに)ね、君は、彼女僕とデートすべきだと思うよね?

Rachel: Well, I mean, are you sure you want to go out with her? I mean that ain’t a pretty picture in the morning, you know what I mean. That wig all in disarray, and boobs flung over the night stand, you know.
 そうね、でも本当に彼女とデートしたいの? 朝見たら美しくはないわよ。わかるでしょ。かつらは乱れて、おっぱいはナイトスタンドにひっかかってるわよ。

Monica: I mean really, think about it.
 ほんとよ。考えてもみて。

Pete: Ho-ho, I will.
 はは。考えてみるよ。

《チャンドラー達の部屋:ロスとジョーイに話すフィービー》

Phoebe: No, I know, I know, that this is Frank’s life. You know, I don’t want to be all judgmental, you know, but this is sick, it’s sick and wrong!
 わかってるわ、わかってるの、フランクの人生よね。ただ批判的になんてなりたくないけど、でも、こんなの変よ。変で、間違ってる。

Ross: Pheebs, what, is it the age thing?
 フィーブス、ひっかかってるのは年のこと?

Phoebe: No-no, oh, I’m fine with the age thing you know, until it starts sticking its tongue down my little brother’s throat!
 違うの。年のことはいいのよ。彼女が弟の口に舌を入れなきゃね!

Joey: Pheebs, he seems to enjoy it.
 フィーブス、彼は楽しんでるみたいだったぞ。

Phoebe: But, I mean, do you think he’s gonna enjoy it when he’s up to his elbows in the diapers from all the babies they have to have right away?! This is not fair to Frank, and it’s not fair to the babies, and you know what, it’s not good home economics.
 でも、すぐに子供を持って、赤ちゃんのおむつに埋もれてしまってもまだ楽しめると思う? フランクにとってよくないわ。赤ちゃんにとってもよくないわ。そして家庭科にとってもよくないわ。

Joey: Well, have you told him how you feel?
 どう思ってるか、彼に話した?

Phoebe: Yes. Not out loud.
 ええ。声に出してはないけど。

Ross: Pheebs, if you don’t tell him, soon he’s gonna be married, and then you’re gonna hate yourself.
 フィーブス、もし話さなかったら、もうすぐ彼結婚しちゃって、そうしたら君、後悔して自分をイヤになるぞ。

Phoebe: Yeah, but if I do tell him, then he’s gonna hate myself. I mean look at him and his Mom. I can’t. . . . But, you guys can. Please, you gotta talk him out of it.
 そうよね。でも、もし話したら彼が私をイヤになるわ。だって、彼と彼のママを見て。ムリよ。・・・でも、あなた達ならできるわ。お願い、彼を説得して。

Ross and Joey: No-no-no-no-no.
 ダメダメダメダメダメ!

Phoebe: Come on, you guys, you have nothing to lose, I have everything to lose. Do you want me to lose everything? Everything?!
 お願いよ! あなた達失うものないじゃん! 私はすべて失っちゃうのよ。すべて失ってほしい? すべてよ?!

Ross and Joey: No.
 いいや。

Phoebe: Okay, I’m gonna go get Frank.
 よかった。フランク連れてくるわ。

Joey: So, we’re walking down the street and I turn to you and I say, “Hey, let’s go hang out at Totally Nude Nudes,” remember? And then, and then, you turn to me and say, “Nah, let’s just hang out at your place.” Well, that was a nice move, dumb ass.
 な。俺たちな、通りを歩いていて、俺がおまえの方を向いて「完全完璧ヌードの店行こう」って言ったよな。覚えてる? そしておまえが俺の方を向いて言ったんだな、「いや、おまえの部屋でのんびりしよう」ってな。いい考えだったのな、あほたれ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: I think you should definitely go out with this guy.
 あの人とデートに行くべきよ。

Monica: Nah, he doesn’t do anything for me.
 だめよ。彼のことなんとも思わないもの。

Rachel: Monica, last Saturday night, what happened on Walker: Texas Ranger?
 モニカ、先週の土曜日の夜、テキサス・レンジャーのウォーカーに何が起こった?

(ウォーカーは炎のテキサス・レンジャーの主人公)

Monica: Well, umm, Walker was looking for this big bus load of kids…. All right, I get your point.
 ウォーカーは、子供達が乗った大きなバスを探していて・・・。わかった。言いたいことわかったわよ。

Rachel: All right.
 よろしい。

(チャンドラーがくる)
Chandler: Hi.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: You know, I forgot the combination to this about a year ago? I just carry it around. You got any Chap Stick?
 1年くらい前からこの鍵の番号わからないんだよね。でもとりあえず持って歩いてるんだ。リップクリーム持ってない?

chapstick.jpg(Chap Stick)

Monica: Uh, yeah.
 ああ。あるわよ。

Rachel: Hey, how are those tapes working out for you?
 ねぇ、あのテープどう? 効いてる?

Chandler: You know what, pretty good.
 それがね、すごくいいよ。

Rachel: Yeah?
 そう?

Chandler: Good! I haven’t smoked yet today, I feel great, and-and-and confident, that is a stunning blouse!
 いい! 今日吸ってないし。気分はいいし、それにそれに、自信が・・そのブラウス素敵!!

Rachel: Thank you.
 ・・ありがと。

Monica: Here you go.
 はい、どうぞ。(Chap Stick渡す)

Chandler: Thanks
 ありがと。

Rachel: Hey, Mon, let’s give Pete a chance Come on, he was funny, he seems really nice, and that check thing was adorable.
 ねぇ、モン、ピートとつきあってみなさいよ。彼っておもしろいし、いい人そうだし、それに小切手のことだって可愛いじゃん。

Chandler: What check thing?
 小切手のことって?

Monica: As a joke, this customer at work who has a crush on me gave me a $20,000 tip. His number is on the check, he just did so I’d call him.
 冗談よ。うちに来るお客さんが私を好きになって、2万ドルのチップをくれたの。彼、小切手に番号書いてたから、電話してみるわ。

Chandler: Pete Becker. Pete… Is this him?
 (小切手を見て)ピート・ベッカー。ピート・・(カバンから雑誌を出して見せる)その人この人?

Monica: That’s Bill Clinton.
 それビル・クリントンじゃん。

Chandler: Who’s he hugging?
 彼がハグしてる相手だよ。

Monica: Oh, my God! That’s Pete! But why is Bill hugging Pete?
 オーマイゴッド! ピートだわ! でもなんでビルがピートをハグしてるの?

Chandler: This guy invented Moss 865! Every office in the world uses that program!
 この人Moss865を開発した人だよ! 世界中の会社でこのプログラム使ってるよ!

Rachel: We use it!!
 うちの会社で使ってるわよ!

Chandler: There you go!!
 ほら!

Rachel: Oh, my God, Monica’s gonna go out with a millionaire.
 オーマイゴッド! モニカが億万長者とデートする!

Monica: I’m not gonna go out with him.
 私は彼とデートしないったら。

Rachel: Oh, my God, I can’t believe this is a real $20,000 check, oh, this is just so exciting.
 オーマイゴッド! 信じられない。これ本物の2万ドルの小切手。ああ、興奮する!

Monica: Or incredibly offensive.
 またはとんでもない侮辱。

Rachel: Oh, yeah, sure, that too.
 ああ、そうそう、そうね。

(チャンドラーがリップクリームをたっぷり塗ってティッシュで余分を取る女の子っぷり)
Chandler: What?
 (呆然として見つめるモニカとレイチェルに気づいて)なによ?

《チャンドラー達の部屋:フランクに話すロスとジョーイ》

Ross: All we’re saying is don’t rush into anything.
 僕らが言いたいのは、何も急ぐことはないってことだ。

Joey: Yeah, come on, think about it. You’re 18, okay, she’s 44, when you’re 36, she’s gonna be 88.
 そうだよ。考えてもみろ。君は18だ。ね、彼女は44歳。君が36になると、彼女は88だぞ。

Frank: What, you don’t think I know that?
 なに? 俺がそれを知らないとでも?(間違いをあきらめるロス)

Joey: Look, the point is, there’s a lot of women out there you haven’t even had sex with yet!
 聞いてくれ。言いたいのは、世の中にはまだ君がセックスしたことのない女性達がいっぱいいるってことだよ。

Ross: Yeah, he-he’s right, he’s right. This is your time you know, yeah, you’re young, you’re-you’re weird, chicks dig that.
 そうさ。彼の言う通りだよ。その通り。君にとっていい年頃なんだ。若くて、おかしな子で、女の子にもてもてだぞ。

Frank: Okay, but isn’t sex better when it’s with one person that you really, really care about.
 オーケー、だけど、セックスって、本当に本当に好きな人とする方がよくない?

Joey: Yeah, in a poem maybe.
 ああ、詩の世界ではね。

Ross: No, the man’s right, that’s what I had with Rachel.
 いや。彼の言う通りだよ。レイチェルとそうだった。

Frank: You don’t have it anymore?
 彼女もう今はいないの?

Ross: No, I ah, I slept with someone else.
 ああ。僕・・他の人と寝たんだ。

Frank: Okay, so wait, all right, so how does that make things better?
 そうか、待って、それで何かよくなった?

Ross: It didn’t.
 いいや。

Frank: Okay, so what you used to have with Rachel, is what I’ve got with Alice.
 オーケー。君とレイチェルにあったものが、今アリスと俺にあるものなんだ。

Joey: Now, wh-what, what is that like?
 なに、それ、どんな感じ?

Frank: It’s so cool man, it’s so, it’s just ‘cause being with her is so much better than like not being with her.
 すっごくいいよ、ほんと。もう、だから、彼女と一緒にいるのは、ずっといいんだ。彼女と一緒にいないよりずっと。

Ross: Yeah, yeah.
 そう、そう。

Joey: Why can’t I find that?
 なんで俺はそれを見つけられないんだ?

Ross: Don’t ask me, I had it and I blew it!
 僕に聞かないでくれ。それを台無しにしちゃったんだ。

Joey: Well, I want it!
 俺もほしいよ!

Frank: You can have it!
 君にもみつかるよ!

Joey: I don’t know, maybe I can’t. I mean, maybe there’s something wrong with me.
 そうかな・だめかもな。俺、何かおかしいのかもな。

Ross: Oh, no! No!
 そんなことないよ!

Frank: It’s out there man! I’ve seen it! I got it!!
 きっとあるよ! 俺は見つけたんだ。手に入れた!

Joey: Then you hold on to it!!
 それじゃ放すなよ!

Frank: All right, man!!
 そうするよ!

Joey: All right, congratulations, you lucky bastard!
 よし、おめでとう、このラッキー野郎め!

《チャンドラー達の部屋:時間経過フィービーが来ている》

Phoebe: You’re Frank’s best man?!
 あなたがフランクの付き添い人?!

Joey: I couldn’t help it, their love is so pure.
 だってあの2人の愛はすごく純粋なんだもん。

Phoebe: Well then, (to Ross) what about you?! Huh?!
 それで?(ロスに)あなたは? え?

Ross: I’m the ring bearer.
 僕は指輪を渡す役。

(フィービーがショックを受けている向こうをチャンドラーがシャワーあがりでバスタオルで胸まで隠して頭もタオルで包んで通る。ジョーイは首をかしげて見ている)

《フィービーの部屋:アリスがくる》

Phoebe: Hi! Oh, Alice, hi! Thanks. I’m so glad you could come, ‘cause I’ve got a real umm, Home Ec emergency.
 ハーイ、アリス、ありがとう。来てくれてうれしいわ。家庭科緊急事態なの。(テーブルクロスにマスタード色のシミ)

Alice: Oh, my God, who died on this?!
 あらまぁ大変! ここで誰か死んだの?

Phoebe: Yeah, I know. It’s a real mustard-tastrophe. Can you help me?
 そうなのよ。マスタード異変が起きたの。助けてくれる?

Alice: Absolutely. Okay, first we’ll start with a little club soda and salt, and then if that doesn’t work we can go back to…
 もちろんよ。まずソーダ水と塩をつけて、それでも効かなかったら、まず・・

Phoebe: You know what, forget it. It’s ruined.
 ねぇ、もういいわ。それはダメになっちゃったのよ。

Alice: Oh, no-no, never say that. If we can’t get it out then we can cut around the stain, add a little lace, you make a stylish throw.
 ダメダメ、そんなこと言わないで。もし落ちなかったとしても、シミの周りで切り取ってレースをつければ、素敵なカバーができるわよ。

Phoebe: Or instead, maybe you could just not marry my brother Frank.
 それかまたは、あなたが弟のフランクと結婚しないでいてくれるか。

《ピートのオフィス:TV会議中》

Pete: Okay, that’s great, but can we make it smaller? Can we make it fit on the head of a pin? I love when we make things fit on the head of a pin.
 よし、それはいいな。でも、それをもっと小さく出来ないか? ピンの先につけられるくらいにできないか? ピンの先に取り付けられるほど小さいものがとにかく好きなんだ。

All: Got it. Yeah, all right. Yeah, okay.
 わかりました。そうですね。了解しました。

(インターコム)
Secretary: You have a Miss Monica Geller here.
 モニカ・ゲラーさんがいらしてます。

Pete: Uh, absolutely, yeah, send her in. . . Hi.
 わかった。通してくれ。(入ってきたモニカに)やぁ。

Monica: What the hell is this?
 (小切手を見せ)これはいったい何?

Pete: Hang on a sec. . . I’ll talk to you in the morning. . . I’m sorry, what?
 ちょっと待って。(会議の相手に)また朝話そう。(モニカに)ごめん、なに?

Monica: Seriously, what is this supposed to mean?
 マジで、これ、どういうことなの?

Pete: Well, you know, I never know how much to tip.
 それはきみ、どれだけチップを渡したらいいかわからなくて。

Monica: You’re supposed to double the tax. Not double the tax of Romania. I mean, what’s-what’s the deal? Are you, are you trying to buy me? Is this the way you get girls to go out with you?
 税金の2倍程度よ。ルーマニアの税金の2倍じゃないわよ。どういうことなの? 私を買うつもり? あなたこうしてデート相手を見つけるの?

Employee: Umm, I’m still here.
 えー、まだ繋がってます。

Pete: You’re taking this all wrong. Because, if I didn’t leave you that tip, you wouldn’t have come down here, we wouldn’t be having this argument, and there wouldn’t be this ah, heat between us.
 (モニターオフ)君は間違ってるよ。だって、このチップを置いてこなかったら、君はここに来てなくて、僕らは言い争うこともない。僕らの間にこうした熱が発生することもなかった。

Monica: What?!
 え?

Pete: Come on, you gotta admit that our relationship is ah, is hitting a new level now. ‘Cause you used to be like the chef, and I was the customer, and now we’re like this-this couple that fights.
 そうだろ、僕らの関係は新しいレベルにきてるって認めるしかないよね。これまでは君はシェフで、僕は客に過ぎなかったのが、今はこうしてケンカしてるカップルだ。

Monica: Okay, umm, you’re a loon.
 わかったわ。あなたおかしいわよ。

Pete: Look, forget the check, okay. I like you. I think you’re great. Come on, what do you say?
 ほら、小切手は忘れて。(破り捨てる)君が好きだ。君は素晴らしいと思う。ねぇ、どう思う?

Monica: I don’t know.
 わからないわ。

Pete: Why not?
 どうして?

Monica: ‘Cause I don’t want to encourage this kind of behavior.
 だって、私こんな行為を認めたくないもの。

Pete: One meal! That’s all I’m asking for. Please? We go out, we eat, and if you don’t have a good time, I give you ten grand, we call it even.
 食事一回だけ! それだけだよ。頼むよ。でかけて、食事して、それで楽しくなかったら1万ドル払うよ。それでチャラ。

《フィービーの部屋:帰ってきて電気をつけカウチに座る》

Frank: Hi. . . Wait, no! Just put the mail down. It’s-it’s me!
 (カウチの衣類の下から出てきて)やぁ。(ビックリして飛び上がるフィービー)待って。その郵便下ろして。俺だよ。

Phoebe: Okay. Whoa, sorry. Why were you just like all in the dark?
 ああ、わかった。ごめん。なんでそんな暗いところにいたの?

Frank: Oh well, um, your, your laundry just smelled so good, that I thought I’d curl up in it. Is that all right?
 ああ、洗濯物が気持ちよくていい匂いだったから、中で丸まってた。いけなかった?

Phoebe: Oh, yeah, sure. So, how was your day?
 ああ、いいのよ。それで、今日はどうだった?

Frank: Oh, well just probably the worst one since I’ve been alive.
 ああ、多分生きてきた中で最悪の日だ。

Phoebe: What umm, what happened?
 何があったの?

Frank: Umm, Alice ah, she ah, called it off.
 ああ、アリスが結婚しないっていうんだ。

Phoebe: Oh, no. Did umm, did she say why?
 あら、まぁ。どうしてか聞いた?

Frank: Uh, no, not really, just that I was too young, you know, but I don’t see how I could all of the sudden be too young, ‘cause I’m older than I was when we first got together.
 いや、はっきりしない。ただ、俺が若すぎるっていうんだ。でもわからない。なんで突然若すぎるんだ。つき合い始めた頃より年とってるのに。

Phoebe: Yeah, yeah, no, I don’t, I don’t know. But, you know what, maybe it’s just all for the best?
 ええ、そうね。わからないわね。でもね、それが一番いいんじゃないのかしら。

Frank: Yeah, if the best is like unbelievable pain!
 ああ。一番ってのが信じられないほど苦しいものならね。

Phoebe: Oh, sweetie, oh. (hugs him)
 ああ、かわいそうに。(ハグ)

Frank: You know, I just was finally happy, you know. For the first time in my life! After my Dad left me, and then, and then getting arrested for stealing those birds, and then, and then the whole punctured lung thing! I can, it’s still really hard to take deep breaths in cold weather, but with Alice all that stuff kinda went away. And now it’s, and now it’s gone and I don’t know why!
 やっと幸せになれたと思ったのにだよ。人生で始めてだよ。おやじが行ってしまって、それから鳥を盗んだからって逮捕されて、それから、肺に穴があいてだよ。今でも寒いときは深呼吸ができないんだ。でも、アリスと一緒ならそういうことも消えてった。それがいま、いなくなっちゃって、そしてどうしてかわからない!

Phoebe: Uh, well, I can tell you why. It’s, it’s because of me. But, you know what, I only did it because I love you. Okay?
 えっと・そうね、私どうしてかわかるわ。それは私のせいなの。でも、ね、あなたを愛してるからなのよ。わかる?

Frank: What?
 なに?

Phoebe: Umm, well I, I kinda had a little chat with Alice, and I sort of made her see why you two shouldn’t be together, you know. And you’re gonna see it to, one day, you really, really will.
 えっとね、アリスとちょっとお話したのね。それで、あなた達が結婚するべきじゃないって彼女を説得したみたいな感じかしら。あなたもいつかわかるわ。本当にきっとわかるわ。

Frank: Wait a minute, wait, this is because of you?
 ちょっと待って、待って。君のせい?

Phoebe: Okay.
 そう。

Frank: Well, you, wait no, my Mother didn’t want us to be together, but the worst thing she ever did was tie me to the porch.
 君が・・待ってよ・・いや、俺の母親だって俺たちの結婚は反対したけど、でも最悪俺をポーチに縛っただけだ。

Phoebe: Okay, but.
 そう、でも・・

Frank: Wait, you know what, I came to you because I thought you’d understand! Oh no!! You know, I would storm out of here right now if-if I had some money, or a place to go…
 待って。ねぇ、ここへ来たのは、君ならわかってくれると思ったからなのに! ああなんだよ! ・・(出ていきかけて)今すぐここを出てってやる。もしお金があって行くところがあれば・・。

《モニカ達の部屋:デートに行くモニカ》

Rachel: Oh, my God! The millionaire’s here!
 オーマイゴッド! 億万長者が来る!

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド!(跳ね踊り回る)

Monica: Guys, please, I’m just gonna have dinner with him. Okay?
 みんな、頼むわよ。ただディナーに行くだけよ。いい?

Chandler: Okay, okay, just because he buys you dinner, does not mean you owe him anything.
 わかったわかった。彼が食事をおごってくれたって、何も負担に思うことないんだからね。

Monica: I know!!
 わかってる!

Chandler: Okay, then get the lobster!
 オーケー。それじゃでっかいエビ捕まえてきて!

Monica: Hey!
 (ドアをあけピートに)ハーイ!

Pete: Hi.
 やぁ!

Rachel&Ross: Hi!!
 ハーイ!

Joey: Hey, how much cash you got in your pocket right now?
 ねぇ、今ポケットにいくら持ってる?

Monica: And that’s why, I’m not inviting you in for a drink. Bye.
 こういうふうだから、飲み物には誘わないわよ。(でかける)バーイ。

All: Oh-no-no-no-no….
 あ、まってまって・・(ドア閉まる)

Monica: So, where do you want to go?
 それで、どこへ行くの?

Pete: Hey, you like pizza?
 ピザは好き?

Monica: Oh, that’s sounds great.
 ああ、いいわね。

Pete: I know a great little place.
 すごくいい小さな店を知ってるんだ。

《ローマのレストラン》

Pete: You’re, hey, you’re not paying for the pizza!
 ねぇ、君はピザ代を払うことないんだよ。

Monica: Oh, come on, it’s only fair, you paid for the flight. Now is, is that enough lire?
 あら、いいじゃない。公平でしょ。あなたは飛行機代を払ったんだし。これだけのリラで足りる?

Pete: Ahh, I’d throw another thousand on that.
 ああ、もう1000リラ足さないと。

Monica: Why, how much is that?
 そうなの、これでいくら?

Pete: That’s about 60 cents.
 それだと60セントだね。

《チャンドラー達の部屋:深夜》
(ジョーイが部屋から出てきて、大きすぎるAVユニットにぶつかる)
Joey: Every night!!
 毎晩だよ!

(トイレに行こうとしてチャンドラーの催眠テープに気づく)
Hypnosis Tape: You do not need to smoke. Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke. A strong, confident woman, who does not need to smoke.
 あなたにタバコは必要ありません。タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性・・

《フィービーの部屋:フランク1人。フィービーが来る》

Phoebe: Hey, Frank. Look, okay, I know that you think I did like this totally evil thing, but I so didn’t. There’s someone here who can explain this better than I can.
 ねぇ、フランク。聞いて。私のしたこと、あなたは本当にひどいことだと思ってるってわかってるわ。でも、そうじゃないのよ。それを私よりうまく説明してくれる人を連れてきたわ。

Alice: Hi, Frank.
 ハーイ、フランク。

Frank: Hi, Mrs. Knight.
 ハイ、ミセス・ナイト。

Alice: Phoebe’s right, Frank. I know it’s hard to hear, but it would’ve been wrong to go through with it. I-I-I was being selfish, even though we, we want the same things right now, in the future we may not. . . . Is that it, is that what it is?
 フィービーの言う通りよ、フランク。こんなこと、聞くのはつらいってわかってる。でもこのまま進むのは間違ってるのよ。私は自分勝手だったわ。今は私たち、同じことを望んでいるけど、将来はわからない。(フィービーに)こうよね、これでいい?

Phoebe: Yeah, but not just that.
 ええ。でもそれだけじゃないわよ。

Alice: Right, not just that. Umm, even though we love each other as much as we do, nonetheless…
 そう、それだけじゃないわね。・・私たちこんなにも愛し合ってるけど、それでも・・

Phoebe: Nonetheless.
 それでも。

Alice: Nonetheless. Umm, you’re too young to, to really know what you want.
 それでも・・・・あなたは求めているものを決めるには若すぎるのよ。(キス)

Phoebe: That’s right, exactly. . . All right, it’s a good bye kiss, that’s good. Bye-bye. . .Okay, no, the important thing is that you see what I’m saying, you know, just you know, this is clearly wrong. . . Okay, I’ve decided I’m gonna let this happen! Okay, can I just get my purse? Okay, all right, good.
 その通りよ。・・お別れのキスね。それはいいわよ。バイバイ(フランクがアリスを抱き上げカウチに移動)いえ、大事なことは私の言ったことをわかってくれて・・・それで・・これは明らかに間違ってる。そう・・私がこうさせるって決めたのよ。もういい、バッグだけ取らせて・・(あきらめ)わかった、もういいわ(出て行く)

《チャンドラーの寝室:ヒプノテープが流れる》

Hypnosis Tape: Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke.
 タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。

(ここからジョーイの声に代わる)
Joey: Joey’s your best friend. You want to make him a cheese sandwich everyday. And you also want to buy him hundreds of dollars worth of pants.
 ジョーイはあなたの親友です。あなたは毎朝、チーズサンドイッチを作ってあげたくなる。それから、あなたは彼に、何百ドルもするパンツ買ってあげたくなる。

(チャンドラーが目覚めてカセットデッキを見つめる)

☆おしまい☆

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 13:02| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。