2013年07月14日

3-17 The One Without The Ski Trip

3-17 5人で出かけたスキー旅行の話

 ☆5人のスキー旅行!☆

《セントラルパーク:ジョーイとチャンドラー》

Joey: Can I see the comics?
 マンガ見せて。

Chandler: This is the New York Times.
 これはニューヨークタイムズだぞ。

Joey: Okay, may I see the comics?
 わかったよ。マンガ見せていただけますか?

(モニカとフィービーが来る)
Monica: Guys. I thought you were taking Ross to the game?
 あなた達、ロスとゲームに行くんじゃなかったの?

Chandler: We are. He’s meeting us here.
 行くよ。ここで待ち合わせだ。

Monica: No! Rachel is meeting us here.
 ダメよ。レイチェルと私たちここで待ち合わせよ。

Phoebe: Oh, come on, they can be in the same room.
 あら大丈夫よ。ここで会ってもいいじゃん。

Joey: Yeah, you should've been there last night.
 昨日の夜の様子を見せたかったよ。

Phoebe: Why? What happened now?
 なんで? 何があったの?

Joey: Well, Ross was hanging out over at our place, Rachel comes over to borrow some moisturizer from Chandler....
 ロスが俺たちの部屋にいたんだけど、レイチェルがチャンドラーの保湿剤を借りに来て・・

Chandler: Yeah, you, how hard is it to say "something"? Rachel came over to borrow something.
 おい! 「なにか」って言うのがそんなに難しいか? レイチェルが「なにか」借りに来たんだ。

Joey: Anyway! Her and Ross just started yelling at each other.
 とにかく。彼女とロスが怒鳴り合いになってさ。

Phoebe: Wait. Why was he yelling at her? He’s the one who slept with someone else.
 待って。なんで彼が彼女に怒鳴れるわけ? 彼が他の人と寝たんじゃないの。

Joey: Well, I guess he says that because they were on a break when it happened, that she should have forgiven him by now.
 だけどやつは、それは別れてる間のことだって、だからもう許してくれたっていいって言うんだよ。

Phoebe: Whoa!! He is so unreasonable! God, although I think I understand what he means. Oh, my God, this is like 60 Minutes. Okay, when, when, at first you’re really mad at that pharmaceutical company for making the drug and then you know, you just feel bad for the people because they needed to make their hair grow.
 まぁ! そんなの無茶よ。もう! でも彼の言いたいことはわかるわ。ああもう・・まるであのドキュメンタリー見てるみたいね。最初は薬を作ってる製薬会社に頭に来ちゃうんだけど、でもそれから、髪を生やしたい人達に悪いような気がしてきちゃうのよね。

60 Minutes = ドキュメンタリー番組)

Chandler: You know what this is like? This is like when my parents got divorced. Man, I hope Ross doesn’t try to kidnap me after Cub Scouts.
 これに似たこと知ってる? 俺の両親が離婚した時みたいだよ。ああ、ボーイスカウトの帰りにロスにさらわれたらどうしよう。

Phoebe: You know, I had a dream where Ross and Rachel were still together, they never broke up. And we were all just like hanging out, and everyone was happy....
 わたし夢を見たのよ。ロスとレイチェルはまだつきあってて、別れてなんかないの。それで私たちみんな一緒で、幸せで・・。

Joey: I had the same dream!
 俺も同じ夢見た!

Phoebe: Yeah, and nobody slept with that Xerox girl.
 うん、誰もコピー屋の子と寝てないのよ。

Joey: Oh, I had the opposite dream.
 ああ、俺のは正反対の夢だ。

Chandler: You know what, maybe it’s gonna be okay, I mean it’s been a week.
 もしかしたら大丈夫かもな。もう1週間になるんだし。

Joey: Yeah, I mean it’s never taken me a week to get over a relationship.
 そうだよ。俺は別れた後、忘れるのに1週間もかかったことないぞ。

Monica: It’s never taken you more than a shower to get over a relationship.
 あなたシャワー1回で忘れるじゃないの。

(レイチェルが来る)
Monica: Okay, let’s go!! Let’s hit the road!!
 さぁ、行きましょ! 出かけるわよ!

Rachel: Hey!
 ハイ!

Monica: Let’s get the show on it!
 行きましょう!

Rachel: Okay, let me just get a cup of coffee.
 ええ、ちょっとコーヒー1杯飲ませて。

Monica: Oh, Rachel, I know the best coffee house and it’s so close.
 レイチェル、すごくおいしい店が近くにあるのよ。

Rachel: Closer than here?
 ここより近いの?

Phoebe: Oh, hey, look, I found coffee! Okay, let’s skedaddle.
 あっ、ほら見て。コーヒー見つけたわ(飲み残し)ほら、さっさと行くわよ。

Rachel: Pheebs, I’m not just gonna drink somebody’s old coffee.
 フィーブス、誰かの飲み残しなんて飲まないわよ。

Phoebe: Okay, Your Highness.
 わかりました、殿下。

(ロスが来て気まずい雰囲気)
Phoebe: (imitating Ross) Um, Rachel I’m really sorry. (imitating Rachel) That’s okay, Ross. Do you wanna get back together? (imitating Ross) Yeah, okay. (in her normal voice) Did anyone else hear that?!
 (ロスのマネで)レイチェル、本当にごめんよ。(レイチェルのマネで)いいのよ、ロス。やり直しましょうか?(ロスのマネで)ああ、そうしよう。(普通の声で)みんな今の聞いた?

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Is he here?
 彼来てる?

Chandler: No.
 いや。

Rachel: Oh. Here’s your moisturizer. Hi!
 そう。はい、保湿液。ハーイ!

Monica and Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Rachel: You guys are gonna love me! Okay, check it out, Thursday night, five tickets, Calvin Klein lingerie show, and you guys are coming with me. . . Okay, I said that out loud right?
 みんな私を好きになるわよ!いい、聞いて。木曜日の夜、カルバンクラインのランジェリー・ショーのチケット5枚あるの! みんな一緒に行きましょ。(みんな沈黙)私いま声に出していったわよね?

Chandler: Yes, yes, it’s just that we ah, we kind of already made plans with Ross.
 うん。聞いたよ。ただ俺たち、もうロスの予定があるんだ。

Rachel: Oh, well, okay. Well, there you go.
 あら、そうなの。わかったわ。

Phoebe: No, it’s just that he got this new like home theater dealy, and he wants you know, wants us to check it out.
 なんかね、新しくホームシアターを入れたんですって。それを見てほしいのよ。

Rachel: Hm-mm.
 そう。

Chandler: Yeah, he’s really excited about it too. He even recorded showtimes on his answering machine.
 ああ。彼すごい喜んでて、ショータイムを留守電に入れてるくらいだ。

Rachel: Oh!
 まぁ。

Monica: We’re sorry, honey.
 ごめんね、レイチェル。

Rachel: Oh, it’s okay.
 あら、いいのよ。

Joey: Rach, it’s, it’s ah, it’s not that we don’t want to, really. . .Are we talking models in their underwear?
 レイチ、行きたくないわけじゃないんだよ。ねぇ、それってモデルが下着って話?

Rachel: And heels.
 ヒール履いてね。

Joey: Ross did ask us first, and we set that night aside.
 (チャンドラーに行きたいと目で訴えるが却下され)ロスが先に誘ってきて行くって決めてしまったからさ。

Rachel: No, hey, come on, you know? If he asked you first, that’s only fair.
 あら、いいのよ。ほんと。彼が先に言ってきたんだもの。当然よ。(出ていく)

Phoebe: Oh, boy, do I feel bad!
 ああ、ほんと、イヤな気分だわ!

Joey: Oh, yeah.
 ほんとだよな。

Monica: Very bad.
 すごく悪いわ。

(チャンドラーがタバコに火をつける)
Phoebe: Chandler, what are you doing?!
 チャンドラー! 何してるのよ!

Monica: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: Oh, my God!
 (自分でも驚いたフリ)なんてこった!

Joey: You’re smoking again?!
 また吸い始めたの?

Chandler: Well, actually, yesterday I was smoking again. Today, I’m smoking still.
 実は、吸い始めたのは昨日で、今日も吸い続けてると。

Phoebe: Why would you start again after chewing all that quitting gum?
 禁煙ガムをあんなにかんでやめたのに、なんで?

Chandler: Look, I’m telling you this is just like my parents divorce, which is when I started smoking in the first place.
 だからさ、これは両親が離婚した時みたいなんだよ。俺が始めてタバコを吸ったのもその時だったんだ。

Monica: Weren’t you nine?!
 9歳じゃなかった?!

Chandler: Yeah. I’m telling you something, that first smoke after nap time....
 そうだよ。始めて吸った、昼寝の後の一服・・。

(ノックの音)
Chandler: Oh that’s great, with my luck, that’s gonna be him.
 おお、いいね。俺はついてる。きっと彼だ。

Phoebe: Him? Him, Ross?
 彼って? 彼ってロス?

Chandler: Nope, hymn 253, His Eyes Are On The Sparrow! When my parents got divorced is when I started using humor as a defense mechanism.
 いや。ロスじゃなくてゴスペルの253番、一羽のスズメ! ・・・両親が離婚した時から、俺は自己防衛でジョークを言うようになってね。(ドアをあけるとレイチェル)

Rachel: Hi! Uhh, do you guys have plans for the weekend? Because I have my sister on hold, and she said that we could use her cabin for the weekend and go skiing. Huh? I’m asking you first, right?!. I mean I’m playing by the rules.
 ハーイ。今度の週末は予定ある? 妹と電話中なんだけど、彼女の別荘をスキー旅行に使っていいっていうの。どう? 私が先に誘ってるわよね? ルールに沿ってるでしょ。

All: Absolutely, yeah!
 ほんと、間違いなく。

Rachel: Chandler! You’re smoking? What are you doing?!
 チャンドラー! タバコ吸ってるの? 何してるのよ?!

Chandler: Hey, shut up!! You’re not my real Mom!!
 黙れ! 君は俺のほんとのママじゃない!

《ロスの部屋:チャンドラーは開けた窓際で喫煙中》

Joey: Hey, can you close that window, Chandler? My nipples can cut glass over here!
 チャンドラー、窓を閉めてくれないか? 俺、乳首でガラスが切れそうだよ。

Phoebe: Wait. Really?! ‘Cause mine get me out of tickets.
 待って、本当? 私のは違反チケット逃れたわよ。

Ross: Look, you guys, I just wanna say, I really, really appreciate you spending this time with me. It’s been a pretty hard time right now, so I just wanna say thanks.
 みんな聞いて。今僕と一緒にいてくれて、本当に本当に感謝してるよ。とてもつらい時だから、ありがたいと思ってる。

Chandler: Can somebody else hug him? I have to stay by the window.
 誰かハグしてやって。俺は窓のそばにいなきゃいけないから。

Ross: Oh, hey, hey, huh? How about this weekend we have a laser disc marathon okay, and maybe a tournament on my new dart board? Huh, huh? What do you think? Two days of darts, it’ll be great!
 あ、そうそう、今度の週末、レーザーディスクマラソンなんてどう? そしてダーツのトーナメントもね! どう? どう思う? (アイリッシュアクセントで)ダーツ三昧の二日間、すっばらしいぞ。

Joey: It’ll be great for next weekend.
 その次の週末にいいと思うよ。

Ross: No, no, no, this weekend guys!
 いやいや、今度の週末だよ、みんな!

Joey: It’ll be great for next weekend. I mean, it’ll be grrreat.
 その次の週末にいいよ。きっとすっばらしいよ。

Ross: What’s going on?
 なにかあるの?

Phoebe: Well, we were um, sort of invited to go skiing, you know, Rachel’s sister’s cabin.
 実はスキーに誘われてるっていうか、ほら、レイチェルの妹の別荘にね。

Ross: So, for the whole weekend?
 それじゃ、週末いっぱい?

Monica: We’re really sorry, but um, she did ask us first.
 ごめんね。でも、彼女が先に誘ってきたから。

Ross: Yeah, that’s okay, I mean if you guys all have to go away for the first weekend I’m alone by myself, you know, then I totally, totally understand.
 ああ、いいんだよ。みんなで行かなきゃっていうんならね。僕が1人ぼっちになってしまった最初の週末だけどね。いいよ、よくわかるよ。

Phoebe: You know what, I can stay, I’m gonna stay. ‘Cause the last time I went skiing I was to afraid to jump off the chair lift, I just went round and round.
 ねぇ、私残れるわ。残るわよ。前にスキーに行った時、リフトから降りるのが怖くてグルグル回ってたもん。

Joey: Uh, Pheebs, we kinda need you to drive everybody up there in your grandmother’s cab, but you know what? I’ll stay.
 フィーブス、君はおばあちゃんのタクシーの運転してみんなを連れてかなきゃだろ? 俺が残るよ。

Monica: No! I’ll stay. He’s my brother.
 ダメよ。私が残るわ。私のにいさんだもの。

Ross: What, a pity stay?
 なに? 哀れんで残るの?

Monica: No! We’re gonna have fun. We can make fudge!
 違うわよ。楽しみましょうよ。やわらかアイス作りましょ!

Ross: Pity food? You know what, that’s okay, all right? I don’t need any of you to stay, okay? Nobody stays.
 哀れみフード? いいよ、大丈夫だよ。君たち誰も残らなくていいよ。いい? 誰も残らなくていい。

Chandler: Well, then, I might as well offer to stay.
 そうか、じゃあ俺も残るって言おうか。

《フィービー運転のタクシー:助手席レイチェル・3人後部》

Joey: Hey, does anybody else feel bad about Ross?
 なぁ、ロスに悪いって思わない?

Monica: Why? Do you think he’s still mad at us?
 なんで? 彼まだ怒ってると思う?

Chandler: Well, he’s probably more mad since you called him this morning to borrow his goggles.
 そりゃ、朝になってゴーグル貸してくれなんて電話したらよけい怒るよな。

Joey: What? Mine aren’t tinted.
 なにが? だって俺の色つきじゃないんだもん。

(チャンドラーがタバコに火をつける)
Phoebe: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: What?
 なに?

Phoebe: What does the sign say?
 そこに何て書いてある?

Chandler: Beam me up, Jesus.
 テレポーテーションして、イエス様。

("Beam me up" はスタートレックでテレポートする時に言う)
beammeup.jpg

Phoebe: No, the ‘No Smoking’ sign. There’s no smoking in my Grandmother’s cab.
 違うわよ、「禁煙」って書いてあるでしょ。おばあちゃんの車ではタバコ禁止よ。

Chandler: Okay, well, then, I have to go to the bathroom.
 そうか。じゃあ、トイレ行きたい。

All: Oh!
 もう!

Phoebe: Please!
 勘弁してよ。

Monica: No, Chandler, no! No unscheduled stops. You can go when we stop for gas.
 ダメよ、チャンドラー、ダメ! 予定にない停車はなしよ。ガソリン補給の時に行けばいいわ。

Chandler: Oh, come on, there’s a rest stop right up there! Come on, I really have to go.
 なんで、いいじゃないか。すぐそこに休憩所がある。なぁ、ほんとに行きたいよー。

Joey: Oh, now I have to go!!
 もう! 俺が行きたくなったじゃないか!

《休憩所》

Chandler: Here we go. Okay, brace yourselves.
 (急停車を予測して)ほら来たぞ、つかまれ。

Monica: What?
 なに?

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: Ow!
 (知らないのでぶつかった)痛!!

Phoebe: Aren’t you gonna go?
 (降りようとしないレイチェルに)行かないの?

Rachel: No. Thank you.
 行かないわ。

Monica: No, Rachel never pees in public restrooms.
 レイチェルは公衆トイレではしないのよ。

Rachel: Well, they never have any paper in there, you know. So my rule is ‘no tissue, no tushy.’ . . . Well, if everybody’s going.
 こういうところには絶対トイレットペーパーがないでしょ。私のルールは「紙なしお尻なし」・・でもみんな行っちゃうなら・・(車を降りる)

Phoebe: No, you know what, don’t close it (Rachel slams the door shut locking themselves out.) ‘cause the... keys...are in there.
 ダメっ! ねぇ、閉めないで!(レイチェルはドアを閉めてしまう)・・キーが中に・・。

Chandler: Oh, no-no-no-no-no-no!!
 ああ、ダメダメダメダメダメ!

Joey: What’s going on?
 なんだよ?

Chandler: My lighter’s in there!
 ライターが車の中だよ!

《その後の休憩所:チャンドラーは排気管にかがみ込んでいる》

Chandler: Damn! The tailpipe’s not hot enough to light this!
 くそっ! 排気管の熱じゃ火がつかない。

Joey: Relax, okay, I can get this open. Anybody got a coat hanger?
 落ち着けって。俺が開けるよ。誰かハンガー持ってない?

Chandler: Oh I do! Op, no, wait a minute, I took it out of my shirt when I put it on this morning.
 おお、持ってるぞ! あ、ダメだ、待ってくれ、今朝シャツから外してしまったんだった。

Monica: So, if you’re parents hadn’t got divorced, you’d be able to answer a question like a normal person?
 ねぇ。もし、ご両親が離婚してなかったら、普通の人みたいに返事できてたかしら?

Joey: Look, I just need a wire something to jimmy it. Oh hey, one of you guys give me the underwire from your bra!
 なぁ、こじあけるためのワイヤがいるんだよ。そうだ、君たち、ブラのワイヤをくれ!

Monica&Rachel: What?!
 えっ?

Joey: Come on! Who has the biggest boobs?
 いいじゃないか。誰のおっぱいが一番でかい?

Monica: Please!!
 ちょっと!

Joey: Whoever has the biggest boobs, has the biggest bra, therefore has the biggest wire.
 一番でかいおっぱいの子のブラが一番でかい、ということは一番でかいワイヤになるだろ。

The Girls: No, not getting my bra!
 ダメよ。私のはダメ。

Joey: If you wanna get back in the car, we need the wire, your call.
 車に戻りたいなら、ワイヤがいる。どうするんだ?

Phoebe: Okay, Monica’s are the biggest.
 いいわ。モニカのが一番でかい。

Monica: These tiny, little non-breasts?! Please, it’s gotta be Rachel.
 このちっぽけな小さいペチャパイが? 冗談でしょ、大きいのはレイチェルよ。

Rachel: What, no, no, no, mine are deceptively small. I mean, I actually sometimes stuff my bra.
 なに? 違うわよ違う違う。私のは見た感じより小さいのよ。だって時々詰めてるくらいだもの。

Monica: All right then, your bra would still be big.
 そうなの、じゃあブラは大きいじゃん。

Rachel: No, I stuff outside the bra.
 いえ。ブラの外側に詰めてるの。

Chandler: Ladies, let’s just compromise, okay? Phoebe, Rachel, take off Monica’s bra.
 君たち、妥協しようじゃないか、いいね? フィービー、レイチェル、モニカのブラを取って。

Phoebe: All right, forget it, never mind, you can have mine.
 いいわ。もういい。私のを使って。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

(チャンドラーがタバコの箱を投げる)
Rachel: Chandler, what are you doing? There is a trash can right there.
 チャンドラー、何してるの? あそこにゴミ箱あるでしょ。

Chandler: Well, I thought if I littered, that crying Indian might come by and save us.
 もしゴミを捨てたら、嘆きのインディアンが来て助けてくれるかもしれないじゃん。

(ゴミや公害をなくしてキレイにしようというキャンペーンのようです)


Phoebe: Okay, there.
 (ブラを渡す)はい、どうぞ。

Joey: Thank you, Phoebe, that is very, very generous.
 ありがと、フィービー。すごいすごい気前がいいね。

Chandler: Okay, now let’s decide who has the nicest ass.
 よし、じゃあ今度は一番いいお尻を選ぼうか。
 
Joey: And there you go!
 はいできた!

All: Oh, yeahhhhh!!!
 おお、よーし!!

(みんな車に乗り、チャンドラーはタバコに火をつける)
Monica: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: At least let me smoke it to the good part.
 少しは吸わせてくれ。

(good part = 一部分)

(フィービーは車をバックで出そうとする)
Phoebe: Okay. . . Oh, no!
 行くわよ。(少し動いてエンジン停止) オーノー!

Rachel: What, what’s it, what’s going on?
 え? 何なの? どうしたの?

Phoebe: Yeah, this has happened before.
 うん、前にもこんなことあったわ。

Rachel: So you know how to fix it?
 そうなんだ。どうやって直すかわかるのね?

Phoebe: Yep. Put more gas in.
 うん。ガソリン入れれば。

《キャロルの部屋:ロスが来る》

Carol: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey.
 どうも。

Carol: Hey, what are you doing here?
 どうしたの?

Ross: Well, oh just ah, I was just wondering, when you and I split up, did you get the tape that was half the last episode of M*A*S*H and half the hostages coming home?
 ああ、ただちょっと・・僕ら別れた時、半分マッシュの最終回で半分は人質が帰ってくるやつ持ってった?

Carol: Ah yeah, but now it’s Susan and me in Mexico and the hostages coming home.
 ええ。でも今は半分スーザンと私のメキシコ旅行で半分人質が帰ってくるやつよ。

Ross: Where’s Ben?
 ベンは?

Carol: He’s sleeping.
 寝てるわ。

Ross: Ahh. Ooh, is this a ah, is this a bad time?
 ああ。(ディナーの用意を見て)ああ、これはタイミング悪かった?

Carol: Umm, yeah, actually, Susan’s gonna be home any minute, it’s kind of an anniversary.
 ええ、まぁ。スーザンがもうすぐ帰ってくるの。記念日なのよ。

Ross: Oh! I thought you guys got married in January?
 そうなんだ! でも結婚したのは1月だったよね?

Carol: A different kind of anniversary.
 それとは違う記念日よ。

Ross: Ah! Oh.
 ああ! おぉ・・。

Carol: So!! Anyway...
 それで? とにかく・・

Ross: Umm, candles, champagne.. Yeah, anniversaries are great. ‘Cause you know, love lasts forever, you know. Nothing like it in this lifetime, money in the bank, so Rachel and I broke up.
 うーん。キャンドルにシャンパン。うん、記念日っていいよね。だって、愛は永遠にってね。人生にこれほど確かなものはないよ。ところでレイチェルと僕は別れたんだ。

(※It's money in the bank. (銀行に預けたように)まったく安全な投資だ.)

Carol: Oh, God, Ross I am so sorry.
 まぁ、ロス、かわいそうに。

Ross: Yeah, well.
 ああ、まぁね。

Carol: You know what? I want to talk to you about this so much, but we should probably do it when we could really get into it, are you free for dinner tomorrow night?
 ねぇ? それについてぜひ話したいと思うんだけど、じっくり話せる時の方がいいと思うのね。明日の夜、ディナーでっていうのはどう?

Ross: Oh yeah, I’d love that.
 ああ、いいね。ぜひそうしたいよ。

Carol: Oh! Me too.
 そう、私もよ。

Ross: I guess it all started when Rachel got this new job.
 これはレイチェルが新しい仕事についたことから始まったと思うんだ。

《休憩所:フィービーが電話している》

Phoebe: Okay, yeah. . . Triple A can pick us up.
 ええ、そう。(モニカとレイチェルに)トリプルAが来てくれるって。

Rachel: Great!
 よかった!

Phoebe: Yeah, what town are we near?
 ここはなんていう町の近く?

Monica: Freemont. West-Westmont, ah Westburg?
 フリーモント。ウェスト・・ウェストモント! ・・ウェストバーグ?

Phoebe: Why are you answering? Do you know at least what route we’re on?
 なんで答えるの? せめて何号線かわかる?

Rachel: Yeah, we are definitely on Route 27.
 27号線よ。間違いない。

Phoebe: Okay. . . We are at a rest stop on Route 27. Okay. (to Rachel) There is no Route 27. . . Okay, either 93 or 76?
 わかった。(電話で)27号線の休憩所よ。わかった。(レイチェルに)27号線なんてないって。・・93か76号線だって。

Rachel: I don’t know, I’m sorry, I always slept in the back when we drove up here.
 わからないわ。ごめんね。車で来る時いつも後ろで寝てるの。

Phoebe: Okay. . . Hey, can you send somebody up and down 76 and check every rest stop, and, and also 93? . . Okay! . . Yeah, no, they don’t do that.
 わかった。(電話で)ねぇ、誰か来てもらって、76号線の休憩所全部見てくれないかな。それと93号線も・・わかった!(電話切る)ダメだった。来てくれない。

Rachel: Ugh, okay, well, somebody will come and save us.
 うーっ。でもきっと誰か来て助けてくれるわ。

Monica: Who? I mean, have you seen a car come by here in the last hour and a half? I think we should call Ross, maybe he can get a car and come pick us up.
 誰が? この1時間半の間に一台でも車見た? もうロスを呼ぶしかないと思うわ。車を見つけて来てくれるかもしれない。

Rachel: No! No, I am not getting in a car with Ross, we will just have to live here!
 ダメよ! 私はロスと一緒の車になんて乗らないわ。私たちここで・・・住めばいいのよ!

Phoebe: But it's so cold..
 でも寒い。

Rachel: No, you guys, I am not getting in a car with him, you’ll have to think of something else.
 いやよ。私は彼と一緒の車には乗らない。何か他の手を考えて。

Phoebe: Oh, good, oh, Joey and Chandler are back.
 あ、よかった、ジョーイとチャンドラーが帰ってきたわ。

(ジョーイはチャンドラーに肩を貸している)
Monica: So the going for help went well?
 助けを呼びに行ってどうだった?

Joey: Oh yeah, Smokey Joe here got half way to the highway and collapsed.
 ああ、この喫煙ジョー君は高速まで行くまでももたなかったよ。

Chandler: I have the lung capacity of a two year old.
 俺の肺は2歳児なみなんだ。(タバコに火をつける)

Monica: Then why are you smoking?
 じゃあなんでままたタバコ吸うのよ?

Chandler: Well, it’s very unsettling.
 だって不安だもん。

《キャロルの部屋:ロスはディナーに手を出している》

Ross: ....right? Right? I mean it’s pretty unbelievable you know, I mean they just took off, took off without even looking back. You know, I don’t need them, huh, I’ve got you guys now as friends, you and Susan.
 そうだろ? 信じられないよね。行っちゃったんだよ。振り向きもせずに行っちゃったんだ。いいさ。やつらはもういなくてもいいよ。君達がいるもんね。君とスーザンね。

Carol: Ah, Susan will be so pleased.
 まぁ、スーザンがすごく喜ぶわ。

(ロスのポケベルが鳴る)
Ross: 717? Where’s 717? Hey, you’ve have more of these for Susan, right?
 717? 717ってどこだろう? (スーザンの分を食べてしまって)これまだスーザンの分あるんだよね?

Carol: No. But it’s okay, I’ll just put out pickles or something.
 いいえ。でもいいのよ。ピクルスでも出しておくわ。

《休憩所:電話が鳴り、フィービーが取る》

Phoebe: Ross, thank God.
 (ささやき声)ロス。助かったわ。

Ross: Pheebs? What, why are you whispering?
 フィーブス? なんで小さな声?

Phoebe: I ate a bug.
 虫食べちゃったの。

(レイチェルが近づいてくる)
Monica: Hey, Rach, the tampons here are only a penny. Let’s stock up.
 ねぇ、レイチ、ここタンポンが安いわよ。買いだめしよ。(2人立ち去る)

Phoebe: Listen, Ross, we ran out of gas, and we don’t know where we are, so we can’t get a tow truck.
 聞いてロス、ガソリンなくなっちゃったの。なのにどこにいるかわからなくて、牽引も頼めないの。

Ross: Oh, now you want a favor?
 おや。今度は僕にお願い?

Phoebe: Yes, please.
 そう、お願い。

Ross: Well, oh, I’m sorry your car broke down, Pheebs, but I’m a little too busy with some of my real friends right now, but please call to let me know you got home safely, okay?
 そうなんだ。車が動かなくなってかわいそうだね、フィーブス。でも、僕はちょっと忙しいんだよね。今、本当の友達と一緒なんだ。でも、無事に帰れたら教えて、いいね?

Carol: Phoebe, hang on a second. . . Here, take my car, go pick up your friends.
 (電話を横取りして)フィービー、ちょっと待ってね。(キーをロスに渡して)はい、私の車使って。友達を迎えにいってあげて。

Ross: No, I’m not gonna pick them up.
 いや、僕は迎えになんて行かない。

Carol: Listen, we both know you’re gonna do it ‘cause you’re not a jerk. Okay? So you can either sulk here for a half hour and then go pick them up, or save us both time and sulk in the car.
 聞いて。わかってるのよ。あなたは結局行く人だわ。イヤな奴じゃないもんね、そうでしょ? だったらここで30分むくれてから迎えに行くより、時間を節約して走りながらむくれて。

Ross: No, Rachel doesn’t want me to....
 いや、レイチェルは来てほしくないと・・

Carol: Look, I am sorry that Rachel dumped you ‘cause she fell in love with that Mark guy, and you are the innocent victim in all of this, but don’t punish your friends for what Rachel did to you.
 いい? レイチェルがマークって人を好きになったからってあなたを振ったのはかわいそうだったと思うわ。あなたは罪のない被害者よね、でも、レイチェルがあなたにしたことで友達まで罰するのはやめて。

Ross: Yeah, you’re right.
 ああ、その通りだね。

Carol: Phoebe, hang on a second Ross wants to say something. . . What? . . . You slept with someone else?!
 (電話で)フィービー。ちょっと待って、ロスに代わるわ・・なんですって?・・(ロスに)あなた他の人と寝たの?!

Ross: We were on a break!!! Okay!! . . We were, we were..., yeah. Where are you? I’ll find you.
 僕ら別れた後だったんだ! もう。(電話で)僕ら、僕らは・・ああ、いまどこ? 探すよ(電話終了)

Carol: You slept with another woman?
 他の人と寝たの?

Ross: Oh, you-you’re-you’re one to talk.
 あ、きみ・・きみ、それ話す?

《休憩所:ジョーイが地面に木を並べている》

Joey: Okay, done.
 よし、できた。

Monica: What’s ‘pleh’?
 [PLEH]ってなに?

Joey: That’s ‘help’ spelled backwards so that the helicopters can read it from the air!
 [HELP]だよ。スペルを反対に並べたんだ。これでヘリコプターから読めるだろ?

Monica: Huh. What’s "doofus" spelled backwards?
 ふーん。[doofus](間抜け)を逆に並べたら?

(ロスが来る)
Rachel: Op, op, car! Car!! . . Ugh!!!
 あっ! 車よ! 車! (ロスと気づいて)うーっ!!

Phoebe: Oh, it’s Ross on one of his drives!
 まぁ! ロスったらドライブしてたのね?!

Chandler and Joey: Hey!!
 やぁ!

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Rachel: What is he doing here?!
 彼ここで何してるの?

Ross: He is saving your butt. Unless of course I’m stepping on some toes here, in which case I could just mosey on, I’ve got plenty of people to help on the Interstate.
 彼は君達を助けにきたんだ。もちろん、僕が来て気分が悪いっていうんなら、ぶらついて帰るからいいよ。幹線道路は助けてほしい人がいっぱいいるからね。

(step on some toes = 人の感情を害する・怒らせる)

All: No! Come on!
 ダメだよ。頼むよ!

Rachel: All right!! Fine! Fine.
 わかったわよ! いいわよ、いいわよ。

(ロスが通る時ジョーイのサインを踏んでバラバラに)
Joey: Arrrghh!!
 あーっ!

Chandler: Oh no, now it’s not gonna make any sense!
 あらら。これで意味がなくなっちゃったな!

Phoebe: You guys, what, what do we do about Ross who drove all the way up here? What do we do? Just like send him back and we’re then gonna go skiing?
 (チャンドラーとモニカに)ねぇ、こんな遠くまで来てくれたロスのことどうするの? どうする? ただ帰らせて私たちだけスキーに行くの?

Chandler: Oh, this is horrible, it’s just horrible.
 ああ。それはひどい。あんまりだよ。

Joey: Guys, do you think we should ask Ross to come along?
 なぁ、ロスも一緒にって誘うべきだと思う?

Monica: I know, what about Rachel? I mean how are we even gonna ask her?
 そうだけど、レイチェルは? レイチェルにそんなこと頼める?

Rachel: Ask me what?
 私に何を頼むって?

Monica: Umm, if ah, it might be okay if Ross came skiing?
 えー・・もし・・もしかしてロスもスキーに来ていいかって・・?

Chandler, Phoebe, and Joey: No, I wasn’t gonna ask you that, no.
 いやいや、そんなことは頼めない。

Rachel: You guys are unbelievable. No! He cannot come.
 あなた達、信じられない。ダメよ。彼はダメ。

Ross: Excuse me?
 なんだって?

Chandler: It’s horrible.
 最悪だ。

Ross: Oh, please, can’t I come to your special, magical cabin?
 ああ、お願い、僕も君のスペシャルマジカル別荘に連れてってくれない?

Rachel: Why would you even want to come Ross? You’re a horrible skier.
 どうしてあなたが来たいなんて思うのよ、ロス? スキーへたくそなのに。

Ross: Oh-oh, hitting me where it hurts, my ski skills.
 うぅっ! イタいとこを突かれた。僕のスキーの腕・・。

Monica: Here we go again.
 また始まったわ。

Joey: I can’t handle this, you guys.
 俺の手には負えないよ、君たち。

Chandler: You know, what, I can handle it, handle’s my middle name. Actually it’s the ah, middle part of my first name.
 いや、俺にはできるぞ。対処するってhandle だろ、Chandler だから俺の名前に入ってるんだ。

Ross: All right, Pheebs, your cab’s ready.
 よし、フィーブス、車動くようになったよ。

Rachel: All right, let’s go!
 よかった、行きましょ。

Ross: You’re welcome.
 礼はいいよ。

Rachel: Oh, I’m sorry, were you speaking to me or sleeping with someone else?
 あらごめんなさい、私に話してたの、それとも他の人といたしてたの?

Ross: We were on a break!
 あれは別れた後のことだ!

Rachel: You know, Ross, why don’t you put that on your answering machine!
 ロス、留守電メッセージそれにしたら?

Ross: Hey-hey, it’s valid okay? And I’m not the only one who thinks so, Monica agrees with me.
 おいおい、これは確実なことだ。いいか? しかも、そう思ってるのは僕だけじゃない。モニカも賛成してくれたんだ。

Rachel: What?!
 なんですって?

Monica: I don’t know.
 わからないわ。

Ross: That’s what you said last night.
 昨日そう言ったよね。

Monica: What I said was that I understood. Joey’s the one who agreed with you!
 私が言ったのは、わかるってことよ。賛成したのはジョーイよ。

Ross: Okay.
 そうか。

Rachel: Really, Joey?
 ジョーイ、本当なの?

Joey: ... What?
 ・・なに?

Phoebe: You know what? But there is no right or wrong, here.
 ねぇ、だけど、いいも悪いもないんじゃないの?

Rachel: No, I think it’s very obvious who’s wrong here.
 いいえ、誰が悪いか明らかだと思うわ。

Ross: Obviously not to Joey.
 ジョーイにはそうじゃないようだよ。(みんなジョーイに注目)

Joey: ... What?
 ・・なに?(かわいそう)

Ross: Look, both, Joey and Monica feel the same way that I do. No-no-no-no.
 いいか、ジョーイもモニカも僕と同じように思ってるってことだ。いやいやいや・・

Chandler: Guys, guys, guess who I am?!
 みんな、みんな! これ誰だと思う?(踊りだす)(かわいそうすぎ)

(ちらっと見たが、ケンカ続行)

Phoebe: Hey! Hey! Hey! Hey!! Hey!!! Look what you’re doing to Chandler!! . . . Yeah, look, we know this is really, really hard for you guys. Okay? . . You don’t, all right, you don’t have to love each other, okay? You don’t, you don’t even have to like each other much right now. But please, you have to figure out a way to be around each other.
 ちょっとちょっとちょっと!! あなた達、自分がチャンドラーに何をしたか見なさい!(チャンドラー踊り止む) あなた達にとって、とってもとってもつらいことだってのはわかるわ。ね? いいわよ、お互い愛し合えとは言わないわ。今はお互いそう好きじゃないってことでもしかたがない。でも、お願いだから、2人が一緒にいられる方法を見つけてくれないかな。

Joey: Yeah, and not put us in the middle.
 そうだよ。俺たちを巻き込まないでくれ。

Phoebe: Yeah, otherwise, I mean that’s, that’s, that’s just it for us hanging out together. You know, is that what you want? . . . Can you be civil?
 そうよ。そうでないと・・私たちみんなで一緒にいられなくなっちゃう。そうしたいの? 普通にしてくれない?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: I can.
 できるよ。

Phoebe: Okay. Good, all right, let’s get back in the car, ‘cause it’s freezing, and my chest is unsupported.
 わかった。いいわ。じゃあ、車に戻りましょう。すごい寒いし、私の胸はいま支えを失ってるのよ。

Joey: Oh what, wait, wait a second, I mean, what are we doing? Who’s going with who?
 ちょっと、待ってちょっと待って。どうするんだ? 誰が誰と一緒に行く?

Ross: Look, you guys, you guys should go. . . No, I’m, you, you planned this all out, and I don’t want to ruin it, so you guys should just go.
 いや、みんな、君たちだけで行ってくれ。いや、いいんだ。君たちで計画を立てたことだ。それをぶちこわしたくないよ。君たちだけで行って。

Joey: Come on, man, you drove all the way up here.
 それはないよ、おまえここまで来てくれたのに。

Ross: No, no, really, I’ve got to take the car back anyway, I’m spending all day tomorrow with Ben, It’s fine, okay? Just go. No guilt, I promise.
 いやいや、ホントにいいんだ。車を返さないといけないし、明日は一日ベンと過ごすんだ。本当にいいんだよ。行って。悪いと思わなくていいよ。ほんとだ。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Monica: All right, we’ll call you when we get back.
 いいわ。じゃあ、帰ってきたら電話するわね。

Ross: Okay.
 わかった。

Phoebe: Maybe we can like go to a movie or something.
 じゃあ映画でも行きましょうね。

Ross: Okay.
 わかった。

Phoebe: Or, or the rodeo!!
 あっ! それか、ロデオとか!

Ross: That would be great.
 それは楽しそうだね。

Phoebe: Okay!
 そうね!

Chandler: I was being Shelley Winters from The Poseidon Adventure.
 俺はポセイドン・アドベンチャーのシェリー・ウインタースをやってたんだ。

Poseidon Adventure = 1972年の映画。シェリー・ウインタースは、半分沈んだ船の中で、元水泳選手だったということで潜っていって大事な役目を果たす)

Ross: I know!
 わかってたよ!

(みんな車に乗り、走り去る)
Phoebe: Bye!!!
 バーイ!!

(ロスは車を出そうとするが、バッテリー上がり)

《キャロルの部屋:ロスが来る》

Carol Ross!
 (寝ていた様子)ロス!

Ross: Hi! Sorry I’m late. Were you sleeping?
 やぁ。ごめんね、こんな遅くに。寝てた?

Carol: Ah, no!!
 いいえ。

Ross: Oh, great! Listen, I had to get you a whole new battery. I got you the best one I could, ‘cause that’s not where you want to skimp.
 ああ、よかった。聞いて。バッテリーを交換しなきゃならなかったんだ。僕に買える一番いいのにしたよ。こんなところでケチりたくないからね。

Carol: You’re a genius, Ross.
 あなたは最高ね、ロス。

Ross: Yeah, it came to about $112, but what the hell, just call it an even 110?
 ああ。112ドルだったけど、いいさ、切り捨てて110ドルね?

Carol: Okay, I’ll pay you tomorrow.
 わかったわ。明日払うわね。

Ross: Okay.
 わかった。

Carol: Okay, bye!!
 じゃあ、バイ!

Ross: So they ah, they all took off, it was pretty hard watching them go, you know?
 それでみんな、みんな行っちゃったよ。行っちゃうのを見てるのはすごくつらかったよ。

Carol: Yeah, okay, bye.
 ええ、そうね、バーイ(すごい早さでドアを閉め電気を消し寝室へ戻る)

Ross: So I’m gonna take off then!
 (まっ暗な中、ドアの外から聞こえる声)それじゃ、もう行っちゃうよー。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:49| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。