2013年07月13日

3-16 The One The Morning After

3-16 あの日の次の朝の話

 ☆恋の行方(後編)☆

《前回のシーン回想》

Joey: Previously on Friends.
 (声のみ)前回までのフレンズ。

Ross: I mean, I don’t feel like I even have a girlfriend anymore.
 なんかもう、僕にはガールフレンドがいるって気がしなくなってきたんだよ、レイチェル。

Rachel: You want me to just quit my job so that you can feel like you’ve got a girlfriend?
 あなた私に仕事を辞めてほしいの? そうすればガールフレンドがいるって気になれるっていうの?

Ross: Is this about Mark?
 マークのせいか?

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: Okay, it’s not, it’s not.
 ああ、違うんだ、違うんだね。

Rachel: Oh, my God. I cannot keep having this same fight with you Ross! Look, maybe we should take a break.
 オーマイゴッド。。もうこんなケンカばかり繰り返してられないわ、ロス! ねぇ、私たち、離れるべきかも。

Ross: Fine, you’re right. Let’s ah, let’s take a break, let’s cool off, okay, let’s get some frozen yoghurt, or something..
 わかった、わかったよ。いいよ。その通りだ。ちょっと離れて、頭を冷やそう、いいね? フローズン・ヨーグルトか何か買ってきて・・(出て行こうとする)

Rachel: No. A break from us.
 違うわ。別れるって意味よ。

(ロスは黙って出て行く)

《モニカ達の部屋:レイチェルとマーク》

Rachel: Then, we had this big, stupid fight, and I said I wanted to take a break, I don’t want to take a break.
 それから大げんかになって、バカげたケンカよ。それから私が別れようとか言って・・別れたくないのに。

Ross: I’ve been thinking, this is crazy, I mean don’t, don’t you think we can work on this?
 (電話)考えてたんだけど、こんなのおかしいよ。こんなこと、僕ら話し合ってなんとかできないかな?

Mark: Hey, what do you want to drink?
 ねぇ、何か飲む?

Ross: Who’s that?
 (電話)今の誰?

Rachel: Nobody.
 (電話)何でもないわ。

Ross: Is that Mark?
 (電話)今のマーク?

Rachel: Umm, honey, look he just came over to....
 (電話)えっと、ね、聞いて。彼はちょっと来て・・

Ross: Yeah! Got it!
 (電話)そうか、わかったよ! (電話を切る)

《フィリー》

Chloe: Hey, come dance. What are you, married? ‘Cause that’s okay.
 ねぇ、踊りましょ。なんなの? 結婚してるとか? しててもかまわないわよ。(ロスとクロエのキス)
《回想終わり》

ーー翌朝ーー

《モニカ達の部屋:モニカがブレンダーでジュースを作っている》

Monica: Hey.
 おはよ。

Rachel: Hey.
 はーい。

Monica: How’s the big anniversary dinner?
 昨日の大事な記念日ディナーはどうだった?

Rachel: Well, we never actually got to dinner.
 私たちディナーまでいけなかったの。

Monica: Ohhh, nice.
 おお! いいじゃない。

Rachel: No, we kinda broke up instead.
 違うの。そうじゃなくて、別れちゃったのよ。

Monica: What?!
 なんですって?!(ブレンダーのフタをせずスイッチを押してしまう)

Rachel: God, Monica, it’s on the ceiling.
 まぁ・・モニカ、天井についたわ。

Monica: That’s okay, this is more important than fruit ,, on my ceiling! You broke up?!
 いいのよ。それよりこっちの方が大事だわ。天井のフルーツより! 別れたって?

Rachel: Yeah, but it’s okay, because when Ross left Mark came over.
 ええ。でも大丈夫。ロスが出てってからマークがきて・・

Monica: Oh, no!!
 まさか!

Rachel: No.
 いえ。

Monica: Rachel, you and Mark?!
 レイチェル、あなた、マークと?

Rachel: No, no-no, it’s okay, calm down. Mark and I talked, and I realized how much I love your stupid brother. And, yeah, we got our problems, but I really want to make it work.
 違う、違うの。大丈夫、落ち着いて。マークと話して、あなたのバカな兄さんをどんなに愛してるかってことに気づいたの。問題はあるけど、でもなんとか乗り越えたいわ。

《ロスの部屋:目が覚めたロス》

Chloe: Morning!
 おはよ!
(びっくりして起き上がるロス)

《ロスの部屋:留守電チェックするロス》

Rachel: Hi, it’s me. I’ve been trying to reach you all night. I feel awful. Please, Ross, you gotta know there is nothing between me and Mark. This whole break-up thing is just stupid.
 (留守電)ハーイ、私よ。一晩中あなたに電話をかけてたの。最悪な気分だわ。お願い、ロス、わかってね、私とマークは何でもないわ。別れるなんて、バカげてるわ。

Ross: Yeah!!
 そうだ!

Rachel: Eh, I’m just so sorry I put you through it. And, I you know, I don’t want to get back together over a machine.
 (留守電)こんなことになってごめんなさい。それでね、私留守電でやり直ししようって話したくないわ。

Ross: Na-huh.
 そうだ。

Rachel: So, I love you.
 (留守電)愛してる。

Ross: I love you.
 愛してるよ。

Rachel: And you know what, I’m gonna, I’m gonna go to bed now, but ah, on my way to work tomorrow morning, I’m gonna stop by around 8:30.
 (留守電)これからベッドに入るけど、でも、明日仕事に行く途中、8時半頃、そちらに寄るわ。

Ross: Okay.
 わかった(あわてて時計を見る)

Rachel: Bye.
 (留守電)バーイ。

(時計は8時半)
Ross: Chloe, Chloe how’s it coming?!!
 クロエ! クロエ、支度どう?

Chloe: Hey, what kind of puppy do you think I should get?
 ねぇ、どんな子犬かったらいいと思う?

Ross: Umm, oh, hey, I don’t know. How about a big one?
 あー、どうかな。大きなのはどう?

Chloe: But my apartment is so...
 でもうちの部屋はとても・・

Ross: Well then a small one!! Listen, let’s, we kinda have to get going!
 それじゃ小さいの! 聞いて、もう行かないと!

Chloe: Wait! Where’s my shoes?
 待って! 私の靴は?

Ross: You, you sure you need shoes? Okay.
 きみ・・きみ、靴要る? わかった・・(探す)

Chloe: Do I know why we’re rushing?
 どうして急いでるの?

Ross: Yeah, you know the girlfriend I told you about last night? Well it turns out she ah, she wants to get back together with me. Oh, I found it!!
 昨日話した僕のガールフレンドいるだろ? 彼女が、結局やりなおしたいっていうんだ。あっ!あった!

Chloe: That’s so great for you guys!
 すごい、よかったじゃん!

Ross: Yeah!
 ああ。

Chloe: You must be so happy!
 めっちゃうれしいでしょう!

Ross: Yes, yes I am, one of the many things I’m feeling. Well....
 ああ、ああうれしい。そのほかいろんなこと感じてるけど。。

Chloe: Good luck, with your girlfriend.
 がんばって、彼女と!

Ross: Oh, thank you. Hey, hey. Rachel!!!!
 ああ、ありがと。さぁさぁ・・(ドアを開けるとレイチェル)レイチェル!!

Rachel: Hi. Ohhh, you got my message.
 ハーイ。ああ、メッセージ聞いてくれたのね。

Ross: Yeah, oh hey, you are right on time.
 ああ、きみ、時間ぴったりだね。

Rachel: So what do you say? Can I be your girlfriend again?
 それで、どう? 私またあなたのガールフレンドでいい?

Ross: Yes, you can, very much.
 ああ、もちろんもちろん。

(クロエは玄関ドアの後ろから親指をあげてみせる)
Ross: Ahhhh!!
 (クロエの手を見てあせってレイチェルをハグ)ああ!

《モニカ達の部屋:モニカは天井にモップかけ、フィービーがくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Hey, why are you mopping your ceiling?
 なんで天井にモップかけてるの?

Monica: Oh, there’s banana on it.
 バナナがついちゃったの。

Phoebe: Wow, I have the spirit of an old Indian women living in mine.
 まぁ。うちの天井にはインディアンの女性の魂が住んでるわ。

Monica: So then you know?
 それを知ってるわけなの?(うなずくフィービー)

Phoebe: The mailman was downstairs, so I brought up your mail.
 下で郵便屋さんに会ったから、あなたの郵便物持ってきたわよ。

Monica: Oh, good. Thanks.
 ああ、よかった。ありがと。

Phoebe: Now what is Fabutec?
 このファブテックってなに?

Monica: Okay, all right. Don’t judge me too much. Okay? Um, but I saw this info-mercial, and um, I swear to you I have never-ever bought anything on TV before, except for this mop. But there was this stuff on leg waxing, it just, it looked so amazing....
 批判しないでね、いい? TV通販を見たのよ。今まで絶対絶対TVを見て買っちゃったことないのよ、このモップ以外はね。でも、足の脱毛にっていうのがあったのよ、それがすばらしそうで・・

Phoebe: Waxine!!
 ワクシーンね!

Monica: Yes! Have you seen it?
 そう!! 見たことある?

Phoebe: Oh, it’s incredible! I so want to be a Waxine girl.
 もう、すばらしいわよね! 私ワクシーンガールになりたい!

Monica: I know!!
 そうよね!!

Phoebe: God. Do you think it really doesn’t hurt? ‘Cause how can they do that?
 ああ・・本当に痛くないと思う? だって、どうしてそんなことできる?

Monica: Hello! Organic substances recently discovered in the depths of the rain forest!
 もしもし? 最近熱帯雨林の奥地で見つかった天然素材よ!

Phoebe: They have the best stuff in there.
 最高の素材を使ってるのよね。

《チャンドラー達の部屋:打ち明けているロス》

Chandler: Oh, my God! Oh, my God!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド!

Joey: Yeah. We figured when we couldn’t find you, you’d gone home to make up with Rachel. Which is probably what you should have done. Huh?
 ほんとだよ。おまえがいなくなったから、俺たち、レイチェルとやり直してるのかと思ったよ。ほんと、そうすべきだったんだぞ。

Ross: You think?! God, I’m in hell. I mean what, what am I gonna do? Rachel’s all like, ‘I love you and, and let’s work on this.’ And all I can think about is, ‘What is she gonna do? What is she gonna say?’ when I tell her what I did.
 そう思う?! ああ、もう地獄だ。どうしたらいいんだ? レイチェルは、「愛してる、なんとか乗り越えましょう」って言ってくれたのに、僕のしたことを話したら「彼女はどうするだろう?」「彼女なんていうだろう」それしか考えられない。

Chandler: Well, before we answer that, I think we should address the more important question. How dumb are you?
 それに答える前に、もっと重要な質問をしたいと思う。おまえ、なんてバカなんだ?

Ross: What?! Look, we’re trying to rebuild a relationship here, right? How am I supposed to do that here, without being totally honest with each other?
 なにが? 僕らは、関係を築き直そうとしてるんだ、そうだろ? 互いに完全に正直にならずにできると思うか?

Joey: Look, Ross look, I’m on board about this totally honesty thing, I am, just not about stuff that’s gonna get you in trouble.
 聞け、ロス。正直になるってことには全面的に賛成だ。ただ、それで自分が困るようなことなら話は別だ。

Chandler: He’s right. Nobody’s gonna benefit, and you’re just gonna hurt her.
 やつの言う通りだ。誰のためにもならないじゃないか。彼女を傷つけるだけだぞ。

Joey: Yeah, and there won’t be a relationship left to rebuild.
 そうだぞ。そして、築き直す関係そのものが消えてなくなるぞ。

Ross: Yeah, but don’t you think....
 ああ・・だけど君たち・・

Chandler: All right, look, if you absolutely have to tell her, at least wait until the timing’s right. And that’s what deathbeds are for.
 よし、じゃあどうしても彼女に話すっていうなら、少なくとも、時を選べ。そのために死の床ってもんがある。

Ross: Yeah, okay.
 ああ、そうか。

Joey: All right, okay, now, we just have to make sure she doesn’t find out some other way. Did you think about the trail?
 よし、じゃあ、彼女がこれを知ってしまわないようにしないといけない。おまえ、その経路を考えたか?

Ross: What trail?
 なんの経路?

Joey: The trail from the woman you did it with to the woman you hope never finds out who did it! You always have to think about the trail!
 やっちゃった相手のコと、絶対にそれを知ってほしくないコとの間の経路だよ! いつもその経路のことを考えなきゃだめなんだよ!!

Ross: Oh, I don’t think there’s any trail.
 ああ。そんな経路はないと思うよ。

Chandler: Okay, okay-okay, ah, Chloe works with that guy Issac. Issac’s sister is Jasmine. And Jasmine works at that message place with Phoebe. And Phoebe’s friends with Rachel. And that’s the trail, I did it!
 よし、いいか、クロエはアイザックってやつと一緒に働いている。アイザックの姉はジャスミンだ。ジャスミンはフィービーと同じマッサージ店に勤めてる。フィービーはレイチェルと友達。経路がつながったぞ! やったね俺!

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: After applying the Waxine and linen strips to leg number one,
 第1の足にワクシーンを塗って布を貼ったあと、

Monica: Did that!
 やったわよ!

Phoebe: Grasp one of the linen strips by its ‘easy grab tab’ and pull it off in one quick pain free motion.
 「簡単つまみタブ」で布をつかみ、痛みのない素早い動作で引きはがす。

Monica: Okay. . Ow!!!!! Ow-oh-oh!
 オーケー。(はがす)あうっ!イタタ!!

Phoebe: Was it not pain-free?
 痛みないんじゃないの?

Monica: No. It was painful. Oh, my God , they should call it Pain-zine, now with a little wax.
 あるわよ。痛みでいっぱいよ。オーマイゴッド! ワクシーンじゃなくて、イタジーンにするべきよ。ワックス入りのね。

Phoebe: Huh, well, the girls in the satin nighties on the commercial don’t seem to think it’s that bad.
 CMに出てたサテンのネグリジェの子、そんなに痛そうじゃなかったわよ。

Monica: That’s because their nerves are probably deadened from being so stupid. But hey, you know, if you don’t believe me, please, by my guest.
 それはあの子達あんまりバカで神経死んじゃってるのよ。でも、私を信じないんなら、どうぞ、やってみて。

Phoebe: Ow-ow-ow-ow! Oh, my God!!!
 (はがす)イタ、イタ、イタ、イタ! オーマイゴッド!!

Monica: Now, are you glad we didn’t start with the bikini strips?
 ほら、ビキニラインから始めなくてよかったでしょ?

《コピー店》

Ross: Chloe? Hi..
 クロエ? ハーイ。

Chloe: Is this about me taking your watch?
 時計取ったこと?

Ross: You took my watch?
 僕の時計取ったの?

Chloe: I’m sorry, I do that.
 ごめん。私やっちゃうんだ。

Ross: Just you keep it. Listen, did you, did you tell anyone about us?
 持ってていいよ。ねぇ、君、僕らのこと誰かに話した?

Chloe: Oh no. I feel it isn’t really anybody’s business, you know.
 ううん。そんなの他の人には関係ないことでしょ。

Ross: Exactly. So you didn’t, didn’t mention anything to Issac, right?
 その通りだ。じゃあ君、アイザックにも話してないね?

Chloe: Oh, I tell Issac everything.
 ああ、私アイザックにはなんでも話すの。

Ross: You tell, of course you do. Issac. Hey, Issac. Issac, hi! You know we haven’t actually met...
 もちろんそうだよね。(アイザックに)アイザック、ねぇ、アイザック、アイザック、どうも。初めて会ったよね。

Issac: You dog!
 しょうもない男!

Ross: Yes, I suppose I am a dog. But Issac, see, I happen to have a girlfriend.
 ああ、僕はしょうもない男だ。だけどアイザック、僕にはガールフレンドがいるんだ。

Issac: Oh, right, that Rachel chick from the coffee place.
 ああ、そうそう、コーヒーハウスのレイチェルってコね。

Ross: Yeah, that’s the one. Listen, I don’t want to hurt her.
 ああ、その子だ。聞いてくれ、彼女を傷つけたくない。

Issac: Oh, hey, man I know, doesn’t matter how much we love them, monogamy is too cruel a rule.
 ああ、そりゃそうだ。どんなに愛してるかってことは全然関係ない。一夫一婦ってのはひどいルールだぜ。

Ross: Yeah. Listen, can you keep this information to yourself?
 ああ、聞いてくれ、このこと誰にも話さないでくれる?

Issac: Aw, no problem dude. You know, we got to look out for each other. We’re the same, you and me.
 ああ、いいよ。俺たち互いに助け合わなくちゃな。同じなんだからな、おまえと俺。

Ross: Actually, no, we’re not.
 いや、実際、違う。

Issac: Yeah, we are.
 いや、一緒。

Ross: No, we’re not.
 いや、違う。

Issac: Yeah, we are.
 いや、一緒。

Ross: No, we’re not.
 いや、違う。

Issac: Okay, we’re not.
 ああ、違う。

Ross: Right.
 そう。

Issac: But, we are.
 でも一緒。

Ross: Fine. I just need to know that you’re not gonna tell your sister.
 もういいよ。君がねえさんに言わないでくれるって確認したかったんだ。

Issac: I can promise not to tell her again.
 約束するよ、もう2度と話さないって。

《フィービーの店:ジャスミンと話すロス》

Ross: Jasmine?
 ジャスミン?

Jasmine: Uh-huh.
 ええ。

Ross: We met at Phoebe’s birthday party, I’m Ross Geller.
 フィービーのバースデーパーティで会ったよね。僕はロス・ゲラー。

Jasmine: You did a bad thing!
 あなた悪いことした!

Ross: Yes, I did.
 ああ、そうだ。

Jasmine: Very bad!
 すごく悪い!

Ross: Very bad.
 すごく悪い。

Jasmine: Very, very bad.
 すごくすごく悪い!

Ross: I’m agreeing with you. Did you, listen, did you happen to tell Phoebe yet?
 まったく賛成だよ。ね、君もしかして、フィービーに話した?

Jasmine: No.
 いいえ。

Ross: Okay, Jasmine, please, please don’t. I love my girlfriend very much, and I want more than anything to just work it out with her. Okay?
 そうか、ジャスミン、お願い、お願いだから話さないでくれないか。僕、ガールフレンドをすごく愛してるんだ。何よりも、彼女とうまくやっていきたいんだ。頼むよ。

Jasmine: All right.
 わかった。

Ross: Thank you, thank you.
 ありがとう、ありがとう。

Jasmine: But you should probably talk to my roommate, because I told him and he knows Phoebe too.
 でも私のルームメイトに話した方がいいわよ。私彼に話したし、彼レイチェルを知ってるから。

Ross: Who’s your roommate?
 君のルームメイトって?

《セントラルパーク》

Ross: Gunther! Gunther, please tell me you didn’t say anything to Rachel about me and the girl from the copy place.
 ガンター! ガンター! 頼むよ、君レイチェルにコピー店の子と僕のこと話してないよね?

Gunther: I’m sorry. Was I not supposed to?
 悪かったね。話しちゃいけなかった?

(がっくりして振り向くと窓際の席にレイチェル)

《モニカのベッドルーム:剥がす2人》

Monica: Ow!
 イタッ!

Phoebe: Oh!!
 イタッ!

Monica: Ow!! Ow!!
 イタッ! イタッ!

Phoebe: Ow!!!
 イタッ!

Monica and Phoebe: Ow!!!!!!! Ow-ow-ow-ow!
 イタッ! イタッ! 痛ーーーい!!

(チャンドラーとジョーイがフライパンややかんを持って走ってくる)

Phoebe: We’re all right.
 大丈夫よ。

Monica: It’s okay, it’s okay.
 平気。平気。

Phoebe: We’re all right.
 大丈夫。

Monica: We were just waxing our legs.
 私たち、ただ脱いてただけ。

Chandler: Off?!!
 足を?

Phoebe: For your information, this happens to be a pain like no man will ever experience.
 言っておきますけど、これは男には経験のない痛みなのよ。

Chandler: Yeah, well I don’t think you can make that statement, unless you’ve been kicked in an area that God only meant to be treated nicely.
 そんなこと言えないんじゃないか。君らは、神がやさしく扱うように作ったあのエリアを蹴られた経験なんてないんだから。

Joey: Yeah, I think that women just have a lower threshold of pain than men, that’s all. I mean, come on, it’s just a little wax.
 そうだよ。女性は痛みに対する耐性が男より低いと思うな。それだけのことさ。だってたかがワックスだろ。

Phoebe: Oh yeah? Come here.
 あらそう? 来て(ジョーイの腕にワックスを塗り布を貼る)

Chandler: Oh, that’s mature.
 ああ、オトナだね。

Joey: Okay, fine, so now what, I just pull it off?
 ああ、いいさ。それでなに? これを剥がせばいいの?

Phoebe: Uh-huh.
 そうよ。

Monica: That’s right.
 その通り。
(ジョーイは剥がし、痛みの声を我慢する)

《モニカの部屋:レイチェルとロスが帰ってくる》

Ross: Come on, Rachel, come on! Talk to me! Please!!
 頼むよ、レイチェル、頼むよ! 話してくれ! 頼むよ!

《モニカのベッドルーム:レイチェル達の声が聞こえる》

Rachel: I can’t talk to you. I can’t even look at you right now!
 話したくない。あなたを見たくもない!

Monica: What?
 なに?

Chandler: Nothing, nothing.
 何でもない、何でもないよ。

Monica: Rachel said everything was okay.
 レイチェル大丈夫だって言ってたのに。

Phoebe: What are they talking about?
 あの2人なに話してるの?

Ross: Rachel?
 レイチェル?

《ロスとレイチェル》

Rachel: Just get away from me!
 あっちへ行ってよ!

Ross: No, it was a mistake! I made a mistake! Okay?
 いやだよ。あれは間違いだった。僕が間違っていたんだ。

Rachel: A mistake?! What were you trying to put it in? Her purse?!
 間違い? 何を間違えてそうなったの? バッグにでも入れるつもりだった?

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Whe-where did he put it?!
 な・・どこに入れちゃったの?

《ロスとレイチェル》

Rachel: Ross, you had sex with another woman!
 ロス、あなた他の女とセックスしたのよ!!

《モニカのベッドルーム》

Monica: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Phoebe: Oh, I knew something had to be wrong, because my fingernails did not grow at all yesterday.
 ああ・・なにかがおかしいってわかってたわ。昨日一日、爪が全然のびなかったもの。

Chandler: Yeah, well, I guess they had a fight, and he got drunk....
 ああ・・あの2人ケンカしたんだな。それでやつは酔っぱらって・・

Monica: Oh!! . . You guys knew about this and you didn’t tell us?!
 もうっ!(2人の頭を叩く)あなた達、知ってて私たちに何も言わなかったわね?!

Chandler: He has sex, and we get hit in our heads.
 やつがエッチして、俺たちが頭叩かれる・・。

《ロスとレイチェル》

Rachel: You know what, I want you to leave! Get outta here!
 ねぇ、帰ってちょうだい。出てって!

Ross: No!!
 イヤだよ!

Rachel: Just get out! Now!!
 出てって! 今すぐ!

Ross: No!! No!! I wanna stay. I wanna talk about this.
 イヤだ。イヤだ! ここにいる。話し合いたい。

Rachel: Okay! All right! How was she?
 そう! いいわよ! 彼女どうだった?

《モニカのベッドルーム》

Chandler: Uh-oh.
 おっと。

《ロスとレイチェル》

Ross: What?
 なに?

Rachel: Was she good?
 彼女よかった?

《モニカのベッドルーム》

Joey: Don’t answer that.
 そんなの答えるな。

《ロスとレイチェル》

Rachel: Come on, Ross! You said you wanted to talk about it, let’s talk about it!! How was she?
 言いなさいよ、ロス! 話したいって言ったでしょ、話しましょうよ! 彼女どうだったのよ?!

Ross: She was...
 彼女は・・

《モニカのベッドルーム》

Joey: Awful! Horrible!
 ひどい! 最悪!

Chandler: She was not good. Not good.
 よくなかった。よくなかった。

Joey: She was nothing compared to you.
 君と比べたら何でもない。

《ロスとレイチェル》

Ross: She, she was different.
 彼女は君とは違う。

《モニカのベッドルーム》

Joey: Ewwwww!
 うーっ!

Chandler: Uh-oh.
 あう!

《ロスとレイチェル》

Rachel: Good different?
 違ってよかった?

Ross: Nobody likes change.
 誰も変化は好きじゃない。

(新聞でロスを叩くレイチェル)
Ross: What? Okay, okay, okay, okay.
 えっ? オーケー、オーケー、オーケー。。

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Should we do something?
 私たち何かするべき?

Chandler: Yeah, never cheat on Rachel.
 ああ。絶対レイチェルを裏切るな。

《ロスとレイチェル》

Ross: I’m sorry, okay, I’m sorry. I wa-I was disgusted with myself, and this morning I was so, I was so upset and then I got your message and I was so happy, and all I wanted was to get her out of my apartment as fast as possible.
 悪かったよ。ね、悪かった。自分でもイヤになるよ。今朝は本当に気が動転して、それで君のメッセージを聞いてうれしくて、ただ早く彼女を部屋から出したい一心だった。。

Rachel: Whoa!! Whoa, whoa, wait a minute. What time did your little friend leave? . . Oh, my God. She was there? She was still there? She was in there, when I was in there?!
 ちょっとちょっとちょっと! ちょっと待って。その彼女って、いつ出てったの? (答えられないロス)オーマイゴッド・・彼女そこにいたの? 彼女まだいたの? 私が行った時、彼女まだいたっていうの?!

(ロスは自ら新聞を彼女に渡し、叩かれる)
Ross: Listen. Oh hey, hey, the important thing was that she meant, she meant nothing to me!
 聞いて、ね、大事なことは、彼女なんて僕にはなんの意味もないってことだ。

Rachel: And yet she was worth jeopardizing our relationship!!
 それでも私たちの関係を危機にさらすくらいの価値があるのよね!!

(新聞を投げ、モニカのドアに当たってビックリするモニカ達)

Ross: Look, I didn’t think there was a relationship to jeopardize. I thought we were broken up.
 いい? 僕は、危機にさらす関係ってものがあるとも思えなかった。僕ら別れたと思ったんだ。

Rachel: We were on a break!
 距離を置いただけよ!

Ross: That, for all I knew would, could last forever. That to me is a break-up.
 僕にわかるのは、それは永久に続くかもしれないってことだ。だったらそれは別れたのと同じだ。

Rachel: You think you’re gonna get out of this on a technicality?
 あなたそういう細かいことを言って逃れるつもり?

Ross: Look, I’m not trying to get out of anything, okay. I thought our relationship was dead!
 そんな逃れるつもりなんてなにもないよ。僕らの関係は死んでしまったと思ったんだ。

Rachel: Well, you sure had a hell of a time at the wake!
 あら、とんでもないお通夜をしたようね!

《モニカのベッドルーム》

Joey: You know what, I don’t think we should listen to this anymore.
 なぁ、これ以上聞いてちゃいけないんじゃないか?(ドアを開けようとする)

Monica: What, what are you doing? You can’t go out there.
 何をする気? 出ていけないわよ。

Joey: Why not?! I’m hungry.
 なんで? 腹減ったよ。

Monica: Because they’ll know we’ve been listening.
 私たちが聞いてたってわかっちゃうじゃない。

《ロスとレイチェル》

Rachel: God! And to have to hear about it from Gunther!!
 ああ! しかもそれをガンターから聞くなんて!!

Ross: Come on! Like I wanted him to tell you, I ran all over the place trying to make sure that didn’t happen!
 彼から聞かせたくなんてなかったよ。そういうことが起きないようにって、走り回ったんだ。

Rachel: Oh, that is so sweet. I think I’m falling in love with you all over again.
 あらまぁ、優しいこと。私もう一度あなたに恋しちゃいそう。

《モニカのベッドルーム》

Chandler: You know what, I think we can go out there. I mean they have more important things to worry about.
 なぁ、出ていっていいんじゃないか? あの2人俺たちのことよりもっと大事なことがあるよ。

Joey: Yeah, we’ll be fine.
 ああ、そうさ。大丈夫だよ。

《ロスとレイチェル》

Ross: Look Rachel, I wanted to tell you, I thought I should, I-I did, and then Chandler and Joey convinced me not to.
 ねぇ、レイチェル、僕だって話したかったんだ。話すべきだと思った。でも、チャンドラーとジョーイが話すなって言ったんだ。

《モニカのベッドルーム》

Chandler: Wax the door shut, we’re never leaving, ever.
 ワックスでドア封鎖しろ。ここを絶対に出ていかない。絶対。

(フィービーが電話をしている)
Phoebe: Hi, it’s Phoebe. Listen, someone’s gonna have to take my 9:00 with Mr. Rehak, ‘cause it’s like 9:15 now, and I’m not there.
 どうも、フィービーですけど。ね、私の9時のお客さんのリハックさん誰か代わってくれないかしら。もう今9時15分だけど、私そこにいないから。

《ロスとレイチェル》

Ross: Don’t you realize none of this would’ve ever happened if I didn’t think at that same moment you weren’t having sex with Mark?
 君がマークとセックスしてると思わなかったら、こんなことは起きなかったってこと、わかってくれないか。

Rachel: All right. Let’s say I had slept with Mark. Would you have been able to forgive me?
 あらそう。じゃ、マークと寝たとしましょう。あなた私を許せる?

Ross: Yes, I would.
 ・・ああ。許せる。

Rachel: You’d be okay if you knew that Mark had kissed me, and been naked with me, and made love to me?
 もしマークが私にキスしたと知っても、そして彼が裸で私と一緒にいても、愛しても、それでも大丈夫?

Ross: Yes.
 ・・ああ。

Rachel: You knew that our hot, sweaty, writhing bodies were....
 私たちの熱い体が汗を流し、燃える体が・・

Ross: La-la-la-la-la-la-la-la-la-la! Okay, okay, yeah, I would have been devastated but, I would still want to be with you. Because it’s, I mean it’s you.
 (耳をふさぐ)ラララララララララ・・・! わかった、わかったよ。そりゃひどく落込むよ。でも、それでも僕は君といるよ。だって、相手は君なんだもの。

《モニカのベッドルーム》

All: Ohhhhh!
 ああ!

《ロスとレイチェル》

Ross: What? Come on, Rach, tell me what you’re thinking?
 なに? レイチ、今何を考えてる?

Rachel: I’m thinking, I’m gonna order a pizza.
 考えてるの・・ピザ取ろうかって。

Ross: Order a pizza like, ‘I forgive you?’
 ピザとって許すって感じ?(にらむレイチェル)

《モニカのベッドルーム》

Joey: Oh man, pizza? I like pizza. . . Put olives on the pizza.
 なんだって、ピザ? ピザ好きなのにな・・(テレパシー送るふり)ピザにオリーブを・・・

Phoebe: We could eat the wax! It’s organic.
 ワックス食べられるじゃん! オーガニックよ!

Chandler: Oh, great, food with hair on it.
 すばらしいね。毛のついた食べ物。

Phoebe: No, not the used wax.
 違う、使ったワックスじゃないわよ。

Chandler: Because that would be crazy?
 使ったやつだったら変ってこと?

《ロスとレイチェル》

Ross: Hey, can I, can I get in on that? Because I’m kinda hungry myself.
 ねぇ、僕も・・僕も一緒にいい? 僕もおなかすいた感じ。

Rachel: Fine. (on phone) Hi! Yes, I’d like to order a large pizza.
 わかったわよ。(電話で)どうも、ラージピザをひとつ頼みたいんだけど。

Ross: No anchovies.
 アンチョビなしで。

Rachel: With ah, extra anchovies.
 アンチョビ追加で。

Ross: That’s okay, I’ll just pick them off.
 いいよ。よけてたべるから。

Rachel: Yeah, and could you please chop some up and just put it right there in the sauce?
 そう。それで、こまかく刻んでソースに混ぜちゃってくれる?

(ピザを食べている2人)
Ross: You can have the last piece, if you want.
 最後の欲しかったら食べていいよ。

Rachel: Well, I should think so. You slept with someone.
 もちろんそうよね。あなた他の人と寝たんだものね。

《モニカのベッドルーム:ワックスをなめている》

Phoebe: They’re gonna get through this, aren’t they?
 あの2人元通りになれるわよね?

Chandler: Yeah, come on, it’s Ross and Rachel, they’ve got too.
 ああ、そうさ。だってロスとレイチェルだぞ。そうならないと。

Monica: What if they don’t?
 もしそうならなかったら? (沈黙)

Joey: You think I need a new walk?
 俺新しい歩き方にした方がいいと思わないか?

Chandler: What?
 は?

Joey: Well, you know, I’ve been walking the same way since high school. You know, how some guys they walk into a room and everybody takes notice? I think I need a ‘take notice’ walk.
 いや、ほら、高校の時から同じ歩き方だからさ。時々、部屋に入ってきただけで、人の注目を浴びるやつっているだろ? 俺も、「気づかれる歩き」ってやつがほしいな。

Chandler: Are you actually saying these words?
 おまえそれ本当にしゃべってんの?

《ロスとレイチェル》

Ross: What, now you’re not even talking to me? Look Rachel, I-I’m sorry, okay? I’m sorry, I was out of my mind. I thought I’d lost you, I didn’t know what to do. Come on! Come on, how insane must I have been to do something like this? Huh? I don’t cheat, right? That’s not me, I’m not Joey!
 なに? もう話してくれないの? ねぇ、レイチェル、悪かった、ね、本当に悪かった。どうかしてたんだ。君を失ったと思ってた。どうしていいかわからなかったんだ。頼むよ、頼む。こんなことするなんて、僕がどんなにおかしくなってたかってことだよ。ね? 僕は裏切る奴じゃない。だろ? 僕のすることじゃない。僕はジョーイじゃないんだ。

《モニカのベッドルーム》

Joey: Whoa-ho-ho! . . . Yeah, okay.
 おいおいおい! ・・・そうだな、まいいか。

Monica: Hey. It’s three in the morning. They don’t know that I’ve come home yet. You notice how neither one of them are wondering where I am?
 ねぇ、夜中の3時よ。あの2人私が帰ってきてること知らないのよ。2人とも、私のこと心配しないのね?

Phoebe: Yeah, you know, people can be so self-involved.
 そうね。人って自分の事しか考えられないものなのね。

《ロスとレイチェル》

Ross: You know what, you know what, I’m-I’m not the one that wanted that, that break, okay. You’re the one that bailed on us. You’re the one that, that ran when things got just a little rough!
 レイチェル、別れるってことを言いだしたのは君だよ、そうだろ。君が僕ら2人の関係を放り出したんだ。ちょっと大変になったからって、逃げ出したのは君の方だよ。

Rachel: That’s....
 それって・・

Ross: That’s what?!
 それってなに?

Rachel: That is neither here nor there.
 どうでもいいわ。

Ross: Okay, well here we are. Now we’re in a tough spot again, Rach. What do you want to do? How do you want to handle it? Huh? Do you wanna fight for us? Or, do you wanna bail? Look, I, I did a terrible, stupid, stupid thing. Okay? And I’m sorry, I wish I could take it back, but I can’t. I just can’t see us throwing away something we know is so damn good. Rachel, I love you so much.
 でも僕らはまたここにいる。こうしてまた難しいことになってる、レイチ。どうしたい? これをどうする? 僕らのために闘う? それとも、放り出す? ねぇ、僕は本当にひどいことを、バカなことをした。本当に悪かった。なかったことにしたいけど、そうできない。だけど、僕ら2人は最高なのに、それを捨て去るなんてできない。レイチェル、本当に愛してるんだ。(キス)

Rachel: No! Ross!! Don’t! You can’t just kiss me and think you’re gonna make it all go away, okay? It doesn’t work that way. It doesn’t just make it better. Okay?
 イヤよ、ロス! やめて! キスして過ぎ去ったことにはできないわ。いい? そういうことじゃないの。そんなことでよくならない。わかる?

Ross: Okay, okay, okay.
 わかった、わかった、わかった。

Rachel: I think you should go.
 もう帰って。

Ross: What?
 え?

Rachel: I really think you need to go now.
 本当に、もう帰ってほしいの。

Ross: Okay, okay. This morning you said there was nothing so big that we couldn’t work past it together...
 ねぇ、今朝君は、僕らに乗り越えられないことなんてないって言ったよね。

Rachel: Yeah, what the hell did I know!
 そうね、何も知らなかったものね!

Ross: Look, look, there’s got to be a way we can work past this. Okay, I can’t imagine, I can’t imagine my life without you. Without, without these arms, and your face, and this heart. Your good heart, Rach, and, and....
 聞いて、僕らこれを乗り越える何か手段があるはずだよ。ね、考えられないよ。君なしの人生なんて考えられない。この腕、この顔、君のハートなしで・・君の優しいハート。レイチ・・

Rachel: No. I can’t, you’re a totally different person to me now. I used to think of you as somebody that would never, ever hurt me, ever. God, and now I just can’t stop picturing with her, I can’t, it doesn’t matter what you say, or what you do, Ross. It’s just changed, everything. Forever.
 ダメ。無理よ。私にとって、あなたは別の人になってしまった。あなたは、私を絶対傷つけない人だと思ってた。絶対によ。ああ。でも今はあなたがあの人と一緒のところを思わずにはいられない。・・無理だわ。あなたが何を言っても、何をしてくれても。ロス、もう変わってしまったのよ。何もかも、永遠に。

Ross: Yeah, but this can’t be it, I mean.
 だけど、こんなことってありえないよ。

Rachel: Then how come it is?
 じゃあなぜこんなことに?

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: They’ve been quiet for a long time.
 ずいぶん長い間静かよね。

Joey: Maybe she killed him?
 やつを殺したかな?

Chandler: Let’s go.
 行こう。

(レイチェルはカウチで寝ている。ロスはいない。ジョーイは妙な歩き方)

Chandler: Is that your new walk?
 それがおまえの新しい歩き方?

Joey: No, I really have to pee.
 違う。オシッコしたいの。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:46| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。