2013年07月12日

3-15 The One Where Ross and Rachel Take A Break

3-15 別れようというロスとレイチェルの話

 ☆恋の行方(前編)☆

《モニカ達の部屋》

Joey: Hey, how much will you give me to eat this whole jar of olives?
 ねぇ、このビン入りオリーブ全部食べたらいくらくれる?

Monica: I won’t give you anything, but you’ll owe me 2.95.
 なにもあげないわよ。2ドル95払って。

Joey: Done.
 わかった。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey. I need an atlas! I need an atlas!
 ねぇ! 地図がいる!地図がいる!

Monica: Why? Do you have a report due?
 なんで? 宿題の提出?

Phoebe: I have a date with this diplomat I met while I was giving free massages outside the U.N. and, I don’t know where his country is.
 国連の前で無料でマッサージしてる時に出会った外交官とデートなの! でも彼の国がどこなのかわからなくて。

Monica: Okay, let’s start with the at the U.N.
 国連の前でってとこから話しましょうか。

Phoebe: Oh!! It’s my new thing. I figure "Bodies at peace make peace."
 ああ、それね、最近始めたの。「心地よい体は平和の源」と思ってね。

Monica: Wow! You might just get the first Nobel prize in rubbing. So what country is this guy from?
 ワオ! マッサージ部門での初のノーベル賞受賞かもね! それで、彼ってどこの国の人?

Phoebe: ..... There’s a ‘g’ in there.
 ・・・(?)・・名前に「g」 があった。

Monica: Where’s that?
 どこにあるの?

Phoebe: In your atlas!
 あなたの地図の中!

Monica: I don’t have an atlas.
 地図持ってないわ。

Phoebe: Oh.
 あら。

Monica: Oh, but wait I do have a globe. Hold on.
 あ、地球儀ならあるわ。ちょっと待って。

Joey: So Pheebs, what’s this guy like?
 フィーブス、どんな感じの人?

Phoebe: Umm, well, he’s very dashing, you know? And umm, very, very sophisticated, and he doesn’t speak any English, but according to his translator, he totally gets me.
 うーん、かっこいいのよ。それから、とってもとっても洗練されてて、英語は全然しゃべれないけど、通訳の人によると、私を大好きなの。

Monica: Okay, here you go.
 あったわ。ほら。

Phoebe: What is this?
 これなに?

Monica: It’s a globe. . And a pencil sharpener.
 地球儀よ。・・それと鉛筆削り。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, anybody need anything copied? I’m going down to the Xerox place.
 誰か、コピーしてほしいものない? コピー屋に行くんだけど。

Monica: Oh, no thanks.
 いいえ、ないわ。

Chandler: Okay listen, just give me anything I can make two of.
 いいか、何かコピーできるものをくれ。

Monica: Well, if you don’t have anything to copy, why are you going down there?
 何もコピーするものがないんなら、なんでそこ行くのよ?

Joey: Yeah, are you just going down there to gawk at that hot girl with the belly button ring again?
 おまえまた、へそピアスのあのホットな女の子をボーッと見るために行く気?

Chandler: Yeah! You wanna come?
 ああ! おまえも行く?

Joey: Yeah!
 ああ!

《ゼロックス店》

Chandler: Come on, Chloe! Finish up with your customer first. Come on, Chloe! Come on, Chloe!!
 頼む、クロエ! 先に接客終われ! 頼む、クロエ! 頼む、クロエ! 頼む、クロエ!

Issac: Can I help you?
 いらっしゃいませ?

Chandler: Uh-oh.
 あっと・・。

Joey: Uh, you know what? We’re having second thoughts about our copying needs. And we’ll need a little more time to think about it.
 ああ、あのね、俺たち、コピーするかどうか考え直してるから、ちょっと時間かかるよ。

Issac: Chloe, switch with me, there’s some guys here that got a crush on you.
 クロエ、代わってくれ。おまえ目当てのやつらが来てるぞ。

Chandler: Okay, that hurt us.
 あらら。カッコ悪。

Chloe: Hi, guys. I haven’t seen you since this morning.
 どうも! 今朝会ったわね。

Chandler: Well ah, ........you know.
 いやぁ、まぁ。

Chloe: Hey, what are you guys doing tomorrow night?
 ねぇ、明日の夜何してる?

Joey: Both of us?
 俺たちふたりとも?

Chloe: Maybe. Does that scare you? . . . Relax. It’s just Issac’s D.J.-ing at The Philly. You should come.
 かもね。びびる? (2人おろおろ)落ち着いて。アイザックがフィリーでDJするのよ。来ない?

Joey: We’ll be there.
 行くよ。

Chloe: Great. I’ll ah, see then.
 よろしい。じゃあその時にね。

Chandler: All right, rock on.
 よし。いただきだぜ!(言って恥ずかしくなって顔を隠す)

《通り:セルゲイと歩くフィービー》

Mischa: He’s says that walking with you makes this strange city feel like home.
 あなたと歩いていると、この知らない街もふるさとのように感じる。とのことです。

Phoebe: Me too. Although this city is my home, so. So that’s dumb what I said, don’t tell him I said that. Just, you make something up. . . . Nice. . . Thank you. This is me. Here.
 私もよ。でもここは私のふるさとだけどね。だからバカみたいだから言わないでいいわ。なんか上手に言っといて。(ミーシャが何か言うと、セルゲイがフィービーの手にキス)素敵。(ミーシャに)ありがと! ・・私の家よ。ここなの。

Mischa: Your eyes are very pretty.
 「あなたの目がとてもかわいい」

Phoebe: Thank you, very much! Oh! . . Thank you!
 (ミーシャに)うれしいわ、ありがとう! あっ! (セルゲイに)ありがとう!

Mischa: He would like to kiss you.
 彼は、あなたにキスしたいです。

Phoebe: Okay, you know what, you don’t have to do that now. (Mischa translates that to Sergei) No-no-no-no!! Not him, you don’t! . . . The moment’s over.
 ねぇ、ここは何もしなくていいわよ。(ミーシャがそれをセルゲイに通訳しようとしたので)違う違う違う! 彼のことじゃないわ。あなたよ。・・・しらけちゃったわ。

(キスをするセルゲイとフィービー)
Phoebe: Oh.
 おお。

Mischa: Oy!
 「おい!」

《モニカ達の部屋:地球儀を見ている》

Phoebe: See, there it is, right there.
 ほら、ここにあるわ。ここよ。

Monica: Wow! It’s small.
 ワオ。小さいわね。

Phoebe: Yeah. But Sergei said it took the Germans six weeks to get all the way across it.
 ええ。でもセルゲイは、ドイツ軍が横断するのに6週間かかったって。

Monica: So you had fun, huh?
 それで、楽しかったのね?

Phoebe: Yeah. Except for, you know when you’re on a date and you’re getting along really great but the guy’s translator keeps getting in the way.
 ええ。でもほら。わかるでしょ? デートしてすごく楽しんでいても、相手の通訳がしょっちゅう割り込んでくるの。

Monica: No.
 わかんない。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Phoebe and Monica: Hey.
 ヘイ。

Ross: What is ah, Rach in her room?
 レイチェルは? 部屋にいる?

Monica: Oh no, she’s still at work, but she told me to tell you to call her.
 いいえ。彼女まだ仕事よ。電話ちょうだいって。

Ross: Oh what?! Is she gonna cancel on me again?! How can she do this? Doesn’t she know it’s our anniversary?
 なんだって? またキャンセルされるのか? どうしてこんなことできる? 僕らの記念日だって知らないのか?

Monica: All right, Ross, this is the extent of my knowledge on the subject. Call Rachel.
 いい? ロス、これが私の知ってるすべてよ(メモを見せて)レイチェルに電話して。

Ross: What’s that on the bottom?
 一番下にあるのなに?

Monica: Oh that’s my doodle of a ladybug, with a top hat. She’s fancy.
 それはてんとう虫の落書きよ。かわいいのよ。

《会社で電話に出るレイチェル》

Rachel: Hello.
 もしもし。

Ross: Hey, honey.
 やぁ。レイチェル。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Ross: Hey, what’s going on?
 ねぇ、どうなってる?

Rachel: Well, there was a disaster in shipping and I’ve got to get this order in. Honey, I’m so sorry, but it looks like I’m gonna be here all night.
 それが、大変なの。商品送付でトラブルがあって、私はそのオーダーを通さないといけないの。ねぇ、本当にごめんなさい。でも一晩中ここにいなきゃならない感じなの。

Ross: What, do you, well, how about I come up there?
 なんだって? それじゃ・・じゃあ僕がそっちへ行こうか?

Rachel: No-no-no, no, honey please, I’ve got, I’ve just have so much to deal with.
 ダメダメダメ。お願い。こっちで精一杯なの。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Anyway, I’m going out with Sergei again tonight. Could you come and be the translator’s date? So that when we, it’s time for our alone time, you two could split off. You know, he’s really, he’s kinda cute.
 とにかく、今夜もう一度セルゲイと出かけるんだけど、あなた通訳さんのデートとして来てくれない? そうすれば、私たちが2人きりになりたい時、あなた達がいなくなるでしょ。ね? 彼は本当にキュートって感じよ。

Monica: Yeah, well kinda cute, like really kinda cute, or kinda cute like your friend Spackle-Back Larry?
 うーん。キュートって感じって、本当にキュートって感じなのか、それとも、スパックル・バック・ラリーみたいなキュートって感じ?

Phoebe: Hey, don’t call him that! His name is Spackle-Back Harry!
 ちょっと。彼のことそんなふうに言わないで。彼の名前はスパックル・バック・ハリーよ!

《セントラルパーク:チャンドラーとジョーイ》

Chandler: Hey, you know what? Maybe we should get going. I mean what time did Chloe say we should be there?
 なぁ、もう行った方がいいんじゃないか? クロエは何時に来ればいいって言ってたっけ?

Joey: Uh, 10:30.
 10時半。

Chandler: What time is it now?
 今何時?

Joey: 4:30.
 4時半。

Chandler: Yeah, all right, so we’ll hang out.
 そうか。じゃあここで時間つぶそうか。

Joey: Yeah. Hey, remember when she brought up that thing about the three of us?
 ああ。なぁ、彼女が俺たち3人でみたいなこと言ってたの覚えてる?

Chandler: Yes. Vividly.
 ああ。鮮明に。

Joey: She was kidding about that, right?
 冗談だよな。

Chandler: Yeah, I think so. . . Yeah, I think so...
 ああ。そうだよ。(考え込む)ああ。そうだよ。

Joey: God, that would be weird if that situation presented itself tonight, huh?
 ああ。今夜そんなことが起きたら変だよな?

Chandler: Yeah. Yeah, I mean, what, what would we do?
 うん。うん。そうなったらどうしよう?

Joey: Dude, I don’t know.
 知るもんか。

Chandler: She was kidding.
 彼女はふざけただけだよ。

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: But you know what? Just in case, maybe we should have come up with a set of ground rules.
 でもさ、念のために、基本ルールを決めておかないか?

Joey: Yeah, for sure. Okay. Probably want the first thing to be, never open your eyes. You know? Because you don’t want to be doing something and then look up and see something you don’t want to be seeing.
 ああ、そうだな。よし、まず第一に、絶対目を開けない。だろ? だって何かしていてふと見たら、見たくないものを見てしまうなんていやだろ。

Chandler: Yeah. Good call, nice one. Hold it!! Hold it! What if me eyes are closed, and, and my hand is out there....
 ああ。それいいな、うん。ちょっと待てちょっと待て! もし目を閉じていて、それで手が・・ほら・・

Joey: Ah!! Okay! Eyes open at all times! Oh, hey, how do we decide where we... you know, each would, , you know, , , be?
 ああっ! そうだな。目はいつも開けておく! おい、それと、俺たちどうやって決める? その俺たちどっちが・・その・・わかるだろ?

Chandler: Right. Right. Well, you know, we could flip for it.
 そうだな、そうそう。コインで決めたらどうだ?

Joey: Yeah, I guess, but like what’s heads and what’s tails?
 ああ、そうだな。でも、どっちが表でどっちが裏?

Chandler: Well, it you don’t know that, then I don’t want to do this with you.
 おい、おまえそれもわからないなら、おまえとするのイヤだ。

《レイチェルのオフィス》

Rachel: No, no, no, I’m looking at a purchase order right here and it clearly states that we ordered the Rivera bikini in a variety of sizes and colors. And.... What does it matter, what I’m wearing?! Can I please speak to your supervisor? . . Thank you. . . We’re holding.
 (電話で)いえいえいえ、私は今ここに注文書を持ってますけど、リベラ・ビキニのいろんな色とサイズを頼んでるのは明らかです。それで・・・私の着てるものが何の関係があるんですか? スーパーバイザーの方と話せます? どうも。(ソフィーに)保留よ。

(ロスがバスケットを持ってくる)
Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Oh!! My God, what are you doing here?
 まぁ! なに? 何してるの?

Ross: Well, you said you couldn’t go out so....
 君が出られないっていうから、ほら(バスケットの中を見せる)

Sophie: You brought a picnic, oh, what a boyfriend. That’s it. On Monday I start wearing make-up.
 ここでピクニックなのね! なんてボーイフレンドなの。決めた。月曜日から化粧しようっと。

Rachel: Ross, honey, this is very nice, but, but I-I got a crisis.
 ねぇロス、すごくうれしいけど、でもここ大変なの、クライシスなの。

Ross: Yeah, but I got couscous!
 ああ、でも僕が持ってきたのはクスクス

Rachel: Honey, honey, I’m sorry, I know it’s our anniversary but I told you on the phone I don’t have time to stop.
 ねぇ、本当にごめんなさい。私たちの記念日ってわかってるけど、電話でも言ったでしょ、私時間がないのよ。

Ross: Okay, you don’t have to stop, I’m invisible, I’m not here.
 いいよ、それでも。僕は透明だよ。ここにいないよ。(キャンドルに点火)

Rachel: But I don’t, hmm... Oh, who approved that order?! . . Well there is no Mark Robbinson in this office. . . Get me Mark on the phone!
 でも私は・・(電話で)えっ、その注文は誰が承認したんですか? こちらには、マーク・ロビンソンってものはいませんけど(ソフィーに)マークに電話して!

Sophie: I love Mark. . . Do you know Mark?
 マーク大好き! (ロスに)マーク知ってる?

Ross: Yeah!!
 ああ!

Rachel: Well, let me just check that with what I got here, all right. See, 038 is not the number for this store, 038 is Atlanta. And I...
 私がここに持ってるものと照らし合わせてみましょうか。038は店番号じゃないですよ。038はアトランタで、それで・・(ロスがコショウをガリガリうるさい)

Ross: Pepper?
 こしょうかける?

Rachel: None for me.
 いらない!

Ross: Okay, sorry, whew.
 それは失敬!

Rachel: I’m sorry, as I was saying the store number is wrong, and I’m sorry but that’s... Oh, my God!!
 (電話)失礼。さきほども言いましたように、店番号が間違っていて、申し訳ないけど(火があがっているのに気づく)まぁ大変!!

Ross: Okay. Oh yeah. Oh yeah.
 ああ、大丈夫、はい、はい。(水をかけて消す)

Rachel: Excuse me, I’m sorry, I’m gonna have to call you back, I’ve got a Shemp in my office. . . What are you doing?
 ちょっとすみません、かけ直します。うちのオフィスにおかしな人が来たもんですから・・(電話を切り、ロスに)何してるの?

Shemp = コメディアン)

Ross: I’m sorry. But hey, oh, somebody’s off the phone, how about a glass of wine by the fire, I can get it going again.
 ごめんよ。でも、ほら、電話終わったんなら、火のそばでワインなんかどう? もう一回火をつけてさ。

Rachel: Ross, you’re not listening to me, I don’t have time to stop.
 ロス、聞いてないの、時間がないのよ。

Ross: Come on, Rach, you don’t have what, ten minutes?
 なんだよ、レイチ。時間がないって、10分もないっていうの?

Rachel: I don’t have ten minutes!!
 10分なんてないわよ!

Ross: What? (to Sophie) Sophie, does she have ten minutes?
 なに? (ソフィーに)ソフィー、彼女10分もないのかな?

Rachel: Hey, Ross!!! I told you I don’t!
 ちょっと、ロス! 時間ないって言ってるでしょ!

Ross: Don’t yell at me okay, this is the most I’ve seen you all week.
 どならないでくれよ、今週これが一番長く君といる時間なんだぞ。

Rachel: Look, I cannot do this right now, okay? I’ve got a deadline. Would you just go home, I’ll talk to you later. (storms out)
 いい? こんなことしてる時間ないのよ。締め切りがあるの。とにかく帰って。後で話しましょう(出ていく)

Ross: Yeah, but wait...
 だけどちょっと・・

Rachel: Good bye!
 さよなら!

(不機嫌にその辺のものをバスケットに放り込むロス)
Sophie: Actually, that’s our three hole punch.
 その3穴パンチ、ここのだけど。

《モニカ達の部屋:ロス1人、レイチェルが帰ってくる》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi. Look, about what happened earlier...
 ハイ。ねぇ、今日のことだけど・・

Ross: No, hey, well, I completely understand. You were, you were stressed.
 いや、いいんだよ。ほんと、わかってるから。君は疲れてるんだよね。

Rachel: I was gonna give you a chance to apologize to me.
 私はあなたがあやまるチャンスをあげたんだけど?

Ross: For what? For letting you throw me out of your office?
 何を? 君に僕を部屋から追い出させたことを?

Rachel: You had no right coming down to my office. Ross. You do not bring a picnic basket to somebody’s work! Unless maybe they were a park ranger!
 私のオフィスにくる権利ないのよ、ロス! 人の職場にピクニック・バスケットを持ってきちゃダメなのよ。パークレンジャーじゃあるまいし!

Ross: Yeah, well excuse me for wanting to be with my girlfriend on our anniversary. Boy. what an ass am I!
 そうか、恋人と記念日を祝いたいと思って悪かったね! まったく僕はなんてバカなんだろうね!

Rachel: But I told you, I didn’t have the time!
 でも時間がないんだって言ったでしょ!

Ross: Yeah, well, you never have the time. I mean, I don’t feel like I even have a girlfriend anymore, Rachel.
 でも君は絶対時間がないじゃないか。なんかもう、僕にはガールフレンドがいるって気がしなくなってきたんだよ、レイチェル。

Rachel: Ross, what do you want from me? You want me, you want me to quit my job so you can feel like you have a girlfriend?
 ロス、どうしろっていうの? あなた私に仕事を辞めてほしいの? そうすればガールフレンドがいるって気になれるっていうの?

Ross: No, but it’d be nice if you'd realize, it’s just a job!
 いいや。でも、気がついてくれたらうれしいよ、そんなのたかが仕事じゃないか。

Rachel: Just a job?
 たかが仕事?

Ross: Yes.
 そう。

Rachel: Ross, do you realize this is the first time in my life I’m doing something I actually care about? This is the first time in my life I’m doing something that I’m actually good at. I mean. if you don’t get that...
 ロス、これは私が初めて気に入ってやってることだって、気がついてる? 私の人生で初めて、自分が得意だと思えることをやってるのよ。それをわかってくれないのなら・・

Ross: No, hey, I get that, okay, I get that big time. And I’m happy for you, but I’m tired of having a relationship with your answering machine! Okay, I don’t know what to do anymore.
 いや、わかってるよ。よくわかってる。よかったと思うよ。だけど、君の留守電とのつきあいにはもううんざりだよ。もうどうしていいかわからないよ。

Rachel: Well, neither do I!
 私もわからないわよ!

Ross: Is this about Mark?
 マークのせいか?

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: Okay, it’s not, it’s not.
 ああ、違うんだ、違うんだね。

Rachel: Oh, my God. I cannot keep having this same fight over and over again, Ross, no, you’re, you’re, you’re making this too hard.
 オーマイゴッド。。もうこんなケンカばかり繰り返してられないわ。ロス、あなた、あなたはもう・・どんどん難しくしてるのよ。

Ross: Oh, I’m making this too hard. Okay, what do you want me to do.
 ああ、僕が難しくしてるのか。わかったよ、どうしてほしいんだ?

Rachel: I don’t know, I don’t know. Look, maybe we should take a break.
 わからない、わからないわよ。ねぇ、私たち、離れるべきかも。

Ross: Okay, okay, fine, you’re right. Let’s ah, let’s take a break, let’s cool off, okay? Let’s get some frozen yogurt, or something..
 わかった、わかったよ。いいよ。その通りだ。ちょっと離れて、頭を冷やそう、いいね? フローズン・ヨーグルトか何か買ってきて・・(出て行こうとする)

Rachel: No. . . A break from us.
 違うわ。別れるって意味よ。

(ロスは黙って出て行く)

《フィリー・クロエの話を聞く2人》

Chloe: And the advances in collating in the past five years, I mean we just got in an X-5000, you know. The X-5000 makes the X-50 look like a T-71.
 それで比較したら、この5年間の進歩っていったらもう。うちX-5000を入れたんだけど、そうしたらX-50がT-71に見えるっての。

(チャンドラー達は退屈しているようす:ロスが来る)
Chloe: Hey, it’s the dinosaur guy. . . Hi, Ross.
 あっ、恐竜のおにいさん。ハーイ、ロス。

Ross: Oh, hi, Chloe.
 あっ、ハーイ、クロエ。

Chloe: I want you to meet some friends of mine. . . This guy is my hero, he comes in with some stuff he wants it blown up 400%, we said we don’t do that, and he says you gotta. And you know what, we did it. And now anytime anybody wants 400, we just say ‘let’s Ross it!’
 友達を紹介するわ(チャンドラーとジョーイの前に連れてくる)この人は私のヒーローなの。彼、400%の拡大コピーをしたいって言ってきたんだけど、うちはそれやらないって言ったの。でもいるからっていわれて、それで、できたのよ。それ以来うちでは、誰か400%にしたいってことになったら、「ロスしよう!」って言うのよ。

Chandler: And that’s the only color that comes in.
 ようやく話に変化がついてきたね。

Issac: Yo, Chloe, do you have a quarter for the condom machine?
 おい、クロエ! コンドーム・マシンに入れるコインない?

Chloe: Oh!
 もうっ!(立ち去る)

Chandler: So, what are you doing here? I thought tonight was your big anniversary dinner.
 おまえここで何やってるんだ? 今日は記念の特別なディナーじゃなかったのか?

Ross: Yeah, little change in plans. Ahh, we’re gonna break-up instead.
 ああ。ちょっと計画変更でね。別れることになった。

《レストラン:フィービーとセルゲイ、モニカとミーシャ》

Monica: Oh, and I can also speak a little French. Voulez-vous coucher avec moi ce soir? Why? What did I say?
 それと私少しフランス語話せるのよ。(フランス語:ミーシャが笑う)なんで?私何言った?

Mischa: Well, you just asked if I wanted to go to bed with you tonight.
 今、きみは、今夜きみと一緒にベッドに行きたいか聞いたんだよ。

Monica: Oh my God! No wonder I get such great service at Cafe Maurice.
 まぁそうだったの?! だからカフェ・モーリスですごいサービスがよかったのね。

Phoebe: Knock, knock, knock, knock, hi. Um, could you please tell Sergei that um, I was fascinated by what Boutros Boutros Ghali said in the New York Times.
 (テーブルを叩きながら)ノック、ノック、ノック、ノック! ハーイ。セルゲイに、ニューヒョークタイムスでブトロス・ブトロス=ガーリの言ってたことには感動したって伝えてくださる?

Phoebe: You didn’t say Boutros Boutros Ghali.
 (ミーシャの通訳後)今ブトロス・ブトロス=ガーリって言わなかったじゃない。

Mischa: Boutros Boutros Ghali. He says he was, too.
 (セルゲイにその言語で)ブトロス・ブトロス=ガーリ(セルゲイの言葉を通訳して)彼もそうだったと。

Phoebe: Interesting.
 興味深いわ。

Mischa: So I was wondering....
 (モニカに)それで、どうかなと思うんですが・・

Phoebe: Okay, ah, before you get all talky again, umm, could you also please tell Sergei that I really like his suit.
 ちょっと、そちらでおしゃべり始めちゃう前に、セルゲイに、スーツがすごく素敵って伝えてくださる?

Mischa: Eh, he said, thank you very much, he thinks you look very pretty tonight, your hair, golden like the sun. . . So you're a chef?
 (セルゲイの言葉を早口で伝える)えっと彼は、ありがとう、君も今夜とてもかわいいよと、君の髪は、太陽のように金色だと。(モニカに)それで、シェフですって?

Monica: I’m also thinking about opening up my own restaurant.
 自分のレストランを開きたいなと思ってるの。

Mischa: Oh, really.
 ああ、ほんとに。

Phoebe: Monica, can I talk to you behind my menu, please. . . What are you doing?
 モニカ、ちょっとメニューに隠れて話せるかしら?(メニューに隠れて)なにしてるのよ?

Monica: Well, I was having a conversation.
 なにって、会話してたんだけど。

Phoebe: Yeah, but Mischa is so interested in you, that Sergei and I haven’t been able to say two words to each other.
 そうね。でも、ミーシャはあまりにもあなたに興味津々で、セルゲイと私は二言ぐらいしか話せてないんですけど。

Monica: What do you want me to do? Just sit here silently while you three have a conversation?
 私にどうしてほしいの? 3人がおしゃベリしている間、ただ黙ってここに座ってろっていうの?

Phoebe: That would be great. Thank you.
 そうしてくれるとうれしいわ。ありがと。

《モニカ達の部屋:レイチェル1人・電話が鳴る》

Rachel: Hello!
 もしもし!

Mark: Oh, hi. It’s Mark.
 ああ、どうも。マークだけど。

Rachel: Oh.
 ああ。

Mark: What? Is it my breath?
 なに? いけなかった?

Rachel: No! Sorry, I just thought you were somebody else. Hi!
 いえ、ごめんなさい。ほかの電話を待ってたもんだから。ハーイ。

Mark: Hi. Well, look, I was just gonna leave a message, isn’t tonight your, your big anniversary dinner?
 ハーイ。メッセージ入れようかと思ってたんだけど、今夜って大事な記念日のディナーじゃなかったっけ?

Rachel: Yeah. Well, umm.....
 ええ。そうね。

Mark: Rach, are you okay?
 レイチ、大丈夫?

Rachel: Yeah, I’m fine.
 ええ。大丈夫よ。

Mark: You wanna talk, I mean I can come over?
 話したいんなら、僕行こうか?

Rachel: No! Really, no, please, please, that’s, that’s okay.
 いいえ。本当にいいの。いいの。大丈夫。

Mark: All right, all right, I’m coming over, and I’m bringing Chinese food.
 よし、わかった。行くよ。中華料理持って行くよ。

Rachel: Oh, yeah, I’m not, I’m not hungry.
 ああ、いえ、私おなかすいてないの。

Mark: It’s for me.
 僕が食べるんだ。

Rachel: Oh. Okay, bye.
 ああ、そう。わかった。

《フィリー》

Joey: So what are you gonna do?
 それで、どうするんだ?

Ross: What can I do? One person wants to break-up, you break-up.
 なにができる? 別れたいって言ってるんだ。別れるしかないだろ。

Chandler: Hey, no way! Come on, this is you guys, call her and work it out.
 何を言ってるんだよ。おまえたち2人なんだぞ。電話してなんとかしろよ。

Ross: Oh, come on, we just had this huge fight, all right, don’t I have to wait a while?
 そんなこと・・今大げんかしたばかりなんだ。少し時間をあけるだろ?

Chandler: Hey, this isn’t like swimming after you eat, pick up the phone!!
 おい、泳いですぐ食べるなって話じゃないんだぞ。電話かけてこいって!

(ロスは電話をかけに行く)
Chandler: You know that whole swimming thing is a myth.
 あの水泳の後・・って話には根拠はないんだぞ。

Joey: Yeah, tell that to my Uncle Lenny.
 そうか、レニーおじさんにそう言ってくれよ。

Chandler: Why? What happened to him?
 なんで? その人に何があったの?

Joey: Nothing, he’s just really believes in that.
 別に。ただそれを固く信じてる。

《モニカ達の部屋:レイチェルとマーク》

Rachel: Oh, and then, we got into this big, stupid fight. I just, it was awful. I told him he treats me like a park ranger, or something. Oh, and then I told him I wanted to take a break, I don’t want to take a break.
 それから大げんかになって、バカげたケンカよ。最悪。彼が私をパーク・レンジャーみたいに扱ったとかなんとか・・。それから私が別れようとか言って・・別れたくないのに。

Mark: Wow. I’m sorry. Eggroll?
 ああ、大変だったね。エッグロールいる?

Rachel: No. . . And then I called him, and he wasn’t there.
 いらない(一つ取る)・・それから電話したんだけど、出ないの。

Mark: Well, then he’s, he’s probably just, out.
 そうか、きっと彼、出かけてるんだよ。

Rachel: Oh, thank you that’s very helpful, I’m glad you came over.
 ああ、ありがとう。すごく助かったわ、来てくれてよかった。

(電話が鳴る)
Rachel: Hello.
 もしもし。

Ross: Hi! It’s me.
 やぁ。僕だよ。

Rachel: Hi! Oh, I’m so glad you called.
 ハーイ! ああ。よかったわ、電話くれて。

Ross: Really? I’ve been thinking, this is crazy, I mean don’t, don’t you think we can work on this?
 ほんと? 考えてたんだけど、こんなのおかしいよ。こんなこと、僕ら話し合ってなんとかできないかな?

Mark: Hey, what do you want to drink?
 ねぇ、何か飲む?

Ross: Who’s that?
 今の誰?

Rachel: Nobody.
 何でもないわ。

Mark: Is it okay if I finish the apple juice?
 このアップルジュース飲んじゃっていいかな?

Ross: Is that Mark?
 今のマーク?

Rachel: Umm, honey, look he just came over to....
 えっと、ね、聞いて。彼はちょっと来て・・

《フィリーのロス》

Ross: Yeah! Got it! (slams the phone down, and walks back to the bar.)
 そうか、わかったよ! (電話を切ってバーに戻る)

Chloe: Hey, dinosaur guy, look at you, so sad. Come dance.
 ヘイ、恐竜のお兄さん、どうしたの。悲しそうね。踊りましょうよ。

Ross: Ah, that’s okay, thanks.
 いや、いいよ。ありがと。

Chloe: Hey, you don’t have to smile. You just have to dance.
 なに、いいのよ、笑わなくても。ただ踊ってれば。

Ross: Look, I don’t feel like dancing, I feel like having a drink. Okay?
 いや、踊る気分じゃないんだ。飲みたい気分だなんだから。

Chloe: Oh, okay. Hey, two beers.
 ああ、わかった。ビールふたつちょうだい。(ロスのとなりに座る)

《レストラン:フィービー・モニカ達》

Mischa: And the vet said it was time. And so from half a world away, while my Mother held the phone to his ear, I said good bye to my dog,. In seven languages.
 (モニカに)それで獣医が、もう時間だって。世界の反対側からですよ、うちの母が電話を彼の耳に当ててくれたので、7ヶ国後で、私の犬にさようならを言いましたです。

Monica: Oh. . . Could I have a tissue?
 まぁ・・・(フィービーに)ティシュくれる?

Phoebe: Oh, yeah, sure. I just hope you, hope you don’t accidentally suck it up through your nose and choke on it.
 ああ、どうぞ。鼻から吸い込んじゃって喉につまらないといいわね!

(セルゲイがミーシャに何か言う)
Mischa: Sergei, would like to apologize for my behavior tonight.
 (フィービーに)セルゲイが、私の今夜の態度をお詫びしたいそうです。

Phoebe: Well, tell him, apology accepted.
 そう。彼に、いいのよって言ってくれる。

Mischa: Oh, he’s unbelievable. I mean for the first time in three years someone wants to actually want to talk to me, but do you think he would let me enjoy that? No!! . . You silly diplomat, why don’t you learn some English, Sergei?
 (セルゲイに通訳してからモニカに)もう、信じられないことです。この3年間で初めて誰かが私と話そうとしてくれてるのに、彼は私にそれを楽しませてくれるか? ノー! (セルゲイに)もうバカな外交官です。英語を勉強したらどうです、セルゲイ?

Phoebe: Excuse me, but umm, isn’t he paying for your dinner?
 失礼だけど、彼がこのディナー代を払うじゃないの?

Monica: Hey, the man’s dog just died.
 ちょっと! 彼の犬が亡くなったのよ!

(セルゲイとミーシャがケンカする)
Mischa: I have just resigned my post. Would you care to accompany me to the Rainbow Room? I have diplomatic coupons.
 今仕事を辞めましたです。私とレインボー・ルームへ行きませんか? 外交官クーポンを持ってるんです。

Monica: It would be my pleasure. . . My guy has coupons. Your guy can’t even say coupons.
 喜んで! (フィービーに)この人はクーポン持ってるのよ。あなたの彼はクーポンって言うこともできないわよね。(立ち去る)

Sergei: Uh, plate?
 えー・・・(皿を持ち上げ)皿?

Phoebe: Plate! Yes, plate.
 皿! そうよ、皿。

Sergei: Plate. Plate. Plate.
 皿。皿。皿。

Phoebe: See, we don’t need them.
 ほらね、あの人たちがいなくても大丈夫。

Sergei: Plate?
 (カップを持ち上げ)皿?

Phoebe: Yeah.
 そうね。

《フィリー:With or Without You がかかっている》


(With or Without You : U2)

Ross: I like this song.
 この曲好きなんだ。

Chloe: Well, you’re practically dancing already. Why don’t you just do it over here?
 あら、あなたもう踊ってるじゃない。あっちで踊りましょ。

Ross: Oh, no.
 いや、いいよ。

Chloe: What are you, married? ‘Cause that’s okay.
 なんなの? 結婚してるとか? しててもかまわないわよ、

《モニカ達の部屋:レイチェル1人》

Rachel: Oh, be home, be home, be home, be home, be home, be home. Be home. Be home, be home, be home. Oh, you’re not home.
 (ロスに電話をする)ああ、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて。ああ、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて。ああ。いないのね。

《フィリー;ロスとクロエがダンス》

Chloe: Still no smile?
 まだ笑顔になれない?(キス・・やがて応えるロス)

《セントラルパーク:セルゲイがAmerican Pieを歌う》


Sergei: Touchet, touchet, Miss Americccan pie. Ameri-ccan.
 バイバイ・アメリカン・パイ・・(フィービーに発音して聞かせる)あめりかぁんぱい。

Phoebe: Ameri-can.
 あめりぃくぁん。

Sergei: Ameri-ccan.
 あめりかぁん

Phoebe: Ameri-can. You know it’s a very hard language. Let’s do it again.
 あめりかぁん。すごい難しい言語よね。もう一回歌いましょ。

Sergei: Everybody!!
 みんな一緒に!!(歌い続ける)

☆おしまい・・つづく☆


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
さて。
 次回は、全エピソードの中でも一番の難関です。
 いつものように笑って見てられませんので・・・
 明日中にアップできるか、まだとりかかってもいないので、心配ですが。
 今回のも、ああ、そんなことぐらいで・・とか、
 少し譲れば・・とか、わかるわ・・とか思ってしまいました。
 感情移入しすぎないよう、頑張ります。
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
posted by らんち at 01:28| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。