2013年07月11日

3-14 The One With Phoebe’s Ex-Partner

3-14 フィービーの元パートナーの話

 ☆フィービーの歌がCMに!☆

《セントラルパーク:みんな歌を聞いている》

Singer: ‘Cause every time I see your face, I can’t help but fall from grace. I know.....
 だってあなたの顔を見ちゃうの、そのたびバカな子になっちゃうの

(fall from grace = バカなことをして嫌われる・堕落する)

Joey: Wow! This girl is good.
 ワオ! この子うまいな!

Phoebe: Oh-ho yeah! A song with rhyming words. Oo, I never thought of that before.
 あらそう。韻を踏んで歌ってるからかしら。初めて知ったわ。

Chandler: I like her.
 俺も気に入ったよ。

Phoebe: Why? Because she can sing and play guitar and do both at the same time?
 なんで? 歌えるしギター弾けるし、おまけに両方いっぺんにできるから?

Chandler: Well, that’s pretty much all I’m looking for from these people.
 ま、こういう人達にはまさしくそれを期待するよね。

Monica: Look at you. All jealous.
 あなたったら! ジェラシーね!

Ross: Yeah, Pheebs, come on, you two have completely different styles. You know, she's more... you know, and you’re more...
 そうだよ、フィーブス、なんだよそれ。君たちスタイルが全然違うじゃないか。彼女はもっとほら・・(肩を動かし踊る)ね、君はこう・・(フィービーの冷たい目)・・。

Singer: … beside me.
 私のそばにー♪(拍手)

Phoebe: Okay, see, see, everyone else is happy she’s done.
 あ、ほら! ほかの人達は歌が終わって喜んでるわよ。

Singer: Okay, my next song’s called: Phoebe Buffay, What Can I Say. I Really Loved When We Were Singing Partners, And I Shouldn’t Have Left You That Way.
 次の歌は、「フィービー・ブッフェ、なんて言ったらいいかしら、パートナーだった頃は最高だったわ、あんなふうに別れるんじゃなかった」

Phoebe: Oh, no, one of those ‘look for the hidden meaning’ songs.
 あらやだ。よくある、隠された意味を見つけろってやつね。

《セントラルパーク》

Singer: Hey, Phoebe.
 ハーイ、フィービー。

Phoebe: Hey, Leslie. How’d you know I’d be here?
 あら、レスリー。どうしてここにいるってわかったの?

Leslie: I ran into Vlad at the place where they sell the big fish, and he said you played here a lot, so umm....
 大きな魚売ってるところでブラッドに出会って、あなたがここで歌ってるって聞いたの。

(big fish = 大きな魚・重要な実力者)

Chandler: All right, listen, I have to go to the bathroom, but if the place with the big fish comes up again, I’d like know whether that’s several big fish or just one big fish.
 よし、いいか。俺はトイレに行くけど、また大きな魚の話が出てきたら、それは数匹か一匹だけか、後で教えてくれ。

Joey: So ah, Phoebe tells us you write jingles.
 (レスリーに)フィービーから、CMソング作ってるって聞いたけど。

Phoebe: Actually I said she abandoned me to write jingles.
 ていうか、CMソングを書くために私を捨てたのよね。

Joey: Ah, anything we might of heard of?
 (レスリーに)俺たちが知ってるようなのある?

Leslie: Ah, yeah, umm. . Home is never far away..
 そうね・・(歌う)マイホームはそんな遠くない♪

Monica, Ross, and Joey: Home is Home Star stew.
 (一緒に歌う)マイホームは ホームスターシチュー♪

Leslie: Yeah, but, I don’t do that anymore. I got kinda sick of it, and then I couldn’t come up with anything good, so they fired me.
 そうなの。でももう今はやってないの。なんかイヤになってきちゃって、そうしたらいい歌もできなくなって、クビになっちゃったのよ。

Phoebe: Hmm, bummer.
 あら、がっかりね。

Leslie: Well, you know, I was just, umm, I was just thinking and just hoping, that umm, maybe you’d want to get back together?
 ね、私ちょっと…考えたんだけど、そうなったらいいなって…また一緒にやりたいと思わない?

Phoebe: No. But thanks.
 いいえ。でもありがと。

Leslie: Aw come on, Phoebe, would you just think about it?
 あらそんなこと言わないで、フィービー。考えてみてくれない?

Phoebe: Okay. No, but thanks.
 わかった。イヤよ。でもありがと。

Leslie: Okay, ah, see ya, Pheebs.
 わかったわ・・・またね、フィーブス。

Joey: Wow, that was kinda brutal.
 ワオ! あれはキツかったよな。

Phoebe: Well okay, let this be a lesson to all of you, all right. Once you, once you betray me, I become like the ice woman, you know. Very cold, hard, unyielding, you know, nothing, nothing can penetrate this icy exterior. . . Can I have a tissue, please?
 あらそう。みんなもこれでわかるわよね。一度裏切られたら、私は氷の女になるのよ。極めて冷たく厳しい頑なな女よ。何物もこの氷を溶かすことはできないのよ! (モニカに)ティッシュくれる?

Monica: Yeah, sure.
 はい、どうぞ。

《セントラルパーク:トイレ前で待つチャンドラー》
Gunther: Someone in there?
 誰か入ってる?

Chandler: No. This is just part of a dare devil game that I play called ‘wait until the last moment before I burst and die.’
 いや。これは命知らずのゲームだ。名づけて「破裂して死ぬ直前まで待て」

(ドアが開く)
Chandler: Jeez, man did you fall..(sees it’s a beautiful woman coming out of the men’s room) Hi! So ah, did you, did-did-did you fall high?
 もうほんとにいったい君は天国から・・(出てきた女性を見て) ハーイ、降りてきた?

(did you fall from heaven? というジョークがある。続く言葉は、「顔から落ちたみたいにめちゃくちゃ」・「天使みたい」など)

Woman: Someone was in the ladies' room, I couldn’t wait. I left the lid up for you though.
 女性用がふさがってて、待てなかったから。でもフタは開けといたわよ。

(ガンターが来る)
Chandler: You know what Gunther, go ah, go ahead, I’m-I’m talking to ah. . . . This is the part where you say your name.
 ガンター、先にどうぞ。俺は話してるから、この・・(女性に)君が名乗るとこだよ。

Woman: Ginger.
 ジンジャー。

Chandler: Ginger. I’m talking to Ginger, so....
 ジンジャー。僕はジンジャーと話してるから。

Ginger: Don’t you have to use the bathroom?
 トイレ行かなくていいの?

Chandler: Nope, nope, I’d just ah, I’d rather talk to you. . . Yes, I do. Yes, I do have to go to the bathroom.
 いや。いいんだ。君と話してた方が・・ いや、行きたい。トイレ行きたい。(ノック)

Gunther: Someone in here.
 入ってます。

《セントラルパーク:みんな帰ろうとしている》

Phoebe: Where’s Chandler?
 チャンドラーは?

Joey: Ah, he can’t make it, he said he had to go back to his job and ... Whoa-oh!
 ああ、やつは行けないんだ。仕事に戻らないといけなくて・・ウワッ! (ジンジャーを見てコートの陰に隠れる)

Ginger: Joey? Joey Tribbiani?. . .Joey, I can see you, okay? You’re hiding behind the coats.
 ジョーイ? ジョーイ・トリビアーニ? (なおも隠れているジョーイ)見えてるわよ。コートの後ろに隠れてるでしょ。(あきらめて帰る)

Joey: Close one.
 危なかった。

《レイチェルのオフィス:マークが荷物をまとめている》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Hi, sweetie!
 ハーイ、ロス。

Ross: Hello.
 はろー。

Mark: Hi, Ross.
 どうも、ロス。

Ross: Yeah, huh.
 ああ、どうも。

Rachel: I’ve got some bad news.
 残念なニュースなの。

Ross: What?
 なに?

Rachel: I can get a quick bite to eat, but then I have to come back up here.
 食事には行けるけど、すぐ済ませてここに戻らないといけないの。

Ross: Come on, sweetie! You’ve had to work late every night for the past two weeks, what is it this time?
 そんな! この2週間毎日残業じゃないか。今回は何があった?

Mark: Actually, it’s kinda my fault. I quit today.
 実は、僕のせいなんだよ。今日、辞めるんだ。

Ross: But work comes first! (to Mark) Oh, hey, but that’s sad about you though, what happened? What happened? Burn out? Burn all out, did ya?
 (レイチェルに)でも仕事第一だよね。(マークに)だけど君のことは残念だよ。何かあった? 何があったのかな? 燃え尽きた? 完璧に燃え尽きちゃった?

Rachel: No, he’s leaving for a better job.
 違うのよ。彼もっといいところに転職よ。

Ross: Oh well, that’s great, so I guess this is ah, this is good bye then. Huh? . .Good bye.
 それはすごいね。それじゃ、これでお別れなんだね。さよなら。

Mark: Okay, then.
 はい、どうも。

Ross: Okay.
 どうも。

Rachel: Well, we’re gonna miss you around here.
 ああ、寂しくなるわ。

Mark: Yeah, me too. So, see ya on Saturday.
 ああ、僕もだよ。・・それじゃ、土曜日に。

Rachel: Yeah, you bet.
 ええ、またね。

《モニカ達の部屋:モニカとフィービーがウィジャボード中、ポケベルが鳴る》

Phoebe: Oh.
 ああ。(ポケベルを鍋に入れてフタをし、オーブンに入れる)

Monica: You know, those are a delicacy in India.
 それって、インドの珍味よね。

Phoebe: Yeah, that was Leslie calling again to see if we can get back together. That’s the twentieth time today! And good luck, Leslie!
 レスリーが、また一緒にやれないかって、またかけてきてるの。今日これで20回目よ。頑張ってねレスリー!

Monica: Wow, she must have hurt you pretty bad, huh?
 まぁ! 彼女相当ひどくあなたを傷つけたみたいね。

Phoebe: Well, yeah. You know, we were best friends, ever since we were little, our Moms worked on the barge together.
 そうよ。私たち、親友だったのよ。小さい頃、私たちのママが荷船で働いてたの。

Monica: Oh, you two must have been so cute running around on a barge.
 まぁ。あなた達2人とも、荷船の上で走り回るかわいい少女だったんでしょうね。

Phoebe: You never run on a barge!
 荷船の上で走ってはいけません!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe and Monica: Hey.
 ハーイ。

Joey: Is ah, is Chandler around?
 チャンドラーいないの?

Monica: No, umm, he met some girl at the coffee house.
 いないわよ。彼、コーヒーハウスで女の子と知り合ったの。

Joey: Oooh.
 へぇ!!

Monica: Yeah, Ginger something.
 そうなの。ジンジャーなんとかって。

Joey: No. No, no, ah, are you sure it wasn’t something that sounded like Ginger, like ah, Gingeer?
 ウソウソ! 間違いない? ジンジャーに似たような・・ジンジアーじゃなかった?

Monica: No, it was Ginger. I remember, because when he told me, I said, (singing) ‘the movie star.’
 いえ。ジンジャーだったわ。だって私聞いた時、「ザ・ムービースター」って歌っちゃったもん。

Ginger = Gilligan's Island というシットコムの登場人物)

Joey: Oh, man. That’s the girl I was hiding from. When she finds out he’s my roommate, she’s gonna tell him what I did.
 ああもうなんだよ。俺、その子から隠れたんだぞ。もし俺がルームメイトだってわかったら、彼女、俺が何をしたか話すだろうな。

Monica: Well, what did you do?
 何をしたのよ?

Joey: What, oh, oh, oh, no, no, I can’t, I can’t tell you that, it’s like the most awful, horrible thing I’ve ever done my whole life.
 いや、ダメダメダメダメ。それは言えないよ。これまでで最低の恐ろしいひどいことなんだよ。

Monica: You know what, don’t tell us. We’ll just wait until Chandler gets home, because it’ll be more fun that way.
 いいわよ、話してくれなくて。チャンドラーが帰ってくるのを待つわ。その方がおもしろいだろうし。

Joey: All right!! Okay, it was like four years ago. Okay, Ginger and I had gone out a few times, and then this one weekend, we went up to her Dad’s cabin. Just me, her, and her annoying little dog Pepper. Well, that night, I cooked this really romantic dinner....
 わかったよ! 4年ぐらい前のことだよ。ジンジャーと俺は何回かデートした後、週末に彼女のおとうさんの別荘へ行ったんだよ。俺と彼女と、それから彼女のうるさい犬のペッパーとでね。その夜、俺はすごくロマンティックなディナーを用意して・・

Monica: You gave her food poisoning!
 彼女を食中毒にしちゃったのね!

Joey: I wish. After dinner, me, her, and Pepper all fell asleep in front of the fire. I woke up in the middle of the night and I saw that the fire was dying out. So, I picked up a log and threw it on. Or, at least what I thought was a log.
 そうならいいよ。食事の後、俺と彼女とペッパーは、暖炉の前で眠ってしまったんだ。夜中に目が覚めると、火が消えていまそうだった。それで、薪を投げ入れたんだ。少なくとも、俺は薪だと思ったんだ。

Phoebe: Oh, my God!! You threw Pepper on the fire!
 なんてことなの!! あなたペッパーを火に投げ入れたのね!

Joey: I wish. See, I guess another thing I probably should’ve told you about Ginger is that she kinda has a ah, artificial leg.
 そうならいいよ。他にジンジャーについて言わなきゃいけないことがあるんだけど、それは・・彼女は・・義足なんだ。

Monica: Oh, my God! Joey, what did you do after you threw her leg on the fire?
 なんてこと! ジョーイ、あなた、彼女の足を火に投げ入れちゃってからどうしたの?

Joey: I ran!!
 逃げたさ!

《通り:チャンドラーとジンジャーがキス》

Chandler: Well, that’s the best kiss I’ve had with anybody I’ve ever met in a men’s room.
 男子トイレで出会った人としたキスでも最高だね。

Ginger: Actually, me too.
 ほんと、私にとってもよ。

Chandler: Op, foot in a puddle, foot all in a puddle.
 おっ! 足が水たまりに入ってしまってる。足がすっぽり水たまりに。

Ginger: Oh, damn, I hate that.
 ああ、もう。いやだわ。

Chandler: Yeah, we’re gonna have to get you out of those shoes.
 靴脱がないと。

Ginger: Oh, don’t worry about it.
 あら、心配しなくていいのよ。

Chandler: No, really. You’re gonna freeze.
 いや、ダメだよ。冷えてしまうよ。

Ginger: No, I’m not.
 いえ、冷えないわよ。

Chandler: You’re not? What do you got a bionic foot?
 冷えない? なに、君の足、バイオニックフット?

Ginger: Some day, maybe.
 いつかはそうなるかもね。

《ロスのベッドルーム:ロスが笑う》

Rachel: Funny book?
 本がおもしろい?

Ross: Hmmm. Oh, no, no, I just thinking about something funny I heard today. Umm, Mark, Mark saying ‘I’ll see you Saturday.’
 んー。いやいや、今日、おかしなことを聞いたもんだからね。うん。マークが、「じゃあ土曜日に」って。

Rachel: Yeah, at the lecture, I told you that last week, you said you didn’t mind.
 ええ、講義を受けるから。先週言ったでしょ。あなた構わないって。

Ross: Oh, no, no, no, it’s-it’s not the lecture I mind, umm....
 ああ、いやいや、講義を受けることはいいんだよ・・

Rachel: Oh, please tell me it’s not because I’m going with Mark.
 お願いだから、マークと行くせいだとは言わないでね。

Ross: Well...
 そりゃ・・

Rachel: Oh, my God!!! Ross!!
 ああもう! ロスったら!!

Ross: Well, I’m sorry, but ah, look, if you’re not working with him anymore, why do you have to do stuff with him?
 だって悪いけどね、でも、彼ともう一緒に仕事していないなら、なんで彼と何かしなきゃいけない?

Rachel: Because, he’s my friend.
 だって彼は友達よ。

Ross: Okay, but do you really need another friend?
 そう、でも、本当にほかにまだ友達が必要?

Rachel: Okay, well if I stop playing with Joey and Chandler, can I play with Mark?
 じゃあ、もしジョーイやチャンドラーと遊ぶのやめたら、マークと遊んでもいいの?

Ross: Is that funny? Am I supposed to be laughing?
 それおもしろい? 僕笑うとこなわけ?

Rachel: I don’t know, you thought ‘See you Saturday’ was funny. Look honey, Mark is in fashion, okay? I like having a friend that I can share this stuff with. You guys would never want to go to a lecture with me.
 知らないわよ。あなた「じゃ土曜日に」で笑える人なんでしょ? ねぇ、聞いて。マークはファッション関連の人よ。その関係のことを話せる友達がいると嬉しいわ。あなた達はこんな講義になんて絶対行かないでしょ。

Ross: Pa-haa!! I would love to go with you.
 はっ! ぜひとも行きたいよ。

Rachel: Really!?
 ほんと?

Ross: Yeah, hey I-I have clothes, I even pick them out. I mean, for all you know I could be a fashion..... monger.
 そうさ。僕だって服は持ってるし、選ぶんだよ。もしかしたら、ファッション評論家にだってなれるかも・・

Rachel: Okay. Honey, I would love for you to go with me. . . What?
 わかった。一緒に来てくれたらうれしいわ。(ロスが心配そうな顔)なに?

Ross: What should I wear, now I’m all nervous.
 何着ていこう・・不安になってきた。

《モニカ達の部屋:フィービーがポケベルを見ている》

Monica: You know, they say a watched pot never beeps.
 ねぇ、やかんを見つめてると鳴らないっていうわよ。

(本当は、watched pot never boils = 待っていると沸かないものだ)

Phoebe: It’s just you know, been a couple of hours, and she hasn’t called. Not that I even care, I don't.
 たださ、この2時間ぐらい鳴らないから。別に気になるわけじゃないのよ。全然。

Monica: Why don’t you just call her? You obviously want to.
 あなたからかけたら? そうしたいんじゃないの。

Phoebe: You think you know me so well.
 私のことよくわかってるみたいに。

Monica: Don’t you wanna?
 かけたくないの?

Phoebe: Yeah.
 かけたい。

Monica: Okay, so I do know you.
 ほら、私あなたのことわかってるのよ。

Phoebe: That’s what I said.
 だからそう言ったじゃん。

Monica: Well, so?
 それじゃ・・

Phoebe: I can’t. I can’t. She dumped me. I totally trusted her and then one day it was like, ‘Okay, bye Pheebs’ gone. You know what the saddest part is, when we were playing together, that was like the most fun I’ve ever had in like all my lives.
 できない。できないわ。私完全に信じてたのに、ある日突然、「それじゃ、バーイ、フィービー」それでおしまいよ。なにが悲しいって、私たち一緒にプレイしてた頃が、一番幸せだったってことよ。どの転生のときよりもね。

《セントラルパーク:レスリーが歌っている》

Leslie: My favorite shoes, so good to me. I wear them everyday. Down at the heel, holes in the toes. Don’t care what people say. My feet’s best friends, pals to the end. With them I’m one hot chicky. Though late one night, not much light, I....
 (歌)お気に入りの靴、私にピッタリ。毎日履いて、踵はすり減りつま先に穴があいてる。人が何て言おうと、私の足の親友よ。最後まで友達よ。これを履けば私はホットな女の子。でもある晩、暗かったから

(フィービーが来て一緒に歌いだす)
Phoebe: I stepped in something icky.
 (歌)なにか変なもの踏んじゃった。

Phoebe and Leslie: Sticky shoes, sticky shoes, always make me smile. Sticky shoes, sticky shoes, next time I’ll.... avoid the..... pile.
 (歌)ベタベタ靴、ベタベタ靴、いつもニッコリさせてくれる。ベタベタ靴、ベタベタ靴。今度からカーペットは避けなきゃね。

《講義中》

Lecturer: We’re beginning to see a lot of layering of sheer fabrics and colors. For instance a sheer navy blouse over a pink....
 薄い素材やいろんなカラーの重ね着がよく見られるようになりました。例えば、薄いネイビーカラーのブラウスをピンクの・・

Ross: I’m really glad we came. . . You’re so pretty. . . I love you.
 2人で来られて本当にうれしいよ。君は本当にかわいいね・・・愛してる。

Rachel: Oh.
 ああ。(ロスの口を手でふさぐ)

《セントラルパーク》

Phoebe: Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat, smelly cat, it’s not your fault.
 (歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないよ。

Leslie: Wow, that’s great.
 ワオ。いい曲ね!

Phoebe: Oh, yeah?
 そう?

Leslie: You know, you could totally sell this. It’d be perfect for like umm, a kitty litter campaign.
 ねぇ、これ絶対売れるわよ。そうね、たとえば猫のトイレのコマーシャルにぴったりよ。

Phoebe: A jingle? No, no-no-no, no.
 コマーシャルソング? ダメダメダメ、いやよ。

Leslie: Why not? You could make a ton of money.
 どうして? すごいお金になるわよ。

Phoebe: Okay, well if I was in this for the money, I’d be a millionaire by now, you know. You just got to get out of that jingle head sweetie.
 私が、これでもうけようと思ってたら今頃はもう億万長者よ。あなたったら、もうコマーシャルソングのことは忘れて。

Leslie: Aw, you’re right, you’re right. I’m sorry.
 ああ、そう、そうだったわね。ごめんね。

Phoebe: That’s okay. All right, I’m gonna play song now.That’s really, really sad. It’s called Magician Box Mix Up.
 いいのよ。じゃあ歌うわね。悲しい悲しい歌なの。タイトルは、「こんがらかったマジシャン・ボックス」

《講義》

Lecturer: ....oversized bracelets, oversized earrings, oversizing of accessories in general are very popular now.
 大きめのブレスレット、大きめのイヤリングなと、一般的に大きめのアクセサリーが、今は人気があります。

(ぐっすり眠っていたロスが目を覚ましてビックリした声をあげ、笑いが起こる。レイチェルは不機嫌)

《チャンドラー達の部屋:モニカが来る》

Monica: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey.
 やあ。

Monica: Oh, can I borrow this? My milk’s gone bad.
 (ミルクを)これ借りていい? うちの悪くなっちゃったの。

Chandler: Oh, I hate that. I once had a thing of half and half, stole my car.
 ああ、それイヤだよな。うちもクリーム牛乳が悪くなった時は俺の車盗んでったよ。

Monica: So umm, how was your date with Ginger?
 それで・・ジンジャーとのデートはどうだった?

Chandler: Great. It was great. She’s ah, she’s great, great looking, great personality, she’s greatness.
 よかったよ。実によかった。彼女はいいよ。見た目もいい、性格もいい。彼女はすばらしいよ。

Monica: Sounds like she’s got the ah, whole package.
 聞いた感じじゃ、彼女って完璧みたいね。

Chandler: Joey told you about the leg, huh?
 ジョーイから足のこと聞いたんだな?

Monica: Uh-huh.
 まぁね。

Chandler: Oh God, it freaked me out. Okay, I know it shouldn’t have, but it did. I mean I like her, I don’t want to stop seeing her, but every so often it’s like ‘Hey, you know what? Where’s your leg?’ I mean I’m the smallest person in the world aren’t I? I’m the smallest person in the world.
 ああ! 俺パニクっちゃうよ。そんなのおかしいってわかってるけど、ダメなんだ。彼女が好きだし、つきあいたいけど、でも、しょっちゅう、「なぁ、君の足はどこ?」とか思ってしまって。俺って、世界一ちっさい人間だよな? 世界一ちっぽけな人間だよ。

(ジョーイが自室から出てくる)
Joey: Morning.
 おはよ。

Chandler: Actually, he’s the smallest person in the world.
 いや。ホントはこいつが世界一ちっさい人間だな。

Joey: Heard about the leg burning, huh?
 足燃やしたこと聞いたんだな。

Chandler: It came up.
 その話出たさ。

Joey: Listen, I ah, I know it’s a long shot but, by any chance did she find that funny?
 なぁ、そんなわけないかと思うけど、でももしかして彼女、おもしろいと思ってないかな?(あきれるモニカ達)

(long shot = 大胆で望み薄い企て)

《モニカ達の部屋》

Ross: So I nodded off a little.
 そりゃ少しはウトウトしたけど・・。

Rachel: Nodded off!! Ross, you were snoring. My father’s boat didn’t make that much noise when it hit rocks!
 ウトウト?! ロス、あなたイビキかいてたのよ。父のボートが岩にぶつかった時だってあんな大きな音じゃなかったわよ。

Ross: Come on! Forty-five minutes! Forty-five minutes the man talked about strappy backed dresses.
 勘弁してよ。45分だよ! 45分も、背中がストラップのドレスの話をするなんて。

Rachel: Okay, how about four hours in a freezing museum auditorium listening to Professor Pitstains and he’s ‘Hey everybody! Remember that thing that’s been dead for a gazillion years? Well, here’s a little bone we didn’t know it had!’
 あら、じゃあ4時間も、凍えるような講堂でピッツテイン教授の話を聞いたことはどうなの? 「やぁ、諸君! 何億兆年も前に死んだアレのこと覚えてるかね? あれには、こんな小さな骨があったんだ!」

Ross: First of all, it’s Professor Pitain! And second of all, that little bone proved that, that particular dinosaur had wings, but didn’t fly.
 まず第一に、彼はピテイン教授! 第二に、あの小さな骨のおかげで、あの恐竜には翼があったが、飛べなかったということが証明されたんだ!

Rachel: Okay, see now, what I just heard: blah-blah-blah, blah-blah-blah-blah-blah, blah-blah-blah.
 ねぇ、聞いてよ。あれは私の耳には、「ほにゃらら、ほにゃーほにゃーほにゃー、ほにゃらららー!」

Ross: You know what, 100 million people went to see a movie about what I do, I wonder how many people would go see a movie called, Jurassic Parka.
 いいかい、10億もの人が、僕の研究しているものに関する映画を見に行ったんだ。ジュラシック・パーカーなんて映画を、どれだけの人が見に行くだろうね!

Rachel: Oh, that is so...
 まぁ! そんなの・・

Ross: No-no-no, a bunch of out of control jackets take over an island.
 いやいや、どうだろうね、群れたジャケットが暴走して島を乗っ取る!! なんてね!

Rachel: You know, if what I do is so lame, then why did you insist on coming with me this morning? Huh? Was it so I just wouldn’t go with Mark?
 ねぇ、そんなに私のしてることがつまらないなら、どうして今朝一緒に行くなんて言いはったの? マークと行かせないため?

Ross: No. I... I wanted to be with you. I don’t know, I feel like lately, I feel like you’re slipping away from me, you know. With this new job, and all these new people, and you’ve got this whole other life going on. I-I-I know it’s dumb, but I hate that I’m not a part of it.
 違うよ。一緒にいたかったんだ。なんていうか、最近、君が僕から離れていく気がして。新しい仕事、新しい職場の人達、君には全然違う新しい世界ができただろ。バカみたいだってわかってるけど、でも僕がそこに関わってないのがイヤなんだ。

Rachel: It’s not dumb. But, maybe it’s okay that you’re not a part of it. You know what I mean? . . . I mean it’s like, I like that you’re not involved in that part of my life.
 バカみたいなんかじゃないわ。でもきっと、、あなたがそこに関わってなくてもいいのよ。わかる?(ロスはわからないという顔)あなたが関わっていない世界を持ってることが気に入ってるの。

Ross: That’s a little clearer.
 それで少しはっきりしたかな。

Rachel: Honey see, it doesn’t mean that I don’t love you. Because I do. I love you, I love you so much. But my work, it’s for me you know, I’m out there, on my own, and I’m doing it. And it’s scary but I love it, because it’s mine. But, I mean is that okay?
 ねぇ聞いて。それって、私があなたを愛してないってことじゃないの。だって愛してるもの。すごく愛してるわ。でも、私の仕事は私だけのものなの。私は外へ出ていって、私だけのことをしているの。怖いけど、でも好きなの。私の世界なんですもの。それでかまわない?

Ross: Sure, I-I-I...
 もちろんさ・・・(ハグするが、「ノー!」と声に出さず言う)

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーとジンジャー》

Ginger: You're thinking about my leg aren’t you?
 私の足のこと考えてるんでしょ?

Chandler: No. No. Actually I forgot, what is the deal with that again?
 いやいや。ほんと、忘れてたよ。なんのことだっけ?

Ginger: It’s okay if it bothers you. Really. I mean the only thing I need to know is: ‘How much it bothers you?’ because I don’t like wasting my time. Am I wasting my time?
 気になるなら気になるでいいのよ。ほんと。私が知りたいのは、ただ、それだけ気になるかってことなの。だって私、時間を無駄にしたくないもの。私は時間を無駄にしてる?

Chandler: No. No. I don’t think so.
 いやいや、そんなことないよ。

Ginger: It’s just like anything else, you just have to get used to it.
 これも他のことと同じで、慣れの問題なのよ。

(2人キスし始めるが、ジンジャーがチャンドラーの第3の乳首に触れ)
Ginger: What’s that?
 これなに?

Chandler: That’s-that’s my nubbin.
 それは・・それは俺の・・ナブン。

(nubbin = 小さな穂・できそこないの野菜)

Ginger: What’s a nubbin?
 ナブンってなに?

Chandler: It’s kind of ah, a third nipple kind of thing.
 これはつまり・・3つめの乳首みたいなものだよ。

Ginger: You have three nipples?
 3つ乳首があるの?

Chandler: Well, you know two regulars. And ah one that barely qualifies as... Ahh, what?
 いや、2つは普通のだよ。それともう一つはほとんど意味のない・・(ジンジャーが避けて立ち上がる)あ? どうした?

Ginger: Nothing. I, I just remembered I have to leave.
 なんでもないの。ただ行かなきゃならないこと思い出して。

Chandler: You ah,, you have to leave, now? How come?
 え・行くの? 今? どうして?

Ginger: Ah well, it’s nubbin. Nothing! Umm. I’ll see you later. Okay.
 ああ、それはナブン、いえ、なんでもない! またね、じゃ!(逃げ出す)

《セントラルパーク:レスリーが来る》

Phoebe: Oh, I thought you weren’t coming. What? Where were you?
 あら、もう来ないかと思ったわ。なに? どこ行ってたの?

Leslie: Come here, come here. . . Okay, don’t get mad, okay?
 こっち来て、こっち・・・ね、怒らないでね、いい?

Phoebe: Okay, don’t give me a reason to get mad, okay?
 あら、怒らせないでね、いい?

Leslie: I played Smelly Cat for the people at my old ad agency, they went nuts.
 以前の私の広告代理店の人達に、スメリーキャットを聞いてもらったの。そしたらみんな気に入っちゃって!

Phoebe: No, look, I told you that I didn’t want you to try and sell it, and you just, you big fat did it anyway. God, you know what? I think five years ago I probably would’ve done anything to play with you but, I can do it by myself. And if I can’t trust you then just forget it.
 ダメよ。売ろうとするのやめてって言ったでしょ。なのにあなたったら、図々しいわよ。売ろうとしたなんて。もう、なんなの? 5年前だったら、あなたとプレイするためだったら何だってしたかもしれないけど、今は自分でできるわ。あなたを信じることができないなら、もうおしまいよ。

(big fat = あつかましい)

Leslie: No, no, I don’t want to forget it.
 いや、いやだわ。終わりにするなんて。

Phoebe: Okay, you know what? You have to choose. All right? If the most important thing on the planet to you is this cat poopy thing then, okay, you can have Smelly Cat, but we won’t be partners. So what’s it gonna be?
 聞いて、どっちかよ、いい? あなたにとってそのトイレのことがこの世で一番だいじだっていうなら、いいわよ、スメリーキャット売ればいいわ。でも、そうしたら私たちはもうパートナーじゃない。どうする?

《モニカ達の部屋:TVで猫のトイレのCM》

Commercial: Problem odor in the litter box? Don’t change your kitty, change your kitty litter.
 (TV:スメリーキャットが流れる中)猫のトイレの匂いでお困りですか? 猫を取り替えないで、トイレを変えましょう。

(モニカがTVを切る)
Monica: Sorry, Pheebs.
 残念だったわね、フィーブス。

Joey: Yeah. You okay?
 ああ。大丈夫?

Phoebe: Yeah. I actually am, yeah. Because you know, life’s gonna had you all kinds of stuff. You know, you learn your little lessons and hopefully you grow. Wanna hear a new song?
 ええ。ほんと、大丈夫よ。だって人生にはいろんなことがあるわよ。ね、そこから学んで、成長できたりするのよね。新しい歌聞く?

Joey: Yeah.
 うん。

Monica: We’d love to.
 聞きたいわ。

Phoebe: Okay. ‘Jingle bitch screwed me over! Go to hell jingle whore! Go to hell Go to hell. Go to hell-hell-hell.’ That’s all I have so far.
 わかった。(歌)CMソングのアマにはひどいメにあった! CMソング売りめ、地獄へ行け! 地獄へ行け地獄へ行け! 行け行け地獄へ!(歌終わり)今のところここまでよ。

《モニカ達の部屋:時間経過、チャンドラーが来る》

Chandler: Well, hello!
 やぁ、みんな!

Joey: Where have you been?
 どこ行ってたんだ?

Chandler: The doctor.
 病院。

Ross: Is everything okay?
 大丈夫か?

Chandler: Oh yes! Just had me a little nubbin-ectomy. Yep! Two nipples, no waiting.
 ああ、大丈夫! ナブン切除をしてもらってきた。そうさ! 乳首ふたつで、もうモテモテだ。

(-ectomy = 切除術)

Monica: Wow! It’s like Rachel in High School.
 ワオ! 高校の時のレイチェルみたいね。

Rachel: What?!!
 なんですって?

Monica: Come on! I was kidding! It was such an obvious joke!
 いいじゃん! 冗談よ。わかりきった冗談じゃん!

Chandler: That was an obvious joke. And I didn’t think of it. Why didn’t I think of it? The source of all my powers. Oh, dear God, what have I done!
 わかりきった冗談。それ考えてなかった。なんで考えなかったんだろ? あれは俺のパワーの源だったんだ。ああ神様、俺なんてことしちゃったんだろ。

☆おしまい☆

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:49| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。