2013年07月10日

3-13 The One Where Monica and Richard Are Friends

3-13 モニカとリチャードが友達になる話

 ☆モニカの恋、再び...☆

《レンタルビデオ店:モニカが返しにくる》

Monica: Hi.
 (カウンターにビデオを出す)ハイ。

Clerk: Six dollars, please.
 6ドルです。

Monica: Six? I just had it for one night. It’s three.
 6ドル? 一晩借りたのよ。3ドルよ。

Clerk: Eight o’clock is the cut-off and.. aww, it’s 8:02.
 8時までですよ。そして今は・・ああ、8時2分だ。

Monica: You know, in a weird way, you have too much power. Look, you’re gonna have to help me out here, ‘cause I only have three.
 あなたって、妙にパワーがあるわね。ねぇ、助けてくれないかな、私3ドルしか持ってないの。

Richard: I can help with that.
 僕が助けられるよ。

Monica: Oh, my God. Richard?. . Hi!
 オーマイゴッド・・リチャード?(振り向く)ハーイ!

Richard: Hi!
 やぁ。

Monica: Wow! Your lip went bald. . .Thanks.
 ワオ。あなたのクチビル、ハゲちゃったのね。(お金を払ってくれたので)ありがと。

Richard: So, you look great.
 きれいだよ。

Monica: Right.
 そうよね。

Richard: No, you do. You just...
 いや、本当だよ。ただ・・

Monica: What?
 なに?

Richard: You’ve got panties stuck to your leg.
 足にパンティがくっついてる。

Monica: That’s because I-I was just grabbing some things out of the dryer, and it’s static cling. Or maybe it’s just that God knew I’d be running into you and saw an opportunity.
 ドライヤーからいろいろ出したからだわ。静電気でくっついたのよ。それか、神様があなたに出会うってわかってて、こんなことしたのかもね。

Richard: It’s good to see you.
 会えてうれしいよ。

Monica: It’s good to see you, too.
 私も会えてうれしいわ。

(ハグ、モニカの背中にもストッキングがあるのを見つけるリチャード)

《レンタルビデオ店:つづき》

Monica: You see that guy? He’s in classics now, but you know, as soon as we leave he’s going straight to the porn.
 あの人見た? 今は古典的なの見てるけど、私達がいなくなったらすぐポルノコーナーに行くわよ。

Richard: He’s gonna go up to the counter with Citizen Kane, Vertigo, and Clockwork Orgy. This is nice.
 カウンターへ「市民ケーン」と「めまい」と「時計じかけのオレんち乱交パーティ」を持っていくんだろうな。(2人で笑ってから)いいね。

Monica: Yeah.
 そうね。

Richard: I missed this.
 懐かしいよ。

Monica: Me too.
 私も。

Richard: So, you wanna get a hamburger or something?
 それじゃ、ハンバーガーでも食べに行く?

Monica: Oh, um, I don’t know if that’s a good idea.
 あら、それはよくないと思うわ。

Richard: Oh. Look, just friends, I won’t grope you. I promise.
 いいじゃないか。友達なんだ。まさぐったりしないよ。約束する。

Monica: No, I just I think that it’s too soon.
 そうじゃなくて、早すぎると思うの。

Richard: No it’s not too soon, I had lunch at a eleven.
 そんなことないよ。僕は昼食が11時だったんだ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーがハーシーズのチョコボトルを持っている》

Chandler: Yeah, baby!
 よーし、ベイビー!

Ross: What are you doing?
 なにやってるんだ?

Chandler: Making chocolate milk. Do you want some?
 チョコレートミルク作ってんだよ。ほしい?

Ross: No thanks. I’m 29.
 いらない。29歳なんだぞ。

Rachel: Oh, my God, I gotta go to work!
 大変! もう仕事行かなきゃ。

Ross: Oh, sweetie, when do you think you’re going to get off tonight?
 あ、ねぇ、今日は何時ぐらいに仕事終わりそう?

Rachel: Oh, I don’t know, honey. It could be really late.
 ああ、わからない。すごく遅いと思うわ。

Ross: Oh, come on, not again.
 なんだよ、また?

Rachel: I know. I’m sorry. Look, I’ll make a deal with you, okay?
 そうなの、ごめんね。ねぇ、こうしない?

Ross: Hmm.
 なに?

Rachel: Every night that you’re asleep before I get home from work...
 私が帰ってくる前にあなたが寝てしまっていたら・・

Ross: Yeah.
 うん。

Rachel: I will wake you up in a way that’s proved very popular in the past.
 以前すごく好評だった方法で起こしてあげるわ。

Ross: Now, if you need to stay late, I want to be supportive of that.
 じゃあ、遅くなるのも悪くないじゃないか。

Rachel: Right.
 そうね。

(フィービーがローラーブレードを持ってやってくる)
Phoebe: Hi.
 ハーイ。

All: Hey.
 ヘイ。

Joey: Look at you. Since when do you roller blade?
 なにそれ、いつからローラーブレード始めた?

Phoebe: Oh! Since tomorrow. I met this really cute guy in the park and he like you know, jogs, and blades, and swims, and so you know, we made a deal that’s he’s gonna teach me all sorts of jock stuff.
 明日からよ。すごいキュートな人に出会ったんだけど、彼ジョギングとかローラーブレードとか水泳とか好きなのよ。それで、彼にそういうスポーツを教えてもらうことにしたの。

Ross: And what are you going to do for him?
 それで君は彼に何をしてあげるんだい?

Phoebe: I’m going to let him.
 教わってあげるの。

Ross: Okay.
 なるほど。

Joey: Cool.
 いいね。

Monica: Morning.
 おはよ。

All: Hey.
 おはよ。

Rachel: Somebody got in late last night.
 昨日遅かったじゃない、誰かさん。

Monica: Yeah, well, I ran into Richard.
 ええ。リチャードとばったり会ったの。

Rachel: When did this happen?
 いつ?

Monica: Oh, um, around 8:02. We talked for a little while, and then um, we went out for an innocent burger.
 えっと、8時2分頃よ。ちょっと話して、それでハンバーガーを食べてきただけ。罪もないことよ。

Phoebe: Oh, there’s no such thing as an innocent burger.
 ハンバーガーを食べて罪がないなんてあり得ないわ。

Ross: So, are you gonna see him again?
 それで、また会う気なの?

Monica: Tomorrow night.
 明日の夜ね。

Rachel: Monica, what are you doing?
 モニカ、何をしているの?

Chandler: Well, she spent the last six months getting over him, and now she’s celebrating that by going on a date with him.
 彼女これまで6ヶ月かけて彼を吹っ切ったから、今そのお祝いに彼とデートしてるんだよ。

Monica: It’s not a date, okay? I’m just gonna teach him how to make lasagne for some pot luck dinner he has.
 デートじゃないわよ。彼が開くっていうポットラックディナー用のラザニアの作り方を教えてあげるだけだわ。

Joey: Well, you might wanna make a little extra, because you know, you’ll probably be hungry after the sex.
 余分に作った方がいいんじゃないの? だってほら、セックスの後はおなか減るだろ。

Monica: We’re not gonna have sex! Okay, nothing’s changed here. He still doesn’t want children and I still do, so that’s why we’re just gonna be friends.
 セックスなんてしないわよ! いい? 何も変わってないのよ。彼は子供がほしくないし、私は欲しい。だから私達、ただの友達ってこと。

Ross: Naked friends.
 裸のつきあいのね。

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey.
 よぉ。

Rachel: Do you have any ice?
 氷ある?

Joey: Check the freezer. If there’s none in there, then we’re probably out. Are you just getting in from work? It’s late.
 フリーザー見てみて。もしなかったら、もうないんだ。今帰ってきたとこ? 遅いなぁ。

Rachel: Yeah, I know. I had the greatest day though. I got to sit in on the meeting with the reps from Calvin Klein. I told my boss I liked this line of lingerie, she ordered a ton of it. How was your day?
 ええ。そうなのよ。でも今日は最高の日だったわ。カルバン・クラインからの営業マンと一緒にミーティングに参加したんだけど、私がそのランジェリーのラインを気に入ったって上司に話したら、彼女いーっぱいオーダーしたのよ。あなたはどうだった?

Joey: I discovered I’m able to count all of my teeth using just my tongue.
 俺は、自分の舌だけで歯が何本あるか数えられるって発見したんだよ!

Rachel: Hmm. . . Umm, why do you have a copy of The Shining in your freezer?
 そう。ねぇ、どうしてフリーザーにシャイニングが入れてあるの?

Joey: Oh, I was reading it last night, and I got scared, so.
 ああ、昨日の夜それ読んでたんだけど、怖くなってさ。

Rachel: But you’re safe from it if it’s in the freezer?
 でもフリーザーに入れれば大丈夫なの?

Joey: Well, safer. You know, I never start reading The Shining, without making sure we’ve got plenty of room in the freezer, you know.
 ああ、少しはましだよ。俺はシャイニングを読む前に、フリーザーに空きがあるか必ず確かめるんだ。

Rachel: How often do you read it?
 そんな何回も読んだの?

Joey: Haven’t you ever read the same book over and over again?
 同じ本を何回も何回も読んだことない?

Rachel: Well, umm, I guess I read Little Women more than once. But I mean that’s a classic, what’s so great about The Shining?
 そうね、私はリトル・ウーマン(若草物語)は何回か読んだわ。でも、あれは古典よ。シャイニングのどこがそんなにいいの?

Joey: The question should be Rach, what is not so great about The Shining. Okay? And the answer would be: nothing. All right? This is like the scariest book ever. I bet it’s way better than that classic of yours.
 レイチ、問題はそうじゃなくて、シャイニングのどこがよくないかだよ。わかる? 答えは、よくないとこはない・だよ。これほど怖い本はないね。君のその古典よりずっといいよ。

Rachel: Okay. Ah, well, we’ll just see about that, okay. I will read The Shining, and you will read Little Women.
 わかったわ。じゃあそれ確かめましょうよ。私はシャイニングを読むし、あなたはリトル・ウーマンを読むのよ。

Joey: All right, you got it.
 よし、わかった。

Rachel: All right?
 いいわね?

Joey: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Joey: Ah, now Rach, these ah, these little women.
 でもレイチ。このリトル・ウーマンだけど・・

Rachel: Yeah.
 なに?

Joey: How little are they? I mean, are they like scary little?
 どれくらい小さいの? 怖いくらい?

《セントラルパーク:フィービーがボーイフレンドと一緒に来る》

Phoebe: Um, Chandler, Ross, this is Robert.
 チャンドラー、ロス、こちらロバートよ。

Chandler: Oh, hey.
 やぁ!

Robert: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: You’ve have lipstick right here. That’s okay, it’s mine, we just kissed.
 (ロバートに)あなた口紅がついてる。(ロス達に)いいのよ、私のだから。さっきキスしたの。

Ross: Oh.
 ああ。

Chandler: So ah, isn’t a bit cold out for shorts?
 (ロバートに)短パンではちょっと寒くない?

Robert: Well, I’m from California.
 いや、僕はカルフォルニアから来てるから。

Chandler: Right, right. Sometimes you guys just burst into flame.
 そうだよね。君たちって時々燃え上がったりするんだよね。

(ロバートが足をあげたため、チャンドラーから見えてしまった)
Chandler: I’m up! I’m up, I’ve gotten up now! Anybody ah, want anything?
 (慌てて立ち上がり)立ち上がるぞ! 立ち上がる! 今、立ち上がらないといけない! 誰か、何か欲しくないか?

Phoebe: I’ll have coffee.
 私はコーヒーもらうわ。

Robert: Yeah, me too.
 ああ、僕も。

Ross: Yeah, make that three.
 そうだね。僕も。

Chandler: Okay Ross, why don’t you come with me?
 よし、ロス、おまえも一緒に来て。

Ross: Okay. . . What ah, what is the matter with you? What’s going on?
 わかったよ・・・(カウンターへ行き)どうしたんだよ。なにやってるんだ?

Chandler: Robert’s coming out.
 ロバートは自分をさらけ出してる。

Ross: What, what do you mean, what? Is he gay?
 何? どういう意味だ? え? ゲイってこと?

Chandler: No. He.....he’s coming out of his shorts.
 違う。彼が・・彼がパンツから出てきてる。

Ross: What?!
 なんだって?

Chandler: The man is showing brain.
 男が脳みそ見せてる。

Ross: Are you sure? . . Hold on. . . I’m sorry, you guys, that was a coffee and a....
 本当に? ちょっと待てよ。(カウチへ行って)ごめん、君たち、コーヒーと?

Robert: Coffee.
 コーヒーだよ。

Ross: Okay.
 わかった。

Robert: We could write it down for you?
 紙に書こうか?

Ross: No, no, that won’t be ah, won’t be necessary.
 いやいや、その必要はないよ(言いながら前屈みになって、見えることを確認)

Chandler: Well?
 どうだった?

Ross: Yeah, yeah, yeah!
 ああ、ああ、ああ!

Chandler: What do we do? What do we do?
 どうする? どうする?

Ross: Well, I suppose we just try to not look directly at it.
 そりゃ・・直視しないように努力するしかないだろう。

Chandler: Like an eclipse.
 日食みたいだな。(ロス頷く)

《モニカ達の部屋:リチャードにラザニアを教えている》

Richard: So when people complement me on my cooking tonight, what do I say?
 それで、みんなが僕の料理をほめてくれたら、何て言おうか?

Monica: You say ‘Thank you very much,’ and then you buy me something pretty. Come on, we’re gonna put our hands in this bowl, and we’re gonna start squishing the tomatoes.
 「ありがとう」って言って、そして私になにか可愛いもの買ってくれたらいいのよ。こっち来て。このボールに手を入れて、トマトをつぶすのよ。

Richard: Oh, this feels very weird.
 わ。これはなんとも変な感じだな。

Monica: You touch people’s eyeballs every day and this feels weird.
 人の目玉を毎日触ってるのに、これが変だっていうの?

Richard: Yeah, well, sure, I touch them, but I spent years learning not to squish them. . . . That’s my hand.
 ああ、そうだな。でも、僕は何年も、それをつぶさないようにと学んできたんだよ。・・・それは僕の手だよ。

Monica: Oops.
 あら。

Richard: Okay.
 オーケー。

Monica: Gotta keep squishing.
 つぶさないと。

Richard: The tomatoes are squishing.
 トマトがつぶされてく。

Monica: Okay.
 そうね。

Richard: Op.
 おっと。

Monica: Oh, gosh, you got some on your shirt.
 あら、シャツに飛んだわね。

Richard: Yeah.
 ああ。

Monica: Hold on a second, just put a little club soda on it. Get to it right away. It should umm, be.....
 ちょっと待って。ソーダをちょっとかけて・・すぐにやれば・・(沈黙)

Richard: What?
 どうした?

Monica: Umm, you’ve got some on your pants.
 ええ・・Gパンにも飛んでるわ。

Richard: I’ll just throw them out.
 捨てちゃうよ。

《セントラルパーク:ジョーイは本を読んでいる》

Joey: These little women. Wow!
 この子たちもう! ワオ!

Chandler: you're liking it, huh?
 気に入ったんだ?

Joey: Oh, yeah! Amy just burned Jo’s manuscript. I don’t see how he could ever forgive her.
 ああもう! エイミーがジョーの原稿を燃やしてしまったんだ。彼、彼女のこと許すかな?

Ross: Umm, Jo’s a girl, it’s short for Josephine.
 ジョーは女の子だぞ。もとはジョセフィンだ。

Joey: But Jo’s got a crush on Laurie. . Oh. You mean it’s like a girl-girl thing? ‘Cause that is the one thing missing from The Shining.
 でもジョーはローリーのこと好きなんだぞ。ああ、女の子同士ってやつ? それはシャイニングには欠けてた要素だよな。

Chandler: No, actually Laurie’s a boy.
 違うよ。ローリーは男だ。

Joey: No wonder Rachel had to read this so many times.
 (混乱して)レイチェルが何度も読むわけがわかったよ。

(フィービーとロバートが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey.
 やあ!

Ross: Hey! How’d the basketball go?
 やぁ、バスケットどうだった?

Phoebe: Oh, okay, I learned how to shoot a lay-up, a foul shot, and a twenty-three pointer.
 ええ、私レイアップのシュートの仕方と、ファウルショットと、23ポインターを習ったわ。

Chandler: You mean a three pointer?
 3ポインターじゃなくて?

Phoebe: Oh, I get more because I’m dainty.
 私は上品だから多いのよ。

Robert: So um, is there a phone here, I can check my messages?
 ここ電話あるかな? メッセージチェックしたいんだけど。

Phoebe: Yeah, in the back. Do you want a quarter?
 ええ、裏にあるわよ。コインいる?

Robert: Oh, no thanks. I always carry one in my sock.
 ああ、大丈夫。靴下の中にあるんだ。

(ロバートが足をあげたのでまた見てしまい、避けたいチャンドラーはジョーイにもたれる)
Joey: What are you doing? . . Get back over on your side of the... Hello!! . . Hi, I’m Joey, we haven’t met.
 なにやってんだよ? (チャンドラーを押し返す)自分の場所に戻れよ・・(見た)ハロー!(ロバートに)やぁ、僕はジョーイ。はじめましてだね。

Robert: Ah, good to meet you. Robert.
 ああ、はじめまして。ロバートだ。

(ロバートは立ち去り、男性3人は笑い出す)
Phoebe: What? . . What? You guys, what is going on? Do you not like Robert? Why are you laughing?!
 なに? なに? あなた達、何なの? ロバートがきらいとか? なに笑ってるのよ?!

Ross: Calm down. There’s no reason to get testy.
 落ち着けって。たまげただけだよ。

(いっそうはげしく笑い出す男性3人)(testy(イラつく) - testicle(睾丸)のダジャレ)

Phoebe: You guys!! Come on!
 あなた達! なによ?!

Chandler: We're sorry, we're sorry. It just seems that Robert isn’t as concealed in the shorts area, as one may have hoped.
 ごめん、ごめん。ただ、ロバートが短パンまわりを隠しておいてくれないもんだからさ。俺たちが望むほどにはね。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Robert: Hey.
 (戻ってくる)ヘイ。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Robert, could you ah, ha, pass me those cookies?
 ロバート、いいかな、えっと・・その・クッキー取ってくれる?

Robert: Sure.
 ああ。
(また足をあげたので、フィービーも目撃しショック)

《モニカ達の部屋:モニカがリチャードと電話中》

Monica: So, how’d the lasagne go over? . . . Really?! Good. So you owe me three pretty things. . . . Yeah, I’ve been thinking a lot about you too. . . . I know. It’s hard this whole platonomy thing. . . . It’s a word!
 それで、ラザニアはどうだった?・・ ほんと? よかった。それじゃ可愛いもの3つ買ってくれなきゃね。・・・ええ、私もあなたのことずっと考えてるわ。・・・そうね。つらいわよ、この精神恋愛法・・そういう言葉よ!

(platonomy = platonic + -nomy(..学、..法)で「精神恋愛法」にしてみた)

(ノックの音)
Monica: Yeah, I do think it’s better this way. . . Yeah, we’re being smart . . . Yes, I’m sure.
 ええ、この方がいいんだと思うわ。・・ええ、私達うまくやってるのよ・・ええ、確かよ。(ドアを開けるとリチャード)

Richard: You really sure?
 本当に確か?

Monica: I’ll call you back. (starts kissing him)
 かけなおすわ。(電話を切り、キス)

《モニカのベッドルーム》

Monica: So we can be friends who sleep together.
 一緒に寝る友達ってことで。

Richard: Absolutely, this will just be something we do, like racquetball.
 その通り。これで行こう。ラケットボールするような感じだな。

Monica: Sounds smart and healthy to me. So um, just out of curiosity, um, do you currently have any other racquetball buddies?
 賢くてその上ヘルシーって感じよね。それで・・ちょっとした好奇心だけど、他にもラケットボール友達はいるの?

Richard: Just your dad. . . Although that’s actually racquetball. You know, I do have a blind date with my sister’s neighbor next Tuesday.
 君のとうさんだけだよ。・・・本当にラケットボールだけど。ただ、今度の火曜、妹の近所の人とブラインドデートはするんだよ。

Monica: Oh.
 あら。

Richard: Do you want me to cancel it?
 キャンセルしてほしい?

Monica: No! No!
 いいえ!(押す) いいえ!

Richard: Okay.
 オーケー。

Monica: ‘Cause if you did that means you’d be canceling it for me, and we’re just friends.
 だって、そんなことしたら私のためにキャンセルすることになるでしょう、私達ただの友達なのに。

Richard: Exactly.
 その通り(押し返す)

《セントラルパーク:ロバートとフィービー》

Robert: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey. Oh! Don’t sit down!
 ハーイ。あっ、座らないで。

Robert: Ready to go to the batting cage?
 バッティングセンターもう行く?

Phoebe: Yeah, you bet. And first, here’s a gift.
 ええ。でもその前に、プレゼントがあるの。

Robert: Oh! Wow! Hey!
 ワオ! (プレゼントを見て)ヘイ!

Chandler: Stretchy pants! Why, those are the greatest things in the world! If I were you I would wear them every day, every day!
 ぴったりパンツ! それって世界一だよね。俺だったら、毎日毎日身につけるね!

Robert: Jeez, thank you really. . that is so nice. But um, to be honest, I don’t think I can wear these, they’re so tight, I feel like I’m on display. I’m sorry.
 ああ・・本当にありがとう。すごくうれしいよ。でも、正直言って、僕こういうのはダメなんだよ。とてもタイトだろ、なんか展示されてるみたいでさ・・ごめんよ。

Phoebe: That’s all right, I'll figure....
 いいのよ。私・・なんとか・・(出て行く・・ジョーイが来る)

Robert: Hey!
 (ジョーイに)やぁ!

Joey: Hey! How’s it going?
 やぁ! (ロスに)調子どう?

Ross: Good.
 いいよ。

Joey: Hey, Rach, how you doing with The Shining?
 なぁ、レイチ、シャイニング進んでる?

Rachel: Oh, Danny just went into room 217.
 ああ! ダニーが217号室に行ったとこよ。

Joey: Oooh, the next part’s the best! When that dead lady in the bathtub...
 おおお! 次のシーンは最高だぞ! 死んだ女性がバスタブに・・

Rachel: Oh, no, meh-nah-nah-nah, come on, you’re gonna ruin it!
 ダメダメダメ! (耳を塞ぐ)ナナナナー! 頼むわよ、台無しになるじゃん!

Joey: All right. I’ll talk in code. . . Remember when the kid sees those two "blanks" in the hallway?
 わかったよ。暗号で行く。(ロスとチャンドラーに)覚えてるだろ? 子供が廊下でふたりの○○を見るとこ?

Chandler: Hmmm, that’s very cool.
 ああ。あれはすごいよな。

Joey: Oh, all "blank", and no "blank" makes "blank" a "blank-blank". Oh, no-no-no, no, the end when Jack almost kills them all with that "blank", but then in the last second they get away. Aww!
 ああ、あの○○! それに○○がないから○○が○○ー○○でな。いやいやいや、最後にはジャックが○○で殺しそうになるけど、どたんばで逃げるんだよな、ああ!

Rachel: Joey! I can’t believe you just did that!
 ジョーイ! 信じられない! そんなことしちゃうなんて!

Chandler: I can’t believe she cracked your code!
 ウソだろ。暗号を解いたなんて・・

Rachel: All right, okay, Laurie proposes to Jo, and she says no, even though she’s still in love with him, and then he ends up marring Amy.
 いいわよ。ローリーがジョーにプロポーズするけど彼女は断るのよ。本当は愛してるのにね。それで彼はエイミーと結婚するのよ。

Joey: Hey! Mine was by accident! All right, the boiler explodes and destroys the hotel, and kills the dad.
 おい! 俺の場合はたまたまじゃないか! いいよわかった。ボイラーの爆発でホテルは破壊されるし父親は死ぬんだ。

Rachel: Beth dies.
 ベスが死ぬ。

Joey: Beth, Beth dies?
 (超ショック)ベス・・・ベスが死ぬの?

Rachel: Um-hmm.
 そう。

Joey: Is that true? If I keep reading is Beth gonna die?
 ほんと? このまま読み続けたら、ベス死んじゃう?

Chandler: No, Beth doesn’t die, she doesn’t die. Does she Rachel?
 いいや。ベスは死なない、死なないよ。ね、レイチェル?

Rachel: What?!
 え?

Ross: Joey’s asking if you’ve just ruined the first book he’s ever loved that didn’t star Jack Nicholson?
 ジョーイがジャック・ニコルソンが出演しない本を初めて気に入って読んでて、それを台無しにしちゃうのかなってこと。

Rachel: No. She doesn’t die.
 いいえ。彼女死なないわ。

Joey: Then why would you say that?!
 じゃあなんであんなこと言ったの?

Rachel: Because, I wanted to hurt you.
 ・・それは・・意地悪したかったからよ。

(ロバートが戻ってくる)
Robert: Oh, there they are! I dropped my keys.
 ああ! あった! キーを落としちゃってね。

Rachel: Oh, my....
 (見ちゃった)あらやだ・・

Robert: Got ‘em.
 見つけたよ。

《モニカ達の部屋:レイチェル読書中。モニカが帰ってくる》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Sorry. I’m sorry.
 (驚いて悲鳴をあげる)ごめん、ごめんね。

Monica: You would not believe my day! I had to work two shifts, and then to top it off, I lost one of my fake boobs. . . in a grill fire.
 もう信じられないわよ。今日私は2シフトしなきゃいけなかったのよ。そのうえ、ニセモノおっぱいを一つなくしちゃったの。(胸が焼け焦げた服を見せる)グリルの火でね!

(レイチェルはただニコニコしている)
Monica: What are you smiling at?
 なに笑ってるの?

Rachel: I’m sorry, I was just thinking you’re day could still pick up.
 ごめん、ただ、あなたの一日もまだ持ち直せると思って。

Monica: Yeah, right.
 ああそうでしょうね。

(ベッドルームではリチャードがバラだらけにして待っていた)
Richard: Hello.
 ハロー。

Monica: I love this friend thing!
 友達でいくのって最高!

《セントラルパーク》

Phoebe: Listen, Robert’s gonna be here any second so, could one of you just tell him?
 聞いて。もうすぐロバートが来るの。だからあなた達、話してくれない?

Ross: Oh.
 おぉ。。

Phoebe: Please, right now, no, every time I see him it’s like ‘Is it on the lose?’ ‘Is it watching me?’
 お願い! ほんと。もう私、彼を見るたびに、「いまも放置?」「私を見てる?」って。

Chandler: We can’t tell him, you can’t go up to a guy you barely know and talk about his.... stuff.
 俺たちには言えないよ。そんなに知らない人に向かってできないよ、そんな話・・。

Ross: He’s right. Even if it’s to say something complementary.
 その通りだよ。たとえ褒めるようなことでもね・・

(ロバートがくる)
Robert: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Robert: So you ready for the gym? They’ve got this new rock climbing wall, we can spot each other.
 もうジム行ける? ロッククライミング用の壁ができたんだ。僕らお互いを確認しあえる。

Phoebe: No, I can spot you from here.
 いえ。私ここからあなたを確認できてる。

Robert: What?
 え?

Phoebe: Okay, listen Robert...
 聞いて、ロバート。

Ross: Hey, don’t we have to...
 (チャンドラーに)おい、僕たち行かないと・・

Chandler: Yeah, we got, um-hmm.
 ああ、そうそう・・。(2人席を外す)

Phoebe: Umm, I think you’re really, really great...
 あなたは本当に本当に素敵な・・

Robert: Oh, God! Here we go again. Why does this keep happening to me? Is it something I’m putting out there? Is this my fault? Or am I just nuts?
 ああもう! またこれだよ。どうしていつもこうなるんだ?(足を広げる)それって僕が何か差し出してでもいる感じ? 僕のせい? それとも、たまたま?

(nuts = testicle)

Phoebe: I-I-I-I-I don’t know, I don’t know what to say.
 わっ・・わからないわ。なんて言ったらいいか。

(ガンターがかたづけに来る)
Gunther: Hey, buddy? This is a family place. Put the mouse back in the house.
 (ロバートに)ちょっと、君。ここは家族連れも来るところだ。ネズミさんしまっといて。

(ロバートは見下ろして初めて気づく)

《ロバートのベッドルーム:モニカがバラやワインを用意している》

Monica: Ow!
 (バラをくわえて)イタっ!

(リチャードとブラインドデート相手の声が聞こえてくる)
Richard: Really?! Well, it’s just like everyone else’s apartment. It’s got rooms, walls, and ceilings.
 本当? いや、みんなの部屋と同じだと思うよ。部屋と壁と天井があって。

Richard’s Date: Well, I just wanted to see where you live. Now, give me the tour.
 あなたの住んでるところを見たいのよ。さ、案内して。

Monica: Oh, my God! Oh, my God!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド!(必死でかたづける)

Richard: This is the living room.
 ここがリビング。

Richard’s Date: Impressive.
 素敵ね!

Richard: All right. This is the kitchen.
 よし、こちらがキッチン。

Richard’s Date: Oh, that’s real pretty. Wait a minute, don’t I get to see the bedroom?
 まぁ、いいわね。ちょっと待って、ベッドルームは見せてもらえないの?

Richard: The bedroom. Well it’s pretty much your typical... bedroom.
 ベッドルームね。普通の典型的な・・(ドアをあけて気づきすぐ閉める)ベッドルームだよ。

Richard’s Date: We’re still on this side of the door.
 部屋に入ってないけど。。

Richard: Um-hmm.
 そうだね。

Richard’s Date: Yeah, I didn’t get to see it.
 ええ、見せてもらってないわ。

Richard: Oh, shoot! Maybe next time. Thanks for a lovely evening.
 ああ、残念、またこの次に。(あくび)今夜は楽しかったよ、ありがとう。

《ベッドルーム内:モニカはベッドに隠れリチャードはベッドに座る》

Monica: So um, who was she?
 えー、あの人は誰?

Richard: Oh, that was the blind date that I told you about, she called and switched it to today.
 ああ、あれはこの前話したブラインドデートの相手だよ。今日に変更になったんだ。

Monica: Did you like her? And I’m just asking as a friend, because I am totally fine with this.
 彼女のこと気に入った? 友達として聞いてるんだけど。全然平気よ。

Richard: Well, you seem fine.
 うん、平気に見えるね。

Monica: Okay, you know what, I’m not fine, I’m not. I mean, how can I be fine hearing you come in with her, she wants to see your bedroom.... You know what? What if we’re friends who don’t see other people?
 (カバーの下から出てくる)わかった、だめよ。平気じゃない。平気なはずがないわ。あなたが彼女と一緒に帰ってきて、彼女はあなたのベッドルームを見たがって・・・ねぇ、私達、ほかの人とは会わない友達ってことでどうかしら?

Richard: You mean like exclusive friends?
 お互い限定の友達?

Monica: Why not?! I mean, this has been the most amazing week. Would it be so terrible? Even if we were friends who lived together. Or maybe someday, friends who stood up in front of their other friends, and vowed to be friends forever.
 いけない? 今週ずっと最高だったわ。そんなにひどいかしら? 友達だけど一緒に暮らしてるとかは? いつか、友達だけどほかの友人みんなの前に立って、永遠の友情を誓うとかは?

Richard: Wow. You know we’re back where we were. Honey, I would love to do all that, but nothing’s changed.
 僕ら、もといたところに戻ってしまったね。ね、君のいう通りのことしたいけれど、僕ら何も変わってない。

Monica: That’s not true, you don’t have a mustache.
 そんなことないわ。あなたヒゲがないもの。

Richard: Okay, okay, one thing’s changed. But we still want different things and we know how this is gonna end.
 オーケー。一つ変わったね。でも、僕ら違うものを求めていて、これがどうなるか、わかってるよね。

Monica: You know what? I gotta walk out of here right now, ‘cause getting over you is the hardest thing that I have ever had to do. I don’t think I could do it again.
 ねえ? 私いますぐここを出て行かなきゃ。あなたを吹っ切るのって、人生で一番難しいことだったの。もう一度あれをやるなんて無理。

Richard: I know I couldn’t. So....
 そうだな。わかるよ・・

Monica: How about one last game of racquetball?
 最後のラケットボールしましょうか?

(キス、リチャードがモニカを抱き上げ、ベッドへ)
Monica: Watch the thorns!
 トゲに気をつけて!

Richard: Ow!!
 イタっ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Rachel: What?
 どうした?

Joey: Beth is really, really sick.
 (泣き顔っぽく)ベスがすごくすごく病気。

Rachel: Awwww.
 ああ・・・。

Joey: Jo’s there, but I don’t think there’s anything she could do.
 ジョーもいるけど、でも、何もできることがないみたい。

Rachel: Joey?
 (ハグ)ジョーイ?

Joey: Yeah.
 うん。

Rachel: Do you want to put the book in the freezer?
 その本フリーザーに入れておきたい?

Joey: Okay.
 (うなずく)うん。

Rachel: Okay.
 わかった。(フリーザーに入れる)

おしまい☆
posted by らんち at 01:08| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。