2013年07月09日

3-12 The One With All The Jealousy

3-12 ジェラシーばっかりの話

 ☆ジェラシーで大混乱☆

《モニカ達の部屋:レイチェル初日で靴を選択中》

Rachel: Okay. Hey. Umm. Does everybody hate these shoes?
 (バスタオル姿で靴を見せにくる)ねぇ、この靴ダメかな?

Chandler: Oh, yeah, but don't worry. I don't think anybody's gonna focus on that as long as your wearing that towel dress.
 ああ、心配しないで。そのタオルドレスを着てる限り、誰も靴気にしないから。

Rachel: Tell him.
 (ロスに)言っといて。(立ち去る)

Ross: It's her first day at this new job. Your not supposed to start with her!
 今日、初出勤なんだよ。からかうんじゃないの!

Chandler: All right. I suppose I can wait a day. Hey, what are you doing Friday?
 わかったよ。明日ならいんだな。なぁ、金曜日の予定は?

Ross: Why?
 なんで?

Chandler: I need you to come to this bachelor party for my weird cousin Albert, you know, he's the botanist.
 俺のイトコのバチェラーパーティに来てくれよ。ちょっと変わったやつでアルバートっていうんだけど、植物学者なんだ。

Ross: Oh, God! Botanists are such geeks.
 ああもう! 植物学者ってほんとオタクなんだよな。

Chandler: Yeah. Is that a dinosaur tie?
 ああ・・それ、恐竜ネクタイ?

Ross: Hmm? Oh, yeah.
 これ? そうだよ。ぎゃおー!

(フィービーがバッグをたくさんぶらさげて来る)
Phoebe: Morning. Rach, I'm here with the purses!
 おはよ! レイチ、バッグ持ってきたわよ!

Chandler: It must take you forever to find your keys.
 それじゃ鍵を探すのに相当な時間がかかるな。

Rachel: Thank you, thank you, thank you, Pheebs.
 ありがと、ありがと、ありがとフィーブス!

Phoebe: Your welcome, oh, please want one with the turtles.
 いいのよ。ねぇお願い、カメさんのがいいでしょ。

Rachel: No, no, no, no turtles scare me. I don't need that today.
 ダメダメダメ。カメは怖いのよ。今日はダメ。

Ross: Honey, just relax, it's gonna be fine. Hey, umm,. why don't I come down there and I'll take you out to lunch?
 おちついて、レイチェル。うまくいくよ。ねぇ、僕そっちへ出かけていって、ランチ一緒しようか?

Rachel: Oh honey, thank you, but Mark's taking me out.
 ああ、ありがとう、でもマークが連れてってくれるって。

Ross: Mark is that ah, the same Mark that helped you get the job?
 マークって、あの仕事探しで助けてくれたマークと同じマーク?

Rachel: Yeah, it's kinda like a 'good luck on your first day' sort of thing. . . Is this actually a lunchbox?
 ええ。「初日頑張って」っていう意味なのよ。(フィービーに)これってランチボックス?

Phoebe: No, it's a purse. And there's a thermos in it.
 いいえ。それはバッグよ。中に魔法瓶入ってるの。

Rachel: Oh.
 ああ。

Chandler: Hey, so can you make it on Friday?
 (ロスに)なぁ、金曜日来られる?

Ross: What? Oh yeah, yeah I think so. Why am I invited to this again?
 え? ああ、行けると思うよ。だけど何で僕が行くんだっけ?

Chandler: Well, apparently Albert has no friends. He's very excited about the bachelor party though. I think actually the only reason he's getting married is so he can see a stripper.
 ああ、アルバートは友だちがいないらしい。でもバチェラーパーティに大興奮さ。きっとやつはこのパーティでストリッパーが見たくて結婚するんだな。

Phoebe: A stripper at a bachelor party, that is so cliche. Why don't you guys get a magician?!
 バチェラーパーティでストリッパーね。それって本当にありがちよね。マジシャンでも呼んだらいいのに。

Chandler: Well, if the magician can open my beer with his but cheeks, then all right.
 マジシャンが俺のビールをお尻で開けてくれるんだったらいいけどね。

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ電話中》

Ross: She's having lunch with him, lunch with him. You should have seen the hug she gave him when she got the job. And, and, and, he's really good looking. . . What am I gonna do?
 彼女があいつとランチに行くんだって! ランチだって! おまえに、あの仕事が決まったって聞いたときの二人のハグを見せたかったよ。それにそれにそれに、やつは本当にハンサムなんだ。どうしよう?

Chandler: Don't do anything. Keep it inside. Learn how to hide your feelings! Don't cry out loud.
 何もするな。心に秘めとけ。感情を隠すことを学べ! 騒ぐな!

Joey: Yes! Guess who's in an audition for a Broadway musical?
 (電話を終えて)やった! ブロードウェイ・ミュージカルのオーディション受けるの誰だと思う?

Chandler: I want to say you but, that seems like such an easy answer.
 おまえだって言いたいけど、それじゃ簡単すぎるよな。

Joey: It is me! It's a musical version of Tale of Two Cities. So I think I'm gonna sing "New York, New York," and ah.. oh, "I left My Heart in San Francisco."
 俺なんだよ! 二都物語のミュージカルバージョンなんだ。だから俺は「ニューヨーク・ニューヨーク」を歌おうかな。それと・・「思い出のサンフランシスコ」にしよう。

Ross: Joey, I don't think you get to pick the cities.
 ジョーイ。おまえが二都を選ぶんじゃない。

Joey: What?
 え?

Ross: Mr. Dickens gets to pick them.
 ディケンズさんが選ぶことだ。

Joey: Who?
 だれ?

Chandler: I'll get you the Cliff Notes.
 要約本を買ってきてやるよ。

Joey: The what?
 なんだって?

Chandler: The abridgment.
 短縮本だよ。(でかけようとする)

Joey: Oh, okay. (to Ross) The what?
 ああ、わかった。(ロスに)なんだって?

《レイチェルのオフィス》

Mark: Then the style number, and the invoice number, and the shipping date. Good. Any questions so far?
 それから、スタイル・ナンバー、そして送り状ナンバー、それから送付日。よし。何か質問は?

Rachel: Yeah. What kind of discount do we get?
 ええ、私たちはディスカウント受けられるの?

Mark: Twenty percent.
 20パーセント。

Rachel: Oh!! I love this job! . . Wow! My first call.
 ああ! この仕事大好き!(電話がなる)ワオ! 初めての電話よ!

Mark: Here, let me. . .Rachel Green's line, how may I help you?
 僕が出よう。レイチェル・グリーンの番号です。どういったご用件でしょう?

Ross: Hi, is Rachel there?
 どうも。レイチェルはいますか?

Mark: And who may I say is calling?
 どなたか聞いても?

Ross: This is Ross?
 ロスです。

Mark: Ross of.....
 ロスというと・・

Ross: Of Ross and Rachel.
 ロスとレイチェルの。

Mark: Oh, hi. It's, it's Mark.
 ああ、どうも、マークです。

Ross: Oh, hey, hey Mark.
 ああ、どうも、マーク。

Mark: Hey, hold on a second.
 ちょっと待って。

Ross: Okay.
 オーケー・

Rachel: Hi, honey!
 ハーイ。ロス!

Ross: Hi! What's ah, what's Mark doing answering your phone?
 やぁ! マークは、君の電話に出ちゃって何をしてるの?

Rachel: Oh, he's just goofing around.
 ああ、彼はちょっとここでふざけてただけよ。

Ross: Ohhhhh, yeah, that's, that's funny. Why ah, why isn't he goofing around in his own office?
 ああ、そうか。それはおもしろいね。なんで、なんで彼は自分のオフィスでふざけてないんだ?

Rachel: Honey, this is his office too. I told you we're Joanna's two assistants.
 あら、ここは彼のオフィスでもあるのよ。私達2人ともジョアンナのアシスタントだって言ったじゃない。

Ross: Why does Joanna need two assistants, how, how lazy is she?
 ジョアンナって人、2人もアシスタントが要るなんて、怠け者?

Rachel: Oh! Oh, my God! What did I just do?
 まぁ! 大変だわ! 私何をしちゃったのかしら?

Ross: What?
 え?

Rachel: I think I just shipped 3,000 bras to personnel. Honey, I gotta go. . . Mark, I need you!
 私いま、3,000個のブラを人事に送った気がする。もう切るわね。マーク! 助けて!

Ross: Okay, bye-bye.
 わかったよ。バイバイ。(怒って受話器を電話にぶつける)

Rachel: Ow! Ross!!
 アウ! ロス!

Ross: Oh, oh, I'm, I'm, I'm sorry sweetie, I was just trying to ah, I'm dialing another number.
 あっ、ごめん、ごめんよ。僕はただ・・他に電話かけようとしてたんだ。

《Moondance:モニカ後片付けをしている》

Jeannine: All right, I just got changed in thirty seconds so you can be alone with him. You'd better go for it.
 さぁ、私30秒で着替えてあげたわよ。彼と2人っきりになれたんだから、がんばりなさいよ。

Monica: Please, I'm not going for anything.
 何言ってんの。私何も頑張らないわよ。

Jeannine: Well, if you don't, I will.
 あなたが行かないなら、私が行くわよ。

Monica: Would you please go?
 もう帰ったら?

Jeannine: Night, Mon. Night, Julio.
 おやすみ、モン。おやすみ、フリオ。

Julio: Adios.
 アディオス!

Monica: Look Julio, someone left their book here.
 見て、フリオ。誰か本を忘れてるわ。

Julio: Actually, that is mine.
 ああ、それは俺のだよ。

Monica: Oh yeah, what are you reading?
 ああ、そうなの。何を読んでるの?

Julio: Flowers of Evil, by Baudelaire. Have you read it?
 ボードレールの「悪の華」だよ。読んだことある?

Monica: Have I read it? No, are you enjoying it?
 私が読んだかですって? いいえ。よかった?

Julio: I thought I would, but the translation's no good.
 いいだろうと思ったんだが、翻訳がよくない。

Monica: Your a poet and you don't know it.
 あなたは詩人なのにわからなかったのね。

Julio: Actually I ah, I am a poet.
 実は俺は詩人なんだ。

Monica: Oh, then you do know it. So what kind of things do you write about?
 あら、じゃあ本当に知ってるのね。それで、どんなことを書くの?

Julio: Things that move me. The, the shadow of a tree, a child laughing, or this lip.
 感動したことさ。木の陰、笑う子供、このクチビル。

Monica: Mine? Right here?
 私の? これ?

Julio: I can write an epic poem about this lip.
 このクチビルについて。叙事詩がかけるね。

Monica: How would that go? Well, it didn't rhyme, but I liked it.
 どんなふうになるの? (キス)韻を踏んでなかったけど、でも気に入ったわ。

《ジョーイのオーディション》

Joey: You've got to pick a pocket or two. Boys, you've got to pick a pocket or two..........
 スリの一つや二つやらなきゃダメだぞ、子供たち、すりの一つや二つやらなきゃダメなんだー。

Director: Lovely, just lovely.
 すばらしい。本当にすばらしい。

Joey: Really? Thanks.
 本当? ありがとう。

Director: Listen Joey, we definitely want to see you for the callback on Saturday.
 聞いてくれ、ジョーイ。土曜日にぜひ、もう一度来て見せてもらいたい。

Joey: Excellent, I'll be there.
 よかった! 来ますよ。

Director: Okay, and listen, don't forget to bring your jazz shoes for the dance audition.
 よし。その時は、ダンス・オーディションのために、ジャズシューズを忘れないようにな。

Joey: Ahhh! My ah, my agent said it wasn't a dancing part.
 ああ・・うちのエージェントは、ダンスはないと言ってましたが・・

Director: Joey, all the roles got to dance a little. But believe, me with your dance background it'll be a piece of cake.
 ジョーイ、どの役でも少しはダンスがあるよ。でも、君の実力なら、そんなの簡単だから心配しないで。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーがジョーイの経歴書を読んでいる》

Chandler: "Three years of modern dance with Twyla Tharp! Five years with the American Ballet Theatre?!
 タイラ・タープのもとでモダン・ダンスを3年?! アメリカン・バレー・シアターで5年?!

twyla.jpgTwyla Tharp)

abt3.jpg(American Ballet Theatre)

Joey: Hey, everybody lies on their resume, okay. I wasn't one of the Zoom Kids either.
 誰だって経歴書にウソは書いてるよ。ズーム・キッズの一員でもなかったさ。

the-zoom-kids-pbs.jpg(ズーム・キッズ)

Phoebe: Well, can you dance at all?
 それで、少しは踊れるのか?

Joey: Yeah, I can dance, you know.
 ああ、踊れるよ。(踊って見せるが・・)

Chandler: Oh no, no, no, no.
 オー、ノーノーノーノーノー!

Phoebe: What, what is that?
 それなに?

Joey: Sure, it looks stupid now, there's no music playing.
 そりゃ、今は音楽がないからバカみたいに見えるんだよ。

(電話がなる)
Chandler: All right, I have to get that, but no-no. (answering phone) Hello? . . . Hi! Yeah listen, I'm, I'm in need of a stripper and I was told that you do that. . . Let me ask you this, what, what do you do for the extra hundred? . . . So would I, would I have to provide the grapes?
 電話出るけど・・それはダメだぞ(電話で)もしもし。・・どうも。ストリッパーが必要なんだけど、君がやってくれるのって・・・聞きたいんだけど、100ドル上乗せで何をするの?・・・それじゃ、グレープを出せばいいの?

(モニカが来る)
Monica: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Oh, how was last night with Julio, senorita?
 あっ、昨日、フリオとどうだった、セニョリータ?

Monica: It was so amazing, he is so sexy, and smart, which makes him even sexier. Oh, gosh, I gotta tell you this. Last night, we were fooling around and all of a sudden he stops to write a poem.
 すばらしかったわ。彼ってセクシーで、賢くて、だからよけいセクシーで。そうだ、聞いて。昨日の夜、いちゃついていたら、彼、突然やめて詩を書き始めたの。

Joey: Get out! I couldn't stop if a meteor hit me.
 冗談だろ! 俺は隕石が降ってきてもやめないぞ。

Chandler: Okay, we have our stripper. A miss Crystal Chandelier.
 (電話終えて)よし、ストリッパーが見つかったぞ。ミス・クリスタル・シャンデリアだ。

Joey: Well sure, you name a kid that, what do you expect them to grow up to be?
 そりゃ、そんな名前じゃな。いったい将来何になってほしくてそんな名前つけるんだろな?

Monica: Anyway um, when he left he forgot to take the poem with him. Now, I am like totally dense about poetry, but I think it's pretty good, all right. Check it out.
 とにかく、彼、その詩を忘れていっちゃったの。私、詩のことは全然わからないけど、でも、いい感じだと思うのよ。ほら、読んでみて。

Joey: The Empty Vase. Translucent beauty...
 空っぽの花瓶。透明な美しさ・・

Chandler: To yourself. Hey-hey-hey, you know what? That's pretty good.
 黙って読め。(読み終えてモニカに)おいおい、なぁ、これすごくいいじゃん。

Monica: Oh, good, I think so too. Pheebs?
 ああ、よかった。私もそう思うの。フィーブスは?

Phoebe: Oh, yeah.
 ああ、そうね。

Monica: Oh, I'm so glad you guys like it. Yay! All right, I gotta go to work.
 あなた達も気に入ってよかった。イエーイ! じゃあ、仕事に行かなきゃ。(詩を取ろうとする)

Joey: Whoa, I'm not done.
 ダメ、まだ読み終わってない。

Monica: All right, just give it back to me when you're through. See you guys.
 いいわ。読み終わったら返してね。じゃあね。(出て行く)

Chandler: Bye-bye.
 バイバイ。

Phoebe: Oh, my God, oh, my God! Poor Monica!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! かわいそうなモニカ!

Chandler: What, what, what?!
 なんだなんだなんだ?

Phoebe: What?! He was with her when he wrote this poem. Look, (reading) "My vessel so lovely, with nothing inside. Now that I've touched you, you seem emptier still." He thinks Monica is empty, she is the empty vase!
 なんだって? 彼これを書いた時、モニカと一緒にいたんでしょう。ほら、「私の花瓶、とても美しく、中には何もない。私が触れたいまもなお、きみはからのまま。」彼はモニカが空っぽだと思ってるのよ。彼女が空っぽの花瓶なのよ!

Chandler: You really think that is what he meant?
 本当にやつはそういう意味で書いたと思う?

Phoebe: Oh, totally. Oh, God, oh, she seemed so happy too.
 ええ。完璧よ。ああ、かわいそうに。本当に幸せそうだったのに。

Joey: Done.
 読んだ。

《レイチェルのオフィス:机の上はロスからの贈り物でいっぱい》

Mark: Do you have the, the Ralph Lauren file?
 ラルフ・ローレンのファイルある?

Rachel: Oh, yeah, sure, it's umm...
 ええ、あるわよ。ここに・・(ぬいぐるみからラブストーリーのテーマが流れる)

love_bug.jpg

Mark: Wh-what's that?
 それ何?

Ross: It's from Ross, it's a love bug.
 ロスからの贈り物で、ラブ・バグなの。

Mark: Wow! Somebody wants people to know you have a boyfriend.
 ワオ。どなたかは、君にはボーイフレンドがいるってみんなに知ってもらいたいんだね。

Rachel: Oh no, no-no-no, that's not, not, not, what he is doing. He's just, he's just really romantic.
 あら、いえいえ、違うのよ。そういうことじゃないの。彼はただ、本当にロマンティックなのよ。

(赤ストライプスーツの男性が入ってくる)
Man: Ah, excuse me, are you Rachel Green?
 すみません、あなたがレイチェル・グリーンさん?

Rachel: Yes.
 ええ。

Man: One, two, three...
 ワン・ツー・スリー・・

Barbershop_Quartet21.jpg(barbershop quartet)

Quartet: Congratulations on your first week at your brand new job! It won't be long before you're the boss. And you know who will be there to support you?! Your one and only boyfriend...
 (歌)おめでとう、新しい職場での最初の週! 君がボスになる日も近いよ。君を支える人は誰かわかるよね? 君のただ1人のボーイフレンド・・

The Bass Barber: It's nice to have a boyfriend.
 ボーイフレンドがいるっていいよね。

Quartet: Your loyal loving boyfriend Ross, Ross!
 君を忠実に愛し続けるボーイフレンド、ロス、ロス!

《モニカ達の部屋》

Ross: I'm hurt! I'm actually hurt, that you would think that I would send you any of those things out of anything other than love. Hurt! Hurt!
 傷ついた! 僕は実際傷ついたよ! 僕は純粋に愛から贈り物をしただけなのに、君はそんなこと言うなんて! 傷ついた! 傷ついた!

Rachel: All right, Ross!! I get it!!
 わかったわよ、ロス、わかった!

Ross: I mean my God...
 ああ、神よ。

Rachel: You're hurt!
 あなたは傷ついた!

Ross: Can't a guy send a barbershop quartet to his girlfriend's office anymore?!!
 もうバーバーショップカルテットを恋人に送っちゃいけないのかぁ??

Rachel: Oh, please! Ross! It was so obvious! It was like you were marking your territory. I mean, you might as well have just come in and peed all around my desk!
 もう勘弁してよ、ロス! 見え見えよ! まるで自分のテリトリーにマーキングをしたようなものよ。会社にやってきて、私の机の周りにオシッコかけて歩いたのと同じよ!

Ross: I would never do that!
 そんなことしない!

Rachel: Look, I know what's going on here, okay, Mark explained it all to me. He said this is what you guys do.
 いい? どういうことかわかってるのよ。マークが全部説明してくれたわ。これは男がやることだって。

Ross: Yeah? well if, if, if Mark said that, than Mark's an idiot.
 そうかい。それじゃ、マークがそう言うんなら、マークがバカなんだね。

《セントラルパーク:ロス・チャンドラー・ジョーイ》

Joey: Mark's a genius!
 マークは天才だね。

Ross: Why?! How?! How is he a genius?
 なんで? どこが? どこが天才なの?

Chandler: Look, don't you see what's happening here? Instead of hitting on her right away, he's becoming her confidant. Now he's gonna be the guy she goes to, to complain about you.
 おまえ何が起きてるかわからないのか? 彼女にすぐ言いよる代わりに、彼女の相談相手になってるじゃないか。今じゃやつは、彼女がおまえの愚痴をいう相手になっているんだ。

Ross: What am I gonna do?
 僕はどうしたらいい?

Chandler: Well, why don't you send her a musical bug? Oh, no, you already did that. All right. Look, you're gonna have to go there yourself now, okay? Make a few surprise visits.
 そうだな。彼女に音楽入りの虫を送ったら? いや、それはもうやったんだな。よし、それじゃ、おまえが自分で行くんだな。いきなり訪ねていくんだよ。

Ross: I don't know, you guys.
 それはどうかなぁ・・

Chandler: All right, fine. Don't do anything. Just sit here and talk to us, meanwhile she is talking to him about you. And he's being Mr. Joe Sensitive, and she starts thinking 'Maybe this is the guy for me, because he understands me.'
 いいよ。じゃあ何もするな。ここに座って、俺たちと話してろ。その間に彼女はやつにおまえのことを話してる。そしてやつは、理解ある男ってことになって、彼女は「もしかしてこの人が私には合ってるのかも。だって私を理解してくれる」と思い始める。

Joey: And before you know it, she's with him. And you'll be all, 'Ohh, man!' And he'll be all, 'Yes!' And us, we'll be like, 'Oh, dude!' And pretty soon you'll be like, 'Hi,' and, and, and, 'I can't go, Rachel and Mark might be there.' And we'll be like, 'Man, get over it! It's been four years!!'
 そして気がついたら、彼女はやつとつきあってるんだ。そしておまえは、「ああ、もう!」。そしてやつは、「よっしゃ!」。 そして俺たちは、「ああ、おまえってば」。 それからすぐ、おまえは、「ハーイ」。そしてそれから、「行けないよ。だってレイチェルとマークがそこにいるかもしれないー」。そして俺たちは「しっかりしろ! もう4年もたつんだぞ!」

Chandler: He paints quite a picture, doesn't he?
 やつの未来図、わかりやすかったな。

《レイチェルのオフィス》

Woman: Here's the Shelley Segal stuff from December.
 (マークに)シェリー・シーガルの 12月分よ。

Mark: Wait, I've got something for you. (kisses her)
 待って。僕にも君に用があるよ(キス)

Woman: Mark!!
 マーク!

Mark: It's okay, Rachel knows.
 大丈夫だよ。レイチェルは知ってるし。

Woman: Yeah, but even so.
 ええ、でもやっぱり・・。

(ロスが近づいている)
Mark: I can't help it, I'm just, I'm just crazy about you.
 がまんできないよ。君に夢中なんだよ。

Rachel: Oh! That is so sweet!
 まぁ! 本当に甘々ね。(席を外しコーヒーを取りにいく)

Mark: Okay, okay. I know I'm being Mr. Inappropriate today, but it's just so tough, I mean see you walking around and I just wanna touch you and hold you. Come on, no one's around. Just kiss me.
 わかってるよ。今日はここでは不適切なやつになってる。でも、これは難しいよ。君がそばを歩き回ってるのを見たらもう、触りたいし抱きしめたくなるよ。おいで、誰もいないんだ、キスして。

Ross: All right, that's it!! Get off her!
 もういい! そこまでだ! 彼女から離れろ!

Mark: What is going on?
 何をいってるんだ?

Ross: What's going on?! I'll tell you what's going on!!
 「何をいってるんだ」? 言ってやろうじゃないか!

Rachel: Ross!
 (戻ってきて)ロス!

(ようやく別の女性がキスの相手と気づき)
Ross: I have been down in your store for twenty minutes trying to get a tie! What do I have to do to get some service?! . . . Hi, Rach.
 君の店でネクタイを買おうとして20分もいたが、どうしたらここのサービスを受けられるっていうんだ! (レイチェルに)ハーイ、レイチ。(手を振り払うレイチェル)

《ジョーイのオーディション》

Director: Joey. Joey Tribbiani. Listen, Joey, I got a problem, I just got a call from my dance captain, he's having a relationship crisis and can't get out of Long Island.
 ジョーイ。ジョーイ・トリビアーニ。聞いてくれ。問題発生だ。私はダンスキャプテンから呼ばれてね。彼、恋人とトラブってロング・アイランドを出られなくなってるんだ。

Joey: So, does that mean the audition is off?
 それじゃ、今日のオーディションは延期?

Director: Listen Joey, seeing as you've got the most experience, I want you to take these dancers and teach them the combination.
 いや、ジョーイ。君は一番の経験者だ。君からほかのダンサー達に振り付けを教えてほしいんだ。

Joey: What?!
 えっ?!

Director: Come on, Joey, it's easy. You know, it's hand, hand, head, head, up, pas de bourree, pas de bourree, big turn here, rond de jambe, sissone, sissone, slide, step, step, step, and jazz hands!
 大丈夫だよ、ジョーイ。簡単なんだ。ほら、ハンド、ハンド、ヘッド、ヘッド、アップ、パルドブレ、パルドブレ、ここでビッグターン、ロンデジャン、セソン、セソン、スライド、ステップ、ステップ、ステップ。そしてジャズハンド!

Joey: It's ah, steppity-step and jazz hands.
 ステッピティステップ。そしてジャズハンド。

Director: Have fun.
 楽しんで。(出て行く)

Joey: Bye.
 バーイ。

《モニカ達の部屋:モニカが花瓶にリボンをつけている:フィービーがくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: What are you wrapping?
 何を包んでるの?

Monica: Oh, look what I got Julio.
 ああ、見て。フリオによ。

Phoebe: Yeah, it's a vase.
 ああ。花瓶なのね。

Monica: Yeah, just like the one in the poem.
 ええ。あの詩のようにね。

Phoebe: Well, not exactly like the one in the poem.
 ま、あの詩のそのままではないわね。

Monica: What do you mean?
 どういうこと?

Phoebe: Remember how you said you were really dense about poetry?
 あなた、詩には本当にうといって言ってたわよね。

Monica: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Oh.
 ああ(モニカをハグ)

《Moondance》

Monica: So! I'm just an empty vase, huh?
 (フリオに)私が空っぽの花瓶ですって?

Julio: What?
 え?

Monica: You know, so I don't read as many important books as you do, and I don't write trick poems that seem to be about one thing but are actually about something else. And you know what, I get excited about stupid stuff, like when my People magazine comes on Saturday, and the new Hold Everything catalog. But that does not mean that I'm empty, I care about things. I care about my friends and family. You have no right to make that kind of judgment about me. You don't even know me...
 私は確かにあなたみたいにいろいろ難しい本を読んだりしないわ。それに、隠れた意味があるようなややこしい詩も書かない。バカげたことで興奮したりするわよ。ピープル誌が土曜日に発売されたとか、ホールド・エブリシングの新しいカタログが出たとかね。でも、それで私が空っぽっていうことにはならないわ。私はいろんなこと気にかけてる。友だちのこととか家族のこととか気にかけてるわ。あなたには私を批判する権利ないわよ。第一私を知りもしないで・・

peoplecover_205x273.jpgPeople magazine.. なんとMatthew Perry)
( Hold Everything はチェーン店のようです)

Julio: Whoa, whoa, whoa, the poem is not about you.
 おいおい、あの詩は君のことじゃないよ。

Monica: What?
 え?

Julio: The Empty Vase is not about you. My baby preciosa. You make me so sad that you would think this.
 空っぽの花瓶は君のことじゃない。僕の大事なベイビー。そんなこと思うなんて、すごく悲しいよ。

Monica: I'm sorry, my friend Phoebe...
 ごめんなさい、友だちのフィービーが・・

Julio: No, it's about all women. Well, all American women. You feel better now?
 違う、これはすべての女性のことだよ。いや、すべてのアメリカの女性のことだ。気分はよくなった?

Monica: Oh, yeah.
 ええ、そりゃもう。

《ジョーイのオーディション》

Director: All right, let's do it!. . . No, no, no. What was that?
 さぁ、いってみようか! (ジョーイの指導によるダンス)ノーノー! なんだこれは?

Joey: I know, it was the best I could get out of them.
 いや、彼等にはこれが精一杯でしたよ。

Director: Well, people!
 いや、みんな!

Joey: People, people, people.
 みんなみんな、みんな!

Director: Let's try it again, and this time everybody watch Joey. Show them how it's done. Count it off.
 もう一度やってみようか。今回は、みんなジョーイを見るんだ。(ジョーイに)みんなに見せてやってくれ。(ピアニストに)頼むよ。
(ピアノが始まると、走って逃げていくジョーイ)

《セントラルパーク:チャンドラーとレイチェル》

Rachel: So ah, did you have fun at the bachelor party last night?
 それで、昨日のバチェラーパーティ楽しかった?

Chandler: Oh, yeah, yeah! Look what I got, look what I got. See, she's fully dressed, right?
 ああ、楽しかったよ! ほら、これもらったんだ!(ペンを見せる)ほら、この人きちんと服着てるだろ?

Rachel: Right.
 そうね。

Chandler: And then you click it and, uh-oh, she's naked. And then, and then you click it again and she's dressed. She's a business woman, she's walking down the street, she's window shopping, and whoa-whoa-whoa, sh-she's naked!
 そしてクリックすると、おお! 彼女裸だ! そしてまたクリックすると、服着てる。彼女はビジネスウーマンだ。通りを歩いてく。ウィンドウショッピングだ。そして、おっおっおっ! ほら裸!!

51atWYIFK5L._SY355_.jpg(Amazon.comにて発見)

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hello.
 どうも。

Chandler: You know what, I'm, I'm gonna spend some alone time with the pen.
 俺さ、向こうで1人でペンを楽しんでくるよ。

Ross: I'm sorry, I was an idiot.
 ごめんよ。僕がバカだった。

Rachel: A big idiot.
 本当に大バカね。

Ross: A big idiot. Just you have to realize is, this whole Mark thing is really hard for me.
 本当に大バカだった。わかってくれるかな、マークに関わることが僕にはとてもつらいんだ。

Rachel: Honey, why is it hard? We've been together for almost a year now.
 まぁ、どうしてつらいの? 私達ほとんど1年もつきあってるのよ。

Ross: Well, I was with Carol for, like, eight years. And I lost her. And now, if it's possible, I think I love you even more. So, it's hard for me to believe that I'm not gonna, well, that someone else isn't gonna take you away.
 ほら、僕はキャロルと8年ぐらい一緒にいたんだ。だけど失った。そして今、こう言っていいなら、君をもっと愛してる。誰も君を奪っていきはしないって信じることが・・僕には難しいんだよ。

Gunther: Let it be me! Let it be me!
 それを僕に! それを僕に!

Rachel: Honey, that's very sweet. It just seems to me though, that if two people love each other and trust each other, like we do, there's no reason to be jealous.
 ね、本当にうれしいわ。だけどね、2人の人が私達みたいに愛し合って、信じ合ってるなら、ヤキモチやくことなんてないんじゃないかしら。(キス)

Ross: I gotta get going. Bye, Chandler.
 もう行かなきゃ。バーイ、チャンドラー。

Chandler: Oh, okay, Ross. Listen, this pen is kinda getting boring, so can you pick me up some porn?
 ああ、ロス、聞いて、このペンちょっと飽きてきたから、何かポルノ買ってきてくれる?

Rachel: Where you going?
 どこ行くの?

Ross: Oh, I've got to go pick up Ben. We've got a play date this afternoon.
 ああ、ベンを迎えに行くんだよ。それから子供達を遊ばせに行くんだ。

Rachel: Ohh, with who?
 あら、誰と?

Ross: Oh, just this woman that I met last night at the party.
 ああ、昨日のパーティで会った女性だよ。

Rachel: There was a woman at the... The stripper?!
 女性なんて昨日・・・(気づく)ストリッパー?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: You have a play date with a stripper?!
 ストリッパーと遊びに行くの?

Chandler: Man, I gotta get a kid.
 ああ、子供持たなきゃな!

Ross: Ah, yeah, yeah. Umm, we started talking after she you know, did her thing. And it turns out she's got a boy about Ben's age, so we're gonna take them to a gym-boree class. Is that okay?
 ああ、そうなんだよ。彼女の仕事が終わってから話してたら、彼女ベンと同じくらいの男の子がいるってわかってさ。それで、一緒に子供達を幼児教室に連れていくんだ。

Rachel: Sure, is she married?
 そうなの。彼女結婚してるの?

Ross: Ah, no.
 いや。

Rachel: Oh.
 あら。(イライラしている様子)

Ross: Are you jealous?
 ヤキモチやいてる?

Rachel: No, I, you know, I don't see why she has to play with you, that's all. I mean doesn't she have any, you know, other stripper moms friends of her own?
 いいえ。ただどうして彼女があなたと遊ぶのかなって。それだけよ。彼女ストリッパー仲間の友だちとかいないわけ?

Ross: You are totally jealous.
 君、ヤキモチやいてるんだね。

Rachel: I'm not jealous. All right? This is about, umm, people feeling certain things, you know, about strippers. And you know, and um, I...
 ヤキモチじゃないわよ。いい? これはあることがらを感じる人の話で、ほら、ストリッパーについてよ。それでほら・・

Ross: Honey, I love you, too.
 僕も愛してるよ。

Rachel: Ugh. Wait, wait, wait.
 うーっ。待って待って待って。

Ross: What?
 なに?(キス)

Ross: Huh.
 はぁ・・(出て行く)

Rachel: Well, there's a kiss he won't forget for a few hours, you know.
 しばらくは忘れられないキスだったわよね。

Chandler: Yeah. Either that, or you just turned him on and sent him off to a stripper.
 ああ。それか、君はやつに火をつけておいてストリッパーの元に送り出したんだ。

《Moondance》

Man: Is there a Julio here?
 フリオはいる?

Julio: I am Julio.
 俺がフリオだ。

(バーバーショップ・カルテット)
Man: Mister Pretentious, you think there's no one finer, well, but your poems are unpublished, and you work in a diner.
 ミスター・うぬぼれさん、自分より優れた人はいないと思ってさ、でも君の詩は出版されてもいないんだよね。そしてダイナーで働いてさ。

Quartet: You're no God's gift to women, that's all in your head. You are just a butt-munch.
 君は神から女性への贈り物ではないようだね、みんなアタマの中だけのこと。君はただの最低男。

(butt-munch = idiot, jerk, despised male)

Bass Singer: No one likes a butt-munch.
 みんなが嫌う最低男。

Quartet: And you're also bad in bed!.
 それにベッドでも最悪!

(ニコニコ手を振るモニカ)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:04| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。